青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「殿下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~殺された 殺された~ ~殺し 殺し~ ~殺した 殺した~ ~殺す 殺す~ 殺人~ 殿~
殿下~
~殿様 殿様~ ~母 母~ 母さん~ 母上~ 母屋~ ~母親 母親~ 毎~

「殿下~」 1123, 12ppm, 9062位

▼ 殿下~ (367, 32.7%)

6 御命令 4 お姿, 万歳を 3 お好み, お目, お耳, お返事, ご威光, 手紙を

2 [28件] お伴を, お供の, お供を, お帰り, お旨, お部屋, ご婚約, ご機嫌, そばに, ために, ため犬馬の, 万歳万々歳を, 健康を, 内意を, 姿は, 庭様の, 御健脚, 御前に, 御動静, 御威光, 御威勢, 御恩, 手入れの, 日本御, 服装を, 耳を, 話, 軍服に

1 [279件] いられる同じ, おいでに, おことば, おさし, おられた天井, おん覚え, お住居, お使者, お召し, お召料, お命, お忍びかと, お手, お指図, お気に, お留守, お疑い, お相伴, お立ち寄りだ, お考え, お荷物, お言葉, お言葉通り, お許しを, お賞め, お身体, お迎, お通り, ことで, ことのみを, ことを, この荷物, ご命名式, ご寵愛, ご愛臣, ご知遇, ご結婚, ご要求, そばを, ただ今の, たまひける, なされ方, にせ者, ほかには, まえに, やうな, やり口だ, ように, ピッケルの, レポートは, 一挙一動を, 一番の, 一群の, 一行を, 万歳万万歳を, 不利益に, 不安, 中で, 主馬頭, 予ての, 云われた木村父子, 亡き後も, 人々は, 仮面に, 仰せの, 仰の, 作られた無料図書館, 侍従たちの, 侍従長が, 保護を, 兄君か, 内殿の, 前に, 前へ, 前方に, 動静を, 厚き御, 取分けての, 召使ひ, 台覧を, 右手に, 同情, 向って, 命により, 命令で, 命令を, 唇から, 在世される, 坐つて, 墓, 声が, 大きなマスク, 大きな頭, 大貫禄, 天幕に, 天幕は, 天幕へ, 奨学金で, 奴隷では, 妃殿下です, 姉君カムレッシ王女殿下が, 始末について, 姿を, 威勢に, 安全上陸計画は, 安否を, 宮殿, 家扶を, 寵姫では, 寵姫と, 対面所が, 対面所まで, 対面所を, 尊顔を, 小さき僕, 居間と, 屋敷まで, 希望に, 師ヴァイニング夫人が, 帰られる時, 帰国申出, 弟君だ, 従者として, 御ちょうあい, 御一行, 御下問, 御下賜金, 御亡前, 御仁慈, 御仕度, 御休憩所, 御健康, 御到着, 御前にて, 御前演奏を, 御動静判明次第, 御喜悦, 御喪儀, 御嘗味, 御婚約, 御学友, 御安眠, 御居間, 御屋敷, 御希望, 御帰館, 御幼少時代, 御強健, 御徳, 御性格, 御性格中, 御想像, 御感興, 御慶事, 御成を, 御所を, 御改革, 御教育, 御料理, 御旅立を, 御服装, 御本意, 御来着, 御機嫌さ, 御気性, 御沙汰, 御潔白, 御用に, 御申付け通り, 御発声, 御目, 御真顔, 御結婚記念, 御署名, 御臨席, 御血筋, 御見解, 御覧に, 御親切, 御言葉, 御買上げ, 御跡, 御身の, 御身分, 御返電, 御降誕, 御領地, 心頭に, 怒りに, 思召にて, 恩徳を, 恩惠も, 恩顧を, 意を, 愛らしき印度王族姿, 感動の, 慈悲, 態度にも, 懇な, 懐中刀で, 我儘は, 所へ, 手によってかの, 手を, 手入れに, 捕物以後, 支持なり, 政府が, 方が, 方こそ, 方の, 方へ, 旅宿の, 日本滞在を, 日記, 書斎であろう, 朝鮮役が, 来りたま, 死に, 母君も, 気まぐれか, 気高い顔, 気高く凛と, 泊つてゐる, 注意に, 注意を, 為に, 父君に, 疑いを, 疑念ようやく, 癖と, 知らるる時, 秘密の, 笑顔の, 線路の, 美しさ, 美を, 聡明に, 肩ごしに, 肩の, 臍繰, 臣下には, 臣民たるべき, 臣民を, 舞踊の, 若宮菊麿王殿下おなじく, 苦しみを, 荷物の, 荷物を, 血と, 血を, 行動に, 衣裳の, 裸身について, 親しさ, 親切なる, 設けられた蚕業試験場, 設立し, 許諾, 詰問, 誠意, 赤ら顔が, 身体が, 身辺を, 身辺をめぐって, 軍装に, 返翰, 遊ばされましたの, 邸から, 重量が, 閲兵を, 随員を, 隨員の, 面会日は, 面皮を, 顔が, 顔を, 馬車は, 魂の

▼ 殿下~ (183, 16.3%)

5 答へ 4 言つた 2 ゆる, 今日の, 今日は, 彼の

1 [166件] あながち彼等, あの棕櫚, あの頸飾り, あらゆる社會, いいにくそう, いよいよこの, うれしそう, お休み, お伴の, お出迎, お笑いなされ, お笑いに, お見え, かんたん, この有様, これを, さっきから, しきりに私, しずかに, じっと直立, すぐさま御, すでに自分, そういっ, そこで御, そのこと, その後ずっと, その手, その折, その時右手, その書, その臣民, それまで, それを, どうかし, どうして知れた, どこから, どこに, どんな御, ふたたび姿, まず献上, まるで石像, もうフルステンボルグ城, もう大丈夫, もちろんほん, やさしく一同, よくここ, よほどマタ, わざわざ手, わずか五歳, エリサベツト夫人と, ジャルディン卿を, プラットホームに, ポケットから, ルゾン号に, ロヴィーサと, 一切智者に, 一時にも, 一瞬眼を, 丈が, 三十年にわたる, 三年後に, 三時少し, 不当です, 主に, 予て御, 二十七歳白, 二年ばかり, 二日御, 二重に, 人間採取に, 人類と, 今度の, 今恐ろしい, 伏見へ, 伯爵の, 但当, 何事にも, 修道院へ, 傍に, 其処へ, 其間御, 凄まじい怪盗, 初めから, 別に, 勿論年来ご, 博士たちを, 博士の, 印度各, 向うむき, 唖者で, 問いかえした, 囚人では, 四囲の, 夢の, 大きなかぶと, 大尉の, 太田郡長の, 夫を, 実験用の, 客間に, 小牧山で, 居りませぬ, 山の, 巧みに, 当夜主賓として, 御名代, 御料の, 御浴衣がけ, 御満足, 御自分, 御自身, 御興, 御質素, 我慢なさっ, 敢て, 既に法廷侮辱, 日本水産会の, 有名な, 本日朝亜米利加留学, 東京に, 極めて規則正しい, 死んでも, 殊の, 沈黙し, 海底大陸における, 清水の, 渡辺さんや, 滑降を, 潜水夫の, 現陛下, 申上ぐるに, 病帝陛下が, 痛ましい驚き, 白い手袋, 益々歩, 眼を, 矢川で, 矢張若い, 神前に, 神社に, 私が, 私達が, 耳を, 職員を, 腰を, 腰掛から, 自分に, 至急あなた, 英国近年の, 蕗は, 行儀よく, 親兵百余人に, 観世音菩薩の, 言下に, 言葉を, 身揺ぎも, 途中二回お小, 長良川博士と, 長良川博士に, 長良川博士を, 間もなくお, 陸軍騎兵附の, 露台へ, 頸飾りを, 麻酔剤を, 龍行虎歩したまい

▼ 殿下~ (115, 10.2%)

2 おいでに

1 [113件] あとで, あなたと, いかに美しい, いつも主, いま亜弗利加旅行から, いま亜弗利加旅行へ, いわれたお, おいで, おしの, お弁当, お笑いに, お踊り, お逢い, お降り, かすかに, ここへ, この, この広場, これらの, さけんだ, ぜひあなた, そういう儀礼, そんな二階, そんな所, そんな母屋, たって, ちょうど日本, どちらの, どんなに淀, なかなか勇敢, なぜあんな, ひとたび巴里, まだ幼少, アンネマリー姫と, サックごと読書眼鏡を, マナイールに, ルウマニアの, 予定を, 二階の, 二階へ, 亜米利加へ, 今も, 今度日本へ, 今朝此処へ, 仕掛けて, 仰しゃると, 仰せに, 仰せられた, 佇んで, 何か, 倫敦へ, 出て, 利家に, 博士たちを, 喉が, 坐を, 外国使臣に, 大きな頭, 大学の, 妃の, 姿なき, 姿を, 実に立派, 小田原の, 席を, 帰って, 常に召された, 彼の, 御主人, 御出, 御圧死, 御帰館, 御来朝, 御登位, 御着き, 思し立たれたので, 成下る, 手早くカメラ, 控えて, 新富座に, 日本に, 有明荘に, 本館二階から, 栄華の, 槍穂高間を, 横取った, 欧州人の, 温泉へ, 玄関を, 申さるるには, 留学生問題の, 登山に, 皇后陛下の, 皇甥殿下で, 眼を, 私を, 立ち上られたの, 立派な, 美しい侍女, 背後で, 胸の, 自殺でも, 英国大使館に, 萌黄色龍騎兵大尉の, 落馬の, 許しましょうかしら, 賊を, 身震いする, 通話器を, 遠征の, 鉄水母の, 鐘紡工場見学の, 黒人で

▼ 殿下~ (105, 9.3%)

6 お眼 2 万一の, 手を, 書を, 献上する, 逢ったという

1 [89件] あなたから, あらためて敬意, あれほど, いった, いろいろお世話, おかれて, おかれては, おかれても, おかれましても, お仕えする, お目, お目にかかるの, お礼を, お逢い, お逢いしなかったなら, お酌, お願いし, この不法, この伝記, これを, ささげたという, して, しても, すゝめけり, せよ治部殿, なげかけた, なり澄ました伯爵, のっ退きならぬ証拠, ましました際, むかって, 丁寧に, 上げたもの, 不利益な, 付けて, 仮装し, 仮装した, 仮装する, 伺って, 似て, 何か, 何らかの危害, 充分な, 再三拜謁, 再三拝謁, 別れを, 取って, 塗りつけんが, 変装し, 変装した, 失礼を, 女出入りの, 対ひまゐ, 對ひまゐ, 差上げる, 御披露, 御挨拶, 御礼を, 御覽, 御話, 悪名を, 打ちあけた, 捧げます, 敬意を, 於て, 暇を, 渡辺さんが, 生き写しであった, 申し上げ詮議, 申上げた, 申上げなかった, 直接に, 相談し, 粗相でも, 紹介された, 腕を, 言葉を, 謁す, 謁見する, 近付いて, 近付く工夫, 逢って, 逢わせて, 遇わして, 違いない, 酷似し, 限っては, 随ひ, 随伴する, 顔むけ

▼ 殿下~ (56, 5.0%)

3 御中に 2 奉迎し

1 [51件] いよいよ剛毅, うつしても, うばわれて, お待ち申し, お慕いし, お歩かせし, お疑い, お迎えし, お迎え申上げ, お逢わせしない, かえり見て, ぐるっと巻い, つれて, とっちめて, とりまいた学者たち, どうです, なぐりころして, なだめるのに, ひじやうに, ほんとうに, やすやすと, ドロテイン街の, 中心として, 出せと, 刺すこと, 始め奉り, 守る人々, 御介抱, 御仰ぎ奉った, 御見送, 憎まなければ, 扶け, 抑留し, 拝し奉った, 持ちながら, 捕らえたいという, 捜索隊の, 歌舞伎座に, 渡せなどとは, 王座裁判所の, 生けどりに, 疑い抜いて, 知る筈, 船艙の, 装って, 見せて, 見つめたが, 見るの, 解剖する, 訪ねて, 軟禁程度に

▼ 殿下~ (36, 3.2%)

2 伯爵の, 御一緒, 瓜二つの

1 [30件] あなたの, いうに, いっしょに, いわずとも, お二人, お会いなされたら, お話を, きては, ご一緒, そのおく, その親友, ヨアンネス少年との, 一緒とか, 二人の, 二階から, 会見の, 何の, 同じ龍騎兵大尉, 同年である, 大怪盗, 天下を, 御婚約, 擦れ違いましたん, 早合点する, 私とで, 立ちながら, 聞いた途端, 聞くと, 貴郎様, 長良川博士ドン助教授三千夫少年の

▼ 殿下~ (36, 3.2%)

2 それを

1 [34件] いつしか御, いまは, お寝み, お立ちに, この繩, これを, し情, それからほどなく, どのくらい, ほほ笑みながら, また多, また快く, また特に, また疑う, もう姿, シャアも, ジェラルディーン大佐も, 一つ実験し, 傍らに, 先程御, 出て, 国王陛下の, 大変お, 妙な, 待ちかねて, 待兼ね, 御一緒, 御存知の, 斜めならず, 来たま, 白木の, 私も, 腹が, 腹を

▼ 殿下には~ (18, 1.6%)

1 [18件] 三千夫に, 今日は, 会場日本青年館に, 作り鬚作り眉を, 到頭ほんもの, 反て, 変った御, 多大の, 大分いろいろな, 御機嫌いと, 此鳩に, 歯固めの, 清水屋の, 無事に, 球賭盤を, 用心し, 篤とこの, 軽微なる

▼ 殿下から~ (16, 1.4%)

3 拝領の

1 [13件] あなたに, もし逢う, 何が, 俺が, 呼出しが, 命令が, 御慰労, 御褒美, 早速冷, 昨年御, 直接に, 賜わったという, 頂きました

▼ 殿下~ (14, 1.2%)

2 もつたいも

1 [12件] 一身上にも, 二方御, 出馬の, 在世の, 染筆の, 看護ニ際シ感染本日午後一時三十分死去水葬, 秘蔵の, 自身の, 自身は, 親子の, 誕生の, 誕生君ヶ代を

▼ 殿下~ (9, 0.8%)

1 あの世で, いそがせたこと, お使者, お願いした, よろしくお, 云った, 差上げた品, 手が, 言上なされます

▼ 殿下より~ (7, 0.6%)

1 お預かり, 半年遅い, 後見役として, 御後室さま, 心持低く, 譲られ給うた城, 預けられた楢柴

▼ 殿下さま~ (6, 0.5%)

1 がある, だって不敬, ですか, でも, なの, に化け

▼ 殿下~ (5, 0.4%)

2 はし我が 1 かまい下さいませんでほんとう, 一人は, 付きの

▼ 殿下~ (5, 0.4%)

1 あらせられたころ, あらせられるという, あられます, いらせられた兄君陛下, いらっしゃろうとも

▼ 殿下という~ (5, 0.4%)

1 なり, のは, のも, 方が, 言葉が

▼ 殿下にも~ (5, 0.4%)

1 お話しした, なれるはず, 化けられるであろうし, 定めて, 御招待

▼ 殿下~ (4, 0.4%)

1 太子殿下の, 王女殿下の, 若君の, 長良川博士は

▼ 殿下からの~ (3, 0.3%)

1 命令だった, 報告も, 賜わり物

▼ 殿下では~ (3, 0.3%)

2 ない 1 なくて

▼ 殿下~ (3, 0.3%)

1 のであっ, のであった, のでございます

▼ 殿下~ (3, 0.3%)

1 に化けた, へお茶, より漱石

▼ 殿下~ (3, 0.3%)

1 には槻細工, は何, も私

▼ 殿下自身~ (3, 0.3%)

1 じつはフランス密偵部, には何, も今そこ

▼ 殿下~ (2, 0.2%)

1 秘蔵の, 結婚式の

▼ 殿下~ (2, 0.2%)

1 そうは, とお

▼ 殿下といふ~ (2, 0.2%)

1 名は, 正體

▼ 殿下とか~ (2, 0.2%)

2 屋敷下とか

▼ 殿下との~ (2, 0.2%)

1 御仲, 心が

▼ 殿下なら~ (2, 0.2%)

1 ば王権, 人の

▼ 殿下まで~ (2, 0.2%)

1 かかる疑い, 行くと

▼ 殿下よりの~ (2, 0.2%)

1 ご命令, 御養君

▼ 殿下~ (2, 0.2%)

1 御染筆ニテ, 御染筆ニ係ハル妃

▼ 殿下御覧~ (2, 0.2%)

1 じて, ぜよ

▼ 殿下王妹インゲボルグ殿下~ (2, 0.2%)

1 にも御, のほか

▼1* [91件]

殿下おなじく御息所と共に, 殿下お手付けの名器, 殿下がくげ沼でそれぞれ, 殿下きのした藤吉郎どの, 殿下この頃の, 殿下さえはる, 殿下たちの御, 殿下ってどの殿下さま, 殿下であったが急い, 殿下でありますから直に, 殿下であろうか, 殿下ですね, 殿下でも閣下でも, 殿下とおくさんを, 殿下とがいだいて, 殿下として有り得べからざること, 殿下とともに起きふし, 殿下とは読者の, 殿下ともなられながら, 殿下とやらをもらいに, 殿下とを御招待, 殿下などと敬称し, 殿下においてはこれは, 殿下にさえその気, 殿下にさえも真偽の, 殿下についてはしない, 殿下にでもなったよう, 殿下にのみ嫌疑を, 殿下にばかり嫌疑を, 殿下にまで讒訴を, 殿下に対し奉りある, 殿下に対して不敬を, 殿下に対する一番の, 殿下はじめ四人の乗員, 殿下ひろい夕闇が, 殿下への面会が, 殿下ゐり候, 殿下またこれらの, 殿下までも歩を, 殿下もうお忘れです, 殿下とともにアマリエンボルグ宮殿内, 殿下をはだかに, 殿下をも狐に, 殿下インゲボルグ王女殿下らとともにアマリエンボルグ宮殿内, 殿下ドイツのカール, 殿下一行にたいして英国潜水艦ローン号, 殿下三日御渡欧, 殿下並びに理事官長より, 殿下はちょっと, 殿下今や亡し, 殿下今日の今上陛下, 殿下以外に一人, 殿下何ぞ身を, 殿下先程は有難う, 殿下午後三時横浜港より鹿島丸, 殿下しても, 殿下台覧とでも云, 殿下哀悼と東亜, 殿下唯今は飛んだ, 殿下在世の盛り, 殿下大がかりのこと, 殿下実は只今以外なる, 殿下容態御佳良ナラズ, 殿下御成のため, 殿下思ひもよらぬ, 殿下恩賜の植樹, 殿下悪人共の毒手, 殿下承知しました, 殿下拳銃をどうぞ, 殿下有栖川宮妃慰子殿下新樹の, 殿下文臣を誅する, 殿下新樹の局, 殿下早川君の順, 殿下昭和八年十二月二十三日御誕生, 殿下是非もない, 殿下本官は今, 殿下横浜御出航以来, 殿下歓迎の当時, 殿下渡領とでもっ, 殿下したもう, 殿下節子姫には去る, 殿下罰金でございます, 殿下聞しめさずや飛龍天, 殿下自ら御示し, 殿下行啓で北海道, 殿下親筆を以て返, 殿下観覧を賜い, 殿下此に, 殿下逢えるではありません, 殿下附き侍從や, 殿下高明の見ましませ