青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歩み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

歩~ ~歩い 歩い~ ~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~ ~歩き出した ~歩く 歩く~
歩み~
~歯 歯~ 歳~ ~歴史 歴史~ ~歸 歸~ ~死 死~ 死に~

「歩み~」 1269, 14ppm, 8096位

▼ 歩み~ (472, 37.2%)

30 運んで 23 止めて 20 とどめて 17 続けて 13 進めて 10 とめて 9 運びながら 8 つづけて 6 続けた 5 とめた, 止めた, 運ぶこと 4 停めて, 移して, 運ぶと 3 して, 忘れて, 止めました, 続けながら, 運んだ

2 [28件] うつして, すすめて, つづけ出した, とどめました, とめた人々, はこんで, もって, ゆるめた, ゆるやかに, 向けた, 地獄の, 学ばないうち, 導いて, 弛めた, 早めたが, 止めたの, 止めは, 止める, 歩んで, 渡って, 眺めながら, 移します, 緩めて, 緩めながら, 返した, 返して, 進めた, 進めねば

1 [238件] あくまで肯定, あとに, いずく, うつしながら, うつすと, うつそうと, おくらして, おそくし, この道, さえぎり止める, さまたげるもの, さも深く, しずかに, したい, すること, せきたてて, たどり得ると, ちやんと, ちょっと振り返っ, つつしんで, つづけたの, つづけた者, つづけながら, つづけましたが, つづけようとして, つづけられなくなった, つづけること, つづけるばかり, つらぬき通したから, とどむるの, とどめ, とどめた, とどめたかの, とどめ得ぬであらう, とめました, とめ万象, とめ腕時計, とめ顋, ともにし, ともに歩んだ, とること, とるほか, なしたこと, はこぶ, はこぶ彼ら, はこんだ, ぴったり止め, ふみだした, ふり返つて, みること, むけて, もそ, もっと確か, もつて, もどした, ゆるくしはじめた, ゆるめたの, ゆるめた大地, ゆるめた時, ゆるめて, ゆるめ勢い, よせた時, よせて, よろめいて, われ知らず感じた, フイに, 一つの, 一層強健, 不相変, 二倍ほども, 休めさせた処, 伝える才能, 佇めて, 倍加させ, 停めずたえず, 停めると, 入れた者, 全部的には, 公衆の, 凝視し, 制約する, 前方に, 助け妨げまたは, 合せ, 合せて, 向けたもの, 向けて, 吾, 妨げるの, 導かんこと, 小池に, 少しも, 左右する, 常にひきづツ, 引き留める, 引き離して, 引止めた, 弛めさも, 弛めて, 弛め心, 後から, 必要と, 思わせるころ, 怠らぬこと, 我々は, 戻した, 承認し, 押しとどめる, 振り返つて, 支配する, 改て, 数へは, 早めた, 早めたそう, 早めたの, 早めて, 早める, 曳いて, 曳きずりつつ, 更に進める, 止む, 止めさえ, 止めたかに, 止めたが, 止めた時, 止めてから, 止めてしも, 止めてるよう, 止めなかった, 止めますと, 止めようとも, 止めること, 止めると, 止める死, 此路地に, 歩んだか, 歩んだもの, 流れて, 物語って, 独占し, 甥の, 留めたところ, 留めたの, 留めるでは, 知らせた照り翳り, 示したと, 示しはじめた三十四歳, 示すよう, 移した, 移しながら, 移しました, 移しませう, 移しまた, 移す二人, 移せしその, 移そうかと, 移そうと, 立ちすくめたまま, 細に, 続けた後, 続けなければ, 続けねば, 続けようと, 続ける, 続けること, 続けるであろうとは, 緩めたから, 緩めなければ, 續けて, 自分の, 行路病者の, 表に, 見ない日, 見るやう, 見守つて, 観て, 踏みしめ踏みしめ一歩一歩, 踏み出したの, 転じましょう, 転ぜられたよう, 辻車の, 近々十数年, 述べるため, 追い越して, 追って, 逆に, 速めて, 速めながら, 速めるだけの, 進ましむる權威, 進ませて, 進むる途中, 進めければ, 進めたから, 進めたが, 進めつつ, 進めました, 進めます, 進めよう, 進めようと, 進めるため, 進めると, 進めるにつれて, 進める時, 進め去年スワンシー, 遅くし, 運ばすと, 運ばせて, 運ばれた, 運ばれました, 運びかけた, 運びはじめました, 運びました, 運び下駄, 運び来る市, 運ぶ, 運ぶに, 運ぶの, 運ぶもの, 運ぶより, 運ぶ中, 運ぶ大, 運ぶ平次, 運ぶ度, 運ぶ春, 運ぶ様, 運ぶ静子, 運ぶ靜子, 運ぶ面, 運べば, 運んだこと, 運んだ時, 運んだ迄, 過去にも, 鈍らせるもの, 開始した, 阻むよう, 順にも

▼ 歩み~ (75, 5.9%)

2 とまる道すがら, 今日よりも, 檜の, 私の

1 [67件] いかに静か, いつも松並木, これ迄の, さらに早い, しだいに軽く, その方向, たどたどしいに, ためらいはじめる, だんだん早く, とどのつまりにおいて, のろかつ, のろくなった, はかどらなかった, ぴたりと, ふと止まった, ほとんど機械的, ますますのろい, ますますゆるやか, また遅く, まったく遅々, わき目も, 一歩一歩海へ, 一片の, 人間の, 今の, 依然として緩やか, 停車場の, 合羽の, 嘗ての, 夢中だった, 太鼓うつ月照る, 富みの, 寸時も, 尊く涙ぐましい, 小笛, 巨人的で, 年々一週が, 御庭, 意識を, 日本の, 早い, 時計の, 更に新しき, 歌の, 止みました, 歩一歩, 歩幅が, 深まり人生, 渠が, 無意識に, 皆静かだ, 皆靜か, 神速で, 私自身の, 自ら土地の, 自然に, 踏み破ったと, 辛い, 近より, 速やかで, 遅々として, 遅い, 遅くなった, 道を, 関の, 非常に, 頭の

▼ 歩み~ (74, 5.8%)

5 ように 2 なかに, ままに, 目標と, 見る目笑止, 遅々として

1 [59件] あいだに, あとを, うちに, おそいの, おそいもの, おそろしさ, おのづか, しるしが, たどたどしいの, ために, つくところ, とられるよう, なかで, のろい亀, のろい人々, のろくなった, のろさ, もつ反復性, やうに, ような, フミキリと, 一つであった, 一歩々々には, 下に, 中では, 中にも, 反響が, 向かうこと, 律動を, 息苦しかりし, 拍子に, 早さ, 時には, 時間を, 板も, 板をわ, 歴史が, 絶対安全を, 緩むの, 興味ある, 若々しさ, 行く方, 裏には, 記録として, 足音も, 速いこと, 速度は, 遅々たるに, 遅いこと, 遅い土星, 遅い牛, 遅くとも, 過程に, 違いが, 遲鈍い, 鈍いそして, 鈍い亀, 間に, 音かろく

▼ 歩み~ (50, 3.9%)

2 止ったよう, 止まるもの

1 [46件] ある, いかに重く, こころもち遅く, こちらよりも, しみじみと, すいと, ずっと早い, その社会的相関, ついて, どうであろう, どう動い, のろい, のろくなった, のろくなる, わからんと, 一歩々々に, 乱れて, 事物に, 全く止った, 全世界, 向いて, 始まるとも, 存外しっかりし, 平調に, 急がれて, 急激である, 早くなった, 書斎の, 橋の, 止るもの, 深まりいきいき, 溌剌颯爽たる, 激しくしかも, 現在までに, 目だつて, 続く限り, 緩くなった, 薄紫の, 見られる, 進んだと, 遅々として, 遅かった, 遅くなった, 遅くなり, 量られるの, 鈍くなった

▼ 歩み~ (50, 3.9%)

2 家に, 帰る, 海神に

1 [44件] ありや, む, ポジリツポの, 一年と, 中山に, 二階建の, 五時川俣温泉着泊, 人參を, 今しも, 休らふこ, 來る, 八丁堀に, 再び清新軒, 去りしとき, 向へ, 壇階子に, 夜肆を, 大洗に, 宿るべき部屋, 寒月子ともども本社に, 小川氏を, 彼は, 後方より, 我等の, 斉の, 新劇場, 日比谷公園を, 晝間過ぎし, 曾無一善の, 朝八時頃われは, 柳橋渡行かん, 此方へ, 汝等より, 當直士官の, 百花園に, 目黒不動の, 立ち去り停車場, 考え申候, 腰の, 芝愛宕下西洋家具店に, 菅野二五八番地の, 誰か, 邪の, 野の

▼ 歩みながら~ (40, 3.2%)

1 [40件] さっきから, そっと倉地, その懐中絵図, どこか, なほかつ, なほも, ふと私, よっぽどあるきました, 之を, 二三度振り向く, 侍部屋へ, 八郎太を, 口早に, 囁いたが, 宗清は, 宝頂を, 寿子を, 常に, 平常の, 彼は, 思わず, 手紙を, 振返って, 捨て目, 横手へ, 河を, 白雲は, 知って, 私に, 私の, 私は, 簡単な, 絶えず伊達者, 絶えず往手, 美少年が, 見る右側, 訊ねた, 語り出すと, 誠に高い清い, 馬上へ

▼ 歩み~ (32, 2.5%)

2 したがって, まかせて, 合せて

1 [26件] あはせ, かかる程合い, き, したが, その渚, つづいて, つれて, 一大飛躍を, 伴れ, 似て, 依って, 倣うて, 合わせて, 忠実であっ, 月光が, 現な, 触れた動き, 認め上げ候, 誘われて, 調子を, 足を, 連れて, 遅れまいとして, 随って, 随つて顔や, 音も

▼ 歩み~ (30, 2.4%)

1 [30件] せかせかと, それにつれて, のろくなる, また止みました, やらずみな, 一層速く, 一歩一歩黒羽町に, 出め, 危くコツコツ, 嫋かに, 得やらず横町, 忘れて, 急し, 早くいつか鈴川近くなつ, 早まり直押し, 止まった, 止まりがち, 止めず, 焦ったい, 覚えなかった私, 軽く急ぐ, 軽く海岸, 輕く, 遅々と夜風, 遅いと, 遅かった, 運ばないで, 遲し, 静まる心もち, 顫え

▼ 歩みつつ~ (25, 2.0%)

1 [25件] ああ心地よき, あったの, あり, ある, あること周知, あるといった, あるの, ある人, ある姿, かなし, こころ怯ぢたる, その杖, ちらっとそれ, 上下の, 不断の, 同じく切支丹宗門, 如実に, 幾声と, 改札口を, 新しい時代, 旋り, 目は, 聴くその, 聽くそ, 自分が

▼ 歩み~ (16, 1.3%)

2 でたり, でたる

1 [12件] たり, だせり, で, でたるとき, でつ, でました, でむとするところへ, でヒョイ, で向, で庭上いっぱい, で来た, で私達

▼ 歩み出し~ (14, 1.1%)

1 [14件] が望まれ, そこで駒井, ていた, であるが, という面, にたいへん, の一歩, はその, は不可能, もし, をし, をつけ, をつづけた, を願っ

▼ 歩み~ (14, 1.1%)

1 [14件] がありましょう, でした, です, に懸ってる, の変, の検討, の誤, ばかりする, をし, を教えた, を知りませんでした, を示し, を祝し, を踏み出した

▼ 歩みぶり~ (13, 1.0%)

1 [13件] が甚だ, といっ, ならあの亡き, にいつ, はいくら, やすべて, よ, をほのめかす, を以てみれ, を決して, を眺めた, を見, を見る

▼ 歩み~ (12, 0.9%)

1 [12件] その生涯, なり得ないとは, 二人の, 云うもの, 倶に, 共にに, 同列同, 変わりが, 心境の, 悲痛な, 結集に, 見すぼらしいが

▼ 歩み~ (12, 0.9%)

2 つてガラス戸の 1 つたのも, つた閾際から, つてゐ, つて了うたのである, つて叙事詩では, つて叱りつけました, つて夙くから, つて客の, つて肩を, つて見た

▼ 歩み~ (11, 0.9%)

1 [11件] あつた, 出て, 太刀の, 常にあるであろう, 牽かれて, 祭の, 自分たちの, 行進し, 説教壇を, 走つた, 金五郎の

▼ 歩み~ (10, 0.8%)

2 るを 1 たり, にけりひた堪へ, にける, りし, る飛衞, れりウェルギリウス, れるフレジェトンタ, れる一群

▼ 歩み去る~ (8, 0.6%)

2 のを, 二人の 1 ついその, のであった, 女を, 姿を

▼ 歩みから~ (5, 0.4%)

1 いうと, 出たもの, 出来る文学, 出発し, 高座へと

▼ 歩みその~ (5, 0.4%)

1 うたう歌, 方向に, 腰について, 言葉その, 足もとに

▼ 歩みかへ~ (4, 0.3%)

2 しつ 1 さめ, せど

▼ 歩みては~ (4, 0.3%)

1 かかるいみ, 唄いかく, 引捩りし, 戻り径

▼ 歩みでも~ (4, 0.3%)

1 ある, つかのまと, 歩一歩ずつ, 牛の

▼ 歩みよりも~ (4, 0.3%)

1 ゆるやかに, 更に急ごう, 更に遅い, 遅い

▼ 歩み入り~ (4, 0.3%)

1 さらに二重, ぬ, また弾丸, 長椅

▼ 歩み日かげ~ (4, 0.3%)

2 と共に憩 1 と共に憇, と共に憩う

▼ 歩み行く~ (4, 0.3%)

1 こと約, こと難き, ものです, 道筋の

▼ 歩み~ (3, 0.2%)

1 つて, つてゆく, つて来る

▼ 歩み振り~ (3, 0.2%)

1 で遣っ, にも彼女, や物腰

▼ 歩み~ (3, 0.2%)

1 にけりひた堪へ, にける, ぬれば

▼ 歩み~ (3, 0.2%)

2 り行く 1 つた

▼ 歩みしか~ (2, 0.2%)

2 知らず

▼ 歩みたり~ (2, 0.2%)

1 けむ, また歩み

▼ 歩みつつも~ (2, 0.2%)

1 おのずから心, 既に吾

▼ 歩みつづ~ (2, 0.2%)

2 けむ

▼ 歩みとして~ (2, 0.2%)

1 全然方向転換, 歩んで

▼ 歩みとどめ~ (2, 0.2%)

2 て眺めけり

▼ 歩みとは~ (2, 0.2%)

1 実に白露地, 関係なく

▼ 歩みと共に~ (2, 0.2%)

1 いろいろ唄を, 可能不可能現実非

▼ 歩みながらも~ (2, 0.2%)

1 中心実に, 言葉一ツ交さない

▼ 歩みにおいて~ (2, 0.2%)

1 如何なる方向, 私は

▼ 歩みには~ (2, 0.2%)

1 必然的に, 確と

▼ 歩みにも~ (2, 0.2%)

1 似て, 拘はらず戯曲

▼ 歩みものうき~ (2, 0.2%)

2 彼岸會や

▼ 歩み且つ~ (2, 0.2%)

1 善く走る, 止まりこの世

▼ 歩み人家~ (2, 0.2%)

2 に遠い

▼ 歩み以外~ (2, 0.2%)

1 に待つ, の方法

▼ 歩み~ (2, 0.2%)

1 に寒色, ひけん

▼ 歩み去っ~ (2, 0.2%)

1 ていた, て行く

▼ 歩み去り~ (2, 0.2%)

1 ながら, ジロリと

▼ 歩み寄つて~ (2, 0.2%)

1 其の扉, 来る畏し

▼ 歩み寄つて來~ (2, 0.2%)

2 る畏し

▼ 歩み工合~ (2, 0.2%)

1 だけでも芸術, であらう

▼ 歩み彼等~ (2, 0.2%)

1 の神授, は地

▼ 歩み~ (2, 0.2%)

1 の中, を訪う

▼ 歩み百花園~ (2, 0.2%)

2 に一休み

▼ 歩み~ (2, 0.2%)

1 きて, し往き

▼ 歩み~ (2, 0.2%)

1 けよう, ける事

▼ 歩み~ (2, 0.2%)

1 えて, えられて

▼ 歩み陸橋~ (2, 0.2%)

2 にかかり

▼1* [203件]

歩みいつまでも順送り, 歩みおそければ, 歩みけしが, 歩みかたは粗, 歩みかつ存在し, 歩みがたい石高道を, 歩みがたく中途で, 歩みがのろくなつて, 歩みこそ近代社會の, 歩みりに, 歩みさえ早くなる, 歩みさろうとする, 歩みざまして, 歩みじっとうずくまりふと, 歩みすばやく飛びしざり兩膝そ, 歩みとこれ, 歩みそこから, 歩みただ食らう, 歩みたまはば僕, 歩みたまいし寂しき路, 歩みたる道の, 歩みし, 歩みだけは黙々とつづい, 歩みだしがあった, 歩みつとう, 歩みつかれて息ぎれ, 歩みつきで町, 歩みであり自然の, 歩みではあっても, 歩みというものは, 歩みとがぴったり合っ, 歩みとではその境遇, 歩みとともに毎日歩い, 歩みとを考えさせる時期, 歩みなどを見ては, 歩みにくいが一足, 歩みにくきことこの, 歩みによつて着々, 歩みによってそれを, 歩みのろしも, 歩みはじめたり, 歩みばかりで面白く, 歩みひたすらさびし昨日, 歩みふとはまなすの, 歩みまかせに人里, 歩みめでたしめでたしと繰り返し, 歩みつづくらむ, 歩みよい柳並木の, 歩みようが無かっ, 歩みよしおそくともという, 歩みより彼の, 歩みよりが恐らく近代, 歩みよりの意味で, 歩みよりを企て無理, 歩みをば未来の, 歩みを以て近きつ, 歩みドーデの如く, 歩みベンチに腰, 歩みルナアルはルナアル, 歩みヴェルサイユを訪, 歩み一方の頼春, 歩み七面鳥は音, 歩み下ると精魅, 歩み両側ともに今, 歩み両国を過ぎ, 歩み並木の育ち, 歩み乍らも猶, 歩み乍ら市街の方, 歩み二三間ばかりも釣られ, 歩み五昼夜もかかっ, 歩み付きで踵, 歩み体格が総じて, 歩みかに引かれ, 歩み何事にも注意, 歩み余りに遅く, 歩み來たるは, 歩み入り二十二の年, 歩み入り修行して, 歩み入り給ひぬ, 歩み入る人は, 歩み入るべき真実の, 歩み出し第一歩がもう, 歩み出づる時あわただしげに, 歩み出でてす, 歩み初め一丁余も行っ, 歩みには日, 歩み前後に従う諸, 歩み加減に叶う, 歩み午後は日送り, 歩み古した足跡, 歩み古着問屋丸八にて帯地, 歩み古着屋丸八にて帯地並, 歩み同じリズムもて, 歩み吾が来し, 歩み呉使を引見, 歩みは露草, 歩みなる葡萄架, 歩み天文地理星緯図讖および余, 歩みの院門前, 歩み釣り逆, 歩み宜しくまたもや一里あまり, 歩み実はそのまま帰る, 歩みに伴, 歩み将来の大, 歩み高く巌稠, 歩みが深けれ, 歩み左方に博多, 歩み巨勢へ往き薬, 歩み平岡君の病, 歩み幽霊塔の間近, 歩みき心地, 歩み張飛も肩, 歩みから尾, 歩み悪いともすれば辷り, 歩みんで居る, 歩み慣れた雲助商売, 歩みれて, 歩み我家の前, 歩み時は, 歩み或いは乗るという, 歩み戦場で出す, 歩みをし, 歩み掛けた足をも, 歩み政宗打って, 歩み散歩の人, 歩み斯くして, 歩み冨座の, 歩み新橋停車塲に至り, 歩みりぬ, 歩み明後日また歩み, 歩み明日の朝一番, 歩みをながめ, 歩み昼夜眠らずして, 歩み時にはまた街道, 歩み有楽軒に入り, 歩み木々のさみどり, 歩み木の根に腰, 歩み木村隼人佑の小屋, 歩み木立のあいだ, 歩み来ったものです, 歩み枯枝や松毬, 歩み樹下の榻, 歩み正しき刑罰を, 歩み歩みて曾無一善, 歩み歩み歩ませられて尽く, 歩み歩むといえ, 歩み歩んで行く, 歩み歸宅後耳に綿, 歩み水田の北方, 歩みを拭はん, 歩み沿つて考へ度, 歩み深山に迷, 歩み清き声にて, 歩み烏森停車塲に至り, 歩み甚だ速やかに, 歩み生涯この暗黒, 歩み疲労し, 歩み癩病人は健やか, 歩み白瑞香一鉢を購, 歩み省線停車場待合室に入り, 歩み矢沢の店, 歩み神田三才社に至り, 歩み神田仏蘭西書院に至り, 歩み移る太陽の, 歩み空腹に堪えかね, 歩み築地に出, 歩み給ふさまなる, 歩み働車にて, 歩みを摘み, 歩み花屋にて薔薇一鉢, 歩み苦しうおぼす, 歩み葛飾驛停留場より電車, 歩みはすっかり, 歩み行きしかもその, 歩み行き角の曲, 歩みをま, 歩み見附外から乗った, 歩み谿底は既に, 歩み赤阪鳴門に憩ひま, 歩みの輪, 歩みじて, 歩みよったかと, 歩み近づこうとした, 歩み返し吐息をつい, 歩みひ飛び跳, 歩み進むと薩州侯, 歩み進んで来た, 歩み遅々たれども, 歩み遅々と行くに, 歩み過る客の, 歩みく, 歩み金環繋ぎたる長, 歩み銀座に出, 歩み関口の滝, 歩み難き程つもり, 歩みのよう, 歩み静かに共犯人, 歩みを見る, 歩み馴れた田舎道の, 歩みや歯, 歩みの巣, 歩み麗人の背後, 歩みをあふり