青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「母~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~殺した 殺した~ ~殺す 殺す~ 殺人~ 殿~ 殿下~ ~殿様 殿様~ ~母
母~
母さん~ 母上~ 母屋~ ~母親 母親~ 毎~ 毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~

「母~」 32048, 346ppm, 281位

▼ 母~ (7504, 23.4%)

127 顔を 82 ことを 42 言葉を 40 手に 38 ために, 手を, 顔が 36 膝に 33 口から, 姿を, 方へ, 顔は 32 胎内に 31 声が 30 ように, 前に 29 ところへ 25 前で 24 姿が, 心を 22 家に, 顔に 21 手紙を, 方を, 死を 19 ことは, 方は 18 乳を, 姿は, 心は, 胸に, 話に 17 ような 16 家へ, 方が, 方に 15 乳房に, 事を, 傍に, 心の, 手で, 膝の 14 お光, ことが, 側に, 傍へ, 名を 13 そばに, 実家の, 懐に, 所へ, 手から, 方で, 眼の, 言葉に 12 お由, そばへ, 前へ, 多計代, 愛を, 眼に, 言葉が, 言葉は 11 代りに, 前では, 声は, 方から, 膝へ, 許に, 顏を 10 お柳, 名は, 姿に, 家を, 枕元に, 機嫌を, 病気は, 眼は, 肖像

9 [14件] ことで, すがた, ところに, やうに, 乳房を, 側へ, 写真を, 声に, 声を, 手の, 血を, 許へ, 話を, 顔も

8 妹の, 後に, 愛情の, 死の, 肩に, 背中に, 胎内から, 膝を

7 [19件] おすみ, おゆう, ことに, ない娘, ふところに, やうな, 命を, 夫人は, 家の, 形見の, 心に, 意に, 愛に, 様子が, 気持を, 秘密を, 腹を, 袂を, 顔の

6 [29件] お民, そばを, ため, ない子, もとへ, 上に, 乳が, 側を, 前を, 命日に, 墓を, 夢を, 居間に, 後姿を, 愛が, 慈愛を, 懐を, 所に, 手が, 手は, 手紙は, 持って, 様子を, 気持が, 眼には, 眼を, 胎内で, 臨終の, 言葉の

5 [42件] お杉, ことばかり, ことばを, ごとく, ためにも, 乳の, 云うこと, 云ふ, 傍を, 兄は, 命令で, 声, 妃は, 妹が, 姿も, 居間の, 心持は, 悲しみを, 意を, 意志に, 愛の, 慈愛が, 態度を, 手紙の, 方の, 日, 枕頭に, 病気が, 病気に, 美しさ, 肩を, 背に, 胎を, 腕に, 葬式の, 言うこと, 許を, 話は, 遠縁に, 部屋の, 面影が, 顏が

4 [82件] あとから, いいつけ, おもかげ, お富, お琴, お豊, お銀, こと, すること, もの, 乳に, 乳房の, 事は, 体が, 体の, 傍らに, 写真の, 危篤の, 叱言, 名, 周囲に, 墓に, 墓の, 姉が, 実家が, 実家に, 実家は, 実家へ, 家で, 小言も, 尼が, 帰りを, 影が, 後から, 後を, 心, 心が, 愛と, 愛という, 態度は, 懷に, 手紙が, 最後の, 枕もとに, 様子も, 横顔を, 歎き, 死に, 死んだ時, 死目に, 母も, 気が, 為に, 生活の, 留守を, 病室に, 病気を, 目は, 看護を, 眼にも, 眼を通して, 着物を, 耳に, 耳にも, 職能を, 肩の, 胸を, 腕の, 腹から, 自分に対する, 若い時分, 薬を, 袂に, 言ふ, 言葉で, 記念の, 身に, 身の上に, 身を, 部屋に, 間に, 霊を

3 [148件] いた頃, いるところ, お安, お常, お芳, お菅, お袖, かたみ, かたみだ, ことだ, ことや, その言葉, そばから, それに, それの, ためには, ところを, ふところの, まぼろし, もとに, 一生を, 三十七年忌に, 乳首を, 事が, 二つの, 云いよう, 云ひ, 亡い, 仇と, 仕事を, 俤を, 初七日, 力が, 力を, 名が, 名と, 名も, 喪に, 墓へ, 声で, 声までが, 声も, 好きな, 如くに, 妙光尼の, 妙秀尼が, 妹, 姉の, 姿である, 子では, 存在を, 実家から, 家は, 家来の, 容貌を, 寐顔を, 寝顔を, 居場所を, 帰るの, 弓が, 弟の, 後ろから, 心も, 心持が, 心持を, 性格を, 性質を, 悪口を, 愛, 愛は, 慈愛, 慈愛の, 態度が, 態度に, 懐の, 手一つで, 手一つに, 手伝いを, 手前を, 承諾を, 方からは, 方も, 日記を, 時代の, 望みを, 枕頭へ, 様子は, 死という, 死骸を, 母が, 気に入りの, 気を, 気持ちを, 注意を, 消息を, 涙, 涙の, 涙を, 清子は, 渚べ, 爲めに, 父は, 生きて, 生れた家, 生活を, 留守に, 病を, 目を, 眼が, 磯の, 神が, 私が, 笑い声が, 答は, 籍が, 紀念の, 聲が, 背中で, 胎内を, 腹に, 膝から, 膝下に, 自分の, 若いころ, 若かった, 苦しみを, 苦労は, 蔭に, 表面の, 見舞に, 話が, 身として, 違ふ, 部屋から, 部屋を, 郷里の, 里方の, 閉は, 青眉, 面を, 面影を, 頬を, 顏も, 顔と, 顔には, 顔にも, 顔色を, 首は

2 [531件 抜粋] あらぬと, いうこと, いつくしみを, いもうとの, いる方, おきぬは, おくつき, おさがりですのよ, おさよ, おちか, お伊勢, お友だち, お国, お奈加, お政, お杉隠居, お梶, お棺, お気に入りだった, お直, お美代, お鳥, からだ, くらは, こころに, ことそれから, ことです, ことなどは, ことなんか, ことのみ, ことばだった, ことばに, ことばも, ことも, ころもは, したこと, そつの, その後の, その懐, それを, たった一人, つけて, と同じ, ないこと, ない児, ない子供, ない家, なかに, のこしたもの, ひざに, ふところへ, ふところを, ほうが, ほうで, ほうは, まえに, まわりを, もとで, やり方が, ゆるしを, ようで, ようにも, ゐる町, ジェニファーは, ドラと, ピアノに, ベッドの, マリアを, 一挙一動に, 一枝は, 一生は, 一言で, 一言半句にも, 下枝子に, 不幸の, 不機嫌な, 不誠意, 世話に, 世話を, 両の, 丸髷を, 乳だけは, 乳で, 乳と共に, 乳ぶさ, 乳房から, 乳房にも, 乳汁として, 事だ, 云いつけ, 亡くなった後, 亡骸が, 人柄は, 今宵の, 代から, 会へ, 伜千之, 位牌に, 住宅までも, 住江は, 何か, 余が, 來る, 信仰の, 俤である, 俤は, 俤よりも, 側から, 側で, 傍で, 傷口を, 像を, 兄である, 兄なる, 兄に, 兄弟の, 先に, 再婚を, 写真が, 写真に, 冷たさ, 処へ, 出して, 別, 前も, 剣幕が, 力と, 勧めに, 匂いを, 印象は, 印象を, 危急を, 危篤に, 厄介に, 去年うせたる, 取りて, 取り済した言葉, 口より, 古い恋文, 古びた神々しい, 同盟の, 名だ, 名に, 向側には, 君, 味方だ, 呻き声, 呼びし一等, 呼ぶ声, 命に, 命日が, 唇が, 唇に, 嘉代は, 場合には, 場合は, 境遇を, 墓は, 墓前に, 墳墓の, 声だつた, 声である, 声には, 多代子が, 夢は, 大切な, 大好物, 夫人が, 夫人の, 女らしい感情, 好意な, 如く, 如くにて, 妃に, 妃も, 妃を, 妹とか, 妹に, 妹にあたる, 妹も, 姉に, 姓を, 姿, 姿だつた, 姿で, 姿と, 娘として, 子で, 子である, 子をかかへ, 安否を, 実家, 実家で, 客に, 客間に, 客間を, 宣ふ如くならず, 室の, 家も, 容子を, 容態を, 寝て, 寝台は, 寝室の, 寝息の, 寝息は, 實家で, 尼に, 尼の, 居間は, 居間へ, 屋敷である, 屋敷の, 左の, 常陸夫人も, 床の, 弓は, 弟である, 強い意志, 形見だ, 形見である, 形見を, 待つ家, 後の, 後影を, 従妹に, 御供を, 御恩, 心から, 心づくしな, 心という, 心へ, 心持に, 心持も, 心配は, 心配を, 思い出を, 恐ろしい呻, 恐ろしい気配, 悲み, 情を, 意地の, 意見を, 愛から, 愛す外, 愛だ, 愛ほど, 愛も, 愛より, 愛情から, 愛情が, 愛情を以て, 感情の, 慈善会の, 慈愛であります, 態度にも, 態度も, 憎しみの, 懐である, 懐へ, 懷の, 戒め, 所から, 手と, 手へ, 手前不憫で, 手助けを, 手毬歌, 手紙では, 手紙に, 手縫いの, 手織に, 手許に, 手跡を, 手蹟で, 指図で, 指導役の, 放送, 故郷に, 教に, 教を, 教訓のみが, 敵と, 文を, 新しい良人, 方にも, 旅行中の, 日に, 日記は, 昔話を, 更衣の, 書中の, 最近の, 有罪なる, 未亡人は, 本当の, 机上には, 村に, 杖, 枕元へ, 枕辺に, 梅, 様に, 様子から, 権威が, 横に, 横手から, 機嫌の, 歌を, 歯骨を, 死が, 死と, 死に際の, 死ぬこと, 死は, 死んだの, 死んだ日, 死んで, 死因を, 死床に, 死後爺や, 死骸に, 気に, 気に入らなかった, 気持に, 気持は, 気配だ, 氣持は, 水に, 泣悲しむ, 注意で, 淋しい顔, 深き吐息, 清子と共に, 清子も, 瀧子は, 無情を, 無智, 父の, 猫仔猫は, 献身的な, 理想の, 生家は, 生家を, 生活に, 生涯の, 生涯を, 男性の, 異様な, 病が, 病の, 病は, 病床に, 病床を, 病気と, 病気という, 病気の, 病気も, 病気や, 病気見舞に, 登代が, 白い寝, 皮肉な, 目には, 眉よりはよ, 看病で, 看病の, 看病を, 真似を, 真剣な, 真実の, 真心に, 真意が, 真意を, 眼から, 眼からは, 眼じゃ, 眼だった, 眼と, 眼尻から, 神経が, 私に対する, 突然の, 立場に, 立場を, 給養にも, 老いたこと, 考えでは, 耳元に, 耳許で, 耳許に, 聲です, 肌と, 肌を, 肩は, 肩へ, 胎内, 胎内にて, 胎内へ, 胸へ, 脇腹を, 腰かけを, 腹の, 膝下へ, 臨終, 自動車の, 自慢の, 自殺, 自殺から, 自筆一は, 色の, 若々しい神々しいほどの, 苦しみは, 苦心を, 苦情が, 草心尼が, 草心尼は, 莚へ, 華奢な, 血である, 表情を, 袖に, 見し物, 視線を, 親はるかに, 親佐, 親心付れ, 親案じ, 言葉には, 言葉も, 言葉や, 訓え, 記憶が, 記憶は, 許しを, 許で, 詞を, 話で, 認印を, 誕生日に, 誡めを, 説明を, 調子は, 貴婦人らしからぬ, 足は, 足もとに, 身には, 身の上へ, 身は, 身体を, 身辺の, 躾が, 迎ひ, 近況を, 返事をも, 送る如き愛情, 遺伝で, 遺産の, 遺言を, 遺誡を, 部屋で, 郷里へ, 里の, 里へ, 里外目の, 金を, 金簪を, 鏡台の, 長兄の, 間では, 間には, 霊魂は, 静かな, 頬が, 頬ずりを, 頭から, 頭の, 頭は, 頸に, 頼みを, 額に, 額を, 顏の, 顔いろ, 顔から, 顔さえ, 顔や, 顔色は, 館へ, 骨を, 髪が, 髪まで, 魂が, 魂に, 魂の, 魂を, 鶉は, 黒い書箱, 鼻すら, 鼻の

1 [3338件 抜粋] あいより, あと従ひ, あの騒ぎ, あわてふためいて, いうこの, いう通り, いた空家, いないこと, いない葵, いるえん先, いる外族, いる数寄屋, うしろで, おかげで, おさ, おっ母さん, おまん, おもよと, お伽に, お喋べり, お市の方も, お手伝いが, お源, お種, お蔭で, かおを, かたみです, からだの, きびしい眼, くり言や, こうした姿, ことさえ, ことなどを, ことやら, こと思ふ, この座席, この返事, ごとく敬って, さつき正清といった, しげ子と, しら髪は, すでに意識, せいだ, その場合, その顔, そばまでや, それまでの, たつた一つ, ためにってな, つながれた女, ところで, とりなしで, ない二人, ない者, なすが, ねて, ぱさぱさした, ふたりは, ほうに, ほつれ毛を, まなざしは, みこと, もし亡き, ものした, ものばかりを, やしな, ゆるさぬ恋, よくなる, わきで, ゐないこの, ゐる方, アンリエットは, セレース, ダイヤは, ハッキリした, フラットへ, マリヤと共に, リクが, 一人である, 一味によって, 一枝が, 一行が, 丈夫な, 三男などは, 上京の, 下腹に, 不幸な, 不気味な, 不足, 中から, 主治医である, 乳でも, 乳房で, 乳汁や, 予言どおりおしゃべりの, 事などを, 二十六七歳の, 云うには, 云ったおかしな, 云ふこ, 亡くなったこの, 亡つた十二の, 京子は, 人相, 今いる, 介抱を, 仕事などとは, 仕送りで, 代りの, 仰せつるに, 仲悪, 伝記です, 位牌の, 住む蒲田, 体について, 体臭の, 何憎みする, 作品である, 來や, 依み, 保証する, 俤あ, 健康ぶりを, 側の, 働いた金, 元に, 兄マンには, 先生の, 六十の, 再縁先の, 冷い, 出した器, 分と, 刑期満, 別高, 前一間ばかりの, 加護を, 務め, 匂ひ, 千世子は, 危篤と, 厳命で, 友達である見なれた, 口の, 口真似を, 古靴, 同じ, 名から, 名前で, 君には, 呟いた嬉し, 呼びたてる声, 命の, 命令通り, 命日なり, 哺育の, 問いにたいして, 喜たらん, 喪失といふ, 嘆きも, 困窮を, 国筑紫この, 圧え, 坂の, 執着, 場合に, 墓が, 墓所に, 声であった, 声色を, 夕食は, 夢だけ, 大きな失望, 大愛, 大閼氏, 夫人にさえも, 奈保子が, 女としての, 女性としての, 奴忽ち, 如き御, 如し, 妙秀でし, 妹である, 妹オケツ姫と, 姉という, 姓名を, 姿などが, 威光は, 嫁入りの, 子として, 子らかきおこす, 子供への, 存命中は, 学生時代の, 安村静が, 実子だろう, 実際は, 家, 家にも, 家来たちの, 宿との, 寝室から, 寝覚, 寢息相, 対話を, 小さな姿, 小言の, 尼などの, 居た時分, 居る外族, 居間でも, 屋敷に, 山吹は, 巻それから, 希望は, 帰らぬ旅, 常である, 平気さを, 年齢気質時代の, 幻想である, 広場の, 座, 引きしまった顔, 弟だけに, 弟袁祁都比賣, 強情に, 形見といふ, 影も, 彼女が, 後には, 従兄です, 御伴, 御気嫌, 心づかいが, 心ほどに, 心尽しの, 心持という, 心遣ひ, 必死の, 怒の, 思いが, 思いを, 思い出や, 思ひ出, 性も, 性質に, 恐れたほど, 恩は, 恰好だった, 悲しみ苦しみを, 情けを, 情愛が, 惨たらしい命令, 意の, 意志には, 意見に, 愚が, 愛でその, 愛女であった, 愛感は, 愛顧の, 感激に, 慈愛に, 態度には, 憂慮そういった, 懐しさ, 懐中に, 懷かし, 戒名が, 房枝は, 手つきの, 手も, 手一ツで, 手元は, 手前も, 手助を, 手紙か, 手紙とかを, 手袋を, 手頸を, 折檻の, 持てる気位, 持病は, 指図が, 挙動を, 採つた方法, 支度を, 教えの, 教育で, 文句を, 料理の, 新待賢門院, 旅心は, 日といふ, 旦那から, 昇天を, 昨日に, 晩年には, 書いて, 最上の, 會などから, 望を, 期待通りの, 本能, 本能も, 杖を, 来歴に, 枕べに, 枕辺にのみ, 柔らかな, 根に, 植えたという, 様子には, 権利の, 権限が, 横顔の, 欠伸を, 歓びを, 死, 死による, 死んだ前後, 死体は, 死去を, 死後どう, 死後彼は, 死後随分, 死顔を, 歿った, 殺されたこと, 母情や, 気にも, 気付かぬうち, 気持ちが, 気色に, 気遣いが, 汗と, 沈黙とが, 泣き声に, 注文であった, 涙に, 深い情, 温い懐, 滞在中会社の, 為, 為事であり, 無事に, 無言な, 熱情が, 父と, 父親という, 物慾その, 独占慾に, 現在の, 甘えに, 生れた村, 生前は, 生存中に, 生活, 生活や, 産めるもの, 用心棒めいた, 留守には, 異名を, 疳癪に, 病室の, 病死それらを, 病気見舞いの, 病院へ, 癖の, 発足当時の, 白骨が, 盃に, 目常に, 眉とも, 看護に, 真弓であった, 眠つたのを, 眼付きが, 着物の, 矛盾に, 碑文が, 神, 禅尼の, 秘蔵娘である, 移動先へと, 立てるに, 笑顔に, 筆を, 答で, 粗相は, 系統だ, 細かいお召, 結婚生活が, 縁から, 織る機, 美しい愛撫, 美徳に対する, 羽織や, 老婆と, 考えに, 耳を, 聲音か, 肌恋しい, 肩つきや, 背を, 胎から, 胸から, 胸ひからび, 胸中には, 腕を, 腰巾着で, 膝へは, 膝下さびしかるべき, 臨終に, 自尊心を, 自身の, 良人だ, 若いときの, 苦しさ, 苦役の, 荒れた手, 落着きを, 葬式を, 蔽膝の, 藁草履へ, 號泣する, 血統だ, 行動の, 行為も, 表情あるいは, 袖しぼらせし, 裡に, 見当は, 視線は, 親友, 解釈を, 言うなりに, 言に, 言伝を以て, 言葉それが, 言葉にも, 言黙止し, 記念で, 許から, 許可を, 話し振り, 話の, 語調は, 誰である, 諒解を, 象徴に, 貧しさ, 賞めた, 足に, 跡から, 身ごもる日, 身まかりしに, 身代を, 身體を, 辛辣な思い切った, 返事を, 迷信への, 追跡を, 遁走を, 道臣の, 遠い世界, 遺志が, 遺物であった, 遺言も, 部屋は, 郷里高知縣佐川町の, 醜い容貌, 里方である, 針の, 長持が, 間借りを, 闇夜と, 隠し立てを, 雀は, 霊前に, 面々口々に, 面前へ, 面影は, 鞭撻と, 頭上に, 額の, 顏物置部屋の, 顔つきから, 顔とが, 顔らしい, 顔妻の, 顔色ばかり, 願望を, 食物やかれ, 首から, 馬そっくり, 驚きは, 髪の, 鳥

▼ 母~ (5716, 17.8%)

66 私の 52 それを 37 私を 33 自分の 30 私に 25 彼の 24 父の 23 私が 19 云つた 17 黙って 14 云った, 言った, 顔を 13 急に 12 何か, 眼を, 非常に 11 いった, 娘の, 父に 10 さう, 子供の, 父が, 黙つて 9 それに 8 すぐに, 僕の, 声を, 子の, 彼に, 涙を, 私と, 自分が 7 子を, 母で, 泣いて, 静かに 6 いつもの, すべての, それから, 一人で, 子供を, 少しも, 彼を, 心配し, 死んだ, 長火鉢の

5 [27件] そこで, そのとき, そんなこと, わたくしに, わたしの, 云って, 何も, 例の, 台所の, 容易に, 帰って, 彼が, 彼女の, 手を, 死に父, 死んで, 気が, 泣きながら, 父と, 父を, 目を, 眼に, 知って, 笑って, 答えた, 自分で, 言って

4 [43件] あなたを, いつでも, いつに, かすかに, こう言っ, この頃, これが, これを, さすがに, その子, その年, ひそかに, もう死ん, わが子の, 之を, 何とも, 何を, 僕が, 僕を, 喜んで, 奥へ, 女の, 娘を, 家に, 家の, 寝床の, 平素の, 幾度も, 彼女を, 心配そうに, 息を, 慌てて, 毎日の, 眉を, 矢代の, 笑いながら, 縁側に, 考えて, 苦笑した, 落ちついて, 言つた, 返事を, 青年に

3 [85件] いって, お八重, この子, これは, こんなこと, こんな事, さっきから, そう言っ, そこに, そのこと, その間に, それが, それで, それと, それには, それにも, それより, た, ぢつと, どこに, どこへ, びっくりした, やにわに刀, わたしを, 一粒種の, 三人の, 二人の, 云う, 云ふ, 人の, 何が, 何と, 何とかし, 兄の, 先に, 前から, 口を, 台所で, 女に, 女房に, 妙な, 娘が, 子に, 小声で, 左の, 帯を, 店の, 弟を, 微笑した, 心配する, 怪訝な, 息子を, 情なき思ひ, 感動し, 感心し, 手に, 手拭を, 早くも, 水の, 涙の, 滅多に, 火鉢に, 火鉢の, 独りで, 猛つて前後, 生きて, 真の, 眼鏡を, 祖父の, 私にも, 笑った, 続けた, 胸を, 自分を, 苦笑し, 茶を, 見かねて, 親切に, 言う, 言葉を, 針を, 階下の, 障子の, 非常な, 驚いて

2 [368件] あきれて, あたかも不在, あてに, あなたの, あの夜, あわてて, いくども, いったの, いつた, いつまでも, いつもそれ, いつもと, いつもよりも, いつも彼女, いない, いろ, いろいろな, うれしそう, おなかの, お前を, お清, お豊, くどくどと, くり返して, こ, こういっ, こう云っ, こう思った, こころ隈なし, この前, しみじみと, すぐそれ, そういっ, そつと, その中, その娘, その後も, その日, その時, その次に, その生家, その薬, それきりで, それでもれい, それまで, それ等の, そろ, そんな私, たけ高き, ただ, たぶん子供部屋, だらしの, つく, つとめて, つれづれの, とう, どうした, どうしても美奈子一人, どう思っ, どこまでも, どちらかと, どんなにか, はじめて彼女, ひとり山の, ひどいヒステリイ, ほっと溜息, ほんとうに, ぼくの, またそれ, また押入, また母, また自分, まだ生き, まだ起き, まるで自分, みんなに, むかし気質の, もうこの, もうこの世, もう世, もう五十, もどかしげ, やっと一息, やや失望, ようやく口, よくその, よく言った, よにいさぎよし, わが子を, わが彼, わたくしの, わたくしを, われを, ゲーレスが, ソロソロと, テーブルの, ホッと, マルセーユから, ランプを, ロンドンに, 一寸と, 一度も, 一昨日の, 一昨日死んだ, 一言も, 三味線を, 上の, 下から, 下を, 不安らしく言った, 不幸であった, 不幸に, 不意に, 中, 丹念に, 九州の, 二三日前から, 二度目の, 二歳の, 二階に, 二階の, 五年前に, 京都出身の, 人夫を, 今その, 今でも, 今まで, 今年の, 今日で, 仏間へ, 伸子が, 佇んだまま, 何だ, 何と云う, 何の, 何時に, 何物にも, 余を, 侍の, 俄に, 俥の, 傍から, 傍に, 僕に, 優しい人, 元気を, 兄に, 全身を, 其儘俊吉を, 内気な, 再び口, 凡そ首尾一貫, 初めて本心, 初めて知りました, 初めは, 前よりも, 力の, 努めて, 勝手に, 十七歳で, 十分に, 十歳の, 半信半疑の, 単純に, 原子爆弾の, 又もや涙, 口の, 叫んだ, 可なり, 可成り, 叱った, 叱りも, 吼えるよう, 呆気に, 呼びとめた, 呼吸を, 喜び極, 地震の, 堅く決心, 夕凪ぎ, 外から, 外に, 外国に, 夜も, 夢中で, 大名の, 大変に, 夫に, 女で, 女中に, 好きな, 好くさう, 如何にと, 妹が, 妾を, 姉の, 娘に, 子供に, 孫の, 安心し, 家を, 家女, 家附の, 寧ろ強く, 小さい弟, 少年の, 山木が, 岡山の, 帝, 常に大きな, 幾らかの, 床の, 座敷に, 引取って, 後から, 後に, 後妻で, 心の, 思つてゐる, 急いで, 息一つ弾ませ, 息子との, 悲しそう, 情熱的な, 意味あり, 愛想よく, 愛想を, 懐から, 手古奈の, 押入の, 押入を, 故意に, 敏子の, 斯んな, 日記を, 早く亡くなった, 早く死んだ, 昔から, 昔の, 暫らく返事を, 書きつけた病院, 最初に, 最愛の, 机に, 机の, 村の, 東京で, 枕の, 果して一昨日, 横を, 欠けた一つ竈, 歎く, 此子が, 此樣な, 歯が, 歯を, 死にました, 死ぬところ, 死んでも, 殆ん, 殺されたの, 母として, 母の, 母らしい, 毎晩安二郎の, 気の, 気を, 気抜けが, 水を, 水汲に, 決心した, 泣き出して, 涙に, 溜息を, 火の, 灸を, 点頭いた, 烈しい苦悩, 父よりも, 父親が, 牛の, 玄関の, 玉井さんを, 生れつき繊弱な, 生れる時, 町へ, 異郷に, 病んだ, 病死家は, 病気で, 痩せるほどの, 発狂した, 直ぐに, 相手の, 相手を, 省作の, 真面目に, 着物の, 知つて居る, 祖母に, 祖父に, 神様に, 私をも, 竈の, 笑ひ, 笑顔を, 答へ, 箸を, 納屋の, 絶対に, 継娘に, 縁側の, 繰りかえした, 繰り返した, 美奈子が, 美奈子に対する, 美奈子を, 美貌の, 翌年に, 老いても, 耳を, 肯いた, 自分でも, 自分に, 自動車の, 若い頃, 苦しい息, 蒼い顔, 薄眼, 薬に, 蚊帳の, 行方知れず, 裏の, 襦袢の, 覺えず, 言いました, 訊いて, 語を, 誰である, 誰よりも, 責むとも, 足を, 足音を, 身を, 身動きも, 近所の, 追い出されたの, 途方に, 遊女の, 部屋を, 郵便の, 金の, 金沢の, 長唄の, 門を, 隣村の, 霜柱の, 青年の, 静に, 頭に, 頭を, 顔色を, 首を, 駭いた, 髪を, 鬼婆娘は, 鼻の, S子の

1 [3767件 抜粋] ああまぶしい, あとを, あの夫人, あらず, ある種, あんなに憎々しく, いいわけする, いきなり父, いくらその, いっただが, いつまで, いつも彼, いつも私, いなかった, いまでも, いや増す鬢, いろいろと, いんだよ, うなずきました, おきて, おとなしい答, おまえを, おろおろと, お孝さん, お松の, お藷, かえって初々し, かたきの, かの女, がっかりつかれ, きつぱりとさう云, けげんそうに, こうしてわれ, このぞんざい, この女学校, この年, この最後, この絵手紙, この駄々坊, ころも, こんな年歯, さぞかし心, さつきから, さも愛想, しきりに案じ, しっかりした, しみじみ述懐, じっと神棚, すぐ私, すすり上げて, すでに牛乳屋, するばかり, せつせと, そういう時, そうし, そう小柄, そこの, そっと手, そのとき奥田左衛門尉, その一念, その儘, その声, その度, その愛兒, その時涙, その白い, その美しく, その説教, その附, それつ, それほどいっ, そんなところ, そんな時, たいへん気乗り, ただそんな, ただ叔父, たった一人, だいぶに, だんだん深い, ちょうどあなた, ちょっと新子, ちらりと振り向いた, つかつかと, つぶやかれたの, とうとう亡くなっ, とうとう見せ, とてもその, どういうつもり, どうせ下等, どう思った, どちらの, どんなにその, どんな顔, なお叱りつづけ, なお諦めません, なかばなき声であった, なぜ用, なり振り, なんとも答えない, にこやかに, はじめから, はっと胸, ひがんだ娘, ひとり笑はず, ひどく怒った, ひろ子を, ふと慎ましやか, ほとんどと, ほんとに尊敬, まじまじと, またあと, またすこし, またまだ, また公爵夫人, また年, また普通, また羽織, また質問, まだまだ葉子, まだ室, まだ泣い, まだ門前, まるで人, みなこれを, めざとく感づいた, もうそりゃあ, もう一度感心, もう吾家, もう泣かなくなった, もう諦め, もつと, もと彦根の, やがてわれ, やさしく綾子, やつぱり自分を, やはり心, ややたたみかける, ゆうべ言った, よく働いた, よく知っ, よその, よろけるよう, わけも, わずか二三年, われとともに, イリデと, オルガンの, ガンジーが, サシミだの, ストーヴの, ヂュウスの, ニヤニヤし, ヒステリーの, フランス人, ベタベタと, メアキよ, ルイズと, 一九三四年六月に, 一切の, 一寸ばつ, 一寸躊躇った, 一度国に, 一日も, 一時二時に, 一番後回しに, 七つの, 丈夫で, 三十四で, 三度三度食事を, 三郎を, 下女か, 不取, 不得手だった, 丑時参り, 中を, 丹精籠めて, 乳人を, 二三年来の, 二位大納言師長の, 二度ばかりも, 云ったが, 云ひました, 五十七歳子は, 五郎蔵や, 亡弟峻を, 人品の, 今どこに, 今度こそ, 今死ぬ, 仕事を, 他出し, 件の, 伴れ, 佐渡へ, 何ぜ, 何とか云, 何にも, 何んにも, 何度も, 何時か, 何気ないやう, 何者であれ, 使から, 俊夫君の, 信州の, 停車場の, 偶然また, 僅かに, 働も, 優しくにぎやか, 元気の, 先生を, 全身で, 公家に, 六時頃に, 其子を, 兼盛と, 再び会津屋, 冬が, 准后廉子, 出入口に, 切りに, 別, 別れるまで, 前の, 加減が, 医者を, 千代子の, 卒に, 即座に, 厳格な, 又も, 反って, 叔母の, 古い人, 召使い階級の, 右手の, 同じだ, 同県八戸町石場亀吉, 向に, 吾, 呟き戸口, 呼び止めて, 哀れむやう, 唯一の, 善室英証大姉と, 嘆きぬ我が, 四十幾つであった, 国を, 圭一を, 坐さめ, 執念深く呪っ, 堪え性の, 壁際に, 多くの, 多少その, 夢中に, 大きらい, 大変な, 大急ぎで, 大福や, 天国の, 夫婦の, 女だけに, 女中達にも, 好く彼, 妊娠中であった, 妾の, 始めて欽吾, 姨の, 嫁いて, 嬉しく安堵, 子供だけは, 孟子を, 安兵衞が, 宗教上の, 実家へ, 宣長の, 家女病気に, 家系の, 寝台の, 寮へ, 小さく折り畳んだ, 小柄な, 小頭の, 少しまじめ, 少し痩せ, 少年には, 屡, 屹度彼を, 左右前後に, 差し向いに, 帰らねえかと, 帰幽, 平日の, 年寄にも, 幼い私, 幾度と, 床について, 座敷の, 弁明した, 弟が, 弱らされて, 当惑顔だつた, 彼より, 往々さう, 後を, 御存じの, 微笑を, 心配致し, 忘れたの, 怒った, 思いきって, 思って, 思わず呼吸, 怪訝さうに少年を, 恥を, 悉く死, 悲しげに, 情体愛語の, 意識を, 感心した, 慚じ, 憤って, 懐中から, 我子に対して, 戴きもの, 手づか, 手引せし, 承知し, 抱くとは, 持ってや, 捨児の, 播州の, 政さんにも, 文字を, 斯う, 新原敏三, 既に紙帳, 日本の, 早くなくなり, 早速この, 明治十七年七十歳にて, 春ごろから, 是れ, 時々私, 晩年特に, 暗然として, 更に切り口上, 有れども, 朝早くからまず, 未だ帰つて, 本当に心から私, 李緒と, 東京の, 枕元へ, 柔かく静か, 案じたの, 植え込みを, 楽しみに, 横眼で, 次の間へ, 欲張って, 正しく女, 此方にも, 武男の, 死に阿倍野, 死んだという, 殊にすぐれた, 母悴は, 毎晩四の, 気づかって, 気力の, 気性の, 氣の, 永年頑固に, 池田の, 油断なく, 泣きて, 泣くにも, 洗濯と, 浅草附近に, 涎を, 深山の, 済まして, 満足らしく, 漬物が, 瀬川の, 灰を, 無理矢理に, 無論躍起, 煙草を, 父に対して, 物倦さうに赤ん坊に, 犬の, 独り言を, 猶立働いてる, 理性で, 甚だしいジャモクエ, 生れた計り, 生薑の, 申します, 疎開したがった, 疾う, 病弱で, 病身であった, 痩我慢を, 白い胸掛, 百結衣の, 盆を, 目ざとくも, 盲目で, 直ぐ飛ん, 眉の, 真実どんな, 眠って, 瞬間身を, 知らぬの, 石囲いの, 祖母から, 神棚から, 秀子に, 私同様に, 突嗟に, 突然腦溢血, 窮した, 立ち去り妻, 立派な, 笑ったばかり, 等しい愛, 答えるの, 米を, 納屋へは, 紡いで, 給わって, 継母なりし, 緑色の, 羊羹を, 義理の, 老人らしい, 聞いた, 肥満した, 背後で, 脳溢血で, 腹の中で, 自ら湧せる, 自分などの, 自由を, 舌もつれし, 良吉さんが, 苛, 苦々しげ, 英語を, 茶碗を, 莫連者実父は, 蒲団の, 薄々感, 藤二の, 蘆庵の, 螢籠を, 行方知れずで, 袱紗包みを, 見えない目, 見咎めた, 覚悟あるらしい, 言い憎, 言葉の, 許さなかった, 話さなかったが, 誠に病身, 謙吉さんが, 財布が, 賢かつ, 走りの, 躊躇しきっ, 軈て子, 軽くそう, 返辞を, 途中で, 道が, 部屋へは, 重松の, 鋭く伸子, 長い間わが子, 長岡藩の, 間男を, 随分死ぬ, 雑誌社や, 青々と, 面白く或いは, 頷いた, 顏色をかへて, 風邪に, 食膳を, 馳けて, 驚喜した, 高倉三条の, 鬱色謎命と, 麻梳, 黙つて押入

▼ 母~ (3126, 9.8%)

20 私を 18 それを 17 私に, 私の, 自分の 16 来て, 言った 15 出て, 生きて 14 云つた 11 いった, 何か, 帰って, 死んで 10 死んでから, 父の 9 亡くなってから, 口を 8 一人で, 死んだの 7 彼の, 病気だ, 顔を 6 あった, それに, 入って, 心配し, 急に, 死んだ時, 父に, 病気で, 眼を, 立って 5 云った, 亡くなって, 亡くなってからは, 亡くなつて, 声を, 子の, 子を, 心の, 病気に, 自分を

4 [20件] あります, いつまでも, その時, 亡くなった, 住んで, 何と, 何を, 來て, 叫んだ, 娘の, 心配する, 持って, 死んだ後, 死んでからは, 父を, 言って, 身に, 階下から, 青年の, 非常に

3 [58件] ある, あるの, いなくなってから, お前の, こんな事, して, そう言っ, そこに, その日, たずねて, ついて, なくなってから, ひそかに, ひとりで, やって来た, ゐる, 上って, 云う, 云ふ, 亡くなりまして, 今は, 傍で, 傍に, 僕に, 僕の, 僕を, 前から, 前に, 口に, 呼んだ, 国へ, 大事に, 大切に, 大病に, 彼を, 待って, 待つて, 息を, 戻って, 持つて, 来た, 来るの, 止めるの, 死んだ, 泣きながら, 父と, 突然, 自分で, 自分に, 見て, 言つた, 話を, 買って, 部屋へ, 金を, 養ふ, 髪を, 鼻を

2 [196件] あれは, あんまり悲し, いた, いたの, いて, いる, いるので, お孝さん, きく, きた, きて, くれた, こしらえて, この世に, さる歴と, しんから, その場, その子, その母, それと, それについて, そんなこと, たずねる, とって, どうかした, なかった, はいって, びつくりした, ふと誦経, まずこの世, もしかしたら, やつて, やつと, よぶ名, わたくしの, わたくしを, ゐなくなつ, アノ時甚, ヒステリイの, 一体何, 一息つい, 一番信頼する, 一緒に, 下りて, 不憫で, 不承知の, 両手を, 丹精し, 乳房の, 二人の, 云って, 亡くなつた頃, 今度は, 今生涯, 仏壇を, 他の, 代って, 何かの, 何と云, 何と答, 何と答える, 何故多く, 余り理想的, 停車場へ, 側から, 側に, 兄の, 先に, 先刻自分に, 出かけると, 出ると, 別人では, 刺されたその, 励まして, 取あ, 呼ぶ, 夏の, 夜々余が, 夜中に, 大阪へ, 好きだ, 妙な, 妹の, 始めから, 娘を, 子に, 存生の, 孤独な, 家に, 寝て, 尋ねた, 小娘の, 少しも, 島邊に, 帰ったと, 帰らない中, 幾の, 幾何若い, 弟の, 待ってるから, 後から, 微笑んで, 思い出された, 恋しくて, 感じて, 感情に, 憎々しげ, 或る, 扁理の, 手も, 手紙を, 故意に, 教へて, 日曜の, 昔の, 昨年死ん, 本当によく, 本当に二十前後, 来る, 東京へ, 死にましてから, 死ぬかの, 死ぬ前, 死ねば, 死んだあと, 死んだと, 死去した, 歿く, 気づかったよう, 気に, 気の毒だ, 気の毒で, 気を, 気付いたに, 気付いて, 江戸へ, 泣いて, 泣きをと, 流石に, 涙の, 涙を, 渡世の, 漸くそれ, 生憎祭で, 産後の, 産気づいて, 男に対して, 男性と, 病気と, 目を, 直也と, 眠に, 眼の, 矢代に, 矢田さんを, 第一番, 答へる, 糠味噌を, 聞いた, 聞いて, 背を, 胸の, 胸を, 脳溢血で, 臨終の, 自殺した, 自身の, 菜穂子の, 行くと, 見つけたの, 親ら書く, 言う, 言ふ, 訪ねて, 詰らぬ易者, 話して, 語って, 起きて, 躍起にな, 返事を, 這入って, 過去の, 遠くへ, 金の, 鉛筆を, 雇人を, 青年と, 青年に, 青年を, 頭の, 頼んだ, 顏を, 食べたいと, 首を, 驚いて, 黄金の

1 [2086件 抜粋] ああ好く, あたしに, あって, あのよう, あべこべに, あやなすよう, ありまして, あり家族, あると, あれこれと, あわれで, あんまり善行, いう, いうには, いかにそれ, いけないって, いたのに, いってたよ, いつて, いつにも, いつもそうした, いつも馬鹿, いないなと, いなかったので, いなくなった時, いふ, いまは, いるからな, いるまあ, いれば, いろいろ苦心, うすうす事情, うまくつくろっ, おこって, おとっつぁんに, およびは, おりました, お前にも, お祭り, お親しい, かう誰か, かくの, かぶって, きいた, きまって前, きょう俄かに, くず屋に, くれます小遣金, こうも, こう子弟, こっちを, このこと, この世を, この愛らしい, この通り, これだけの, これまでに, こんなにハンカチ, こんな風, さう云つたの, さっき妹の, しずかに, しばしばたまちやん, すぐ賛成, するやう, そういう私, そうであった, そう申します, そこへ, そっといっ, そのお座敷, その中, その嫁嬢, その店, その折卒然, その生涯, その見えない, そばに, それには, そんなにおとなしい, そんな江戸, たえられないの, たった一人, たとい一時, ちょっと待っ, つけまする, ていねいに, とても心配, とらへようと, とんだ事, どうしてこうまで, どうも彼, どこか, どこへ, どんなかという, どんなに不安, どんなに堪え難い, どんなに父, どんな様子, どんぶり濁流へ, ない父, なくなったと, なくなれば, なつかしく又, なんで士族, にっこり首肯いた, のむの, はらはらし, ひとり低い, ひどい目, びっくりし, べつに他人様, ぽつんと云う, またあゝ, また何, また心配そう, また病気, まだお嬢様, まだ壮いし, まだ少く, まだ若く, ま夜中, むずかしいと, もう彼, もし病死, ものを, やすんだの, やって来て, やはり居残り, ゆつくり, よくその, よく夜語り, よく笑い, よく話し, わざわざその, わざわざ小さな, わたくしへ, ゐて, ゐなくなる母, ゐる町, グラフイラ夫人と, チョイチョイ稽古を, ハキ物を, ポアイエ家から, ラジオの, 一ヵ月の, 一人先達まで, 一体どう答える, 一層そうだった, 一度以上結婚した, 一服の, 一生懸命に, 一疋取て, 丈夫でいる, 三十五娘が, 上つて来, 下谷で, 不快を, 不意に, 不承知で, 世にも稀, 世話を, 丹誠し, 久しぶりに, 九十三歳だ, 二三度起しに, 二階から, 云い懸けた時, 云ったよう, 云つたのを, 云ふらし, 亡いこ, 亡くなってからという, 亡くなります前後, 亡くなる時, 亡りまし, 交際つてゐる, 人柱として, 今の, 今何を, 今弱い, 今父, 今頃は, 仕掛けた用, 他人の, 代つて, 以前の, 佃に対して, 何でおまえ方, 何とも答えない, 何れ程, 何処からか, 何故腹, 何時何処で, 使にでも, 俄に, 信じないので, 俥が, 借り受け同じ, 傍から, 優しくし, 兄上様と, 先だって彼を, 児を, 入用の, 六時に, 其の憐れむべき, 内気に, 凄い眼色, 出した手紙, 出るとしても, 出掛けて, 切る花札, 刺繍材料の, 力の, 動顛し, 勝手元に, 勧めたよう, 医者に, 十分に, 千鶴子の, 半気違, 卜筮を, 却つてそばから, 又私, 取次に, 口癖の, 可哀そうだって, 台所に, 叱ると, 同郷の, 向うに, 君や, 吸うの, 呼ばれた, 呼んで, 和歌でも, 哀れに, 唯一人残つたのです, 喚べど, 嗣二の, 国には, 在世の, 堅パンと, 士官の, 夕餉の, 夜そっと, 夜も, 大きな風呂敷包み, 大層怒っ, 大笑いを, 夫妻として, 女として, 好きな, 如何なること, 妻が, 姉の, 姿を, 娘時代に, 嫁入りの, 嫉妬し憤る, 子も, 子供の, 子育て観音の, 存命で, 孫娘として, 安産の, 客間に, 家の, 家庭の, 寄した, 寝床の, 寺男へ, 小さな声, 小歌を, 少しは, 少年に, 居た老, 居ない方, 居ると, 山城屋に, 席を, 帰つて来た, 帰ろうと, 平気で, 年甲斐も, 幼い私, 広島から, 庭へ, 引取つて, 弟のう, 当惑し, 彼女を, 待つ子, 得心でも, 心に, 心配しない, 必死に, 快く聴い, 怒るの, 思い出されて, 思ひ迫つたやう, 急病です, 恋しくな, 恐れたの, 悔悟の, 悪い顔, 悲鳴を, 想像し, 愚痴ばかり, 感じたかも, 感興を, 憤慨し, 懸念する, 戸を, 手ぎわのだいこんなます, 手に, 手内職で, 手搗の, 手織木綿の, 承知しなかった, 折角いい, 拝領の, 振袖の, 控えて, 撫でさ, 故郷を, 散らかつ, 断わる頃, 旅の, 日本の, 早く死に, 昏睡状態を, 昨年以来なにか, 昼飯だ, 時々言, 暫くし, 書きのこしたものの, 曾て, 月下に, 未だ存, 本家から, 杉子の, 来たら自分, 来ますから, 来るやう, 東北な, 果して没, 栽った, 案じるでおら, 楽しそう, 横に, 歎きのあまり病気に, 止めると, 正直であっ, 此方を, 歸つて來るだらう, 死になにかゴタゴタ, 死ぬまでは, 死のうと, 死んだという, 死んだ時以前, 死刑に, 残したお, 母を, 毎日飲む, 気がついたよう, 気の毒に, 氣の, 永久に, 没く, 油紙を, 泣かざらめ, 泣くの, 洗い物を, 浅間しい, 淋しそう, 渡して, 源氏の, 漸く育てた, 火の気の, 無事に, 煩い付きましたが, 熱心な, 父から, 片手間の, 狂暴な, 狭斜の, 玄関に, 珊瑚に, 現はれる, 理智的に, 甘味の, 生れて, 生前見, 用で, 田舎へ, 町への, 留守で, 異って, 病つい, 病中斯様な, 病気な, 病氣である, 発足し, 百姓を, 盜つた小判の, 目について, 直に帰っ, 眉を, 真白な, 着々用意, 矢代には, 知らないのに, 確実であれ, 神山を, 私には, 穀童を, 突然そば近く, 窓から, 立った時, 笑いながら, 笑声で, 答える, 精魂こめた, 終列車で, 結核に, 継母である, 縁側に, 縫うて, 纏うた着物, 老年の, 聞いては, 聞きますれば, 聴いて, 育てる児, 背中を, 腕を, 自ら針を, 自分も, 船岡に, 芸者だつた, 若い年, 若後家, 苦に, 菓子を, 葉茶屋を, 薪出しを, 處業は, 行く事, 袖を, 見えた, 見たら泣きませう, 見つめて, 覗きこんで, 言うた, 言った言葉, 訊いた, 許さなかつたので, 証拠でも, 試みに, 話されたのに, 話相手を, 説明した, 誰かの, 諭すよう, 豆妙を, 買物を, 起すから, 身近に, 迎に, 近江屋の, 追って出る, 逃げ去ると, 連れ出した娘, 道ちゃんと, 違うより, 遣りたいと, 還って, 郵便で, 酒肴を, 重湯を, 針仕事を, 銀座で, 鏡と, 長岡家の, 降りて, 隔意の, 隱し, 雨戸を, 電車の, 面紗を, 顔色を, 風呂から, 飛んで, 飲ませようと, 餘所の, 馳け, 鬼の, 黒龍の

▼ 母~ (2256, 7.0%)

39 連れられて 25 似て 24 向って 15 つれられて 13 別れて, 話して 12 手を 11 して, なって, 叱られて 10 向かって 9 云った 8 むかって, 聞いて, 言った 7 ねだって, 云つた, 相談した, 頼んで 6 会って, 對し, 心配を, 言って

5 [11件] それを, なろうと, よく似た, 会いに, 何か, 向つて, 告げると, 抱かれて, 来て, 渡した, 訊ねた

4 [17件] お金を, かわって, しても, そんなこと, とつて, 代って, 伴れられ, 伴われて, 叱られたこと, 呼ばれて, 尋ねた, 對する, 自分の, 苦労を, 言われて, 買って, 障らば

3 [47件] あらざれば, きいた, きいて, さへ, すがって, せがんで, そう言われ, そのこと, その話, たしなめられて, たのんで, なつた, なる, よく似, 世話を, 仕えて, 会うこと, 会ひ, 何も, 勧められて, 叱られても, 叱られるの, 告げて, 声を, 孝行を, 尋ねて, 打ちあけて, 抱かれながら, 死別れ, 聞いた, 見せた, 見つかって, 言いつけて, 言つた, 訊いて, 訊くこと, 訊ねて, 訴えた, 話した, 説明し, 迫って, 逢いに, 逢って, 金を, 電話を, 頼まれて, 顔を

2 [141件] あずけて, あたし死ぬ, あてた簡単, かう云, かしづき, きかせて, きびしく追求, くっついて, このこと, こぼして, さ, さう云, ささやいた, しては, せがんだ, せきたてられて, そう云っ, そう云われ, たのんだところ, ちがいなかった, ついて行ったの, つけて, どんなこと, なったこと, なったの, なつて, なること, なる事, ねだった, ねだっては, まだあんまり似, もしもの, よりて, よんで, わかれて, わがこころ, ホンの, 乞うた, 云って, 云つたら, 云はれた, 云ふと, 仕えるよう, 会っても, 伝えて, 似たもの, 似た恋人達, 何かを, 免じて, 内密で, 初めて離れ, 別る, 剃らせて, 劣って, 勧めて, 取りすがって, 叱られた, 叱られは, 同情し, 同情した, 同情を, 同意し, 向けて, 向っても, 味方し, 呼ばれた, 呼びかけては, 問い詰められて, 喰つてか, 報告する, 媚びようと, 孝を, 実にすまない, 強請って, 当る人, 従いて, 心を, 急かされて, 想ひ, 愚痴を, 憎まれながら, 手紙を, 打ち明けたの, 打ち明けて, 打明けて, 抱いて, 持病が, 挨拶し, 挨拶した, 救を, 教えられて, 教へ, 曰ふ, 最もふるさと, 會つた, 死なれたこと, 死別し, 気づかれないよう, 泣きつく女房, 洩したと, 渡して, 渡そうと, 甘えるよう, 相談し, 礼を, 秘かに, 答へ, 紹介した, 縋り付いた, 耳打し, 肖て, 肩を, 育てられた, 育てられて, 裏を, 見付けられたかの, 訊いた, 訊ねたところが, 訊ねたら母, 詫びて, 話しかけた, 話したところ, 話しました, 語って, 読んで, 護られて, 起されて, 辞したり, 近づいた, 迫った, 送った手紙, 送られて, 通じたか, 逢つた, 遇ったらウン, 長距離の, 関聯し, 非ざれ, 預けて, 馭丁を, 黙つて

1 [1441件 抜粋] あいたいの, あいはせぬかと, あたる, あって, あてて, あなたこそ, あまりよく似, あらずや, あること, あれと, いいつけられて, いう騒ぎ, いじめられて, いだかれて, いったとき, いつもくっつい, いぶかられながら, いわなかつたろうと, いわれながら, うなぎを, おくれたの, おっしゃってね, おぶさって, おんぶする, お燗, お隠しなさる, かくれて, きいたが, きいた時, きくと, きせて, くれたので, こういっ, こう云い出された, こう叱られる, こう言われ, この前, ござります, さう申して, さう追求, させ事ごと, さんざ慰められた, しかられたもの, しがみついて, したこの, しつこくせがんだ, してやること, しろそれ, しろ兄, すえて, すがりつこうと, すがると, すすめた, すつかり悟られ, せがみまして, せがみ梅, せがんだこと, せよ妻, そういう希い, そういわれる, そう云われる, そっくりであった, そつと, その内実, その告白, その娘, その病状, その返事, そむかじ, そんなドイツ, たいすると, たすけられて, たづねたことがあるが, たのむ少し, たびたび聞かされた, だけさ, ちかい旧主, つかへて, つきまとつて, つれられた女の子, とげとげしい言葉, とどきません, とりすがるの, どうかし, ないしょの, なぐりかかって, なったとき, なった恋人, ならないとも, なりさ, なりたくないという, なり青眉, なるそう, なると, なるべきもの, なる人, なる女, なる運命, なれるという, なんとなくあてつけ, ねだつて, ねだること, はぐれたり, はっきり返事, ひと目会った, ふさわしいもの, まさかその, また池袋, まつわって, みせた, みて, めぐり逢う迄の, もし父, もつ娘, もの云う如く, もらして, やいやい言われ, ゆりおこされた, よく侍いた, よばれて, よりそった, わかって, わかれてからの, わざわざ手紙, わらわれた, フランス語を, 一層安心, 一番似合う, 一行書いた, 三月六日の, 下婢の, 与えた, 与えぬ, 与えるため話, 中て, 乞ひ求むる, 乳養せられ, 事へて, 云い出す言葉, 云ったと, 云ったら私, 云ひきかされた, 云わせると, 云われる, 云付けられた, 交って, 今一度十分訴たえ, 介抱され, 仕えるの, 仕ふるさま, 代つて, 代りたがった, 代る何物, 会いたいと, 会いてえ父, 会うて, 会えなかったと, 会えるよう, 会は, 会わせまいと, 伝えたくなるの, 伝へる事, 伴ふて, 似し眉, 似たいと, 似た不幸, 似た出ツ齒, 似てるじゃ, 似ぬ子, 何とも気の毒, 何気なく, 侍し母, 依つて, 信用され, 俸給の, 借りた小説, 催促され, 優しくない, 先だち兄, 先だつて, 先立たれるなどは, 内緒で, 冷たい瞳, 出逢いまするお話, 分れて, 別れお, 別れたので, 別れた牛乳育ち, 別れねば, 別れる前兆, 別れ小, 別れ武骨一邊, 勘定の, 勧められ弘, 千鶴子の, 厳しく母, 參らせ, 反対する, 反抗する, 取つて, 取り縋つて, 受合ったか, 叫んだ, 叱られしを, 叱られたその, 叱られたん, 叱られた頃, 叱られながらも, 叱られること, 叱られ通し, 合図した, 向いあの, 向う, 向かいて, 向つて云, 向つて言つた, 向ひ, 向ツ, 告ぐれば, 告げました, 告げる伸子, 呟し, 味方したい, 呼びつけられて, 命じて, 和尚さんの, 問ひ詰められ, 嘘を, 囁くと, 報いんと, 夜の, 大事に, 大層折檻され, 好きな, 妥協する, 媚びるため, 嫉妬を, 子供らしく甘えかかりたい, 孝行しよう, 孝養も, 安心さした, 宛てた分, 宛てた激しい, 宿屋を, 寄り添うて, 対つて其の, 尋ねるが, 小言を, 少し位小言, 少年らしい, 就ては, 届く可, 差上げた, 床ずれが, 引かるる穉子, 強ひ, 当てつけの, 当りちらして, 当る女, 彼の, 後を, 従て, 御馳走さし, 微なる, 心配させまい, 応えるやう, 怒りさ, 思はれなかつたかしらと, 急を, 恋慕した, 悲しい表情, 惹起させる, 愛されその, 愛せら, 感じた, 慈愛の, 憚って, 懐き母, 手ほどきし, 手傳つて朝晩の, 打ちあけたならこんな, 打ち明けると, 托した物語, 扶けられる, 折々招待, 抱かれたまま泣出, 抱かれる初め, 抱き附くこと, 拠りつけたいほど, 持つて, 持ッた, 挨拶させる, 捧ぐ, 捧げる歌, 揺り起こされたの, 教えた, 教えられたの, 教室の, 断つて, 斯く, 於いて, 旅費を, 旨い物, 早く死ね, 昔から, 曰へ, 會は, 朝夕の, 来るよう, 案じさ, 棄てられて, 楯を, 欣んで, 此の, 歸り, 死なれた子供達, 死なれて, 死なれ後, 死に, 死に別れたのち, 死に別れてから, 死に訣れてから, 残して, 殺され彼女, 母である, 比して, 気がつくと, 気づかれたらと, 気付いたの, 気兼を, 氣が, 池上の, 法師温泉で, 泣きくどかれるよりも, 泣きつかれ先生, 注がれて, 注意したらしく, 洩らさないで, 深い怨み, 済まないと, 渡します, 渡し畑, 激しく叱られた, 父と, 特に言い聞かされた, 狭く見える, 獅噛みつい, 甘えたやう, 甘えより, 甘えるの, 甘ったれたり, 甘やかされて, 生きる, 生ませた騾, 生れても, 申されたのに, 申し張りました, 番の, 病気され, 発見された, 皆の, 目を, 看病させない, 着て, 知らして, 知らせて, 知らせませんでしたの, 知れたらもう, 知れて, 知れる, 示された小さな, 祝ひ詞を, 私に, 移して, 窺はれた, 等しきドメニカ, 答えながら, 約束したごとく, 納得させた, 結って, 縋りぬ, 繰り言を, 義憤を, 翻訳の, 老後の, 聞いたこと, 聞いたもの, 聞かされて, 聞かれて, 聞きたい事, 聞くと, 聴かせて, 育てられ丁寧, 背かせ嫁, 腹が, 膝を, 至る十日十六時四十分, 色情を, 苦勞を, 薬を, 行先も, 褒めて, 見せたいと, 見せて, 見せると, 見せ奉れとて, 見向きも, 見破られずに, 見限られたの, 覚らすまいと, 言いつかったと, 言いました, 言い山育ち, 言うには, 言ったこと, 言つても, 言はう, 言ふ, 言われ近所, 言掛ける, 訊いても, 訊くの, 訊ねなくとも, 訣れた咲子, 訴えに, 訴える事, 詛はれ, 詫びたいよう, 詫びながら, 詰問されたら, 話されたこと, 話したらその, 話しても, 話しますと, 話すくらい, 話す時, 語った, 語つたといふ, 語り秋, 語るの, 語れるやう, 説いて, 読め読めと, 請ひたれ, 諫められ, 謁し, 負われて, 責められて, 貰った小遣い銭, 貰ふた, 質問した, 贈ったという, 贈り血點無, 起りました, 踏まれて, 迎へ, 返した, 迫つた, 迷ぐれた, 送って, 送て, 送る金, 逆に, 逆らった, 通じたもの, 造って, 逢いたがって, 逢い一言詫, 逢うの, 逢えましょうか, 逢ったかい, 逢ったらこれ, 逢ってからの, 逢は, 逢わせるから, 連合が, 進めて, 遠ざかれるを, 遣る手紙, 還した上, 酒の, 針を, 長い別れ, 関係の, 附添われ, 限らず何処, 隠して, 隠立て, 集注し, 非常な, 音楽を, 頓着せず, 頼みました, 頼むん, 願った, 願つて娘と, 食べさせましたらどんなに, 飲ませる, 養子を, 騙されたよう

▼ 母~ (1864, 5.8%)

73 一緒に 46 子の 41 二人で 23 子との 22 青年との 18 なって, 子は, 青年とが 17 私は 16 娘の 15 子と 14 妹の, 娘は 13 姉と, 話して 12 二人きりで 11 子, 私の 10 いっしょに, 一しょに, 妹は, 娘と, 話を 9 なること, 妹とが, 子が, 私と 8 兄の, 娘とは, 顔を 7 なった, 二人の, 姉とは, 子とは 6 なる, なるという, 並んで, 何か, 同じよう, 子とが

5 [11件] なるため, なるの, 一しよ, 云ふ, 名の, 妹を, 妻と, 子に, 子を, 相談の, 私との

4 [31件] なり兄, 一処に, 呼んで, 喧嘩を, 妹が, 妹と, 妹との, 妻の, 姉が, 姉の, 姉を, 娘が, 娘との, 子とを, 子供の, 弟と, 弟とは, 弟の, 彼, 来て, 母の, 父と, 父との, 相談し, 祖母は, 私とは, 自分の, 言ふ, 越智との, 青年とから, 青年とは

3 [33件] つや子が, なっても, なつた, なつて, なりました, わたしは, 一人の, 一所に, 三人の, 二人きりに, 云うの, 入れかわって, 別れて, 叔母と, 叔母は, 周子は, 妹とに, 妻との, 妻とを, 姉との, 姉は, 娘に, 娘を, 対座し, 小作人の, 弟を, 正雄の, 父とを, 祖母と, 祖母との, 私とが, 自分と, 言はれ

2 [101件] いう, いくつも, いっても, おつみ, おぬい, お兼, お前たちの, お吉, お浦, お重, し海, する, その母, なった後, なった時, なる人, なろうと, ふたりで, ぼくと, わたくしと, わたくしは, マリウチアとに, 一緒にな, 主馬之, 二人きりの, 二人だけで, 云ひました, 云ふも, 交情好く, 仲好く, 佃との, 信ずるには, 倶に, 僕と, 兄と, 兄は, 兄夫婦の, 兵隊, 別れること, 別居し, 十一二の, 十歳の, 千代子は, 叔母が, 叔母とは, 同じやう, 同じ墓, 同じ路, 呼ばせようと, 呼ぶこと, 四人で, 妹, 妹とは, 妹に, 妻とが, 妻とは, 妻を, 姉とが, 姉とを, 姉に, 姪と, 娘, 娘だ, 嫂が, 嫂は, 子とから, 子とに, 子らはも, 子ら佇ち, 富岡とが, 小供, 岩村まで, 差しむかい, 弟とを, 彼と, 彼との, 我が詣で, 手を, 暫らくの, 水木とを, 父とが, 父に, 父の, 申せば, 病後の, 私だ, 私とを, 私に, 細君に, 結婚し, 結婚した, 結婚する, 義妹とが, 自分との, 自分は, 言う, 語って, 違って, 離れて, 青年の, 飯尾さんは

1 [815件 抜粋] あうごと, あたしとを, あどけない女の子, あまえる人, いいあわせて, いい兄, いえども, いえば, いっては, いはる, いふよりは, いろいろ相談, うば竹とを, おえいが, おなじよう, おばあさんの, おまつり, お光, お前が, お前の, お思い, お春, お浜, お神さん, お稲, お蝶, かたれば, こういっ, この二人, この姉, さすりつ, さだ子とが, さだ子伊達の, されるもの, しこの, したという, した三つ, した御子, しナチュラリズム, し向上, し姉, し日, し権利, し清原武貞, し風, す, する大地母神崇拜, する霊, すれちがいに, せられた, そこまで, そして自分, その事務所, その島, その情夫, その椅子, その隣り, それからいつも, ただ二人きりで, ただ二人で, たった二人限り, たつた二人限り, だった, ちょっとした衝突, つながって, つや子とが, ともども小樽まで, どういうつながり, どうしても結びつかなく, なかや, なさしめ給いき, なすこと, なったあと, なったが, なったという, なったとき, なったマルタ, なった家庭, なった富貴子, なった故, なった米子, なった野枝, なっては, ならされて, ならずば, ならせられて, ならないため, なり, なりあなた, なりたがって, なりながら, なり初めて, なり幸福者, なり本当に, なり爾後, なり立派, なり老, なるとき, なるべき健康, なるよろこびへの, なる事, なる困難, なる女子, なる将来, なる形, なる性, なる権利, なる準備, のこされた子供, ひどい言い争い, ひろ子だけ, また末, まだ子供, まったく同じく心, まるで違った, まゐり, みえ莚, もう一人, もう五十, よく歩い, よばれこれ, よばれなければ, よばれる身, よびならひわかき, よぶ知らない女, よろこびあって, わたくしが, わたしとの, わたしに, わたしの, クリストフが, ダンサーを, ツヤを, トキ子は, ミサ子との, 一しょだった, 一二人の, 一体を, 一番多く, 一緒でない, 一緒な, 一緒の, 三つに, 三人きりで, 三人で, 三人ぶらぶら, 三人暮しで, 下婢とのみ, 不幸な, 世間話を, 並ぶと, 中村とが, 主婦とかの, 久しぶりに, 乳母とを, 争って, 争つ, 二人が, 二人ぎり姉妹の, 二人ぎり差向いの, 二人し見る, 二人すん, 二人のみ, 二人一つ部屋に, 二人中橋の, 二人午飯を, 二人埼玉縣の, 二人暮しで, 二人暮の, 二人暮らしでございます, 二人炬燵に, 二人限りの, 云い禍, 云うよりも, 云う位置, 云う範囲以外, 云ふべき, 互に愛しあい, 五つしか, 五人の, 五十くらいの, 京城の, 今呼んだ, 今年十三に, 付合に, 仲が, 仲働きと, 伊達さんが, 休らひ, 会う苦し, 伯母とがか, 伯母とで, 伴れ立つ, 佃とが, 低く顔, 何かが, 來る, 保との, 信じて, 信子が, 俺自身との, 僕に, 兄あてで, 兄とに, 兄に, 兄夫婦と, 兄妹は, 兄宛に, 先生と, 児, 入れちがいに, 兩人の, 共謀で, 其児を, 冬子と, 冬子との, 分かれて, 初瀬とを, 別な, 勝は, 十五歳に, 十四に, 友だちの, 友とに, 叔母とに, 叔父とがね, 叔父とは, 叔父の, 口を, 口喧嘩を, 口論し, 右衛門との, 合せしむ, 同じい, 同じくある, 同じく物狂, 同じく親しみ昵む事, 同じく陰険, 同じ場所, 同じ年, 同じ年頃, 同じ意見, 同じ種類, 同じ血液, 同居し, 同年に, 同様とかく, 向い合せに, 向かい合った, 向き合った, 周子が, 周子の, 呼ばせること, 呼ばれて, 呼ばれること, 呼ばれる楽し, 呼びロンドン, 呼ぶを, 呼べる身分, 呼んだ養父母, 和藤内と, 喚びその, 四郎助とは, 圭一とが, 圭一には, 変りも, 多くの, 多津とが, 夜どおし病室, 夜更けの, 大成とは, 大阪へ, 夫との, 女中と, 女中に, 女中の, 女房が, 妹きりで, 妹だらう, 妹とに対する, 妹とへ, 妹と共に, 妹二人が, 妹二人は, 妻, 妻が, 妻とへ, 妾とは, 姉からも, 姉とに, 姉輪が, 姑と, 娘で, 娘であるらしく, 娘として, 娘とを, 娘なる, 嫁と, 嫁を, 嫂とが, 嫂も, 子だ, 子だつたらう, 子であった, 子でさえ, 子という, 子とだけの, 子とともに, 子二人が, 子供たちは, 子供とは, 子供を, 子姑と, 守人が, 安楽に, 定めたであろう, 客の, 家内が, 家来の, 富岡の, 寧児さえ, 対立した, 対面を, 寿女の, 小さい二人, 小さい娘, 小さい自分, 小女とは, 小山田の, 小生の, 少年が, 岡田が, 左門との, 平中との, 幸子とが, 幸子は, 幼い私, 幼い長子, 幾との, 床を, 弟が, 弟とに, 弟とには, 弟に, 弟は, 弟二人と, 彼とは, 彼女とは, 彼女の, 從子從兄弟同志等を, 心得て, 思いこんで, 思うかの, 思えと, 思って, 思はぬこの, 思わずに, 恋人と, 恭介伯父と, 息子との, 息子夫婦の, 息子方の, 情交を, 成年式と, 我々と, 我とは, 戦ふこと, 手毬, 折よく, 折合いが, 抱きし情なから, 擦れ違いに, 政宗とは, 新郎の, 旦那との, 昼の, 智惠子は, 暮した, 暮したいと, 曰ふ, 書いて, 末の, 机を, 杏坪翁とを, 来る子, 次郎だけの, 歩いて, 死別れた, 死別れよ, 残された麗姫, 母屋に, 母屋の, 毛受家の, 水海道よりか, 江戸へ, 深井と, 添寢の, 烈しく争, 父とに, 父とは, 牧師とは, 玉井さんは, 珊瑚に, 生ませられない母胎, 甥との, 申して, 申しわたくし, 申し今朝, 町へ, 病室に, 病気の, 盃の, 相乗る, 相対し, 相良寛十郎と, 相談した, 知る還って, 碧梧桐とが, 祖母が, 祖母とに, 祖母の, 祖母を, 祖父との, 禎輔との, 私だけ, 私とに, 私はは, 私ばかりの, 私達子供らとの, 称して, 称するも, 穉子とで, 立ち話を, 競争する, 笑いあうの, 等しく却つて, 米屋の, 約束し, 細君が, 結婚させた, 結婚すれ, 義坊の, 義母との, 義父は, 聞いて, 育ての, 膝を, 自任し, 自分きりの, 自分という, 自分を, 良人とに, 若いやとい女, 若い妹, 英男との, 蓮の, 藤原威夫という, 藤尾は, 衝突し, 衝突した, 襖を, 見えて, 覚しき女性, 解すべきであるかも, 言い争い, 言い失敗, 言ひ, 言われる長老ら, 話した, 話したり, 話す, 語合う, 誠実な, 調子を, 論判を, 諜し合わせた, 貝殻の, 買いものに, 赤い洋服, 車で, 透かしつ, 通用した, 遊びに, 遊牝せしめられた, 遠くに, 長兄を, 長女を, 閑話を, 関係を, 隠れたの, 雖ども同じく, 雛とを, 離れては, 青す, 靜子の, 顏を, 顔が, 風呂に, 食卓に, 馬は

▼ 母~ (1539, 4.8%)

18 呼んで 12 見て 10 愛して, 相手に, 見ると 9 助けて, 迎えに, 連れて 7 呼ぶ, 呼んだ, 見た, 離れて 6 よんで, 呼ぶ声, 思うと, 思へば, 殺して 5 して, 呼びて, 慕って, 慕ふ 4 人質に, 呼う, 大切に, 捨てて, 求めて, 置いて

3 [26件] いぢめ, うしなって, おも, そう呼ん, たずねて, みて, 取り大湯, 呼びに, 呼び出して, 失って, 奉じて, 恋うる, 恋しがっ, 想像する, 慕うよう, 憎んで, 捜して, 殺すこと, 気の毒に, 無理に, 異にし, 知らぬなりけり, 自分の, 苦しめたの, 見ること, 養うため

2 [109件] うけいれるわけ, かこんで, こんなに駭, ごまかして, だまらせラジオ, つれて, なつかしんで, はじめとして, はじめ一家中閉口し, 世の, 中心に, 亡くして, 介して, 伸子は, 保護する, 冒涜された, 助けようと, 取り, 呼びたり, 呼べ, 喜ばせて, 嘆かせるため, 嘆かせ苦しめ反抗, 囲む男性達, 囲む若い, 大事に, 失つたばかりの, 弘前に, 忘れて, 思い出すの, 思うて, 思って, 思ひながら, 思ふ現, 思出させた, 思出す毎に, 思慕する, 恋した, 恨むこと, 想って, 愛した覚え, 慕うて, 慕う子, 慰めようと, 懐う, 扶けて, 抱いて, 押しのけて, 持ったもん, 持った子, 持って, 持つたと, 持つアイノコ, 掠奪した, 撲とう, 日本一の, 死なしめたその, 死ぬる前, 残して, 殺したと, 殺したもの, 殺した犯人, 殺すなんて, 殺すよう, 殺そうと, 毆いた, 母として, 毒殺しよう, 求めた, 泣かせたこと, 満足させる, 異にする, 発見する, 眺めて, 眼の, 睨みつけ肩, 睨んだ, 私は, 葬るの, 虐ぐるこの, 見ても, 見ないよう, 見下ろして, 見出して, 見舞いに, 見苦笑, 見送りの, 訪ねた, 訪ねて, 訪れない振り, 誤解し, 説いて, 説き動かしけん余, 請じ, 負うて, 負って, 車に, 迎に, 迎へ, 追うて, 連れに, 連れ出して, 都に, 集まらせた, 離れてなどか, 顧みた, 養って, 養は, 養護御

1 [1054件 抜粋] ああこの, あこがれ歩くもの, あらゆる荒い, いかに慰藉, いじめて, いたみて, うしない素性, うしなった七之助, うしなった悲し, うしの, うまく煽動, うらめしく思い, うらんで, うんだおばあさん, おたき婆あと, おぶい近く, おもうとき, おもへ, お訪ね下さる, かかえて, かの女, きめて, くい兄弟, こうして奥山, この密室, この画家夫妻, こめて, ころしたの, ごまかすこと, さえ家門, さとしでも, さんざん泣かせた, しかりつけた, じろりと眺めた, そうと, そのままに, その働いてる, その誕生, それ自らの, たしなめた, たずねると, たった一人伽藍堂, だました, ちらと, つかんで, つツ, ともにする, どうかした, どうする, どんなに悩乱, ながめた, なくした仁左衛門さん, なぐさめたいの, なじりたかったの, なだめて, なつかしむ情, なんだか知つて, にらみながら, ねむりの, のぞいた, はじめ一同を, はじめ肉親の, はじめ誰に, はるかに, ひそかに, ひやかした, ふくめた女たち, ふりきり家, ぶったり, ほんとうに, まじえて, まだ見詰め, みしとき, みたと, みつけようと, みつめる, もたせたくないから, もったこと, もって, もりがてに, よこすくらい, よび出して, よろこばすこと, よろこばせる爲, ろくに見なかつた, わしが, ウバと, オウカチャマという, クリストフから, ゴーリキイは, ストーヴの, チラッと, ノロいたく, ブン殴つ, モミ療治し, 一人殘す, 一層気嫌, 一日も, 一番先に, 一面において, 不憫に, 与えるであろう, 世間でも, 二人とも, 亡きもの, 亡くした子, 亡くした者, 亡した, 今や永久, 介抱し, 仏において, 仰けば, 伴って, 何か, 侮りその, 侮蔑する, 信ずる方, 信用する, 倒すより, 停めようと, 偲びながら, 僕は, 兄を, 児童心霊の, 冒涜される, 別々に, 制しました, 前に, 加へ, 助け出さねば, 助け得るだけの, 労わっ, 勧めて, 厭がらせ, 参考人として, 取り鎮めようと, 叩き出した, 叱ったこと, 叱りつけたそう, 同じうす, 吾一に, 呼びかけた, 呼びつけて, 呼びまた, 呼び姉, 呼び寄せて, 呼び立てねば, 呼び迎えようとして, 呼ぶこと, 呼ぶよう, 呼ぶ愛し, 呼べ阿母, 呼ぼうと, 呼寄せようと, 唯一の, 喚べと, 喜ばせた, 喪せる, 喪った時, 喪つた, 喪ひ, 喰ひ殺し, 嘆かせたその, 嘲笑ふ, 嚴しく詰る, 困らすと, 困らせまいと, 囲ったの, 地獄から, 外出の, 大変愛し, 失いたる嬢, 失い全く, 失い葉子, 失うという, 失う九つ位, 失ったマリー, 失った代り, 失った嬰児, 失った時, 失った経験, 失つた, 失つた美奈子の, 失つて以來妻を, 失ひその後, 失ひ外戚, 失ひ愛情, 失ひ間もなく, 失ふこと, 失望させる, 奪つて, 好きだ, 好まなかつたから, 妙蓮と, 妻と, 始め姉や, 始終流産, 婢の, 嫌ひ, 嬉しがらせる, 学びたい心, 守って, 安心させたい, 完全に, 家に, 宿さなかつた, 寛大に, 寝台の, 寺内に, 専ら親, 射給うたの, 尊敬したい, 尋ぬる, 尋ねると, 小蔭に, 少し不平, 少年は, 差し置いて, 幸福ならしむべし, 幼い折, 幼時の, 庇うと, 床に, 引きあわせようと, 引きと, 引き寄せるやう, 引く, 引取る, 彼は, 待たなければ, 待つて, 待つよう, 得て, 心配させよう, 忘るる, 忘れしめたるのみ, 忘れる心, 思いぬ, 思い出すたび, 思い浮べながら, 思うとき, 思う念, 思えり, 思つた, 思はず, 思ひまだ, 思ふと, 思わずなりぬ, 性的に, 怨めしく思ふ, 恋い慕う少年, 恋い歎, 恋う思い, 恋しく思う, 恨みし日, 恨む前, 悦ばせたので, 悩ました, 悪くは, 悲しませること, 悲しみまた, 惨ん, 想い身, 想はずには, 想像し, 愍む様な, 愛しこれ, 愛するのに, 愛する結果, 愛する道, 慕いて, 慕うの, 慕う情, 慕った, 慕ふであらう, 慰めて, 慰めるほどの, 慰藉し, 憐れんだ, 憐憫せよ, 憫れ, 憶ひ, 懐ひ, 懷ひ, 手こずらせるの, 手に, 手懐けて, 手討に, 打つの, 扶ける, 抱きおこしまして, 抱擁し, 抱擁めた, 拝するよう, 持たせては, 持ち妻, 持ったおん身, 持つこと, 持つ理由, 振り返つたり, 捜そうとして, 捨てなかったお父さん, 捨てねば, 捨てるつもり, 捨て生れた土地, 探して, 控えて, 描き出す父, 揚げて, 携えイスラエル, 擁して, 攻撃する, 救い出そうとして, 救う消防夫, 救ひ, 斬った六人, 旅舎に, 早く亡くし, 時代錯誤から, 暗殺した, 朝から, 東京から, 東京駅まで, 棄てて, 楽しませるため, 楽に, 横田氏よ, 橋の, 次いで父, 欺いて, 欺むく, 此の, 残しては, 殘し, 殺さうと, 殺させて, 殺しし人, 殺した, 殺したこと, 殺したので, 殺した対手, 殺した者, 殺し姉, 殺し自分, 殺すとは, 殺すの, 殺す何, 殺す様, 殺害し, 毆打負傷させた, 毒殺せん, 気の毒がってる, 気遣ふ, 求めるよう, 沈めた, 泣かしたの, 泣かしめた物, 泣かせる主義, 浮べ知らぬと, 淋しそう, 漸く安心, 焦, 焼く迦具土二人, 父が, 片手で, 犯したる, 理解する, 生みの, 生んだ人, 異にした, 疎開させ, 病院から, 盗んだ, 省する, 看て, 看護する, 真向に, 眺めましたが, 睥んだ, 睨むばかり, 睨んだが, 知った瞬間, 知つてゐる, 知らず祖父母, 知らない少年, 知らなかつたの, 知らぬ黒吉, 祈ること, 移すこと, 空想し, 突き殺すでも, 窺うよう, 立てた, 笞で, 納得させた, 紹介した, 縛りあげようと, 置き去ったまま, 罵しらせるつもり, 罵つたの, 罵る言葉, 考えて, 考えると, 考へると, 背負いて, 背負ひ, 脅かした, 脅迫した, 自害させた, 苦しめた仇討, 葬ってから, 蔭で, 行かせませんでした, 裏切っては, 褒めたいと, 見, 見たあと, 見たが, 見た上, 見た記憶, 見つめた, 見ないやう, 見ぬ日, 見るだけでも, 見る切な, 見一層, 見上げながら, 見付けたよう, 見出したの, 見失った幼い, 見得る日, 見殺しに, 見私, 見舞うため, 見舞わせ弟子たち, 見詰めて, 見返した, 見送らないうち, 視つめる, 覚えたの, 訪うこと, 訪ねなさい, 訪ねるところ, 訪ねる気持, 訪問し, 診察し, 話材に, 語るとき, 説きつけたらしかった, 誰が, 護るの, 豪家へ, 責めました, 責める資格, 責め殺した, 責め立てて, 質と, 起しに, 蹴上げて, 輔けて, 迎いに, 迎えて, 迎える打開話, 迎える男, 迎え取らんと, 迎へに, 返り討ちに, 追い立てて, 追憶する, 送つて, 送りだして, 送り出し銀子, 逢せる, 連れずに, 連れ戻し丹後, 逸した, 選ぶこと, 邪慳に, 邪魔に, 重んじない頭, 銕鉢へ, 門わきに, 附き添わしたの, 階下に, 離別させ, 離別するだろう, 非難する, 鞭打つたと, 飢えさせ, 養いまして, 養うある, 養うて, 養うもの, 養う実, 養つてゐる, 養わんと, 駆け抜け往来, 驚かせた, 驚ろかした, 鶴に

▼ 母~ (1156, 3.6%)

15 妹も 12 姉も, 私も 11 子も 10 兄も 9 わたくしも 7 一緒に, 娘も 6 妻も, 祖母も 5 叔母も, 死んで, 父も, 黙って

4 [11件] ある, ないの, 亡くなって, 何か, 兄弟も, 其又父母も, 出て, 弟も, 母だ, 私が, 私の

3 [14件] あの通り, あり, ある年, この世に, さすがに, その頃, 保も, 女中も, 手が, 死んだ, 涙を, 物いはず, 私を, 詰寄つて問

2 [65件] あるまた, お千代, かくは, きて, そうだ, それと, それに, それには, それは, それを, つや子も, どこかに, ない孤児, またほほ, また忍ば, やはり羽織, マリヤも, 云つた, 今は, 他人と, 傍から, 僕に, 別に, 前言を, 即座に, 同じよう, 吾を, 呼ばれて, 変りは, 嫂も, 子の, 安心と共に, 年を, 座に, 心の, 心配し, 恋人も, 招けば, 東京の, 死ぬん, 母なら, 母の, 泣いた, 泣いて, 流石に, 無い, 父と, 父の, 生きて, 眼の, 眼を, 確に, 祖父も, 私に, 私自身の, 私達の, 笑った, 箸を, 絵心の, 美奈子を, 老いましに, 自分に, 自分の, 自然に, 顔を

1 [825件 抜粋] ああ, あって, あなたの, あまり心配, あります, ありませんでした, あり妻子, あるの, あれば, あわれ, あんな人, いおうが, いくらか家事, いた友, いつしか側, いつに, いつのまにか私, いつもの, いないこと, いないし, いなくなると, いる, うけたまわれわたくし, うすうす藤次, うちの, うなだれて, うれしそう, おきえさん, おつみ, おなじく蛇, おぼつかない挨拶, おりふし, お八重, お友達中, お孝さん, お父さま, お鳥, かつてそんな, かわいそうに, きっと一しょ, きっと毎日何度, こちらに, この兒, この夜, この御返事, この物音, この結婚, この野菜畑, この長男, この馬, これで, これに, こればかりは, これより, ございますから, ささやくよう, さぞかし喜ぶであろう, さて次ぎ, さんざんだつた, しがりぬ, しつこい私, しばらく口, しばらく黙っ, しよう, すこしく不安, すすめて, すっぽかして, すでに帰っ, すでに年老い, そうある, そうであった, そうでした, そう思う, そう思っ, そこへ, そのお, そのため, そのまま蟻, その例, その傍, その前後, その外, その妖賊, その当時, その時, その時どこ, その母, その背後, その誘惑, そばから, それから, それから私, それきり黙, それぎり寝, そればかり, そろって, そんなに大きく, たいそう心配, たうとう, たずねて, たみと, だまされて, ちちちちと, ちょいちょいこの, ついにあきらめ, ついに私, つづいて, とうとうあきらめ, とうとう我, とうの, とてもよく自分, どうしてこんなに平然, どんなに喜ぶ, ない, ないそ, ないはず, ないみなし, ない青山播磨, なきあはれ, なくとも, なくなりますし, なくパン, なく今, なく我執, なければ, なし, なりたけ, にくしや, にわかにあわて出し, ねて, はいること, はなはだ特徴, ひとつ何とか, びっくりし, ほんとうに, まあ安心, まじって, またかつて, またそれ, またわたし, また以前, また我, また病死, また花, まだぼく, まだ巣立たぬ, まだ爐邊, まったく反対, まったく望み, まんざらこの, みないられます, みんなが, みんな可哀想だ, みんな死ん, めずらしがる, もうこの世, もう一度東京, もう年, もとより自分, もはや年, やせ腕一本, やっぱり女, やつぱりばからし, やはりそういう, やはり同じ, やはり地蔵さん, やや心配, ゆくゆくは, よい前生, よほど気乗り, よめも, よろこび大方, わが子を, わたくしが, わらって, ゐた, オレたちに, キヤツと, トランプを, ドイツで, ハッキリと, ベルも, ポローニヤスも, 一しょに, 一処にな, 一同が, 一層の, 一日も, 一生, 一緒だろう, 一緒にな, 三拝九拝し, 不安の, 不審そうな, 不思議に, 不服で, 不気味がった, 不覚言っ, 世を, 世間へ, 中二階で, 主人の, 之を, 二十年の, 云つてゐました, 云つて顔を, 云ツた, 井田さんも, 亡くなったから, 亡くなり姉たち, 亥年私も, 亦たった一人, 亦尋常, 亦弟, 亦歿, 亦私, 亦随分妙, 人一倍丈夫, 今夜は, 今日は, 仕舞い狂です, 以前は, 仰天した, 伏しぬ, 何かと孫, 何も, 何事かと, 余念なく, 健康を, 傍を, 僕も, 兄妹も, 先生, 先生に, 入口へ, 共にうれし, 共にぜひこの, 其に, 冷吉も, 出かけた, 出来ますまいし, 刄に, 初めて孫, 前から, 加って, 匙を, 十年前には, 半年ほどの, 半月以上帰らない, 厳格なる, 参列した, 反対した, 口を, 口惜しがっ, 叮嚀に, 同じほど訪, 同じ意見, 同意です, 吐き出したの, 含めて, 周子も, 呼んで, 喜んだらうに, 嘉六も, 困るん, 国へ, 土間の, 地蔵さんと, 型に, 声を, 外出中らしく, 多い, 多少彼, 夜時々, 大きゅうなった, 大丈夫だ, 大和人である, 天晴れと, 夫人の, 失って, 女だ, 妙な, 妹と, 妻である, 姉たちも, 娘の, 子と, 子供も, 孔雀さんも, 宅の, 安心できました, 宜しく申しました, 実際そうな, 客も, 家に, 容易ならぬ, 寄り子供等, 寝間着の, 寢伸びぬ, 寧子も, 小さいし, 小作人の, 小作人夫婦も, 小穢, 少かった, 少しずつ, 少しばかり, 少し氣, 少し肥えた, 少し面, 少女の, 居なくに, 居れば, 左門も, 帰って, 常に不安, 常に世話, 平生は, 年の, 幸作夫婦も, 幾らか捨て, 床に, 床の, 度々さう, 庭へ, 廊下へ, 弟の, 強いては, 強ひ, 彼の, 彼も, 彼女が, 彼等の, 待って, 得心だ, 微笑し, 心には, 心得て, 心細いので, 心配し切っ, 心配致しました, 怒つた, 思ったであろう, 思ひの, 恋しかった, 恋し父, 恨みには, 息を, 息子の, 悲憤の, 惣吉も, 意地悪く, 愚痴が, 愛らしく思いやられた, 感付い, 慕わし, 或程度, 戻って, 手伝って, 手離し, 承知の, 拒みましたが, 持たなかったそして, 振り向いた, 攪乱を, 支那兵の, 故障を, 新しい鰺, 新婚時代にも, 既に世, 早く死んだ, 昨日の, 曾て, 最早気の毒, 朝詣でに, 本は, 来たりて, 来る中, 来る祖父, 株券持ち出し一件でほ, 案外しっかりし, 橋の, 此の世に, 武も, 武士の, 歸つたらしい, 死ぬ三日前, 死んでしまつたの, 歿く, 残念がっ, 気の毒です, 気の毒に, 水初穂取りに, 江戸っ子肌の, 泣いた姉, 泣き小さい, 泣き虫だった, 流石思へり, 添って, 清々と, 清常の, 渋々起き, 溜息を, 澄江さんも, 無事でございます, 無事に, 然うだ, 煙草が, 父に, 狂乱の, 玲瓏たる思ひ, 生れない先, 異議なく, 病て, 病弱で, 病父も, 皆な見, 皆国元, 盗賊には, 目を, 相次いで, 真面目に, 知ってるに, 知らねば, 祈って, 祖父の, 私たちまでも, 私共も, 程, 立上る, 笑いながら, 笑う, 笑つた, 笑つて, 笑ひ, 精一ぱいの, 約束し, 納豆が, 細君も, 経文を, 絵は, 美和子も, 美津江が, 老いた, 老られた, 老体では, 聞いたら喜ぶであろう, 聞きました, 肚を, 脇に, 自分と, 自分には, 自分も, 自分達の, 良人の, 若い気分, 若かった, 苦労し, 茶が, 荷厄介に, 蒼ざめた顔に, 行きて, 裾に, 見かねて, 見ぬ子, 見給, 親戚も, 観念し, 言った, 訊ねも, 詫びことに, 詫びた, 話した後, 話題に, 認めて, 誠に安心, 誰である, 負けずに, 赤羽橋の, 跣足の, 近頃は, 逗留し, 達者で, 金の, 鎌倉幕府の, 長いフゴフゴ, 長三郎も, 門口まで, 間もなく死ん, 険しい眼付, 雲, 非常に, 頭から, 頻りに, 顔つきを, 顔色を, 願うまい, 飯田の, 驚いて, 驚きましたが

▼ 母~ (701, 2.2%)

19 のお 9 がお, と私 7 はあなた 6 が, の御 5 の顔, は 4 と二人, のよう, の橋, は少し, は私 3 がそう, が来, のこと, の名, の子, の手, の方, の眼, の膝, の記念

2 [66件] あのお, お鶴, からお, がいじめられない, がいっ, がいつ, がうそ, がおろそか, がお銭, がその, がどんなに, が何, が僕, が御存じ, が活き, が腰元, だね, である, であるらしい, でございますか, とが聞い, とは将来, とやがて, と二人ぐらし, と父様, なりの魂, にうつくしい, にきい, にそう, には得, によく, に尽した, のうち, のおっしゃる, のお腹, のお腹ん中, のほか, の事, の云う, の気高い美しい, の涙, の肩, の訝し, の頸, はうそ, はお, はお笑い, は何, は僕, は合点, は嘘, は坊や, は庭, は御, は病気, は私一人, は笑, は莞爾, は顔, ばかりな, へ献上, もお, もまた, も御存じ, よと口, をお

1 [453件] ああ何, あつた, あの人今, いたく喜びた, いたく気, いつ親父様, おかへ, おっ母様, およろこびでしょう, お会いし, お手紙, からのお, からの手紙, から小言, から御, から手紙, がああ, があまり堂々, がいなくなったら, がいらっしゃった, がいらっしゃる, がおいしい, がおっしゃった, がお作り, がかい, がここ, がさう, がしかられました, がしっかり, がしつかり抱い, がずっと, がそんな, がなきつい, がなさる, がね, がねこれから, がねそれ, がまた, がよそ, がりゆきたまひ, が三時頃, が下手人, が不可, が二つ, が云, が云う, が云った, が亡, が今日あたり, が仰言った, が出掛ける, が厳しく, が口, が可, が可愛, が同級会, が大変感情, が姉ちゃん, が娶うん, が嫁入, が子供達, が居なく, が御, が心配, が思ふ, が悪い, が悪者, が愚痴, が手, が折紙, が整理, が来た, が東京, が気に入った, が水, が泣く, が知っ, が知ってる, が立, が継母, が若し, が行く, が見えた, が見えなくなる, が言い聞かせた, が逢いたくない, が遇, が邪見, が銀座, が預かっ, この時, こんな遅く, じゃあない, じゃない, そう言った, それで怒, だから, だけ下松, だそんでも, だったん, だつて, っ, てば母様, であらう, でございます, でその, で威儀, と, という, といえ, といふ折, とその, とただ二人, とてもさすがに, とねまだ, とは私, とふざけふざけ, とも私, とシビリゼイション, と一緒, と二人きり, と云う, と云おう, と云っ, と仰せ, と仰せられる, と兄様姉様, と力, と叔母, と可憐, と嚊ア, と御, と書こう, と朝夕心, と段々, と花子様, と話, と長く, どういう訳, どうかなすった, どうしてあそびましょう, どうぞ助け, ないの, なき後, などの噂, などは仕た, なんか動い, にいいました, にいろんな, にお, におべっかッ, にお目にかかる, にこびりつい, にさ, にささやきし, についてよ少し, にでも恥かしゅうてなりませぬが, にねだ, にねだっ, にはいひ解き, にはお, にはそち, にはときふせ, にはひどく, には今日, には何, には後指, には恋愛, には我, には解らない, にみせた, にもいふ, にも不孝, にも誰, にも隠し, にゃ逢えやしない, によろしく, によん, に世話ア焼, に云っ, に交際うに, に任せ, に助けられ, に叱られる, に問うた, に問ふた, に小言, に尽さなけれ, に差し上げよう, に帯, に心配, に思われよう, に懸合う, に打たれる, に抗弁, に折檻, に抱かれ, に押され, に教, に教えられ, に横恋慕, に済まねえ, に笑, に結ん, に触っ, に語ら, に謝りやしたら, に起こされたる, に逢い, に逢いたい, に連れられ, に頼んだ, ねこ, ねここ, のいう, のいたく, のいひ, のいふ事, のいる, のいろんな, のおいで, のおぼし, のお力, のお母様, のお蔭, のお話, のお話し, のかかる, のこぼした, のし, のそ, のため, のともかく, のは, のほう, のまえ, のまちくらしたま, のみは朝夕, のキリリ, の上方様, の世話, の中陰中, の云っ, の他, の仰せ, の伴, の何, の使っ, の信用, の処, の前, の口ぶり, の可愛い, の問, の土産, の坐, の坐っ, の声, の天ツ, の女優, の宜, の宥めた, の居室, の年頃, の店請, の庭, の御許, の心, の思いすごし, の思し, の悪しき, の我, の我為, の所, の拒みた, の指揮, の捨置き, の昼夜御苦労, の有難がりた, の来, の横顔, の機嫌, の気嫌, の為, の為さる, の甲斐甲斐しく, の留守, の番, の百ヶ日, の目, の知っ, の秘蔵っ子, の縁, の肖像, の胸, の臍, の親, の言う, の言葉, の計らず, の談, の身, の躾, の面倒, の頬, の顔色, の鶴江様, はああ, はある, はいとど, はいま, はおつ母様, はおまえ, はお前, はかう, はこう, はこわい, はさう, はその後, はちっとも, はつまらなく, はとさう思ふ, はとそう, はともかく, はなお, はなぜそんなにチクチク, はな何, はねえ, はね君, はほほえみ, はますます, はもう, はやはり, はわたし, はチクチク, はホ, は上杉家, は不可, は世界, は世界中, は九十位, は今, は仰, は仰言った, は低い, は喉, は喧, は嘗て, は塩梅, は多助, は夢見る, は大体, は失くなった, は妾, は実に, は尋ねない, は工合, は床, は後, は心, は心配, は思ひ, は我と, は教育, は本意, は満足, は町内評判, は縫っ, は縫つて, は聞きつけなかった, は肯, は自分, は話し, は読ん, は運動, は達者, は離れ, は面白い, は頭, は頭痛, は風邪, は飽きない, は黙っ, へのあなた, へはこの, へはどう, へは内緒, へもそう, また痛い, また黙っ, まで御, も, もいろいろ, もう少し詳しく, もおこる, もおまえ, もこの, もし旦那つて, もそれ, もほんとに, もみ, もブラブラ, も云った, も兄様, も叶, も同じ, も喜ばれました, も嘸, も堪え, も妙, も婆様, も子, も少し, も年頃, も快から, も我, も我もも, も曾, も本意, も皆々様, も眼, も私, よ幸恵, よ私, を, をないがしろ, をはじめ, をもっ, をもま, を五郎蔵, を叔母様, を叱っ, を大事, を見あげる, を護る, を養う, を馬鹿, 何故活動, 出て, 参られ候, 大そうせかせか, 察して, 恋し, 新しい生活, 早くお, 是非お, 痛いよ, 美しい夢, 見て, 討とうの, 許して, 読みたま, 違ってるわねえ

▼ 母~ (433, 1.4%)

10 兄に, 妹の 8 兄の, 姉の, 祖母は 7 妹に 6 兄や, 姉が, 祖母の 5 兄が, 兄は, 妹たちの, 妹や 4 妹は, 妹を, 妻の, 妻は, 妻や, 姉と, 姉や, 祖母が, 祖母に, 親類の

3 [15件] 妹が, 妻が, 姉から, 姉たちと, 姉に, 嫂が, 嫂の, 弟と, 弟に, 弟や, 父や, 私の, 私は, 私を, 自分の

2 [28件] おつみ, おどろかん上達, おばあさんに, お重, つや子に, 伯母は, 伯母も, 兄と, 兄も, 兄を, 光ちやん, 叔母は, 叔母や, 女中たちも, 妹と, 妻と, 妻子の, 姉を, 姉妹が, 嫂に, 弟を, 父が, 父は, 皆の, 祖母と, 祖母とは, 祖母へ, 祖母や

1 [203件] あるいは下男, いとしい妻, いもふと, お倉, お光, お夏, お松に, お浜, お牧, きょうだいが, そのほか, その友だち仲間, つや子が, つや子と, つれの, また茂夫, わたくしには, わたしを, マアガレットに, 下女が, 下女と, 主馬之進, 主馬之進たち, 乳母などが, 乳母やの, 二兒と共に, 二兒をも, 今度の, 他の, 伯母などが, 伯母の, 伯母や, 伯父と, 僕は, 兄から, 兄からは, 兄たちです, 兄とは, 兄にでも, 兄には, 兄ばかり, 兄やが, 兄夫婦や, 兄妹は, 兄嫁は, 兄弟が, 兄弟たちから, 兄弟たちの, 兄弟に対する, 兄弟の, 兄弟や, 其の他, 冬子や, 前の, 勉は, 友や, 友人に, 友人の, 友人らと, 友達の, 叔母たちお, 叔父さんは, 叔父の, 叔父や, 叔父を, 同商売, 周子たちが, 嘉六に, 坊は, 夫たちの, 夫の, 夫や, 女中が, 女中たちとともに, 女中に対して, 女中の, 女中達に, 女房が, 女房に, 女房には, 妹たちが, 妹たちに, 妹たちは, 妹たちや, 妹に対する, 妹宛に, 妹看護婦なぞ, 妹達は, 妹達を, 妻たちが, 妻たちに, 妻である, 妻に, 妻にも, 妻を, 妻女たとえば, 妻子さえ, 妻子まで, 妻子らを, 妻子を, 姉たちが, 姉たちにも, 姉たちの, 姉とともに, 姉と共に, 姉には, 姉にも, 姉に対しても, 姉は, 姉も, 姉やが, 姉らしい, 姉妹に, 姉妹祖父への, 娘たちは, 娘らが, 婆や, 嫂に対しても, 嫂は, 子どもらと共に, 子の, 子供たちは, 子供たちや, 子供を, 子守や, 子守等が, 学びまさねど山水の, 學びまさねど山水の, 宗誠には, 家主一家の, 家人の, 家族も, 家族を, 寧子の, 寺の, 小枝, 山崎の, 岡田に対する, 年若き, 幸作を, 弟から, 弟とは, 弟の, 弟は, 弟やの, 弟よりも, 弟夫婦とは, 弟妹が, 弟妹たちと, 弟妹たちの, 弟妹と共に, 弟妹に, 弟妹や, 弟妹を, 弟達が, 彼が, 彼の, 恋人に, 情婦の, 慎次も, 新妻を, 春風楼や, 此児に, 清助に, 清親など, 清親の, 清親を, 父に, 父の, 番頭などが, 登子を, 看護婦達の, 知人たちに, 祖母さんは, 祖母とともに, 祖母などの, 祖母などは, 祖母を, 祖父母の, 私が, 私たちは, 私に, 私達姉妹の, 細君に, 細君の, 細君や, 細君を, 総江, 織田達が, 美和子から, 美智子は, 義父の, 自分などを, 自分を, 若い女中, 親戚たちから, 親父の, 退屈した, 道子の, 道子は, 長閑に, 隣りの, 隣人から

▼ 母から~ (411, 1.3%)

11 手紙が 7 聞いたこと 6 頼まれて 5 聞いて 4 聞いた, 聞いたところ, 離れて 3 その話, もらって, 何か, 受けて

2 [25件] きいて, それを, ひどく叱られた, マザ, 今の, 今夜の, 何気なく呼ばれた, 兄の, 受けた恥辱, 娘へ, 少しばかり, 心の, 手紙を, 来たもの, 来た手紙, 来て, 注意を, 私へ, 箱根行の, 聞かされて, 自分に対する, 見ると, 讓られた, 送って, 電話が

1 [308件] あなたに, いいつけられた通り, いつでも, いつも分厚い, いまもっ, いやな, いろいろな, いろいろ文学, いろんな怖し, いわれつけて, いわれて, おちご, お竹如来, お貞さん, からかわれると, きいた, きかされました, きくの, きくのみで, こういう依頼, こう注意, こう頼まれた, ことずかっ, ことづかって, これは, こんな重荷, さっき頼まれた, さらしの, さんざんな, しかられて, すぐに, すすめられるまでも, そういわれたい, そう云われ, そう問われる, その家, その日, その能力, その訳, その青年, そんなに云, そんな言葉, たしなめられたよう, だ, だったの, だと, ついて, つねに口やかましく, でひと, でも, みれば, もらう財産, もらったお金, もらっても, もらつて, よくそう言われた, よく云いふくめ, よく聞かされ, よく聞かされた, よく頼まれ, わたされて, わたしが, ジロリ的観察によって, ナショナル読本を, ナシヨナル読本を, 一千万円も, 一言, 上げた返事, 不快そうに, 与えられた, 与えられた顕微鏡, 与へられた唐桟, 乳母から, 乳離れ, 事情を, 二三度聞かされた, 二人が, 二円の, 云い付けられて, 云い出されると, 云い含められた教訓, 云はれない, 云われたよう, 云われた別離, 云われた言葉, 云われて, 云われると, 今そんな, 今日の, 他の, 以上の, 伝えられたらしい言葉, 伝えられた根気, 伝はる, 何の, 何やかや問いかけられ, 何度も, 依託された, 借りたに, 借りた金, 催促の, 兄に関する, 先き, 再度生, 出させた, 出される娘, 出した手紙, 出して, 出たはなし, 分けて, 分け伝へて, 分娩された, 初歩の, 労力を, 十日の, 半分もらっ, 半紙を, 厭味や, 厳しく折檻, 厳重に, 反対に, 取返えす, 取返すとも, 受けた, 受けついだ血, 受けても, 受けるの, 受け取ったという, 受け取った手紙, 受け継いだもの, 受取つた金は, 口止されてる, 口説かれた時, 叱られた, 叱られたという, 叱られた事, 叱られるという, 同意が, 名刺を, 吩咐って, 呪いを, 呼ばれて, 呼び起された, 命ぜられたが, 命令され, 夜が, 大いに叱られた, 大変叱られ, 大胆な, 女といふ, 妙な, 姉妹の, 娘へと, 子を, 安土の, 小包が, 小包み, 小言が, 小遣を, 少しずつ, 少年の, 少年は, 届けて, 届けるやう, 師匠に, 常に昼寝, 引きずり起された, 弟ほど, 彼の, 怪しまれて, 息子へ, 意地悪る, 承けたの, 承け伝えて, 押えられてるの, 持ち出して, 持帰った, 授かつたの, 掛り付けて, 援け, 支給せられる, 教えこまれて, 教えられたよう, 教えられて, 教つた, 教は, 教へ, 教わった挨拶, 旅費を, 昔聞いた, 是非竹丸を, 暗示を, 書簡が, 最も多く, 期待した, 来たばかりの, 来た三十円, 来る刺戟, 来る訓戒, 東京で, 止められたけれど, 死ぬか, 母は, 毎月四十円ずつの, 江戸絵の, 注意された, 注意される, 浜地の, 海中には, 渡された, 溺愛的に, 激しく叱責, 為替が, 父の, 独立する, 甘く取扱, 生まれたの, 生まれた関白, 生まれなかった者, 生れたので, 生れた子, 申されて, 疑惑の, 百日の, 真面目に, 睨まれたり, 破産に, 禁ぜられて, 私の, 種々尋ねられ, 立派な, 結婚の, 給料の, 絵葉書の, 聞いたお, 聞いたかと, 聞いた事, 聞いた嫁姑, 聞いた時, 聞いた此諺, 聞いた田口, 聞いた話, 聞かされたよう, 聞かされた事, 聞かされまた, 聞かせられる私, 聞かれたの, 聞きたい事, 聞きました, 聽い, 腹心の, 自働電話, 色々な, 花は, 英文学士と, 衣服その他を, 西山の, 要るだけの, 見せられましたよ, 見たらさぞさぞ, 見た私, 見られてるの, 見れば, 見付けられその, 見棄てられた彼, 言いつけられると, 言われた, 許容を, 話しかけられるの, 話しかけられるのさ, 話を, 説き落されてはと, 読本を, 譲られた自分, 貞には, 貰ったネル, 貰つた儘にな, 貰つた金を, 買つて貰つた人形芝居を, 賜わった地蔵菩薩, 賞められた, 贈ったところ, 贈って, 贈られた聖書, 足下に, 近火を, 返つて, 送られたとの, 送られ或, 逃げ廻つてゐた, 逆さに, 遠ざかつてゐるやうに, 遠ざかれば, 遠退い, 鋭く叱られ, 開かせられた目, 隠れて, 隠れるよう, 隱れ, 隱れる, 離れた赤子, 電報が, 頼まれたお, 頼まれたこと, 頼まれた小説, 顔を, 風邪気味で, 魔力に

▼ 母~ (291, 0.9%)

13 の女御 7 の御息所 5 のお, の御 4 のところ 3

2 [18件] がついて行く, が來, です, と令妹, と弟君, のこと, のご, の像, の力, の喪中, の夢枕, の尼御台さま, の干支, の心, の顏, はふるえた, は心配, もかく

1 [218件] あるを, おは, おわこの, お辰, からお, からも折返し, からよう, から委託, から生まれた, から輪飾り, が, がお, がどう, がはい, がまた, が亡くなった, が今, が半日, が博士, が困つ, が夫婦, が嫉妬, が寂しい, が尼姿, が待つ, が心配, が死, が死去, が煩悶, が膳, が若し, が苦勞, が話し, が酒, が雲の上, が高く, さえ死ん, その辺, たる三千代夫人, であって, でありまた, である, である六条, である女御, では, で入内, で御子, とい, とご, とても御存知, となっ, となられる, とに物, との絶え, とも二夜三夜, と一, と一生懸命, と兄君, と別れ, と妻君, と少し, と常盤, と思ひ, と持参, と泣き悲しまれ, と源氏, と自身, と語る, と雖, ながらその, などのた, などはもうとっくに, なの, なるフランチエスカ, なる春枝夫人, にかくされ, にそだてられた, にだに慕い, にどうして, になぞ, になった, にはご, には秀吉, にもう一度, にもこの, にも家, にも間, に云いかける, に伺ひまつりし, に似, に出, に対してや, に對, に私, に聞える, に言つて, に請, のあと, のおん前, のため, のほのめかし, のもと, のやう, のイスケヨリ姫, のオキナガタラシ姫, のジリジリ, の仕向, の來, の優しき, の几帳, の叔父, の名, の噂, の国, の墓, の大きな, の大宮, の大空, の妹, の姿, の宮様, の容体, の後世, の所, の所在, の持つ, の方, の春枝夫人, の有様, の末路, の桐壺, の死, の清しき, の煙, の白き, の盛妝, の眼, の知り, の築き, の纎手, の聲, の胸, の腕, の自分, の若, の葵夫人, の藤壺, の處, の行く, の返事, の運命, の遺骸, の部屋, の面影, の頼, の顔, はいといたく, はお, はさ, はその, はだまっ, はもう, は云っ, は今更, は何, は全く, は只, は同じく, は名古屋, は孫娘, は居たたまれない, は御, は情, は慰めよう, は救, は數日間悔むの, は普通, は深き, は滝, は物, は申される, は疾, は血, は言葉, は頗る, は食事, へのお便り, へ会わせ, またそれ, もおろし, もその, も外, も日毎, も殿下, も気分, や多く, をあの, をねたん, をばお, をもお, をも奪い取れ, をも我, をも早く, を何, を取る, を失った, を忘れず, を悲しく, を持っ, を皆, を茶の間, を見, を責め, を連れ, 在ます, 大いに酔給, 御木井男爵夫人, 御母堂

▼ 母~ (223, 0.7%)

31 の方 5 のほう 4 との間, の床下 3 と土藏, の二階, の人たち, の窓, の間, へ入

2 [15件] から廊下傳, と離れ, に引返す, のお, の前, の奥, の奧, の屋根裏, の棟, の様子, の裏口, はこの, へ入る, へ廻る, へ歸

1 [131件] か, からお, からそんなに, からは一町, からは完全, からは小, から三四間, から別れた, から十フィート, から女中, から持っ, から残らず, から短い, から突き出, から誰, から返済, から運ぶ, から離れた, から飛出し, から飯櫃, が存続, が平家, が雑木林, で借りる, で同様, で藤さん, とく, とに取り, とは似, とは庭, と勧工場, と土蔵, と廊下, と池, と渡り, と背中合せ, と軒, と離屋, にし, にした, にはその, にも入つ, にをりました, に一緒, に入り, に入れ, に寝る, に忍び込みました, に泥棒, に火, に直し, に續, に轉, のこと, のま, のまわり, の一人, の乾, の修繕, の勝手口, の取つ, の右手, の名誉, の大きな, の屋根, の左, の店, の座敷, の座敷牢, の庭, の廊下, の廣, の後, の態, の明り, の普請, の横, の横手, の結婚披露, の縁, の縁側, の若, の茶の間, の裏, の趾, の陰, はあつ, はお通夜, は廊下續, は当分, は木立, へさ, へつ, へつづく, への訪問者, へは行くまい, へも何, へやってきた, へ促した, へ入りました, へ出かけた, へ取って返し, へ取つ, へ帰っ, へ帰ろう, へ引, へ時計, へ歸つて, へ知らせ, へ移つた方, へ行き, へ行きました, へ行つて, へ足踏み, へ追いたて, へ通, へ飛び込ん, へ駆けこん, までやられる, まで山越え野, をすて, をつなぐ, をアトカタ, を一端, を予, を取られる, を検分, を繋ぐ, を見せ, を離れ, を離れた

▼ 母にも~ (166, 0.5%)

6 父にも 4 姉にも 2 せ我, それは, なって, 妻にも, 縁の, 言はれた, 誰にも

1 [142件] あつた, あまりひどい, あること, あるん, あんまり心配, いづれ劣らぬ健氣, お前にも, お富, お覚悟, くみ子の, こういう消極的, して, すべてに, そなた, そのよし, そのわけ, その傾向, その話, それを, そんな話, たれにも, なつかしい兄, ねる時, まさる献身, また周囲, むいて, めぐり会えねえの, もし君, もち妻, もはや当り, よくわかる, クリストフにも, 一言も, 上手に, 世の中の, 乳母やにも, 二人の, 云はれない, 云ひ出せない, 云われず姉, 似ず足蹈みの確か, 似て, 何よりも, 信じられませぬ, 優り国, 兄にも, 先立たれきょうだいというはわたくしたちふたりきり, 内証, 別に手紙, 別れたので, 別れ伯父, 劣らなかったろうと, 厳重に, 参詣し, 又十四とい, 口説き自分の, 告げず仕度, 告げたつもり, 告げた上, 嘉六から, 増した小賢しい, 大不孝, 妙に, 姉さんにも, 姉の, 姉弟にも, 娘にも, 娘らにも, 嫂にも, 安心させ, 安心させたい, 安心させる, 実否を, 尋ねかねた, 少しすね, 少年にも, 幾らか言分, 弟どもにも, 心配を, 怖い姿, 思うぞんぶん, 恩愛の, 悟れたの, 悦ばせ借金方, 悲しい確信, 意外だ, 愛された, 戦争が, 手伝って, 手紙一つ出さず, 打明けて, 挨拶させる, 早く別れ, 早く死に別れ, 明し是, 暖いものです, 有らぬ疑惑, 来て, 此切な, 死にわかれ兄弟, 死に別れ寂しい, 死に別れ長兄夫婦, 死に訣れた麗姫, 気にも, 浮いた話, 添うて, 為ること, 申しましたが, 異体が, 當選の, 相談しなかった, 相談しましょう, 知らせないつもり, 知らせない位, 祖母にも, 秘密を, 素子にも, 縲紲の, 色めいた波風, 要求した, 見せて, 見当が, 親族にも, 觀念し, 解って, 解らない変, 言うに, 言えないから, 言つた, 言わなかった, 話さなかった, 近松勘左衞門の, 逢いたいもの, 逢えなかったこと, 逢えるマ, 逢せなかった, 逢って, 逢わずに, 遠くなっ, 面目無い, 面目無く, 馴染み得なかつた

▼ 母なる~ (165, 0.5%)

14 人の 13 人が 9 人は 5 ひとは 3 もの, 人を

2 [17件] がゆえ, ひとの, ひとも, ものの, ものは, を, ヴォルガ, 人に, 人も, 国土と, 土に, 地の, 大地に, 夫人聞き, 狂女に, 自然の, 鯨は

1 [84件] おんみ, お人, お艶, かの女, が故, が故に, が枕経, ことの, その親, ひとから, ひとが, ひとに, ものが, ものには, ものの決して, よ御, わが美しき, われに, をとめ, を知りぬ, を知り走りゆき, アルタイア母に, エヴの, サン・ルフィノ寺院と, ダルウラは, チビと, ティアマート, ファンティーヌにとっては, ホフラーコワ夫人は, ロシアの, ヱネチアの, ヴォルガの, ヴォルガ河船唄で, 一代の, 人々もしくは, 人その後の, 人だけが, 人で, 人である, 人や, 人魚に, 低い地, 作者の, 内省を, 力です, 名前に, 君を, 土と, 土の, 土を, 土地, 大きな自然, 大地, 大地と, 大地の, 大地を, 天女が, 太后に, 女神の, 妻たちに, 妻たちは, 媼は, 富子夫人を, 己を, 性の, 恐怖を, 我の, 日之, 星の, 月は, 海底に, 牛は, 男性は, 神造物神その, 私は, 老婦人, 老尼, 者も, 肉体を, 自然から, 自然が, 自然という, 自然は, 鯨が

▼ 母~ (162, 0.5%)

10 様, 様が 7 様に, 様の 6 さま 5 さんも 4 さまの, さんが, さんに, ちゃま, どうした 3 が病院, さんは, さんを, 様は 2 さまが, さまにも, ちゃん, ちやんに, はみんな, 小便が, 様には

1 [71件] おいら行ッて, がそこで化け物, がそんなに, がタンボ, が亡くなっ, が帰っ, が長太郎, が間, ご飯を, さまと, さまに, さまを, さまをも, さんとは, さんには, さんの, さんばかり, だって御, だって産まねえ, ちゃまはおじちゃんの加勢, ちゃんの, ちゃんや, ちやんか, ちやんが, ちやんがさ, ちやんだ, ちやんて, ちやんと, ちやんは, ちやんみたい, ちやんも, ちやんを, どんなん, なんでしかられた, はそんな, はどう, はまだ, はんは, は何, は嫌えだ, は家, は旅, は死んだ, は甘い, ばかりじゃねえ, ばかりだろう, また粟, もある, ゃんはせはしいんだでみいちゃんの守を, コール天の, 何と, 何処に, 俺の, 俺達あ, 様あそこの, 様ここです, 様ここは, 様こんな, 様っ, 様と, 様に対して, 様のを, 様よりは, 様を, 様母あ, 様程には, 様陽も, 樣と, 樣に, 独楽の, 銭けろ

▼ 母との~ (158, 0.5%)

24 間に 6 ことを 4 間が, 間には, 関係は 2 お墓, 三人で, 衝突の, 金婚式を, 間にも, 間の, 間を, 關係は, 顏をば, 顔を

1 [96件] あの血みどろ, いきさつ保の, おもざし, ことが, その日, ために, どういう関係, ふたは, 三役を, 不和が, 世界が, 両方に, 両者の, 争いの, 争奪戦最中の, 二人のみは, 二人は, 二人暮しで, 交わりにさえ, 交渉は, 交渉を, 仲が, 仲を, 便りの, 出会い, 別れの, 別れも, 前に, 反感まざまざ, 同居を, 問答の, 問答を, 啜り泣く声, 噂, 大事な, 姦淫を, 媒介を, 寝物語を, 対面が, 対面や, 御姿, 復讐の, 応待なら, 思惑は, 性格の, 感情の, 所謂文学談そのものも, 手前に, 折れ合えるところ, 折合いが, 折合が, 断ちがた, 早替りで, 明暮には, 普通でない, 歴史へ, 死体が, 死別の, 気質の, 熱誠が, 生活ぶりを, 目から, 相談が, 眼が, 矛盾を, 祝福を, 約束だった, 約束の, 約束を, 結婚という, 結婚は, 結婚記念写真が, 考えが, 脈絡を, 若い華やか, 苦境を, 血を, 表面的犠牲と, 見幕に, 記念の, 話しの, 話し声で, 話すの, 話だけを, 話の, 話を, 論争に, 逢いぞ, 長年の, 間では, 間にあったもの, 関係については, 關係が, 霊に, 顔が, 顔をば

▼ 母さま~ (155, 0.5%)

6 がゐない, のお 53 と一緒, はお, はその 2 が御, が殺した, のお家, のところ, の大切, はここ, へ行かう, 行っちゃ

1 [113件] いいの, いつそ, かへつて, かへつてよう, からもおねがい, から譲られました, があの, がい, がかはいさうだ, が云う, が何處, が塩梅, が悪かっ, が泣い, が瘠せほそれる, が窓, が貸し, が迎えなされ, が飛ん, そうじゃ, だから, だけに, だけに似る, だつたら心から, ですか, とお, となら, と一, と云, と呼ん, と夜何, どうした, なしの, なぜお, にお, におそわっ, にさう, にさんざ, にそう, にその, に見せたら, に誓っ, の, のおち, のそば, のよう, の代り, の代わり, の処, の前, の子供, の御, の心の, の心得違い, の心臓, の気, の腕, の魚, はあの, はいま, はうしろ, はこれ, はそのあくる, はとう, はどうして, はね, はねお前, はひよつ, はぼろぼろ, はもうじぶん, はもう二度とふたたび, は一生けん命機, は千々岩, は可愛い, は夜, は寂しい, は戻ろう, は水, は無理, は玉, は私たち, は須利耶さま, へ手紙, まだな, までもそういう, もありました, もあんまり, もご存じ, もさ, ももう暫く, も仕方, も先, も出, も成井さん, も承服, も殺される, も私, や兄さん姉さま, や父さま, や赤ん坊, をだまし, をつかまえよう, をなくし, をよぶ, を助けたい, を捕まえ, を渡すまい, 助けて, 御一處ならでは, 怖い, 泣いてるの, 熱い, 逃げようよ

▼ 母には~ (150, 0.5%)

3 何の 2 これを, すまないが, なだめられて, 少しも, 父の, 自分の, 自分も

1 [133件] いよいよ不安, いわぬという, おのずから備わっ, お前の, かすかな, かまわずもう, きかされて, この俺, さうい, さっぱり見当, すがるわけ, すまぬこと, そうした女, そう出来, その後自分から, それが, それに, それ以上話も, そんな事, そんな荒々し, たしかにある, だまって, ちっともあてはまらない, ちつとも, とうとう何, とどかないの, ないしょに, なかなか諤々, なぜ何, なりたいという, はぐれ人, まだ今, まだ父, むろん手, もう収入, もう言葉, もう長い, もとから, よい感じ, ろくに話, カタビラに, 一つ一つ思出が, 一向わからない, 一日の, 三時間毎に, 与えられなかった, 事実を, 云わなかつたという, 人一倍孝心, 今後その, 他には, 他の, 似合わないと, 何か, 何から, 何と云つて, 八歳の, 其樣な, 内密で, 内密に, 分らなかったの, 初児, 判って, 別に, 勿体ないが, 千鶴子が, 又海老蔵, 友人の, 受け入れらるべく, 可い加減, 同情しなかつた, 向に, 告げ得なかった, 問わなかった, 喀血の, 噛みつかぬものぢ, 四谷の, 国じゅうの, 地獄の, 堪えられなかったの, 大政所の, 天国地獄という, 姉妹の, 娘の, 子に, 居るだろうと, 巣鴨の, 常に一目, 彼のみが, 思いがけない金, 恐怖を, 恨まれても, 悦しか, 感情つ, 手提げか, 新聞社へ, 替へられぬと, 最後まで, 有り難かった, 本当に自分, 案外偉い, 死しての, 死別れ, 母の, 毫も肖た, 気の, 汝は, 泣かれた, 猶更ら, 理解し, 甥に, 甥御, 申して, 画として, 眼に, 知らさなかった, 私が, 私の, 絹を, 継母の, 義務どころの, 義理の, 育ての, 胸に, 見えただけの, 見せる気, 見舞状を, 解って, 言は, 話せないよう, 酔つた友達から, 面白いこと, 顔つきだけで

▼ 母として~ (142, 0.4%)

2 子供を, 悲哀を, 明らさまに, 衰へる

1 [134件] あえてあやしまない, あなたを, あのお松, あるべきです, あれほどまでの, い, お婆さんとしての, お迎えしたら, お迎えするなら, ご先祖, その上, その仲, その准后さま, その恵み, そは, そばに, では, どうする, なされる苦患, なぜそんな, べつに他, まさにそうなけれ, またある, 一番経済的負担の, 三人の, 不安を, 世を, 丹精し, 主婦として, 事ふる, 人間として, 仕うべき天璋院, 仕えなければ, 以上の, 会えない心地, 何等の, 保護し, 信頼される, 信頼し愛し, 働いて, 働かなければ, 党員として, 分別を, 前半生, 力強くこの, 十二人の, 可能な, 地に, 大なる, 夫人が, 奉仕し, 女の, 女人の, 妻として, 妻としての, 妻としてのみの, 姉妹が, 始終紫, 姫君の, 娘の, 子に, 子を, 子供と, 守って, 家庭を, 家庭生活の, 将来の, 尊敬する, 己が, 当時の, 当然の, 彼女が, 彼女の, 彼女を, 得々と, 御真情, 思うと, 性の, 息子を, 惜くもない, 愛さなければ, 愛し妹, 愛する心, 慕わしく感じます, 我が子, 我子を, 接すべきである, 接木など, 描き出したの, 故意に, 敬愛し, 日常生活の, 最高の, 朝と, 此の, 現在不如意である, 生きたい願望, 生きる道, 生まれたもの, 生まれた子供たち, 生まれ幼名, 生れし事, 生れたの, 生れた義氏以来, 生れて, 生活の, 登子も, 直ぐ引き取つ, 直接に, 私は, 立つて, 立つてるの, 簡単に, 考えた事, 考え母, 考へれば, 育てあげて, 自分たちの, 自分を, 自分達が, 自身の, 荘重に, 見たら新しい, 親としての, 負担の, 路傍に, 鄭重に, 重ねたかずかずの, 重大な, 長崎で, 階級に, 隣の, 音楽家として, 頼もしさ

▼ 母~ (138, 0.4%)

4 のもの 3 の人柱, の家, の間 2 かということ, であるかと, のよう, の喜び, の者, はもう, は黙っ

1 [111件] お榮, から欣, がにこにこ顔, がふだ, が乗りし, が乘, が二人, が人柱, が口惜し, が同じ, が容貌, が帰, して, そろって, だき合って, だけだらう, だツ, であり, であろうナ, でつい, でなければ, でね, で出獄, で琴, ということ, といふ氣, とはいい, とも東京, と一しょ, と多, などで十二時頃式, にも自分達, に口紅, に対する同情, に指図, に明日午後, に相違, に話し, のす, のみじめさ, のやう, のやり手, のフランス人, の世話, の争い, の争う, の事件, の人, の出世, の勤労者, の坐っ, の女中, の対面, の小, の小店, の巡禮, の悲しい, の愛, の感情, の手, の犠牲, の生活, の目, の相談, の胸, の衣裳, の話, の身, の連れ, の食客, はお, はこの, はにはか, はひとつ, はまた, はよく, はパヴェ・サン・タンドレ街, は二人, は今度, は作阿弥, は傳染, は固唾, は寂しい, は必死, は恐ろしい, は池ノ端数寄屋町, は泣く, は流石, は淋しい, は益々, は評判, は身, は逢った, は遺族恩給, は顔, ばかりがはしゃい, もおれ, もその後行方, もボッテリ, やヒロシ, や兄, らしい, らしい話, をのぞけ, を呼, を月子, を芸者, を訪ね, を誘い出した, を連れ, を驚かした

▼ 母~ (124, 0.4%)

5 手紙を 4 宛てて 3 向って, 持って 2 すがりついた, 出す手紙, 向けて, 宛てた手紙, 手紙が, 渡そうと

1 [97件] いう無理, いっしょに, いった, おつたえ下さいまし, お経, こっそりお, この由, これを, そう云っ, そう云った, そんな告げ口, とつたふる絶えぬ, なら有難く, ぼんのくぼ, もう一つ, よこした手紙, よろしくいっ, わが心, カベーを, ミカン汁を, 一週間不在に, 下って, 云った, 何か, 便りなど, 便りを, 再三手紙, 勧め自分, 千鶴子の, 及ばぬ回向, 同情を, 告げたがって, 告げ口を, 告口し, 呼び出し状が, 哀訴する, 嘆願が, 城内の, 大浦一家へ, 孝養を, 安心を, 宛て, 宛てた為替, 宛て封目, 寄する, 寄せた手紙, 対するはかない, 尋ねますと, 小賢しげ, 届いて, 屡々音信, 差出した, 差出す手紙, 御機嫌うかがい, 心中立てした, 手紙でも, 打ち明けた, 持たせて, 持つよう, 挨拶した, 据えられた, 暇を, 来たの, 来ない例, 洩れるの, 渡した, 渡して, 渡す, 無事に, 眼病の, 礼状を, 紀久子は, 縁談を, 縋って, 羊羹を, 義理を, 背中を, 自分から, 自分の, 見せるよう, 言いました, 言った, 話して, 誓つた, 返事でも, 返事を, 迫ったの, 迫つた, 送った, 送った手紙, 送って, 途中から, 還ろうと, 長い手紙, 風を, 食つてかかりました, 飲ませる

▼ 母とは~ (116, 0.4%)

2 二歳違ひ, 呼ばる, 私の

1 [110件] いえようやく, いえ一人, いたく争, いたく爭, いとこ同士で, かかる母, この気味, しよつちゆうお, じっと室, ずっと昔, そのこと, その子, その後しだいに, それから, それらの, とけあう事, どうしても思えない, なった, なんの, ひょっと誤っ, べつになっ, また顔, まるで縁, よく縁側, わたくしを, ジャモクエの, 一つ違いの, 一万円を, 一言の, 丁寧な, 三日に, 之が, 九州の, 互にどんな, 交, 交代に, 仲好く, 仲良くし, 会わないの, 似て, 何んだろう, 共和の, 其館に, 別に, 即ち大人たち, 又違つた母, 反対に, 口を, 台所で, 同じ家, 同じ死に, 同情をもって, 呼ばるる事, 咸雍の, 大きい喧嘩, 夫婦だった, 奴国の, 姿が, 宮廷附の, 少年時代に, 幾度も, 従兄妹に, 従兄妹の, 微笑みつ, 思えずに, 思えないほど, 思へないほど, 性と, 我の, 故郷の, 散らかった室, 普通の, 最も近い, 朝の, 此の, 母親が, 毎月一度づゝ同じ, 気持が, 決して共に子, 火を, 父を, 生れ合わせに, 異って, 異つて, 目の, 相携, 知らずに, 私は, 稼ぎの, 等しく思慕, 結婚し, 群集から, 自分たちの, 苦み悶え, 茶畠の, 藤沢の, 衝突も, 親子として, 言はずに, 認めない基督, 誰ぞ, 趣味だけは, 逆に, 違う空気, 違って, 階下から, 雨の, 露の, 非常なる, 顔も

▼ 母たち~ (104, 0.3%)

6 と子たち 2 が, は

1 [94件] がいっ, がそう, がその, がそれ, がやつ, がよん, がミシリ, が今日, が何時, が來, が勝気, が吸収, が四つ, が子供, が引越し, が或, が最愛, が毎日, が皆, が自分たち, が集まっ, じぶん, であろうと, というその, といふ語, として概念的, とし合っ, とその, との応酬, とは相談, と子供, と斬り合っ, と混, と相談, になお, にはあった, にわかる, に何と, に女, に押しつけなすりつけよう, に知れず, に笑顔, のいる, のうち, のこと, のところ, のもがきである, の住ん, の嘆き, の墓, の姿, の客間, の家, の心, の心がけ, の思い, の愕, の生活, の生活不安, の眉, の笑, の給料, の膳立て, の見る, の詮索風, はフォーシュルヴァン, は其上, は前々, は勝川, は大きい, は妾, は孕む, は気ちがい, は永年, は永遠, は熱心, は特に, は狼狽, は相談, は言い添えた, は震え上がった, は高い, またはこれから, まで送っ, も下宿, も幾分, も随分, も首, や叔母たち, や姉たち, や細君, よ, を呼ぶ, を送つ

▼ 母である~ (99, 0.3%)

5 ことを 3 ことが, 自分を 2 ことは, ことも, という事実, と同時に, ように

1 [78件] かのごとく感じた, からこそ猶, からである, から二皇子, から国籍, が他人, こと, ことからも, ことに, ことによって, ことをさえ, こと以外何も, こと分り, こと確かめ, この大地, その女, ぞと, ための, だけに残ん, ということ, というよう, という女性独特, という考え, といふ真理, とかない, とき波子は, とともに処女, とともに厳しい, とは何, とも申します, と共に人間, と嬰児, と彼, と観じた, にちがい, のかと, のが, のでご, のにかんじん, のに最も, ひとの, やうにも, ようにも, アブドーチャの, 上, 上田の, 人が, 人とも, 人は, 以上この, 以上は, 以外の, 伊藤野枝君を, 作者が, 多計代, 太陽は, 夫人と, 女の, 女は, 女性が, 女性の, 女王さまも, 彼女たちは, 方の, 早船ちよが, 本間夫人との, 森林を, 橘夫人は, 清明な, 祖母が, 筈が, 老婆と, 自分一人が, 街路に, 貴女を, 道太の, 須美子が, 須美子の

▼ 母としての~ (91, 0.3%)

2 お民, 多計代, 役目も, 彼女の, 生活を, 私では, 私は, 義務を, 責任を

1 [73件] いろいろの, お君, この作家, その人たち, それであろう, つとめか, つとめが, とるべき道, 一面を, 七瀬は, 不安は, 不自然さの, 人の, 人生妻としての, 仕事も, 使命については, 務めの, 半奴隷的苦境, 唯一の, 大きな嘆き, 女が, 女の, 女性にとっては, 女性の, 女性は, 女性徳川時代の, 姿が, 姿に, 婦人の, 宗教的な, 実際生活, 幸福を, 当然の, 心娘さんの, 愛の, 愛は, 愛ゆえに, 愛情, 愛情に, 愛情を, 感情も, 日本の, 晶子さんだけが, 最高なる, 本質的の, 権利を, 櫛田さんが, 櫛田さんに, 櫛田さんは, 毎日の, 無責任は, 無限の, 現実から, 生活が, 生活には, 生活の, 生活上の, 私の, 私をも, 立場で, 立場主婦としての, 職務に, 職能を, 自分たちの, 自分の, 若君の, 苦しみが, 苦しみそういう, 行末を, 誇が, 道に, 雑用に, 面は

▼ 母~ (88, 0.3%)

5 のお腹 4 がお

2 [13件] あゝ何, が, の御, の方, の聲, の處, も一晩, も兄樣, も御機嫌, も御機嫌よう, も私, を馬鹿, 察して

1 [53件] あらば, お怒り, がそれ, がなる, が來, が娵, が家, が怖い, が樂, が節儉, が膝, が若し, が連れ, した, だわ, ではない, といつも, なんぞは兄さん, にお, にし, にその, につらく, には仰せ, にもよろしく, に御, のお供, の不, の云, の使, の前, の徃つて, の會計, の病氣, の系統, の肖像, の身, は, はお, はかう, はこの, はね, は何, は何時, は子, は引受けました, は恐, は母樣, は豪傑, は足, は運動會, も嫌, や姉樣, 憎しとは

▼ 母~ (82, 0.3%)

3 と云っ, と思っ 2 という事, と思う, と思つて, のが, 母だ

1 [66件] あれが, おふくろ様だ, かは糞, から, からそれ, からです, からという, から俄, から八重子, から特別, から自分, から色々, がまったく, けれど町公町公, し静, ぞ, ちと行, ちの傍に, ちの様子が, つたと, つたのに, つても, つて寂しい, つて心配し, つて悲しい, つて昨夜の, つて自分が, つて見覚えが, と, とある, という, ということ, というの, という強い, という感じ, という葛の葉, といっ, とされ, とはおもえなかった, とぶつぶつ, と信じ, と信じられなかった, と信じられなかつた, と名乗り出た, と多少, と思, と思った, と思ふ, と感ずる, と申しました, と知った, と知りつ, と知りました, と自ら名乗, と言, と言っ, と言われ, なんて夢にも, のにこの, もの, よ, よと, ケヤエに, ツて, 兄も, 姉妹だ

▼ 母という~ (79, 0.2%)

11 のは 3 ひとは, ものの, 人は 2 ものから, ものが, ものに, ような, 不思議な

1 [49件] あたたかさ, いわゆる, ことだけ, ことで, ことに, ことばを, ことを, のも, のを, ひとの, ものだけに, ものに対して, ものを, レオナルド・ダ・ヴィンチの, 一人の, 京劇の, 人それから, 人に対して, 人も, 侍, 名で, 名に, 名を, 名前を, 夫人弟妹たちをも, 奴は, 奴拙者には, 字を, 存在は, 安心が, 小説を, 強制として, 感じが, 本には, 極めて重い, 武士こそ, 生の, 立場から, 立場が, 義である, 自分の, 草に, 言葉の, 言葉も, 語を, 語句を, 謎は, 資格が, 風に

▼ 母~ (73, 0.2%)

3 の眼 2 か, だよ

1 [66件] お信さん, お菊, からきい, がお寺, が丁度, が中津, が分別, が悪けれ, が死んじまっ, が生き, が皆, さ, じゃない, だ, ちゃあん, とあつし, といっ, となら, と一緒, と樋口, と王, どうした, にた, にみんな, にも見舞, のせゐも, のところ, の坊主臭, の手, の持っ, の方, はあの, はお前, はすっかり, はちっとも, はとう, はどこ, はなこれから, はゐる, は午後, は去年, は平気, は揮発, は死んじゃった, は突然, は腰, は自分, は鼻, ば忘れた, もさぞ, もそい, も手袋, を, をも生かし, を探し, を探してた, を法廷, を見ろ, 上がっても, 何しろ此処, 少し待っ, 居なかつたら出られねえべよ, 誠に御無沙汰, 諦めよう, 驚くの, 黙っとりゃえ

▼ 母への~ (71, 0.2%)

3 愛の, 手紙, 返事を 2 同化それ故にこそ, 思慕を, 意地である, 感謝我子への, 手紙の, 書簡は, 気兼ねから

1 [48件] かたみだ, こころの, 代々の, 侘しい思慕, 供養手向くる, 便りと, 劬り, 反抗心を, 叛逆と, 同情振りは, 哀切に, 土産も, 執着ぶりから, 報告, 報告を, 奉仕を, 孝養に, 孝養の, 復讐を, 心くばり, 思いやりいたわり, 思いやりは, 思慕で, 思慕の, 恋が, 愛と, 憎悪を, 憧憬で, 手紙と, 手紙に, 手紙にも, 挨拶も, 文の, 文中には, 気安めを, 状や, 約束に, 義理だ, 賞金とか, 返答の, 追慕から, 追慕の, 追慕は, 追憶だけと, 追憶は, 金を, 面目は, 頼みな

▼ 母しい~ (70, 0.2%)

2 ところが, 人に, 気が

1 [64件] かぎりである, が油断, ことこの上なし, ぜ八, ただし正, という感じ, ところさ, ところという, と思う, と思つて, なあにお吉心配, につけ, につけ雲, のと, のねえ, ほど山気, ほど男らしく, ものは, やうな, やつを, わ, ガリバルジ君である, 一人の, 一領土が, 人の, 人間の, 信頼しきった, 俳優だ, 先輩だ, 友人と, 呪文を, 回顧が, 声の, 天地に, 奉公人です, 寂しい孤独感, 御体格, 御方さまに, 性能と, 情人の, 態度である, 才気が, 探索を, 方に, 方の, 気持が, 気持も, 気象を, 温当, 物で, 男な, 男塔は, 男性という, 男性の, 相談對手は, 眺めである, 穏当な, 美しさ, 者が, 親族も, 観客層は, 道徳は, 限りである, 顎を

▼ 母たる~ (70, 0.2%)

6 ことに 3 ことを, 資格を 2 ことが, ものが, ものの

1 [52件] あなたが, あなたを, ことの, この媼, のみ, の強い, の役目, の愛, の義務, の自覚, の責任, もの, ものにて, ものは, ドイツの, 事が, 人々は, 人は, 人達よ, 力の, 労苦を, 卞氏であった, 呉夫人が, 呉夫人も, 境遇にのみ, 大坂の, 妻たちは, 威厳を, 婦人の, 孤独な, 宿命を, 局面が, 必要が, 悲しみと, 愛情を, 感情の, 成功の, 我に, 我の, 摩利亞を, 方が, 智慧の, 牝馬が, 生活に, 真の, 祖国に関する, 私たちに, 義務が, 義務としても, 能はず, 自尊を, 道を

▼ 母と共に~ (70, 0.2%)

2 父の

1 [68件] いる姉, いろいろな, さまよ, それを, はる, ゐたと, バルメラに, 不動明王に, 二年続け, 二間の, 京に, 仙台に, 伊勢湾から, 何か, 何くれと, 佗び住まひを, 具えて, 南殿村の, 嘆息した, 坐食する, 外出し, 外国の, 外神田の, 安藝国, 寂しく名古屋, 屋外に, 山に, 川崎大師へ, 幼い頃, 引き取られた祖父, 引致せられたる, 念仏を, 戰場を, 挨拶に, 新橋に, 新築の, 暮して, 暮らして, 札幌を, 東京へ, 楼桑村に, 清助が, 熊ヶ谷に, 父に, 現場へ, 留守し, 留守宅に, 眺めた風景, 秀吉の, 私が, 私は, 箱根の, 美濃の, 茄子を, 行方を, 裁縫その他の, 襷がけで, 誓いを, 連れ子と, 遊ぶ夢, 長い年月, 長く父, 露はに, 頼って, 頼朝が, 飢えねば, 養生に, 高棧敷

▼ 母~ (68, 0.2%)

23 あつた 3 候と 2 あつて, あらう, ござりまする, さへ

1 [34件] あつて母, あらうと, あられます播磨, うつかりする, お久, お鉄おばさん, ござります, すら書斎, そうして大伯母, もう今, わたしの, ポチョームキン元帥が, 七十に, 七十二歳にも, 七十近くの, 万千子を, 両腕, 主水, 今年五十五に, 他の, 伝来の, 僕の, 先生の, 喜八の, 小さい息子, 店から, 文久二年八月誕生の, 未だ机, 爺と, 病身だ, 相場の, 自分の, 説教する, 近在の

▼ 母~ (63, 0.2%)

2 [14件] から離れ, から離れる, が気, が自分, が行き過ぎる, に同伴, に気付かれ, に見付けられよう, のいる, の姿, の所, の眼, はだ, はつと

1 [35件] か, から大変, がどんなに, がチヤホヤ, が作っ, が折角, が泊っ, と一緒, と別れる, にとつて, には思はれた, に会, に伴, に対しての自分, のよう, のゐる, のカヌー組, の企み, の側, の困難, の心持, の懸念, の笑ひも, の行方, はそこ, は今更, は居る, は当然, は散歩, は歸つて行, も其翌春, も出, よ, を私, 互にそまつ

▼ 母~ (62, 0.2%)

7 のお 2 のご

1 [53件] があす, がいない, がいる, が仰っし, が何, たる董太后, だの兄孫権, であった, としてはそれ, と信行, と同, と喬国老, どうなさいました, におかせられ, にとっては孫権, には何と, には日頃, には明日, にもあたれ, にもう, の前, の喪, の姿, の宮房, の弟親長, の後宮, の忌年, の怒り, の愛, の機嫌, の病, の落髪, の詫言, はただ, はふと, はまた, は佐渡, は婿, は彼, は怪しん, は愕然, は泣きおののき, は猛りたっ, は眼, へあっさり, へささやいた, まで共々, も決して, やら気, をうごかし, を無理, 御報恩, 聞きて

▼ 母とが~ (59, 0.2%)

2 そんなこと, 可なり, 左右から

1 [53件] あらそいを, あんな会話, いた, この話, この邸, しょっちゅういさかい, その当時, その日, その立場, そんな風, たくさんの, ついて, ほとんど同時に言った, ぼそぼそ話し, まだ御飯, もし違った, ものの, 一般の, 不肖児の, 何か, 何やら話し, 八重山へ, 出て, 助かること, 同一種類, 同時に手, 向い合って, 向かい合って, 向ひ, 寝て, 寝衣, 影で, 心より, 懇ろに, 林町の, 極端に, 次々に, 残ってるが, 残つてる, 毎夜いかにも, 法事らしい, 火鉢を, 珍しく一緒, 眼の, 睦しく喋っ, 神田の, 私の, 終生人間, 美しい理想, 諍って, 迫ま, 面白くない, 黙って

▼ 母らしい~ (59, 0.2%)

2 人と, 人とは, 人は, 注意を, 調子で

1 [49件] にぶさ, ひとの, ものへの, ように, 三十四五の, 人が, 人に, 人も, 人を, 優しさ, 前垂れなぞに, 努力に, 半白の, 女が, 女は, 女も, 威厳を, 威嚴を, 婦人が, 当然な, 得意の, 御寮人以上に, 心遣ひ, 悲哀を, 情愛を, 愛情に, 愛育が, 手を, 敬虔な, 文句しか, 智慧で, 本能に, 様子は, 気分で, 気持ちも, 気持を, 活方で, 涙が, 潔癖と, 特別な, 目も, 老人に, 英断で, 落ちつきの, 親しみを, 貫禄を, 輝やいた, 顔だ, 風を

▼ 母に対する~ (58, 0.2%)

5 一種の 2 反抗から, 感謝の, 新しい感激, 本当の, 気持も, 決心が, 父の, 眸が, 美奈子の, 自分の

1 [33件] ふるまいには, 僕を, 勝利の, 唯一の, 夢中遊行の, 嫉妬の, 子として, 子の, 尊敬だけは, 心からなる, 心もちが, 心持でも, 思慕など, 性的衝動は, 恩愛を, 情も, 情愛の, 情熱の, 愛は, 愛情つまり, 愛情の, 愛着には, 感じも, 感情からでも, 感情は, 注意に, 深い気の毒さ, 温かい息吹, 父らしい, 私の, 義理から, 言訳ばかり, 述懐は

▼ 母に対して~ (54, 0.2%)

2 どんな話, 一種の, 不快を, 尤至極な, 恨んで, 抱いて, 散歩に, 昨日今日少し, 羨望に

1 [36件] いくら警戒, けっして柔順, そういう清い美し, ただ人並, どれほど, どんな心持, 一種敬虔な, 不思議な, 何といふ, 何となく気, 何とも知れず, 何より先, 反感を, 大任を, 少しも, 幾分疎, 強いて父, 彼は, 快哉的気分を, 情深い子, 慚愧の, 払われない勘定書, 最初は, 気の毒だ, 気の毒でも, 気まずい思い, 淡い反感, 済まない心地, 甘える気持, 真実我が, 私の, 義理が, 自分でも, 苦しい言いのがれ, 起こさなくて, 非常な

▼ 母夫人~ (48, 0.1%)

1 [48件] がどうして, が叫んだ, が学校, が現れ, が立派, が立露, その館中, とは顔, と女中頭, と残っ, にも言っ, に代表, に似れ, に知らす, のいかめしい, のところ, の光, の入っ, の場所, の姿, の帰っ, の悲しむ, の情熱, の方, の母方, の腹, の話, の驚愕, はかいつまん, はたしなめる, はまた, はアリョーシャ, はロシア風, は不安, は冷淡, は叫んだ, は娘, は家, は小太郎, は感激的, は留守, は華族, は違ツ, への義理, も法会, や兄弟たち, や当主公爵夫妻, を冷淡

▼ 母~ (46, 0.1%)

7 氣な 6 さを 3 さ, 気な, 氣に 2 げに, そうに, やま

1 [18件] いもの, いやと, いわれ, くも思つたと, くも暗い, げが, げにが, さうで, さうに見えた, さうに見た, さに, さは, そうな, そう力と, と謂, や誠, 気に, 氣では

▼ 母ちや~ (46, 0.1%)

12 まは 3 まの 2 まに, ん何, ん私

1 [25件] え, まがおき, まがおつし, まちよ, まには, まも, まや, まわかつてる, まコーリカ, まミス, ま神さま, ん, んあたい, んい, んお, んこのごろ, んでせう, ん乳, ん今に, ん僕, ん林檎買つて來, ん漫画買, ん結婚, ん讓, ん鹿

▼ 母とも~ (46, 0.1%)

7 姉とも 2 思って

1 [37件] いうが, いつも言いあっ, いふべきところ, おも, お馴染, たのむ遊撃隊, ならずに, なりそれら, 一つには, 一夜会っ, 一面識さへ, 乳母とも, 交渉を, 何度口論を, 兄とも, 別れて, 別れ娘, 叔父とも, 妹とも, 妻とも, 姉たちとも, 岡村清親とも, 思いて, 思う叔母, 思つては, 思われぬ若々しい, 死に別れてからは, 生れつき違っ, 相談し, 相談しまし, 相談の, 知らずに, 知らない蓮華夫人, 花嫁とも, 話すやう, 誰れ, 調和しなかった

▼ 母より~ (46, 0.1%)

2 ほかに, 二十年も, 外に, 嫁を

1 [38件] うけたまわりうれしく, ずっとわるかっ, 一足さきに, 与えられた頭, 二つ三つ年下の, 二つ三つ年下らしく見えた, 二十年二十何年若い, 他に, 以外に, 兄弟より, 先に, 先へ, 出生せりとの, 前に, 前日に, 善人だ, 堺屋の, 奪ったの, 女難の, 好きな, 実の, 小包み来る, 少し年長, 届きぬ, 年を, 強きもの, 後に, 手紙頭が, 承わりうれしく, 招きの, 早く帰, 父の, 生れたる僕, 神語聞く, 聞きし事, 路を, 遠ざかり, 高いよ

▼ 母~ (45, 0.1%)

4 柳の 2 安の, 柳その, 銀は

1 [35件] かめ, かめ四十餘歳出, さよの, さよは, さよ婆さんが, さよ鈴川の, すみの, ばあちゃんであり, ふささんは, ほみ, むら, もひ見れ, りゑと, りゑは, 位牌より, 倉が, 倉の, 助けつかまつる, 定を, 政は, 政も, 時, 時は, 母と, 民から, 民からの, 民は, 民も, 浜の, 由羅将, 蓮様には, 袖と, 豊の, 遊さんは, 鶴の

▼ 母生上~ (45, 0.1%)

44 の雲湖 1 の雲湖死闘記

▼ 母~ (45, 0.1%)

2 のお, はあの

1 [41件] あの宮知つて, がいない, がこ, がわざ, がわりい, が吸うた, この身, この頃, その人, ですよ, にとめられた, にはべつ, にもしも, にもそれ, にもよく, に孝, に手, に知らせ, のこと, のとこ, の病氣, の葬式, の言, はさつき, はもう, はよう, は何, は余, は地蔵尊, は草心尼, へことづてでもして, へその, へ渡し, もまた, やおまえたち, や姉妹, や父, よく知つて, をこれ, を捜し, を見たい

▼ 母よりも~ (42, 0.1%)

2 激しき愛

1 [40件] いっそう強いやさしい, お政, この叔母, この父, さらに生き生きと, たしかだ, ちから, はるかに, むしろ父, もっともっと人目, もっと優しく, よほど他人, グッと, ズツと, 五つの, 兄弟よりも, 先き, 先に, 六つも, 厳しかった, 執拗だつた, 宮は, 寧ろ祖母, 御前を, 懐かしかった, 敏感で, 早くその, 深雪の, 父の, 父を, 第一, 美しきその, 艶子さんよりも, 芥川の, 若いひと, 貧乏で, 身体の, 長唄を, 頼みと, 高い位

▼ 母~ (42, 0.1%)

4 の心臓 2 の推薦演説

1 [36件] が企て, が当選, が持っ, が無, が登壇, が飛びつけ, が飛び出した, とは全く, とを並べ, と一緒, と三木, に対抗, に言った, の使者, の応援演説, の悲壮, の成人, の挨拶, の方, の背中, の胸, の諸氏, は, はとうとう, は伯, は例, は坊や, は座敷中, は往生, は快い, は書生, は自分, もその, をつかまえ, を発奮, 新社長

▼ 母では~ (41, 0.1%)

9 ない 4 ないか 3 なかった, なかつた

1 [22件] あったが, ありほか, ありませんのよ, あるが, これ位ゐ, たいへんなお, ないかも, ないぞ, ないと, ないという, ないといふ, ないの, ないもの, なからう, なくさっき, なくて, なくよろず, なく琴, なく親戚, 有るまいか, 無かった, 無さそう

▼ 母はん~ (41, 0.1%)

1 [41件] えらい済ん, お園さん, かてなア, がお, がそう, がたいそう, がまた, がわ, がチヤーン, が下, が偉う, が傍, が喜び, が居, が悪い, こっちゃへ, ちょっと欲, という人目先, と兄貴, と妓ども二人, にど, にはあんたはん, には何度, に傘, に紅絹, に聞い, に金, に高利, の方, は, はいや, はわ, は居, は目先, は苦労, もあまり, もうちょっとも, もどうぞ, ももう, もよく, 悦んで

▼ 母でも~ (40, 0.1%)

2 あった, ありません, あんなには

1 [34件] あった水茶屋, あつた, あり脾, ある, ある生き, あれば, いたら決して, いて, だれでも, ない, ないぞ, ないもの, ない子, なく自分, やっぱり従来, わたしたちを, 之ほどの, 兄でも, 半分落城する, 女中でも, 姉でも, 姉の, 子でも, 子供を, 実に, 実際の, 思ひ出したの, 死んだら此方, 無かつ, 無闇に, 田口の, 皆な, 真面目に, 老いての

▼ 母~ (40, 0.1%)

3 母よと 2 あなたは, 母よ

1 [33件] あなたに, ここは, この武具, そんなに子, どうか物, びてあかつき問ひし, わたくしも, 丈夫で居, 不孝者を, 仏蘭西人の, 兄よ, 君の, 咎むな, 哀なる, 大地よ, 姉よ, 子と, 子の, 子よと, 安らかに, 恋し, 恋人たちよ, 我は, 我を, 早く帰っ, 早く帰れ, 早く食しませ, 明日より, 榎本氏に, 汝は, 泣かすな, 玉蜀黍の, 許し給え

▼ 母一人~ (38, 0.1%)

3 の手 2 です, ですそして, になる, の内職仕事

1 [27件] かかえて, がやって来, が取り残された, が患者, が火, が田口, が見送つ, だ, だけになった, だつた, だつたが, であった, では, で何, で懐, で昔物語, で気, と思っ, に子一人, に子供五人, のところ, の力, を安, を留守, を頼り, 子一人ぼっち, 残って

▼ 母~ (34, 0.1%)

5 のお 3 の御 2 のおいで, をお

1 [22件] が御, だけを最高, とお, としてたい, とともに薫, につれられ, に訴えた, のお召, のこと, の叔母君, の御殿, の思召, の行っ, はいよいよ, はそれ, はまだ, は仏勤め, へしかかっ, へも夫人, もこの, をだけでも后, を初め

▼ 母次郎~ (32, 0.1%)

5 といふの

1 [27件] が危なく, でなくお, ではありません, と一緒, と分つた, と斬りかけられた, と親しい, に斬りかけられた, に眼, に腹, の刄, の振り冠つた拳, の樣子, の眉間, の話, はもう, は一刀, は又, は物, は自分, は逢引位, は頭, も事態, も近頃, を助けよう, を江の島, 思はず氣合

▼ 母~ (31, 0.1%)

2 姉妹か

1 [29件] であったならば, とうたが, どっちか, ふ, または姉妹, または祖父, 三十あまりの, 乳母に, 他人か, 分からぬほど, 否か, 吾之を, 周子を通して, 国男か, 女中が, 奴隷としての, 妹か, 妹かに, 妹かの, 姉か, 姉かが, 姉でも, 姉の, 姉妹だけ, 子の, 寧子か, 居ねエと, 誰かに, 那箇が

▼ 母からの~ (30, 0.1%)

3 手紙は 2 冷めたさ, 手紙で

1 [23件] そんな注意, ものが, 便りと, 便りは, 便りを, 届け物と, 悪口のみを, 手紙を, 書信に, 月々の, 消息に, 為替と, 無理な, 白々しい通信, 白い手紙, 衣裳や, 言葉を, 許可を, 返事に, 達筆な, 電報が, 電報で, 音信に

▼ 母とを~ (29, 0.1%)

4 一緒に 2 見くらべる, 言祝ぐと

1 [21件] うやまえ, うらんだ, おいて, かわるがわる眺めた, か細い女, 伸子は, 刺した, 加えて, 呪うた, 尊敬せよ, 屋外に, 持ちながら, 持ち母, 描いたもの, 新橋の, 眺めて, 結びつけると, 自分から, 見つめて, 間違えるよう, 龍と

▼ 母であり~ (28, 0.1%)

2 子であり

1 [26件] ある時, かつまた故, ここに, これらの, これを, その友達以上, その故郷, ながらこの, ながら心身とも, わたくしが, 主人である, 主婦である, 伝統が, 伴侶であった, 兄と, 千頭家の, 又同性, 同時にまた, 太郎左衛門の, 女王が, 娘であり, 家という, 尊氏の, 母あっ, 父でも, 穏やかな

▼ 母ちゃ~ (27, 0.1%)

123 まお母 2 まだの, まは 1 まいい, まこれ何, まこんな, まと, まね, まもう, まよ, ま何

▼ 母~ (27, 0.1%)

2

1 [25件] か, が小さな, が雛, しきりに悲鳴, では無く, とこんな, と十羽, と合, に貰い, のからだ, のほう, のよう, の労苦, の睛, はいいました, はこれ, はじっと, は喜, は子供達, は悲, は悲鳴, は直ぐ, は雛等, もほんの, 呼ぶ声

▼ 母~ (26, 0.1%)

2 は自分

1 [24件] がなにか, と小犬, には別れ, には前, に向かっ, に殺され, のお, のもっ, の子供, の留守, はおどろきました, はかわいい, はきちがい, はだれ, はまた, はもの, はよく, は俺, は大急ぎ, は尾, は抱いた, は森, は考えました, らしい腹

▼ 母しく~ (25, 0.1%)

1 [25件] お見上げ申します, て仕方, ない, ないぜ, ないと, ないところ, ないとも, ない家臣, ない男, なく思, なさ, ならば此儘, 且つ奇異, 存じ候, 思い仕, 思つた, 思つた廣大な, 思つた樣子です, 思つてゐた, 我が白髮首, 正直な, 相見え, 自分を, 言つてすぐ, 野衾の

▼ 母ちやん~ (25, 0.1%)

2 が, の臍, は

1 [19件] が粥, と一緒, と小, と御返事, には見えない, にめづらしく, に云, に足袋, のお, の味方, の背中, は人, は何, は何処, は来い, は父ちやん, は私, も去ぬ, も直ぐ

▼ 母などは~ (25, 0.1%)

3 頻に 2 お浦山しき御身分

1 [20件] この種, ついて, どんなに有難く, まだ廿五六, まだ現世, よく申します, 三越の, 不快に, 他の, 何だか惜しい, 危険の, 厳しい人, 岩屋の, 彼女たちの, 思って, 更に何, 病人の, 私共が, 話が, 随分心配

▼ 母自身~ (25, 0.1%)

3 の口

1 [22件] がそれ, がオメカケ, が一般に, が知つて, なの, にとっても何, にも実際, にも潜ん, の特色, の若い, はほとんど, は嘘, は娘時代, は胸, は自分, は語らなかった, もそう, もどの, も出る, も絶えず, ノ維持スベキモノトス, 決して平気

▼ 母からも~ (24, 0.1%)

2 叱られた, 離れて

1 [20件] このよう, この度, しばしば使い, その事, また何とも, みなあなたの, やかましく言われ, よろしくつて, ポロンノ先生に, 別に曖昧, 千代子からも, 又学課, 受験準備は, 可愛がられて, 姉からも, 手紙が, 聞かされず出て, 許されなかつた, 附込まれ, 風邪引きに

▼ 母であった~ (24, 0.1%)

2 ことは, 人は

1 [20件] かということ, かどう, から母亡き後, から私, が併, が私, ことには, ということ, というの, とする, にも不, に違い, のだ, のです, のなら, はずじゃ, はずだ, 人の, 人も, 建礼門院の

▼ 母~ (24, 0.1%)

2 はまた

1 [22件] でこの, の一族, の修行, の大, の家, の文化, の方, の生れ育った, はやはり, はホクホク, は今日爰, は大勢, は旁, は気丈, もつい, も悴, も近頃, よりさまざま, よりも丸い, らしい何事, をも遠く, を瀑壺

▼ 母~ (24, 0.1%)

3 の植半 2 の境内, の方

1 [17件] から水戸邸, が将軍, にと, には梅若塚, のすこし, の休息所, の畔, の辺, の近所, の鉦鼓, の鐘, へ引っ返し, へ往, または弘福寺, まで漕い, まで長い, を弘福寺

▼ 母~ (24, 0.1%)

2 が地, の呪咀

1 [20件] から日, が教, が股間, として居る, とする, とを別々, には御, の命, の尿, の恩惠, の意, の教, の死, の火神, の配慮, の魂, は人間, を焼き, を焼きたる, 及び貝姫

▼ 母~ (23, 0.1%)

3 の爪 2 と人差指

1 [18件] がポロリ, が上, が引き金, で備前盛景, との間, とひとさし指, とをタッキタッキ, と中指, と食指, の内側, の附け, へかみつきたれ, ほどの大き, ほどの山椒魚, ほどの蛾, を中, を出し, を口

▼ 母とともに~ (21, 0.1%)

2 長井の

1 [19件] ワイマールの, 一人の, 二台の, 京都の, 入ったから, 写真師を, 出て, 十三歳まで, 口を, 夫人も, 巴里に, 戦火の, 杭州の, 歸郷した, 父をも, 生活した, 連られ, 郷里の, 鎌倉に

▼ 母をも~ (21, 0.1%)

1 [21件] あわせて, うらんで, かなり熱心, もう少し何とかしてやりたい, 何ものをも, 全部は, 共に上京, 共に引き取った, 兼ねなければ, 同時改葬しける, 告発したであろう, 弟をも, 悦ばすで, 捨てて, 描いて, 棄てて, 誘ったの, 誘つたのである, 説いて, 質と, 逢わずに

▼ 母アさん~ (20, 0.1%)

2 へ手紙

1 [18件] かい, がお, が可哀想, が居なくなった, が心配, が生きてた, が見えない, てばア, にいらし, になつて, のいらつ, の御, の生き, は死んだ, も一度, も今, やおま, を置い

▼ 母とに~ (19, 0.1%)

2 迭み

1 [17件] せびり立てました, まかせ来ぬわが, 与えた不思議, 乾児たちが, 二人とも, 伴れられ, 分れて, 叱られて, 嘆願し, 地獄の, 抱かれながら, 残らずうち, 申しでようという, 知らせんと, 訴えた, 連れられて, 関係ある

▼ 母アはん~ (19, 0.1%)

2 が怒りはるよつて, に一寸銀場, に知れます, よろしおま, 好いとこ 1 と四人, にお, にならはる, に内, に内証, の居, は倹約人, は儉約人, も同じ

▼ 母からは~ (18, 0.1%)

1 [18件] お福, そんなやう, ときどき長い, また, 云い出さず妹, 今年の, 又送金, 取返え, 女難という, 学校から, 彼が, 心を, 書斎に, 月々わ, 気狂ひだと, 泣いた手紙, 矢の, 聞いて

▼ 母~ (18, 0.1%)

2 まであつ, 云って

1 [14件] あん, あんお, あんお客様, あんお母さん, うして, だけにはと二週間, なとが, はよく, へが反対さ, へその, へゐなけれ, へ止めなけれ, へ永ら, まア腹

▼ 母といふ~ (18, 0.1%)

4 ものが 3 のが, ものは 1 のは, ものを, 人は, 動物である, 名には, 女と, 奴は, 言葉を

▼ 母なき~ (18, 0.1%)

4 子あわれ 2 子を

1 [12件] おそらくは両親, ところにては, をつづまや, 人は, 国に, 子である, 子供等は, 孤子に, 後の, 後は, 時は, 身ぞと

▼ 母です~ (17, 0.1%)

2 か, よ

1 [13件] から, から懐剣, から血だらけ, か母, がよろしく, ぞ, ぞ私, と彼, なあこれ, なあそれ, ねエスペラント, の, わ

▼ 母五百~ (17, 0.1%)

2 に聞い, の話

1 [13件] が五歳, と倶, と水杯, に学んだ, に招致, に聞いた, に聞き, の許, は子女, は明治十七年, も声, を奉じ, を訪

▼ 母さえ~ (16, 0.0%)

1 [16件] お迎え申さぬ, ここに, すぐに, そういう私達, なかったなら, 出て, 幾らか打ち興じ, 得心なら, 心配しなけれ, 忘れて, 承知し, 捨て兄弟, 永らえて, 直ぐに, 許せば, 養いかねて

▼ 母だけ~ (16, 0.0%)

2 であった, である, では 1 こことも, だ, でありその他, で可, で子ども, 先に, 先へ, 居るところ, 田舎に, 追出そうと

▼ 母だけが~ (16, 0.0%)

2 ここで

1 [14件] あとに, いい人, もつ心もち, ゐて, 勝治の, 女で, 悪い人, 死んで, 泣きたい程, 知って, 知つて居る, 見物人で, 躯を, 長火鉢の

▼ 母だけは~ (16, 0.0%)

1 [16件] お前の, このほう, どんな事, ぼくを, 一人不思議な, 今も, 夜業を, 存じて, 実際偉い, 幸いに, 死んでは, 父から, 知って, 自分の, 跌ずき, 遺して

▼ 母としては~ (16, 0.0%)

1 [16件] あまりに息子, かえって幸, ただ女難, どんなに悲し, 一ばん好きな, 不親切な, 何となく恐ろしかっ, 区の, 却って幸い, 奇怪千万の, 彼女の, 愛情の, 最も進歩的, 相当の, 若い娘, 面目上必ずそう

▼ 母~ (15, 0.0%)

4 ん藤原氏なりけり 2 んだ 1 お父, のか, のだ, のである, ので仕方, のにな, のを, ものだ, ん藤原氏なんめり

▼ 母~ (15, 0.0%)

2 の前

1 [13件] があやしく, が納屋, でなきア, と申します, の話, の顏, は不安, は何, は押し, は拷問, は泣き出し, は漸く, を縛つて了

▼ 母~ (15, 0.0%)

2 に抱かせ, の役目

1 [11件] が卵, が雛, になった, の代用, の口, の嘴, の尤, の羽翅, の背, はしどけなく, は牛大

▼ 母なども~ (14, 0.0%)

1 [14件] きまつて食事, そうである, その一人, たしかにその, ただそれ, 余程彼, 先祖の, 大きにお, 尼に, 毎年修繕し, 然う, 父と共に, 行ったらしかった, 長唄から

▼ 母なり~ (14, 0.0%)

2 父なり

1 [12件] そのころクロノス, 兄なりに, 兄弟なり, 叔父なりの, 国経卿歎き, 子守りなりが, 寧児も, 或いは双方, 探し出して, 父なりが, 牧牛の, 産を

▼ 母ねこ~ (14, 0.0%)

2 のお腹, は子 1 が声, が外, になろう, の悲しみ, はいたずらっ子, はじっと, はせめて, はその, はやっと, は考えました

▼ 母~ (14, 0.0%)

1 [14件] から引離さう, が射殺, の乳頸, の如き, の手, の本能的感情, の死骸, は争い, もその, を射つた, を最前, を水, を裏, を見る

▼ 母あに~ (13, 0.0%)

2 会いに, 子を 1 おめ, しかられたかな, ならなけりゃ産まねえの, なると, 会いたくって, 会うのに, 会って, 泣きを, 虐められたん

▼ 母ぎみ~ (13, 0.0%)

2 のお

1 [11件] からです, がさぞ, にも, にも御, の, の談天門院, は, もあなた, もその, もそれほど, を他所

▼ 母なら~ (13, 0.0%)

1 [13件] この申しわけ, で定, で誰, ば母, ば気絶, わしも, 万事先の, 奥さんと, 気心も, 決して云, 清親も, 石の, 苦笑は

▼ 母にとっては~ (13, 0.0%)

1 [13件] それの, ちょっと手痛い, どちらでも, 天祐で, 子供は, 微塵の, 成績表なんぞ, 有難い嬉しいこと, 松女の, 私が, 自分を, 苦痛の, 長火鉢の

▼ 母にまで~ (13, 0.0%)

2 托させて, 裏切られた寂し 1 かわって, そう揶揄, 与える苦痛, 八ツ当りし, 小言を, 当りちらした, 心配掛ける, 皇威を, 聞えるよう

▼ 母~ (13, 0.0%)

1 [13件] がこれ, が啖, が後に, が慕う, その子, の乳, の横腹, の茶, の莎草, はうしろ, は仔, をめぐ, 直ちに啖

▼ 母あさま~ (12, 0.0%)

2 お母 1 その頃, だけのこと, だってどう, は, は何, は静か, もいちど覚一, 久しぶり覚一の, 夕べの, 夕べ泥棒が

▼ 母について~ (12, 0.0%)

1 [12件] あちらこちらと, その前, やらされたもの, バンザイと, 出かけるの, 国許へ, 引き続いた感情, 歩きながら, 父の, 語った, 遠い青森, 順吉は

▼ 母にとって~ (12, 0.0%)

1 [12件] その長い, たった一つ, はなはだ楽, まことに苦痛, よくない, よろこびを, 一家にとって, 何という, 娘と, 最もよい, 父の, 親しみ深い

▼ 母ばかり~ (12, 0.0%)

3 では 1 である, でなくあの, でなく何十人, でなく誰, でなし, 不幸な, 四人ほどを, 親と, 責める気

▼ 母一人子一人~ (12, 0.0%)

1 [12件] でこれ, とし, として互に, と語る, なのに, のこと, のふたり, の他人, の仲, の家, の生活, の身の上

▼ 母だの~ (11, 0.0%)

1 [11件] ひとつの, ガラ姦男した, 伯父だ, 兄だ, 友達だの, 叔母だの, 此方の, 自分達は, 自由廃業した, 良人だ, 親類だの

▼ 母でない~ (11, 0.0%)

2 ことは 1 から僕, この一郎, という遠慮, といひます, ひとを, ような, 日は, 私が, 自分の

▼ 母にでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] なつた, 云おうもの, 会って, 別れて, 化けて, 妻としての, 対するよう, 注意か, 訊いて, 訴える気もち, 訴へる

▼ 母二郎~ (11, 0.0%)

3 のよう 1 が浪路, くさいイヤ, などという男, になっ, に宝刀, の正反対, の軽薄, を意気

▼ 母殿~ (11, 0.0%)

1 [11件] か拙者, さえ倒せ, さようでござろう, であろうとは, と仰せられる, の命, への執着, ものう, を想う, を荒んだ, 心得て

▼ 母~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, と妻, と浮世, に妻, に愛敬, に言, の星, の生み, は見, また其他, やたづきなからしをり

▼ 母などが~ (10, 0.0%)

1 そのもっとも, 与えて, 云ふ, 何か, 何と頑張らう, 対外的に, 引き起して, 直ぐ大工, 立つて, 造つて居た

▼ 母に対しても~ (10, 0.0%)

1 お登久, しきりに気, そんな冒涜, ぼくの, ろくろく感謝, 一人息子であった, 周子に対しても, 気拙く, 非常に, 面目ない

▼ 母~ (10, 0.0%)

2 通ジテ敏子ヲ 1 今, 偸ミ御, 勞苦セシメザルコトナリ, 母ダト思ッテイル, 熱狂的ニ愛シテイルラシイノニ憤懣ヲ感ジテイルノデハナイカ, 眼下ニ見, 虐待シテイルモノデアル, 誘ッテ出カケル

▼ 母刀自~ (10, 0.0%)

2 に我 1 が父, と妹さん, と書, の依し, の枕屏風, も玉, や叔父, や虚子氏

▼ 母系統~ (10, 0.0%)

2 を重んじた, を重んずる 1 か, かな, で続ける, の優劣, の方, は必ずしも

▼ 母~ (10, 0.0%)

2 は昇天 1 が徐々に, に小, の懊惱, よりいで, より滋養, をなす, を離れ, を離れた

▼ 母ある~ (9, 0.0%)

4 子幸あれ 1 は如何, 人のは, 子であった, 空へ, 自己の

▼ 母こそ~ (9, 0.0%)

1 ちがうが, ちがえ血, まことに冷, まことに冷酷, 今は, 側に, 女権論者として, 眞に, 薄情だ

▼ 母その~ (9, 0.0%)

1 ことは, ことを, 中に, 人に, 姉良人と, 子を, 存在が, 手の, 次が

▼ 母たり~ (9, 0.0%)

1 とも鎌倉どの, なむと, 乳母たる, 妻たる, 妻たるの, 得るであろうか, 新しい母, 祖母たる者に, 配たるに

▼ 母などの~ (9, 0.0%)

2 話に, 話を 1 ことを, ついて, 並んで, 楽しん, 評に

▼ 母へも~ (9, 0.0%)

1 そう誓っ, よく事えます, 一ぷくたて, 何も, 余り文, 妻へも, 父親として, 知らせて, 逢いに

▼ 母までが~ (9, 0.0%)

1 そういう心, その人達, 俺の, 嫌だった, 持萩中納言の, 暫くは, 私の, 端近に, 肩身狭

▼ 母娘二人~ (9, 0.0%)

1 が事欠かぬ, が手, だけで, に手, のしがない, の世帶, の家庭, の艱難, の駄菓子屋

▼ 母恋し~ (9, 0.0%)

3 さに, てふ 2 さの 1 の和歌

▼ 母木桂吉~ (9, 0.0%)

2 の心臓 1 が報知新聞社長, が政友会, だ, のため, の立看板, は報知新聞, を応援

▼ 母~ (9, 0.0%)

1 がつく, がであす, に発言, に終る, の多い, の発声, の秋, をつつん, をなし

▼ 母かた~ (8, 0.0%)

4 の祖父 2 の祖母 1 の伯父, の姓

▼ 母これ~ (8, 0.0%)

1 だ, なら必ず, に教え, は妻, よりもおら, をキロネ, を知らず, を銜え

▼ 母だけの~ (8, 0.0%)

1 ことは, 名を, 名前で, 問題でない, 罪では, 考えとして, 養い子, 養ひ

▼ 母だった~ (8, 0.0%)

1 からである, か覚え, が, がいま, し田舎, という一構想, のだ, ので庸三

▼ 母であっ~ (8, 0.0%)

1 たり姉, てまた, てみれ, て人畜魚虫山川草木, て同時に, て夫, て母, て非常

▼ 母でございます~ (8, 0.0%)

1 かええ, から成ろう, が, がこちら, それが, とおっしゃった, よ, 此の度は

▼ 母とか~ (8, 0.0%)

2 妻とか 1 何とか云う, 兄弟といふ, 叔母とか, 姉とか, 姉妹とかいう, 弟とか

▼ 母によって~ (8, 0.0%)

1 いささか私, お国, 中断され, 中間の, 仕込まれた, 斬られた五郎蔵, 結ばれて, 自分の

▼ 母ひとり~ (8, 0.0%)

2 のため 1 それに私, などが何, の手, は法華, を兄, 子ひとり

▼ 母~ (8, 0.0%)

1 がお, におじゃります, を今, を切腹, を背後, を苦しめよう, を討っ, を返り討ち

▼ 母よと~ (8, 0.0%)

1 呼ぶの, 思へば, 恋い起きても, 意味も, 我は, 抱きすがって, 笑語一番, 鳥が

▼ 母~ (8, 0.0%)

1 が仔牛, が犢, でで, の声, はおれ, はよし, は斯, を入れ

▼ 母~ (8, 0.0%)

1 が添乳, だろう, というもの, の姿, は子, は燈台, は行手, を刺す

▼ 母あの~ (7, 0.0%)

1 ところへ, ような, 仕事を, 名なんか, 大福餅を, 弟, 病室へ

▼ 母うえ~ (7, 0.0%)

1 あなた様が, が日常, が着せ, にもお, にもご, の御, もまた

▼ 母ざる~ (7, 0.0%)

1 がかり, のそば, の姿, の知らぬ, はある, はそれ, は指

▼ 母だって~ (7, 0.0%)

1 喜ぶに, 姉だって, 息子に, 私を, 自分の, 覚えが, 食べさせれば

▼ 母としても~ (7, 0.0%)

1 その子, 実に多産, 息子の, 父には, 立派な, 良人の, 苦しんだ

▼ 母どこ~ (7, 0.0%)

5 にいる 1 へいく, へ行った

▼ 母などに~ (7, 0.0%)

1 一しょに, 会ひたく, 向ひ, 来て, 知られない理解, 見て, 訴へる

▼ 母なれ~ (7, 0.0%)

1 ど, ば, ばこそと思え, ばとて妾, ばとて慈愛, ばわれ, ば乳母

▼ 母なんか~ (7, 0.0%)

1 さうでも, どうだつ, なかつたつて平気, よくやっ, 大分急がし, 家なんか, 鼠に

▼ 母に対しては~ (7, 0.0%)

1 これからは, その子供, そんなむずかしい, 何事も, 如何にも気, 娘が, 頗る自ら

▼ 母また~ (7, 0.0%)

1 先祖たちに, 姉などの, 彼の, 我に, 盟ふべし, 精, 金星

▼ 母まで~ (7, 0.0%)

2 デモクラシイの 1 引取りて, 怒ってるよう, 殺して, 締めこんで, 續い

▼ 母~ (7, 0.0%)

1 あれへん, が留守, のお腹, の写真, も悲しまれました, 何人ある, 間男し

▼ 母アちゃん~ (7, 0.0%)

1 がいけない, が教え, が来, のお, の膝, は, よしよ

▼ 母アちや~ (7, 0.0%)

3 ん芝居 2 んばア 1 んもう, ん何處

▼ 母以上~ (7, 0.0%)

2 に私たち 1 であるから, につくし, のもの, の人間, の母

▼ 母以外~ (7, 0.0%)

2 の者 1 なる, に在り得べく, に識ら, の人々, の千枝

▼ 母しか~ (6, 0.0%)

2 つた 1 つたのであります, つた久保田君以前は, ゐないやう, 持って

▼ 母たる者~ (6, 0.0%)

1 にあらず, に対する斯く, のやさし, の子, は喜び, は学校

▼ 母でさえ~ (6, 0.0%)

1 この時, それなのにと, なければ, 感服する, 気がつかずに, 綾成す

▼ 母にさえ~ (6, 0.0%)

1 ある他, 別れては, 嘲弄の, 知らせないくらい, 秘めて, 話した

▼ 母へは~ (6, 0.0%)

1 いつて, そういった, 其を, 娘という, 自分からは, 遠慮がちだつた

▼ 母やん~ (6, 0.0%)

51 よ母

▼ 母らし~ (6, 0.0%)

2 かつた, さの 1 いそぶりを, さを

▼ 母らしく~ (6, 0.0%)

1 あとや, その楓, はし, むごたらしくし, 子の, 若宮を

▼ 母をば~ (6, 0.0%)

2 ただ愛す 1 この後, 姉か, 思わざりき, 愛するやう

▼ 母~ (6, 0.0%)

1 さまで, さまは, さんと, ちゃん, 話を, 銭くんな

▼ 母~ (6, 0.0%)

1 がこれ, という肉親感, にもなっ, の前, は関係, も生徒

▼ 母娘巡禮~ (6, 0.0%)

1 といふの, の泣き濡れた, の繩, は平次, は見返り勝ち, を縛つて此方

▼ 母~ (6, 0.0%)

1 が強調, が忌, に似る, の叡智, の適切, 配す

▼ 母思い~ (6, 0.0%)

1 だ, でないこと, な天性, のむす, の娘, の彼

▼ 母~ (6, 0.0%)

1 と共に上京, の深き, の面々, は, も初め, を毆打

▼ 母里さん~ (6, 0.0%)

1 が帰った, に云う, のウチ, の裏庭, は三月ごろ, は貧乏徳利

▼ 母あり~ (5, 0.0%)

1 て人, とも思ふべからず, 人間の, 妻あり, 志業未だ

▼ 母うぐいす~ (5, 0.0%)

1 がその後, が子, だ, と二羽, と子

▼ 母おや~ (5, 0.0%)

1 と一しょ, の膝, はつねに, ひとり湯に, も大阪

▼ 母おら~ (5, 0.0%)

2 さ杉苗七百本 1 あまた奉公, お稲さん, ってえ

▼ 母この~ (5, 0.0%)

2 母思へ 1 妻, 母と, 縄を

▼ 母~ (5, 0.0%)

1 やが庭, やが黄疸, やに叱られ, やは年, や人の

▼ 母でなく~ (5, 0.0%)

1 てよかっ, て父, ともかうした, とも愛, とも逃げ出すでしょう

▼ 母とから~ (5, 0.0%)

1 ちょうど半々, 与えられて, 生まれて, 自分が, 自分は

▼ 母とて~ (5, 0.0%)

1 いとう心には, そのとき, 万一お, 白痴にも, 長閑あらし

▼ 母にたいして~ (5, 0.0%)

1 あまりに残忍, ある権利, もつ嫉妬, 何かの, 自分も

▼ 母にだけは~ (5, 0.0%)

1 どうしても一生頭, 三人目の, 未だに隠し通し, 胡麻化しきれず, 逢いとうございます

▼ 母にて~ (5, 0.0%)

1 おはする, おはせし, 候ふ, 末の, 若きは

▼ 母ひとり子ひとり~ (5, 0.0%)

1 という, なん, の大事, の暮し, 細い蚊遣火

▼ 母アお前~ (5, 0.0%)

1 のよう, の小, の眼病, もお, も眼

▼ 母テチス~ (5, 0.0%)

1 に訴, はわが, も亦さ, を廣, 示し曰

▼ 母代わり~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 となっ, のよい, をし

▼ 母~ (5, 0.0%)

1 になっ, の死ぬ, の賢, へ頼み, を安堵

▼ 母~ (5, 0.0%)

1 の仇, の蘇り, の首, への愛慕, をも伴

▼ 母~ (5, 0.0%)

5 の神

▼ 母~ (5, 0.0%)

2 の枝 1 で作つた櫛, の傍, の土地

▼ 母~ (5, 0.0%)

1 か, の教育, の榎本氏, も亦, 見られよ

▼ 母~ (5, 0.0%)

1 すなわち原種, でウバ彼岸, でシダレザクラ, の一重咲, は前記

▼ 母~ (5, 0.0%)

1 がある, とよい, と青島, の道院, や青島

▼ 母ぐま~ (4, 0.0%)

1 であって, でした, はそれ, を殺したら

▼ 母さえも~ (4, 0.0%)

1 マリアが, 手は, 知らないらしい, 警視庁で

▼ 母さんだつ~ (4, 0.0%)

1 てまる, てもう, て決して, て自分

▼ 母すなわち~ (4, 0.0%)

1 あるボヘミア, おふささん, 人母という, 義政夫人の

▼ 母すら~ (4, 0.0%)

1 不満と, 涙の, 近づいた例, 驚いた眼

▼ 母そして~ (4, 0.0%)

1 勝則が, 家庭の, 彼の, 愛人を

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 恋しき, 我母なるべき, 照る日明き, 異る

▼ 母だけに~ (4, 0.0%)

1 その祈り, なりさえ, 友情が, 連れられて

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 ゃまもいらっしゃればいいのにねえ, ゃんさきいてんべえか, ょっくら江戸まで, アん

▼ 母ちょう~ (4, 0.0%)

1 にはなしました, は, はかわいい, は子

▼ 母なし~ (4, 0.0%)

1 となどかは嘆く, に汝, の娘, 子と

▼ 母にだけ~ (4, 0.0%)

1 いって, 来て, 私は, 見て

▼ 母にのみ~ (4, 0.0%)

1 媚びるが, 見えて, 見せて, 許して

▼ 母のみ~ (4, 0.0%)

1 であると, とりを, ならず人さま, 残つ

▼ 母はと~ (4, 0.0%)

2 見ると 1 云えば, 申しますと

▼ 母ほど~ (4, 0.0%)

1 切ないもの, 喧しいこと, 子の, 細かく考え

▼ 母までも~ (4, 0.0%)

1 その覚悟, 全くの, 叱言, 苦痛に

▼ 母もう~ (4, 0.0%)

1 いまは, ええべよ, 今では, 歩けない

▼ 母ゆずり~ (4, 0.0%)

1 か裁縫, の, の情熱的, の才気

▼ 母一人娘一人~ (4, 0.0%)

1 で人, で大層苦勞, の暮し, の生活

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 を見, 力, 心, 手放

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 かそち, か父, ぢや, 兄の

▼ 母危篤~ (4, 0.0%)

1 すぐ帰れ, とあっ, のため急, の虚

▼ 母及び~ (4, 0.0%)

1 その同伴, 女中, 妣の, 妹の

▼ 母太后~ (4, 0.0%)

1 といふは漢, の死ぬ, の誄, も死んだ

▼ 母女御~ (4, 0.0%)

1 にも早く, のほう, は皇子たち, もこんなに

▼ 母娘三人~ (4, 0.0%)

1 あのおし, が昨夜, の生活, の田舍暮らし

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 に傳, の姉, は多, を彼春

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 しか, ふ, ふらしき, ふる心

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 というの, のよう, はやっぱりもっともっと, を見る

▼ 母樣私~ (4, 0.0%)

2 は不運, は何處

▼ 母次郎さん~ (4, 0.0%)

1 との仲, と約束, に來, 打ち明けて

▼ 母~ (4, 0.0%)

2 とせる 1 とする, となつたこ

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 の肉, はこいつ, を殺す, 怒って

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 の大黒猫, の目, はいつのまにか, を出し

▼ 母病気~ (4, 0.0%)

1 で行き, にあり, に付当分, のため松山

▼ 母葭江~ (4, 0.0%)

1 にあて, の兄, の妹, の従妹

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 の多数, の数, を沢山, を海

▼ 母~ (4, 0.0%)

1 に話します, は, はもう, は可愛い

▼ 母あさん~ (3, 0.0%)

1 その鎌倉, 此犬を, 紙燭を

▼ 母かと~ (3, 0.0%)

1 呆れもし, 泣かゆ, 覺しき妙貞が

▼ 母こそは~ (3, 0.0%)

1 まさしくお, 二代将軍秀忠の, 飽くなき

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 か, の耳, の行く

▼ 母さー~ (3, 0.0%)

3

▼ 母しかった~ (3, 0.0%)

1 がさて, に, のであります

▼ 母しき~ (3, 0.0%)

1 かな, ものに, を解せぬ

▼ 母しく見えた~ (3, 0.0%)

1 ことだろう, ことよ, ので

▼ 母しげ~ (3, 0.0%)

1 なその, な言葉, 無き世間

▼ 母しられ~ (3, 0.0%)

1 の殿内即, の玉かわら, 其他歴史的に

▼ 母じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないよ, ない謎, なかったの

▼ 母それ~ (3, 0.0%)

1 が俺, だから, で作家

▼ 母たるべき~ (3, 0.0%)

1 もの, 人の, 律法上の

▼ 母だけには~ (3, 0.0%)

1 内証でも, 最う苦労, 畏敬の

▼ 母だつた~ (3, 0.0%)

1 か知ら, ので安心, んだ

▼ 母であろう~ (3, 0.0%)

1 として来た, と想像, 二人とも

▼ 母とかの~ (3, 0.0%)

1 愛の, 有る様, 歴史が

▼ 母としてのみ~ (3, 0.0%)

1 でなく精神肉体両方, 彼は, 生きて

▼ 母とでも~ (3, 0.0%)

2 話して 1 いっしょに

▼ 母とな~ (3, 0.0%)

2 つて下だ 1 つては

▼ 母とに対する~ (3, 0.0%)

3 私の

▼ 母なぞは~ (3, 0.0%)

1 びっくりし, 今にも死ぬ, 別れるの

▼ 母などとは~ (3, 0.0%)

1 あんな騒ぎ, きくも, 選を

▼ 母にたいする~ (3, 0.0%)

1 ふしぎな, フォーゲル夫人の, 愛敬の

▼ 母にとっても~ (3, 0.0%)

1 対比される, 愉しい気晴し, 私の

▼ 母にな~ (3, 0.0%)

1 つた彼の, つてからは, つてしまつてからでも

▼ 母により~ (3, 0.0%)

1 深い秘密, 添い林檎, 逸早く許し

▼ 母に関する~ (3, 0.0%)

1 ことは, 事実を, 二十年来の

▼ 母ばかりが~ (3, 0.0%)

1 心得て, 慕わしくて, 管理を

▼ 母~ (3, 0.0%)

2 さやけくさびしき母 1 が製糸

▼ 母よりの~ (3, 0.0%)

2 電報 1 手紙

▼ 母ア様~ (3, 0.0%)

1 にはお話し, は誰, へさう申し上げ

▼ 母サン~ (3, 0.0%)

1 と答, と答えた, やお

▼ 母マン~ (3, 0.0%)

1 が健在, との生涯, は七十五

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 は心気, は私, ぽん

▼ 母伯爵家~ (3, 0.0%)

1 の出, の婚姻, の当主

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 などの面影, などは先ず, のどこ

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 たる歐洲, に到着, のため

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 である多く, の儀, の生活

▼ 母娘ふたり~ (3, 0.0%)

1 の女, の行く末, はあさく

▼ 母娘連れ~ (3, 0.0%)

1 がめいめい, でこの, の横

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 ですが, になっ, に来た

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 から分離, である, の発掘

▼ 母心配~ (3, 0.0%)

1 しなさんな, しねえでも, す

▼ 母志良礼~ (3, 0.0%)

1 の下, は首里三平等, を置いた

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 として廉子, にみだれる, や春渓尼

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 に根拠, の権化, よりも享楽

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 に白き, を一人, を産みし

▼ 母我が~ (3, 0.0%)

2 どちの 1 敬愛する

▼ 母政子~ (3, 0.0%)

2 の尼 1 も従二位

▼ 母木氏~ (3, 0.0%)

1 についで, のよう, の場合

▼ 母木派~ (3, 0.0%)

1 が狼狽, ではびっくり, に大隈

▼ 母様それ~ (3, 0.0%)

1 じゃ一つ佃, で怒った, は夢

▼ 母様先生~ (3, 0.0%)

2 はねそれ 1 もずるい

▼ 母様私~ (3, 0.0%)

1 が薬, は不運, は何処

▼ 母様達~ (3, 0.0%)

1 といろんな, とそっくり, の結婚時代

▼ 母殺し~ (3, 0.0%)

1 だの一家心中, の動機, の嫌疑

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 と同年, は三十一歳, は子婦

▼ 母蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 が寂し, であった, よ子袋

▼ 母~ (3, 0.0%)

1 が青大将, にはおか, の体

▼ 母~ (3, 0.0%)

2 父と 1 是古志麻波母

▼ 母麻子~ (3, 0.0%)

1 との婚約関係, と彼, に対するとき

▼ 母ああ~ (2, 0.0%)

2 さん

▼ 母あて~ (2, 0.0%)

1 に遺書, の手紙

▼ 母ありけり~ (2, 0.0%)

2 今は

▼ 母あれ~ (2, 0.0%)

1 ども愛する, はわたくし

▼ 母かさん~ (2, 0.0%)

1 の世話, の云う

▼ 母かとぞ~ (2, 0.0%)

1 おもう, 思うの

▼ 母かの~ (2, 0.0%)

1 ようだった, ように

▼ 母がた~ (2, 0.0%)

1 うとう自分, のいとこ

▼ 母がね~ (2, 0.0%)

1 あなたに, お産を

▼ 母がは~ (2, 0.0%)

1 しゃぐようにしてくりかえしていうほどおかしくもなかった, ひつて

▼ 母ぐまと子ぐま~ (2, 0.0%)

1 の遊ん, はいまごろどう

▼ 母~ (2, 0.0%)

2 ひし

▼ 母さま母さま私~ (2, 0.0%)

2 を引取

▼ 母さま私~ (2, 0.0%)

2 を引取

▼ 母しがる~ (2, 0.0%)

1 お嬢さん育ちの, ような

▼ 母しくなくなる~ (2, 0.0%)

1 のよ, わ

▼ 母しく思う~ (2, 0.0%)

1 にこそわれ, のだった

▼ 母そのもの~ (2, 0.0%)

1 に就, をおしつけられ

▼ 母ぞと~ (2, 0.0%)

1 思うの, 臨んでも

▼ 母たち自身~ (2, 0.0%)

1 がああ, の社会的生活

▼ 母だけしか~ (2, 0.0%)

1 なかつた, 知らないよう

▼ 母だつ~ (2, 0.0%)

1 たかから, てい

▼ 母だに~ (2, 0.0%)

2 世に

▼ 母だらう~ (2, 0.0%)

2

▼ 母って~ (2, 0.0%)

1 云う人, 奴は

▼ 母でなかったら~ (2, 0.0%)

1 何と, 僕は

▼ 母でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばさけび得ない, ばならぬ

▼ 母というは~ (2, 0.0%)

1 お豊, 前にも

▼ 母としてばかり~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 母とても~ (2, 0.0%)

1 立木を, 結婚後習い覚えた

▼ 母とには~ (2, 0.0%)

1 余り逗留が, 見栄が

▼ 母とへ~ (2, 0.0%)

1 交る, 宛てたもの

▼ 母どの~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, は若い

▼ 母なく~ (2, 0.0%)

1 ば人, 兄弟なく

▼ 母など~ (2, 0.0%)

1 みな子どもを, 一向に父

▼ 母などから~ (2, 0.0%)

1 聞かされたこと, 聞かされたもの

▼ 母などと~ (2, 0.0%)

1 こちらに, 来たらおやじ

▼ 母などという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 母などとも~ (2, 0.0%)

2

▼ 母などには~ (2, 0.0%)

1 会ひたく, 親が

▼ 母などよりも~ (2, 0.0%)

1 いい著物, つと餘計

▼ 母などを~ (2, 0.0%)

1 いやがらせた, 出した

▼ 母ならぬ~ (2, 0.0%)

1 べつな, 人には

▼ 母なりし~ (2, 0.0%)

1 デイダメイアは, 女の

▼ 母なりと~ (2, 0.0%)

1 人誰か, 言いこの

▼ 母なんかに~ (2, 0.0%)

1 はまるでない, 注意された

▼ 母にあたる~ (2, 0.0%)

1 前火星女王, 後室と

▼ 母にさえも~ (2, 0.0%)

1 あった, 話さなかった事

▼ 母にだけでも~ (2, 0.0%)

1 子としての, 話して

▼ 母についての~ (2, 0.0%)

1 思い出, 秘密じゃ

▼ 母については~ (2, 0.0%)

1 別に言うべき, 継子い

▼ 母についても~ (2, 0.0%)

1 一つ言うべき, 知るところ

▼ 母にと~ (2, 0.0%)

1 つても, 頼んだの

▼ 母によ~ (2, 0.0%)

1 つて代表せられる, つて睡り

▼ 母に関しては~ (2, 0.0%)

1 どのへん, 何事も

▼ 母のち~ (2, 0.0%)

2 がふ

▼ 母のみに~ (2, 0.0%)

1 あらずして, かつかつ暮らす

▼ 母はか~ (2, 0.0%)

1 ほば, ような

▼ 母はさ~ (2, 0.0%)

1 までとは云, までとは云い兼ねたらしかった

▼ 母はな~ (2, 0.0%)

1 偉え, 貴様が

▼ 母はむ~ (2, 0.0%)

1 ツく, ツと

▼ 母はも~ (2, 0.0%)

1 いちどあなたを, く

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 ちの片方の, 喜ばせて

▼ 母ばかりは~ (2, 0.0%)

1 なお門口, 上気した

▼ 母ばかりを~ (2, 0.0%)

1 幻に, 追うて

▼ 母へと~ (2, 0.0%)

1 女の, 視線を

▼ 母ます~ (2, 0.0%)

1 國へ, 女が

▼ 母または~ (2, 0.0%)

1 御叔母, 本家の

▼ 母までを~ (2, 0.0%)

1 こめて, その為

▼ 母みたい~ (2, 0.0%)

2 な子供

▼ 母みつ~ (2, 0.0%)

1 との仲, は再嫁

▼ 母もさ~ (2, 0.0%)

1 うして, は思ひ

▼ 母もろ~ (2, 0.0%)

1 とも, ともしめやか

▼ 母やの~ (2, 0.0%)

1 思い出にも, 死の

▼ 母よりは~ (2, 0.0%)

1 むしろ父, 真面目に

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 が毛孔, のこと

▼ 母われ~ (2, 0.0%)

1 に命じ, を慰めん

▼ 母をや~ (2, 0.0%)

2 忘るる

▼ 母を通じて~ (2, 0.0%)

1 勝治に, 知りあいに

▼ 母アさま~ (2, 0.0%)

1 と都合三人, どうした

▼ 母アそれ~ (2, 0.0%)

2 も承知

▼ 母アはん今夜泊つて行き~ (2, 0.0%)

2 なはると

▼ 母アプロディテ~ (2, 0.0%)

1 に接吻, 及び其他

▼ 母ア家~ (2, 0.0%)

2 に居なさる

▼ 母ア歸ら~ (2, 0.0%)

2 うよ

▼ 母イワ~ (2, 0.0%)

1 がワラジ, が身体

▼ 母サンハ目~ (2, 0.0%)

1 を丸クシテヨロコビマシタ, ヲサマシマシタ

▼ 母ジェニファー~ (2, 0.0%)

1 の成熟, の新しい

▼ 母チャン~ (2, 0.0%)

1 と呼びなれ, どうした

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 前デ, 子ナラザル者アランヤ

▼ 母ブリジツト~ (2, 0.0%)

1 として人間, や家庭

▼ 母ヘカベー~ (2, 0.0%)

1 の, 及びヘレネー

▼ 母マリア~ (2, 0.0%)

1 の一生, はハンガリア王ラヂスラーオ四世

▼ 母マリヤ~ (2, 0.0%)

1 と神, に

▼ 母上衝~ (2, 0.0%)

2 で眼

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 往来, 有杼翁之

▼ 母~ (2, 0.0%)

2 にます

▼ 母乞食~ (2, 0.0%)

1 の顔, は眼

▼ 母亡き後~ (2, 0.0%)

1 はとかく, は義父

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 けえった, では御

▼ 母代り~ (2, 0.0%)

1 に働く, に選ぶ

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 するんだい, をする

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 を捕え, を箱

▼ 母~ (2, 0.0%)

2 は南

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 は少し, よでせう

▼ 母即ち~ (2, 0.0%)

1 天の, 孔子の

▼ 母吉さん~ (2, 0.0%)

1 に逢つて, は御新造さん

▼ 母君御台所~ (2, 0.0%)

1 の住まいなされる, の住まひ

▼ 母呼ば~ (2, 0.0%)

2 む来り遊ば

▼ 母夕安ら~ (2, 0.0%)

2 けく

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 にマルカ・トリヴィジアーナ, に一匹

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 に驚い, 母麦新婦燕麦新婦英国で

▼ 母大いに~ (2, 0.0%)

1 瞋り, 驚きこれ

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 にそれ, 並びに義妹

▼ 母妻子~ (2, 0.0%)

1 に先立たれた, を族滅

▼ 母姉団~ (2, 0.0%)

1 に充分, の大勢

▼ 母姉妹~ (2, 0.0%)

1 の関係, をどう

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 に因れり, の藤原氏

▼ 母娘づれ~ (2, 0.0%)

1 が通りかかる, の狂人

▼ 母娘づれらしい方~ (2, 0.0%)

2 はふたり

▼ 母娘喧嘩~ (2, 0.0%)

1 なら帰ったあと, も

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 に対して負うべき, を生み

▼ 母子供~ (2, 0.0%)

1 である自分, と二人

▼ 母宮の代~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 母宮の所~ (2, 0.0%)

1 へおいで, へ女房勤め

▼ 母尼公~ (2, 0.0%)

1 とともに鞍馬, は落髪後久

▼ 母山羊~ (2, 0.0%)

1 あり子, 帰りて

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 さ行, で溺れた

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 とその, 又は家

▼ 母弟妹~ (2, 0.0%)

1 いくたりか, を養う

▼ 母思ひ~ (2, 0.0%)

1 でまた, の娘

▼ 母思へ~ (2, 0.0%)

2 ば赤石

▼ 母性合はず~ (2, 0.0%)

2 さびしくましき

▼ 母恋いし~ (2, 0.0%)

1 さから, さの

▼ 母或は~ (2, 0.0%)

1 伯叔父母或は, 兄弟を

▼ 母昨夜土ぁ凍み~ (2, 0.0%)

1 だじゃ, だぢゃぃ

▼ 母時子~ (2, 0.0%)

1 と申します, の手

▼ 母曾毘賣~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 母曾能~ (2, 0.0%)

1 が二歳, は二十八

▼ 母木与四郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 が頑丈, であった

▼ 母様いま~ (2, 0.0%)

2 に皆

▼ 母様これ~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 母様の~ (2, 0.0%)

1 と違, と違った

▼ 母様ほんとう~ (2, 0.0%)

1 にそう, に久しぶり

▼ 母様何~ (2, 0.0%)

1 かお, なら露

▼ 母様其衣~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ 母様愉快~ (2, 0.0%)

2 いもの

▼ 母様母様~ (2, 0.0%)

1 がなさる, も少し

▼ 母様遊び~ (2, 0.0%)

1 に行かう, に行こう

▼ 母樣それ~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 母樣今夜~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 母樣出~ (2, 0.0%)

2 て來

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 に来り驚く, は縁

▼ 母次兄~ (2, 0.0%)

1 と嫂, と後

▼ 母~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 母死去~ (2, 0.0%)

1 のせつ妻, の由

▼ 母母曾毘賣~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 とすれ, は子

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 ねえど, 無えど

▼ 母法子法~ (2, 0.0%)

1 なる熟語, に符合

▼ 母清子~ (2, 0.0%)

1 が次男, の知る

▼ 母瀧子~ (2, 0.0%)

1 と十七, の生活感情

▼ 母無く~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 母父ちゃん~ (2, 0.0%)

1 は今夜, は歸

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 が秋, に殘

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 から殺され, に随

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 により, の寢

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 と期する, をも掠ひ取れ

▼ 母~ (2, 0.0%)

2 ほど紅う

▼ 母生み~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ 母白い~ (2, 0.0%)

2 烏が

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 のわるい, 掛け駈け寄ろうと

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 が寂し, と同じ

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 には祖母, はこんな

▼ 母立ち~ (2, 0.0%)

2 て望小山

▼ 母竝びいましてしづけさよ七十路~ (2, 0.0%)

2 越えて

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 の兄, を北島

▼ 母美しい~ (2, 0.0%)

2 マリアは

▼ 母聖マリア罪人~ (2, 0.0%)

2 なるわれら

▼ 母育ちと~ (2, 0.0%)

2 て誰

▼ 母舒文~ (2, 0.0%)

1 にとつ, も瀬越

▼ 母~ (2, 0.0%)

1 にぼかされ, の空

▼ 母見し~ (2, 0.0%)

2 日も

▼ 母訓導~ (2, 0.0%)

2 あがりの

▼ 母許し~ (2, 0.0%)

2 てけろ

▼ 母譲り~ (2, 0.0%)

1 の健康体, の眼

▼ 母~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 母近く~ (2, 0.0%)

1 は高村光雲, 寄り

▼ 母違い~ (2, 0.0%)

1 の妹たち, の娘

▼ 母遲久奴須奴~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 母離方可三百里~ (2, 0.0%)

2 多竹木叢林

▼ 母鹿~ (2, 0.0%)

1 ははらはら, もみんなあと

▼1* [964件]

ぁさんに抱っこして, 母あお弁当が, 母あさま早く来て, 母あたりまでは従えました, 母あっての父, 母あとばっかりきまった, 母あに少し貸して, 母あらんや, 母ありき髮の, 母あり出でて嫁げる, 母あんが弱る, 母いい気だ, 母いいかげんにもう, 母いかがやクラマール, 母いかならん, 母いざなみの, 母いずれはどこ, 母いたこッて何ん, 母いたこツて何ん, 母いつ生れたの, 母いつのまにこんな着物, 母います日こそ, 母いませりと思ひ, 母いやもう祖母, 母いわくこの男, 母へは永久, 母うらみかこち, 母おいここへ, 母おうて傘, 母おっ母後生だ, 母おれだよ, 母おん身におん礼, 母お前つくばろうとしてる, 母お山もろともに縁付きました, 母お父さんは御, 母かう云に, 母かが抱いて, 母かけて汝, 母かさん小野をよく, 母かさん藤尾は承知, 母かであつたなら, 母かなしきに堪へずし, 母かに見られたら大, 母かも判らないが, 母からかそれでなけれ, 母がかうだつた, 母がかへつて私は, 母ががみ, 母がさつさと飯, 母がちがふ, 母がてつくひ, 母がというところね, 母がなんて云ひます, 母がにはかに面や, 母がわらつてもどうも, 母がわりとなっ, 母ききとり誘はれて共に, 母きみ四十一歳祖母みよ六十四歳, 母ぎつねが笑いました, 母ぎつねは子ぎつねをつれてゆきました, 母ぐらいの年配の, 母ぐらいはよろしいが, 母こう云に, 母これから先は, 母こん夜のこと, 母ごころに不幸, 母さう母さん, 母さながら鷹の, 母さまそれは, 母さま僕死ぬ前, 母さま千恵はかうし, 母さま殺しに来る, 母さま母さまと呼ん, 母さま笑いはしない, 母さま赤ん坊はどこ, 母さよのこと, 母さアん, 母しいしまた彼, 母しいつたらないん, 母しいでしょう清葉さんの, 母しいような訊き, 母しかし父は, 母しかもその責任, 母しからずとてここ, 母しからぬ報償を, 母しがっていました, 母しがらせずには措かない, 母しがられてゐた, 母しがられた頃は, 母しき人々に一つ談話, 母しき御仁なりと承っ, 母しき曙光を認め得る, 母しき紳士と思い, 母しくいったが神, 母しくなりて後, 母しくもない東京の, 母しく思し召されて, 母しく思われて周囲, 母しく思われた程実に, 母しく考へて居たらしい, 母しく見えるの, 母しく見上げて, 母しげ女は京都麩屋町, 母しのぶ夢にのみ, 母しゃんも, 母じゃがそれが, 母すずめは悲しく, 母すなは文政十年九月十二日, 母を冷くも, 母そういう母を, 母そこにいる, 母そち左門を探し出し, 母その他うんと大勢, 母それから親戚の, 母そんなことは, 母かの長男, 母たいさう知つたかぶりな, 母たしかにそうだよ, 母たち一つ一つの顔, 母たち同志が二言三言立ち話, 母たまたまこれを, 母たらむとする本能とに, 母たらしめる外に, 母たるべしと定まれる, 母だけであつた, 母だけを同伴し, 母だちが何, 母ちがいの弟, 母ちゃあん, 母ちやん達と一, 母ちょっとここで, 母かさんに, 母さんと, 母つかれたと云っ, 母つや子しげのと窓, 母であったならば又, 母であったらこうも, 母でありたき願ひ, 母でありましてその, 母であり従ってこれ, 母であるしつかり者らしい, 母であるならば不自然, 母であるまいとする, 母でございまして先, 母でしてね, 母でしたが小さい, 母でもが云ひさう, 母といは, 母といた日の, 母といはじの決心, 母といふは内娘, 母とお末とが, 母とかってやつん, 母ときたら毎日もう, 母ときやうだいたちが故郷, 母としか湯には, 母としてかの政岡を, 母とじぶんを, 母とだけでは, 母とだけの家庭に, 母とですること, 母とでは子どもの, 母とばかり暮し向きの, 母とばかりになって, 母ともどもすこしあっけ, 母どうしたべ, 母どれ程澄子, 母どんは今, 母ないし我が国人に, 母ながらこれ実に, 母なき淋しさと, 母なぐさめて摘む, 母なぞと来たら大, 母なぞも少しその, 母なだめたし弟, 母なつかしき武男母の, 母などについて快よく, 母などにも何かと嫌がられた, 母などへ私の, 母などよりもっと余計, 母などよりはずつと若い人, 母なにがいたんだ, 母ならず伯母ならずし, 母ならずして何, 母ならでは見られない, 母なりき詩の, 母なりとしての自分が, 母なりやと問, 母なり子なり兄弟姉妹, 母なんかも昆布を, 母なんぞがその死んだ, 母なんぞのように, 母なんてもんじゃ, 母におけるごとく流涕, 母にかけてはばかに, 母にこそ口説いたものの, 母にすら語るな, 母にたいしても殘酷な, 母にてをとめ, 母になど云ふ, 母にゃ嘘が, 母によりも骨肉の, 母に対し家老に対し, 母に対してだけは蔓草の, 母に対しての一人息子である, 母に従って来た, 母に関してようようこれ, 母この心配, 母のかもしれないと, 母のてがみには, 母のねまの, 母のみが理解し, 母のみは父が, 母のみよは当家に, 母のみを孤独に, 母のめつきり白く, 母のやしき跡など, 母はかぶりを振っ, 母はからだが, 母はからの茶筒に, 母はくりやで水, 母はくッくッ涙, 母はじめみんなのいう, 母はつぎものをする, 母はてぬぐいと紙, 母はねお爺様, 母はね死んだのだ, 母ははッと, 母はわッと, 母はんあなたにもあんなに, 母はんなんもそないに, 母はん一遍今度の私, 母はん一遍本人を越しやす, 母はん違てはつて, 母ばかりじゃない三遊派全体, 母ばかりの暮らしだった, 母ひとつ話して, 母ひとりきりですよ, 母ひとり之をなす, 母ひとり娘ひとりのたより, 母ひとり子ひとり家計のため, 母ひとり忙然として立てり, 母びとは悲しくませ, 母ふるさと睡り揺籃, 母へだけ話したけれども, 母へでも送るやう, 母ほかならぬ我母, 母ほども年上の, 母まことに御無沙汰一寸, 母まま子の御, 母みたえに, 母みづからも, 母みねは下総赤法華村, 母みまかりたまいし日より, 母みんなに逢う, 母むすめが, 母もかの女の, 母もし常に卵を, 母もと覗がったが, 母もはいともいわない, 母もネ着きました晩, 母やとねおきして, 母やはり気が, 母やまとの一本薄, 母やも見えし小枕, 母やら卯木への, 母ゆるさば, 母ゆゑにはと言うて, 母よき妻と共に, 母よせやい, 母よりか多分美しい, 母よりもねほかに, 母らしいかさばった強い重い感じ, 母らしくないものだ, 母らしくなるかも知れない, 母らしく見えたのでしょう, 母らしく駈け寄って助け起し, 母ら四五人の頭株, 母わが妻一族にも, 母わが子の女, 母わずらいつきて死, 母をかへり見ながら, 母をしか見ない自分, 母をとほして, 母をばかり想像し, 母を以てこれに, 母を通して父そんな, 母を通しての間接の, 母んたちは人, 母んはよおいでん, 母アこっちへ入んねえ, 母アさんこっちへ這入っ, 母アさんパパ東京へ明日, 母アさん何も御, 母アさん焼餅たらいふもの, 母アさアん, 母アちゃん何処にゆく, 母アちゃん父うちゃん, 母アちゃん紅子さんて誰, 母アどこさ行, 母アはん坊んちと, 母アウガスチンの母, 母アグレームン女公の臍, 母アコール天の足袋, 母アデライーダ・イワーノヴナを憎み, 母アハハハアーメンがアーメン, 母アレクサンドラは衷情, 母アンナの生涯, 母ア上の子供, 母ア何も然, 母ア俺ア奴の尻尾, 母ア勘忍して, 母ア堪忍して, 母ア工場へ飛ん, 母ア彼奴は今夜大宮, 母ア待ちねえそう, 母ア様工場へ電話, 母ア気をつけなく, 母ア狐に向っ, 母ア遲くて, 母ア離屋を頼む, 母イサベラ様の幾代目, 母イヴから世界, 母エリピュレを殺せる, 母オリュンポスに登り, 母オルクニーの王妃, 母カツは中橋, 母カヨを説得, 母ガンジーの母, 母ガ我ガ家ノ門前, 母ギリシアの間, 母クララは共に, 母ゲルカスを呼ん, 母コウヅに女中, 母コンスエロという名, 母サンハモンコチヤンニモワンコチヤンニモニヤンコチヤンニモソレゾレオイシイオ菓子ヲ下, 母サン私コンナ洋服大キラヒ, 母シベールよ, 母スラ自ラ, 母スルイヤに宛て, 母ソックリの女, 母タミノを意味深長, 母タル勞働ノミトナラバ夫タル勞働者ノ品性, 母ダケガ若キ日, 母ダトカ伯母ダトカイウ人ノ歪ンダ脚, 母ダナエの腹, 母チャマ大変よ, 母チャン母チャンと呼びなれ, 母ちゃて, 母ッちやお母ッ, 母ッチャガ君チャンニマイバン目ヲサマシタラ, 母ッチャノ方ニ手ヲノバシテヤッテ, 母ッチャハナカナカ目ヲサマサナイノ, 母ッチャハナンデ今, 母ッチャハワザワザ三町モアルイドニ四ドモ五ドモ水ヲクムニユクノ, 母テチスわが子がギリシア軍, 母テチス來りて, 母テチス來つて彼を慰め, 母テチス其哀訴を聞き, 母テチス彼を慰むる, 母テチス神明をうけ, 母テティストロイアの難, 母同ジダッタ, 母トシテ又妻トシテノ婦人, 母トシテノ勞働ガ人格的尊敬ヲ以テ認識セラルルハ論ナシ, 母トハソノ古イ方, 母トヨタ自動車工業株式會社では我國, 母ドゥルガである, 母若イ時美人ト云ワレタ, 母ハ予ノ記憶ニアル, 母ハ児ヲ哭ス, 母ハ明治十六年ニ生ンダ我ガ子ノ督, 母パールデン荊棘に鈎, 母ヒュルスマイエルは盜, 母ブランデスさんはこう, 母ブースの母, 母ヘーラクレース獲たるもの, 母ベラゲヤの社会, 母ポリムネストスの眼, 母マグダレナの手, 母マリア赤や紫, 母マルグヴェンは, 母ヤ我ヲ育ツ, 母ヤ祖父ヤ祖母タチノ墓モ何処カ東京デナイ所, 母ヨチ子腹痛えって, 母レアこれをイダ, 母ロザリーは暫く, 母ン一人になつたえ, 母一人きりなの, 母一人嫁一人乳飮子一人是等は助, 母一人子一人夕の山路, 母一人子一人誰も関, 母一人彼は娼家, 母一人此も母一人, 母一人養つてゐる文次郎, 母一族の不純さ, 母一日片時も忘れね, 母一生を神, 母一番鶏が鳴きました, 母一神の君, 母一身死に向, 母七十に近い, 母三人の使徒, 母三十一歳の時, 母三十六の時, 母三拝その他飴菓子を買わぬ, 母上京する, 母上京記念写真と平凡, 母上杉清子とみ, 母下妻より歸, 母不遇な妻, 母世間並の娘, 母世間態や人前, 母並びに苅萱を, 母中宮のお, 母中條葭江は明治八年頃東京築地, 母中田かまを参考人, 母乍ら美くしい愛らしい, 母に乏, 母もこの, 母事俄に病気, 母二三日前脳貧血で卒倒, 母二人の妹, 母二母孰れか, 母二神の上, 母五十回忌の法事, 母五子他人を交えず, 母五百五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 母亡いのち一家のため, 母同ジ, 母人ひとり縫物して, 母人類生活の基, 母今夜泊まって, 母今年十二歳になる, 母今日寄らしたかい, 母の小さい, 母付き自ら抱く角出, 母以てのほか立腹して, 母以上生みの子の育ち, 母以下が僕, 母以下森兄弟一門の今や, 母以外誰もその, 母以爲らく或ひ, 母伯叔母の義, 母伯母妻児等皆多少風邪, 母伸足下等が集っ, 母はその間, 母の女, 母住めりと言い伝う, 母住江は今, 母佐藤氏と註し, 母佐藤氏墓在本郷栄福寺, 母佐野勝也の母, 母余り心配なさらぬが, 母の着, 母俺ら学校の帰り何時, 母偉大なる政治家, 母健在兄三人のうち二人戦死, 母働く娘は, 母の最良, 母儀検脈に参り, 母兄たち姉たちみんなにその, 母兄三人姉四人弟一人それに叔母, 母兄上幼き弟, 母兄大西与五郎に平八郎, 母兄姉も皆, 母兄弟が当時須磨寺, 母兄弟らに護られ, 母先夜は府中武蔵屋, 母先夜父の敵五味左門, 母先生が御, 母して, 母に語り, 母児玉氏は賢, 母入口に立っ, 母入用が相当, 母執曜, 母公不快之由申来, 母公呉夫人であった, 母公喬国老など本堂, 母公様にもお目にかかり, 母公貞芳院ならびに公子ら, 母六十四歳と註し, 母共々争いの, 母其人ノ生活ハ母自身, 母其方の命, 母其次が又, 母典膳お浦, 母兼さんから消息, 母兼家庭教師である彼女, 母内裏のみづし所, 母冷泉為子がすでに, 母で来る, 母刀自子らにもけだし, 母刀自面変りせず, 母ち素懐, 母剌国若比売, 母一派の, 母しくすまいて, 母加志波良袁登売云々とある如く, 母加減が悪い, 母加那志につぐ, 母助為基が父, 母勇士を生みし, 母こんで, 母北の方とお, 母十年前にお, 母千里御前そのまんなか, 母半分盲いて, 母博多弓之丞飯能主馬の三人, 母ハ女子ニ負荷セシメザル所以ハ愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ故, 母又は乳之, 母及妹を送り来る, 母叔兄に告ぐる書, 母叔母と四人, 母只一人あるのみ, 母懐く妹, 母台所で開成山, 母吉田老母は洞谷, 母産の, 母同入房以果酒禮壻而用素帛一幅置之壻袖中謂之交親壻拜受之, 母同士のつながり, 母同志が姉妹, 母同様に扱う, 母同様屈しない激しい生れつき, 母同様玉子を沢山, 母は琴, 母君丹頂の鶴, 母君大隈侯爵夫人綾子戸田伯爵夫人極子を数える, 母君尼御台所さまが建保六年, 母君更るまで, 母君淀のおんかた, 母君等はもうとうとうに, 母君葛城の高額姫, 母君達が思った, 母君遠慮して, 母君間人穴穂部皇后の宮, 母吾大王能毛呂比登乎伊射奈比多麻比, 母呂能伊都加斯賀母登を参考, 母呂能伊都加斯賀母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 母周囲で父, 母呼びたまえりもはやうち捨て帰らん, 母も危うい, 母に交っ, 母ふ, 母喜んで下さい, 母喬彦であつ, 母嘆かむと思ひつ, 母嘆かすやしづけき我を, 母嘉那志である, 母という物, 母の順, 母國民ノ妻タル權利, 母阿彌, 母夕飯を運び来る, 母牟は, 母多分夕飯の, 母夜汽車の間じゅう, 母大原大刀自, 母大宮の病気, 母大川内の峡, 母大政所は八十歳, 母大虫顧大嫂といふ勇力武藝男子, 母大西氏歿す, 母つ御み, 母天孫民族は夫, 母天野自分の破壊, 母太后誄といふ楊雄, 母夫人息女の中, 母夫人自身も迎え, 母夫夫之祖父母, 母として妻, 母如何に是, 母妙光との前々, 母妙秀尼もご, 母妹みんな一応取り調べ, 母妹下女スミツカリを拵, 母妹二人の弟, 母妹及虚子氏さえも臨終, 母妹叔父たちの巡り, 母妹有原共に再び呼び出され, 母妹等は筥崎, 母妻たちが現代, 母妻ら早速見つけ, 母妻勝生れて, 母妻勝三歳の子, 母妻姉妹皆同一, 母姉妻などの意見也, 母姉妻女は硝子戸, 母姉村人の恨み, 母娘きりなの, 母娘さんたち私は大して, 母娘すべてにかかわる, 母娘づれでかけつけて来て, 母娘ともに人柄, 母娘二人どっちの乳母, 母娘二人暮しのこの, 母娘二人相坂の方, 母娘二人連れをとらえ, 母娘二代の奉公人, 母娘美容院ではパーマネント・ウェーブ, 母娘者のお, 母娘諸共と云う, 母娘連あなたの祖母, 母娘食事なしで, 母子供三人の同勢, 母子供兄弟姉妹男女娘すべての者, 母字子字となり, 母存生して, 母季敬姜を引く, 母を伴う, 母れか, 母宇野氏は天明六年, 母宇野氏秀が死ん, 母安夜爾多, 母安産安心あれ, 母家一軒の寂しい, 母家下屋まで火の手, 母家来用人八十石渋江官左衛門次男という名義, 母寺梅若塚の大, 母寺辺であったかと, 母寺門一馬大垣七郎右衛門など側近, 母寺附近料理茶屋の入口, 母寿松が五十五歳, 母尋ねらるる, 母ふらく婆羅門輩, 母小さい娘, 母小川久兵衛牧師泉田精一教誨師前坂和子君所長にも僕, 母への消息, 母と称する, 母山内氏の死, 母山内氏五百の語る, 母山吹の故郷, 母山林官は嘘, 母岩田氏縫を喪っ, 母見れば, 母をかけた, 母帰る西日に, 母常盤が侍女, 母常磐の以後, 母常磐どのとやらも入道, 母をとつ, 母幼い弟妹など, 母妙の, 母広い屋敷の, 母建礼門院徳子のふたり, 母弟倭彦命薨せぬ, 母弟時代と三つ, 母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 母彼父と西洋間, 母待つと乳母ぐる, 母後で手が, 母後生だから, 母後藤新平の母, 母従兄弟姉妹此等の人々, 母御息所の感謝, 母徳子と私, 母徳無形の感化力, 母心母愛に根拠, 母必ず知って, 母忌最後皆燕人で東北方, 母志良礼・首里大阿母志良礼, 母眦流都美邇比流都美邇云々, 母怒りて夫, 母勸めにより, 母思いやりのない, 母思ひしよりはやつれ, 母思ひらしい口振りで, 母思わず蒼白に, 母にあわて, 母は悴, 母愛さるればその, 母愛すべき母僕の, 母愛人友人たちまたは女親類たち, 母慈愛館からお, 母しの, 母我汝が家, 母を叩け, 母戸口のとこ, 母房氏を可, 母手ずからそれを, 母ふ, 母摩耶夫人の影像, 母教えて広野, 母教祖の胎内, 母知れぬ祖父, 母からず, 母敷トコロ有テ亦ナサケナキ風俗也, 母敷岐蘇路日本国の古風残り, 母文珠の外, 母待賢門院へ, 母族林彦清等妻族鄭原吉等九族既に戮, 母早く帰って, 母早世ゆゑ成身に隨, 母明治やの上, 母が十一月二十四日, 母春妹安は小田原, 母春野すでに死し, 母暁子は既に, 母暫く閉口の, 母木の頭を掠めた, 母木三木両君に一票, 母木三木両派が握手, 母木少年の逞しい, 母木市長がどこ, 母木東京市長が急逝, 母木桂吉安藤正純田川大吉郎伊藤痴遊というそうそう, 母木桂吉氏の九谷窯, 母木氏一建立の御, 母木遞相を動かし, 母未亡人たちすべてがただ, 母末妹及び二兒, 母て, 母来りて南側, 母来ると知る, 母東西の隣里, 母枯れ芍薬の, 母を東京, 母柴田氏の猶, 母桂昌院が戌年生まれ, 母桐壺の更衣, 母の計らい, 母楠公夫人を描く, 母ができ, 母榎本氏の出, 母様あなたは何, 母様お金はふっ, 母様たちとは根本的, 母様ともどもわたくしの家, 母様どこか旅, 母様ぼくきっと大統領, 母様アの様, 母様アーッと呼んだ, 母様アーッ妾栞でご, 母様ア大事にしなえ, 母様ア江戸を見た, 母様オお助けくだ, 母様コイコイという, 母様ッてお, 母様ホと太息, 母様五郎蔵一味大勢の者, 母様今夜は愛吉, 母様僕ちょっと田沢さんところ, 母様初め皆が時節柄, 母様地球の終り, 母様坊やは大きく, 母様塩梅悪いだ, 母様外へ出, 母様大へん御, 母様天国様を持っ, 母様妾を粗末, 母様孝ちゃんの家, 母様宛にいと, 母様御飯と遣っ, 母様恨みがましい, 母様愛吉があんな, 母様新造様までも皆, 母様方様の下宿料, 母様本統に無かっ, 母様杉苗だって大きく, 母様梅をつけ, 母様此の間はお, 母様此処な処, 母様母様ッてお, 母様浅木様のお, 母様浅草午前中さらった丈, 母様父様が居ない, 母様父様家に居る, 母様狷介なんかも兄貴, 母様目の見えない, 母様神様はあの, 母様綺麗だわ, 母様西の御殿, 母様貴族や華族, 母様違つてるわねえ, 母様野原の小母さん, 母様雀が, 母様雪降って, 母様露なんぞはもと, 母様頼母様と可憐, 母様駒鳥は可哀そう, 母樣こひしかるべし何, 母樣一人のだよ, 母樣二千二百石取の, 母樣同やう甘へ, 母樣妹は其母樣, 母樣御機嫌よう好い新年, 母樣狷介なんかも兄貴, 母横死の報, 母橘夫人のため, 母橘姫などが感歎, 母次郎祖先の手柄, 母次郎芝翫の浜路, 母死す期に, 母死にきれぬ悶えを見せ, 母殺し事件が起つた, 母殿尊霊もそ, 母殿紙帳の中, 母の横, 母氏今の斬, 母氏妹氏と共に心, 母永瀬氏小田原で自動車, 母求めも泣き, 母に與, 母波子にとつて, 母泣かすをとめ子, 母泣きながら答えます, 母泣くのお, 母の彼, 母の女神, 母の上, 母滝子と妹, 母の谷, 母を燃す, 母為子は後醍醐, 母烈婦あり然, 母無き燈籠かな, 母燃えたぜ当たらっしゃい, 母父ゆゑに身ひとつ, 母父上池田家晩餐何だか気, 母父母共になけれ, 母の方, 母物置小屋の中, 母猪子を生み八日後, 母と訛り, 母獅子のほう, 母両ながら病ん, 母玄女を遣わし, 母理解せぬ母, 母瑶池の会, 母の母, 母の苦しみ, 母用意をする, 母甲斐ない, 母申して寐, 母異いで弟, 母疑いて何事, 母病床子供が居る, 母病歿のため, 母を参考, 母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 母百合枝三十歳三千子の実母, 母皇太后の又, 母は慰撫, 母盗まれた品だ, 母直子刀自は大正二年雷蔵, 母嘉那志に, 母知弖劔大刀許之爾等里波伎, 母知弖都加倍之官, 母石ひとりを立たせ, 母石川貞白おかる, 母砲火箭等城門を射撃, 母祇園女御は白河帝, 母祖母かえると, 母神その子クロノスに勤め, 母神信仰に依, 母神崇拜の思想, 母神様レア様が不便, 母神火神を生み, 母は此月二十六日, 母私弟これがその, 母陰気で, 母を食し, 母答えて汝, 母素性良善ならずしかるに, 母紫色の着物, 母を重んずる, 母がよ, 母經第七に擧げた, 母織田氏達子の亡くなつた, 母の深い, 母なる舞姫, 母を殺し, 母海賊ビリー, 母老いませり我も, 母老健にし, 母者あそこはずゐぶん, 母者ひとの御, 母者事が起った, 母者母者は何, 母聞上計留爾, 母育ててもらった, 母く経, 母臆面もなく, 母臨終の枕, 母自ら悟らんも, 母自ら礼参として寺, 母自分の母, 母自然の足許, 母自身十分の文化的光明に浴し得, 母自身眼に涙, 母艇ギンネコ号の探照灯, 母六十二姉その, 母英長の妻, 母茶わん屋から貰う, 母草心尼の姉, 母草苗也今名めはじき, 母菩提のため, 母蒼白になっ, 母蔡夫人以下が荊州, 母藤夜叉なの, 母の森林地帯, 母の性, 母虎これを食う, 母虎巣に帰っ, 母虎浜に立ち, 母をいつか, 母と子蛙, 母を借り, 母にすぐれた, 母わけが, 母見ぬ闇路を, 母も近寄, 母の敵, 母親ゆずりの政略的性行, 母訪問に出かけました, 母りでは, 母か戸, 母諸共に一つ蓮, 母諸共引取っても宜しい, 母諸共此方へ引取, 母謙讓は諸, 母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 母豐玉毘賣の國, 母しかり, 母贔屓ですべて, 母が痛い, 母迄がおせつか, 母より坐, 母遊義門院にわかれた, 母遊行婦女の歌, 母達見たいに意地, 母ひの, 母遠くから見る, 母酔うて古き, 母がつれ, 母長兄次兄三兄私という順序, 母間人太后が崩御, 母阿仏は鎌倉, 母のヒナモリ, 母離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林, 母離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 母静子夫人との間, 母は父, 母預り置く者, 母風生獣風狸という, 母飢えに中る, 母を運び来る, 母飯田氏益が二十二歳, 母飯田氏益三月十七日に父蘭軒, 母餅茶店に小, 母馬これを嗅げ, 母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 母駒仔を守る, 母魏氏の機嫌, 母鶴江が拝領, 母麗容神女に似たる, 母麦新婦燕麦新婦英国で収穫女王, 母麻利耶とは大, 母黒い髪を, 母黙っていねえ