青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「母屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

殺す~ 殺人~ 殿~ 殿下~ ~殿様 殿様~ ~母 母~ 母さん~ 母上~
母屋~
~母親 母親~ 毎~ 毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~ 毎朝~ ~毒 毒~

「母屋~」 1096, 12ppm, 9236位

▼ 母屋~ (525, 47.9%)

76 方へ 23 方から 21 方に 19 ほうへ 13 方で 11 方の 6 方は, 方を 5 ほうで 4 台所の, 囲炉裏ばた, 奥の, 方には, 縁に 3 中の, 乾隅, 北側の, 屋根の, 様子を, 横手から, 西の

2 [25件] なかに, 一室に, 二階へ, 仏間に, 内を, 内部, 几帳の, 前に, 前庭に, 周囲を, 大広間で, 奥座敷に, 屋根を, 床の間に, 座敷で, 座敷の, 廊下に, 方からは, 方へも, 縁の, 縁へ, 縁側に, 表戸, 間は, 騷ぎを

1 [254件] あの座敷, いずれの, うちは, うちへ, うちを, お勝手から, お勝手へ, お庭, お菊, ことは, このへん, すぐそば, どの部屋, なりし, ほうに, ほうにも, ほうを, まん中を, わきに, をばさんだつ, ドアを, フアサードを, 一つの, 一室で, 一室を, 一部が, 一部には, 一部屋で, 上から, 上には, 上へ, 下かに, 下の, 下も, 下駄屋と, 中には, 中へ, 中二階に, 中央の, 中央家長の, 中庭に, 中庭にかけては, 中心に, 中柱に, 主人の, 二階です, 二階と, 二階に, 二階の, 二階へなんぞ, 二階を, 人々は, 人に, 人へ, 人數が, 住人, 住居は, 何処かへ, 入り口から, 入り口に, 入口の, 入口は, 全部を, 六畳を, 内儀の, 出入口とに, 前の, 前庭そこに, 前庭へ, 勝手口なぞと, 勝手口へ, 南縁で, 南面に, 南面の, 口は, 台所口から, 右側には, 向う側に, 四疊半で, 囲炉裏ば, 土間には, 土間へ, 垠に, 塔であり, 外に, 外の, 奥寂と, 奥座敷には, 奧で, 奧の, 奧凹んだ, 奧座敷に, 女たちの, 娘さんの, 嫂も, 客と, 客は, 家族たちが, 家根が, 寛ぎの, 寝室の, 寝所へ, 小さな床, 小窓, 小部屋, 居候先生の, 屋根が, 屋根つづきがそれも, 屋根へ, 左に, 布団部屋だの, 常居, 広間には, 庇の, 庇へ, 庇を, 床下から, 庖厨へ, 店の, 店座敷に, 座敷に, 座敷は, 座敷牢に, 庭には, 庭の, 庭は, 庭へ, 庭前へ, 廂の, 廊下は, 廊下を, 廣間に, 彼の, 彼女の, 御祝言, 御簾を, 志呂足の, 戸口に, 押入です, 方が, 方じゃ, 方だ, 方でした, 方にて, 方へと, 方へは, 日あたりの, 明りを, 書斎から, 東側の, 棺の, 椽側を, 様子にも, 模様は, 正面の, 此方に, 此方寄りの, 段落で, 殿様が, 気配いを, 泥棒とは, 渡り縁から, 渡り縁の, 火は, 灯は, 灯影を, 炉の, 炉ばた, 炉を, 炬燵に, 煙突の, 爐邊の, 物干, 玄関に, 玄関の, 玄関まで, 玉座には, 甍と, 生活は, 用箪笥に, 男は, 畳は, 石垣の, 窓から, 窓に, 窓口を, 細君の, 絵図面を, 縁だけ, 縁と, 縁には, 縁や, 縁を, 縁側から, 縁側で, 縁側へ, 縁側を, 縁側近くに, 縁先から, 縁先で, 縁先に, 縁先の, 縁先へ, 縁外の, 羽目に, 羽目を, 羽目板に, 者に, 胴の間の, 腰板に, 膝から, 荒物屋へ, 葉巻太郎が, 蔭に, 蔭にな, 藤棚から, 藤棚が, 蚊遣り, 表座敷の, 表座敷昼は, 表縁側, 裏から, 裏に, 裏へ, 裏口へ, 裏屋敷珠緒さんが, 裏廊下と, 裏手に, 裏手へ, 西側の, 西北に, 西洋室で, 見える庭, 角に, 角を, 誰かに, 豪勢さに, 踏段に, 軒端に, 遠く幽な, 邸の, 部屋部屋は, 金庫に, 門であった, 門口で, 間に, 間には, 間を, 隔たりが, 隣りに, 雨戸の, 雨戸を, 電話口で, 電話室へ

▼ 母屋~ (114, 10.4%)

5 行って, 飛んで 3 入つて, 引揚げた 2 やつて, 引揚げ, 引返して, 忍び込んで, 招じ入れ, 挨拶に, 歸つた, 退がって, 通う廊下

1 [80件] お茶に, お越しに, つづいた廊下, つづくあの, つづく渡り廊下, つれて, 上がって, 來て, 入った, 入ったん, 入つて父親, 入つて行つた, 入れるわけ, 出られますよ, 向けて, 声を, 寝て, 帰すと, 帰って, 帰れば, 引き上げ蒲団, 引き返そうと, 引っ返しました, 引取つて小半刻ほど, 引揚げました, 引返しました, 引返し其処, 引返すと, 往き玄関, 後から, 戻りました, 持つて, 来いよ, 来たこと, 歸つたのだ, 歸つて女房の, 歸つて遙かの, 歸る, 移したが, 移った, 移り残らず, 移り焔, 移る前, 篠崎医師を, 続く地面, 縁側沿ひ, 聞えないよう, 行きましたが, 行きませう, 行き給え米友君, 行くうち, 行くと, 行く途中, 行け母屋, 行ったが, 行つた静子が, 行つた靜子が, 行つて來る, 行つて古い, 行つて支配人の, 行つて晩飯を, 行つて最初に, 行つて見る, 行つて間もなく, 走って, 走り込んだ, 跳びこんで, 追ひやり, 逃げても, 逃げ帰って, 通って, 通ふ, 通る豆畑, 遁げよ, 遊びに, 酒肴の, 閉じこもった, 頼って, 駆けて, 駈け込んで

▼ 母屋~ (98, 8.9%)

5 住んで 2 寢る, 移された下男, 続いて

1 [87件] あぐらを, あるから, いて, いなさること, いらっしゃる英臣さん, ただひとり, つづく所, なって, はいり家族, ひっこんで, またおこる, わざわざ聞き, 上ろうと, 乗り込み何やら, 人が, 住まず別館, 住まつて, 住み慣れて, 住んだ, 何んか, 入つて, 入りました, 厄介に, 向いた北側, 向いて, 呑んで, 土蔵が, 客が, 寝て, 寝るそう, 寝るの, 寢か, 寢んで, 寢泊りし, 導くの, 居る奉公人達, 居る綱田屋五郎次郎, 帰った, 庭の, 廊下で, 引取らせた, 引取り, 引取りました, 引揚げ, 引揚げました, 引返しました, 引返し老, 待機し, 忍び込んで, 抜けよう, 押しかけて, 押し狭められて, 攻め寄せたらしく煙, 来て, 案内しました, 歸つてお, 歸り, 歸りました, 泊つて小僧達の, 泊つて居り, 泊めますから, 添って, 無学の, 煙る蚊, 移され清められて, 移され離屋, 移し近所, 移つた勘兵衞は, 移らぬ事, 續い, 續いた, 續き, 行くから, 行くまでの, 走らせて, 近い一, 近い中庭, 近い藤棚, 近づいた時, 這ひ込ん, 通ずる廊下, 運びそこ, 閉籠って, 集へる, 雨のしと, 面したほう, 食べに

▼ 母屋から~ (82, 7.5%)

6 離れて 3 出て, 廊下で 2 料理を

1 [68件] かなり離れ, すぐさり気, ずっと奥まった, ずっと離れた, そつと, みんな驅け, よほど離れた, バラバラと, フラフラと, 下女の, 二階建の, 五六人心張棒天秤棒から, 作男が, 使の, 借りて, 傘も, 出たの, 分離した, 勝手口の, 十間以上も, 土藏へは, 大分離れた, 女中に, 宗吉が, 射込まれたに, 少し距, 少し離れ, 平次も, 廊下傳ひ, 廊下続きの, 廊下續きの離屋の, 廻廊が, 最も離れた, 木小屋へと, 板廊下を, 橋がかりに, 此方の, 此處へ, 毎日出張っ, 渡り廊下の, 渡り廊下傳ひ, 渡板が, 火が, 独立した, 相当の, 突き出して, 聴える, 自分の, 藏へ, 表門の, 裏の, 跫音が, 踊屋臺へ, 運んで, 遠くの, 遠く離れ, 遠く離れた, 遠過ぎる, 鍵の, 離れたところ, 離れた二, 離れた二間, 離れた靜, 離れてを, 離屋の, 離屋へ, 駆けつけて, 駈出したやう

▼ 母屋~ (48, 4.4%)

3 借りて 2 出て, 呑み庭, 廻って, 離れて

1 [37件] えらびたいの, たたいても, とりとめられなければ, とりのこすため, とりまいて, とる式, ながめて, はなれた隠居所, まるめて, まわらず外, グルリと, 一と, 交ぜた三棟四棟, 借りうけて, 包んだ, 医師小島拙, 占領し, 取らる, 取られたという, 取払った遺跡, 和洋折衷風に, 嫌つて離屋に, 廻つてグルリと, 明渡し, 深くつつん, 眺めますと, 置いて, 襲った凶賊, 見て, 見ると, 貸して, 貸切って, 闇に, 離れた一亭, 離れた狭苦しい, 離れる時, 預かり顔

▼ 母屋~ (46, 4.2%)

3 廊下で 2 土蔵との

1 [41件] いうべき構え, かけ離れた別, さえぎられて, その庭, つながって, であった, 一決した, 一軒の, 中庭を, 五戸前の, 仕切られて, 仲間部屋とは, 分家との, 区別され, 台所の, 向きあった肆, 土蔵と, 土藏が, 土藏の, 女中達が, 寮との, 小屋が, 新屋の, 旧書院, 洋館を, 牛小屋との, 牛小屋の, 直角に, 相対し, 納屋に, 繋が, 覚しい建物, 鍵の, 鍵形にな, 隠居家との, 離れから, 離れた離屋, 離れて, 離屋を, 離座敷との, 雨戸は

▼ 母屋~ (22, 2.0%)

1 [22件] かなり堂々たる, もうひっそり寝しずまっ, 久しく茅葺, 仕切の, 何んの, 入船町の, 厳重に, 園の, 大掃除, 奈良県奥の, 娘たちと, 崖を, 幾倍も, 幾度も, 幾棟にも, 広く棟, 怪奇に, 改築せられた, 汚くて, 焼けたけれども, 近かった, 隠居所の

▼ 母屋~ (17, 1.6%)

2 メザシを

1 [15件] さわいで, また一方, ドッと, 十八畳十五畳という, 寝て, 廊下を, 待つて, 枕を, 殺すはず, 見かけたり, 話し込んで, 遊んで, 飼って, 馳走した, 鳥山宇吉を

▼ 母屋~ (12, 1.1%)

2 ないか, 工場を 1 ないもの, 云うたて, 土蔵も, 奥蔵が, 客殿は, 株内や, 醸造所とは, 阿呆たれ

▼ 母屋からは~ (10, 0.9%)

2 見透されません 1 かけ離れた一棟, ずっとはなれ, なれた小さな, 一段と河原, 五十五六にも, 何んにも, 廊下續き, 離れて

▼ 母屋~ (10, 0.9%)

1 あって, また素晴らしい, まる出し, 一方に, 八間か, 土蔵に, 土藏に, 奥深いもの, 焼けて, 見える

▼ 母屋には~ (10, 0.9%)

1 いろ, みんな顏が, 休暇で, 何時の間にか殆ど見知り, 帰らず茶席, 百姓の, 神尾主膳が, 移らずに, 聞こえなかったらしいが, 誰と

▼ 母屋~ (10, 0.9%)

1 いつもの, 一切の, 今では, 土蔵も, 壁の, 広い割合, 破壊された, 納屋も, 釜屋も, 隠して

▼ 母屋では~ (9, 0.8%)

1 その間に, 子供に, 寢心地が, 既に大, 最早仕度, 浪花節の, 皆んな顏が, 落付い, 飮めや

▼ 母屋とは~ (8, 0.7%)

1 かけ離れて, 庭と, 廊下続きの, 弓なりの, 往来を, 棟ちがいの, 遠く隔たっ, 長い渡殿

▼ 母屋にも~ (5, 0.5%)

1 いないよう, よいお, 人声ひとつきこえず, 噂に, 表庭

▼ 母屋まで~ (5, 0.5%)

1 ちょっと見舞い, 五六間の, 取りに, 行って, 這い出して

▼ 母屋との~ (3, 0.3%)

1 路地に, 間に, 間には

▼ 母屋への~ (3, 0.3%)

1 境界に, 小道を, 通ひ

▼ 母屋からの~ (2, 0.2%)

1 小径に, 廊下續き

▼ 母屋からも~ (2, 0.2%)

1 人に, 見通せなかった

▼ 母屋へは~ (2, 0.2%)

1 寄りつかれないよう, 寝たがらずに

▼ 母屋土蔵~ (2, 0.2%)

1 とで四棟, を添え

▼1* [51件]

母屋しれたもん, 母屋がり行きもどりせしとは, 母屋から子供, 母屋だけ残して, 母屋だけは助かりましたが, 母屋づくりの立派, 母屋づくり木の香, 母屋であったが窓, 母屋であるか差別, 母屋ですが家族, 母屋でも一番奧に, 母屋とも言うべき高楼, 母屋とをつなぐ廊下, 母屋なぞは木つ, 母屋にくツつけ, 母屋についてゐた蹲, 母屋はも少し向う, 母屋へと持ち運んだの, 母屋へまでは容易に, 母屋へも行かなかった, 母屋までもとられて, 母屋もはや炎でございまする, 母屋やったら何処でも, 母屋やなんてたれるの, 母屋より許嫁の, 母屋よりもここの, 母屋らしい大きい建物, 母屋をも取ろうと, 母屋佐々木サンヤオ静ト一緒ニ這入, 母屋デモ家族全部ヲ収容スルノニ, 母屋ハ早寝デマダムハ何モ知ラナイヨウデス, 母屋ヘカケニ行クノガ工合ガ悪カッタモノダカラ, 母屋モ改造シテ二階屋ヲ平屋ニ, 母屋云うてりゃそれで, 母屋使いの小, 母屋全体の戸締り, 母屋全部を綺麗, 母屋の芝生, 母屋土蔵物置と普請, 母屋の局, 母屋奥座敷より発火, 母屋客殿武具蔵など幾棟, 母屋新屋より成り立つ, 母屋書院小者部屋納戸玄関とこう, 母屋母屋云うてりゃそれ, 母屋きつくよう, 母屋きには, 母屋表離室亭すべてが旧家, 母屋裏庭に出れ, 母屋造木の香, 母屋雪隱の三棟