青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「極~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

植木~ ~植物 植物~ 検事~ 検査~ 椿~ ~業 業~ 楯~ ~極
極~
~極めて 極めて~ 極度~ ~極端 極端~ 楼~ ~楽 楽~ 楽しい~ ~楽しみ

「極~」 4148, 43ppm, 2701位

▼ 極~ (961, 23.2%)

22 少数の 15 上等の 13 極く 12 普通の 11 単純な 10 最近の, 稀に 9 僅かの, 簡單に, 静かに 8 僅かな, 手軽な, 簡単に, 自然な 7 最近に, 自然に 6 僅かしか, 平凡な, 懇意な, 簡単な 5 些細な, 僅かだ, 内々で, 内輪の, 手軽に, 稀れ, 細かに, 静かな 4 一部の, 少しの, 少數, 微細な, 正直な, 無造作に, 短かい, 稀な, 簡單な

3 [18件] 僅かで, 内々の, 単純で, 嫩い, 平民的な, 幽かな, 当り前の, 微かな, 微妙な, 明瞭な, 普通に, 無造作です, 無造作な, 真面目に, 稀にしか, 粗末な, 質朴な, 近くに

2 [79件] あたりま, あたり前の, いけません, さ, さっぱりと, ざっとした, ひそかに, ようございます, 一瞬間だ, 上等です, 上等を, 人が, 仲が, 低声, 僅かばかりの, 僅の, 僅より, 内々に, 内密に, 内密の, 内輪に, 初期の, 卑近な, 原始的な, 嚴重に, 地味な, 大型の, 大衆的な, 天気の, 安直な, 密かに, 小さく切っ, 小さな声, 小さな蕾, 小品には, 小数の, 小柄な, 小部分, 少人数, 少数しか, 少数に, 少量で, 少額に, 幼少い時, 幼少な, 必要な, 念入りに, 手近な, 断片的な, 新らしい, 新鮮な, 楽に, 気の, 淡泊な, 淡白に, 温厚な, 漠然とした, 特別な, 特殊な, 田舎の, 短く刈り込んだ, 確かな, 秘密に, 稀れな, 簡略な, 素直な, 細かく切っ, 腹立易い, 苛酷な, 薄く切っ, 表面的な, 身近な, 軽くて, 軽便な, 軽微な, 近く迄, 都合が, 野暮な, 非文明的

1 [483件] あっさりあしらっ, あらく申しました, うち解け, うっすらと, おだやかそうな, おだやかに, おとなしそう, かすかに, きゃしゃに, この, ごく略した, ざっとそれ, じみに, すこしの, たまに出入り, たまに法師丸, なだらかな, なめらかに, のどかな, の幼年時代, の正直者, の清流, の禁物, の精分, はぢめ, ぽっちり侘しく, ましな, やすい部分, ゆっくりと, ゆつくり, ゆるく迂っ, ゆるやかに, わかり易く云います, わずかな, わずかなる, コンベンショナルな, サッパリした, ザット混ぜ, センチメンタルに, デリケートな, ノンキな, ハイカラな, ボンヤリと, 一克な, 一般的な, 一通りの, 一部には, 一部分が, 一部分だけ, 一部分を, 丈の, 丈夫で, 丈夫な, 上々を, 上品な, 上品に, 上等だ, 上等で, 上等でない, 上等な, 上等に, 上等品に, 下の, 下品な, 下等な, 不向きな, 不愉快な, 不用意な, 不自然な, 世間並の, 世間摺れした, 世間普通の, 主観的な, 些細な詰まらない, 些細の, 人柄の, 仲の, 伝習的な, 低くつぶやく, 低くて, 低く何やら, 低く少し, 低級な, 何んで, 便利だ, 偏した, 偏境な, 健康である, 偶の, 僅かきれい, 僅かしきゃ居ない, 僅かずつ, 僅かだつた, 僅かづつ, 僅かづつの糸, 僅かであります, 僅かです, 僅かばかり, 其の中, 内です, 内場に, 内密な, 内気な, 内緒で, 内証に, 内輪だけ, 内輪で, 冷い, 冷やかな, 冷淡に, 出来の, 分り易く, 初めの, 初心の, 初歩の, 初歩的であった, 初等的な, 力の, 勉強でございます, 勾配の, 卑俗な, 卑近の, 南の, 単純に, 単調な, 危険です, 原始な, 厳格に, 古くは, 古典的な, 古風な, 可愛がりました, 呑気に, 哲学じみた, 困難な, 地味に, 堅てえ, 堅人が, 外れの, 大きな湯呑, 大ざっぱなことだけれ共, 大ざつぱなところを予言, 大ざつぱな構造, 大ざつぱに予言, 大ざつぱに拾, 大づかみに, 大まかに, 大体に, 大切な, 大體, 太目, 好く気性, 妥当な心づかひ, 始めですが, 子供っぽい, 子供の, 子供らしい, 孤独な, 安く借受ける, 安く売っ, 安らかに, 安ッ, 安価な, 安物の, 安直で, 官職の, 実体です, 実際的, 容易く僅か, 容易な, 密, 富んだもの, 寒かった, 寒くなる, 尋常な, 小きざみで, 小くし, 小さかった, 小さく, 小さくて, 小さく記事, 小さなこと, 小さなコップ, 小さな事, 小さな原子力エンジン, 小さな壺, 小さな家, 小さな役割, 小さな松茸, 小さな芽, 小さな菓子, 小さな話, 小さな農村, 小つ, 小な, 小なる, 小に, 小形に, 小心な, 小量しか, 少かった, 少くしか, 少くとまった, 少く大抵, 少しく高尚, 少しで, 少しと, 少しばかりしか, 少しばかりの, 少し宛, 少し宛日増し, 少し許, 少なうございます, 少なく土器, 少数が, 少数だけは, 少数だった, 少数で, 少数である, 少数では, 少数な, 少数を, 少部分, 少量です, 少量な, 少量なら, 少量の, 少量散布し, 少額では, 尻尾の, 工合がよ, 常識的に, 平俗な, 平凡だ, 平安な, 平安事なきもので, 平易明, 平静に, 年若, 幼少い時分, 幼少かった, 幼年時代は, 幽に, 広義の, 弱くって, 当り前な, 当然の, 後の, 徐かに, 微かに, 微か乍らヒューッという, 微小な, 微少な, 徳用な, 必要です, 忠実な, 思想の, 惡る, 愉快な, 意味の, 愛相の, 愼重に, 懇意で, 懇意の, 手狭な, 手短かに, 手軽で, 手速くしない, 打算的な, 接近し, 控え目勝ちな, 放埒に, 放蕩無頼な, 数の, 断片的に, 新しい事, 新参者な, 新米の, 新鮮で, 日の, 日常の, 日常的な, 早く發, 早く祖母, 明けっ放しな, 明瞭である, 昔から, 昔の, 昔和蘭あたりで, 晩年の, 普通な, 暗くて, 曖昧な, 最近いささか, 最近な, 最近にな, 最近までの, 最近一党に, 最近地方興行が, 最近新しい, 最近明治の, 最近洋品屋に, 最近炭火を, 最近破れ, 最近私が, 月並な考へ, 服装に, 柔い, 柔い小さい, 柔くっ, 柔に, 極く低い, 極く手軽い, 極く有り触れた, 極く細かい, 極く詰まらない, 楽な, 楽観的な, 概略でも, 概略の, 概説する, 正直に, 正直相な, 正直者という, 毎日, 気散じに, 気軽な, 沈着な, 注意した, 派手好きな, 消化の, 消極的な, 淋しかった, 淡泊と, 温順な, 無作法な, 無口な, 無愛想な, 無気味な, 無表情な, 無邪気な, 無邪気に, 無頓着で, 熱つ, 狭くて, 狭隘な, 狹い, 玄微, 珍らしい, 珍妙な, 珍重され, 現実的な, 瑣細な, 生真面目で, 略式です, 略式に, 疎遠の, 痒かりける, 痛わっ, 皮相に, 眞近, 眞面目な, 真面目な, 瞬間では, 短かく, 短く節約, 短っ, 短時間に, 確かで, 確実な, 神経質な, 秘密な, 秘密の, 稀だった, 稀で, 稀である, 稀には, 稀れである, 稀薄に, 穏かで, 穏かな, 穏しい, 穩しい, 簡単だ, 簡単で, 簡単であった, 簡單であります, 簡潔な, 簡素に, 粗雜, 精巧な細っ, 細かな, 細く截, 細目に, 結構で, 結構です, 結構な, 緩慢な, 緻密な, 繊細な, 纎弱な, 美術的な, 肝腎な, 腹心の, 臆病な, 自在な, 自然であった, 自然な思ひ, 自然発生的に, 舊い, 色つ, 若かった, 著明, 薄く二寸四方, 薄く短冊形, 薄く階段, 薄っぺらな, 藝術的に, 行儀よく, 表面の, 要心の, 要点だけを, 見かけは, 規模が, 記臆力が, 調法です, 謙遜し, 貧乏で, 貧乏な, 貧弱な, 賤しい, 質の, 質素です, 質素なみなり, 質素な見, 贔屓目に, 身の, 身近の, 軒の, 軟い, 軟かで, 軟らかな, 軽く和かく, 軽く問うた, 軽く柔, 軽症の, 輕い, 辺境な, 辺鄙な, 近くな, 近くなります, 近く住む, 近く顔を, 近代の, 近代的の, 近所の, 近親な, 近頃の, 近頃茶杓や, 通俗な, 速く泡, 達者であった, 遠方の, 適当した, 適当な, 重要な, 野蛮な, 鎌倉的な, 長く見, 閉口した, 閑静な, 陽気な, 雑と, 雑な, 零砕な, 零碎な, 静で, 靜かで, 靜で, 頭の, 類似した, 魅惑的に, 鷹揚な

▼ 極って~ (203, 4.9%)

10 います, 居る 8 いる 7 いた, いるの 5 いますよ, いるん 4 いるから 3 居るから, 居るが

2 [13件] いたの, いて, いるからね, いると, いるよう, おる, ら, らア, 居て, 居ります, 居るけれども, 居ると, 居るん

1 [115件] あっと言う, いたので, いたのに, いたもの, いたよう, いたら酒肴, いつも容易, いない, いないの, いまさ, いまさあ, いまさア, いました, いますわ, いらあ, いること, いるので, いるもの, いるんで, いる厄介物, いる水産物関係, おられようが, おりますから, おりますもの, おり問題, おり女給一同, お茶の, かすかに, きちょうめんにしなければならんというでもなし一向, これから乗ろう, その刻限, その時, それからお嬢さん, とめどなく涙, まさア, ましたわ, ますから, みれば, らあ, らア然, サーッと, 不許可, 了え, 了った, 今日大津の, 今晩取引という, 出掛ける事, 切口上で, 半時ばかりずつ, 印東は, 却下せられる, 同じ姿, 含羞んだ, 夜更けな, 居た, 居った, 居ました江戸ッ子, 居ますよ, 居ますテレツク, 居ます爾, 居ます繩, 居らア, 居りますが, 居りませんけれども, 居るけれど, 居るじゃあ, 居るぜ, 居るでがす六十五銭, 居るですから, 居るという, 居るの, 居るので, 居るのに, 居るよう, 居るわ, 居る今, 居る吾邦唯一, 居る天候, 居る戦わずして, 居る所, 居る者, 居る身ゆえ, 後は, 念頭に, 怡, 打合わせも, 批評を, 持ち出したがる文句, 探し求めるよう, 散ざん人を, 明日は, 暫く病気, 曲者は, 検視済の, 此の, 泣かんと, 泣き出して, 火事に, 熱い涙, 細字に, 背に, 腕車から, 自分は, 葉蘭や, 蝶吉の, 要りも, 赫と, 足洗いも, 途中不意に, 遊ぶ, 長崎から, 間違いの, 駈出し, 鳴く, 鳴り出すという

▼ 極~ (193, 4.7%)

32 達して 15 達した 4 達したの 3 候, 近き星, 達する, 達すると

2 [15件] おる人, して, なって, 入つて象徴, 向って, 立って, 至れば, 達したが, 達したもの, 達した人, 達し彫心鏤骨, 達するの, 達せしめたるは, 達せり, 非ずや

1 [100件] あった, あった独逸人, あって, あつて, ありしヨブ, ありながら, あるこの, あるわれわれ, ある人, ある心霊, ある湾, ある現在, あろう内裏, いたれば, うつった場合, かえって胆, きこえた時, たっして, たつし, つなぐ, のぼりて, ほとんど現, またふと, 一喚死息を, 全体を, 出でたの, 分化した, 到るの, 及び關節, 可有, 向かう, 吸ひ寄せられ, 圓規を, 天球を, 子孫を, 寄って, 徹頭徹尾照子, 打てり物騒, 於けるよう, 於て, 於ても, 沈んだり, 牽引され, 生まれて, 生れて, 生産文学を, 登り詰めて, 立つもの, 立つ唯物論, 臨みて, 至ったこと, 至ったとき, 至らしむるや, 至りて, 至り或は, 至るの, 至るや, 臻る, 起こるところ, 近い陸地, 近づきゐたるが, 追いこんで, 追い上げた, 過ぎて, 達しこれ, 達しこんな, 達しその, 達したと, 達したドイツ軍, 達した人波, 達した彼, 達した彼等, 達した往来, 達した所, 達した時, 達した私, 達した頃, 達した顔, 達しました, 達し一夜, 達し今, 達し俳句, 達し布教どころ, 達し文化以後, 達し水, 達し法律慣習, 達し社會, 達し船長, 達し進取, 達し馬, 達するとともに, 達する多, 達する者, 達すれば, 遭ひ, 陥つて, 陥らんと, 陥ること, 陥れて, 陥落せしなり

▼ 極つて~ (132, 3.2%)

25 ゐる 11 居る 7 ゐるが, ゐるの 5 ゐるから 4 居るの 3 ゐた, ゐるさ, ゐると

2 [12件] ゐたが, ゐて, ゐるぢ, ゐるもの, ゐるわ, ゐるん, 啜り泣いた, 居た, 居て, 居らぬと, 居るやう, 居るよ

1 [40件] から罰する, すつぺら坊主, その為, と云, なくつ, は気味, まさ, ますからね, もう殆, ゐたの, ゐますから, ゐますけれど, ゐるといふ, ゐるやう, ゐるセメント袋, ゐる御, ゐる忽ち, ゐる筈, ゐる辺鄙, ハラハラと, 居たの, 居ても, 居ないわけ, 居ます, 居らと, 居り娘, 居るけれども, 居ること, 居るそこ, 居るぢ, 居ると, 居るむちやであります, 居るん, 居る人民はさ, 居る微か, 居る絲蒟蒻, 暫く病氣, 泣くものさ, 見ると, 這入るもの

▼ 極~ (119, 2.9%)

5 奴だ 3 悪さ, 悪そう 2 幼時は, 惡い, 昔から, 間で, 間に

1 [98件] うちに, くまも, この身, つ, ところには, ほうへ, やうに, ゆくところ, ように, わりいお, わるいほど, わるそう, 二階へ, 二階まで, 位置とは, 内証に, 初め嵯峨天皇の, 北とを, 名称を, 周辺に, 圖と, 塔, 声と, 夜が, 大刀とな, 太一星と, 太刀で, 太刀と, 太刀風, 女として, 奴でございます, 奴吟味中入牢申付ける, 奴殺し, 媚びを, 学説, 学説が, 安敵, 平和の, 底にも, 思想に, 恍惚といった, 恐怖の, 悪いこと, 悪い大声, 悪い思, 惡さうな, 意と, 所に, 抄き書き, 方に, 日に, 星は, 時祠堂金を, 最後の, 最近に, 梗概を, 楽観と, 欲望は, 氷の, 氷群すなわち, 深秘, 渾沌である, 疑惑に, 疑義で, 磁力の, 祕密に, 秘密が, 秘法, 移動から, 精神に, 素人で, 素寒貧で, 給の, 絶望に, 聖女は, 自然人, 至りで, 血なまぐさ, 西洋家で, 要求は, 親友です, 説を, 説即ち, 貧しい者, 近代でない, 近代まで, 近代移住した, 過去の, 重祚であり, 野蛮人で, 野蛮時代で, 間の, 間を, 難場だ, 雪の, 面に, 響きを, 鬼が

▼ 極~ (110, 2.7%)

3 もので 2 ところなく, のである, のを, ものだ, ものである, 動物で, 所に, 所殆ど底止す, 汽車は

1 [89件] あらゆる官能, お面, くせに, ことじゃ, ことで, ことである, その切り口, といふ, ところで, ところはい, ところ形塩尻の, とただ, と二昼夜, と云, と云う, と云つて過言, と同時に, と山, と急, と急ぐ, と日, と直ぐ, と私, と驚い, などというお, のだ, ので, のであります, のであろう, のにその, までの間, ものぢや, ものであった, ものでした, ものに, ものは, ように, 不便な, 人で, 人物と, 代物であった, 仮面を, 何を, 冒涜です, 処なし, 出来事を, 労働制度の, 印象を, 叫び声を, 問題をば, 声で, 失望を, 奴等だ, 存在じゃ, 存在ぢや, 形に, 微笑を, 性質を, 慾望が, 所が, 文字で, 文学だった, 日なり, 有様であった, 材料で, 東洋紅玉の, 案内図によ, 模様を, 殺戮の, 流血鬼の, 浅草辺の, 生活を, 生物な, 由, 疑問から, 知識しか, 知識の, 秋の, 純粋な, 組織だ, 結婚式を, 罪人を, 行動や, 話で, 質問に, 身に, 道を, 錯誤でした, 顔を

▼ 極った~ (95, 2.3%)

7 ように, 様に 6 もので 3 訳で 2 もんだ, 人が, 時刻に, 時間に

1 [64件] がの, が何, が唯, ため階下の, という, ということ, という体, という噂, といったそう, ときの, ときは, とも言われない, と急い, と最早, と申す, と言う, と鬼神, にちがい, のである, ので実は, ものだ, ものです, ものな, ものを, も同じ, よ, ような, んじゃ, 上で, 上でなく, 事で, 儀式が, 処で, 叔父に, 型でございます, 奉公人と, 女は, 巡礼の, 年数を, 意匠など, 所が, 手紙を, 旦那が, 旦那という, 時である, 時に, 時において, 時予は, 時人の, 時祖母は, 月給が, 札を, 無一物から, 物だ, 物と, 狂言から, 筈に, 訳だ, 訳でした, 話で, 貞之進は, 送金の, 面持で, 麦藁の

▼ 極~ (83, 2.0%)

78 ている 2 てます 1 たりと屠所, たりと怨恨骨髄, てしまっ

▼ 極まつ~ (68, 1.6%)

22 てゐる 8 て居る 3 てゐ, てゐた 2 てゐます, て哀愁, て居つた, て泣き, て涙

1 [22件] たりいでい, たんだ, た純情, てからの事, てからもう, てはゐない, て丸菱, て卑俗, て小肥り, て居, て居た, て怪, て悲哀, て悽愴也, て既に, て淺, て漁, て老媼, て自分, て行く, て表向き, て餘程

▼ 極~ (62, 1.5%)

3 居る 2 少ないの, 居るから, 親しかつ

1 [53件] おいた一分銀代価, 下さいましょうか, 不熟, 世辞が, 伝法肌の, 冷に, 原始的な, 多い, 多かった, 多く此, 多し, 容易だ, 富饒である, 小さく色, 少い, 尨雑なる, 居ます私, 居るが, 居るそれとも, 居る人, 希である, 平凡である, 広大で, 広大に, 情が, 愚の, 憂ふ, 普通な, 杜撰な, 杜撰なる, 根本的なる, 深きに, 温和である, 温情なる, 滑稽に, 濃き青色, 狭し, 白く脣, 短く口上書, 神聖なる, 稀な, 稀なれ, 穩か, 粗に, 緻密の, 複雑し, 親しく交, 読み易い, 豊富である, 赤い, 輕微なる, 長き二頭, 面白し

▼ 極~ (55, 1.3%)

7 悪い 3 悪くって 2 悪いわ, 悪うございます, 悪くッ

1 [39件] あって, ある, あるわけ, ついて, つくと, どこに, ふらふらし, よくない, わりいじゃ, 左程の, 悪いお蔦さん, 悪いから, 悪いしねえ, 悪いと, 悪いので, 悪いもの, 悪いやろ, 悪いん, 悪い皆さん, 悪うございました, 悪うございましょう, 悪うござん, 悪かった, 悪かったら, 悪かってよ, 悪かつ, 悪く, 悪くなっ, 悪くも, 悪く退った, 悪さうに, 悪そう, 惡いんです, 惡く, 惡くつて, 斯いふ, 有る, 望ましいとか, 積み重なり一種

▼ 極~ (51, 1.2%)

2 世間で, 白にも

1 [47件] あるに, いたしましたが, いよいよ本格的, お徳, かえって無量, これで, これを, その自然, どこに, どんな人間, へとへとに, 一に, 一種尊内卑外の, 不満の, 之なし, 人から, 人と, 他を, 何と云つて, 例の, 全人類, 円環なり, 冷と, 出立間際に, 即ち自殺, 大気による, 怖くなっ, 所謂上手也, 斉し, 昔から, 最も屡々, 沈黙だ, 渾融を, 現実の, 畢竟黒い, 発願し, 睡眠を, 空名に, 終に我身体, 自他を, 自分自ら自分を, 詰り人間, 謙虚に, 農村の, 遠く太平洋, 隣国相望み, 隨分狂妄愚陋を

▼ 極~ (45, 1.1%)

3 つくして 2 して, つくし余裕, 代表し, 尽した, 尽したもの

1 [32件] あそばす, あらは, いつたもの, つけて, どういう仕組み, みせた人馬, 一度味わった, 中心と, 変えたり, 尽くして, 尽したが, 尽して, 尽し真, 尽す少数, 悪がらせた, 指すこと, 指差し, 撥無して, 期すべからず, 来たしたの, 求める磁石, 爲し, 甞めたり, 白金針で, 知る, 窮めたもの, 索むる泳動か, 縦横に, 見て, 連ねて, 過ぎたの, 願いたいと

▼ 極~ (42, 1.0%)

4 の活人形 2 の小屋, へ行く

1 [34件] から地獄, だ, である, であるかも, でこいつ, でこの, でも地, などへ行き, に往生, の, の人形, の光, の口説, の園, の存在, の御, の生, の花, の見世物, の説, の露, は決して, へ, へでも行つた氣, へと心, へ確, へ行かう, へ行き, へ行けねえ, へ行ける, へ行つた, へ行つて, も地獄, を得る

▼ 極~ (36, 0.9%)

8 悪人の, 悪木 2 悪の, 悪人と

1 [16件] の悪人, 悪人, 悪人さ, 悪人だ, 悪人でも, 悪人という, 悪人とても, 悪人とは, 悪人なれ, 悪人め, 悪人をも, 悪人唯称仏, 悪人無, 悪罪を, 罪悪下, 罪悪許され

▼ 極く小さい~ (33, 0.8%)

2 煙花の

1 [31件] ときから, のは, のを, もの, もので, ものと, 一点を, 一部分を, 上に, 十字架が, 問題から, 子供の, 字で, 川だ, 工場だつた, 所らしい, 方だ, 時から, 時に, 時分に, 石だ, 範囲で, 西瓜も, 要素に, 詰らない事, 貿易商の, 軍服姿の, 軟式飛行船が, 鑵詰を, 震えるよう, 頃の

▼ 極わめ~ (31, 0.7%)

2 た立派

1 [29件] そのこと, た単なる, た建物, た恋愛, た板壁, た英傑, た装置, た複雑, た話術, ている, ておられる, て世故, て卒直, て合理的, て周章て, て婉曲, て形式的, て慇懃, て熱く, て稀, て見よう, て親切, て迷惑, て面白い, て革命的, ともすると右門, る, ること, る事

▼ 極まつた~ (30, 0.7%)

3 良人と

1 [27件] から一晩, ことを, こんなもの, とし, のだらう, のである, ので刑, ものと, ものなれ, ものについての, ものの彼, 事で, 入用だけの, 分岐点で, 単純さな, 年限を, 時四郎左衛門は, 目的を, 窮余の, 箪笥を, 言ひ, 身分の, 軌道を, 道具で, 道徳を, 靜寂の, 鼻持ならぬ

▼ 極~ (27, 0.7%)

3 の頃 2 の旱と, の砌

1 [20件] に悩むだ, に矢声, に限る, のうん気, のみぎり, の一文, の世界, の午後, の夜, の季節, の折, の時, の時節, の晩景, の節一盛, やや寒き, よ, 九十七度九分山々に, 病気の, 病氣の

▼ 極~ (23, 0.6%)

2 なす, 爲し

1 [19件] いうべきも, いたし鶴, いわれて, し日本人, し無常, すべきなり, する時, なすもの, なす者尽く, なった空気, なれる神経, ふとかりし, 云うべきか, 云わなければ, 地帯に, 地帶の, 思うでしょう, 異なって, 説いたと

▼ 極く短い~ (18, 0.4%)

1 [18件] ものだ, ものでした, 小片に, 文章だ, 春と, 時間しか, 時間の, 時間を, 時間内に, 期間に, 真昼には, 瞬間だった, 短枝, 綴りの, 街, 返事ばかり, 間です, 間女の子が

▼ 極~ (18, 0.4%)

2 ないので, ぬけれど

1 [14件] ずといて, ずに, ず放たらかし, ない, ないが, ないけれど, ないわ, なそん, ぬ, ぬうち, ぬの, ぬ内, ねえうち, ねえの

▼ 極から~ (17, 0.4%)

2 極へ

1 [15件] うら, お駒, それの, 一方の, 一番離れた, 云えば, 反對, 始めたいと, 徐々に或, 成立って, 極に, 極へとの, 突き上げて, 華麗の, 見れば

▼ 極~ (17, 0.4%)

4 まった 2 めて

1 [11件] まった夜, まった時, まった者, まる冒険談, まる徹底的曝露舞踊, まる歴史家ども, まる洞, まれる, み, み何処, めんと

▼ 極つたやう~ (16, 0.4%)

2

1 [14件] なもん, な句, な心持, にし, にポケツト, に亡くなつた, に其処, に履物, に椅子, に汚れた, に病気, に言つて, に軽い, に頭

▼ 極秘密~ (16, 0.4%)

4 の裡 2 にし, の中 1 で研究, で蒲生検事, で面会, に云, に東京, に特高課, の研究調査, の私

▼ 極くありふれた~ (15, 0.4%)

1 [15件] ものであった, ものな, カフェでは, ラブレーターであった, 事柄を, 会話の, 何の, 山間の, 格好の, 英国の, 言葉に, 言葉までが, 話だ, 野蛮な, 鈴で

▼ 極ってる~ (15, 0.4%)

3 さ, んだ 1 から厭, から寝, から血だらけ, が, が明日, けれど東京, とおもいます, よねえ, 亭主に

▼ 極く軽い~ (13, 0.3%)

1 [13件] かすかな, のだ, ので一週間, もので, ものです, ユウモアは, 上下動でした, 傷で, 夕食を, 媚びが, 意味での, 烟草だ, 細身の

▼ 極むる~ (13, 0.3%)

2 も要するに

1 [11件] であろう, に由, に至れり, の便利, の利, の存在, はこの, は不祥, もなお, も終に, を追い求むるあり

▼ 極天皇~ (13, 0.3%)

1 [13件] で癸卯, にいたる, のお歌, のこと, の二年十一月, の二年大兄王, の四年六月, の四年間, の御代, の朝, の頃, の飛鳥, は蘇我氏

▼ 極く低い~ (12, 0.3%)

5 声で 1 ものである, 十畳敷位の, 十疊敷位の, 官では, 皺嗄れた, 程度として, 音で

▼ 極~ (12, 0.3%)

1 [12件] あつた, かその, かつ批評家, また冷刻, 一は, 堤が, 小規模の, 暮して, 有った事, 有つた, 生れ落ちたま, 紙屑拾不可入午後十時堅く

▼ 極~ (12, 0.3%)

1 [12件] だ, だが, だがね, だけれども, だぞ, ぢや, でお話し, でわし, でエ一本, にし, の仕事, 證で

▼ 極~ (11, 0.3%)

321 が其咲, とかそういう, とでも申しましょう, と思, と思いました, わ

▼ 極つた~ (11, 0.3%)

1 [11件] かういふ法悦, がこれ, が手ぶら, が貸借, その頃, といふ噂, にも拘らず, ので春三郎, ので無論, んで可愛, 名稱

▼ 極くお~ (10, 0.2%)

1 ぼろげな, ぼろげに, ぼろげにしか, 優しいの, 天氣の, 弱い方, 粗末な, 若いの, 親しくし, 酌のから

▼ 極く悪い~ (10, 0.2%)

1 ところじゃ, のが, のです, もので, 不消化な, 匂いの, 十竹斎画譜を, 癖であっ, 石油を, 肩の

▼ 極つてる~ (10, 0.2%)

3 から 1 かね, からね, ぢや, のだ, よ, わ, んや

▼ 極~ (10, 0.2%)

2 ば雨具 1 ばお母さん, ばこの, ばこりゃ, ば何, ば反, ば心, ば直接, ば遠から

▼ 極内々~ (10, 0.2%)

1 その事, でい, で吹聴, で耳打, にて申し, に患者, に父母, に面会, の事内々, の話

▼ 極くつまらない~ (9, 0.2%)

1 こと素人が, 世間話をね, 人間の, 小さな生き, 後では, 所に, 様な, 様に, 理窟を

▼ 極く若い~ (9, 0.2%)

1 さかりの, ときの, ので, 先生も, 学生時代に, 日本の, 松茸を, 青年時代に, 頃この

▼ 極~ (9, 0.2%)

1 おとされて, つなぐ時, なりと, まっしぐらに, 中心へ, 團一團と, 自分を, 転落さし, 電氣が

▼ 極小さい~ (9, 0.2%)

1 もので, ものを, 一片を, 人物が, 仕掛の, 宅で, 瓶が, 音でも, 頃淋しく

▼ 極~ (8, 0.2%)

1 ている, てもいない, てらァ, てるが, てるよ, て居ます, て居る, て居るなら

▼ 極上等~ (8, 0.2%)

1 に出来た, に巴旦杏, のダイアモンド, のパン, の座敷, の織物, の肉, の衣類

▼ 極古い~ (8, 0.2%)

3 時から 2 ところとか 1 国で, 時代には, 時代の

▼ 極く好い~ (7, 0.2%)

1 ですこし, よ, 処だ, 味が, 塩梅に, 方だ, 時代であります

▼ 極その~ (7, 0.2%)

1 人の, 年久しい, 心理の, 柩前に, 死の, 種の, 美的価値を

▼ 極という~ (7, 0.2%)

2 ものは 1 のが, ものの, ような, 二院を, 未知の

▼ 極むべ~ (7, 0.2%)

2 からず 1 からざる, からず百歩, き身分, き運, し

▼ 極微量~ (7, 0.2%)

1 から大量, でも空気中, の含有物, の放射能, の有機物, の複雑, まで測定

▼ 極簡単~ (7, 0.2%)

2 なもの 1 なの, な形, な話, に書く, の理窟

▼ 極く狭い~ (6, 0.1%)

1 ので一座, ものだ, 地所で, 田舎な, 空地に, 隙間が

▼ 極く細かい~ (6, 0.1%)

1 ところまでも, ダイヤモンドを, 柔い, 砂糖が, 篩にかけて, 色の

▼ 極く親しい~ (6, 0.1%)

1 人間だらう, 友人で, 友人です, 友人や, 父の, 間柄で

▼ 極く近い~ (6, 0.1%)

1 ところの, のだ, 下に, 其處に, 地では, 親戚で

▼ 極ったら~ (6, 0.1%)

1 さぞ安心, どうか直ぐ, 瀬を, 直ぐに, 私が, 退屈千万な

▼ 極である~ (6, 0.1%)

1 が鳩, と, というの, との主意, と思ふ, 大道である

▼ 極として~ (6, 0.1%)

1 再び北, 対立する, 日ごろ排斥, 永久に, 自分の, 釋し

▼ 極上品~ (6, 0.1%)

2 な例 1 で土, なん, な食物会, のカーテン地

▼ 極~ (6, 0.1%)

2 にて御座 1 すなわち従一位, に叙せられた, に至る, に達し

▼ 極懇意~ (6, 0.1%)

2 でつい, にし 1 だから, だつた

▼ 極真面目~ (6, 0.1%)

2 な男 1 で殆ど, なもん, な話しなん, になっ

▼ 極~ (6, 0.1%)

2 短波を 1 短波と, 短波による, 短波の, 短波受信機が

▼ 極遂に~ (6, 0.1%)

2 之れ 1 明白なる, 死を, 甘んじて, 精神の

▼ 極~ (6, 0.1%)

2 に達した 1 に立つ, に達し, に達する, を暗示

▼ 極く古い~ (5, 0.1%)

1 事です, 新派だ, 昔の, 時計で, 歌であった

▼ 極く新しい~ (5, 0.1%)

1 ほどいい, 人として, 玻璃製の, 贋物だっ, 魚を

▼ 極どい~ (5, 0.1%)

2 ところで 1 ところで受話器, ところで彼女, 話で

▼ 極なる~ (5, 0.1%)

2 もので 1 が如く, オランダといふ, 南とを

▼ 極には~ (5, 0.1%)

1 不可知, 人は, 分りませぬぞ, 小さな金, 聲なく

▼ 極はめ~ (5, 0.1%)

21 て明白, て無意味, て頑丈

▼ 極メテ~ (5, 0.1%)

1 之ヲ愛護保存, 微カニ, 手早ク, 甘シ, 見悪

▼ 極~ (5, 0.1%)

1 な打ちあわせでも, にお, のうち, の御用, の計

▼ 極平凡~ (5, 0.1%)

1 な叙事叙景, な明るい, な考へ方, に考へ, の堂

▼ 極~ (5, 0.1%)

1 う御座います, しなど, として排斥, なるローマニア, の幽鬼

▼ 極惡人~ (5, 0.1%)

2 に對 1 でも自分, の男, をこれから直ぐ

▼ 極東日本~ (5, 0.1%)

1 との間, にその, の一旅行者夫妻, の蓬莱仙洲, へ

▼ 極若い~ (5, 0.1%)

2 時は 1 さかりの, ので多く, 男は

▼ 極くいい~ (4, 0.1%)

1 ことであります, と申します, ので滋養分, よ

▼ 極く濃い~ (4, 0.1%)

1 のと, ような, 汁が, 煎汁

▼ 極く粗い~ (4, 0.1%)

2 譜に 1 木版で, 譜の

▼ 極っては~ (4, 0.1%)

1 いない, いないし, おらぬ, 内所の

▼ 極~ (4, 0.1%)

2 たり 1 てます, てみる

▼ 極つたの~ (4, 0.1%)

2 だから 1 では, で少し

▼ 極とは~ (4, 0.1%)

1 いえ涼風, こうした無音, これであろう, 單に

▼ 極まで~ (4, 0.1%)

1 固くすれ, 自分を, 行くと, 追いつめて

▼ 極~ (4, 0.1%)

1 亦全く, 傾きに, 共に私, 悪し面

▼ 極~ (4, 0.1%)

1 むをえずして仕事を, 卑屈自, 歪曲を, 美学を

▼ 極より~ (4, 0.1%)

2 極に 1 一躍し, 歓喜の

▼ 極れり~ (4, 0.1%)

1 というべし, と私, と謂うべきである, と貫一

▼ 極低い~ (4, 0.1%)

1 ところの, 岡か, 折襟でした, 生活だ

▼ 極僅か~ (4, 0.1%)

1 だけれども, な傾斜, な貯, の材料

▼ 極~ (4, 0.1%)

1 にあり, の一, の矮小民族, へ

▼ 極南界~ (4, 0.1%)

3 にあり 1 即ち倭國

▼ 極好い~ (4, 0.1%)

2 酒が 1 役でなく, 心持に

▼ 極悪人~ (4, 0.1%)

1 だの, といわざる, とも見ゆる, と誤る

▼ 極悪気~ (4, 0.1%)

1 であつ, にし, にそれ, に俯向

▼ 極最近~ (4, 0.1%)

1 でも私, に至つて, に行われました, までもあつ

▼ 極樂淨土~ (4, 0.1%)

1 なの, に棲む, の世界, まで一

▼ 極~ (4, 0.1%)

2 の兵法 1 の槍, の鎗術

▼ 極~ (4, 0.1%)

1 極, 盡無窮なるべし, 自性心は, 雑作に

▼ 極秘密裡~ (4, 0.1%)

1 にいじくりまわし, に厳重, に君, に片付け

▼ 極近い~ (4, 0.1%)

1 おほ, のである, 親類である, 身内に

▼ 極~ (4, 0.1%)

1 なる者, のアバタ面, の人, の者しかも亦

▼ 極いい~ (3, 0.1%)

1 です, ところに, カビア

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 安く唯今, 毒でございます, 気楽の

▼ 極くう~ (3, 0.1%)

1 すらりと, す化粧, はべの実に

▼ 極く堅い~ (3, 0.1%)

1 大きなの, 家であった, 石で

▼ 極く寒い~ (3, 0.1%)

1 国へ, 時でも, 時は

▼ 極く少い~ (3, 0.1%)

1 のです, 事と, 時で

▼ 極く少ない~ (3, 0.1%)

1 うちに, と思われる, んです

▼ 極く広い~ (3, 0.1%)

1 意味で, 意味に, 読者層に

▼ 極く弱い~ (3, 0.1%)

2 火へ 1 方で

▼ 極く手軽い~ (3, 0.1%)

1 口調で, 実例では, 葬式を

▼ 極く早い~ (3, 0.1%)

1 お茶の水の, 夜の, 頃から

▼ 極く有りふれた~ (3, 0.1%)

1 ものであった, 効能が, 少しの

▼ 極く淡い~ (3, 0.1%)

1 ことを, 光では, 忘れ難い

▼ 極く細い~ (3, 0.1%)

2 箸を 1 繊に

▼ 極く美味しく~ (3, 0.1%)

1 して, 味を, 食べるには

▼ 極く薄い~ (3, 0.1%)

1 ものです, 絹地の, 霧が

▼ 極く限られた~ (3, 0.1%)

1 少数で, 範囲の, 範囲内の

▼ 極であり~ (3, 0.1%)

1 大道であり, 客観主義の, 私とて

▼ 極でも~ (3, 0.1%)

1 あったと, ない智慧, 昔から

▼ 極といふ~ (3, 0.1%)

2 のかも 1 ものは

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 のだ, 問題も, 方向へ

▼ 極にまで~ (3, 0.1%)

1 おしつめたもの, 及べり, 達したこの

▼ 極はめた~ (3, 0.1%)

1 と云, 宗教とは, 宗教をば

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 つてらアね, ッた, ッて

▼ 極まつてる~ (3, 0.1%)

1 しもう, ぢや, サ

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 いわんや水, と聞く, 又花山

▼ 極むる事~ (3, 0.1%)

2 を見 1 となつ

▼ 極むれ~ (3, 0.1%)

1 ども聴かざる, ばそれだけ, ばなかなか

▼ 極めん~ (3, 0.1%)

1 とする, との用意, と望むものあらばそのもの

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 古體學ニテ, 多ク飲ミ, 微ヲ闡キ以テ本邦今日日

▼ 極メテ稀ニシカナイ器具~ (3, 0.1%)

3 ノ所有者

▼ 極上々~ (3, 0.1%)

1 ときめ, とほめはやす, の大

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 の一条ヘチヤモクレ, の水夫, は後藤庄次郎引受

▼ 極二年~ (3, 0.1%)

1 に何, に山背大兄王, に当っ

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 だと, なもの, の時間

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 に触れし, に達する, まで究めよう

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 として居る, なり, に達せ

▼ 極地点~ (3, 0.1%)

1 ではどんな, とのほぼ, に着いた

▼ 極堅い~ (3, 0.1%)

1 のであの, 人で, 幅広の

▼ 極~ (3, 0.1%)

2 の記 1 の光り

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 がきわめて, を害はん, を数える

▼ 極小さな~ (3, 0.1%)

1 けれども大きな, もので, 声で

▼ 極少量~ (3, 0.1%)

1 に入, の薬液, の重

▼ 極形術~ (3, 0.1%)

1 と称する, はずっと, もできる

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 心安き人ニハ, 懇意に, 疳癖が

▼ 極惡無道~ (3, 0.1%)

1 といふやう, な入道殿, の海蛇丸

▼ 極惡非道~ (3, 0.1%)

1 それでも罪, で恐ろしく, の振舞

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 とし, に附着, を離れました

▼ 極樂寺前~ (3, 0.1%)

1 で追, の, の錺屋

▼ 極樂行~ (3, 0.1%)

1 の方, の旅券, ヲ信仰ストモ

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 とどっち, は, は喜び

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 の平和, の法悦, の滋味

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 がくらん, その幾千株, も当てられない

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 で家老用人, の愁, の或

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 なと, にはそれ, れなる事實

▼ 極簡略~ (3, 0.1%)

1 な法, に行われた, に説明

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 が, を放つ, を讚嘆

▼ 極~ (3, 0.1%)

1 に及び, に非, の者

▼ 極自然~ (3, 0.1%)

1 なこと, な人生, な筋道

▼ 極~ (3, 0.1%)

2 して 1 が合う

▼ 極近代~ (3, 0.1%)

1 に這入つた, までは富み, 或は明治以後

▼ 極都合~ (3, 0.1%)

1 の好い, の宜, の良い

▼ 極静か~ (3, 0.1%)

1 な部屋, にし, に大胆

▼ 極いけねえ~ (2, 0.0%)

1 のだ, んでへえ

▼ 極かいつまんだ~ (2, 0.0%)

2 だけをお話

▼ 極かも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れない

▼ 極くありふれた云い~ (2, 0.0%)

2 方で

▼ 極くつまらぬ~ (2, 0.0%)

1 品物である, 犯罪を

▼ 極くまばら~ (2, 0.0%)

1 にしか無い, に散つ

▼ 極くわづか~ (2, 0.0%)

1 に宗右衛門, ばかりの読者

▼ 極く大きい~ (2, 0.0%)

1 から各種, ものや

▼ 極く幼い~ (2, 0.0%)

2 時から

▼ 極く強い~ (2, 0.0%)

1 塩水へ, 方が

▼ 極く有り触れた~ (2, 0.0%)

1 体裁の, 種類の

▼ 極く淋しい~ (2, 0.0%)

1 処でした, 処ばかり

▼ 極く物慣れた~ (2, 0.0%)

2 大人振

▼ 極く親しく~ (2, 0.0%)

2 した藻外

▼ 極く詰まらない~ (2, 0.0%)

1 もので, 事までも

▼ 極く貧しい~ (2, 0.0%)

1 ものとが, 婦人にと

▼ 極した~ (2, 0.0%)

1 人物の, 解説の

▼ 極ってから~ (2, 0.0%)

1 大原氏は, 罰すること

▼ 極っと~ (2, 0.0%)

1 らい, るじゃ

▼ 極ついに~ (2, 0.0%)

1 その落第, 彼を

▼ 極つたもの~ (2, 0.0%)

1 だ, なの

▼ 極つた形~ (2, 0.0%)

1 があつ, て何ん

▼ 極つた時~ (2, 0.0%)

1 に, には二人

▼ 極つた気息~ (2, 0.0%)

1 つまり本当, といつた

▼ 極つた運命~ (2, 0.0%)

1 では無から, で當人其

▼ 極つてん~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 極てに~ (2, 0.0%)

1 日本海が, 銅色を

▼ 極であった~ (2, 0.0%)

1 ということ, アンドレイエヒミチは

▼ 極であります~ (2, 0.0%)

1 が分, けれど一つ

▼ 極では~ (2, 0.0%)

1 くっついて, ないか

▼ 極とい~ (2, 0.0%)

2 はむのみ

▼ 極なく~ (2, 0.0%)

1 かつ言, 流れゆけ

▼ 極において~ (2, 0.0%)

1 主体は, 後三条院の

▼ 極むとし法部~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 極むるところの一路~ (2, 0.0%)

2 なるをも

▼ 極ッてる~ (2, 0.0%)

2 のサ

▼ 極マリガ~ (2, 0.0%)

2 悪イ

▼ 極一部~ (2, 0.0%)

1 からで, の人

▼ 極下手~ (2, 0.0%)

1 だもの, で病人

▼ 極也以下~ (2, 0.0%)

1 の部分, は直接

▼ 極些細~ (2, 0.0%)

1 な刺戟, な部分

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 がよく, の好い

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 もよう, 善しの

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 において経験, を意味

▼ 極僅少~ (2, 0.0%)

1 である, であるから

▼ 極内密~ (2, 0.0%)

1 でまた, にし

▼ 極内閣~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 の, の寒気

▼ 極~ (2, 0.0%)

2 ならざれども

▼ 極初期~ (2, 0.0%)

1 に核, の状態

▼ 極別懇~ (2, 0.0%)

1 にいたす, に致しまし

▼ 極単純~ (2, 0.0%)

1 な感情, になっ

▼ 極博士~ (2, 0.0%)

1 に限らない, のやう

▼ 極和尚~ (2, 0.0%)

1 から大悟, は一法語

▼ 極四年~ (2, 0.0%)

1 である, ならば

▼ 極地方現象~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, とがある

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 を出す, を放て

▼ 極大体~ (2, 0.0%)

1 の比較, の特色

▼ 極天皇二年~ (2, 0.0%)

1 に焼失, の兵火

▼ 極天皇紀~ (2, 0.0%)

1 にある, に殺

▼ 極好き~ (2, 0.0%)

1 で番, な人

▼ 極子規~ (2, 0.0%)

1 はとう, はとうとう

▼ 極寒い~ (2, 0.0%)

1 から新吉, 日を

▼ 極少い~ (2, 0.0%)

1 ので知らぬ, 時であった

▼ 極少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり尻尾, 痴呆状態にな

▼ 極少なかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 極幼い~ (2, 0.0%)

1 時に, 頃に

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 の魔女, へ移る

▼ 極心安い~ (2, 0.0%)

1 人でございまし, 人な

▼ 極怨敵~ (2, 0.0%)

2 の肉

▼ 極~ (2, 0.0%)

2 そうに

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 な話, の到りで

▼ 極手軽~ (2, 0.0%)

1 に言つて, に話

▼ 極抽象的~ (2, 0.0%)

1 で姿, な

▼ 極新しい~ (2, 0.0%)

1 のでなく, 方で

▼ 極普通~ (2, 0.0%)

1 な割り, のこと

▼ 極東西比利亞~ (2, 0.0%)

1 ヲ取得センガタメニ其, ヲ領有スベク露西亞ニ對スル大陸軍

▼ 極柔和~ (2, 0.0%)

1 しい人, なお方

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 のわき, の倒れる

▼ 極樂寺坂~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 極樂東門~ (2, 0.0%)

2 に向

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 つきて, 尽きて

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 に彼奴, 盤古

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 といっ, の中

▼ 極無く~ (2, 0.0%)

2 樹蔭も

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 を授けたまえ, を掴もう

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 な思いやり, な知識

▼ 極皮相的~ (2, 0.0%)

1 な一般世俗的, に解し

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 で猴, に達し

▼ 極相成~ (2, 0.0%)

2 候儀に

▼ 極短く~ (2, 0.0%)

1 て漢学, 結び附けられて

▼ 極~ (2, 0.0%)

2 朴な

▼ 極粗末~ (2, 0.0%)

1 ながら一言, な床店

▼ 極素直~ (2, 0.0%)

1 だと, であった

▼ 極細い~ (2, 0.0%)

1 兎の, 真書きで

▼ 極綺麗~ (2, 0.0%)

1 です玉子, な毀れ易い薄い

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 が無い, なりと要人夫婦

▼ 極肥し~ (2, 0.0%)

2 山珍の

▼ 極自由~ (2, 0.0%)

1 な溌溂, に用

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 は水仙花云云, 亦詩情

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 な味, の地位

▼ 極~ (2, 0.0%)

1 に至, に達する

▼ 極親しい~ (2, 0.0%)

1 友達を, 少数の

▼ 極軽い~ (2, 0.0%)

1 ので, 風が

▼ 極近く~ (2, 0.0%)

1 へは落ちず, まで猟

▼ 極銀河~ (2, 0.0%)

2 のほとり

▼ 極難所~ (2, 0.0%)

1 ですから, で小さい

▼ 極頑固~ (2, 0.0%)

1 な極, な老爺

▼1* [710件]

ツたかい, 極ああしか芝居, 極あっさりと一言, 極あなたは私, 極あぶなかったが, 極あめりかに仕立趣向, 極あらツぽい, 極あらい網の, 極あれこれととりとめ, 極いきなり清浦が, 極いつでも同じ, 極いやな芝居, 極うすい水色の, 極うとましく触るるも, 極おいおい泣出した, 極おだやかに往生, 極その辺, 極かいつまんで記し, 極かすかな演劇的, 極かすれた低声, 極きさくに云う, 極きわどい刹那の, 極くありふれてゐる, 極くあり得べき事柄が, 極くうすい緑で, 極くおしつまつてもう, 極くおとなしい人で, 極くおぼえ書程度の, 極くこまかい結晶を, 極くささや, 極くすくない, 極くたわいも, 極くたやすい行いだ, 極くだけた無心態度の, 極くつきやすいところ, 極くまずく民衆芸術を説く, 極くまれだつた, 極くみじかいものさ, 極くゆるい長から下まで, 極く下らないものだった, 極く似た云いまわし, 極く効く薬だ, 極く取止めなき子供らしい, 極く安いものでない, 極く寂しい感じの, 極く張詰めた心で, 極く心安い仲で, 極く急ぐ時には, 極く慎ましい方であった, 極く打ちくつろいだ様子で, 極く新しく何の, 極く旧い朋友で, 極く明るい色に, 極く涙脆いぞや, 極く渋いもので, 極く温い処へ, 極く滅入つた調子である, 極く烈しい状態です, 極く目立たぬやうに, 極く砕けて優しい, 極く笑うのも, 極く約めて言え, 極く細長いのでこれ, 極く美しい織物には, 極く美味い味が, 極く美味しい処が, 極く育とう育とうとする, 極く良い唐墨を, 極く若い大きいのだ, 極く見易い農村の, 極く解り易く云, 極く詰らない事から, 極く近しい木下君を, 極く遅い代りに, 極く遠い遠い所から, 極く関わない授業に, 極く限られてゐた, 極く黙った四十五六の, 極この三思想心に, 極こんな事を, 極こんなにしてまで, 極さげすんだ意味を, 極させ歪曲する, 極させようとする, 極されて抽象的, 極された意味にまで, 極ざっと説明し, 極ざつくばらんに運ぶといふ, 極ざつと説明して, 極しきりに新奇を, 極しならんと身, 極すばしこい鼠の, 極ずいの勉強家, 極そこいら, 極それらを接觸, 極そんなもので, 極訳け, 極たり猪汝速やかに, 極だっていた, 極ったですからこの, 極ったならば竜, 極ったなれども岡本政七方, 極ったらしいがどうしても, 極ったらたよる処も, 極ったら急がないとまた, 極っちまうじゃない, 極ってからは, 極つけそうな, 極つたことよしまた, 極つたさうだから, 極つたつてことだよ, 極つたとき御米, 極つたとき宗助は箸, 極つたやうににこ, 極つたやうに一寸帽子を脱い, 極つたやうに十銭本の冒険小説, 極つたやうに鋼鑼の横, 極つたやうに馬を格子戸, 極つたら繩を, 極つた世の中にとても, 極つた事に思はれた, 極つた事実なので, 極つた事實として表, 極つた仕事の外, 極つた何の噺, 極つた使ひ方, 極つた例の饂飩, 極つた假名遣と, 極つた六疊に這入つ, 極つた収入も無い, 極つた囃の聲, 極つた型のある, 極つた声を挙げ, 極つた後であつ, 極つた挨拶をし, 極つた掌面で額, 極つた文句を語つたの, 極つた時刻に學校, 極つた時文太郎は暗い, 極つた暁には自分, 極つた月日を繼續, 極つた束が一把, 極つた樣ですね, 極つた涙声で叫んだ, 極つた用もない, 極つた病人でも死ぬ, 極つた相場といふもの, 極つた範疇を持つ, 極つた者位可哀, 極つた話であるが, 極つた譯でもない, 極つた踊の場所, 極つた通り皿も平, 極つた面持であつ, 極つた頃であつ, 極つた頃城崎驛へつい, 極つちまつたら貴方だ, 極つてそれをする, 極つて一分で千兩とり, 極つて三藏獨り奧村, 極つて不入だわ, 極つて今晩取引といふところ, 極つて勝負事ツて云, 極つて哀愁多し, 極つて妙な肩, 極つて客の鼻先, 極つて払つてるぢ, 極つて歔欷せしを, 極つて殆ど狂亂して, 極つて泣き落したので, 極つて涙を流した, 極つて畢ふと何となく又, 極つて畢つたのである, 極つて私の勝, 極つて腹の中では笑つて, 極つて蛇のやう, 極つて製作を命ぜられる, 極つて長羅宇です, 極つましくやっても, 極つまらないことである, 極てしか春霞春日の, 極てるから学校, 極であって日本人, 極でないか, 極といったような, 極とでもいうの, 極とも何れとも, 極ないしよな, 極なきが如く, 極なされたら家老一同, 極ならずや我友二葉亭, 極なり忘れても, 極なれども事実, 極にて如何とも, 極に対する公平な, 極のべつ貧乏の, 極のみならず単純無比に, 極はつきりして, 極はまる曲者でした, 極はまれり二番息子の, 極はみかな, 極はめる事が, 極へと行つ, 極へとのびうつる輾転反側では, 極へも飛んで, 極ほとんど崩壊の, 極ました所, 極まじりけのないよい, 極まったりと申すべし, 極まつたなら六時過ぎから, 極まつたら窃盗を, 極までも燃立つ, 極まばらに唐松, 極まわって雪, 極むかし二段目三段目ぐらいに立派, 極むずかしい形式に, 極むとあるも馬と観音, 極むと雖も以, 極むらん, 極むるあたはず今天上, 極むるがすべて牛馬の牧場, 極むることあるにこれはまた, 極むることを矯めたり, 極むること上聞に達し, 極むること妙義戸隠の如くなる, 極むるためにいつまでたっ, 極むるときは彼の哲学流, 極むるとは知らず見渡す町通, 極むるなればやわかミチミ, 極むるによつて成ると, 極むるひまもなく貪ぼると, 極むるものと雖若し情熱, 極むるもの優美を極, 極むるもの必らず其の, 極むるもの荘厳を極, 極むる原子野を徘徊, 極むる大箱崎に出, 極むる姿御用を勤める, 極むる枢要な道路, 極むる者と雖, 極むる者稿既に脱し, 極むる血塗れの半, 極むる行き当りに仰げ, 極むる金持ちがある, 極む後こぼちて, 極む捨身の入り, 極む霧かかりたれば, 極めし業なれども, 極めし線の感情, 極めし者もなく, 極めし間に産婦, 極よかろうと, 極らんがの下谷, 極りきッた論サ, 極りゃ大威張り, 極るであろうが人情, 極るですなと調子, 極れるを虐待, 極わめ天朝恢復の大望, 極わめ幅十間の荒沢, 極わめ忍術に妙, 極わめ焔の呼吸, 極わめ父の仇, 極わめ霊魂不滅生霊術人魂変現術, 極われとはなし, 極をもって時と, 極アイスランド島ヘルナー山頂に坐礁, 極オイオイと声, 極ク単純なそして又, 極てる通り, 極テたしかなるたより, 極テ肥ヲ喜ム, 極マル哲學ニ立脚シタルガ故ニ, 極マル小乘的信仰ヲ以テ, 極マル時代思想ニヨリテ各歐洲, 極ムレバ即チ知識トナル, 極ム而シテ俗習ナシ鞍鞭鑑諸具ニ至リテハ, 極メシ歴史風俗画ニ於テハ艶逸比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, 極メテ僅少ニ過ギナイ, 極メテ厳正ニ老ニ, 極メテ完全ニシテ精美ナル物ヲ求ムルハ, 極メテ容易デアル, 極メテ密ニシテ上漸ク稀ナリ, 極メテ小キナリ是レ古ヘノ, 極メテ小ニシテ一年ニ三度栗ヲ収ム, 極メテ砕小ナ大, 極メテ簡単デ普通, 極メテ繊細ナ線デ字ガ書ケテ行ッタ, 極メテ速カナル者アレドモ結合力ト團聚力トハ無シト, 極メテ重要ノ問題ナリト雖モ, 極メテ鮮カナ色彩ヲ帯ビテ, 極メヲツケテヤッタラ程ナク又, 極メ地ヲ際ル, 極メ慢ク立チ遠ク視テ幸ヒヲ望ム, 極メ無用ノ事ニ類スルモ, 極メ蟲學ニテ水蟲ヲ極, 極ヨブは何物, 極リガ悪クッテ死ヌニモ死ニ, 極一時的狂気の発作, 極一種の神経衰弱, 極一部分の事, 極丈夫な山羊, 極上等のをと気前, 極下さるかそれ, 極熱心な, 極不可ないの, 極不可思議を夢みん, 極不得意の運転手, 極不粋な拵え, 極世界の沈黙, 極好しの, 極中年過ぎよりこども時分, 極丸此頃荷物積込などもすみ, 極伝, 極之条穴太散所法師, 極也春秋撥亂反正始元終麟, 極人柄のい, 極人類の自滅, 極仁孝睿武端毅欽安宏文定業高皇帝と三十字, 極のもの, 極付けてやろう, 極付けかけたので文三, 極がある, 極似してゐる, 極君奈何早先許不, 極位極官である, 極聲で, 極低調に語る, 極と人間, 極何となく一種の, 極余るところが, 極倹約で人目, 極健全な愛人, 極いですが, 極優しい声で, 極優柔な意気地無し歟, 極全く怖かった, 極全然行為的直観的なる, 極八釜しい事, 極内分の沙汰, 極内心少々怖く, 極内気でございますから, 極再びもとの, 極写して人目, 極冬夏雪霜冷寒重, 極冬夏雲霜冷寒重, 極凝った弁当でございます, 極の秘密, 極刀太極刀の二秘法, 極切りつめたところだけでも, 極別嬪でございます年, 極に違い, 極劃一に失し, 極の極, 極勝安房をし, 極勝気である, 極の氷上, 極南方鹿児島湾で私, 極印されている, 極ましゅうございまして, 極反動的な新聞, 極受得の欣び, 極受話器を叩きつけた, 極古き調の, 極古代からだ, 極古米にし, 極古風な艶種, 極叫び声も立てなくなっ, 極叫声も立てなくなっ, 極右党の卓, 極右翼の二つ, 極同級生さえ撲っ, 極名作でございます, 極吝嗇い仁, 極をなげだし, 極唸り声を上げ, 極問題にならない, 極か極悪, 極喪失して, 極單純な考, 極だが, 極のやう, 極四肢には骨, 極圧期に信者たち, 極地味な好み, 極地方に関する一般的記事, 極堅気の宅, 極堅魚節の二本, 極を占めたる, 極壮健でゐる, 極多少の亂暴, 極大きな涙を, 極大事の事斗ニ, 極大切の歌, 極大切のにて人, 極大昔に断, 極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝, 極大胆な要求, 極天皇二年斑鳩宮焼打ちの際, 極天皇弐年の秋, 極天窮地俯仰容るるなし, 極太平洋に遮られ, 極太極心極はこれ, 極女帝の御, 極で汝, 極婦人をし, 極子供だ, 極孝徳斉明三天皇を立て, 極孝徳斉明三帝のもと, 極学業を放棄, 極安手な早上り, 極安楽法なり, 極なり, 極があっ, 極を出よう, 極があった, 極密裡に後, 極富者と如何, 極寝台にもぐり込んだ, 極實主義といひ, 極小さかつた, 極小柄な男, 極小説が書けない, 極少々ばかり極めて, 極少ない店で, 極少量伴奏させ更に, 極少量注射したら瀕死, 極尻尾をぐるぐる, 極の神, 極局身後の不名誉, 極崩壞し去つて, 極左党との間, 極左翼と極, 極の為, 極帰家せしを, 極平たい地面が, 極平伏するだらう, 極平易な句, 極平気でたずねた, 極平静のうち, 極の行かん, 極幼稚でありました, 極広い意味の, 極は命数, 極弱極薄の地位, 極彩圖この世に生, 極従順な山, 極微かな文學意識, 極微少にちぢまる, 極微弱では, 極微粒子のフィルム, 極微細な事, 極心配になる, 極がしい, 極念入の雑炊, 極念入りに拵え上げ, 極怪我人まで出し, 極悪い奴だ, 極悪党といっ, 極悪相に言, 極悲鳴をあげ, 極情欲なぞは少し, 極惚れて通っ, 極惡さうに急いで, 極惡大逆者の邸宅, 極惡無類の人間, 極惡罪人みたいな極印, 極愉快にし, 極意地惡るの, 極愚劣な奴, 極愚狂が中, 極愛せられている, 極愛観から来る, 極の悪い, 極我が日出の, 極我儘な茶, 極所謂淫祠邪神に事, 極手堅く小体に, 極手字の則, 極手短かな話, 極打明けて少し, 極捌けた男だ, 極檢隊の, 極放心の体, 極放肆遊惰の裏, 極教科書以外教科書以上に自ら, 極数術の結果, 極斬新でございます, 極断念して, 極いの, 極慣れた人, 極日中はいけない, 極日当が廉, 極日進月歩文運復興の機運, 極早い頃から, 極早苗さんの両, 極明るい薔薇色の, 極の其一, 極星座付俳優ヘニング・ローマンとの浮名, 極暗殺の手段, 極最初は矢張り毘沙門, 極最前のよう, 極最新の設備, 極有りふれた珍しくない, 極有る可らず, 極有無如何者也蔡之建國東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 極の元年, 極未練の無い, 極遂に七百弗足らず, 極朴実律義で存魂嬢様, 極ほど多く, 極東西此利亞領有ハ日本ノ積極的權利タルト同時ニ, 極東西比利亞トニ革命大帝國ヲ建ツル時, 極東西比利亞トヲ結合スル時内外蒙古, 極東西比利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ同一ナル罪惡, 極東西比利亞ニ支那朝鮮民族ヲ迎ヘテ先住, 極東西比利亞濠洲等ヲ其, 極かに叱られる, 極柔かでございますから, 極柔かい弾力の, 極楽界たるを覚え, 極構はず屋に成る, 極構わない風でした, 極樂つて地の中, 極樂人形の小屋, 極樂地とし, 極樂女神の姿, 極樂寺のあつ, 極樂山之碑文, 極樂往生疑ひな, 極樂息子達に巨額, 極樂活人形作人の儀, 極樂淨土東門に向, 極樂鳥の模樣, 極正直な人, 極正直者でした, 極を選むということは, 極気さくに当代, 極気受けの好い, 極気品の高い, 極の高原, 極氷研究家のオフシェンコ, 極汚穢を諱, 極江戸市中などは物情騒然, 極流しへ突っ, 極浄無垢の花, 極浅い頃に, 極のラルゴ, 極淋しい処で, 極淋しく水は, 極淡泊にし, 極深い処を, 極深い寂しさを, 極深く切ると, 極温厚で運動場, 極温和い男, 極温順くって, 極かでサラ, 極漸く一方に, 極潔いお方な, 極澹泊な独身生活, 極激甚なる競争, 極濃厚な部分, 極な拷問, 極無慾な人, 極無邪気で, 極煉獄天國の三界, 極熱いところを, 極熱心で何, 極爲空桐東至日所出爲大平西至日所入爲大, 極爲空桐東至日所出爲太平西至日所入爲太, 極を生れ, 極爽快な日, 極物理的空間という如き, 極特殊なもの, 極に近い, 極狂塵禿の有情, 極狭くはつきりと, 極率直なアッサリ, 極用心をすれ, 極田舍に信吾, 極の不徳, 極男子の婬乱獣行, 極疎らな垣根, 極疎遠であったらしい, 極発狂して, 極盛時であり船, 極盛論者に其極盛, 極目人煙を見ず, 極目蕭散にし, 極相立候儀猶豫無, 極を求め, 極眠たくなる, 極知らぬまに, 極短い物です, 極短極弱極薄の地位, 極祕裡に運ぶ, 極に向っ, 極神話学に於ける, 極禅師というお, 極禅師等持院の古, 極禮儀や節制, 極がやる, 極秘書官に手渡し, 極穏当なもの, 極空虚になっ, 極窮死するかしか, 極立つて格好, 極は主として, 極篤実な敬神家, 極簡易に梯子, 極簡短な口頭試験, 極の専売, 極粗笨なありふれた誤謬, 極に達すべき, 極精分明是聖人所作といつ, 極精良とでもいう, 極の元年十一月丁卯, 極紫外線放射線などであっ, 極紫外線用の乾板, 極細微の事, 極終に生命を以て, 極結構な身の上, 極絶望の極, 極のない, 極い毛網, 極美しい幸福を, 極美事な驚き, 極堅い気質, 極聞し食す国の, 極を出す, 極胴巻とまちがえ, 極の上, 極脆い蝋の, 極脆弱な文學的, 極を切らう, 極臆病な間接, 極自ら放った声, 極自刃して, 極自分は上向態, 極荒筋のもの, 極落胆の極, 極蒙昧な極, 極蒼海けぶり, 極蓉子に飛びかかり, 極薄いのであります, 極薄きを用い, 極薄地羅紗の単, 極薄手の物, 極虎視眈々と一時静止, 極になった, 極衰極盛を言, 極衰論者に其極衰, 極西の知識, 極西の地にある, 極親切な或, 極訴える所が, 極試みたこの駆, 極もついに, 極變而之正也, 極谷蟆のさ, 極貧民を結婚, 極質朴な田舎男, 極質素に致す, 極購読予約券を売りつけ, 極購読者に限っ, 極越えの定期航空路, 極は地上, 極をこれ, 極身体がぶるぶる, 極軽く清らかで, 極込み踞んで横這に, 極込むのだ, 極込んでいた, 極込細工の尉, 極近古の商人, 極近年のこと, 極近所だから, 極近頃になつて, 極逆上したよう, 極道遙百濟裝治船舫而句驪無道圖欲見呑, 極遠い所で, 極遺精を初める, 極醜女で髪, 極長けた所で, 極間抜の骨頂, 極のトルストイ, 極附きでございます出所は, 極附けるように, 極随俊雄へ打ち込んだ, 極有い, 極難儀にて金子才覚, 極難症で脱疽, 極かな運動, 極面白がって, 極面白い事が, 極だった処, 極顧活色なく眼, 極に逆らっ, 極飛行から無事, 極餓死を目前, 極をめぐらし, 極と並べて, 極なるもの, 極高三十七度五十分より八度前後, 極高利貸をし, 極高地数極深盤, 極高尚な御, 極吹きあげる潮柱, 極鳥羽上皇に奉仕