青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「死体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん 死ん~ ~死んだ 死んだ~ 死亡~ 死人~ ~死体
死体~
死刑~ 死後~ ~死骸 死骸~ ~殆 殆~ ~殆ど 殆ど~ 殊~ 殊に~

「死体~」 3104, 34ppm, 3499位

▼ 死体~ (942, 30.3%)

17 発見した 12 見て, 見ると 8 発見し 7 見た時, 運んで 6 眺めて, 見せて 5 どこへ, 前に, 棺に, 横たえて, 河の, 見に 4 抱いて, 掘り出して, 検査した, 検視する, 見つめて, 解剖し

3 [16件] ひきずって, バラバラに, ベッドの, 処理する, 台所へ, 始末する, 家の, 抱えて, 持って, 最初に, 発見する, 見せること, 見た, 見ても, 見ること, 警視庁に

2 [60件] あらためると, かついで, ここに, そこの, それに, つかんで, とりまいて, ひそかに, みて, 一つ一つ調べ, 一と, 一室に, 一眼見, 人目に, 仔細に, 切断し, 動かしたの, 取り囲んで, 埋めたの, 墓から, 引きずって, 引き取って, 引揚げ, 想像した, 投げこむという, 抱き上げようと, 抱き起して, 担いで, 担架に, 指さしながら, 検べ, 検べた, 次兄は, 残して, 沈めるのに, 浴場の, 火葬に, 片づけた, 発掘し, 発見された, 繞って, 置いて, 自動車に, 衆人の, 裏の, 見つけた, 見つけたの, 見つけて, 見なければ, 覗き込んで, 解剖する, 調べて, 負って, 運び込んで, 運ぶため, 遠くへ, 鎌倉に, 隠して, 風呂桶の, 鳥に

1 [645件 抜粋] あげて, あげますから, あっちこっちと, あの濠ぎわ, あの香水売子, あらためる隙, いかに処分, いきなり地中, いじくり廻して, いじり廻すの, いただき髪の毛, いちばん先に, いま一度入念に, うずめて, うつぶせに, おいた, おろした, おろした岳父, おろすよう, お移し, お調べ, かかえて, かくす場所, かつぎ出した裏門, きよめるについて, こうしてタッタ一人, このところ, この中, この家, この寺, こまぎれにしてソーセージに, こもに, ごらんに, さがすと, さげわたされて, さした, しみじみと, しらべて, じろりと見た, すぐ表, すりぬけて, そこに, そっと焼き捨て, そのままに, その上, その家, その後ろ, その部屋, たべて, だいて, ちょっと覗い, ちょっと診, つかみあげた, つめた, ていねいに, できるだけ早く, でも引摺り, どうしたろう, どうしよう, どうなさる, どうにか始末, どこからか, どっかへ, ながめた, なめずるよう, ならべて, なんと見た, ぬいこんだ事件, ねんごろ, のこしすてて, のせたり, のせて, のせ皆, はこんで, はじめて発見, はやく埋め, ひきあげようと, ひきずったあと, ひっかついで, ひとつずつ, ひと目見せ, ぶらさげてた自分, ほうり込んで, ほかの, ぼんやり眺め, まっ二つ, みせぬの, みせぬ象, みな埋葬し, みると, みるの, もう一度突き, やいて, やや斜め, ゆくりなくこのほど, よく検査, わきへ, われわれの, われわれ蠅族だけで, ガラス箱に, クルクルと, ゴミ箱へ, トランクに, ドライ, ピアノに, ピアノの, マリー・ロジェエの, ミイラに, モスタアと, 一先ず室内, 一年の, 一度隠し, 一応あらためた, 一文菓子屋の, 一時隠す, 一枚撮っ, 一目見る, 一見させ, 一見すれ, 三吉は, 三年間土中に, 世の中の, 並べて, 乗せた自動車, 乗り越え福島, 五つ運んだ, 人工ミイラに, 今更問題, 今調べ, 他の, 仰向きに, 仰向けに, 伴の, 何処へ, 余りいじらぬ, 作った人間, 作り上げたの, 側の, 傷つけぬ様, 入れた行李, 入れて, 入れるには, 入れる許, 八畳の, 共にする, 写すと, 冷やすため, 処分し, 出して, 出しますと, 出入する, 切り離した, 切刻んだ, 切断する, 別の, 動かさしむるために流血, 動かすならば, 包み電車, 包んだの, 包んだ灰色, 十日あまり天日に, 博士は, 収めそれ, 収容し, 取り巻いて, 取り扱うこと, 取り扱う際, 取り片づけても, 取巻いて, 取片づけさせて, 取納めて, 受けとると, 受けること, 受取らうと, 受取り福間警部, 台所まで, 右手に, 合葬する, 吊るして, 同居させる, 同時に火葬, 呑んだとして, 喰いに, 嘗めた蠅, 囲まずに, 国民学校なんかに, 地上から, 地面に, 埋めた訳, 埋めて, 埋めても, 埋めるに, 埋葬する, 埋葬地より, 城の, 外へ, 天井から, 天井に, 如何なる名目, 始末した, 守って, 守りつつ, 完全に, 実験室の, 家から, 家へ, 宿まで, 密室に, 寸断した, 小島さんの, 小林貞に, 小者に, 小脇に, 岸へ, 島もろとも, 川に, 市木さんは, 平次は, 平臥せしめ, 座敷へ, 庭に, 庭石の, 廊下ご, 弔った最初, 引きあげた一人, 引きずったと, 引き上げること, 引き出して, 引き取りに, 引き渡したの, 引上げました, 引上げる, 引出す, 引取りに, 引張りだすと, 引摺った, 当駅より, 待ちうけて, 心地よげ, 必死に, 恐ろしそう, 戦死と, 截断する, 扱いたらペロリ, 扱うよう, 扱った事, 承認した, 投り出し, 投り込んだ, 折って, 抛りこんだとて, 抱きかかえるくらい, 抱きとった, 抱きとると, 抱き上げ声, 抱き上げ板囲, 抱き起こした, 抱き起しましたが, 抱て, 抹殺し, 押し込んで, 担ごうと, 拱廊の, 拾いに, 持ち上げて, 持ち出す目的, 持ち帰った, 持つて, 指した, 指して, 捜して, 捜すのに, 排列し, 掘りだしこれら死人, 掘り出させるため, 掘り出すと, 掘り出す時, 掘り出そうと, 探して, 探し出しましょう, 探し出すこと, 探し出す工夫, 揺すぶり揺すぶりの, 改めます, 放して, 方々に, 日本間に, 春日町の, 曝したの, 札木合の, 材料と, 村民達が, 棄てて, 棺桶に, 検し, 検査しました, 検査せしめた, 検案した, 検案の, 検証いたしました, 樊能へ, 模型した, 欲した, 欲する者, 歩かせその, 殺人現場から, 気抜けした, 水中に, 永久に, 沈めに, 沈めるおり, 沈めるとき, 河に, 河まで, 沼の, 法医学教室で, 注意深く包ん, 注意深く寄せかける, 洗うて, 海へ, 海中に, 海中へ, 渡した, 湖へ, 溝に, 漬け種々, 火葬したい, 火葬場に, 灰に, 点検し, 焼いて, 焼きはじめたの, 焼き場へ, 煙突へ, 照した, 照らすという, 燃したよう, 片づけて, 片づけに, 狂喜し, 玄関に, 玄関へ, 生き返らせること, 生化学教室の, 痛々しく振り返る, 発掘した, 発掘に, 発見したなら, 発見したら, 発見せる, 盗ませた医学生, 盗み出させ一方, 盗み出そうという, 盗み去る, 盗んだ者, 盗んで, 監視し, 眺めた, 眺めながら, 眺め始めた, 睥みつけた, 研究した, 確かめた, 確める, 祓って, 私は, 秘密に, 移動し, 穴から, 穴に, 突き上げた力, 笑つて見おろし, 篤と実検, 納める為, 素早く引っ担い, 絶対に, 線路まで, 縄で, 置いたらしくいまだ, 署へ, 聖堂裏から, 背に, 背負ったが, 背負ったまま, 背負って, 自分の, 舁が, 舁き上げ上, 茫然と, 葬って, 葬るとともに, 蒲団ぐるみ抱きかかえ, 蔽った白布, 蕗屋君から, 薬品で, 蝋人形として, 衆人に, 行李詰めに, 街頭に, 西村さんと, 覆いまた, 見いだして, 見し時, 見せただけで, 見せは, 見せびらかす手, 見せるという, 見せヤス, 見せ呼吸計, 見たこと, 見たり, 見た上, 見た人, 見た瞬間, 見つけたこと, 見つけた時, 見つけるまでは, 見とどけて, 見ぬにも, 見ようじゃ, 見られないやう, 見るに, 見るの, 見る前, 見ろ, 見上げて, 見下す崖, 見下ろしたまま, 見下ろして, 見付けた時, 見付け出した, 見棄て行軍, 見直した, 見返ったが, 視つめて, 覗いて, 覗きながら, 解いて, 解剖された, 解剖す, 解剖に, 詰めて, 調べさせようという, 調べたいの, 調べはじめた, 調べるより, 警察に, 護衛し, 象の, 負うて, 貨物列車の, 買い取って, 赤い友禅, 起した時, 踏み越え素早く, 蹴やって, 転がした, 運ばせて, 運び入れ, 運び出した者, 運び出して, 運び出すため, 運び去る, 運び去るほどの, 運ぶが, 運ぶこと, 運ぶよう, 運ぶらしく騒がしい, 運ぼうと, 運んだ, 運んだの, 運搬し, 運搬する, 遠くの, 遠巻きに, 遺して, 遺棄し, 部屋において, 鎌倉の, 鎧から, 長椅子の, 降しまた, 隠したり, 隠し出立, 隠し夜, 隠すつもり, 隠す仕事, 隠す必要, 隠蔽しよう, 離れて, 露路の, 静かに, 靴の, 鞍の, 飛び越え馳, 馬来籐の, 験めて, 高楼に, 黒焼きに, X線で

▼ 死体~ (606, 19.5%)

23 上に 12 側に, 発見された 9 そばに 7 ように, 始末を, 方は 6 傍に 5 そばへ, 解剖を, 顔を 4 かたわらに, そばで, 傍へ, 方へ, 置いて, 顔の

3 [12件] ある室, ために, ほうへ, まわりに, 上には, 上へ, 下に, 中に, 処置を, 手に, 手を, 顔と

2 [46件] あつた, ある部屋, かたわらへ, ことを, まわりには, やうに, ポケットに, ポケットは, 上を, 両腕, 主は, 位置から, 側で, 側には, 側の, 傍らに, 入って, 処置に, 前に, 右の, 女は, 始末に, 山を, 所に, 捜査を, 断片を, 方の, 最後の, 検査が, 検診を, 横に, 番を, 発見を, 胸には, 胸を, 胸部を, 臓器を, 身元を, 転がって, 近くに, 頭部を, 顔から, 顔が, 顔は, 首に, 首を

1 [356件] あちこちや, あったあたり, あったという, あったの, あった場合, あった奥, あった寝台, あぶらが, ありか, ありかを, あるツイ前, ある元, ある家, ある小室, ある所, うえに, うえを, うしろへ, かくしを, かけて, かたえ, かたわらで, ことで, ことなぞが, ことは, ごときずっしり, すぐそば, すぐ上, そばを, それとを, たもとから, ところどころに, なくなって, はいった棺, はいって, はそういった, はなしで, ほうが, ほか誰一人いなかった, まはり, ままで, まま橇を, まわりの, まわりを, みつかった時, やり場が, ようで, ような, よこたわって, わきに, ズボンの, チョッキの, ポケットには, ポケットの, 一つにな, 一つ一つに, 一部である, 一部を, 一部分さえ, 一部分な, 上がったところ, 上がったの, 上がった場所, 上った節, 上で, 上の, 上衣から, 下敷と, 世話を, 丘が, 両手が, 両眼, 中から, 中へ, 中を, 仕末, 付近には, 企らみ, 位置が, 位置と, 位置に, 位置を, 体質にも, 何割位を, 価格で, 個体鑑別に, 倒れて, 側にも, 側へ, 傍で, 傍には, 傍らで, 傷は, 傷を, 像, 光は, 全身は, 全身を, 全部を, 公算の, 内隠し, 再検査, 再解剖, 写真, 冷たい掌, 冷たい皮膚, 凄まじさ, 処分, 処分如何に, 処理という, 処理に, 処理や, 処置だけは, 出た事, 出た当時, 出でし, 出ないの, 出現は, 前へ, 包みを, 化学的検査を, 医学的検査に, 半は, 半焦げ, 印象だけが, 印象と, 原形が, 厭な, 収容も, 収容や, 収容を, 口中と, 口中に, 口中を, 右側に, 右手は, 右手を, 各部へ, 向う側つまり, 向きを, 周りの, 周囲からは, 周囲に, 周囲の, 呪咀が, 命の, 品の, 問題を, 喉には, 四種類と, 垂直線上には, 埋まって, 埋めて, 埋葬も, 堆積の, 変化は, 奇妙な, 妖光を, 始末が, 始末は, 安置し, 容積が, 容貌なんぞは, 少ない方, 少女とは, 山の, 左側へ, 左手に, 左腕が, 左腕を, 引きずり上げられた階上, 引受人も, 強直の, 影が, 心臓でも, 恰好は, 懐中からは, 所には, 所へ, 所在を, 手先を, 手触りや, 手足を, 手首を, 指には, 指紋を, 捜索にも, 整理と, 方に, 方へと, 方を, 替え玉すらも, 有様が, 有様を, 服を, 枕頭に, 検査に, 検査を, 検案から, 検視を, 検診が, 様子には, 横にに, 横は, 横わっ, 水を, 水分は, 沈んで, 法医学的鑑定が, 浮いて, 浮き上がらなかったの, 浮き上がらぬよう, 消失が, 消失を, 湮滅などを, 煙で, 照会だ, 爪が, 片手に, 状態から, 状態の, 状態は, 状態を, 現場へと, 生前の, 番あっしゃあひとまず飛ん, 発光は, 発見されたる, 発見までの, 発見者でございます, 皮を, 皮膚が, 監視に, 真上に, 眼から, 眼だ, 眼は, 眼瞼を, 着物は, 着物や, 着物を, 瞼を, 石膏像の, 石膏像を, 硬ばつた, 確認が, 神聖を, 私に, 秘密を, 移動では, 納まって, 紛失云々, 紛失怪物を, 置かれた部屋, 耳と, 耳に, 耳の, 肢節から, 肩に, 胃の, 背から, 背を, 背中の, 背中へ, 背窪を, 胴と, 胴ばかりを, 胴へ, 胸と, 胸の, 脂肪が, 脛にも, 脳味そを, 脳味噌が, 腐敗が, 腐敗を, 腕を, 腰の, 腹へ, 腹を, 腹部に, 腹部を, 腹部臓器の, 臭いだ, 臭気は, 落下点と, 落下点付近に, 著しい特徴, 薄皮が, 血液検査の, 血色が, 行列が, 行方が, 行方は, 衣類も, 袂の, 被いを, 裳裾を, 見つかったあたり, 見つかったもの, 見つかった室, 見つかった被害者二人, 見出された家, 見分けは, 見当らぬも, 解剖すら, 解剖だけ, 解剖という, 解剖に, 話, 誤察, 諸徴候, 謎が, 謎は, 謎も, 足に, 足も, 足もとに, 身に, 身元鑑定に関する, 身元鑑定の, 身元鑑定を, 身許を, 運搬を, 運搬検事達の, 遺棄を, 部屋が, 部屋に, 醜を, 重みに, 鑑別を, 鑑定の, 鑑定違い, 鑑定違いより, 附近二十碼四方の, 陳列などよりも, 陳列は, 隠し場所が, 隠し方, 隠し方トリック, 頤から, 頭は, 頭へ, 頭を, 頭蓋骨に, 頭顱を, 頭髪を, 頸から, 額に, 顔では, 顔とを, 顔に, 顔には, 髑髏や, 髪を, 黒子が

▼ 死体~ (462, 14.9%)

32 発見された 20 横たわって 6 紛失した 5 ころがって, 浮いて, 発見され 4 あった, いつの間にか狐, 犯人 3 あがったため, あらわれた, マリーの, 出て, 水面に, 発見される

2 [22件] あったという, あつた, ある, なかった, 元の, 台所へ, 外れて, 息を, 打伏せ, 揚ったため, 揚って, 揚れば, 棺の, 橇を, 流れて, 浮んで, 消えて, 火曜日の, 行方不明に, 貞である, 転がって, 隠されて

1 [315件] あえなく転がっ, あがったためし, あがったと, あがらないといった, あがるという, あがるなんて, あがるまで, あがる見込み, あたり一面に, あったの, あった場合, あっちこっちに, あって, あとで, あの女売子の, あらわれて, あらわれました, ありありと, ありました, ありますよ, あるか, あると, あるという, あるとは, あるの, ある日, あんなに美しい, いたむこと, いっぱい入っ, いっぱい浮ん, いつかの, いつまで, うごく, うつぶしに, おそろしく大人び, おりて, かくされて, かくれるまで, からだじゅうを, きのう海岸で, この部屋, これ等すべての, こんな色, ごろごろし, ごろごろ横, さっき云った, しかも裸体, じりじりと, じりじり焼かれ, すぐそこ, すぐにつめたくかたくなっているというようなことは, すぐ彼, ずらりと並んだ, そこから, そこに, そこへ, そのぎらぎら, そのどれ, そのままに, その辺, その隅, それから, それを, そんなに早く, つみかさねやけ, でらア, どうして台所, どうして消え失せ, どうなった, どうのこうのという, ないだけ, ないと, ないの, ないので, なかったり, なくなった, なくなったこと, なくなったと, なくなって, のこって, のこるだけ, のせられてるテーブル, のってる一つ, はいって, ばらばらに, ひっかかったと, ひっかかる, ひとつ俯伏せにな, ひとりでに宙, ぴったりと, ふいに, ぶかぶか浮いてる, ぶよ, ぶらさがるに, まさに行方不明, まだその, まだ温, まだ湯気, まったく底, ゆるがぬよう, ウジャウジャ積みかさなっ, ハドソン河から, バラ, ベタ一面に, ペルル街に, マリーである, マリーのである, マリー・ロジェエの, マリー以外の, メリーである, ルール関門の, ロオジャース嬢に, 一ついずれも, 一ついづれ, 一つたり, 一つなく, 一つは, 一つ女の, 一ぱいに, 一列に, 一日も, 上がったの, 上ったと, 上つたと, 上半身をつつ, 下って, 下流に, 不意に, 並べて, 並んで, 乗込んで, 二つはいっ, 二つほども, 二つまで, 二町四方も, 井戸に, 今も, 他所から, 他殺である, 他殺の, 他殺体だ, 仰向けに, 何ぜ, 何の, 俯伏せに, 倒れて, 僅かに, 入ったの, 入用である, 公費で, 内に, 冷たい手, 出そう, 出たが, 出たじゃ, 出たらきっと, 出た時, 出ましてね, 分らないという, 判明しなかった, 刺された以後, 反絵, 収容所に, 取り片づけられると, 古代時計室の, 合葬され, 名古屋の, 吾が母, 在るという, 地べたに, 地上に, 地中より, 堆積し, 壮んに, 大川から, 奪われるし, 学術研究の, 宙乗りし, 密着し, 富三である, 寝室に, 寝間着の, 展覧会に, 川下から, 干瓢の, 幽霊と, 幾日間水中に, 引揚げられ, 彼に, 彼らの, 後には, 怖くて, 急速に, 恐ろしい顔, 打ちあげられたので, 打ち上げられた, 打込んで, 投げ込まれた, 担ぎ込まれても, 拾い出されたの, 揚がって, 揚がる書置, 揚らないかぎり, 揚らないだろうという, 揚ると, 揚るまでの, 支倉の, 散らばって, 敷布の, 敷布団の, 新人に, 明らかに, 最大の, 服部の, 未だ海, 東京の, 東泉寺の, 果して小林貞, 果して貞子, 椅子から, 横たわっただろう, 横たわり助け, 横たわり幽霊, 横わっ, 横ッて, 次第に海港, 歩くという, 殺害された, 水面上に, 池の, 沈むの, 河畔の, 波に, 波打際で, 流れ着いたという, 浜辺に, 浮いたこと, 浮かないので, 浮かんで, 浮きあがった, 浮きあがっても, 浮きあがるはず, 浮き上ったと, 浮んでも, 消失した, 火焔の, 烟の, 焼けて, 燃木の間に, 片足を, 物を, 玄関前に, 現れて, 現われた, 現われたの, 現われましたが, 現場に, 生気を, 甦ったとは, 男だった, 発掘される, 発見されたなら, 発見されない, 発見されまし, 真夜中以後まで, 眺められる仕掛け, 着て, 着衣の, 神田辺の, 納豆売り, 紛失し, 絡まれて, 罠に, 聴いて, 自分で, 自然の, 芝浦の, 菰を, 落ちた瞬間, 落ちても, 蒲団ぐるみ土の, 薬に, 薬品の, 血に, 見えた, 見える, 見つかったと, 見つかったとき, 見つかった時刻, 見つからないので, 見つからなかったとき, 見られないはず, 見付かったん, 見出されたの, 見出されました, 見当らぬと, 解剖され, 解剖される, 調子を, 調餌室に, 貞でない, 越えて, 運ばれて, 酔ひどれの, 重なって, 鎌倉の, 間違って, 関門の, 降って, 陳列館や, 隠して, 隠れて, 順に一人, 頭を, 魚の

▼ 死体~ (393, 12.7%)

4 そのままに, どこにも, なかった, 解剖に 3 どこに

2 [16件] どうした, どこへ, 上向きに, 今日にも, 別室に, 勿論何, 古井戸, 川しもで, 担架に, 東京の, 池の, 甥の, 白木の, 直ちに大学, 荷物の, 静に

1 [342件] あがったん, あがらなかった, あくる日の, あくる朝, あのむしろ, あの焼け, いくらさがし, いったいどうなっ, いったんここ, おそろしく切りさいなまれ, おろか骨一本も, お棺, かたくなっ, けさの, ここに, こときれて, この教会, この重要, これからどうしましょう, さきに, さきにも, すぐさまひそか, すべて赤裸で, すーッ, そこまで, そして最早, そっと係員室, そのほとんど, そのままお, その中, その二三間先, その午後家, その土地, その旅館, その日, その書斎, その翌日, それきり忘れられた, それぞれに, それを, そろそろフラン, たしかに内田, たしかに川上機関大尉, ただちに引上げ, たちまち濁流, たぶん浄ら, たぶん無造作, ちゃんと元, ちょうど大石, ついその, ついにあがらず, ともかく路地, どうしても見つかりませんでした, どうして手, どうして運ん, どうなっ, どうなった, どうなったろう, どうも人間離れ, どう云う, どっちを, どんなに警察, どんな風, ない, なお手中, なかなか焼けなかった, ねんごろ, ひとまずその, ひとまず日蔭, ひとまず高源寺に, ひどい打撲傷, ひどく腐敗, まだそのままに, まだ冷たく, まだ奉行所, まだ水, まだ温度, まっすぐに, まったく冷, まるで氷詰め, みつからなかった, みつからなかったそう, みな一つ一つ手厚く, みんなここまで, もうすでに白骨, もう検視, もう綺麗, もう腐り始めた, もう腐爛, もう解剖, やがて解剖, よほどバラバラに, よろよろと, わが子の, わしの, われの, アルセーヌ・ルパンに, キリストの, サイラスの, バリユリーの, ビルディングの, マウンテン, マリーに, マリーの, マリー・ロジェエので, ルパンに, レイモンド嬢に, 一先ず警視庁, 一応家, 一見かなり乱れた, 丁度その, 丁度客, 三日間も, 三時間で, 両手を, 中国人たちが, 乾いた砂, 二つとも, 二三人の, 二人が, 二人に, 二十八日に, 二日岸に, 二階の, 五六間下手の, 人に, 人間でない, 今にもほ, 今は, 今や検視, 仕入部, 他殺ち, 他殺死体には, 仰向, 何れも, 何処に, 傷ついて, 全くからから, 八万と, 別に誰, 別荘から, 別荘の, 動かしても, 勿論証拠, 医師が, 医者に, 十数メートル先に, 博士邸へ, 即刻大学へ, 原則としては, 取り入れましたが, 古祠の, 台所に, 名古屋で, 商人の, 四百乃至, 土に, 埋まって, 埋葬された, 城内に, 墓地の, 夕には, 外からも, 外に, 外の, 外部に, 多分誰, 大川であった, 大理石の, 奥の, 始めて, 室の, 家へ, 宿屋の, 寝台の, 寺へ, 小林貞である, 少くとも, 少尉ルグロであった, 岩石で, 岩角に, 岸に, 崖の, 川しもの, 川むこう, 巣箱から, 已にどこ, 床に, 店と, 張家の, 当人とは, 当時東京で, 彫り上げた数秒後, 彼に, 彼を, 彼女でない, 往来の, 往来を, 応接室の, 想像以上に, 戸板返しの, 手ばやくこれ, 手を, 投げ込み同様, 拾い起して, 揚らないだろうといった, 揚らなかった, 既に泥, 既に解剖, 既に運び去られた, 明日元の, 普通魚や, 暴行を, 最早切れ切れ, 月曜の, 未だに発見, 未だ発見, 本当の, 本石町で, 村ざかいの川しもに, 村役場の, 柔かい布団, 格子を, 案の, 棺で, 棺に, 棺は, 棺桶に, 楠の, 横に, 橋の, 次第次第に, 死んでから, 死体の, 死因を, 死後六ヵ月を, 母親の, 氷面の, 永代橋の, 河中へ, 河岸の, 法医学に, 洋服を, 洗い落し, 浮いて, 浮き上がったかも, 海中に, 清月亭の, 湖底の, 滅茶苦茶であった, 漁師の, 火葬に, 火葬場で, 煖炉の, 爛れて, 物馴れた, 玉垣の, 王家の, 生き人形みたい, 男女とも, 町はずれの, 病室に, 病院に, 発見された, 発見されなかった, 発見できなかった, 発電小舎の, 白拍子の, 白痴の, 白鳥と, 皆親指に, 直様ランチに, 直立し, 相当に, 看護婦の, 眼下に, 石井家の, 石地蔵を, 石窖の, 硬ばっ, 硬直し, 穢れの, 穴の, 窓から, 笹山へ, 紺絣が, 結局は, 絞殺された, 絶命後すでに, 綱から, 綱を, 線路の, 縁の, 脇差を, 腐敗蛆虫も, 自宅へ, 若い娘, 草の, 荒川堤に, 落合の, 蒲団の, 薄べ, 血の, 行儀よく, 裸の, 見せないよう, 見つかったとき, 見も, 見る事, 見向きも, 見当らず河中, 親族の, 親類の, 解剖される, 解剖した, 記者の, 誰か, 誰が, 警察医によって, 身もとが, 逃げっこないの, 連れの, 遂にどこ, 運ばれて, 道具に, 鄭重に, 酸鼻を, 長々と, 長屋の, 間もなく却下, 間もなく座敷, 闇に, 陸に, 階段の, 隣家の, 雪子さんに, 面の, 順調に, 頭には, 頭を, 風呂桶の, 黒焦げと

▼ 死体~ (123, 4.0%)

10 なって 4 手を 2 ついて, 取りすがって, 取り縋って, 沢蟹が, 相違ない, 躓いて, 近づきました, 駈けよって

1 [93件] あてがって, あびせると, あんな細工, おどろきの, お袖, かけよつた, かじりついて, かぶせて, くいつかれると, ぐるぐる巻い, さしたもの, さわって, じかに繋ってる, すがりついて, せよ火葬後, たかること, たかる鴉, だ, ちかづいた, ちかよって, つまずいて, とびついた, なったはず, なった師匠, なった荒甲, なってから, なってるの, はかの, ふたたび眼, わざわざ衣, イキナリ突当った, ナイフが, ナイフを, 一木様が, 一致します, 不足すれ, 交じえては, 傷の, 傷を, 刀を, 十字を, 取附いて, 向かうと, 坊主は, 埋もれて, 塗るの, 外傷は, 左の, 帰ったの, 引寄せられる, 当たった, 彼は, 急いで, 怪しむべき形跡, 投げつけられて, 指さすのみ, 指を, 捫るべからず, 掛けた筵, 接近し, 新衣, 残る不思議, 湧く青蠅, 瀝青を, 点火された, 焦点が, 片足を, 痕跡を, 眼を, 細工を, 縋りついた, 聞いたって, 自分の, 色づけ客間, 行当ろう, 触るること, 触るるとき, 触れこれ, 触れた刹那, 起って, 近づくと, 近づけないよう注意, 近よ, 運動が, 過ぎない, 違いない, 重り掛り其両手, 錘を, 鍍金を, 附いて, 霊あっ, 鞭を, 飾られた私

▼ 死体~ (106, 3.4%)

43 なって 6 なつて 2 火傷患者を

1 [55件] いうよりも, いっても, お相乗り, きいて, たった二人, なした, なった, なったその, なった多喜二さん, なった室, なった鑑識時刻, なってからも, なってる崔, なりて, なるだろうとは, なると, わかり庭番, メラメラ火を, 一しょに, 一番近い, 一緒に, 二つの, 二人きりに, 云った方, 人形とを, 化して, 同じ位置, 同時に入れ, 同様な, 同様分析不可能な, 啼く蜆, 地と, 寝た話, 対話し, 少しも, 思いました, 思わせるトリック, 所持品とを, 抱きあったまま, 抱き合, 推測した, 枕を, 此の, 沢蟹の, 火薬を, 玉兎女史の, 申しあげましたらそれ, 真黒な, 絡み合って, 蓉子の, 見えたの, 逃れようも, 頭を, 首の, 黒焦

▼ 死体~ (36, 1.2%)

2 見つからない

1 [34件] あった, あつた, あの溝, あるが, いくつか目に, そのまま番太, その額, たくさん交っ, ないこと, また血, まだ発見, やはり見当らない, わからない不審, アルコールの, 上がったという, 不足し, 中には, 判らぬが, 同じよう, 同じ場所, 多く発見, 始末いたしました, 小作りの, 揚りませんでした, 柱の, 機影も, 殺されたよう, 沈むべきであるという, 現われずさればと, 病院に, 発見された, 綱も, 見えなければ, 見事に

▼ 死体から~ (34, 1.1%)

1 [34件] そらさないで, アネモネの, ポクリと, 一間ばかりは, 二三フィートは, 二間ほど, 何時か, 出て, 出る血, 切りとった腕, 切断し, 包みや, 取った火薬筒, 心臓を, 急に, 我々の, 手を, 手紙を, 抜き取った方, 抜き取った髭, 指輪を, 栄光を, 死体へと, 水を, 流れて, 発する臭, 発見された, 白布の, 眼を, 腥風いたずら, 視線を, 顔を, 首を, 髪と

▼ 死体解剖~ (27, 0.9%)

12 の結果

1 [15件] があり, が行われた, によって容易, によって明白, に付せられた, の後, の結果一酸化炭素中毒, の許可, はどちら, をやり直さなく, を命ぜられました, を学び, を行う, を行っ, 其の他

▼ 死体には~ (22, 0.7%)

1 [22件] そんなもの, なにか持物, なんの, ほのかに, まだ死後硬直, まだ防水布, もとの, 一面に, 他に, 全身に, 別に岩角, 子どもの, 少しも, 巻かれて, 弾丸が, 最初脇差を, 着物を, 紐も, 致命傷と, 長い毛, 類例の, 鵜の

▼ 死体~ (17, 0.5%)

2 酸鼻を

1 [15件] いた時, ちょうど沖, でも, 一パイに, 人間じゃ, 仰向けに, 埋まって, 帰るかも, 性交不能を, 普通の, 格闘の, 穴に, 豊かな, 額に, 飾られて

▼ 死体である~ (16, 0.5%)

3 ことを 2 と主張

1 [11件] かどう, かの如く装っ, から煙草, ことに, という事実, という公算性, という推測, とするなら, とはいえ, と確信, 事が

▼ 死体発見~ (12, 0.4%)

1 [12件] のとき, の一因, の報, の報知, の場所, の始末, の有様, の話, はひろ子, までのあいだ, をおくらせる, を去る

▼ 死体~ (10, 0.3%)

2 それらは 1 それらの, 何かを, 旗や, 残酷な, 焼打ちされた, 罪人を, 腐木, 負傷者らの

▼ 死体~ (10, 0.3%)

1 からな, でその, に変った, に運ばれ, の中, の事務員, の札, へ運ばれた, へ運びこん, を見

▼ 死体置場~ (10, 0.3%)

1 から国会議事堂, から年配, なのよ, に世にも, に収容, の中, の怪, の警戒, はさらに, へと運ばれた

▼ 死体~ (8, 0.3%)

1 ぜ, と, とこんな, とわかった, と信じ, と思う, と思われ, ッ

▼ 死体とは~ (7, 0.2%)

1 いえ, いえ当家, なって, 別物だ, 反対の, 考えられぬ程艶, 違って

▼ 死体です~ (6, 0.2%)

21 から私, がこれ, どこへ, ね

▼ 死体では~ (6, 0.2%)

2 ない 1 ありえないという, ないかと, ないよう, なく仮死

▼ 死体~ (6, 0.2%)

1 のだ, のであろう, のよ, んざあがりっこ, んじゃ, んだ

▼ 死体~ (6, 0.2%)

2 黙祷し 1 傷を, 届くと, 手を, 押迫って

▼ 死体収容所~ (6, 0.2%)

1 かも知れない, が出来, が蟠っ, であろうと, なれば, を訪れた

▼ 死体現象~ (6, 0.2%)

2 に関する疑問 1 がもう, と云う, なん, にも現われ

▼ 死体じゃ~ (5, 0.2%)

1 ない, ないか, ないという, なかろうね, なく腕

▼ 死体からは~ (4, 0.1%)

1 たったそれだけの, 出刃の, 厭な腐れた, 聖らかな

▼ 死体という~ (4, 0.1%)

2 のが 1 ことばは, ものに

▼ 死体として~ (4, 0.1%)

1 あつかうこと, その冷たい, でなく元気, 推測した

▼ 死体らしい~ (4, 0.1%)

1 のが, もの, ものを, 物が

▼ 死体事件~ (4, 0.1%)

2 の犯人 1 である, の端緒

▼ 死体写真~ (4, 0.1%)

1 の売り, の秘密売買, を拵え, を置みやげ

▼ 死体紛失事件~ (4, 0.1%)

2 があっ 1 の方, の際

▼ 死体蝋燭~ (4, 0.1%)

1 が点ぜられる, の燭火, を差し, を立てる

▼ 死体そのもの~ (3, 0.1%)

1 にもちょっと, に見られる, の包む

▼ 死体だけ~ (3, 0.1%)

1 でありました, では, 運びこまれたかの

▼ 死体であった~ (3, 0.1%)

1 が次第に, ことを, というよう

▼ 死体とともに~ (3, 0.1%)

1 それを, 焼き捨てられたという, 焼き捨てられること

▼ 死体について~ (3, 0.1%)

1 かれこれ言, 実視せし, 証言する

▼ 死体にも~ (3, 0.1%)

1 何も, 判で, 特別に

▼ 死体発掘~ (3, 0.1%)

1 と云う, の厄, の模様

▼ 死体紛失~ (3, 0.1%)

1 が彼, といい, の一件

▼ 死体運搬~ (3, 0.1%)

1 によってつけられた, の手順, をした

▼ 死体運搬人~ (3, 0.1%)

1 であろうとは, のよう, を勤めた

▼ 死体~ (2, 0.1%)

1 死体でない, 生きとるん

▼ 死体だった~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, のです

▼ 死体であろう~ (2, 0.1%)

1 と仮定, と思った

▼ 死体でない~ (2, 0.1%)

1 かを決めなけれ, ことは

▼ 死体でも~ (2, 0.1%)

1 その死体, ない

▼ 死体など~ (2, 0.1%)

1 きみの, 近親の

▼ 死体などは~ (2, 0.1%)

1 ないの, 人が

▼ 死体までが~ (2, 0.1%)

1 いかにも行かう, こんなに美しい

▼ 死体もう~ (2, 0.1%)

1 届いたであろうな, 骨ばかりに

▼ 死体捜査~ (2, 0.1%)

1 の困難さ, の邪魔

▼ 死体捜索~ (2, 0.1%)

1 という大, に働い

▼ 死体検案~ (2, 0.1%)

1 の場合, 並びに死体解剖

▼ 死体検案書~ (2, 0.1%)

1 には死人, に書かれ

▼ 死体焼却~ (2, 0.1%)

1 という様, の痕跡

▼ 死体貯蔵場~ (2, 0.1%)

1 には外, の焼け跡

▼ 死体遺棄罪~ (2, 0.1%)

1 じゃあねえか, として一応

▼ 死体鑑別~ (2, 0.1%)

1 に関する部分, の証人

▼ 死体陳列~ (2, 0.1%)

1 の出来ない, の梯子

▼1* [124件]

死体あるいは紙入れの, 死体袖は, 死体および物の, 死体かさえも分りませんでした, 死体かと思って, 死体からよりもむしろ燃える, 死体がてまえの, 死体くらいは楽には, 死体こそ捜索中の, 死体さえ掘り起す殿, 死体さえも見つからなかった, 死体そのいずれも, 死体それは三年前, 死体それ自身が指針, 死体だけが草むらに, 死体だけで一八七四捕虜二八九わが, 死体だけでも見付かりゃぼく, 死体だけを焼く, 死体だって撮影しよう, 死体だつたので私, 死体だろうと思われた, 死体つまり死後に火, 死体であって本物, 死体であるなら水の, 死体でさえあれば, 死体でしたよ, 死体とが実に頑固, 死体との処理について, 死体とを入れ代えて, 死体と共に今朝山を, 死体どうなってるん, 死体どころでは, 死体どもが真直, 死体なぞは入って, 死体などのことよりも, 死体などを塗込んだ, 死体なり遺骨なりを, 死体なるや不明, 死体なんか無かった, 死体なんてなかった, 死体についても実に詳細, 死体につき色々に, 死体にもかの歯の, 死体に関する報道であった, 死体のみで首, 死体のみが持つ虚静, 死体ばかりあって, 死体ひとつひきあげること, 死体へと飛び移り猿, 死体へのどうにも, 死体または死体を, 死体まで掘り出して, 死体もしくは被害の, 死体もろとも濠, 死体やらあのいやらしい, 死体よりさきに, 死体よりももっと確か, 死体をね四斗樽の, 死体をば夜中ひそかに, 死体をも精細に, 死体を以てその待望, 死体探スノニ, 死体一見しょうぞ, 死体両脚を省線, 死体と点々, 死体以外に眼, 死体係りの事務員, 死体偽造の手段, 死体入りのガラス箱, 死体全部を捨て, 死体公示所へ行っ, 死体其の他動かすべからざる, 死体解剖の, 死体分娩が意外, 死体切断を, 死体剖検の結果, 死体化粧によってそこ, 死体及び首飾は, 死体収容所ト貼出サレテアリ, 死体取上げには昨年, 死体四十余名を葬った, 死体嫌いの平次, 死体引捨にいたし, 死体批評会の事, 死体投擲または死体発射, 死体投棄の溝渠, 死体損壊罪になる, 死体検査が済ん, 死体検索から死期, 死体検視所から死体, 死体検証の専門的智識, 死体を駆る, 死体漂着せるを, 死体火葬当時のこと, 死体点検にとりかかりました, 死体発射はチェスタートン風, 死体発掘作業に従いぼく, 死体発見レイモンド嬢の惨死体発見, 死体発見人としてそして, 死体発見当時の有様, 死体発見者である幸吉さん, 死体発見騒ぎで中止, 死体発覚の場面, 死体盗難事件ありその, 死体石膏像について考えた, 死体硬直が起り, 死体移動のいろいろ, 死体群像といい, 死体膨脹の現象, 死体にとってあります, 死体蛋白が乾酪, 死体見分がおわら, 死体解剖室に寝棺, 死体詰めの行李, 死体譲渡書が正しい, 死体運び出しの大, 死体運搬車に乗っ, 死体鑑定事件でして, 死体陳列事件の取調べ, 死体隠匿方法に関する記事, 死体隠蔽の手段, 死体駆る橇, 死体骸骨はまさしく, 死体の抜け