青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「母上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~殺す 殺す~ 殺人~ 殿~ 殿下~ ~殿様 殿様~ ~母 母~ 母さん~
母上~
母屋~ ~母親 母親~ 毎~ 毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~ 毎朝~ ~毒

「母上~」 1056, 11ppm, 9557位

▼ 母上~ (189, 17.9%)

4 ことを, 皇后は 3 お誕生日, ところに

2 [13件] おいでに, およろこび, ことだ, その時, ふところから, 住み給, 全快を, 女神に, 御名を, 死を, 病気と, 病気の, 病気全く

1 [149件] あのお, いかにフラア・マルチノ, いらっしゃるところ, いる國, おさ, おちからが, おちゃ, おもかげ, おゆるし, おん顏は, お供え物, お便りで, お側で, お兄さん, お国, お手紙, お気持, お筆, お腹の, お身, くだされたお守り, ことに, ご不幸, させようと, そばへ, ために, ためにも, とこへ, ところにも, ない本, なさるよう, まわりに, みまかり給, ような, わが持てり, 上を, 世に, 云われた放心, 五年祭とて, 亡くなりたもう, 今日はかの, 余生だに, 供養の, 側で, 写真の, 写真を, 前歯が, 口から, 口よりは, 口上, 口吻を, 名の, 名仮名もて, 命を, 問は, 國に, 土産に, 埋骨式, 場合を, 声す, 夢の, 夫さえも, 如く果敢なく, 孝養を, 安否を, 宣たま, 室を, 帯締めも, 年久しく, 従兄筋にあたる, 御名にかけて, 御安否, 御形身である, 御心, 御機嫌, 御霊と共に, 心情にも, 心配し, 思召, 愛される所謂明快さ, 愛の, 愛は, 愛情の, 感情を, 慈悲にて, 憤りと, 懺悔を, 成金的な, 我が思いなし, 我に, 戯れに, 手紙と, 批評にのみ, 撰択のみに従い, 方が, 方へ, 方へは, 曰く入りが, 最近の, 本当の, 来られると, 様な, 歌稿やらを, 死については, 死によって, 死は, 死をば, 気が, 清子どのも, 為に, 熱海からの, 物語り給, 病気が, 皇后の, 皮肉な, 目を, 知られない女, 笑顔が, 給いたる梨, 給仕で, 絵を, 縁故の, 罪と共に, 老後を, 胎に, 脇を, 腕を, 臨終に, 自己を, 若い時分, 葬儀である, 袖もて, 見た父, 許に, 許より, 誕生祝であった, 身も, 追悼よりは, 遺命を, 遺書も, 遺言書の, 関係の, 霊前に, 頃には, 顏, 顔を, 風邪で, 飛び出で給いて, 飯にも

▼ 母上~ (153, 14.5%)

2 どうした, わしが, われに, 妾の, 我に, 我を, 自分の, 花の, 非常に

1 [135件] あの人, あの煙, あの通り, あれ程, あんまり内, いうまでも, いつもの, いつも私, いよいよ安から, お偉い, お用, お考えちがい, かく爲立て, このを, この写真, これを, ご生存, しかと我肩, しば, すき焼一寸つ, それを, つねに我が, とうとう作らない, どちらか, なお貴, ねえさんと, ひどく淋しそう, ますます元気, もううち, もとより自分, やっきと, わがおとなし, わが子の, ヤエ子が, 一人一人に, 一人残られ, 一斉に, 一足先へ, 七十歳の, 九時頃から, 二百部なり, 亡くなるまで, 人生の, 今あらね, 今日一人で, 今朝早く, 仮初の, 何といふ, 何と仰せられました, 例の, 僅かの, 元の, 先人遺愛の, 入院せね, 全快しない, 其の夜, 其を, 其後の, 内外の, 出入の, 出家せし, 半ば戲の, 単純に, 又友, 又将, 又私, 吉原の, 喜び給ひ, 国男や, 夜父を, 夢心地に, 大した打撃, 大勢の, 妄りに, 始めから, 宝を, 室の, 家を, 家庭の, 寝台の, 小田原へ, 岡田君に, 御最期, 御自身, 必定何にか, 恃みた, 悲しいの, 懐の, 成就し, 我々の, 我上をも, 我子に, 或時, 折悪しく, 新大阪泊り毎朝こっちへ, 早く往き, 早や, 春江ちゃんの, 書いて, 未亡人なりき, 杖の, 松岡へ, 榎並さんへ, 死に対して, 殊に美しかっ, 残り, 淋しくそれ, 淋しく笑っ, 無論私, 熱海へ, 熱海ホテルへ, 猶生き, 生きて, 田崎の, 男優りである, 睡らずに, 私と, 私の, 秘密が, 程なく, 立ちと, 笑って, 素早く此方, 習字を, 習字科を, 老眼に, 腰掛け給へ, 自分が, 自分でも, 血の, 見て, 身を, 隣家の, 首尾よく, 黄泉に

▼ 母上~ (116, 11.0%)

7 一緒に

2 [11件] お呼びし, したこと, 二人で, 二郎が, 別れて, 呼びたれど, 待合せて, 柳河に, 相談し, 私とは, 話す

1 [87件] いい私, いっしょに, いろ, かの歌うた, やられちゃ, オルドヴルに, フラア・マルチノとの, ホテ・グリで, マリウチアとが, マリウチアとに, マーブルへ, 一家揃っ, 一緒だった, 三人の, 三楽病院へ, 三越本店へ, 久々うちの, 乳母の, 二人, 二人いや, 二人食事, 人力車に, 会うの, 信造さんとには, 僕竹屋春光が, 入浴, 出て, 別れネクタイ, 十一時頃出かけ, 十二時に, 友ちゃん草履, 叔母とは, 古川家叔母達四人と, 同行し, 同車座, 同道お辞儀だけ, 呼びながら, 呼ぶの, 喋った, 喋る, 四時に, 国男を, 多賀ちゃんとは, 夜食し, 妻は, 家を, 宿の, 寧子にも, 広島に, 弘三を, 待ち合せて, 御一, 思って, 思わずここ, 成之さんを, 旅に, 日劇で, 日劇へ, 暫く話す, 来たこと, 柳と, 死に別れ継母, 浅草へ, 玄徳と, 種々話を, 立食し, 笑ふ, 自分と, 英ちゃんと, 英男と, 菊吉の, 落合ひ, 行く, 行ったとき, 裏の, 要談生活方針家庭についての, 話して, 貞子さんを, 途中迄, 道子に, 道子三人で, 銀座へ, 鋭五, 雑司ヶ谷の, 食事此処の, 高島屋で, 鵜飼家の

▼ 母上~ (84, 8.0%)

2 御在世, 最後の

1 [80件] あまり痛わっ, あるという, いらっしゃる, いられぬもの, お悪い, お手ずから, お案じ, お気の毒, お笑いに, お見舞, お金を, こうしておいで, そうお, その時八十三歳, その瞬間, それでたびたび, どうしたら, なられたため, なんでも, ひどく苦, まるでプラン, もうすっかり私, やって来られ昼食, よくない, よく造っ, プレエンに, 一人で, 丁度来た, 乗られ沼津, 二時に, 云う, 亡くなった時, 人知れずお, 仰せられたごとくあの, 仰せられた通り, 伊豆山の, 会われる, 何故其, 僕を, 先に, 口を, 四十一度という, 国男が, 坐って, 夜に, 妙に, 小さな家事上, 居ないと, 居られると, 帰京され, 年を, 当分会うまい, 彼の, 御心配, 御自分, 心配し, 急に, 戻られたなら知らせて, 提議された, 早速意向, 昨日国男さんに, 来たら私, 来て, 来られ清, 楽屋の, 止めろと, 死なれたと, 水枕をかへて, 清の, 私に, 自分を, 若い時, 行らっしゃる, 襟巻を, 見えたって, 見物に, 配慮された, 長生きし, 開成山に, 電話を

▼ 母上~ (56, 5.3%)

3 裾から

1 [53件] いふやう, おすがり, お別, お別れ, お目にかかる時機, お見せする, お詫びを, お話しする, お顔, きっとかえる, きのう国府津から, そこで, つくか, もう一度, よくお, よろしく伝え, 一度お, 丁寧懇切に, 不孝を, 会った, 会って, 伺って, 何ぞお変り, 別紙, 助手の, 勧め親子三人, 合わせる顔, 向って, 奉ること, 始まって, 孝行の, 対せらるる, 御機嫌, 抱かれて, 暇乞せしめき, 本代を, 来る, 欣んで, 止められて, 無體, 申した由, 申上げ, 相談し, 相違ない, 知らせるの, 聞かされて, 言い出づれば, 言ったらなお, 語れば, 請来れ, 賜びし桃, 逢は, 逢ふ

▼ 母上~ (47, 4.5%)

2 お迎えし, 手に

1 [43件] おのが, お護り申しあげ, こまらせたの, そのよう, たのむぞ, たのむよ, なぐさめいたわりなされたことは, よく知っ, よぶ, カティで, 中に, 仰ぎ見つ, 偲びながら, 側へ, 前に, 喪ひまゐ, 嘲笑し, 夢みき, 寝台の, 屡々泣かせ, 待ち合せ食事, 悪人に, 招待母上と, 新宿駅に, 曲解し, 東京に, 案内し, 病魔から, 相手に, 粗略には, 苦しめ過ぎるだろうという, 葬りし時, 裂いたの, 見舞いし, 見舞ひし, 見送りに, 訪ふ, 誘ひ国際, 踏仆し, 車で, 迎え取り膝下, 迎へ, 送って

▼ 母上~ (30, 2.8%)

3 道子も

1 [27件] いとほしき, お前たちも, お思い, きっと喜ばれるであろう, この子, ごき, はっきりしない, またあえて, また彼, もっとお, よろこび父上, 亢奮した, 共に出かける, 共に国際劇場, 女房も, 居られて, 席に, 御一緒, 御存じなし, 我も, 新大阪へ, 歩み寄りての, 知って, 私も, 自然頼みに, 見物これを, 非常に

▼ 母上~ (30, 2.8%)

5 の御 3 のお 2 を思い

1 [20件] がと云, が丸髷, が何, とあり, とで御, にお, に起こされよう, のお作り, の仰せ, は先程息, は山中湖畔, は皆, へのお, へ志保, も今年, も御, をお側, を初め, 御承知, 御病気

▼ 母上にも~ (18, 1.7%)

1 [18件] きっと御, こうなりました, すて難き, そう申せ, どうぞ毎日, なんとなく会わせる, もう逢う, よろしゅう, 中村を, 事情を, 凱旋の, 宜しく, 宜しくと, 御迷惑, 承知し, 既う, 自分の, 重荷らしく

▼ 母上には~ (15, 1.4%)

1 [15件] いたくお, いつに, それを, どう遊ばし, どんな物, まるで御, 以前の, 何か, 内証などの, 冷たい覚悟, 困って, 妻ひとりを, 甘えて, 衣類全部ただし, 長生きを

▼ 母上さん~ (13, 1.2%)

1 [13件] お鮨, が, が待っ, が置手紙, が見えたら, そりゃア貴女軍人, と相談, にもお入, に会っ, の処, の方, は一所, 何卒

▼ 母上~ (8, 0.8%)

1 おまえに, 女房子の, 妹の, 妻の, 姉弟たちにも, 榊叔母, 父上には, 道子と

▼ 母上より~ (8, 0.8%)

1 一つお, 人間らしい平凡, 御直ニ, 手紙で, 手紙来たる, 父上に, 送って, 電話病人は

▼ 母上から~ (7, 0.7%)

1 お便りの, 手紙で, 来たので, 迎が, 遠ざけて, 隆治さんに, 電話で

▼ 母上見物~ (7, 0.7%)

6 で一緒 1 で同乗

▼ 母上と共に~ (6, 0.6%)

1 おくやみ, 永田町の, 浅草へ, 縁側の, 銀座の, 雑司ヶ谷の

▼ 母上~ (6, 0.6%)

1 おつたえし, お手紙, お願いし, つたえ賜われかし余, 何日ぶりかで, 説いて

▼ 母上からの~ (5, 0.5%)

2 手紙で 1 二円を, 手紙を, 書留

▼ 母上この~ (5, 0.5%)

1 お方です, もの全く, 孫策は, 御飛脚, 頃昔から

▼ 母上~ (5, 0.5%)

2 安ん 1 ありがたう, かの人, 晩くなりぬ

▼ 母上~ (5, 0.5%)

1 にはお, に教, の思召, の潔白, へよろしく

▼ 母上~ (4, 0.4%)

1 よろこびです, 寝みなされ, 留守で, 辰の

▼ 母上さま~ (4, 0.4%)

1 がおもい, にも, にも宗誠, のご

▼ 母上~ (4, 0.4%)

1 いちばん神様の, いらっしゃいました, ござりました, ナシ対等には

▼ 母上とも~ (4, 0.4%)

1 どうしてもうまく, マリウチアとも, 往来しき, 相談し

▼ 母上来り~ (4, 0.4%)

4 訪はる

▼ 母上でも~ (3, 0.3%)

1 いらっしゃいましたので, 今日は, 旅先に

▼ 母上とは~ (3, 0.3%)

1 お目, まるで異, まるで異う

▼ 母上よりの~ (3, 0.3%)

1 お手紙, 手紙, 手紙で

▼ 母上よりは~ (3, 0.3%)

1 かえって妾, 却て, 如何やう

▼ 母上~ (3, 0.3%)

1 卒去翌日発表十月十二日忌引御免被仰付, 在世の, 祈祷について

▼ 母上母上~ (3, 0.3%)

2 と呼びたれ 1 と呼ぶ

▼ 母上あなた~ (2, 0.2%)

1 の息子, も

▼ 母上きょう~ (2, 0.2%)

1 の私, までの不孝

▼ 母上~ (2, 0.2%)

1 うして, ほど集注

▼ 母上だけ~ (2, 0.2%)

1 お戻り, 行かれる

▼ 母上として~ (2, 0.2%)

1 絶対の, 萩乃ともども生涯御

▼ 母上とで~ (2, 0.2%)

1 出かけ十二時何分, 母親の

▼ 母上との~ (2, 0.2%)

1 物語を, 間を

▼ 母上まだ~ (2, 0.2%)

1 参って, 床について

▼ 母上危篤~ (2, 0.2%)

2 の電報

▼ 母上如何~ (2, 0.2%)

1 か仕, なさいました

▼ 母上帰られ~ (2, 0.2%)

1 二人夕食する, 熱海の

▼ 母上~ (2, 0.2%)

1 たまひ, とのデンポー

▼ 母上東京~ (2, 0.2%)

1 より夜着, より来られ

▼ 母上~ (2, 0.2%)

1 をつかわし, を昔

▼ 母上電話~ (2, 0.2%)

1 で, にて病

▼ 母上~ (2, 0.2%)

1 と名づけ, の老衰

▼1* [173件]

母上あり左の, 母上あれなる後家どの, 母上あッちへ, 母上いませし折, 母上いらぬことを, 母上おばあさんなど死, 母上おわこの前, 母上お供して, 母上お家を退, 母上お気にかけ, 母上摩耶なりしか, 母上からでも少し寄附, 母上からと唄ふ, 母上からは私の, 母上きのう常盤館より帰京, 母上ここに引, 母上さんそれは余り, 母上すこしそこの, 母上そのラッシュが, 母上そんなことだろう, 母上たちにひどい, 母上な, 母上だけはどうぞ御, 母上だに引承たまわ, 母上ちとお体, 母上であろうと兄弟, 母上でござるぞ, 母上でさえ自分の, 母上ではありませぬ, 母上という呼びかけは, 母上とからけさおてが, 母上とが又衝突, 母上ときわ館へ来た, 母上とともにわれも, 母上とらへて何言, 母上どうぞ長らくお生き遊ばし, 母上などには感じられない心持, 母上などのよろこばれそう, 母上にとて贈られた薔薇, 母上にのみ孝行を, 母上のみならず弟, 母上はをぢに, 母上ひとり起きて, 母上への手紙が, 母上へは別に手紙, 母上また妻や, 母上まで御送り愚兄ニハ小弟, 母上までがあの妖道士, 母上までも欺き参らせ親友, 母上まア其理由を, 母上みまかりたまひ, 母上みまかりたまいてより, 母上もう一度お暇, 母上もかの丹波めも, 母上もをり, 母上やら寧子やら, 母上よろしゅうござるか, 母上とイケシマ, 母上わしの妻子ら, 母上をもそもじをも, 母上スエ子をつれ, 母上スエ子安積から帰京, 母上スエ子英男安積に行く, 母上マリウチアその外女どもあまた, 母上マリウチア我の三人, 母上リョウマチス年来の御, 母上ワットとは何, 母上一寸したこと, 母上一時間ほどで, 母上一緒に行っ, 母上三越へゆく, 母上下女一人をつれ手, 母上不動様が如何, 母上丸の内所用の帰途, 母上乗られ三日市から, 母上二晩も眠られなかった, 母上おかえりに, 母上今日帰られた, 母上今日池田の小林一三留守宅, 母上今日熱海へ立たれた, 母上今日見物さる, 母上今朝橿原神宮へお参り, 母上の病軽, 母上のため, 母上倉知行ルスなので, 母上兄上がわれ, 母上兄妹の恙, 母上先日ひどく弱っ, 母上出迎へて下さり, 母上加津子によろしく, 母上十五日頃より九州, 母上十時四十何分かに上野着, 母上及びわれら夫妻と, 母上同乗して, 母上同道社長と九月, 母上同道赤坂加藤伯父上の家, 母上向島の祖母不快, 母上咲いて居る, 母上咲国と歌舞伎座, 母上ひ給, 母上善くぞ歌, 母上に横, 母上夕刻帰られた, 母上夜父上とどこ, 母上大切に劬, 母上大方西大久保なる威三郎方, 母上女中の居ない, 母上女子大学と堺先生, 母上姉上のお, 母上少し工合が, 母上居たまいたればわれ, 母上居室の床の間, 母上川奈の帰り, 母上帰られる二時, 母上帰京される, 母上御木本からブローチ, 母上徳山へ手紙, 母上ほどはかなき, 母上に怪我, 母上我枕の低き, 母上戸棚の古い, 母上持って来, 母上捨て置きてはよろしから, 母上支那の楊貴妃, 母上日本大学へ電話, 母上の代, 母上来たまひて, 母上来千歳会がおそく, 母上来合せた如月敏と, 母上と三益, 母上様皆吉などともその, 母上様誰それがき, 母上死去の由, 母上殿から頼まれた, 母上づかひ給, 母上湯ヶ原より今日, 母上熱海より帰らる, 母上父上スエ子は小田原, 母上片手にて我頬, 母上らしく食堂, 母上子夫人は, 母上留守なり, 母上を丸く, 母上真実によう, 母上着物などをきか, 母上私ハ不孝でしたお, 母上私女の子たち僧侶富ちゃんお棺, 母上私山崎伯父と一つ車, 母上私隆と野原, 母上竹屋の通夜, 母上竹屋春光危篤のため病院, 母上箱根より帰られた, 母上を携, 母上聖母刑せられたる盜人, 母上英スエと入れ, 母上英男と青山墓地, 母上荷もつばかり来た, 母上行って下さる, 母上西洋間に居, 母上見え種々話が, 母上見物一緒に帰る, 母上見物同車で帰宅, 母上見舞に来, 母上観後の評がい, 母上訪来らる, 母上る人, 母上貴方はどうしてもう少し, 母上軍服を着た, 母上通りか, 母上の迎え, 母上隨分お達者, 母上頻りに食物の, 母上鷲津貞同道にて来訪