青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暗闇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暖~ ~暗 暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示 暗示~
暗闇~
暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし

「暗闇~」 1229, 12ppm, 8960位

▼ 暗闇~ (603, 49.1%)

127 中で 101 中に 32 なかで, 中を 21 中から 20 なかに 13 中の 10 うちに, なかを 8 奥へ 7 中へ, 底に 4 ために, なかから, なかへ, 恥を, 森の 3 中でも, 天井を, 戸外へ, 方へ, 騎士

2 [15件] なかでも, なかの, はるか底へ, 世界に, 世界を, 中だ, 中では, 中には, 奥に, 山道を, 広っぱを, 底から, 底へ, 海に, 部屋に

1 [150件] あいだに, あたりを, あやかしより, ある一点, うちで, うちの, うちを, ことが, ことで, さに, その中, ただ中に, どこからか, ぬけ羽, まま疾走した, ような, トンネルでした, トンネルに, 一角から, 下を, 丑松, 丑松の, 世界であった, 世界の, 中じっと, 中だった, 中でう, 中です, 中でもが, 中なぞを, 中にとり, 中にも, 中は, 中へでもは, 人間にも, 仲間ほど, 伏敵だ, 作者なんか, 信号所で, 内部の, 冷たさ, 出来事とて, 出逢いで, 前に, 前後に, 効果という, 動作である, 千葉街道を, 南シナ海を, 原っぱで, 向から, 土牢で, 土間に, 地べたを, 場所を, 壇上で, 外へ, 外面に, 多い坂上, 夜に, 夜の, 大広間で, 奥から, 奥で, 奥の, 奥底へ, 威力で, 存在にを, 室へ, 室内は, 小屋の, 小径へ, 屋根裏縦横に, 幕の, 幕を, 広野, 底で, 底へと, 底を, 底無しの, 座敷に, 庭さきで, 廃工場であった, 廣漠々と, 彷徨から, 役者を, 待ちぶせ, 心細さ, 恐怖などに, 恥とは, 情景を, 扉の, 手探りを, 方に, 晩の, 曲芸を, 最中で, 柳に, 格闘中の, 森です, 森を, 椅子に, 死の, 汚點, 洞窟の, 海の, 海へ, 海中に, 海辺に, 深夜を, 溪を, 無であっ, 牛みたいに, 畳の, 目じるし, 眼へ, 石門の, 神楽堂へ, 穴が, 穴の, 空と, 空へ, 空を, 空地が, 空洞の, 突き当たりから, 窓を, 竹藪の, 紅葉坂を, 翼に, 耻を, 背景から, 舞踏会で, 草の, 草原に, 街へ, 街路を, 褥中に, 触覚の, 警備, 路次へ, 道を, 遠きより, 郊外に, 部屋の, 部屋を, 部屋中に, 間に, 階段を, 騎士が

▼ 暗闇~ (173, 14.1%)

7 なって 5 なった, まぎれて 4 向って 3 声を, 潜んで, 立って 2 して, なったの, なつた, 人が, 包まれて, 待って, 眼を, 腰を

1 [127件] いたので, うごめき又は, うづく, かえった, かがむ, かがんだなり, かくれて, こうしてたたずんだ, さして來, しそう, じっと蟋蟀, すすり泣きの, するため, するよう, せめぎ泣き悲しみ, た, ただよう一枚の, ただ雪, たとえたついで, たどりついたの, だまつて, ちかかった, ちょろちょろ出, つつまれた, つつまれた外, でたくなかったので, なったから, なったもの, なったよう, なった底, なった筈, なっちまいました, なりました, なりグイ, なる, なるかと, なると, なれて, なれてる目, なんとなく実に相違, ひきかえ今度, ひそみ貪婪, ほうり出され唯, まだ全く失心, まちぶせして, やって, ボンヤリと, 伊沢は, 伴って, 佇む二人, 佇んで, 住んでるの, 何か, 入ったが, 出没し, 包まれたが, 十二三人の, 口が, 向かって, 吸い込まれて, 圧倒され, 垂れ下った藤蔓, 埋れたもの, 堕そうと, 姿を, 対座し, 對象し, 帰りました, 座って, 強い木, 彗星でも, 待伏せした, 愕然と, 慣れて, 慣れると, 戸惑いして, 抱かれたこんな, 散りかかる牡丹, 棒立ちに, 横わり, 横行する, 残して, 沈んで, 没して, 海あり, 消え去るの, 満足し, 潜伏し, 濡れてると, 点された火, 煙草の, 生きて, 男の, 皎った, 目が, 眸が, 眼が, 突き墜した, 立ちすくんで, 立ち止ったが, 立つ身, 笠井さんは, 紛れて, 細い, 置いて, 置くべき問題, 聳えたって, 脅かされでも, 葬らなくては, 藁塚何を, 蠢くもの, 走り出でた, 足の, 身を, 躱れ, 辷っては, 返る, 迷うでは, 醜原, 隠れて, 隠れ吉兵衛, 隠見し, 響く, 飛んで, 鬼, 鬼と, 鼻を

▼ 暗闇~ (87, 7.1%)

2 あつた, ふと見る, 手を, 深さ, 物を, 突然額

1 [75件] おのせし, そこらに, たが, たった一つ駅夫, つまずく石, なし遂げる, まごつき椅子, ものが, やるから, やるわけ, アリの, チビの, ハハンと, 人の, 今夜泣く, 仕事を, 仲, 何も, 先生に, 出逢うと, 分らないが, 初めて手がける, 句を, 同室四人椅子にも, 吹雪の, 呶号し, 坐って, 堅く堅く身, 大層な, 大建築物, 姿が, 子供が, 宝石でも, 帯の, 延髄を, 彼の, 待ち伏せるなどという, 微かな, 怪奇現象を, 息をのみ, 悪いこと, 悸された, 手探りしない, 打ち合わす手, 摺れ違った男, 旗本六人が, 星が, 楽しむもの, 歩けも, 毛を, 泰文と, 泳ぐほど, 清玄の, 狼の, 男に, 知己と, 秋水の, 立直る見込さ, 笑い出した, 自分の, 芝居し, 荷物を, 葉之, 行われること, 話を, 誰か, 誰とも, 赤色燈に, 起ったよう, 足を, 踊るさえ, 長いこと, 音を, 饅頭を, 鳴りだしたとき

▼ 暗闇~ (75, 6.1%)

2 検査する, 歩いて

1 [71件] あるいて, お通り, さまよいつづけて, さまよって, ついて, つんざいた, はいぬけ, まもるところ, 一しゅんかんま, 今までよりも, 凝視し, 利用し, 利用する, 包んだ釜ヶ淵, 天国として, 少しも, 幸いどんな, 幸いに, 幸い死体, 幸い見え, 幸に, 弾き返すよう, 恐怖し, 手さぐりで, 手探りで, 探るよう, 掻き乱し彼方, 撫でながら, 救うこと, 救うべくなんら, 明るくする, 書いて, 書いても, 楽しみましょう, 歩いてる時, 歩むに, 注意し, 疾走する, 眺めながら, 眺め乍ら喉, 縁側伝いに, 翼に, 背景に, 自動車で, 若い女だてら, 薄気味悪そう, 衝いて, 衝こうと, 裂く様, 見ながら, 見まわしたが, 見出だすばかり, 見守って, 覗いて, 覗くと, 覗くよう, 読んだか, 走らせられて, 躓くよう, 迷って, 逃れでた爽かさ, 透かして, 透して, 這って, 這ひずる, 通って, 通り抜けて, 連れだって, 進んで, 鉛色の, 駈けて

▼ 暗闇~ (44, 3.6%)

2 すべり墜ちた, 滑り墜ちた

1 [40件] あった, あったそして, あった所, あつて, いつぱひ, お堂, かえろうと, きた, そもそも画布, それに, やつぱり大きな, アバタの, 一面に, 何かしら底の, 僕の, 全くあやめ, 圧迫的で, 奥の, 宝島を, 室の, 帰って, 彼の, 彼を, 悔恨と, 押しよせて, 果てしも, 滑り墜ちて, 澱んでを, 瓶の, 眼に, 破れるよう, 窒息する, 窓越しに, 薄れて, 街を, 襲ひかかる, 見えるという, 詰まつて, 躍り立って, 身体の

▼ 暗闇から~ (40, 3.3%)

3 出て 2 急に, 牛を

1 [33件] いかめの, いきなり抜き, ぽうっと薄, チョコチョコと, バアッと, バルナバスが, ピカリと, 出た女, 出た遊び人風, 四五人の, 声を, 妙子が, 彼を, 救うこと, 救って, 明るい電灯, 明智の, 暗闇に, 月光流れる, 牛である, 牛の, 現れたので, 白刃で, 白刄で, 盛んな, 私服あるいは, 突然太陽, 自動車が, 襲いかかって, 赤い提灯, 飛びだした者, 飛び出して, 飛出すん

▼ 暗闇~ (34, 2.8%)

3 なった, なって 2 なり私, 孤独の, 明海の

1 [22件] した, なったが, なりました, なり二つ, なり日沒, なり私たち, 入り交って, 化した, 化しました, 同化しきっ, 墓場の, 変って, 思うところ, 暗闇の, 板床である, 為り寒, 白明の, 睨めっくら, 自分の, 自分も, 静寂とが, 静寂とだけ

▼ 暗闇~ (15, 1.2%)

2 というの, の夜

1 [11件] で出来あっ, にきっぱり, には怪しい, には怪物, には稼ぎ, に来ました, に紛れ, のはじまる, の中, の時, へ来た

▼ 暗闇~ (14, 1.1%)

1 [14件] からである, からといっ, からバレる, から遠い, が海, し転げ, ぜ, と, という, ということ, とまた, と声, よ, 人通りは

▼ 暗闇~ (14, 1.1%)

1 [14件] あるが, いけない, いっそう恐ろしかっ, ただしんしん, なお深かっ, ひつそりとして, 刃物の, 大なる, 尚依然として, 廉いものだ, 思ひ出せなくな, 有り得なかったが, 私を, 電燈の

▼ 暗闇~ (11, 0.9%)

1 [11件] あやか, そっと身, もどり空転, 引き退いて, 死んで, 沈む思ひが, 浮き出して, 消えた, 消え隠れて, 逃げ去ったという, 逃げ去ること

▼ 暗闇では~ (7, 0.6%)

1 あつた, ありませぬ, ありませんから, なかった, なく廊下, みんなが, 何処へ

▼ 暗闇でも~ (7, 0.6%)

1 一寸さき, 弾けるのよ, 構ひません, 眼が, 見えると, 蹴つまずかずに, 黄昏ほどの

▼ 暗闇~ (7, 0.6%)

2 の街燈 1 にはまた, のやもり, は漆, を下りつめた, を降り尽し

▼ 暗闇だけが~ (5, 0.4%)

2 そこに, 残つた 1 その道を

▼ 暗闇には~ (5, 0.4%)

1 提灯を, 浮かばれぬ慾望, 薄白く, 赤十字社の, 部下の

▼ 暗闇まぎれ~ (5, 0.4%)

2 に一度 1 に來, に自己, に近寄っ

▼ 暗闇です~ (4, 0.3%)

21 からね, から眼

▼ 暗闇とは~ (4, 0.3%)

1 与次郎が, 云いながら, 云え相手, 物恐ろしい仮睡

▼ 暗闇~ (4, 0.3%)

1 でひとつ眼小僧, の入口, の如き, は車

▼ 暗闇であり~ (3, 0.2%)

2 巡査は 1 あの静寂

▼ 暗闇である~ (3, 0.2%)

1 が外, ことが, のにただ

▼ 暗闇という~ (3, 0.2%)

1 言葉だけ, 論文は, 題が

▼ 暗闇~ (3, 0.2%)

1 のでその, ので手ざわり, 坂を

▼ 暗闇にな~ (3, 0.2%)

1 だれて, つてしまつ, つてゐた

▼ 暗闇へと~ (3, 0.2%)

2 消えて 1 這入って

▼ 暗闇じゃ~ (2, 0.2%)

1 しようがねえ, アお

▼ 暗闇だけ~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 暗闇とが~ (2, 0.2%)

1 大氣, 彼等を

▼ 暗闇にね~ (2, 0.2%)

2 ぢ倒し

▼ 暗闇~ (2, 0.2%)

1 ありませんからね, 霧も

▼1* [43件]

暗闇それでもそこに, 暗闇だったのと, 暗闇だってまわりに, 暗闇だらうか, 暗闇だ呪われた宿命を, 暗闇づたいに近付いて, 暗闇であるべき筈の, 暗闇でしそれが, 暗闇でなければ正二郎, 暗闇とのみ思って, 暗闇と共に黄泉の, 暗闇なら何を, 暗闇なればこそ烏賊, 暗闇なんかこわがらないよう, 暗闇なんて愚にも, 暗闇にて昌次郎と, 暗闇にまで押し進められた貞節, 暗闇にも成らうぢ, 暗闇のみだれ髪, 暗闇のみが見えて, 暗闇ばかり縫ふ, 暗闇ばかりが眼に, 暗闇まで一緒に, 暗闇みの耻を明るみ, 暗闇より静かな, 暗闇よりももっと黒い, 暗闇物トモセザル愚鈍者, 暗闇では, 暗闇仕事製缶工の手伝い, 暗闇切れては走る, 暗闇合戦でこの, 暗闇同然女はいつしか, 暗闇問答はそれ, 暗闇地獄の連続, 暗闇坂麻布二之橋向の日向坂, 暗闇夜自転車をとばし, 暗闇大樹の梢, 暗闇山奥の一軒家, 暗闇政道をただし, 暗闇の錯覚, 暗闇といわれる, 暗闇迫る頃風呂敷で, 暗闇阪近くなった時