青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「比~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~母親 母親~ 毎~ 毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~ 毎朝~ ~毒 毒~
比~
~比べ 比べ~ 比べる~ ~比較 比較~ ~比較的 比較的~ ~毛 毛~ 毛布~

「比~」 2032, 22ppm, 5247位

▼ 比~ (232, 11.4%)

93 の命 35 に娶ひ 12 の神 7 陀の 3 といふ, の 2 といひ, と蛤貝比, の命二柱, 三柱, 多多良伊須氣余理比, 弟比賣, 碁曾の

1 [65件] が, が大, が弟, この二柱, その中, それ容姿麗かりけれ, それ顏容麗美し, と, といふ神, とを遣り, と三重, と申, に一宿婚, に大, に娶へる, に詔, のもと, の二神, の命一柱, の哭く, の家, の御, の最前, の王二柱, の郎女, の郎女四柱, はその, は侍, は先, は天皇, は率, またの名は, また奴理能美, をその, を使, を副, を娶り, を婚, を得じ, を見, を返さしめ, を返し, を隱處, 二人足一騰, 二孃子それ容姿麗美し, 二柱, 五柱, 八十神に, 命社坐, 命願吾御子麻須羅神御子座者所亡弓箭出來願坐, 和田つ, 四柱, 大后, 委曲に, 宮内に, 待ち承け, 患へて, 患苦へ, 次に怒, 次に田宮, 次に葛城, 次に藤原, 歌ひ, 歌獻りき, 鼻口また

▼ 比では~ (154, 7.6%)

79 ない 17 なかった 10 ないの 8 ありません 4 ありませぬ, 無い 3 ないが 2 ないと, ないよう

1 [25件] ありますまい, ありませんぜ, ありませんでした, つくづくと, ないおまけ, ないから, ないこと, ないその, ないだろう, ないであろう, ないもの, ないやう, ないらしい, ない曠世, なかったらしい, なかったろう, なかつた, なからう, なくしたがって, なく一弾, なく本栖, なく辛辣, 御座いますまい, 無かった, 無かつ

▼ 比ぶれ~ (136, 6.7%)

4 ばむしろ, ば何 3 ばその, ば余程, ば勝る 2 ばいくら, ばこの, ばこれ, ばそれ, ば凡て, ば勿論, ば大, ば肥え

1 [103件] ば, ばいかに, ばいかばかり, ばかの, ばここ, ばこそ劣り, ばずっと, ばそこ, ばそれほど, ばそれら, ばた, ばとても, ばなり, ばはなはだ, ばはるか, ばまことに, ばやせ過ぎ, ばやはり, ばやや, ばアルプス連山, ばインド人, ばズット, ばフェデリーゴ, ば一つ, ば一割二分餘下つて, ば七三郎どの, ば七兵衛, ば二千, ば今, ば今よりこ, ば低く, ば何で, ば俺, ば優しく, ば八年, ば前, ば勝利, ば取る, ば受, ば四つ, ば固, ば土地, ば地色, ば城山, ば多少, ば夢幻, ば大砲, ば天然樟樹, ば如何, ば子供, ば実に, ば家, ば小さし, ば小室, ば帽子, ば年代, ば幾何, ば彼ら, ば恋愛, ば拙者兄弟, ば文学, ば既に, ば日, ば映, ば暗中, ば月, ば朝倉方, ば未だ, ば未来, ば殆ど十分の一, ば毎反, ば気風ぐつと下り, ば汝, ば河上, ば涸れ, ば渋沢, ば焼, ば物の数, ば猶, ば現代, ば甚だしく, ば田舎町, ば白鼠頭魚, ば確か, ば稍風格, ば羅馬, ば美術的, ば自分, ば自然そのもの, ば花, ば芸術, ば著, ば詩, ば論争, ば謝恵連, ば貴国, ば軽, ば遥, ば野獣, ば非常, ば頗西洋かぶれ, ば食, ば鼻

▼ 比~ (98, 4.8%)

14 あらず, なって 5 非ず 4 なると, 等しい 3 なった 2 あらざるなり, あらずと, して, 等しくなけれ

1 [46件] あったじゃ, あっては, あらざりき, あらざるに, あらざるを, あらず今, あらず夜露, あらず最早, あらず朝鮮蔚山, あるよう, いたりて, くるという, ない壮, なったの, なる, なるの, 一度目を, 他ならない, 何かとあと, 反比例する, 坐し号, 増大し, 変化が, 岩窟を, 帰って, 当りて, 来て, 桟敷に, 目黒の, 等しいか, 等しいから, 等しいと, 等しいという, 等しいわけ, 等しい長さ, 等しからしめ, 等しからしめる, 等しくなる, 等しくまた, 等しく数学的表現, 等しければ, 起きて, 近いもの, 遺言を, 還元し, 非ざる事

▼ 比~ (76, 3.7%)

4 と兄 3 のいう 2 に礼, の所, はこの

1 [63件] からきっぱり, からそう, から融通, がいった, がその, が代表者, が問題, が挨拶, が時として, が最初, が月々, が相, が自分たち, だって要りゃしないや, だの姉, と同じ, と将棋, と読書, にそれだけ, に借りられない, に向っ, に比べる, に訊い, のいる, のこと, の万事, の事, の家, の戻る, の手前勝手, の方, の毬栗頭, の行く, の非難, はあんな, はその, はその間, はただ, はだまった, はなお, はぷりっと, はポケット, は一, は一向, は今後, は健三, は其所, は変梃, は平気, は得意, は懐, は盤, は笑い, は自分, は苦笑, へ持ち込んだ, まで頼み込んだ, もその, も兄, も姉, も無責任, を一方, を捉

▼ 比~ (65, 3.2%)

10 ことであった 2 ことで, 事であった, 増加は, 月が

1 [47件] うちの, うち一つまたは, ことであったらしい, ことでありました, ことである, ない人, ない真珠, ものである, をとこ, 一部に, 事である, 事に, 二項中の, 作品中の, 刊行である, 名称は, 問題さ, 城も, 壬生部氏といふ, 夕暮, 女と, 姿であった, 室に, 宮, 宮に, 宿禰, 宿禰と共に, 宿禰を, 巻, 心労も, 方が, 早稲田は, 晩春の, 月魄が, 条, 柴垣宮で, 極限, 河原であった, 減少に, 神らしい, 秋の, 素振, 貴重なる, 逆比に, 野の, 陽気の, 頃ベルクナルにも

▼ 比~ (60, 3.0%)

2 交換せられた, 十万人に対して, 減少し

1 [54件] かくしてこの, これら二商品の, すべての, たしかに四分の三, ちっともこない, めっきり無くなった, もう我々, わずかに, 一五・八八二であった, 一対八乃至, 一対六・四二で, 一対四である, 一対四十八である, 一方の, 一般に何, 二〇対一九であった, 二と, 二三五と, 二五六対九と, 五・一対一私生児を, 五十前後であろう, 他方の, 仮定によって, 任意の, 佳い目, 価格に, 候べく, 初の, 吾兄医は, 土佐藩で, 均衡市場価格を, 変化しない, 嫁を, 平安京右京第, 延喜一条院の, 御全快, 御多事, 御酒よほど, 思ひ設け居, 故郷へ, 既に知った, 未申の, 朱や, 浪人の, 浮かない顔, 減少する, 率, 私に, 老婆と, 貞白が, 過ぎて, 雑誌の, 黒ずんだ冬, 1と

▼ 比~ (46, 2.3%)

2 とは共に, と蛤貝比売, の名代, 之夫也

1 [38件] きさげ, という二人, という諏訪, との神婚, との神婚説話, とを遣せ, と共に逃亡, と天神, と婚, と申す, と蛤具比売, と蛤比売, なり, なりと記せ, に助け, に育てられ, のうたうた歌, のお, の哭声, の彦火, の膚, はあの, はびっくり, は大物主神, は王者, も亦, をまた, を以て月, を吾妻, を娶り, を婚わん, を得, を得給わじ, を生む, 尽しかり尽しぬる, 患えて, 或いは古語, 或時石河

▼ 比~ (38, 1.9%)

2 もって, 見ず, 見ない, 見ないと

1 [30件] とらえたいと, なし例外, なす, 捜すなら奉天, 捨てるの, 有つ, 求むるに, 減少する, 測つて兵, 測定する, 生む若, 発見した, 知らず, 示すもの, 表わそうと, 見ざるの, 見ざる処, 見ざる大学者, 見ずと, 見ずといつて, 見ないだろう, 見ない人, 見ない所, 見ない程, 見ない精悍熱情, 見ない絶対的, 見はからって, 見られないまでの, 見る, 記す代り

▼ 比~ (30, 1.5%)

16 の三次

1 [14件] から具申, がま, が話し, さう, と二人, どうか御, の, のマツキヅガル, の云う, の処, の將軍拜謁, は少し, や日傘, 何時も扇

▼ 比利亜~ (30, 1.5%)

2 の利権

1 [28件] から逃げ, が取れたら, では犬, で新聞, とかでなけれ, にある, には日本軍, にも之あり, に及ぼし, に接近, に渋滞, に滞留, に独逸, に白軍王国, の実権, の形勢, の徒輩, の東部, の横断者, の流竄者, の荒野, の説話, の金鉱, へ, をとおっ, を疾走, を通っ, を通過

▼ 比ぶべき~ (28, 1.4%)

4 ものが 3 ものも 2 ものを

1 [19件] こんな謎, はなから, ほどの必死, ものだったでしょう, もので, ものであります, ものは, や否や, カンタータを, 人間だ, 出來は, 出来は, 御政治, 愛兒を, 甚しき誤謬であり, 立派な, 絶世の, 言葉に, 話で

▼ 比~ (28, 1.4%)

3 由牟須美の 2 の神, 伊佐勢理毘古の, 伊那許士別の, 多, 意須の

1 [15件] が妹, が額, であると, の三君, の王, 君か, 命, 太郎近江あたりの, 居で, 居にて, 居には, 居蔵, 来る, 神次に, 神社を

▼ 比~ (27, 1.3%)

3 価格に

1 [24件] あるのみ, これらの, これら二商品の, それである, ないと, スウェーデンにおける, 一番大きい, 三対一の, 他方の, 十六七で, 叫ばれたそれぞれ, 変ったり, 変化しないなら, 変化しなけれ, 大きいほど, 好いだろう, 昔の, 最初の, 根山秋風吹け, 次第に小さく, 甚しい, 裁定から, 裁定によって, 非常に

▼ 比から~ (24, 1.2%)

2 晴れて

1 [22件] お菊, でございますよ, ならたいてい, ぱったり聞えなくなった, みょうにからまっ, みょうに黙りこん, 三時比にかけて, 刀烏帽子を, 天気が, 始まって, 家庭が, 寝て, 寝に, 彼が, 往った, 急に, 来はじめた客, 毎に, 病気でも, 神経に, 腹が, 降りだした雨

▼ 比ぶべく~ (20, 1.0%)

9 もない 4 もなく 2 もなかつた 1 もあらず, もありません, もありませんでした, もない清い, も無い

▼ 比~ (20, 1.0%)

2 と橘三千代, の妻, の子

1 [14件] と妻賀茂姫, になり, には儀保殿内, には真壁殿内, の一族, の大, の夫人, の女, の娘宮子, の殿内, の記録, の間, は最も, ノ領土内ニ在郷軍人團ナキヲ以テ

▼ 比~ (20, 1.0%)

2 にあらずし, の我, の見

1 [14件] と看做さずし, と看做す, なりしこと, なりとするなり, なるか, なるかを, なること, なれば, にも屈服, の境界, の所見, より生じ, を嫌, 猶ほ

▼ 比ぶる~ (16, 0.8%)

2 ときは

1 [14件] かたなほ易し, にもの, に愚, に文字, に父上, に物, に萩, に足らじ, は不都合, ものも, よりは, 原上に, 和船は, 好き時の

▼ 比~ (14, 0.7%)

1 [14件] ぶべくも, ぶれば, べてみ, べてみれ, べて力ま, べて御覧, べて數, べて日光, べて縄梯子, べなれ, べもならない, べられ, べる, べれ

▼ 比~ (14, 0.7%)

2 に傳

1 [12件] からも西藏, からシリア, から傳へた, では印度人, では印度文字, の東海岸, の沙漠, の貧者, の醫師カアシッシュ, へ傳, を經, 小亞細亞

▼ 比亞人~ (14, 0.7%)

1 [14件] が, がバグダツド, が此, が波斯人, が波斯帝國, が繼承, の主, の先輩, の國, の資料, の領土, はアウム, も自分, を水先案内

▼ 比律賓~ (13, 0.6%)

1 [13件] にもいたんだ, に居る, のリンガエン湾附近, の現状, の空家, の青年, の飛行隊, は西島, へやらし, までで, を取り, を攻略中, を日本

▼ 比田礼二~ (13, 0.6%)

1 [13件] が会った, という名, と伸子, にきいた, に会えたら, に会った, のはなし, の眼, の風采, はそれ, はジェネ, や中館公一郎, や映画監督

▼ 比留君~ (13, 0.6%)

1 [13件] が, がよく, が歸つて, が話, で白い, と一, に出合, に別れ, のその, のま, の話, は阿, をつかまへ

▼ 比~ (13, 0.6%)

2 参りに

1 [11件] が一枚, に認め, に頬, の境内, の滝, の蛸の, は裂い, も何, を見, 伐, 大明神

▼ 比でない~ (12, 0.6%)

2 ことは 1 か, こともちろん, ことを, こと明かな, という日本, とひそか, と考えられよう, ようね, 事を, 深度と

▼ 比~ (12, 0.6%)

1 [12件] あり蔔子, いひ歯, 云うこと, 価格とが, 同一である, 夕方家の, 書いた字, 書いて, 称へ, 興とを, 言いその, 訓む事

▼ 比露子夫人~ (12, 0.6%)

1 [12件] が仮令多少, が何気なく, だよ, であろうと, とがそのかみ, とたった, と対座, の三人, の唯一, の朋輩, は岸田直介, を想像

▼ 比には~ (10, 0.5%)

1 あらざらんをと, あらざれども, ならないの, もはや起行, 似ず胸, 残燭ほの暗く怪しい, 火元の, 皆寐鎮りぬ, 藩邸で, 蘭軒の

▼ 比~ (9, 0.4%)

1 与えられる, 両者の, 午近くから, 国へ, 外には, 海苔し, 示しこれ, 自分に, 陽は

▼ 比なき~ (9, 0.4%)

2 伊藤侯の 1 が夜半, なり, ものと, を恃, 乱軍であった, 壮観を, 李夫人の

▼ 比亞語~ (9, 0.4%)

21 でありますから, ではビドバー, となつ, と思はれた, に於, の發音, の譯

▼ 比古君~ (9, 0.4%)

2 の厄介 1 からの手紙, から澄太さん, が方々, に, の好意, は私, 黙壺君

▼ 比売命~ (9, 0.4%)

2 併せて, 次に円野比売命 1 という女神, のする, はお, を一うち, を祀る

▼ 比野町~ (9, 0.4%)

2 の西端 1 での落雷, では大, という土地, の勢町, はその, は全く, を叩きつける

▼ 比~ (8, 0.4%)

2 や商鞅 1 が虐殺, と紂王, の諫死, は極諌, は殷, を仁人

▼ 比~ (8, 0.4%)

2 と書い 1 が何千兩, だらう, といふの, とたつた, と三字, は比目魚

▼ 比まで~ (7, 0.3%)

2 女人禁制にて 1 川獺の, 待って, 私の, 続いたが, 飲んだが

▼ 比~ (7, 0.3%)

1 から得た, といった比事物, にも見えず, に載っ, は井原西鶴, ほどの材料, や雨月物語なぞ

▼ 比~ (7, 0.3%)

1 といへる例, 乃彌己等と, 乃彌己等など, 布利比彌, 田宮中比彌, 神社とも, 阿那爾比

▼ 比田さん~ (7, 0.3%)

1 から借りなくっ, って立て, て, でも書いた, に御, は今年限り株式, は近頃どう

▼ 比じゃ~ (6, 0.3%)

4 ない 1 ありませんとも, ないと

▼ 比より~ (6, 0.3%)

1 厳しき庭, 嚴しき庭の, 大である, 大であれ, 彼に, 遠江へも

▼ 比丹ブルック~ (6, 0.3%)

1 が行, にどうも, に再会, の助力, の話, は居らず

▼ 比~ (6, 0.3%)

31 賣の, 賣命, 賣命社

▼ 比沼山~ (6, 0.3%)

2 がひぬ, にすら真名井, の真名井

▼ 比田帯刀~ (6, 0.3%)

1 どのお召, などの勇姿, などの腹心たち, のことば, は数騎, は本能的

▼ 比~ (6, 0.3%)

1 でも何, でも白い, とか鱈, のパンデポーソン, の身, をお

▼ 比すなわち~ (5, 0.2%)

2 この商品 1 交換後における, 相対的交換価値を, 稀少性の

▼ 比~ (5, 0.2%)

1 べう, 可きもの, 可くも, 者が, 者も

▼ 比丹ヅーフ~ (5, 0.2%)

1 から時, が日本滯留十九年, の通詞ら, は日本, は本木

▼ 比利亞~ (5, 0.2%)

1 とか露西亞, の方, ヲ取得センガタメニ其, ヲ獨占シテ他, ヲ領有スベク露西亞ニ對スル大陸軍

▼ 比~ (5, 0.2%)

5 母智の

▼ 比~ (5, 0.2%)

1 が何故, が見つからぬ, との交渉, の, はかしこ

▼ 比露子~ (5, 0.2%)

1 が倒れ, とその, と同じ, の従弟, もかなり

▼ 比~ (4, 0.2%)

4 いふ

▼ 比その~ (4, 0.2%)

1 両親夫婦即ち, 横倉山から, 汽車が, 足が

▼ 比ひなき~ (4, 0.2%)

1 名誉と共に, 命の, 美しい映像, 貴女の

▼ 比~ (4, 0.2%)

3 友造 1 麻左流

▼ 比~ (4, 0.2%)

2 の国 1 にも之あり, の魔法

▼ 比~ (4, 0.2%)

1 からお話し, と移民者, に行くべからず, へ

▼ 比宿禰~ (4, 0.2%)

1 というもの, とは危く船, に降参, はそれ

▼ 比~ (4, 0.2%)

2 のうなゐ, の真名井

▼ 比~ (4, 0.2%)

1 というところ, の御, の町, より幸行

▼ 比量智~ (4, 0.2%)

1 なり, の判斷, より來, を役し

▼ 比量界~ (4, 0.2%)

3 にあり 1 に居ら

▼ 比~ (3, 0.1%)

1 のない, の多から, ばかり貧乏人

▼ 比いなき~ (3, 0.1%)

1 ペットの, 名人と, 麗貌の

▼ 比せらるべき~ (3, 0.1%)

1 ものである, ものな, 大きい文芸的様式

▼ 比でなく~ (3, 0.1%)

1 この歌, 二万五六千は, 全く恐ろしい

▼ 比でも~ (3, 0.1%)

1 ないこと, なければ, 手近に

▼ 比という~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 語を

▼ 比なく~ (3, 0.1%)

1 四歳に, 文武の, 群峰攅って

▼ 比なら~ (3, 0.1%)

1 むやハルトマンが, んや, 鯤といふ

▼ 比にも~ (3, 0.1%)

1 あらずやや, 十一時比にも, 東京行の

▼ 比びな~ (3, 0.1%)

1 かりしかば, き建物, き弾正太夫

▼ 比~ (3, 0.1%)

1 あるまいと, またその, 計算した

▼ 比~ (3, 0.1%)

1 非ザルベキモ, 非ズ, 非レバ

▼ 比事物~ (3, 0.1%)

1 から少なくとも, から得た, の古書

▼ 比亞文字~ (3, 0.1%)

1 ではなく, という, の功

▼ 比亞海~ (3, 0.1%)

1 から印度, から吹き寄せ, の制海權

▼ 比利亜線~ (3, 0.1%)

1 を帰る, を棄て, を行く

▼ 比古さん~ (3, 0.1%)

1 ありがたう, のお世話, を訪ねる

▼ 比古布都押~ (3, 0.1%)

3 の信

▼ 比~ (3, 0.1%)

1 うもその, して, の擠陥讒誣

▼ 比売神社~ (3, 0.1%)

1 があっ, のある, の祭神

▼ 比~ (3, 0.1%)

1 訶, 訶その, 訶次に

▼ 比擬し~ (3, 0.1%)

1 て考えられる, て考へられる, て説いた

▼ 比~ (3, 0.1%)

1 すなわちコビル, というの, もしくは比

▼ 比無き~ (3, 0.1%)

1 が夜半, 病の, 錦を

▼ 比良夫君~ (3, 0.1%)

1 がうしろ, に引っ, のこと

▼ 比量的~ (3, 0.1%)

1 な思惟作用, な悟性, な所謂一般概念

▼ 比かとよ~ (2, 0.1%)

1 大地震, 重衡

▼ 比この~ (2, 0.1%)

1 傍の, 村へ

▼ 比ちっとも~ (2, 0.1%)

1 お顔, こないじゃ

▼ 比であった~ (2, 0.1%)

1 か四国, がそれ以来政雄

▼ 比で無い~ (2, 0.1%)

1 と露伴, に拘らず

▼ 比なり~ (2, 0.1%)

1 御様子, 貫一の

▼ 比のみ~ (2, 0.1%)

1 づはわけという名は, づはわけと言ふ

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 の噂, 稀な

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 んじゃありません, 難きを

▼ 比へて~ (2, 0.1%)

1 實に, 見れば

▼ 比へん~ (2, 0.1%)

1 なこと, ばかりわれわれ

▼ 比または~ (2, 0.1%)

1 一単位の, 一単位時間にの

▼ 比よく~ (2, 0.1%)

1 出かけて, 出入し

▼ 比よりは~ (2, 0.1%)

1 さのみに, 大方せぬならで

▼ 比~ (2, 0.1%)

2 に愚

▼ 比伯林~ (2, 0.1%)

1 の留学生, の留學生

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 かのひょう, くより

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 から東, の奥

▼ 比利亜鉄道~ (2, 0.1%)

1 によって送られ, の現況

▼ 比古三千女~ (2, 0.1%)

1 と共に, と共に鞍馬貴船

▼ 比古王~ (2, 0.1%)

1 の一族, の子孫

▼ 比売それ容姿~ (2, 0.1%)

1 よかりき, よかりけれ

▼ 比売此二女王~ (2, 0.1%)

2 ぞ浄

▼ 比夜叉~ (2, 0.1%)

1 という池, の池

▼ 比大路~ (2, 0.1%)

1 の名, の西三町目

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 が声, もまた

▼ 比帰っ~ (2, 0.1%)

1 て往く, て来

▼ 比年山林~ (2, 0.1%)

2 ヲ濫伐シ

▼ 比律賓群島~ (2, 0.1%)

1 に達した, を占領

▼ 比悩み給~ (2, 0.1%)

1 ふと聞き, へるに

▼ 比~ (2, 0.1%)

2 の原

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 でみっしり, は其蓮

▼ 比持神~ (2, 0.1%)

1 という, というたて

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 の当らざる, の言辞

▼ 比擬開口~ (2, 0.1%)

1 といふの, や江戸柳営

▼ 比故郷~ (2, 0.1%)

2 にてありし

▼ 比敵し得る~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 比~ (2, 0.1%)

2 の法師

▼ 比田村~ (2, 0.1%)

1 には我国鉱業, に来られた

▼ 比留目奈々子~ (2, 0.1%)

1 がミス南京, が殺された

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 だ十二年前熊野, に一種

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 は一度, は伊豆

▼ 比良阪~ (2, 0.1%)

2 の阪本

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 にも昔, まで彼

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 などの部曲伝承, の伝承

▼ 比~ (2, 0.1%)

1 はその, は有名

▼ 比野仲右衛門~ (2, 0.1%)

1 がまいっ, でございます

▼ 比野大納言殿~ (2, 0.1%)

1 の御館, より

▼ 比量家~ (2, 0.1%)

2 をし

▼1* [349件]

だかも, 比あっちこっちの男, 比いたし大坂便, 比いつとなく, 比いなく世人相伝え, 比いならんや君, 比い稀なる美人, 比うり尽しかり尽しぬる, 比かくにならぬ, 比かく的疲れず抱くという, 比からか誤ったもの, 比ここへ来た, 比こそあんまりへん, 比さがるは四十以来, 比さるべきものでない, 比すべきものとは, 比するにものなき, 比すれば其優劣遽, 比そんなに蠅が, 比ったにしろ, 比見ると, 比であったろう電車へ, 比でありかつ常に, 比であるがこの, 比であろうと思う, 比でない窶れ方と, 比といふやり方が, 比として生ずるの, 比とて前途の, 比との関係の, 比とを關係づける, 比どうだって君, 比どこからともなく, 比なかなか有名で, 比なしとせず, 比などに非ず, 比なるものも, 比なれば此, 比にかけて暑い陽, 比について見るに, 比にて三保の松原の, 比によって決定せられる, 比のみが意味を, 比はじめてもろこしより, 比はるかへだたりて, 比ばてれんが, 比ひでない事を, 比に足る, 比へたりした, 比へば弛む氣, 比ほひ常陸介藤原維幾朝臣の, 比また何人かに, 比までは有名であった, 比まれに姿, 比旦那が, 比よっぽどヒステリーだ, 比よりの手だて大方, 比よりもさわやきぬ, 比らべたらそれはもの, 比らべたら場末のグヂヨ, 比で立つて, 比コロップには青い, 比軽キ刑, 比シ本邦ヲ以テ英國ニ比シ, 比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, 比スレバ難易ノ懸絶スルヤ一目其大ナルコトヲ知ルナリ, 比ス七齡思ヒ即チ壮, 比セラレテ朱印ヲ紙ノ上ニ落スノ, 比ニ申候ニ付而逗留仕居候, 比ハワイに住, 比ブレバ勿論石器使用, 比ベテ見ルト, 比ベルト優雅ナ体ツキ, 比一対六・二八よりも約, 比なる溪間, 比不意に旋風, 比の思ひ, 比世情濃, 比丹たちから饗應, 比丹クックは太平洋, 比丹クツクの冐瞼旅行譚, 比丹ツンベルグはその, 比丹ブルツクと云う, 比丹今日は妙, 比丹以下士官一人医師一人水夫四五人久しく滞留, 比丹小柄の伴天連, 比丹此度魯西亞出帆の翌々日, 比丹頭痛ではない, 比ノ命, 比事桜陰比事といった比事物, 比二色に外, 比亜数字が顫, 比亜文字とも, 比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 比亜煙管を通して外部, 比亜産を種馬, 比亞半島の南, 比亞地方へかけ, 比亞夜話の曾邊伊傳, 比亞奇話のあやしい, 比亞數字と印度, 比亞民族の邦, 比亞波斯から東, 比亞系の, 比亞譯が出, 比人労働組合は同志, 比人間界から来た, 比令妹の春子さん, 比以上に廓大, 比伊庭孝君は同書, 比でも悪く, 比何処へ往く, 比信用して, 比して, 比が御, 比八丈島二反御肴, 比気取の, 比公氣取の態度, 比其の伯父が, 比列亜よりおくりこされし, 比利亜出兵は恐らく, 比利亜出征の田中中佐, 比利亜出征米国司令官日本及び支那駐在, 比利亜単騎旅行の福島, 比利亜地方からです, 比利亜嵐が吹きつける, 比利亜方面を跋渉, 比利亜犬が旅人, 比利亜犬我々の兄弟分, 比利亜行については色々, 比利亜麦とか申す, 比利亞トニ革命大帝國ヲ建ツル時, 比利亞トヲ結合スル時内外蒙古, 比利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ同一ナル罪惡, 比利亞ニ支那朝鮮民族ヲ迎ヘテ先住, 比利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 比利亞北海を過ぎ, 比利亞濠洲等ヲ其, 比加根山の草, 比十七八の紅裙翠袖, 比參互搜討共に役に立たん, 比波太豆, 比古君不在で逢, 比古宇佐都比売という二人, 比古宇沙都比賣二人, 比古帽なりき, 比古年尾紫尹と共に, 比古立子汀女香雲と共に小石川植物園, 比古龍田比女神と申す, 比吉原遊廓の内外, 比が女, 比な勤め, 比味呼と申, 比善事乎波自米多麻比弖, 比喜多村さんは道頓堀, 比四国を巡礼, 比もみな血, 比も, 比壬生部の伝承, 比売八十神に答え, 比売出で見, 比売水を持ち, 比売皇后のお供, 比売碁曾の社, 比売神亦た, 比売神四柱の皇神等, 比売神社一に久具神社, 比売神社倭姫世記の久求都彦, 比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 比売許曾の縁起, 比壽ビールの此, 比壽屋だの布袋屋, 比夕飯の後, 比多松津末羅天草葛津の國造, 比が来る, 比夜叉女水神と称え, 比夜叉御前が自ら, 比天地も砕けぬ, 比天皇埴安の堤, 比天鵞絨の峰, 比奇能夜麻古要, 比女神と申す, 比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 比のもの, 比婆須比賣の, 比家内を亡くし, 比小さな辻堂の, 比屋武嶽の杜, 比の神, 比よ花, 比嶼子問曰人宅遥遠海底人乏誰人忽来, 比左子である, 比巫祠巫參巫環字皆作巫と言, 比巴法師の歌, 比弖大伴能遠都神祖乃其名乎婆, 比律賓アルゼンチンメキシコブラジルこれに若干, 比律賓印度阿富汗, 比律賓第四飛行聯隊の主力, 比律賓総督ドミンゴ・ザルバルブル・ルシェベルリはシドチ, 比律賓諸島にエタ, 比律賓附近に於ける, 比便すく, 比御座候やも奉, 比キ風ノ, 比念じまゐ, 比是当初帝釈居, 比愛していた, 比感じて居りました, 比手結山と云う, 比などその, 比提灯を点け, 比擬され又一段と, 比擬すべき作家あらむと思ひ, 比擬すること及び, 比改葬せんとて, 比故に深き悲, 比に従う, 比するもの東西, 比敵し得べき名文と, 比敵す可き, 比斯呈利性痲痺の, 比斯呈利性痳痺の, 比斯馬克髭そのほか矮鶏髭, 比から樣子, 比日天地の, 比日本の風俗書き, 比日本郵船会社の品川丸, 比旦那寺の住職, 比差為近, 比晋陽の付近, 比暫く大暴風, 比曽原王子中川王子湯川王子小広王子, 比頻苦雨, 比来た者だ, 比来恋ひの, 比東京の方, 比杳然に候, 比枝山は見る, 比と云う, 比染殿の辰巳, 比校的少なくて, 比桑門蓮胤外山の庵, 比すなわち鶴嘴様, 比の女俄, 比武信また初めて, 比武竸技に, 比死なれましたから下女奉公, 比毎日新聞の記者石川半山, 比毎晩僕の処, 比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 比永享年中に諸道, 比が大熊山, 比江戸人見出して, 比の, 比流行った縮緬細工の, 比浮かない顔を, 比であらう, 比焼きたる余気なるべし今, 比熊山の古, 比父適斎の命, 比波那閇爾, 比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 比爾比閇などの読法, 比にはなりません, 比物玉作佐比毛知など人, 比独り判断の出来る, 比田さん比田さんって立て, 比田たちばかりでなく, 比田寅八って下, 比田小伝次永瀬七三郎三人の率, 比田島金次郎翁が叡山, 比田帯刀則家を顧み, 比田殿のおすすめ, 比田自身が先方, 比田舎角力で名, 比の聞鷄書院, 比または古, 比登乎伊射奈比多麻比, 比登云神乃言武惡事爾相麻自許理云々, 比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 比登都柱といふ, 比御祖乃御霊, 比知りあった医学士の, 比福羽君に一寸, 比禮浪切る比禮, 比禮風振る比禮, 比れ也, 比等一族の背景, 比等波安良自等, 比等能之流, 比米国船が伊豆, 比細君の行動, 比羅さまを神棚, 比羅さんに居る, 比羅三井天尻屋羽禮須多院, 比羅代りの附合, 比羅天王の赤い, 比羅様ということ, 比羅社は古, 比羅紙のおよそ, 比羅絵をのしかかっ, 比羅街道の一宮, 比羅通りまでの南北, 比老人も読ん, 比しその, 比不聴而, 比聞くと村, 比阿陪川, 比興した聾の, 比良久コールテンのズボン, 比良恵軒雑居屋共遊軒, 比芝宇田川町を経, 比芝居を見, 比西尼亜珊瑚の森, 比不申候面白能, 比親しい曽根源之, 比親爺は田舎, 比言成之賀婆加吉結常代爾至海若神, 比し謬誤, 比貝塚の寓居, 比賣きさかひ, 比賣きさげ集めて蛤貝比, 比より召捕, 比名約西, 比較べて見た, 比較べられる無限に, 比較べるとこちら, 比近くなりけれ, 比退朝, 比通商と教師派遣, 比山科村, 比候修法は, 比那古のもの, 比那良志毘賣に娶ひ, 比邪鬼が祟, 比都佐神社あり又, 比酒興のうえ, 比野卿の御館, 比野大納言まだお, 比野屋又右衛門の家, 比野駅構内に入る, 比量智生の理, 比亭軒の, 比門連堂其価値二三畝千万銭なるに, 比などの読法, 比阪急線の電車, 比は少し, 比類似は説明, 比駒込神明町行の市電