青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歴史~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~歩き 歩き~ ~歩き出した ~歩く 歩く~ 歩み~ ~歯 歯~ 歳~ ~歴史
歴史~
~歸 歸~ ~死 死~ 死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん 死ん~ ~死んだ

「歴史~」 14741, 159ppm, 666位

▼ 歴史~ (2606, 17.7%)

56 上に 48 中に 38 中で 20 上で 19 なかで 18 うちに 15 発展の 14 中の 11 なかに 10 上では, 現実の 9 上から, 或る, 流れの 8 中には 7 中では, 時間に, 発展を 6 うちで, なかの, 意味を, 段階に, 波が, 研究の, 進歩に

5 [12件] 上での, 上の, 中から, 事実を, 前に, 動きの, 学は, 後に, 必然的な, 本には, 概念は, 波の

4 [36件] うえで, それぞれの, ために, なかでは, ひとこま, 上には, 上にも, 中での, 中にも, 内に, 動きに, 展開の, 後こ, 必然, 必然だの, 新しい人, 書物を, 本に, 本を, 本質に, 概念が, 流れに, 深さ, 現段階, 研究が, 示すところ, 筋は, 表面に, 認識に, 講義を, 車輪を, 進行の, 過程は, 過程を, 鏡に, 頁の

3 [55件] ある時期, なかでの, なかへ, 一つの, 上において, 世界に, 中でも, 事實を, 二つの, 光に, 全体から, 前進する, 原理を, 各時代, 問題は, 学において, 学の, 学問が, 必然などという, 必然などといふ, 必然の, 性格を, 意味は, 教える処, 方から, 方で, 時代に, 時間の, 本読む, 材料を, 概念を, 段階は, 波濤の, 波瀾の, 波間に, 流れを, 現実に, 現実を, 発展と共に, 発展に対する, 真実に, 研究を, 科学的研究という, 背景の, 興味が, 舞台に, 若さ, 足どりの, 運動を, 過程で, 過程に, 過程の, 間に, 面白さ, 頁を

2 [201件] あみだした独創的, あること, あるもの, ある御, ある旧家, ある時代, ある青山, いつの, うえから, うえに, うちには, うちの, うつりか, ことは, ことも, すすみの, すべての, どこにも, なかから, より優越, デエトを, 一つで, 一切の, 一般的な, 一部として, 一頁の, 上からも, 上でも, 世代が, 世界においては, 世界の, 中において, 中へ, 中を, 主体は, 事実が, 他の, 任務である, 作られて, 使命と, 先生では, 全体の, 全過程, 全體, 内で, 内容を, 列に, 初期たるに, 初期に, 到達点に, 刻々の, 前途に, 前進の, 力が, 力に, 勉強を, 動きを, 動力としての, 原則的な, 原理が, 原理に, 原理は, 取扱いかたは, 取扱うもの, 古いの, 古さ, 否定は, 問題が, 問題として, 変遷が, 外に, 大すじ, 大勢から, 大勢を, 大半を, 大局から, 奥から, 如何なるもの, 姿に, 学と, 学とは, 学においては, 学を, 客観的な, 尊重は, 幽玄を, 強力な, 必然とか, 性格は, 性質を, 意義では, 感情として, 扉を, 推移に, 推移の, 推進の, 教うる, 教師と, 教授に, 断面を, 新たな, 方が, 方面に, 時から, 時期に, 時間を, 智識を, 書物で, 最も具体化, 最大関節であり, 最後の, 本質である, 本質と, 本質にか, 本質の, 本質を, 本質的な, 材料の, 概念に, 樹から, 歩みが, 歩みは, 歪みを, 波と, 流れから, 流れは, 流を, 無意志, 物語が, 物語も, 特色の, 現在に, 現実との, 現実は, 理解が, 生命である, 発展から, 発展が, 発展と, 発展との, 相貌の, 相貌を, 眼によって, 眼を, 研究に, 研究において, 研究には, 研究にも, 研究によって, 研究は, 示すやう, 示すよう, 示す通り, 秘密が, 秘密を, 種類が, 積極な, 第一, 第一章, 第二, 終局に, 繰返しを, 美しさ, 背後に, 背景を, 著述を, 藤原氏や, 表面へは, 表面を, 裡に, 複雑な, 要約である, 見かた, 見と, 記録を, 証明する, 試験は, 話を, 語の, 課題と, 課題に, 起源といふ, 跡から, 跡が, 跡は, 跡を, 進む方向, 進展の, 進展を, 進歩は, 進歩的な, 過去の, 過去を, 長さ, 間で, 関係を, 限界が, 頁から, 領域に, 體裁が, 體裁は

1 [1478件 抜粋] あかしとして, あつた, あやとして, あらましの, あらゆる角度, ありがたい点, あるこの, ある俚謡, ある古い, ある家, ある小泉, ある我國語, ある期間, ある私塾風, いかなる以前, いきさつの, いろいろな, うちにおいて, うつりへの, うねりで, おもて, お講釈, かげが, からみ合いの, くりひろげられる場面, ことだ, ことなんぞを, ことや, この多岐, この性質, この辺の, こまかい具体的, しからしむるところであるかはしらぬが, すすみゆく段階, せいも, その他の, そよぎに, ためや, つかみ方, つづきである, つよく大きい襞, どこかに, どの頁, ない大昔以来, なかでも, なかにこそ, ならひであるから, ぬきさしならぬ, はじまりであった, はてに, ひろくゆたか, ほかには, まぼろし, めぐりあはせは面白い, もっとも積極的, もつ夫, ものである, ゆがみの, ように, より事理, イデヤ的形成の, カクテルを, ギャップ相剋という, テムポを, フランスに, マイナスの, リアリティーを, 一切で, 一宗派を, 一時期としての, 一歩である, 一環の, 一部分であります, 一部分として, 一面の, 一頂点を, 上からは, 上においても, 上向の, 不幸は, 不明なる, 世代の, 両面であっ, 並行し, 中又, 中心は, 中日本などは, 主流として, 乏しさ, 事を, 事実上に, 事情に, 二世紀ほどが, 二字の, 五千年などは, 人では, 人物よりも, 今日の, 代表的, 伝えるところ, 伝説を, 何たるかを, 作り手達だ, 使命である, 侵略者とは, 健全さの, 偶然から, 傳統を, 先ぶれとも, 先生じゃ, 先生と, 先生は, 先頭を, 光景です, 光輝ある, 全体に, 全体を通じて, 全部が, 兩端を, 具体的条件に, 内には, 内容によって, 内面的形式として, 分析的研究によって, 切り口の, 初歩として, 初頭においては, 到達点を, 刻みを, 前途は, 前進に, 前面に, 力として, 勉強なんか, 動きが, 動きとは, 動きは, 動因を, 匂いいと, 単に客観的, 単線にとって, 博物館に, 原動力は, 原理と, 厳粛性は, 參考として, 反対な, 取り扱, 取扱う複雑, 古いわり, 古い時代, 古本を, 可能性は, 合理主義的観念化に, 名場面, 命が, 唯物論的, 問題からの, 問題についての, 問題の, 喰いちがい, 因子として, 土台に, 圧縮された, 地下へ, 基礎を, 場面において, 増刊, 変動にも, 変遷それに対する, 外には, 外部から, 大きい転換, 大きな矛盾, 大勢, 大家, 大摩擦, 大略である, 大要を, 大通りの, 夫, 女神は, 始まりは, 始原の, 媒介は, 学そのものでは, 学には, 学問の, 学問的研究という, 學問に, 実を, 実現過程の, 実質の, 実際生活, 家の, 家系譜の, 實體である, 対立者を, 專攻者でありません, 尊重を, 局面は, 展望の, 展開が, 展開には, 層の, 巨大なる, 巻首を, 常識と, 干物, 年代或いは, 床を, 底流を, 弁証法に, 当然の, 影が, 影響という, 役割は, 後ここ五十年やっと, 心得が, 必然だけで, 必然であろう, 必然については, 必然性その, 必然性と, 必然性とは, 必然的の, 必要性という, 怒濤, 性格が, 性格として, 性質から, 性質についての, 恥であろう, 悲調な, 意味する, 意味に, 意志を, 意義や, 感情に, 憤りが, 成長とを, 或一隅, 所有者として, 所産として, 批判に, 抽象的一面は, 担い手である, 担当者である, 指導的な, 授業を, 推移について, 推移発展の, 推進にとって, 推進力と, 推進力によって, 描写は, 摘発を, 故に下品, 教え方, 教師は, 教科書か, 教科書に, 教科書には, 数々を, 文字の, 文献学主義的な, 断続と, 新しいせい, 新しい事実, 新しい頁, 斷面と, 方向からは, 方向を, 方法を, 既成性の, 日本は, 明に, 明暗を, 時代が, 時代を, 時期として, 時点を, 時間には, 景観の, 暴威と, 更に, 書けない歴史家, 書物だ, 書物にも, 最も具體的, 最初は, 最後に, 木山ガンモ先生から, 末の, 本だけの, 本で, 本などを, 本當, 本質から, 本質について, 杉山先生だけ, 材料は, 根幹に, 根本の, 根本心情である, 根気づよ, 概念として, 概念の, 様々な, 標号である, 横断面においてのみ, 次々の, 正史の, 歩みと共に, 歩み出しである, 歪んだ間違った世界, 歯車の, 殆どない, 段階では, 段階上から, 水平線の, 永い伝統, 永遠な, 決定する, 法則として, 波との, 波を, 波間で, 流れ, 流れと共に, 流れ我々, 浪を, 海底へ, 消長は, 深い内面, 深みを, 渦は, 源泉に, 激しくうつりかわる, 火に, 無視である, 爪先の, 物語るところ, 特性として, 特殊性である, 犠牲について, 独特さについて, 現われ方, 現実そのものが, 現実では, 現実までを, 現実性であった, 現実的概念に, 理解の, 生きたいのち, 生れた市, 産物なり, 発展し, 発展において, 発展には, 発展への, 発展段階の, 発展的面に, 發展の, 目安と, 目的論が, 相貌は, 相違を, 真ん中へ, 真実を, 真理を, 真相を, 眼中に, 矛盾だらけの, 知識が, 知識には, 研究と, 研究を以て, 研究者だ, 研究者に, 示すきびしい, 科学は, 科目設けられざりし, 種類も, 空白を, 窺はれる, 立体的容積と, 第一列, 範囲内に, 精神である, 精華とを, 細部に, 組織的な, 経過しかたが, 結果との, 絢が, 継続としての, 綾は, 緊迫した, 編纂は, 縮圖, 繋がりが, 繰り返しを, 羽音である, 考察は, 聖なる一回性, 背景に, 脈動を, 自覚と, 舞台である, 色が, 花たる, 若年期を, 莊飾と, 蓋を, 血に, 表に, 表面です, 裏面に, 複雑多様な, 要約は, 見方である, 視野を, 観念化作用が, 觀念を, 解釈が, 解釈の, 言わばノエシス的側面, 記すところ, 記述と, 記録する, 証すところ, 証人である, 評論が, 話の, 詳しい話, 認識が, 説いて, 課題であり, 課題や, 論理として, 諸性格, 謎を, 講義に, 證明する, 豊かさは, 資料が, 質量が, 起原を, 足どりが, 跡に, 車輪が, 転変に対して, 転換期を, 辞典だ, 近い頃, 逆転は, 連鎖の, 進みという, 進みゆく重点, 進んで, 進化の, 進展と, 進展は, 進歩と, 進歩発展を, 進行とともに, 進行に, 運動における, 運命とは, 過程が, 過程と, 過程には, 道は, 遠近も, 部が, 醇の, 重大な, 鏡である, 鏡には, 長い過程, 長江を, 開化と, 間の, 間違だらけで, 闇の, 限界としての, 陰を, 雄なる, 難題は, 非学問的, 面も, 面白くない, 頁は, 領分に, 領域へ, 風波に, 體でない, 體を, 鼓動とともに

▼ 歴史~ (1521, 10.3%)

23 もって 22 持って 14 持つて, 研究する 12 読んで, 調べて 11 知ること, 見れば 10 見て 9 書いて, 見ても 8 有して, 考えて, 見ると 7 作って, 有って, 経て 6 もつて, 刻々に, 尊重する, 研究し 5 動かして, 叙述する, 書くこと, 知って, 読むと 4 つくって, 一貫する, 作る人, 有つてゐる, 知りまた, 知るには, 研究した, 繙けば, 見ますと, 語るもの

3 [18件] みると, もった村, 動かしたもの, 反映し, 問題に, 有せざる, 残して, 知るため, 続けて, 繰返して, 見渡すと, 語って, 語つてゐる, 辿って, 通覽する, 閉じて, 題材に, 顧みて

2 [97件] こめて, しらべて, そのままに, その内容, ひそめて, ふりかえって, もつ地球, 一種の, 会得させる, 作つて来た, 作るの, 作る時, 信じないの, 借りて, 前進させる, 創造する, 動かす動力, 取り扱, 墓に, 学んだ, 展開し, 左右すべき, 形づくって, 忘れたの, 想う時, 抜きに, 持つもの, 持つ国, 振返つて, 描いたもの, 描いて, 明らかに, 更に育てるべきだ, 書いたもの, 書いた人, 書かなくては, 書くとき, 書くに, 書くの, 有する政治家, 有すれども, 有つ, 構成し, 構成する, 正確に, 活かして, 溯って, 無視する, 物語って, 理解する, 異にし, 省る, 知らない, 知らぬが, 知らぬ者, 知らねば, 知りその, 知る, 知るという, 知るの, 知る上, 知る必要, 科学的に, 秘めて, 經て, 綴ること, 編纂します, 編纂する, 縦に, 繰り返して, 考えると, 背景に, 見ますると, 見るに, 観るに, 觀る, 觀れ, 評論した, 語らんと, 語ります, 語るの, 語る猫, 説いて, 説く者, 説明し, 読みながら, 読んだもの, 調べると, 調査し, 讀んで, 貫く一つ, 超越する, 辿つて, 通じて, 過去の, 鑑といふ, 閉じること

1 [992件 抜粋] あらゆる日本, いかに生きぬくべき, うけついで, うらづけて, おた, かいた小説, かいて, かえりみると, かかる小, かく見る, かち得その, き, くらましてしも, くりひろげるの, けっして忘れ, ここに, この立場, これから書く, ご存知です, さかのぼったわけ, さかのぼり今日, さがして, ささえる歴史的主体性, しっかり調べた, しらべそれ, すこし勉強, すっかり話し, その文学, その純粋, それは, たずねる手続, たどった, たどって, たどるならば, つうじて, つくりつつ, つくると, つづいて, つらぬいて, とおって, とらえた大きい, とりいれて, どう生きる, ながながと, のこしたもの, のべて, はつきりと, はるかに, ひとつの, ふり返っ, へて, まったく無視, まとめ, みのらして, みること, みるとき明らか, めいめいの, もう一度ふりかえっ, もう少し細か, もちいま, もちはじめてゐた, もち別々, もち言語, もった党, もった市街, もった部屋, もつこと, もつた古い, もつてから, もつらしい結核患者相手, もつ中華, もつ國家, もつ朝鮮, もてあそんでる無謀, やつて, よくしなけれ, よく知らない, よく説ききかせた, よみ政治, タンテイする, リードしよう, 一つの, 一千万年くらい, 一瞥し, 一變した, 一転させた, 三百年四百年と, 与えて, 世界史の, 中に, 中心に, 交互に, 人間学的に, 今ここに, 今になお, 今夫に, 今少しく, 伝えて, 体系化する, 何等の, 作つた所の, 作つて居る, 作り得るもの, 作ると, 作るどころか, 作る行為, 保障し, 信じない, 信ずると, 假裝した, 償おうという, 全く棄て, 公平に, 典拠として, 出發點, 分離する, 前に, 前進させた, 創る一対, 劃した時代, 劃する宗教, 勉強しなされ, 動かし歴史, 動かす人物, 動かす第一義, 包む立場, 十分に, 午後の, 単に客観的, 単に観想的, 參酌し, 取扱う意味, 受け持ちながら, 叙述しなけれ, 名文に, 否定する, 吾が脳裏, 味ふ, 哲学的に, 喰い物, 営んで, 嗣ぎつつ, 囘顧する, 回想すれ, 国民と共に, 坐つて, 変えながら, 外国の, 大事に, 大切に, 大観し, 天子に, 太陽の, 失つては, 始原史, 委しく知らぬ, 学ばねば, 学ばんと, 学ぶとは, 学ぶには, 学ぶ必要, 学んで, 学問的に, 完成させた, 家業と, 尋ぬれ, 尋ねる人々, 少しでも, 少しも, 尤も多く, 展開する, 引いて, 引っくり返しても, 形づくるもの, 彩るに, 後世に, 心得て, 必要と, 忘れさせた事, 忘れて, 怖れる, 思い出し顔, 思ひ歴史, 恥か, 意味し, 愛し知識, 愛読した, 感ぜずに, 成すの, 我々の, 戦国時代あたりまで, 打破し, 扱った小説, 抹殺し, 押しすすめるため, 押し進める推進力, 担おうと, 拔き, 拵へ, 持たぬこと, 持ちて, 持ったもの, 持った土地, 持った東洋画, 持った音楽, 持つた國, 持つだけ, 持つまい, 持つ地方, 持つ様, 持出すの, 振り返つて, 捜して, 捨象し, 探り求めようと, 探究する, 推測し, 推進させる, 描き出しよう, 描くところ, 描こうと, 改めないならば, 政略の, 教えある, 教える時, 教へる, 文学化し, 新しくする, 日本に, 明治以後において, 時々ふり返つ, 更に新しく, 書いたの, 書いた本, 書かうと, 書かねば, 書きかへ, 書き上げること, 書き改めること, 書き殘, 書き綴つて, 書き足しつつ, 書くが, 書くと共に, 書くもの, 書く意味, 書く精神, 書けり彼, 有しか, 有し回数, 有す, 有する, 有するが, 有するなり, 有する三里, 有する城下町, 有する歐米, 有する貸座敷業者, 有た, 有つた国, 望む時, 材料として, 某雑誌, 検するに, 極めて手短, 標榜する, 歌わむとする心, 正しく反映, 正しく見れ, 正法像法末法の, 此熱心な, 歴史として, 殘した, 比較する, 汚した, 流れたよう, 深く思いやった, 深める仕事, 溯源する, 漕ぎわたらせる船, 濃く彩った, 無限に, 焼きほろぼしたの, 照りかえしまた, 物語つてゐる, 物語る民主的文学, 特に戦争, 献上に, 理性に, 生きつづけて, 生き進んで, 産む処, 申さんに, 申し上げるの, 略記する, 痛切に, 発見する, 皆事実と, 目前に, 直観的に, 省みて, 省みるならば, 眺めても, 眼で, 瞬間の, 知ってる者, 知つて居つたら, 知らずして, 知らないから, 知らないで, 知らなかった矢代, 知らぬもの, 知らんが, 知りかつて, 知りたく思ふ邑人, 知ると, 知るに, 知るにつけ, 知るよう, 知る眼, 知ろうと, 研究しまし, 研究し直そう, 研究せん, 示すに, 社会構成の, 私の, 私共が, 種に, 空白に, 第二の, 簡略に, 粗末に, 紛乱せしめた, 素材に, 細閲すれ, 終った, 終りました, 組み立てるもの, 経ました, 経多く, 結び付けて, 統ぶる, 絶つて, 經た, 編みながら, 編んで, 總括す, 織り地図, 繙くこと, 繰り返すこと, 繰返した, 習う, 習って, 翻へ, 考えなければ, 考へて, 考へようと, 考へること, 考へる上, 考證する, 聞いたとき, 聞いて, 聞き振返って, 聴いて, 背景と, 背負ひこむ, 胎んで, 自分で, 自然史的に, 自覚し, 舞臺の, 花と, 著述として, 表面上まきおさめた, 複雑に, 要約する, 見せて, 見たの, 見ない誤った至上主義的理解, 見ます, 見よ, 見よ安政大獄, 見るがい, 見るだけでも, 見るとか, 見るの, 見るも, 見る能力, 見渡して, 見物は, 見透さなければ, 視るに, 観て, 観るという, 観るもの, 解する, 解釋し, 言つたので, 計画的に, 記述する, 記録し得る, 評論する, 話した, 話し出した, 話せば, 詳に, 詳細に, 誇と, 誇ること, 誇る武官, 認めたと, 認識する, 語つた, 語らぬ一方, 語りそれから, 語り一般人民, 語り伝へて, 語り奈良朝以後, 語り生活, 語るかの, 語るでは, 語るとも, 語るよう, 語る宮殿, 語る形式, 語る琉装, 説いた貴種養育譚, 説き証さうとして, 説くは, 説く場合, 説く物, 説こうとは, 説明した, 読まざるもの, 読みしずか, 読み哲理, 読み聖賢, 読むに際し, 読む人, 読む趣味, 読んだり, 読んだ者, 調べたうえ, 調べても, 調べなければ, 調べるの, 調べる意味, 談ずるに, 論じ人類, 讀みマルクス, 讀むもの, 讀んだと, 負って, 貫く文化, 貫く普遍的, 貫く赤い, 賑かに, 賭け誠実, 超えて, 踏まへて, 辯護する, 辿りますと, 辿れば, 述べたいと, 述べだした, 述べること, 述べ日本人, 追跡する, 逆さまに, 通じ何, 通って, 通読し, 通論する, 進展せし, 運命的に, 遍歴する, 遠く遡る, 遡りうる限り, 遡れば, 重ねて, 重んずる考え, 鋼の, 長き穂, 閉じるまで, 開いた一人, 開けて, 闇から, 附し又, 離れて, 順々に, 顧みそして, 顧みなければ, 顧みますと, 顧みるに, 顧みる時, 顧慮し, 飾る合法的愛国運動, 飾る第, 高めたいもの

▼ 歴史~ (1395, 9.5%)

84 なもの 19 な意味 16 現段階 12 に規定 11 に見 10 に制約 9 な, な本質 8 である, な価値, に, に与えられた, に発展 7 だ, なるもの, に展開, に必然, に有名, に見る 6 ということ, な事実, な性質, な立場, にみ, に云っ, に変化, に考へる, 諸科学 5 な発展, な範疇, にその, になる, に見た, に運動, のもの, の研究

4 [15件] だという, であるが, であること, では, な傑作, な存在, な条件, に伝承, に存在, に形成, に発生, に発達, に研究, に見れ, に限定

3 [30件] であり歴史的, でなければ, なまた, な人物, な内容, な又, な大, な必然, な性格, な怪物, な時期, な根拠, な特色, な現実, な矛盾, な考察, な観点, な諸, になつ, に又, に変遷, に意味, に決定, に貫之, に進歩, の構成, の由来, の記憶, 現實, 諸事件

2 [91件] だと, であ, であつ, であるから, であると, であるという, なそして, なつながり, なの, なり, なる存在, なる實踐, なる性格, な一種, な事件, な人類, な位置, な作品, な使命, な全, な場面, な宿命, な形, な形態, な必然性, な悲劇, な意義, な感覚, な所与, な方向, な日々, な時代, な時間, な由来, な発展物, な発見, な発達, な目, な相貌, な瞬間, な社会的, な考へ方, な認識, な課題, な責任, な銅羅, な関係, な飛躍, にこの, にそう, にどう, には埋没, にもその, にも在り得ず, にも地理的, にも有名, にも非常, に与えられ, に云え, に叙述, に変革, に或, に推移, に新しい, に日本文化, に最も, に永遠, に現実, に経過, に考察, に與, に見られる, に観察, に証明, に説明, に起った, に転化, に重大, に重要, に養われ, の因襲, はあわて, はばか, は流石, よ, を好き, 大事件, 従って, 現段階性, 諸契機, 諸発展

1 [717件 抜粋] および地理的事実, および家系的記録, たらんと, だった十二ヵ月, だよ, だわ, でありその, であり世界的立場, であり従つて, であり未来, であり立場, であるこれ, であるそこ, であるとしても, であるなどとは, であるの, であるべき覚悟, であるよう, である場合, である故に, である特定, である生, です, でそして, でないもの, でない証拠, でなくて, でも, で且つ, で社会的, で非, といえ, との乖離, とは彼, と云, と密接, と相, と稱, と考えられ, と言う, なありよう, なお, なかつ, なその, なにがにがし, なふるい, なまでに, なものそのもの, なりといふ意味, なるアントロポロギー, なる社會的, なる立場, なる過程, なる部分, なアナーキスト, なインフレーション, なカテゴリー, なジェネスト, なスパイ戦線, なニュアンス, なフィルム, なプチロフ工場, な一つ, な一大異常児, な一時代, な一活動, な上, な且つ, な主語, な亀裂, な事, な二次的附属的, な人間, な人類的, な仕事, な作用, な偏向, な傷, な全体, な全景的, な出来事, な出発, な利害, な制約, な前進, な動かしがたい, な動き, な動的決定, な動的発展, な区別, な十月, な単に, な即ち, な原始化, な又は, な反動, な古典的文献, な史実, な吟味, な呼び名, な哲学体系, な啓蒙期的, な嗅覚, な固定観念, な土地, な執着, な場処, な塒, な変遷, な大きな, な存在意義, な定型, な実質, な実践, な実験, な客観的存在物, な客観的現実, な小, な小説, な展開, な巷, な幾波瀾, な床の間, な弁証法過程, な役割, な必要, な恍惚, な悲しい, な感じ, な成果, な成長, な所産物, な所謂道徳的, な把握, な排列法, な推移, な政治的性格, な政治行動, な文学, な文学的, な文学運動, な文献, な新聞現象, な旗, な日米會見日, な普遍人間的範疇, な普遍性, な月, な本然性, な来歴, な根柢, な業績, な概念, な概念構成, な権力維持, な機会, な歩み, な歪曲, な法則, な波濤, な波瀾, な混迷, な爆発, な物音, な特定, な独特, な独特性, な現代, な現実認識, な現実関係, な理解, な生命, な生活感情, な疑問, な目印, な直接的, な相互, な眼, な知識人, な破局, な確信, な社会現象, な科学的, な究明, な第, な精神発展, な約束, な素質, な結論, な絵描き, な継起, な美しい, な習慣, な聖なる, な背景, な自己放棄, な自己運動, な自身, な苦し, な苦しみ, な苦悩, な萩, な血盟団, な行動, な衝撃, な裂け目, な要素, な見方, な見本, な観察法, な観念, な観方, な観物, な記念物, な話法, な読書, な豪華, な資格, な起伏, な足跡, な転換, な退潮, な連関, な運動, な過去, な道徳的真理, な違い, な適用条件, な酒豪, な釈迦, な重圧, な重要性, な野蛮行為, な金網入り, な鍵, な陶工, な階級的, な革命高揚, な順序, な願望, な顧慮, にああ, にあれ, にいかに, にいふ, にいろ, におくらせた, におたがいに, にくり, にさかのぼっ, にし, にしか現実, にしか生活, にせんさく, にそこ, にたどっ, につまらん思ひ, にどういう, にどこ, にどの, にないでしょう, になっ, になるべき, にはここ, にははるか, にはもと, にはキリスト教, には之, には今日, には出雲族, には古い, には封建的家長制度的, には意義, には或いは, には殆, には生きぬ, には移轍, には立派, には錯誤, にばかりで, にまず, にまだ, にみせ, にもそう, にも之, にも伝承, にも全く, にも心理的, にも必然, にも教義的, にも最も, にも沢山, にも若々しかっ, にも落語界, にも階級的, にも風俗的, にカント以後, にブルジョア, に一つ, に一歩, に一段階前, に三つ, に不純, に且つ, に云, に云い表わせ, に云つて, に人, に人類, に代位, に伝統, に体験, に何, に保存, に信用, に偉大, に其人物, に具体化, に出, に分化, に動い, に動く, に取り扱う, に取り扱われ得ない, に古い, に古く, に古墳, に名, に吾, に固定, に固有, に大いなる, に大いに, に妖嬌陸離, に孤立, に學問, に安定, に完了, に実在, に実現, に実際, に導き出せる, に彼女, に復活, に心掛け, に必然的, に思想, に想像, に惹き出すなら, に意義, に成立, に扱われなけれ, に把握, に描きつくした, に文章記録, に新た, に時代, に時間, に更に, に査, に根本, に模写, に権威, に殉死, に残る, に民族性, に決められた, に波瀾, に淘汰, に漸次, に独特, に現今, に現在, に理論乙, に生産的, に用意, に由緒, に異なる, に異常, に発揮, に發展的, に眺める, に知る, に科学的, に究明, に立場, に約束, に組織化, に経, に結合, に絶えず, に綜合的, に綿密, に繋, に考え, に考えられた, に考へ, に考へた, に自主性, に自己, に興味深い, に行く, に見ね, に見わたせ, に観, に触れられ, に言, に言え, に記述, に評価, に話しだされるべきであった, に誇り, に説い, に調べる, に貴重, に起源, に近代劇, に追いつめられ, に追跡, に通過, に連続, に還元, に配列, に関係, に闘ひつ, に限らず, に面白い, に顕現, に高まり, に齎す, のみならず, のシーン, の事実, の人間, の例証, の假名, の偉人, の公園地, の内容, の原, の原因, の叙事, の名, の哀愁, の因縁, の国家, の変化, の大, の姿, の小国, の御国自慢, の意義, の感傷, の懐古, の所謂時代的英雄, の方面, の時間, の枝, の理会, の理由, の盲動, の真, の知識, の系統, の細か, の著名さ, の行, の觀念, の記録, の詮索, の諸, の變化, の起原沿革, の轉換, の閑問題, の関係, を意味, 並びに言語学的研究, 乃至人間的, 乃至夢幻的主題, 乃至構造的, 乃至階級的, 及び本質的エージェント, 大偽瞞, 大功績, 大欺瞞, 大芝居, 大銀杏, 或は地方的, 或は政治的事件, 破壞的方法, 見かた, 諸事実, 諸事情, 諸個性, 諸段階, 諸生産物, 諸運動, 諸過程, 退軍

▼ 歴史~ (817, 5.5%)

6 人間の 5 それを, 人類の, 非常に 4 このよう 3 くりかえす, ここで, 人を, 彼に, 戦争の, 日本の, 生活の, 繰り返す, 繰り返すと, 繰り返すの

2 [57件] ある, ある意味, いつも並ぶ, くりかえすと, くりかえすもの, こういうところ, こう云う, ここに, これらの, すべてかくの, その本質, その為, その藝術, たしかに悲惨, ふるい, もう足, われわれに, 不確定, 事実の, 人の, 何よりも, 傾くとも, 其善く, 勿論の, 反復す, 可なり, 同じもの, 吾, 屡ば, 常に新, 彼を, 必然である, 情念の, 文化の, 既にペリクレス時代, 昔は, 最も確定的, 未来に, 様々な, 歴史として, 歴史家に, 永く保ち, 永劫の, 眇たる, 矛盾を, 示して, 終りを, 經書の, 記述である, 語部と, 蹉跌の, 追憶であり, 通史でなけれ, 進んで, 過去を, 階級鬪爭の, 馬籠の

1 [648件 抜粋] あきらかに, あつけなく, あまり人に, あまり御存知, あやしき事実, あらゆる能力, あり支那, あるが, あるまい, いくたび無益, いくら棄鉢, いく通り, いつもすぎた, いつも根強い, いつも浅間測候所, いまだかつて如何なる, いわば罪, えらく揉みとおされる, かうした呪, かなり古い, くりかえす式, こ, こうなっ, こうまでも, ここを, ここ三十年の, ことごとく同型, このこと, このとき, この三個, この二つ, この原則, この反動, この年, この惨憺, この意味, この書物, この生産関係, これからはじまる, これに, これを, ごく新, ごく簡単, さりげない, ざっとそういう, すすむ, すでにはっきりと, すでに半ば, すでに数世紀, すでに終つて, すでに語っ, すなわち英国罪悪, すなわち西洋史, すみそう, せい, そういう暴露, そうした事物自身, そうした歴史, そう流れ, そして恰も, そのこと多端, そのとき, そのま, その一方, その主体, その仮借, その國, その學問, その巨大, その幕, その恐れ, その悲劇的, その拠つて, その生贄, その社会的, その頃, それが, それによって, それほど私, それ自体として, た, ただその, ただの, たといそれ, たとえばガリレイ, ちょうどこれ, ついきのう, つねにかく, つまりは, でき上がって, とても私, とにかく彼等, どういう風, どうである, どうな, どっち向きに, どの位, どんな素晴, どんな風, ない, ないの, なかつた, ながいから, なるべく史料, はつきりしないらしい, ひとつの, ほとんど戦争, ほんとうに, またわれわれ, また人間, まだまだ聖書, まだ十分, まだ十年, まだ必ずしも明らか, まだ目録, まだ記憶, まったく風, まるで材木, むきに, むしろ東方, もっとも多く, もと行為, もはや一掃, もはや何人, やがてその, やがて三千年, やがて大仏寂滅, ようするにこの, わからず記紀, わからない, わが受けし, アリストテレスに, アリストテレスを, ギリシア自然哲学に, ゲーテにと, ジグザグし, チェホフの, ヒューマニズムが, ベーコン以来の, ホーマーの, ボーシャン塔の, ヨーロツパの, ヴィーコに, 一の, 一切分らない, 一切知識を, 一切空白を, 一時にか, 一段落に, 一般的な, 一貫し, 一面より, 丁度根, 三千年来それを, 下り坂であった, 下水溝渠の, 下水道を, 不可解な, 不手際な, 不断の, 不確かで, 与えられた条件, 世界に, 世界の, 中世から, 中絶しました, 之によって, 之を, 事実そのものを, 事実を, 事實網を, 云わば, 五代の, 京都の, 人々の, 人に, 人民によってのみ, 人間社会の, 今やはなはだしく, 今を, 今改めて, 今日の, 他でも, 他の, 他人では, 以前の, 仮に一説, 伝来物即ち, 佐々の, 何ごとも, 何とたゆむ, 何も, 併し, 依然人心, 個を, 先ず神話, 兎に, 公式によって, 兵と, 其儘經過を, 其國だけの, 其然る, 具体的な, 内から, 决し, 初め, 初めは, 別の, 前三者の, 前者を, 前進し, 前進した, 動かぬ旅行者, 勿論小説, 勿論帰納的, 十九世紀文学の, 十分だ, 千餘年木活字の, 単に内在的, 単に客観的, 単純でない, 即ち余, 原始の, 厳粛性を, 又この, 反動である, 反復する, 古い, 古いかと, 古いもの, 古いやう, 古いらしい, 古く人文, 古く病膏肓, 古事記日本書紀等に, 古今東西に, 古代希臘の, 只, 只事件, 史家によって, 史記を, 合理的に, 吾人に, 告白する, 味の, 四千年の, 国民の, 土の, 地球の, 壇の, 変化し, 外国人には, 多く偶然的, 多く薩長, 多少調査, 夜つくられる, 大きく変化, 大仏の, 大体以上の, 大抵やり尽した, 大體, 大體以上, 天皇の, 太初より, 好きだ, 好きであった, 如何なるもの, 始めて, 始めより, 媒介的に, 存在し, 存在しない, 存在する, 学ぶの, 学者だけに, 実にこの, 実にひろく深く, 実に人種, 実に兵, 実に斯, 実に紛糾, 実に興味, 実は氏, 実証的段階に, 寧ろ反対, 将来をも, 少くとも, 少しも, 少年の, 常に人間, 常に個人, 常に新しい, 常に歴史社会, 常に疾病, 常に社会, 常に進歩, 幾変転し, 幾度も, 度外に, 彼において, 彼らの, 後代への, 徳川期以來二百餘年昌造時代も, 心理主義的である, 必ずしも歴史的必然性, 必ず各, 性格を, 恐らく僕ら, 恒に, 悉くその同じ, 悪態に, 悲惨の, 悲酸の, 愈模糊, 意味なき, 成り立たなかったと, 我々にとって, 我々の, 我歴史に, 或る, 手際よく, 技術の, 持つて, 政治的統一範囲を, 政治術の, 教へて, 数千年経過し, 新しい皆さん, 新聞営業なる, 既に作品, 日本民族全体の, 明らかに, 明らかには, 是の, 時としては, 時とともに, 時によ, 時代, 曠量我の, 更に複雑, 書かれたる歴史, 書き改められねば, 最も多く, 最も高価, 最近佛蘭西に, 有るらしい, 未完成, 本当に実践的, 本願の, 果して成立, 梅雨期の, 極めて多岐, 構成せられる, 権力に, 次の, 次第に衰, 正しく後世, 此の, 武備の, 武将の, 歴史という, 歴史を, 歴史以外の, 歴史哲学や, 殆ど一部, 気に, 永刧の, 決してその, 決してそのままの, 決して繰返さぬ, 決戦戦争の, 沢山に, 波の, 注目に, 活き返つて來, 流れて, 流血の, 浄土教の, 浅いの, 浅からず, 消されない, 淵源する, 漸次に, 火山の, 無く歴史, 無事な, 無慈悲な, 無自覚に, 無邪気のみを, 無限に, 無韻素朴な, 熱心な, 物語るもの, 特によくこの, 犠牲を, 珍重な, 現在の, 甚だしく埋もれ, 甚だ遠く, 生きた姿, 生まれないと, 男性の, 画の, 畢竟偉人, 畢竟此等, 異質的な, 畿内の, 病的な, 発展を, 白骨の, 皆これに, 皆家學で, 直観の, 相互に, 眼を, 知らねば, 知ること, 短いの, 短くは, 社会の, 社会全, 神という, 神の, 私が, 私だけは, 私に, 科学である, 科学として, 窮まりなく, 第一, 精神が, 精神的であった, 終局に, 結局フランス系の, 統制主義の, 綿々として, 繰り返え, 繰り返さないただ, 繰り返すというは, 繰り返す小平義雄, 繰り返へすと, 繰返して, 繰返すもの, 羅馬の, 美しい, 自らを, 自分の, 自然を, 自然科学に, 自由な, 自由の, 自由詩, 苗代川等と共に, 苦しい隷属, 英国の, 行為によって, 表の, 表現に, 被うところ, 裁かれも, 製本が, 複雑だ, 要するにこの, 要するに人間, 見られない, 親から, 観念論的歴史観, 解せられず歴史, 詩的描写にと, 詩聖ホメロスの, 誇張した, 説明されるべきで, 謀殺未遂犯て, 踏んで, 近世的に, 近代企業としての, 逆転し, 逐次に, 通史が, 進化では, 遂に解決, 遅れて, 過去に, 違った内容, 遙に, 重要である, 金屬の, 長いが, 長いけれど, 長くここ, 開展せられずし, 闇屋と, 限りなく, 階級對立の, 階級闘争の, 青人草の, 非情な, 面白いわ, 飛躍の, 黄河の

▼ 歴史~ (707, 4.8%)

46 於て 15 關する 7 名を 6 就いて, 於ても, 残って 5 して

4 [14件] てらして, よれば, 一つの, 働きかける力, 入る入口, 出て, 對し, 就いては, 徴し, 於いて, 於ては, 有名な, 照し, 現れて

3 とつて, よると, 對する, 就て, 徴する, 残して, 興味を, 載つて, 重きを, 関係する

2 [41件] その例, なって, なつて, みて, もたらされて, よったもの, 一大段落を, 働きかけて, 占めるとは, 即して, 取材した, 増補せられる, 外ならない, 就いての, 從へば, 徴しまた, 據る, 散見する, 新性格, 於いても, 書いて, 未曾有の, 残るもの, 由って, 由来する, 示されて, 続き永遠, 若干関係ある, 若干關係ある, 著名な, 見えて, 見ても, 見ゆ, 詳しく載っ, 語ろうとは, 趣味を, 転化させ, 過ぎない, 鑑みて, 鑑みれば, 類の

1 [448件] あったか, あったすべて, あった筈, あつて, あらざるか, あらざる歴史, あらず単に, あらず彼, あらず血, あらず骨, あらわれたもの, あらわれた三百年, あらわれて, あらわれるよう, あります, あるが, あるまい, ある有名, ある橘姫, ある歌, ある通り, いくらか興味, いつまでも, いわゆる世捨人, うとい人, おくり出されて, お名前, お委しい, かかわる責任, かんがみても, この無数無名, これほど, これまで, さかのぼった夢, さかのぼって, さからって, さへ, さらされて, しろ何, すぎない, すぎなかった, そこに, その仕事, その大名, その比, その跡, それを, それ自らの, ぞくし得る概念, ぞくする, たえる文学, たくさんある, たくさん見る, つきて, つきましては, つたえられるでしょう, つながって, つながつて, つまびらかに, てらし乱世, とっただけの, ない, ないほどの, なかった, なった, なったから, なつた, なにものかを, なる, なると, のこされた, のこされるだろう, のこした強大, のこる良港, はいったこと, ひとつの, ひらかれて, ふれての, ほかならないとも, まかせる, また日本国民, みても, もたらしつつ, もとづく, ゆがめられようと, よりて, わが民族, わたしたちみんなが, 一ヶの, 一大進歩を, 一定の, 一期を, 一条でも, 一段落を, 一点の, 一線の, 一転機を, 一閃光を, 上がって, 与えよそれ, 与えられること, 乏しくしたがって, 二度とない, 二度と応仁, 二度と繰り返えらない, 交は, 交わって, 今まで, 仕へる哲學, 他ならない, 他ならぬ, 付きまして, 伝へる行跡, 伝わって, 似た優しい, 何かを, 何ほどの, 何らの, 何事かを, 例の, 依つて教, 信仰を, 傳統に, 入って, 入ること, 入るま, 入れても, 全く見当らない, 八十人力の, 典型的な, 内包する, 再び見直される, 出た表向き, 出てるじゃ, 判明し, 制せられて, 刻むよう, 前例の, 前朝, 創作詩の, 劃期的影響を, 力が, 力づけられずには, 功蹟を, 加えようとして, 加え得た卓越, 加え近代, 北朝を, 千波万濤の, 占めた, 参与する, 参入する, 反映し, 取ってこそ, 取っては, 取つて, 取り場面, 取り掛られるだろう, 取材し, 取材した讀み, 叛い, 古いの, 古い光, 合は, 名の, 名誉ある, 名高い, 名高いカザン大学, 名高い埃及女王, 名高い御方, 名高い物語, 名高い船上山, 向って, 向っての, 君臨し, 因りて, 固有な, 在っても, 基づき将校団員, 基礎を, 堙没すべから, 変化を, 外ならぬ, 多少とも, 大きい意味, 夷狄に対して, 妙に, 存するを, 実在した, 密着する, 対応し, 対照せし, 小説に, 少しばかり, 少なからざる, 就いても, 属して, 属するゆえ, 巡洋艦隊が, 帰って, 帰着する, 平民社会を, 引比べ, 引用され, 強く僕, 彫刻し, 影響を, 従った展開, 徴すれば, 心が, 必要である, 必要な, 思ひを, 意外の, 應用した, 拠つて貰ふ, 拠らず持たせられた歴史, 挑戦する, 據つて春秋二百四十二年間の, 支那を, 支配される, 数々見え, 数多い文学, 新しい明日, 新しい時代, 新しい歴史, 新しく加えるべき, 新たな, 新時代, 新面目, 於いては, 於ける, 於けるこういう, 於ける価値, 於ける個別的因果, 於ける功績, 於ける古典, 於ける各, 於ける哲學的發展, 於ける哲學的認識, 於ける因果, 於ける弁証法, 於ける必然性, 於ける性格, 於ける悲惨事, 於ける文化, 於ける最も, 於ける理解, 於ける理論, 於てしか, 於てほど, 日本を, 明らかに, 明るい先輩諸氏, 明記され, 昭, 是れ, 暗く方針, 書かれたる血腥き, 書き込む方法, 最も大きな, 最も積極的参加, 最も關係, 服従性の, 未曾有な, 未曾有なる, 材を, 束縛される, 根ざした国民, 根ざして, 欠けたもの, 欺むかれ, 止むべきもの, 止めるでありましょう, 止めるならそれ, 残されて, 残されるだろう, 残るかも, 残るすべて, 残ると, 残るとは, 残るべき大きな, 残るよう, 残る事蹟, 残る十九世紀, 残る英雄豪傑, 比すべき歴史, 比ぶれ, 比類なき, 比類を, 永遠に, 求めそれ, 求めたり, 決定づけられた清盛, 決定的な, 沿うて, 沿った物語, 波瀾に, 泥を, 消すこと, 消耗されず, 消耗されっ, 深い意義, 深く入っ, 渉る, 溯って, 溯れば, 無かった, 無関係で, 照らして, 煩わされて, 燦然として, 特に又, 特別の, 特有な, 特筆されべき, 特筆したい, 特筆大書すべき, 特記すべき, 独特な, 現はれ, 現はれる, 現はれ始めた, 現れたよりも, 現われた時, 現われて, 現われない歴史, 現われること, 理解が, 生かされて, 生きて, 生きるには, 生起する, 由緒の, 留むべくもあらず, 異同ある, 疎い彼, 疎すぎます, 疑ひを, 登場し, 登場する, 目ざめるという, 相当大きな, 相手に, 知られた窯, 社会に, 私たちは, 科学的な, 移るの, 稀な, 稀に, 立たせるため, 立ちか, 立ちかえらせる, 立って, 素養なき, 結びついて, 編み込むこと, 編纂する, 縛られた, 縫いあらわされて, 織り込まれず自然, 織り込まれた表面, 耐えて, 聖人の, 背負は, 能く, 自分の, 至りては, 至るまで, 苦味が, 血を, 表われ, 見えるよう, 見えるより, 見たこと, 見なかった精鋭, 見ようと, 見われた時代, 見出したと, 触れるに, 言ひ, 言ひ得るなら, 記されたためし, 記されたの, 記念され, 記念すべき, 記載せられる, 記録され, 記録すべき, 記録を, 詳しい人, 語らうとは, 語る, 誤伝が, 誤謬は, 變形する, 負うて, 貴重な, 資する資料, 踏みへらされたパリ, 載せて, 近代資本主義生産の, 追加された, 逆らうもの, 逆戻りする, 通じた読者, 通じないこの, 通ずる道, 通ぜる教養, 通用する, 進めて, 過ぎぬ, 遡って, 遡ると, 遺るよう, 遺産した, 邪魔され, 邪魔者としては, 配すること, 重大な, 重大関係を, 関したあらゆる, 関したるもの, 関した事, 関り, 関わって, 関与せず, 関係ありません, 関係し, 関係は, 関係甚だ, 關係ある, 關係する, 關心を, 限ったこと, 非常に, 面する, 面白く伝えられ, 革命が, 題材を, 類が, 類するが, 類を, 類似の, 類例を, 養はれ, 魁けたもので

▼ 歴史~ (594, 4.0%)

17 ある 9 はじまる 7 あるの 6 あって 5 あつた 4 あるが, 十分に, 始まるの

3 [13件] あった, あるから, これを, そこに, まちがって, 一つの, 今日の, 如何に, 明らかに, 書いて, 現在に, 生活の, 証明し

2 [38件] あつて, あります, あると, あるので, これに, すべて知られ, その経験, その過程, どの位, はじまって, もって, 乃ち我等人間の, 人の, 今も, 何か, 傳へる, 全く現実, 動いて, 好きで, 始まって, 展開され, 強烈に, 形而上学的範疇によって, 我々に, 日本には, 書かれて, 歴史の, 漸く傾き始め, 獨立し, 画かれて, 知られるが, 知りたくなりましたの, 移り変って, 記されて, 証明する, 読める, 開展せられ, 飛躍する

1 [423件] ああ云う, あったこと, あったので, あったよう, あっても, あまりにも, ありこの, ありそれだけ, あります時間, ありませぬ, ありまた, あり今日, あり僕, あり其, あり正統, あり民族生活, あり物語, あり英雄武将, あり豊年, あるかと, あるからか, あること, あるため, あるであろうが, あるとは, あるならば, あるわけ, あるん, ある様, ある限り, いかにあった, いつか一度は, いつぺんに, いつまでも, いつも地球, うつって, うつりかわるにつれて, おのずと彼ら, おもて, かなりに, かわったろうと, きょうに, くりかえされないこと, くりひろげられて, くり擴げられました, こ, こういう歴史, こうであった, ことごとくこれ, このありがたから, このこと, このよう, この家, この時, この蔭, この詩的高調, これまで, これらの, ごく新しい, さうなるべき, しからしめた認識, して, しのばれた, しみじみと, しめして, すきで, すぐ茶の間, すすみ人間性, すでにわれわれ, すでに呼吸, すでに物語っ, すでに現代, すでに証明, すべすべで, すむと, そういう瑣細, そう語っ, そこでは, そこまで, そな, そなわりすっと, そのため, そのエレメント, その一部, その中, その仕方, その内容, その敬, その根, その蔭, その複雑さ, その解決, それである, それらの, それを, それ以上の, そんなに長い, ただの, たとえどうあろう, たどりうる五千年, だいたいに, だいたいわかる, だん, ついて, つみ重ねられて, つみ重ねられても, できた, とにかくかの, とりあげられること, どうすすむ, どうであった, どれほどの, どんなに歪められ, どんな誤り, ないから, ないの, なおそうさせた, なお黒幕, なかった, なかつた, なければ, なんらかの誤り, はじまったころ, はつきりし, ひっくり返るよう, ひとりでに語り出す, びっくりする, べたべたそのまま張られ, ほかならぬ, ほとんどあらゆる, ほとんどない, またこれ, またどんな, まるで絵巻物, めぐりあって, もう可, もしなんらかの, もし果して上記, もつ本質, やるよう, よくよくかみこなされなけれ, わかる時代, わたしたちの, われわれの, われわれを, アリアリと, インテリゲンツィアの, シナリオであり, 一に, 一人一人その, 一定の, 一層西宮, 一度経過, 一般に, 上に, 世界史的な, 中国の, 主として非, 之を, 事象を, 云って, 云は, 云わば, 人間の, 今は, 今日に, 今日まで, 今日果し, 他の, 伝来物に, 伴って, 何と色, 何らこれ, 何故その, 何時でも, 何等かの, 作りあげた日本女性, 作りだした理想, 作り上げたもの, 作れる, 作家の, 価値を, 個性的だ, 停止しない, 僕たちの, 入用な, 全く別々, 全く夥しい, 全般的に, 其上に, 内的に, 凡ての, 出るらしくあなた, 出來, 出来あがるの, 出来たの, 分りませぬ, 切迫し, 初まる, 初めて形づくられる, 初めて法則, 別に書かれ, 制約する, 刻まれて, 前方に, 前進しない, 前進しました, 剥落され, 創りあげたもの, 創り出したもの, 加える非難, 動き始めました, 単に客観的, 単に歴史, 単に過去, 印した足跡, 反映し, 受け持つ役割, 古い, 古いだけに, 古いと共に, 古いの, 古うて, 古くまた, 古くジャーナリズム, 可能と, 含まれて, 含んで, 問題と, 四分の三以上文書史料の, 回想される, 国民に, 地下に, 埋もれて, 塵一本も, 変化する, 外面に, 多い, 多くそれ, 多少新聞, 大體, 天然自然に, 好きだ, 如何なるもの, 始った, 始って, 始まりかけて, 始まるという, 始る, 始原史によって, 完全なる, 実証した, 実践的である, 実践的な, 展開される, 展開し, 屡々用, 常に権力, 常に現代, 平静に, 形づくられて, 影響する, 律文で, 後に, 從來の, 復あなたと, 必要な, 思はれる, 感じられないこと, 憎悪とともに, 成り立ったもの, 成立し, 成立する, 成長した, 或る, 戦争の, 持たなかった種類, 持つ決定力, 控えて, 掬み取られる, 描かれ始めてから, 支那のみで, 文学の, 文献に, 断えず前進, 断えず新しく, 新しいから, 新しい視野, 新しい頁, 明瞭に, 是らの, 普通に, 曖昧で判らない, 書かれること, 書かれると, 最も古く, 最も歴史, 最後に, 有する最も, 未だ浅く, 本当は人間, 根を, 根拠を, 根本的に, 構成せられ, 横わっ, 次第に養っ, 欲しくなり, 正確な, 此恋愛問題に, 歴史だけに, 残って, 残る, 殘され, 民族の, 永く記念, 永久に, 汚されるよう, 汚れて, 決定した, 法則を, 波瀾を, 浅い, 浅い上, 浅く古き伝統, 浅く極めて, 浅く規模, 源を, 激動し, 無かったら, 無意味である, 無限の, 無駄と, 物語るもっとも, 現代の, 現段階, 甚だ多い, 生きて, 生まれたとも, 発展の, 発掘される, 發展もしくは, 相当に, 眼前に, 知れるごとくに, 短歌を, 研究される, 示して, 示すやう, 示す如くそれ, 示す必然性, 示す段階, 社会から, 神の, 私たちに, 科学の, 科学へ, 移りつつ, 種々なる, 積み重ねて, 立って, 第三, 等閑に, 答えて, 細長く遠く, 結局, 結局原理としては, 絶対的真理の, 続きよく, 続き立派, 織り上げた範疇組織, 繰り返すと, 繰返すと, 續いた, 老いれば, 考へられる, 自分の, 自然に, 自由の, 花咲き消えた, 若い, 若いやう, 若くかつ, 若くて, 茲で, 蓄積し, 行く道, 複雑である, 複雑な, 見られる, 見出されると, 解決すべき, 言葉の, 訓へる, 許しませんで, 語られて, 語る実に, 語る真, 誤っては, 説明される, 読まれるの, 論理に, 諸君の, 豊な, 起きると, 転換し, 轟いて, 述べて, 進化の, 進展する, 進歩する, 過去に, 遠いせい, 適確に, 重心を, 長いだけに, 長くて, 開展して, 開展せられた, 響き轟いて, 飾った一つ, 鼻の, 齎したもの

▼ 歴史~ (386, 2.6%)

36 の事実 29 の人物 11 の事實 6 の事件, の問題, の大 5 に於ける 4 のタチバナ, の事象 3 では, に於, の, の所謂, の所謂啓蒙, の現象, の疑問

2 [24件] から見, から言っ, に有名, に残っ, に縁故, のロマンティシズム, の一人物, の事柄, の人, の価値, の大人物たる, の年代, の或, の本質, の根據, の知識, の種々, の英雄豪傑, の話, の諸, の負担, の重大, より觀, 最も記憶

1 [210件] あらゆる時代, ある時期, あんなにまで, いつも至極かんた, いまだかつて見ない, かくれも, かつてなかっ, かなり迷惑, からほぼ, からケム, から云え, から彼ら, から申し, から申しますれ, から考へ, から観察, から説かなけれ, きわめて顕著, けっして尠, ごく稀, そういう結論, その事実, その創始者, その富, で占める, といわず, どういう地位, ないこと, なかった, なかなか面白い, にあらわれ, においてもまた, において呪詞, において最も, におけるこれ等, におけるトキユタ, における位地, におもしろ, にこの, にて中古, にて文学, にとって真に, にどれ, にはあった, には種々, にもかう, にも之, にも偉い, にも怖し, にも聞えた, にも間々, に不朽, に予期, に何, に存在, に徴, に意義, に持っ, に散見, に於い, に残し, に活躍, に特筆, に珍しき, に現, に現れたる, に発展, に発生, に繰返される, に見受けまする, のいず, のおそろしい, のこと, のすべて, のたしか, のどんな, のテーマ, の一大事実, の一定形象, の一定時期, の主, の事情, の事態, の事業, の事蹟, の二つ, の云わ, の人物あれこれ, の人間, の仏滅後二千五百年, の伝説, の位置, の侠, の個人, の偉人, の傳説, の出発点, の分岐点, の判断, の原則, の參考, の古代, の各, の合戦, の名, の名将東郷平八郎元帥, の啓蒙, の啓蒙期, の啓蒙期的啓蒙, の変化, の大き, の大きい, の大発見, の大立物, の奇観, の女, の好き, の定規, の定評, の実際, の家康, の宿題, の必然, の恩怨, の懷古, の戦国時代, の戦慄, の所謂啓蒙期, の捏造説, の文献, の断案, の新, の日本, の旧跡, の時代, の時代觀, の時期, の智識, の暴君達, の最大急湍, の最高, の有名人物, の概観, の正確さ, の比重, の治亂興亡, の潜勢力, の特定, の特異点, の理由, の由来, の真実, の研究, の碩学, の確證, の積極的, の美女, の美談, の芸術, の英雄, の英雄女性, の英雄達, の著例, の蝦夷, の記事, の説明, の論証, の謎, の證據, の通弊, の遺蹟, の錯誤, の關羽, の題材, または伝説上, または地理上, また憲法上, や形式上, よりの地理的研究, より南支那開發, より縁起, より見たる, を均し, ノ蝦夷, 与えられた一定段階, 先立つ, 又は社會生活, 同じ人間, 名高いところ, 唱えたの, 多少の, 好く知っ, 少しも, 屡, 必ずしも一概, 既に亡び, 最も代表的意義, 最も古く, 最も普通, 最も曖昧, 最も注意, 最も烈しい, 最も無能, 最も著名, 未だかつて大国, 未だ嘗て無かっ, 未曽有, 決して輕, 演じた役割, 第一

▼ 歴史~ (385, 2.6%)

4 の理想, はこれ 3 である, といふもの, にとつて, の間, はその, は歴史, 乃至伝記作者

2 [28件] からは多分, がその, が有する, が説く, たるでなければ, であるから, である著者, ではない, といえ, としての彼, にとつ, になる, に依, に無視, に讃美, の, の務め, の多く, の手, の書いた, の書生, の歴史, の研究, の説, はこの, は云つて, は歴史家, は説明

1 [300件] およびその, および僧侶, かそう, からし, から例えば, から全く, から悪口, から注意, から等閑, がいう, がいうた, がおっ, がかかる, がややもすれば, が人間, が偶然, が史跡擁護, が堕落, が多い, が多く, が大きい, が如何, が実際, が対象, が屡々最も, が帰っ, が想像, が或いは, が数世紀, が既に, が来る, が歐洲, が此大功, が歴史的個物, が発見, が祖国, が精査, が羅馬大帝国, が聞く, が述べ, が過去, くさい顔つき, さもなければ信者, たるわたくし, たる身分, だけがする, だけにそんな, だけに恐ろしく, だけに止まる, ださうです, だつて煙草, だ歴史家, であった, であり社会学者, であるかは, であること, であるべき時, であるアリストテレス, であるゴロ, でさ, でさえそれ, です, でない作家, でなければ, ではなかっ, では羽仁五郎氏, でもあります, でもない, でもなく, でも学者, でも皆, で世間, で特に, で詩人, という人たち, という存在, といふ筆まめ, としての冥加, としての専門的知識, としての研究, としての私, としての立場, としては出来得る, として到達, として文章家, として早くから, として有名, として記録, として道純, として鋭い, とちが, とても完全, となす, となり得る, との必然的, との相, とは少し, とは数十年, と同じく, と念, と教育家, と異, と言, と言われる, なく無論, などがこの, などというもの, などは傳説時代, なら誰, なるもの, なんか此, にくらべれ, にとってはその, にとってはそれ, にとってはマラー, にとっても哲学者, にとって単に, にはその, にはただ, にはつ, には独立心, には玉石, には知られ, にまかせるべし, にもなつて, によって一様, によって始めて, によって明らか, によって記述, によって認められ, によつて, によつて構成, による維新史, に仕上げる, に任せ, に全然, に取っ, に向, に因っ, に對, に少から, に考えられる, に聞く, に至, に要する, に隨分, に非常, のうち, のこと, のご, のすべて, のする, のはたらき, のみで, のやう, のよう, のガブリエル・アノトー, のモムゼン, の一助, の中, の之, の仕事, の任務, の傳, の僞善者的俗人的人格, の内, の叙述, の可, の喜田博士, の堕落, の場合, の大きな, の好く, の常に, の常識, の心がま, の想像, の感想, の所謂桃山時代, の文章, の方, の書物, の本, の権威, の正しい, の歴史記述, の求める, の流別, の眼中, の知, の知り得る, の祖先, の空想, の立場, の筆, の精神, の素質, の考, の考証, の職務, の著述, の裡, の見方, の見解, の解釈, の言, の記録, の認識, の講義, の識見, は, はこう, はここ, はこの小さな, はすべて, はそれ, はそれで, はそれら, はつねにあまりに, はほんとに, はニガ, はマクシミリアン・サンソン・フレデリック・シェール, は両手, は中世, は事件, は事実, は云々, は人々, は今日, は他国, は伊藤, は併, は例, は偽, は兵農一致, は動, は同時に, は君主, は唯もう, は土地制度, は多く, は多く朝代, は妙, は学者, は常に, は弁解, は弥次郎, は強, は情な, は或, は楽天家, は次, は此, は深刻, は現代人, は白石, は皇室中心主義, は皮肉, は皿, は神代, は色々, は茲, は詩人, は途方, は道教, は須, ほどに沢山, までがあまねく, までが肯定, もある, もさう, もその, もない, もまた, も亦, も其事, も反, も小説家, も日本人, も評論家, も認める, やに常識, や仏教家, や学者, や美学者達, や鑑賞家達, よもし, をし, をもっ, を嫌, を知っ, を紹介, を解き放す, を評した, を超えた, を輩出, を造り上げる, を驚かし得せしめた, 同じく, 若くは

▼ 歴史~ (305, 2.1%)

5 なって, 文学との, 社会の 4 個人との 3 地理を, 稱する, 自分の

2 [27件] いわざるべからず, その見かけ, それを以て, てらし合わせて, 云ふも, 交渉する, 人名辞書とを, 人物とが, 今日の, 伝統と, 伝統とを, 個人の, 傳説と, 傳説とは, 内面的に, 同じ位, 呼んで, 地理, 弁証法, 彼の, 歴史の, 現実の, 社会とが, 社会との, 称するもの, 自然とが, 見て

1 [223件] いうが, いうに, いうべきもの, いへば, かかわりあって, きくと, きっちり結びつい, くつ, この二つ, して, そこで生れた, そこに, そのなか, その中, その地理, その歴史, その状態, その現, その理解, その理論, その発展, その芸術, その複雑, それくらい, それぞれの, それによって, ちがって, どのよう, なったが, なったとき, なったの, なつて, ならうとして, なりて, なるし, なると, なるべきもの, なる史学, なる時, みれば, アジアの, イデア, 一つであり, 一つに, 一緒に, 世界の, 両陛下, 事件の, 二字を, 云い伝統, 云うもの, 云う事, 云えるであろう, 云つた, 云ふ, 交渉の, 人文との, 人物そして, 人物に, 人物は, 人種誌と, 人間の, 人間性とを, 仏像には, 他方ルネサンス以来の, 伝統に, 伝記に, 伝記の, 伝記を, 伝説と, 伝説との, 伝説とを, 住民の, 作文と, 信じて, 信じられて, 個々の, 傳統が, 全く同一, 其現状とを, 切り離す事, 功罪とを, 博物で, 取つた當然, 叙事詩とは, 同じくリヤザノフ, 同じく現実, 同じこと, 同様今に, 名づけるならば, 呼ばれるもの, 品評とを, 哲学とは, 因襲と, 国土とは, 国土の, 国民性を通して, 國情を, 地理とに, 地理とを, 地理の, 売り子が, 大差の, 宗教は, 実際と, 密接な, 幾何の, 影響とを, 彼自身の, 必然性とが, 思はれるもの, 思ひあはせて, 思想の, 意識に, 成立ちをも, 技巧, 数々の, 文化との, 文化に, 文化の, 文句だけは, 文学とは, 文学についての, 文学の, 文学書とが, 新鮮と, 時人の, 時間とは, 普通の, 未来の, 根深い宿怨, 此所に, 歩調を, 歴史との, 民族を, 活動の, 清新と, 為す, 照しあわせ, 爲す, 父の, 特殊化し, 現代の, 現実から, 現実という, 現実といふ, 現実とは, 現実を, 理想の, 理論との, 理論とは, 環境とを, 生との, 生活と, 生活とが, 生活の, 異なって, 白日とが, 相互に, 相通じ, 真実とを, 矜り, 社会が, 社会に, 社会一般の, 社会性とに対する, 祖先の, 称せられる研究, 空想とを, 組織を, 経文へ, 経験は, 結びついて, 結びつけて, 絶縁し, 縁を, 總稱する, 美しい自然, 習慣と, 習慣という, 習慣とを, 習慣を, 考えられるの, 考えられるもの, 考へられて, 背景が, 自分との, 自然とこそ, 自然との, 自然とは, 自然の, 自然科学との, 補正を, 見ても, 見傚, 親和的ならしめる, 言ったところ, 言って, 言ふ, 言ふ考へ, 言わないまでも, 詩と, 詩との, 詩の, 誇るべき伝統, 論文で, 論理とを, 謂ひ, 起原代々の, 超歴史, 鋭敏な, 開国以来の, 関係が, 関係し, 関係する, 関係を, 階級について, 隔絶され, 離れた風土, 領土による, 風俗とを, 風雨で, 香気に

▼ 歴史~ (206, 1.4%)

13 に於 7 の上 4 がある 3 に基く, の自覚, をもっ, を有

2 [20件] から区別, から游, といふこと, については何事, について何事, に帰着, に立っ, のない, のなか, の動向, の理解, はその, をもたらす, をもつ, を合理的, を彼, を把握, を明, を理解, を語っ

1 [130件] からの制約, から中途半分, から成長, から次, が, があります, がこういう, がわからなく, がわかる, が可能的素材, が忘れられ, が欠け, が鋭く, その階級性, でとらえ, でなければ, ではなく, というもの, といかに, といふやう, として作用, として現れ, とはこの, とはそれ, とは従っ, とよん, とを無視, と個性的個人的, と社会性, と箇性, と結びつく, と階級性, なの, において, において把握, において歴史, において見る, にしたがっ, についてであった, についてどんな, について仰々しく, について語っ, について語らせなかった, について誰, によって充分, によって多く, によって理解, により過渡的制約性, による社会感覚, に對, に従って残し, に或, に歩み出し, に毒, に現実的, に結びつけられ, に統一, のあらわれ, のある, のうち, のこと, のみならず, の充実, の内, の原理, の反映, の古い, の否定, の小さい, の思想, の意味, の把握, の掘下げ, の本質的, の概念, の片影, の相, の複雑さ, の見地, の解明力, の認識, はやがて, はわたしたち, は人間, は公正, は再び, は又, は歴史的因果関係, は社会, は絶えず, は自然, は茲, は遂に, は道徳的要求, への人間全体, への感覚, への転向, を, をその, をためこんだ, をつよく, をはっきり, をもって客観的, をも私, を信ずる, を反映, を咎めよう, を喪っ, を弁証性, を強調, を抹殺, を抽象, を持つ, を明確, を無視, を確固, を示す, を積極的, を立体的, を立証, を結局, を言う, を証明, を語る, を貫き, を離れれ, 刻々の, 又は自然, 又は自然科学, 必ずしも常に階級性

▼ 歴史小説~ (184, 1.2%)

6 というもの 4 と見られる, に於, を書く, を書こう 3 といふもの, を書い 2 が好き, である, と云, なり, にかなり, の中, の分野, はその, はそれ

1 [138件] あるひ, かといへ, から現代小説, があっ, がその, がよく, が少し, が書けなく, が生れるであろう, でありそれ, でありまた, であるに, であるよりも, です, でないこと, でなければ, ではない, ではなく, でも当時, でも現代小説, で封建, というの, という意味, といえる, といふの, といへ, とかえる, として, としての, としてはシェンキヰッチ, としては方法論的, としては許されざる, として明治維新, とのつながり, とはどんな, とは今日, とは遠い近い, と二ツ, と云い, と作者, と叙事詩, と呼ん, と大衆小説, と異, と称, と言っ, と認め, と頗る, などが代表作, などと称し, などをよくも, なるもの, なんて堂々, において, においては人間, において取上げる, において歴史, における史實, における場合, における時空的, にした, にしろ, について, についての意見, について歴史, について読者, にはこの, にはじつに, には未だ, に分類, に手, に立ち戻つ, に詳細, に走る, に近い, に進む, に道, のこと, のこの, のその, のそれ, のみに用, のやう, のテクニック, のテーマ, のプロット, の仲間入, の制約, の大家, の愛読者, の新しい, の未, の標準, の正し, の積極性, の第, の老大家, の計画, の課題, の變化, の部類, の面白, の題材, は, はかう, はかうあるべきだ, はとにかく, はどんなに, はもはや, はやや, は初期, は大, は大衆小説, は後鏡とい, は本当, は芸術的, への意図, への態度, また過去, もかかれる, もしょせん, も史実, も手がけ, も書けません, も自分, や長篇小説, をいかに, をかい, をかいた, をさがし, を念頭, を提供, を書かう, を書かん, を書きたい, を書くべき, を組み立て, を非常

▼ 歴史~ (140, 0.9%)

3 ない, 何も 2 あるの, あれば, ないの, 古い, 哲学も, 地理も, 現代の, 現代も

1 [118件] あったという, あって, あり生活条件, あり西, あり込み入つた情実, あり込み入つた情實, ある, あるし, あるはず, あるもの, いきもの, いくらか, おもしろいが, おもしろくない, かなり古い, きっと変わっ, このこと, すべて支那文化に, ずいぶん古い, その国民, その市民, その栄誉, それを, ただ単に, ついに鬱然, ないなどと, ない甲州アルプス, なかなか忙しい, なければ, ほとんど無数, またたった今, またの, また人種, また大きな, また尋常正当, まったくあの, まったく失われ, もう既に六十年, やはり戦争, わからない, 一通りの, 亦た, 亦一つ, 亦二つ, 亦同じく, 亦踏みにじられね, 人種が, 人類の, 以上で, 伝わらぬ道理, 伝説も, 作家そのものが, 例外な, 停頓する, 共に炎上, 其通りで, 其頃明確度を, 出來, 刹那の, 刻みこまれて, 功績も, 単にその, 又書かれる, 又畢竟, 反映し, 古い漸く, 古きユーハイム, 古く有為, 古典も, 同じこと, 国家や, 変わってるだろう, 多くの, 大部分此, 天地間一瞬の, 太陽系の, 夫が, 始まってから, 宗教も, 実はその, 実際の, 彼らにとっては, 必ずそれ, 忘れて, 懐古も, 戲曲も, 振りかえって, 教頭と, 文化も, 文学の, 文学も, 方法も, 日月の, 日本精神の, 更により, 書いて, 殆ど何, 浅いの, 滔々として, 異なり風土, 知らない伸子, 知識の, 示す如く常に, 私には, 終りました, 自然も, 茫洋として, 要つた, 見知らぬところ, 証明し, 詩文も, 論部も, 變つてるだらう, 變つてゐた, 進歩の, 違うん, 違って, 面目を

▼ 歴史科学~ (135, 0.9%)

6 乃至社会科学 4 に就い, に於, の概念構成 3 との区別, はこの 2 であるの, としての民俗学, との限界, に於ける, の地盤, の範疇体系, はそれ

1 [97件] から特に, か又は, がかかる, が今, が取り扱う, が哲学的世界観, が多分, が客観的精神, が歴史的全体, が決定, が法則, が法則科学, こそ新しい, だけでなけれ, である, であるであろう, でどこ, ではなくし, というもの, という特殊科学, という語, とがその, とが区別, としての俚俗学, として理解, とに, とに於, との学問, との根本的, との関連, とはその, とはそれ, とは科学, と別, と史学, と同じ, と呼ばれ, と哲学, と哲学一般, と歴史哲学, と現実的, と社会科学, と自然科学, にこそ又, にとって重大, にのみ特有, にもぞくさない, にもなる, にも力点, にも解消, に代える, に対して夫, に対して極めて, に対立, に還元, に関係, のみがそれ, のみが関心, の側, の問題, の夫, の対象, の専門家, の情勢, の意識, の方法, の方法論, の根柢的, の正確, の特色, の現実的内容, の目的, の範疇組織, の精神, の絶体不可欠, の記述, の認識目的, の課題, はもはや単に, は一種, は今日, は以上大まか, は個別的因果, は単に, は夫, は文化科学, は自然科学, も自然科学, も這入る, や社会科学, をこの, を単に, を支配, を自然科学, 其の他, 又芸術理論, 更に哲学

▼ 歴史哲学~ (121, 0.8%)

3 ではなかっ

2 [11件] から発生, によって精神的, の一つ, の一古典, の一派, の問題, の研究, の諸, は人間, や歴史学方法論, を中心

1 [96件] からどう, からの発生, からの発生物, があった, が何, が内在, が初め, が如何なる, が尊重, が決して, が精神, だったわけ, であった, であったこと, であるの, であろうと, でで, ではない, でもなく, で不都合, で医学上, という言葉, としての元来, としての実証主義的社会学, としての性格, としてはドイツ風, として問題, として殆, とは西洋, とディルタイ, と不離, と最も, と歴史自身, と歴史観, と相, にある, においてのごとく, にとって独特, にまで又, にまで転向, にもあてはまる, によって之, によって代表, による進歩, によれ, に代行, に基く, に最も, に直接関係, に過ぎないなら, に関するもの, のうち, のよう, の一発展, の一結論, の一部, の中, の他, の先駆者, の分野, の否定, の始め, の始祖, の影響, の断念, の書物, の最も, の根本概念, の真諦, の表現, は, はこの, はもはや, はヘブライ思想, は一貫, は併, は少く, は歴史理論, は解釈学, も亦, や又, や又は, や社会哲学, や精神科学, をば, を一般化, を勉強, を背景, を訳し, を通じ, を通じて初めて, 乃至哲学一般, 乃至歴史観, 乃至社会哲学, 乃至社会学, 又文化哲学

▼ 歴史的事実~ (118, 0.8%)

3 である, の記録, の選択 2 がある, だ, と見なし, に徹し, の研究, の記載, を記した, を記述

1 [93件] がいくらか, がこの, が潜ん, が譬喩, たる人間, だけで独立, だとも, であって, であるか, であるから, であること, である故に, といえよう, といふもの, としてすべて, としての修道院, としての国家, としての政治, としてはかく, としてはなる, としては絶対的真理, としても神代, として之, として信ずる, として天皇, として学説そのもの, として彼, として真実, として見る, として見れ, として顧みられるであらう, とは関係, なの, にかへる, にしか過ぎない, にその, にたいして一般, に忠実, に拘泥, に拠っ, に於ける, に相違, に眼, に背い, のいくら, の一つ一つ, の上, の単なる, の叙述, の告白, の因果, の如く説く, の存, の決定, の片鱗, の背景, の解釈, の記述, の間, はこの, はその, は今, は今日, は又, は常に, は往々, は毫も, や地理的事実, をも無視, をよく, を一般, を云い忘れた, を信ぜざる, を否定, を市吏員, を引例, を忠実, を承認, を指す, を捉え, を改変, を明, を決定, を無視, を理解, を知りません, を蒐集, を観察, を記録, を訴える, を語った, を語る, を説明

▼ 歴史的社会~ (114, 0.8%)

9 の運動 6 に就い, に於ける 5 の存在 3 が意識 2 である社会, という現実, に於, の所産, の物質的構造, の現象

1 [73件] から区別, がこの, がその, だけが意識, だけだ, であり人間, というこの, という存在, という存在そのもの, とでは無論, とに区別, との差, とはその, とは一応, とは歴史的, とは生物学的自然, とをこの, と呼ばれる, における一切, にこの, にぞくする, についてのこの, によって決定, によって規定, によって限定, に依存, に共通, に関する限り, の, の事実, の代り, の何時, の偶然, の全, の唯物弁証法的認識, の唯物論的弁証法的分析方法, の唯物論的把握, の基礎, の場合, の客観, の客観情勢, の必然的運動, の必要, の或, の本質, の歴史的運動, の物質的根柢, の物質的生産関係, の現代性, の現実, の現実的物質的機構, の現実的運動, の理論, の理論的認識, の発展, の社会科学的分析, の科学的分析, の科学的認識, の範疇, の謂, の運動法則, はあり得ない, は之, は人間, は後, を, を検討, を決定, を自然, を自然有機体, を規定, を遍歴, を限定

▼ 歴史から~ (102, 0.7%)

7 見て 4 見ても 3 云って, 言へば 2 ちがって, 来て, 申しましても, 考えて, 見れば

1 [75件] あれこれの, いうと, いえば, いふと, うけて, この三人, これを, しても, そのよう, その原理構造, つくられた者, みた負, みて, みる実力, やがて教育, 一とう, 事例を, 云えば, 云っても, 人物から, 何にも, 何んにも, 何処の, 例を, 供給せられね, 偉人の, 全く跡, 共通の, 出た当時, 出て, 取つて, 取材し, 太陽からも, 学びとって, 完全に, 客観すれ, 引き離して, 得来った, 感ずる興味, 戦争は, 抹殺する, 抽象された, 抽象し, 推究さる, 暴虐な, 来る社会, 歴史への, 求められて, 消え去って, 照り返される人間精神, 生じて, 生まれたもの, 生まれた特殊, 生れた尊崇, 生れて, 眼を, 知るところ, 維新以来の, 美しい女神ベヌス, 虐げられて, 虜はれ, 見た場合, 見ると, 見るならば, 解放され, 言っても, 説き起されては, 負わされて, 造り出した教訓的臭味, 遊離し, 遊離した, 隠れて, 離反せしめた, 革命の, 顧みれば

▼ 歴史的運動~ (98, 0.7%)

8 に寄与 6 に於 5 の必然性 4 に於ける 3 によって終局的, の動力因子 2 である, の概念, の車輪, はそれ, をその

1 [59件] から云っ, がある, がとり, が就中政治的, が必然的, が歴史, が歴史的全体, こそ事物, こそ正に, こそ自然弁証法, ではなかっ, としての特色, とそれ, とは之, とは併, と呼ぶ, における階層, によって虚偽, に外, に帰着, に従う実践的変革, に現実的, に終局, に終局的, に起こる, に逆行, の一つ, の一般的表現, の全, の全部, の内, の初め, の動力, の因子, の外, の実現, の把握, の曲線, の正常, の状態, の現実的必然性, の自己表現, の自覚, の要因, は, はその, は一定, は事物, は従って, は社会全体, は終局, は要素的運動, へのかかる, をそれ, を初めて, を単位, を標準, を段階, を説明

▼ 歴史的発展~ (93, 0.6%)

4 の過程 3 の全, の全体, の内, を辿る 2 ということ, に於ける, の上, の動力, の思想, の順序, や政治的変革, をなす, を持つ

1 [59件] がある, が何等, でありそう, でありその, であります, というもの, とそれ, と共にそれ自身, と共に有り, なるもの, において国体, につれ, には違い, にも云わ, によって社会, によって終極的, に対する認識, に於, に際しても亦, のこの, のため, のコース, の一定, の事実, の各, の契機, の契機的, の実際, の帰結, の必然性, の必然的法則, の成果, の方向, の検討, の模様, の段階相互, の法則, の終局原因, の終局的, の終極, の要因, の諸, の運動形式, の道, はこの, はその, はヨオロッパ全体, は云う, への反抗, も歴史的進歩, や構成, をただ, をも考えない, を抜き, を考える, を跡づけ, を通じて魯, を遂げる, 否歴史的変遷

▼ 歴史~ (91, 0.6%)

4 の方法 3 は, 乃至精神科学 2 に就い, の或, の方法論, の本質, は自然科学, や社会科学

1 [69件] から区別, が之, が今日ゲーテ, が個々, が単に, が向, が或, が歴史学, が決定, が浪漫主義, が神学, が芸術, であるため, でいう, ではない, でもっと, という称呼, としての真理, との区別, との結合, とを夫, なるもの, において重要, にとってはそういう, にとつ, にとつて, にも活発, に他, に同じ, に対して不信, に対して特殊, に対して生物, に於, に於ける, に止まる, に発展, に至る, のお, の伝統的, の厳密, の参考以外, の対象, の精神科学的方法, の認識, の認識目的, はその, はまだ, は個性記述的, は後者, は果して, は歴史的批評, は解釈学的方法, や, やブルジョア社会科学, やヘーゲル, や或, や文化, や文化理論, や社会, や社会論, や経済学, をさげすむ, を他, を自然科学, を観念論化, 乃至文化, 乃至社会科学, 或いは文化科学, 殊に文学史

▼ 歴史~ (82, 0.6%)

2 古典の, 地理に, 地理の, 政治として, 社会の, 語学の

1 [70件] いろいろな, この店, その作品, その時, に関する固陋, アメリカ人の, パリの, フランス語ぐらい, 世界における, 世界の, 事情で, 人物談に, 伝承系統の, 伝記や, 伝説や, 伝説を, 修辞に, 傳記や, 又更に, 口碑の, 古文書に, 因縁で, 国語地理を, 地史の, 地理も, 地理や, 地理古, 地理古来の, 多神教に関する, 大風流, 奥行といふ, 小説で, 小説に, 小説を, 性情や, 慣習や, 政治の, 政治自身が, 故実などは, 文化に, 文化や, 文学書に, 文芸の, 時代ある, 時間を, 東洋歴史は, 歌の, 物語からの, 現実に, 由来は, 発句の, 社会から, 社会が, 社会との, 神学や, 科学および, 経済史の, 習慣や, 自然が, 自然という, 自然に, 自然科学に, 芝居で, 英文典など, 解釋に, 記録やは, 讃美歌を, 農民に, 過去の, 雜書が

▼ 歴史という~ (74, 0.5%)

13 ものは 12 ものを 8 ものの 5 ものが 3 ような 2 のは, ものに, ものも

1 [27件] お手本などは, ことだ, ことの, ことを, ところを, もの, ものに対して, もの人間の, もの社会という, 事が, 事は, 人間の, 人間群衆の, 問題から, 存在は, 感じまで, 文字を, 本には, 歴史が, 点で, 生き物の, 範疇之等は, 規定をも, 観念を, 語を, 車両の, 非情の

▼ 歴史には~ (70, 0.5%)

4 死人だけしか 2 知られないところ

1 [64件] ある, いまだかつてこの, いろいろの, これについての, じつに庶民史料, すべてラストの, たしかにまた, つきない興味, でかでかと, どういふ, なくて, まだ注意, まるで出, ルネサンスの, 一代の, 似て, 何か, 何人にも, 個別的因果関係が, 別の, 却つて好い, 名は, 多分な, 大抵善正, 尼将軍淀の, 年代が, 幾度か, 必ずかの, 必要の, 怪物が, 感服し, 扶餘國に, 新しい意義, 書いて, 本当に自分, 歴史の, 歴史自身の, 永い時間, 決して外国, 没交渉で, 没交渉であろう, 浮き上って, 甚だ不, 異常な, 発展は, 知られて, 社会本能と, 系図も, 縁起譚が, 蘇我氏が, 見られなかった大, 見られなかった天皇, 記載を, 許されない, 証拠が, 通じて, 重大な, 間々この, 随分熱心, 随分間違つた希望, 隨分違つた希望の, 非常に, 面白い事, 魂罪の

▼ 歴史的時間~ (69, 0.5%)

2 が性格, という全体, に於ける, の, の内容, の刻み, の性格, の構造

1 [53件] がこの, が人々, が支配, こそ凡そ, こそ本当, であったが, でどの, という他, としてのみ成立つ, として経過, とは異なる, と同値, などであっ, などはこの, においては過去, において現在, に固有, に外, に対応, に於, のこの, の今, の内, の否定, の問題, の場合, の形, の性質, の意識, の感覚, の最も, の立体, の等価物, の系列, の結晶, の諸, は, はその, はそれ自身, はそれ自身一つ, は客觀的時間, は或, は日常性, は暦, は未来, は様々, は無くなる, は自然的時間, は諸, をもう, を無視, を確立, を統一的

▼ 歴史~ (67, 0.5%)

2 が制度, である, にすぎない

1 [61件] から排除, がありましょう, がいかなる, が叙述, が成立, が現れかける, であること, である処, である正像末三時, とが三木, となっ, とは相反, と一致, なの, にほかならない, によって人々, に伴っ, に到達, に基づく, に外, に対立, に立っ, に立った, に立つ, に較べ, に過ぎない, の先駆者, の動揺, の問題, の地盤, の多く, の展開, の提供, の欠如, の理論, はそんな, はぼく, はもと時, はキリスト教, は始めて, は彼, は歴史, は歴史的知識, は浄土教史観, は無機的自然, は親鸞, へ夫, も或は, や歴史主義, を以て貫かれ, を其儘, を基調, を意味, を指導, を最も, を生じ, を産まね, を産む, を統一, 即ち又, 及び社会観

▼ 歴史~ (65, 0.4%)

8 あつた 3 あつて 2 今日の, 有名な, 申しても, 見ても

1 [46件] あらうか, いへば, おそらく最も記念, きれいに, さえそう, せう, はっきりこれ, みれば, よく御存じ, よく想像, ソヴェト演劇と, 一番評判の, 云えば, 人間の, 今語られ, 况んや, 古今の, 名高い人, 名高くその, 嘉永四年の, 大化改新によ, 大戦という, 少しばかり, 幾多の, 忘れられたり, 教は, 教わった五稜郭, 教わって, 散三, 普通いう, 未だかつてなかっ, 百濟から, 相逢, 知り得る限り, 空前絶後の, 美くしい面白い, 習ったから, 考えて, 落第しただらう, 見た足利尊氏, 見ると, 見事な, 読むと, 読んだ塞外舎営, 読んだ時, 養われて

▼ 歴史的世界~ (63, 0.4%)

5 に於, の生産様式 3 において主体 2 における歴史的物, の論理, は生物, を形成

1 [42件] が人間的, である, といっ, においてある, においての歴史的形成作用, においては主体, においては単に, においては無限, においては過去, において主体的役目, において形成, において現実的, において発展, において真に, において見る, に在る, に実在, の, のイデヤ的構成力, の一面たる, の両, の基体, の外, の形成作用, の所産, の最も, の構造, の構造連関, の生きた, の種, の範疇, の自己形成, はその, は一面, は人間, は意識的, は新, は物理学的世界, は行為, は課題, は道徳的世界, を成立

▼ 歴史記述~ (61, 0.4%)

3 のこの, の方法 2 が歴史, によって跡づけられる, に於ける, の問題, の目的, の解明, は或いは, は社会, をする

1 [37件] がどう, が現代, が現実, が発見, すらが現代, であり, ではない, で読まれ, という特別, として待遇, において古く, にはならぬ, に対して実際, に就い, に帰, に於, に立脚, の中, の今, の性格, の新種, の材料, の様式, の準備, の特色, の現実的, の目標, はその, はジャーナリズム, は個別化, は可, は時代, は歴史, を, を自然科学的研究法, 又は歴史哲学, 又は歴史的要約

▼ 歴史とは~ (55, 0.4%)

4 進化の 2 対立する, 希望の, 昔在った

1 [45件] いえないもの, いえ歴史, いかなるもの, いったい何もの, かくて, これで, ちがって, つねに今日, また異なった, みても, もと出来事, オーダーを, 云えない, 互いに深く, 人間の, 今や単なる, 何か, 何かという, 何ぞや, 何な, 元来, 兎角混同, 全く段ち, 全く異, 出来上ったもの, 出来事であり, 切っても, 別である, 別な, 同様に, 固より, 大人物の, 客觀的實在世界を, 年代記の, 形の, 往々に, 抽象に, 時間経過の, 畢竟この, 相依っ, 祖先の, 縁故も, 西と, 過ぎ去った時代, 鋭い対立

▼ 歴史では~ (49, 0.3%)

4 ない 3 ありません, なくて 2 ないかと, なかった, なくして

1 [33件] ありうるの, かたづけられないの, きめられて, その名前, ちょっとした挿話, つきない本当, どうも正確, ないでしょうか, なかつたの, なく常に, なく生活それ自体, なく男, なく變, より明確, わざとかも, ドン・キホーテが, ファシズムとの, ヨーロッパ諸国で, 一向問題, 一瞬, 傳へて, 先例が, 平家の, 暗君の, 決して得られない, 温祚と, 温祚といふ, 煙草だけは, 石坂家は, 秦の, 義經と, 落第点に, 金に

▼ 歴史において~ (49, 0.3%)

2 作られたもの, 関係が

1 [45件] いまだその, かくの, これが, これを, その判決, その発展, それに, つねに見られる, はじめて現われた, はたらいて, クレタロードスおよび, ヨーロッパ近代諸国の, 一つの, 主権が, 人は, 他に, 何ごとか, 天智の, 婦人作家は, 存在は, 常備軍の, 成し遂げた諸, 或は自然, 明瞭に, 時勢の, 最も客観的, 次第に開, 欧州の, 活動する, 特に自然的要素, 特筆大書すべき, 現われて, 生存する, 發展する, 直観の, 真に新しい, 種々の, 考察する, 自己を, 茶が, 著しく目, 行はれ, 記憶すべき, 遭遇する, 頭を

▼ 歴史的原理~ (48, 0.3%)

2 と論理, の代り, の承認, を完全

1 [40件] が充分, が原理, が結局何処, であるであろう, としての段階性, としての資格, としての階級, と実践的原理, なの, にまで多少, によって支配, に代える, のこの, の不足, の二つ, の喪失, の如き, の尊重, の応用, の放擲, の積極的, はかく, はそれだけ, はシェーラー, はリッケルト, は全く, は実践的原理, は時代, は歴史, は歴史自身, は非, を以て貫く, を否定, を天引, を引き去る, を持つ, を放逐, を無視, を除外, を顧慮

▼ 歴史との~ (45, 0.3%)

3 関係で 2 かかわり合いの, 関係に

1 [38件] いきさつは, ことが, この区別, すれちがいには, つながりにおいて, つながりにおける, めぐり合わせにおいて, 上から, 二重性が, 区別を, 區別を, 奇妙な, 対立, 対立の, 恩寵に, 所有物である, 所産であります, 扱われかた, 故でも, 日だ, 時代を, 概念は, 比較は, 波瀾そのものが, 異うごとく, 相乗積だ, 相互的な, 課題も, 連関においても, 連関は, 違ひである, 部分に, 間, 間には, 関係から, 関係は, 関係を, 限界を

▼ 歴史社会~ (44, 0.3%)

11 の問題 2 なの, に於ける, 及び思惟

1 [27件] から受け取られる, が哲学, であっても, である, であるから, でなければ, とが一つ, と併立, と思惟, に対立, に関する科学, のこうした, の内, の客観的状勢, の文化史, の物質的基底, の現代性, の現実的運動, の現象, の科学, の経済機構, の限界条件, は人格的個人, は歴史哲学, は社会科学, を哲学的, を特徴

▼ 歴史として~ (42, 0.3%)

2 人の, 回顧する

1 [38件] かつて聞かなかった, それを, のこる戸田村, まぎれも, もつと, 伝えられて, 信ぜられし神代史, 傳へられ, 動く姿, 即ち歴史, 取扱つても, 始まったの, 尊重する, 後世に, 戦後再, 持ち伝へたので, 摂取し, 教えるの, 明確に, 時代性を, 書いた, 現はれ, 現われて, 知ろうと, 確実性を, 筐底に, 紹介しよう, 終りを, 編纂せられ, 考へられたもの, 見る時, 観れば, 観察せられ, 観小説, 読むから, 読んだ, 通じて, 面白いばかり

▼ 歴史的過程~ (38, 0.3%)

2 に於, を経, を除外

1 [32件] から抜き, がただ, が事実, であったこと, であったでしょうが, であること, であるであろう, でしかあり得ない, でなければ, ではなくし, という弁証法, として自身, なの, にあ, において事実存在, において把握, にぞくす, に対応, に於ける, に注意, の内, の存在, の実際, の指導原理, はそれ, を吾, を必要, を抜き, を有する, を理論的, を生き, を示す

▼ 歴史である~ (37, 0.3%)

3 が歴史 2 と思ふ

1 [32件] からし, からである, から索引, から説明, がこの, がその, が史記, こと, ことに, しそれ, だけに私, と, という, ということ, という事実, といった, といつた, としたなら, としなけれ, とする, との見解, とも言える, と云, と信じ込ませた, と共にまた, と申したい, と言, と言っ, のだ, 三國遺, 哀れさの, 多くの

▼ 歴史的研究~ (37, 0.3%)

4 の結果 2 の凡て

1 [31件] が明らか, だけを根本義, であって, であるとも, では像法, とか歴史的記述, とは云え, などというもの, などに至っ, にえらい, においても第, についての危険, については別に, に対して非難, に生, に相当, に進む, の基礎, の弊, の最も, の材料, の第一歩, は前, は極めて, もはなはだ, をした, を加えまし, を始める, を必要, を経た, を見棄てる

▼ 歴史といふ~ (34, 0.2%)

6 ものが 5 ものは, ものを 4 ものに

1 [14件] お手本などは, ことを, ものの, ものも, もの人間の, 位に, 問題他家を, 大生命, 樣な, 点から, 觀念を, 語は, 語を, 遠い昔

▼ 歴史に対する~ (34, 0.2%)

2 彼の, 精神の, 関係の, 関係は

1 [26件] つながりを, ひとつの, 二人の, 今日の, 他方政治に対する, 叛逆だけが, 場合自己の, 客観的な, 客観的認識力との, 愛着でも, 態度それが, 我々の, 或る, 才能, 正当な, 特殊な, 疎隔は, 知識人の, 私の, 積極的な, 自主的な, 興味は, 観念の, 追従者の, 関係を, 関心は

▼ 歴史にも~ (33, 0.2%)

3 伝説にも

1 [30件] あまり興味, かかる記録, これに, これほど, そう暗い, その例, それぞれ自らを, なく伝説, また相当, みないこと, やはりイカ, 不名誉な, 世間にも, 中華史上にも, 付け纏っ, 佛教に, 先例が, 同じこと, 婦人の, 数えられるよう, 有名な, 滅多に, 現れずに, 興味を, 見えて, 記して, 語られて, 關係が, 類の, 風流にも

▼ 歴史そのもの~ (32, 0.2%)

3 の本質 2 は自然史

1 [27件] がある, が一つ, が人間, が引きずっ, が日本精神, が生きもの, が産み出す, でありしかも, であるから, である時, ではない, ではないだろう, でも見方, として解釈, に作者, に働きかけ, のうち, のなか, の内部, の前進, の即し, の思想, も色々, を作る, を発展, を示す, を話さね

▼ 歴史主義~ (29, 0.2%)

2 は相対主義, は進化主義

1 [25件] から離れ, が得意, であり歴史主義, でなければ, として理解, とその, とは云わない, とは厳密, とは嚴密, と相対主義, に他方, に於ける, の大きな, の立場, の精神, はかよう, は一個, は事物, は何等, は歴史, は発展, は諸, も亦, や歴史哲学, を媒介

▼ 歴史的認識~ (29, 0.2%)

2 の精神, も社会

1 [25件] が仮定, が制作, ではない, ではなく, でもない, と云う, と実証的精神, と文献学的知識, などをかり, に代わる, に関する方法論, の意義, の方法, の無能, の特殊性, はいずれ, はもはや, は主観的, は動かす, は同時に, は歴史叙述, は究極, は純粋, を歴史的知識, を齎す

▼ 歴史的意識~ (28, 0.2%)

2 が欠け, の本質, を有した

1 [22件] が存, が彼, が理解, が相, として個人, と浪漫主義, にとつ, には悲劇的精神, に基づい, に改変, のひとつ, の上, の作用, の最も, の根源的, の重要, は元々, も亦, を与へる, を具, を明らか, を有しなかつた

▼ 歴史にとって~ (27, 0.2%)

2 忘れること

1 [25件] いや人類, きわめて重大, すぎて, 一つの, 一八三二年六月の, 何と忘れ, 価値ある, 取返しの, 実に大きい, 忘られない, 意味ふかい, 最も重要, 未曾有の, 注目すべき, 深い意味, 深い深い意味, 無価値, 由緒の, 画時代的な, 画期的な, 自分も, 自動車が, 見ると, 謂わば, 鉄の

▼ 歴史文学~ (27, 0.2%)

1 [27件] がこの, たる所以, だけの範囲, であるという, という, といふもの, といふ特別, とはどう, とは云えず, について, について二十九枚かき, について来月, に属し, に心, の, のこと, のほう, の卓抜, の歴史文学, の特輯, の荒木田麗女, の議論百出, は本当に, への理解, も歴史, を志す, を生み出し

▼ 歴史的社会的存在~ (27, 0.2%)

2 に於, に関する階級的制約, の発展形式

1 [21件] が単なる, であり歴史的社会, であること, であると, である場合, でもなく, としての側面, として考察, として規定, に於ける, の, の価値的規定, の動き, の客観性, の根柢, の框, の構造, の総体, はこの, は論理, を顕微鏡

▼ 歴史によって~ (26, 0.2%)

2 形態的には

1 [24件] その文化, つくられて, また生活そのもの, 世人を, 世間の, 互いに結び付き, 代表された, 創られた夫婦, 動かされるの, 学んで, 定められたもの, 形づくられて, 後の, 昔から, 構成され, 生み出された, 生れつつ, 真に統一, 社会的に, 神聖化せられ, 貫かれて, 顧れ, 養われた能力, 養われ従って

▼ 歴史への~ (26, 0.2%)

2 通路は, 関心が

1 [22件] テーマの, 任務の, 信仰が, 働きかけは, 判断から, 反省が, 反逆である, 意味での, 感傷など, 感覚が, 態度でも, 態度は, 洞察と, 無知識, 相反する, 裁断の, 角度を, 通路が, 連続, 道という, 関り, 顧慮

▼ 歴史的必然性~ (25, 0.2%)

2 の根源, 乃至遊離性

1 [21件] からの直接, から如何, から来る, から見, がある, が全く, が論理的真理, でなければ, によってのみ動く, によって夫, によって清算, による, に従って今日, に無関心, の内, は容易, をプロレタリア, を担った, を欠い, を無意識, を示す

▼ 歴史的社会的~ (25, 0.2%)

4 に制約 2 な人間生活

1 [19件] では, な, なもの, な具体的一存在, な即ち, な影響力, な必然的, な文化, な様々, な活動性, な現実物, な高, に分析, に必然的, に色々, に限定, 諸存在, 諸構造分子, 諸科学

▼ 歴史を通じて~ (24, 0.2%)

2 時代時代に

1 [22件] いつの世にも, いや人類史始, いろいろな, いろいろに, かかる時代, この二三年ぐらゐ, これ以上の, 世界の, 何故婦人作家, 存しない, 實行され, 巨人の, 庶民の, 意識を, 明かな点, 歴史に, 沢山あります, 発達すれ, 真に, 絶えず實行, 調べたものの, 顕はに

▼ 歴史的生命~ (24, 0.2%)

6 に生きる 2 を有する

1 [16件] が技術的, が自己自身, であると, として既に, とは矛盾的自己同一的現在, には行為的直観的, の世界, の労作, の地盤, の始, の弁証法, の自覚, は何処, をひとつ, を持ちつたえ, を推定

▼ 歴史的意義~ (23, 0.2%)

2 がある, は単に, をもつ

1 [17件] あるネク・タイ, からでも今日, が解釈, しかない, その人格, と個人, のある, のない, は別, は時節柄, も少く, をなし, を喪失, を掲げ, を有する, を見出す, を規定

▼ 歴史的発達~ (23, 0.2%)

2 に於

1 [21件] から推し, と体系組織, において何処, にもし, によって社会, に応じ, の一つ, の促進阻害, の径路, の途上, は云う, は人間社会, は全く, は従って, をする, を技術, を持っ, を有, を調べる, を跡づける, を遂げた

▼ 歴史とを~ (22, 0.1%)

1 [22件] きくこと, さらう, はっきり別, はっきり考え分ける, わたくしの, 一つに, 作つたのは, 傷け, 刻みたる主家, 区別する, 取りいれたの, 持って, 持つたかれ等, 持つて, 教え物理科学, 混同し, 発見する, 知って, 知らない者, 簡単に, 誰か, 超越した

▼ 歴史的使命~ (22, 0.1%)

1 [22件] でさえある, ということ, と考えた, と考へた, などそれぞれ, に応ずる, の展望, の概念, は革命的大衆, をそこ, をはずかしめなかった, をはたし, をもっ, をもつ, を持った, を持て, を放棄, を有った, を条件, を果した, を眞, を負わなけれ

▼ 歴史における~ (21, 0.1%)

2 労働者階級の, 自然的な

1 [17件] ある時期, この日本, 人間の, 価値の, 価値を, 個々の, 典型的事実に対して, 内面的に, 性格である, 意味で, 意味についての, 最も大事, 正しい生き, 社会的地位を, 進歩と, 運命を, 過去は

▼ 歴史的存在~ (21, 0.1%)

1 [21件] だからと, であり大, である, であるから, であるの, である又, である限り, としての対象概念, となり, とは独立, とも云うべき, と喰い違った, の不可欠, の側, の構造, の物質的下部構造, をでは, を僅か, を媒介, を考察, 乃至文化

▼ 歴史的段階~ (21, 0.1%)

1 [21件] が資本主義自身, でなく人間精神そのもの, で問題乙, で問題甲, と相関的, などは問題, によって決定, に対して特定, に当っ, に応じ, に於ける, に立っ, の原理, の標準, の理論, も通過, をみずから, を一定, を否定, を歩い, を総称

▼ 歴史的思想~ (20, 0.1%)

4 であります 2 の起源

1 [14件] が段々, だと, でありまして, といふべき, といふやう, としては當時餘程重要, となつ, にし, によつて構成, に感染, に關係, の方, の發生, の發達

▼ 歴史的意味~ (20, 0.1%)

4 をもっ 2 がある

1 [14件] がどう, である, とは一致, については, の問題等, の深長, をもたない, を以て考へる, を吾, を帯びた, を彼等, を正しく, を知り, を自ら明らか

▼ 歴史的現実~ (20, 0.1%)

2 である

1 [18件] から飛躍, です, としてはっきり, として存在, として綜合的, との対立, において考え始めた, に於, に立脚, の把握, の正確さ, の深い, の論理, の音波, へのやむ, わけても, を客観的, を解明

▼ 歴史社会的~ (20, 0.1%)

3 に存在 2 な, に制約, に成立

1 [11件] な制約, な存在, な発生, な諸, に, に与えられた, に与えられたる, に与えられる, に或, に淘汰, 諸構造分子

▼ 歴史社会的存在~ (20, 0.1%)

2 であった, としての学問

1 [16件] だという, であるから, であるからと, であるその, であると, としてあらね, としてその, によって代表, に於, の下層建築, の弁証法的構造, の必然性, の歴史的, の歴史的運動, の運動, を持つ

▼ 歴史地理~ (19, 0.1%)

4 の説明 2 に出ます, の考証

1 [11件] などいう, に, において, には, に暗く, の異同, の穿鑿, の誌上, の類, を顧慮, 其の他

▼ 歴史研究~ (19, 0.1%)

3 の結果 2 の資料

1 [14件] が狭く浅く, なの, にどれ, の一傾向, の初歩, の参考, の学問的方法, の御蔭, の收, の目的, の重要, は彼, は私, への関心

▼ 歴史ある~ (18, 0.1%)

1 [18件] のみ, 仁といふ, 会津漆器の, 傳來品を, 名残りは, 国に, 大家庭, 所と, 横町だ, 洛陽を, 玄関の, 用語例である, 自由党の, 自由黨の, 迷信である, 迷信を, 都会である, 限り市井の

▼ 歴史でも~ (18, 0.1%)

1 [18件] あつた, あり黄河, ある, あるのみか, それから小さな, ない, ないが, なかなかやっかい, なくて, なく喜劇, なければ, ラファエルが, 中國, 傳説でも, 又は理科, 又続けよう, 志の, 最も優れた

▼ 歴史に関する~ (18, 0.1%)

1 [18件] いろいろの, もの, もののみを, パラスの, フィルムは, 事柄をも, 哲学の, 方の, 書物を, 極めて統一, 正確なる, 死の, 特に文法的, 研究は, 科学の, 自然科学, 認識について, 論文などを

▼ 歴史~ (17, 0.1%)

1 [17件] から事実, から如何, から是非, がじつ, が今日, が当時, つてたださう感じ, といえ, といふ確信, としてをります, と信じ, と思っ, と思わず, と見, どうかし, な歴史, のといふ

▼ 歴史~ (17, 0.1%)

1 [17件] でも重要, で近江征伐, においては善良さ, に崇高, に得, に悪い, に次, に築き上げた, に起つた, に跡, の人, の人物, の単なる, の胴ナカ, の英雄豪傑, より復活, 最も緊張

▼ 歴史時代~ (17, 0.1%)

2 に奥羽地方, の蝦夷

1 [13件] において奥羽, における実際, になっ, にはひる, にまで奥羽地方, にまで引き続き, に噴火, に属する, に至っ, のはじまりである, の初期, の或, の海

▼ 歴史であり~ (16, 0.1%)

2 家に

1 [14件] そこで, その後は, その後支那の, 事實網を, 人間は, 伝統である, 同時に當時, 大仏の, 思想であり, 我々自身が, 搾取者と, 日々の, 歴史は, 非常事の

▼ 歴史について~ (16, 0.1%)

1 [16件] まじめな, もつ最も, 尋ねた, 山僧から, 思いを, 折に, 日本の, 書いたもの, 特別に, 科学について, 考えよう, 詳しいこと, 読書人の, 調べて, 諄々説明が, 遠くその

▼ 歴史的さん~ (16, 0.1%)

2 がそれ, でも, と呼ばれ, にかえって, にかへつて, ねあの, の部屋, はどこ

▼ 歴史的事件~ (16, 0.1%)

2 はこの

1 [14件] がかさなった, がもろもろ, が概念, とその, によつて, に求めた, に興味, に関する史料, の描写, の間, は人々, を叙述, を従属, を恰も最も

▼ 歴史的価値~ (16, 0.1%)

1 [16件] から切り, があり, ではない, といふカテゴリー, といふ合財袋, といふ言葉, に基づく, に於, のある, の如何, の差異軽重, の最も, は多少, への信頼, を有する, を負った

▼ 歴史的推移~ (16, 0.1%)

1 [16件] から来, ではなくし, とを説明, において幾らか, によって変換, に対応, に応じ, に於ける, の不可思議, の必然性, の甚, の結果, の諸, の過程, は論理的, を扱う

▼ 歴史的現象~ (16, 0.1%)

4 は人 2 についてのこと 1 がある, のその, の中, の単なる, は必ずしも, は意識, は次々, は誠に, をも批評, を教法

▼ 歴史科学的概念構成~ (16, 0.1%)

2 の性格

1 [14件] がどう, が事実, が個別化, としての方法, と独立, にだけ固有, に対して限界, の特色, の現実的内容, の理論, はそれ, は個別化, は従っ, を性格

▼ 歴史に対して~ (15, 0.1%)

1 [15件] もって, 何等の, 先在的, 彼の, 抱いて, 持って, 殊に批判的従つて, 無理会, 理解を, 申訳け, 目を, 真に敵対的, 臆病な, 自分なんか, 責任を

▼ 歴史的人物~ (15, 0.1%)

2 であれば, としての釈迦

1 [11件] から始め, が持つ, であり作者自身, であると, ではあろう, で興, としては第, の個性, の肖像畫, を呼ぶ, を拔擢

▼ 歴史的法則~ (15, 0.1%)

1 [15件] が実際, である, でなければ, ではある, ではない, という概念, とではその, と考えられ, のもつ, の支配, は形式的規定, は自然法則, は資本制社会, を如何, を論理

▼ 歴史~ (14, 0.1%)

1 [14件] が傳, が示す, が説く, であつ, でさえ時代時代, では彼, に載する, のよう, は伝染病, は歴史捏造, もこの, やその他, をもと, を急

▼ 歴史概念~ (14, 0.1%)

2 が観念的概念, と社会概念 1 ではあり得ない, と結び付かない, に於, の中枢, はもはや, は多く, は歴史, は現実的, への移動, をこの

▼ 歴史~ (14, 0.1%)

1 [14件] がある, がそうまあ, が幻想, ではあった, ではない, としてみ, に見る, のみならず, の中, の巨匠, の画題, や最も, を出し, を見る

▼ 歴史的知識~ (14, 0.1%)

1 [14件] がよく, と役目, によれ, の不足, の普及, の生硬, の要約, はない, を仮定, を兵馬, を加え, を呼び, を得られた, 乃至教養

▼ 歴史については~ (13, 0.1%)

2 何も

1 [11件] くだらぬこと, また数, また数々, 不確実, 乏しい伸子, 伝説めいた, 權威ある, 相当いろいろ, 私は, 総論の, 誌されず

▼ 歴史及び~ (13, 0.1%)

2 内閣組織の

1 [11件] その歴史, ロシアの, 伝説中の, 日本の, 時事に関する, 社会は, 社會に, 稗史に, 経済学の, 習慣を, 考古學の

▼ 歴史叙述~ (13, 0.1%)

1 [13件] が遙, ではない, とが科学的, としての方法概念, として又, に対立, に於, の原則, の基礎, の本道, は信仰, は普通, をば論理的分析

▼ 歴史思想~ (13, 0.1%)

3 であります 1 があります, がもつ, でありますが, とそれ, と大した, の一つ, の大, の餘程確か, を持つ, を有つて

▼ 歴史的規定~ (13, 0.1%)

1 [13件] が変っ, が限定, という知識社会学的問題, とは無関係, ともその, に就い, に於, の下, の概念, は却って, は真理自身, をその, を有する

▼ 歴史理論~ (12, 0.1%)

1 [12件] からその, であったに, であること, ではなく, となる, に連関, に限られた, の一端, の地盤, は之, や社会理論, を抜き

▼ 歴史的内容~ (12, 0.1%)

1 [12件] から出発, というもの, において世界的, になる, に富む, の出発点, の歴史的運動, をなす, を取り扱う, を持つ, を持つた, を歴史的原理

▼ 歴史的感覚~ (12, 0.1%)

1 [12件] が欠け, とは例えば, とは正常, と名づけるであろう, なの, によって, に帰着, に於, の概念, は個人, を呼び, を完成

▼ 歴史的条件~ (12, 0.1%)

1 [12件] から云っ, がみごと, とがどれ, によってある, によって現実界, による民主主義革命, にタッチ, に基い, に由来, の上, はもとより, は見とおされ

▼ 歴史的範疇~ (12, 0.1%)

2 としての自由主義, のひとつ 1 である, でなければ, というもの, としては十七八世紀, と全く, に就い, に過ぎぬ, の異

▼ 歴史的身体的~ (12, 0.1%)

3 である 2 であるという 1 でなければ, ということ, と考えられる, と考える, なるが, なる我々, 即ち制作的

▼ 歴史的関係~ (12, 0.1%)

1 [12件] から作物, が結ばれ, なるが, によって相当, はない, をまざまざ, を奏寿者, を明, を知らざる, を説く, を説くべし, 互に相

▼ 歴史であっ~ (11, 0.1%)

1 [11件] てこれ, てその, てボーシャン塔, て人間, て今日, て嫉妬, て学問, て民衆, て独り文人たる, て自己, て自然

▼ 歴史をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] もって, 含めての, 土に, 民情をも, 物語って, 禁じて, 言ふ, 説明し, 読み詩文集, 遥か下の, 遺憾なく

▼ 歴史以前~ (11, 0.1%)

1 [11件] に属し, に崑崙国, のこと, の人, の地質生成, の悠遠, の方, の祖先, の諸, の野蛮行為, の雲

▼ 歴史家たち~ (11, 0.1%)

1 [11件] がゲーテ, が招婿婚, にうとんぜられ, のなか, の研究, の間, は, はヤンコ・コステル, は判斷, もいつも, もひとしく

▼ 歴史教科書~ (11, 0.1%)

1 [11件] がまず, であるから, というもの, の中, の編纂, は一度, は早い, は書き直されるべき, もその, よりも文化国, をもつ

▼ 歴史的事實~ (11, 0.1%)

1 [11件] でありまして, としてはしばしば, としてはプラトン, と間々, に關, に頓着, の前, は, らしいもの, を注意, を語る

▼ 歴史的全体~ (11, 0.1%)

4 の歴史的運動 2 と部分 1 が描く, である, に対する一つ, の, の運動

▼ 歴史的変化~ (11, 0.1%)

2 を軽視 1 が無意味, ということ, につれて時代時代, に於, の径路, の順序, は実は, を考える, を遂げる

▼ 歴史的批評~ (11, 0.1%)

1 [11件] が実は, が破壊的, が確か, だ, であると, と美学的批評, の方法, の熱心, の破壊的暴露, は正常, への迂回

▼ 歴史的探偵小説~ (11, 0.1%)

1 [11件] に大, に就, に於, に関するライブラリー, に限らず, の一つ, の書かれる, の興味, やドイル, を書い, を研究

▼ 歴史だの~ (10, 0.1%)

3 夥しい数 2 夥しい數, 文芸だの 1 何に, 生活だ, 科学だ

▼ 歴史としては~ (10, 0.1%)

1 かつて聞かなかった, かなり重要, それは, はなはだ物足りない, 弘法大師の, 新らしい, 比較的に, 法が, 消去され, 體裁を

▼ 歴史とともに~ (10, 0.1%)

1 その幸福, 一国の, 前進し, 前進する, 古びよごれ, 文学は, 様々ね, 空想的な, 自分も, 階級的に

▼ 歴史より~ (10, 0.1%)

2 いふも 1 しても, はるかに, ソセージの, 推究さる, 明治の, 書いてなかった, 見て, 見ると

▼ 歴史的制約~ (10, 0.1%)

1 からは独立, がその, が夫, が常に, が論理的制約, の段階, を考える, を蒙る, を遊離, を除い

▼ 歴史的地盤~ (10, 0.1%)

2 から構成, に成立, に於 1 にある, において生じ, の相違, は無論単に

▼ 歴史的展開~ (10, 0.1%)

1 そのあり, とを具体的, とを考えない, によって独自, のモメント, の一定, の方向, は同時に, を大体, を社会

▼ 歴史的役割~ (10, 0.1%)

2 に於ける 1 については認識, の評価, はだから, をもった, を制限, を担った, を独占, を観る

▼ 歴史的発生~ (10, 0.1%)

2 の順序 1 が世論, が今日, とその, と分化, に関する, は今, をなした, を欧洲

▼ 歴史的考察~ (10, 0.1%)

2 の必要 1 である, と離れ, によって基礎, によつて基礎, は心理主義, は近代, や哲学的省察, を加

▼ 歴史的背景~ (10, 0.1%)

2 の前 1 から見れ, が必要, となり, と人間生活, によって存在, に於, をもつ, を描い

▼ 歴史とか~ (9, 0.1%)

1 あるいは科学, 云ふお, 地理とかいう, 宗教とか, 故事とかが, 時計の, 瞬間とか, 研究とかいふ, 美術史とか

▼ 歴史においては~ (9, 0.1%)

2 逆に 1 いずれかの, この二通り, この点, そのとおり, 初め手を, 単に与えられた, 幾千幾万と

▼ 歴史~ (9, 0.1%)

1 した今, した合理的解釈, した方面, して, し性格化, する, すること, であり偉人, である

▼ 歴史哲学者~ (9, 0.1%)

1 がまた, が考える, であったので, である, とか考え, なの, の同情心, は全く, は発展

▼ 歴史~ (9, 0.1%)

1 では, と本質, に手, の一部, も段々, よりは, を主として, を描い, を書い

▼ 歴史的形態~ (9, 0.1%)

2 なの 1 から剥脱, としての両者, においてすでにそう, に於, のよう, の構造, を取っ

▼ 歴史的必然~ (9, 0.1%)

1 が漸次, であって, です, として一部, にふれ, の無視, の途, は芸術, 被担性

▼ 歴史的發展~ (9, 0.1%)

1 と逆行, に反, に於, に於ける, に關, のうち, の最後, の終極, の過程

▼ 歴史的瞬間~ (9, 0.1%)

2 であった 1 というもの, にある, に全, の諸相, は何, を一筋, を把

▼ 歴史的社会的制約~ (9, 0.1%)

3 を蒙る 1 によって至極, に関する問題, の問題, はあり得, はただ, はやがて

▼ 歴史的記録~ (9, 0.1%)

2 が歴史 1 がか, がかかる, である, といはれる, といわれる, は非常, を残そう

▼ 歴史自身~ (9, 0.1%)

1 がみずから, との連関, にある, にしかない, に於, の内, の原理, はそれ特有, は歴史自身

▼ 歴史あっ~ (8, 0.1%)

5 て以来 2 て以来存在 1 て以来富士

▼ 歴史などの~ (8, 0.1%)

1 ように, 例を, 勉強を, 復習を, 所は, 特殊科学を, 研究は, 話も

▼ 歴史などは~ (8, 0.1%)

1 ずいぶん抜かし, まだまだ遠い, もちろん私共, 吾三歳に, 好きな, 抛りぽか, 書けなくなるし成り立ち, 須臾の

▼ 歴史なり~ (8, 0.1%)

2 波瀾多き 1 傳説なりに, 叙事詩なりに, 宗教なり, 戦闘の, 戰鬪の, 道徳なりに

▼ 歴史なる~ (8, 0.1%)

4 ものは 1 がゆえに, が故, ものが, ものとが

▼ 歴史よりも~ (8, 0.1%)

1 より哲学的, 事実に, 力強い年中行事, 古くから, 寧互に, 小説である, 尚遠い, 更に古くから

▼ 歴史的任務~ (8, 0.1%)

1 に答えね, の性格, の方向, の終結, の見, を実践, を果そう, を自分

▼ 歴史的情勢~ (8, 0.1%)

4 の分析 1 が意識, が殆, において試み, によってそれ

▼ 歴史的時代~ (8, 0.1%)

1 にあ, においてそれぞれ特殊的, における基礎経験, に於, の性格, の時代精神, は種々相, よりも普遍的

▼ 歴史的精神~ (8, 0.1%)

1 であること, でも何, とを以て科学的精神, と考える, に他, の反対物, は不可能, を認めず

▼ 歴史的記述~ (8, 0.1%)

1 から云え, から離れ, とかいうもの, に他, の問題, の途中, の部分, をなし得る

▼ 歴史的豪傑~ (8, 0.1%)

2 であ, といふべく, と雁行 1 としては残つて, としては殘つて

▼ 歴史社会的制約~ (8, 0.1%)

2 に於 1 が吾, を以て存在, を以て歴史社会的, を受ける, を持つ, を有った

▼ 歴史過程~ (8, 0.1%)

2 によって磨き, の合則性 1 がこう, に対応, に沿う, のごく

▼ 歴史とが~ (7, 0.0%)

1 あって, 対立させられる, 相対立, 織りなす人間, 覆えさ, 連続の, 青年の

▼ 歴史とに~ (7, 0.0%)

2 向って 1 働きかけ又, 拡がりゆくに, 誤った解釈, 超越した, 重ねられて

▼ 歴史~ (7, 0.0%)

4 のだ 2 のである 1 ので

▼ 歴史もの~ (7, 0.0%)

1 だけと云い得るらしい, としてはどれ, に対してはまだ, をいくつ, を材料, を読ん, 私は

▼ 歴史以外~ (7, 0.0%)

2 には一歩 1 におの, にもう, に変った, のもの, の現象

▼ 歴史家達~ (7, 0.0%)

1 が心理学的見地, が説明, によって之, の著書, は史跡蹂躙, は歴史, は群衆

▼ 歴史教育~ (7, 0.0%)

1 が上, が禁止, の中, の積り, の筋金, をする, を復活

▼ 歴史物語~ (7, 0.0%)

1 としてつたえられ, にで, の意, の戯曲化, は神, をきかし, をもつ

▼ 歴史的伝統~ (7, 0.0%)

1 と自然的要求, に沿う, の主体, の著しい, の道, を口ぐせ, を重視

▼ 歴史的所産~ (7, 0.0%)

1 たる作品, たる表現, だという, であると共に, であるに, として初めて, にしか過ぎない

▼ 歴史的本質~ (7, 0.0%)

1 が批判, にしたがっ, の分析, は併, をきわめて, をもっ, を語っ

▼ 歴史的現在~ (7, 0.0%)

1 が生産様式, であるの, というもの, においては何処, に物, の世界, はいつも

▼ 歴史的社会的世界~ (7, 0.0%)

1 というの, というもの, においてのポイエシス, においての出来事, においてはいつも, においては何処, に成立

▼ 歴史的社會的~ (7, 0.0%)

2 に規定, に限定 1 なる限定, 諸生産物, 諸科學

▼ 歴史的進歩~ (7, 0.0%)

3 の過程 1 であり単に, という根柢, の動力, もある

▼ 歴史社会的事実~ (7, 0.0%)

1 として事実上, とは個人的当為, とは特有, に吾, は個人的当為, を個人的当為, を基本

▼ 歴史~ (7, 0.0%)

2 さえドライ 1 が伝わっ, など面白く, に移る, も同様, を取っ

▼ 歴史~ (6, 0.0%)

2 つてより 1 つてこの, つて以來家康が, つて以來工夫に, つて以來最初の

▼ 歴史その~ (6, 0.0%)

2 物の 1 伝記などという, 大工に, 影響今日の, 生活力と

▼ 歴史であった~ (6, 0.0%)

1 し現に, とすれ, と仮, と感じた, ものが, わけです

▼ 歴史としての~ (6, 0.0%)

2 用を 1 これからの, 結果が, 複雑さは, 飾らない歴史

▼ 歴史と共に~ (6, 0.0%)

1 その人々, 極めて多様, 水底に, 続く, 若者達の, 雲仙を

▼ 歴史などを~ (6, 0.0%)

1 もち出し, 引用し, 研究し, 研究する, 聞いて, 詳しく調べ

▼ 歴史なんか~ (6, 0.0%)

1 今夜じ, 今夜ぢや, 全く知っ, 少しも, 残して, 調べて

▼ 歴史にまで~ (6, 0.0%)

1 しっかりその, 展化し, 止揚, 達して, 遡ったり, 関係を

▼ 歴史によ~ (6, 0.0%)

1 つて依然, つて徐々に, つて抹殺された, つて育まれ, つて規定される, つて誘惑される

▼ 歴史事実~ (6, 0.0%)

1 としてうんと, の選択, は中断, をごまかし, を以上, を説明

▼ 歴史~ (6, 0.0%)

1 といえ, と見, に, を興す, を試みた, 乃至は

▼ 歴史博物館~ (6, 0.0%)

2 へ行った 1 でもあり, といひます, に転ず, の赤煉瓦

▼ 歴史家等~ (6, 0.0%)

2 が一生懸命, が過去, はこの

▼ 歴史的主体性~ (6, 0.0%)

1 が実に, である, にほかならぬ, に手渡す, を人間的時間, を構成

▼ 歴史的人間~ (6, 0.0%)

2 の情意, の行為 1 であった, を描く

▼ 歴史的分析~ (6, 0.0%)

2 は現 1 の関係, はもっと, は自身, を以て直ちに

▼ 歴史的分類~ (6, 0.0%)

1 から現在, ではなくし, に移る, は学問, は恰も, を企てる

▼ 歴史的立場~ (6, 0.0%)

1 からする, からはむしろ, であり世界史的立場, として考察, に於, をあるいは

▼ 歴史的連続~ (6, 0.0%)

1 ではある, の一連続体, は従って, は恐らく, を成り立たせる, を破る

▼ 歴史~ (6, 0.0%)

1 に關, の大概, の大略, の方面, は勿論, を探る

▼ 歴史~ (6, 0.0%)

1 から始まつ, といふもの, と仕事, のみに止まつ, を成立, を持つた

▼ 歴史認識~ (6, 0.0%)

1 から足, であり実際, ではなく, と歴史叙述, に於ける, の方法

▼ 歴史あり~ (5, 0.0%)

1 人豪伝あり, 家に, 情実ある, 情實ある, 祖先を

▼ 歴史です~ (5, 0.0%)

1 から, が一四年, けれどもわたし, わい, 人類相愛せよ

▼ 歴史でない~ (5, 0.0%)

2 と云う 1 ことは, と誰, もの

▼ 歴史などに~ (5, 0.0%)

1 しても, ないでも, 於きましては, 至ると, 通ぜねば

▼ 歴史にと~ (5, 0.0%)

3 つた 1 つては, つても

▼ 歴史~ (5, 0.0%)

1 働きかけて, 意欲を, 移つたこと, 載る筈, 連れて

▼ 歴史まで~ (5, 0.0%)

2 あり否, 同じ土 1 遡ること

▼ 歴史主義的~ (5, 0.0%)

21 な, なもの, な色眼鏡

▼ 歴史伝承~ (5, 0.0%)

1 ととり, の方法, は, は何故, は神語

▼ 歴史学的方法~ (5, 0.0%)

1 から問題, に於ける, の本質, の科学的一要素, を個別化

▼ 歴史小説以外~ (5, 0.0%)

5 のもの

▼ 歴史的伝承~ (5, 0.0%)

1 と言, において成就, に生きる, の固有, は本

▼ 歴史的原因~ (5, 0.0%)

2 であった処, でなければ 1 の如何

▼ 歴史的地位~ (5, 0.0%)

1 からし, におかれ, によって必然的, はベートーヴェン, を語る

▼ 歴史的変遷~ (5, 0.0%)

1 とに加え, についての一種, に於ける, の如き, を見る

▼ 歴史的実在~ (5, 0.0%)

3 の世界 1 に対する, を把握

▼ 歴史的実践~ (5, 0.0%)

3 の世界 1 が階級全体, を道徳的行為

▼ 歴史的展望~ (5, 0.0%)

3 に立っ 1 をよん, を欠い

▼ 歴史的性格~ (5, 0.0%)

1 で判断, による, の一つ, をもたない, を共に

▼ 歴史的意志~ (5, 0.0%)

1 が欠け, である, はまさに, は消滅的, は瞬間

▼ 歴史的意欲~ (5, 0.0%)

1 すなわち歴史的主体性, である, の撃発者, の方向, の線

▼ 歴史的方法~ (5, 0.0%)

1 としてディルタイ, に依らなけれ, に基く, に従わね, の特徴的

▼ 歴史的時期~ (5, 0.0%)

1 が真剣, において集中的, によって区分, にプロレタリア文学, を画す

▼ 歴史的材料~ (5, 0.0%)

1 では本質的, では追いつかない, について見れ, を以て歴史的原理, を収集せり

▼ 歴史的根拠~ (5, 0.0%)

1 と高雅, をもっ, を平安朝, を有し, を辿

▼ 歴史的概念~ (5, 0.0%)

2 であること 1 である, であるという, を持っ

▼ 歴史的環境~ (5, 0.0%)

1 がどんな, がわれわれ, の異なる, の相違, を扱っ

▼ 歴史的生活~ (5, 0.0%)

1 という問題, として性格, にまで否定, の中, は

▼ 歴史的由来~ (5, 0.0%)

1 などを考える, のある, を明, を正確, を考えた

▼ 歴史的社會的存在~ (5, 0.0%)

2 に關 1 として考察, は人間, は無視

▼ 歴史的自然~ (5, 0.0%)

1 であり歴史的物質, によってそこ, に還る, の形成作用, の意志

▼ 歴史的興味~ (5, 0.0%)

1 の上, を喚起, を抱い, を知らなかった, を覚えし

▼ 歴史的行動~ (5, 0.0%)

1 であるの, というもの, なの, はその, や歴史記述

▼ 歴史的行為~ (5, 0.0%)

1 でなければ, として見られね, にとって環境, はかよう, は云わ

▼ 歴史的課題~ (5, 0.0%)

2 である, の解決 1 が約束

▼ 歴史的開展~ (5, 0.0%)

1 というごとき, によっていわゆる, の必然性, は無意義, を認める

▼ 歴史的題材~ (5, 0.0%)

1 の小説, へかくれんぼ, をあつかっ, を取り扱う, を扱った

▼ 歴史知識~ (5, 0.0%)

1 から観念, が村, が現在, の程度, を一般に

▼ 歴史編纂~ (5, 0.0%)

2 の方法 1 には無, の原則, の精神

▼ 歴史からは~ (4, 0.0%)

1 こんな低徊主義, 其が, 消えて, 遊離する

▼ 歴史さえ~ (4, 0.0%)

1 あります, 今の, 書ければ, 記憶するあたわざる

▼ 歴史とも~ (4, 0.0%)

1 いえる, いへる, なり得る, 言へ

▼ 歴史はじまっ~ (4, 0.0%)

3 て以来 1 て以來

▼ 歴史を以て~ (4, 0.0%)

1 その畢生, 人の, 指し示すと, 開け始まるまでの

▼ 歴史を通じての~ (4, 0.0%)

1 二大, 日本人の, 最大な, 革新や

▼ 歴史以上~ (4, 0.0%)

2 に心 1 である, の客観性

▼ 歴史以後~ (4, 0.0%)

1 にも日本, の人, の數十倍, の時代

▼ 歴史~ (4, 0.0%)

2 體を 1 書中の, 體の

▼ 歴史内容~ (4, 0.0%)

2 に於ける 1 が凡て, を処理

▼ 歴史哲学的~ (4, 0.0%)

1 な, な社会哲学者, にも色々, に探索

▼ 歴史哲學~ (4, 0.0%)

1 で醫學上, に關, の萌芽, または當爲

▼ 歴史地理学会~ (4, 0.0%)

1 には顧問, の夏期講演会, の経営, の誌上

▼ 歴史始まっ~ (4, 0.0%)

4 て以来

▼ 歴史学派~ (4, 0.0%)

1 の歴史主義, の活動, の精神, の諸

▼ 歴史学者~ (4, 0.0%)

1 が小さい, なる立花博士, なんてこれから, の間

▼ 歴史宗教~ (4, 0.0%)

1 およびその他, はその, を保存, を研究

▼ 歴史小説中~ (4, 0.0%)

1 に一種特異, のこと, の最高位, 最も完成

▼ 歴史法則~ (4, 0.0%)

1 ではなく, との関連, を提唱, 乃至社会法則

▼ 歴史~ (4, 0.0%)

1 との争論, と称す, と等しく, は国民性

▼ 歴史特に~ (4, 0.0%)

1 世界現在の, 文化史的に, 日本の, 神代の

▼ 歴史画家~ (4, 0.0%)

1 がエゴール・サヴィチ, で故実, の作画上, は厳密

▼ 歴史的カラクリ~ (4, 0.0%)

2 が日本, に憑かれ

▼ 歴史的モメント~ (4, 0.0%)

1 がかくされ, が違う, であった, にふれ

▼ 歴史的事情~ (4, 0.0%)

1 から考え, がある, とその, の方

▼ 歴史的優位~ (4, 0.0%)

1 が階級イデオロギー, はこの, はそれ, を持つ

▼ 歴史的制限~ (4, 0.0%)

1 から自由, の外, をも持っ, を有った

▼ 歴史的地理的~ (4, 0.0%)

2 な文化映画, な研究

▼ 歴史的場所~ (4, 0.0%)

2 時に於 1 である, をズブノフ

▼ 歴史的宿命~ (4, 0.0%)

1 からは独立, とは実は, はこの, を有っ

▼ 歴史的構造~ (4, 0.0%)

1 から来る, であり同時に, に射影, を取り出し

▼ 歴史的理由~ (4, 0.0%)

1 からで, がある, によって一般, を持つ

▼ 歴史的確率~ (4, 0.0%)

4 の問題

▼ 歴史的科学~ (4, 0.0%)

1 とに区別, とは異, の唯一, は正に

▼ 歴史的経験~ (4, 0.0%)

1 の一部, の直観的要約, を一貫, を自身

▼ 歴史的結果~ (4, 0.0%)

2 でなければ 1 から云っ, の外

▼ 歴史的考証~ (4, 0.0%)

1 が主眼, が進む, や科学的, を専

▼ 歴史的自覚~ (4, 0.0%)

1 において同朋, に基づい, の線, はいわゆる

▼ 歴史的観点~ (4, 0.0%)

1 から丸彫り, が独得, を排除, を無視

▼ 歴史的起源~ (4, 0.0%)

1 がある, に還元, をなす, を叙述

▼ 歴史的過去~ (4, 0.0%)

1 が否定, が絶対現在, として我々, として直観的

▼ 歴史的類型~ (4, 0.0%)

2 でありまた 1 の設定, をもつ

▼ 歴史科中等教員~ (4, 0.0%)

2 たる不甲斐なき, の免状

▼ 歴史科學~ (4, 0.0%)

1 にとつて基礎, は多く, または社會科學, 及び社會科學

▼ 歴史観念~ (4, 0.0%)

1 が出, とは反対, の殻, を邑

▼ 歴史からも~ (3, 0.0%)

1 マルクス主義哲学, 十分評価されるべき, 見られる意味

▼ 歴史しか~ (3, 0.0%)

1 ない寺, もつて, 持って

▼ 歴史すなわち~ (3, 0.0%)

1 希臘の, 美の, 西洋の

▼ 歴史たる~ (3, 0.0%)

1 に過ぎず, や悉く, 二万年よりも

▼ 歴史だけ~ (3, 0.0%)

1 である, では, ならば

▼ 歴史だけが~ (3, 0.0%)

2 退ッ 1 なぜ単に解釈

▼ 歴史であります~ (3, 0.0%)

2 がその 1 から單

▼ 歴史であろう~ (3, 0.0%)

1 か, ともとに角一つ, と自然

▼ 歴史なき~ (3, 0.0%)

1 他の, 新開の, 空想でなかった

▼ 歴史なども~ (3, 0.0%)

1 この方面, そうだ, つと古い

▼ 歴史についての~ (3, 0.0%)

1 学問的研究による, 知識は, 薄ッペラ

▼ 歴史についても~ (3, 0.0%)

1 また合せ論ずる, 委しかった, 知つてゐた

▼ 歴史にとっては~ (3, 0.0%)

1 偶然的な, 矢張り外的な, 重要な

▼ 歴史に対し~ (3, 0.0%)

1 一面親和的に, 全然離反的関係, 親和的で

▼ 歴史に関して~ (3, 0.0%)

1 何等の, 時々戯曲的, 非常に

▼ 歴史のみが~ (3, 0.0%)

2 保証する 1 語る

▼ 歴史を通して~ (3, 0.0%)

1 今日から, 洗練され, 知るの

▼ 歴史乃至~ (3, 0.0%)

1 伝記と, 文化は, 社会の

▼ 歴史好き~ (3, 0.0%)

1 で自分, な人, の深沢君

▼ 歴史学方法論~ (3, 0.0%)

1 に対抗, のよう, は日本

▼ 歴史学的統一体~ (3, 0.0%)

2 としての歴史 1 としての所謂歴史

▼ 歴史家自身~ (3, 0.0%)

1 が与える, につい, の性癖

▼ 歴史小説家~ (3, 0.0%)

1 としての態度, としての空想, ならば

▼ 歴史年代~ (3, 0.0%)

1 に噴火, に數回, に於

▼ 歴史形而上学~ (3, 0.0%)

1 と云った, に運用, のこと

▼ 歴史教授~ (3, 0.0%)

2 のリジンスキー 1 に當つて

▼ 歴史文学者~ (3, 0.0%)

1 が今日, の社会的地位, は先ず

▼ 歴史現象~ (3, 0.0%)

1 とか社会現象, と考える, を論じ得る

▼ 歴史的價値~ (3, 0.0%)

1 の最も, をもたない, を調べる

▼ 歴史的前進~ (3, 0.0%)

1 だけの又, にとって致命的, の核

▼ 歴史的創造~ (3, 0.0%)

1 でなければ, の尖端, の生産様式

▼ 歴史的叙述~ (3, 0.0%)

1 だけがその, だったから, に立ち入る

▼ 歴史的基礎~ (3, 0.0%)

1 がある, として明治維新, を説く

▼ 歴史的形成作用~ (3, 0.0%)

1 が働い, として即ち, の外

▼ 歴史的必然的~ (3, 0.0%)

2 に限定 1 なる被

▼ 歴史的源泉~ (3, 0.0%)

1 と称する, に至り, の研究

▼ 歴史的特色~ (3, 0.0%)

1 であると, をもっ, を担っ

▼ 歴史的状勢~ (3, 0.0%)

2 はこの 1 は今や

▼ 歴史的理解~ (3, 0.0%)

1 によってこの, のごとき, は遮断

▼ 歴史的生産様式的~ (3, 0.0%)

1 であるという, に即ち, に把握

▼ 歴史的由緒~ (3, 0.0%)

2 あるもの 1 のふかい

▼ 歴史的発展過程~ (3, 0.0%)

2 に於 1 に於ける

▼ 歴史的矛盾~ (3, 0.0%)

1 の運び, は資本家, をことごとく

▼ 歴史的社会的構造~ (3, 0.0%)

1 としてイデオロギー, と云え, を取り出す

▼ 歴史的秩序~ (3, 0.0%)

2 を反映 1 に逆行

▼ 歴史的種~ (3, 0.0%)

1 というもの, として世界的生産的, と考えられる

▼ 歴史的素材~ (3, 0.0%)

1 の小説, へ向う, を扱った

▼ 歴史的要因~ (3, 0.0%)

1 がこめられ, として比較的, を作品

▼ 歴史的要約~ (3, 0.0%)

1 であるからと, と考えた, に他

▼ 歴史的遊離性~ (3, 0.0%)

1 がすぐ, と必然性, はこの

▼ 歴史的運命~ (3, 0.0%)

1 がひと, の発展, を反映

▼ 歴史的部分~ (3, 0.0%)

1 である, であるが, において彼

▼ 歴史的關係~ (3, 0.0%)

1 から命名, であるのに, を見付け出し

▼ 歴史社会的規定~ (3, 0.0%)

1 によって単なる, に於, を既に

▼ 歴史社会的運動~ (3, 0.0%)

1 が先ず, に於ける, の一部

▼ 歴史~ (3, 0.0%)

1 で立派, においてウ州要覧, の教師

▼ 歴史~ (3, 0.0%)

1 とも呼, はしばしば, は少く

▼ 歴史精神~ (3, 0.0%)

1 に欠け, に缺, の歴史

▼ 歴史~ (3, 0.0%)

1 が歴史それみずから, は, を書い

▼ 歴史~ (3, 0.0%)

1 にも記録, に出, や女性問題

▼ 歴史風俗~ (3, 0.0%)

1 さう, を検, を調べ

▼ 歴史からの~ (2, 0.0%)

1 おいめ二人の, 読物である

▼ 歴史こそ~ (2, 0.0%)

1 却って事物, 本来因果的であらざる

▼ 歴史これ~ (2, 0.0%)

1 は真実, を証明

▼ 歴史じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないから, アねえ

▼ 歴史それみずからリポート~ (2, 0.0%)

2 をおのれみずから

▼ 歴史だけに~ (2, 0.0%)

1 なおさら遠慮, 重きを

▼ 歴史だけは~ (2, 0.0%)

1 十分力を, 痕跡の

▼ 歴史だけを~ (2, 0.0%)

1 眼中に, 讀んで

▼ 歴史だった~ (2, 0.0%)

1 のである, ので平安時代

▼ 歴史つき~ (2, 0.0%)

1 の代物, の所

▼ 歴史であるべき~ (2, 0.0%)

1 ところに, はずである

▼ 歴史であれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, 伝記であれ

▼ 歴史でなく~ (2, 0.0%)

1 てはなるまい, て心

▼ 歴史でなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 歴史とかいう~ (2, 0.0%)

1 ような, 本を

▼ 歴史とから~ (2, 0.0%)

1 切り離して, 取り離して

▼ 歴史としても~ (2, 0.0%)

1 初め司馬遷が, 文芸としても

▼ 歴史など~ (2, 0.0%)

1 そろえ林町, であるだろう

▼ 歴史などと~ (2, 0.0%)

1 同じく世界, 改って

▼ 歴史などにも~ (2, 0.0%)

1 ありますが, ないとは

▼ 歴史にな~ (2, 0.0%)

1 つてくり返された, つて来ました

▼ 歴史による~ (2, 0.0%)

1 もので, 外に

▼ 歴史に従って~ (2, 0.0%)

1 まず無声映画, 法則的に

▼ 歴史に関しては~ (2, 0.0%)

1 全然無知, 幸いに

▼ 歴史のみ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 歴史のみに~ (2, 0.0%)

1 して, 限らずあらゆる

▼ 歴史ほど~ (2, 0.0%)

1 傷ましい, 宴楽に

▼ 歴史または~ (2, 0.0%)

1 大王が, 我が国における

▼ 歴史みたい~ (2, 0.0%)

1 だな, なもの

▼ 歴史やら~ (2, 0.0%)

1 挿話などが, 最近の

▼ 歴史らしい~ (2, 0.0%)

1 歴史として, 歴史の

▼ 歴史~ (2, 0.0%)

1 只過去, 異ニス

▼ 歴史一冊~ (2, 0.0%)

1 および多妻論一冊, を読む

▼ 歴史上何等~ (2, 0.0%)

1 の徴証, の証拠

▼ 歴史上実在~ (2, 0.0%)

1 する人物, の人物

▼ 歴史上有名~ (2, 0.0%)

1 な, なバクーニン

▼ 歴史上特定~ (2, 0.0%)

1 なあれこれ, の制限

▼ 歴史上非常~ (2, 0.0%)

1 に年數, に有益

▼ 歴史事實~ (2, 0.0%)

1 を活動, を知る

▼ 歴史以来~ (2, 0.0%)

2 初めての

▼ 歴史全書~ (2, 0.0%)

1 の日本原始文化史, 第一巻

▼ 歴史口碑~ (2, 0.0%)

1 は誰, を共に

▼ 歴史哲学自身~ (2, 0.0%)

1 がドイツ, であったという

▼ 歴史変革~ (2, 0.0%)

2 の任務

▼ 歴史学的~ (2, 0.0%)

1 乃至哲学的労作, 乃至言語学的エレメント

▼ 歴史学的概念構成~ (2, 0.0%)

1 から独立, の特色

▼ 歴史~ (2, 0.0%)

1 に大, を或

▼ 歴史家みずから~ (2, 0.0%)

1 が, が先ず

▼ 歴史家的~ (2, 0.0%)

1 な割引, 乃至伝記作者的才能

▼ 歴史小説作家~ (2, 0.0%)

1 のやう, は木

▼ 歴史~ (2, 0.0%)

1 な姿, に組織

▼ 歴史形態~ (2, 0.0%)

1 でありその, を表

▼ 歴史性ぬき~ (2, 0.0%)

1 の下じき, の人間解放

▼ 歴史悲し~ (2, 0.0%)

1 人の, 聞いては

▼ 歴史意識~ (2, 0.0%)

1 が加つて, を撃発

▼ 歴史~ (2, 0.0%)

1 を撃発, を麻痺

▼ 歴史教授法~ (2, 0.0%)

1 の夏期講習会, の夏期講習會

▼ 歴史文學~ (2, 0.0%)

1 に心, に關

▼ 歴史方法論~ (2, 0.0%)

1 が歴史記述, を有っ

▼ 歴史日本~ (2, 0.0%)

1 の女, の歴史

▼ 歴史汎神論者~ (2, 0.0%)

1 であ, といはれる

▼ 歴史法学~ (2, 0.0%)

1 の始祖, は須らく

▼ 歴史生産~ (2, 0.0%)

1 および商業上, に対する知識

▼ 歴史発展~ (2, 0.0%)

1 の結果, をし

▼ 歴史發展~ (2, 0.0%)

1 と矛盾, の道程

▼ 歴史的一~ (2, 0.0%)

2 大巨人

▼ 歴史的一形態~ (2, 0.0%)

1 であると共に, ではない

▼ 歴史的世代~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ, の文学

▼ 歴史的世界形成~ (2, 0.0%)

1 には何処, には何處

▼ 歴史的世界性~ (2, 0.0%)

2 が含まれ

▼ 歴史的主張~ (2, 0.0%)

1 なの, の欲望

▼ 歴史的予見~ (2, 0.0%)

1 のため, を与え得る

▼ 歴史的人格~ (2, 0.0%)

1 などはいっこうに, の一人

▼ 歴史的伝記的作物~ (2, 0.0%)

1 の内在的価値, を残し

▼ 歴史的位置~ (2, 0.0%)

1 が社会機構, を与える

▼ 歴史的傳統~ (2, 0.0%)

1 の壓倒的壓力, の示す

▼ 歴史的制作的自己~ (2, 0.0%)

1 としての我々, として実在

▼ 歴史的動向~ (2, 0.0%)

1 に沿う, を示す

▼ 歴史的動機~ (2, 0.0%)

1 であった, を現在有

▼ 歴史的含蓄~ (2, 0.0%)

1 であって, をもっ

▼ 歴史的唯物論~ (2, 0.0%)

1 とも名づけられる, の外

▼ 歴史的因果~ (2, 0.0%)

1 とは歴史的時間, に於ける

▼ 歴史的地理的環境~ (2, 0.0%)

1 から引き離し, によってその

▼ 歴史的地理的生産的政治的~ (2, 0.0%)

1 の差別, の特殊

▼ 歴史的契機~ (2, 0.0%)

1 にふれ得る, を挙げよう

▼ 歴史的小説~ (2, 0.0%)

1 であるとともに, で有りうる

▼ 歴史的建築物~ (2, 0.0%)

1 の薔薇, を保存

▼ 歴史的弁証法~ (2, 0.0%)

1 に於, の教訓

▼ 歴史的惰性~ (2, 0.0%)

1 と外交的, の外

▼ 歴史的感情~ (2, 0.0%)

1 と仏像, によってその

▼ 歴史的成長~ (2, 0.0%)

1 と民族, につながる

▼ 歴史的敍述~ (2, 0.0%)

1 とを兼ね, に立入る

▼ 歴史的文化~ (2, 0.0%)

1 として表現, との融和

▼ 歴史的文学~ (2, 0.0%)

1 のこと, の題材

▼ 歴史的根據~ (2, 0.0%)

2 を與

▼ 歴史的條件~ (2, 0.0%)

1 の上, の代り

▼ 歴史的氏~ (2, 0.0%)

2 の悪影響

▼ 歴史的無政府主義~ (2, 0.0%)

1 と超, に陥らない

▼ 歴史的物~ (2, 0.0%)

1 としての人間, にほかならない

▼ 歴史的特殊性~ (2, 0.0%)

1 によって理由, を分析

▼ 歴史的状態~ (2, 0.0%)

1 によつて決, はそれ

▼ 歴史的理性~ (2, 0.0%)

1 として, の批判

▼ 歴史的生~ (2, 0.0%)

1 の段階, の諸

▼ 歴史的産物~ (2, 0.0%)

1 なの, に外

▼ 歴史的用語~ (2, 0.0%)

1 であるが, を説明

▼ 歴史的発展形式~ (2, 0.0%)

1 を有, を有っ

▼ 歴史的発展形態~ (2, 0.0%)

1 に一定, はイデオロギー

▼ 歴史的発展段階~ (2, 0.0%)

1 に相応, を有

▼ 歴史的省察~ (2, 0.0%)

1 ならびに今日, にも拘らず

▼ 歴史的真実~ (2, 0.0%)

1 と合致, は日本

▼ 歴史的真実性~ (2, 0.0%)

1 は減殺, を持つ

▼ 歴史的真理~ (2, 0.0%)

1 であり主体, として現実的

▼ 歴史的社会全体~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の又は

▼ 歴史的社会的実在~ (2, 0.0%)

1 として形, につい

▼ 歴史的社会的条件~ (2, 0.0%)

1 によって制約, に基く

▼ 歴史的社会的活動関係~ (2, 0.0%)

1 とはその, に就い

▼ 歴史的社会的現象~ (2, 0.0%)

1 がその, は倫理現象

▼ 歴史的社会的生活~ (2, 0.0%)

1 が進化論, は概念

▼ 歴史的社會的科學~ (2, 0.0%)

1 が屬, の基礎

▼ 歴史的空間~ (2, 0.0%)

1 において見る, の個物

▼ 歴史的経過~ (2, 0.0%)

1 の構造秩序, を意味

▼ 歴史的美談~ (2, 0.0%)

1 のごとき, を怖

▼ 歴史的自己~ (2, 0.0%)

1 というもの, の立場

▼ 歴史的色彩~ (2, 0.0%)

1 を帯びる, を抹殺

▼ 歴史的蓄積~ (2, 0.0%)

1 である処, と整頓

▼ 歴史的虚偽~ (2, 0.0%)

1 は虚偽, を交ぜ

▼ 歴史的要素~ (2, 0.0%)

1 である, を沢山

▼ 歴史的見方~ (2, 0.0%)

1 である, に近づい

▼ 歴史的観察~ (2, 0.0%)

1 によって疑い, に於

▼ 歴史的評価~ (2, 0.0%)

1 が定まった, においてちぢめる

▼ 歴史的諸相~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の評価

▼ 歴史的資料~ (2, 0.0%)

1 の占有, を選択

▼ 歴史的身体~ (2, 0.0%)

1 を離れる, 即ち社会

▼ 歴史的転換期~ (2, 0.0%)

1 と申し, に直面

▼ 歴史的連関~ (2, 0.0%)

1 とは同じ, を如何

▼ 歴史的進化~ (2, 0.0%)

1 の過程, を続け

▼ 歴史的運動それ自身~ (2, 0.0%)

1 によって必然, に参与

▼ 歴史的関連~ (2, 0.0%)

1 が詳細, を明らか

▼ 歴史的限界~ (2, 0.0%)

1 に制限, を示し

▼ 歴史的順序~ (2, 0.0%)

1 からはスミス, よりすれ

▼ 歴史的飛躍~ (2, 0.0%)

1 が颯爽, の瞬間

▼ 歴史的體系~ (2, 0.0%)

1 による古事記日本書紀, のもと

▼ 歴史研究者~ (2, 0.0%)

1 でもない, の眼中

▼ 歴史社会的必然性~ (2, 0.0%)

1 から生じ, によって決定

▼ 歴史社会的成立~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 歴史社会的条件~ (2, 0.0%)

1 が歴史的感覚, の所産

▼ 歴史科学方法論~ (2, 0.0%)

1 としての役目, の核心

▼ 歴史科学的~ (2, 0.0%)

1 な真理観念, な知識

▼ 歴史科学論~ (2, 0.0%)

1 や民族主義的社会科学論, を採用

▼ 歴史科學等~ (2, 0.0%)

1 に就, の名

▼ 歴史~ (2, 0.0%)

1 一騎兵隊の, 三の

▼ 歴史紀行~ (2, 0.0%)

1 と理学, 及び通俗科学

▼ 歴史習慣~ (2, 0.0%)

1 と相, を太甚

▼ 歴史考古~ (2, 0.0%)

2 に關

▼ 歴史考察~ (2, 0.0%)

1 を従来, を從來

▼ 歴史解釈~ (2, 0.0%)

1 の可能, や観念論的弁証法解釈

▼ 歴史資料~ (2, 0.0%)

1 としては何, ともなろう

▼ 歴史運動~ (2, 0.0%)

1 の原動力, の形態

▼ 歴史離れ~ (2, 0.0%)

1 がした, がし足りない

▼ 歴史~ (2, 0.0%)

1 にいひ返せ, に見れ

▼1* [835件]

歴史あな惨ましき, 歴史あの戦中戦後を, 歴史あんな棒見た, 歴史いかなる勇将の, 歴史および法律学の, 歴史である, 歴史かなづかひと, 歴史からが違って, 歴史がと云うの, 歴史この日本の, 歴史へ碌, 歴史さえも手に, 歴史さしゑを以つて, 歴史さては鴨猟の, 歴史すら無に, 歴史そのものみたいなもの, 歴史その他哲学の歴史, 歴史それから日本僧堂の, 歴史それみずからの中, 歴史それらを知りたくなる, 歴史たとえば日本書紀が, 歴史だけで打切つてしまつ, 歴史だけでも頗る興味, 歴史だけについて言ふも, 歴史だけより書いて, 歴史だってただそう, 歴史だろうが外, 歴史つまり眞の, 歴史づけられるのである, 歴史ふ興味, 歴史であり創る処の, 歴史でなかつたことを, 歴史での暗黒時代あっちでも, 歴史というもあえて過言, 歴史といふか歪められたもの, 歴史とかに在る故事來歴, 歴史としてばかりでなく氏, 歴史とで結び付けられた自分, 歴史とではなくて, 歴史とでも言ひました, 歴史とにとって決して余技的, 歴史とによつて規定される, 歴史とによって形成せられた, 歴史とはなこの粘土板, 歴史とより与えられたる価値意識, 歴史とを通じて最もよく日本的性格, 歴史どちらから見, 歴史ない歴史の, 歴史なお若くいわゆる, 歴史なぞから当然, 歴史なぞを書こうとは, 歴史などからは受けること, 歴史などで昔から, 歴史などには疎いが, 歴史なら善かろう, 歴史なりといわざるべからず, 歴史なりの上では, 歴史なんかは一寸も, 歴史なんかも教師は, 歴史においてほどはっきり示され, 歴史においてもかくの, 歴史におきましてはあるいは日本, 歴史にかけてそれを, 歴史にさえ伝承される, 歴史にたいする眼として, 歴史についてもも少し違った, 歴史にていうならクロムエル, 歴史にても小説にても, 歴史にとっても大切な, 歴史によってのみ規定された, 歴史によっても充分証拠立てられる, 歴史により古い事, 歴史によりもむしろ各, 歴史に対しては一個人の, 歴史に対しても一つの, 歴史に対するが如くに, 歴史に関しても知りたいと, 歴史のみのカラクリでは, 歴史のみを背景と, 歴史はくり返されるもの, 歴史はじまつて以来, 歴史はじまりてこの, 歴史ばかりでは, 歴史へと照りかえり, 歴史また美術の, 歴史までも含めて, 歴史までを引合いに, 歴史めかした題材を, 歴史もしくは散文の, 歴史もろとも売, 歴史やらを調べると, 歴史よりかもすでにそれ以前, 歴史らしく解釈しよう, 歴史らしく在る場合は, 歴史をかへりみると, 歴史をば社会科学的な, 歴史をわづか半, 歴史ガ示ス如ク又清國ガ此レ, 歴史ト現代トヲ理解セザル頑迷圃體論者ト歐米崇拜者トノ爭鬪ハ實ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, 歴史ニ異彩ヲ放, 歴史全く権力, 歴史ロシア火酒私を陰鬱, 歴史一切の記念, 歴史一巻一号において駆使部, 歴史一般が今日, 歴史三代にわたる, 歴史三段階説にも拘らず, 歴史上いくらでもあった, 歴史上かなりの地位, 歴史上ジョージ三世とほとんど, 歴史上ニテ漢高祖ガ天下ヲ得, 歴史上ヤソ教と西洋, 歴史上一定の局所的, 歴史上交渉接触の形跡, 歴史上人物を取り, 歴史上何民族か判明, 歴史上出発して, 歴史上劃期的なこと, 歴史上十八世紀は最も, 歴史上原始的な世界観, 歴史上唯一の個人, 歴史上多くの思想家, 歴史上尋常の出來事, 歴史上小野氏といふもの, 歴史上幾多の事蹟, 歴史上従来の理論内容, 歴史上成功を齎す, 歴史上日本人であったという, 歴史上普通に賤民, 歴史上様々な名, 歴史上権威ある人々, 歴史上比類なきもの, 歴史上無比の輝かしき, 歴史上特筆されるもの, 歴史上珍らしいこと, 歴史上発展する性質, 歴史上種々の笑話, 歴史上缺くべからざる材料, 歴史上習慣を変更, 歴史上自分の最も, 歴史上自然の成り行き, 歴史上重なつて, 歴史上重大な意義, 歴史上重要なもの, 歴史上鞦韆の二つ, 歴史世界の交通史, 歴史並びにそれを, 歴史中一八一四年ごろから初, 歴史中一番食器に適した, 歴史主義歴史必然論が人類解放, 歴史主義的マルクス主義も, 歴史主義的伝統に於ける, 歴史主義系統の歴史哲学, 歴史主義革命論もクロポトキン, 歴史乃ちダンテの引用書目, 歴史事件に推理, 歴史事情を指す, 歴史事項を加え, 歴史としての集団性, 歴史人情風俗ニ通ジ殊ニハ又自己, 歴史人物よりも兵馬, 歴史人物料理産物など時に, 歴史人種地理の區分, 歴史以後今日までとの長, 歴史字遣, 歴史伝承系図伝承を本職, 歴史伝統文化習俗などが挙げられる, 歴史伝記が二〇雑誌五〇位, 歴史伝説の上, 歴史伝説追憶回想そういうもの, 歴史修身全く何でもかでも活字, 歴史傳記と異なり, 歴史傳説を思ひ出し, 歴史傾向と比べ, 歴史と闘い, 歴史全部のうち, 歴史公式をそんな, 歴史其文學其美術等に徴, 歴史冒険小説を生彩, 歴史時代の, 歴史創始以来の人物, 歴史劇リチャード三世のうち, 歴史努力の結果, 歴史化学のごとき, 歴史化的概念であるかを, 歴史医学解剖その他に関する蘭書, 歴史區劃に從, 歴史協会古典研究会いろんなもの, 歴史印度の歴史, 歴史即ちその起原, 歴史又はいずれの, 歴史叙事詩であるが, 歴史叙説は無論, 歴史叙述方法を具体的, 歴史古く今も, 歴史古人の哀れ, 歴史各種の詩文, 歴史否定の契機, 歴史周囲の民族, 歴史哲学はとに角, 歴史哲学教育宗教法律政治経済社会そんな学問, 歴史哲学文学なんでもひと, 歴史哲学派や文化哲学派, 歴史哲学的思想のあらゆる, 歴史哲学的思想家たちのもろもろ, 歴史哲学的研究の状態, 歴史哲学的飛躍は前, 歴史哲学精神科学論及び文化史等, 歴史哲学者たちは過去, 歴史哲学者達のよう, 歴史哲学頽廃的な詩, 歴史哲學的考察がひとつ, 歴史哲學社會哲學藝術哲學道徳哲學宗教哲學等々について私, 歴史のよう, 歴史図画体操などがある, 歴史図鑑などによく, 歴史国情風俗等について殆, 歴史土俗に関する書物, 歴史地理三十巻三号柴田常恵君記事を見よ, 歴史地理全部を殆ど, 歴史地理同人の藤田明君, 歴史地理学会出張員藤井宮崎の両, 歴史地理学的に古代東国, 歴史地理宗教に関したる, 歴史地理文学技術実業等各種専門に渉, 歴史地理気候風土がそれ, 歴史地理科の中等教員, 歴史地理科學法律哲學言語學などあらゆる, 歴史地理誌上に掲げる, 歴史地理誌数書を閲し, 歴史変化に伴っ, 歴史大全が覘, 歴史大衆と個人, 歴史始まつて以来, 歴史婚姻關係に精通, 歴史ひの, 歴史学両者の総合, 歴史学徒のまえ, 歴史学必然の結果, 歴史学方法に就い, 歴史学的世界に就い, 歴史学的世界像ではこの, 歴史学的手段ではある, 歴史学的批判を含む, 歴史学的桎梏から脱し, 歴史学的言語学的な実体性, 歴史学的記述のため, 歴史学的認識の方法論, 歴史学研究の方々, 歴史学研究会の春, 歴史学者類型学者としての眼, 歴史学英語独逸語等を三時間, 歴史学論理学および哲学, 歴史學問としての歴史, 歴史學者たちが支那語, 歴史宗教すべてが思い設けない, 歴史定説がある, 歴史家その他の著述家等, 歴史家たるの天分, 歴史家どもに云わせる, 歴史家らのうち, 歴史家グロートは当時, 歴史家ナブ・シャリム・シュヌ誌す所のサルゴン王ハルディア征討行, 歴史家フィリップ・ムスクが千二百四十二年, 歴史家ブルックハルトが書いた, 歴史家ヘシオドスは, 歴史家モムゼンは専門以外, 歴史家ランケのこの, 歴史家ルイ・ブランも最初, 歴史家個人ではない, 歴史家司馬遷に資する, 歴史家外交官なるジェームス, 歴史家宗教家の間, 歴史家新聞記者等を会員, 歴史家生物学者数学者等将来日本の科学, 歴史家的判決は清盛ひとり, 歴史家経済学者統計学者達の書いた, 歴史家羽仁五郎とシントーイスト, 歴史家評伝家がどうして, 歴史富力等一切のもの, 歴史小説といへるもの, 歴史小説セオファーノの話し, 歴史小説中代表的なもの, 歴史小説作者も活路, 歴史小説古典を素材, 歴史小説宗教小説教訓小説及び凡て世界, 歴史小説少年少女小説探偵小説等総てを含め, 歴史小説時代小説といつても時代, 歴史小説時代物といひます, 歴史小説流行の現象, 歴史小説花柳小説俳句詩和歌等等とその, 歴史小説観も書く, 歴史小説論などが爼上, 歴史が再び, 歴史工業と云, 歴史年表は何, 歴史弁証法と呼ん, 歴史従って又実践, 歴史がある, 歴史必ずしもすべて真実では, 歴史必然論が人類解放, 歴史急転の速度, 歴史性そのものが内包, 歴史性それを活かそう, 歴史性モデルと思想, 歴史性個人の境遇的, 歴史性従つてまた階級性, 歴史性社会性の錯綜, 歴史性自身が物質的地盤, 歴史性階級性をみとめる, 歴史恩讐の別, 歴史感情願い否定, 歴史感覚を深める, 歴史が自由, 歴史批評は美事, 歴史捏造の書物, 歴史探偵には困難, 歴史推進者が政治家, 歴史描写に較べ, 歴史敍述に對立, 歴史教師を担任, 歴史教授リジンスキーをとばし, 歴史教科書類から在郷軍人団, 歴史教程の類, 歴史数学などの大体, 歴史数学文学に亙っ, 歴史文化風俗国情等一通りは訊きた, 歴史文学所載の貴文愉快, 歴史文學美術工藝凡て何事も支那, 歴史文學言語などを研究, 歴史文法に置き替へ, 歴史文章記録草紙物語の中, 歴史旅行記だの, 歴史が来た, 歴史時間でよく, 歴史書いてしまいたい, 歴史書ブームの盛行, 歴史書以外の知識, 歴史書地理書地質書鑛物書應用工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 歴史最も古く十七世紀ルイ十四世, 歴史未だ明かならざる今日, 歴史未曾有の衆議院議員選挙, 歴史様相に対して最も, 歴史し哀しい, 歴史歴史と人物, 歴史歴史的必然性でなければ, 歴史殊に聖書の, 歴史段階に入, 歴史民族風習の上, 歴史民衆というもの, 歴史決定の支配的, 歴史法学比較法学の始祖ライブニッツ, 歴史法学派が起る, 歴史法律書小説の類, 歴史活人画を興行, 歴史淺いかの觀, 歴史無くして, 歴史物語的の小説, 歴史物語記録には皆, 歴史特徴をよく, 歴史状態に基い, 歴史珠光紹鴎利休の茶道, 歴史理念の発展, 歴史理性および真理, 歴史理科等の時間, 歴史理解の充分, 歴史生活の意味, 歴史生活科学文化の話, 歴史の用途, 歴史画風俗画としても存在, 歴史と考証好, 歴史発達の道程, 歴史的うらみや背景, 歴史的めぐり合わせは資本主義, 歴史的アントラクトの時間, 歴史的イデオロギー的あるいは心理的, 歴史的カナヅカイには語, 歴史的コジつけというよう, 歴史的シラミを破れ, 歴史的ストライキをやり, 歴史的タイプの表現, 歴史的テーマに統一, 歴史的パトスである, 歴史的ロマンチシズムに対してすでに, 歴史的ロマンティシズムそして又同じく, 歴史的一存在物である限り, 歴史的一所産を意味, 歴史的一時期の特色, 歴史的一現象となっ, 歴史的一転をいたしましょう, 歴史的一運動の名, 歴史的不合理性の否定, 歴史的与件例えば夫, 歴史的世界成立の原理, 歴史的主体ということ, 歴史的主体的では, 歴史的主体的意欲を撃発, 歴史的主体的感覚が大衆, 歴史的主体的精神である, 歴史的主観によって, 歴史的主語について非常, 歴史的也故に又, 歴史的争碁がいかなる, 歴史的事件的な動き, 歴史的事変たる十月革命, 歴史的事実性の内, 歴史的事実説話なりや或はまた, 歴史的事業に積極的, 歴史的事物に関する分析, 歴史的事象をつなぎ, 歴史的事象そのものの直観, 歴史的交渉に於, 歴史的人物たるにふさわしい, 歴史的人間的なもの, 歴史的人類に対しその, 歴史的代位の関係, 歴史的任務そのものの抹殺, 歴史的伝来物から我々, 歴史的位置づけとができなく, 歴史的体系とのため, 歴史的作物をかく, 歴史的作用の連関, 歴史的例証を加える, 歴史的信念を忘れ, 歴史的個人的に与えられる, 歴史的個別的対象が関係, 歴史的個物を関係, 歴史的倫理的若くは, 歴史的偏向を遍歴, 歴史的傑作とも言えるだろう, 歴史的像のなか, 歴史的價値以外には, 歴史的光景なんか一生, 歴史的光輝を与える, 歴史的内省がなけれ, 歴史的内閣だ, 歴史的凝結にすぎない, 歴史的出来事の結局, 歴史的分子あり社会的分子, 歴史的分析対象の基礎, 歴史的分業と称すべくん, 歴史的判断におかれ, 歴史的判斷に錯覺, 歴史的前例で判断, 歴史的創造作用として現実, 歴史的創造的であり既に, 歴史的創造的世界としてヘーゲル, 歴史的努力への根気, 歴史的動力としての溌溂, 歴史的動態は全く, 歴史的勢力として全, 歴史的勲功とか祖国, 歴史的匂ひある村, 歴史的原形質にまで掘り下げ, 歴史的反省をしなけれ, 歴史的古跡随処の勝区, 歴史的同情心が審美的眼識, 歴史的名盤集から出, 歴史的名目により, 歴史的哲学と資本主義, 歴史的哲学的分析がそれ, 歴史的哲學は各, 歴史的哲學的分析がそれ, 歴史的善意がそれぞれ, 歴史的嘆息である, 歴史的回帰に於, 歴史的回顧の一切, 歴史的因果必然に就い, 歴史的因果関係によって云い表わされる, 歴史的因襲としてアルコール的お祭的, 歴史的固有名詞といふもの, 歴史的圧力としての伝統, 歴史的地方色に代, 歴史的地理的事實を傳, 歴史的地理的考証を持つ, 歴史的地理的風俗的に支那, 歴史的基準のない, 歴史的壯厳の感じ, 歴史的変革に関係, 歴史的妥当性の感じられる, 歴史的存在そのものから出発, 歴史的存在物だという, 歴史的存続というところ, 歴史的學術的に研究, 歴史的宗教を入るれ, 歴史的宗教的に有名, 歴史的実証となっ, 歴史的実践的自己にある, 歴史的実験を試み, 歴史的客觀的なる勞働, 歴史的客觀的過程に對, 歴史的宦官である, 歴史的實踐に關, 歴史的対支重大声明, 歴史的対象を持つ, 歴史的専制政治とから歴史社会, 歴史的屈折をよぎなく, 歴史的市場をひらい, 歴史的常識的な惰性的風景観, 歴史的弁証法的なもの, 歴史的形成の立場, 歴史的形成前に潜在的, 歴史的形成力の論理, 歴史的後景は勿論, 歴史的必然のよりどころ, 歴史的必然性二つには自由通商的資本主義, 歴史的必然関係とに原因, 歴史的性質は彼, 歴史的怪談多々ある, 歴史的情景とともにどっさり, 歴史的情熱となっ, 歴史的意義以外何等價値, 歴史的愛国者であること, 歴史的感性的人間でありながら, 歴史的懐古趣味を一方, 歴史的成果をあげ, 歴史的批判である, 歴史的把握との間, 歴史的投票をどこ, 歴史的担当者であるブルジョアジー, 歴史的排列をした, 歴史的推移以前の理論, 歴史的推移支那人の心理, 歴史的推進力を明瞭, 歴史的政治的問題を差し控え, 歴史的政治的把握の確かさ, 歴史的文化型として残る, 歴史的文化的な実在, 歴史的文化的生において他者性, 歴史的文化精神諸科学, 歴史的文書になつ, 歴史的文献の欠, 歴史的文章は成可, 歴史的断片だけをきりはなす, 歴史的方向のセンス, 歴史的時代区画が歴史的時間, 歴史的時代性とやはり, 歴史的時日を以て推し, 歴史的時機のクロッキー, 歴史的時間性の立入つた論述, 歴史的時間感にすっかり, 歴史的時間自身が種, 歴史的時間軸を変換, 歴史的服装を脱い, 歴史的未熟さについて今日系統, 歴史的本性を解き得た, 歴史的核心ルネッサンスの歴史性, 歴史的根源をつい, 歴史的検討とによって実証的, 歴史的業績の純理的継承, 歴史的概括としての集成, 歴史的機能に徹し, 歴史的正確を求める, 歴史的正負を正しく, 歴史的武士道的道徳と浪華節以上, 歴史的段階自身が平面化, 歴史的殺戮の証人, 歴史的比較と批判, 歴史的比較研究によって我々, 歴史的沿革はみなそれぞれ, 歴史的法概念に対しては観念的法概念, 歴史的消長からは独立, 歴史的淵源を明らか, 歴史的混乱の時期, 歴史的混合物であるかは, 歴史的清算の過程, 歴史的潜在白奴交易路に関する多く, 歴史的無知に歸, 歴史的無私になり得る, 歴史的物質である, 歴史的物質的地盤を離れ, 歴史的特性から説き起した, 歴史的特権をもつ, 歴史的特質と自覚, 歴史的状況に於, 歴史的獨立性を認めず, 歴史的現実内容から抽象, 歴史的現実性の原理, 歴史的現実的動機を持ち, 歴史的現実的自己として歴史的現実, 歴史的理論に対する興味, 歴史的環がつかまれる, 歴史的生活力の底, 歴史的生産の世界, 歴史的生産作用として成立, 歴史的生産様式であるの, 歴史的生産的世界の成立, 歴史的用途から解放, 歴史的画期と夫, 歴史的発展それ自身がみずから抽出, 歴史的発展全体に於, 歴史的発展性こそが実は, 歴史的発展物である, 歴史的発生発達の道程, 歴史的発達法則の認識, 歴史的発達過程から講義, 歴史的登場のうち, 歴史的發達の示す, 歴史的相異だね, 歴史的相貌を対照, 歴史的眞實を書かう, 歴史的瞥見によつて一段, 歴史的瞬間新たな集団的心理, 歴史的矛盾形態を暴露, 歴史的研究以外の立場, 歴史的破壊的方法と名づけよう, 歴史的確実性を持たせよう, 歴史的社会一般の存在自身, 歴史的社会生活に於ける, 歴史的社会的事物である場合, 歴史的社会的前進に対して持つ, 歴史的社会的叙述へと近づく, 歴史的社会的問題と形而上学的神学的問題, 歴史的社会的存在そのものの内, 歴史的社会的形態を受け取る, 歴史的社会的必然性を演繹, 歴史的社会的所産たる科学, 歴史的社会的構成分子の各個部分, 歴史的社会的現実に於い, 歴史的社会的生産様式においては現在, 歴史的社会的発展展開の姿, 歴史的社会的発展構造の論理的結論, 歴史的社会的発生の, 歴史的社会的科学の批判, 歴史的社会的秩序としては世界観, 歴史的社会的立場に制約, 歴史的社会的等価関係をこうして, 歴史的社会的経験はみずから, 歴史的社会的虚偽性を証明, 歴史的社会的行動の客観的, 歴史的社会等々が理解, 歴史的社会自身の問題, 歴史的社会階級対立にまで掘り下げられね, 歴史的社會的存在界を構成, 歴史的社會的實在が現代哲學, 歴史的社會的生活過程から抽象, 歴史的移行が成り立つ, 歴史的積勢の外, 歴史的空前の難局, 歴史的空想である, 歴史的空気を乱さない, 歴史的空間的に特殊, 歴史的窮乏の経済的原因, 歴史的第一歩の発展, 歴史的精神之が科学的精神, 歴史的精美さにおいて力強く, 歴史的系統に従って成長, 歴史的系譜学とを有, 歴史的紀念の佳, 歴史的約束に束縛, 歴史的素因の複雑さ, 歴史的細部を充実, 歴史的終末を与えた, 歴史的終焉を与え, 歴史的組織が積み重ね, 歴史的組織体へ高まる, 歴史的経歴を抜き, 歴史的経緯の結果, 歴史的経路の発展, 歴史的美術品だね, 歴史的義務だの肉親, 歴史的考慮と現代人, 歴史的考證を欠く, 歴史的聯想も加わる, 歴史的聯關を見る, 歴史的背景歴史的な根拠, 歴史的興味以外に何, 歴史的行き詰まりを打開, 歴史的行為的に形成, 歴史的行為的自己の自覚, 歴史的衝突の姿, 歴史的見地よりすれ, 歴史的見通しをもった, 歴史的観念を必要, 歴史的解釈に従, 歴史的記念物という印象, 歴史的証拠をも直接, 歴史的証明へと転向, 歴史的認識そのものがもはや単に, 歴史的説明であり又, 歴史的課題そのものの中, 歴史的論派に多少, 歴史的變遷の迹, 歴史的變遷所謂天運が唯, 歴史的象徴であるとも, 歴史的負担のもと, 歴史的財としては別, 歴史的資格が性格的, 歴史的賞讃の義務, 歴史的足場を感じさせた, 歴史的身体的形成から成立, 歴史的身体的社会は絶対矛盾的自己同一, 歴史的軛に抗議, 歴史的転化に就い, 歴史的転回の必然性, 歴史的転形の必然そのもの, 歴史的転換についての究明, 歴史的転落によってはかなく, 歴史的追憶などという博識, 歴史的追跡のため, 歴史的退潮を余儀なく, 歴史的逆転をなしつ, 歴史的連絡をまだ, 歴史的進化的結果なりと言, 歴史的進展の過程, 歴史的進行の道程, 歴史的進行過程における必然的所産, 歴史的運動そのものから自然史的範疇, 歴史的運動それに寄与, 歴史的過去時代に属する, 歴史的過程そのものから展開, 歴史的過程そのもの以外の何物, 歴史的道ゆきを辿ろう, 歴史的達成の方向, 歴史的遺物となっ, 歴史的遺物発見に就, 歴史的部分相互の又, 歴史的重荷をもっ, 歴史的重要さが求め, 歴史的重要性が思われよう, 歴史的限定自身が自然科学, 歴史的限界性にもかかわらず, 歴史的陶冶に耐え, 歴史的階級的制約の外, 歴史的階級的消長との統一, 歴史的階級的環境条件を説明, 歴史的階級的発展との二つ, 歴史的集団の問題, 歴史的集団的歩みのもつ, 歴史的集成をすれ, 歴史的難局を切りぬける, 歴史的雰囲気に色, 歴史的風俗に於, 歴史的風俗畫を避け, 歴史的飛行が完成, 歴史的首切り台に飾られた, 歴史的黒幕人物所謂外交家の見本, 歴史直ちに美の, 歴史研究上または経済上, 歴史研究家の杉村, 歴史社会そのものに関する思惟, 歴史社会学と呼ばれ, 歴史社会的主観に由来, 歴史社会的地盤を遊離, 歴史社会的存在事件それ自身が全く, 歴史社会的意味に於, 歴史社会的根柢を有った, 歴史社会的構造を系統的, 歴史社会的総体のこと, 歴史社会的考察は直ちに, 歴史社会的責任を担う, 歴史社会的過程に外, 歴史社会的限界条件の下, 歴史社会自身にとっての矛盾物, 歴史の道路, 歴史私共の生活, 歴史科学そのものに対する史的唯物観, 歴史科学一般と区別, 歴史科学思惟は或, 歴史科学的分析とによって一日, 歴史科学的方法のただ観念的, 歴史科学的概念はその, 歴史科学的概念構成以前の之, 歴史科学的科学の謂, 歴史科学的統一の準備, 歴史科学的記述は個物, 歴史科学等と共に国民文献学, 歴史科学者の眼, 歴史なるこの, 歴史等古代の文献, 歴史等広汎な意味, 歴史範囲の中, 歴史簿記法商法律経済学等に終り, 歴史系譜などをとりいれ, 歴史経済の書物, 歴史経済学の知識, 歴史経験はつまれ, 歴史絵巻が宙, 歴史網鑑補といふ本, 歴史編纂上よりも又, 歴史編纂法によりもと, 歴史美術と云, 歴史考古学等の書物, 歴史肯定の契機, 歴史背景を思はせる, 歴史脚本を募れる, 歴史西洋の歴史, 歴史観そのものが一面, 歴史観戦略経世などを聞かされ, 歴史観的本性だとして, 歴史観的歴史観である処, 歴史観自身が又, 歴史觀的にいひます, 歴史解決の希求, 歴史ひ換, 歴史記事も不十分, 歴史記念物としても観光資源, 歴史記述そのものは必ずしも, 歴史記述一般の課題, 歴史記述上の能力, 歴史記述家ではなく, 歴史記述的には止らぬ, 歴史評註があり, 歴史評論家は, 歴史詞章の伝承, 歴史詩人の本田種竹, 歴史詩人等の如き, 歴史詩文などを翻訳, 歴史認識上の乃至, 歴史語学の試験, 歴史語学数学医学農学化学または兵学, 歴史調査のため, 歴史論風な歴史, 歴史諸子文集といふ順序, 歴史諸子類詩文集類と四部, 歴史謠曲の文學的性質, 歴史趣味だ, 歴史転化の形式, 歴史進展の動力如何, 歴史進歩の歴史, 歴史達引きのない, 歴史遺跡にたいしては理解, 歴史のある, 歴史部ポクロフスキー哲学部の候補, 歴史部丙を諸子部, 歴史の有名, 歴史限界のなか, 歴史陶器署名の印象等, 歴史集成を並べよむ, 歴史にもかなり, 歴史類型をもつ, 歴史風俗画ニ於テハ艶逸比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, 歴史風俗絵のこと, 歴史風土地理産業といふやう, 歴史風真実からし