青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「桑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

格子~ 桂~ 桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~
桑~
~桜 桜~ 桶~ 梁~ ~梅 梅~ 條~ ~梢 梢~ 梯子~

「桑~」 1247, 13ppm, 8519位

▼ 桑~ (467, 37.4%)

28 葉を 22 葉の 21 木の 15 枝を 13 葉が 12 木が 10 葉に 9 実の, 実を 6 木を, 葉は 5 木で, 木に 4 木は, 木も 3 実が, 実や, 木の下に, 木へ, 根っこを, 樹に, 畑が, 虫を, 鏡台を

2 [21件] はたけでは, ような, 口に, 実酒, 實の, 木, 杖を, 果の, 枝が, 枝に, 枝尺取り, 根は, 樹の, 畑の, 畑も, 若芽の, 若葉の, 落葉の, 葉などを, 虫だ, 農婦すら

1 [229件] かたい芽, こつちを, しげった麦, しげふ, ねがいの, はたけも, めぐりに, 一家族には, 一枝を, 上に, 下に, 下まで, 中を, 仕事の, 代だけも, 体が, 価は, 係を, 傍に, 出来不出来と, 匂ひ, 原の, 原価が, 友達を, 口の, 合いすき, 名ある, 周瑜から, 周瑜と, 周瑜は, 國唐黍の, 地へ, 城市を, 声で, 売買麦俵の, 大木の, 大木は, 大樹に, 大樹の, 大樹を, 奴は, 如きは, 如き櫟, 妙な, 嫩芽を, 嫩葉を, 実, 実だ, 実でございます, 実といふ, 実とか, 実どっちも, 実などは, 実には, 実に腹, 実は寐覚蕎麦, 実は長く, 実よ, 実呉れる, 実色, 実頂戴ッ, 実黒く, 家, 實である, 實とる, 實を, 實黒く, 小綺麗な, 尺とり虫が, 山の, 山風, 幹には, 広葉が, 広葉黒く赤い, 広蓋を, 弓, 弓梓の, 弧と, 所から, 手入れを, 斎へ, 新芽, 曠野, 曠野に, 有る家, 木か, 木から, 木だ, 木という, 木などは, 木なんか, 木には, 木にも, 木のうね, 木の下から, 木の下へ, 木の葉を, 木の間には, 木の間を, 木ばかり, 木や, 木人形を, 木刀で, 木影に, 木津の, 木畑に, 木畑の, 木目鏡懸け, 本場だ, 机なら, 林と, 枝, 枝から, 枝である, 枝と, 枝にて, 枝の, 枝は, 枝または, 枝モチの, 枝畦の, 枝葉が, 枯木, 枯木が, 枯枝が, 枯枝を, 枯葉や, 枯野も, 枯野越え来し, 染みしごとく, 株に, 株は, 株を, 根がたに, 根がたの, 根さむし, 根っこに, 根っこの, 根っ子が, 根つ, 根に, 根の, 根元までも, 根株を, 栽培に, 棒でも, 榻に, 榻の, 樹が, 樹さ, 樹は, 樹ばかりぞ, 段々畑である, 氷華は, 灰光は, 特質たる, 用意にか, 畑, 畑さへ, 畑でなく, 畑と, 畑を, 畑中に, 畑水車小流そこが, 畑麦の, 畠などを, 番人で, 病後の, 相場を, 短い枝, 神として, 立木が, 答へは, 細い枝, 細い枯枝, 群影ひく, 老木が, 老木の, 腹の中で, 芽が, 芽に, 芽の, 芽は, 芽も, 若芽が, 若芽で, 若葉が, 若葉と, 落葉が, 葉おも, 葉から, 葉さへ, 葉じ, 葉で, 葉と, 葉なら, 葉には, 葉も, 葉以外には, 葉光り, 葉入れにも, 葉照に, 葉玉蜀黍の, 葉肥ゆる, 葉越に, 葉音が, 薄く芽ぐみたる, 薪で, 藁解き放つ, 虫だけを, 蠱術の, 袂を, 裏葉を, 見台の, 言葉と, 豊作を, 貧弱さに, 貯えが, 道を, 野と, 鏡臺を, 長火鉢と, 間から, 間さ作つた, 間で, 間には, 間の, 附近において, 餉台の

▼ 桑~ (96, 7.7%)

4 の医者 3 に着た 2 とサン・マテオ, に入る, に於ける, に著, に行った, の当局, を出帆

1 [75件] からオレゴン, から国, から布哇, から日本, から雉猟, か何, じゃない, でこの, では数千人, では眼, では警察, でもやる, でも一, で中, で検疫, で発行, で知り合い, にいる, には露西亜生れ, に上陸, に二週間, に出, に在っ, に在り, に徃, に来い, に根拠, に次, に渡つたもの, に直航, に着いた, に着きける, に着く, に移し, に至り, に著せし, に行く, に長く, のほう, のホテル, のマテスン氏, の交通部長, の医師, の古本屋, の変死人収容所, の夜, の如き, の屍体公示所, の廣野, の探偵局, の探偵捜査事務, の支那街, の日当り, の町, の義勇兵, の貧民窟, の賭博, の近傍, の金門, の陸軍附属レタマン・ジェネラル病院勤務, の雑誌, へつく, へも始終, へ出, へ寄る, へ旅立ち, まで来る, まで行つた時, まで請け合う, も近く, を出る, を受持っ, を秘密裡, ヲ隔タル海上八百三哩, 大學

▼ 桑~ (89, 7.1%)

19 の間 4 の中 2 の向, の石垣, を指し, を隔て

1 [58件] から土蔵, がある, がまじつて, がもと, が續, すなわち久しく, だの, だの石垣, でウネ, で右手, で林檎, との見える, と米穀, と野菜畑, なぞを見, にした, にて村, になっ, にはつぐみ, には雨, にもならなかった, にも医院, に働い, に変えた, に成っ, に新芽, に礎, に続いた, に茶褐色, のところ, のわき, の一部, の側, の向う, の多い, の小径, の崖, の支度その他, の方, の桑, の雪, は勿論, は直ぐ, へ三度, へ入っ, へ通う, まで皆, もあり, も往昔, も水車小屋, も真白, も野菜畠, や淺, や竹薮, を一丁, を廻つて, を掘る, を焼く

▼ 桑~ (88, 7.1%)

7 言った 4 そこで 3 笑って 2 李の, 腹の中が, 莚に, 蓮香の, 訊いた

1 [64件] かの履, この言葉, その女, その小児, その言葉, それは, そんなこと, た, ちょっと窺い, はじめて李, ひどく悲しん, ひどく懼, ひどく驚い, ふしぎに, ふと思ひ出した, また友人, もうすっかりうす, もらって, やはり奇異, 一株ずつ, 三箇月し, 不思議な, 今頭, 伐ったか, 伸び麦は, 体も, 何人も, 冗談に, 力めて, 喜んで, 困って, 大きな木, 女の, 家へ, 当然養蚕, 心で, 心の, 息を, 摘みたし, 故郷へ, 最後に, 月の, 李に, 李を, 泣いて, 洪水にでも, 涙を, 濃緑色に, 燕児の, 生れつき静かなやわらぎ, 留めようと, 皆葉を, 直ぐには, 笑った, 自分で, 自分の, 蓮香が, 貧富の, 郷試に, 金を, 関係を, 附近の, 駭い, 驚いて

▼ 桑~ (76, 6.1%)

5 植えて 3 摘みに 2 摘め, 摘め摘め爪紅, 積んだ馬, 荷って, 重そう

1 [58件] かむ音, きざんで, くれたり, すっかり抜き取っ, つむてつだい, つんで, もって, やって, やらないで, やるからと, 伺いて, 伺ひて, 作り養蚕, 入婿に, 切るとて, 刻み刻み二三度良平, 刻むやう, 土間から, 大切りに, 引っこぬいて, 御奨励, 截ったり, 扶け, 採りに, 摘み畑, 摘み麻, 摘む女, 摘んでか, 染めしピラーモ, 栽え, 栽える, 植えかえちまうなんて, 植えさせた, 植えた, 植えたの, 植えたり, 植えた方, 植えること, 植え十三歳以上, 植ゑて蠶を, 植ゑ一軒の, 田には, 終へ, 美濃瓜, 背負いうるよう, 背負った男, 脊負った, 船で, 見ただけで, 見に, 見ると, 見わけさ, 負った客, 集めて, 食うと, 食べて, 食むよう, 駆り越前公

▼ 桑~ (39, 3.1%)

2 普通見る, 植えて, 肥え梨, 芽ぶいて

1 [31件] あって, あるから, あるだろう, あんなに大きく, いいから, いいからと, しげり麦, ちっとも売れず, ちょっとも, なくちや, へぼいで, 一定の, 一番火の, 丈高く, 仕付けて, 倒れたまま根, 偶然にも, 全く枯死, 大変好い, 彼の, 意外な, 故郷へ, 植付けてあつ, 残って, 独り坐っ, 病気で, 眼を, 自然に, 薪を, 訊いた, 青々と

▼ 桑~ (22, 1.8%)

1 [22件] で多少, に住ん, に名族, に来, に永らく, に着く, の住人, の住民, の内, の劉備どの, の彼, の桃園, の水呑百姓, の生れ, の百姓, の私, の者, の茅屋, の草莽, の附近, は戸数二, も例

▼ 桑~ (18, 1.4%)

1 [18件] が答える, でも呼ん, にもさした, の二人, の手伝い, はそこ, はまた, は人, は声, は桑作, は言った, までときどき, も囲炉裏ば, も膝, も薬師道, らしいわずか, を墓掘り, 共に土足

▼ 桑~ (17, 1.4%)

1 [17件] いて, なったので, 二語三語話しかけた, 似た幹, 似て, 働いて, 勧めて, 妾を, 寄って, 精が, 細君の, 船を, 言った, 追はれ通した, 雹を, 霜ふりさ芽立ちの, 飲ました

▼ 桑~ (16, 1.3%)

1 [16件] が, という, という男, にも泊っ, に劣らない, に茂右衛門, のよう, はさては, はその, は主人, は初めて, は旅支度, は舌打ち, も残し, を一名連れよう, を残し

▼ 桑~ (11, 0.9%)

1 [11件] あれば, しかたなし, 今は, 出て, 吸ふからいや, 柳も, 芽ぐまず, 蔬菜も, 蚕も, 霜に, 駭いた

▼ 桑名城~ (10, 0.8%)

1 でぜいたく三昧, の南, の濠, は長島, へ, へ通った, まで袋づめ, もござる, を死守, を観望

▼ 桑~ (10, 0.8%)

2 の間 1 が一面, ならびに蚕糸, のある, のほとり, の中, は一反四畝一九歩, へは行かない, を抜け

▼ 桑~ (10, 0.8%)

1 がある, が缺乏, と枯れ, と訳し, に及び, に対して太息, の老木, は万年, を撫でる, 常に深紅

▼ 桑~ (9, 0.7%)

2 アカシヤや, 粟の 1 その他ここに, なぎ風, 人の, 桐で, 黒い黒柿

▼ 桑~ (8, 0.6%)

1 二方を, 云う桑, 唐黍との, 塗物の, 燕児は, 美人が, 薩長との, 黍と

▼ 桑二藩~ (8, 0.6%)

1 が宮門警衛, が承服, の引退, の所隊, の激昂, は特に, は禁門, も当然

▼ 桑摘み~ (8, 0.6%)

1 が盛ん, にゆかれ, に出かけた, に行っ, の人々, の忙し, の手伝い, や落葉

▼ 桑伯子~ (6, 0.5%)

1 と仲弓, と自分, についての孔子, のこと, の人物, は物

▼ 桑つみ~ (5, 0.4%)

1 からかえる, だ研究所, にいつた, にでかける, にひよつこり

▼ 桑~ (5, 0.4%)

1 にのぼっ, の一閣, の大堂, へ伺う, までお

▼ 桑~ (5, 0.4%)

1 および桑葉製糸, は三二六貫八〇〇目, を得, を食う, 及び蚕糸

▼ 桑~ (4, 0.3%)

2 あつた 1 こんな大木, 多忙なる

▼ 桑~ (4, 0.3%)

2 の茶箪笥 1 で出来た, を山盛り

▼ 桑~ (4, 0.3%)

1 だのやたら, を剥いた, を買う, を食

▼ 桑~ (4, 0.3%)

1 のまだ, は履, は泝州, は病気

▼ 桑~ (4, 0.3%)

1 がたくさん, が沢山, に盛り, を片

▼ 桑~ (4, 0.3%)

1 がある, とかは暴風, の大木, の燃

▼ 桑西~ (4, 0.3%)

2 に着いた 1 に泊る, に至る

▼ 桑~ (3, 0.2%)

1 か, にも一緒, もおれ

▼ 桑など~ (3, 0.2%)

1 摘んで, 植えるの, 馬にも

▼ 桑~ (3, 0.2%)

1 寄って, 帰った諸, 帰って

▼ 桑~ (3, 0.2%)

3 り鋏

▼ 桑摘む~ (3, 0.2%)

2 主ぁ 1 絵の

▼ 桑盛様~ (3, 0.2%)

1 が浄土宗, の御, も一家中

▼ 桑~ (3, 0.2%)

1 らしくなると共に, 又はくづれた安摩, 風の

▼ 桑~ (3, 0.2%)

1 といはれ, の花, や印度素馨

▼ 桑~ (3, 0.2%)

1 とも御, にも作つた, は未だ

▼ 桑さん~ (2, 0.2%)

1 に愛せられ, の病気

▼ 桑とを~ (2, 0.2%)

2 詠み込んで

▼ 桑などの~ (2, 0.2%)

1 田畑が, 葉は

▼ 桑まで~ (2, 0.2%)

1 帰った, 引揚げろという

▼ 桑其他~ (2, 0.2%)

1 の草木, の雙子葉植物

▼ 桑助さん~ (2, 0.2%)

2 の家

▼ 桑摘み唄~ (2, 0.2%)

2

▼ 桑~ (2, 0.2%)

1 のなか, の草むら

▼ 桑~ (2, 0.2%)

1 に失わん, 之景

▼ 桑港放送~ (2, 0.2%)

1 が, が日本人

▼ 桑港行き~ (2, 0.2%)

1 で午前十一時, の二等船賃

▼ 桑港警察~ (2, 0.2%)

1 からホワイト氏, の積極的援助

▼ 桑~ (2, 0.2%)

1 のごとく, を植えなく

▼ 桑~ (2, 0.2%)

1 のた, 之屬

▼ 桑花色~ (2, 0.2%)

2 の薔薇

▼ 桑~ (2, 0.2%)

1 だって, だ口

▼ 桑茶栽付所~ (2, 0.2%)

2 となり

▼ 桑~ (2, 0.2%)

1 は勿論, は直ちに

▼1* [133件]

ある所住居は, 桑からほど遠からぬ, 桑がへぼくちゃ, 桑ぐらいのものです, 桑のを, 桑だけである, 桑だつて少し, 桑だの倒れかかったすゝきだ, 桑つきが悪い, 桑つみ位のもん, 桑であるために, 桑でございますな, 桑でなくともちさ, 桑ではない, 桑でも植えつけられるが, 桑といふ名の, 桑とか柏とかを, 桑とに挟まれた畔, 桑とりて, 桑とると霞わけ, 桑などが植付けて, 桑などをくべたが, 桑なり除虫菊なりを, 桑にでももつと, 桑には小さな美しい, 桑にも梨にも, 桑にや惡かんべが, 桑はたの蓬, 桑ばかり果しなくつづい, 桑ばやしの黄いろ, 桑ばらなもの, 桑ばら桑ばらなもの, 桑一別ヨリ今, 桑ボヤを思い出した, 桑ヶ峠の附近, 桑一千株紀念のため栽, 桑一百根を植, 桑侯は, 桑の期, 桑二侯の舎兄, 桑二藩士を率い, 桑付けしたとこ, 桑の三分の一, 桑は摘ん, 桑作同様におれ, 桑及び板倉侯, 桑侯手に一人, 桑侯等を率い, 桑八百株と申します, 桑八百株薄田十五頃がある, 桑切り庖丁で丹念, 桑刈るうへに來飛びしき, 桑十稲田大炊青山新七などのかつて, 桑て, 桑圃反別は一一万〇一七四町三反三畝歩, 桑圃茶圃なるもの, 桑城街につく, 桑を売れり, 桑に垂ん, 桑弧蒿矢もて兎, 桑の家, 桑にいそしむ, 桑摘み人形の郷土細工, 桑摘んどれ, 桑摘乙女の姿, 桑摘唄の間, 桑摘帰りの男女, 桑に朝廷, 桑木の下に埋めた, 桑林檎葡萄各種野菜など青々, 桑の如く, 桑るる, 桑枯れてあからさま, 桑及びラミイ, 桑桑園とまでし, 桑洗うた絹や, 桑津留桑鶴小野津留小鶴などがそれ, 桑の変, 桑港あたりで偶, 桑港オウクランド市などの名, 桑港オウクランド聖マテオ附近一帯の第, 桑港シカゴ紐育に至る, 桑港中央警察署のクレアランス・ボウマス刑事, 桑港地方にマダ鉄道, 桑港探偵局の刑事, 桑港支店の店員, 桑港支社長ストークス君やら朝日新聞社桑港特派員清瀬規矩雄君, 桑港特派員清瀬規矩雄君などが便乗, 桑港着直チニ皇后エリザベス病院, 桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, 桑港着船の上, 桑港税関長へ宛てた, 桑港警察部長ホワイト氏が此, 桑港領事として留任せり, 桑の日本人街, 桑滄以上の感慨, 桑生伝を見せ, 桑田彦右衛門の挙動, 桑畠その間を縫う, 桑畠皆な雪, 桑畠竹藪などが見える, 桑畠茶色な櫟, 桑百合がいい, 桑の家, 桑盛さまの御, 桑盛次郎右衛門とて隣町, 桑眞紅となりし, 桑もさめる, 桑織績, 桑籠用の大, 桑細枝見るべくなりぬ, 桑にした, 桑の下, 桑花ベコニアダリアカーネーションそれにつつじ, 桑花蘭など沢山, 桑苗発送季の忙しく, 桑苗販売などをやっ, 桑苗部主任の桑原宏, 桑茶其外青物一切全滅した処, 桑葉二億四五八一万一六六九貫目をもって一二二万九五〇八石, 桑葉二百貫目を要する, 桑葉繭の仲買いも, 桑葉製糸を配当, 桑藩士本間某を斬り, 桑西桑窪などがあり, 桑に投じ, 桑ノ死後遺族ガコヽニ移ッテカラハメッタニ訪ネナイヨウニナッタ, 桑造在世中モ夫婦デ旅行シタコトナドハメッタニナイ, 桑をさして, 桑野原七年の夢, 桑野辺と実に, 桑鶴小野津留小鶴などがそれ, 桑麻胡瓜田翁沙狗渓叟水鴉等の田園