青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「條~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜 桜~ 桶~ 梁~ ~梅 梅~
條~
~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒 棒~ ~棚 棚~ 棟~

「條~」 1072, 11ppm, 9767位

▼ 條~ (357, 33.3%)

17 である 12 とする 5 のもと 4 がある, の下 3 だと, なしに, にし, によつて, の一つ

2 [26件] がどう, がない, が伴, であると, であるところ, であるの, でなければ, ではない, として, として美しい, とせる, となり, となる, に依, に備, に對, のうち, の中, の具足, は今, は我々, を備, を分析, を容れる, を持つ, を持出した

1 [248件] から因果律, から生じた, がいい, がきまる, がそろつ, がどうにか, がよかつ, がよく, が事實, が何, が保證, が備つて, が厚手, が可, が地主藤澤, が完全, が小室, が峠, が必要, が揃, が揃つて, が政見, が東洋, が潛, が澤山, が皆, が虚無, が行, が起り, が都合, が餘, たる財産關係, だ, だつたが, だつたの, づきで, で, であ, であらう, であります, であり一つ, であるから, であるが, であるけれども, であること, であるという, であるといふ, であるもの, であるよりも, である故に, である苦行, でして, です, ですゝめ, でないとい, でないならば, でながい, での上, ではなくなる, では好い, でもらへる, で代用教員, で信用, で借りる, で出す, で同意, で奬, で完全, で寢たま, で從つて, で承認, で曹植, で江戸, で漸く, で規定, で謝罪, で金, で養育院, という譯, とが相互, としての波, としてフランス語, として二三黨員, として他, として勿論, として居る, として必, として患者, として持つ, として提出, として日本, として爭, として父, として現れた, として研究, として約束, として要求, として閣下, として黨員, とせず, とそれ, となつ, との下, との調和, との間, とはどこ, とを調べ拔, と思っ, と機會, と爲す, と認識, と關係, などと一氣, などを考へる, なの, なりと, なり彼, なり然, なんか持ち出しやしません, にあてはまる, において生活, にかな, にかなつて, にその, について, について一そう, について何事, について語, について語る, にて, にとつて, にない, になっ, になつて, には止らない, により, にゐ, にピタリ, に先づ, に制約, に加, に即下, に受けとる, に君, に尊重, に就い, に屈從, に應, に或, に抵觸, に推讚, に提供, に望ましい, に科學, に賛成, に過ぎず, に適, に鑑み, のすべて, のせゐで, のとき, のところ, の一, の一個條, の一大原因, の一項一項, の上, の不平等, の代り, の因果, の基礎, の場所, の條件, の缺乏, はそれ, はそれ程, はま, はシュワルツ, はブルジョア時代, はプラトン, は一切累, は二重, は他, は何, は同時に, は彼自身, は御免, は恰も, は我々自身, は文化, は日本, は熟し切つ, は異, は私人, は穩健そのもの, は耳, は賃銀勞働, は餘, は高等, もあり, もなし, も具, も可, も無し, も誰, や規定, より以下, をつくらう, をつくり, をつけた, をドイツ, を一つ, を並べた, を今日, を付し, を作りたい, を備え, を充, を充たす, を充たす如く見える, を具備, を兼ね備え, を出, を前, を前提, を加集君, を定法, を廢絶, を持ち出し, を握つ, を改めて, を欲, を殆, を滅茶, を稍, を種々, を約束, を考慮, を脅威, を萎微凋落, を見出す, を見極める, を認識, ヲ缺クベカラズ, 恐しい, 或ひ, 附きで, 附きの

▼ 條~ (95, 8.9%)

4 路が 2 上村源之, 大衣, 潛在する, 理由によ, 罪に

1 [81件] あるの, いくつも, きちんとした, ところで, ほとりの, 一部の, 三條八幡に, 中で, 中に, 串に, 人形操が, 人込の, 伏線として, 光が, 八尾政で, 六七丁目違つた, 四の, 大橋にか, 大橋の, 大橋近く, 大殿が, 如きは, 妻を, 孔穎達の, 存在に, 學規といふ, 家へと, 小橋を, 尾が, 岩面を, 御誓文, 心に, 掛合を, 效少く, 數珠屋の, 斎藤左衛門大夫茂頼の, 方から, 方へ, 本文は, 柱は, 樋の口は, 橋に, 橋を, 殿だ, 氣の, 河原能の, 河原院に, 烟うす黒く, 現象が, 町が, 町に, 百太夫合祀の, 皺常に, 直道あり, 磧に, 神經は, 第一, 箭が, 箭を, 細注及び, 細道が, 縱の, 罪, 腕もて, 色あるは, 蛇を, 蛭子社に, 西壬生の, 解除も, 記事の, 記事を以て, 諸語は, 責任ある, 路を, 通りにて, 道を, 邸の, 邸へと, 間の, 附近は, 龜裂が

▼ 條~ (74, 6.9%)

3 改正の, 文の 2 が締結, は成立, を結ぶ, を結んだ, を締結

1 [58件] が成つた, が成立, が結ばれる, で御座います, と一三二, にまで發展, によつて, に不服, に京都, に伴, に準, に至る, の保證, の後始末, の結果, の義, はその, は屡々, は改正, もこの, もなく, も大, をせまり, を改めて, を結べ, ハ單ナル休戰條約, 上の, 主文の, 之儀昨年以來厚く, 以後の, 及び阿片戰爭, 實施上の, 實施問題を, 已に誤れり, 成立の, 成立以前に, 成立以後は, 成立後ペルリの, 批准後即時にも, 改正とは, 改正に, 改正を, 改正問題は, 改正問題を以て, 改正問題起る, 文, 書, 書我鬼國提案の, 未だ, 案に, 案を, 案出づるや兩黨偶然其歩武を, 發表前に, 調印の, 面と, 面を, 面御, 面通り御

▼ 條~ (66, 6.2%)

3 見えたる區別, 見えて 2 出て, 至つても

1 [56件] いて, うつる, かういふ規定, して, しるすところ, せよ凡そ, その事實, 下つて, 下の, 之を, 仲人は, 依るとか, 兄の, 出でたる古, 出現した, 分かれた庭, 初は, 向つた, 周曰繹商曰, 基づいたもの, 夏曰歳商曰祀周曰年唐虞曰載と, 大変乗気で, 太宗が, 幾分こだ, 引用した, 引用せる, 後醍醐天皇も, 御草稿本, 擧げた, 擧げたるところ, 擧げた氣, 擧げた紫氣, 敵の, 於いて, 於けるが, 於て, 曰く, 東西南北其他八方の, 楚が, 次の, 注意すべし, 牛皮の, 甚しい, 白い山茶花, 移すなどは, 胡正, 至りて, 至りては, 至り生きて, 觸れ, 該當する, 詳しく解説, 説ける氣, 距齊州以南戴日爲丹穴北戴斗極, 載つて, 骨と

▼ 條~ (55, 5.1%)

3 見よ 2 引く, 見ると

1 [48件] つかんで, つくして, つけて, なして, みますと, もう一つ, 傳ひ, 卷かれた竹田人形, 參攷すべし, 參看すべし, 受納する, 外, 奉ずると, 實行した, 引いた樣, 引き拔, 引く光, 張り人, 恪守し, 或る, 抱いてる男, 持つて, 推考せる, 掲げてない, 掲載した, 搜した, 擧げたる次に, 曳き綱, 有したり, 條件として, 次に掲げよう, 潰すこと, 熟讀し, 犯す者, 發布した, 立て, 立てて, 立てやう, 與へて, 西の, 見ても, 見ましても, 設けて, 認めぬ判決, 説かしめ遂に再び, 調べて, 讀んで, 連ねられましが

▼ 條~ (23, 2.1%)

3 を掲げ

1 [20件] が載せ, である, と巡査, には, に左, の中, の實際, はない, は事實上, も, をなし, を存, を引用, を掲載, を明記, を次, を法律, を研究, を缺, を載せ

▼ 條~ (20, 1.9%)

1 [20件] おごそかな, それが, つき刺さる, よく大御神, コロボックル論者は, 世界何れの, 何所にか, 前聯, 十は, 却つて生子殺害の, 古く産所, 心持鼻白みます, 慇懃に, 掲げてないが, 支那では, 明板の, 歴代の, 法律に, 特殊の, 茲に

▼ 條~ (18, 1.7%)

2 を缺

1 [16件] あり乃ち, があつ, が見, であること, に於きまし, に照らし, の中, の文字, はグラツドストン, は見, は風教上, を何, を加, を律文, を犯す, を網羅

▼ 條~ (17, 1.6%)

3 が立ち過ぎ, が立つ

1 [11件] が善く, が立ツ, とである, との世界, と共にかなた至上高點, に明かなる, は櫛, もわかり, を盡, 且つ不, 有りて

▼ 條~ (15, 1.4%)

2 云ふ

1 [13件] その額, た, なく水, なりて, 一貫の, 其の僧侶, 同五日, 奉じて, 心得て, 爛, 爲り, 相違し, 老番頭

▼ 條~ (11, 1.0%)

2 に, に案遷年四十二歳 1 には若しも, に一, に明, に曰く, に繋けたもの, に註記, に述べし

▼ 條殿~ (11, 1.0%)

1 [11件] から使者, から暇, だの小, でも, で名高く, のおも, の力, の愛兒, の搖ぐ計り, の歌よみ, の窕子

▼ 條~ (10, 0.9%)

1 あつた, あつて, あります, あるだけ, あるならば, いった, 二本通つてゐる, 思ひ出される, 見當ら, 道芝の

▼ 條~ (10, 0.9%)

2 を張り 1 から彼等, だつてかな, であつ, と血痕, にい, に就, に隔てられた, の外

▼ 條~ (8, 0.7%)

2 あつた 1 あり得るのみ, 御天子樣, 旗の, 畫い, 私は, 見た舞子

▼ 條にも~ (7, 0.7%)

1 上り風, 又西戎, 堀川にも, 屡, 支侵兒林の, 火猶, 申上候通り當時勢下より

▼ 條~ (7, 0.7%)

1 ある, その間に, また要領, 強ち, 柳橘も, 知らん人間, 重なり合つて徐々

▼ 條天皇~ (7, 0.7%)

1 が即位, が莊園, といふやう, と云, なども好, は御, も武力

▼ 條として~ (6, 0.6%)

1 あらゆる手段, ゐたの, ゐる方, 信じて, 立てられるやう, 連ぬべき

▼ 條~ (6, 0.6%)

1 なるもの天來, には, によつて統治, に服從, の規定, はこの

▼ 條~ (5, 0.5%)

1 やつて, 出て, 出るまでに, 出る河沿, 引き返さねえん

▼ 條武子夫人~ (5, 0.5%)

2 と語る 1 が矢張り扁桃腺, でした, のよう

▼ 條~ (5, 0.5%)

2 七坊に 1 二號及刑事訴訟法第, 二項に, 何條という

▼ 條~ (5, 0.5%)

1 が出ちまつたら, が酒豪, だが, の大きな, の榮養

▼ 條件以外~ (4, 0.4%)

1 にその, に何等, に孤獨そのもの, に死そのもの

▼ 條八幡~ (4, 0.4%)

1 が即ち, と同じ, に着いた, の攝社

▼ 條~ (4, 0.4%)

1 に類する, の女性的氣象, の邸宅, の體

▼ 條~ (4, 0.4%)

1 が来た, といふネフリフドフ, 来りふた, 来り長崎料理かもめ

▼ 條河原~ (4, 0.4%)

1 で釜茄, に梟, の夕涼, の宿

▼ 條約御~ (4, 0.4%)

2 取結 1 取, 許容と

▼ 條から~ (3, 0.3%)

1 京極あたりを, 四條へ, 彼は

▼ 條これ~ (3, 0.3%)

1 が奈良屋, が氏, は東亞諸國

▼ 條もの~ (3, 0.3%)

1 帶を, 旗じる, 鐡軌が

▼ 條~ (3, 0.3%)

1 から操座, が源, であつ

▼ 條橋畔~ (3, 0.3%)

1 のレストオラン, の明るい, の電氣燈

▼ 條武子~ (3, 0.3%)

1 と芥川, のよう, の石版ずり

▼ 條~ (3, 0.3%)

1 とシュールレアリズム, の應擧, の發祥

▼ 條通り~ (3, 0.3%)

1 に出た, は京極, を散歩

▼ 條~ (3, 0.3%)

2 の町尻 1 の三流位

▼ 條野採菊翁~ (3, 0.3%)

1 が伊井蓉峰君, と私, に語った

▼ 條あり~ (2, 0.2%)

1 て其中, て猶

▼ 條かの~ (2, 0.2%)

1 繩が, 草が

▼ 條その~ (2, 0.2%)

1 勢力は, 實長安に

▼ 條では~ (2, 0.2%)

1 今でも, 氣息以上に

▼ 條という~ (2, 0.2%)

1 ように, 字と

▼ 條との~ (2, 0.2%)

1 中に, 關係が

▼ 條とは~ (2, 0.2%)

1 何かと支那人, 若吾妻鏡

▼ 條まで~ (2, 0.2%)

1 あります, 厚い森

▼ 條七坊~ (2, 0.2%)

1 まで來, をすつかり占めた

▼ 條三坊~ (2, 0.2%)

1 まで來, 第二保

▼ 條件的~ (2, 0.2%)

1 である, の種々複雜

▼ 條及び~ (2, 0.2%)

1 左傳の, 第八回

▼ 條実美~ (2, 0.2%)

1 の信頼, を召され

▼ 條~ (2, 0.2%)

1 鍛冶と, 鍛冶などが

▼ 條柳橘~ (2, 0.2%)

1 を尻目, を従え

▼ 條~ (2, 0.2%)

1 の下, を渡る

▼ 條胡同~ (2, 0.2%)

1 といふ落着, の宿舍

▼ 條裁判所構成法~ (2, 0.2%)

1 第五十條參照, 第百五條

▼1* [139件]

あるに拘らず, 條いとくり返し読み得しは, 條漲り墮つる巖, 條かも知れぬ, 條からずつと河原を, 條さんたち四五人と苦しまぎれ, 條したる事は, 條湧きあがる而, 條たる音樂である, 條つたのです, 條だけでも住民七八十戸が, 條だけは自得させる, 條づけてゐた, 條づけられた雲の, 條であり又生活態度, 條であります足輕即ち, 條ですから勿論, 條でも皆宏才博覽で, 條とか四條とかいふ, 條とかいふ賑やかな, 條としての正直と, 條とも知れず兩舷, 條どのの姫君, 條にて忍月居士は, 條にのみ見え人民一般, 條には人數不分明と, 條によつて努力の, 條による帝國議會の, 條のみ有體, 條のみを有して, 條のれーる, 條ばかり頂邊から, 條ほど出して, 條もってたまるべき, 條より北京極より, 條わたりまでいかめしく, 條をも併せて, 條ウメ子という貴族, 條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, 條ポント町位ニ居て, 條リストを追, 條得セシムルヲ方針トス, 條一丁目の氷峰, 條三處へ棹, 條不忠とも不義, 條世人の想像, 條に古事記神代卷, 條に澤瀉, 條以上もございまする, 條以後には後, 條件さへよけり, 條件ニ依リテ干犯サルルコトヲ許サズ, 條件付で假名, 條件付きの男, 條件彼の環境, 條件提携を約し, 條件法であろう, 條件的成功の作, 條件的抛棄が要求, 條件讓與を爲, 條件通りを行つて呉れい, 條件進路およびその, 條件風俗名物女食物などが語られた, 條で, 條例中婦人の犯罪, 條先づ束ねて, 條八階など, 條公乃ち已むを得ずし, 條公山田顯義を始め, 條公爵の家々, 條其身の懈怠, 條兼實の, 條分縷拆して, 條判官殿如何でか, 條ふべき, 條取消談判の會話記録, 條三百十五條の, 條大橋の京津電車, 條大路を左, 條天皇太皇太后皇太后皇后皇太子又は皇太孫, 條は非難, 條が助け, 條とか貨色, 條孟子告子章句下白圭曰吾欲二十而取一何如の章, 條宗教會議の法規, 條は棚車, 條實朝大江廣元の諫言, 條寺町で見た, 條小橋に升屋喜右衛門, 條小橋池田屋惣兵衛方斬込み事件が行, 條小橋縄手に二ヶ所屯, 條小路の旅宿池田屋惣兵衛方, 條少からず星野博士, 條岩倉二公を調和, 條も谷, 條左大臣粟田右大臣桃園中納言保光卿は三人, 條彼等は未だ, 條一條天皇の, 條御息所の生, 條或は日本を, 條新地の暗い, 條既に述べある, 條をくりかえし眺め, 條書きにし, 條有廣西洞院時慶の兩公卿, 條も分かぬ, 條柳馬場上に住, 條横斜相重なりて, 條橋下の河原, 條正子を貸す, 條武子さんのよう, 條清姫が追, 條理文理などの用法, 條より左折, 條的一は曲折的, 條皆これより出, 條の枯葉, 條着折よく電車, 條立川さんはよろこん, 條に明, 條がある, 條へ落ちた, 條縄手の三縁寺境内, 條葭幹等を與, 條藍色の, 條西七丁目の角, 條西七丁目何番地の有馬勇氏方宛, 條とし, 條解除に對, 條の條, 條通りその他要所々々を戒厳, 條通り南北にもっと, 條通り辺の旅宿客, 條をわる, 條金吾は鎌倉幕府, 條附着して, 條附近に限られ, 條青年会館でナップ, 條高く山と