青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~ 武者~ 武蔵~ ~歩
歩~
~歩い 歩い~ ~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~ ~歩き出した ~歩く 歩く~ 歩み~

「歩~」 8681, 94ppm, 1178位

▼ 歩~ (1331, 15.3%)

200 進めて 30 運んだ 28 移して 27 運んで 22 進めた 18 譲って 15 隔てて 14 すすめて 12 移した 10 運ぶ 9 踏み出して, 転じて, 進めたもの 8 とめて, 停めて, 早めて, 進むれば, 進めると 6 進めること, 駐め 5 止めて, 誤れば, 進めたの, 運びながら, 運んだが

4 [11件] とめた, ゆるめて, 先んじて, 止めた, 譲らねば, 転ずれば, 進め, 進めたり, 進めなければ, 運ばせて, 隔てたもの

3 [19件] あやまれば, うつして, すすめた, ふみ出して, 払うよう, 移しながら, 移す, 移すと, 移すの, 突いて, 譲りて, 譲る, 進めたいと, 進めたるもの, 進めようと, 進める, 進める事, 進めれば, 運ばして

2 [63件] うつすに, その上, そろへて, とめた泰軒, ともにし, はこんで, ゆずって, ゆるめながら, ゆるめる, 仰ぐ, 共にし, 印した, 受けて, 向ける, 回らしながら, 急に, 抽き, 拾った, 数えて, 早めた, 横に, 民に, 理解する, 移しつつ, 移せり, 突くの, 緩めて, 讓り, 距てた, 踏みだした人間性, 踏み出さなければ, 踏み出したの, 踏み出すと, 踏み出せば, 踏み出そうと, 踏み込んで, 踏んで, 轉じ, 返した, 返して, 退いた, 退いて, 退かざるべからず, 逃れて, 進めざるべからず, 進めたかは, 進めた結果, 進めつつ, 進めては, 進めなかったらしく単に, 進められぬ, 進めるだけの, 進めるならば, 進めるもの, 進める態度, 進め二歩, 進め白人, 進んで, 運ばせる, 運び, 運びつつ, 運ぶたびごと, 運ぶの

1 [624件 抜粋] あやまてば, あやまらば, あやまると, いたわりつつんだ, いれた時, うつした, うつした歩きながら, うつす間, うつそうと, おこして, お持ちだ, かえしましょうや, きちんとリチャードソン, きりだしたやう, ここに, さかのぼりて, さながらに, さらに進め, した, しるした, すすませて, すすめこういう, すすめたの, すすめる, すすめること, すすめるの, すすめる努力, するの, すゝむ, すゝめて, そこから, そなた, その柵内, それからまたつぎ, そろえた, そろえて, ついて, つきすて, つくといふ, とめながら, とめ鳥居, ともにすべき, ともにせしめん, なすなり, なほ進め, ならべる日, ぬきんでたの, はこぶ, はこんだ, はやめる, ひく足, ふみだしたが, ふみつけた人, ふみ入れるとともに, ふみ出したの, ふみ出した民主, ふみ出せしに過ぎない高峰, ふんで, へだてて, むけた, めぐらしかけた, めぐらした, めぐらして, もういちど, もって, もらう募集員, やめず白き, ゆずる, ゆずること, ゆずる当時, ゆずる鐘巻, ゆづりおきて逍遙子の, ゆづりて人間の, ゆるうせん, ゆるくする, ゆるめるであろう, ゆるめると, ゆるめ行手, 一ツつまみ取る, 一四歩と, 一歩踏み出す, 下へ, 与えられた文学, 九四歩と, 乱した, 争いぬ, 事前に, 人生の, 他の, 以つて, 仮して, 住め我等, 体じゅうで, 何故甲州方, 何進の, 使として, 借して, 借り出した, 停むる, 停めたの, 停めたので, 停めた目, 停め間, 充実し, 先に, 先んじた, 先んじよという, 先んずること, 先んずると, 入るるには, 入れぬ繭景気, 公平に, 処, 出した, 出ださしめ貸金, 出ると, 出れば, 刻んで, 前に, 前進させたなら, 前進させる, 前進する, 動かすごと, 動し, 占めたと, 占め以, 占め得たので, 印すること, 取って, 取りもどしてからが, 受けた第, 可愛がるよう, 合わせようとしても, 同じくし, 同じゅうせざるはなし, 向けて, 味い楽しん, 喬岳の, 回らしける, 回らして, 土俵の, 地に, 地面に, 基礎づける, 境橋の, 外に, 始め業, 実人生, 射るの, 屋外に, 山崎に, 山門の, 左右に, 市中に, 市街に, 平凡に, 引いて, 引き留めたの, 引く, 引摺り始めた, 彼等の, 待つの, 後れたかの, 後れて, 御進め, 忘れた男, 忘れ後歩, 思はない一歩々々, 打った, 打つて, 払って, 払つた, 投ずるのに, 抜いて, 抽きけり, 拾って, 控えること, 揃えながら, 揃えようとは, 搬びすぎいつの間にか, 搬んだ, 搬んで, 攀ずる足の, 支配する, 敢て, 敢然と踏み出す, 散じあるいは, 散じて, 数えまた, 数えるばかり, 數へる, 新しい段階, 早める, 早める萩乃, 早めんため, 春の, 未知の, 枉げさせ給うよう, 横穴に, 止む, 止めた革命, 止めようと, 止め御覧, 止め石, 歩み出そうと, 歩言を, 歴史博物館に, 河に, 深めて, 焦立たず悲しみ, 煖炉に, 爲す, 留めた, 留めつ, 留めて, 留めぬ, 病室の, 登り切ると, 白い道路, 相互に, 真似ると, 礙げる, 示したとき, 示した東宝, 移さんと, 移しかけた, 移しき, 移しきまり, 移したの, 移した其時, 移してから, 移しながらも, 移しました, 移し対, 移し後, 移し得であわれ立竦, 移すが, 移すごと, 移すたび, 移すところ, 移すは, 移すほどに, 移す山木, 移す駒下駄, 移せば, 突いた, 突いたよう, 突いたり, 突いた時, 突いた途端, 突き出したり, 突き出すか, 突くかの, 突くだらうかなどと, 突くだろう, 突くといふ, 突くな, 突く新し, 突く時, 突進する, 立者に, 築き上げて, 築山の, 精神論者に, 約束する, 終ふる, 終へ, 緩うの, 緩くし, 緩めた, 緩めないで, 緩める, 縒って, 續け, 續けて, 續ける, 自身の, 落としたの, 行きそこ, 行きては, 行き椽側, 行けば, 街頭に, 衰亡に, 見た途端, 見出そうと, 試しながら, 試みたと, 誤ったらそれ, 誤って, 誤つて, 誤まる, 誤まれ, 誤らんか, 誤りて, 誤るを, 誰も, 譲らざるを, 譲らなければ, 譲りその, 譲り人生, 譲り召し使い, 譲り幕末, 譲るかも, 譲ること, 譲るとしても, 譲るまい後, 譲るもの, 譲るを, 讓つてゐた, 讓つて縁起に, 責る, 買いました, 賜わった, 趁ひ, 超えた関係, 超えて, 超越し, 越して, 距って, 跨ぎ去ろうとは, 踏みこんだものの, 踏みだした, 踏みだしたばかり, 踏みだしたよう, 踏みだして, 踏みだすこと, 踏みだそうと, 踏み入れかけると, 踏み入れたの, 踏み入れた両, 踏み入れようと, 踏み入れれば, 踏み出さなかったの, 踏み出さねば, 踏み出した, 踏み出したいもの, 踏み出したもの, 踏み出したやう, 踏み出した新, 踏み出した春日新九郎, 踏み出した登山者, 踏み出した自分, 踏み出しました, 踏み出すこと, 踏み出すよう, 踏み出す力, 踏み出そうもの, 踏み外せば, 踏み直して, 踏み直す時, 踏む, 踏むやう, 踏出したの, 踏出す事, 蹈み出した, 蹈み出す, 転じたるが, 転じた時, 転じ層, 転じ来たれば, 転ずるの, 転ずるも, 転ずるよう, 転ずる時, 転ぜざるべからず, 転ぜしめたるもの, 転ぜずんば, 転ぜんと, 轉じた, 轉ずるに, 轉ずれ, 轉ぜ, 近づけ, 返え, 返しつつ, 返しつづいて, 返す, 返そうと, 返へ, 退き只, 退くの東国, 退くるは, 退け我, 退け歩, 退転した, 速めた, 速めて, 速めながら, 速めるか, 進ましめん, 進ましめ何故, 進ませました, 進まんこと, 進みわが, 進む, 進むこと, 進むとも, 進むべくとりあえず, 進むるうち, 進むるが, 進むること, 進むると, 進むるならば, 進むるの, 進むるやう, 進めいかなる, 進めこ, 進めたかったの, 進めたが, 進めたと, 進めたという, 進めたならば, 進めたのみ, 進めたらどんな, 進めたりと, 進めたるとともに, 進めたる労働者, 進めたる談林, 進めたわけ, 進めた戦術, 進めた所, 進めた根本問題, 進めた質問, 進めた超凡越聖, 進めた路, 進めても, 進めないでは, 進めなかったか, 進めに, 進めまぶしい, 進めよう, 進めるかを, 進めるため, 進めるところ, 進めるに, 進めるには, 進めるに従って, 進める底, 進める方法, 進める機会, 進める野呂, 進めんこと, 進めスウェデン, 進めダンテ, 進めバークリ, 進め印度人, 進め夫婦, 進め婦人, 進め寛保元年, 進め得ること, 進め暗もまた, 進め松, 進め松伏, 進め濃い, 進め聲朗, 運ばした, 運ばせつつ, 運ばせました, 運ばば, 運びかけた, 運びたり, 運びて, 運びぬ, 運びます, 運び出した刹那, 運び四時十五分, 運び悠然, 運び櫓, 運び深草乃里, 運ぶごと, 運ぶため, 運ぶという, 運ぶとき, 運ぶにも, 運ぶの能力, 運ぶはか, 運ぶまばゆき, 運ぶ教諭, 運ぶ者, 運ぶ能はず, 運ぶ脚, 運らす, 運んだ閑枝, 運んでる新鮮, 過ったもの, 過れば, 遜らなければ, 還すでしょう, 部屋の, 銭に, 阻む蹉きの石, 降り坂, 隔て, 隔てた約束, 隔てぬ処, 隙さへ, 離れたところ, 電車に, 齊しく

▼ 歩~ (885, 10.2%)

50 外へ 27 出て 20 外に 14 前へ 10 二歩も 9 進むこと 7 出ないで, 外へは, 進んで 6 先へ, 出なかった, 出ること, 行かないうち, 足を, 踏み出すこと 5 出ずに, 出ない, 前に, 動くこと, 外出しない, 踏み出したこと 4 ここを, そこから, 出たこと, 出ぬもの, 半歩, 後へ, 敵に, 歩けないから, 踏み出して

3 [19件] あるくこと, この部屋, 二十歩も, 出ては, 出られない, 前進し, 動こうと, 外出しなかった, 東へ, 歩かないうち, 行くと, 譲って, 譲ること, 讓らぬ, 退くな, 進まなかった, 進んでは, 進歩し, 離れて

2 [53件] あとに, あとへ, いと, この家, その外, でること, ひけを, ゆずらない, 三歩も, 中へは, 人に, 他に, 仮借しない, 借さ, 先き, 先を, 出た事, 出ないこと, 出ない抑揚緩急, 出なかったこと, 出られぬこと, 出られぬ朝夕, 前進が, 動かず, 十歩も, 去らずに, 外出する, 室外へ, 家から, 後すざりする, 放すな, 歩くこと, 歩けば, 歩んだ時, 現在状態より, 脱して, 行かぬうち, 譲らない, 譲らなかった, 譲らぬ気持, 踏み出さないこと, 踏み出しては, 踏み出すもの, 退かず, 退かない, 退かなかった, 退きません, 通せぬ, 進まんの, 進む事, 進んだかと, 部屋から, 部屋を

1 [469件] あったか, あった筈, あつた, あゆみ難く, あらうか, あるけないよう, あるけなかった, あるけなくなりました, あるけぬ, あるけますまい, あれバ, いくと, いそいで, いたわりながら, いらねえ, うごかないので, えぬ老, お出し, お庭, お通しいたさぬ, かりそめ, かれら, この吹雪, この問題, この土蔵, この境, この室, この昔, この洞穴, この線外, ご門外, さきに, すすまぬ, すすみません, すすむこと, すすめなかった, すすんだであろうか, すすんで, すべてその, その中, その地, その高き, それから, たてなくなったと, たゆみ勝ち, つかぬ盤面, で, でずに, でては, でなくなりしたがって, でられなくなる, でるもの, とどまって, ない所, ぬけ出てない自由主義者, のがれ出られるわれわれ, のりこえないただすなお, はいっては, はいれる所, はかばかしくは, はやくこんな, ひかうと, ひかずに, ひかず小幡民部, ひかない, ひかないの, ひとりでは, ふみこむと, ふみ出さないで, ふみ出して, ふみ出せない, ふみ込ませないほど, ふみ込まない事, ふむを, へだてた大地, まげないという, まげない兄, まげなかった, またフワリ, やくざの, ゆずっては, ゆずらないの, ゆずれない, ゆづら, アパートから, キャビンから, ヤソ教に, ロシアを, 上げじ許す, 上陸を, 中へ, 乱さずに, 二百歩も, 人情の, 人間らしゅう至らぬ, 他の, 他へ, 他へは, 仮借しなかった, 仮借しません, 仮借しよう, 仮借する, 仮借せぬ, 假借しません, 假借する, 假借せぬ, 先に, 先へは, 先んじて, 先んずれば, 入った事, 入っては, 入らしむる勿, 入らせないなどという, 入られなかつたこと, 入ること, 入れて, 入れないの, 入れないよう, 入れない秘密, 入れない規則, 入れない身, 入れなかったであろう, 入れぬ阿波, 入れまいとして, 入れられない, 其以外に, 其処から, 出さずに, 出さないという, 出して, 出すん, 出ず, 出ずること, 出ず新人, 出ず灸, 出ず空, 出たかと, 出たと, 出ちゃ, 出でず新た, 出でず終止国語, 出でないに, 出でない古風, 出でぬ者, 出ないという, 出ないの, 出ないので, 出ないのに, 出ないまた, 出ないもの, 出ないよう, 出ないん, 出ない主人, 出ない人々, 出ない博士, 出ない常識歌, 出ない現実模倣, 出なかったかも, 出なかった連歌, 出なかつた, 出なかつたこと, 出なかつたのでね, 出ぬわし, 出まいと, 出ませんでした, 出ようと, 出ようとして, 出ようとは, 出られないの, 出られないよう, 出られない滑稽, 出られなくなって, 出られぬ箱, 出るなと, 出る者, 出れば, 前には, 前へは, 前進した, 前進し得る, 前進する, 前進できない, 前進できません, 前進の, 前進を, 動かずに, 動かず助け, 動かず机, 動かず酒, 動かない, 動かないの, 動かなかった, 動かぬ, 動かんと, 動きが, 動き候事も, 動き出さないの, 動き得なかった, 動くを, 動けず目, 動けない, 動けないよう, 動けなくな, 動けなくなって, 動けぬよう, 動けぬ封建むざんな連中, 千歩も, 去らじと, 去ると, 向かう勇気, 味方の, 地を, 城へ, 外い出られん, 外へすら, 外出させず, 外出せず, 外出なさらない, 外出の, 外界へ, 大股に, 家の, 家へ, 家を, 寄せつけなかったが, 寄せつけまいと, 寝台の, 寝室も, 寺から, 屋外へは, 帝王的な, 席を, 店を, 引かず近習二三人, 引かないこの, 引かなかった, 引かなかったし, 引きさ, 引くな, 引く事, 引く色, 引けを, 弛ませまいと, 彼の, 彼らの, 彼方の, 待つなく, 後に, 後には, 後退した, 怯まずに, 恥かしくて, 成長しない, 戸外へ, 抂げられぬ, 抜きでない以上, 抽象的に, 新しい扱い方, 時には, 曲げないから, 曲げようとは, 本題に, 机を, 村の, 枉ぐることの, 横へ, 歩いたと, 歩いたところ, 歩いて, 歩かなかった, 歩かれなくなったので, 歩きかけたと, 歩くと, 歩けさ, 歩けないまで, 歩けないよう, 歩けない重病人, 歩けなくなった, 歩けなくなりました, 歩けぬ程, 歩けは, 歩まぬうち, 歩まれない, 歩み出したかと, 歩み出て, 歩めば, 歩行は, 江漢へ, 決意へと, 男子に, 病室の, 登らずに, 社交を, 秀吉に, 移さず風, 移し難き, 積極的に, 立ち入らせますまい, 納める奴, 経験を, 絶えて, 緩めては, 耐えられないほど, 脱け, 自分から, 自分の, 自由には, 行き過ぎると, 行けない, 行ったであろうか, 解剖室に, 解決に, 解決の, 許すべきもの, 許すまじき厳正さ, 話を, 誤らずすらすら, 謙って, 譲つて相貌骨格を以て, 譲らざる苦痛, 譲らず原案, 譲らず屈し, 譲らないぞ, 譲らないで, 譲らないと, 譲らない剣刃上, 譲らない態度, 譲らない真理, 譲らぬという, 譲らぬ事, 譲らぬ態度, 譲らぬ気象, 譲らぬ風, 譲らん, 譲り合, 譲るもの, 譲れぬ註文, 譲ろうと, 譲ろうとさえ, 譲ろうとは, 譲ッて, 讓つてゐた, 讓らない, 貰えりゃあ, 超えること, 越えること, 足が, 足踏みを, 距って, 跳ぶと, 踏ませまいいささか, 踏ませること, 踏みこえさせなかった甲州, 踏み入ること, 踏み入るるあたわざりし所, 踏み入れて, 踏み出させなかつたの, 踏み出させぬ昔, 踏み出さないうち, 踏み出さないからと, 踏み出さない中, 踏み出さない範囲, 踏み出さぬ公卿たち, 踏み出したと, 踏み出す事, 踏み出す力, 踏み出す心, 踏み出せなかつた, 踏み出そうとは, 踏み込まないよう, 踏むまいと, 踏んだかと, 踏出さなくなった, 踏出されぬ位, 踏出して, 踏出すこと, 踏出せないほど, 踏込まさぬもしも, 踏込む事, 身動きする, 近づかず次, 近づかなかった, 近づき得ずに, 近づけず夫, 迷うところ, 追いこすわけ, 追おうとは, 退かうとは, 退かずに, 退かずまた, 退かせないの, 退かないぞ, 退かない意気, 退かない確信, 退かぬ一徹, 退かぬ剛勇, 退き申さぬ, 退くこと, 退くまじき氣色, 退くもの, 退く者, 退けない交渉, 退けません, 退けを, 退却しない, 逃げだすこと, 逃げだせないの, 逃げ出すわけ, 這入らせないの, 進まざるま, 進まずなりぬ, 進まず一歩, 進ませないよう, 進ませぬ解散, 進まないで, 進まない内, 進まなかったかと, 進まなくな, 進まなくなった, 進まなくなりましたから, 進まれない隧道一杯, 進みたる論, 進みません, 進み出て, 進み得ないから, 進み得なくなった, 進むと, 進む地, 進む能わず引率, 進めない, 進めないところ, 進めないどころか, 進めないほどの, 進めなくては, 進めなくなった, 進めなくなって, 進めなくなるばかり, 進めぬと, 進めまいと, 進められないか, 進んだしかし, 進んだ解釈, 進出する, 進捗する, 遁れ去る, 遅れず引続き, 遅れない用意, 運動が, 遜りしを, 邸の, 部屋の, 重そう, 門から, 門を, 間隙の, 陣外へ, 隔って, 離れずね, 離れなかったが, 離れること, 離れると, 離れ去る事, 領内へ, 領土を, 飛躍し切れなかった, 馬の足を, 駈けたかと, 黒い頂

▼ 歩~ (354, 4.1%)

19 所に 14 ところに 12 ところで 65 所で, 距離に, 金を, 間隔を 4 差で 3 うちに, ところを, 先に, 利子を, 前まで, 前進を, 地を, 外は, 間を

2 [32件] そろひを, たしかな, ために, ところが, ところまで, 内に, 処に, 列を, 前に, 前へ, 前進は, 千里である, 土地を, 外に, 小さな部屋, 小出発, 差かも, 差は, 庭には, 彼方に, 才ある, 楽あり, 楽を, 畑を, 発展を, 百歩で, 詩の, 詩を, 進歩を, 銀を, 間に, 階段を

1 [188件] あいだに, あいだにも, あしらひより番太郎の, いいほう, いいよう, いい主張, うちは, うら, ことで, この手, そとは, その足もと, ところから, ところじゃ, ところだ, ところでかう, ところです, ところね, ところの, ところへ, ところまでは, ほかには, みだれるの, ものであった, ものである, やうな, よいところ, よいよう, ように, よりどころ, われの, バウンドが, 一寸にも, 一手と, 一手を, 一方で, 下窈然として, 両足で, 中に, 中には, 事だ, 二手だけが, 人垣を, 位勝からは, 値の, 先き, 先すでに, 先で, 先を, 先んずるもの, 内は, 処を, 処方などを, 出金は, 分化を, 列で, 利子と, 利息を, 前と, 前は, 前進が, 前進だ, 前進に, 前進へ, 努力という, 労も, 動かし方, 動機は, 勝利と, 合理性を, 地と, 地に, 地にて, 地所を, 坂の, 型である, 外出すら, 外出も, 外別に, 外己に, 大階段, 宙を, 寢臺に, 小さい部屋, 岐れ, 岩の, 差ある, 差が, 差である, 差では, 差のみ, 平面は, 庭にも, 影響力が, 彼方から, 後に, 後小林は, 後豪商が, 後退と, 心がまへ, 悪いこと, 悪い月, 所でなくなっ, 所において, 所まで, 所籬の, 手前で, 手前へ, 手損を, 旅を, 昇進局長まで, 春を, 時の, 時を, 森林の, 楽です, 様な, 機と, 機会は, 機会を, 歩行を, 決定的打撃を, 満洲, 物を, 田地を, 田畑山林あり, 畏れが, 白金光を, 目ざめ, 相違で, 相違も, 石畳の, 砂に, 礼金を, 空間を, 立ち遅れは, 立身は, 紋切型で, 線を, 美を, 肉薄を, 背後の, 脚並みの, 脱落である, 自由も, 良い仕事, 菜圃を, 要求に, 負け目を, 貸しを, 趨勢に, 足いまだ, 足どりは, 足の, 足跡を, 距たりに, 距離が, 距離だ, 距離だった, 距離を, 路用を, 踏み出しよう, 近きに, 近くへ, 退却, 進め方が, 進歩では, 進歩なき, 逸れが, 運びは, 運動には, 遠きに, 遠ざかる音, 重みは, 銀が, 長が, 長方形を, 門の, 間から, 間だけは, 間にも, 間トニオは, 間日本左衛門も, 間隔です, 隔りに, 面積を, 馬に, 高利な

▼ 歩一歩~ (288, 3.3%)

5 と近づい 4 近づいて 3 と自分, に木の葉, 登って, 重い足 2 が死, とその, と前進, と堕落, と歩い, と進む, に力, に努力, の小

1 [249件] あるきしかも, あるくたびごと, いそいそとある, おとなびて, おりて, お墓, が, がしっかり, がそのまま, がたかく, がへん, が何とも, が冥途, が勝敗, が大, が生, が生死, が皆危険, が苦痛, が身, が道得, が重い, が非合理的, この図書館通い, この新しい, この期待, こわごわ芝生, さがって, さぐるよう, しかも確実, しっかりした, すべる岩道, ずつ小刻み, ずつ進ん, せまって, そしてそれ, その一歩, その征服, その探究, その目標, それに向, たどりその, ためすよう, ついて, であること, であるだけに, で作品, と, とおしすすめられ, とさがっ, とさすらいつづけ, とのぼっ, とひろげられ, とまして, とゆっくり, とより, とわすれ, とわれわれ, とコンクリート, と一揆側, と供, と先, と八方, と兵馬, と出来, と動い, と危ない, と各々, と固め, と地味, と大名, と完成, と導い, と峰丹波, と川, と彼方, と後退がり, と押しすすめた, と支那人, と文学, と暗黒, と最初, と村, と正しい, と歩いた, と死に入っ, と水, と江戸, と淋しく, と深く, と深み, と無限, と爪先, と相互, と着々, と私, と米友, と舞台, と行く, と謙抑, と譲歩, と足場, と踏む, と近づいた, と近づきました, と近づく, と進み出, と進ん, と遠ざかっ, と酔った, と醉つた氣持, と闇, と降り, と降りかけます, と階段, と離れる, と首尾, と高, と高い, と高き, と高調, と鶏, なん, にすすむ, にそれ, にそれ以前, には争気, には今, に人殺し, に信長, に働く, に向上, に地面, に埋もれ行く, に夜, に大きな, に密か, に少年時代, に居直る, に彼, に憎しみ, に憎み, に時間, に淨化, に深い, に用意, に目的, に罪深き, に興味, に証明, に詰められた, に蹈, に辿っ, に進む, に高き, に高まり, ぬきさ, のあいだ, のぼって, の中, の前, の努力, の影響力, の心がま, の昇進, の畏れ, の発展, の立身, の脚並み, の足, の足どり, の進歩, の間, はかえって, はかく, はそれ, は乗越, は何, は富士, は茨, もいたわり, もかり, やっと出す, より多く, より実際, より死地, よろめきながら, をいたわりつつんだ, をきちんと, をさながら, をふん, を体じゅう, を公平, を味, を引摺り, を焦立たず, を築き上げ, を自身, を衰亡, を踏み出し, を進め, 上って, 下って, 倦まずに, 動いて, 大出発, 引かれるまま, 引き込んで, 拭き込んだ廊下, 救うこと, 新しい詩体, 注意深く足, 泳ぐよう, 深く切り下げ, 渡って, 漕ぎわけ, 濃くなる, 牽いて, 生きる力, 登る時, 立ち止まりたかった, 築かれて, 若く盛ん, 踏みこんで, 踏みしめて, 踏みしめるよう, 踏みはずさせまいと, 踏み昇る場合, 踏み登って, 踏み降りる靴, 踏んで, 辿った, 辿って, 近づくの, 近寄るかと, 迫って, 迫るが, 追いつめられたが, 退く時, 進みながら, 進む, 進んだ, 遠く西日, 遠ざかるが, 重そう, 長い旅路, 闘って, 降りるとき自分, 黙って

▼ 歩~ (200, 2.3%)

5 近づいて 3 歩かないうち

2 [13件] びすさつて片手を, 三歩の, 先へ, 歩いて, 歩かない中, 歩かぬうち, 突いたの, 突いて, 自分の, 角道を, 進んで, 離れて, 飛車先の

1 [166件] ある, あるから, あるくこと, いいそれ, いふから, いふべきであり從つて悔い, おしすすめられて, きっちりと, こちらも, さがって, さがれないに, さすらいつづけて, しなければ, すべきや, すべきやを一大事, その理想, その興味, だんだんに, とつて, なさざるべからず, ならないうち, なりのばせば, なりはや, なり三歩, なり五歩, なるかも, なる万里一条鉄, のぼって, ひろげられて, へだてぬ隣, ほっとした, まして行く, ゆっくり大きく, より広い, わすれて, われわれを, コンクリートの, 一両貴様に, 一揆側の, 一緒に, 三歩が, 三歩じゃ, 三歩と, 下手が, 二百だ, 云うところ, 云う具合, 云う処, 云う点, 云う際どい, 云って, 云つた, 云はず世に, 云はず数歩と, 云ふ, 云ふこ, 五歩とに, 人里に, 供の, 先は, 八方へ, 兵馬は, 出来て, 別の, 前へ, 前進させ, 前進の, 動いて, 動けるもの, 危ないながら, 各々の, 同じく端, 同じ体形, 固めて, 地味な, 堕落し, 堕落の, 大名に, 完成に, 導いて, 峰丹波に, 川の, 彼方の, 後に, 後退がりに, 思ふ所, 思ふ間, 思われたとき, 押しすすめた, 拝殿の, 支那人の, 文学の, 暗黒な, 最初は, 村の, 桂馬とを, 正しい時間, 歩いた, 歩くうち, 歩まぬうち, 歩み試み或は, 歩を, 死に入って, 水を, 江戸の, 江戸へ, 淋しくも, 深くなり, 深みに, 無限の, 爪先が, 現代文学に, 登るだけ, 百歩との, 百歩は, 相互の, 眼でも, 着々実行, 私に, 突きこんど, 突き進めて, 突く, 突くよう, 突く時, 端を, 米友を, 腐合おうと, 自分を, 舞台の, 薄れて, 行かないうち, 行くうち, 行く心持, 謙抑と, 譲歩を, 足か, 足を, 足場を, 踏む足, 近づいた時, 近づきました, 近づくの, 進み出て, 進むこと, 進む毎, 遠ざかって, 酔った気持, 醉つた氣持にな, 闇を, 降りかけます, 降りて, 限らず五歩, 階段に, 雖も, 離れないこの, 離れぬ, 離れぬ所, 離れるの, 首尾よく, 驟と, 高いところ, 高きを, 高まつ, 高塀, 高調する, 鶏が

▼ 歩~ (166, 1.9%)

29 して 3 尽きて, 於て, 木の葉が 2 しては, 一つずつ, 三つ四つは, 力を, 砂を, 誠実さを, 身のかはを, 鐘や

1 [112件] あつた, あると, すぎず更に, すぎない, すすむ足, するか, すると, それが, それ以前の, たりぬ向う, ちぢめて, つなぐ丁百, つまずいたとか, どう答, なぞらえて, なったら現金, なって, なっても, なり今, ひとつずつ, ふみだした, まかせて, まず成功, まつわりつくもの, もう船, よく恵まれた, サッサと, 一たび裂き, 一人宛の, 一字の, 一息一息に, 一棧と, 一楼十歩に, 一歩は, 一間ぐらいずつ, 一閣という, 一閣十歩に, 二たび裂き, 人殺しを, 信長の, 働く人, 加えて, 努力し, 努力の, 十余間を, 取られたよう, 取られて, 叶へる, 向上の, 四十フィートも, 地面を, 埋もれ行く, 夜は, 大きな意味, 大憩, 大樹あり, 好奇心が, 密かを, 小休, 少年時代の, 尽くる, 居直る闖入者, 当たるかを, 彼は, 恐怖の, 悩んで, 憎しみを, 憎みを, 掛つた, 時間の, 次ぐ第, 歩み政宗, 歩むとは, 涙五歩に, 淨化し, 深い注意, 用意され, 當ります, 目的に, 石, 緩く匂, 罪深き悪, 耐ふべし, 耐へ, 耐へが, 自分の, 至らざるに, 至るまで, 興味を, 血や, 行き尽すと, 証明を, 詰められた生蕃, 買うこと, 買おうと, 足らぬところ, 足らぬ庭先, 足らぬ距離, 蹇める, 蹈んで, 辿って, 返つて, 通用門の, 進むに従って, 過ぎずして, 過ぎず日本, 過ぎない, 過ぎないの, 餘る, 馳け, 高きに, 高まり心

▼ 歩行く~ (166, 1.9%)

9 のが 6 のは 4 うちに, のに 3 か行かない, ともなく, のも, 内にも

2 [14件] ごとに, とまた, と彼女, と霜, など仕掛, のを, やうに, ような, ようね, んだ, 事は, 方が, 波張が, 跫音の

1 [103件] かと思う, かと言, かな, から大概口上, が人, が可, ことも, さ, たびに, だけはあぶない, つもりで, つもりの, でさ, と, とぐにゃりとしたものにつまずいた, とじろじろ, とそこ, とだれ, とひょっくり, とふらふら, とドア, と一つ, と下駄, と又, と同然, と壁, と大観門, と後, と従者, と新, と森, と眼, と絡む, と自分, と語つた, と雑木林, どころで, なり立, なんぞいい, にあらず, に連れ, のさえ, のさへ, のだ, のにぼっと, のに越前, は今日, ばかりで, ほかに, ほどの間, ほど土塀, ものが, ものと, ものは, ものも, ものを, や否や, ようじゃ, ようで, ように, よりはまし, より確, より難儀, わ, わけはねえ, んです, 中に, 中へ, 事, 事も, 内にわかに颯と, 売子の, 奴を, 姿が, 子供あり, 工合で, 平氏門によ, 後から, 時でも, 時の, 時分に, 樣だつた, 歩行く, 氣勢する, 犬さへ, 男である, 癖が, 祭の, 者なれ, 處か, 袖が, 訳には, 足許の, 跫音も, 跫音や, 路は, 途中人一人にも, 門附の, 門附みたいな, 門附見たいな, 間に, 雑談は, 風情に

▼ 歩~ (163, 1.9%)

13 へ出た 12 へ出 9 に出 6 に出た 4 の所 3 に進み出, に進んだ, へ, へ踏み出し, へ進む, へ進んだ

2 [12件] にのめっ, にのめつた, に出る, に進ん, のところ, のほう, の息づまる, へ進み, へ進みました, へ進み出, へ進ん, を歩い

1 [77件] から振り返り, が実は, だ, だが, ちょうど松, でこれ, でカガト, で救っ, で清三, で福, というもの, といふ所, なの, において人語, にこの, にすすみました, にすすんだ, には一人, にふみだした, にふみ出された, に乗出し, に島影, に押し出し, に曲がりくねった, に曹長, に歩い, に歩いた, に理想, に痩せた, に立ち止った, に立ち止まる, に立つ, に行, に身の丈六尺以上, に進み, に進み出でた, に進み得たら, に進めた, に金張, の叢, の巌角, の松, の美, の美し, へすすんだ, へつんのめった, へでた, へのり出した, へツ, へツカツカ, へ乗出し, へ伸びよう, へ出す, へ出なさい, へ出よう, へ出る, へ出ろ, へ寄っ, へ歩み出る, へ移す, へ花売, へ行き, へ詰め寄った, へ踏み出した, へ踏み出しました, へ踏み出す, へ踏み出そう, へ進みかけた, へ進み出した, へ進み出た, までは精密厳正, まで勇ましく, まで押し詰められた, を自分, を行く, 迄押し詰められた, 迄馳

▼ 歩進ん~ (124, 1.4%)

5 で, でその 4 でそれ 3 でこの 2 でいた, でいる, でテーブル, で云え, で次, で自分, で言

1 [93件] でい, でいう, でいっ, でいわなけれ, でお尋ね, できた, でくぐり, でくる, でここ, でたとえば, でなぜ, では三歩, では二歩, では休らい, では大いに, では息, では止り, では止る, でふたたび, でみました, でも同じ, でより, でわが, でゐた, でゐる, でバアナアド・シヨオ, でマリユス, で一般精神機能, で久兵衛, で人体, で人物, で人生, で何, で何とか, で作中人物, で侮辱, で全然, で八郎, で公羊學, で其等種々, で動的, で史記, で国民全体, で堕落, で天保頃, で太古, で姓名, で官庫, で師匠, で御, で心, で扉, で手, で新しい, で有名, で来る, で死, で洋杖, で流動, で焼け残り, で物陰, で直接交渉, で相手, で眼球, で確実, で筆算式, で純粋, で織, で繰出, で考え, で考える, で考えるなら, で考へます, で考へる, で興行者, で良い, で見る, で言う, で言おう, で言っ, で言った, で説明, で讃歌体, で身, で適当, で金銭上, で銀幣, で鋼鉄製, で飛去来器特有, で食卓, で飽, で飽迄其真相, で馬鹿

▼ 歩~ (123, 1.4%)

6 高く一歩 5 なれて 4 おろか女部屋を, 一歩と 3 ばは, 一歩の 2 いって, それが, ない, 一歩より, 歩兵で

1 [88件] あぶないと, いった三郎, いった内側, いると, いれば, おそき雄, おろか女部屋から, かえって何, かくて, この美, そこで慌て, その蛸, たしかに負ける, どうかと, どうだ, なれたところ, なれたユカ, なれた存在, なれた片, ばの, ふみ出されたの, われわれの, ミケルアンヂェロの, 一ト歩より, 一山三十円だ, 一歩ずつ, 一歩死地に, 一歩毎に, 七六歩九四歩に, 乗越に, 五手目, 仕掛けさせて, 低いもの, 低くという, 低くひよろ, 低く何やら, 低く小声誦さみの, 低く進まなく, 何かに, 優に半, 先ず四囲, 前に, 前の, 前へ, 北へ, 右へ, 右足で, 大に, 大変な, 夫役の, 密と, 富士の, 實際に, 小さい弟, 少し疾くなり, 少ないん, 弱く前, 強くそして, 当時に, 当然また, 後の, 後へ, 我を, 手の, 日々が, 日曜日の, 明かでしょう, 更に遅く, 最初に, 次の, 此処から, 歩くが, 深く地, 深く雪, 無い直, 私の, 茨を, 誤った一歩, 走ったであろう, 踏みこませ, 軽々とここ, 速くな, 進められて, 遅し尾羽響き, 運べど, 遲し, 関ヶ原の, 高く雲

▼ 歩手前~ (101, 1.2%)

5 のところ 4 にある 3 まで来, を彷徨 2 の状態, の考察, まで来た

1 [80件] だったの, で, であった, であの, でうろうろ, でこらえ, でためらっ, でとり止める, で下り, で先づ, で助かった, で助かりました, で又, で受けとめる, で台, で喰いとめる, で喰い止める, で平伏し, で思い停った, で救われた, で服, で止まつた, で歯, で気がついた, で生き, で私, で立ちどまった, で立ちどまる, で背後, で自ら, で踏みこたへ, で踏み止まります, で踏み止る, で蹈, で逃げ帰る, で関羽軍, で食い止める, というところ, という一家, といったよう, にあ, にあった, にいる, において書く, になった, にはからずも, にまで昂じる, にゐ, にゐる, に待ち伏せし, に手頃, に於, に止つて, に相違, に踏み, に踏み止まった, に追いこまれた, のあぶな, のとき, のもの, の作法, の停滞, の夕暮, の存在, の店の, の心持, の明る, の現世, の疲労状態, の瞑想, の絶巓, の老人, は堕落, までいった, まで彷徨い, まで行っ, まで行つた二人, まで迫った, まで追, まで逐い詰められた

▼ 歩ばかり~ (100, 1.2%)

6 先に 4 行くと 3 して, 離れたところ 2 した, 先へ, 女の, 進んだ, 進んで, 離れたぐちゃぐちゃ, 離れた絶壁

1 [70件] あとから, あとへ, あなたに, ずかずかと, で井戸, なほ前方へ, また還り, よろめいたが, 一直線に, 下がった時, 先を, 共に歩いた, 前に, 前へ, 前まで, 前進した, 取られたと, 向こうに, 向こうには, 大通りの, 威張って, 左手は, 引き返すと, 引き退る, 彼の, 彼方の, 往った, 後から, 後に, 後の, 後へ, 後ろに, 戻り気味, 戻ると, 手前で, 此方へ, 歩いた, 歩いただけ, 歩いたとき, 歩いて, 歩くだけで, 歩ませる, 残って, 洋卓を, 男の, 童信射っ, 行きけるが, 行った時, 行って, 走つて, 近づいた, 近寄る, 逃げ出すを, 進んだとき, 進んだ時, 進んだ頃, 遁げる, 遠のいた草地, 隔ち, 隔った濡れた, 隔って, 隔てた垣根, 隔てた草むら, 離れた庵室, 離れた艙口, 離れて, 駆け出した, 駈けて, 駈け出して, 黙々と歩い

▼ 歩~ (100, 1.2%)

5 の所 4 に出た, に立っ 3 きに, に出, に歩い, に進ん, へ出, を歩い 2 に立った, に行く, へ出掛けた, へ立っ

1 [61件] から始まる, から発足, きの, で彼, で足, にある, にお, にかえって, になっ, になった, にもう少し, にホテル, に一匹, に一団, に何やら, に作, に出ます, に出来上った, に啓発, に土手, に外, に寺, に庭, に愛宕下, に旅舎, に横浜, に歩, に歩ませ, に江戸, に西, に西裏口, に見えた, に見回り, に進んだ, のところ, の事, の先, の或, の方, の暗がり, の河岸, はもう, ばかりまで聞こえる, へあるかせ, へ乗り越す, へ先, へ出た, へ出ました, へ出掛け, へ帰った, へ帰る, へ彼女, へ従い来る, へ来, へ歩い, へ考え, へ行つて, へ進みました, へ進んだ, をさも, を行

▼ 歩るい~ (95, 1.1%)

1411 てゐる 7 ている 6 て, てゐた 5 ていた 3 て居る, て行, て行く 2 ていました, てきた, て来, て行った, て見る

1 [27件] たせゐか, たって, たので, たらしい小径, たらア, た若し, ていよいよ, てさえ冷, てた分, てもひよろひよろ, てゆく, てゆく切りつめた, てる方, てゐなけれ, て來, て児供, て出る, て居, て居た, て居りまする, て彼, て恁, て行きました, て行きませう, て送る, て音信不通, て鼈四郎

▼ 歩~ (92, 1.1%)

2 ふみ出されて, よくなった, 一ツと, 悪い, 悪いぞ, 悪かった, 死の

1 [78件] あっても, あるという, あれば, あろうという, いいし, いいと, いけない, いけなかつた六四金, お前に, からみ合って, さきの, しっかりと, すぐに, そのまま到着, たかくそれ, ちょッとは, どんな結果, ない, ないよう, ひらかれたとき, ふみだされなければ, へんに, まだ返してない, もう山路, ゆるむと, よいで, よかった, わるい, 一つ突き進められ, 一ツ足りなかった, 一丁, 一枚足りない, 一萬千三百町之は, 丁度門の, 七歩と, 不自由に, 何ともいえず, 六枚, 冥途とやらへ, 処苗七八種を, 勝敗への, 十年の, 国の, 大出発, 好ければ, 悪いし, 悪いと, 悪いにも, 悪いの, 悪くても, 悪くなる, 悪くなるであろう, 惡い, 成金に, 機微である, 決して間違つて, 清次に, 無邪気に, 生であり, 生死で, 皆危険だった, 私の, 突かれるべき可能性, 自然に, 苦痛で, 踏みだして, 踏み出された, 踏み込めない, 身を, 進まずに, 進められるよう, 遅いもの, 遅くちゃ, 運んで, 道得の, 重いルックサック, 附木お, 非合理的な

▼ 歩でも~ (92, 1.1%)

4 出て 3 入って 2 半歩, 近づいて

1 [81件] いいが, ここを, これから外, そとへ, その場, その真実, それを, なんでも, のりだした批評, みだりに入る, もう少し明, ゆるがせに, よくする, 一歩でも, 三歩でも, 上って, 不用意には, 九州を, 人の, 今の, 先へ, 出たらもう, 出ること, 前へ, 前進させる, 動くこと, 半歩でも, 去れよう, 向上させる, 外へ, 多くお, 安井の, 実際に, 寛ぎたい一あがき, 寺内には, 小松寺山から, 後へ, 後ろの, 怯み半, 悟空に, 手元へ, 控えて, 昇ろうと, 檻外に, 正しいわたし達, 此家の, 歩いたら倒れたかも, 江戸に, 洛内の, 絶えず前, 美しさ, 自分の, 越えること, 足を, 距つまい, 踏み出さうとして, 踏み出した宗教意識, 踏み出すこと, 踏み出すと, 踏み出すもの, 踏み出す事, 踏んだらお前たち, 近づかせるよう努力, 近よって, 近よらせない, 退いたとき, 退くべきでなくどんな, 退くよう, 退く事, 進まないでは, 進むごと, 進むに, 進んで, 過去を, 道を, 遠くこの, 遠く常陸, 遠ざかろうと, 閾の, 離すこと, 離す事

▼ 歩~ (85, 1.0%)

2 あつた, すっ, はない, 彼は, 渡つてしまへる

1 [75件] あつたらしい, あらう, いいと, いると, ぎっしり詰った, くいとめる手段, すぐに, すぐ捉, その襟, て来る, て立合, なりそう, はあるまい, はその, はなかったろう, はなから, は南朝がた, は少し, また欄干, やりそこ, トットと, 一寸百歩, 一尺そして, 一条戻り, 上手な, 中に, 九州の, 二三歩引か, 二軒長屋が, 作品を, 入ろうと, 入口の, 出た所, 到達しました, 卑しい主計頭, 回復の, 外に, 孔明の, 小さなドア, 屍骸を, 左へ, 常識保守に, 庭先を, 引きかえして, 当然おとずれ, 彼女に, 忽ち場末, 感じとつた, 戻って, 戻つて, 手に, 文学としての, 暗い世界, 曇りガラス, 曹操を, 楼門の, 横切って, 歩いたり, 毬は, 沈んで, 突き当って, 結構だ, 結論に, 絶頂という, 行くの, 行進し, 進むところ, 道端の, 遣って, 部屋の, 部屋を, 階段の, 顔を, 飛び越せるやう, 騒動が

▼ 歩ほど~ (77, 0.9%)

3 前に, 離れて 2 あるいた, 先に, 出て, 歩いて

1 [63件] あとから, あとに, あるくと, うしろで, うしろに, すすむと, そこを, そのままだだだだ, まっすぐに, ゆくと, 下って, 余勢で, 先の, 先へ, 先を, 先奥の院の, 前の, 前のめりに, 前へ, 前を, 向うを, 向ふ, 庭へ, 引っ返して, 彼が, 彼方に, 往来を, 後へ, 後ろから, 後ろに, 後方の, 後退った, 忍び足に, 手前で, 持って, 歩いた, 歩いた所, 歩くと, 歩み出した, 生命の, 背後に, 行くと, 行った先, 貸して, 踵を, 蹌めいた, 蹌めき, 躍って, 近づいたとき, 近づいて, 退いた, 退いて, 退かせた, 退がって, 退って, 進むと, 過ぎてから, 間を, 離れた所, 音の, 飛び退ると, 飛んだとき, 駈け出した

▼ 歩~ (62, 0.7%)

4 を踏み出す 3 を踏み入れ, を踏み出した, を運んだ 2 をあげ, をふみしめ, を入れる, を早め, を踏み入れた, を踏み出し, を踏み込む

1 [35件] がその, がそろいだす, に諸, の自由, をかけた, をかける, をかわした, をすゝめ, をそろえ, をとめ, をふみ入れ, をふみ出した, をふみ込ん, を入れ, を入れた, を其域内, を出した, を動かす, を動かせ始めた, を室, を寄せ, を引き, を早めた, を村, を水, を移しかけた, を踏みいれ, を踏みいれる, を踏みこむ, を踏みこんだ, を踏み込んだ, を農村, を進んだ, を運び, を運ぶごとく

▼ 歩ずつ~ (60, 0.7%)

5 進んで 3 進むこと 2 でも, 前へ

1 [48件] あとを, うごいても, その塀, その強敵, その方向, だんだん裏, なりとも, ゆるく川底, ゆるやかに, 一歩ずつ, 上手を, 今日まで, 先に, 先へ, 動いて, 動き先ず, 外の, 小さくなり, 小刻みに, 左へ, 左右に, 後ずさり, 後方へ, 後退する, 最後の, 歩いて, 歩かなければ, 歩けるもの, 歩みを, 深く進ん, 真を, 老夫婦, 老幼に, 解決に, 足が, 足を, 近づいて, 近づく気, 近よって, 迷宮の, 進む駒, 進んだ, 進んだ結果, 達せられるので, 重量が, 闇が, 飛退っ, 黒ずんだ姿

▼ 歩~ (59, 0.7%)

3

1 [56件] あるいは停, きいの, ざった, ざったそうして, ざって槍を, ていく, てから彼, てから急, てから深い, てそこ, ては學校, ては汗, てワンセンヌ, て人, て南面, て去っ, て君前, て回光返照, て夏山, て如何, て姻戚關係, て市外, て帰りける, て帰る, て日比谷公園, て昌作, て昼, て東, て案内, て桟敷, て樂壽樓, て水際, て片, て牧場, て独り予, て玄関, て生きたら, て競技場, て行く, て行った, て西の丸, て見, て見る, て還た, て銀街, て雨, 丸太転び, 來り, 僧混外を, 口を, 昼夜ねぶらざる, 書肆に, 猫に, 立停する, 諏訪野の, 難し

▼ 歩進め~ (58, 0.7%)

2 ていう, てこの, て云え, て考へました, て見た

1 [48件] て, ていっ, ていへ, ている, てお前さん, てこちら, てすなわち, てその, てそれ, てつけ加えた, てゐる, て云, て云います, て云うたら, て何, て作品, て具體的消極的, て宇品, て家庭, て現代, て理想, て生活全面, て皮肉, て神様私, て考え, て考える, て見たい, て見れ, て言, て言う, て言え, て説かう, て論ずれ, て近代小説, て連続, て鑑賞上, て雪, て食用鶏, ば, ばまた, ばイミテーション, ば一歩, ば三歩, ば彼等, ば意識, ば穴, 原子の, 情報を

▼ 歩ごと~ (57, 0.7%)

2 にうしろ, にその, に私

1 [51件] に, にお互い, にこたえる, にこの, にちゃんと, にふわりふわり, にぶっつかる, にますます, にますよう, にリリリーン, に不審, に今日, に体躯, に元気, に出喰わした, に受けなけれ, に四つ, に増長, に夜, に平野, に彼女, に感じ探そう, に振動, に揺すり上げる, に摺れ, に気ぜわしく, に注意深く, に海, に滾り落つる, に激痛, に濃く, に濡れ, に物, に珈琲店, に発見物, に眺めた, に眼, に立ちどまり, に立ち留まり, に群集, に膝, に落とし, に袂, に見なれない, に観察実験, に誘惑, に足, に躓き, に近づけ, に順次, に鳴った

▼ 歩~ (57, 0.7%)

9 きだした 7 くの 5 くこと 3 けば行か 2 きしに, くか, くにも, くほど, くやう

1 [23件] いた事の, かず, かなけれ, きしを, きだしました, きだすかを, きよくは, くかるい足音, くが, くちょっとした, くに丁度好い, くほか, くを, く不器用さ, く夜, く度びにうつらうつらと, く気, く私, く街, け, けた, けない, けば

▼ 歩~ (57, 0.7%)

4 へ退った 3 へ退っ 2 すざりを, にさがる, に退った, へ下っ, へ下った, へ退いた

1 [38件] えに, からちやん, からつい, から出, から次, から歩い, すさりに, すざりして, にさがった, にしざる, にたじろぐ, にはもう, によろけた, によろめき, に下っ, に下りました, に控, に發見, に退いた, に退っ, に退りました, の外, の方, へさがった, へひいた, へ一歩, へ下がった, へ引いた, へ引け, へ後, へ返し, へ退がった, へ退がり, へ退き, を女中, を慕った, を追いかけた, 退った

▼ 歩進んだ~ (56, 0.6%)

2 ものとして

1 [54件] が又, が工場主, ことに, そしてその, そして一層, とき先頭の, のか, のが, のであった, ものだ, もので, ものとしての, ものを, も一歩, わけである, ジャヴェルは, 不思議な, 人に, 人格の, 先の, 先覚者の, 型を, 嬉しさ, 寧ろ神秘的, 形の, 後で, 後期印象派画家として, 拍子に, 指導精神である, 政治的な取上げ, 新しさ, 新長距離砲, 施設を, 明日の, 時傍の, 時橋の, 智識の, 智識を, 本当の, 桃, 欠陥の, 民主主義の, 物理主義者の, 理想が, 研究を, 私は, 結果が, 考へに, 考を, 芸術的心境を, 註釈が, 誘いを, 辛いところ, 金の

▼ 歩行き~ (54, 0.6%)

8 出す 3 ながら 2 ながらお, 出そう

1 [39件] かただ, ざまの, そうに, てうかがい, て我車, で些, で日課, ながらちと, ながらちらちら, ながらふと, ながら刃, ながら呼ぶ, ながら扇子, ながら振返っ, ながら消化, ながら第, ながら肩, なすったのね, にくい, にぐるり, にすらすらすら, には至極, に井, に輪, をする, カーテンを, 七歩行き, 十歩を, 好いかも, 寄って, 廻った疲れ, 廻った疲労, 廻った草臥, 廻ります考え, 廻るの, 悪い事, 惱みます, 畑を, 越して

▼ 歩退い~ (48, 0.6%)

6 て考え 42 て考えれ, て考へ, て見る

1 [32件] てあらためて, てこの, てこれ, てしまった, てゐ, てゐた, てチャリ, てハッキリ, て一寸, て両足, て今, て仮に, て佇立む癖, て別, て図書館界, て我儘, て控えた, て有体, て片手, て目, て相手, て眺めたら, て眺める, て空, て考えた, て考えたかった, て考えまする, て考へる, て胸, て見直します, て震えた, て飾られた

▼ 歩前進~ (46, 0.5%)

9 して 4 した

1 [33件] か二歩退却, させた, させること, させるため, したと, したとき, したとの, したやりかた, した再, した或, しては, してるからね, しなければ, しようと, し一九二八年雑誌, し全く, するため, すると, する事情, せしめないでは, でありその, です, として日本, なること, のため, の姿, の最も, の過程, をとげ, を意味, を暗示, を期待, を見せ

▼ 歩あと~ (40, 0.5%)

3 へさがっ 2 じさりを

1 [35件] から, からつい, からついて行った, からつづい, からタッジオ, から公園, から従いました, から李, から附い, しざりした, すざって, すざりした, に, にさがっ, にさがった, にさがり, にさがる, になつて利根子, に引いた, に歩い, に身, に退い, の暗闇, へもどった, へよっ, へよろけた, へよろめきました, へ下っ, へ引き, へ引きもどされた, へ引返した, へ退き, へ退った, もどりして, もどりを

▼ 歩~ (39, 0.4%)

3 二歩で 2 二歩の

1 [34件] あ, あゆみ離れた境地, うず雲が, さるべきを, されそして, されたとしても, されるまま, したり, しました, し得ない程, アな, アね, 三十歩あるく, 三歩あるいた, 三歩でした, 二十歩, 二十歩ぐらい, 二十歩離れた, 二歩という, 二歩もしくは, 二歩を, 二歩先に, 五歩も, 先に, 出ると, 十二歩ばかり, 四歩応接室に, 四歩應接室に, 多くて, 歩み出された考えかた, 突進した, 行って, 身を, 退いて

▼ 歩という~ (34, 0.4%)

13 ところで 5 所で 2 ところまで

1 [14件] ぐあいでその, ことも, ところが, ところであった, ところへまで, のが, 危機一髪の, 嫌に, 所だ, 手まえ, 手前で, 手前には, 点が, 際で

▼ 歩進む~ (33, 0.4%)

2 ごとに, 間に

1 [29件] かと思ふ, か進まぬ, すると私, とあの, というよう, とかういふ, とすぐ, とその, とまた, とサン, とビブリオクレプト即書盗, と二人, と変体, と小, と己, と此度, と瀬戸物屋ゴブレ, と立派, と米友, と結局南画, と芭蕉, と見せ, と阿Q, と顔, に従ってその, ほどムク, ように, 前に, 毎に

▼ 歩~ (31, 0.4%)

8 へ出る 3 へ出, へ出れ 2 に出た, に出る, に踏み出した

1 [11件] にすれ, に出, に踏み出せ, の廻廊, へでる, へふみだそう, へも出る, へ出た, へ出たら, へ履出, へ落とされたら

▼ 歩うしろ~ (29, 0.3%)

4 へ退いた 2 にさがった, へ身

1 [21件] にいた, にさがっ, にしりぞきます, にひきました, にひれ伏し, によろめく, に身, に退いた, に退った, の所, へさがる, へとびのい, へとびのいた, へよろめいた, へ下った, へ忽ち, へ退っ, へ退った, までくる, まではしつて來, を見る

▼ 歩その~ (26, 0.3%)

3 辺を 2 方へ

1 [21件] なかへ, 一歩が, 三角線の, 不気味な, 中へ, 前へ, 境から, 外へ, 専門外に, 市中に, 底意に, 征服の, 探究の, 横町に, 理論を, 男の, 発明を, 目標に, 目標を, 言語の, 部屋を

▼ 歩~ (26, 0.3%)

3 にその 2 に伏屍累々, に思ふ, に日

1 [17件] にぱっと, にゆらゆら, に二人, に十字架, に単数, に危く, に呟い, に強く, に恋し, に此, に痛み, に老爺, に足, に踏み入る, に違う, に顏, に顔

▼ 歩する~ (22, 0.3%)

2 と又, と後

1 [18件] ことが, としても二千三百四十五萬六千七百八十九枚, とずぶりと, と何, と彼, と藤さん, に深, に蓑, のである, の身, もので, ものを, を得る, 事が, 前代人, 数丁石と, 時梅の, 駱駝と

▼ 歩あるい~ (20, 0.2%)

1 [20件] ていった, てすぐ, てついに, てはしゃがみ, ては十歩, ては数歩, ては立ちどまっ, ては考, ては考へ, て仕舞, て実に, て床, て急, て暫時佇立ん, て来る, て椅子, て肩, て行った, て見送りました, て言いました

▼ 歩るき~ (20, 0.2%)

2 巫女が, 廻つてゐる

1 [16件] そのまた, ながらただ, ながら三本目, ながら冗談, ながら激論, ながら知友, ながら銭, 何時の間にか丸山, 債権者に, 廻つてきた, 廻つてみんなは, 廻つて手品を, 方から, 殆ど家には, 眠たくなれ, 通しに

▼ 歩出る~ (20, 0.2%)

2 と自然, 井上それだけ

1 [16件] が早, ことも, とあんまり, とその, とまるで, ともう, と人家, と敵地, と早く, と現在, と私, と簡単明瞭, と藁, と青年, と青田, やたちまち

▼ 歩深く~ (18, 0.2%)

2 立ち入って

1 [16件] このパリ, つき込んだ批評, なった喜び, 人の, 入って, 入つて, 切り下げさせ, 歩みよって, 生活には, 翁の, 考える, 蹈み, 進んで, 陥りこっち, 陥る, 首を

▼ 歩あるいた~ (17, 0.2%)

3 かと思う 2 ときです

1 [12件] かとおもう, が今度, が急, きり安全地帯からは, そしてふい, だけだ, とき爪さきで, とこういう, なりもう, 時その, 時である, 頃迄は

▼ 歩あるく~ (17, 0.2%)

2 とその

1 [15件] ごとに, たびごとに, とくるり, とくるりと, とすぐ, となにか, とふと, と動悸, と友達, と立ちどまっ, と立ち止まっ, と第, 中に, 幅が, 短き日

▼ 歩~ (17, 0.2%)

2

1 [15件] ている, てさらに, てでは, てはわあ, ては一歩, てまず, てみるなら, て人間社会, て又, て後の, て来た, て来る, て答えた, て職員, て行っ

▼ 歩踏み出す~ (17, 0.2%)

1 [17件] か打ち込むかする, ごとに, とあの, とどこ, と世, と交通, と全く, と同時に, と堪えがたい, と忽ち, と急, と横, と焼け, と肘, と身長, に当っ, 前に

▼ 歩たり~ (16, 0.2%)

1 [16件] ともこの, ともそこ, ともその, とも入れぬ, とも具体的, とも内へ, とも厳禁, とも屋敷外, とも敷居, とも海, とも許さなかつた, とも許されない, と向う, と踏みこん, と退く, 得る時代

▼ 歩だけ~ (16, 0.2%)

2 高い欲望

1 [14件] その立場, ヴェランダに, 先へ, 先導し, 入ったとは, 出で, 前へ, 彼に, 浴室に, 深く文学, 犬の, 真に近い, 進歩した, 違う

▼ 歩踏み出し~ (16, 0.2%)

1 [16件] あやうく声, ていた, ている, てきた, てみ, てマダム役, て叫びました, て文学, て狂, て立ち止った, て見る, て長靴, て附け加えた, ながら, ながら彼, 同時に拳固

▼ 歩近づい~ (16, 0.2%)

2 ていった, て来た

1 [12件] ていけ, ていた, ており, てき, てみれ, てゆく, てよほど, てグーッ, て坐った, て来る, て行き, て行く

▼ 歩離れ~ (16, 0.2%)

1 [16件] ていました, てこの, てしまへ, てその, て右手, て宿屋, て彳, て我, て歩いた, て眺める, て考えれ, て腰, て草, て謹直, て重荷, ながら一角

▼ 歩離れた~ (16, 0.2%)

5 所に 3 ところに 2 所で 1 ところから, ところで, ところにまで, ところを, 壁を, 所

▼ 歩~ (15, 0.2%)

2 に從, をはこべり, をはやめ 1 おそければ, のため, をはやめぬ, をみちびける, をわが, を停めよ, を曲ぐ, を曲げし, を齊

▼ 歩歩い~ (15, 0.2%)

2 てそして, ては立ち停

1 [11件] てから, てから一度, てそつ, ては十九歩, てみ, てみた, て卓子, て思切り惡さうに立留つた, て思切悪気, て来た, て行き

▼ 歩~ (15, 0.2%)

2 を緩めた

1 [13件] でもっ, で歩い, で躍, と変り, と女, にすっかり, に合わせ, のあらん, のみが地域ごと, の整った, をはやめる, をゆるめ, を大股

▼ 歩ほどの~ (14, 0.2%)

2 ところで, ところに 1 ところへ, ところまで, 不毛地, 所から, 沖合を, 田を, 緩い坂, 距離である, 路上に, 長さ

▼ 歩けど~ (13, 0.1%)

6 歩けど 1 一向にそれ, 何の, 月江は, 果しが, 縮らぬ, 道は, 麗らなる

▼ 歩なり~ (13, 0.1%)

1 [13件] とも動い, とも動かす, とも進む, とも進めれ, と假借, 一歩なり, 一歩も, 二歩なり, 二百歩なり, 五八飛なりと, 前進し, 前進し得る, 歩かねば

▼ 歩三歩~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるいて, あるくと, お糸さん, と, と前, と思ふ, と足, の値, も納める, 帰りかけた, 近寄って, 退きますと, 進んで

▼ 歩~ (13, 0.1%)

3 を引いた 2 を引い 1 から撒き散らし, をかわしました, をひきました, をひく, をまもる, を引く, を退い, を退かした

▼ 歩退き~ (12, 0.1%)

1 [12件] そのうえ二人, て, ながら云った, ながら半蔵, 二歩進ん, 其間に, 方が, 畏怖の, 翅もて, 行儀正しく, 遂にまた, 遂に二人

▼ 歩退っ~ (12, 0.1%)

21 てしまう, てその, てよけた, てギラリ, てテーブル, て両手, て可憐, て彼女, て後, て戸

▼ 歩~ (11, 0.1%)

1 [11件] かで走り, つたので, ということ, といふ, といわれた, とおもった, と云, も決して, も進み得ぬ, も進む, よ

▼ 歩とは~ (11, 0.1%)

1 [11件] まだ隔ら, 歩かない与の, 歩かなかった, 歩かぬうち, 行かない中, 行かぬうち, 言えそれ, 走れなかった, 進ませまいが, 進めないよう, 離れて

▼ 歩まえ~ (11, 0.1%)

3 に出 1 にあります, にすすん, に出ました, に歩い, に進み出た, へよろめいた, まで近づい, をだれ

▼ 歩突き~ (11, 0.1%)

1 [11件] がたたっ, という一手, という棋界未曾有, などという奇想天外, についても木村八段, の一手, はいかに, は善悪, も可能, も脆い, を考え

▼ 歩誤れ~ (11, 0.1%)

2 ばその 1 ば傀儡, ば否応, ば墜ち, ば嫉妬, ば実際, ば平軍, ば空疎, ば身, ば領土一族

▼ 歩踏み出した~ (11, 0.1%)

1 [11件] からである, さうかと云つて, ときの, ところに, ところは, ばかりで, 人の, 作家的境地において, 時が, 時でした, 途端に

▼ 歩さがっ~ (10, 0.1%)

1 てお, ておだやか, てお辞儀, てから博士, てその, てひ, てゆく, て土下座, て大刀, て見た

▼ 歩した~ (10, 0.1%)

1 かどう, かも知れない, さらに転一歩, と云う, ものと, 一年あまりの, 後に, 後彼は, 解釋に, 詩人の

▼ 歩すすん~ (10, 0.1%)

21 できわめて, でそこ, でそれ, で云い足した, で彼ら, で曹操, で生活, で礼

▼ 歩ばかりの~ (10, 0.1%)

1 処に, 土地を, 庭園は, 後より, 田には, 距離で, 間は, 間隔に, 間隔の, 間隔を

▼ 歩~ (10, 0.1%)

2 つ込みました, つ込みます, つ込んだの, つ込んで 1 つ込むと, 込んで

▼ 歩進み~ (10, 0.1%)

1 そしてうしろ, そして雷, て止まり, ながら樹木, ひょいと右, 二歩行く, 後ろに, 相手が, 社長室の, 身体の

▼ 歩おくれ~ (9, 0.1%)

1 ていた, ている, てすいた, てつい, て一番最後, て警部, て階段, ながら歩い, にて既に

▼ 歩くん~ (9, 0.1%)

31 ださうですよ, だよ, ですな, ですよ, でせう, でね

▼ 歩この~ (9, 0.1%)

1 中へ, 図書館通いで, 境地から, 席に, 新しい舞台芸術, 期待は, 病院の, 邸を, 部屋へ

▼ 歩すすめ~ (9, 0.1%)

2 てその 1 てこの, てほんの, て糞便, ば丸木, ば山, ば彼, ば彼等

▼ 歩より~ (9, 0.1%)

1 多く複雑, 大きいの, 始めるの, 実際の, 死地に, 胸の, 追ひた, 進むやう, 遅くなっ

▼ 歩るく~ (9, 0.1%)

1 とじわじわ, と同じ, なんぞいう, のであつ, 余り宜い, 寺の, 専門美術批評家でなけれ, 楽しみから, 途中富田で

▼ 歩~ (9, 0.1%)

1 がわたし, などはつい, に乗せ, に附, の壁, へ衝, をかけ, をわたつ, を上下

▼ 歩~ (9, 0.1%)

1 が架け, である, で彎曲, のかかった, のこの, の向う端, の架, の河, の真中

▼ 歩行きます~ (9, 0.1%)

1 か, かな, が誰某, と御存じ, と道, のも, ようで, 人中に, 時分は

▼ 歩行き出した~ (9, 0.1%)

1 がね, が取っ, が横畷, が雨, のです, のでたじたじ, ので何だか, は可, 体に

▼ 歩行っ~ (9, 0.1%)

1 ていました, ている, てから混雑, てから立ち止まった, てから苺, てその, ては八歩, て地面, て彼女

▼ 歩退く~ (9, 0.1%)

1 ことなく, ことに, ところを, と声, ので, は一歩, 時後方に, 毎に, 遑に

▼ 歩遅れ~ (9, 0.1%)

2 ていた 1 て出, て夏, て夫人, て来る, て歩, て行った, て西

▼ 歩から~ (8, 0.1%)

1 いかにお蔦, 一歩へと, 分れ目を, 初めます, 十歩に, 描き出し永年, 登りはじめる, 裏道づたいはおもしろくない

▼ 歩入る~ (8, 0.1%)

2 とそこ, と私 1 とそこら, と何, と凄惨, と日光

▼ 歩~ (8, 0.1%)

3 の外 1 に入る, に近づく, の中, の敷居, の方

▼ 歩後退~ (8, 0.1%)

3 つた 2 した 1 しおもむろに, して, しながら

▼ 歩~ (8, 0.1%)

1 でにらみつけよう, でにらんだ, で停っ, になる, に保吉, に曹植, に直ちに, を踏み出そう

▼ 歩行け~ (8, 0.1%)

1 さあ木像, そうです, ば, ばよかっ, ばリンカーン, ば三年, ば歩, ば親達

▼ 歩譲っ~ (8, 0.1%)

2 ていた 1 てそんな, ても不幸, て下宿, て人間, て問題, て考え

▼ 歩踏み込んだ~ (8, 0.1%)

1 が最後, ヒユーマニズムといふ, 孫三郎も, 平次は, 志摩の, 批評を, 疑いを, 私は

▼ 歩進み出~ (8, 0.1%)

21 てクリストフ, て少年, て弱い, て泣き声, て立ち止り, で

▼ 歩部屋~ (8, 0.1%)

6 の中 1 にはいる, を出る

▼ 歩~ (8, 0.1%)

2 を押しいただき 1 いただいて, で五十両, やらこま, や一歩銀, を投げ出し, を貯金

▼ 歩~ (8, 0.1%)

2 がその 1 が顔, などの非, の策, はかさね, は衆口, 諸葛瑾

▼ 歩あやまれ~ (7, 0.1%)

1 ば建武中興, ば彼女, ば水泡, ば社稷, ば谷, ば転がっ, ば首

▼ 歩~ (7, 0.1%)

4 とへ出る 1 とに踏み出す, とへ出れ, とへ踏み出す

▼ 歩だって~ (7, 0.1%)

1 けっこう王手, 先に, 入れないよ, 出しゃあ, 敵の, 越えること, 進み得ませんからね

▼ 歩である~ (7, 0.1%)

2 ことに, ことを 1 だけに大切, と爽, 実は三十年

▼ 歩には~ (7, 0.1%)

1 ちがいは, 争気が, 今までと, 及ばない二歩, 天工の, 広くひどく意地, 狭く半

▼ 歩ばかりも~ (7, 0.1%)

2 歩いて, 行くと 1 歩いたのち, 歩いた時, 漕いで

▼ 歩ふみ出し~ (7, 0.1%)

1 さえすれ, て, てある, てみた, て伸子, て室, て行く

▼ 歩二歩~ (7, 0.1%)

1 おくれながら, その不気味, に好奇心, 寄らんと, 歩みだすばかり, 移すに, 近づいて

▼ 歩先んじ~ (7, 0.1%)

2 ている 1 てわたし, て一八四一年, て居る, て採掘面六十万坪, て集団的生き方

▼ 歩向こう~ (7, 0.1%)

1 にこちら, にこの, にじっと, につっ立っ, には隠れた, に一人, に立っ

▼ 歩~ (7, 0.1%)

2 に近づい 1 から遠ざかっ, のからだ, の後, の戸口, の方

▼ 歩後ろ~ (7, 0.1%)

1 にじっと, にた, に立っ, に退い, に退った, へ廻っ, へ離れた

▼ 歩歩く~ (7, 0.1%)

1 とその, とつかえる, と智恵子, と智惠子, や手, 位, 間に

▼ 歩百歩~ (7, 0.1%)

1 だと, であらう, でない外交機密, では, でもそれ, ということ, の紋切型

▼ 歩行き出す~ (7, 0.1%)

1 と, とこう, とはじめ, ともの, とツンツンテンレン, と何だか, と向直

▼ 歩踏み込む~ (7, 0.1%)

1 と三間四面, と判り, と平次, と猶予, と箪笥, と血潮, 氣に

▼ 歩近づく~ (7, 0.1%)

1 ことから, ことである, ことは, と, と支店長代理, のが, ほどに酒

▼ 歩あるき~ (6, 0.1%)

1 しかもそれ, それから耐えがたい, なんとなくビタビタ, またベンチ, マントルピースの, 階段へ

▼ 歩いち~ (6, 0.1%)

1 やあ, やいか, やゐられまい, や大概, や小遣錢位, や風

▼ 歩さき~ (6, 0.1%)

1 にのぼっ, に文名, に車掌台, に雪, の物蔭, はどう

▼ 歩それ~ (6, 0.1%)

1 なる土蔵, に寄り, に近づい, に近づく, も辿る, を下

▼ 歩~ (6, 0.1%)

1 い, えっ, え行かねえ, ッ, ッてえ, 怖っ

▼ 歩出た~ (6, 0.1%)

1 がまた, ため又, とき, 心持で, 考えだ, 途端に

▼ 歩~ (6, 0.1%)

1 にある, に歩み入っ, に触れ, に踏み込め, の方, へとはいっ

▼ 歩~ (6, 0.1%)

1 に入る, は森々, へ入っ, へ入る, へ足, を下れ

▼ 歩~ (6, 0.1%)

1 があげ, が長引く, でしょう, の農兵, を勤め, を勤めた

▼ 歩戸外~ (6, 0.1%)

2 に出れ, に踏み出す 1 へ出る, へ躍り出

▼ 歩踏み入れる~ (6, 0.1%)

2 と同時に 1 ことが, とそこ, なり彼女, や否

▼ 歩踏み込ん~ (6, 0.1%)

1 でその, でなぜ, で切られたら, で相手, で見なけれ, で頭上

▼ 歩~ (6, 0.1%)

2 を出 1 の前, の外, へ近寄った, をはなれた

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 もてへ, 墓の, 糸さんは, 通が, 鳥の

▼ 歩そこ~ (5, 0.1%)

1 から膝, の土塀, の門, へはいる, へ足

▼ 歩つい~ (5, 0.1%)

1 てき, てきた, て來, て来た, て歩い

▼ 歩つき~ (5, 0.1%)

1 で前, といふ一手, 入つて, 進んだ作者, 進んで

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 まえに, まえの, まえまで, まへの, 居るの

▼ 歩また~ (5, 0.1%)

1 たじたじと, 一歩, 一歩です, 前へ, 見ぬ顔

▼ 歩をも~ (5, 0.1%)

1 ふみ出すこと, 枉ぐるなかれ, 譲ること, 讓らざる, 踏み入れざりし

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 先ンゼントスル國民的覺醒ヲ, 誤ラバ宗祖, 譲ルト雖モ経略ヲ, 進メタルモノナリキ, 運ビ博士ト向

▼ 歩下っ~ (5, 0.1%)

1 てうんと, てゆく, て囁き声, て現在, て行った

▼ 歩下り~ (5, 0.1%)

3 て巨人 1 に向う, 刀を

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 にはいる, へはいっ, へ入る, へ足, へ蹈

▼ 歩以上~ (5, 0.1%)

1 とは隔たっ, に及ぶ, のところ, は歩け, もあった

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 でとん, の所, の距離, はなれた, 歩いて

▼ 歩寄っ~ (5, 0.1%)

1 て, てき, てきた, てくる, て行き

▼ 歩平次~ (5, 0.1%)

2 が進む, が道 1 の手

▼ 歩廊下~ (5, 0.1%)

1 に踏み出しました, に踏出した, へ出た, へ出よう, へ踏み出した

▼ 歩後退り~ (5, 0.1%)

1 して, によろ, をし, をしました, をする

▼ 歩~ (5, 0.1%)

2 を見 1 でこちら, の可, の可笑し

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 によって神力霊能, のやう, も亦, を學び, を演習

▼ 歩深い~ (5, 0.1%)

2 ところから 1 ところで, ところに, ところまで

▼ 歩深入り~ (5, 0.1%)

1 した, したもの, したやう, して, をした

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 に近寄っ, に近寄った, は感情, は歩き戻つた, は死

▼ 歩自分~ (5, 0.1%)

1 が先, のいた, の道, の部屋, を内省

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 であった, という類, とちがう, や籠, 古い日本語

▼ 歩近づいた~ (5, 0.1%)

1 ときに, と云, わけな, 時に, 譯で

▼ 歩退いた~ (5, 0.1%)

1 が冠, とき一人の, ところを, のです, 与一が

▼ 歩進み出た~ (5, 0.1%)

1 が, が忠相, 私は, 考えを, 萩乃の

▼ 歩進める~ (5, 0.1%)

1 ことが, と事實網, と芸術的, と藩主, と記号

▼ 歩~ (5, 0.1%)

1 で請取, に一朱銀, はその, をざくざく, を一つ

▼ 歩高い~ (5, 0.1%)

2 所へ 1 ところから, ところへ, 所に

▼ 歩ある~ (4, 0.0%)

1 か何秒, くにも, け, ことに

▼ 歩あるき出し~ (4, 0.0%)

1 たり, たりした, てそこで, ながら言葉

▼ 歩かっしゃ~ (4, 0.0%)

21 いご, るうち

▼ 歩さがった~ (4, 0.0%)

1 かと思う, 左膳タタタ, 彼は, 愛情を

▼ 歩しなけれ~ (4, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならなくなりました, ば私

▼ 歩しりぞい~ (4, 0.0%)

1 てこの, て幻妖, て考える, て身

▼ 歩そして~ (4, 0.0%)

1 それが, 転一歩, 転一歩それから, 進十歩歩

▼ 歩として~ (4, 0.0%)

1 ある, この忙しい, 大きな意義, 既に実行

▼ 歩とび~ (4, 0.0%)

1 さがった, さがり, さがりました, さって

▼ 歩~ (4, 0.0%)

2 のだ 1 のです, んの

▼ 歩にも~ (4, 0.0%)

1 いろいろある, その口, 足らない狭い, 足らぬ距離

▼ 歩ふみ出した~ (4, 0.0%)

1 がその, それらの, 国, 場合に

▼ 歩ほども~ (4, 0.0%)

2 歩いた頃 1 歩くと, 進んで

▼ 歩まで~ (4, 0.0%)

1 きて, 勘定する, 数えたとき障子, 行つて自滅する

▼ 歩~ (4, 0.0%)

2 る道 1 にきみ, る

▼ 歩~ (4, 0.0%)

1 その後戻り, 一両の, 三十歩で, 五歩は

▼ 歩よろめい~ (4, 0.0%)

1 てゆき, て卓子, て歩み出, て行った

▼ 歩よろめいた~ (4, 0.0%)

21 かと思う, 伝次は

▼ 歩一歩増大~ (4, 0.0%)

2 せられると, せられるという

▼ 歩~ (4, 0.0%)

2 つた 1 がつた, には小さな

▼ 歩下がっ~ (4, 0.0%)

21 て柄, て羽織

▼ 歩二十歩~ (4, 0.0%)

1 その辺, とはまだ, 元來, 心もとなく次第に

▼ 歩~ (4, 0.0%)

1 へのいたら, へ踏み出した, へ退いた, へ避け

▼ 歩入っ~ (4, 0.0%)

1 て何故, て来, て目明し万吉, て鳩

▼ 歩入口~ (4, 0.0%)

2 の方 1 の戸前, を遠ざかり

▼ 歩六歩~ (4, 0.0%)

1 しばらく佇ん, と行く, 行きし後宮, 駈戻って

▼ 歩出れ~ (4, 0.0%)

2 ば三月堂 1 ばすぐ, ばまだ

▼ 歩~ (4, 0.0%)

1 歩と, 歩八八角成同, 歩同, 飛三二金

▼ 歩向う~ (4, 0.0%)

1 に河岸, の窓, へ突き抜けなきゃならん, へ過ぎ

▼ 歩増大~ (4, 0.0%)

2 せられると, せられるという

▼ 歩室内~ (4, 0.0%)

2 に足 1 に踏みこんだ, へ入る

▼ 歩寄り~ (4, 0.0%)

1 そうて, ながら, 事の, 名誉賞を

▼ 歩~ (4, 0.0%)

1 に一歩, の方, へ三四歩, へ切れた

▼ 歩廻っ~ (4, 0.0%)

1 たりお喋り, ていた, ている, ては叱

▼ 歩~ (4, 0.0%)

1 るき出したところ, を移した, を返し, を進め

▼ 歩~ (4, 0.0%)

2 前の 1 ほんの一寸, 體を

▼ 歩~ (4, 0.0%)

2 の方 1 のほう, の下

▼ 歩背後~ (4, 0.0%)

1 に退った, へよろめいた, へ下った, へ退った

▼ 歩~ (4, 0.0%)

1 がこれ, に力, の先, はこれ

▼ 歩行きかけた~ (4, 0.0%)

1 が, がその, ところで, 時

▼ 歩行った~ (4, 0.0%)

1 かと思う, がまた, ところに, 時後ろから

▼ 歩行方~ (4, 0.0%)

2 をする 1 か, がさ

▼ 歩踏み出さう~ (4, 0.0%)

1 としてゐる, としました, とする, と云

▼ 歩踏み出そう~ (4, 0.0%)

1 とした, として何やら, としました, とする

▼ 歩近寄っ~ (4, 0.0%)

1 ていった, てきた, て敷島, て来

▼ 歩迫っ~ (4, 0.0%)

1 て, て政職, て文学的, て来る

▼ 歩進み出し~ (4, 0.0%)

1 て, てこれ, て例, また笠

▼ 歩進めた~ (4, 0.0%)

1 だけのこと, といふ事, もので, 交際を

▼ 歩~ (4, 0.0%)

3 退いて 1 退いた時

▼ 歩階段~ (4, 0.0%)

1 に近づいた, の方, を下り, を降りた

▼ 歩離れる~ (4, 0.0%)

1 か離れない, とまた, ともう, と肩

▼ 歩~ (4, 0.0%)

2 退いた曲者 1 退いて, 退って

▼ 歩飛び~ (4, 0.0%)

2 さがらせ 1 さがって, さがる

▼ 歩あるき出した~ (3, 0.0%)

1 が驚き, ときそれまでは, 形を

▼ 歩お先~ (3, 0.0%)

1 であった, にその, へ女史

▼ 歩かれ~ (3, 0.0%)

2 が江戸 1 に近

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 ざつてちよつと, フト立停, 宛ながら

▼ 歩すすむ~ (3, 0.0%)

1 とあがり, とかれ, とハンドバッグ

▼ 歩その後~ (3, 0.0%)

2 に従った 1 をつけ

▼ 歩といふ~ (3, 0.0%)

1 なまぬるさ, 形で, 心の

▼ 歩とも~ (3, 0.0%)

1 去らないうち, 踏み出さないうち, 駈けないうち

▼ 歩どり~ (3, 0.0%)

1 がのろく, の複雑さ, を踏む

▼ 歩にて~ (3, 0.0%)

1 出陣すれ, 小太刀で, 長崎會所より

▼ 歩のぼっ~ (3, 0.0%)

1 てきた, てゆく, て行っ

▼ 歩はしっ~ (3, 0.0%)

2 てはまた 1 て見る

▼ 歩ふみこむ~ (3, 0.0%)

2 とそこ 1 ことも

▼ 歩ふみだした~ (3, 0.0%)

1 のです, 時とつぜん, 時彼は

▼ 歩ふみ出す~ (3, 0.0%)

1 とそれ, のを, 時その

▼ 歩ふみ出せ~ (3, 0.0%)

2 ば麻布 1 ばそして

▼ 歩よの~ (3, 0.0%)

3 お上手

▼ 歩わき~ (3, 0.0%)

1 で仕事, へ寄り, へ連れ

▼ 歩一歩それ~ (3, 0.0%)

1 に近づく, も辿る, を下

▼ 歩一歩足~ (3, 0.0%)

2 をふみしめ 1 を運ぶごとく

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 から憐れみ, だった, へ浮い

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 を降り掛け, 利足を, 刻限を

▼ 歩二歩三歩~ (3, 0.0%)

1 と, と前, と足

▼ 歩借り~ (3, 0.0%)

1 てこれ, てそれ, て袷

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 から六七歩, を誘い, を誘ひ

▼ 歩其処~ (3, 0.0%)

1 から深まり, を越, を遠

▼ 歩出し~ (3, 0.0%)

1 てその, て無事, 候由

▼ 歩前方~ (3, 0.0%)

1 が見えない, に歩んだ, の物

▼ 歩動く~ (3, 0.0%)

1 だけでたくさん, とすぐ, とその

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 で向, ばかりよろめい, 歩を

▼ 歩土間~ (3, 0.0%)

2 から上り 1 に入っ

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 の強い, の死体, の死體

▼ 歩小林君~ (3, 0.0%)

3 のほう

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 った, ってはくゎさ, って小さな

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 おくれだった, まえまで, まへの

▼ 歩接近~ (3, 0.0%)

2 して 1 した

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 で, で行く, をなす

▼ 歩歩いた~ (3, 0.0%)

1 がもう, が舗道, と思う

▼ 歩登っ~ (3, 0.0%)

1 ていった, て行く, て行った

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 と騎馬, の小路, 上ると

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 の往路, は建物, も至って

▼ 歩行きかけ~ (3, 0.0%)

1 つつ, てよた, て急

▼ 歩行きました~ (3, 0.0%)

1 がフト平次, んです, 時まだ

▼ 歩行き出し~ (3, 0.0%)

1 さうな氣勢, て向, て雲

▼ 歩行けます~ (3, 0.0%)

2 ので 1

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 でも習え, という足, ははあ

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 である, と屏風, の上

▼ 歩~ (3, 0.0%)

2 へ廻る 1 へ入る

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 り歩いて, り誰, 隔たつて

▼ 歩譲る~ (3, 0.0%)

1 ところが, ような, 気に

▼ 歩走った~ (3, 0.0%)

1 かとおもう, が女, と思う

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 のいっそう, の間隔, を異に

▼ 歩路地~ (3, 0.0%)

1 の溝板, へふみ出た, へ踏みだそう

▼ 歩踏みこむ~ (3, 0.0%)

2 と肩 1 や否

▼ 歩踏みだした~ (3, 0.0%)

1 がやがてまた, と思ったら, のだった

▼ 歩踏込ん~ (3, 0.0%)

1 で内地, で行かね, で見ました

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 み出した時, み出して, み出すと

▼ 歩転ずれ~ (3, 0.0%)

1 ばやがて, ば平和湖, ば飛州吉城郡上宝村

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 よったかと, よって云った, よると

▼ 歩退~ (3, 0.0%)

1 ぞかなくっ, ぞかなけれ, 軍の

▼ 歩退る~ (3, 0.0%)

1 とえ, と影, 途端に

▼ 歩退却~ (3, 0.0%)

1 か, して, をやった

▼ 歩逃げ~ (3, 0.0%)

1 て, てキラリ, て振り向き

▼ 歩進めれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ば常世, ば文学的

▼ 歩~ (3, 0.0%)

2 れました 1 れて

▼ 歩重い~ (3, 0.0%)

3 足を

▼ 歩門外~ (3, 0.0%)

1 にでる, に出たら, へ出れ

▼ 歩~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の方

▼ 歩~ (3, 0.0%)

1 は木槿, をうしろ, をすすめ

▼ 歩~ (2, 0.0%)

2 とじさりしました

▼ 歩あとずさり~ (2, 0.0%)

1 ながらまずじっと, をしました

▼ 歩あまり~ (2, 0.0%)

1 もあるいた, 歩いて

▼ 歩あゆむ~ (2, 0.0%)

1 がにわかに, 間に

▼ 歩あるきかけ~ (2, 0.0%)

1 てふとまた, てまた

▼ 歩いっ~ (2, 0.0%)

1 てはキョロキョロ前後, ては耳

▼ 歩かな~ (2, 0.0%)

2 月夜よろし

▼ 歩くに~ (2, 0.0%)

1 さえやっと, もその

▼ 歩くんぢ~ (2, 0.0%)

2 やなし

▼ 歩ぐらい~ (2, 0.0%)

1 先の, 走れば

▼ 歩ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 なれたところ, 飛んで

▼ 歩けども~ (2, 0.0%)

1 更に求め得たる, 進めども

▼ 歩こそ~ (2, 0.0%)

1 初めて命, 彼にとって

▼ 歩こちら~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ近づい

▼ 歩これ~ (2, 0.0%)

1 が決定的, も二度

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 かのぼつ, がつて

▼ 歩さがり~ (2, 0.0%)

1 きっと戸, 前へ

▼ 歩さがる~ (2, 0.0%)

1 とき, と同時に

▼ 歩しっかり~ (2, 0.0%)

1 した人生, した足取り

▼ 歩すすんだ~ (2, 0.0%)

1 ものでなけれ, 時とつぜん

▼ 歩すれ~ (2, 0.0%)

1 ば茶店, ば足下

▼ 歩ずつより~ (2, 0.0%)

1 あって, 合理的な

▼ 歩せず~ (2, 0.0%)

1 ンば, 徹頭徹尾實

▼ 歩そっち~ (2, 0.0%)

1 へよろめいた, へ行きました

▼ 歩それから~ (2, 0.0%)

1 歩, 間髪を

▼ 歩たじ~ (2, 0.0%)

2 ろきぬ

▼ 歩だけでも~ (2, 0.0%)

1 シューバルの, 国の

▼ 歩だった~ (2, 0.0%)

1 が端, のである

▼ 歩って~ (2, 0.0%)

1 梢の, 行くの

▼ 歩つきつめ~ (2, 0.0%)

1 てその, て考えれ

▼ 歩つて~ (2, 0.0%)

1 んべかな, 来た

▼ 歩づつ~ (2, 0.0%)

1 でも近づい, 進んで

▼ 歩であり~ (2, 0.0%)

1 そして進一歩, 感銘も

▼ 歩でない~ (2, 0.0%)

1 と誰, 外交機密を

▼ 歩でもは~ (2, 0.0%)

1 いらうと, いると

▼ 歩でれ~ (2, 0.0%)

1 ば俗界, ば隣

▼ 歩どい~ (2, 0.0%)

1 てじっと, て歩き出した

▼ 歩なか~ (2, 0.0%)

1 へ入っ, へ足

▼ 歩に対して~ (2, 0.0%)

1 拍手を, 銭が

▼ 歩ぬき~ (2, 0.0%)

1 さしならぬ, ん出る

▼ 歩ばかりに~ (2, 0.0%)

1 すぎなかったが, 大股に

▼ 歩び板~ (2, 0.0%)

1 の上, を渡し

▼ 歩ふみだし~ (2, 0.0%)

1 てから乱雲, てくる

▼ 歩ふみだそう~ (2, 0.0%)

1 として足, とする

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 だたって, だたり

▼ 歩まちがえ~ (2, 0.0%)

1 ばあぶない, ば神がかり的

▼ 歩もどり~ (2, 0.0%)

1 今度の, 心でし

▼ 歩もの~ (2, 0.0%)

1 かねえ, かねえそこ

▼ 歩ゆずっ~ (2, 0.0%)

1 てかりに, て御

▼ 歩ゆん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で行く

▼ 歩よたよた~ (2, 0.0%)

2 と避ける

▼ 歩よろけた~ (2, 0.0%)

1 が野幕, だけですむ

▼ 歩よろける~ (2, 0.0%)

2 と息

▼ 歩よろめき~ (2, 0.0%)

1 ながら坂路, 前進し

▼ 歩よろよろ~ (2, 0.0%)

1 とたたら, とよろめいた

▼ 歩りき~ (2, 0.0%)

1 し栗鼠, 見ゆ

▼ 歩るきま~ (2, 0.0%)

2 はつて

▼ 歩るき出した~ (2, 0.0%)

1 すると今度, ところであった

▼ 歩るき出す~ (2, 0.0%)

2 すると不意

▼ 歩るき廻る~ (2, 0.0%)

1 やうでした, 子で

▼ 歩るき消え失せん~ (2, 0.0%)

2 としては純金

▼ 歩イテヰルト僕~ (2, 0.0%)

2 ノ魂ハ恍惚

▼ 歩ニジリ~ (2, 0.0%)

1 出しては, 出すと

▼ 歩バッ~ (2, 0.0%)

2 と踏み込む

▼ 歩ヒョロヒョロ~ (2, 0.0%)

2 飛込んで

▼ 歩ヨロヨロ~ (2, 0.0%)

1 とよろめいた, と女

▼ 歩一歩ごと~ (2, 0.0%)

1 にこの, に今日

▼ 歩一歩僕~ (2, 0.0%)

1 を誘い, を誘ひ

▼ 歩一歩前進~ (2, 0.0%)

1 してるからね, し一九二八年雑誌

▼ 歩一歩大地~ (2, 0.0%)

1 を踏みしめ, を踏みしめる

▼ 歩一歩山~ (2, 0.0%)

1 は森々, へ入っ

▼ 歩一歩彼~ (2, 0.0%)

1 に近づい, のからだ

▼ 歩一歩後~ (2, 0.0%)

1 へ後, へ退がり

▼ 歩一歩慎重~ (2, 0.0%)

1 に踏みしめ, に運びました

▼ 歩一歩敵~ (2, 0.0%)

1 の伏兵, へ向っ

▼ 歩一歩最後~ (2, 0.0%)

1 だという, に近づい

▼ 歩一歩河原~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 歩一歩眼界~ (2, 0.0%)

1 が広く, が拡がっ

▼ 歩一歩竹藪~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 歩一歩自己~ (2, 0.0%)

1 の信念, の道

▼ 歩一歩誤り~ (2, 0.0%)

2 の入り

▼ 歩一歩階段~ (2, 0.0%)

1 を下り, を降りた

▼ 歩一歩静か~ (2, 0.0%)

1 に歩きだした, に靴

▼ 歩~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 歩三つ~ (2, 0.0%)

1 が一日, が一月

▼ 歩三万~ (2, 0.0%)

1 をもって五原, をもって雁門

▼ 歩三歩先~ (2, 0.0%)

1 になっ, を歩い

▼ 歩三歩前~ (2, 0.0%)

1 に身の丈六尺以上, へ進み

▼ 歩上陸~ (2, 0.0%)

1 した瞬間, すると

▼ 歩下った~ (2, 0.0%)

1 が首, 山浦丈太郎それへ

▼ 歩下る~ (2, 0.0%)

1 と開いた, 足元から

▼ 歩不自由~ (2, 0.0%)

1 になった, の故

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の南, の方

▼ 歩二朱~ (2, 0.0%)

1 か三朱, で買った

▼ 歩以内~ (2, 0.0%)

1 に近, をよく

▼ 歩位置~ (2, 0.0%)

1 を移し, を變

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 か微吟, か知ら

▼ 歩余り~ (2, 0.0%)

1 も馳, 進んだが

▼ 歩俛首~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ 歩先んじられた~ (2, 0.0%)

1 という事実, 事を

▼ 歩先んじる~ (2, 0.0%)

1 ことが, ように

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 第一聯隊, 第三連隊

▼ 歩出なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばうそ, ばならない

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 ち一歩, ち十歩

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の林, の梯子

▼ 歩動い~ (2, 0.0%)

1 ている, て来

▼ 歩動いた~ (2, 0.0%)

1 かと思うた, に過ぎない

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 すれば, へ上がっ

▼ 歩半歩~ (2, 0.0%)

1 ずつ先, の進歩

▼ 歩~ (2, 0.0%)

2 へ寄ろう

▼ 歩地方~ (2, 0.0%)

1 に入, へ出

▼ 歩地獄~ (2, 0.0%)

1 に近かっ, に進み近づくなり

▼ 歩城門~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の方

▼ 歩場内~ (2, 0.0%)

1 に入る, へ入る

▼ 歩境内~ (2, 0.0%)

1 に踏みいる, に踏み込む

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 禹, 舟子

▼ 歩夢中~ (2, 0.0%)

1 で窪地, で追った

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 出発という, 蹈せり

▼ 歩大地~ (2, 0.0%)

1 を踏みしめ, を踏みしめる

▼ 歩夫人~ (2, 0.0%)

1 の方, の胸中

▼ 歩奥深く~ (2, 0.0%)

1 なりどこ, なり三歩

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の神事, 馬駆け

▼ 歩左手~ (2, 0.0%)

1 に敦盛, のところ

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の方, へ足

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 に飛下り, を歩い

▼ 歩弓手~ (2, 0.0%)

1 などになっ, にすぎない

▼ 歩引き返し~ (2, 0.0%)

1 て彼, て見た

▼ 歩引退~ (2, 0.0%)

1 った, れるとたんに

▼ 歩後ずさり~ (2, 0.0%)

1 をした, 顔から

▼ 歩後ずさりした~ (2, 0.0%)

1 時だった, 時だつた

▼ 歩後れ~ (2, 0.0%)

1 てぼんやり, て歩こう

▼ 歩後れた~ (2, 0.0%)

1 完全よりも, 袖子は

▼ 歩後戻り~ (2, 0.0%)

1 した, をし

▼ 歩想像~ (2, 0.0%)

1 を深め, を進めるなら

▼ 歩慎重~ (2, 0.0%)

1 に踏みしめ, に運びました

▼ 歩抜け出た~ (2, 0.0%)

1 ものでなけれ, 作家の

▼ 歩改札口~ (2, 0.0%)

1 へ馳, を踏み出る

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の伏兵, へ向っ

▼ 歩敷居~ (2, 0.0%)

1 に足, を外

▼ 歩日向~ (2, 0.0%)

2 の砂

▼ 歩早く~ (2, 0.0%)

1 も門, 宿を

▼ 歩早足~ (2, 0.0%)

2 に行きかけた

▼ 歩最後~ (2, 0.0%)

1 だという, に近づい

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 に牽かれ, の音

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 てそろりと, てフト何

▼ 歩~ (2, 0.0%)

2 の崖

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 だけは, という者

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 に二歩, へ出よう

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の土地, の城廓

▼ 歩歩み~ (2, 0.0%)

1 ながら簡単, を運ぶ

▼ 歩死地~ (2, 0.0%)

1 に近寄る, へ足

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 から岸, をざぶざぶ

▼ 歩河原~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 歩泳ぐ~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 の外, へ近づい

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 して, れ

▼ 歩無言~ (2, 0.0%)

1 で歩いた, のまま

▼ 歩現実~ (2, 0.0%)

1 に途, の世

▼ 歩甚だ~ (2, 0.0%)

1 健なり, 鈍い

▼ 歩生きる~ (2, 0.0%)

1 力の, 方へと

▼ 歩登る~ (2, 0.0%)

1 に従って, 時五郎は

▼ 歩目的~ (2, 0.0%)

1 に迫進, へ近付く

▼ 歩真佐子~ (2, 0.0%)

1 から自分, に近づいた

▼ 歩眼界~ (2, 0.0%)

1 が広く, が拡がっ

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 に近づい, に近づかしめた

▼ 歩科学~ (2, 0.0%)

2 が進め

▼ 歩積極的~ (2, 0.0%)

1 に, に出

▼ 歩突きつめれ~ (2, 0.0%)

1 ばすべて, ば政治

▼ 歩突き進ん~ (2, 0.0%)

1 でロシア, で来た

▼ 歩突込~ (2, 0.0%)

1 んでいえ, んで申します

▼ 歩立ち~ (2, 0.0%)

1 のい, 迎えながら

▼ 歩立ち入っ~ (2, 0.0%)

1 てこう, て決定

▼ 歩立ち戻っ~ (2, 0.0%)

1 てうろうろ, て思わず

▼ 歩立入っ~ (2, 0.0%)

1 て充分, て見れ

▼ 歩竹藪~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 を進めた, を進められたき

▼ 歩自己~ (2, 0.0%)

1 の信念, の道

▼ 歩舞台袖~ (2, 0.0%)

1 のところ, の所

▼ 歩行い~ (2, 0.0%)

1 たり果, 飽いた

▼ 歩行かなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ゃならないですな

▼ 歩行かぬ~ (2, 0.0%)

1 ことと, ためか

▼ 歩行きし~ (2, 0.0%)

1 て見, 後宮は

▼ 歩行きなさい~ (2, 0.0%)

1 な深, 白鷺は

▼ 歩行き過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てから大, てから氣

▼ 歩行く振~ (2, 0.0%)

1 打水にも, 捏っち

▼ 歩行ける~ (2, 0.0%)

1 か, かな

▼ 歩複雑~ (2, 0.0%)

1 な景観, の方面

▼ 歩西~ (2, 0.0%)

1 の對屋, へ退っ

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 まると, まれば

▼ 歩誤り~ (2, 0.0%)

2 の入り

▼ 歩誤る~ (2, 0.0%)

1 と浅薄, と読者

▼ 歩譲った~ (2, 0.0%)

1 だけで, 形式で

▼ 歩譲つて~ (2, 0.0%)

1 せめて, ゐるの

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 のほう, は洞くつ

▼ 歩走り~ (2, 0.0%)

1 ながら, ながら叫んだ

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 を追った, を附い

▼ 歩踏み~ (2, 0.0%)

1 はづせば其, 込だ

▼ 歩踏みこん~ (2, 0.0%)

1 でもっと, でゆく

▼ 歩踏みこんだ~ (2, 0.0%)

1 ばかりで, 時彼は

▼ 歩踏みしめ~ (2, 0.0%)

1 ていった, てみる

▼ 歩踏みだす~ (2, 0.0%)

1 ことも, のに

▼ 歩踏み入った~ (2, 0.0%)

1 かと思う, 香具師は

▼ 歩踏み入る~ (2, 0.0%)

1 事に, 旅客と

▼ 歩踏み入れ~ (2, 0.0%)

1 てじっと, てそこ

▼ 歩踏み入れた~ (2, 0.0%)

1 ときすでに, ような

▼ 歩踏み出さなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 歩踏み出せ~ (2, 0.0%)

1 ばそこ, ばもう

▼ 歩踏出した~ (2, 0.0%)

1 ばかりであった, 時でした

▼ 歩踏込んだ~ (2, 0.0%)

1 が奥, 平次は

▼ 歩~ (2, 0.0%)

2 めいて

▼ 歩~ (2, 0.0%)

2 の四兵

▼ 歩近い~ (2, 0.0%)

1 だけに古来, ところにと

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 ひかけて, ひすがりましたが

▼ 歩追いかけ~ (2, 0.0%)

1 それから, て行った

▼ 歩退り~ (2, 0.0%)

1 ながら言った, ながら顔

▼ 歩通り過ぎた~ (2, 0.0%)

1 時一寸法師の, 時女中が

▼ 歩進み寄り~ (2, 0.0%)

1 ながら一層, わざとらしく声

▼ 歩進んだら~ (2, 0.0%)

1 後へ, 忠之が

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 かつたら, むることもなく急ぎも

▼ 歩運ぶ~ (2, 0.0%)

1 ごとに, にもやかましく

▼ 歩違い~ (2, 0.0%)

1 で無事, に行違い

▼ 歩遠ざかる~ (2, 0.0%)

1 が故に, のでした

▼ 歩邸内~ (2, 0.0%)

1 にはいる, を行け

▼ 歩金一つ~ (2, 0.0%)

1 でもあれ, 取り出して

▼ 歩長屋~ (2, 0.0%)

1 で小鳥, は徒侍

▼ 歩門内~ (2, 0.0%)

1 にはいる, に進み入り

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 つて行つた時, をする

▼ 歩~ (2, 0.0%)

1 に編入, の勘当息子

▼ 歩静か~ (2, 0.0%)

1 に歩きだした, に靴

▼ 歩飛び退い~ (2, 0.0%)

1 て睨み付けた, て笠

▼ 歩飛び退る~ (2, 0.0%)

1 と俄然, ように

▼ 歩駆け込ん~ (2, 0.0%)

2 でから思い返し

▼ 歩高まり~ (2, 0.0%)

1 つつあった, 前進した

▼ 歩黙っ~ (2, 0.0%)

1 て変え, て歩き

▼1* [1295件]

、騎工の三兵科, 歩ああまことにただ, 歩あいだを隔て, 歩あいつが近づい, 歩あがったままの, 歩あきれ顔の, 歩あしを踏み入れる, 歩あせらずたゆまず一歩一歩その, 歩あたりに気, 歩あっしなんぞはただ, 歩あったからである, 歩あと五六歩詰めさえすれ, 歩あなた此方シャ嗄れ声, 歩あの樟の, 歩あまり前へ踏み出し, 歩あやまって俗悪, 歩あやまてば餓え, 歩あやまると自分たち, 歩あゆみを返し, 歩あゆみ出している, 歩あゆみ出しましたがふと, 歩あゆみ出た日頃の, 歩あゆみ寄って壕舎, 歩あゆめば隣り, 歩あるいたらぼくが, 歩あるきかけた時なぜ, 歩あるきましたがたちまち, 歩あるけばきっと, 歩あるこうとしては尻もち, 歩いき進んだ表現をと, 歩いくやいなや彼, 歩いそがわしく, 歩いそいそとあるい, 歩いそぎ足で歩いたら, 歩いた事もある, 歩いちやつたよ, 歩いまだ世事を, 歩いんぎんに踏み, 歩うち場に控えれ, 歩おし進められて, 歩おそく駈け出した若者ばら, 歩おとなびて行く, 歩おまえから離れれ, 歩おりて通り, 歩お膝下を出はずれる, 歩かうして都會, 歩かえって向うから, 歩かえり二十歩歩い, 歩かえるこういう困難, 歩かく隔りの, 歩かけ出せば胸, 歩かぞえると次, 歩かっせる人で, 歩かもしれねえが, 歩がほどなり, 歩がほどなりと聞きし漁師夫婦, 歩きくたぶれて道傍, 歩きぐせでほか, 歩きぐせにたった, 歩きこんでしまつた場所が, 歩きしが明治十年前後, 歩きなさりまするとその, 歩きゃあ又へたばっちまいます, 歩き損した, 歩ぎょうさんにとびのい, 歩くぐれいなこと夜どおし, 歩くさうだが, 歩くせゐか, 歩くだなんて第, 歩くだれば一變, 歩くつたつて, 歩くまにお, 歩くらゐで, 歩くらいの居どころに, 歩ぐいと向うへ, 歩ぐらいに近づいたとき, 歩ぐらいの赤土の, 歩けったら歩かないと, 歩けり庭片寄り, 歩るが, 歩こえれば尾張, 歩ことを誤れ, 歩こまやかに進み出, 歩こわごわ芝生を, 歩ごと額を大地, 歩さかのぼって裾野, 歩さきまわりして, 歩さぐるように, 歩さらにずいと歩みよって, 歩しかないかも, 歩しかも確実に, 歩しざりながらあたり, 歩しずかに各, 歩したいと念願, 歩したまい日角天を, 歩しづかにわけゆきぬ, 歩してやると云, 歩しとやかに優, 歩しばらく佇んで, 歩しようしなければならない, 歩しりごみして, 歩し得る花園に, 歩じゃ小さすぎらア, 歩じゃあしょうがねえ, 歩すいと行く, 歩すぎると, 歩すさって身構えざる, 歩すさったままで, 歩すさつて中綮持つた右の手, 歩すすまないうちに, 歩すすみますと, 歩すすみ出て, 歩すすめるよ, 歩すたすた足を, 歩すべる岩道を, 歩すゝんで寧そ隠居, 歩すゝむと旦那さんらしい人, 歩すゝめて云, 歩す駆歩す, 歩ずつに区切らなければ, 歩ずつは待合し, 歩ずつを受ける制, 歩せまってきた, 歩せよ自省自粛自戒, 歩そのままの方向, 歩それに向つて, 歩それらのあらゆる, 歩たしかな一歩, 歩たじたじと謙遜, 歩たじたじとうしろへよろけた, 歩たじろいで, 歩たじろぎはする, 歩たちまち丘下に, 歩たどりそのすべて, 歩ためすような, 歩だに前へ, 歩だの丁百の, 歩ちかい田地を, 歩ちかづいたものと, 歩ちがいでまア, 歩ってばがり居で, 歩ンのめった, 歩つき入って観察, 歩つき進むことの, 歩つっこんで考え, 歩つつこんで考へれ, 歩つづいてこれ, 歩つまずけば中国攻略, 歩つめて, 歩づつあらはれてくる朝の山, 歩づつでも半歩づつでも近づい, 歩づつ左右に歩き, 歩づつ式場近く進み, 歩づつ後もどりを, 歩づつ最後の破綻, 歩づつ身を引く, 歩づゝたしかに踏みしめて, 歩づゝ人生の深み, 歩づゝ狹くな, 歩てるな, 歩であって逞しい, 歩であったのかも, 歩でくひとめる手段, 歩でしたがそれでも, 歩ですよ, 歩でなく過去を, 歩でなければならぬ, 歩ではなかった, 歩でるが早い, 歩とけ合えないもの, 歩とに建てられた道場, 歩との相違に, 歩とびのき片手で, 歩とまって二階, 歩とを隣家の, 歩と共に哀吟した, 歩どこか物, 歩どころか数歩を, 歩どちらかへぐらつけ, 歩どの方角にと, 歩どまり二両なん, 歩どりで檻に, 歩なさいますか, 歩などといふ天馬の, 歩などは三個一山に, 歩などをするので, 歩なにものかの中, 歩なみをそろへる, 歩ならざるに伴天連め, 歩ならずたちまち数十, 歩ならずして幅一, 歩なりと信ず, 歩なりともその方, 歩なれば慨する, 歩において誓いを, 歩にじり寄っていった, 歩について尤めだてを, 歩になつても, 歩貞操って, 歩はいりこむとそこ, 歩はいり込んで来, 歩はずれて遊苑, 歩はずれると目黒川, 歩ぬと, 歩ばかりしかなく川岸通り, 歩ばかりにて我は, 歩ばかりを動かした, 歩ばつしと, 歩ばんかっ, 歩ひきさま暗い方, 歩ひと息というところ, 歩ひょろついてそれなり, 歩ひよろついてると, 歩ひろめられこれまで, 歩寄るどころ, 歩ふたりは無言, 歩ふみ入れたが, 歩ふみかけた時一寸, 歩ふみこんで, 歩ふみしめた時の, 歩ふみだしたらもう消え, 歩ふみ出さうとする, 歩ふみ出したいと思ってる, 歩ふみ外せば三尺, 歩ふみ込みながら記録, 歩ふみ込むや否, 歩ふみ込んで書かれ, 歩ふりかえり見れば浪子, 歩へと成長を, 歩への可能を, 歩へは入って, 歩べというたら, 歩べというのだ, 歩ほどしか逃げて, 歩ほどてまえで, 歩ほどで足を, 歩ほどとなった, 歩むとする人は, 歩まちがいの入り, 歩まちがったら被害民に, 歩むにつれてなびくように揺れる, 歩むにふさふと云ひぬ, 歩むもおかしき心地がする, 歩めかし薔薇悲しみの, 歩めども歩め, 歩めど歩めど目的は近づかない, 歩めど目的は近づかない, 歩めよう多涙, 歩もう三十歩と, 歩もしくは十歩二十歩先に, 歩もそとへ出ない, 歩もたしてをとこ, 歩もはやその翼, 歩やっと出すよう, 歩やみの中, 歩ゆきかけたが立ちどまっ, 歩ゆきすぎてから足, 歩ゆき山谿みづ, 歩ゆずりまして私, 歩ゆずることが, 歩ゆみ入りにき, 歩ゆみ戸を開き, 歩ゆるゆると後, 歩ゆるりと歩いた, 歩ゆんで行つた, 歩ゆ吾が来し, 歩よけて私の, 歩よちよち駆け出しそれから, 歩よりも幾層倍むつかしい, 歩よろけて青竹, 歩よろめきましたが恐しい, 歩よろめき出てさて, 歩りかす不二, 歩りくと足, 歩りくうち路用とても無き, 歩りく名も悲しけれ, 歩るいていらしったの, 歩るかせて自分, 歩るかれるのかしら, 歩るきかかるとちらほら, 歩るきだす時の, 歩るきましたが女, 歩るきまはりましたがやがて, 歩るきまはるので, 歩るき出されましたので私, 歩るき廻って自分, 歩るき続けたが巡査講習所, 歩るくべきものなり, 歩るく落ちかけた日が, 歩るけるさ水, 歩われ等の天職, 歩をかへし李花, 歩をだに忘れむとするの楽, 歩をでも進めて, 歩をもって五十歩を, 歩を以て五十歩を, 歩アマーリアのほう, 歩イタカラキモヲツブシタ顔ヲシテアトカラ, 歩イタガソノ時頭ガ大久保上野介ト云イシガ赤阪喰違外ダガ毎日毎日行ツテ御番, 歩イタトコロデオレガ名ヲ知ッテイテ世話ヲシタッケ, 歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ家馬ガ不快デ六七日逗留ヲシタイトイウカラ, 歩イタリシタノデ若奥様ハ経, 歩イタ等の僕, 歩イタ道ニ他流ヘ行キテツカイツツ行ッタガ, 歩イテ見セル, 歩イテイタツカンデ見, 歩イテイルソウデス丸マゲ崩レヌヒトリノ女ハゴム人形ダイテ歩イテイタツカンデ見, 歩イテイルノハ恐ラク僕ヨリ先ニ僕, 歩イテ何ゾアッタラ切死ヲシヨウト覚悟デ出, 歩イテ先ノ方, 歩イテ楽シミニシテ居タガ六月カ五月末カト思ッタガ九州ヨリ虎ガ兄弟ガ江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 歩イテ行ク二人ヲ見, 歩イテ行ッタラ藤井大丸ノ前, 歩イテ行ッテ寝テイルノヲ叩キ起シテ乗ッテ, 歩ウロウロ迷つた末六平太の, 歩エビス駅を出る, 歩オコツイて土間, 歩カズニイルト今ニ本当ニ歩ケナクナリマスト嚇カサレテイル, 歩カヌヨウニシナルベク人通リノ少イ所, 歩過ギルトジキニ疲レル, 歩キニクヽテモ毎日少シズツデモ歩カナケレバイケナイ, 歩キ出シテ腐リカケタル杉, 歩クウチ一年中国ノ一寺ニ, 歩クコトガ出来ヌカラ人ニ頼ンデ漸, 歩ケナイダノト云イナガラ結構生活, 歩シャンヴルリー街へはいり込み, 歩シ斗ヲ踏ン, 歩ジリジリとさがった, 歩ジリリジリリと主, 歩スルトキ成ルベク長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, 歩スル数十弓忽チ見ル一楼上人影紙障ニ, 歩ズリ落ちて, 歩ズルズルと滑りおちる, 歩セシル家に接近, 歩タジタジと, 歩チチアネルロに近づく, 歩ヂオメーデース後しざり, 歩ツツと下った, 歩テエブルのほう, 歩テーブルを退いた, 歩ヒヨロける, 歩ピヨコピヨコと歩い, 歩去ル, 歩ミナガラモ敵ト目ザス者ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, 歩ミ水上ニテハ之ヲ浮ベテ乘レリ, 歩一ツぐらいな, 歩一人の列, 歩一寸退く余裕, 歩一杯とでもいはう, 歩一歩あいつが近づい, 歩一歩あたりに気, 歩一歩いんぎんに踏み, 歩一歩おし進められて, 歩一歩こちらへ近づい, 歩一歩その後をつけ, 歩一歩なにものかの中, 歩一歩ふたりは無言, 歩一歩まちがいの入り, 歩一歩やみの中, 歩一歩ジリリジリリと主, 歩一歩ズリ落ちて, 歩一歩セシル家に接近, 歩一歩一隅へ下がり, 歩一歩世界改造の大きな, 歩一歩両側の山, 歩一歩主題の筋, 歩一歩乱闘の室, 歩一歩事志と違, 歩一歩二頭の距離, 歩一歩人民の真, 歩一歩今自分が姉, 歩一歩先へ進んだ, 歩一歩先まわりするよう, 歩一歩兵馬に近づい, 歩一歩剣の梯子, 歩一歩博士の部屋, 歩一歩古畳の上, 歩一歩可能な範囲, 歩一歩向上の生きた, 歩一歩地を踏み占める, 歩一歩地団駄踏むよう, 歩一歩地獄に進み近づくなり, 歩一歩城壁へ肉薄, 歩一歩堕落の淵, 歩一歩多くの古, 歩一歩夜の進み来る, 歩一歩奥へとはいっ, 歩一歩女の強い, 歩一歩学問を研究, 歩一歩安易な道, 歩一歩実行化したもの, 歩一歩実験的に調べ, 歩一歩家に近づく, 歩一歩小刻みに下がった, 歩一歩小四郎は前, 歩一歩山上の冷気, 歩一歩崖を下り始める, 歩一歩川なかのう, 歩一歩市ヶ谷見附が近く, 歩一歩布教しつ, 歩一歩希望を以て踏み出し, 歩一歩床板に弾き上げられ, 歩一歩彼らに運ばれ, 歩一歩後退して, 歩一歩心に運, 歩一歩念を押す, 歩一歩急しくなって, 歩一歩怪塔の入口, 歩一歩息を殺し, 歩一歩意識して, 歩一歩批評した, 歩一歩敵地にすすん, 歩一歩早川渓の水声, 歩一歩昆虫の科学, 歩一歩本道のほう, 歩一歩杖の音, 歩一歩東京へ向っ, 歩一歩歩を進め, 歩一歩歩みを運ぶ, 歩一歩死地へ足, 歩一歩母や妻, 歩一歩毎に違う, 歩一歩氷上行軍がはじまる, 歩一歩池の畔, 歩一歩決死の修理, 歩一歩注意しながら, 歩一歩海へ近づい, 歩一歩潜在意識の神秘境, 歩一歩火の粘土, 歩一歩無言のまま, 歩一歩燦爛と光, 歩一歩玄関の方, 歩一歩現実に途, 歩一歩現実性可能性を増し, 歩一歩理想に近づきつ, 歩一歩生の色どり, 歩一歩生活の乱れ, 歩一歩用心しながら, 歩一歩用意深く前, 歩一歩畦の方, 歩一歩目的に迫進, 歩一歩真実へ近づかん, 歩一歩真面目に真剣, 歩一歩眼前に展開, 歩一歩確実に足場, 歩一歩神に近づい, 歩一歩私は死, 歩一歩私達に近寄っ, 歩一歩窓口に近づく, 歩一歩窮地に追, 歩一歩精進するの, 歩一歩絶巓に近付く, 歩一歩緊張の度, 歩一歩脚に力, 歩一歩自信ありげ, 歩一歩自己勝算の道, 歩一歩花田中尉の処, 歩一歩苦労して, 歩一歩萩乃は夜具蒲団, 歩一歩葉子から離れ, 歩一歩薄氷を踏む, 歩一歩血を見る, 歩一歩行つたつもり, 歩一歩複雑な景観, 歩一歩西の對屋, 歩一歩踏締めたと, 歩一歩踏締て出來, 歩一歩躊ひながら, 歩一歩身をまもる, 歩一歩鋪道の上, 歩一歩階を降り, 歩一歩障碍と戦い, 歩一歩雪沓を踏みしめ, 歩一歩霧島に近づい, 歩一歩静に足, 歩一歩非常な困難, 歩一歩靴先を草叢, 歩一歩順序を踏ん, 歩一歩風に吹き消される, 歩一歩高まりつつあった, 歩一歩鷹揚に御座之間, 歩一歩黒羽町に近づき, 歩一緒に歩き, 歩一隅へ下がり, 歩七万の大軍, 歩万歩百万歩と歩く, 歩丈進押し詰め押し詰め味方, 歩三十歩と先, 歩三十歩等の數敢, 歩三吉が屋外, 歩三歩ひよろついてると, 歩三歩ヂオメーデース後しざり, 歩三歩一緒に歩き, 歩三歩外へ履出, 歩三歩後退りをしました, 歩三歩歩るき出したところ, 歩三歩真の大, 歩三歩賊のほう, 歩三歩足を運んだ, 歩三歩退却して, 歩三歩道場から出よう, 歩三礼して, 歩三角線をえがい, 歩上って行く, 歩下されば有難い, 歩下りかければそこ, 歩下りさま振り返った時, 歩下りましたが気, 歩下流へ足, 歩下駄を鳴らしかけます, 歩不休は山登り, 歩不動の姿勢, 歩不安の中, 歩丑寅に七歩, 歩世界改造の大きな, 歩世間の実業, 歩両側の山, 歩は注視, 歩主義の塾, 歩主観客観合一の境地, 歩主題の筋, 歩九四歩に次ぐ, 歩しめて合計金二百九十一両三歩也, 歩也そーめん六俵二十把入りその代金六両一歩二朱, 歩也青染と黒モジリ, 歩乱闘の室, 歩事志と違, 歩二七歩四八銀まで三十八手, 歩二之利足を加, 歩二人の体, 歩二円二十銭の畑代, 歩二十歩あなた此方シャ嗄れ声, 歩二十歩あまり歩いて, 歩二十歩三十歩と先, 歩二十歩先に出, 歩二十歩賊は洞くつ, 歩二四歩同歩, 歩二尺の割, 歩二朱也鉄色メリヤス上下共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 歩二朱夜一分ひと切り二朱などさまざま, 歩二朱焼酎入りの徳利二本, 歩二歩三歩賊のほう, 歩二歩擬宝珠へ寄った, 歩二頭の距離, 歩五五歩二四歩同歩, 歩五朱軒の区別, 歩五歩と後, 歩京洛へ向っ, 歩に下知, 歩人工蜃気楼の障壁, 歩人民の真, 歩人生に対して積極, 歩人目のうれいなき, 歩今十歩と思われた, 歩今自分が姉, 歩以後なほ幾多の邪路, 歩仲間からはずれ, 歩伐で出発し, 歩伸暢駈歩, 歩を動かした, 歩余往ってまた, 歩余東南に行った, 歩作品創作の上, 歩來やうが遲, 歩例えばまあ三月堂, 歩俳諧の世界, 歩倦まずに車, 歩まれば, 歩健かに先立っ, 歩傍らに出た, 歩優勢になった, 歩來た, 歩先きの諛ひを, 歩先まわりするよう, 歩先んじなければいかん, 歩先んじようとは何, 歩先んじられてしまった, 歩先んずること, 歩先んずればその, 歩先んぜられてしまう, 歩先生の方, 歩先立ってその, 歩先輩の熊本博士, 歩先陣蹴出す緋鹿子, 歩つて考へる, 歩入ってるの此方, 歩入り口に足, 歩八八角成同銀, 歩六万を帥, 歩六歩入口を遠ざかり, 歩六畳に踏込む, 歩六疊へ入, 歩兵馬に近づい, 歩其中に踏入, 歩其知性的分子を脱し, 歩其處を越, 歩具体的にしよう, 歩内面的なる思想, 歩冉有の方, 歩写生へ突出, 歩出しなさる時急い, 歩出たら元とは, 歩出でて一歩, 歩出ないのか, 歩出世が近付いた, 歩出口まで歩い, 歩出遅れとなっ, 歩分けした, 歩分け入りそして地面, 歩切れを白眼, 歩刑務所を出る, 歩を桝, 歩別れてそ, 歩利己的感情から退い, 歩利里公乘成貴年卅六, 歩江塘翠浪白砂花亦, 歩前ニアリ折角ノ名誉ト富, 歩前進的な貢献, 歩前陽光さんさんと降り, 歩を入れ, 歩勅宣にそむき奉る, 歩勇ましく踏み止まらなくては, 歩動き廻って, 歩動きはじめるとこの, 歩動き出しながら黒ずんだ, 歩うと, 歩北部連山地方にいたらん, 歩十余万黎明に畢, 歩十歩二十歩あまり歩いて, 歩千歩の差, 歩へ下る, 歩南北十五里百七十五歩の長方形, 歩博士の部屋, 歩一切だ, 歩原則的領域に踏み込ん, 歩樹下凍, 歩去るにぞ藻西, 歩及び姿態, 歩古畳の上, 歩可能な範囲, 歩右奥へ畳, 歩同様再び坂田, 歩へ跨い, 歩向かいながら父, 歩向上の生きた, 歩呉れておく, 歩唯一歩を蹈, 歩問題を進めなく, 歩四人が中, 歩四八銀まで三十八手, 歩四周の樹林地, 歩四四同金左, 歩四歩近づいて, 歩四軒目の家, 歩固めをし, 歩国内の深部, 歩を踏み占める, 歩地団駄踏むよう, 歩を向う, 歩坂田の九四歩, 歩でありクロル式水泳法, 歩城壁へ肉薄, 歩堕すれば痴人, 歩堕落の淵, 歩を登ろう, 歩へ入る, 歩塚田すぐ八四歩, 歩を越し, 歩などの時間外労働強化, 歩増制度強制貯金などが行われ, 歩士二人宛すえ置くよう, 歩士十人召し連れられて, 歩変化しかけたよう, 歩外国に踏出しまする, 歩外海へ漕ぎ出せ, 歩多くの古, 歩の進み来る, 歩夜廻りの者, 歩夜旅の興趣, 歩大きいスフェアに, 歩大きく踏み出したの, 歩大きな浪人が, 歩大宮に入る, 歩大木の陰, 歩大股に歩い, 歩大通りへ出る, 歩大門を廓, 歩奥まったゴーリキイの, 歩女主人公の心, 歩女湯の方, 歩好転するなり, 歩妥協して, 歩に遅れ, 歩姿は葛飾, 歩娑婆に音, 歩学問を研究, 歩安易な道, 歩行ったり, 歩宛行つたり, 歩実在性を失ふ, 歩実行化したもの, 歩実験的に調べ, 歩客観主観の両面, 歩室外へ踏み出そう, 歩宴会の席, 歩家庭を出れ, 歩寄った時柳の, 歩寄らんとす, 歩寝台の方, 歩対岸を踏んだら, 歩専門的になる, 歩戻りして, 歩小刻みに下がった, 歩小四郎は前, 歩小屋の中, 歩小走りして, 歩屋内へ足, 歩屋根の下, 歩展開して, 歩履優にこなた, 歩履我を運び, 歩履道を離, 歩山上の冷気, 歩山門を這入る, 歩を下り始める, 歩なかのう, 歩巡査をやりすごした, 歩から外, 歩工兵の密接, 歩工夫が肝腎, 歩市ヶ谷見附が近く, 歩布教しつ, 歩希望を以て踏み出し, 歩帝国ホテル側へ数十歩有楽座側, 歩幅幾歩と歩み試み, 歩平地では百四十歩, 歩幽霊の方, 歩さは, 歩床板に弾き上げられ, 歩を出る, 歩と云った, 歩廷丁の先, 歩廻った印象記とを, 歩廻るとか種々, 歩廻ツて見る, 歩引いて空, 歩引かえし, 歩引かれるままに, 歩引きこむように, 歩引き下がりて余儀なく, 歩引き下がりしまま見向き, 歩引き下がればちょうど, 歩引き込んで行く, 歩引つ張つ, 歩引下り, 歩引返して別, 歩引返すと倒れ, 歩強がって, 歩弾みかけるとそこ, 歩形而上派に近づきたる, 歩彼らに運ばれ, 歩彼等の触れ得なかった, 歩往いては立ちどまり, 歩往かば朽木, 歩往き過ぎてから立ちどまった, 歩往けば鎮守八幡, 歩往來へ進み出, 歩往来の方, 歩をつない, 歩後すざった, 歩後れがちに足, 歩後れるのは, 歩後方にたじろぐ, 歩後歩のみだれる, 歩後退二歩前進の姿, 歩に運, 歩心もとなく次第に遠ざかります, 歩心一歩でも不用意, 歩心両道を合せ, 歩応接室に入る, 歩を押す, 歩忽ち茅葺の, 歩思いやりのない, 歩思はず身を, 歩思ひ切つた跳進を, 歩思わず歩き出すが, 歩しくなって, 歩急いでお人好し, 歩急ぐのである, 歩急進すると, 歩怪塔の入口, 歩怪外人の前, 歩怪老人の方, 歩を殺し, 歩悪化すると, 歩惣七のまえ, 歩意識して, 歩慣れたら何うなります, 歩應接室に入る, 歩茶屋の, 歩懸崖の突端, 歩に鴫, 歩我国の如き, 歩我等を隔てき, 歩或は数歩高まり, 歩に巧, 歩つて覗く, 歩戻って, 歩戻りかけたが又, 歩扉口のほう, 歩手前位まで発展, 歩手前程度の土地, 歩批評した, 歩抜け出したところの, 歩押して行く, 歩押しすすめたもんじゃ, 歩押しやられていた, 歩押し進めようとする, 歩拡大したこと, 歩拭き込んだ廊下を, 歩振向いた處が, 歩掘り下げて科学的, 歩控える心を, 歩推論しても, 歩摂津に入る, 歩播州へ入っ, 歩擬宝珠へ寄った, 歩攀じては一息つき, 歩二に, 歩救うことの, 歩るるも, 歩て忘れん, 歩敬四郎に先んじられ, 歩はかかる, 歩敵地にすすん, 歩を積ん, 歩文語体の習慣, 歩料理に近づい, 歩斬り捲くられたが元, 歩斬り込んで来た, 歩時代の, 歩新しい詩体に, 歩がシツカリ, 歩方向を変えれ, 歩旅人の方, 歩日本国を出, 歩やな, 歩早かったならば, 歩早める結果と, 歩早川渓の水声, 歩昆虫の科学, 歩時間にすれ, 歩曲がりかけると人数, 歩更にテレくさ, 歩書庫の方, 歩曹丕が數, 歩月茗渓途値臼田才佐遂同到礫川, 歩有楽座側へ靴音, 歩朝倉先生のほう, 歩木の間に身, 歩木村七分考へて, 歩木津の地, 歩本堂のうち, 歩本道のほう, 歩の外, 歩来れる宮と, 歩東京へ向っ, 歩根本へ向っ, 歩根本的に考え, 歩根柢へ這入っ, 歩桑桑園とまでし, 歩桑葉は三二六貫八〇〇目, 歩極端に走っ, 歩楽屋の入口, 歩横丁に曲る, 歩横町へ入る, 歩横須賀村へ入っ, 歩機先を制し, 歩機転を働かせれ, 歩次元を進め, 歩此方へ走り近づく, 歩武山嶮を揺すった, 歩武蔵をにらん, 歩武蔵野へはいる, 歩歩きかえして瘠せ, 歩歩きかけた背後から, 歩歩きだした時看護婦は, 歩歩きまわっていた, 歩歩き出して籬, 歩歩みだして私, 歩歩みだすばかりです, 歩歩み出すと, 歩歩み出そうとした, 歩歩んだ所で, 歩歩行ますと, 歩歴史的に一歩, 歩り路, 歩を期す, 歩死骸に近づきました, 歩残ってるのみだった, 歩や妻, 歩毛利方において譲歩, 歩氷上行軍がはじまる, 歩を去る, 歩の畔, 歩決死の修理, 歩沈黙のうち, 歩に出る, 歩沢尻の細道, 歩に踏み入る, 歩河筋へはいつ, 歩の中, 歩法廷の大広間, 歩注意しながら, 歩注意深く足を, 歩泳いで立直る, 歩泳ぎはした, 歩泳ぎだすかと思う, 歩流しては一歩, 歩流渠あり, 歩浮世の風, 歩海辺へ出る, 歩入し, 歩深みを眺めやる, 歩深めてこの, 歩深めたものです, 歩深淵に滑り込んだ, 歩深田の中, 歩渓流会のこと, 歩渡ってゆく, 歩渦巻にまき込まれ, 歩洲へ, 歩漕ぎわけ押しわけ, 歩漢室の復興, 歩潜在意識の神秘境, 歩濃くなるばかり, 歩の粘土, 歩炊事小屋の外, 歩燒跡に踏みこんだ, 歩燦爛と光, 歩には石目, 歩片足があの, 歩牽いてゆく, 歩犯してしまった, 歩狭い司令塔の, 歩獨立方式を誤れ, 歩玄蕃允の采配, 歩玄関の方, 歩現代女流俳句がどんな, 歩現実性可能性を増し, 歩理想に近づきつ, 歩の色どり, 歩生活の乱れ, 歩生籬に近づき, 歩用心しながら, 歩用意深く前, 歩田舎に踏み出し, 歩の方, 歩発展し前進, 歩発展的に物事, 歩百万歩と歩く, 歩百歩神部要助という伯母, 歩皮相な方面, 歩皮肉なところ, 歩盗賊らの方, 歩目曹植は哀し, 歩相見へ申候, 歩省線の吊, 歩眞佐子に近づいた, 歩眞夜中の街, 歩の大, 歩真個にもう, 歩真実へ近づかん, 歩真面目に真剣, 歩眼前に展開, 歩矢代家の門, 歩石猿を叩い, 歩確める必要, 歩確実に足場, 歩確然たる前進, 歩社会から遠ざかった, 歩社長室へ入る, 歩神聖者との眞, 歩神部要助という伯母, 歩私たちは歩み出し得, 歩私達に近寄っ, 歩秩父側に下る, 歩移すに連れ, 歩程もと来た方, 歩程をゆるめも, 歩突き込んで書い, 歩突入つた沈静な喜悦, 歩突込みたかつた, 歩突込んで云う, 歩窓側を飛び退つた, 歩窓口に近づく, 歩窓外を眺, 歩窓際を飛び退つた, 歩窮地に追, 歩立ち去り得べきや諸, 歩立ち寄ってまた, 歩立ち戻つて思はず, 歩立ち退いた意味に, 歩立去り得べきや諸, 歩立遅れ採掘面積六十万坪年五万瓩の, 歩の趾, 歩の數敢, 歩築かれて行く, 歩簇擁尺地もあまさぬ, 歩精進するの, 歩絶巓に近付く, 歩經驗派に近づきたる, 歩緊密な度合, 歩緊張の度, 歩総て稜々した石塊, 歩総門を踏み出す, 歩織田家へ加担, 歩置きかにある, 歩の形式, 歩を下, 歩聞えたかと思う, 歩脱して纔, 歩脱線すると, 歩膝頭で椽, 歩臆測を逞, 歩臥床に近づき, 歩三光渡古川, 歩自信ありげ, 歩自己勝算の道, 歩自由な全, 歩自重して, 歩船橋の方, 歩良人の方, 歩の上, 歩花壇の中, 歩花田中尉の処, 歩若く盛んに, 歩苦労して, 歩の戸, 歩荷たちのなか, 歩華楊らしいよ, 歩萩乃は夜具蒲団, 歩落ちれば生命, 歩葉子から離れ, 歩薄氷を踏む, 歩の外, 歩の仙, 歩が鶏, 歩を見る, 歩血腥い部屋に, 歩行かしやるでござるかの, 歩行かずに道中, 歩行かせて雪, 歩行かないとは限らない, 歩行かねばならぬ, 歩行かれない針仕事の, 歩行き土手より今戸, 歩行き掬切に刃形, 歩行き歩行き掬切に刃形, 歩行き秋の夜番, 歩行き馴れたこの女, 歩行くだら朋達だっ, 歩行く光り輝く紙の, 歩行けないたって仕方, 歩行けなく成つた所を, 歩行けませなんだ, 歩行こうとした, 歩行ったらくたくたと, 歩行過ぎた早瀬の, 歩行頭を以て終つたの, 歩へ脚, 歩裏通りに入る, 歩西湖畔から折れ, 歩見かえればかの, 歩を曲がる, 歩解決へ踏込みます, 歩をおそく, 歩計りの處, 歩許熟視すれば, 歩詰めさえすれ, 歩誤つたが最後, 歩読みそこなうと, 歩謁見の間, 歩謙遜しないでは, 歩譲つて新鮮味更になし, 歩譲らなければならない, 歩譲ればもう, 歩へ降り, 歩負けている, 歩貰ったそうです, 歩飛伏一進一退陣法の, 歩走りだしそれを, 歩走り出しながらギックリ, 歩走ると息, 歩越えてしまえ, 歩足ものたの, 歩足らず隔っていた, 歩足振りでは合戦, 歩足早に落ち延び, 歩いて, 歩跫音をしのばせ, 歩路面よりも低く, 歩跳び退いたが不可思議, 歩締めたと, 歩踏みあやまれば全身, 歩踏みかけた姿勢を, 歩踏みこめば鬼気, 歩踏みしさって, 歩踏みしめるような, 歩踏みだしてはゐない, 歩踏みはずさせまいと気, 歩踏みはずすとその, 歩踏み入つたと, 歩踏み出さねばならなくなる, 歩踏み出しかけたが学生, 歩踏み出したならば五法, 歩踏み出したら北風は, 歩踏み出しまして何人, 歩踏み出た文学の, 歩踏み外したがさい, 歩踏み外せば本当に, 歩踏み昇る場合の, 歩踏み登ってゆく, 歩踏み誤れば溺れね, 歩踏み越えられなかつたのだらう, 歩踏み越えるともう, 歩踏み込まうとする, 歩踏み込めば現在, 歩踏み込もうとする, 歩踏み降りる靴の, 歩踏む度に, 歩踏んで行く, 歩踏締て出來, 歩踏込むと急, 歩をめぐらしかけた, 歩蹣跚き退った, 歩ひながら, 歩躊躇ながら二階, 歩躱せば五歩, 歩を麾い, 歩転じて堂々, 歩転じれば身, 歩辰男の居間, 歩農舎に入り, 歩辿って行かなけれ, 歩近く黒岩と対, 歩近づき仔細に, 歩近寄ったが, 歩近寄つていきなり, 歩近寄るかと思へ, 歩近隣の交換, 歩返して圧, 歩返つて, 歩迫り五歩躱せ, 歩迫るが理想, 歩ひ込んだ旅客, 歩追いつめられたがその, 歩追うと武蔵, 歩追ってすぐに, 歩追窮した, 歩退いたら天の, 歩退かせるところに, 歩退かなければならなかった, 歩退かねばならぬ, 歩退がれば谷, 歩退きしが抜, 歩退きましたが運惡, 歩退きますと, 歩退けば十歩, 歩退った小六が, 歩退つた八五郎は, 歩逃げたほどである, 歩逃げるやうに, 歩逆行して, 歩逍遥せる或, 歩這入つたところで, 歩通りの方, 歩通り越すまでの激し, 歩速かなりしかどもわが, 歩逡巡した, 歩とかいうの, 歩進まざるを得なかつた, 歩進ませて母, 歩進ませるやうに, 歩進みたるものなれ, 歩進み入る時に, 歩進み出ると不意, 歩進み寄ろうとする, 歩進めようとよき, 歩進められて最近, 歩進めんとする, 歩進取的で印度, 歩進境をみせ, 歩進展して, 歩進行きしが彼方, 歩遅かったら貴君, 歩遅きを嘲る, 歩遅れた状態で, 歩遅れたら人より, 歩遅れれば籠城, 歩遊離した思索, 歩運んでみた, 歩運んだ勘次の, 歩過ぎてからまた, 歩過ぎし時, 歩過入軟塵, 歩道場から出よう, 歩へば立所, 歩遜り下った態度を, 歩遠く西日の, 歩遠ざかってゆく, 歩遠ざかったときに, 歩遠ざかりつ唇を, 歩遠のいたと同じ, 歩遠心的に孔子, 歩遲むることもなく急ぎもせず, 歩避けて二人, 歩郊外へ出る, 歩に入れ, 歩都会を離れる, 歩都會を離れる, 歩酒屋の庭, 歩そうに, 歩金一つ婆の膝, 歩金三十八こまがね, 歩金二つ三つ小粒銀三十, 歩金取引等が行われる, 歩金吾がそこ, 歩銀座に入る, 歩銀廿五両包二個を手拭, 歩鋪装道路をはずれる, 歩鋪道の上, 歩鋭い観察に, 歩り叡智的, 歩長い旅路に, 歩門人たちの方, 歩開拓して, 歩間違うともう, 歩間違って箪笥, 歩間隔をおい, 歩関係人数四九七八名でこれ, 歩闘って行っ, 歩附きとは兎角, 歩附きで立派な, 歩降りて行きました, 歩降りかけて西北, 歩降りるとき自分の, 歩陣頭に進ん, 歩険悪化した, 歩陽あしと往来, 歩隊長の方, 歩を降り, 歩った後, 歩を造れ, 歩障子のほう, 歩障碍と戦い, 歩隣室へ踏み入り, 歩隲字は子, 歩の坂, 歩雪沓を踏みしめ, 歩の履, 歩雷鳥沢へ入る, 歩霧島に近づい, 歩青梅の宿, 歩に足, 歩の打ち, 歩非常な困難, 歩を踏み出す, 歩靴先を草叢, 歩順序を踏ん, 歩類推を進めるなら, 歩に吹き消される, 歩風身体のこなし, 歩飛びしざつた, 歩飛び退ざって刀の, 歩飛び退いた頼母は, 歩飛込む平次後ろからは, 歩食堂の方, 歩がたかれ, 歩の方, 歩け出した, 歩駈けてそして, 歩駈けのぼってはまた, 歩駈け下りて来, 歩駈戻って捻じた, 歩動き陸, 歩驀進の力点, 歩け拔, 歩高く到底この世, 歩高札から足, 歩高等の階級, 歩鷹揚に御座之間, 歩黒羽町に近づき, 歩つて歩いた, 歩齲齒笑をなし