青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暑~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

晴~ ~晴れ 晴れ~ 晴れた~ 智~ ~智慧 智慧~ 暁~ ~暇 暇~
暑~
暑い~ 暖~ ~暗 暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示

「暑~」 1661, 16ppm, 6889位

▼ 暑~ (1120, 67.4%)

47 寒さ 36 かな 24 のため 1912 の中 10 である 9 だった 7 であった, のせい 6 を忘れる 5 です, の日, を凌い, を忘れ 4 だと, に苦しん, のなか, はいよいよ, は暑し, は格別, や寒, を冒し, を避け, を避ける

3 [22件] がぶり返し, だから, だったが, ですな, で威嚇, と疲労, にあたった, にお, にでも障り, になりました, にもめげず, に向, の取, の時分, は又, は真夏, は非常, も寒, も暑し, を感じた, を防ぐ, を風呂

2 [68件] お大切, かなというふう, がきびしい, が余り, が加, が募る, が厳しい, が又, が増し, が身, だつた, であつ, でお, でした, ですから, で両側, で気, ときたらまったく, と倦怠, と疲れ, と蚊, にあえい, におどろい, になっ, になった, にはさすが, にむかっ, に参っ, に弱い, に息, に慣れ, に苦しむ, に茹, に閉口, のきびしい, のこと, のない, の感じ, の波, の烈しい, の由, の絶頂, の見舞, の記憶, はこの, はと石, はまだ, は一通り, は例年, は依然として, は日本アルプス, まだし堪ふべし色褪せ, も忘れ, も思いやられた, も暑い, も本格的, よりも寒, をお, をしのぐ, を厭う, を度外, を忘, を恐れた, を感じる, を感ずる, を樫, 堪へゆく田, 苦しさ

1 [681件 抜粋] いくらかよろし, いときびし, うだな, うであるが, うなもの, かと思われる, からかの, から解かれた, か西日さし, か駈込んだ, がおそっ, がこたえる, がさわり, がしのぎ, がしのげない, がしみ, がたまらない, がつづいた, がつのる, がとまつ, がなけれ, がはじまった, がひどい, がひるみそめ, がわからない, が乾い, が人, が僕, が凌げる, が凝, が劇, が加はる, が去っ, が同じ, が和ぐ, が増した, が大分, が待ち設け, が思いやられた, が恋し, が想いやられる, が感ぜられた, が最初, が来ない, が残っ, が気, が漸く, が激しく, が短時間減退, が終り, が続い, が続きました, が自然, が苦, が身体, が違, が酷かっ, が酷しい, が重石, が非常, きびしくなりぬ, きびしく候ところ, きびしはだかでよこたはる, この児, さむさ, じゃあ大抵, じゃそう, じゃ大丈夫, じゃ寝つかれやしません, じゃ桶, そしてこの, だし, だしかし, だずら, だったかが, だったから, だとは, だなあ, だね, だ寒暖計, だ誰, てりけり巴旦杏, であったが, であったし, でありました, でうだった, でくたくた, でございますせつせつと, でしたろう, でじっくり, ですそちら, ですっかり, ですね, でない, では, ではありました, ではどこ, ではなく, では涼しく, では馬, でぶくぶく, でへとへと, でぼう, でもありません, でもどう, でもない, でもなかっ, でわたくし, でダメ, で一晩, で仕事, で参る, で夏休み中実験室, で夜, で夜中, で客, で幾らか, で弱っ, で水, で江戸, で流れ, で純, で脳, で腐爛, で自然, で苦しい, で見世物どころ, で諸君, で起きち, で追剥, で道路, で閉口, で飲む, ということ, といったら, といふもの, とか吹雪, とそれから, とちがっ, とつめた, とで彼, とで桐紋, とで死んだ, とともに凝固, とともに日毎, とともに細かい, とにうだつ, とに疲れ, とのなか, との夾み撃ち, とは対照的, と云う, と云ったら, と人いきれ, と何, と土地, と土星, と寒, と寒さ, と急いだ, と戦ふ, と教室内, と来, と歩き, と涼し, と疲勞, と知らず, と砂ほこり, と苦し, と蠅取り紙, と貧し, と退屈さ, と逆流, と雑沓, と雑踏, と雨, と饑渇, と高熱, と鬪, などは問題, など想っ, なり, なれど, なんてこき, にあえぐ, にあたって商売, にあたって死にましょう, にあっ, にあてられ, にいくらか, にいつの間にか, にいつも, にうだった, にうだつ, にうんざり, にかまけ, にぐつたりと葉, にこちたき, にし, にしばらく, にせかれ, にぢ, につつまれ, にとり逆, になん, にねる, にはきちんと, にはすぐ, にはなる, には何, には参っ, には喘ぎ, には強い, には慣れ, には抵抗力, には誰, には閉口, にひょこひょこ, にびつくり, にぴったり, にほっと, にぼやけ, にまだ, にめげた, にもか, にもめげず引きずっ, にも堪へる, にも寒, にも疲れ, にも頭, にゆだっ, にジタバタ, にフーフー, にヘキエキ, に中った, に二度, に五つ紋, に倦みはてた, に全く, に加え, に参った, に参る, に向い, に向う, に咽喉, に圧迫, に地球, に堪え, に堪え切れない, に堪へかね, に堪へない, に堪りますまい, に失する, に対して勝ち誇つた, に対して抵抗, に就, に幸恵さん, に幾, に幾分, に弱っ, に弱ってる, に強い, に心から, に怯げたかたち, に惱, に憩う, に或, に押入れ, に拘らず, に持て余した, に毎日, に気, に氣, に泳いだ, に溶ろけた油絵具, に焦げ爛れ, に燃えてる, に疲れ, に疲れ果て, に皮ジャケット, に窓, に耐えられぬ, に聞き入る, に脂肪, に臥裸婦, に自分, に苦しい, に苦しみ, に苦しめられ, に草苺, に萎, に萎えた, に蒸され, に蒸せ返っ, に蒸れ切った, に襟, に訶まれ, に透かせ, に遭っ, に部屋着, に酔わされた, に重き, に釣り合っ, に陸路, に雲, に頓着, に麦稈, のあまり, のいきれる, のこの, のせゐばかり, のため鼻血, のところ, のはげしく, のぶり返し, のほう, のみ感じられる, の下, の久しき, の全く, の加減, の句, の度合, の強い, の後, の思い出, の折, の故, の時, の時分道中, の淀, の為, の猛威, の真盛り, の空中, の籠った, の身, の過去帳, の集注点, は, はあちら, はいくぶん, はおぼえさせなかった, はかくべつ, はげしきに, はげしくしてた, はげしければ, はこたえた, はこたえるでしょう, はこれ以上, はそ, はそこら, はたしかに, はたゆき, はなお, はのこっ, ははつきり, はひど, はひどく, はもう, はもうなかつたが, は上下, は人, は今年, は何, は何事, は先日, は別, は別物, は加つて, は却, は呼吸困難, は地獄, は増す, は大川, は尼ヶ崎, は山, は岸本, は巴旦杏, は幾ら, は急, は息づまる, は拭い去られ, は昇りつめ, は昔, は暑, は来ず, は植物, は次第に, は海辺, は減じなかった, は相当, は真実苦手, は答える, は蒸される, は蟻, は裸体, は金, ひどし, へ耐, もいちどに, もくそ, もすぎ, もすッ, もそれほど, もなんのその, もひどい, もまったく, も一倍, も一入, も一通り, も人, も人一倍, も冬, も凌ぎ, も凌ぎよくなつたので気, も同情, も夕方, も平気, も手伝つて, も日本, も格別, も汗, も無く, も物皮, も直ぐ, も眠, も紛らし, も萩, も記憶, や光線, や夜, や寒さ, や澱み, や騒ぎ, よ, よりも恥し, よりも生命, をいた, をいとわなかった, をくぐっ, をさ, をその, をそのまま, をどうやら, をふせぐ, をもしのぐ, をもの, をも厭はず宿, をよそ, を予告, を予想, を凌ぎ, を加え, を厭い, を口, を呼ぶ, を増し, を忘れしむ, を忘れた, を思い出さされた, を思う, を思わせる, を惜む雲, を想いやった, を想わする, を感じ, を感じなく, を感じなくなっ, を感ぜず, を我慢, を洗い, を消せよう, を清算, を知らず, を知らぬ, を見せ, を覚えしめる, を覚える, を訴え, を調節, を身, を運ん, を避けよう, を避けん, を防いだ, 一層凌ぎ, 中りしたらしいん, 中りや, 侘しさ, 全く男性的, 堪えがたければ, 堪えがたし西国, 実にはげしく, 涼しさ, 激し, 甚だし, 盛り戸一重, 突然の, 驚くべしげんなり

▼ 暑かつ~ (72, 4.3%)

237 たが 4 たでせう, たので 3 たでせう定めて 2 たから, たもん, た今日

1 [25件] たいよ, たくら, たけれど, たこの, たしかし, たぜ, たでございませう, たですよ, たの, たむしあつ, たらう, たら成るべく曇, たり涼し, た一洵老来庵, た三十度, た労, た吹く風, た我が, た暑い暑い, た東京, た毎日三十度以上, た為, た真, た華氏九十七度, た道ばた

▼ 暑~ (43, 2.6%)

4 冒して 3 避けて 2 わすれたるは, 感ずるので

1 [32件] いとわず毎日, いとわず献身的, かまって, 丸山長泉寺に, 侵して, 凌がねば, 凌ぎ休ら, 厭ふ, 問はず午食後に, 山上に, 山中に, 山海の, 忍んで, 忘れた敷居, 想起し, 想起する, 憚らず, 支え恥, 草津に, 覺ゆ, 送り来たり, 避くる, 避けたるが, 避けたん, 避けたんぢ, 避けつ, 避けに, 避けるに, 避け冬, 防ぎ健康, 防ぎ市街, 防ぐが

▼ 暑~ (42, 2.5%)

2 差が, 時の

1 [38件] うん気の, そんなにはげしい, なき樣, 一文を, 一日物かく, 世界に, 午後で, 去来する, 変りに, 変化は, 夕よく, 夜の, 季節には, 影響を, 往來に, 往来によって, 感覚以上の, 折には, 折を, 挨拶状などを, 接触を, 時であった, 時節なり, 晩景浴後には, 激しい時, 為に, 砌参った, 砌見, 節一盛で, 粒の, 苦しみをも, 苦難を, 衣服を, 衣類だけを, 霞はてなき, 頃から, 頃だった, 頃に

▼ 暑そう~ (31, 1.9%)

2 な感じ

1 [29件] だ, だから, だが, だな, であったが, ですね, なところ, なり, な上天気, な景色, な赫土色, な霞, な靄, な顔, にきこえた, にみえる, にゆっくり, に啼き続け, に思われる, に日, に照, に照らされ, に照らした, に袷, に見えた, に見える, に額, に顔, ねお前さん

▼ 暑くるしい~ (26, 1.6%)

2 夜を, 旅の

1 [22件] お礼を, からお, からね, が久しぶり, せめての, と夜, と思はれる, と思われる, ね絣, ので筆, のに障子, ほどに描き出し, ものの, もん着ん, 塵が, 夏の, 夕ぐれ, 大紋烏帽子を, 奴を, 日, 色に, 靄との

▼ 暑~ (25, 1.5%)

2 疲れ勝ち

1 [23件] かかわらず未明, さへ, つけて, つけても, なる, 向ひ, 向ひぬ, 喘ぐ人, 堪へて, 堪へねばぞと, 応じ適当, 息も, 悩むだ方々, 曝されて, 曝されても, 用て, 矢声を, 耐えるとか, 耐え身, 苦みこの, 苦み樹下に, 適しなかったと, 限るん

▼ 暑~ (23, 1.4%)

154 しからず 1 からず, しき為身体大, しく重陽, しけれども

▼ 暑~ (15, 0.9%)

8 の御 1 で行, に入り来つた, に御遊, に行, の御遊, の琴歌神宴, の神楽

▼ 暑~ (14, 0.8%)

1 [14件] が思ひやられる, だといふ, つよくなりし, つよく成し, で澄みき, と歩行, と病氣, に中, に醉, のきびしい, はほとほと, は日一日, を非常, 中り氣味

▼ 暑くるしく~ (11, 0.7%)

1 [11件] あるまいとも, うらぶれたけしき, てお, とも半天, はない, 並木の, 冬は, 掛って, 着て, 石に, 蝉が

▼ 暑がっ~ (7, 0.4%)

2 て顔 1 て, ていない, てやしない, てホッホッ, て阿弥陀冠

▼ 暑すぎる~ (7, 0.4%)

1 からね, のだ, やうだ, ような, 友人なら, 時には, 氣候で

▼ 暑~ (7, 0.4%)

1 くるしい, くるしいから, くるしいところ, くるしいのに, くるしいやつ, 苦しいからな, 苦しいこと

▼ 暑~ (5, 0.3%)

3 ありませんか 1 ないの, ッた

▼ 暑かりし~ (5, 0.3%)

2 に唯一日ふつ 1 ことと, や夢, 日を

▼ 暑さ見舞~ (5, 0.3%)

1 じゃ礼手紙, でも種々書き様, と無沙汰, に上つた事, に来た

▼ 暑くるし~ (4, 0.2%)

2 さだった 1 さ, さを

▼ 暑~ (4, 0.2%)

1 きに, き夕凪, くまさる, アこの

▼ 暑すぎ~ (4, 0.2%)

1 たり寒すぎ, て明る, て猶, もせず

▼ 暑~ (4, 0.2%)

1 さらに辨, 何を, 暑し園, 果しなし金

▼ 暑~ (4, 0.2%)

1 を見る, 九十度を, 華氏九十四度に, 華氏八十四度を

▼ 暑~ (3, 0.2%)

2 つてるの 1 去年より

▼ 暑くるしき~ (3, 0.2%)

1 を木綿蚊帳, 床の, 生を

▼ 暑さ盛り~ (3, 0.2%)

1 だと, の丁度, をうつら

▼ 暑さ硫黄~ (3, 0.2%)

3 をとかす

▼ 暑~ (3, 0.2%)

2 岸に 1 柔軟い

▼ 暑~ (3, 0.2%)

1 同じく対照, 波濤と, 闘ふ

▼ 暑ともに~ (3, 0.2%)

1 穿つもの, 良いもの, 防ぐの

▼ 暑~ (3, 0.2%)

2 はげしく汗 1 なく師鉄眼

▼ 暑~ (3, 0.2%)

1 さては精神過多等, 扨は, 飢餓を

▼ 暑~ (3, 0.2%)

3

▼ 暑共に~ (3, 0.2%)

1 余り頓着は, 半靴, 苦しみ多し

▼ 暑尤甚~ (3, 0.2%)

3

▼ 暑~ (3, 0.2%)

1 るしく重々しい赤い, を凌がう, を凌ごう

▼ 暑けど~ (2, 0.1%)

2 墓掃く

▼ 暑~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 暑さあたり~ (2, 0.1%)

1 だろうぐらいに, の気味

▼ 暑さしのぎ~ (2, 0.1%)

1 に暗い, に銀座会館

▼ 暑さ以上~ (2, 0.1%)

1 にこたえ, に燃え

▼ 暑さ死臭~ (2, 0.1%)

2 に満

▼ 暑さ知らず~ (2, 0.1%)

1 でござる, の涼風

▼ 暑~ (2, 0.1%)

1 がりや, くるしさうに森閑

▼ 暑にも~ (2, 0.1%)

1 堪えるよう, 立ちどころに咳声

▼ 暑の旱~ (2, 0.1%)

1 という, と言

▼ 暑昼夜~ (2, 0.1%)

1 のわかち, の注意心配

▼ 暑~ (2, 0.1%)

1 において一, に霜

▼ 暑湿~ (2, 0.1%)

1 に侵され, 乾の

▼ 暑~ (2, 0.1%)

1 な身, 推而歳成焉

▼1* [116件]

あまり暑いので, 暑うい時分に, 暑こつた, 暑おまへうかい, 暑かりけむ, 暑かるべし, 暑がらないのです, 暑がるのも, 暑くるしい暗い空へ, 暑くるしかった, 暑ござんすで, 暑さうに思はれる, 暑さうにうちはを使, 暑さうにシルクハットがたかつ, 暑さうに肥つた体を起し, 暑さうに胸をはだけ, 暑さそのものの象徴, 暑さそれに炭, 暑さたへがたくし, 暑さなほ消ち, 暑さはつのつた, 暑さもさほどに感じられない, 暑さオーヴァ無しで汗, 暑さ冬の凍てつく, 暑さ凌ぎにも一番, 暑さ夕方ザーッと, 暑さ大へん汗, 暑さ容易に去りませぬ, 暑さ幾日ぞ又, 暑さ強きも風, 暑さ日なりけれ, 暑さ昼夜の懸隔, 暑さ朝晩の涼し, 暑さ東京がいつ, 暑さ毎日の炎天, 暑さ水流のきらめき, 暑さ火夫や狂はん船, 暑さ照りけり巴旦杏, 暑さ珍らしや, 暑さ甚し, 暑さ眼を細めたい, 暑さ続きに水, 暑さ負けがせられ, 暑すぎたので体, 暑すぎるだろうそう思いました, 暑せざりしが暁天, 暑そうなかわいた霧, 暑つからず寒からぬ, 暑とあるは寒冷, 暑というような, 暑とか云て, 暑とは正反對, 暑とも通じて, 暑なったがそちら, 暑にさえすぐ反応, 暑のみぎりでありました, 暑への暴露極貧子供の, 暑森深く, 暑やや寒き地, 暑イノデ洋装ニスレバイヽノニナゼカ颯子ハ和服デアル, 暑イノニ早クオ帰リニナッタラドウ, 暑イノニ大変ダネユックリ休ンデ行キナサイ, 暑イノニ御苦労ナコトダガ春久ガ御祭ヲ撮影スルノダト云ッテ昨日カラ行ッテイルノデアル, 暑イ盛リダカラ七月末マデ居ロトイウ故世話ニモナッタカラ, 暑イ盛リデモ彼女ハ大概足袋ヲ穿イテイル, 暑クッテ困ルンデ, 暑ク湿気ガ多イノデ, 暑サハ異常デアル, 暑サモ思イヤラレルガ冷房ガヒトシオ厳シイニ違イナク手ノ痛, 暑苦しいよ, 暑ヲ凌グ計リナレバ曝ス可キ, 暑之処御安全慶賀, 暑九十七度九分山々に未だ, 暑乾湿風雨霜雪日光の度, 暑不甚, 暑に先生, 暑休みを終, 暑何時でも其定, 暑前日に劣らず, 暑去来風蘇士船将泊, 暑吉凶の見舞, 暑地球のため, 暑堂御遊といふやう, 暑堂焼亡の後, 暑夏期に小, 暑は夜, 暑威暴利を縱いま, 暑減ず, 暑侵楼灯懸, 暑尤も甚し, 暑并び行はれて, 暑往則寒来寒暑相, 暑も道路, 暑去らず, 暑暑往則寒来, 暑栄枯天地之呼吸也, 暑気づいて来た, 暑氣嚴敷候處貴君は如何, 暑氣夭多く寒氣壽, 暑氣盛りの踊, 暑などいろいろ, 暑炎鬱蒸盪瀉し尽せり, 暑焼くが如し, 暑甚御坐候, 暑病気のため, 暑病氣のため, 暑の近因, 暑寒熟麦時, 暑ぎるぢやないか, 暑過ぎて困る, 暑過ぎますね, 暑過ぎるじゃない, 暑はレオミユウル式, 暑を厭わず, 暑雨連綿として淮土, 暑と降り