青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「死ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~歴史 歴史~ ~歸 歸~ ~死 死~ 死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん
死ん~
~死んだ 死んだ~ 死亡~ 死人~ ~死体 死体~ 死刑~ 死後~ ~死骸 死骸~

「死ん~」 8894, 96ppm, 1147位

▼ 死ん~ (7047, 79.2%)

343 しまった 202 いた 200 いるの 163 しまったの 124 しまいました 122 いる 105 しまって 100 いたの 98 しまう 87 しまえば 79 しまうの 50 ゐた 48 ゐるの 46 ゐる 43 しまいます, しまへば 41 了った 40 居るの 39 行くの 37 いるん 35 しまうと 33 行く 32 居たの, 行った 31 いました 30 いると, しまったので 29 いて 27 しまったと, しまひました, ゆく 26 しまうかも, しまったという 24 しまったん 22 いるか, しまった方 21 いった, しまえ, しまふ 20 いること 19 いたという, いたん, いるよう, ゆくの 18 います, しまいたい, しまうだろう, ゐたの, 了つた 17 しまいそう 16 くれ, しまいたいと, しまったが, しまっては, 居りました 15 いたと, しまうこと, しまったこと, 了う, 居る, 行つた 14 いるもの, しまへ, 了ふ, 行ったの 13 いたが, おしまいに, くれと, しまうぞ, しまうという, しまうん, しまふの, ゐたといふ, ゐるん 12 いたそう, いるかも, いるという, しまおうと, しまったよう, しまつた, しまわなければ 11 くれれば, しまったもの, 行く人 10 いますよ, しまっても, しまや, ゐるから 9 いったの, いるので, しまうよう, しまったかも, しまったほう, しまってから, しまふかも, ゆくこと, 居るん

8 [17件] いたこと, いない, いるが, いる人, いる筈, しまいますよ, しまうに, しまおうかと, しまひましたよ, ゐたん, ゐました, ゐるでは, ゐると, 居た, 居ります, 行きました, 見ると

7 [15件] いたかも, いても, いるじゃ, いる人間, くれて, しまうか, しまうので, しまうよ, しまったから, しまったよ, しまった後, やる, 下さい, 仕舞つた, 行こうと

6 [20件] いないの, いるでは, いるに, いるのに, いる男, しまいましたよ, しまうから, しまおう, しまったか, しまったそう, たまるか, ゆきました, ゆく者, 了ひました, 了へば, 今は, 倒れて, 居るでは, 恨みを, 行く人間

5 [35件] いくの, いって, いないという, いるところ, おしまひ, おります, くれい, くれるな, しまいたいよう, しまうし, しまうじゃ, しまうでしょう, しまうもの, しまおうか, しまった人, しまった筈, しまつても, しまひます, どうする, やるから, ゆくもの, ゆく人, ゐて, ゐるぢ, ゐるのに, 了え, 了つてゐる, 地獄へ, 居たといふ, 死の, 私は, 行くよう, 行く娘, 行く者, 行った人

4 [69件] いきました, いたか, いたって, いないと, いなければ, いるから, いるだろう, いるはず, おりました, お詫びを, くだされ, くれないか, しまうからね, しまうが, しまうそう, しまうところ, しまうまで, しまうわけ, しまう方, しまったけれども, しまったのよ, しまったろう, しまったわけ, しまつてから, しまひたい, しまふと, しまふといふ, しまへと, しまわねば, しまわれた, しもうた, それを, たまるもの, ます, みると, やろう, やろうと, ゆくとき, ゆこうと, ゐたと, ゐるかも, ゐるが, ゐるので, ゐるやう, 了い, 了つたのだ, 了は, 仕舞った, 天国へ, 居たと, 居たん, 居るか, 居るぢ, 往った, 後は, 得を, 終った, 自分が, 自分の, 花実が, 蘇る神, 行かねば, 行きます, 行くこと, 行くところ, 行くもの, 行く時, 行く自分, 行ったという

3 [108件] あやまる, いたので, いたろう, いた場所, いったと, いったという, いった人, いますが, いようが, いるかの, いるでしょう, いるとは, いるも, いるやら, いるよ, いる者, いれば, おくれ, おる, おれば, くる, くれた, くれたの, くれりゃいい, くれる, くれるか, くれるなあ, くれる人, さへ, しまいたいの, しまいましたが, しまいましょう, しまうつもり, しまうとか, しまうなんて, しまうのよ, しまうはず, しまうほど, しまうより, しまうわ, しまう積り, しまえという, しまったあと, しまったし, しまったでは, しまった今, しまった今日, しまった以上, しまった者, しまつたのを, しまはう, しまはうかと, しまはうと, しまひさうな, しまふから, しまふこと, しまふだらう, しまふまで, たんだ, どうなる, なるもの, みせるよ, みて, みれば, やらうかしら, やるつもり, やろうかしら, ゆきます, ゆくよ, ゆく姿, ゐたが, ゐたさ, ゐること, ゐるに, ゐるもの, 一人は, 一番損を, 丁度三十五日, 了いました, 了います, 了って, 了ひたい, 了ひます, 仕舞えば, 呉れと, 土に, 娘の, 少しでも, 居るから, 居る人間, 帰って, 後までも, 後も, 極楽へ, 私が, 行くお, 行くし, 行くという, 行くやう, 行くより, 行くん, 行く身, 行ったこと, 行って, 行っても, 行つたのだ, 見れば, 間も

2 [259件] あの女, あわに, いく, いく時, いたお, いたから, いたし, いたその, いたとの, いたならば, いたり, いたランチュウ, いた石, いた者, いった者, いってからの, いつたが, いつたの, いないか, いないに, いなかったの, いましたか, いられるか, いるあたり, いるかは, いるし, いるぜ, いるそう, いるぞ, いるだ, いるなと, いるのよ, いるらしいの, いるわけ, いる事, いる女, いる方, いる死骸, いる老人, おしまい, おしまいよ, おりますから, おりますよ, おるぞ, おるはず, お呉れ, お定, お父さんは, お詫びしたく, くださりませ, くるの, くれたという, くれたらいい, くれたらと, くれって, くれては, くれりゃ可, くれるかい, くれ二人, くろ, ここへ, これから乞食, さうし, しまいたいコレラ, しまいたい事, しまいたかった, しまいたくなること, しまいますから, しまいますと, しまいも, しまい度, しまい私, しまうお, しまうがな, しまうくらい, しまうけれど, しまうぜ, しまうです, しまうでは, しまうとも, しまうなどと, しまうほう, しまうらしい, しまう人, しまう気, しまえと, しまおうかしら, しまおか, しまったお, しまったけれど, しまったその, しまったって, しまったでしょう, しまったです, しまったとは, しまったならば, しまったに, しまったのに, しまったはず, しまったらこの, しまったらその, しまったらどう, しまった人間, しまった時, しまった男, しまった自分, しまつたと, しまつては, しまつてを, しまひさ, しまひたいの, しまふなんて, しまふに, しまふもの, しまふよりも, しまふわ, しまふわよ, しまふん, しまへばよ, しまわなかったの, しまわれたとは, しまわれたの, しめえ, そのため, その打撃, その椅子, その葬式, それから, それからは, ちょうだい, つめたくなっ, はおるまい, みせる, みせると, みても, みるの, もう四年, やつたら, やらあ, やらうと, ゆきたいなどと, ゆくか, ゆくけれども, ゆくこの, ゆくところ, ゆくとしても, ゆく俺, ゆく夥しい, ゆく所, ゆく者たち, ゆく身, ゆける, よいの, らあ, わたしの, ゐたかも, ゐたから, ゐたに, ゐましたよ, ゐます, ゐますよ, ゐるか, ゐるかと, ゐる人, ハガキ一枚の, 一周忌も, 一年半も, 七日も, 七日目に, 下さいませんか, 下さい詩人, 下さらないこの, 了っては, 了つ, 了つたのさ, 了つたら, 了つても, 了つてゐた, 了ふと, 了へ, 仇を, 仕舞うと, 仕舞って, 仕舞つた方が, 仕舞へ, 仕舞へば, 仕舞わなければ, 伜の, 倒れるまで, 僕等の, 別の, 別れた, 呉れ, 呉れたの, 呉れると, 困るの, 土の, 堪るもの, 墓に, 家が, 居たさ, 居て, 居ました, 居ます, 居るので, 彼の, 往つた, 後に, 後の, 新嘉坡, 曳く人, 来られるなら一年間位地獄漫遊, 横たわって, 欲しいわ, 永遠に, 父と, 生る, 生れて, 祖先の, 稲虫に, 立つて, 終う, 終つた, 腐つて, 自分だけ, 葬式の, 行きたいと, 行きたいの, 行き度, 行き死骸, 行くかと, 行くと, 行くのに, 行く前, 行く奴, 行く父親, 行く綱手, 行ける, 行ったと, 行ったり, 行った人々, 行った仲間, 行った姿, 行った娘, 行っては, 行つたといふ, 行つたのである, 行つても, 見せる, 見せると, 見せるよ, 見たい, 見ろ, 見事に, 退けて, 遺言は, 順平は, 頼るところ, 養子の

1 [2083件 抜粋] あいつを, あしたが, あとの, あなたの, あまり得, いいか, いきそう, いき一人, いくぞ, いく人々, いけません, いそう, いたぜ, いたとか, いたのに, いたもの, いたらあるいは, いたらと, いたらみんなおれ, いたら妻, いたら隆夫, いた事であろう, いた北田卓一, いた婦人, いた彼, いた森, いた痛々し, いた部屋, いちゃ, いったところ, いった事実, いった昆虫, いった父, いつたか, いつた女, いつた父, いつの間にか一家, いないこと, いなかったちび, いなくなるという, いまいが, いましたと, いますでしょう, いませんでしたので, いらあ, いらっしゃるん, いられること, いるあれあれ玉, いるかを, いるその, いるだれ, いるであろうか, いるとの, いるなんて, いるほか, いるもう, いるんでさ, いる二つ, いる侍, いる友人, いる女客, いる実松氏, いる少年, いる強右衛門, いる指, いる死んで, いる畑柳庄蔵, いる紋作, いる身, いる顎, うしろへ, おいでに, おくれわたし, おしまいなさい, おった, おったの, おめ, おられるとは, おりましたこと, おりますけれども, おりません, おり親類, おるわさ, おわびした, お前は, お気の毒さま, お蘭, お詫びなどと, からかい面に, くたばつて, くだされさあ, くれたか, くれたほう, くれた方, くれとでも, くれなんて, くれるかも, くれると, くれるの, くれる者, こうなる, この世に, この悪夢, この竜, この苦艱, これ以上の, ござるので, しずかに, しま, しまいさえ, しまいたいという, しまいたいわ, しまいたかったの, しまいたくなるだろうと, しまいなさるて, しまいはせぬかとの, しまいましたという, しまいましょうその, しまいますがなあ, しまいますどう, しまいます悪い, しまいやがった, しまい今, しまい娘さん, しまい後, しまい貴方, しまうからな, しまうそれ, しまうだらう, しまうて, しまうでしょうよ, しまうね, しまうや, しまう人間, しまう傾向, しまう時, しまう蝿, しまおうかとも, しまおうといった, しまおう下らぬもの, しまったいとしい, しまったかの, しまったそれ, しまっただろうと, しまったとも, しまったならどうして, しまったひと, しまったも, しまったらこれら, しまったらと, しまったら後でどんなに, しまったろうと, しまった事, しまった叔母, しまった夫, しまった姉, しまった廃人, しまった日, しまった母親, しまった跡, しまっちゃ, しまってないため, しまってるん, しまつたのかも, しまつたのである, しまつた死ん, しまはうか, しまはなければ, しまひたいと, しまひたくな, しまひましたぜ, しまひませう, しまひ兼ねまじき顏色, しまひ相, しまふかよ, しまふた, しまふですな, しまふは, しまふわけ, しまふ処女, しまふ自分, しまへとは, しまわあ, しまわなくっちゃ, しまわれたり, しまッた, しもうたの, しもうたらという, すぐ始まった, そこで葬式, そのま, その人, その小屋, その後は, その死者, その翌月, そよとの, それが, それで, ただいま沈黙, たよ, ちやうだい一しよ, つまり心中, どう思う, なくなって, なるもん, のけよう, はおるまいと, ふたりは, ました, ますね, まだ三七日, まだ新しい, まもなくあの, みせようと, みせるぞ, みたいと, みたらあんなに, みようなぞと, みろ手前ら, もうふた, もう二十四年目, もう病院, もとの, もらおうなどとは, やがて露子, やっても, やらないから, やります, やるとも, やろいう覚悟, やろうという, ゆきたい, ゆきとうございます, ゆくお母さん, ゆくしかし, ゆくでは, ゆくにも, ゆくを, ゆく僕, ゆく多く, ゆく子, ゆく悲しみ, ゆく有, ゆく肉, ゆく身体, ゆけますよ, よいもの, よき僧, ら, ら泡吹い, わたし一人が, ゐたらうと, ゐたら今日, ゐたら惜しむべき新進作家, ゐた土藏, ゐても, ゐないの, ゐました手品, ゐらア, ゐるかよ, ゐるぜ, ゐるどころか, ゐるんぢ, ゐる以上解剖, ゐる恐しく冒涜的, ゐる浪人者, ゐる筈, ゐる芥川さん, ゐる離屋, アーサアが, ツイ六千兩を, プウと, メソメソする, 一ヶ月ほど, 一年も, 一時間たたぬ, 一番損する, 七年目で, 三十五日が, 三日目の, 上げたけれども, 上げるから, 下さいますか, 下さる, 不自由し, 久しくなった, 了いまし, 了うのだ, 了おうかと, 了つたさうだ, 了つたといふ, 了つたのでした, 了つたんです, 了つた樣子です, 了つては, 了ひ, 了ふか解らない, 了へと, 二十九年に, 二度めの, 五六年に, 五十近くなった, 亡びるまで, 今の, 今朝は, 仕舞いそう, 仕舞う位, 仕舞ったじゃあ, 仕舞った後, 仕舞ひました, 以來口は, 以来ずつと, 以来はじめて, 以来例へば, 以来心の, 以来母は, 何う, 何んの, 何年立つ, 俺と, 儲かるとは, 儲けも, 先生が, 全てが, 六年にも, 其処に, 冷たい死骸, 出たこと, 剛情な, 勝つと, 十年も, 協会は, 又くれた, 取り返しようの, 君が, 呉れたらいい, 呉れた許, 呉れりや, 呼吸が, 四十九日経ちます, 四度とも, 土藏の, 地獄に, 埋められた夫人, 墓へ, 外の, 大騷動, 失せろ, 奴らの, 娘を, 子供の, 孤児にな, 宜い, 少し時, 居たそう, 居たとも, 居たんで, 居た夢見たとき, 居た筈, 居や, 居らぬけれども, 居りますし, 居り土地, 居るお, 居るぞと, 居るには, 居るんぢ, 居る動かぬとは, 居る美しい若い, 届る, 年の, 幽霊に, 彼女の, 往く悲しみ, 後家の, 後迄も, 忘れられる時, 悔いないという, 悲しいわけ, 戴けませんよ, 手足に, 持って, 数日の, 新しいハノイ, 既に一年, 早く人, 暗い道, 未亡人政が, 村へ, 来る腰弁連中, 楊の, 横たわってるの, 次男の, 歴史に, 死体を, 残されたの, 母一人を, 水に, 沙漠に, 泳げないの, 浮きあがった, 海岸に, 清々と, 火の, 焼かれて, 爆破し, 片目の, 生きかえりたい, 生きも, 生まれ還らね, 生れたと, 生れた時, 生存する, 申しわけする, 疑ひが, 百ヶ日も, 目の, 石山の, 神の, 秋に, 簡単な, 終おうと何度自殺を, 終って, 組み合わされた手, 美くしく, 腐ったもの, 腐らねば, 自分丈け, 興行は, 芸術の, 苦患が, 萩原様の, 落っこった, 葬らぬ間, 葬られるだけ, 葬式が, 血の気が, 行かれた母親, 行きここ, 行きますると, 行き枯れて, 行くから, 行くであろう, 行くなどとは, 行くので, 行くらしかった, 行く主演俳優, 行く児, 行く家族, 行く時分, 行く気持, 行く病人, 行く細胞, 行く落ち際, 行く青年, 行けば, 行こう, 行ったし, 行ったに, 行ったろう, 行った亀遊, 行った多く, 行った小, 行った混血児, 行った眼差, 行った薄命, 行つ, 行つたのは, 行つた何代もの, 行つた式部卿の, 行つた狼王ロボーの, 行つてしまつたのである, 見えました, 見せたところ, 見せますええ, 見せよう驚くな, 見せること, 見たらどう, 見なきや, 見るよう, 視るかぎり, 誰が, 豊太郎の, 貰えて, 跡取, 身体だけが, 追懐や, 通夜の, 逢いに, 遺身, 金之助の, 鋭い丸鑿, 間もなく児玉, 間もなく店, 陵と, 露の, 飮んで, 高力の, 鳴くの

▼ 死んでも~ (932, 10.5%)

2620 いいと 16 よいと 14 いい 9 いいという, よい 8 いいん 7 いいの, 忘れません 6 いいから, かまいません, よかった, 可い, 死にきれない, 生きても 5 いいや, いいよう, よいの, よいやう, 宜い, 死に切れない 4 いやだ, かまは, 彼女は, 死に切れないの, 私の, 私は

3 [18件] あの人, いいが, いいわ, かまわないと, まづ, 不可ない, 人に, 化けて, 心残りは, 忘れは, 思い残すこと, 惜しくない, 本望です, 死なれぬので, 立派に, 自分の, 貴女を, 霊魂は

2 [51件] いいといふ, いいな, いい人間, いやです, えいと, ええ, そのほう, それで, それは, だよ, ひとの, よいという, よいよう, ようござんす, 仇は, 俺の, 偉く見せたい, 別れぬと, 好い, 好いと, 好いよう, 宜しゅうございます, 後に, 忘れない働かなければ, 忘れませんよ, 忘れや, 恨みは, 惜く, 憾みは, 放すまいという, 本望, 本望だ, 業を, 構はん, 構わない, 此の, 死にきれないよう, 死にきれません, 死に切れません, 死んでも, 殺されても, 申し訳が, 知らしては, 種が, 蝋燭が, 行かん, 言うもの, 貴女から, 離れまいと, 霊魂が, 魂という

1 [570件 抜粋] あいつに, あえて遺憾, あなたに, あなたの, あまり死に, あやまる, あるひ, あんなところ, あんなまね, あんな医者, あんな奴等, あんな無, あんな男, あんまり儲かる, あんまり力, いいあの, いいお前さんお嬢様, いいし, いいぞ, いいつもり, いいとまで, いいどうぞ, いいなどといふ, いいなんて, いいのよ, いいはんて, いいまた, いいやう, いいよ, いい何処, いい俺, いい咄嗟, いい年, いい時分, いい気, いい生き, いい頃, いくらか痩せる, いずれ粕谷, いちど約束した, いといは, いひつ, いや, いやでございます, いやな, いわねえ, いわねえん, ええことあれ, ええつもり, おそらく同じ, おそれるところ, おなじこと, おぬ, おぼえて, お上にゃ, お前たちに, お前は, お前を, お師匠さん, お棄て申しません, お父さんを, お見捨て申す, お詫びの, お通, かならず喪, かまいませぬもの, かまいません消しましょうお父さん, かまわない, かまわないって, かまわないという, かまわン, からだを, かれは, がんばるつもり, きっと秋山め, くれたら, このお, このご, この一事, この一歩, この下方, この人, この家, この画, この畜生, この綱, この苦しみ, この金, この鏡, これくらい, これだけは, これを, こんな回復, したほう, しないという, すぐ知らせる, そいつは, そのまま捨てる, そのよう, その代金, その後へ, その會, その血, それから君自身, それだけの, それを, そんなこと, そんな奴, そんな悪, たかい旅費, たましい, できるだけ裕, とつて, とどまりたいこと, なお愛情, なお打ち勝つであろう, なお楽し, なお真, なほだいじな, なほ果さなけれ, ならん, なるの, なんにも, はた良い, はなさない, はなさないという, びつこなんてこたア生きてる, ほんとうに, ほ本望, まだ口, まだ諦めないであろう, みな霊魂が, みゑ子とは, やって, やっぱりお前, やはりこの, やらなきゃならない, やる, ゆかう, よいいつ, よいほど, よい死んだ, よい状態, よい用意, よい草, よい覚悟, よい青葉風ふく, よければ, よさそう, よしね, よろしうございます, よろしゅうございます, わかるでしょうから, わかるまい, ゐない眠つて, アンナは, エエお前を, オネエギンを, ブルック先生に, リミットだけは, ロシヤ側の, 一人で, 一切不服の, 一歩も, 不都合無い, 世界が, 二人死ん, 二日も, 人々は, 人から, 人の, 人気は, 人類の, 仕方が, 仕方の, 他の, 他方に, 代りに, 休むまいと, 何でも, 何不自由なく, 何事でも, 作なんどと, 信念は, 借金したくない, 僕は, 充分本望, 先は, 光ちゃんの, 入場者の, 全集が, 兩家は, 其家を, 出さないと, 出るな, 初子の, 別に, 別に誰, 別れないん, 別離る, 勉強中の, 勝たねば, 化粧だけは, 千円の, 厭いは, 参ります, 取返しの, 可ごさんす, 同じこと, 同じな, 名前には, 否だ, 吹く, 呼吸だけは, 善い, 善いと, 喪に, 嗾かけた, 四人助かる, 四十九日の, 困らないよう, 困りませんわ, 地獄, 地球や, 場所の, 多助は, 大嫌い, 夫への, 女中は, 女房だ, 好いの, 好い貴女, 妾は, 嫁は, 嫌, 嫌です, 嬉しい, 子供たちが, 子供たちは, 子供の, 守らなければ, 宜いと思ひました, 宜いや, 宜う, 宜しいの, 家に, 家へ, 寄りつかない意, 寺へ, 小屋は, 小山の, 少しも, 少なくも見かけ, 少年たちを, 居られん, 屍を, 帰って, 帰らないよ, 帰らなくっても, 帰らぬと, 帰ると, 帰国しない, 平気で, 平田さんと, 幸せだ, 広告代は, 店が, 引き戻して, 引け, 弱い音, 彼の, 彼の世で, 彼奴の, 往生が, 後にこれ, 後へ, 御免だ, 徳川家の, 心は, 心残りが, 心臓だけが, 心臓は, 必ず蘇らせ, 忘れないが, 忘れないと, 忘れぬ印象, 忘れねえ, 忘れねえぞ, 忘れねえと, 忘れまいと, 忘れませぬ, 忘れませぬでしょう, 忘れませんあの, 忘れません何, 忘れやせんで, 忘れられないでしょう, 忘れられません, 忘れんぞ, 忘却は, 忘却致しませぬ, 思いという, 思いのこりは, 思い残す事, 思ひ置くこと, 恥かしくて, 恥だ, 恨は, 恨みと, 恨みません, 悔いが, 悔いない, 悔いないやう, 悔いない心がま, 悔いない心がまえ, 悔むこ, 悔む処も, 悪魔の, 悲しくない, 悲まず, 惜しか, 惜しからぬ, 惜しくねえ, 惜しくは, 惜しみは, 憎まれは, 懲りごりだ, 成仏できない, 抜けない人種, 捕まるまいという, 描きとめて, 放さずに, 放さない, 放さないくらい, 放しそう, 放しません, 放しませんよ, 放しゃあがらない, 放すまいと, 敵へは, 斯様な, 日本が, 旦那さんの, 時々は, 未だ江戸, 未練の, 本望じゃ, 本望ぢや, 来て, 格別漢, 極樂, 構うもの, 構は, 構わずに, 構わないから, 構わないと, 構わない了簡, 構わぬ, 構わねえ, 横浜まで, 止まらぬ勢い, 止められない, 此家は, 死なぬ有様, 死なれぬ, 死なれぬわい, 死なれません, 死にきれないでしょう, 死にきれないでは, 死にきれないの, 死にきれないわ, 死にきれない事実, 死にきれない境地, 死にきれない思い, 死にきれなかったろう, 死にきれぬから, 死にきれませぬ, 死にきれませぬどうぞ, 死にたり, 死にっ放し, 死に切れ, 死に切れず悪, 死に切れないあわれな者, 死に切れないこと, 死に切れないよう, 死に切れないわ, 死に切れぬという, 死に切れぬ目, 死に切れまい, 死に切れませんわ, 死に切れめ, 死ねない様子, 死ねない気, 死んだとは, 死骸が, 殻だけは, 毒にさえ, 気違いに, 決して厭いません, 決して忘れない, 決して自分ひとり所有, 沈むもの, 泣いたこと, 泣いて, 泣きませんと, 浮かばれまっ, 浮かぶ事, 浮ばれるぜ, 浮ばれると, 消えるもの, 済まぬこの, 渡るの, 物すごくに, 生きて, 生きてるなんて, 生きてるよう, 生きるため, 生き残るもの, 生まなければ, 生先の, 生家の, 生返る, 田舍へは, 申し訳の, 男の, 盗賊に, 相良さんとは, 眼を, 矢張り酒を, 知らないよ, 社会が, 神は, 祟るかも, 祭って, 空では, 結婚しません, 罪障消滅し, 義公なんかに, 老人は, 聊か悔む所, 脳髄は, 膝を, 自分だけ, 自分は, 自己の, 自殺に, 葬式と, 葬式などを, 藤原の, 蛙を, 蛾次ちゃんの, 行かねば, 行がねえ, 行けぬ, 見せたくないほどの, 見ないで, 言いませんよ, 言うまいと, 言ふも, 言訳は, 討たれては, 詫言なぞは, 誤魔化す積り, 読むまいと, 誰にも, 誰ひとり, 誰ひとり歎い, 誰も, 負けられぬと, 財産は, 買収には, 足りないと, 輕口を, 追いつかないこと, 追付かないよう, 退きません, 道路へ, 適当な, 遺憾は, 野郎奴, 銀座には, 銅像や, 関は, 関わないとさえ, 降伏など, 離さないよ, 離さない決心, 離すまいと, 離れて, 離れないと, 離れない積, 霊と, 靜岡の, 顔を, 食方の, 馬鹿な, 鬼に, 魂だけは, 魂を, 魂魄は, 鼻汁垂らさん

▼ 死んでから~ (307, 3.5%)

3 何年か

2 [25件] あとの, 一周忌も, 一箇月目だ, 三日に, 二十年近くなるで, 人間が, 仏に, 付いたもの, 僕は, 小さいアリョーシャ, 幽霊に, 彼は, 後に, 後にも, 後は, 後までも, 後も, 急に, 旬日で, 牛に, 私の, 自由は, 釘を, 間も, 首へ

1 [254件] ああ残念, あんなになつ, あんなに軽便, あんな軽便, いくら涙, いっそう自分, いつも一疋, いろいろと, いろいろの, いろいろ話, おおいに駈け廻っ, おまえさんは, およそ四十年近く, お祖父さんの, お蝶さん, かっきりソヴェト生活, この家, この鳥, して, しばらくし, しばらくの, すぐ私, すなわち五月二日, ずっと学費, そういうもの, そうする, そこの, その屍骸, その扱帶, その葛籠, その髪の毛, その魂, ただに, だとも, ちっとも足踏み, ちょうどアメリカ, ちょうど二日目, ちょうど十八年め, ちょうど四日目, ぢや, ですか, ですわ, でなく生きて, どうして, どうしても孫, どう言われ, なにもかもめちゃめちゃ, ねがいます, のちまで, ひっこんで, ひどく佐野喜, また五六年經つて, まだ二, まだ役に立つ, まもなくアトランタ, まもなく若い, まるつ, まんいちあの, もうかれこれ二箇月, もう一世紀, もう一年半, もう三回忌, もう三年, もう二十二年, もう二十余年, もう二十年近く, もう何年, もう元気, もう十年, もう半月, もう四年目, やつと, ゆっくり悲しめ, よけいに, よほど日数, わたくしの, ゴタゴタし, シマダという, ジャッキイは, ソヴェト社会へ, 一ばん人間らしく, 一家は, 一年以上も, 一年後に, 一年許り, 一度も, 一月たたぬ, 一番強い, 丁度一年の, 丁度三日目の, 七八日も, 七年に, 七年生き, 七年目に, 七日目で, 三十年に, 三四年も, 三年目に, 三年目の, 三日と, 三時間ぐらい, 三月も, 三毛は, 三週間過ぎ, 下手人が, 世間の, 丸山の, 之を, 二三年の, 二三週間譲吉は, 二人の, 二十四年, 二十日ばかり, 二十日ばかりに, 二年に, 二年の, 二年目の, 二度夢を, 二日か, 二日たっ, 二日目に, 五六年の, 五年十年あとあとの, 人が, 人の, 今年で, 今日で, 他の, 付けたの, 以来永い, 伸子は, 位苦しみたくない, 何の, 何日経った, 何百年か, 余り智慧, 余程我, 兄が, 兄さんは, 兄は, 先き, 入道相国の, 八年程, 六年目の, 其の葛籠, 出ると, 出來, 刑の, 動かして, 十三年目に, 十二年程, 十五年の, 十五日ほど, 十八年衛青が, 十年目に, 十年近くにも, 十日も, 十日を, 半年の, 半月計りという, 又昔, 反つて綺麗, 取亂さ, 君子と, 四日も, 地獄へでも, 多計代, 大きく口, 妙に, 始めて, 始めてお, 子守奉公それから, 家という, 少しばかり, 己ア職人の, 幾日か, 幾日も, 幾日目に, 幾時間も, 弟子共が, 当分は, 後でなぜもっとよく看病, 後どういう, 後の, 後一年の, 後墓地を, 後妻が, 後急に, 必ず無間地獄, 急いだつて, 性命が, 怨霊に, 惡事が, 手箱の, 持たせた脇差, 数時間経つ, 數年たつた, 日記を, 早坂勇へ, 春木町を, 時々あの, 暫らくの, 未亡人きよが, 本国へ, 村医は, 東京に, 東京の, 株券や, 次に復活, 止宿人の, 此書斎は, 残った一匹, 流されたいろんな, 淋しくな, 淋しくなった, 清は, 清作が, 父は, 父親の, 甘えても, 生活に, 男手の, 百年近くたって, 知らして, 知らせるとは, 神から, 私たち母子は, 私達を, 秋川は, 竹光を, 第十三日, 細君の, 組ませては, 締って, 老いた卯平, 老中の, 自分たちと, 苦しい生活, 萎微し, 蛇に, 裏の, 親類一同寄つて決めた, 記念の, 誰か, 貴様の, 赤い旗, 赤鬼に, 間の, 間もなくこの, 間もなく幾ら, 間もなく彼, 間もなく父, 閻魔さんに, 電話を

▼ 死んでは~ (182, 2.0%)

11 いけない 9 ならぬ 8 いない 6 いないの, ならない 4 いなかった, いや, 少し淋しい 3 いけません, たまらない

2 [13件] いけないって, いけないよ, いない事, いやと, おりません, つまらないと, ならないと, なりません, ゐない, 何も, 困ると, 困る私, 堪りませんわ

1 [98件] あまりに平凡, いかん, いけないぞ, いけないと, いけないの, いけない死んでは, いけませんよ, いたが, いないかと, いないきっと, いないと, いないよう, いなかったに, いなかったの, いなかったばかり, いなかったらしい, いなくて, いません, いやおじさま, いやよ, おらなかったか, おられん, おりますまい, おりませぬ, おりませんでございます, お腰の物, かえってお母さま, かわいそう, この秘法, せっかくお前, それは, つまらないやう, つまらぬ, つまらぬこと, つまらんでは, とうてい足らない, ならないぞ, ならないという, ならないもっと, ならないわ, ならない今, ならない君, ならない組頭, ならなかつた, ならぬか, ならぬぞ, ならぬと, ならぬという, ならぬの, ならぬ俺, なんにも, ゐなかった, ゐられなかつた, 万人に, 下総一国は, 事が, 今まで, 仙波の, 何う, 俺を, 冥途の, 割が, 功には, 困る, 外の, 妄執残り, 嫌, 嫌死ん, 実につまらん, 実も, 居ない, 居ぬと, 居られない, 居られん, 島津の, 師匠も, 後世の, 憚る, 折角の, 放つても, 救いの, 新作さんに, 欲しくない, 此小屋の, 氣に, 済まないと, 渡り絶えては, 無念, 犬死にである, 生きて, 生まれて, 申し訳なき, 相すみませんから, 私の, 第一, 罪が, 詰らんじゃ, 讓る

▼ 死んだり~ (96, 1.1%)

6 した 5 すると 4 して, すること, 生きたり 3 するもの, 殺したり 2 しては, する, するの, する三人, する不, 傷ついたり

1 [55件] あるいはこの, いなくなったり, かなり怖, したの, したのに, したら後, した場合, した時, しても, するかい, するかも, するでしょう, するという, するに, するばかり, するもん, するよう, するよりも, するン, する事実, する夢, する所以, する日, なぞしやしません, または病身, カサアキ兵の, 一大事が, 一緒に, 不具に, 二代目と, 他所へ, 俘虜に, 出来るもんぢ, 又は崖, 又形, 変心し, 小さな子供, 尾藤二洲が, 手負いに, 枯れたり, 欠所に, 正規の, 殺されたり, 汽車に, 流されたり, 獣の, 病気し, 真二つ, 行方不明に, 負傷し, 負傷した, 身を, 追われたり, 酷いの, 馬鹿に

▼ 死んじゃ~ (56, 0.6%)

4 大変だ 2 あいや, いけないよ, いけなかったん, いない, いやよ

1 [42件] あいけねえ, あいられないわ, あなら, あ不可, あ大変, あ随分, いかんぞ, いけない, いけないけれども, いけないぞ, いないん, いない死んじゃ, いなかったん, いねえや, いまさあ, いますよ, いません, いやお母様, いやです, うわ, うわよ, うんじゃ, うんだ, うんだよ, おうかと, だめだ, つまらないと, つまらないわね, つまりません, どうにも, ならないぞ, ならぬ, ならねえ, ならねえみんな, ならんぞ, ア何も, ア命が, 厭です, 居ない, 損です, 気の毒だ, 駄目だ

▼ 死ん~ (45, 0.5%)

7 まふ, まへ 4 やつた, やつて 3 やつたの 2 まつて, やいけない

1 [16件] まうか, まえば, まふか, まふだらう, まふわ, まへば, まへる, やいけねえだ, やいづれ, やつてら, や分, や多, や意味, や行く, や貰, や遊び

▼ 死んでからは~ (37, 0.4%)

1 [37件] いよいよ家, おそらくその, おやじと, この, すつかり捻, その屍骸, だれだ, だれも, 一人きりだった, 中橋家の, 互え, 人間が, 何も, 使ひ, 其家に, 安らかな, 専ら倭絵, 少しも, 左近は, 平助の, 彼にとっては, 後添え, 手綱も, 日本に, 時々死に, 氣が, 満足に, 皮と, 私の, 私は, 稼業の, 米作りの, 與八郎さん夫婦が, 葉子は, 説教は, 金と, 面白い内職

▼ 死んだって~ (32, 0.4%)

2 いいから

1 [30件] あやまらない, あやまるもん, い, いいじゃ, いいの, かまうもの, かまわないが, かまわん覚悟, くれやしないよ, つまらないじゃ, はなさない心算, 冴えない, 冴えねえから, 出来やしない, 受けて, 悲しむどころか, 構いませんよ, 構うもの, 構わないけど, 構わないという, 構わないわ, 死ななくったって, 死に切れるもの, 消えない, 焼けたって, 生きたって, 生きて, 覚えが, 解りゃしないん, 負けるもの

▼ 死んでからも~ (22, 0.2%)

1 [22件] ああし, あのひと, これが, すてる気, はなれませんでした, もはや幾年, アリョーシャは, デタラメでも, 亦働かなけれ, 同じ日, 塵と, 夢を, 大して形, 夫婦一緒な, 子雀, 引き合いに, 死人の, 生れる所, 碌な, 自分に, 草葉の, 顔を

▼ 死んでしも~ (19, 0.2%)

5 うた 3 うたなら

1 [11件] うたかと, うた後は, うた方が, うてやがて, うて大, うて生き残って, うて見なさい川島家, た, たらもう, たんで, た人

▼ 死んでからの~ (10, 0.1%)

2 顔の 1 いろいろの, ことが, ことだ, ことであったろう, ことを, 動坂の, 物語を, 甲野さんは

▼ 死んででも~ (10, 0.1%)

2 しまいそう 1 いるよう, いれば, くれれば, しまうだろうと, しまったらと, ゐて, 仕舞う, 行くよう

▼ 死んぢやつ~ (8, 0.1%)

2 たよ 1 たから, たさ, たわ, たん, てるのね, てるん

▼ 死んでからでも~ (8, 0.1%)

1 ただ倭文子さん達, まだ口, カトリックの, 同席できる, 小夜子サンを, 肉に, 足の, 返して

▼ 死んぢまつ~ (7, 0.1%)

1 たの, たほう, た小娘, た方, た時, た者, てるわ

▼ 死んでや~ (7, 0.1%)

1 がる, がるぜ, しない, しないか, しないの, しなかったん, しねえじゃ

▼ 死んでを~ (7, 0.1%)

2 りました 1 つた, り, りもう, り僕, り武田勝頼

▼ 死んだっても~ (4, 0.0%)

1 宜いのです, 文句は, 構うもの, 構うもん

▼ 死んぢまひ~ (4, 0.0%)

2 ます 1 さうな気, ますわ

▼ 死んでからという~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 ものすっかり, もの家中の

▼ 死んでからまで~ (4, 0.0%)

1 まだ私, ベッドに, 女として, 芝居を

▼ 死んでこそ~ (4, 0.0%)

1 おれはるかに, 剣に, 幸福です, 細木も

▼ 死んでの~ (3, 0.0%)

1 一昨年の, 亡霊か, 後は

▼ 死んでまで~ (3, 0.0%)

1 噛みつきは, 怨まうと, 關係が

▼ 死んでまでも~ (3, 0.0%)

1 のこる階級, 人騒がせを, 祟るお

▼ 死んぢゃ~ (2, 0.0%)

1 へ, へ死ん

▼ 死んぢやう~ (2, 0.0%)

1 かな, よ

▼ 死んでからまでも~ (2, 0.0%)

1 人の, 建具屋の

▼ 死んでさえ~ (2, 0.0%)

1 くれたら, くれたらと

▼ 死ん~ (2, 0.0%)

1 つたさうやが, らん者が

▼1* [23件]

死んだけんど, 死んだりなどして, 死んだるものある, 死んぢゃって誰もみよりがない, 死んぢやうこともあり, 死んぢやうのかねえ, 死んぢやう約束したで, 死んぢやつたんぢやない, 死んでかへつて来た, 死んでからがつかりして, 死んでからこそ真実の, 死んででもと云う人, 死んでともなく遠く遠く, 死んでなア死んだ, 死んでにらいか, 死んでもと心願掛け, 死んでもといふ劇界急用では, 死んでもなわたしは, 死んでもはいつて, 死んでよが, 死んとは思ひも, 死んはった, 死んをいと