青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「棚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

梅~ 條~ ~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒 棒~ ~棚
棚~
棟~ ~森 森~ 森林~ 棺~ 椀~ ~椅子 椅子~ 植~ 植木~

「棚~」 2917, 30ppm, 3874位

▼ 棚~ (1074, 36.8%)

192 上に 83 上の 41 上から 34 上には 32 下に 24 前に 16 中に 14 ような, 下の 11 上で, 中から, 方へ 10 隅に 9 上へ, 上を 8 下には, 中へ 7 うえに, ように, 下で, 下へ, 下を 6 中には, 中の, 前で, 前へ, 間を 5 ところへ, 前を, 方を, 端に 4 ところに, やうな, 上や, 奥に, 物が, 間に 3 なかに, 上なる, 上において, 上にも, 中を, 前には, 底に, 書物を, 片隅に

2 [42件] うえの, かげに, ほうへ, ほうを, ものを, 一つの, 一輪ざし, 一隅に, 上, 上では, 上まで, 上も, 下涼み, 中では, 前, 包を, 右の, 外は, 奥から, 奥へ, 後から, 抽出から, 方の, 本を, 無い小さい舟, 硝子が, 硝子に, 縁に, 置時計の, 花瓶を, 荷物を, 葉の, 通草とどとして, 達磨, 達磨さんの, 郁子の, 鏡に, 隅から, 隅つこ, 隅の, 隅へ, 黄ろな

1 [327件] あたりや, あの福助, あるいかにも, あるの, ある二つ, ある灰小屋, いちばんはしの, うえから, うえにおいて, うえには, うえを, うしろに, うちその, おばあさんが, お園, お膳, かげから, かげ調度, きわまで, くだり, こちらで, こと記せし, こな, ごとく並べられて, さま何となく, すぐ間近く, そばで, そばに, たくさん並ん, だるまさんの, だるまの, だるま棚下し, ちりの, とこに, ところには, ところへは, どれも, なかから, なかで, なかなぞを, なかへ, べつな, まえで, まえに, むこうの, ものが, ものは, やうに, やや前方, ようで, よく見える, わきに, を全部, カドにでも, ガラスの, ガラス器や, ガラス戸に, ケースから, ケースには, サボテンの, チユウリツプに, チョコレートに, バスケットから, パナマ帽を, ヤカンを, ローソクの, 一つから, 一つを, 一ばん右の, 一ツの, 一本の, 一番前の, 一部や, 一部分だ, 丈稍高けれ, 三段目に, 上あたりに, 上が, 上だの, 上だろう, 上と, 上なぞを, 上などに, 上にて, 上にでも, 上にまで, 上は, 上までは, 上やや, 上ピアノの, 上下に, 上下の, 上下を, 上迄は, 下あたりを, 下かげに, 下から, 下が, 下だ, 下でも, 下凉, 下段から, 両側に, 両方の, 両端には, 中だ, 中で, 中にも, 中は, 中段に, 中程で, 中部を, 二箇處に, 人形を, 仕切りの, 仕立に, 低い瓶, 佛に, 作り方にも, 供物ことに, 供物と, 供物には, 修理でも, 倒れんと, 側まで, 傍に, 傍の, 傍へ, 先から, 光沢が, 入口が, 入口まで, 共同墓碑, 内に, 内より, 刀箱から, 列と, 別荘の, 前から, 前へも, 前通り, 前釜の, 前門の, 劇毒剤の, 卓を, 原稿袋の, 厨子は, 可懷しき面影, 右側に, 右手の, 各段, 向うで, 向う側に, 周圍を, 和蘭の, 器を, 固着法は, 埃を, 堆きは, 場合には, 壇に, 夏帽の, 夕顔の, 外に, 外側で, 多い水屋棚, 大きさ二十間三十間, 大理石の, 奥などを, 奥の, 奥を, 奥深くに, 奥深く消え, 客と, 家で, 小板, 少しばかり, 少し下, 市村水香先生の, 帽子を, 底を, 底板を, 引出などを, 形の, 後に, 後始末は, 御牡丹, 徳利が, 心覚えの, 思出はかの, 意味に, 或る, 戸にかけて, 戸を, 所に, 扉に, 扉の, 手文庫から, 抽出の, 拭き掃除を, 擂鉢が, 擂鉢や, 支柱は, 料理人, 方からの, 方でしょう, 方に, 方は, 明るい趣, 時計が, 時計を, 普及運動に, 曳出しには, 書物や, 本が, 本との, 本の, 机の, 板から, 板の, 枕時計は, 枠に, 様な, 横手に, 横木に, 樺の, 残燈を, 残骸の, 毒薬を, 涼台で, 深彫り, 温泉の, 漆塗の, 瀬戸物小鉢が, 灯に, 片わき, 物やら, 物器顛倒し, 破鍋, 硝子にあたり, 硝子や, 硝子戸を, 硝盃を, 硯筥と, 神に, 神も, 神様と, 福助どのと, 空壜を, 端から, 端まで, 竹や, 竹を, 笊に, 箱を, 粧飾の, 糸瓜が, 絵巻物を, 縁起物に, 置き時計の, 置時計が, 置物床飾り小児の, 肉店へ, 肌は, 背のね, 背後の, 脇に, 艫の, 花瓶や, 茂ったダッタン人, 茶店と, 茶碗を, 荷を, 落ちたの, 葉蔭を, 葡萄は, 蒲鉾の, 蔓は, 蔭に, 蔭の, 蔭を, 藤が, 藤咲きゐたりけり, 虚に, 蠶の, 袋を, 裏から, 裏に, 裏側の, 製作を, 貧乏暮しの, 跳ねたる, 輪廓が, 輪郭も, 近くには, 近所に, 道具箱を, 達磨さんを, 釣ったの, 釣りかたに, 鉢も, 鍵, 鏡の, 開き戸に, 間にあった三稜剣, 間や, 附近には, 陰に, 陰の, 陶器も, 陶器を, 隅々無遠慮に, 隅っこに, 隅において, 隅には, 青い小粒, 青竹も, 青銅の, 面積の, 順位を, 領主の, 類から, 類に, 飯に, 飾りものを, 香盆を, 駒鳥

▼ 棚~ (448, 15.4%)

26 あげて, 上げて 10 なって 9 並べて 7 並んで 6 のせて, のって 4 して 3 竝べて, 置いて

2 [20件] あるの, ごつんと, しまって, ぶら下って, 代々の, 入れて, 大分黒く, 眼を, 立って, 置かれて, 肱を, 蝋燭が, 載せて, 載って, 近づくと, 這は, 酒が, 陳列し, 雨の, 飾られて

1 [308件] あがりました, あげ, あげかえって, あげたまま, あげた議論, あげてね, あげての, あげときましょう, あげる, あげ他, あげ國, あたるよう, あったそれぞれ, あったと, あったの, あった飯茶碗, あつた, ありと, あります, あります建築字典, ある, あるはず, あるオロヌキ, あるニューム, ある一枚, ある壜, ある大島絣, ある手, ある手筥, ある時計, ある筈, ある糊付板, ある青い, ある鼠不入, いっぱいに, いつかアレクサンドラ・ステパーノヴナが, うつしかえたり, うつしました, うつすと, おいて, おかれた肉製, おけ, おさまって, おしあげて, お狸様, かえし自分, かかる, ぎっしりと, ぎっちりと並んだ, ぎっちり並び, くぐって, こたえて, こたえる点, ころが, しがみついて, しがみつく私, したら一向に, したり, するの, すれば, すゑられ, ずらりと幾列, せり, そこに, その本, それが, それぞれの, たれたる糸瓜, だらりと, ついたお前さんたち, つくり上棚, つくれる藤, つまれた燻製, つみかさねて, つんで, ならべて, ならべる正宗, ならんだ蒲鉾, ならんで, なる主要資材, のせられて, のせ筆, のせ給仕人, のめりこんだ, ひしひしと, ふせて, ぶらさ, もどして, よせかけて, よりかかりながら, よりつ, ゐた連中, ゐる彼, グルグル巻き, チョビリこの, チョビリで, ハイネが, バツと, パリス, ビイルの, ライターが, レモンシロツプや, ロココの, 一つ一つ品物の, 一合入の, 一朶の, 一輪挿が, 三人分の, 上げた, 上げたもっとも, 上げた社會改良家的淺薄, 上げやがって, 上げ何より, 上げ山, 上げ父, 上げ置きあらかじめ, 上げ進級生たち, 上って, 上ろうと, 上ろうとして, 並びその, 並ぶ鉢, 並べたケース, 並べた酒場, 並べられて, 並べ立てるの, 並べ若い, 並んだ菓物, 並んだ赤表紙, 乗せたもの, 乗せて, 乗せられて, 乗って, 今が, 仕立てた大きな, 伸子が, 位牌を, 体を, 何か, 何処か, 何年も, 供えた蓮, 供えられた瓜, 備えつけられて, 僅かばかり, 入って, 入れたもの, 入れられて, 其子を, 凭れかかった, 出て, 初期李朝の, 半分は, 名前の, 向い右, 向けて, 向って, 啼くらむ, 噴き滴って, 囲まれたパン販売店, 囲まれ浮世, 坐すること, 坐って, 堆高く積ん, 場所を, 壁の, 大きく映っ, 大きな安坐, 宿酔の, 寝て, 小まゆ, 小林萬吾和田三造外二人の, 巣から, 干しも, 年神棚が, 引っかかりて, 彼の, 御贔屓, 必ずキキョウ, 恰度一抱へほどの, 戸の, 戻して, 押しこめて, 挙げて, 据ゑた煽, 据ゑられたのである, 据置いた, 掛けられて, 掛け袴, 掛ると, 掴まったの, 整然と置かれ, 斜っ, 新しい藁, 書物あり, 朝顔の, 木製の, 柔かな, 校長を, 櫛だの, 正札を, 此神を, 残つた古, 水を, 沢山の, 洗面器しろし, 活動する, 添うて, 満ちて, 澄むは, 煮肴, 煮豆煮染ものなどを, 用の, 登った, 白く泛, 盆栽を, 目を, 直と, 直径一寸五分高, 真鍮の, 眠り揺籃, 硯か, 神を, 祭った, 祭り正吉, 祭る神, 種種の, 積み上げられて, 積み重ねて, 積んだ商品, 積んで, 積重ねて, 立掛けた小さな, 米浙笊米浙桶洗桶などが, 米醤油など, 糊付板が, 素麺や, 結び付けるの, 絵図や, 絹帽を, 置いた, 置かぬに, 置かれたい, 置かれた花, 置きて, 置こうとして, 羅紗などを, 翻訳小説や, 聖書を, 聚つて騒がしく, 腕を, 腰かけて, 腹ん, 色んな形, 花さく梨の, 茶碗皿小鉢類, 荷を, 菜皿をの, 華奢な, 葡萄の, 葡萄蔓が, 蚕を, 製品が, 見つけた, 豆の, 赤だの, 赤靴が, 身を, 載せた古風, 載せた誰, 載せながら, 載せました, 載せ厨人, 載つけたシネラリヤ, 載つて, 近い, 近い卓子, 近く窓の, 近づいた, 近づいて, 近よった, 近より, 返し小さい, 返す, 返そうと, 這いあがるも, 運んだ, 達して, 遠からざりき, 重ねゐる, 野菜を, 金雀枝が, 集る虻, 青い釉薬, 非常に, 鞄を, 預けた夏帽子, 頭を, 飛び上つた爲め, 食物が, 飼つた麝香猫の, 飾って, 飾ると, 香包を, 香炉がくゆり, 駈け上, 麦粉らしい, 鼠の

▼ 棚~ (241, 8.3%)

7 作って 6 眺めて 5 架いた 4 さがしてから 3 こしら, 作った, 吊って, 背に, 見て, 見ると

2 [13件] かけて, 中心として, 作らせると, 手探りで, 指さした, 指さして, 指さしました, 指した, 探して, 背後に, 造って, 釣って, 飾って

1 [175件] あけた, あけて, あけ勝手, いっぱいに, うずめつくして, おいて, お作りに, かいて, かけさせ辷る仕切戸, かざりその, かまへて, こさえて, こしらえて, さぐりて, しつら, しつらえた, しつらえ置くべき所, しらべて, すえ壁, そういう本, そつと, ちがえて, つかって, つきだして, つくって, つくつたり, つくつて, つくりその, つくり小さな, つくり苧殻, つくる, つけた, つけて, つけなおし落葉, つらう, つり巣, とおして, とって, ながめ廻して, なして, ならべて, のがれて, のぞいて, ひとつ吊りあげた, ひやかして, ふくとき, へだてて, ほとんど転, みると, めぐらして, 一つ一つに, 一イ二ウ三イと, 一ツ吊し, 並べて, 作ったの, 作つたり, 作つて神の, 作らせそれ, 作らせて, 作りうち, 作り鍋, 作る, 作ること, 作るの, 作る時, 出て, 動かし乍ら, 又出し, 取り上げた, 取り附けさせて, 叩き壊しそれから, 吊して, 吊ったの, 吊ったよう, 吊つたり, 吊つて, 吊りよるところ, 喜んで, 埋めさせた, 埋め専門書, 外された藤, 天下の, 差し, 広場に, 引き出し初め, 張ったり, 張り葦索, 彼処此処に, 打ちつけたの, 打ち壊して, 打付けて, 拝むという, 拵えずに, 拵へる, 拵らへたり, 指さします, 指し言, 指す, 指差した, 振り返った時, 捜す時, 据ゑて葉の, 掛けたり, 探しまわって, 探って, 掻きま, 掻き捜すよう, 支へて, 支持する, 暗く照らし, 架し, 架せむ, 横に, 殊に, 海中に, 海中へに, 潜り出した, 照らして, 用ゐた, 略した押入れの, 皆書物に, 眺めた, 眺めてを, 眺めながら, 眺めはじめた, 眼下に, 私共は, 秋風の, 築き上, 終りましたから, 組んで, 置いて, 置くこと, 落したりなど, 行くと, 行儀よく, 見あげると, 見た, 見たが, 見つめて, 見上げたまま, 見上げ見下げして, 見回しながら, 見廻して, 見比べて, 見込んで, 視め, 覗いたって, 覗きこむ位, 覗き廻ってから, 覗き廻つて, 解いたため, 訊いた, 設けて, 設け七日間, 設定し, 調べて, 走りまわって, 走る鼠, 越して, 足がかりに, 造らずして, 造りズラリ, 造り翁, 造るとか, 釣った上と下, 釣りて, 釣り薪, 釣るひさし, 錠前を, 開けて, 開ける, 非常に, 飛びだすと, 飛び下り一列

▼ 棚から~ (207, 7.1%)

4 おろして, 一つの 3 下して 2 とりだして, カンテラを, 一冊の, 下ろして, 別の, 帽子を, 摺鉢や, 落して, 落ちて, 鬼の

1 [176件] ある薬品, おろしてよんだり, おろしながら, おろし息, かやの, ころげ落ちるの, ざらざらした, すこしはみだし, すーっと, その本, とって, ぶらさがって, ぶら下, ぶら下がったよう, ぶら下げて, ぶら下った, ぶら下った宿屋, ぶら下って, ぼた餅で, ぼた餅と, ぼた餅を, まるめ箱, めいめいに, ものが, ものを, わたしの, インド詩人の, オレンジが, カバンを, クルクルと, コップを, シみ出る, スルリと, ダイヤモンド, ハート形の, ビール箱を, ピストルを, フライパンや, ブラッシを, ボタ餅の, ボロ着, ヨードホルムの, ライカを, ライ麦の, レトルトを, 一つずつ, 一万倍の, 一冊抜取る, 一巻の, 一間許り, 下した, 下してね, 下しますの, 下って, 下ろしそれ, 下ろした時, 下ろし注ぐ, 二三枚重ねた, 二個の, 二匹が, 五番目の, 傘を, 其の箱, 凸凹した, 卸されたり, 卸した, 卸した時, 卸して, 卸す針箱, 取って, 取りはずして, 取りバケツ, 取り上げながら, 取り下した, 取り下ろしました, 取り出し, 取り出した, 取り卸す, 取り降した洋酒, 取れます, 取下ろし恭しく, 取出したまま, 口の, 右側の, 和綴の, 品物を, 唐守藐姑射の, 垂れ下がって, 壜入の, 大きい二重硝子, 大きい古, 大きい地図, 大きい茶碗, 太い懐中電灯, 子供用の, 寝ぼけたらしい声, 射す青い, 小さな茶色, 小出しに, 少なからず, 床へ, 弁当を, 忙が, 手あたり次第に, 手付コップを, 手帖を, 手文庫を, 手桶を, 持つて, 指紋を, 掛物を, 探し出して, 日向さんの, 早附木を, 書籍が, 望み見て, 枕を, 棚と, 樽や, 残して, 気付けの, 油壺を, 洋書を, 活眼の, 清酒の, 湯呑みと, 湯呑を, 燐の, 牡丹餅と, 牡丹餅に, 牡丹餅の, 牡丹餅式に, 牡丹餅的に, 物の, 物を, 状袋を, 皿に, 皿を, 盛んに, 真田紐で, 着替えの, 石鹸を, 私は, 空の, 箱が, 箱を, 紙袋を, 茶道具を, 落したよう, 落ちはじめたので, 落ちる牡丹餅, 落ち大分, 薬の, 薬品の, 藤の, 衾や, 袱紗に, 見事な, 觀世音の, 通路に, 酒ビンを, 酒瓶と, 鉄の, 銀の, 銀盆を, 銅の, 鎌首を, 降りて, 陳列棚へと, 陶器が, 青い液体, 飛出した道具, 食器の, 鴨居の, 黄いろくべとついた, 黄袋を

▼ 棚~ (191, 6.5%)

23 あって 6 あつて 5 あった, ある 3 出来て, 吊って, 置いて 2 つくられて, ならんで, 作りつけられ小さい, 吊つてあつ, 影を, 恋しくなった, 日陰を, 有り右, 無事に, 高くて

1 [123件] あったが, あっても, あつた, あつら, あらわれました, ありそれ, ありまえに, ありまして, あります, ありますから, あり其処, あり大小さまざま, あり棚, あり泰造, あり葡萄棚, あり裏, あり鴨居, あるごとくここ, あるその, あるので, あるよう, あるん, いいつや, いっぱいに, いると, おいて, おかれその, かけづくり, かしいで, からっぽの, がたがた崩れる, がらんとなっ, このごろ淋しく, このホテル暮し, さほど高い, そこに, その前, その葉, それぞれ小さい, たくさんある, だんだん降り, ついて, つけて, つけられて, つられその, できて, なく泉, ふさわしい, まる空き, めりめりと, ガラ空きに, ギーと, グルッと, ライブラリで, 一つあった, 一つある, 一つ破れた, 一カ所ある, 一隅に, 三段ほど, 下に, 並び柏木氏, 並べられて, 二つ並ん, 二つ据えられ, 二筋作られ, 作られた, 作られたり, 作られて, 備えつけられて, 傾いて, 出て, 出來, 出来たところ, 出来るなんて, 出来るの, 取りつけて, 吊られて, 吊られ雛壇式, 吐き出された舌, 向島へ, 四五尺程の, 壁ぎわに, 壁を, 孤立し, 幾だ, 幾つも, 悉く鬘, 打ちつけて, 日本の, 案じられるという, 梨の, 棄て去られたので, 歩き出す, 殊に色彩, 浅くなっ, 浮き出して, 片足折れ, 狭いので, 田舎めか, 空に, 空ッぽ, 立ちメディチ, 立って, 縦横に, 落ちて, 落ちても, 藁を, 見うけられる, 見える, 見え茄子, 設けられて, 造り並べて, 遠いから, 適當に, 重って, 釣って, 釣られる, 鉛で, 食器で, 飾りつけられて, 高いの, 高くなっ

▼ 棚~ (105, 3.6%)

12 上げて 4 あげて 3 載せて 2 入って, 行って, 黄金色に

1 [80件] あげ, おこうと, お燈明, かけて, さした, しまおうと, しまった, しまって, しまつてゐた, そな, ちゃんと納め, なにか載せやしません, のせて, はこぶ幼い, ぶつかって, ほうりこむと, もぐって, よじのぼって, よじ上って, カアテンを, 上げたまま, 上げたり, 上げたりは, 上げた腰, 上げとか, 上げやがってね, 上げるじゃ, 上げると, 並べながら, 乘せた, 乱れかかる煙, 何やら収, 何商法でも, 作品が, 來る, 入れた, 入れたり, 内証で, 向けた, 向って, 品物を, 岡持を, 帰って, 延すより, 思わず倒れ掛っ, 急いで, 手が, 手の, 手を, 抛り込んで, 抛り込んであり道具裏, 押し込んで, 据えつけて, 来る歳徳神, 洗ったコップ, 火を, 眼を, 移したが, 移したり, 積んで, 立って, 立て挂けた, 紙入を, 置いた, 置き足音, 脱ぎたる衣類, 行き試験管, 行つて書類の, 衣物を, 載せ襖, 近づいて, 返さないで, 返した, 連れて, 部屋靴の, 陳ぶと, 隠されたの, 集めて, 飛びあがりそこ, 飛び移つた

▼ 棚には~ (93, 3.2%)

2 一面に, 何も, 椰子バスケットが, 私の, 葡萄酒の, 葭簀が

1 [81件] いつて, お葬式, これも, さもえら, その巻物, なかった, なまなましい木目込人形, なんら加, ほとんど品物, もとより能, アルコールづけ, ウイスキーの, カテリーナが, ギリシア語や, スケイト用の, スペイン, マリアの, ミタマの, ムールソオや, 一々薄紙, 三造の, 人形木彫細工貝殼大小さまざまな, 仏蘭西人形など, 他に, 何が, 到底納ら, 化粧道具や, 十年も, 古い壺, 古い安物, 古びた湿っぽい, 可愛い桃, 呼遠, 嘉永六年の, 土人の, 外套も, 大きな数十, 大きな美しい, 大きな馬蹄形磁石, 大な, 天子様の, 小さきランプ, 常に伊勢守, 幾個か, 日常の, 本や, 桶と, 植木鉢その, 湯沸しが, 潮汲みの, 無数の, 獅子の, 由吉の, 白い布, 白木で, 目の, 真ん中に, 空箱緑色の, 紅釉薬の, 素晴しい, 素焼の, 細々した, 緑地の, 繧繝縁の, 罐詰が, 膳碗皿小鉢茶を, 茄子, 茶椀皿小鉢油燈等を, 茶碗小皿鉢などの, 菅子が, 葡萄酒やら, 蝋燭立に, 袖裏の, 講談本や, 豆粒ほどの, 金属製の, 錠前が, 錫の, 雑然と缶, 麁朶が, 黒いタイプライター

▼ 棚~ (39, 1.3%)

2 戸棚や

1 [37件] へちまの, コンパスや, テーブルの, 井戸の, 仕上物, 劇薬といふ, 卓子の, 壁に, 壊れかけの, 壞れ, 平一郎の, 戸棚の, 暖炉の, 書棚が, 木馬には, 机の, 机や, 梨畠の, 水瓶などの, 煖炉の, 特に流行本, 畳の, 秣草桶が, 筵で, 箪笥の, 箪笥類を, 箱が, 箱を, 簾も, 粉薬を, 粉藥を, 縄を, 背景の, 腰掛の, 長持や, 電話口の, 風呂敷包から

▼ 棚~ (38, 1.3%)

2 並んで, 二つの

1 [34件] あさって, あひならび, いいまた, いうから, いって, すれすれの, その番, われて, 中央の, 云はず心覚えを, 会社員の, 似て, 共通の, 化粧台が, 反対の, 同じ工合, 同じ意味, 向かい合って, 呼ばれる, 小さい玉蜀黍畑, 彫り物の, 本棚何もかも十九世紀の, 椅子と, 此卓とに, 申しまして, 番台を, 神々しい儒者ふう, 窓は, 箱庭と, 背の, 花の, 袋戸棚の, 違は, 酒棚が

▼ 棚~ (38, 1.3%)

2 その秋, 飯食む

1 [34件] がらあきだ, ざらざらした, どんなもの, なかなかよくでき, わざと開け, わたし自身が, コップの, セセッションの, バグダツドの, 一寸した, 九尺である, 事実歳神の, 以前は, 全くカラ, 全部出来上る, 吊らない, 吊られた, 四層もしくは, 大神宮様の, 姿を, 普通のぶ, 最上部, 漸っと, 煙です, 片すみに, 畑の, 白木造で, 皆な, 私自身が, 空だ, 芹澤, 落ちようと, 趣味深く, 音さんが

▼ 棚~ (31, 1.1%)

2 ある虫, 作った

1 [27件] あり其の, あり枝折戸, あり穴, ある, おびただしい荷物, ぎっしり詰まっ, すべて昔の, とび, ほとんど業, よき月夜, テーブルも, 何もかも自分, 使いは, 押入も, 押入れも, 抽出も, 最新式の, 木戸が, 漆で, 無残な, 置いて, 腰掛けも, 芝生も, 見ろ天井, 釣れないくせ, 鏡台も, 長火鉢も

▼ 棚~ (22, 0.8%)

2 あつた, 作らなければ

1 [18件] おいしい御馳走, これも, すっかり埋められ, ちょっと一冊, ほとんど埋め尽し, 一ぱいになつてることを知りました, 偶然新作の, 埋められその, 好んで, 歳棚の, 無数の, 物から, 自分の, 茶碗やら, 葡萄の, 薄っぺらな, 見られるの, 見る新

▼ 棚曳く~ (13, 0.4%)

3 天上界に, 雲の 1 さまも, は赤, 炊煙の, 空の, 糸が, 霞の, 霞を

▼ 棚~ (12, 0.4%)

3 の上 1 が外れ, が次々, が気, やバイスケ, をあきれ, を二枚, を左手, を指さし, を爪

▼ 棚曳い~ (10, 0.3%)

4 ている 2 てゐた, てゐる 1 ていた, て天上

▼ 棚寝床~ (8, 0.3%)

1 が船尾, とを移し, に寝させない, のこと, の一つ, へ行く, も無い, を占める

▼ 棚ざら~ (7, 0.2%)

1 えなどに関する, えの, しか三日, しだ, しと, し物, ひを

▼ 棚など~ (7, 0.2%)

1 みんな在り, もさうで御, ホールにおいて, 凡そ腰かけ得る, 手近に, 生活に, 置いて

▼ 棚下し~ (7, 0.2%)

2 をし 1 でめし, も出なくなっ, や出来そく, をする, を始めた

▼ 棚にも~ (6, 0.2%)

1 あった, おかしい, たとえつべく今や, 寝台札にも, 屋根を, 私の

▼ 棚より~ (6, 0.2%)

1 して, 引攫って, 盗み, 碁盤を, 金属製の, 露重げに

▼ 棚~ (6, 0.2%)

1 なので, には勿論, に寝た, に小さく, に閉ぢ, のなか

▼ 棚~ (6, 0.2%)

21 に人, の煙草, の芽独活かきほりのど, の蕗

▼ 棚などを~ (5, 0.2%)

1 そのほう, 写して, 取り廻したあたり, 手ぎわよく, 験べ

▼ 棚下ろし~ (5, 0.2%)

1 でゴマ化そう, にかかりました, はもう, もしさうな, をし

▼ 棚~ (5, 0.2%)

3 を読ん 1 に忙しき, 読んで

▼ 棚では~ (4, 0.1%)

1 ない, 大木魚の, 弟たちへの, 赤い縁

▼ 棚などが~ (4, 0.1%)

1 あって, ある, 如何にも贅沢, 拵へ

▼ 棚などに~ (4, 0.1%)

1 からみつくの, 思わぬ金, 続いて, 置くわけ

▼ 棚みたい~ (4, 0.1%)

1 だし, なん, な所, に並べ

▼ 棚曝し~ (4, 0.1%)

2 になった, の安物

▼ 棚曳いた~ (4, 0.1%)

1 うす霧, といふ程, ま, 対岸の

▼ 棚曳き~ (4, 0.1%)

1 何となく日本, 機婦は, 魂魄を, 鼻は

▼ 棚あり~ (3, 0.1%)

1 てあたり, て下, て金銀珠玉

▼ 棚からは~ (3, 0.1%)

1 大きな糸瓜, 季節に, 明るく日

▼ 棚~ (3, 0.1%)

1 が今ごろ, つた鉛の, のの

▼ 棚だの~ (3, 0.1%)

1 所詮それら, 緑色の, 飾箱だ

▼ 棚という~ (3, 0.1%)

1 ものを, 棚には, 棚を

▼ 棚との~ (3, 0.1%)

1 間に, 間には, 間を

▼ 棚なども~ (3, 0.1%)

1 仏家の, 全く据附, 気持ちの

▼ 棚まで~ (3, 0.1%)

1 歩きに, 自分の, 自分は

▼ 棚らしい~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものの, 所に

▼ 棚~ (3, 0.1%)

2 の表 1 には古き

▼ 棚工事~ (3, 0.1%)

1 のため, はこの, をし

▼ 棚~ (2, 0.1%)

2 をきす

▼ 棚あるいは~ (2, 0.1%)

1 台とも, 壁上樹上に

▼ 棚いまだ~ (2, 0.1%)

2 青けど

▼ 棚~ (2, 0.1%)

1 えで, それともわが家

▼ 棚がずつと~ (2, 0.1%)

1 吊りわたして, 壁に

▼ 棚こちら~ (2, 0.1%)

1 の棚, はまた

▼ 棚すべて歌~ (2, 0.1%)

2 にある

▼ 棚その~ (2, 0.1%)

1 中へ, 穴悉く

▼ 棚だけを~ (2, 0.1%)

1 もちこんで, 記憶し

▼ 棚でも~ (2, 0.1%)

1 すでに認められた, 雁木でも

▼ 棚といふ~ (2, 0.1%)

1 ものが, 棚を

▼ 棚とに~ (2, 0.1%)

1 はさまって, 向かい合いながら

▼ 棚とも~ (2, 0.1%)

1 いうと, 呼ばれそこ

▼ 棚~ (2, 0.1%)

1 のです, んだ

▼ 棚なし~ (2, 0.1%)

1 小舟では, 小舟の

▼ 棚などの~ (2, 0.1%)

1 中に, 静かに

▼ 棚ぬけ~ (2, 0.1%)

2 てそよぐ

▼ 棚やらが~ (2, 0.1%)

1 たくさん附い, 不秩序

▼ 棚~ (2, 0.1%)

2 中で

▼ 棚一つ~ (2, 0.1%)

1 もない, 動かしする度

▼ 棚~ (2, 0.1%)

1 せて, て半天

▼ 棚曇かげ~ (2, 0.1%)

2 遠じ

▼ 棚~ (2, 0.1%)

1 て桃, て閃電縱横

▼ 棚曳かす~ (2, 0.1%)

2 さま正に

▼ 棚曳き降り~ (2, 0.1%)

1 て來, て来る

▼ 棚檜葉垣~ (2, 0.1%)

2 の向

▼ 棚~ (2, 0.1%)

2 の小路

▼ 棚無し小舟~ (2, 0.1%)

1 といい, のあ

▼ 棚立ち~ (2, 0.1%)

1 の仲仕, はできなかった

▼ 棚罫ノート~ (2, 0.1%)

1 と画鋲, はない

▼ 棚葡萄~ (2, 0.1%)

2 の房

▼ 棚~ (2, 0.1%)

2 ひあまれる藤

▼ 棚近く~ (2, 0.1%)

1 の竜泉寺, へあげる

▼ 棚鉱泉~ (2, 0.1%)

1 とした, の附近

▼ 棚飾り~ (2, 0.1%)

1 と異風, のようす

▼1* [156件]

あげされてしまう, 棚あの隅と, 棚ありし釈場の, 棚いっぱいに飾っ, 棚春が, 棚おそろしくゆれ動きて, 棚かがみのついた, 棚かけ亘し, 棚かけわたして神服, 棚かなんかを出したら今度, 棚からもいろんなもの, 棚ぎっしり並んで, 棚くらいは在っても, 棚ぐらいはどうでも, 棚こっちの引出し, 棚ごとに壁, 棚がし, 棚さえ作って, 棚て架る, 棚そうして支那風の, 棚そこに載せ, 棚その他にかくし, 棚その間を靜, 棚それに多少, 棚だけが繁りに, 棚だけは重たい金具, 棚ちがい棚などが目, 棚つきの廣間, 棚つくらんと思へ, 棚つまり魚の遊泳層, 棚つるか釘, 棚のが, 棚ですもの一と, 棚でなければ置けない, 棚とか物の, 棚とかを見ると, 棚とはそこから, 棚とばかり考へて, 棚なぞ拭くの, 棚なぞを渡って, 棚などだけを体裁よく, 棚などと比較に, 棚などへしまって, 棚なる小箱の, 棚なんか明日に, 棚なんて贅沢品だ, 棚において一の, 棚にて横に, 棚にでも飾つてあんまり, 棚になつて茶碗皿小鉢の, 棚にのつた六角形の, 棚ねエあれも, 棚のうへで足を, 棚のうへにあぐらを, 棚のむこう側, 棚ばかりの部屋であった, 棚ふかくか, 棚ふきはやはり, 棚ふき三つ食卓ふきが二つ, 棚ふくべ現れ出, 棚へでもあげて, 棚へとのぞきまわりました, 棚へもそう遠く, 棚または多くの, 棚までは届かないよ, 棚ものといっ, 棚すら梅, 棚わきに並べ, 棚を通してアルフォンス・ドオデエを, 棚の埃, 棚コップの類, 棚ツ尻剩へ跛, 棚バリカン廻転椅子カバーの白白, 棚ボタばなしが世界, 棚一ぱいに飾っ, 棚一ぱいぎつしりつまつた鼻煙壺のコレクション, 棚一杯に列べた, 棚一番奥には鏡, 棚三段を尽くし, 棚に寄りそい, 棚二つへ院, 棚の屋台, 棚伝いに降り, 棚優勝旗カップなど, 棚を伝った, 棚化粧台二つの寝台, 棚厨子など程よく, 棚厨子一具が置かれ, 棚吊りに掛かれ, 棚吊るんで, 棚同様の供物, 棚唐櫃屏風箱行器など見物, 棚外科器械棚などが如何にも, 棚やしき, 棚宝石香料寝台花瓶ピアノ楽譜窓掛其他さまざまのもの, 棚棚を, 棚小鼓香炉火鉢褥膳具酒器などない, 棚尾ホトトギス連中来る, 棚工事場の底, 棚飛び棒, 棚引きのなか, 棚引けるときそれ等を, 棚引ける如き想像に, 棚引位山のたかき, 棚引去者立走, 棚形式のもの, 棚廚子三棚の, 棚打捨てて手, 棚いて, 棚料理の仕上げ, 棚晴船頭の妻, 棚曳かしていた, 棚曳かせた連山が, 棚曳き冴え渡った月は, 棚曳き沈む夕日は, 棚曳き渡り湖は, 棚書院窓その小, 棚書類ビーカーレトルト精巧な金工器具, 棚赤い粗末, 棚というお, 棚柔かい緑の, 棚は池, 棚標本棚外科器械棚などが如何にも, 棚ひの, 棚清浄な無, 棚温泉浅間一帯の傾斜, 棚濡れ縁があり, 棚火鍵はもと, 棚の箇所, 棚すだれ, 棚瓢片隅なるが, 棚種々雑多な, 棚にも結構, 棚をつたっ, 棚の日, 棚を讀む, 棚から青い, 棚花瓶や電気, 棚若干をつくっ, 棚荒れにけり, 棚菓子の皿, 棚落ちて箱ども, 棚蜘蛛が網, 棚見たいにできた, 棚見たれば金襴緞子, 棚とてアンペラ, 棚っている, 棚で洗っ, 棚重豪公の手, 棚鉱泉宿に落ちつく, 棚の徴集, 棚銭その他村人よりの役料, 棚には琉球朱, 棚霧らひ雪, 棚飲料果物匙やナイフ, 棚鴨居の上