青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「方向~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方 方~ ~方々 方々~ ~方向
方向~
~方法 方法~ ~方角 方角~ ~方針 方針~ ~方面 方面~ ~於 於~

「方向~」 4751, 46ppm, 2549位

▼ 方向~ (1277, 26.9%)

28 転じて 26 かえて 24 変えて 19 示して 17 とって 15 取って, 指して 11 定めて 9 向いて, 決定する, 辿って 8 變へ 7 取つて, 異にし, 見ると, 転換し 6 とつて, とること, もって, 取りつつ, 転じた, 逆に 5 変えた, 指示する, 換えて, 暗示する

4 [12件] かえた, きめて, むいて, 凝視し, 取る, 持って, 指示し, 決定した, 異にする, 示すもの, 見た, 転換した

3 [21件] きめる, たどって, とった, めざして, 判断する, 取ること, 変へ, 変へて, 失って, 急に, 指した, 指しながら, 更え, 示した, 示すこと, 見やつ, 誤って, 變へて, 転換する, 轉じた, 間違へて

2 [66件] かえると, きめること, さして歩い, つかんで, とつた, とるに, はかって, もう見, 一に, 一変した, 与えた, 与えて, 与へようと, 取りて, 取るの, 同じくし, 含んで, 命令する, 変えながら, 変えました, 変えること, 変えるため, 変えると, 変えろ, 変え声, 変じて, 変へる, 失はうとして, 定めること, 定める事, 抹殺し, 持つこと, 指そうと, 指定する, 振返って, 換えようと, 支配する, 暗示し, 有つ, 歩いて, 求めて, 求め極めて, 決定し, 決定づけて, 測って, 発見する, 眼で, 確定する, 示すの, 見つめて, 見て, 見ますと, 見出したよう, 見出して, 見出すこと, 見失つて, 見定めて, 見定めると, 見送って, 規定され, 變じ, 轉換する, 辿つて, 逃がして, 選む可き, 開拓する

1 [760件 抜粋] あおいだ, あたえたもの, あとから, あやまらせたの, あやまらせて, あらぬ方角, ある意味, あんじて, いふにも, おじいさんに, お変え, お明示, お転じ, かえさせれば, かえたので, かえなくては, かえなければ, かえる, かえること, かえるの, かえるようす, かえる場合, かえる必要, かえ娘, かえ成層圏飛行, かえ白雪, かためて, きちんと保つ, きめたこの, きめるという, きめる時, くっきりと, ぐるりと, こちらに, この最古, この焦点, これも, ご垂示, さぐって, さぐりさぐり進むの, さして, さして急ぎ, さし示したの, さし示したらしかった, しかもしばしば, しめすもの, じっと見詰め, すかして, そち達も, そのはう, たしかめること, たど, たどった, たどりつつ, たどるとも, つかんだ云い方, つきとめないうち, つける為, つけ慎重, とったという, ととのえ明日, ともに肩, とらざるを, とらせたの, とらせられると, とらなければ, とりかけたという, とりつつ, とりて, とり同時に, とり如何, とり最終戦争時代, とり遂に, とるしか, とると, とるの, とる影響, とる時, どうしたい, どうにかこうにか, ながめに, ねらはず, のぞんで, のみとって, ひき出して, ふり返った, まちがえなかったので, まちがえやっと, まとめて, まわすの, みさだめて, みつめて, みるや, むいた大小さまざま, めがけて, もしくは自分, もった力, もつから, もつべきかという, もつよう, もつ体系, もつ行動, もてあまし芸術家, カットと, ネジ変え, 一つに, 一つものとして, 一変したる, 一度に, 一転し, 一転したる, 一転道を, 不動に, 与えそれ, 与えたの, 与えた社会主義的リアリズム, 与えられて, 与える, 与えること, 与えると, 与えるは, 与えるよう, 与える十分, 与える能動的, 与え彼ら, 与へ, 与へて, 与へらるべきもの, 与へるといふ, 与へる能動的, 予言せよ, 二重線の, 今日の, 仔細に, 何で探知, 保って, 俺は, 僕は, 先頭に, 全く一変, 全く逆, 全体として, 凝視した, 分つて, 判明に, 別に, 加えて, 區別し, 十分に, 南へ, 単に一層推し進めた, 卜筮で, 占つた, 反映する, 取ったらいい, 取つたの, 取らしめたの, 取らしめる基本的思想, 取らないわけ, 取り得たとしても, 取り手, 取り追跡, 取るか, 取るが, 取るという, 取るばかり, 取る一種, 取る者, 取る類型, 取ろうと, 取ろうとも, 右と, 右に, 右方の, 合わせた政策的文学批評, 同じくする, 同時に質問, 向き円陣, 向けかえること, 向けて, 含められてを, 告げて, 嗅ぎあて, 嗅ぎつけたらしくどれ, 四度変えた, 国際的見地から, 地方の, 埒外に, 執らなくちゃあ, 執ります, 変えさせた, 変えさせられた風, 変えたが, 変えたの, 変えた猫, 変えた筏船, 変えなければ, 変えはじめたが, 変えようとは, 変えるたび, 変えグルリ背後, 変え元来, 変え大, 変え木立, 変え樹海, 変え街道筋, 変え裾野, 変じ菓子パン, 変ずる, 変化さす, 変化させる, 変化せしめる, 外らそうという, 夢見て, 天意が, 失い出口, 失い固, 失い萎縮, 失う虞, 失つた, 失つて旋風に, 失わず浮かびつつ, 失わせたばかり, 妨げず政事, 始終変えね, 守って, 定むるにいたるまでは, 定むるはまことに可, 定むる場合, 定めかねて, 定めその, 定めそれから, 定めた人間解放, 定めねばと, 定める, 定めるかが, 定めると, 定めるといふ, 定める資格, 定めんと, 定め以, 定め新しい強い, 定め海戰既, 実地見証し, 察し獲物, 實質的に, 尋ねたが, 尋ねて, 少し北, 少し避ける, 左右する, 巻き直そうとして, 市内へと, 常に南, 弁ぜず一筋, 引き廻され車夫, 引き歪められた文学的天才, 強化し, 得るであろう, 必然的な, 志しつつ, 意図し, 感じずには, 感じる, 感じ自動的, 懐疑し, 我々は, 手の, 択んで, 拝みましたの, 持たず遂に, 持たない旋風, 持たろう, 持った生活, 持ってるもの, 持つ筈, 指さして, 指さすと, 指さないの, 指ししめす, 指し両手, 指し側, 指し示したもの, 指し示して, 指し示すであろう, 指し示すもの, 指す迄の, 指そうとして, 指導し来った, 指導する, 指示し得る, 振り向いて, 振り向け低く, 振り返った, 振り返って, 捻じ曲げるため, 採るに, 探りつつ, 推定する, 推進する, 描いて, 換えた芸術, 換えよう, 換える, 換え始め同時に, 支持し, 支配し, 教えて, 教えながら, 教えること, 教へて, 明示し, 明示した, 明記せざれ, 是認し, 暗示された, 暗示した, 更えた, 更えます, 有するヒューマニズム, 望遠鏡で, 案じて, 案出した, 極めて大き, 極める時, 模様化し, 正しくし, 正しくした, 殊に, 殺人事件の, 気ままに, 求めつつ, 求めるの, 求め例えば, 決してゐた, 決して示そう, 決するため, 決するにおいて, 決めて, 決めること, 決める要因, 決定づけるといふ, 測つて, 測らせました, 測ります, 測定の, 源氏という, 漠然と又は, 物色する, 犀川へ, 現わし, 理論的には, 異にしたる, 百八十度転じ, 目ざして, 相談しあっ, 眞直に, 眺めて, 眺めても, 眺めや, 眺めると, 知った, 知って, 知らしめん, 知らずただかた, 知らせる器械, 知らせる目, 知るため, 知るとは, 知るにも, 知る必要, 確立する, 示さずに, 示さないわけ, 示さない人間性, 示ししかも, 示したもの, 示したり, 示した作品, 示しはじめた, 示し新, 示し枝, 示す, 示すかの, 示すのみ, 示すべく運命, 示す天体, 示す磁針器, 示す風見, 示せば, 示そうと, 私に, 立つるもの, 等しうせる, 細胞の, 結晶の, 美しく表現, 考えそして, 考え且つ, 考へること, 耳朶を, 自分なりには, 自分の, 與へ, 與へて, 與へる, 荒つ, 表示し, 見いだしたよう, 見さだめては, 見しらべました, 見たり, 見つけその, 見つめた, 見ても, 見る者, 見る訳, 見出したという, 見出しつつ, 見出せないまま, 見失い光りを, 見失つた, 見定めかねて, 見定め度々, 見届けて, 見従って, 見極めるため, 見詰めて, 規定し, 規定する, 覗くこと, 観測し, 計算で, 訊ねて, 試みて, 語るもの, 誤たず正しく, 誤つたもの, 誤ま, 誤らざる證據, 誤らしむるにあり, 誤らない新劇, 誤りつつ, 誤りて, 誤ること, 誤ると, 誤るのみ, 誤るまいの, 誤る恐, 誤る気, 談ぜんため, 變ずる時は, 變ふる, 變へるべき, 転じその, 転じたが, 転じたの, 転じる者, 転じ反対側, 転じ東天, 転じ狐塚方面, 転ずるため, 転ずるに, 転ぜしめること, 転倒されね, 転換させ, 転換させるべく, 転換しよう, 轉じ, 轉ずるが, 轉換し, 辿りつつ, 辿り従って, 辿るか, 辿ること, 辿る時, 辿る洋画グループ, 辿ろうとも, 迷は, 追うこと, 追求しよう, 逆転しました, 運命的に, 過つなら悪, 違えた釜山警察署, 遠望し, 選びは, 選ぶの余裕, 選んだなら少く, 選択せん, 開いて, 開拓した, 間違えて, 間違えないよう, 間違えると, 間違ふと, 附け加えて, 附して, 鮮やかに, 鹽梅しなけれ

▼ 方向~ (1264, 26.6%)

49 向って 41 進んで 14 動いて, 向いて 10 於て 8 導いて, 当って, 歩いて 6 むかって, 向かって, 向けて 5 流れて, 目を 4 導くため, 発展し, 走って, 進むこと, 頭を, 飛んで

3 [18件] もって, 作用する, 傾いて, 向っては, 向つて, 延びて, 散って, 眼を, 研究を, 走った, 迷って, 進みつ, 進みつつ, 進むもの, 進んだ, 進行する, 面して, 顔を

2 [72件] あらわれて, ある, くりのべられ多く, ぐいとひとつ, ならび流線, ひっぱって, むいて, むかつて, ゆくと, 一歩を, 一致し, 一致した, 偏し, 働いて, 入れて, 前進し, 力を, 動いたよう, 動かして, 動くよう, 動こうと, 取って, 同じ速度, 同速力, 向き直, 向き直って, 向けられて, 向て, 向ふ, 吹いて, 回って, 回転する, 変動する, 変形し, 存在論的決定が, 導くこと, 導こうと, 就いて, 展開し, 嵐の, 彼を, 從へば, 徹底し, 振動する, 振向いた時, 敵機と, 於ける存在論的決定, 於てのみ, 於ては, 於ても, 歩き出した, 沿うて, 洗煉された, 無限に, 爪先を, 直線を, 私を, 稲の, 立って, 自分を, 行くこと, 視線を, 転じて, 迷うて, 進むと, 進むに, 進むの外, 進んだとしか, 運動しよう, 選んだ, 風が, 駅で

1 [862件 抜粋] あったこと, あっては, あらゆる定業, あるいはゆる, あるから, あること, あるの, あるもの, ある可, ある山の上, ある広い, いかなる距離, いつまでも, いつも舞つて, いるもの, えいと, おかれたこと, おかれるなどという, おし流されて, かかわらずそこ, からだを, ぐんぐんと, こねまわして, ございますが, さし上げながら, さそいこまれるよう, さらに遠く, しかもまた相互, したがって, じっとし, すすみますか, すすむやう, すべてが, そうて, そって, そのハンドル, その個性記述的, その原因, その成長, その沈没船, その長所, それて, それないで, たたないもの, たって, つりこまれて, つれて, ですけれど, とぼうと, とりかかって, とんで, どう歩まね, どこまで, どれだけ, なされ質的変化, なったとき, なつた, なつて, なにかこう煙, なびくもの, にがし, ねじ向けて, はしって, はたらくこの, はてしも, ひたすら進む, ひろがって, ふと聞き耳, ふりかえる, ほかならない, まがって, まげたり, また走り出した, まっすぐに, まつすぐ, まとまって, まよいこんで, まわる火星, みちびかれて, むいてる目, むかったという, むくか, むけて, むけるため, めい, もどるに, もみ合って, ゆけども, ゆる, よりて, ゐると, クルクル廻わし, デングリ返り, ドシドシ進化し, ノコギリを, ピストンを, ワナワナと, 一つの, 一先ず目標, 一大転換を, 一定の, 一様に, 一致させよう, 下って, 与えて, 並行し, 乗りその, 乗換へ, 二人は, 亙る極めて, 人間は, 今僕の, 今少し, 仕向けること, 付いたの, 仰向けて, 伝えられるの, 伸びようと, 伸びるの, 何処に, 何気なく触角, 作戦し, 作用を, 依然として梯子, 倒れるかは, 偏ったの, 傾いても, 傾かんと, 傾き今, 傾き殊に, 傾くに, 僅かの, 働かずして, 働きうる能力, 働きもう, 働き物体, 働くから, 働く二本, 光を, 全く逆, 全速力で, 冴え返って, 出られるに, 分化発展する, 分離した, 利用された, 力なく, 力の, 努力が, 努力し, 動かうと, 動かされたの, 動かし発明発見, 動きつつ, 動きはじめた, 動くかという, 動くやう, 動す, 勝手に, 協力する, 厳として, 及び日本, 反対する, 取りました, 合わすこと, 同じき時, 同じ中心, 同じ目的, 同調し, 同速度, 向いちまったか, 向いてるもの, 向うて, 向うても, 向えば, 向かった課題, 向かわないかぎり, 向かわねば, 向き直ると, 向けその, 向けたの, 向けられた, 向けること, 向ける技術, 向った, 向ったとき, 向ったり, 向った東洋文化, 向つて來, 向つて只, 向つて抽象, 向つて活動, 向つて自ら教育, 向ひ, 向ふであらう, 向上し, 君の, 吹きぬける, 吹きまわしては, 命令が, 嚮い, 回り衝突後, 回ること, 回転するであろう, 国家を, 国政の, 垂下し, 基いて, 変えさせるの, 変じても, 変つ, 変化し, 変化する, 変化を, 多く生長, 多忙な犇めく, 大きく動い, 大きな火の玉, 姿を, 定つて, 実在の, 実際に, 対って, 對し, 導かれなければ, 導きよう, 導くと, 導くという, 導くよう, 小さくなっ, 小人国の, 少なくとも四十フィート, 就かうと, 岐れ, 島影の, 差し出して, 平行し, 延びつつ, 延長せる, 廻して, 廻りはじめる, 引き向ける第, 引っぱり込んで, 引張られながら, 張子馬が, 強ひ, 当たって, 当然進まなけれ, 彼の, 彼女の, 徒費し, 従ったという, 從つて橋を, 心が, 心付かざること, 志されなければ, 急速に, 怪塔を, 意見が, 戻すため, 手腕も, 打開できない, 折れて, 押されて, 拳銃を, 指して, 振動したる, 捕えて, 捻じれば, 探照燈, 探究の, 接近する, 推移する, 放出される, 放射し, 整然と開かれ, 文学が, 新築中の, 於ける氏, 於てのみの, 旅路を, 旋転しなけれ, 既に踏み込ん, 明るみを, 時間を, 普通以上に, 暗示し, 曲がって, 曲り込むと, 有機物は, 本能そのものは, 来たかという, 来て, 根を, 極めて緩く, 次第に海, 正しく一歩, 歩いてる筈, 歩きながら, 歩きまわって, 歩き去ったので, 歩き続けて, 歩みを, 歩み出すの, 歩ゆんで, 歪められざるを, 求むべきであらう, 求むるかと, 求めるもの, 決定される, 決定し, 沿うという, 注がれて, 活動を, 活躍した, 流れた, 流れること, 流れ出して, 流れ去るとして, 海が, 消え去った, 涙に, 深まってるすべて, 深入りした, 渡って, 渡つた, 測られた長, 激しくぐるぐる, 火の手を, 烈しく廻り始めた, 無限の, 無限性を, 煉磨されなけれ, 煙の, 片寄りを, 特に延びる, 特に発達, 狂言が, 現れた, 現われた, 生活を, 用ゐよう, 画風を, 留意する, 當つてそこに, 発展させる, 発展する, 発展せしめられた, 発足した, 発達する, 益々強まつ, 直線に, 真摯な, 真紀子は, 眸子を, 研究が, 私の, 移り動いて, 積極性を, 突くより, 窓が, 立ちつつ, 管を, 紙を, 組織され, 結びつけて, 統一が, 絶えず気, 絶ち切られて, 縮んだ楕円形, 老人の, 聞こえるので, 脱線し, 自分も, 自転する, 舟は, 落ちるわけ, 行かなければ, 行く, 行ったなら金, 行つ, 行われたと, 行われなければ, 衝撃を, 見えたと, 見たと, 見ようと, 規則正しく振り動かし, 解決され, 解釋された, 解釋しよう, 設置され, 話は, 誘われようと, 誘導する, 諸生物, 貫ぬい, 赤が, 走らしむるの, 走らせて, 走りつづけながら, 走るから, 走れる弱線, 赴いたこと, 赴かしめたの, 起らなくても, 超越的実在を, 趨こう, 趨り, 足音が, 踏みこむけれど, 踏み直って, 蹂躙し, 転じたり, 転ずるが, 転ずること, 転化するであろう, 転用しよう, 轉釋され, 近くの, 近づくらしい, 近付いて, 迫りカール親王, 迷いやむなく, 迷うよう, 迷ったこと, 迷ったの, 迷て, 迷ふも, 迷わなくなつ, 迷入つたと, 退軍, 送るの, 逃げたの, 逆い, 通したり, 通ずる導線, 通路を, 連続運動を, 進まうと, 進まなければ, 進まねば, 進み, 進みきたり, 進みさえ, 進み得る船, 進み来つたもの, 進むか, 進むであらう, 進むべきであろう, 進むべき機會, 進む二群相會, 進む余地, 進む外, 進む方法, 進む階段, 進めた猛, 進められて, 進めるわけ, 進める思潮, 進んだという, 進んだの, 進んだらいい, 進歩したら, 進行し, 進行せりと, 逸れたので, 運ばせて, 運動し, 過ぎない, 道を, 遠ざかって, 還俗し, 都合好く, 金も, 鉄筋を, 長々と, 長い頂上, 長く続い, 降ること一里半, 限らず芸術, 限定した, 障害なく, 離れだしたの, 雲か, 電光とは, 電車道を, 面した祭壇, 鞭うっ, 頗る滑らか, 飛び出して, 飛び去る, 飛散する, 飛躍しなけれ, 駈けるが, 駛ったら, 驀進する, 驅り立てられず, 高く挙げ, 高まりつつ

▼ 方向~ (485, 10.2%)

12 歩いて, 進んで 7 向って 5 流れて 4 導いて, 走って, 逃げて

3 [11件] むかって, 動いて, 向かって, 向けて, 外れて, 急に, 歩いた, 歩き出した, 眼を, 足を, 飛んで

2 [22件] なびき風, ひたすらそこ, ひっぱって, もどって, ブラリブラリと, 傾いて, 僕が, 全速力で, 出るが, 別れた, 動いたり, 向いて, 導くため, 展開し, 延びて, 流されて, 行きつつ, 行く, 行って, 逃げ出して, 顔を, 駈けて

1 [360件] あゆみ兄, いきかけましたが, いくぞ, いそいそと, いつて, いらだたしく手, うごかされた, お前を, お手伝いしよう, お竹, かきむしられるよう, かけだしました, かなりもう進んだ, からだを, くせを, ぐるぐる, ぐんぐんと, ぐんぐん自身, この宇宙, さかのぼりうるか, さがし求めた, さそいこまれたん, しゃにむに歩く, すべりだした, すれちがった, ずんずん歩い, そのカマ首, そらされて, それて, それを, たしか十歩, だ, であるか, とってかえした, とびますよ, とぶこと, どっと傾い, どんどん歩い, なぜ自分, なだれ込むか, ならんで, はげましたかという, はずれて, ひた押しに, ひろがって, ふき出す時, まわるたび, みちびいて, むいて, むかっての, むけて, むけられて, めちゃくちゃに, もう一度咄嗟, もう一度弾き飛ばす, やって来たの, ゆかうゆかうとして, ゆくよう, ゆく白馬, ゆく電車, ゆらゆら走っ, よたよたと, カイゼル髭に, カーブしよう, ガックリと, クッションの, クリストフを, コツコツと, サッとさしつけました, ジャンガラ星を, スタスタと, ピストルが, 一列に, 一散に, 一時に, 一歩踏み出さう, 一生懸命に, 一直線に, 一走, 一跳足しかけた, 三台の, 上って, 下って, 下ろうとも, 主張を, 事が, 二三歩走った, 互に体, 五十銭だけ, 交互に, 人々を, 今から, 他の, 伸ばし得るもの, 何か, 作物の, 作用する, 來て, 倒れそう, 倒れて, 傾きつつ, 傾く程, 傾けさせるには, 働いて, 働き得るもの, 処理し, 出はずれる辺, 出るかは, 出掛けるので, 出発した, 分析し, 列を, 別れ何, 前者は, 努力し, 努力しつづけ, 努力しなけれ, 動いた, 動かうと, 動かして, 動かずむしろ, 動くでしょう, 動くの, 動けるの, 北上し, 単調に, 反つて, 合流した, 合致しよう, 同じやう, 向かった意志, 向くこと, 向くと, 向けかえて, 向けさして, 向けたり, 向けた時, 向けなおして, 向けられた原因, 向けるに, 向ける時, 向こうと, 向っては, 向ひます, 吾, 周章てて, 呼び戻して, 啓蒙しよう, 嘉吉が, 回って, 回転した, 坑を, 変質させた, 外れ初めたの, 大きくなる, 大使館の, 大気が, 奔逸する, 好い加減に, 導いたらすばらしい, 導いた場合, 導くの, 導く結果, 少し歩い, 少年の, 展開された, 展開せられ, 岐れる, 差出した, 巻いて, 常に船, 引かれつつ, 引きあげて, 引きづら, 引き向けるの, 引込まれて, 彼の, 彼は, 彼等と, 彼等の, 心が, 心を, 忍びやかに, 志向する, 応用される, 急いだ, 急転直下に, 急速に, 息も, 我々は, 手を, 折れて, 押し流されつ, 押し流されて, 押流し, 拡大せず, 持って, 持つて, 指して, 振り廻す, 振り替えられて, 振向けそこ, 捜査を, 数歩前進する, 數歩行きかけた, 斜めに, 新しい歴史, 方向の, 旅し, 春部を, 曝して, 更に展開, 本気で, 来て, 来るの, 根気よい, 歩きたくな, 歩きだした, 歩み出すよう, 歪んだり, 気を, 決意し, 注ぎ入ること, 流して, 流れそれら, 流れる, 流れ去るよう, 漂流を, 漕いで, 物ずき, 環境は, 生き越されくみとられて, 発射する, 発展させた, 発展させられ, 発展させる, 発展し, 発展する, 發展させられる, 真直に, 移り組合主義, 移動し, 突っ走ったの, 突進んで, 立ち去った, 立去るの, 竿の, 線を, 編輯する, 縮り, 置き直した, 羅針盤の, 育てまもられて, 腹這いに, 自主的に, 自働発射, 自分の, 自由に, 舵機を, 船が, 船を, 落して, 行かずに, 行かねば, 行かれる貴方, 行かんと, 行くかも, 行くこと, 行くその, 行くぞ, 行くつもり, 行くという, 行くの, 行く疏林, 行く者, 行こうと, 行った, 行ったところ, 行ったの, 行ったもの, 行っても, 行つた, 表面的には, 視線を, 話が, 誘導する, 走った, 走つて, 走りだしいま, 走り出した, 走り去ったり, 走り去つて, 走るばかり, 走る歪んだ球, 走る河, 起き上った, 踏み出した, 踏み迷わないで, 躊躇せず, 身を, 車を, 転がって, 転じさせた, 転ずる時, 輿論を, 辿り行くこと, 近付いて, 近附い, 迷いこんで, 迷ってたの, 追詰められて, 逃げようと, 逃げ去って, 逆用する, 逆突破, 逆立って, 逆転しよう, 通じて, 連れて, 進まうと, 進まなければ, 進まんと, 進みだしたから, 進みどんな, 進む, 進むため, 進むだろうか, 進むもの, 進むより, 進むらしい, 進めて, 進もうと, 進もうとして, 進んだ, 進んだです, 進んだの, 進んだ方, 進んでる中, 進寄った, 進発する, 進路を, 適確な, 遮二無二逃げ, 邁進する, 開いて, 集中し, 集中する, 雪頽れ, 電の, 靄の, 静まり返った街路, 音も, 飛ぶに, 馬を, 駆り立てられて, 駈けた, 駈け出した, 駈け寄って, 驀らに, 鳴いて

▼ 方向~ (259, 5.5%)

4 ある 3 逆に

2 [14件] あった, あって, あり得たろうか, あると, かいて, ついて, ないから, 区々である, 反対な, 固定し, 存在する, 必要である, 示された, 逆である

1 [224件] あたえられたと, あべこべな, あまりにも, あらゆる方面, ありその, あり無限, あるでも, あるといふ, あるに, いいに, いずれも, いちばん火の手が, おのずから語っ, おぼろげながら, およそ読み取れる, お互いに, かかって, きまってるならだれ, きまつて, きまると, きまる一つ, くみとられるの, くるって, ぐっと北向き, ここに, このたび, この作品, この社会幸福主義, こんに, さういふこと, しらべて, すこし違った, すっかり変っ, すつかり, そちらに, その建築当初, それて, だいたいながらも, ちがいやしないかい, ちがったという, ちぐはぐだ, ちゃんと出, つかないの, つかん, とられた, とられたひとつ, とりも, どうだ, どうも自分たち, ないこと, ないね, なけりゃならん, なければ, のびるよう, ほぼ発火当時, まずいので, まず医者, また下を, まだ残され, まったく知れない, まんざら荒唐無稽, みられる, むけられきわめて, むけられて, もっぱら神秘的, もつと, わかたれて, わかって, わからなくなって, わからなくなり一生, わかりませんでした, わかるまい, わかるまいけれど, インタアルである, グラグラし, ドチラだ, ファルスの, ポッと, マレ・チレノの, ヴェルダンの, 一しょな, 一定しない, 一層目立っ, 一息に, 一番よ, 一義的であり得なくなっ, 一致しなかつた, 一般絵画の, 一路辿られ, 与えられその, 与へられさ, 乖離し, 予測されぬで, 交互一つ置き, 人間を, 今まで, 何となく民衆, 傷口の, 優れた文学, 全く滅茶苦茶, 全然逆, 全然違っ, 出て, 出発する, 分った, 分らないの, 分らなくなった, 分らなくなったの, 分らなくなって, 分らなくなりました, 分らなくなるでしょう, 分れる, 別々な, 利いて, 到来した, 刻々に, 労働者階級の, 勝つて, 反対であろう, 同じだ, 同じで, 同じな, 同一である, 向いて, 問題である, 均等な, 基く処, 変えられた幾個, 変えられると共に, 変だ, 変った, 変ったかな, 変ったかナ, 変ったと, 変ったらすぐ, 変りましたが, 変り形, 変るにつれて, 変わったならば, 変わって, 変わるにつれて, 変化する, 外国貿易に対して, 多いという, 天井に, 太陽の, 妙な, 定つて, 定まつ, 定められる, 容疑者の, 小僧には, 少くとも, 少しちがっ, 帰り路に, 彼自身で, 必要であった, 悪か, 惡いから, 技術学校では, 指し示されるであろう時, 推定せられ, 新星出現の, 早くからきまつ, 明らかに, 時局糊塗に, 暗澹として, 最上の, 東方に, 果して内蔵助, 根本的に, 欧洲では, 歴史以来初めて, 民主主義文学者に, 民主的である, 求められるに, 決ったと, 決定され, 決定される, 決定しなかった, 決定的に, 演劇の, 物騒に, 玄関な, 生々しく脈, 略一定し, 目の, 相反し, 相反對する, 確かに, 確定した, 確實に, 示されて, 示される, 社会主義の, 絶えずヂグザグ, 考へられなければ, 自分の, 自然と, 自由に, 表面から, 西洋に, 見えて, 見え自分, 見ること, 見定められた, 見落されは, 規則正しく分布, 語られて, 誤つて, 誤りを, 違いだしたので, 違うからね, 違うと, 違うとき, 違うの, 違うん, 違った感じ, 違って, 違ふんだ, 銀河の, 鋼鉄の, 食い違って, 鬼門に

▼ 方向~ (199, 4.2%)

3 相異

2 [13件] うちに, ものである, ものを, 北へ, 定まって, 定まらない風, 定まらぬ風, 小い, 意志を, 所に, 指針を, 線を, 転換を

1 [170件] あとを, いかんに, うごいて, うち長命寺に, かつある程度, きまった意志, きまって, きまつて, きまらぬよう, ことさ, これも, そしてある程度, その小, その小径, その方面, その重大, ちがった二本, ちがった真実, ちがった結論, つかぬ街筋, つくまで, ないさびしさ, ない武者, ない生活, ない盲, なさ, はっきりきまらない, まま矢張り我々は, まま裏返しに, もとに, ものであり, ものに, ように, わからぬ乗物, センスに, トラジェクトリーを, ラサを, 一つな, 一の, 一種の, 一致する, 一貫性を, 一軒隣り, 上から, 上に, 下に, 中で, 二運動第, 交流の, 交流的中間態を, 交錯の, 代表的哲學者として, 位置を, 体系を, 何たるかを, 何れか, 健全さにおいても, 側面に, 光に, 光の, 分らない寒い, 努力を, 動くが, 化学作用が, 南極の, 去就に, 反対な, 反対側へ, 取捨選択の, 同じ高, 喪失である, 均等性という, 壁に, 変り日毎に, 変る時期, 変化に, 変換と, 大概を, 如く彼方, 如何に, 定まらないもの, 定まらぬ湿つぽい, 定まらぬ突風, 山へ, 山林中を, 岩上を, 川の, 差異が, 廊下を, 徹底な, 徹底なら, 徹底化と, 徹底化は, 思いつきであった, 惡い, 意味である, 意外なる, 感情に, 感覚は, 成長の, 戸の, 所々に, 指導を, 指導者として, 指示さえ, 指針として, 捜査を, 推移とを, 推移は, 提示と, 放棄の, 方が, 明らかに, 暗示は, 曇った空, 本質を, 検査水準です, 極致な, 正当性を, 正確なる, 水平線の, 求めかた, 決定に, 海上が, 海中から, 無限の, 独自性に, 異っ, 異つた風, 発展である, 目的は, 直接的影響を, 相違から, 相違である, 相違では, 眼を, 石垣は, 確立とを, 示された言葉, 究極的完成, 範囲内だけ, 細かな, 職業に, 自由性と, 自由性の, 舵を, 苦心が, 草の, 見方は, 見當, 計算に, 谷は, 転換の, 軸即ち, 轉換を, 通りに, 速度の, 違うもの, 違うバス, 違う面, 違ったシッキム, 違った二つ, 違った天, 選択は, 開拓といふ, 闇の, 雲を, 電車を, 音変化が, 黒い壁板

▼ 方向~ (154, 3.2%)

2 ちゃんとわかっ, 將來より

1 [150件] あっても, あるが, あるん, あんまり障害, いいから, いずこ, いって, いつもきまった, きまって, これで, さながらに, すでにきまっ, すでに伏線, そちらに, それぞれ異, それによって, それ故, ちょうど天, つかめなかった, とりわけドイツ歴史學派, とれたか, どうする, どうで, なく西, なんの, はるか彼方に, まさしく上州路, みな金銭を, もと来た, やはり民主主義的, わかって, わかつて, わかりませんが, 一万メートル以上は, 一作家の, 一定し, 一直線だ, 一転し, 一部科学的研究に, 三河蒲郡か, 上野の, 不変に, 主軸の, 云うまでも, 人間の, 今後益, 以上の, 伐る樵夫, 何れも, 依然として変らない, 先ず正しい, 全く政治的, 出たかね, 前申す, 南北を, 危険だ, 即ち水, 却て, 又例えば, 反動と, 反対だ, 古い聖者, 同じである, 哲学自身の, 問題に, 四十五度目印は, 固より, 坦途の, 変じて, 変っても, 変らない, 変わって, 大いにわが, 大乗の, 大体同じ, 大槌より, 太陽の, 失わず行きたい気, 失われて, 女が, 季節によ, 定まって, 富士山なく, 対岸を, 少し違っ, 少なくとも人生, 常に劇作家, 必ずこういう, 必ず必要, 必然に, 急激に, 悪い, 愚劣でない, 我々の, 我境遇に, 或は右, 捨てられぬの, 断然一つ, 斷然動かし得ぬ, 明瞭でない, 東南東であります, 東南東距離不明なれ, 根本的に, 極めて順當, 正しくても, 正しく彼, 歴史の, 毫も憑據, 氏に, 水面下の, 決して一定, 決して幻想郷, 決って, 津浪に, 浪漫的として, 消極より, 無論能登守, 物事を, 独占資本の, 猶其の, 王子附近で, 現実に, 生物學的乃至, 産業組合主義に, 甲府で, 疾うに通り越し, 白樺派で, 相反する, 矢張り進化論の, 矢張コロンボ港右號令を, 知らなかった, 確かに, 示唆しうるであらう, 私に, 義元の, 耕す人, 自然に, 處に, 見失われて, 言ふまで, 評価に際し, 誇大妄想狂と, 變つて居るだらう, 逆です, 逆に, 違つてゐた, 雲と, 音でも, 風の, 飛んでも

▼ 方向から~ (153, 3.2%)

3 出て 2 すれば, 吹いて, 明りが, 来て, 歩いて, 私を, 見たの, 見て, 見ると

1 [132件] ある距離, いうと, いって, いっても, いろいろな, うぶ声が, くわえられる, この事件, この樹木, この闇, さざ波の, して, してこそ, そしてどんな, そのおのおの, その島, そらされようと, そらして, それぞれ百三十度と, それと, だんだん近づい, とんで, どこを, なにも, ねらひ打ち, ひじょうな強風が, ほのめいて, また一人, もくもくとまっ黒, もっと精神主義的, やって来た, やって来るかという, やにわに続けざま, ギンネコ号に, フラフラと, ラザレフの, 一台の, 一台バスが, 上顎に, 下町が, 不意に, 世界歴史を, 中心に, 云うと, 人が, 人の, 今度は, 他の, 俳優志望者を, 入れたので, 共通に, 出かけて, 判断すれ, 前方を, 匐い上っ, 反対が, 同じよう, 吹くの, 地方的影響を, 夥しき人, 富士川下流の, 察すれ, 小母さんが, 展望せん, 山鳩の, 岸の, 左右へ, 強烈な, 忍びこんできたんだものカンタンに, 思いがけない女, 恰度父が, 意外の, 捜しはじめたので, 探りを, 推測し, 放たれたもの, 文物が, 日本の, 明るい光, 時々トラック, 更にそれ, 書かないと, 朝日が, 来るであろう併, 来る一連, 来る者, 水桶を, 注目されなけれ, 洩れて, 湧く力, 照らしつけるとき, 物を, 特等室の, 盛んな, 目を, 相槌を, 眺むれ, 眺めたから, 考えさせる芸術, 考究した, 聞えて, 聞こえましたから, 聞こえるよう, 背を, 自ら遊離し, 若い女, 荷馬車が, 落ちて, 落下し, 蠱惑し, 血の, 行われて, 見た壺, 見た曲線, 見れば, 見当が, 解明される, 謙吉に, 財産を, 質問し, 軟かな, 転換しない, 逃げて, 逆に, 道を, 長く続いた, 集つて來て, 雷鳴を, 響いて, 順序に, 鳴いて, 黒い覆面

▼ 方向~ (98, 2.1%)

4 逆に 3 いって, 距離と 2 して, 一致し, 一致しない, 同じよう, 意志を

1 [78件] いいもう, いうと, せられるの, そこからの, その増幅, その実行, その物性, その関連, それに, それにつれて, ちょうど直角, なって, われわれが, ゼ号の, 一定の, 一方で, 一緒に, 一致させ, 二つの, 云っても, 人間性とを, 今年今月の, 位置と, 作者の, 価値で, 保守的, 傾向から, 光りとを, 其分布の, 内容とを, 写実主義を, 反対では, 反対の, 合致し, 同じ方向, 地図と, 大体垂直に, 対立し, 当時においては, 形と, 感情及び, 或經驗, 所動的な, 手段とは, 手段を, 折衝し, 新しきリアリスム, 最も高級, 歩いて, 歩く速度, 求めつ, 測候所の, 発展において, 直角に, 範囲も, 範囲を, 終に達すべき, 考へるの, 能く, 自己の, 表現で, 表現とを, 角度を, 言ったよう, 調子に従って, 警戒すべき, 變り, 質とで, 距離とに, 距離にまで, 速度とを, 速度の, 速度を, 進行の, 過程とに, 道とが, 関雪とか, 階級間の

▼ 方向~ (59, 1.2%)

1 [59件] いっぱいな, いわれはじめた場合, うけいれられその, うけられて, かすかな, これを, さがす工夫, その悲惨, それと, どう生き, やって, ドンという, 二三発の, 以て, 仰角約, 処理され, 出発した, 反映し, 哲学を, 城下町から, 女としての, 幽玄は, 当日の, 当時あの, 征服され, 感覚され, 成長し, 打開し得ず, 把握しきっ, 押された, 描こうという, 放散されない, 日本の, 日蓮辻説法の, 明らかに, 歴史の, 波全体を, 注意する, 浮き上る, 深く発達, 為された, 無内容, 独立を, 理科行に, 町から, 私たちが, 結び合わせようと, 羽ばたいて, 行った, 見ると, 観察を, 解決され, 解決したい, 読まれて, 進めて, 進んだらよい, 銃声が, 闡明する, 飛びつづけると

▼ 方向~ (58, 1.2%)

2 よく似, 乃至順序, 態度も

1 [52件] あるあゝ, ある斯ん, きめること, すでにここ, そちらであった, ないぐうたら, ないし, なく何等, なく点々, なく静, はっきりし, ほぼ固定, ほぼ見とおされる, またそちら, また博士, まだはっきりきまっ, まるで変っ, わかって, わからず今, 一定し, 一定せず, 一轉した, 不定である, 不確, 主として差し迫った, 亦暗澹, 変わって, 大体あっ, 定かでなくなった, 定めがたい, 定めず歩いた, 定められそれ, 幸いに, 当然この, 忘れて, 忘れるほどに, 持たない, 気に, 決してこの, 目的も, 考えません, 考える問題, 考へる問題, 見えるだろうと, 觀測せられる, 趣味も, 身体に, 速力も, 速度も, 進路も, 避けがたい, 飛躍力も

▼ 方向転換~ (58, 1.2%)

7 して 3 をした, をやっ 2 である, の稽古, をし

1 [39件] ができ, が急, が行, が行われ, した, するだらう, するとき, する好機, だ, であり大, できにくい, でまっしぐら, に毎日カルトン, のため, のとき, の刹那, の動作, の好機, の媒材, の宣言, の必要, の手段方法, の手紙, の準備, の為, の理由, の目的, の相談, はない, は人々, は鎌倉幕府, をしなけれ, をする, をはじめた, をやらせましょう, をやる, を与えた, を望む, を要求

▼ 方向への~ (43, 0.9%)

2 超越によって

1 [41件] ある運動, そらせかた, つながりが, 一つの, 一枝石だ, 一歩前進の, 一歩前進を, 信頼であり, 傾きを, 刺衝と, 前進は, 力学的動きが, 努力, 努力は, 可能性を, 同じ運動, 展望が, 帰結などが, 急転直下を, 感じは, 戸口を, 拍車と, 推移である, 推進の, 最初の, 模索が, 歪みを, 発展を, 着眼を, 知識の, 移行を, 第一歩である, 第一歩として, 第一歩とも, 第一歩の, 第一段, 著しい進歩, 解釈で, 距離を, 転換性そこにこそ, 進出を

▼ 方向へと~ (33, 0.7%)

2 歩いて, 流れて, 走らせ間違ったこと, 進んで

1 [25件] いわれて, そぞろ歩きを, そらせて, ただよ, ぼとぼと歩きだした, 一人とぼとぼ, 動かされて, 強い傾斜, 当も, 往った, 思いましたが, 歩き初める, 真直に, 総て動員され, 群集を, 若い一部, 街道を, 足を, 転廻せしめる, 輿論を, 追いよせられた, 進んだ, 進路を, 門人たちが, 駈けて

▼ 方向~ (33, 0.7%)

2 の故障, をなおす

1 [29件] がぴーんと, が今, が曲っ, が直らない, ぐらい曲げられるだろう, にこ, にはじかれ, にはねられた, によって飾られ, のその, のまがり, の切れた, の折れまがった, の方, の曲った, の胴体, の見える, はびく, はもと, は生きかえった, までもまげられ, もうまく, をあやつっ, をなおしましたです, をむける, を操っ, を曲げ, を赤く, を静か

▼ 方向には~ (31, 0.7%)

1 [31件] いたずらに霧, さう深い, さかんな, そう深い, なくて, むけられずお互い, 一帯の, 一帶の, 一瞥も, 何か, 何が, 何も, 充分な, 全く継続, 前田方の, 動かないという, 向けられて, 居酒屋小料理屋の, 山々が, 既成社会が, 村落の, 板塀が, 水あめの, 灯が, 無限を, 眼も, 石の, 空地も, 誤謬あれ, 青味がかった, 頗る興味

▼ 方向において~ (27, 0.6%)

2 では

1 [25件] ある意味, おのおの異なれる, こうした市井生活, さらになお, なされて, ふみだされた, 一致し, 包括しよう, 受け入れ認めよう, 多くの, 婦人作家は, 成立する, 我々の, 捉えるならば, 文壇的で, 時間的であり, 未来から, 歴史の, 私は, 空間的であり, 絶対者に, 行なわれて, 起るもの, 過去から, 過去と

▼ 方向とは~ (24, 0.5%)

3 反対の 2 反対に

1 [19件] あべこべで, ちがった, ちがって, なにか, まるっきり違っ, まるで反対, 中世封建の, 云い換えれば, 何人かに, 全く反対, 同一でなけれ, 岸の, 必ず何時, 明確に, 逆な, 逆に, 逆の, 違つた港内の, 非常に

▼ 方向~ (19, 0.4%)

1 [19件] 位置が, 内容が, 動向では, 形状を, 意味を, 方法が, 方法やを, 明確な, 深浅や, 現実の, 目的の, 範圍は, 結論が, 見と, 踏ん張りに, 週期や, 運動の, 風の, 高さ

▼ 方向とを~ (17, 0.4%)

1 [17件] つかむよう, はっきり認識, もたないもの, もつこと, 区別する, 十分掴めなかった, 否定しつ, 含んだ一つ, 強めあうよう, 文学的に, 無視し, 異にし, 発見し, 知らしめる意図, 覺る, 説明し, 附け加えようと

▼ 方向にも~ (16, 0.3%)

1 [16件] かかわらずして, その飛ぶ, つきまわって, 一向変化, 何等かの, 働いて, 及んで, 友人は, 同様な, 向えず新しい, 大した傑物, 距離が, 身体を, 進む機会, 進行し, 随分力

▼ 方向として~ (15, 0.3%)

2 一般に

1 [13件] あすこを, あらわれる, それの, 人民的な, 人間を, 十分希望を, 対立せしめ, 従来, 戦争時代に, 更に我々, 自身の, 要求され, 解体し

▼ 方向によって~ (13, 0.3%)

1 [13件] いかなる範囲, この世の, こんなに読み, だいたい一定, どっちへ, フケが, 下りの, 人の, 如何なるワク, 彼が, 決定せられ, 異った, 色が

▼ 方向探知器~ (13, 0.3%)

1 [13件] がある, がともに, でその, ではかっ, ではかり, というもの, にとりついた, に狂い, の方, の発達, の目盛, を持っ, を読め

▼ 方向では~ (12, 0.3%)

2 ないかも 1 かられない, それと, ない, ないと, ないの, なく, ふたたびこの, まだそこ, 歴史社会の, 白楊の

▼ 方向~ (10, 0.2%)

21 かさっぱり, からやめ, がその, ということ, というもの, などとも云われる, ね, 女の

▼ 方向~ (10, 0.2%)

2 んだ 1 のだらう, のであ, のであります, のである, のにボート, んだろ, 人間性全体主義の, 随筆活動への

▼ 方向だけは~ (9, 0.2%)

2 これできまつた 1 きまって, なんとはなし, 先生の, 取って, 同じであっ, 文書の, 斜め下に

▼ 方向へは~ (9, 0.2%)

1 たって話, たつて, ちつとも, 行かずに, 走って, 走れなかった, 赴かず私, 追跡されない, 顔を

▼ 方向より~ (9, 0.2%)

1 する示唆, ベルリン方向に, 三十度以上の, 吹く, 投げる方向, 投影する, 突如二発, 送り南北相呼応, 遮断され

▼ 方向である~ (8, 0.2%)

1 ことである, そこへ, とは確信, と信ずる, と説明, スフィンクスの, 以上可なり, 我々は

▼ 方向について~ (7, 0.1%)

1 またそれ, 云える, 再び次, 来た, 示唆する, 自分の, 行けなかったこと

▼ 方向にのみ~ (7, 0.1%)

1 向けて, 存するの, 束縛し, 見て, 走って, 走らせ最も, 遅疑なく

▼ 方向~ (7, 0.1%)

2 がある 1 があれ, だって, にある, をもった, をもつ

▼ 方向からの~ (6, 0.1%)

1 圧力にも, 描写を, 水蒸気の, 照明も, 生温い風, 筋道だけ

▼ 方向からは~ (6, 0.1%)

1 なれた文学, なれた結果, よほど横, 何か, 大分縁遠く, 通らないの

▼ 方向に対して~ (6, 0.1%)

1 いかなる向き, このグループ, この二人, まず私, 一つの, 実証を

▼ 方向をも~ (6, 0.1%)

1 分裂させた, 包括し, 定めて, 察すること, 示されなかった, 考慮に

▼ 方向~ (6, 0.1%)

1 取ッテ進ムデアロウ, 外ラシタ, 定ムル爲ニ, 得テ小ヨリ, 探知スルニ東南東ナリ, 精ク調査スル事ハ容易

▼ 方向さえ~ (5, 0.1%)

1 もう見当, わからんの, 明さ, 正しく歩い, 間違えずに

▼ 方向との~ (5, 0.1%)

1 つながりを, 二つの, 必然性, 變化によ, 関係を

▼ 方向においては~ (5, 0.1%)

1 その非, 全く記号的, 正しく而, 波多野先生の, 疑いも

▼ 方向における~ (5, 0.1%)

2 恒星の 1 光の, 分速度, 批評のより

▼ 方向へも~ (5, 0.1%)

1 向けて, 向けられない, 向わなくなるであろう, 行き得るのでね, 進出する

▼ 方向からも~ (4, 0.1%)

1 到達し得る, 次々と, 見られるもの, 遠ざかつて

▼ 方向だけ~ (4, 0.1%)

1 きまって動き出す, である, です, では

▼ 方向という~ (4, 0.1%)

1 のが, のは, ものが, ものを

▼ 方向とか~ (4, 0.1%)

1 ころがりかた, 歴史的な, 目的とかが, 規準とかいう

▼ 方向にばかり~ (4, 0.1%)

2 向けられて 1 われにも, 進んでるの

▼ 方向をと~ (4, 0.1%)

1 つてゐた, つてゐたら, つて差支なかつた, つて進行し

▼ 方向~ (3, 0.1%)

1 へも誰, へ乗り捨てた, へ示せ

▼ 方向~ (3, 0.1%)

1 てきた, てゐる, て行った

▼ 方向しか~ (3, 0.1%)

1 ないでしょう, ないの, 辿れなくて

▼ 方向だった~ (3, 0.1%)

1 のかと, のでよく, ので久助

▼ 方向であり~ (3, 0.1%)

1 これが, 一つは, 我々が

▼ 方向です~ (3, 0.1%)

1 からいくらか, がここ, が目的

▼ 方向といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものは, ものを

▼ 方向とが~ (3, 0.1%)

1 同君として, 相一致, 非常に

▼ 方向としての~ (3, 0.1%)

2 感覚型態が 1 社会主義の

▼ 方向としては~ (3, 0.1%)

1 この両者, もっと貧しい, 健全で

▼ 方向にだけ~ (3, 0.1%)

1 ひろがると, 伸びるの, 動いたという

▼ 方向ばかり~ (3, 0.1%)

1 では, で昨年, 行かれないから

▼ 方向まで~ (3, 0.1%)

1 ズウッと, 向き直るよう, 示して

▼ 方向即ち~ (3, 0.1%)

1 それぞれの, 時の, 横向きに

▼ 方向~ (3, 0.1%)

2 じみた本所両国 1 だけはずし

▼ 方向違い~ (3, 0.1%)

1 であって, ですよ, の道

▼ 方向すなわち~ (2, 0.0%)

1 大衆の, 抽象という

▼ 方向その他一切~ (2, 0.0%)

2 の技術

▼ 方向だけを~ (2, 0.0%)

1 ごまかして, 選んでも

▼ 方向であった~ (2, 0.0%)

1 ことは, と記し

▼ 方向とに~ (2, 0.0%)

1 今昔の, 流れ動くため

▼ 方向なる~ (2, 0.0%)

1 ものの, 図式である

▼ 方向にあたる~ (2, 0.0%)

1 北西かたの, 川沿いの

▼ 方向においての~ (2, 0.0%)

1 リアリズムを, 生産様式即ち

▼ 方向においても~ (2, 0.0%)

1 ソヴェト文学以外の, 行われた非常

▼ 方向についての~ (2, 0.0%)

1 検討を, 革命的認識

▼ 方向へばかり~ (2, 0.0%)

1 導かれて, 行動し

▼ 方向をかへ~ (2, 0.0%)

1 た, 額の

▼ 方向をかへて~ (2, 0.0%)

1 西南に, 見ませう

▼ 方向一転~ (2, 0.0%)

1 して, を計り出した

▼ 方向又は~ (2, 0.0%)

1 低質性の, 形式で

▼ 方向及び~ (2, 0.0%)

1 これからの, 仕事の

▼ 方向正反対~ (2, 0.0%)

2 でね

▼ 方向~ (2, 0.0%)

1 に作用, に感動

▼ 方向知覚~ (2, 0.0%)

1 というもの, の問題

▼ 方向~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の相会

▼ 方向~ (2, 0.0%)

1 を指向, を真理

▼1* [146件]

方向あるのみ其外面, 方向てぼんやり, 方向および方法として, 方向北の, 方向かまわず積極積極と, 方向からでも玩味批判され得る, 方向からということは, 方向からのみ見詰めさせて, 方向がかはつた, 方向つつ蕋, 方向ここに定まり, 方向この過程が, 方向さえも分らなくなった, 方向されている, 方向そのものである, 方向それはピエール, 方向たるに過ぎない, 方向だけが自分から, 方向だけにまっしぐらに, 方向だけの兵を, 方向だったら何年圧力を, 方向つまり千住大橋の, 方向であってさえも結婚生活, 方向でありまして国家, 方向でございましたな, 方向でない新しさ, 方向での細分された, 方向でもまるであべこべ, 方向といったような, 方向とかいう名辞, 方向とかを問題に, 方向としてよりも自分自分の, 方向とで書いて, 方向とでは機械的の, 方向とを以て説明する, 方向どう云ふ, 方向など頼りに, 方向などに於て, 方向などについて簡単ながら, 方向などにはほとんど構わず, 方向などは第二義的の, 方向などを一緒に, 方向ならびに力の, 方向なりとせば, 方向なりに是非とも, 方向にあたって木片一つ浮い, 方向にこそ警察本来の, 方向にしか進んで, 方向にずつと向うに, 方向については語られて, 方向につき相談を, 方向にでも百フィートごとの, 方向にと転じた, 方向になつて西を, 方向によつてある程度, 方向によっては真珠貝の, 方向によりその人格生活, 方向によることも, 方向にわたり残留放射能の, 方向に対し不断の, 方向に対しての過程的な, 方向に対する真面目な, 方向に従い足を, 方向に従ってそれを, 方向のみである, 方向のみに向けしむることは衷心, 方向はいふ迄もなく, 方向はるか前方に幽か, 方向ばかりに向き始めた, 方向の島, 方向へか打たせて, 方向へということが, 方向へとのみ盲目なれ, 方向へとはいへとに, 方向へまで自身を, 方向まったく相反する, 方向めがけて投げあげた, 方向よりの難詰は, 方向よりはふり仰い, 方向らしいとわかった, 方向をかへるには, 方向をさえ見失おうと, 方向を以て運動し続けるであろう, 方向テンポがかならずしも, 方向深サ, 方向バルザックが四十七歳, 方向一般人間論としてはあり得ない, 方向三日程の距離, 方向不定の風, 方向二三海里距つた海上に當つて, 方向井将監の屋敷, 方向種族トノ關係初, 方向の待合, 方向出版されて, 方向切線に沿った押す, 方向反対な回天動地, 方向周囲に語られ, 方向より厳密, 方向如何によって一歩, 方向安定機とを設置, 方向定かならぬ視線, 方向実践の中, 方向家具の場所, 方向影響は上述, 方向従ってまた, 方向急転がつたえられ, 方向性磁気指力線とその, 方向性質大渦巻付近, 方向意志で営ん, 方向だけは持っ, 方向感覚がゼロ, 方向態度などが一向, 方向探知して, 方向探知局の測定, 方向探知機で探しあてた, 方向探知隊によって発見, 方向方法内容を自力, 方向時間性の最も, 方向を見つけ, 方向正しいと思われる, 方向殊に海岸線に, 方向毎日の潮流, 方向によって嘗て, 方向水藻のぐあいなども, 方向決定に偉大, 方向決闘の行われ, 方向番号をつけ, 方向監督のみちびき, 方向の方向, 方向の概念, 方向範囲を決定, 方向結婚や恋愛, 方向線上に於ける, 方向緩急を視察, 方向自己を天才, 方向は其の, 方向表示を変え, 方向の針, 方向踏むべき道を, 方向転換その他に手間どった, 方向転換期にある, 方向転移の出来る, 方向轉換に過, 方向速度を変える, 方向速度等を知る, 方向進歩の方向