青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「死人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~死 死~ 死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん 死ん~ ~死んだ 死んだ~ 死亡~
死人~
~死体 死体~ 死刑~ 死後~ ~死骸 死骸~ ~殆 殆~ ~殆ど 殆ど~

「死人~」 1673, 18ppm, 6330位

▼ 死人~ (851, 50.9%)

100 ように 53 ような 30 やうに 15 顔を 1310 山を 8 やうな, 肉を 6 顔の 5 顔が, 顔に, 魂が 4 ことを, それの, 写真を, 手に, 首を, 魂を

3 [15件] そばに, においが, 体を, 室に, 影が, 指, 様に, 眞似, 眼の, 身体を, 頭の, 頸に, 首の, 髪の毛を, 髮の

2 [47件] からだには, ことは, そばを, ふところから, ようだった, 丘が, 中から, 側に, 匂をも, 口に, 口の, 咽喉が, 多くは, 夢の, 如く青, 室の, 室へ, 家への, 帯を, 心臓と, 心臓を, 懐中から, 手の, 手垢の, 指を, 枕もとに, 枕頭に, 横顔を, 生死が, 相好の, 胸の, 脳を, 腐つて, 色の, 血を, 行跡が, 話を, 足跡も, 身体に, 身元を, 靴を, 頭が, 顔, 顔は, 顔形, 髪の, 魂は

1 [430件] あえぎの, あった時, あとは, ありたる家, あること, あるとき, いるその, いるの, いる室, おかげで, ことだ, ことなども, ことに, ごときは, ごとく, ごとくおとなしく, ごとく印, ごとく昏, ごとく横たわって, ごとく蒼白い, さびしい顔, すぐわき, その男, そばから, そばには, そばにより, たましい, ためにのみ, つめたさ, できたこと, でないうち, ない事, においと共に, においは, においを, ひとを, ふえるの, ふところに, ふところへ, ほうに, ほうへ, ほかには, まねを, まはり, むくろ, もとに, ものなどでは, よう, ようだ, ようだって, ようであった, ようなり, ような寝, オブライエンである, シャツの, ダイヤモンド, チョッキの, テーブルが, ナイフが, ヒュウ・モルガンを, ポケットから, ポケットと, ポケットを, 三山詣り, 上に, 上には, 世界になんぞ, 世界の, 世界よりも, 世界を, 両の, 両手は, 中より, 中二三十人ばかりを, 事で, 二つの, 亡霊と, 仕業という, 仲間に, 仲間の, 休息に, 体は, 体全体を, 使命は, 価値とを, 健康を, 健康状態をも, 側には, 側にばかり, 側にも, 傍に, 傲岸さや, 傷に, 傷口の, 傷口を, 入信し, 全身は, 写真な, 写真や, 冷えた肉, 冷たい硬ばった顔, 処置も, 出るの, 前では, 前に, 前へ, 北枕, 原だ, 原や, 友人達は, 取り扱い方, 口から, 口もとへ, 口らしく, 口を, 口中を, 名が, 名前を, 吐いた血, 呼吸も, 呼吸を, 命を, 唇, 唇を, 国から, 国歴史という, 国歴史といふ, 土地から, 堆積の, 堆積を, 墓にまで, 墓に迄, 墓碑に, 声だった, 声では, 売買か, 変化道程を, 外には, 多い時節, 夫の, 女の, 如き面, 如くなるの, 如くに, 如く絶望し, 如く臥床の, 如く蒼白茫然, 妻や, 始末は, 姓名とが, 姿に, 姿は, 姿勢とが, 守護神が, 安住は, 室, 室だ, 室で, 室と, 室という, 室とは, 室には, 室らしい, 室を, 家から, 家な, 家の, 家へは, 家を, 家以外を, 寝床厠の, 小さい銀, 小屋の, 屍が, 屍は, 屍を, 履物が, 山が, 山に, 山には, 山の, 左の, 幻影とも, 形が, 形相であった, 後を, 後家彼僧主を, 復活その他さまざまの, 復活により, 心の, 心を, 心臓が, 怨恨により, 怨恨を, 怨霊が, 恐るべき妄執, 息子は, 意志は, 態を, 懐と, 戦闘帽に, 戸籍に, 所持品かと, 手, 手から, 手だ, 手でも, 手には, 手のひらでした, 手を, 手下や, 手汚, 手紙が, 手紙です, 手紙などは, 手紙の, 手足が, 手頸から, 手首と, 手首に, 手首を, 招きを, 持物を, 指とは, 指なぞという, 指には, 指の, 指も, 方には, 方へ, 方を, 書いた手紙, 最期を, 有無も, 服で, 服の, 服装は, 望みな, 村と, 来る国, 枕を, 枕元で, 枕元には, 枕頭を, 棺の, 棺を, 椀ぢや, 検死が, 業を, 様な, 様子な, 樣に, 正月新仏の, 歯を, 殆どおのれと, 殺人と, 毛髪を, 水, 水だ, 消息も, 消息を, 為の, 焼けぬほど, 爪と, 父の, 物すごい形相, 物を, 甕を, 画策から, 番を, 癖や, 皮を, 皮膚で, 目が, 目でしか, 相に, 相を, 真似を, 眼を, 着たもの, 知らせが, 石碑を, 祭式には, 笑いの, 籍へ, 籍を, 精に, 糸子が, 細い革帯, 細君と, 紹介の, 置き場が, 群を, 群集としか, 耳にも, 肉は, 肌の, 肚は, 肩を, 肺臓が, 背に, 胴を, 胸に, 脅迫状を, 脈を, 脳髄, 脳髄の, 脳髄を, 腐肉から, 腐肉を, 腕, 腕が, 腕なんか, 腕や, 腥い臭気, 腰に, 腹に, 腹を, 腹部も, 膏が, 膏血有り, 臭いって, 臭いに, 臭いよりは, 臭が, 船を, 艦隊だ, 色だつた, 色に, 色は, 色を, 色合に, 葬り方, 薔薇を, 蘇りの, 血とか, 血色の, 行った道, 衣を, 衣服を, 衣物から, 袂を, 袖で, 袖を, 解体, 言には, 記事が, 話だ, 話怪談, 豪傑こそ, 貞潔問題が, 赤身を, 起つあたり, 足でも, 踊といふ, 踊の, 蹠に, 身の上に, 身は, 身体には, 身元が, 身寄りの, 身柄なり, 身許は, 身許を, 身體が, 通夜に, 運搬に, 遺志を, 遺族を, 遺身, 部屋における, 野原を, 金を, 長い髪, 門口で, 雄弁は, 集團が, 霊の, 霊魂が, 霊魂は, 露出し, 面に, 面の, 面は, 面上へ, 靴の, 靴も, 鞄と, 頬が, 頬に, 頬の, 頬を, 頭から, 頭を, 頭脳を, 頭蓋骨などが, 額に, 額へ, 顎を, 顔から, 顔だ, 顔だの, 顔で, 顔であろう, 顔と, 顔には, 顔らしい, 食物を, 首だったら, 首でも, 首と, 首な, 首に, 首は, 首へ, 首途が, 馬を, 骨が, 骨と, 體に, 高足駄, 髪が, 鬼が, 魂に, 魂の, 魂虎に, 魂魄から, 鼻を, 鼻孔より

▼ 死人~ (151, 9.0%)

13 あると 3 出たので, 口を 2 あつた, あるの, 墓の, 彼の, 物を, 誰かという

1 [120件] あった, あったかという, あったこと, あったと, あったん, あったんで, あった由, ありました, ある, あるから, あるたんび, あれば, いたずらに, いまわの, お葬, くだくだ申し, こういっ, ころげ出す事, ござるゆえお出まし, されて, そつと, できるから, でるやう, でる筈, どうかし, どうしてこれ, どうしてもこの, なにも, また出, まるで生き, みんな復活する, もし若い, ものを, やがてまた, ゆうべ立ち寄った, わざわざ愛嬌, わたしな, ゴロゴロ転がった, ポンプも, 一人出来ちまっ, 一同の, 三人とは, 二人に, 人でなしが, 何人あった, 兇器を, 出たから, 出たさ, 出たと, 出る, 出るありさま, 出るそう, 出ると, 出るので, 出るほどの, 出來, 出来たはず, 出来たり, 出来て, 出来るかも, 動き出したという, 十万を, 叫ぶ聞えない, 右の, 呼びかけたよう, 地獄か, 埋もれて, 墓場からでも, 墓石を, 増して, 多いので, 多いほど, 多くて, 多くどうか, 多く出, 嫉妬を, 安らかに, 実は観世音, 左手に, 征服者と, 後向きに, 捨てられてるの, 散らばって, 旅の, 棺の, 棺を, 歩き出して, 死んだって, 死後さらに, 殖えたので, 沈んで, 犬に, 現はれた, 甦って, 穿いたやう, 立ちあがつた, 立ち寄ったという, 立ち寄った西洋料理屋, 絶えないという, 続くという, 綱引き遊びを, 肌に, 脊中に, 自由に, 自身の, 草の, 蘇へ, 蘇生し, 西洋料理を, 貴様との, 転がって, 迷つて来る, 逆さ屏風の, 遠くから, 都から, 都においての, 陸奥の, 飲み乾したん, 鬼と, 鬼魅の

▼ 死人~ (151, 9.0%)

3 出した, 見て 2 おもうの, この門, 出して, 棺に, 棺桶に, 焼くところ, 生き返らせは, 装うて, 見たこと

1 [127件] うかがうと, うちに, おろすの, こわいとは, ごらんに, しずかに, すてて, ですか, とび越えて, とり喰, どうする, ふたたび蘇生, ふたりの, またちゃんと, まねたり, みて, よく見てくれ, よみがえらしたり, よみがえらすに, よみがえらせたり, 一体どうする, 人の, 仲間の, 入れた駕籠, 入れますが, 入れること, 其骸を, 出したの, 出した津, 出しては, 出しました, 出しまして, 出し三陸, 出すだろうから, 出すと, 出すという, 分けて, 切ると, 前に, 厭い死者, 召使として, 問題に, 喰う, 喰うが, 噛み砕く音, 埋めたの, 埋めるが, 埋葬した, 埋葬しない, 墓所へ, 売ったこと, 始めとして, 宥めながら, 家事むきに, 家族の, 寝かせて, 常に北, 弔うに, 忌む古代信仰, 恐れた日, 恥ずかしめた罪, 想はせる, 意味する, 戸板で, 抱いた女給, 抱きしめて, 指さした, 捨つる所に, 掘りだして, 掘返したとでも, 木乃伊に, 杭から, 棄てに, 検めますと, 横臥さする, 残して, 残し多数, 海へ, 火葬に, 焼いたやう, 焼いたよう, 焼いた余煙, 焼いた骨, 焼きたる火, 焼くの, 焼場へ, 生じたこと, 生すに, 目前に, 相手に, 知らない振り, 石垣下へ, 突いたその, 納めた寝棺, 納める柩, 脊負って, 舁き出して, 舐れと, 葬つたが, 葬り放しに, 見ずに, 見せて, 見せむといひて, 見た, 見たさ, 見たの, 見つけ出した顛末, 見つめながら, 見てから, 見ては, 見に, 見ましたら急, 見るよりは, 見るよりも, 見る方, 覗き込んだ, 覗き込んで, 詛殺せし, 誘って, 越えて, 足蹴に, 跨いだ股, 迎えて, 返り見て, 退治る, 運ぶの, 隠して

▼ 死人~ (106, 6.3%)

25 口なし 7 口無しで 6 口が 3 口は 2 して, 口なく, 等しき我面色, 非ず

1 [57件] あらざれば, おびえて, かけて, かんかんのうを, しちゃ, すれば, そなえる米, ちがいない, なったら俺, なって, なりたいなんて, なるまで, なるん, ひとしい僕, ぶつからなかつたが, 云い聞かせて, 共通した, 出会うと, 出会えば, 刄物を, 化けて, 化粧を, 口無し, 口無しだ, 口無しです, 同情の, 向い, 噛み取られて, 對する, 心臓を, 托しそして, 擬して, 此奴が, 殉葬し, 比ふる, 比べるの, 満ちた船, 猫は, 立たなければ, 立つッ, 立とうとも, 立派な, 給仕した, 能く, 見えるん, 見つかって, 誘われて, 質し得ず, 足が, 足でも, 近づいて, 近づけて, 返事させます, 遇わば, 酌し, 顏なんぞ, 魔が

▼ 死人~ (103, 6.2%)

2 ともかく死ん, 刑部省の, 彼の, 急に

1 [95件] あまり出なかつた, ありませんでしたが, いった, いつでも, いつも不, いよいよ笑っ, お墓, かえって議院壁内, かっと目, こういっ, このまま, この辺, さいご, さっそく杯, しきりにもう一日, そういっ, そう傲語, そこから, そこが, その不気味, その死んだ, たくましい男, だんだんに, どういう種類, ない, なお逢坂口, のみこんで, ひとり杯を, ふじつぼやサーピュラ, まず小次郎, また違う, まだ埋葬, みな自分の, もう一人, もう冷たく, よっぽど買えた, われがちに, 一だ, 一万一千月たつ, 一人も, 下手人も, 両手で, 人目に, 元より, 免れぬぞ, 冷っこいもの, 出さずに, 出さないで, 出来るいや, 前々から, 加茂の, 咬みつかず, 咬みつかないはず, 咬みつかねえ, 喰われん, 地の, 地中から, 墓に, 墓碣を, 外でも, 大きな平門, 大笑いし, 妓たちを, 将門の, 居らぬ筈, 岐阜市に, 左大臣忠平の, 彼を, 手下の, 抱合心中だつたさう, 早朝に, 昼から, 果たして義母, 死んだの, 沈んで, 洋食を, 海の, 海員らしい, 焚火を, 無かった, 玄明の, 生々と, 白玉樓中に, 穴彦に, 突っ放すよう, 立派に, 続々略奪, 老女にて, 考えた, 聞くと, 舌なめずりし, 蟇口に, 見たので, 首府總人口の, 鳥が

▼ 死人~ (38, 2.3%)

5 一緒に 2 いっしょに

1 [31件] なって, 七人の, 二人だけに, 二千四百五十人の, 云えば, 会わないの, 初めて会った, 同居する, 同居は, 同然で, 呼ばれて, 変じて, 対して, 将門は, 差しむ, 彼とでは, 思い込んで, 思わるるマリユス, 成るの, 為って, 烏は, 生人との, 病人とを, 知らずに, 聞けば, 肺病殖え, 見るや, 話したとか, 話の, 負傷者を, 重症者が

▼ 死人~ (29, 1.7%)

2 同様だ, 怪我人も, 舁ぎ出す

1 [23件] あったに, ありましたが, いつか将門の, その気, できる, わずか二, 出来た, 別の, 加えて, 同じ事, 同様な, 同樣, 同然じゃ, 四方火に, 土地を, 多く出た, 女房も, 小部屋, 当時の, 思い合すと, 悪い, 有怪我人は, 来て

▼ 死人~ (16, 1.0%)

3 怪我人が

1 [13件] ほかの, 八坂の, 怪我人は, 怪我人を, 梟し, 死人や, 災難の, 玄明などが, 玄明も, 腐った頽廃者, 負傷者を, 連れの, 重傷者を

▼ 死人同様~ (13, 0.8%)

3 になっ 2 の有様 1 だァ, な面, に, の其の, の姿, の状態, の者, 長くなっ

▼ 死人~ (10, 0.6%)

4 樣に 2 樣で, 樣である 1 樣だ, 樣の

▼ 死人~ (6, 0.4%)

2 丘を 1 これも, そんな事, 丘が, 生きてるロシア人

▼ 死人~ (6, 0.4%)

1 が今, が生き, に蒐, の飾っ, を亀八独特, を見

▼ 死人でも~ (5, 0.3%)

1 六萬人に, 呼び出すこと, 無いん, 生き返らす力, 見る気

▼ 死人~ (5, 0.3%)

1 だ, で目刺, になっ, の人足, をする

▼ 死人~ (5, 0.3%)

1 が訊いた, が遠方, に會, の住むにかっこうな, は犬

▼ 死人~ (5, 0.3%)

5 にゃあ

▼ 死人たち~ (4, 0.2%)

1 が自分, に盗ませた, もたくさん, を蘇生

▼ 死人だけしか~ (4, 0.2%)

2 現はれ, 現われて

▼ 死人とは~ (4, 0.2%)

1 いえ顔, それを, ッ, 知らぬから

▼ 死人ばかり~ (4, 0.2%)

2 だと, である

▼ 死人よりも~ (4, 0.2%)

1 イヤだ, 力ない, 青いかお, 青ざめて

▼ 死人あり~ (3, 0.2%)

1 とか家, と告ぐるゆえ, 留守の

▼ 死人あれ~ (3, 0.2%)

1 ば必ず, ば此竈, ば身

▼ 死人じゃ~ (3, 0.2%)

1 ないか, 垣根にも, 話に

▼ 死人~ (3, 0.2%)

1 かわたし, と, というの

▼ 死人です~ (3, 0.2%)

21

▼ 死人では~ (3, 0.2%)

1 ないか, ないかと, ないただ

▼ 死人という~ (3, 0.2%)

2 のは 1 人間に

▼ 死人として~ (3, 0.2%)

1 しなくとも, 死罪に, 死罪申付者也

▼ 死人~ (3, 0.2%)

1 のじゃ, んだ, んていう

▼ 死人には~ (3, 0.2%)

1 実に恐ろしい, 旅装束を, 気の毒という

▼ 死人怪我人~ (3, 0.2%)

1 が山, が沢山, のほか

▼ 死人~ (3, 0.2%)

1 という, とは思われない, を持つた

▼ 死人~ (2, 0.1%)

1 可哀そうに, 大病人の

▼ 死人かと~ (2, 0.1%)

1 思わるるばかり, 怪しまれるばかり

▼ 死人から~ (2, 0.1%)

1 取って, 生れた蠅

▼ 死人からの~ (2, 0.1%)

1 手紙です, 連絡である

▼ 死人だの~ (2, 0.1%)

1 将門の, 禿鷹だの

▼ 死人とも~ (2, 0.1%)

1 為り聞くも, 藤原純友たちとも

▼ 死人と共に~ (2, 0.1%)

1 東国へ, 永久に

▼ 死人ども~ (2, 0.1%)

1 がうようよ, は皆

▼ 死人なりと~ (2, 0.1%)

2 笑ひ

▼ 死人について~ (2, 0.1%)

1 云われて, 洛内の

▼ 死人にも~ (2, 0.1%)

1 あれきり一度も, 同様に

▼ 死人らしい~ (2, 0.1%)

1 声だ, 賊が

▼ 死人~ (2, 0.1%)

1 より起き出で, わずかに

▼ 死人~ (2, 0.1%)

1 の有様, を再び

▼ 死人~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひを

▼ 死人~ (2, 0.1%)

1 の青黒い, をした

▼ 死人電車~ (2, 0.1%)

1 が目黒駅, にとびこん

▼ 死人~ (2, 0.1%)

1 となるあたわざる, となるあたわざれ

▼1* [81件]

死人ありし家久しく, 死人ありたる家久しく, 死人あるに会, 死人かのように, 死人こそよい迷惑, 死人さえ生ずるに, 死人さながらに蒼ざめていた, 死人じみた片頬, 死人そっくりの色, 死人それ故話, 死人だけはだめだ, 死人だろうから顔, 死人であってくれれ, 死人であろうと怪我人, 死人とがあとに, 死人とともに焼くわけ, 死人との場合も, 死人とやらに立とうから, 死人とを一続きに, 死人などといっしょに, 死人などに一種の, 死人などには馴れきって, 死人などの輩も, 死人などを取り扱い馴れて, 死人なら血の, 死人なんかにならなくたって, 死人なんかを売り買いする, 死人なんてものは, 死人にさえ我慢の, 死人にでも触ってるよう, 死人にまで及ぶもの, 死人にやア聽え, 死人によりも彼の, 死人に対してるの, 死人に対しても自然と, 死人に対する恐怖が, 死人のけわひ, 死人のせを噛め, 死人のみが知る極楽世界, 死人はなはだ多いよし, 死人ほどの甚だしい相違, 死人まで出して, 死人みたいな男, 死人まだ生きてる, 死人が自分, 死人らしく冴えてき, 死人をまでも甦らせて, 死人をも葬らず叢榛, 死人中ニ臥セル所, 死人事の, 死人二百余に及ん, 死人何十人と題し, 死人使い奴隷売買人殺し請負い, 死人及び生死不明人の, 死人台帳に宝沢, 死人同然な醜い, 死人喰いの, 死人多くなりまけ申もの, 死人小次郎などがまみえた, 死人手下の禿鷹, 死人手負いの山, 死人扱いをする, 死人担ぎは三人力, 死人拾いという奴, 死人検閲をでもする, 死人殿とそして, 死人玄明などの幕僚, 死人病人を生ずる, 死人相継いで出るだろう, 死人も死人, 死人稲村の写真, 死人臭い匂が, 死人花交りに, 死人花地獄花とも云っ, 死人花幽霊花の方言, 死人花幽霊花狐花などというあまり, 死人花幽霊花等の方言, 死人にクワルティーラ, 死人裁縫女王侯滑稽なまた, 死人観音と名づけ, 死人負傷者を片付け