青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「揃え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

接近~ ~控え 控え~ 推理~ ~掩 掩~ ~掴ん 掴ん~ 揃~ ~揃え
揃え~
~揃っ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ 描かれ~ 描き~ ~描く 描く~

「揃え~」 1222, 11ppm, 9543位

▼ 揃え~ (1049, 85.8%)

20 いた 15 あった 11 ある 9 笑った 7 あるの 6 いる 5 あって, 云った, 持って 4 あります, おいて, 呼んで, 待って, 歩いて, 答えた, 脱いで

3 [11件] いった, いて, おけ, それを, やって, 働いて, 唄って, 坐った, 坐って, 彼の, 私の

2 [55件] あった庭下駄, あると, あるので, いたが, いたの, いながら, いるが, いること, いると, いるの, いるので, おりました, お送りします, かしこまって, くれた, ぞろぞろと, ぬぎ捨てて, まいりました, トンと, 一斉に, 丁寧に, 下さったの, 並んで, 停って, 写真か, 出して, 切って, 告げた, 山の, 平伏した, 平次を, 庭の, 掛けて, 支那の, 月遅れの, 来て, 歌いながら, 波を, 熱心に, 畏まって, 真直に, 眼の, 立って, 笑いました, 笑ったが, 置いて, 置く, 言った, 証明し, 踊って, 進むこと, 進んで, 頼んだ, 高笑い, 鳴いて

1 [795件 抜粋] あげまするやう, あったお, あったこと, あった下駄, あった他, あった編上靴, あった鉛筆, あつた, あのお雪ちゃん, あの写真, ありがとうと, ありますが, あるから, あるところ, あるほどの, ある一組, ある他, ある家, あれが, あれど, いい足した, いうこと, いうもん, いきなり鶏小屋, いそいそ俵町, いたこと, いたずらを, いたわけ, いつもの, いては, いるから, いるところ, いるのに, いるひま, いる嫋, いる恰好, いる折, うたい出した, うたい囃して, うないつづけた, うるさく強請むので, えいえいえいと, おいた筈, おいた背広服, おき揃えたら炭, おくつもり, おくと, おくやら, おくん, おけば, おけよ, おりながら, おる, おれを, お出迎え, お千勢, お寿司, お辞儀を, かかるの, く, くべて, くれたらいい, くれた草履, くれと, くれるかと, くれると, くんねえ, こう叫んだ, こう告げた, こっちの, この素浪人, この際, これだけ, これも, こんどは, ござりますれ, さっさと歩み入る, さて一々, さも何, さらに何, しばって, しまうと, しまったの, じっとう, じゃんじゃん書き立てた, すぐ届け, すでにその, すなわち連獅子, そういう事, そうすれ, そう云った, そのままとん, その上, その火元, その目, それぞれテーブルの, それに, それは, そんなはず, ぞろぞろ降り, たった今貰おう, ちゃんと畏まっ, ついた, できるだけの, とめるだけ, なおその, ぬぎその, ぬぎ外套, のぞき合った, のばして, はねまわって, ひしと詰込んだ, ひた押しに, ひょいひょいと, ふたたび秀吉方, ほめ歌, まず二十ドル, またもや絶景, まだ高等学校, みたうえ, もうつい播磨沖, もって, もらいたいと, もらい飯, もらって, やった, やったこと, やっと舸, やりリュウマチ, やり立たせて, やること, やる二階, やろうが, ゆく, ゆすぶれば, わけの, わたしの, わめき立てるが, ゐるの, イエス・サアと, カ氏も, ガリガリ氷, サンタマリヤを, ジリジリと, ドタンと, ドンドンガンガン囃し立て, ニジリ寄りました, ハルロオと, バスの, パンフョーロフが, ヒョイと, ピョイと, 一せいに, 一ふり振っ, 一人, 一人一人は, 一同は, 一家が, 一尺二寸に, 一様に, 一歩ずつ, 一種の, 一重ねも, 七両二分おまけに, 三万両を, 三味線を, 上げたいと, 上体を, 上月城へ, 下駄を, 世道の, 乗り込んで, 事もなげに, 二匹の, 人々は, 人を, 今夜も, 仕上げる垣根, 代金を, 仰向いて, 件の, 何かしら獰猛な, 何し, 供の, 偉大なる, 働かねば, 僕の, 元禄の, 光枝の, 入れた, 八卦の, 六百十三名の, 兵隊さんの, 其綱を, 写真を, 出した, 出した上, 出した俺, 出しましたから, 出す足駄, 出せという, 出立した, 出迎えか, 出迎えた人数, 出馬した, 前に, 前へ, 前髪摺れ, 力み返えるとは, 助力を, 動かしやすやす, 動物愛護の, 北上した, 卓子を, 協力する, 厳粛に, 参りますわ, 反対した, 反返るよう, 反駁した, 叫び出した, 叫び返した, 叮嚀に, 各, 同じ柏屋, 同日神戸方で, 同行を, 向かうものの, 呉れた, 呉れる値段, 呼びかける声, 呼び立てた, 呼んだ, 哄笑した, 唄うの, 唄う祈り, 唱える処, 問いかけた, 問う, 喚き出したので, 喜ぶ癖, 嘖々称讃した, 四五名が, 固く縛られ, 地べたの, 坐ったま, 坐ったまま, 坐った粋, 坐った膝, 坐りなおすと, 坐りまぶし, 坐ると, 坐席, 城下に, 堂々と, 報道した, 声を, 変化し, 夜通しの, 大元気, 大牟田公平の, 天下に, 女の, 女学生の, 娘に, 子鯨, 官軍の, 寝かした上, 寝る, 尋ねました, 小い, 少し扁, 居る, 届けて, 山門から, 島原の, 巣に, 工場の, 左右から, 巻き上げに, 市郎の, 帰したお, 帰って, 幕切の, 平行した, 幾台も, 座を, 庵の, 建てたなりに, 引越しし, 彼らは, 往っ, 待ち構えて, 後の, 御機嫌, 怒鳴り付けるうち, 恐縮する, 息を, 患者の, 悪口を, 悲しげ, 感心した, 憎まれること, 我らに, 手ぐすね引い, 手拭で, 手順に, 打ったという, 打って出でたところ, 打つと, 抗弁しだした, 折りたたんだ上, 拈込で, 拷問という, 持たせた, 持ちだした, 持ち歩いたが, 持合わせ, 掛けた車麩, 推参に, 提出し, 支いたまま, 教えたん, 整えて, 敵前へ, 敷き物, 文学の, 新聞記事を, 日本人は, 明治十一年丸の内竜ノ口, 晁蓋呉用宋江らの, 智深の, 曲げた上, 曲げて, 書立てて, 朗かに, 木の, 李雲を, 来いと, 来るの, 来る者, 板壁を, 根気よく, 案内する, 極く, 横たわり眼, 横の, 歌い切るの, 歌い神, 歌う歌, 歌って, 歔欷を, 武蔵は, 歩いた, 歩むが, 死体が, 毎年一枚ずつ, 江戸歌舞伎式の, 沖の, 海へ, 消えて, 清胤の, 渡す二本, 漕出せ, 瀬戸物屋の, 火鉢の, 無雑作, 犯人の, 猛然と備えた, 獲って, 玄関まで, 田村家の, 甲比丹の, 畏っ, 白い額, 皆近年の, 直段, 真犯人扱いに, 眺めること, 眼を, 睨めつけた, 神妙に, 神様を, 私が, 空を, 突喊する, 立ちあがった, 立ちどころに用, 立ち塞がった, 立った, 立ってたが, 立帰っ, 立派な, 竝んで, 端坐し, 端然として, 笑いながら, 笑い出したが, 笑うと, 笑うの, 笑って, 箱火鉢に, 粛々とこっち, 素直に, 細長い身体, 絶えず京洛, 綴じて, 綴じながら, 緞子夜具類は, 縁も, 繰出すように, 置いたあと三冊, 置いたのに, 置かないと, 置かれた, 置くと, 置く気, 罵った, 考え職業, 耳を, 背中を, 背後の, 脱いだ上草履, 腰を, 膝の, 自然の, 舞台の, 芳川鎌子事件と, 茶碗を, 蜀勢の, 行くよう, 行く三人, 街道を, 衛生的な, 袂から, 裾を, 褒めた, 襖の, 襲来した, 見える, 見たり, 見るん, 見れば, 見渡す限, 親の, 言いました, 言い出した, 言うこと, 言って, 訊ねた, 訴えた, 詫び入られまた, 読もうと, 調子を, 諫める, 貯蔵運搬の, 買いに, 贈った, 跳びかかる, 身方が, 軍師の, 載せて, 迎える, 近いうち, 近辺を, 返せと, 迫らんと, 送る茅, 逃げだした, 進むならば, 遊弋し, 道を, 道節に, 遠ざかって, 酌を, 配所へ, 酒宴の, 野菜の, 銀瓶を, 長襦袢で, 降伏に, 隙間へ, 隠して, 集まって, 集まると, 雛の, 雪風の, 青銅の, 非を, 頂かされたの, 順々に, 頭を, 頼宣に, 風呂敷に, 飛びだした, 飛び降りますと, 駒下駄が, 騒ぎだしまけずに, 高笑いを, 鳴いた

▼ 揃え~ (22, 1.8%)

1 [22件] あとは, いいの, それに, ひと晩に, まずわし, まず大概, もう彼, もはや充分, よいとの, 三人の, 両親も, 五百万両の, 五百両も, 他に, 吉, 夜の, 奮発する, 工藝の, 当座は, 文句は, 植物は, 電光石火的の

▼ 揃えながら~ (14, 1.1%)

2 答えた

1 [12件] うねりくねって, ふと呟いた, コソコソ顔, ジッと, 一緒に, 伊織を, 何たる事, 彼は, 手を, 町, 疑しそう, 鳥毛挟み

▼ 揃えたり~ (12, 1.0%)

1 [12件] して, すると, する他, 十手を, 小賢しく首, 数えたり, 水を, 爪で, 茶を, 袴腰を, 負けた金, 馬肉の

▼ 揃え~ (6, 0.5%)

1 かかったって, してやるん, なりましたね, 姿を, 花吹雪, 行ったの

▼ 揃え~ (6, 0.5%)

1 こしらえたん, したよし, して, し右手, なして, 描いたもの

▼ 揃え~ (5, 0.4%)

1 天覧に, 衣裳に, 衣裳によって, 釣り道具を, 顔と

▼ 揃えてから~ (3, 0.2%)

1 かかること, きょうの, 盧の

▼ 揃えては~ (3, 0.2%)

1 岸に, 立ち停る, 綴じ板に

▼ 揃えても~ (3, 0.2%)

1 ちっともかまわない, ともすると夏, 持たせて

▼ 揃え~ (3, 0.2%)

1 のいかん, も畠, を考え

▼ 揃えその~ (2, 0.2%)

1 数およそ, 次に金香炉

▼ 揃えての~ (2, 0.2%)

1 嘆願な, 謝罪に

▼ 揃え~ (2, 0.2%)

1 が膝, を擡げ

▼1* [90件]

揃えいろいろ差図手配する海人, 揃えうまく起き上った, 揃えうんうんと気張って, 揃え村名づくし程度以上に, 揃えござりまする, 揃えくしゃみをすれ, 揃えこの大藪地の, 揃え介抱ご, 揃えごく僅か上眼使いに, 揃えその後で長屋門, 揃えその間へまた, 揃えそれ相当の金, 揃えたりなんかして, 揃えてかかッて, 揃えてかの舟唄を, 揃えてというわけで, 揃えてやがって, 揃えてわーっと, 揃えとんとん下りて, 揃えどっと水門を, 揃えなにがなし負けまいと, 揃えまぶしく波うった, 揃え揃えたり, 揃えやがて剃刀を, 揃えわけても紙入れの, 揃えキチンと畏まっ, 揃えジリジリと前, 揃えスッと小路, 揃えピシッと不動, 揃えポロポロと涙, 揃えムチムチと五臓, 揃え一団となり, 揃え三位卿にどう, 揃えへ軽く, 揃え与平に持たせ, 揃え両手をつかえ, 揃え乍ら縄のよう, 揃え二人は一散, 揃え人間を一律, 揃えのいい, 揃え伏目になっ, 揃え円い形の, 揃えを作っ, 揃え同じくこっちへ, 揃え多喜子に向っ, 揃え将軍家の前, 揃え山越えに行く, 揃え岩石人を呼ぶ, 揃えの道, 揃え峠道を歩い, 揃え左方贔負の人々, 揃えに起っ, 揃え恐縮し腰, 揃えを後, 揃え母上から隆治さん, 揃えを逆立て, 揃え氷河の下, 揃え深夜の町, 揃えの様, 揃え玄米を買った, 揃え瓦斯ストーヴの上, 揃え産婆の心得, 揃え用部屋で罫紙, 揃え痙攣的の哄笑, 揃え目先を遮っ, 揃え真夏の問屋, 揃え碇泊した荷舟, 揃え空砲を放っ, 揃え端然と五味左門が, 揃えくれ立った両手, 揃え昭和九年の, 揃えをいからせ, 揃えのたかい, 揃え背骨を高く, 揃えの上, 揃え自慢で緊め, 揃え舞台を廻させ, 揃え行列の人数, 揃えに乗っ, 揃え赤児のよう, 揃えを挙げ, 揃え軽くとんと下, 揃え近所の子持ち, 揃えをかまわず, 揃えをつかみ, 揃えを引い, 揃えを並べ, 揃えをひきだし, 揃え高らかに誦する, 揃え鳴りをしずめ