青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「殿様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~殺し 殺し~ ~殺した 殺した~ ~殺す 殺す~ 殺人~ 殿~ 殿下~ ~殿様
殿様~
~母 母~ 母さん~ 母上~ 母屋~ ~母親 母親~ 毎~ 毎年~ ~毎日

「殿様~」 2899, 31ppm, 3743位

▼ 殿様~ (721, 24.9%)

10 ところへ 8 前へ 7 お心, お船, お言葉, 御機嫌 6 お顔 5 お手, お気に, お耳, お邸, 前で

4 [12件] お供を, お妾, お姿, お居間, お屋敷, お情け, お部屋, ことを, ように, 御前で, 御殿へ, 方へ

3 [14件] おため, おっしゃること, お伴を, お供で, お命, お心持, お手打, お目, お許しを, お通り, ために, 御容子, 御意に, 御顔

2 [51件] お世話に, お傍, お力に, お力添え, お名前, お城, お寝間, お怒り, お泊番, お為, お申しつけ, お留守, お許しが, お迎い, お面, ご乱行, なさること, ほうから, やかたの, ような, ゐる頃, 仕事を, 以前の, 側で, 側に, 前だ, 前に, 命令を, 威光で, 御代から, 御前へ, 御声, 御寵愛, 御恩, 御気性, 御親類, 御言葉, 御身の, 御身分, 思召し, 所へ, 手に, 手口にか, 方で, 方は, 源十郎に, 物を, 罪では, 頭を, 顔が, 顔を

1 [452件] ありがたい御, いない時, いらっしゃるところ, いらっしゃる前, いる町, うしろ楯得ました, おいで, おいでが, おいでなさる, おおらかな, おかえりを, おかげそれに, おかみさんに, おさばけ, おしの, おすがた, おせわ, おっしゃるところ, おつきあい, おつむり, おとも, おぼしめしなら仕方, おやかた, およって, おんの, お世話には, お乗り, お二方目, お休処, お伽なれ, お伽を, お供だ, お側で, お側に, お側にも, お側は, お側へは, お側を, お側近くへ, お側近くを, お側近く勤を, お写真, お出しなさる, お出ましを, お出入り, お力でも, お召し, お召でございます, お召使, お召料, お召物であろう, お叱り, お名, お呼寄, お咳, お土産, お声, お姪, お子さんです, お守りを, お家と, お家には, お家は, お家柄, お宿, お差図, お差料, お心持ち, お手かけ, お手ずから, お手もと, お手文庫, お手紙, お手討, お持物, お指図, お暇, お望み, お槍, お気に入りだ, お気に入りを, お気儘という, お犬, お猪狩り, お盃, お目にかかったとき, お眼識違い, お着き, お胸, お荷物, お蔭で, お蔭に, お血筋, お袋に, お裁き, お裾, お言いつけ, お言伝, お言葉一つ, お言葉次第, お言附, お話で, お賞め, お身, お身の上, お身体, お身持ち, お連れ, お道楽, お部屋様, お馬, お鷹野, ことそれから, ことでござんした, ことは, ことばかり, ことよ, ことよりも, ごき, ごやうす, ご寵愛, ご対策, ご微行, ご愛妾, ご注文, ご用と, ご病気, ご着想, そのまた, その御, その眉間傷, そばに, たった一人, たってのお, だ, つもりか, ときで, ところの, ところは, ところまで, どこまでも, なさる事, なやみも, はうの, ぴん, ほうが, ほうで, ほうには, ほうへ, まえでございますが, ものずき, ものに, やうな, やうに, やかたへ, やり口という, ようだいは, ようで, ようであっ, ゐる時分, エラさ, 一人な, 一行が, 一行の, 一週忌である, 三万両の, 下や, 不幸という, 不明を, 不為でございますなら, 乗馬の, 乱行の, 乳母でありました, 事と, 事ゆえ通常の, 事を, 亮三郎が, 今度の, 代理で, 仰しゃる事, 仰せぢや, 仰せつけお, 仰せつけじゃ, 仰せつけだ, 仰せつけです, 仰せでござる, 仰せと, 仰せられた通り, 仰せ行末は, 伊賀の, 位を, 位置に, 侍医を, 信秀時代には, 借金の, 借銭は, 側妾の, 傍に, 先を, 先例が, 准侍医であった, 処へ, 切りすて御免風な, 別家の, 前です, 参覲道路は, 双六の, 口から, 古いお, 名の, 名を, 名刀を, 名附親, 周囲には, 命令で, 問題であった, 墓は, 大事な, 大切に, 大胆な, 奥さまは, 奥方でいらっしゃる, 奥方でも, 奥方という, 奥方は, 奥様の, 妾であった, 妾を, 威儀を, 娘, 娘だ, 婿に, 子供だった, 子供の, 定紋を, 家の, 家を, 家来が, 寵愛を, 山野子爵だ, 島津さんに, 幼い頃, 庇護の, 役を, 役目を, 後を, 御丹誠, 御乱行以来, 御了解, 御云, 御人体, 御仲間, 御余恵, 御側, 御冗談, 御出仕, 御判断, 御別荘, 御前に, 御前も, 御執心, 御声掛り, 御夫婦, 御威勢, 御婚礼, 御嫡, 御存じの, 御定紋入り, 御家来, 御家来分, 御家老, 御容体, 御差料, 御微行, 御心, 御心もち, 御性格, 御性質, 御意だ, 御意で, 御意も, 御所望, 御所業, 御本心, 御本陣, 御枕元, 御様子, 御殿の, 御母堂, 御気に入りで, 御気分, 御沙汰が, 御牛, 御状で, 御用と, 御用な, 御用を, 御用人, 御疑念, 御相手を, 御腰の物, 御臨終, 御舎弟, 御苦労と, 御葬式, 御覧に, 御言と共に, 御言葉一つ, 御設計, 御賛成, 御足労を, 御車の, 御運, 御邸, 御都合, 御酒の, 御隠れ, 御隠居, 御首, 御首尾, 御馬前に, 心が, 心だ, 心は, 心理を, 忘れ形見に, 思召す, 恋女房である, 悪口を, 悪政振りを, 愚痴を, 愛は, 態度を, 懐中に, 手で, 手のひらには, 手前許し, 手口ぢや, 手打に, 推挙で, 放埒は, 敵だ, 敵に, 斉彬が, 新案で, 方が, 方に, 方には, 方の, 時は, 曲芸米, 書院でも, 曾祖父様の, 月代を, 有難い辱, 朝矩は, 末裔です, 本当の, 本心を, 枕もとに, 枕頭へ, 格である, 案内を, 様子を, 権柄については, 横へ, 機嫌を, 歌人な, 正体が, 死んだ時, 死去の, 溜の, 炭焼藤太は, 為させ給う業, 為である, 牛に, 牛乳配達, 狙いで, 玉に, 玩具に, 生れ変りかも, 生活が, 生活を, 番だ, 疳癪を, 病中に, 病気は, 目の, 目を, 相場であった, 眼にだけは, 眼の, 眼前だ, 眼前の, 着て, 碁の, 確かに, 端くれであった, 籍を, 美男である, 腕っぷしで, 腕前には, 膝へ, 膝元に, 自由主義なんて, 船の, 良秀を, 若君が, 菩提寺の, 落語は, 蔭口利い, 虚無的な, 行列の, 行列より, 行状は, 袍の, 褥に, 見本みた, 見目嗅鼻が, 覚召じゃ, 詫に, 謡曲の, 豪奢を, 足に, 身がわりに, 身に, 身の上では, 身辺から, 近所に, 近習小姓をも, 追腹を, 道楽が, 道楽仕事である, 遠いお, 遠眼鏡の, 配下に, 階級に, 隠し芸かと, 難義, 面を, 面前であった, 面前に, 領地という, 頭が, 頭でも, 頭に, 頭は, 頸に, 顔なぞも, 鳥カゴの, 鼻にでも, 鼻を

▼ 殿様~ (368, 12.7%)

7 お帰り 4 良秀の 3 おいでに, おっしゃった, それを, 御病気, 来て, 自分を

2 [17件] あつた, ありました, おたずね, こちらに, この場合鳴門, ゐる, 使うもの位, 出て, 叱りつけて, 好きだ, 好きな, 御帰り, 御自身, 恋しくて, 旅に, 江戸へ, 腹を

1 [305件] ああし, あちらへ, あった, あったればこそ, あなたを, ありましたが, ありまして, あるそれ, あるため, あるという, あるに, あれだ, あれで, あんな深, あゝ云う, いかにも感じた, いなくなってから, いやに, いらっしゃっては, いらっしゃらないもの, いらっしゃるからね, いらっしゃるん, うちの, うんと権力, えらくて, おいでが, おそば, おっしゃいますよう, おっしゃったっけ, おっしゃるには, おっしゃるよ, お会い下さる, お優しく, お出, お前の, お前を, お助け, お助太刀, お召しだ, お君さん, お呼びだ, お国詰め, お城, お堅い, お客様の, お尋ねに, お待ちかねです, お待兼, お微行, お悪い, お成りあそばされた, お手打, お承知, お気の毒, お決め, お泣き, お留守, お立ちあいくださら, お聞きなら, お裁き, お見え, お誉めなされ, お通り, お逢い遊ばし, お里に, お隠れに, お預けに, お風呂, かねて, きいて, きっと手荒い, こうしてこちら, こうして落魄れ, こうなった, こさえたたとえ, こっちから, この土地, この街道, この赤間ヶ関, これにばかりは, こんな風態, ご不在, じかにそう仰せられました, ぜひ自分, そういう結構, そう云う, そのあと, その中, その位地, その日, つれて, どういうお方, どうしてかの, どうやら御, どっかいらっしゃる, ないしょでどこへかいらっしゃるよ, なぜそれ, なんと仰しゃ, ばったみたい, ふいに, ほかの, また病床, まともに, まるで狂人, めしますよ, もてあまして, もとより武芸, ものすごい, よろこんで, わかったお方, わざわざお越し, わしに, わしらの, わたし一人を, ゐたと, ゾッコンうちこん, ッ, 一喝し, 一生懸命に, 下さいましたの, 下さったん, 下さる気, 下を, 下情に, 丹三に, 乗って, 二三度あの, 二人も, 二条大宮の, 亡くなって, 今更あんなにわたし, 仕事を, 以前の, 仰しゃった, 仰せあった程, 仰せられた, 伽羅の, 何だい, 何を, 余程御, 先知らせも, 入らっしたって, 入らっしゃいます, 全く見馴れない, 公用で, 冗談半分に, 出ました, 力を, 動けなくおなり, 勝ち家来, 勝って, 勝てるよう, 召しますよ, 召すから, 名君に, 呼ぶと, 喜多村緑郎若, 壺の, 大事じゃとて, 大変お, 大変じゃ, 大層興がらせられ, 大頭痛, 天狗征伐に, 奇態な, 奥の, 奥方に, 奥様ご, 女に, 好色である, 如何に, 娘の, 孝助に, 家の, 家を, 家来たちと, 家来に, 少しも, 岡っ, 左様な, 差止めて, 干物を, 平さんを, 廓の, 引っ込んでばかり, 待って, 御一言, 御主人役, 御云い, 御冗談, 御勘弁, 御口, 御微行, 御意に, 御承知, 御持薬, 御用が, 御秘蔵, 御膳を, 御自分, 御自身手, 御薨去, 御門の, 御隠れ, 念佛を, 急病に, 恋慕し, 恐いから, 愛用する, 戦争で, 手出しいして, 手紙を, 手襷掛で, 拾って, 振り返ると, 教えて, 断るその, 旅から, 日頃お, 旧藩士, 時ならぬ, 書けとお, 有難いと, 有難くない, 木曾谷や, 来いと, 来ると, 来るとか, 業, 槍を, 歌を, 武張って, 武蔵に, 残念がっ, 殿様が, 殿様らしく, 毎年一番いい, 毒害遊ばした, 水に, 水戸様の, 江戸で, 江戸出府或は, 江戸城へ, 法律を, 浅葱の, 浪人を, 清元の, 清国から, 源次郎は, 烏帽子岳の, 無法な, 無理だ, 爪びきで, 現われて, 甲州を, 甲斐の, 町娘を, 病気に, 登城し, 白状した, 皮が, 直に召, 直に御覧, 真鍮の, 知事様に, 私に, 私を, 粋を, 絶対的の, 縁の, 聞咎めでも, 肝馴らし, 自分で, 若様と, 若殿様, 苦笑なす, 落ちたと, 行列を, 衣冠束帯を, 裸の, 見咎めて, 試し斬りを, 諸国へ, 負ぶ遊ばします, 賊を, 賽ころも, 車を, 農業を, 追い詰められた時, 逝去に, 遠く御, 遠眼鏡で, 遣ったと, 遣ると, 郡山から, 酒で, 酒代を, 醜男であった, 長生を, 面倒な, 首尾よく, 高尾を, 鷹を, 黒幕に, 黙って

▼ 殿様~ (358, 12.3%)

3 いつもの, それを, 御病気

2 [19件] お前の, お前を, お泊番, お酒, この船, さすがに, そんなお方, びっくりし, もうお, わたしを, 何も, 困って, 大そう, 御存じない, 持たぬと, 望みと, 本当に剣術, 片手に, 鉄砲の

1 [311件] あなた様の, あの女子, あの手紙, あの通り, ある日籠, あれから, あれだけの, あんなえらい, あんなお, あんなにあなた, あんなに虫, いかがなさろう, いちいちびっくり, いったいどこ, いつのまにこんな, いつもこうおっしゃっ, いまあの, いま江戸にも, うまうまとその, おしずまりなされぬ, おっしゃいますの, おっしゃって, おなくなり遊ばしました, お供も, お健か, お内, お加減, お動き, お召しあがり, お君さん, お困り, お外し, お好奇, お居, お屋敷, お帰り, お役附, お心, お熊, お祭り, お艶さん, お逝去, お面白い, かう仰有, かう言つて面師, きっと喜ん, きっと固く, きっと御, こういう処世術, こちらの, ことごとく感心, この五十金, この国, この機会, この私, この長道, これからお, これからどちら, これで, こんどは, ごく平民的, ご満足, さぞ吃驚, さっと手, じっと父上, すぐに, すごい顔, すっかり下々, すっかり悦に入っ, せめて高等官, そうおっしゃいました, そこでその, その上, その娘, その後どちらに, その故, その日, その頃す, そばの, それぞれに, そんなにきつく, そんな事, そんな嘘つき, たあいない, たしかにそうだ, ただいまお, ただただ鳰鳥, ただならぬお, ちょいちょいこの, ついぞ一度, つく, とうにお立ち, どうしていらっしゃる, どうなされました, どう云, どこへ, なお頻りに, なか, なかなか性質, なぜいざこざ, なほ調子に, びつくりした, ほんとうに, まあなんという, ますますわるく, またいったいどうして, またお嬢様, またよもや, また元, また申しました, また連れ, まだこの, まだマドロス君, まるでその, まるで良秀, もう吉良殿, もう茶屋, もちろん祖父江藩, もっと哲学的, もとよりその, やっぱり相, やはりお, よくお, わからない, わたしが, ロオマ征伐に, 一々ご, 一から, 一方ならず残念, 一番変り種の, 七年前から, 七曜に, 三ツ目錐の, 三位中将で, 三度口を, 上品で, 下情に, 下町の, 不憫と, 世間の, 主人の, 事実剣術の, 二人と, 今お帰り, 今どちらに, 今の, 今夜も, 今年は, 今日そちらへ, 今明日の, 今更の, 仕方が, 代々明君さ, 伊勢国安濃郡津の, 伊吹山へ, 何かに, 何という, 何時でも, 余程気軽, 例によって, 催促しました, 傷の, 先ず難, 先程中屋敷へ, 切腹お, 初めて身近, 前から, 剣術や, 勝手許不如意の, 十兵衛に, 卓越した, 単に遠慮, 又言, 名君の, 喜んで, 四十がらみの, 四十代でいらっしゃいましょう, 国中に, 地獄に, 坊さんが, 城内で, 声を, 大の, 大喜び, 大執心, 大変な, 大変武芸熱心であった, 大層悪い, 大工に, 天狗だ, 奥へ, 奥方に, 如才ねえや巧え, 如水公以来気の, 妙な, 学者です, 宇和島から, 安斉先生から, 家来に, 家老や, 小判二枚を, 山高帽郵便函を, 己ア家へ, 平太夫, 幾らも, 幾度も, 彼の, 御不在, 御不快, 御承知, 御番疲れ, 御病気全快, 御病身, 御約束通り, 御自身, 御親切, 御調練, 御顔, 御養子, 快く笑った, 怏々として, 思いも, 悉く御存じ, 悪いお方, 憑かれたよう, 押されながら, 日を, 日光御, 早速人夫頭, 早速六兵衛先生, 昔の, 晴々と, 暫く黙つ, 朝寝坊だ, 此私が, 死去されたれ, 殺されるに, 殿様だ, 殿様として, 毎日御酒ばかり, 江戸から, 江戸の, 決してそんな, 河岸へ, 法廷で, 浅黄の, 源左から, 照常様の, 照常様を, 煩悶し, 狂いまわった, 猶更でれすけ, 現在でさえも, 理由が, 甚だ不足, 生きたまま, 生捕られ, 生皮を, 甲州勤番わたしも, 白柄組の, 百両の, 真実を, 真面目な, 神尾の, 私を, 秘密を, 稍く, 突然良秀, 競って, 第一流, 結城から, 絶対に, 継上下の, 緊く, 罪な, 羽田の, 翌日御, 能登様の, 腹を, 自分の, 自分を, 船で, 船の, 苦々しいこと, 英雄と, 荒い言葉, 蒼白に, 螻蛄の, 話が, 負傷で, 貧弱だ, 貸本屋, 賄賂に, 赤鼻の, 躑躅ヶ崎に, 躑躅ヶ崎の, 軽くた, 造船所の, 酒乱の, 酒浸りに, 除目に, 随分癇癖, 隠れて, 離れられないお方, 雨滴や, 頭を, 風邪を, 飛んだ事, 馬鹿でなけれ, 駒井能登守の, 鰯を

▼ 殿様~ (242, 8.3%)

4 して 3 差上げて, 申しわけが, 逢って, 限って

2 [11件] お手打, お目, お目にかかって, お願いし, このよう, なるの, 化けて, 明日の, 申し上げて, 申上げ, 願って

1 [204件] あったら泉岳寺, あなたは, ある禅寺, いじめられて, いただいたお, うらみあり, おあやかりなさいまし, おかれましては, おなりに, おねだり申す, お力を, お勧め, お取りなし致し, お取り持ち, お取次ぎ下さいまし, お恨み申し上げ, お救い願おう, お暑, お泊り願うた, お目きき, お目にかかっただけ, お目にかかったばかり, お目にかかりたいん, お目にかかりてえん, お目にかかろうとは, お目通り, お眼通り, お知らせしよう, お礼を, お耳, お艶さん, お頼まれ申し, お願いが, お願いした, お願いに, お願いの, お願い申し, お願い申したい, かくして, かわいがって, きりだしたら, こう言われた, このこと, この意味, これを, ごあいさつ, ござります, さきほどお, さしあげるもの, したところ, しちゃあ, しては, しなだれ寄りまして, じきじきお話を, すぎなかった, すすめて, すまない, するから, ずいぶん御, そっくりな, その眉間傷, それほど御, それを, たきつけて, ちと申し, つかまって, つぐ第, どんなに胡麻, なったの, なって, ならないか, なり澄まして, なるん, なる人, もう一言, やって, よく申し上げ, 一度も, 一杯食わされた, 一目でも, 一言お知らせを, 上げるん, 不敬で, 九十を, 二つは, 二人ある, 云いつけて, 云付ける, 仕えると, 仕立てたり, 会い贈り物, 会うこと, 会って, 似て, 似ては, 似ても, 似ないよう, 似合うの, 何ぞお, 個人的の, 全然騙されました, 内密で, 再び世, 再び仕へる, 出られりゃ気, 危ないところ, 反抗し, 取って, 取り上げられて, 取り上げられます, 取り入って, 取次いで, 受け合って, 可愛がられること, 可愛がられる奥方, 叱られたくやし, 合わす顔, 向っては, 吹聴した, 呈上する, 告げに, 呼出されちょうど, 声を, 失礼を, 好かれて, 屋根瓦が, 差上げました, 差上げましょうこの, 差上げると, 弓は, 弥生さんの, 彼是と, 御不審, 御別条, 御加勢, 御挨拶, 御損, 御無理, 御用が, 御用では, 御苦労を, 御贔屓, 御迷惑, 心服し, 忠義を, 忠誠を, 思われた女, 思われて, 恐れ多いし, 悲しいお便り, 愛されて, 我儘が, 手紙が, 扮りた, 承われば, 披露した, 披露する, 招かれるに, 拝謁を, 接するよう, 操を, 斬りつけた時, 棄てられたの, 死ぬよう, 殉死を, 殺されに, 殺されるの, 比べて, 水飴を, 済まないから, 済まないだろう, 然う, 献上すれ, 玉座と, 生れて, 生れなかったら小坂さん, 用が, 申し上げた, 申し上げたかい, 申し上げたらそれ, 申し上げるの, 申上げます, 申上げれ, 申訳が, 直にお, 直接頼まれ, 相違ございません, 相違ない, 肖像画を, 自分の, 言われた, 言上する, 詫言を, 謝ろうと, 通ずるん, 遅れるな, 違約された, 隠居を, 頼まれたん, 頼まれた話, 頼まれて, 頼んで, 願えば, 願わない前

▼ 殿様~ (117, 4.0%)

7 奥様も 2 いやだ, このごろは, ご一緒, 家来も

1 [102件] あれで, あれを, あんまりいい, あんまりきつい, あんまりで, いそいで, いらっしゃるし, お休みあそばせ, お嗜, お在宅, お客様も, お怒り, お眼, お腹を, お赦し, こちと, これで, これにも, こんどこそ, さぞお, すっかり真に受け, その篤実, たいそうお, たしかにおっしゃる, つまり讒言, とうとう我, またその, またわたし, また相当, もう二十五, やがてお, やはりお, よく勉強, よく知っ, よろこぶに, 一生お, 与次郎太夫の, 以前は, 俄かに, 傍から, 初めは, 外人が, 大へん腹, 大分御, 奥様の, 女性として, 姫路の, 家老も, 幕府に, 御不在, 御家来方, 御心配, 御満足, 御無事, 御繁昌, 御苦労さまだ, 御養子, 念を, 思わず総, 急に, 悪い, 我を, 折れて, 旅の, 有卦に, 本物も, 此の, 死ぬ, 殿様で, 気が, 江戸へ, 決してあれ, 流石に, 無えもん, 甚だ呆れ, 田山先生も, 甲府では, 皆いらっしゃい, 福兄さんも, 紅い糸, 編笠なし, 耳を, 聊か御機嫌, 聴くだ御, 肝を, 至極御, 若殿様も, 見せしめでございます, 覚えて, 言ったそれ, 誠に御, 貴女も, 贔屓に, 贔屓の, 赦すだ秋月さん, 退屈凌ぎ, 途方に, 酷え, 酷くそれ, 金椎さんも, 頭が, 首を

▼ 殿様~ (92, 3.2%)

2 大事と, 大事に, 大切に, 廃業し

1 [84件] あの場, あんなところ, いただいて, うっとりさせず, うらみましたけれど, お前の, お届け, お待ちに, お恨み, お恨み申した, お慕い申すでございましょう, お探し申し, お起し, お迎えする, お迎えの, こっちの, この屋敷, さがすよう, たよったり, ほろ酔い機嫌の, また昔, まるめた愛妾, わたしの, わたし風情が, グイグイと, 一人で, 一朝に, 丁度壁, 世間に, 中屋敷へ, 中心と, 丸めて, 今お, 介抱しなけれ, 何だかえらい, 信頼し, 僕は, 別として, 単に肖像画化, 大変に, 夫に, 川の, 川へ, 廃し, 御存じな, 御相手に, 御覧に, 恋しがっ, 恋しがり, 恨もうとは, 指図する, 授けて, 敵の, 暗殺してやろう, 朋輩あつかい, 殺して, 殺しますから, 殺し大小, 殺し有金大小衣類, 殺し金子衣類, 殺すという, 殺すに, 殺そうという, 殺害に, 生捕っ, 相手に, 真中に, 種無しに, 素人に, 置いて, 自分の, 舟から, 船から, 蔑に, 見つけたら知らせて, 見上げて, 誘惑する, 謝ま, 責める気, 赤裸に, 迎えに, 迎える騒ぎ, 釣舟から, 除いては

▼ 殿様~ (83, 2.9%)

2 一緒に, 云うの

1 [79件] あがめられ大名, あの奥方気取り, いうけれど, いえども, いって, いろいろ御, おいらたちで, お前さんとは, お比べ申せ, お話中に, きた日, この町, ごいっしょ, だんな様との, ちがって, みえる, よしんべ, よんで, わかって, チャン, 一つの, 云う立派, 云ったよう, 云つた, 云て, 云わせたいなら黒羽二重, 云われる立派, 低能娘とを, 何かの, 吉原の, 同じよう, 呼ばれる階級, 呼ぶが, 奥方の, 奥様お, 奥様とが, 奥様は, 奥様物慣ない, 奴隷でございました, 家来が, 家来である, 家来でも, 家来という, 家来は, 家老と, 左膳さまが, 左膳さまは, 御一しょ, 御側, 御相談, 思うに, 思って, 日頃親しい, 泰軒先生との, 源次郎と, 猫侍の, 申しますと, 申し上げましたあなた様, 申し貴方, 知れば, 福島の, 称されて, 米友さんと, 自分が, 致しましたこと, 若殿様とが, 若殿様との, 若殿様とは, 親父だけが, 親爺に, 言えば, 言っちゃ, 言われた不審, 言われても, 話の, 連れ立って, 道阿弥とが, 違って, 隣邸の

▼ 殿様から~ (68, 2.3%)

3 御褒美 2 お暇, 信濃国へ, 拝領した, 拝領の

1 [57件] いただいた小判, いただいた松, おいで, おことば, お使者, お前に, お召し, お声, お米, お酒, かして, そのよう, その気, たしかに宿, 一つお, 三百石いただい, 下げ渡されたの, 今朝お立ちがけに, 代々御, 使いが, 信濃国の, 内々眼を, 前の, 地獄絵を, 孝助殿を, 孝助行っ, 寺へ, 彦根の, 御定紋付, 御招待, 御沙汰が, 恋を, 態, 戴いた物, 抵当に, 拝領いたしました, 教えられた白, 暇が, 正直と, 毎日じきじきに, 泥棒の, 直ぐ免職, 硯箱を, 程遠い, 考えての, 草履取りに, 褒美を, 言いつかって, 貰つたといふ, 賜わった刀, 贈られたお, 釣道具の, 鉢巻という, 附けられた多く, 頂いたもの, 預り中に, 頼まれて

▼ 殿様~ (51, 1.8%)

2 お眼通り, 御覧に

1 [47件] あの事, おいらが, おっしゃっては, おとりなし, お上げくだされ, お取次ぎ申し, お目見得で, お知らせする, お詫びを, お輿入れ, お願い申しあげ, この耳, とりついだ, よろしく申し上げ, 上げて, 使を, 口添えし, 古い傷, 向って, 対しても, 差し上げなされませ, 差し出す, 差上げる花, 強い掛合い, 御奉公, 御挨拶, 御無礼, 御縁組, 御願えし, 持って, 掛合いに, 救済を, 旨く取, 早うお伝え, 毒な, 生涯の, 申しあげて, 申しあげねば, 申しあげましょう, 申しわけは, 申し上げた処, 申し上げねば, 直の, 種々御, 親分の, 訴える者, 顔向けが

▼ 殿様~ (39, 1.3%)

32 もの

1 [34件] お前が, かそれ, からと言っ, から人材, から内実, から嘘, から大事, から軽く, か知らねえ, がお, がと自暴, が峰丹波, が道楽旗本, そうで, ということ, というん, といっ, とか駒井, とたのもし, と仮定, と口, と思いました, と思え, な, なと思った, などと云っ, なんにもなりゃしねえ, のという, よきっと, よ殿様, 何卒毎日, 有難い, 身分違いの, 鉄砲が

▼ 殿様~ (31, 1.1%)

5 ござります 4 ござりました

1 [22件] いらつし, いられる人, おられるの, これも, ござりましょう, ござりまする, ごぜえます, さへ, ただ形, のう, はござりませぬか, 世嗣の, 今は, 倅の, 小笠原壹岐守と, 情を, 無茶苦茶に, 犬を, 私の, 自分が, 華族様である, 通り卑屈

▼ 殿様には~ (28, 1.0%)

2 どちらに

1 [26件] いつもながら, お持ちなされ, お考え, ご存じな, ずいぶん御, たぶん御, だいぶ晩, なれそう, まだ奥方, めずらしい苗字, よくまあ御, 何か, 何よりも, 先祖代々お, 四つの, 大層御, 御忍び, 御機嫌宜しゅう, 房州で, 拙の, 此の間中御, 目が, 相変らず, 続いて, 面目が, 餞別として

▼ 殿様~ (27, 0.9%)

2 待たせ申しました, 泊番の

1 [23件] あぶない肩, うちに, ひさしぶりホホホホホ, やかましゅうございました, 一人を, 下りなさいます, 世辞の, 加減が, 助け下さいまし, 帰りあそばせ, 庭先を, 手を, 手飼の, 目覚めで, 立合の, 羽織の, 聞きの, 若い身空, 藤の, 言葉では, 買い上げの, 間違いなさいます, 食事が

▼ 殿様~ (25, 0.9%)

2 目見被

1 [23件] めさまされましょう, 一人であろう, 一人に, 一代の, 一代中で, 不快中拝診, 冗戯ばかりを, 冗談おっしゃっ, 冗談が, 冗談で, 勉強あそばしませ, 参府之, 名代として, 帰藩被, 心配なさいます, 承知の, 案内の, 気分でも, 用心なさいまし, 病気でございまし, 病気について, 秘蔵の, 自身明日は

▼ 殿様~ (24, 0.8%)

5 奥様の 2 子供の

1 [17件] お嬢さんが, お客様の, お客様へ, この上, その家来衆, それを, なァ, 奥様が, 奥様と, 奥様へ, 奥様へは, 女中たちが, 姫君を, 家来方の, 押し絵の, 若旦那の, 若殿様と

▼ 殿様にも~ (23, 0.8%)

1 [23件] お変りは, お快く, お気に入り朋輩衆にも, お目通り, かねて, ご機嫌, 会って, 同じよう, 四五年前桔梗河原で, 困りもの, 奥様にも, 御不自由, 御当主, 招待され, 格別に, 独寝の, 甜めさせて, 申しあげましたとおり, 苦手俺たちにも, 言い分は, 話しお前, 近ごろ鶉に, 関係の

▼ 殿様という~ (15, 0.5%)

2 のは

1 [13件] のが, ものは, やつは, 人から, 人が, 名前に, 噂も, 奴等は, 種族の, 背景も, 落首が, 言葉が, 隔絶された

▼ 殿様~ (13, 0.4%)

2 に御

1 [11件] がお, がお笑い, と夏彦様方, のお, の前, の御, はきたない, は汚い, もお, もさだめ, も商法

▼ 殿様~ (12, 0.4%)

3 んだ 1 なんとあそばします, の, のだ, ので, んざア男が, んざア男で, んだろう, んです, アに

▼ 殿様だって~ (9, 0.3%)

1 あの方, あんな立派, お艶さん, ここん, これだけの, そうです, まるっきり物, 出来ねえ事, 誰だって

▼ 殿様でも~ (9, 0.3%)

1 ある者, これが, できる, ないの, 大小を, 対馬守この, 毎日同じ, 物の, 誰でも

▼ 殿様より~ (9, 0.3%)

1 お先へ, お声掛りの, すぐれた風采, 他には, 格別の, 直命, 遠慮を, 静かに, 頂戴致しまし

▼ 殿様とも~ (8, 0.3%)

2 なれば 1 あるべきお方, あろうお方, 存ぜず何やら, 心付きませんでとんだ, 若様とも, 詩文の

▼ 殿様~ (8, 0.3%)

1 に構わず, の思います, の為め, はあなた方, はそれ, は一寸, は三月二十一日, は御

▼ 殿様とは~ (7, 0.2%)

1 あんまり桁, どなたの, どれくらいは, どんな方, 以前の, 夢にも存じません, 嬉しさ

▼ 殿様ぶり~ (7, 0.2%)

1 が今, だ, であった, であるから, に見える, をつい, を発揮

▼ 殿様あの~ (6, 0.2%)

1 お客様が, お武家, お髪, こって, 千枚分銅の, 女が

▼ 殿様それ~ (6, 0.2%)

1 が何より, はそれ, はわたくし, は違います, ばかりはお, をお

▼ 殿様からの~ (5, 0.2%)

1 いいつけ, お言葉, 下され物, 御拝領, 拝領物だ

▼ 殿様この~ (5, 0.2%)

1 お船, お邸, お鳥, 娘を, 少し前

▼ 殿様たち~ (5, 0.2%)

1 の帰った, はこっち, は三百年, は時として, 即ち各地

▼ 殿様であった~ (5, 0.2%)

1 かを, が忠臣, が頗る, 土井利位の, 島津毛利などの

▼ 殿様では~ (5, 0.2%)

2 いらっしゃいませんか 1 ございませんか, ないかと, ないが

▼ 殿様~ (5, 0.2%)

1 たる剛力どの, たる服装, たる風姿, とした, と見せたがる

▼ 殿様あっし~ (4, 0.1%)

1 から願いやす, にとっ, に心当り, も駒形

▼ 殿様そんな~ (4, 0.1%)

1 ことを, ところに, 気味の, 顔を

▼ 殿様である~ (4, 0.1%)

1 ことのみ, とこう, 吉良上野が, 封建領主下級武士たちの

▼ 殿様でございました~ (4, 0.1%)

31 かよい

▼ 殿様です~ (4, 0.1%)

1 からという一句, から少し, から恐れ入ります, よ

▼ 殿様などは~ (4, 0.1%)

1 あの通り男ぶり, この手, 失礼ながら, 有っても

▼ 殿様よりも~ (4, 0.1%)

1 チミツな, 一層頼み, 劣って, 奥様の

▼ 殿様半次~ (4, 0.1%)

1 が一番, だと, という男, とか云っ

▼ 殿様呼ばわり~ (4, 0.1%)

2 をする 1 するは, をやめない

▼ 殿様誠に~ (4, 0.1%)

1 おめでとうございます, お恥, 有難う存じます, 羞かしい

▼ 殿様あなた~ (3, 0.1%)

1 はまだ, はわたし, もずいぶん

▼ 殿様あなた様~ (3, 0.1%)

2 はいったい 1 はさっき

▼ 殿様お願い~ (3, 0.1%)

1 でご, でございます, でございますから

▼ 殿様こそ~ (3, 0.1%)

1 お人, お危, よく御

▼ 殿様これ~ (3, 0.1%)

1 がもし, は夢, へお

▼ 殿様~ (3, 0.1%)

1 じょうだんをあそばしちゃいけません, 在世の, 在宅でございましたら

▼ 殿様だの~ (3, 0.1%)

1 大勲位, 御前だ, 物特だ

▼ 殿様~ (3, 0.1%)

1 えひと, のは, エところを

▼ 殿様でございます~ (3, 0.1%)

1 か, ね, ね何かと

▼ 殿様として~ (3, 0.1%)

1 尊敬は, 彼は, 明るい世界

▼ 殿様どうぞ~ (3, 0.1%)

1 お水, お願いで, 御料簡

▼ 殿様なる~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 者は

▼ 殿様ばかり~ (3, 0.1%)

1 だ前, でない, では

▼ 殿様へは~ (3, 0.1%)

1 何よりの, 宜しきやう, 宜しきよう

▼ 殿様らしい~ (3, 0.1%)

1 威容は, 様子ぶった, 自尊心を

▼ 殿様らしく~ (3, 0.1%)

1 なくても, もない, 立派だ

▼ 殿様わたくし~ (3, 0.1%)

1 が悪う, はこれ, は申し上げ

▼ 殿様今日~ (3, 0.1%)

1 は, は相川様, 御城

▼ 殿様~ (3, 0.1%)

1 か心配, をなさいます, を有

▼ 殿様御機嫌~ (3, 0.1%)

1 よろしう, 好う誠に, 宜しゅう私

▼ 殿様扱い~ (3, 0.1%)

1 にし, にする, に尊敬

▼ 殿様~ (3, 0.1%)

1 のよう, の後, の阿

▼ 殿様~ (2, 0.1%)

1 お預けを, そんな大名

▼ 殿様あれ~ (2, 0.1%)

1 が浅草名代, を

▼ 殿様あんな~ (2, 0.1%)

1 いの, 堅いの

▼ 殿様いかが~ (2, 0.1%)

1 でございます, でござんしょうちょっと

▼ 殿様~ (2, 0.1%)

1 組合目録を以て, 貴方は

▼ 殿様~ (2, 0.1%)

1 何かの, 知らじゃあ

▼ 殿様かと~ (2, 0.1%)

1 思うと, 疑われる鷹揚

▼ 殿様からは~ (2, 0.1%)

1 たくさんの, たんまり御

▼ 殿様こちら~ (2, 0.1%)

1 でしたか, のお方

▼ 殿様さえ~ (2, 0.1%)

1 お心変り, 奥様を

▼ 殿様そこ~ (2, 0.1%)

2 においで

▼ 殿様その~ (2, 0.1%)

1 一枚の, 芝の

▼ 殿様だけに~ (2, 0.1%)

1 じゃれついて, 此人には

▼ 殿様ちょっと~ (2, 0.1%)

1 お顔, まアお腰

▼ 殿様であり~ (2, 0.1%)

1 君子です, 関白かと

▼ 殿様でした~ (2, 0.1%)

1 か, がそれ

▼ 殿様とか~ (2, 0.1%)

1 何とかいった, 大名とかいう

▼ 殿様との~ (2, 0.1%)

1 同席にも, 相合傘も

▼ 殿様とんでも~ (2, 0.1%)

1 ない, ない事

▼ 殿様どうして~ (2, 0.1%)

1 わたくしが, 植木屋になぞ

▼ 殿様など~ (2, 0.1%)

1 云う者, 云われて

▼ 殿様なれ~ (2, 0.1%)

1 ば袂, ば評

▼ 殿様なんて~ (2, 0.1%)

1 厭だ, 馬鹿気た

▼ 殿様にでも~ (2, 0.1%)

1 するやう, 同じよう

▼ 殿様にな~ (2, 0.1%)

1 つてから, つてゐ

▼ 殿様への~ (2, 0.1%)

1 お使い, お土産

▼ 殿様へも~ (2, 0.1%)

1 お伺いしなけれ, 申し上げたの

▼ 殿様みたい~ (2, 0.1%)

1 であった, に坐る

▼ 殿様~ (2, 0.1%)

2 しんベエは

▼ 殿様よい~ (2, 0.1%)

1 お知恵, 殿様

▼ 殿様今夜~ (2, 0.1%)

1 は帰しません, は漁れましょう

▼ 殿様以上~ (2, 0.1%)

1 に誠意, の夕飯

▼ 殿様姿~ (2, 0.1%)

1 で現れた, や貞任

▼ 殿様御免~ (2, 0.1%)

1 なすってから, 遊ばせ

▼ 殿様御前~ (2, 0.1%)

1 などと敬い奉ります, に出

▼ 殿様此方~ (2, 0.1%)

1 でします, へお上

▼ 殿様此者~ (2, 0.1%)

1 は全く, は喰い酔っ

▼ 殿様殿様~ (2, 0.1%)

1 という, のおっしゃる

▼ 殿様育ち~ (2, 0.1%)

1 にすぎん, のお

▼ 殿様買い~ (2, 0.1%)

2 に行っ

▼ 殿様金助~ (2, 0.1%)

1 でございます, 如きが

▼ 殿様~ (2, 0.1%)

1 でぴん, で万事

▼1* [273件]

殿様あお待ちかねだぜ, 殿様あなた方は一体, 殿様ありゃたしかに今, 殿様あんまり進み過ぎて, 殿様いい月でございます, 殿様いってえ, 殿様いったい何と, 殿様うまくひとつ書い, 殿様おれも弥生, 殿様お前さんに頼まれ, 殿様お呼び遊ばしましたか, 殿様お待ちかねでご, 殿様お気に召しました, 殿様お気に入りでお, 殿様お笑い下さるな, 殿様お菓子をくれなけれ, 殿様お越しにご, 殿様お迎えに上りました, 殿様お金が無い, 殿様かつぎたまうかな, 殿様かなり人を喰っ, 殿様かなんかで奥さん, 殿様がたのよう, 殿様こうなさりませ, 殿様こういう訳でございます, 殿様ここにふしぎ, 殿様これお前さんの子供, 殿様これから洋式の, 殿様こんなに結構な, 殿様ご覧なせえ, 殿様さあ見に, 殿様さいぜんも槍, 殿様さえも碌々に, 殿様じきじき折り入って, 殿様じみるから同じ, 殿様じゃありませんよ, 殿様じゃとばかり思い込んで, 殿様じれッたい, 殿様すなわち前将軍秀忠公, 殿様せっかく隠居様の, 殿様そんなわからねえ, 殿様そいつあまあ, 殿様そいつア聞えません, 殿様そう云う訳, 殿様そういうことを, 殿様そうしてごらんなさいまし, 殿様そっくりですよ, 殿様そりゃあんまりお, 殿様そんな大きな声を, 殿様たいした掘出し物が, 殿様ただいまお客様が, 殿様たる地位に, 殿様だけはまるで別人, 殿様だったが伝内, 殿様だろうが領主, 殿様ちょうどこの眼鏡, 殿様やア, 殿様ってお方が, 殿様つい目の, 殿様であって本物, 殿様であろうと折助, 殿様でございましたらこの鳰鳥, 殿様でございますなれどもそこ, 殿様でございまするか意外, 殿様でさえそのよう, 殿様でさえがお気が, 殿様でさえも一目置く, 殿様でないことは, 殿様でなくては出来ません, 殿様でなくなったらすっかりカラッと, 殿様でなければわからねえ, 殿様とが登場する, 殿様としての生活の, 殿様としてはびっくりする, 殿様としても将軍家へ, 殿様とても安き心地, 殿様とやらが歩くのに, 殿様とやらに掠われたとの, 殿様とやらの御機嫌, 殿様とやらへ伺候する, 殿様とりあえず牛を, 殿様どう御処分, 殿様どうか願います, 殿様どうしても綾衣さんの, 殿様どうもお珍, 殿様どちらへおいで, 殿様どんな事が, 殿様ならお芋, 殿様なら目ざしはみんな殿様, 殿様なんでございますおじぎ, 殿様なんかあたしでなく, 殿様なんかがこんなにすき, 殿様なんぞ御存じで, 殿様なんぞがあれだけの, 殿様なんでげしょうちょい, 殿様なんとか組の, 殿様にとって敵なら, 殿様にとっては恐ろしい敵, 殿様にゃア女性の, 殿様に対して不調法を, 殿様今では, 殿様のなんぞはそりゃどちら, 殿様のめえだが裸体, 殿様はいこの五十両, 殿様はじめ我と思わん, 殿様はじめ一同ヤンヤ, 殿様はじめ一同は一刻, 殿様はじめ若殿様におかれまし, 殿様はじめ重役連中額をあつめ, 殿様はじめ騎士音楽家の人々, 殿様はてを合わせて, 殿様はばかりながら御安心, 殿様ばかりとはかぎりません, 殿様ぶつた, 殿様ぶり天下泰平オーヨーなもの, 殿様ぶる奴忠義ぶる, 殿様へでもしゃべられた日, 殿様ほどの人が, 殿様ほんとうの女, 殿様ほんとに困り者, 殿様まことに恐れ入りますでございます, 殿様まっ蒼に, 殿様までが私を, 殿様みつかりやしたんで, 殿様めいたところが, 殿様もうお目, 殿様ゆえ只の御, 殿様ゆっくり大屋根, 殿様よきように, 殿様よりの御諚で, 殿様よりはズット上席の, 殿様らしゅうござんすね, 殿様らしく見えたという好評, 殿様らしく遣っていられる, 殿様わたくしめでご, 殿様わたしは昨晩, 殿様をもいつまでも, 殿様魂消るだろう, 殿様キュラソーを召, 殿様スッパリとお願い, 殿様タ大変で御座います, 殿様ドチラにいらっしゃる, 殿様ビームの付け方, 殿様マトロスさんの行方, 殿様マドロスさんをどう, 殿様ヴェーンの出現, 殿様一体あの一件, 殿様一本路に女, 殿様三ツ目錐のお, 殿様三斎公のお, 殿様上首尾です, 殿様丹下様があなた, 殿様乍らお憎らしゅう, 殿様人間でございますよ, 殿様まで生き, 殿様付きの老女格, 殿様ってのほか, 殿様作法の仕込みの, 殿様先方は切れもの, 殿様メ一同, 殿様初め佐賀城につぐ, 殿様千両箱はお, 殿様只今部屋へ往, 殿様只今飯島様の孝助様, 殿様同じ江戸者の, 殿様同志だから, 殿様同様ご子息, 殿様品川に足どめ, 殿様土地の者, 殿様地頭様庄屋様斬りすて御免, 殿様塩梅が悪い, 殿様外交家らしくすらすら, 殿様大分お早く, 殿様大変なこと, 殿様奥方様の御, 殿様奥様のお, 殿様女子は口, 殿様好きだ今, 殿様始め重な家来たち, 殿様宗悦が, 殿様の手紙, 殿様とちがっ, 殿様家老用人その時, 殿様対侍女という人物構成, 殿様山内容堂とは非常, 殿様の旦那, 殿様な夢想家, 殿様もすっかり, 殿様役者として知らる, 殿様は年, 殿様御存じでもございましょう, 殿様御機嫌様よう入っしゃいました, 殿様思いで殿様, 殿様恐れ多いことでございます, 殿様恐ろしい降りに, 殿様憎いのは, 殿様も近ごろ改名, 殿様改まって何, 殿様敵同士とは情ない, 殿様華族様だけに, 殿様於東京天杯御頂戴, 殿様旅籠じゃねえ, 殿様旦那様の御, 殿様明日は中川, 殿様昨夜鞆津へ御, 殿様時代のお伽, 殿様時分には供待ち部屋, 殿様時雨でお, 殿様暮しして, 殿様曰く自分は商品, 殿様有難う存じますあと, 殿様有難うござります, 殿様本当にあなた様が, 殿様杢太という人, 殿様来月四日に中川, 殿様松平頼徳侯水戸様お目代, 殿様で立派, 殿様をうたっ, 殿様此女の里, 殿様此様なに戴いては, 殿様殿様ドチラにいらっしゃる, 殿様殿様神尾の殿様, 殿様気分を出し, 殿様決して御油断, 殿様洒落をとばした, 殿様源吉は何ん, 殿様御看病東京, 殿様爺様婆様おびんずる様並み, 殿様狼藉者でご, 殿様瑞白が浴槽, 殿様生活の生き残り, 殿様申し上げるのは, 殿様申訳のない, 殿様病中のつれづれ, 殿様百本杭で, 殿様百蔵でございます, 殿様的我ままの消極性, 殿様的空気ということ, 殿様的贅沢であった, 殿様を割った, 殿様直々のお, 殿様相手はあの, 殿様石川日向守は此奇抜, 殿様神尾の殿様, 殿様私共はいつ, 殿様の分った, 殿様癖, 殿様自身に聞える, 殿様芝居は止めよう, 殿様芸者を買うた, 殿様若様坊ちやま男妾, 殿様若殿様に組合目録, 殿様落ちついてお, 殿様蒙仰御, 殿様をお話し, 殿様誓ってあなた, 殿様貴方の事, 殿様貴方何を遊ばした, 殿様貴方御酒ばかり召上, 殿様贔屓の江戸ッ児, 殿様躑躅ヶ崎の御前, 殿様近いうちに, 殿様逃げました逃げましたいよいよ逃げ出しました, 殿様逃げるどころじゃ, 殿様連ここを先途, 殿様連中の好み, 殿様道具の几, 殿様が御, 殿様鈴川源十郎に頼んだ, 殿様と定まり, 殿様といっ, 殿様飛んでもない, 殿様饗庭亮三郎である