青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「接し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

掛け~ ~掛けた 掛けた~ ~採用 採用~ ~探し 探し~ ~探偵 探偵~ ~接し
接し~
~接吻 接吻~ ~接近 接近~ ~控え 控え~ 推理~ ~掩 掩~ ~掴ん

「接し~」 1221, 11ppm, 9550位

▼ 接し~ (883, 72.3%)

24 いる 21 いた 13 いて, いるの 11 ゐる 9 いると 8 いたの, みると 6 いるから, 見ると 5 いるので, いるよう, ゐた, ゐると, 建てられて 4 いたが, いるが, 私は 3 いるか, いる人, いる時, おります, ゐたの, 居た, 居る, 彼の

2 [42件] あること, いたので, いないが, いながら, いなければ, いました, います, いるうち, いること, いるため, いるところ, いる場所, いる大, きた, くれました, これに, これを, その漿, みて, わたしは, われ非力なり, ゐるし, ゐるの, ゐるやう, ゐるわけ, ゐる間, ゐれば, 並んで, 以来益々, 始めて, 少しも, 感謝の, 更に更に何等, 来て, 梯子段が, 歸り, 立って, 腰を, 自分は, 行はれ, 見たが, 見ましたが

1 [619件 抜粋] あああの, ああ私, あたかも隊客旅, ある確実さ, いかに動かす, いかに喜び, いかばかり悲嘆, いたあたかも, いたいと, いたから, いたこの, いたとも, いたならば, いたもの, いたベッド, いた人たち, いた低い, いた司法主任, いた大形, いた水面, いた無垢純情, いた角右衛門, いた部分, いた関係上, いない, いないから, いないにも, いない人々, いなかったの, いなかったので, いなかったら自分, いなくて, いまは, いられたじゃ, いられなかった, いられる当面, いるお, いるからね, いるせい, いるその, いるという, いるとき, いるとも, いるのに, いるのみ, いるホテリング, いる一人, いる三叉, いる三国ヶ嶽, いる下総境, いる中, いる主人, いる二人, いる位置, いる俳優, いる処, いる女, いる宿駅, いる年齢, いる強国間, いる感じ, いる文庫, いる方, いる日本人, いる母, いる母親, いる白い小さい, いる砂浜, いる耳, いる自分たち, いる街路, いる諸君, いる近所, いる部分, いる関係, いる隣, いる隣家, いろいろと, うかんで, お, おいて, おびたゞしい, おられる, おりその, おります結果, おり庭, おる, お二人, お座が, かねて目星, きたいろいろ, きた浩, きて, くれてるらしいこの, ことごとく崩れ, この一文, この林念寺前, この深刻, この謙遜, さっと顔色, しかもこの, しずかに, すぐに, そこへは, そのありのまま, そのお, その不思議, その中, その儘, その優劣, その善き, その場, その懺悔, その方, その眺め, その眼蓋, その美し, その言辞, その語, その長所, その間の, それを, ただならぬ動き, だまって, だんだんに, ついて, つながれて, どうかする, どんなに欣, なお新しい, なまなましい現世, にわかに上京, のべつ酔っ, はじめて遠い, ひとすじ鼠色の, びっしりと, ふたたび心, ふと悪念, まさると, みかれら自身, みたい頃日, やがてある, やって来た, ゆかなければ, ゆきたい, よいか, よく見知っ, よく防ぎ, わか, わが子の, わたしも, ゐたけれども, ゐたと, ゐた事, ゐて, ゐても, ゐるうち, ゐるから, ゐるとき, ゐるところ, ゐるので, ゐるもの, ゐる天満橋, ゐる年齢, ゐる御牧村, ゐる時, ゐる見たいな, ゐる訣, インスピレーションを, インド及び, コンクリートの, ドヤドヤと, ポプラや, ヨブを以て, 一たび江戸に, 一四九九年十二月に, 一山唯, 一糸一髪を, 一藩は, 三隻の, 上京し, 上州側にも, 下野境に, 並ぶといふ, 並べるの, 乗るの, 予が, 事に, 二つながら青い, 二三日自分に, 二人の, 二年以前から, 二片の, 二週間目の, 二階の, 互に利害, 人間らしい平和, 仁それが, 今更にわかにおとし, 以来の, 休暇を, 伝統的なる, 低く繁茂, 住まねば, 何とも云, 何とも言いよう, 何の, 何事かと, 余も, 作つたと, 來て, 侮ること, 俄かに, 偉大なる, 儒者棄場も, 優しければ, 先生は, 八重干, 其の枝ぶり, 其の組織, 兼ての, 処置を, 出づるものに, 出で, 出張した, 刑事に, 初めてほっとした, 初めて彼, 初めて本当に自分, 動きが, 北へ, 北京に, 医学を, 十字架に, 千丈の, 厳父の, 参りました, 反感を, 古志郡の, 名奉行, 唐突ながら, 唖然と, 國と, 土瓶の, 坐りさて, 城壁を, 壁を, 夏は, 外國人たる, 多数の, 大いにこれ, 大いに叫び, 大いに意, 大きな割れ目, 大に, 大嘗祭り, 大野亀という, 大阪から, 天を, 夫人は, 失礼しました, 奧州濱街道に, 如何ぞ, 子を, 孔明の, 学校に, 将軍家に, 小高い丘, 少しばかり, 尾道に, 居たの, 居たもの, 居らざるは, 居らぬ, 居られたやう, 居られる, 居るから, 居ると, 居るの, 居るので, 居るもの, 居るルトウ, 居る一部分, 居る宿屋, 居る木立, 居る水平線, 居る海岸一帶, 居る許, 島崎さんと, 巴里へ, 市ヶ谷の, 建ち在ること, 建って, 建てられた一軒家, 建築中の, 引いた二つ, 強く脳底, 彼は, 彼らの, 彼女が, 彼女は, 彼等の, 往時を, 往来し, 後の, 後はじめて, 後ろには, 得た私, 得る所, 心が, 快きもの, 怖れ, 思いがけぬ叙封, 思わず微笑, 思わず眉, 急行した, 恐縮し, 恐縮した, 患者の, 悪心を, 悲ま, 悴の, 感ずるところ, 感激する, 憤然として, 我が隙, 或は美しく, 折曲つた方の, 撃たれること, 支倉の, 教授する, 敬慕の, 整形外科の, 既に対等, 日本に, 早まりすぎた失敗, 昔の, 暖簾を, 最も歓喜, 會堂が, 朝な夕なに, 本堂に, 来た, 来たいという, 来たかたち, 来たが, 来たこと, 来た人々, 来た前坂君, 来た彼女, 来た我々, 来ました不自由, 来る, 来るの, 来るよう, 来中, 枕木の, 柴野氏の, 梨子の, 検事局警視庁所管警察署から, 横たえられて, 櫛の, 次第に大人, 歓天楽地の, 武家魂に, 歩を, 殆ど心, 殆ん, 母と, 気まぐれに, 水に, 水を, 池の, 沸騰する, 泣かじと, 活発なる, 流る, 浪子の, 海岸に, 涙を, 深夜の, 滝川三郎兵衛は, 滞ること, 漁利を, 漸く慶軍運動各部委員会, 無精にも, 爭ひ立ち並び, 父の, 物靜かな, 狭い流し場, 狼狽せず, 玄關へ, 現代の, 生え恰も, 生ずるの, 生活し, 生長したる, 用いたる村学, 田舎に, 畏敬の, 病を, 登場した, 直ぐに, 直ちにこれ, 直ちにわが, 直接言葉を, 眼下遥かなる, 矢杉は, 知るところ, 石の, 私が, 積翠を, 空が, 立たなければ, 立ち並ぶ光景, 立ち並んで, 立つ, 立つた, 立つて, 立てかけたり, 立派な, 竹薮や, 筑前守秀吉が, 簡単な, 絶て倦む色, 続いて, 置いたの, 考える, 考へさせられた, 考究し, 而も, 聖書の, 胸の, 能くそ, 能の, 自ずから野鄙, 自ら非, 自分の, 自己の, 自然この, 花崗斑岩が, 虎視し, 蜜豆を, 行かれよう, 行けば, 行けると, 行ったから, 行はれた, 裸体の, 襟を, 要務を, 見たい, 見て, 見ても, 見ること, 見れば, 覚えず感泣, 親しく言葉, 訓導から, 評定の, 話を, 語る, 誰も, 談論し, 警視庁からは, 貰いたい, 起こるは, 起らん, 足がかりは, 身を, 近頃最上, 追従し, 連年ここにも, 進む, 遜る所, 適當なる, 郡内の, 配所の, 酔い痴れたる, 野州上州の, 鎮花祭が, 鑓ヶ岳が, 長く連なり, 開いた口, 開けた地方, 間近に, 随分厭, 雙龍門あり, 雪田その, 雲の上に, 青葉茂れる, 飛んで, 香取祠あり, 駆け付けた時, 駈けつけた時, 駭然と, 驚きました, 驚喜した, 高い堅牢, 魏軍に

▼ 接しても~ (33, 2.7%)

2 至極自然

1 [31件] さっぱりお, さほど親しみ, そこに, そこまで, ただ単に, ちよつと, なお頭, まったく感じ, まるで聯想, 丸で, 乱されない晴やかさ, 依然としてヨブ, 信長は, 全部感銘し切れない, 別段の, 南工学博士は, 又兄姉, 吾, 婦人に, 心が, 怖るる, 我々を, 所詮は, 更らに, 格別おどろき, 母の, 私は, 美濃近江人情も, 翼は, 見せたこと, 雲行きを

▼ 接しては~ (22, 1.8%)

2 又同じく

1 [20件] あまりの, いるものの, これ以上この, さきに, ついま, わが敵手, われの, ゐるが, アルピイの, 人の, 出版界の, 溜息を, 煙の, 番人の, 私と, 私は, 草履を, 誰か, 身にも, 陰影を

▼ 接しその~ (20, 1.6%)

2 描きだす枯淡, 面を

1 [16件] 光明次第に, 内地には, 動機や, 北には, 口から, 夢と, 心より, 政治ぶりと, 數百に, 演説を, 物を, 言を, 語りし語, 談論を, 郷その, 面積で

▼ 接したり~ (11, 0.9%)

1 [11件] うまい酒, けむ, したので, して, するよう, よそ目に, ハマ特有な, 大学や, 手紙の, 野趣の, 雑誌を

▼ 接しまた~ (7, 0.6%)

1 なるべく小高い, 北斎の, 時として悪魔, 東洋の, 草木ばかりに, 隔絶する, 頻りに股肱

▼ 接しながら~ (6, 0.5%)

1 しかも相手, 一方に, 何の, 見おぼえた電気, 語る二人, 雪の

▼ 接し~ (5, 0.4%)

1 があり, がある, などからあれ, に依っ, をする

▼ 接しそれ~ (4, 0.3%)

1 が丁度, が悉く, が誰, の壓迫侵略

▼ 接し~ (4, 0.3%)

2 を饗 1 に交わり, は足

▼ 接しそこ~ (3, 0.2%)

1 から立身出世, に一本杉, に向

▼ 接してから~ (3, 0.2%)

1 動物學に, 後一種の, 経文を

▼ 接しての~ (3, 0.2%)

1 喜びを, 混乱と, 生れて

▼ 接しよう~ (3, 0.2%)

1 として遣る, などとは思っ, などと誰

▼ 接し~ (3, 0.2%)

1 は社会, は野心, 諸侯に

▼ 接し得ら~ (3, 0.2%)

2 るるに 1

▼ 接し~ (3, 0.2%)

1 の露国行, は何, は自分

▼ 接しあるいは~ (2, 0.2%)

1 シュールと, 商売によりて

▼ 接しそういう~ (2, 0.2%)

1 噂話を, 接点が

▼ 接しそして~ (2, 0.2%)

1 後に, 法王領でも

▼ 接しただちに~ (2, 0.2%)

1 これに, 決意しました

▼ 接しつつ~ (2, 0.2%)

1 あると, 遂にロダン論

▼ 接してを~ (2, 0.2%)

1 つた爲に, り兩帶

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 しないが, しまた

▼ 接し一面~ (2, 0.2%)

1 に墓所, は黒き

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 の一方, を導い

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 にはマデレエヌ, は山丹人

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 可な, 焼けの

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 はなけれ, ふのに

▼ 接し同時に恐らく~ (2, 0.2%)

2 無意識的な

▼ 接し女性~ (2, 0.2%)

2 として驚くべき

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 に人質, に帰り

▼ 接し更に~ (2, 0.2%)

1 今日築地小劇場が, 信ぜず

▼ 接し極めて~ (2, 0.2%)

1 理解ある, 迅速に

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 を平らか, を洗う

▼ 接し流れ~ (2, 0.2%)

2 は流れ

▼ 接し~ (2, 0.2%)

1 ふ欝勃, へどその

▼ 接し鐵道~ (2, 0.2%)

1 は停車場, は破

▼1* [163件]

接しあいともに連帯一致, 接しあたたかい焚火に, 接しあとでぞっと, 接しあなたの握手, 接しあのおそろしい沈黙, 接しいろいろ深く感じました, 接しすら寂しく, 接しうちまじりとけ合って, 接し懐しく存じました, 接しおぼえず感傷の, 接しかつグアダルキヴェル河の, 接しかの進取と, 接しことごとく傾倒され, 接しこれをその, 接しさらに俯瞰し, 接しそうして太宰の, 接しその間にをり, 接しそれに雲石二州の, 接したりなんぞして, 接しだいぶ愚僧も, 接しついに相合する, 接してかどがなくしかも, 接してからは恥かしくも, 接してさえおれば, 接してわづかに, 接しながらもまたこの, 接しはじめて天溪の, 接しはっと凝視し, 接しものも言わず, 接しやはり私の, 接しよく苦難を, 接しわたしは些か, 接しイスズ川の流れ, 接しターレスやピタゴラス, 接しトルレス暗殺の計画, 接し一婦衆男に交わる, 接し一時は門, 接し一気に破裂させる, 接し一部では敵意, 接しには上, 接し上り下りの帆影, 接し世間に向う, 接し中央の軍略政略, 接し主君よりおい, 接し互いに混和すべき, 接し人肉の大海, 接し岡田とか, 接し今日午後寓所を発し, 接してよく, 接し仲間どうしは勿論, 接し会社の帰途, 接し位置を占む, 接し何時から人, 接し俗事を処する, 接し信仰の絶巓, 接し候心地千秋万歳の寿, 接し宝山の, 接し元来はにかみやであ, 接し八九寸四五十匁の川鮎, 接し兵糧は山, 接し其の感化を, 接し其感化を蒙, 接し其話を聞き, 接し到底岡崎や, 接し前途が暗澹, 接し勇気はからい, 接し十年前に見た, 接しの方, 接しく世人, 接し即刻番地を目当, 接しその中, 接しくるところ, 接し井戸の, 接し新聞は, 接し商船漁舟と竝び, 接し地の利を得, 接しかとばかり打, 接し大いに驚くと共に, 接し大利根の瀬音, 接し大木の口ずから, 接し天井と幟, 接し始めて其功の, 接し守兵に擁せられ, 接し専制政治に慣れたる, 接し小胆なくせ, 接し少なくとも其畏るべき, 接し平静な日常, 接し幾たびかそれ, 接し底地心に達す, 接しいのなら印刷, 接し港シナ街にては, 接しを遇, 接し彼女も心安らか, 接し彼女自身はますます, 接し後ではパリ, 接し恐縮したこと, 接しのこもった, 接し意外に思ひます, 接しを持っ, 接し或は腕を, 接しの上下左右, 接しに触れ, 接しをさす, 接し教場以外獨習の助け, 接し敬慕の念, 接し文明の性格, 接し新しい愛に, 接し新たな心, 接し旅亭は人, 接し日々その言葉, 接し日一日その勢力, 接し日本の深, 接し日比谷署より司法主任野元警部, 接しからしむ, 接し朝廷からは平, 接し朦朧として公園, 接しの木, 接しはカスピ海, 接し松林もあり, 接しをさし交わし, 接しは百龍, 接しと同形, 接し欄干をめぐらしたる, 接し民衆の日常生活, 接しはくらく, 接し温容に親しんだ, 接し灌木でとりまかれ, 接し無形の感化, 接し売る店, 接し特に親しんで, 接し現在戸数六十戸余旧幕末, 接し當時蝦夷の住所, 接し百方運動を試みた, 接し交わりて, 接し眼界の及ぶ, 接し短い感想を, 接しの旨, 接し私人としては茶友, 接し空翠愈明, 接し節々相連なりいまだ, 接し絶美の感想, 接し腹下を潜っ, 接し茫然自失とんと興ざめ, 接し虚心平気活眼を開き, 接しのため, 接し西安滯在中はその, 接し親切にうち, 接しを思い, 接し貴女のお, 接し辞令企まずして, 接し通りに面し, 接し通常この国, 接し連合艦隊は直ちに, 接し部落を隣, 接し随処の歴史的古跡, 接し難きを想う, 接し雪山を見る, 接し薄明り, 接し非常におどろいたらしかった, 接し驕奢傲慢の風, 接し処より, 接し高尚の理想, 接し高貴な方々