青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「死んだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~歸 歸~ ~死 死~ 死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん 死ん~ ~死んだ
死んだ~
死亡~ 死人~ ~死体 死体~ 死刑~ 死後~ ~死骸 死骸~ ~殆 殆~

「死んだ~」 8705, 94ppm, 1176位

▼ 死んだ~ (1150, 13.2%)

93 である 85 では 8343 です 3320 だと 19 であった 15 だから 14 ですか 13 を見 11 ですから 10 かい 9 であろう 8 かも知れない, だった, だろう, だろうと, は 7 かその, じゃない, だが, であるから 5 か生き, じゃ, だそう, であるが, であろうと, でございます

4 [12件] かしら, か判らない, だという, だらう, ぢや, であります, ですよ, ならば, はいつ, はそれ, は彼, を幸い

3 [16件] かえ, かと思った, かね, だよ, だらうと, だろうという, でも, はお, はその, はどう, は何時, は本当, は自分, もその, を知った, を見すまし

2 [55件] かそれとも, かどう, かも知れません, か確か, か私, か解らぬ, か誰, が三人, じゃア, だか, だからな, だつた, だな, だねえ, だろうか, だろうかと, だバカ, であったが, であろうか, であろうという, でした, でしょう, ですが, ですけれども, ですつて, でないかと, と侍, と同じ, と生きた, と違つて, はあれ, はこの, はご, はちょうど, はまだ, はやっぱり, は丁度, は不時, は事実, は唯事, は唯事ぢ, は噂, は小僧一人, は悲しい, は確か, もあろう, も知らず, を, を承知, を深く, を知つて, を知らず, を良い, を見た, を見る

1 [398件] かあたりまえ, かあるいは, かいや, かい番兵さん, かこれ, かしらそれとも, かすぐ, かそいつ, かそれ, かそれで, かちょっと, かとさびしい, かとも思ふ, かと尋ねた, かと思, かと思う, かと思っ, かと思つて, かと急, かと慌てる, かと早合点, かと特に, かと頬, かな, かなあ, かなあかわいそう, かなと思った, かなどといふこと, かねなどと, かね抔と, かは知らなかつた, かもしれない, かもしれません, かも知れぬ, かよく, からこの, かわからない, かわかりません, かを知らない, かハッキリ, か二十分, か人, か今, か他人, か分らん分らん, か分んない, か判らなかった, か判りません, か動物, か十二月二十日, か十六, か宗旨代え, か屍体, か干死ん, か得心, か心残り, か或いは, か気絶, か生きてる, か真, か眠っ, か知らん, か聞きたかった, か身, か鉄砲, か鐘, か音沙汰, があつ, があります, がその, がどうしても, がまるで, が丁度十七, が三十五, が二三人, が出, が十五日, が又, が同じ, が壁板, が尋常, が幸, が打撃, が望み, が本, が本当, が殺しだ, が私, が自分, が自害, が自殺, が落ちてる, が誰, が貸間, が運, が過, さえ病気, さへ, じゃありません, じゃある, じゃあるまい, じゃけれど, じゃなかった, じゃ無い, じァ, だい, だからねえ, だきっと, だけれども, だこれ, ださうだが, ださうな, だし, だぜ, だったらどう, だってお, だらうか, だらうて, だらうよ, だろうそして, だろうな, だわ, だわねえ, だ何, だ哀れ, だ懇, だ暗い, だ死んで, であったか, であったから, であったの, であって, でありそして, でありその, であり其壽, であるそれ, であるのに, である王, でございましょうか, でございますか, でしょうか, でしょう彼, ですえ, ですからね, ですからねえ, ですって, ですなぜ, ですね, です何故, です木内君, です死に際, です長州俊姫様, でないこと, でない以上, でなかったら仮にまあ, とたいした, とは同じ, と大した, と太宰氏, と縁喜, などは誰, ならい, ならかえって, ならしようが, ならまだしも, なら何ん, なら余, なら俺, なら却, なら口, なら可哀そう, なら松五郎, なら死体, なら蝋燭, なら論, にくやみ, にちがいありませぬ, に驚いたらし, に驚いたらしかった, の代わり, はあり, はある, はいい, はうそ, はおまえ, はお前, はかの, はこうして, はしかし, はそこ, はそれから, はたしか, はつい, はどうも, はない, はなん, はほとんど, はみな戦場, はみんな申し分, はみんな髪切り, はもう, はわし, はわずか, はわたくし, はわたし, はツイ去年, は一例, は一八四九年一〇月七日, は一昨日, は三人, は三十六歳, は三年前, は三造一人, は五十, は五年前, は五月, は五月二十二日, は五月二日, は今, は今度, は仏様, は他人, は佐太郎, は偶然, は僕, は全く, は六如, は兵十, は其の, は前日, は加代子さん, は十一時半, は十五年, は十五日, は半年前, は南部氏, は去年, は去年六月, は可, は名主, は四十三歳, は四十五, は大体昨夜, は天命, は天正十年, は天罰, は女, は妻, は嫁, は実, は実に, は寿命, は平, は平常, は延長元年, は彼女, は忘れ, は忠利, は忠義, は急病, は悲しみ, は惜しい, は惨, は愚僧, は我子, は戦場, は承, は日本流, は明, は明治三十三年, は明治三十二年余, は明治三十四年余, は明治二十三年, は明治十年, は明治卅六年, は昨夕, は昨夜, は昨日, は昭和二十年九月二十六日, は晒された, は有名, は殊に, は母親, は水神, は災難, は犬殺し, は瑞英四十歳, は用事, は病死, は病気, は皆, は矢張無意義, は確, は確か明治五年, は秀子, は私, は紀元前四年, は綱, は胃, は腹膜炎, は自殺, は藍見川, は見上げた, は誰だい, は變死, は貴公, は逃げおくれた, は遅くとも, は道元十六歳, は酉刻半, は間違, は隣り, は項, は驚いた, は鳴海屋, は鼓ヶ嶽, へ行つて, へ行つて來, もある, もいる, もお, もかう, もここ, もこの, もこんな, もやはり, も今, も同じ, も嘘, も夏, も奇縁, も忰, も果報負け, も毒瓦斯, も江戸御府内, も疑, も私, も終戦直後, も自分, も自業自得, も解け, も言いよう, も鬼神, やら生きた, をう, をええ, をお, をかなしん, をきっかけ, をこの, をご, をどう, をぶら下げ, を今, を偶然, を問われた, を埋葬, を宜, を弟, を彼, を心から, を悲しむ, を悲しんだ, を慥かめ, を拾っ, を有り難い, を村, を機会, を無性に, を甦らせる, を當分匿, を直之進, を直接, を知っ, を知つたの, を知らせる, を知らない, を窓, を竹, を翌朝, を見とどけ, を見れ, を見付けた, を見定め, を見届け, を誠に, を誰, を豫言, を路, を鑑定, を隠し, を餌, んかも, 乎, 妹は, 病気でかい, 筑紫へ, 草木の

▼ 死んだ~ (499, 5.7%)

17 思って 14 いう 13 なると 11 云ふ 9 聞いて 8 すれば, 聽い 7 する, 云う事 5 ある, いって, 云うこと, 云うの

4 [11件] いうが, いうだけの, いふのに, すると, 云って, 思ったの, 思ひ込んで, 知らせて, 聞いたとき, 聞いた時, 見せて

3 [13件] したらどんな, 云う報知, 傳へられ, 思います, 思ったお, 思った主人, 思ふ, 聞いては, 聞く, 聞くと, 聴いて, 見せかけて, 言ふ

2 [30件] いうから, いうだけ, いうので, いうのに, いえば, いわれて, さ, なれば, 云うのに, 云えば, 信じられて, 彼等に, 思い込んで, 思うか, 思えば, 思った, 思つた, 思へば, 思われた, 思われて, 書いて, 申すでは, 聞いてから, 聽く, 言って, 言はれた, 言ひます, 言へば, 諦めるより, 通知が

1 [242件] あっては, ありゃア, ありや, あり堀河夜討, あるから, あるわが, ある徳川時代, あれば, いいます, いいますけれども, いい異説まちまち, いうて, いうては, いえる, いったらそれ, いっても, いつて, いふ, いふこと, いふでは, いふに, いふので, いやしなかった, いわせ, おもった末, おもって, お思い, お聞き, きいたとき, きいた時, きまると, きゃあもどっ, されて, しさ, したって, したなら女, したも, したら, したらあんなに, したらお前, したらこれ, したら文学史上, したら殺されたの, した方, しましょう, します, しますと, するさらに, それからさあ, つたえられた楠木, つたえるしかも, てこの, なった明日, みせじつは, わかりましたが, ネネムは, ワイワイ泣く, 世間へは, 二十年の, 云いある, 云いますし, 云い甚だしき, 云い駒子, 云うから, 云うが, 云うと, 云うので, 云う代り, 云う便り, 云う知, 云う記事, 云える, 云っても, 云つても, 云ひ, 云ふも, 云わせ互に, 云われて, 云われるの, 云われる自殺事件, 仰しゃるのですね, 仰っしゃったじゃありませんか, 伝う, 伝えて, 伝えられその, 伝へられて, 信じきって, 信じ切つて, 信ずること, 信ずるだろう, 先生から, 公表された, 出づ, 出てる新聞, 分ったら弔い合戦, 判つた頃もう, 判りしかも, 判りましたが, 口に, 叫ぶと, 同じこつた, 同じ事, 同じ心持, 同前だ, 同様なる, 告ぐ, 告げた, 報じられた, 存じまして, 安藤から, 実家から, 小十郎, 徒らに, 思いお前, 思いこませ自分, 思いこんで, 思い込んだボーイ, 思う, 思うこと, 思うて, 思うほか, 思う頃, 思えいや, 思ったこい, 思ったこと, 思ったすき, 思ったたばこ屋喜八, 思ったなら猶, 思ったもの, 思ったよ, 思ったらいつのまにか, 思ったらそれでは, 思ったらなおさら, 思ったら丹下左膳, 思ったん, 思った亭主, 思った伊賀, 思った娘, 思った左膳さま, 思った日本軍, 思った旦那様, 思った途端, 思った馬, 思ってな, 思つたのは, 思つた亭主が, 思つた純, 思つてらつ, 思つてゐます, 思つて大変に, 思つて居るだらう, 思つて悲しむ, 思つて此上も, 思つて讚める, 思はれた日出雄少年, 思はれて, 思ひ詰めて, 思ふと, 思ふ頃, 思へと, 思わせなければ, 思わせる狂言, 思われた人, 思われる, 想像され, 書いては, 書かれたそう, 有る, 極った, 決まったので, 決まるまでは, 生きて, 申されるか, 発表させた, 真澄の, 知らぬ猿ども, 知れては, 答へ, 考え得るものの, 考へて, 聞いたから, 聞いたが, 聞いたならホッ, 聞いたなら兄, 聞いたよう, 聞いたらお, 聞いた哲丸, 聞いても, 聞かされた, 聞かされた時, 聞かされても, 聞きふだん, 聞き他国, 聞くより, 聞ひた, 聽いた, 聽いたら, 自分の, 自殺後に, 荒物屋佐野さんの, 見えて, 見きわめを, 見せかけたの, 見せかけたのに, 見せかけた岡田さん, 見せたが, 見せるため, 見せ夫, 見ても, 見ゆ, 見られて, 解つても, 解ると, 解釈する, 言いそこ, 言うから, 言うこと, 言うし, 言うのに, 言うほどの, 言うん, 言う事, 言う人, 言う噂, 言つた, 言つても, 言つてや, 言ひふらし, 言われた瞬間, 言われて, 診断した, 詐った, 評判された, 話して, 認識する, 誤認し, 變つて居る, 載せて, 部屋を, 間違えられる, 電報の, 馬主の

▼ 死んだよう~ (354, 4.1%)

104 になっ 11 に静か 6 に眠っ 5 に成っ 4 な気, にぐったり, になった, に動かない, に寝, に横たわっ, に深く 3 なもの, な沈黙, にし, にじっと, に倒れ, に動かなくなった, に眠った, に黙っ

2 [15件] な心持, な状態, な静寂, な顔, に, にぐたりと, になりました, にひっそり, にまっ青, に凝っ, に動かなくなっ, に思われ, に眼, に身動き, に風

1 [146件] だ, である, でしたが, でなくて, で死ん, なお, なところ, なやみ, なメロディ, な一生, な人家, な体, な場合, な場所, な夜中, な寝顔, な平和, な平静, な感じ, な振り, な暑苦しい, な歳月, な気持, な洋上, な灰色, な無表情, な白, な眼, な空間, な自然, な表情, な話, な鉛色, な雪, な静か, な静かさ, な静けさ, な音色, な頬, な顔付, な髪, な鯉, な黄昏, にうなだれ, におさまっ, にぐたりとなれば, にぐっすり, にぐんにゃりとなっていた, にころがっ, にさせ, にしずまりかえっ, にしずまりかえった, にしずまり返っ, にしん, にそ, にたおれ, にだらり, になみなみと, にのび, には考えられなかった, にばったり, にふさい, にぶっ, にぼんやり, にまるで, にもてなし, によく, によそおった, にグッ, にグッタリ, にジッ, にヒシ, にヒッソリ, にベン, に不気味, に他愛, に働き, に元気, に凝然, に動かなくなりました, に動かなくなる, に匕首, に吹かなくなった, に四辺, に壁, に女房, に寂しい, に寂しかっ, に寂れた, に寂然, に寝こん, に寝入る, に寝込む, に寝静まっ, に影, に思われない, に恐怖, に感じた, に抱き合っ, に暗く, に横, に横たわり, に死んだ, に水, に沈黙, に熟睡, に生気, に疲れ切っ, に白く, に皆, に相当, に眠り, に眠りこけ, に眠り続けた, に立ち竦ん, に立っ, に絶食, に考えこん, に聞かされ, に花びら, に見え, に見えた, に見えました, に見える, に見せかけ, に見せかけよう, に見せかけられ, に見せたかった, に貴女, に貼りつい, に身体, に返事, に酔っ払っ, に酔っ払った, に鎮まっ, に長く, に門, に閑寂, に青く, に静, に静まりかえっ, に静まりかえった, に静まり返る, に靜, に音, に鬱い

▼ 死んだもの~ (282, 3.2%)

20 のよう 17 と思っ 7 である, は仕方 5 だと, とばかり思っ 4 がある, だ, とみえる, を活かし 3 とあきらめ, と思い込ん, のやう 2 では, とすれ, とはどうしても, と諦め, に違い, は一人, もありました, らしかった, を見た

1 [178件] かいつ, から運動, か殺された, か誰, があったろう, があり, がいかに, がおおい, がおった, がお前, がけえる, がこんな, がもう, が下野, が出来た, が挟まれ, が損ね, が沢山, が無数, が生きかえった, が生きかえれやせん, が生き返っ, が蘇生, が食事, が鬼, じゃ, だから, だが, だな, だろう, であった, であって, であること, であろう, であろうが, であろうという, でしか, ですから, でその, でどうしても, でないこと, でなかったの, でなければ, で御座いませう, で是, とあきらめる, とお, とおもわれました, とかの区別, とか赤ん坊, ときまっ, ときめ, とさえ言っ, としか見えません, として全く, として恐れ, として書かれ, として死体, として無責任, として発表, とすぐ, とすでに, とだれ, とのみ信じた, との差, とは少し, とは思へません, とばかり思いこん, とばかり思つて, とばっかり, とみ, とみなし, とみんな, とわかった, と世, と信じ, と信じず, と信ぜられ, と分りました, と同じ, と君, と察せられた, と思いこん, と思い切っ, と思い込み, と思うだろう, と思はなけれ, と思ひ, と思わなけれ, と思われました, と思われる, と思召, と断念め, と極めた, と生きた, と申し立てた, と考える, と自分, と見えます, と見える, と見え両手, と観, と解釈, と認められ, と認められない, と認定, と諦めた, と諦める, と選ぶ, などは決して, ならあんな, ならそれ, ならば, ならばとう, なら恋仲, なら板屋, なら死んだと, なら海底, なら犬, なら落ちる音, なら顏, なら首, なんか掃き溜め, にならない, にはそんな, にはもう, には乗れない, に仕替へ, に心, に決まっ, に背骨, に致し, に防腐剤, のこと, のため, の墓, の数, の様, の犠牲, の肉, の霊, は, はしかた, はつまらない, はなに, はほとんど, はまあ, はもう, はモウ, は二度と, は尾島氏, は既に, は死, は死んだ, は笑いたく, は都合四十三人, は黒羽織, または病原, まで入れる, もありえた, もあれ, もどれ, も二, やらはっきり, やら何, や化けた, や死ん, らしいと, をいくら, をいつ, を人, を他殺, を売る, を活かす, を生き, を自然, を鼻, 無くしたもの

▼ 死んだこと~ (265, 3.0%)

15 でせう 12 になっ 9 にし 7 を知っ 6 だらう 5 でしょう 4 だろう, を知った, を聞い 3 か, になり, になる, はまだ

2 [16件] がある, だし, です, と二つ, と思っ, について何, のない, は, は前, は彼, もない, よりも明神下, を喜ん, を知らせ, を聞いた, を証明

1 [155件] お兼, から放送局, から生き, があった, があり, がお前, がわかった, がわかり, が何だか, が判, が判った, が新聞, が現に, が私, が諦め切れませんでした, が長い, この寝台, さ, さえ半信半疑, さえ長い, すら自, そいから, そのころ, だから, だけが私, だけは告げた, だった, だな, だらうが, だらうな, で, であろう, であろうと, ですから, で懲り, とか孤独, とこけ, とどんな, となり, と思う, と思つて家, と言い, なぜもっと早く, なぞを考える, などがなにか, などはかれ, なの, ならば, なんぞどう, にきめ, にされ, についていろいろ, についてである, については医学者間, にでもすれ, にでもなっ, になってる, になるだらう, にはならない, には気づかなかつた, によって終った, に作っ, に妙, に届け, に間違, に間違い, の方, はあなた, はお, はすぐ, はせめて, はたしか, はどなた, はどんなに, は一家, は何, は僕, は医者, は君, は御, は敵, は月曜日, は松平伊豆, は爭, は皆様, は知, は知っ, は知らなかった, は確か, は聞いた, は聽, は言, もあるでせう, も一緒, も亦, も忘れよう, も無論, も聞かし, やまた, や平中, や西郷, を, をあんまり, をお, をたいそう, をどう, をどうして, をはっきり, を世間, を了解, を何, を使, を信じ, を口惜しく, を告げた, を国外, を報じた, を学校, を家, を小躍り, を忘れた, を思い, を思う, を惜し, を意識, を感じた, を新聞紙上, を明白, を此処, を残念, を気, を気の毒, を父母, を申すであろう, を知, を知つた, を知つて, を知らされる, を知らし, を知らした, を知らせる, を知らない, を考え, を考える, を聞かず, を聞き, を聞け, を聽, を自, を見, を見極め, を記し, を話した, を読み取った, を電報

▼ 死んだという~ (222, 2.6%)

12 ことを 9 ことが 8 のが, のは 6 ことに, 噂を 5 ことは, のも, ような, 事を, 噂が 4 ことであった, ことです, 報らせ, 知らせを 3 のである, 例が, 知らせが, 讃岐国某 2 ことで, ことである, ので, のであった, のです, のを, 事であった, 話も, 話を, 電報を

1 [100件] ある婆羅門, うわさな, うわさは, えらあい男, お柳, お袋さんに, こと, ことだ, ことだけ, ことでございます, ことでした, ことにも, ことの, ことも, ことや, ことよりも, こと何だか, しらせが, その哀しみ, ところ, ところでしょう, のじゃ, のだ, のであっ, のにも, ものも, わけか, わけじゃ, わけだ, んだ, んで, んです, デマは, 一句が, 一点に, 事に, 事実が, 事実を, 井戸の, 亡き母, 人, 人の, 人も, 便りの, 兄からの, 君枝の, 噂だ, 噂です, 噂な, 噂の, 噂も, 報せに, 報知が, 報知の, 場合を, 奇怪な, 女中たちの, 婆さんの, 実感は, 宣告を, 密報が, 将校が, 小さい記事, 川に, 形, 形を, 感じが, 手紙が, 新聞記事が, 日の, 晩家中の, 有名な, 点で, 点である, 猿田彦は, 男が, 痛恨で, 知らせだ, 知らせの, 確証は, 自分の, 言葉が, 言葉には, 訳で, 訳です, 話が, 話じゃ, 話だ, 話であります, 話には, 話は, 通知が, 金曜日でした, 電信を, 電報が, 電報だ, 電報であった, 頼政の, 風評も, 騒ぎです

▼ 死んだ~ (215, 2.5%)

5 のこと

2 [16件] でこの, ではこの, で当時, で誰, にその, になっ, にも科学, に来た, の世界, の事, はその, は何ん, は再び, は自分, までも残る, も荘田家

1 [178件] あはあ何, あらゆる清算, お嫁, お由殺し, からでも何, から現われ, があるとかない, けれども国籍, こそ愈々, この孤独, この家, この異形, その跡, であの, である, でいくら, でおれ, でお前, でさえこれ, でたとい, では己, では忠助, でもこれ, でも妻, でも悪い, でも書いた, でも死んだ, でも母親, でも道具, でソツ, で一度, で一文一錢, で三郎兵衞, で争う, で二人, で伊右衛門, で余, で借金, で其處, で化け, で口, で君, で大変, で妻, で当時ダブリン, で復, で房州, で斬つ, で旦那, で是, で煮えこぼれる, で生れた, で私, で窃, で脳髄, で調べ, で踏板, で遺言書, で鈴子, で間違, どうして居る, なお幾許, なので, に, にだって何一つ, についてこんな, にどなた, には, にはいだ, にはその, には神さま, にも四, に世間, に二度添, に垣根, に墓, に奥さん, に妻, に家内, に容太郎, に従弟同士, に散, に於, に晒され, に未来, に此徳利, に残った, に殘つたの, に独り, に発見, に私, に若狭, に行った, のあり, のお, のよう, の人気, の佐原屋, の家族, の寶屋, の店, の彼, の成り行き, の方, の止め, の混乱, の父親, の物, の皆, の神様, の祭り, の肉, の財産, の遺産相続, は, はあの, はこの, はすっかり, はどう, はクララ, は主馬, は伜, は使用, は倅, は兄, は其の, は吉岡, は墓碑, は家, は思ひ, は簪, は船宿, は誰, は進ん, ばかりでなく, ひどく淋しが, へ乘込, へ言, まだ一つ意外, までそう, までもが女, までもなお, までも不浄, までも以前, までも小生等, までも彼ら, までも御, までも怨恨, までも漆, までも猶, までも相当, までも私, までも親類中, までも貴方, までも軽く, まで二人, まで及ぼす, まで多く, まで大, まで延長, まで悪女, まで日記, まで殘, まで長い, もなお, も半年, も君, も団体, も常に, も彼, も数年, も案じる, も母, も母性愛, を独り, 思ひの, 或る, 迄噂

▼ 死んだ~ (214, 2.5%)

13 のよう 8 がある 7 のこと 4 の話, の魂 3 である, の事

2 [11件] だから, のため, のやう, の名, の惡口, の数, の身, の顔, は命, を棺, を見

1 [150件] かもしくは, がありました, がいくら, がいま, がお, がこれ, がその, がたくさん, がどうして, がふらふら, がまた, が二三人, が二度と, が何, が何千万人, が可, が困り, が少なく, が居ります, が幾度, が柱, が沢山, が浮かばれない, が生き, が生きかえった, が生きた, が真実, が蘇っ, さえ助けた, そっくりと, その儘, だ, だった, だと, であった, であり身寄り, であれば, ですから, ですからねえ, ですが, でないと, でもなかっ, でものち, で彼, との区別, と同様, と回復, と変わらぬ, と思う, なれば, にお, にかわっ, にとっても原子爆弾, になる, にはもう, には気の毒, に似, に対してそんな, に対しては別に, に対しても社会, に対して残っ, に對, に相違, に逢う, のうち, のごとく, のし, のせい, の云う, の仕業, の兄, の口, の名刺, の塚, の声, の多い, の娘, の宿所, の屍体, の心臓, の思い出, の思ひ, の戒名, の指紋, の方, の枕元, の死骸, の気, の片割れ, の眼, の神経的, の肌, の肖像, の胸, の腸, の行く, の親友, の訪れ, の近親者, の長子, の霊, の額, の骸骨, はいつ, はたしか, はとにかく, はみないました, はみんな, は大学生, は彼, は指, は決して, は物, は生きかえりません, は米国, は羨ましい, は踊りませんでした, ばかりが待つ, への操, へ供養, へ最大, もあった, もあつ, もありました, もある, もいない, もいるだろう, もたくさん, も一二, も世の中, も僧侶, も死なれた, よりも生き, をきの, をも再び, を今, を偲ぶ, を入れた, を弔う, を忘れ, を悪く, を悲しむ, を悼ん, を惜しむ, を愛し, を救う, を生れ, を目当て, を詛, を魚腹

▼ 死んだ~ (188, 2.2%)

2725 です 12 ですか 8 だよ 7 じゃない, だから, だろう 5 だね 4 じゃあるまい, だぜ, だって, だと, ですって, ですよ 3 だそう, だぞ, ですから, ですぜ

2 [11件] じゃねえ, だが, だな, だらう, だ相, でしょう, でしょうか, ですからね, ですとさ, ですね, ですもの

1 [32件] か, が本統, じゃ, じゃあねえや, じゃありません, じゃないでしょう, だあ, だえ, だか, だからな, だけれど, だこりや, ださうだ, だという, だなあ, だもの, だろうと, だろうどうして, だろうね, だろう気の毒, だ遺骨, であります, でござんす, でしょうね, でしょう雌, ですかね, ですが, ですぞ, ですってね, では, なら拝んでも, やろ

▼ 死んだ~ (179, 2.1%)

12 のよう 9 の惡口 4 がある 3 があった, のこと, は仕方 2 でも, とあきらめ, ならば, にし, によく, の事, の執念, は復活, は死んだ

1 [127件] ああんまり, がありました, があんなに, がとても, がどれ, がどんな, がない, がまさに, がまだ, が九十三人, が二人, が再び, が多い, が復活, が數人, が朝ッぱらからのこのこ, が生きかえっ, が生き返る, が蘇, が蘇生, が郷里, じゃたとえ, だ, だそう, であると, でもあっ, でも生, とお, として何人, として教会, と仮定, と思われ, と気絶, と生きた, と生ける, と見せ掛け, なら遺骸, についで, にとっても生き, には何, には何ん, にもう, にもまだ, に信女, に口, に家, に対しては特に, に対して怒っ, に対する冒涜, に智慧, に東照宮様, に耻, のさま, のたま, のため, のところ, のなんとも, の上, の二度, の他, の体, の受ける, の土地, の多く, の如く, の心, の怨み, の悪口, の数はか, の方, の残した, の苦痛, の親戚, の貯蓄, の身体, の身體, の霊, の首, の骨箱, の鬼, の魂, はありませな, はいかに, はかはいさうだ, はこの世, はそこ, はその, はそれ, はない, はまだ, はもはや, はや, は一疋, は不時, は今さら, は余儀ない, は地下, は多い, は安らか, は山男山女, は最低, は死者, は殿さま, は監視, は紛れ, は證人, は逃げ, ばかり住ん, へ線香一本, までも生き返らせ, もあったろう, もあります, もあれ, もかなり, もみな信長, も恐けれ, も或は, も有りましょう, も血, や死にかけてる, より生きた, を悪く, を惡, を捨てた, を検, を活かし, を生き返らす

▼ 死んだ~ (169, 1.9%)

38 がまし 35 がいい 6 がい 5 が優し, が増し 4 がよかっ, が好い, に悪い 3 がよい, がよかつ, が増, が宜いと, が楽, のお 2 が, がいくら, がよつ, がよろしく, が優, が良い, に比

1 [36件] がいちばん, がえ, がお互い, がかえって, がずっと, がたしかに, がと思った, がと昨日, がどんなに, がまだしも, がよけりゃ, がよし, がよっぽど, がマシ, が可, が夐, が好, が好けれ, が安心, が宜, が寧そ優, が工合, が幸福, が後れた, が得, が愈, が残る, が無論, が神, が私, が立派, が良, だ, だと, ですよ, はいっそ

▼ 死んだ~ (141, 1.6%)

3 には 2 のこと, の儘, の通り, は, はまだ, も出, も菅沼

1 [124件] かて格別, から開け, か又は, か病気, がそう, が四十いくつ, が恰度, これから世の中, そのあと, そのままの, その女, だ, だつた, だつて來, でございます, でもそれ, でものこった, でも天気さ, でも泣かなきゃ, で可哀そう, という覚悟, と全く, と指し示す, と違つて, どうしてこの, どうだった, などは大勢, などは村中, などは賀川市長, にあれ, にお, にきまっ, にその, にそれ, にという方, にはせめて, にはその, にはそりゃ, にはツク, には仕事, には勤め, には十九歳, には半, には村, には猪, には現金, には自分, には誰, には重い, にも優し, にも涙一つ, にも笑っ, にも肉霊, にも馬, にゃあ, にネエ, に一度, に世界中, に今, に会った, に依, に俺, に北, に墓, に大きな, に直ちに, に祖母, に経験, に自分, に芥川, に読み上げる, に透谷君, に顔, に駿三, のごとく, のまま, のやう, のよう, の事, の人麿, の儀式, の姿, の彼女, の悲し, の悲哀, の状況, の線, の苦しみ, の血, の覚え, の通知, の通知先名簿, の遺言, はいずれ, はお, はそりゃあ可哀そう, はたしか, は二十歳, は信長, は十八, は卯平, は本当に, は泣いた, は泰道, は自分, は遺骨, は配当二十八リーヴル, ほど氣, も, もおのおの, もこれ, もこんなにも, もそう, も何遍, も母, も父, も顏, よりも一段, をも知っ, 云った, 何故知らせなかった, 専ら種々, 弔った歌, 悲しい中

▼ 死んだ~ (118, 1.4%)

3 よかろう 2 おれは, それと, ましだ, 何よりまし, 彼は, 聡明な

1 [103件] いいよ, この家, この福力, しかしそこ, しかるにこれら, そういう時世, そのおも, そのころ, その中, その前, その同胞, その日記, その時, その洞, その狐, その霊地, その願い, それから心臓, それまでに, それらの, それを, ともかくも, どうした, どちらかと, なにこれは, ましかいな, ましじゃ, ましでございます, ましでございまする, ましと, まだぴくぴく動い, まだ三人, もし今日, や, よい, よしとも, アンタの, メグは, ラマルクは, リンドバーク大佐は, 久子は, 之れ, 乞食の, 二疋は, 今じゃ, 今に, 他の, 優しであろう, 元気な, 其の婆さん, 再びゆき, 再び業, 助ける人, 医師は, 君は, 唯死ぬ, 増し, 大人も, 奧方と, 好い, 小ちゃ, 平田篤胤は, 平素は, 年百六十八と, 幼い子, 幼い時, 弟は, 当時私たちは, 彼の, 後ろから, 手を, 損という, 故に目前, 敵は, 是より, 最後に, 最後を, 桂井当之助氏などと, 楽屋内でも, 死なれるまで, 死ぬたび, 死ぬる, 死んで, 死体は, 残ってるもの, 母は, 母親と, 汝が, 滝廼家鯉丈という, 猫は, 癩の, 白石翁は, 祖国の, 祖父の, 私自身の, 自分だけは, 自分の, 自分は, 舎利弗に, 芸術家としては, 葉子を, 跡に, 遺言によって

▼ 死んだので~ (108, 1.2%)

5 せう 3 彼は 2 あつた, ことし十七の, せうか

1 [94件] あつて, あとから, あなたが, あらうか, おそらく後見人夫婦, お幸, お知らせが, お顔, かかる弓術, かりにその, げすから, ここに, ここの, この事, この前, この城, この真相, すると婆様, せうし, そのあと片付け, そのままに, その二七日, その動物, その収入, その後は, その日死体, その時, たいへんお, たったひとり, まったくひとりぽ, もはやこの, ケンブリッジでは, ホッと, 不自由だ, 世帯を, 久松は, 亭主に, 今の, 代りに, 仮りに, 佐伯五平の, 僧正は, 再び春琴, 助手で, 卓一も, 又左衛門, 右の, 吏員の, 土地の, 女だけ, 子は, 宗匠は, 実に大層, 宮地君は, 家を, 家康の, 岡山へ, 己が, 帰って, 幾許も, 店は, 店を, 当時二十二に, 彼女が, 後は, 後任者を, 徐の, 拠なく, 東京の, 根岸の, 死骸を, 残るは, 殘つた方も, 毎夜死んだ, 無人の, 無理に, 父親母親は, 病中の, 私たちは, 私には, 私の, 私は, 細君, 自分が, 自分も, 花環をといふ, 衆人綽号し, 記録裁判長の, 詔し, 誰も, 貧しい人たち, 足らなくしたよう, 重大な, 金持の

▼ 死んだ~ (106, 1.2%)

3 父つ, 老婆さんは

2 [14件] はるの, ばんが, ばんの, 人の, 兄さんを, 吉の, 君から, 品が, 品の, 園さんも, 小夜の, 父つあん, 百合さんは, 菊の

1 [72件] かあさんに, さよの, せいとともに, せいに, せいの, せいへ, せいを, ぢイさんから, ぢイさんが, つ母さん, つ母ア, てつの, 七が, 万に, 信乃の, 傳といふ, 八重さんは, 内儀さんの, 内儀の, 冬は, 千代後家の, 半の, 叔父ちゃんが, 吉は, 君に, 品に, 品は, 喜代の, 夏は, 妙の, 姉様が, 孃さんは, 子供さんは, 小夜が, 小夜だ, 房の, 才が, 春は, 杉も, 柳が, 梅の, 母が, 淺と, 清さんは, 照さんは, 熊さんに, 父っ, 父はんが, 父様の, 父様を, 由利さんと, 皆に, 直さんは, 直の, 稲さんの, 縫さんとは, 縫の, 艶さんは, 艶に対する, 萬に, 藤や, 蘭の, 袖の, 豊さんの, 辻さへ, 里も, 關は, 馨さんは, 駒と, 駒の, 高の, 鮒を

▼ 死んだやう~ (89, 1.0%)

6 になつ 5 に眠つて 4 になる, に静か 3 になっ, に寝 2 でも, に, にな, に動かない, に疲れ, に眠, に眠れる, に眼, に身, に靜

1 [44件] で, である, ですが, で而, なこの, なもの, な処, な夜気, な女, な手, な村, な気, な沈默, な熟睡, な片足, な行列, な顔, な顔付, な鯉, にぐつすり寐, にぐつたりしてゐた気持ち, にころ, にしいんと, にとられ, になくなります, にグッタリ瞑目, に倒れ, に其処, に冷, に出来, に夜露, に寝息一つ, に成つて, に描きたい, に水, に活気, に白い, に皆, に目, に貴女, に途切れ, に音, に默つて, に黙

▼ 死んだあと~ (87, 1.0%)

4 になっ 2 であなた, ではせめて, ではもう, では土, よくせきの

1 [73件] だが, だった, だったから, であった, でこどもたち, でこの, でさだ子, でその, でそれ, でと思うであろう, での親, ではこうして, ではどんなに, では愚圖, では紙屑, では袖乞非人, でもお, でもという考え, でもといふ考, でもなお, でも知友, でやっと, で一人, で一家三人, で一碗, で世間, で分つ, で十六, で御座いました, で息子, で曲者, で死体, で残らず, で段々, で罰せられる, で自分ら, なんかちっとも, にこの世, にはなんにも, には尼, には誰, にも好い, に大臣平群真鳥, に来た, に残る, のこの世, の世話, の事, の塔, の女房, の家族, の思い出, の日本, の遺産, の醜, の面, はあまり, はあんたはん, はおまえ, はかわいそう, はもう, は例, は勝頼, は死骸, は誰, へお初, までお前, までもそれ, まもなく皇位, もあんな, もし口, を十四, 公然と

▼ 死んだ人間~ (85, 1.0%)

4 が人 3 になつた 2 がそして, でもだから, のよう, の身体, の顔

1 [68件] が, がある, が予告, が寝, が手紙, が橇, が歩い, が歩きまわっ, が気の毒, が生き, が生きてる, が生き返っ, が生き返った, が私, が草葉, が豫告, が転がっ, が電話, じゃ, だって生きてる, だつて, だ惡口, ってもの, であらね, です, とあんた, とかいうの, とこの, として生き, との間, とをくらべ, と並ん, と同じ, など, などにかかずらっ, などは一人, なのよ, については全然, にとってのみ価値, になった, になつ, になる, には肝腎, のこと, の恐ろし, の死骸, の百分率, の脳髄, の臓腑, の親, の身體, の追憶, の運命, の骨, の魂, はお前さん, はまだ, は再び, は無い, も同様, を勝手, を埋葬, を尊ぶ, を殺す, を無理, を生かした, を生かす, を生き還らせる

▼ 死んだ~ (78, 0.9%)

7 生きたか 6 生きて 4 どうか 2 しれない, それを, どうかを, どうだ

1 [53件] あるいは夫, あるいは采女, え, おれらが, お前さんに, ご存知, そいつあ, そいつは, そしてこれから, その先途, その理由, それは, そんなの, たずねて, どうかし, どうかも, どんな関係, または金, わからずに, わからないよう, 二人の, 人手に, 今は, 何の, 冠蔵が, 分らない, 助かったか, 助かったろうか, 又はあの, 土蔵地下室一隅この, 大病でない, 家出し, 引付けたま, 或いは死ななけれ, 或は助, 書く意味, 未だに行方, 未に, 本人だって, 死なないか, 死んだか, 殺されたかの, 気を, 活きたか, 無事であった, 生きてるか, 目を, 知ってる, 知らねえが, 自動車が, 自害した, 逃げたかを, 風の

▼ 死んだといふ~ (68, 0.8%)

5 ことに 4 ことは, 話を 3 ことを 2 ことにな, のは, 言葉と

1 [46件] が私, が遺言, ことが, ことで, ことでございます, ことです, ことなぞ, ことよりも, のか, のだらう, のであります, のである, のです, のも, ショーオー, 事に, 事実の, 事実よりも, 人の, 伝説も, 偽報, 傳説は, 傷ましい形見, 噂で, 噂です, 噂も, 噂を, 大きな事實, 大事な, 天鳳五年まで, 小僧の, 屆け, 屆出だ, 悲むべ, 手順だけ, 操の, 橋番喜之助の, 気の毒は, 知らせは, 翌る, 話が, 話です, 話に, 通知が, 電報を, 風に

▼ 死んだ農奴~ (59, 0.7%)

2 というの, と知事, のほん, をすっかり

1 [51件] が一体, が御, が欲しい, だけ売っ, だったらどう, だって, だなんて, ってどういう, って今どの, でしかし, でまた, でまだ, でも持っ, で一体, とは果して, などという話, などとは決して, などは商取引, など買いこむ, など買わなけれ, なんか買う, なんか買っ, なんていう, なんていったい, なんてどだい, なんて売った, について知事, にどんな, のこと, の名簿, の売買登記, の相場, の買い占め云々, は所詮, ばかりかおまけ, ばかりはからっきし, もみんな一緒, をあの, をありったけ君, をどうか, をなるべく, を値切り倒しやがった, を商ってる, を売っ, を残らずです, を買いこんだ, を買い取った, を買い込んだ, を買う, を賭ける, を重要視

▼ 死んだって~ (56, 0.6%)

2 同じじゃ

1 [54件] あたしゃあきらめない, あてはずれよ, あんな事, あんな男, いうの, いやな, おれの, おれは, お前さんの, かまうもん, かまわないじゃ, くたばったって, ことを, この馬, こんな横柄, しょうがない, そっち向い, そんな辱め, はなしませんよ, また恥ずべき, オレ自身の, 一人で, 一生食う, 二度とお, 何も, 俺には, 俺は, 僕の, 其の白骨, 口を, 同じよう, 同じ事, 哀しくは, 国の, 埋葬料は, 売られたって, 嫌な, 家へ, 怨は, 悪事は, 惜しくない, 惜しくは, 故郷で, 東京へ, 極楽へは, 死ぬなんて, 涙一つ零す, 生きかえった時, 福岡まで, 私はい, 誰が, 誰方か, 長屋の, 長生きできます

▼ 死んだ~ (54, 0.6%)

6 のこと 4 もさ 2 の影響, も六年前

1 [40件] から云, がだれ, が大, が常に, が御, が日記, が漢学者, だけを人間, だの母, と俺ら, と母, に対して改, に愛され, に最初, の, の事, の位牌, の夢, の子供, の愛娘, の最後, の末子, の眞, の臨終, の良, の話, の遺物, の遺言, の霊, の顔, はやはり, は和助, は曇つた秋, もそうした, もやはり, や母, よ, をダンナ, を取り, を語る

▼ 死んだ~ (53, 0.6%)

3 のこと 2 と私, の事, の写真, の向側, の命日

1 [40件] が天, が生き返っ, が神山, が遺し, だ, だけは今, という人, と殆, などにも何かと, などもきま, なる人, に似, に似た, に関係, のなんとなく, のむく, のやう, のよう, の匂い, の古い, の名, の國, の実家, の影像, の無, の眼, の若い, の顏, の顔, は坐つ, へ及ばぬ, もおり, もかつて, もその, も三拝九拝, も曾, や姉たち, や父, をホント, を父

▼ 死んだ~ (50, 0.6%)

32 があつ, と革砥, の眼鏡, の遺書, もあるです

1 [37件] から女, がいた, がね, であった, である, と一緒, と七人, と寸分, のからだ, のこと, のところ, のひと, のパイプ, の人, の住所, の借金, の写真, の妻君, の巻いた, の幽, の戸籍, の持物, の数, の死骸, の話, の身体, の身元, はかの, はまだ, は敵国, は早, もいる, も二三人, や女, を, をよく, を生きた

▼ 死んだから~ (47, 0.5%)

3 である 2 だ, だと

1 [40件] あの人, いいの, いいよう, おれも, お前様を, この孝子, この日, すぐに, その代理, その活態, それで急, であらうか, です, で相当感謝, 下の, 云々と, 人々の, 今二度目のを, 今度は, 伊之助は, 其の念, 其の白骨, 其生涯は, 前に, 吟味する, 夫で, 小説は, 屍体を, 早速東京, 早速私, 死んだ若草, 生きて, 生れるの, 直ぐに帰れ, 知られて, 私も, 罪を, 葬式に, 言ふわ, 誰に

▼ 死んだそう~ (47, 0.5%)

8 だ, です 6 だが 3 でございます, ですね 2 である, ですよ, で今, な

1 [11件] じゃ, だから, だけれども, だと, だとか, だな, で, ですから, ですが, でどこ, で急

▼ 死んだとき~ (46, 0.5%)

2 いて, に彼, のこと

1 [40件] いたらほっと, いたら嫌, いてから, おちかは, お艶, が六十四歳, そのまま芸者稼業, その屍, である, にその, にはこれ, にはひそか, にはマラリア, には大山守皇子, には汚れた, には自分, には香爐, にまとつ, にもやはり, にも私, に南部, に芥川夫人, に誰, に貰った, の, のまま, はオレ, は全く, は妻, は妾, は棺桶, は百歳, は直ちに, は金, までしまつ, もちつ, 冷たい額, 正夫人ふり姫, 泣いて, 遂に保

▼ 死んだ~ (45, 0.5%)

4 のこと 2 のお, の来る, の死骸

1 [35件] が, がどう, が好き, が帰っ, が幸, が悲鳴, が隱, である, とは繼, と一緒, と主人, に岡惚れ, のいふ, の事, の右, の名, の声, の寢, の床, の形見, の後, の心, の恋人, の懷ろ鏡, の持ち, の敵, の棺, の赤い, の顔, の魂, はしばらく, は親方, もよく, も本当, や彼

▼ 死んだほう~ (43, 0.5%)

15 がいい 13 がまし 4 がよい 2 が増し, が幸福 1 がこの, がどの, がなんぼ, がめんどう, がよう, がよかっ, が好かっ

▼ 死んだ~ (42, 0.5%)

62 でございますが, のその, の北海丸, の小

1 [28件] だが, だがと, だし, だッ, である, でした, です, なのに, の主人, の僕, の千之助, の友人, の坑夫, の夫, の妻, の娘, の小森安吉, の峯吉, の彼, の書記, の末, の梅子, の機関大尉, の浅川監督, の稚, の義眼, の赤沢医師, はない

▼ 死んだかも~ (39, 0.4%)

4 知れない 3 知れません 2 しれないと, しれないわ, 知れず淫売, 知れん

1 [24件] お調べ, しれない, しれないから, しれないからねえ, しれないねえ, しれないの, しれないのね, しれないよ, しれぬと, わからずおまけ, わからねえ死に方, 何も, 分らないといふ, 分らん, 知らねえん, 知れないあの, 知れないと, 知れないといふ, 知れないね, 知れない長生き, 知れぬ, 知れぬの, 知れませんと, 知れませんわ

▼ 死んだ~ (38, 0.4%)

2 がある, にし, も聞知つて

1 [32件] がない, がよく, が何故か, さえまだ, だけを傳, であつ, であると, なぞかま, には一点, に定まりました, に間違, は何時, は前, は甚, は知っ, は薩軍, も事実, も気付い, も知ら, も知らず, も郷国, も郷國, や母, より確か, を世界中, を何所, を其の, を新聞, を知っ, を知らし, を聞く, を語る

▼ 死んだ~ (37, 0.4%)

2 の顔

1 [35件] が, がある, がむかし, がわるい, が一人, が恋いし, が生き返っ, が転がっ, だろうと, ではない, でもある, との二つ, と寝た, なんぞ送りつけやがっ, になっ, に太宰, に惚れられた, の人, の墓, の幼馴染, の所天, の言, の霊, の顏, の骨, はあつ, はチュデル鬼, は児島亀江, は好い, は日本橋材木町, は死ん, は詩, を庇護, を次の間, 異人は

▼ 死んだ女房~ (37, 0.4%)

3 の妹 2 のこと, の姿, の後釜

1 [28件] お梅, が夜業, が夢, が嫁, が私, が衣裳, でござるよ, なども冗談, に一ばん因縁, に一分, のやう, の供養, の夢, の幽霊, の床, の新, の死顔, の生家, の甥, の笑い声, の親爺, の追善, の遠縁, の遺言, は恐らく, は汚, もどの, 古井戸

▼ 死んだ~ (37, 0.4%)

2 だとか

1 [35件] からだ, からちょうど, から煙草, か前, か翌日, が十三日, だから, だったね, だってそう, であった, です, で丁度一年前, と其死, にお, にはどうも, には涅槃像, には誰, にゃあ, にゃ犬猫, に例, に千頭家, に穢い, に見た, に酒樽, のこと, の朝, の翌日, は闘牛, もう一人, も恐らく, も海, も猿沢, や刻限, よ昨日, 小さい鯉

▼ 死んだはず~ (34, 0.4%)

54 だが 2 のお, の老儒者

1 [21件] じゃない, と聞い, のおまえ, のエ・ツーカ・シュー, のレンスキイ, の主人孫右衛門, の伊賀, の勘兵衛, の宇津木, の怪物, の恒藤権右衛門, の村, の楠木兵, の源三郎, の為さん, の赤格子, の運転士イバンス, の阿, の馬面, の高坂三伝, はありません

▼ 死んだ主人~ (33, 0.4%)

2 の弟

1 [31件] がお, がやかましく, が一人, が戻った, といふの, とは三十近く, と兄弟, にお伴, によく, に対してすまない, のこと, の一粒種, の世話, の善兵衞, の太, の孫右衛門, の後, の後添, の徳次郎, の手箱, の法要, の甥, の病氣, の短刀, の評判, の遺言状, の隱, の音次郎, は妙, もさぞ, を守る

▼ 死んだ~ (33, 0.4%)

19 になっ

1 [14件] でフラフラ, で出す, で家, で探させるが, で数年, で生き, で逃げ廻っ, で頭, になったら, になっちまう, になら, になる, のお, の伝二郎

▼ 死んだ父親~ (33, 0.4%)

2 が彼, の少し, の縁故

1 [27件] からさんざん, が夢枕, が愚か, が望ん, が果すべき, だってまた, である, でもまた, とこの, と母親, のあの, のこと, のエフィーム・ステパーノフ, のマクシム, の写真, の形見, の忠実, の棺, の罪悪, の通夜, の遺命, は実は, は指物師, は気, も浮び切れません, を引きずっ, を苦しめ

▼ 死んだとは~ (30, 0.3%)

2 思えません, 思われない, 氣が

1 [24件] いえないの, どういうこと, どうしても思えなかった, よほどの, 伸子に, 何だか夢, 偽りであった, 嘘の, 始めて聴く, 少々ふかく, 思いません先刻, 思えない, 思えないよう, 思えませんよう, 思はれないお前, 思へませんが, 思われずどこ, 悔い嘆くまい, 断定できない, 気の毒千万な, 知らずに, 知らないつれ, 知らなかったこと, 私には

▼ 死んだ~ (30, 0.3%)

7 違いない 4 相違ない 2 しては, 違ひない, 間違ひ

1 [13件] かかわらず音楽史上, しても, すぎなかろう, ひとしい, 不足は, 就いて, 相違ねえ, 相違有るまい, 違いありません, 違い無い, 違えねえ骨, 間違いない, 間違ひなく

▼ 死んだ~ (30, 0.3%)

3 もいる 2 の年

1 [25件] が, があっ, が再生, が可哀そう, が器量, が生き返りで, とあなた, にまさった, に十三, に娶, のこと, の代わり, の傍, の冷たい, の可愛い, の様, もある, を悲しん, を悲しんだ, を悼ん, を我が身, を抱いてる, を持ち帰っ, を行く, 烏の

▼ 死んだ子供~ (29, 0.3%)

2 のこと, の物

1 [25件] がもう一度, が永久, じゃない, ではありませんでした, になれ, に代, に対しつれなかっ, に逢ひたい時, の上, の側, の墓, の声, の姿, の拒否, の死骸, の母, の身体, の過去, の顔, の魂, は空葬, も, や流産, を生き返らし, を神さま

▼ 死んだ人たち~ (27, 0.3%)

14 の嘆き 3 のこと 1 が磨石, だと, のうらみ, の想い出話, の最期, はその後, は正直, は知っ, ばかりで, をなぐさめます

▼ 死んだ親父~ (27, 0.3%)

2 の志

1 [25件] から聞きやがった, がそう, がド, が彼女, が知, が道樂, というの, と俺ん, にとっては真実, にも申訳, に済まない, の位牌, の借金, の口癖, の引き合わせ, の形見, の後継ぎ, の無, の遺言, の遺言通り, もお袋, もこいつ, もそれ, も赤い, を持ち出す

▼ 死んだ~ (26, 0.3%)

2 同じよう, 同様な, 同然だ, 同然に, 同然の

1 [16件] おなじい, ござる, のらの, 同じこと, 同じだ, 同じもの, 同じ事, 同様だ, 同様であった, 同様である, 同然, 同然です, 同然な, 同然なり, 同然貴方は, 奇だ

▼ 死んだその~ (25, 0.3%)

2 子の, 晩に, 男の

1 [19件] むすめさんたち, 人と, 人の, 声の, 女に, 悲しみなぞと, 日から, 日の, 死体を, 死骸が, 片われ, 生涯の, 細君が, 葬式に, 葬式の, 血に, 角力取りは, 遺物だ, 面桶の

▼ 死んだ~ (25, 0.3%)

2 が花束, とか歴史, のこと, は魂

1 [17件] がそんなに, がどうして, が一人, が一番, が丈夫, が地獄, が死に, と鰒, なん, に反感, の方, の次ぎ, の詮議, は, は仕合せさ, は生き, をも一度

▼ 死んだ母親~ (25, 0.3%)

4 のこと 2 の顔

1 [19件] がナースチャ, であった, との生活, と夫婦, と庄谷, にそっくり, に似た, に聞かせたい, のいる, の事, の叔母, の嫁入り道具, は暇, は醫者, もかねがね, をなつかしく, を呼ん, を恋しく, を求め

▼ 死んだ~ (24, 0.3%)

2 が嫂, のこと

1 [20件] がなかなか, が熊, が髪の毛, だったので, であった, で品子姐さん, とは単なる, にすまなく思う, にそっくり, にたいする父, にも生き, に似た, の事, の亡霊, の傍, の功績, の奈保子, の手前, の顔, はこんなに

▼ 死んだ~ (24, 0.3%)

2 になっ, に身動き

1 [20件] なもの, な寂寞, な氷屋, な沈黙, な色, な静寂, な静止, におし黙っ, になった, に低頭, に力, に動かず, に動かない, に動かなくなった, に寝, に真黒, に眠つて, に突伏, に粧い, に青ざめ

▼ 死んだ~ (23, 0.3%)

2 の面影

1 [21件] からもよく, から持越し, がなお, が気の毒, というの, などは殊に, にそっくり, に恩, のこと, のところ, の傍, の子, の形見, の晴れ着, の末, の聟, の身の上, の身代り, はよく, よくもの, をお

▼ 死んだ~ (23, 0.3%)

4 のよう 2 などが彼, のそれ, のやう, の眼

1 [11件] が光る, が發光, などには無, などに無, のうるんだ, の様, の網膜, の腹, の鰭, は白い, ばかりでない

▼ 死んだつて~ (22, 0.3%)

3 いいよう 2 いいぢ, いいとまで, なん, ね

1 [11件] いいの, えこと, も誰, 何だつて関, 化けて, 死んだつて, 泣く奴, 泣く者, 生きて, 遅くは, 驚くもん

▼ 死んだ~ (22, 0.3%)

2 からそんな, と一緒, などは夫人, の娘

1 [14件] とそっくり, とは大学, とよう, に似, に対しても申し訳, のこと, のほか, の佐太郎, の唐棧, の息子たち, の追福, の遺言状, はお, も尊敬

▼ 死んだ青年~ (22, 0.3%)

3 の父 2 に対して特殊, に対する哀悼, に対する責任感, の妹, の学友, の手記, の葬儀, の許し 1 が背負っ, の顔, は背中

▼ 死んだお母さん~ (21, 0.2%)

1 [21件] からもらった, があった, が住ん, さえあれ, にも冷たい, に生き, のお, の來, の子供, の影, の気持, の知り合い, の聲, は仲之町, は柳橋, は私, は自分, もよろこぶだろう, を思い出し, 死んだ, 死んだお母さん

▼ 死んだふり~ (20, 0.2%)

14 をし 2 などし 1 する虫, や腹, をする, をすれ

▼ 死んだ~ (19, 0.2%)

2 のため

1 [17件] が不意, が生き返る, と暮し, にすみません, に殉ずる, のし, の一週忌, の仕事, の側, の兄弟, の幻影, の残した, の米吉, の血, の記憶, の話, を哀しむ

▼ 死んだ~ (19, 0.2%)

2 の体

1 [17件] が返るで, と同じ, にあなた, のこと, の事, の仇打, の保, の宗次, の書斎, の次, の死, は私, への懺悔, やらいぜん, よりも間, を忘れ, を思へ

▼ 死んだかと~ (18, 0.2%)

1 [18件] いうと, いわれて, おもって, 云う事, 信じかねた, 思いました, 思うと, 思えば, 思った, 思ったの, 思ったらまた, 思って, 思ふやう, 恨みごとが, 私は, 考へられその, 衛門督が, 言う事

▼ 死んだとか~ (18, 0.2%)

2 で俄, 生きたとか

1 [14件] した時, そういうこと, そんな事, そんな話, で京橋, で今, とくに死ん, みそり, シェクスピヤの, 不吉な, 云うこと, 色々の, 誰は, 馬が

▼ 死んだのに~ (18, 0.2%)

3 相違ない

1 [15件] あつし一人腹, あの男, それでも陳腐, ちがいない, 僕が, 六十ばかりの, 囮を, 娘を, 屆ける, 彼女が, 誰が, 違いない, 違いないでしょう, 違ひないちて, 遠くなり

▼ 死んだとも~ (17, 0.2%)

2 消息を

1 [15件] いいあるいは, いえば, その辺, なく遠く遠く, 云ひ, 何ともハッキリ見とどけねえ, 分らなかった, 孔雀を, 思はれない, 思はれません, 斬られたとも, 生きて, 申します, 言ふ, 言わず生きたとも

▼ 死んだ~ (17, 0.2%)

4 のこと 2 の声

1 [11件] に似, のおも, のため, の二人, の名前, の娘, の嫁ぎ, の言葉, はやはり, を, を思い出します

▼ 死んだとて~ (16, 0.2%)

2 同じ墓

1 [14件] それが, それで, ただそれっきり, とてもすぐ逢い, わが身の, わしの, 何にも, 妻子の, 安心が, 当人も, 恨を, 悲んで, 直接は, 軽輩に

▼ 死んだ亭主~ (15, 0.2%)

1 [15件] から手紙, がおら, が持つ, が此, が泣きました, でこり, と幸福, と違っ, に義理, の仙八, の名, の墓, の怨み, の魂, は全

▼ 死んだ人々~ (15, 0.2%)

1 [15件] だった, とたえず, と意見, に同情, に対してはだれ, のうち, のこと, の名, の影, の怨霊, の骨, の魂, は生き, は皆それそれ, へ対し

▼ 死んだ場合~ (15, 0.2%)

1 [15件] でも遠慮なく, とは違っ, にはわたし, にはジェイムズ・ミリガン氏, には三年以下, には前, には剥製用, には大概, にも私, に余り, に魂, のうち, はたとえ, は三年, は家禄没取

▼ 死んだ~ (14, 0.2%)

1 [14件] この間素子が, それに, ハンターは, 勝も, 勝太郎さんは, 大勢死んだ, 幾人もの, 弱い家庭, 彼としては, 彼の, 火は, 私と, 芳夫は, 長の

▼ 死んだつもり~ (14, 0.2%)

2 でいた, になっ 1 でいる, でなら, でやつ, で地獄, で横ちょ, で生き, で祖国日本, で顔, になる, にウッチャらかし

▼ 死んだところ~ (14, 0.2%)

2 で娘

1 [12件] がない, がなく, だ, でその, でそれ, で世の中, で俺, で別にもう, で墓一つ, で大した, で酔余, なの

▼ 死んだまね~ (14, 0.2%)

8 をし 2 して 1 ちっ, や腹痛, をしとったら, をする

▼ 死んだお前~ (13, 0.1%)

2 だらうか, の目, も僕 1 が僕, が現れ, が遙, のあまり, の兄, の霊, はこれから

▼ 死んだため~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] いよいよこの, にいくら, にこの世, にその, によんどころなく, に妻, に家, に少し, に幸福, に懺悔滅罪抜苦功徳, に此

▼ 死んだとしても~ (13, 0.1%)

3 彼は 1 いい, この草案, これだけに, それは, とにかく人間, 五秒そこに, 会社は, 伸子は, 学校は, 心中じゃあねえ

▼ 死んだ父母~ (13, 0.1%)

4 の面影 2 の外, の通り 1 に代るべき, に対して済まない, に暇乞い, のこと, を再び

▼ 死んだ細君~ (13, 0.1%)

1 [13件] から結核, そっくりである, と知合, にその, にどこ, の代り, の伯母さん, の写真, の妹, の知合, は永遠, は浮ばれない, は自分

▼ 死んだ~ (13, 0.1%)

2 には唯

1 [11件] でうまい, では, では倅, でも依然として, で余計, には道綱, にも残つて, に病気, のよう, の越前屋, を弔っ

▼ 死んだのち~ (12, 0.1%)

2 におなじ 1 たうとう, にあばき立てる, にはかならず, に物部守屋, に踏む, の彼, の日, はいかに, はもう, も忘れない

▼ 死んだ二人~ (12, 0.1%)

1 [12件] のほか, の唇, の女, の姉さん, の子供, の武士, の為, の科学者, の芸者, の若者, の遺族, は藤田みね子

▼ 死んだんぢ~ (11, 0.1%)

6 やない 2 やありません 1 やあるまい, やねえ, や無

▼ 死んだ~ (11, 0.1%)

6 となつて 3 となっ 1 となつ, は民弥

▼ 死んだ振り~ (11, 0.1%)

6 をし 1 して, でもし, の形, をします, をする

▼ 死んだ自分~ (11, 0.1%)

3 の子供 1 が又, にはわかろう, の兄, の娘, の子, の父, を, を人

▼ 死んだお父さん~ (10, 0.1%)

2 のこと 1 が草葉, にあえたであろう, にお祈り, にもわびました, にも済まなく, の位牌, もいい, を喜ばせる

▼ 死んだひと~ (10, 0.1%)

2 のこと 1 が手紙, にすまない, にとっても生き, にはかな, の事, の六十パアセント, の肉筆, の追憶

▼ 死んだ知らせ~ (10, 0.1%)

1 がいちばん, が来, が来た, ではなかろう, に接し, に違い, をうけとっ, をモスク, を出す, を聞いた

▼ 死んだ~ (10, 0.1%)

2 から遺された 1 じは, ぢやと, にでも逢った, には親不孝, の名誉, の声, を慕う, 姉の

▼ 死んだお袋~ (9, 0.1%)

1 がよう, が肌守, が處理, に済むめえぜ, のこと, の手, の處, の遺言, はさ

▼ 死んだわけ~ (9, 0.1%)

2 でも 1 がさ, じゃあない, じゃありません, じゃある, だ, であって, である

▼ 死んだ~ (9, 0.1%)

1 である, には八〇〇頭, に生れた, に発行, に關, の, の二月二十二日, の小作米, 即ち明治四十三年

▼ 死んだ~ (9, 0.1%)

1 のこと, の兄, の懐ろ, の父, の菊之助, の言葉, は死んだ, れが, をかわいそう

▼ 死んだ真似~ (9, 0.1%)

6 をし 1 でもしろ, をした, をする

▼ 死んだ~ (9, 0.1%)

3 の父 1 の兄, の女房, の家内, の母, の義兄, の里

▼ 死んだ~ (9, 0.1%)

1 があった, であった, ですから, と生きた, には天狗, に一々, に神経質, をし, 青い死神

▼ 死んだ~ (9, 0.1%)

2 の肉 1 あ燒, が侠客, が布一反, の, の始末, をかつい, 之助

▼ 死んだばかり~ (8, 0.1%)

2 だから, ですから 1 では, でまだ, で今日, なのよ

▼ 死んだやつ~ (8, 0.1%)

2 さ, は死んだ 1 なん, の後釜, は間抜け, を生かし

▼ 死んだんで~ (8, 0.1%)

1 え, ここに, これからお, せうか, せうね, せうよ, 作は, 柴野と

▼ 死んだ~ (8, 0.1%)

1 その父親, はお, は三百兩, は吉三郎さん, は変り, は生き, は相当, わざわざそれ

▼ 死んだ兄さん~ (8, 0.1%)

2 のお 1 があの, がもしや, だって冥土, だつて, と蓮華寺, への大切

▼ 死んだ~ (8, 0.1%)

1 主人が, 主人と, 主人重兵衞も, 作家は, 国主や, 数学者の, 旦那の, 旦那様の

▼ 死んだ家内~ (8, 0.1%)

2 の話 1 が拵ら, と下女, なん, にでも会う, の治療, もお

▼ 死んだ恋人~ (8, 0.1%)

1 が普通, によく, のお萩, のゆかり, の病気, の義父, をフォビヤ, を見た

▼ 死んだ~ (8, 0.1%)

1 である, な雲, にかくして, に仰, に力, に動かない, に突伏, に見せかけ

▼ 死んだ祖母~ (8, 0.1%)

1 が言つて, と二人きり, と大して, に向っ, に手, のこと, の枕, も生さぬ仲

▼ 死んだ老人~ (8, 0.1%)

2 というの 1 だという, って奴, とはまるきり, の声, の末弟, を甦らせる

▼ 死んだ~ (8, 0.1%)

1 が伴う, などは, は聞い, も聞いた, をした, をする, を吉原, を泣く泣く

▼ 死んだ金魚~ (8, 0.1%)

2 は外 1 が三匹, が道ばた, のこと, もぼ, をうらん, を庭

▼ 死んだかの~ (7, 0.1%)

5 ように 1 憎むべき女, 老僧

▼ 死んだからって~ (7, 0.1%)

1 あれが, 問題は, 嫂さんが, 平等という, 日本や, 蔦が, 言訳が

▼ 死んだ~ (7, 0.1%)

3 うに御座んす, うに聞ました 1 うぢ

▼ 死んだとの~ (7, 0.1%)

1 ことである, ウワサが, 事だ, 事です, 悼み言釜貞は, 知らせを, 通知を

▼ 死んだとばかり~ (7, 0.1%)

3 思って 1 おもつ, 思いこんで, 思ってたのに, 思われて

▼ 死んだ~ (7, 0.1%)

1 がある, がなかっ, が有る, はいくら, はねえ, は一つ, ももとより

▼ 死んだ先妻~ (7, 0.1%)

4 の子供 1 があった, には大学生, のお

▼ 死んだ~ (7, 0.1%)

1 が見たくなる, だ, とあなた, の柩, の為, の魂, の齢

▼ 死んだ彼女~ (7, 0.1%)

1 が好き, とは逆, にはそれ, の夫, の母, の父親, も死んだ

▼ 死んだ~ (7, 0.1%)

3 になつて 2 になら 1 で働かう, になつ

▼ 死んだ~ (7, 0.1%)

1 が生き, と同じ, のため, の亡骸, の子, の断末魔, をその

▼ 死んだ良人~ (7, 0.1%)

1 がこの, が小さい, に逢う, の, の親友, の顔, も娘

▼ 死んだ言葉~ (7, 0.1%)

1 が生き, であると, と云, もございます, やその他特殊, をば使つて, を使つて

▼ 死んだ~ (7, 0.1%)

1 か, があつまる, がこの世, が直, の前, の市場, を慰め

▼ 死んだからと~ (6, 0.1%)

3 いって 1 いうて, 云つて髪を, 言って

▼ 死んだけれども~ (6, 0.1%)

2 俺は 1 大変殿様の, 死んだもの, 母は, 第二

▼ 死んだ先代~ (6, 0.1%)

1 の丸一, の主人, の柳條さんたち四, の權右衞門, の著した, の頃

▼ 死んだ~ (6, 0.1%)

4 の日 1 の細君, 首相の

▼ 死んだ~ (6, 0.1%)

1 がねたましく, とその, のため, の手跡, も一人一, をことごとく

▼ 死んだ友人~ (6, 0.1%)

1 の, のこと, のため, の一人娘, の愛した, の某

▼ 死んだ友達~ (6, 0.1%)

2 の墓 1 の, の一人娘, の遺著, 死んだ仲間

▼ 死んだ~ (6, 0.1%)

1 からさみだれ空, からナタン夫人, という, にそこ, に姉さん, の人

▼ 死んだ母さん~ (6, 0.1%)

5 後母さん 1 も好き

▼ 死んだ~ (6, 0.1%)

2 と言う 1 だった, とは思はなかつた, に五百両, に東京

▼ 死んだ父様~ (6, 0.1%)

3 のお 1 に対して済みましねえ, に恩返し, の丹誠

▼ 死んだ青木君~ (6, 0.1%)

2 から遺, に対する僕, の事

▼ 死んだ~ (6, 0.1%)

1 あの仁, と同じ, には森田家, の父上, はその, より今日

▼ 死んだかという~ (5, 0.1%)

1 ことと, ことについては, ことをも, 事については, 疑いだった

▼ 死んだとしか~ (5, 0.1%)

2 書いて 1 思えないでは, 思はれない樣子, 見えない

▼ 死んだとでも~ (5, 0.1%)

1 いう事, いう脆弱い, 思って, 脚気が, 言ふなら

▼ 死んだなんて~ (5, 0.1%)

1 え噂, ケチな, 嘘です, 大騷, 言いましたい

▼ 死んだまま~ (5, 0.1%)

2 立って 1 で止っ, に唖, 生きかえらないの

▼ 死んだものの~ (5, 0.1%)

2 たましい 1 ごとくに, 如く静か, 生きたがった心持

▼ 死んだもん~ (5, 0.1%)

1 が何で, じゃけん, だの, だわ, と定めとりました

▼ 死んだ人達~ (5, 0.1%)

1 ではない, の十字架, の後生, の話, も生き

▼ 死んだ以上~ (5, 0.1%)

1 ちっとも恐しく, どうして死んだ, は文句, は無事, は町

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

1 が横浜, が生き返る, の事, の色文, もそれ

▼ 死んだ伯父~ (5, 0.1%)

1 が愛用, に対して済まない, の話, の跡, は

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

1 につきやられ, のこと, のよう, の思い出, を崇高

▼ 死んだ夫人~ (5, 0.1%)

1 ののこした, の人力車, の由紀子, の追憶, は病弱

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 供の 1 艶の, 艶も, 魚を

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

1 が手, はその, は是, を六十歳, を送っ

▼ 死んだ息子~ (5, 0.1%)

1 に会う, の命日, の親許, の読んだ, の靈

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 には差当り頼り 1 にそれ, に十八名, に奴婢百余人

▼ 死んだ時分~ (5, 0.1%)

1 からと言, からと言い直すべき, だけ土葬, には誰, へかけ

▼ 死んだ樣子~ (5, 0.1%)

4 です 1 はありません

▼ 死んだ死骸~ (5, 0.1%)

1 に思いきり, のよう, の骨, をブラ, を喰っ

▼ 死んだ爺さん~ (5, 0.1%)

1 が生き, が謡い御座った, に頼まれました, はそれ, は一体

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 で塞がっ, らしい, 干の

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

1 のたま, のよう, の魂, は生き, を埋め

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 には風, のよう 1 であり彼

▼ 死んだ祖父~ (5, 0.1%)

1 が使った, に当る, の事, の話, は毎晩

▼ 死んだ若い~ (5, 0.1%)

1 婦人の, 師匠と, 旅人が, 棋士が, 男が

▼ 死んだ若草~ (5, 0.1%)

1 に意見, に死んだ, の怨み, は勤め, を生き

▼ 死んだ藤兵衞~ (5, 0.1%)

1 が繪圖面, の外, の大事, の家, へ繩

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 が生じろく, の生き返る, の神経

▼ 死んだ赤ん坊~ (5, 0.1%)

1 が来た, が自分, についてはなお, の印象, らしいもの

▼ 死んだ身体~ (5, 0.1%)

1 で渡れぬ, に人工心臓, の解剖, へ乗り, を葬り

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 の多彩 1 に雪, の肉, を見つめ

▼ 死んだ~ (5, 0.1%)

2 を買いません 1 でも黄, は無論, を買う

▼ 死んだあの~ (4, 0.0%)

1 岡田は, 相良寛十郎てえ, 若侍, 青年が

▼ 死んだおじいさん~ (4, 0.0%)

1 がいった, が生き返る, とはようす, のこと

▼ 死んだおふくろ~ (4, 0.0%)

1 が乗り, が嫁, と申す, にいっぺん

▼ 死んだけれど~ (4, 0.0%)

1 おっ母, だれも, 家からは, 彼の

▼ 死んだこの~ (4, 0.0%)

1 人も, 娘の, 家は, 林を

▼ 死んだじゃ~ (4, 0.0%)

3 ないか 1 ないかね

▼ 死んだだけ~ (4, 0.0%)

1 であります, では, で焼けても, なのに

▼ 死んだとかいう~ (4, 0.0%)

1 ことを, 場合にも, 者が, 話を

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 信心の, 嘘か, 活きたは, 誰れな

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 け, て, て化け, て未来

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

2 だ本当に 1 だ, だらう

▼ 死んだ世界~ (4, 0.0%)

1 でこそ美しい, ですよ, なん, へ行っ

▼ 死んだ九鬼~ (4, 0.0%)

2 が自分, に似

▼ 死んだ乳母~ (4, 0.0%)

1 から聞かされた, が遺言, に伴つて, の倅

▼ 死んだ仲間~ (4, 0.0%)

1 のこと, のため, の分, の所有

▼ 死んだ兄貴~ (4, 0.0%)

1 とあの, にそっくり, に対するせめて, の典馬

▼ 死んだ四人~ (4, 0.0%)

3 の妾 1 の手

▼ 死んだ場所~ (4, 0.0%)

1 に出る, は肥後城東, へ八五郎, へ案内

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

2 を見ました 1 を見, を見る

▼ 死んだ夫人さん~ (4, 0.0%)

2 の若い 1 の古い, の手紙

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 がある, でございます, で着物, も洗禮

▼ 死んだ師匠~ (4, 0.0%)

1 からこの, の娘, の通り, は生き

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

2 惣の 1 惣と, 惣は

▼ 死んだ彦太郎~ (4, 0.0%)

2 の娘 1 の幽, の筆跡

▼ 死んだ従兄~ (4, 0.0%)

1 についていろいろ, のこと, の弘, も一度

▼ 死んだ愛人~ (4, 0.0%)

1 などもよく, に対して非常, の彰子, を阿弥陀仏

▼ 死んだ文吉~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 が云っ, が言っ

▼ 死んだ死体~ (4, 0.0%)

1 がその, の影, は解剖, を調べる

▼ 死んだ父さま~ (4, 0.0%)

1 に似, の達者, の遺言, も嘸

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 の掘, やだってそれから, やという, やの顔

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 だから, ぢや, で, ですよ

▼ 死んだ積り~ (4, 0.0%)

2 になっ 1 で量, なら一晩位ここ

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 がはまつたら, のやう

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 が一匹, が生き返っ, を四十, を見出した

▼ 死んだ覚え~ (4, 0.0%)

1 がある, はありません, はあるまい, はない

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

2 なん 1 となった, と思い極め

▼ 死んだ部屋~ (4, 0.0%)

1 だという, だよ, でございます, で皆んな氣味

▼ 死んだ~ (4, 0.0%)

1 でも食, の尻尾, は相手, をうやうやしく

▼ 死んだおやじ~ (3, 0.0%)

2 に似 1 の顔

▼ 死んだお婆さん~ (3, 0.0%)

1 に遇った, の娘, を見た

▼ 死んだかて~ (3, 0.0%)

1 幸福や, 本望どす, 構うこと

▼ 死んだそれ~ (3, 0.0%)

1 がこの, は私自身, を聞い

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 つまらなく弱い奴, 無駄死に, 詰らなく弱い

▼ 死んだには~ (3, 0.0%)

1 相違ない, 違ひありません, 違ひない

▼ 死んだ両親~ (3, 0.0%)

1 に云い聞かせられ, の全, の恨み

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

2 に細く短い 1 にぴんぴん

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 に差し上げる, のあと, の事

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

2 の母 1 の祖父

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 が途, に触れぬ, を見つけるだろう

▼ 死んだ内儀~ (3, 0.0%)

2 を始め誰 1 のお

▼ 死んだ判事~ (3, 0.0%)

1 があった, の事件, の問題

▼ 死んだ原因~ (3, 0.0%)

1 はやはり, は普通, も決して

▼ 死んだ叔母~ (3, 0.0%)

1 から伝わった, に申し訳, の思い出

▼ 死んだ叔父さん~ (3, 0.0%)

1 のこと, の追善供養, も浮ばれない

▼ 死んだ和助~ (3, 0.0%)

1 が可哀想, の死体, の非難

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 が何処, で持ちきっ, の消えた

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 に建安, の行動, 日ごろは

▼ 死んだ奥様~ (3, 0.0%)

2 を櫓 1 に未練

▼ 死んだ妹さん~ (3, 0.0%)

1 のせゐに, の子供, はあんた

▼ 死んだ姉さん~ (3, 0.0%)

1 には逢った, のこと, も死んだ

▼ 死んだ婆さん~ (3, 0.0%)

1 に似た, は何一つ, へ気

▼ 死んだ婦人~ (3, 0.0%)

1 の屍体, の怨魂, もあります

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 あのフヴェーシカ, が真夜中, よりも俺

▼ 死んだ孝一郎~ (3, 0.0%)

1 が寝かせ, の十二, の母親

▼ 死んだ小僧~ (3, 0.0%)

2 の倉松 1 の友吉

▼ 死んだ少年~ (3, 0.0%)

1 の左胸部, の顔, は村

▼ 死んだ年造~ (3, 0.0%)

1 に対して人々, の魂, は焼き場

▼ 死んだ当時~ (3, 0.0%)

1 の状況, の表情, は非常

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 主人の, 家来さんの, 新造

▼ 死んだ思想~ (3, 0.0%)

1 が再び, に捉, を活かそう

▼ 死んだ時父~ (3, 0.0%)

2 は貧乏時代 1 は私

▼ 死んだ武者修行~ (3, 0.0%)

1 がその, の奉公人, の頼み

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 かなしいもう, である, を告げる

▼ 死んだ由紀子~ (3, 0.0%)

1 とよく, なの, の指紋

▼ 死んだ男の子~ (3, 0.0%)

1 の墓, は曾, を清子

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 になっ, の像, の女

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 がみな, の死骸, の肉

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

2 です 1 を敢

▼ 死んだ翌年~ (3, 0.0%)

1 に出た, の二月, の寛政五年

▼ 死んだ花魁~ (3, 0.0%)

1 に死んだ, の位牌, の恨み

▼ 死んだ若旦那~ (3, 0.0%)

1 が返る, の弟, の色文

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 の魂, を見せられ, を見る

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 である, ではない, と云う

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 だナ, では, も全く

▼ 死んだ詩人~ (3, 0.0%)

1 だ, ですが, や革命家

▼ 死んだ赤坊~ (3, 0.0%)

1 の弟, の顔, を彼

▼ 死んだ赤子~ (3, 0.0%)

1 の片足, はやがて, を谷中

▼ 死んだ過去~ (3, 0.0%)

1 でしょう, のうち, の人間

▼ 死んだ~ (3, 0.0%)

1 から教わった, が素晴らしく, に変りかかっ

▼ 死んだ隱居~ (3, 0.0%)

1 の勘兵衞, の身, の配偶

▼ 死んだあるじ~ (2, 0.0%)

1 にひどく, の生前

▼ 死んだおじさん~ (2, 0.0%)

1 の文庫, はおれたち

▼ 死んだお方~ (2, 0.0%)

1 が甦る, はどなた

▼ 死んだお松~ (2, 0.0%)

1 が一時, だ一緒

▼ 死んだお爺さん~ (2, 0.0%)

1 がその, というの

▼ 死んだお祖母さん~ (2, 0.0%)

1 が夢, に似

▼ 死んだお蔭~ (2, 0.0%)

1 だ, で他人

▼ 死んだかい~ (2, 0.0%)

1 おやおや女, こを

▼ 死んだからとて~ (2, 0.0%)

1 その責任, 十年生き延びた

▼ 死んだかを~ (2, 0.0%)

1 演って, 調べること

▼ 死んだきり~ (2, 0.0%)

1 という信条, 起き上りませんでした

▼ 死んだぐらい~ (2, 0.0%)

1 でこう, で暑

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 な, なぞ

▼ 死んだことさ~ (2, 0.0%)

1 へ, へ知らない

▼ 死んだこれ~ (2, 0.0%)

1 だけの男, の母親

▼ 死んだころ~ (2, 0.0%)

1 からいくらか, とおじいさん

▼ 死んだしらせ~ (2, 0.0%)

1 をうけとっ, をうけとった

▼ 死んだしるし~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 死んだそして~ (2, 0.0%)

1 二人だけの, 若い女王

▼ 死んだためし~ (2, 0.0%)

1 が無い, はない

▼ 死んだつてかまはんの~ (2, 0.0%)

2

▼ 死んだつて関~ (2, 0.0%)

1 はない, ふもの

▼ 死んだとき十七~ (2, 0.0%)

1 であった美奈子, であつ

▼ 死んだところが~ (2, 0.0%)

1 チベット人は, 死の

▼ 死んだとたん~ (2, 0.0%)

1 にただ, にむかし

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 ウ此乞食ア

▼ 死んだなと~ (2, 0.0%)

2 思った

▼ 死んだなどとも~ (2, 0.0%)

1 云はれ, 報告され

▼ 死んだねずみ~ (2, 0.0%)

1 であるか, の処置

▼ 死んだほどにも~ (2, 0.0%)

1 思わないだろう, 悲しまずと

▼ 死んだほどの~ (2, 0.0%)

1 固い信者, 重治じゃ

▼ 死んだもと~ (2, 0.0%)

1 の主人, の芝雀

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 水鉢の

▼ 死んだよりも~ (2, 0.0%)

1 大きい苦痛, 苦しいこと

▼ 死んだわけぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 死んだわたし~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ 死んだツヤ子さん~ (2, 0.0%)

1 の一番好き, の形見

▼ 死んだフリ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 死んだ三吉~ (2, 0.0%)

1 でございました, で御座いました

▼ 死んだ三枝~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 死んだ三毛~ (2, 0.0%)

1 にそっくり, の実子

▼ 死んだ上あと幾人~ (2, 0.0%)

2 かは生死

▼ 死んだ上自分~ (2, 0.0%)

2 は一生奉公

▼ 死んだ不幸~ (2, 0.0%)

1 な金魚, な青年

▼ 死んだ事件~ (2, 0.0%)

1 を殺人事件, を見た

▼ 死んだ事実~ (2, 0.0%)

1 を平生, を知っ

▼ 死んだ今日~ (2, 0.0%)

1 が恰度葬式, でも何不足

▼ 死んだ仏文学者~ (2, 0.0%)

1 の福岡易, の福岡易三郎君

▼ 死んだ以上青木君~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 死んだ伊保木金太郎~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ 死んだ伊豆屋~ (2, 0.0%)

2 の虎松さん

▼ 死んだ伯爵夫人~ (2, 0.0%)

1 が自分, の思い出

▼ 死んだ伯父さん~ (2, 0.0%)

1 との関係, の形見

▼ 死んだ佐々木小次郎~ (2, 0.0%)

1 になり切っ, のため

▼ 死んだ佐原屋~ (2, 0.0%)

1 の主人甚五兵衞, を鞭打つ

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 うも, して

▼ 死んだ何百万~ (2, 0.0%)

1 かの男女両性, の兵隊

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の女房, の親爺

▼ 死んだ倉松~ (2, 0.0%)

2 と一緒

▼ 死んだ先生~ (2, 0.0%)

1 もおっしゃってた, も喜ん

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の着物, の顏

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 やさ, や銃弾

▼ 死んだ其の~ (2, 0.0%)

1 晩に, 跡を

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 だから, で仕方

▼ 死んだ処女~ (2, 0.0%)

1 だとばかり, で大抵

▼ 死んだ前後~ (2, 0.0%)

1 のいきさつ, の事情

▼ 死んだ勘兵衞~ (2, 0.0%)

1 の本, の身許

▼ 死んだ友だち~ (2, 0.0%)

1 の不断, は言った

▼ 死んだ同然~ (2, 0.0%)

2 死んでも

▼ 死んだ吾妻屋~ (2, 0.0%)

1 も気が付かなかったでしょう, も氣

▼ 死んだ周囲~ (2, 0.0%)

1 にさまざま, を取り巻く

▼ 死んだ坊や~ (2, 0.0%)

1 でありました, にすまない

▼ 死んだ報せ~ (2, 0.0%)

1 あり狂って, を聞い

▼ 死んだ報知~ (2, 0.0%)

1 が来た, を読んだ

▼ 死んだ夕顔~ (2, 0.0%)

1 に引かれる, のこと

▼ 死んだ夜黒田浅野加藤~ (2, 0.0%)

1 などという朝鮮以来三成, などといふ朝鮮以来三成

▼ 死んだ大倉喜八郎翁~ (2, 0.0%)

1 にそっくり, にそつくり

▼ 死んだ大川~ (2, 0.0%)

1 が手, は平常

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 の居る

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, はさすが

▼ 死んだ姫君~ (2, 0.0%)

1 が歩いた, に恋

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 が清元, のお

▼ 死んだ子分~ (2, 0.0%)

1 のこと, の名

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 に会いたく, の数

▼ 死んだ孫六~ (2, 0.0%)

1 の伜孫三郎, の倅孫三郎

▼ 死んだ実父~ (2, 0.0%)

1 の五百之進, の夢

▼ 死んだ實母~ (2, 0.0%)

1 があか金, もお

▼ 死んだ小鳥~ (2, 0.0%)

1 が母親, の毛

▼ 死んだ少女~ (2, 0.0%)

1 と今彼, に遇いたい

▼ 死んだ尼君~ (2, 0.0%)

1 が絶え間, の字

▼ 死んだ島田さん~ (2, 0.0%)

1 の事, の手当

▼ 死んだ左太松~ (2, 0.0%)

1 がお, の方

▼ 死んだ年齢~ (2, 0.0%)

1 が二人, に達し

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 死んだ後塩漬~ (2, 0.0%)

2 の上磔刑

▼ 死んだ後母~ (2, 0.0%)

1 と同じ, と母屋

▼ 死んだ愛妻~ (2, 0.0%)

1 と胎児, の死

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 る海軍大将, る美しい

▼ 死んだ支那兵~ (2, 0.0%)

2 が倒れ

▼ 死んだ故に~ (2, 0.0%)

2 彼等は

▼ 死んだ旦那~ (2, 0.0%)

1 が指した, の跡

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 くる年, くる朝

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の希臘人, の親友

▼ 死んだ時三十前~ (2, 0.0%)

2 の若い

▼ 死んだ時刻~ (2, 0.0%)

1 との差, に霊

▼ 死んだ時妻~ (2, 0.0%)

1 の依, 依羅娘子

▼ 死んだ時弔電~ (2, 0.0%)

2

▼ 死んだ時彼~ (2, 0.0%)

1 には食べる, の細君

▼ 死んだ時松太郎~ (2, 0.0%)

2 は無論

▼ 死んだ時自分~ (2, 0.0%)

1 の倅, の寺

▼ 死んだ時間~ (2, 0.0%)

1 であるちょうど, を持たなけれ

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 が又, にかがやく

▼ 死んだ栄太~ (2, 0.0%)

1 と親交, は助三郎

▼ 死んだ棟梁~ (2, 0.0%)

1 が氣, の拵

▼ 死んだ概念~ (2, 0.0%)

2 に過ぎない

▼ 死んだ権四郎~ (2, 0.0%)

1 にひどい, の名声

▼ 死んだ次兄~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 死んだ母御~ (2, 0.0%)

1 にそっくり, によく

▼ 死んだ水兵~ (2, 0.0%)

1 というの, のこと

▼ 死んだ沈黙~ (2, 0.0%)

1 であると, で彼

▼ 死んだ河田誠一真杉静枝~ (2, 0.0%)

2 などが同人

▼ 死んだ浦島~ (2, 0.0%)

1 が, に

▼ 死んだ浩一~ (2, 0.0%)

2 との事

▼ 死んだ海念坊~ (2, 0.0%)

2 の甥

▼ 死んだ源五郎鮒~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 死んだ源坊~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 死んだ爲三郎~ (2, 0.0%)

1 にも手傳, に對

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の皮, を曳い

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の口, の肉

▼ 死んだ玲ちゃん~ (2, 0.0%)

1 というの, の話

▼ 死んだ生活~ (2, 0.0%)

1 である, とある

▼ 死んだ田舎~ (2, 0.0%)

1 の寺, の祖母

▼ 死んだ番頭~ (2, 0.0%)

1 の娘, の配偶

▼ 死んだ病人~ (2, 0.0%)

1 のウミ, の遺族

▼ 死んだ直後~ (2, 0.0%)

1 に病床, のこと

▼ 死んだ相良寛十郎~ (2, 0.0%)

1 という御家人, なる人物

▼ 死んだ真理子~ (2, 0.0%)

1 につき語る, をながめた

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の弟, や双

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 にも考えやしない, 俺も

▼ 死んだ種子~ (2, 0.0%)

2 の衣類

▼ 死んだ立花博士~ (2, 0.0%)

1 の大, の汚名

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 が並ん, もう竹

▼ 死んだ網膜~ (2, 0.0%)

1 にも灯, の底

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 る日

▼ 死んだ老婆~ (2, 0.0%)

1 に宛てた, の遺産相続者

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 は食わない

▼ 死んだ肉体~ (2, 0.0%)

1 と同じ, を蘇らせた

▼ 死んだ芥川~ (2, 0.0%)

1 には直接関係, に感心

▼ 死んだ芳三~ (2, 0.0%)

1 の女房, も子供好き

▼ 死んだ芸妓~ (2, 0.0%)

1 が両手, の手

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 が二つ三つ, 之助

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

2 の三之助

▼ 死んだ藤六~ (2, 0.0%)

1 に似, の耳

▼ 死んだ蝦夷萩~ (2, 0.0%)

1 と瓜二つ, のこと

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 か, のよう

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 のよう, のゐない

▼ 死んだ行為~ (2, 0.0%)

1 であるかという, と生きた

▼ 死んだ親爺~ (2, 0.0%)

1 と二人, 似かして

▼ 死んだ角右衞門殿~ (2, 0.0%)

1 の枕元, の甥

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の死に, も彼

▼ 死んだ豊志賀~ (2, 0.0%)

1 が祟っ, の通り

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の墓, の為

▼ 死んだ軍人~ (2, 0.0%)

1 の怨霊, の魂

▼ 死んだ轟氏~ (2, 0.0%)

1 から秘密厳守, がパトロン

▼ 死んだ連合~ (2, 0.0%)

1 とが前, に似てる

▼ 死んだ配偶~ (2, 0.0%)

1 がそ, の側

▼ 死んだ長男~ (2, 0.0%)

1 の一彦, の玄太郎

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の母, の表情

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 の価, の祭壇

▼ 死んだ電報~ (2, 0.0%)

1 を受けとった, を東京

▼ 死んだ青木さん~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 死んだ青木淳~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 死んだ青木淳君~ (2, 0.0%)

2 の瑠璃子夫人崇拝

▼ 死んだ須々木乙彦~ (2, 0.0%)

2 がなつかしく

▼ 死んだ養子~ (2, 0.0%)

1 の喜三郎, の遺族

▼ 死んだ養父~ (2, 0.0%)

1 に恩返し, の玄洋

▼ 死んだ馬喰さん~ (2, 0.0%)

2 は婆さん

▼ 死んだ騷ぎ~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 死んだ驚き~ (2, 0.0%)

1 と悲しみ, の中

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 はつかひません, を焼く

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 がちかく, を岸寄り

▼ 死んだ~ (2, 0.0%)

1 のかわり, の兄

▼ 死んだ黒猫~ (2, 0.0%)

1 の幽, の幽霊

▼1* [1130件]

死んだわれな, 死んだあかつきは財産, 死んだあたしです, 死んだあといまの若い, 死んだあとおまえの家, 死んだあとそれ相当の空虚, 死んだあと万人ひとしく仰ぐ, 死んだあと久さんのおかみ, 死んだあと二人の孤児, 死んだあと何千年でもやっぱり, 死んだあと兄の忠宗, 死んだあと全集を出す, 死んだあと始末をし, 死んだあと父のため, 死んだあと独り残って, 死んだあと魚屋の店, 死んだあなたの言った, 死んだあるいは死んだと, 死んだあれの父親, 死んだいま見る空, 死んだいや殺されたと, 死んだおいらの姉さん, 死んだおかげで彼, 死んだおかみが座つて, 死んだおかみさんに似, 死んだおさな児へ, 死んだおとうさんの手, 死んだおととしの同じ, 死んだおばあちやん, 死んだおまへの姿, 死んだおまえを元通り, 死んだお上さんもあの, 死んだお前さんの伜, 死んだお前様が余り, 死んだお母さまが庭, 死んだお父つぁんがね行った, 死んだお蔦というここ, 死んだかいとはなんだ, 死んだかぞへ年七十四歳で, 死んだかとは言い得なかった, 死んだかなア, 死んだかなしみの方, 死んだかについてせめてもう少し委しい, 死んだかはすぐわかる, 死んだからこそこうやっ, 死んだからってもやけ酒は, 死んだきりぎりすのよう, 死んだくらゐだから, 死んだぐらいの待遇は, 死んだことパリーで仕事, 死んだこと丈は何, 死んだこと丈確に私共, 死んだこと後の始末, 死んだこと自分の家族, 死んだこれらの仲よし, 死んだごとなって, 死んださかなを再び, 死んださびしさに, 死んだざまが見たく, 死んだしかし俺は, 死んだじゅうしまつ, 死んだすぐ後だ, 死んだすみ子の幻影, 死んだずっと後迄も, 死んだ親分, 死んだそういう奴らの, 死んだその後では誰, 死んだそばにいねえで, 死んだそれらのさぎが, 死んだたくさんがこの, 死んだため塔をたて, 死んだため島々には今, 死んだため顔の相好, 死んだだけのことは, 死んだだしが出る, 死んだやない, 死んだっけな御小僧さん, 死んだってどどうした, 死んだつてお前達を安, 死んだつてかまはない, 死んだつてオレ自身の心, 死んだつて乘り込んで, 死んだつて人は生き, 死んだつて俺達は勝つ, 死んだつて後の始末, 死んだつて癩病はやつぱり存在, 死んだつて誰もお前, 死んだつて電報でも来たら, 死んだつて駄目だから, 死んだえが, 死んだでもいいせめて, 死んだとあるのだ, 死んだというのみでその後彼, 死んだというはお国, 死んだといふだけのことです, 死んだとかということから, 死んだときあいつは, 死んだときお園はどうして, 死んだときすべてお前さまの厄介, 死んだときその子氏職が落ちぶれ果て, 死んだときそれを当時東京, 死んだときまりはしまい, 死んだときオルレアン公は佛王路易十五世, 死んだときシュミット教授がなお, 死んだとき人に聞く, 死んだとき八月のゼラニウム, 死んだとき基道が小さかっ, 死んだとき女房の死んだ, 死んだとき子供もなく, 死んだとき幹事連はファラデー, 死んだとき彼は胸, 死んだとき恒藤に田端, 死んだとき悲嘆に打ちくじかれ, 死んだとき我々は死, 死んだとき日蓮は身延山, 死んだとき未練がなく, 死んだとき源兵衛はそれ, 死んだとき父はおち, 死んだとき発表された遺書, 死んだとき私はやるせなかっ, 死んだとき自分非常に心, 死んだとき茲の息子, 死んだとき葬式へ行ったら, 死んだとき誰がこれ, 死んだとき鄭重に葬っ, 死んだとき鬼どもがわし, 死んだところ夜の間, 死んだところ従前善法浄行の報い, 死んだとだけ申して, 死んだとても其の人, 死んだとのみ思って, 死んだとまであって, 死んだとまでは解つても, 死んだとやらで今, 死んだなぞと云うの, 死んだなぞという惨劇の, 死んだなどいふこと, 死んだなどとちゃらっぽこに, 死んだなどという記事は, 死んだにいさんが広田先生, 死んだについて多少の, 死んだについてはおれも, 死んだにも拘わらず彼坂下鶴吉, 死んだねと云って, 死んだのさと呟いて, 死んだのち多くの人, 死んだのち彼女は近衛河原, 死んだのち自然この家, 死んだのち船長のワトソン, 死んだのち軍曹どのがこの, 死んだのでねいままで, 死んだはくちょうのつばさ, 死んだしのごと, 死んだばかりと聞くと, 死んだばかりにボロを, 死んだひとのとほん, 死んだひもじさで, 死んだふぐを料理, 死んだぶんには葬式, 死んだべらんめえの中風, 死んだぽん太と, 死んだまさしく松露を, 死んだまでのことで, 死んだままここにいつ, 死んだまんまノッソリ立って, 死んだみんな永遠の新, 死んだむしろ私を, 死んだもう一人の, 死んだもの同然にいぎたなく, 死んだもの特有のギーン, 死んだやからこそ不愍, 死んだやらこれが, 死んだつしの, 死んだわしにし, 死んだわたくしのいもう, 死んだ目出度いと, 死んだから愍然, 死んだアトからわかった, 死んだアナアキストの甥, 死んだアリスとほぼ, 死んだアルザス人だ, 死んだイェーツなどそういう, 死んだイギリスのラルフ・ベーツ, 死んだウェッシントン夫人の苦力, 死んだウジに似た, 死んだオカミサンも年増芸者, 死んだオスカア二世がその, 死んだオフクロは占い, 死んだオヤジではない, 死んだカジミール・ペリエ思想の都, 死んだカップとヘールゼ, 死んだキイツシェリー透谷樗牛其の詩人等, 死んだキツチナア元帥が俘虜, 死んだキヌの妹, 死んだキャモンド伯の蒐集, 死んだキーツだけがただ, 死んだギリシャの英雄ら, 死んだギリシャ人であること, 死んだクラリモンドを, 死んだクルウ大尉にし, 死んだグヰンとを一緒, 死んだゲーテとしてはフィツジェラルド, 死んだコハク博士もそんな, 死んだコリーは牧場, 死んだサマユンクルに, 死んだシェイクスピアは死ぬ, 死んだシャプリッツキイね, 死んだシャヴィエル上人は美しい, 死んだジャンの父, 死んだストレーカとも仲, 死んだスペルヴィアの, 死んだダイアモンド商人が商用, 死んだツネ子が恋いしく, 死んだトマサンが好き, 死んだドイツの表現主義, 死んだドイツ人で当時ロシヤ, 死んだドグマとなるだろう, 死んだドストイェフスキーの作家, 死んだドラの唯一人, 死んだニーナさんが寝かされ, 死んだハブばかり間, 死んだバテレンがあっ, 死んだバンジャマン・コンスタン権力失墜のうち, 死んだパストゥールも死んだ, 死んだパータリセの兄, 死んだフイリツプは正に, 死んだフエヂカは誰, 死んだフランクはあたかも, 死んだフランス人テーヌという人, 死んだフーラー博士の魂, 死んだヘッケルがエナ大学, 死んだベスボローディコがまだ, 死んだボンがどうして, 死んだボーヤの小さい, 死んだマアレイのあの, 死んだマダムもこの, 死んだママのこと, 死んだマヤコフスキーの靴, 死んだマリ子はにせ, 死んだミイのたま, 死んだミコはこの, 死んだムルタックからもお, 死んだメンデルも死んだ, 死んだモリアーティ教授の何となく, 死んだモリアーテー教授の注文, 死んだモルモットはない, 死んだモーツァルトの遺産, 死んだユーゼニ・ダビの, 死んだラザルを活かされた, 死んだラマであるという, 死んだラリーサ・レイスネルがある, 死んだルセアニア人のよう, 死んだレイニンが生き, 死んだレイモンドを軽々と, 死んだロシアの貴族, 死んだワレス氏が六十年前シンガポール, 死んだヴァイオリニストの形見, 死んだヴィール夫人の亡霊, 死んだ一〇五万の軍人たち, 死んだ一九二四年末以来ソヴェートに於ける, 死んだ一人の人間, 死んだ一人児を母, 死んだ一人息子の話, 死んだ一件を女中, 死んだ一基督教青年の遺稿, 死んだ一徳が聞いたら, 死んだ一族が多勢, 死んだ一枚の紙きれ, 死んだ一様式を文, 死んだ一番番頭の利八郎, 死んだ一老臣のため, 死んだ七兵衞殿のお, 死んだ七十の爺さん, 死んだ七平なんぞと來, 死んだ七月三十日には彼奴, 死んだ七月二十四日もまた, 死んだ万兩息子の心中, 死んだ三ヵ月のちにおこった, 死んだ三三万余の市民男女, 死んだ三人の仇讐, 死んだ三右衛門とこの, 死んだ三日目だと, 死んだ三浦へ対する, 死んだ三遊亭歌笑の家, 死んだ上さんの衣裳, 死んだ上總屋の主人, 死んだ上金が一文, 死んだ下膨れの顔, 死んだ不可思議な現象, 死んだ与市とかいう番頭, 死んだに殺さるる, 死んだ中央公論社の婦人記者波多野秋子, 死んだ中年の女, 死んだ中村進治郎君も私, 死んだ中河になっ, 死んだ中田屋の間, 死んだ中華人の墓石, 死んだ丹右衞門の妾, 死んだ主人萬兵衞の幼友達, 死んだ主人重三郎の後添, 死んだ主人音次郎の弟, 死んだ主人鶴彌氏, 死んだ主観のこと, 死んだ久米の仙八親方, 死んだ久美子の愛し, 死んだ事思掛けない程, 死んだ事情が最もハッキリ, 死んだ事物のうち, 死んだ二タ月目思いがけなく前触れ, 死んだ二代目勘兵衞の鑿, 死んだ二十二歳で若, 死んだ二十余疋の狼, 死んだ二日目に紅白粉, 死んだ二月二十一日の翌日, 死んだ二番息子の妻, 死んだ二葉亭が硯友社派的, 死んだ二葉町の大, 死んだ五兵衞の妾, 死んだ些前には死んじまった, 死んだ亜太郎が一人, 死んだ亡き妻の, 死んだ亡国の一貴族, 死んだ亡父は御, 死んだ亡者か百姓一揆, 死んだ京助に対しては少し, 死んだ京橋方面の年, 死んだ京都の蓮月, 死んだ人々彼らの足跡, 死んだ人プラス命は生きた, 死んだ人造人間兵士を収容, 死んだ人間たちが人間, 死んだ人間百人についてその, 死んだ仁左衛門が我, 死んだ仏師を私, 死んだを埋めました, 死んだ他人の相良寛十郎, 死んだ以上おまえの一座, 死んだ以上堙滅して, 死んだ以上大吉なぞにはもう, 死んだ以上敏子もこの, 死んだ以上照之助の命, 死んだ仮面劇の作者, 死んだ会友の名, 死んだ会員の数, 死んだ伯鶴先代小円朝今の金語楼, 死んだもその, 死んだ佐兵衛の遺族, 死んだ佐兵衛さんの兄さん, 死んだ佐渡平だと, 死んだ体わしもいったん, 死んだ何者も祀られ, 死んだに代れ, 死んだ俊基朝臣とは何, 死んだ信子だ, 死んだ信長がよく, 死んだ修道女は長い, 死んだ俳優の似顔絵, 死んだ俺らを生かしちゃった, 死んだ倉川夫人の白い, 死んだ借り物の知識, 死んだ健三の兄, 死んだは鉄砲, 死んだ僚友の不運, 死んだ僞善の花, 死んだが残った, 死んだ兄弟のまわり, 死んだ兄者人にも相, 死んだまでの憎しみ, 死んだ先代二十三世の妹, 死んだ先例がある, 死んだ先夫の一言, 死んだ先輩に手, 死んだ八十吉に代っ, 死んだ八十郎の母親, 死んだ八十郎殿も浮ばれない, 死んだ八郎兵衞の養子, 死んだ八重子に似, 死んだ六兵衛の女房, 死んだ六兵衞の女房, 死んだ六十九年彼女は三十三, 死んだ六畳でせっせと, 死んだ兵隊があり, 死んだ其時の徳川, 死んだの間, 死んだ出汁が出ます, 死んだ函館の伯父, 死んだ凾館の伯父, 死んだの血, 死んだ切ない運命の, 死んだ利国の事, 死んだ利用しかできなかった, 死んだ刻限をきき合わし, 死んだ前日の夕方, 死んだ力三の枕許, 死んだ加野へ贈る, 死んだ勇士の未亡人, 死んだ動物はない, 死んだ動物植物たちの中, 死んだ勘五郎もこの, 死んだ勘平さんが死んだ, 死んだ勝頼をさがし, 死んだ北インド王ランジットシンは呪言, 死んだ北村兼子君である, 死んだ北極熊を剥製, 死んだ十一年後迄日記, 死んだ十一月二十三日からさう, 死んだ十二人は今, 死んだ十二名に謝, 死んだ十二月六日はパジェス, 死んだ午後二時棺が出た, 死んだ卓抜な男女, 死んだ又七の部屋, 死んだ友吉の祟りだ, 死んだ友吉おやじのヒネクレ根性, 死んだ受難者である, 死んだ古代人のひとり取り殘, 死んだ古典的文化型を復活, 死んだ古白君の長く, 死んだ可哀そうに, 死んだ可愛い子供の, 死んだ叶屋の主人, 死んだ司馬老先生, 死んだ司馬十方斎の葬儀, 死んだ吉川のこと, 死んだ吉田豊という人, 死んだ同僚の記念, 死んだ同型の長兄, 死んだ同志の朋友, 死んだ同性の者, 死んだ名士を同時に, 死んだ名物男の小林喜作, 死んだ君子にとっては異母兄, 死んだ吾が父親は, 死んだ吾妻なんぞとはそも, 死んだ吾妻一郎について三浦, 死んだ吾家の犬, 死んだ蒙が, 死んだ呉青秀の悪霊, 死んだ周公よりも生ける, 死んだ味噌屋の久助, 死んだ命日になる, 死んだ和尚様は帰つて, 死んだ哀れな男, 死んだ哲丸を, 死んだであった, 死んだの段成式著, 死んだ啄木の歌, 死んだ善五郎は五十, 死んだ善八と娘, 死んだ善兵衛さんはどう, 死んだ善牙獅毎も, 死んだ喜平さんもさぞ, 死んだ嘉村礒多氏, 死んだ四ヵ月後の今日, 死んだ四囲の中, 死んだ四日目葬式を済ませ, 死んだ固形物でしかない, 死んだのお盆, 死んだ国府老人の秘密, 死んだ園井恵子なども感心, 死んだ土塊が真に, 死んだ土田杏村は一日平均百頁, 死んだがヒダ一の宮, 死んだ坂東秀調は美しい, 死んだ坊さんもありました, 死んだ坊主や坊主, 死んだ坊守房子の一週忌, 死んだ坑夫も何十人, 死んだ城彈三郎と無二, 死んだ基国からお前, 死んだ報らせで河童路地, 死んだ場合お母さんへの扶助料, 死んだを引っ張り出す, 死んだだと, 死んだ夏子と余, 死んだ外狩素心庵は小杉さん, 死んだ加志君を, 死んだ多喜子の墓, 死んだ夜私が部屋, 死んだ大尉ですって, 死んだ大島警部補か根岸刑事, 死んだ大工の年造, 死んだ大納言の遺言, 死んだ大通りから皇居前, 死んだ天堂が草葉, 死んだ天子などがよく, 死んだ天才にめいわく, 死んだ天皇を拝み, 死んだ天鬼様の懐中, 死んだ太閤が云った, 死んだ太陽の覚醒, 死んだ夫サ義理立デデこの, 死んだ夫婦の親類, 死んだ失望と歎, 死んだ奥さんの美しい, 死んだ女たちの幽霊, 死んだ女児のみ, 死んだ女学生の亀井兼子, 死んだ女房子のせめて, 死んだ女房杉代の兄, 死んだ女王の陰, 死んだ如くに死ぬ, 死んだ妓共の祟り, 死んだ妻子のこと, 死んだの幽, 死んだ妾時代お綱, 死んだ妾達四人の怨み, 死んだ姉さまなの, 死んだ姉妹が甦った, 死んだ姉華やかで強気, 死んだ始末も会得, 死んだがあった, 死んだの魂, 死んだ姿や声, 死んだ娘たちが列, 死んだ娘達を盗み出し, 死んだ婿の墓, 死んだは家, 死んだ嬰児の脳漿, 死んだ子のが殆, 死んだ子供たちが泣い, 死んだ子供等のこと, 死んだ子供達と同じ, 死んだ子分たちの卒塔婆, 死んだ子爵と何, 死んだ存在でしかない, 死んだ学問の方, 死んだ孫右衛門は, 死んだ宇之助さんの菩提, 死んだ宇治の人, 死んだ宝暦五年までには百年位, 死んだ宮崎與平も仲間, 死んだ宮沢は自分, 死んだ家兎を極めて, 死んだ家系が一人, 死んだ容子はない, 死んだとした, 死んだ寅藏のかも知れない, 死んだする所二十一年, 死んだ實父でさ, 死んだ将軍のため, 死んだ将軍家とはお, 死んだ專三郎と後見人, 死んだ小さな兄の, 死んだ小倉嘉門の美しい, 死んだ小勝がしばらく, 死んだ小勝さんなああの, 死んだ小夜菊はその, 死んだ小布施の名, 死んだ小林貞の特徴, 死んだ小栗桂三郎は一体, 死んだ小栗虫太郎氏など, 死んだ小泉八雲先生は教員控室, 死んだ小浜の伯父, 死んだ小笠原少斎, 死んだ小説家田邊を昔, 死んだ少年草野富三は同級, 死んだの辭世, 死んだ尼さんの後葬, 死んだ届けはし, 死んだ屍体がその, 死んだ山川信次郎氏の紹介, 死んだ山本の親爺さん, 死んだ山本勝治には階級闘争, 死んだ山羊首のはげし, 死んだ岡田君とは間接, 死んだ岡田道彦がふと, 死んだ岩野泡鳴も十九年間, 死んだ岸田劉生氏であるが, 死んだ峯吉の, 死んだ峰吉の女房, 死んだ島村抱月氏に招かれ, 死んだ嵯峨上皇はかつて, 死んだ川口は一行, 死んだ川筋で死にましょう, 死んだ左団次とも関係, 死んだ巨盗蝙蝠冠兵衛の脅迫状, 死んだ巨盜蝙蝠冠兵衞の脅迫状, 死んだの娘, 死んだ市川左団次が岡本綺堂, 死んだ市川玲子と私, 死んだ帝展の遠山五郎君, 死んだでなん, 死んだ年あたりからである, 死んだ年一九一九年に心霊現象研究会, 死んだ年代は分明, 死んだ年兄は某, 死んだ年号を判ずる, 死んだ年寄りの鯨, 死んだ年長者達と顔, 死んだ年非常に情愛, 死んだ年齡を指先, 死んだ幸子さんの思い出, 死んだ幽霊たちがあたり, 死んだ幾人かの人々, 死んだ幾百の坑夫, 死んだも薬, 死んだにお寺, 死んだ座敷の床の間, 死んだ庶民のいかなる, 死んだ弟カルルの息子, 死んだ弥右衛門どのに, 死んだ弱い体で, 死んだ張譲を見捨て, 死んだ当座は後, 死んだ当座ぽかんとして半月, 死んだ当座寺田は一代, 死んだ当時長男今滋, 死んだをした, 死んだ形式になり, 死んだ形跡もない, 死んだ役人衆やら, 死んだ後いつかはねアッタスン, 死んだ後おふくろは親類, 死んだ後三十年の月日, 死んだ後三年に大, 死んだ後井筒屋に引, 死んだ後僕は久しぶり, 死んだ後四五歳のとき, 死んだ後地獄の門, 死んだ後始末などに使つて, 死んだ後娘のお, 死んだ後子供を育て, 死んだ後少女は王城, 死んだ後師匠はどう, 死んだ後平生怨を抱ける, 死んだ後新派はいよいよ, 死んだ後死体の解剖, 死んだ後泣血哀慟して, 死んだ後父親の午吉, 死んだ後甥の吉三郎, 死んだ後相良さんは大阪, 死んだ後空に声, 死んだ後縁とは云い, 死んだ後蟹の家庭, 死んだ後豪家も最初, 死んだ後釜にはいった, 死んだ從妹との誓, 死んだ御蔭なん, 死んだはね身体中, 死んだ志士の中, 死んだ志道軒の小屋前, 死んだ忠さんも葬られ, 死んだ思いでする, 死んだ怨敵の肉, 死んだ怨霊の胸, 死んだ患者の屍, 死んだ惣領の息子, 死んだ愚かしい悲劇が, 死んだは再び, 死んだ愛児のこと, 死んだ愛犬の皮, 死んだ戀女房のこと, 死んだ我が子が, 死んだ戦友のこと, 死んだ房吉の味方, 死んだ房枝のこと, 死んだや両国, 死んだ所天へ義理, 死んだ所長とが覘, 死んだ批評に陥っ, 死んだ推定時間は十時, 死んだ揚句もう感情上, 死んだ撰十の下, 死んだ支那の丁汝昌提督, 死んだ政治部員の話, 死んだ故此名がある, 死んだ故郷の人, 死んだに涙, 死んだ敵兵の腹, 死んだ之丞, 死んだ文献学的な歴史的文化型, 死んだ新井新一君の遺稿詩集, 死んだ新内の春太夫, 死んだ新高運転手は東京, 死んだ日オタツがせしめ, 死んだ日本も生き, 死んだ日本人も一人, 死んだ日本洋画壇のホープ, 死んだ日盛りだつた, 死んだ明君だってずいぶん, 死んだちゃんとあんた, 死んだ昨日のこと, 死んだれによつて, 死んだ昼ざかりにも, 死んだ時あなたも一緒, 死んだ時いっしょに帰っ, 死んだ時お前は本道, 死んだ時これを警官, 死んだ時フランスの公債利子, 死んだ時一兩だけ借りました, 死んだ時一寸来たばかり, 死んだ時一番先に路地, 死んだ時一緒に死なれりゃ, 死んだ時九段の坂上, 死んだ時二人の間, 死んだ時人がいたずら, 死んだ時人麿の歌った, 死んだ時代とそつくり, 死んだ時以前の噺, 死んだ時以外には動かぬ, 死んだ時伯父は七十二, 死んだ時何にか變, 死んだ時何歳であったか, 死んだ時側に居た, 死んだ時十本の指, 死んだ時友人同士が各自, 死んだ時友人同志が各自, 死んだ時友達のうち, 死んだ時天童と一, 死んだ時季が同じ, 死んだ時家にある, 死んだ時富永は十五六, 死んだ時山上憶良が, 死んだ時幾はその, 死んだ時当分留守番を頼まれた, 死んだ時後が女, 死んだ時息子が相続税, 死んだ時東京で逢った, 死んだ時母は非常, 死んだ時毒死なら毒死, 死んだ時水を飲ませる, 死んだ時水中にゐた, 死んだ時火をつけ, 死んだ時理由をいう, 死んだ時甲斐性のある, 死んだ時百合子はこの, 死んだ時神妙に線香, 死んだ時私も死ん, 死んだ時節は悲哀, 死んだ時自ら縊死して, 死んだ時茅ヶ崎へ集まつた, 死んだ時荊州から弔問, 死んだ時裏座敷では四女, 死んだ時遺言状を出し, 死んだ時野田への立ち際, 死んだ時金を持っ, 死んだ時銀子は家, 死んだ晩主人のいひ, 死んだ晩何處でどうして, 死んだ晩埋立地で淨瑠璃, 死んだ晩通夜にやって来た, 死んだ晩酒の燗, 死んだ智恵子が造, 死んだは遺産, 死んだ最初の配偶, 死んだ有喜子に罪, 死んだの中, 死んだ未成の竜, 死んだ末っ子とおなじ, 死んだ末代の先, 死んだ本人の自筆, 死んだ机博士もみんなみんな影, 死んだ材料にばっかり慣らされ, 死んだの人達, 死んだ村上鬼城は榛名, 死んだ条件つきでなければ, 死んだ東惣平という弁護士, 死んだの枝, 死んだ松助などは家, 死んだ松山と前後, 死んだ松崎天民の恋, 死んだ松露にあたって死ぬ, 死んだのやう, 死んだ林芙美子氏がある, 死んだ果敢い女, 死んだ柏枝もさ, 死んだ文士を, 死んだ某氏の娘, 死んだ柳田さんとが合同, 死んだ梁川のひとり, 死んだ梅泉とを較べ, 死んだ棄児の稲次郎, 死んだも, 死んだ森谷文吉を同伴, 死んだ様子を想わせた, 死んだ横溢的な世界的作家, 死んだ横瀬夜雨氏だの越後, 死んだの下, 死んだ機械器具であって, 死んだ檀家の家, 死んだ檀那に似, 死んだの十二月, 死んだ歌唄ひさ, 死んだ正吉の母親, 死んだ此處の主人, 死んだ武将の木像, 死んだ武島裕吉の葬儀, 死んだ歴史を語る, 死んだ死刑囚の首, 死んだ死體を調べる, 死んだ殺人者だ養母殺し, 死んだ殿様のお袋, 死んだ母アンナの生涯, 死んだ母上咲いて, 死んだ母方の大変, 死んだ母親何とかの日, 死んだも四這, 死んだの二十幾歳, 死んだ気どころでは, 死んだ気イになっ, 死んだの面, 死んだ水夫の声, 死んだ永峯の死体, 死んだ江戸のお, 死んだは未だに, 死んだ池田をバカ, 死んだ池谷信三郎も皆, 死んだ汽車で自殺, 死んだ河原の権叔父, 死んだ河田であつ, 死んだ泉鏡花氏のやう, 死んだ法則の制しうべからざる, 死んだ洞斎老人の遺言通り, 死んだ津村二郎なんぞ金, 死んだ浄瑠璃姫が蘇生, 死んだ浅吉さんという男妾, 死んだ浪路よりわが, 死んだ浮舟なんざ, 死んだ海老を湯, 死んだ海賊の恐し, 死んだ深良老人との間, 死んだ清ちゃんの後姿, 死んだ清七ですよ, 死んだ清国の提督, 死んだ清太郎のため, 死んだ清太郎さんとは朋輩同士, 死んだ清治の頼み, 死んだ渡辺崋山の手紙, 死んだ温泉の再, 死んだのやう, 死んだ源三郎にしろ, 死んだ源吉爺さんであった, 死んだ源吾の家, 死んだ源重成を指す, 死んだ演技がある, 死んだの武帝, 死んだ漫才屋さんの芸名, 死んだ潜水夫の配偶, 死んだ火星人の体, 死んだ火薬と深く, 死んだ災難で死んだ, 死んだ烏賊が光る, 死んだ無形のもの, 死んだ無機的団塊が統整的建設的叡知, 死んだ然し冷えきつ, 死んだ熊井君は煙草, 死んだ熱心さが妻, 死んだ燕路さん年枝さん鶴枝さんたちはみんな, 死んだでせう, 死んだ爲めに東京, 死んだ父さんの惡, 死んだ父上は知っ, 死んだ父以外の者, 死んだ父姉其他今一人の死者, 死んだ父家斉と六, 死んだ父方の次男, 死んだ父様計りでねえ叔父様, 死んだ父爺が御, 死んだ父親重兵衞と全く, 死んだ爺様の時分, 死んだ牝鶏を片手, 死んだ物件の需要供給, 死んだ物語が彼, 死んだを買つた, 死んだは喰い, 死んだ猴それを見た, 死んだ獅子も大半, 死んだ獣類は最も, 死んだ玄宗皇帝や楊貴妃, 死んだ玲子ちゃんというの, 死んだ現象学者ライナッハが, 死んだ理由がよく, 死んだ甚助はまだ, 死んだ生みの父, 死んだ生命のない, 死んだ田之助そッくりだあ, 死んだ由松が紙屑屋, 死んだ甲斐もなく, 死んだ甲虫を持つ, 死んだ男女房子供達もこの, 死んだ町田繁次郎四代が矩之, 死んだ画家の気持, 死んだ画集を問題, 死んだ画面であった, 死んだ畑柳ですの, 死んだ當主八十郎の母, 死んだ當座は本, 死んだ當日の朝, 死んだ當時毎日の新聞, 死んだ病院の一室, 死んだ療養所の医学士及妻, 死んだ白昼のものうい, 死んだ白猫の母, 死んだ白髪の母, 死んだ百余名の世界中, 死んだ百姓伊之松, 死んだ皇子をジッ, 死んだ皮膚の下, 死んだであった, 死んだ直家の心, 死んだ直木をひき合い, 死んだ相手の魂, 死んだ相手方も素晴らしく, 死んだ看護婦の名, 死んだ看護婦たちの冥福, 死んだ三郎は, 死んだ真一の死因, 死んだ真昼間の森, 死んだ真理よりもいっそう, 死んだ真相をばこの, 死んだ真面目な高潔, 死んだで四方, 死んだ瞬間からお前, 死んだに瞬間灯, 死んだ知友の霊, 死んだ石屋の爺さん, 死んだ石川屋の主人權右衞門さん, 死んだ石見守の導き, 死んだ砂山さんが私, 死んだ祖先の反逆, 死んだ祖母さんの手, 死んだ祖父様が生き, 死んだより生きた, 死んだ神々しい喜びの, 死んだ神代種亮翁だった由, 死んだ福円遊とについて書いた, 死んだ禰惣は稀代, 死んだ秘密の数々, 死んだ種子さんの苗字, 死んだ立原道造なども弟, 死んだ竜介のこと, 死んだ竹松の母親, 死んだ筋肉上の塚, 死んだ箒首のない, 死んだ範疇と雖, 死んだ米国を懐, 死んだ米山と云う, 死んだ米次郎と玉, 死んだ粉飾としか感じられなかつたらう, 死んだ精神などは分らんで, 死んだ糸子と同じ, 死んだ糸子さんの代り, 死んだ二千の, 死んだは手, 死んだ素子の父親, 死んだ細田弓之助, 死んだ細胞の下, 死んだ経験の子孫, 死んだ經緯一點の疑, 死んだ継母のお, 死んだ綱島梁川氏は死ぬ, 死んだ綾部大機は忠義無類, 死んだ総領だ, 死んだ縁者を記念, 死んだ繼母のお, 死んだ美しい夫人の, 死んだ美少女と生, 死んだ義兄さんそっくりで, 死んだ義姉がどの, 死んだ義姉さんへの供養, 死んだ義朝といい, 死んだ翁屋小左衞門樣, 死んだ翌々年である, 死んだ翌日ももう, 死んだ名優沢村源之助の, 死んだ者たちのため, 死んだ者上下百八人とある, 死んだ者同様に意識, 死んだ者扱いにし, 死んだして, 死んだ耶蘇の旧跡, 死んだ聖霊を迎, 死んだ肉親の墓, 死んだがなんで, 死んだ肥満だ, 死んだ胎児はじき, 死んだ胎兒を引つ, 死んだから取上げ, 死んだ臨終のさま, 死んだ自然に変っ, 死んだ臼歯の一片, 死んだ舅それに日傭男, 死んだを蘇生, 死んだ船長の金, 死んだ良郎とは少年時代, 死んだの膚, 死んだ艸木と同じく, 死んだ芥川龍之介は私, 死んだであると, 死んだ花聟のダンデズム, 死んだに生きなかった, 死んだ芹沢も喜ぶ, 死んだが戴くべき, 死んだ若ものもあった, 死んだ若旦那彦次郎の弟, 死んだ若者が二人, 死んだ苦力の白骨, 死んだ英国の地主マシャム男, 死んだ英國人に繋がれ, 死んだ莊左衞門の手文庫, 死んだ菊池寛氏は, 死んだ菱田春草とをコンビ, 死んだ葛子を追, 死んだ葬式の晩, 死んだ蔵人とわけ, 死んだ藤田みね子であったの, 死んだ蘭丸の短, 死んだ虫籠みたいに声, 死んだのにおい, 死んだの上, 死んだ蜂谷の身, 死んだ蜘蛛の巣, 死んだ螢のにはひか, 死んだが滾, 死んだを焙りつけ, 死んだがたえず, 死んだ表情であり無表情, 死んだ表現の型, 死んだ袁世凱の像, 死んだ西村さんの家, 死んだ西村丈は浅草遍照院, 死んだ親爺さんは越後, 死んだ親達にも済まない, 死んだ親類の妾, 死んだ訃音とマリイ, 死んだに衣類, 死んだ記念の納もの, 死んだ記録を綴る, 死んだ許婚のお, 死んだ証拠だという, 死んだ試しはない, 死んだ講義で封じ込め, 死んだは通り, 死んだ豪い父親, 死んだ貂蝉があきらめきれなかった, 死んだ貴女のため, 死んだ赤ちゃんをまだ, 死んだ赤ン坊を抱かし, 死んだ赤児の泣声, 死んだ赤子さんを抱かせ, 死んだ越後小千谷産まれの彼, 死んだ足利家時につかえ, 死んだ跡始末でせう, 死んだ躋寿館校刻の, 死んだ娘子, 死んだも多から, 死んだ轟九蔵氏と犯人以外, 死んだのほう, 死んだ農奴そのものじゃなくっ, 死んだ農奴一人に二ルーブリ半, 死んだ農奴全部に対する納税, 死んだ農奴買入れの話, 死んだ辻堂と寸分, 死んだ近い親族が, 死んだ迷児という事, 死んだ透さんの兄, 死んだ通知の印刷, 死んだ速水御舟, 死んだ連中が浮かばれん, 死んだ遊女の身, 死んだ運命の尖端, 死んだ道雄さんと言う, 死んだ遠藤の首, 死んだ遺族に通知, 死んだ遺骸をあまり, 死んだ部分無感覚になりきった, 死んだ酋長の霊魂, 死んだ酒井榮助を思ひ出す, 死んだ酒場の亭主, 死んだ采女は生かし, 死んだ重三郎は店, 死んだ重太郎の側, 死んだ重盛もよく, 死んだ金之進の許嫁, 死んだ金兵衛の伝, 死んだ釣友の佐藤惣之助, 死んだ鋸屋もやがて, 死んだには無論, 死んだ長兄が非常, 死んだ長吉と一番, 死んだ長男公一父子公一の妻由子, 死んだ長男恒善である, 死んだ長谷倉甚六郎の口, 死んだ院長やらをとかく, 死んだ陶謙はわが, 死んだ隆少年の家庭教師, 死んだで妹君, 死んだ隣人の顔さ, 死んだ集配人を立派, 死んだ離れ離れの材料, 死んだ離室の中, 死んだ雲右衞門ぢやね, 死んだ静かな学者肌, 死んだ面影は生きた, 死んだではなく, 死んだ音蔵にさ, 死んだ頃渡邊霞亭といふ小説家, 死んだの火事見舞, 死んだ顔貌をし, 死んだ顛末と模造首飾り, 死んだを装う, 死んだ風呂の上, 死んだ風説はきかない, 死んだ飛騨の高山, 死んだ食器ということ, 死んだ餓鬼の如く, 死んだを見, 死んだ駒次郎の父親, 死んだ騒ぎで, 死んだ騷ぎの一寸前眼を覺, 死んだ騾馬わたしを乘, 死んだを送る, 死んだ高倉利吉の苦衷, 死んだ魂さ導くも, 死んだ魔女を白い, 死んだ魚の目のよう, 死んだ魚等が光る, 死んだのよう, 死んだを思わせた, 死んだ鳥羽そつくりの形, 死んだ鴈治郎は出る, 死んだ鴨二三軒飛ぶ歳, 死んだ彌と, 死んだ鷓鴣をテーブル, 死んだ鸚鵡の丸籠, 死んだ鹽梅なの, 死んだ鹿は見た, 死んだ黒田先生のこの, 死んだ龍代に気兼ね