青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「毎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

殿下~ ~殿様 殿様~ ~母 母~ 母さん~ 母上~ 母屋~ ~母親 母親~
毎~
毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~ 毎朝~ ~毒 毒~ 比~ ~比べ 比べ~

「毎~」 3083, 33ppm, 3526位

▼ 毎~ (2697, 87.5%)

29 私は 21 彼は 14 私の 13 自分の 10 彼の 8 それを, 何か, 僕は, 少しずつ 7 彼女は 6 之れ, 心の 5 家の, 彼女の, 心疼く, 挨拶を, 私を 4 二人は, 人の, 出て, 増して, 私が, 胸を, 自分は, 訪ねて

3 [14件] あるひ, この話, 一同は, 之を, 二人の, 人に, 例の, 多くの, 彼が, 思ふの, 眼を, 立てて, 行, 顔を

2 [159件] あたりを, いい子, いつもその, いつも最初, いよ, おやぢ, お勢, お定, かの女, この反対衝動, これを, さうし, して, そう云う, そこに, その動揺, その美, その顔, それが, それに, はげしい雷鳴, まづ予, よく藻外, キシ, セコンドが, チラリと, ハラハラし, プラツト・フオオムの, 一つの, 一人ずつ, 一人胸の, 一日の, 一種の, 一軒, 不愉快ながら, 不順の, 人々の, 人を, 他人の, 代助, 伏屍累々たり, 体を, 何故と, 信一郎自身の, 信吾と, 僕を, 先づ第, 公の, 再び左, 前に, 力が, 加わって, 化粧室が, 厭な, 参詣し, 友人たちが, 向を, 君は, 告げられて, 呼びさ, 四回麗人の, 坊さんの, 声を, 大なる, 女が, 女の, 妙に, 姿を, 嬉しそう, 宛然藁火の, 寂しい涙, 密接の, 寝室が, 対立し, 少しづつ変, 就いて, 峨眉の, 平次と, 平素は, 幽かに, 幾度も, 強さ, 彼等老, 微かな, 心が, 必ずこの, 息を, 意外に, 意見の, 所用が, 手の, 数が, 文人趣味を, 新たに, 日に, 旧式の, 曲り角の, 村人の, 東京から, 東西南北へ, 東西南北より, 概して無理, 橋は, 止まるのろ, 此の, 殖えて, 母の, 気を, 汽車が, 汽車の, 泣いた, 注意に, 海の, 熱を, 父は, 父親が, 珠を, 瑠璃子の, 甲から, 男性の, 異様な, 痩せて, 癖の, 目的の, 私達は, 秋が, 穴あら, 空を, 窓を, 笑窪が, 約三年, 美奈子は, 胸の, 臍凹み, 自分が, 自分で, 自分を, 自然の, 良秀, 色彩は, 荒あらしくそちら, 衝突し, 袖の, 見て, 解題を, 身の, 身を以て, 連帯の, 進んで, 違って, 邪魔を, 閉口する, 開き戸を, 附けられて, 雪の, 静子も, 餘り, 鳩尾を, 鼻の

1 [2142件 抜粋] 〇・五度位の, あたつ, あの通り, あまの, あらはれる皓歯, あれだけ, いち, いつもの, いつも私, いままでの, いよいよ彼, いろんな名目, うつむいて, おつぎ, おもしろくない, お前の, お寺へ, お春, お薬, お銭の, かう云, かかる白雲, かならず御, かれの, きら, くり返された事, けたたましく警笛, こう云う, この世で, この女, この新, この港家, この若者, この體裁, これまで, ごろごろ地上, さまざまな思ひ, しげしげこの, じゅばんの, すること, ずんずん深く, そこい, その, その乱暴, その可哀想, その弱々しい, その悪い, その教授, その水, その特有, その美しい, その葉, その馬, それぞれ特殊なある, それとなく老婆, ためらいながら, ちょうど私, ち毎, つく, です, とろけて, どれ程の, なくなっても, なにか高く, にげて, はげしくなっ, ばらばらくずれ, ひどくぬかった, ぴよんと宙に, ぶつりと, べとべとに, ぼんやりと, まざ, またはっと, まだ生え, まるでのび, もう今日, やはりこ, ゆらゆら揺めく, よく隣室, わたしが, われわれを, オヤジから, ゴマメを, サツサツと, ジクザクな, ストック化する, チラリチラリと, ニヤニヤ間, パンツの, ペッペッと, ポーに, ムウンと, ヨロ, 一々錠前, 一たび焚き, 一つ宛の, 一二三を, 一名の, 一回彼島に, 一対の, 一庭の, 一本を, 一歩前進した, 一般の, 七八人の, 三十フランを, 三四人づゝおりたちて砂なれ, 三越や, 上つて来, 不在に, 与八は, 世界の, 並木の, 丹波丹六に, 乘人の, 乞食の, 争って, 二七四度ずつ, 二人に, 二十分づゝ腰掛ける, 二郎三郎四郎, 云つてゐる, 五厘と, 亘る長, 交代す, 人数が, 今度は, 他には, 代つて降臨, 仮屋を, 会ひ, 何, 何かとわたしたち, 何の, 何彼に, 何程自分で, 作衛は, 侘しげ, 俺の, 催される盛大, 僕には, 億劫がる, 光る, 入雲洞, 全身に, 公事に, 其, 其厚さを, 其等の, 内密に, 再び胴の間, 冬子の, 几帳面に, 出た血痰, 刀の, 分岐溝から, 判斷を, 劇しく, 功を, 努力し, 勝馬の, 勧業博覧会及其他の, 医者にも, 半裸體の, 却て, 参拝した, 反対した, 受ける罵評, 只管勉強で, 可笑し, 合唱する, 同君の, 名乗り揚げ, 否でも, 吹雪は, 呑舟の, 周期的に, 咲いて, 唄うて, 啀み合って, 善良な, 嘆息而已し, 囁いて, 国分寺を, 土間の, 均整に, 堅氷を, 増した, 壁は, 変って, 変る, 夏坐, 多い, 大がかりに, 大喝采, 大抵族譜と, 大胆に, 天地も, 天狗にな, 夫は, 女だ, 女官を, 妖氣の, 姉は, 子の, 定めしお金, 実際は, 宮内省御用達の, 宿して, 富之助は, 寛い紅い, 尋ね廻つて一種, 小さな靨, 小児の, 小腰を, 少くも, 少しも, 尚賢館, 屋號が, 山上の, 島民の, 左右に, 己は, 師子や, 帽子の, 平均八グラムの, 年号, 幾らかづつ減, 幾何あり, 幾度と, 建てられて, 弁信に対する, 弘は, 弱くなり, 張合つた本所の, 強力に, 強請って, 彼に, 彼等は, 待避壕を, 徐々として, 心むせ, 必ずかれ, 必ずそれ, 必ず中, 必ず卒倒, 必ず幸福, 必ず拝, 必ず畜生, 必其詞章の, 必涙が, 応挙が, 忽ちにし, 思いあきらめて, 思はず自分, 思わず顰め, 怨む者, 怪しまれるという, 恩を, 悪化し, 悲鳴を, 感じたよう, 感激と, 憎々しくまた, 成年式が, 我を, 戦死と, 戸障子が, 手水を, 打集っ, 押えられないしっと, 拙者を, 指出たるを, 排列索引を, 掲載した, 支払うべし, 故郷の, 教会に, 文三は, 料理店百川の, 新しい人, 新しい追憶, 新しく御, 新手の, 新聞に, 方々の, 日本の, 日本語の, 旧い駅路, 昇給する, 明暗悲喜こもごも, 春の, 時計を, 智惠子は, 書き続けるつもり, 最もお, 會議を, 朕は, 未だ曽, 朱の, 杖立て, 東妙和尚は, 果して月, 染之, 案外で, 楯を, 槍玉に, 樹の, 次から, 次第に苦味, 正しき人, 此方から, 武田勢が, 死に, 残つてゐる, 段々拡がり, 比較的無力, 気力や, 氣苦しく, 水一斗五升を, 汝と, 沁み込んで, 波紋を, 注射針を, 洗骨を, 浅草や, 海賊どもの, 涙を, 深い艶, 渠も, 温度が, 漁夫達は, 澤山な, 激増し, 炉と, 無常迅速の, 無気味に, 煙の, 熱度を, 父母の, 物を, 特に輪番, 狂歌を, 玄機が, 現はれる, 甘い自惚れ, 生を, 甦つて, 甲其物を, 男が, 異人の, 疑う点, 痛むの, 發表する, 白く枯れ, 百合子は, 皆の, 益々彼等, 盗られたん, 目の, 目的を, 相當, 真先に, 眼の, 知つ, 知るも, 研ぎ澄し, 磯野勝五郎小野富穀の, 社会的地位も, 祖母の, 神の, 神経質に, 祭られる, 私たち夫婦の, 秋に, 稀薄く, 空の, 窓は, 立つて, 立て竹, 笑ひどよめいた, 筆記の, 箱の, 精しく話し, 約一月, 約四五〇〇万カロリー, 素直に, 細く削った, 結着くる, 絶えたこと, 絹五疋羊兩頭田一頃を, 緋色の, 縫い合せました黒衣, 繰り返される愚痴, 置いて, 美くしい, 義捐を, 翻訳の, 考証の, 聞き耳ばかり, 聞得大君が, 肌に, 脚で, 腸を, 臣と, 自分では, 自己への, 興深く, 船は, 良人に, 花さけり, 花環と, 若々しさ, 苦しくな, 茂り茂った銀杏, 茶色の, 菊桐御, 葉数を, 葡萄酒や, 蔓延って, 薄肉彫刻の, 薩摩に, 藤次郎は, 虔まし, 血に, 行きわ, 行渡つたもの, 衰えて, 裂きてもを, 裸の, 褒美が, 西洋の, 見る老人, 見舞って, 親の, 親爺が, 覺えず, 言えり王気燕, 訊かれたとき, 設くる, 証文書き替へる, 語って, 説教を, 論争を, 謝罪し, 譲吉の, 變化し得る, 貴方は, 賽銭を, 赭くう, 趣味が, 踊つた乞食も, 身ぶるいが, 車井戸の, 軽く唇, 輪廓だけを, 近くなりき, 迫って, 追い伏せ河, 逆ね, 造つて來た, 運転乗務員として, 違うの, 部屋の, 酒を, 重くなり, 金瓶村十右衛門裏庭での, 鈴が, 銀行に, 鏡を, 長火鉢を, 開く布薩, 附いて, 陸上では, 隙間は, 雁行形の, 難癖を, 電燈を, 青の, 非常なる, 非難者の, 面白さ, 音樂や, 頭が, 顔が, 顧て, 飛びくり目玉, 食を, 首を, 駒下駄を, 驚きを, 驟雨を, 高まり来り, 高瀬は, 鯰髯を, 鳴りを, 麓の, 黄色がちが, 鼻面を

▼ 毎~ (96, 3.1%)

2 人を, 妙な

1 [92件] あんな事, お前は, お前を, お噂, お浦, きつと, こうして燕麦, これに, その意, その枝, その身, なら院長, ひと頃よりは, まアお達者, ウオツカの, バンドが, 丈夫で, 丈夫と, 下屋敷の, 之を, 乍ら耻らひ, 云うお前, 云う東洋, 今夜の, 仲宜, 何だか悲愴, 何の, 使が, 俺に, 優くし, 其処を, 口癖の, 召上る, 同情せらるる, 四疊半の, 四這だ, 大きな酒袋, 天に, 好く洗, 定った, 家へば, 宿り客, 富みその, 寺僧を, 小馬, 山茶の, 崩れる故, 年齡を, 御不在, 御壮健, 微し青ざめ, 愚痴ばかり, 我生処種姓形色力勢皆師子に, 戒律を, 控所に, 數時間は, 来れば, 松井の, 極く, 横にな, 毎も, 毒ガス充ちい, 気の, 水牛を, 温かで, 満員で, 満目の, 滿腹で, 激しい苦痛, 然う, 疳癪を, 祖母を, 私が, 絆を, 繰り返え, 自ら深く, 自分で, 自分は, 舎利弗は, 莞爾, 虎魂に, 表面は, 言ふんや, 輕蔑し, 通し蛇, 郵便局長の, 醉つてニコ, 長い異様, 院長から, 音楽に, 餘り, 騎馬し

▼ 毎~ (95, 3.1%)

5 月の 3 やうに 2 前には, 帰省を, 歸省を, 訪問を

1 [79件] お演劇行き, お言葉, ことで, はじめの, サロンに, タッチに, メーデーという, 一〇〇円也の, 一つの, 三日月の, 人員は, 入口の, 八月八日に, 六本が, 前に, 参考文献と, 参詣を, 喘息發作も, 喘息發作を, 境は, 変化につれて, 大小の, 天井に, 如く和ら, 姉妹喧嘩と, 存在に, 家根を, 寂しさ, 寺の, 庚申の, 廂を, 影で, 意味からの, 戸を, 戸袋には, 扮り, 損つづき, 明るいの, 時計が, 月で, 月という, 月とも, 月は, 月も, 末に, 杏の, 案内を, 様に, 灌仏会の, 焦点に, 理由に, 町の, 畏怖を, 穴に, 空気, 競技, 競技に, 結構眼, 能力を, 自然の, 花園の, 花瓶に, 行燈は, 表という, 襖や, 記録が, 足裏の, 軌道を, 軒下に, 軒行燈, 運行, 運行に, 遠世浪, 鍵を, 鐘を, 間隔は, 頭に, 風習の, 首を

▼ 毎~ (20, 0.6%)

2 覗き初める

1 [18件] うかがうよう, かしいぐらゐ早目, まわって, 呪うとは, 存分に, 忍びやかに, 探し試みて, 探索の, 窓から, 籠って, 荒し廻って, 荒し廻りながら, 荒れ廻って, 覗きこみ, 調べて, 通過する, 陽気に, 飛び廻るの

▼ 毎には~ (18, 0.6%)

2 お, 觸れ

1 [14件] ささやかな, ほほと, 上野浅草手を, 又窃か, 可なり亢奮, 大体に, 大同一致の, 彼女に, 必ず筆採り, 必ず道筋, 必舁き出した, 柝木と, 膏薬の, 近隣の

▼ 毎大尉~ (13, 0.4%)

1 [13件] がいぶかる, と戸川中尉, と旧友戸川中尉, に敬礼, は, はついに, ははじめて, は啣, は困りきった, は戸川中尉, は本当, は障害者, や戸川中尉

▼ 毎間毎~ (13, 0.4%)

1 [13件] にもいちいち, の明るい, の結構, をうかがう, を存分, を忍びやか, を探し試み, を探索, を荒し廻っ, を荒し廻り, を荒れ廻っ, を調べ, を飛び廻る

▼ 毎~ (6, 0.2%)

2 之ヲ審視スルコト 1 再ビ前時ニ認メ得タル者ナルコトヲ知ル上ニ, 即チ小樹, 各自筆トリテ見聞キシコトヲ書キタル反故ナリ, 未ダ嘗テ

▼ 毎~ (6, 0.2%)

1 が謡曲方面, であったが, と争い, のは咽喉, は別に, は東田川郡

▼ 毎~ (5, 0.2%)

2 云つても 1 いって, し夏, し材木

▼ 毎から~ (4, 0.1%)

2 御餞別 1 水を, 酒気溢れ

▼ 毎でも~ (4, 0.1%)

1 婚礼の, 御顔色, 極つて, 蒲田が

▼ 毎~ (4, 0.1%)

2 に彼 1 に突き出, の店

▼ 毎にも~ (3, 0.1%)

1 いちいち由緒, 圧制者の, 壓制者の

▼ 毎~ (3, 0.1%)

1 この別荘, 必ず山, 漲り色

▼ 毎豆腐~ (3, 0.1%)

1 でも拵えましょう, とは始め, を遣っ

▼ 毎~ (2, 0.1%)

1 一昨日の, 浮世の

▼ 毎より~ (2, 0.1%)

1 拔出ける, 早くね

▼ 毎~ (2, 0.1%)

2 掻く

▼ 毎時間~ (2, 0.1%)

1 が寺院, そんな風

▼ 毎氏等~ (2, 0.1%)

1 の先輩, の処

▼ 毎馬車~ (2, 0.1%)

1 が余り, が餘

▼1* [81件]

かならず城内の, 毎ひきずられて, 毎くらいにちゃんと入れ, 毎ぐらいの割に, 毎こっちの縄張, 毎だらうと勘定, 毎つまり車を五度, 毎経営し, 毎では丁度青髯, 毎にかの家に, 毎にぞつとし, 毎にねちごち動く, 毎にのこりなく開陳, 毎にやすみませんと, 毎にをとめ等, 毎に関しては何事に, 毎頼んで, 毎まわりにチャシ, 毎よりも心煩き, 毎ニピイピイト云ウ音ヲ発スル, 毎ニ一処ニ攅生ス根ハ土瓜児根ニ似テ, 毎ニ一議論ヲ発シ一文章ヲ綴レバ, 毎ニ他人ヲ倩テ, 毎ニ借地料ノ評價, 毎ニ権ク爰ニ仮肆, 毎ニ黒色の, 毎給付ヲ, 毎一人書状郵数の数, 毎七日令解念誦僧等持念修行城中城外亦建鎭國念誦道塲, 毎各別ニ相振舞之間, 毎事期に合わず, 毎五十銭送料二銭のこと, 毎人毎に就, 毎仲間が釣られる, 毎六年目に実施, 毎分一個ぐらいの割合, 毎す, 毎十五分目毎の鐘, 毎十分にたべ, 毎半葉十二行行十八字乃至二十二字, 毎号筆を執っ, 毎土曜日十時からの割烹, 毎夕方葬式の挽歌, 毎家毎には近隣, 毎對舊山河感慨不少乃賦一絶, 毎にや立たねえだ, 毎怯えるなしっかり, 毎斎田惟成氏などは間拍子, 毎日山に入り, 毎日曜に寺, 毎日曜日つづけた, 毎日見に往, 毎日見タ友達ガ尋ネテ来ルカラ檻ノソバヘ呼ンデ世間, 毎早く起て, 毎時間嘘をつきました, 毎朝毎に新しい, 毎枠台を前, 毎格子を外され, 毎格子戸に鉢合せ, 毎梅津朔造同昌吉, 毎氏ほか地謡一同へ, 毎氏等々へ, 毎と猿, 毎美津江に逢, 毎美津江來り舊オペラ館踊子, 毎羨ましい種子にも, 毎を冷やす, 毎航海一人ずつ下船, 毎菱川に先手, 毎葉毎に露, 毎の卷頭, 毎の文字, 毎行十七字にし, 毎十八銭, 毎軒竹簾を垂, 毎其側, 毎に程を記, 毎間違って怒られました, 毎が分らぬ, 毎へ上がらせ, 毎驚く