青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「林~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~松 松~ 松平~ 松本~ ~板 板~ ~枕 枕~ 枕元~ ~林
林~
林檎~ 枚~ ~果 果~ ~果して 果して~ 果たして~ 果て~ 果物~ ~枝

「林~」 9451, 98ppm, 1122位

▼ 林~ (2826, 29.9%)

268 中に 162 中を 124 中へ 119 中の 100 中で 87 中から 54 ように 51 中は 39 中には 37 なかに, 方へ 31 間に 30 間を 26 奥に 22 奥の 21 奥から 20 上に 17 なかを, ような 16 なかで, 奥へ 15 なかの 14 方を, 間の 12 やうに, 中では 11 下を, 前に, 間から 10 なかへ, 向うに 9 奥で 8 奥を, 木の, 梢に 7 なかは, 上を, 下の, 外に, 外へ, 方で 6 下は, 中にも, 向ふ, 方に, 蔭に

5 [12件] かげに, まん中に, 下に, 中が, 中へと, 中や, 入口に, 入口の, 奧の, 方から, 歌, 顔を

4 [11件] こみちを, ごとし, 上の, 中からは, 向うの, 奥は, 木の間から, 木を, 縁を, 裾の, 陰に

3 [26件] ごとく静か, なかから, なかには, はずれに, ほうへ, やうな, 中と, 中などへ, 中へでも, 中まで, 中より, 奥からは, 奥へと, 家に, 小道を, 底の, 彼方に, 木の間に, 梢から, 梢を, 立木を, 細君は, 落葉を, 角に, 間からは, 雜木まばらに

2 [121件] あいだに, あなたに, うしろの, うちに, うちへ, うちを, おくへ, かげの, かなたに, こんに, ざわざわが, すその, それを, ところへ, なか, はずれで, はずれの, はてに, ほそみ, むこうに, むこうの, ようである, わきに, 一面は, 上には, 下で, 下へ, 中か, 中さ, 中だ, 中である, 中な, 中などに, 中などを, 中にて, 中深く, 入口で, 処に, 処へ, 出っ張りから, 出口な, 切れ目から, 切れ目の, 前で, 前へ, 労働者に, 卓の, 南の, 厳かなる, 向うへ, 向うを, 境界線を, 夕あかり裏山松の, 夕じ, 外れに, 外を, 奥では, 奧に, 奧まで, 奧深く, 如きもの, 如く静か, 姿も, 家と, 家へ, 小径で, 小径を, 小徑, 小路に, 小道へ, 山を, 山水一幅すばらしい, 底を, 影が, 所へ, 手から, 方は, 方へと, 方へも, 明暗いろいろの, 景色などを, 木が, 木の葉が, 木蔭を, 杉の, 杭が, 松下旅館で, 枝の, 楢の, 樹, 樹の, 樹も, 樹間に, 異稱日本傳, 白樺の, 眺望は, 秋の, 空地に, 立番だなす, 簫の, 細道へ, 縁に, 縁の, 美を, 耳に, 聖者として, 臣, 葉は, 蔭から, 蔭で, 蔭を, 見える方, 軍と, 道を, 間々に, 間で, 間には, 間許り, 陰の, 静寂に, 高い梢

1 [883件 抜粋] あいだから, あいだへ, あいだ草原の, あさいところ, あたりで, あたりまで, あちこちからは, あちこちに, あっちを, あらわれたところ, あるところ, あるよう, ある尾根道, ある広い, ある方, ある溪谷, あッち, いずれかに, いりぐち, うちにおける, うちは, おくの, おくの方, おやじ, お父さんで, お父さんも, お請け, かげで, かなたが, かなたなる, かなた遠く, こずえが, こっちの, こと, ことである, ことを, この道中, ごときあいだ, ごとき中, ごとき檣竿, ごとく, ごとくあれ, ごとく動かず騒がず森, ごとく売るもの, ごとく持つ甲州自慢, ごとく攻むること疾風, ごとく檣頭, ごとく立って, ごとく繁茂, ごとく静止, ごとく黄, さくる, さし物などを, さま語る, さらに奥深く, しげみへ, しげる山, すぐ右, すみから, ずうつ, そとを, そばに, そばを, つづく限り平地, てっぺんで, ところどころに, ところまで, ところを, なかからは, なかでの, なかなどを, なかへは, ながきかげ, なつかしいあの, はうへ, はしから, はずれには, はづれ, はるか奥深く, へりで獅子, へりと, へりに, へりを, ほうと, ほうに, ほとりを, まちで, ままだった, ままだつた, まんなかが, まんなかです, むかしを, ものも, やうだ, やみへ, ようでございます, カイザー・ウィルヘルム研究所から, カイゼル・ウィルヘルム街の, トヲメイなる, メンバーで, 一つへ, 一列が, 一方には, 一書肆より, 一枚の, 一瞥, 一角直線に, 一部が, 一部遙に, 一里半の, 万国地学協会へ, 上から, 上では, 下いか, 下から, 下には, 下みちを, 下草に, 下草の, 下草紅葉, 下道を, 不在を, 不破の, 丘つづき, 両氏の, 中あるいは, 中かを, 中くさ, 中しばし, 中であった, 中でだら, 中でと, 中などは, 中なら, 中なれ, 中にとり, 中はた, 中へも, 中までは, 中みたいです, 中を通じて, 中以外では, 中林作業に, 中道草の, 中間作業に, 交を, 人となりその後かぎりなく, 代用として, 仲秋の, 会談を, 例で, 保存を, 停車場の, 側に, 側を, 傍へ, 傍らから, 元老である, 入り口の, 全く主観的, 兩氏の, 兵, 兵も, 兵権を, 兵馬は, 其處ら此處らに, 内山の, 写真と, 冬景色は, 出つ鼻, 出口で, 切株検査に, 前の, 前まで, 前を, 創作に関して, 勢力を, 匂ひもする, 化け物, 千村教授や, 南に, 厚壁に, 原物たるべき, 厳かさと, 友人からも, 口から, 口を通じて, 右側の, 右翼的逸脱を, 司の, 名が, 名な, 向うで, 向う側に, 向こうだ, 向こうです, 周囲は, 唐変木の, 四方で, 四方に, 国立銀行の, 土で, 在るところ, 地を, 地形と, 坂道を, 堂手前に, 境界の, 墨画が, 夕かげは, 夕日の, 外では, 外と, 外の, 外れから, 外れにあたり, 外側か, 外側の, 多くなり出した, 大きい所作, 大きな楡, 大きな沢, 大女優リカルド・コルテス, 大帯, 天険が, 太い声, 契約を, 奥なぞにも, 奥にまで, 奥ふかく, 奥も, 奥をよ, 奥深く, 奥深くに, 奥深く眺め入り, 奧から, 奧は, 奧へと, 奧ゆ伐木の, 女子美術学校を, 好評は, 如き前, 如き帆檣安房上総, 如くあの, 如くわれ等, 如く動, 如く動かざること山, 如く寂, 如く幾多, 如く生ひたる, 如く立って, 如く立てつらね, 如く立て陳ねた事の, 如く竹, 如く自然礼節, 如く迅, 如く風に, 妹と, 姫様が, 姿であった, 嫌疑が, 学僧たちを, 家で, 家では, 家の子郎党が, 家族の, 寂蓼を, 小径に, 小径踏みしめ, 小模型, 小石塚から, 小路へ, 小道で, 小道は, 尽きるあたり, 屋久杉の, 屋敷, 屏風の, 山の, 岐れ, 岸へ, 川上の, 市中で, 市内を, 常磐木の, 広さ, 底へ, 庭の, 弟子の, 影などを, 彼方には, 後ろに, 御隠居さん, 怒りは, 急な, 悲運の, 態は, 成長率は, 手前に, 才能や, 持主が, 揺れに, 散歩に, 文章を, 新住宅地, 方へこそ, 施設等で, 日あたりの, 日本の, 旧友を, 明るい方, 春の, 時雨水車の, 暗い繁み, 暗がりから, 暗やみの, 最近の, 木々に, 木々は, 木々や, 木々天幕の, 木に, 木の下の, 木の葉は, 木は, 木木も, 木立が, 木立の, 木蔭, 末席へ, 杉並あたり, 村に, 村落であった, 松に, 松も, 松原の, 松本文粋新発田の, 枝, 枝より, 枝葉を, 枝頭が, 柿の, 梢からも, 梢の, 梢や, 梢越しに, 極から, 様子を, 横を, 横断を, 樹が, 樹幹だけが, 樹木越しに, 櫟は, 次は, 歯せざる, 氣象なし, 水画酔桃館蔵沢の, 洞穴の, 浜に, 浜和田, 深いの, 深さ, 温泉と, 湾口ふかく, 激戦に, 濶い, 点綴られ, 片側が, 片面だけが, 状態を, 生れたハワイ, 生態を, 町を, 畑の, 留学生の, 番人で, 瘴気が, 白楊の, 白骨の, 盗伐を, 盛り場で, 盡きた, 盡くる, 監督を, 眞白い, 真ん中ほどに, 真中に, 眺めが, 砂丘を, 磯から, 称ある, 稍俛首れた, 空は, 立ち並んで, 立札が, 端にも, 竹の, 簇葉は, 紫の, 細君に, 細君や, 細道を, 絶え間を, 緑を, 縁まで, 繁れる, 繁茂の, 美しいこと, 美しさ, 背後に, 自動車を, 色は, 色を, 花の, 若葉の, 茂みと, 茂みに, 茂りを, 茶褐色の, 荊棘を, 荘厳さ, 落ちて, 蔭です, 蕾は, 街上を, 表へ, 裏にこそ, 裏を, 裏山から, 裏幽, 裡に, 西, 見晴らしの, 親仁を, 角からは, 角まで, 訳語では, 話を, 誌上で, 調査が, 諸作品, 護衛軍を, 貫きて, 趣は, 足なみに, 跡を, 路即ち, 軍八千虎賁の, 近業を, 逍遙, 透間を, 連続が, 道が, 道は, 道へ, 道や, 遠くには, 邊から, 郊外で, 配置外観構造実によく, 酒場や, 門の, 間のみ, 間は, 間二人は, 間逃げ, 闇へも, 陣を, 陰から, 陰気さに, 陰鬱な, 陳述に, 陳述には, 隙間を, 隠居は, 隠居細君と共に, 雑木の, 雑踏を, 雪が, 青が, 青ぐらい, 青黒い枝, 静かなる, 静けさを, 靡く影, 面子で, 響きとは, 頂に, 頂へ, 頭に, 風に, 香りすなりけり, 高い杉, 鬱として, 鳴る音, 麓酒井男爵の, 黄色い日, 黄葉に, 黒

▼ 林~ (932, 9.9%)

268 より 25 へ行く 20 の家 13 の連中 12 へ行っ 11 の父 10 に行く 9 にゆく 7 の方, の母, へ行き 6 の宿, の生活, へ行った 5 から電話, のうち, の裏, へ電話 4 にやる, に来る, の離れ, へ, へかえる, へまわっ, へゆき, へゆきました, へゆく 3 では国男, にかえる, に行き, のこと, の人々, の通り, の食堂, へ手紙, へ来る

2 [31件] から二人, から帰っ, から来い, でお, で夕飯, との間, にい, に出かける, に居た, に来た, のあか子, の両親, の二階, の家族, の庭, の父母, の皆, の者, の裏町, の間, の隠れ家, へお, へとまる, へやり, へよっ, へ出かけ, へ出かける, へ廻る, へ来, へ来た, よりの書留

1 [380件] から, からお, からかえって, からかえり, からかえれ, からかつぶし, からかりる, からこっち, からとり来, からのハガキ, からの手紙, からの速達, からも誰, からよぶ, からクルマ, からヨロコビニタエズ, からヴィクター, から一家, から九時頃電話, から俥, から借り, から借りた, から古い, から吉例, から家, から巣鴨通, から帰り, から松坂町, から母上来, から父上, から祖母, から第, から臨時, から自動車, から蚊帳, から親子三人昨夕飯, から誰, から貰っ, から迎え, から送っ, から通わせ, から遠く, から電報, から電話郵便, がああ, がやけ, が今, ぐらいは十時, だったが, で, でうち, でおとり, でお客攻め, でさがし, でたべ, でたべます, でたべよう, でなければ, での心持, での生活, での話, ではさぞ, ではその, ではどうしても, ではなれ, では一家, では両親, では何, では出来ない, では呼び, では咲枝, では国男さん, では土蔵, では多賀ちゃん, では太郎かぜ引, では家中, では折角, では暮, では歌留多, では浅草, では父母, では私, では自分, では離れ, では電気時計, では食堂, でもどんな, でもはた目, でモ服, でワアワア, で一寸, で一時, で二三時頃, で二人, で佐藤功一氏, で備え, で友人, で古田中, で幸福, で庭, で引越したがっ, で朝目, で歌留多, で父, で皆, で相当, で神官, で笹川氏, で聞け, で話し, で附近, で隣人, で食事, で黒紋付, と, とああ, という構え, とかたまる, とくらべ, とは遠く, と二つ, と云う, と云え, と同じ, と山本実彦, と我々, と東片町, と林町, と言っ, と道灌山, などという町名, なの, なんかおそろしい, なんかで, にああ, にあずけました, にあった, にある, にいた, にいました, にいる, にかえした, にかえりました, にかけて貰う, にしろ, について門, につく, にて, にてすみ子, になど全く, にはボロ, には女中, には暮すまい, には空気全体, にまわっ, にまわり夕飯, にやむを得ず, にやり, にゆかれず, にゆき, により歩き, にクレーン, にハガキ, に一族, に三十四十分頃, に九谷, に住みます, に住む, に半日, に四時前, に夜, に家, に対しての貴方, に居, に店, に引越した, に忘れ, に戻った, に戻られる, に戻り, に手つだい, に春江, に暮しました, に暮せ, に泊った, に泊り, に泊る, に独り, に生活, に知り, に籠城, に行かず, に行きとまり, に行きよろこぶ, に行っ, に行った, に誰か人, に越す, に足踏み, に送られ, に電話, のああ, のう, のうしろ, のお, のおよばれ, のかかりつけ, のすぐ, のその, のとき, のどうぞよろしく, のはなれ, のほう, のまつ, のもの, のものたち, のよう, のアカコ, のジャガイモ, のテーブル, のミシン, のモミヂ, の一族, の一行, の三組, の二人お送り, の人たち, の例, の前, の古, の古い, の壕, の太郎, の子供, の子供たち二人, の安兵衛, の安兵衛殿宅, の広い, の弟, の日本間, の杉林, の植木氏, の横, の母上, の母上スエ子, の母達, の毛利小平太, の河岸地, の法事, の町家, の番, の空気, の素人下宿, の裏通り, の辺, の連中太郎, の連中安積, の連中自動車, の邸, の銀, の門前, の防空演習, の隠居, の風呂, の高台, の高山, はああ, はあの, はあり, はいつも, はそう, はどうしても, は今, は大, は家じゅう電気時計, は小石川, は落, へうつっ, へおねがい, へおみやげ, へかえり, へかえりました, へきのう, へきめれ, へその, へだけいるなら, へちょいちょい, へでんわ, へというの, へとまらせる, へなり, へのお, へはゆかず, へは国, へは背中, へひっこんだ, へまわった, へまわり, へまわりました, へまわりシャケ, へも, へもよらなかった, へやっ, へゆきます, へよったら, へよりました, へより南江堂, へより図書館, へわたし, へ一先ず, へ一寸一度, へ一緒, へ上京, へ下, へ下った, へ久しく, へ二人, へ休み, へ先ず, へ出かけます, へ出る, へ午前中, へ堀部安兵衛, へ年始, へ引越し, へ御飯, へ折れ, へ挨拶, へ来い来いせがまれる, へ来ました, へ泊りました, へ泊る, へ法事, へ着, へ私, へ約束通り, へ絵ハガキ, へ縫いなおし, へ薔薇新, へ行かせなけれ, へ行かない, へ行かなけれ, へ行きました, へ行け, へ行こう, へ行ったら, へ訪ね, へ送られる, へ逃げ, へ遊び, へ電報, へ電話午後入院, へ頼み, までずっと, までで二十七円, までの徒歩, までゆく, まで俥, まで歩い, もここ, も今, も変った, も青山, よりまし, よりよばる, よりマツ一緒, より三時間, より別府, より国男, より祖母上来, より陶器, らしくて, を出, を引上げ, を愛し, を手伝っ, を見よう, デ熊ニナッテ居テトラズ, ヘ行ッテ兄ニ逢ッテ, 泊る

▼ 林~ (645, 6.8%)

14 なして, ぬけて, 出て 9 抜けて, 抜けると 6 ぬけると, 出ると, 見て 5 分けて, 成して, 越えて 4 く, 出で, 出ました, 越えると, 透して, 通って 3 出でて, 拓いて, 潜って, 縫って, 背景に, 見ると, 過ぎて

2 [37件] きたなくせまい, こえて, さまよ, さまよって, すかして, ながめて, めがけて, めぐり, わけて, 下って, 人は, 出てから, 切開いて, 去ッ, 取返して, 吹き抜ける風, 奥へ, 好み常に, 幾つも, 拔けて, 斜めに, 望めば, 歩いて, 燒き, 爲す, 突き抜けると, 見た, 見る, 見ること, 越して, 越すと, 返して, 逍遥し, 通つ, 通り抜けると, 過ぐる, 隔てて

1 [433件] あとに, あるくわかわかしい, いつまでも, いで散り敷いた落葉, いま拵え, うがちて, うねって, おしわけて, お手, お銀様, かくす歩一歩, かけぬけた, かねた灌木, かんが, きりひらき町, きり拓い, くぐりいや, くぐりぬけて, くぐり森, くぐり渓流, くぐり湖面, くぐり野, くぐるか, こして, この帶, ごうつ, さしていう, さへ, さまよい帰, したつて, しのんで, じっと見た, じっと見詰め, すかすと, すこしはいっ, そのままの, そのまま投影, そよがせながら, そんなに歩いた, たわめて, ちりばめて, ぢつと, つきぬけて, つき切って, つくって, つくりよき, つくる谷, つたって, つらぬく一すじ, つれて, てらしつけます, ではずれると, とおりぬけ二人, とどろかして, とどろかしました, とび伽藍, とりでとして, どしどし切, どよませて, なぎ倒しこの, なさず左右前後, なしたひろい, なした処, なした小高い, なした桜, なし後方, なす深い, なす處, なにかしのぶ, ぬきんでて, ぬけたり, ぬけださねば, ぬけだしたの, ぬけだしゴツゴツ, ぬける時, ぬけ保久呂湯, ぬけ出ると, ぬけ池, ぬって, ねがふ鳥, のぞきました, のぞく子, のぞんで, ば出は, ひかえた丘, ひかえて, ひかえ風当り, ひかへた晝, ひたして, ひだりに, ひと廻り, ひらいて, ふくみ, ふみわけて, へだてた闇, まさか上方, まもること, みたが, みるのみ, めぐらして, めぐりお宮, めぐる, めぐる二十七曲り, もちろん風通し, もって, もつた公園, やや離れた, ゆき過ぎて, ゆすぶつて, わけすすんだ, わたる音, わたる風の音, チヨビチヨビ並べ, ドッと, ヒューヒュー鳴らし, フランスの, ブラブラ歩い, マモリヤマ公園などと, ロビイに, 一つようよう, 一つ通らなけれ, 一丁ほど, 一区劃なるべく, 一反歩以上も, 一周し, 一方八阪, 一日苛め通した, 一旦開墾, 一里ばかりも, 三十六万円に, 下りて, 二つに, 二間幅ぐれえ, 二陣として, 交ぜた大きな, 仰いで, 伐ったとき, 伐って, 伐り尽させ神池, 伐り拓き火田, 伐り開いて, 伐るとき, 伐れ樹, 伐採し尽し, 作った町, 作りそこ, 作り其処, 作る, 作るが, 來れ, 倒しそして, 倒して, 借りて, 傲然と, 全く後ろ, 全く離れ, 出ずれば, 出た, 出づる旅びとら, 出づれば, 出は, 出はずれたあたり, 出はずれた所, 出はずれた頃, 出はずれ杉, 出るとき, 出る時, 出切ると, 出外れたところ, 出抜けると, 出端れる, 出離れようと, 分け, 分けつつ, 分けゆけり即ち, 分け奥, 分け数町, 分け藪, 分ちて, 切って, 切りはらっ, 切り倒し土地, 切り払って, 切り拓いた, 切り開いたその, 切り開いて, 切れば, 前に, 力に, 動かせり, 動し, 包めり, 包んで, 区切つ, 千年数百年来残存せる, 取り巡ら, 受取った, 受取つた, 右に, 右左に, 向けて, 含む敷地, 吹く, 吹くやう, 周らし, 嘗めて, 囲む木柵, 圧する力, 墨絵の, 売りました, 多く取っ, 夢みて, 天へ, 天然記念物として, 失った部落, 好んで, 尋ね当てること, 尻眼に, 左右か, 左右に, 廻って, 廻り坂, 彷徨う, 後ろに, 怖ろ, 思いおこさせますその, 思ひ出し車, 思ひ故郷, 恋い池魚, 恋ひ, 懐しいもの, 成す公園, 打ちて, 技けて, 抜けきると, 抜けたところ, 抜けたり, 抜けた彼方, 抜けなければ, 抜けること, 抜ける感じ, 抜け出して, 抜け大殿, 抜け川上, 押し清水頭, 押分けあんばい, 拓いてしも, 持つた低い, 指さした, 掠めて, 探しに, 掻きわけて, 掻き分け掻き分け見えなくなった, 掻き捜せ, 描きに, 揺すり乾児たち, 改良する, 攻撃し, 放れ切るまで, 散歩し, 斜に, 明治近くに, 暖かい色, 曳くに, 望んで, 望んでは, 村の, 枯死させる, 染めそよ風, 染めて, 染め微風, 核心と, 根こそぎ食い荒らす, 森を, 植えならべ星, 構成し, 横ぎってくる慓悍なる, 横ぎって新しい, 横に, 横断し, 歎息せしめた, 歩いた, 歩いては, 歩きし昔, 歩き抜けると, 歩き潤んだ朽葉, 歩くさ, 歩く折りには, 歩める時, 水際に, 求めて, 沈黙に, 注意深く窺いい, 洗って, 流る, 流れる薄い, 渡って, 渡る嵐, 潜り山骨, 濡れた鼻髭, 焼くかも, 照し, 照らして, 照らす光線, 発足し, 目あてに, 目標に, 目的に, 眺めたり, 眺めた風景, 眺めつつ, 眺めながら, 眼にも, 睨むよう, 秋霧立ちこむる, 穿を, 突き抜けて, 突切って, 立ち出, 立って, 立て置かるるには, 立て置かれること, 経営し, 編んだの, 縁取った, 縦横する, 縫うて, 縫うよう, 縫つて駈け出し, 脱して, 自分だけで, 行くこと, 行くと, 行けば, 覆うて, 見いだした, 見たの, 見つけた, 見つけ出したの, 見つめました, 見ない人間, 見まわして, 見るに, 見るよう, 見下し高く, 見出して, 見出でた時, 見棄てた, 視察に, 覗きつ, 観るに, 訪い切株, 訪うて, 訪うと, 設けるに, 調べて, 讃する, 象どった深い, 象徴的に, 負ひ, 貫いたお寺, 貫きもっと, 貫き野, 貫く辺り, 責め糺す気, 賑やかに, 走りぬけどこ, 越え, 越えつい, 越える, 越え杜, 越え野, 越した川上, 蹴飛ばして, 軽く吹い, 迂廻して, 迎え谷, 迎へに, 逍遙する, 透いて, 透かして, 透かしながら, 透けて, 透す日光, 通つた時も, 通りぬけ, 通りました, 通り崩越への, 通り抜けて, 通り時折, 通り裏門, 通り過, 通るげ, 通るとき, 通抜け, 造って, 造りたければ, 造る, 造るため, 造るべき土地, 連ねて, 遁れ, 過ぎしに, 過ぎたが, 過ぎると, 過ぎる風の音, 過ぎ私, 過りて, 避けるため, 野原一面を, 開いて, 除いて, 除き池, 陸と, 隔て沼, 離る, 離れし月影, 離れた, 離れ地獄, 静かに, 靡かせつ, 頂いた十二社, 顧念す, 颯爽たる, 飛び越え頻りに, 馳け, 馳けだした, 駈けちらしたの, 駈け下りる水, 駈け抜けて, 駈け抜けると, 駈け狂いました, 鳴らす寒い

▼ 林~ (544, 5.8%)

26 なって 4 入れば, 包まれて 3 なる, 入りて, 移轉された, 蔽われて, 見えて, 隠れて

2 [29件] こぬか雨今朝も, ぶつかると, キラ, 人ひとりゐき, 似て, 入つて, 入る, 入ると, 出る, 囲まれて, 囲繞された, 夕あかりかが, 子らと, 富んで, 平行し, 曼珠沙華赤く, 沿うた往来, 沿うて, 沿って, 添つた路を, 火の手は, 熱を, 留まりて, 眼を, 見えなくなる, 遮られて, 隱れ, 風が, 首くくりが

1 [434件] あそびを, あった妾, あっては, あっても, ありや, あるとの, ある小梨, あんたは, いた頃, いち早く深まりつ, いどみ野獣, いますよ, いる時分, うたうさよ, うづく, おおわれたなだらか, おおわれて, おこった, おびただしい小鳥, かかったら隙, かかる檻車, かくした, かくれおりました私, かくれますが, かくれ岩角, かくれ谷, かくれ野原, かけたり, かこまれしかも, かこまれたその, かこまれたちょっとした, かこまれた大, かこまれた村, かこまれた真っ青, かこまれた神社, かこまれて, かこまれては, かこまれ三分の二, きて, きては, きのこが, く, こんこんひ, こんこんひびいた, さしわたる, さし透って, しあいだ, したらたぶん, したらば, して, しばらく杖, しめっぽい五月, すがた, そい桑畑, そい蜿蜒十数里, そって, ちなんで, ちらほら街路樹, つ, つつまれたアズマヤ, つつまれた大, つつまれた小さな, つづく緑, つないで, つらなつて, でました, とどろいた, とまって, とりまかれたよう, なずみけん今日, なった共同ベンチ, なってから, なつた, なつて, なり, なり林, なり森, なり落葉樹林, なるなど, なるの, ねむって, はいったとき王子たち, はいった彼ら, はいりその, はいりました, はいり必要, はしる虎, ぱらぱら時雨, ひきかえて, ひそんで, ほのかな, または丘, まだ誰, まゐられた, みんなほかの, もえうつろうと, もつれない風, やって, やって来ますと, ゆうゆうと, ゆう靄, ゆずらないと, ゆふ, わけ入り道なき, わずかの, ゐた, カラカラと, 一書に, 三方を, 丘に, 云った, 五日滞在した, 交って, 交つた短い, 交つて之に, 交遊し, 人の, 人鉦を, 仕立てあるが, 代って, 代つて, 代る, 住み安楽, 住むは, 住むよう, 住んで, 何やら笑い, 來た, 來て, 倉庫を, 倚り, 傍うて, 充つ, 先取され, 入った, 入ったころ, 入ったころはず, 入ったの, 入って, 入つた, 入つたの, 入らず蟒蛇, 入り, 入りつ, 入りに, 入りぬ, 入りました, 入り林, 入り永い, 入り真紅, 入り込んで, 入るかと, 入ること, 入る唐檜, 入る外曲輪, 入る頃, 入れて, 出くわした, 出でたり, 出会った, 出掛けて, 分け入った, 分け入って, 分け入りましょう野, 分け入り何物, 分け入り旧, 切れば, 初夏の, 前後何年間かにわ, 包まれたゆっくり, 包まれた燈籠, 包まれ東, 包まれ落葉, 卯つ, 及ぼす事, 反響した, 取り囲まれた火山岩, 取り巻, 取り巻かれた広い, 取り繞まれ, 取囲まれたデーベリッツ, 取囲まれた瑞西風, 名も, 向いた窓, 向いて, 向いながら, 向つて, 向ふ, 吹きつける風の音, 呆れ果てたる能楽野郎, 周囲を, 哭いて, 嘴を, 回るべし余, 囲まれた二つ三つ, 囲まれた処女地, 囲まれた小さな, 囲まれた広い, 囲まれた芝地, 囲まれた農家, 囲まれた金比羅大明神, 囲れ立つ, 囲繞せられたる, 圧し包まれて, 坐して, 坐って, 埋った街, 太陽が, 好物を, 富んだ美しい愛らしい, 寒月が, 寝て, 寝転ぶ, 導く, 小院, 小鳥が, 小鳥たちが, 少し見え, 就いての, 就いては, 居られる時, 居る私, 屯ろし, 岩屋に, 差しかかりながら, 市塵を, 帰り二十八日皇帝, 広がり始めて, 座って, 引上げて, 張るべし我, 当たると, 影を, 彷徨いあるいは, 従事し, 復す, 心を, 惹き付けられて, 憩い惨, 憩ふ, 成つて仕舞ふ, 投げふたり, 抱き込まれた, 抱き込まれる, 拠り大江, 拠ると, 拡がる反響, 接して, 接するあたり, 掩はれた, 掩われ, 撓細, 敗れその, 散りくれば, 斯く載った, 於ける如くなりきこ, 星落ち, 木枯しの, 木魂し, 来た小鳥, 来て, 松蝉の, 柴積ん, 柿の木が, 桃李木瓜雪柳小米櫻其他百花次第に, 梅散りし, 棄児が, 棲む梟, 棲暮した, 欠けて, 次ぎて, 正成以下みな旗を, 歩みを, 没して, 没却し, 沿うた大根畑, 淋しく射し込ん, 深く沈ん, 添うて, 添って, 添つ, 添つた道の, 添つて曲つて行つてゐた, 添つて歩き, 湖水の, 満ちた夕靄, 満つ, 滯在, 滿ち, 潜むこと, 火の, 灯籠の, 炭燒の, 熟み割れた栗, 燃料を, 牛を, 独りぬる, 留学し, 當つてゐた, 登った太陽, 白き浴衣, 相談し, 着きました, 石廟小さき, 秋の, 秋雨の, 移されたの, 移されて, 移しその, 移るあたり, 移轉される, 立ちこめて, 立って, 紙帳の, 紛れて, 続いた, 続いて, 続く村落, 続く茅草, 編入せられる, 繞まれて, 續い, 置くべきもの, 群れて, 聞きましたが, 聲を, 職を, 胡散な, 自然棲息してる, 至って, 花が, 花の, 荒れはてた誓文神, 落されたはず, 落ちか, 落ちこなたの, 落ちこむし, 落ちた時, 落ちて, 落つるごとくまたは, 著いて, 著き暫時其処, 蔽はれ, 蔽われこの, 蔽われた城山, 蔽われ湖水, 薄い紫色, 薄紫の, 蝉が, 行き伯林, 行き焚火, 行くと, 行くの, 行けば, 行けると, 行って, 行つても, 袖の, 覆はれて, 覆われた山々, 見し月, 見出された, 訪れる春, 誘い出す森, 譬へ, 變らう, 豹が, 走った, 赴く, 赴く三浦財部, 趣く, 踏み入りそこ, 蹈み込ん, 身を, 転がって, 近いところ, 近い灌木, 近づいて, 近づくと, 近寄って, 迷ひ入れる, 追いこまれて, 追随し, 這入って, 這入っても, 這入つて, 這入り込んで, 這入る, 這入ると, 遊て, 遊びにも, 遊ぶ人, 遊ぶ性質, 遊んで, 遠い家並, 遠く近く鳴き, 適し砂漠, 遮られたる白堊, 遮られる様, 野分たちて, 野分の, 野羊が, 金を, 釣人が, 鉈を, 開く肉, 闖入する, 防雪林などと, 陣取って, 隠して, 隠れし, 隠れ森, 隱顯せる, 雨が, 雪が, 露人は, 非ずや, 面して, 音が, 音を, 響いて, 風の, 飛込み木, 駐屯し, 驅る, 鳴いて, 鳴くも, 鳴りひびいて, 鳴り渡り三倍, 鳴る北風, 鶯なく, 鶯の, 鶯は, 鶯鳴く

▼ 林~ (433, 4.6%)

15 あって, ある 7 立って 6 あった, 尽きて 5 ありその, ありました, 続いて 4 あつた, あつて, 見えその, 途切れて 3 あったり, 練つて降る, 茂って

2 [23件] あり, ありこんもり, あるし, あれば, きた, ぐるっと輪, そのま, ちがったかい, とぎれて, まばらに, 一しきり輝いた, 一と, 入って, 好きに, 彼の, 来て, 田に, 石上の, 私の, 續き, 見え岩, 見られること, 風に

1 [298件] あちらこちらにも, あちらにも, あったかな, あったその, あったので, あつて道, あとへ, あの女, あの深い, あの裸, ありそこ, ありふかい, ありましたが, あります, ありまた, あり一部, あり其林, あり森, あり次に, あり流れ, あり海, あり築山, あり蟹田町, あり赫熱, あり道路, あり隣, あるからには, あるが, あるその, あるだけ, あるだらう, あるには, あるの, あるので, あるのみ, あるん, あるツ限, あるツ限り, ある小松林, ある桜, あわてふためいて, いいよ, いたるところ目, いま電話へ, うごいて, うしろに, うすずく陽, うす蒼く輝い, うれに, おそらく最も軽蔑的, きりひらかれて, きれた, きれて, この堂, こまかな, こんもり茂っ, ざわざわと, ざわざわ鳴っ, しげって, しょんぼりと, すっかり見られます, ずうっと, ずっと先, ずっと先きの方, そういう流れ, その水, それを, だら, だんだん薄く, ちょうど二つ, つ, つかまつて, つきて, つきもので, つづく筈, つらなり舞城, とつぜんゆらゆらと, とり圍, とり巻いて, どこかに, どことなく灰色, にわかにざわざわ, ぱちぱち鳴りはじめました, ほとんど成長, まるで観兵式, もとは, やって来てから, ゆらいで, わきあがる, われわれの, ツクツク影を, パラメントヒルに, プロレタリア文学運動に, ペルシャな, 一二ヵ所白骨の, 一冊ちよつと, 一叢繁り, 一帶に, 一時に, 一緒に, 一面で, 上野広小路の, 両岸, 中央の, 主人顔に, 乱伐されない, 京橋の, 人生と, 今を, 今朝は, 他人を, 伐りつくされた為, 伐り倒されたこと, 何と答え, 何故私, 何本抜きつれあっ, 來て, 來る, 免訴に, 全く無い, 其の名著, 再び横合, 冗談に, 冗談らしく笑う, 出すって, 出来た, 出来るか, 出来るん, 切り倒されて, 加ります, 動き出したと, 動揺めき, 十里も, 厚く茂っ, 同志小林多喜二について, 四五丁も, 四方に, 土人よりも, 坊主に, 塞いで, 壁の, 夕靄に, 多いの, 多いので, 大きな写真帳, 大井川峡谷の, 大変だ, 大嫌いだ, 大阪から, 奥さんに, 奥も, 好きだ, 妙に, 始まりそれ, 威勢の, 小暗く繁っ, 少く人, 尽きると, 尽き別, 尽る, 展開し, 崖を, 帯を, 帰ったら見せて, 幾里とも, 広く遠く連, 廻った, 強い北風, 影を, 彼女を, 従来三回に, 急に, 性急に, 恋しくて, 憤つとして, 懐かしくなつた, 戯れて, 払われたので, 拡がって, 指さされた方, 揺らめくと, 断続し, 新雪で, 方何十里という, 明るくなった, 昏く, 映って, 春と, 昨晩お前の, 時雨勝な, 暗くなつた, 月明かりに, 有力な, 朝の, 村人の, 来た, 東から, 松林に, 林に, 梢より, 森林公園の, 楢の, 横あいから, 横から, 横たわって, 欝蒼と, 欠けて, 歩いてでも, 残って, 水の, 沢山ある, 波打って, 浅くなり, 海の, 海岸沿に, 海岸近く, 深い, 深くなかった, 燃え立って, 犇めき動いて, 独りで, 現われその, 生ひ, 町で, 白, 皆な, 皇帝に, 皇帝の, 盡きた, 真黒に, 眺められ乗客, 眼に, 空家を, 立派に, 竭き, 笑顔を, 終り眼, 続きさて, 続き其上, 緑り, 練って, 色濃く昼, 英語が, 英語の, 荒涼として, 葉を, 蒼い月光, 蓊鬱と, 西巻と, 見えて, 見えましてね, 見える, 見えるの, 見られた, 角の, 諸所, 路の, 身辺に, 辞職し, 迎えて, 迎へて, 迫って, 逃げた農家, 透いて, 途切れそこ, 途切れれば, 途切れ秋草茫々, 造られたの, 連つて居る, 道了塚の, 遠い遠い遠い, 鐵道沿線に, 長い獄中生活, 長くなっ, 開きよごれし犬, 開墾され, 間もなくヒューヒュー, 陽を, 陽気な, 隈なく, 雜草畑にな, 雪だるまを, 霙に, 青葉を, 頭を, 風を, 驚いて, 骸骨の, 高い山の上, 高く売れ, 魔の, 鮮かに, 麓から, 黒い点, 黒く並ん, 黒く取巻い, 黝ずん, 鼻眼鏡を

▼ 林~ (327, 3.5%)

3 それを

2 [20件] あかるくがらんと, しいんとなりました, またしいんと, まだ若い, まるで海, ガアガアと, ツーンツーンと, 半隱, 天才でも, 尽きて, 彼の, 昔から, 普通の, 此の, 煙を, 父さんの, 空に, 立ち乱闘, 虔十の, 銅色

1 [284件] あたま, あらゆる意味, ある, ある大家, いかなる故, いたくあれ, いちいち事実, いつか落葉松に, いつも一人, いよ, いよいよ深く, いろづきに, いわんでも, うすい冠毛, おろか血の池へも, かすみ柳圃, くろく, このまま, この冬枯, この時, こんにゃく売りを, さう, しずかな, しずかに, じつに今, すこしあわててる, すっかり夜, すっかり白状, すばらしいじゃ, ずっとはいっ, そう言っ, そのまま水, そのまま立ち上った, その在所, その後五六日という, その後日に, その赤い, その頃, その頃チャタム, それから禿げ, それだけだ, そを, そんなこと, ただ微笑ん, だんだん深く, つきて, できませんでした, ともあれ偃松, どこへ, なぜか, にやにや笑っ, ひっそりと, ひれ伏して, へどもどし, べつたり, ほのぼのと, ますます大胆, またし, またしずまりかえりました, また一段と, まだその, まだ夏, まだ殆ど裸, まだ花, まるでほえる, まるで咆, まるで津波, まるで荒れ狂う, まるで靜, みな虹色に, もうそこ, もう囁き声, もう夢中, もう懐中電燈, もちろん藤森, もっともっと基礎的, もやもやと, やがてまばら, わざとらしく強さうに, わたくしを, エリス母子と, カラッと, ハッと, ハヤシの, ブルジョア文学ジャーナリズム陣営からは, ムッと, 一丁目の, 一年中つづけ, 一心に球, 一時に, 一變し, 一齊に, 三度その, 不思議に, 丘の, 之を, 二丈を, 二三百町歩も, 二人の, 二人を, 二年の, 五年生の, 井戸對馬守と, 人間の, 今花, 低く海岸, 何か, 何かも, 何処までも, 何度と, 依然として居る, 依然として茂っ, 僕の, 僕達より, 兄の, 先へ, 全く黄葉, 其晩の, 其著, 凄い顔, 出来ること, 初めて口, 刺青の, 前橋の, 十年の, 十里四方に, 南郷下田村の, 博士の, 危い, 即ち後者, 去年ある, 又し, 取次人の, 口数の, 同一人, 唸りを, 唾を, 喜んで, 地上に, 塗り潰したよう, 夕日に, 夕陽を, 夜の, 夢から, 大林区署の, 大正元年, 大谷石の, 太平洋上の, 奥の, 奥へ, 奥まで, 如何に, 家へ, 容易に, 寒くし, 寒し雲の上, 封鎖された, 少し違っ, 尠から, 尻目に, 尽きずそれにまた, 尽きない, 尽きる, 局長に, 山の, 巨人群像の, 平気で, 平素より, 広い黒部, 広く住心地, 彼等の, 待ち兼ねて, 心の, 心細い響, 必ずしもこ, 急ぎ足で, 急に, 急にから, 怯えたやう, 愛樂すべし, 扉口で, 支那人かね, 既に出た, 既に黝ん, 早速汽車, 昼の, 時々退屈そう, 暗く陰鬱, 暮近い, 曾て, 朝の, 朝日に, 木曾山の, 来なかった, 松の木が, 松井の, 柱に, 案外に, 楢の, 概ね皆伐採, 横を, 樹の, 樺の木で, 樽野の, 此時こそ, 此頃稍とも, 永久に, 淡い吹雪, 漸く其の, 激しい人込, 激しく鳴っ, 濃稠, 火曜日の, 燃え森, 狂亂してる, 独身者である, 狭霧を, 獄中での, 町の, 疎らで, 病気だって, 白けて, 百メートルを, 皮膚の, 目が, 直ちに針葉樹, 直接に, 真中が, 真実そんな, 確に, 私たちの, 私の, 立ち騰る, 立って, 竹が, 笑い出し, 筍が, 簸川平野だけに, 紅や, 紅葉の, 索寞として, 絶えず東洋人, 腰掛けの, 膝を, 至るところ, 色々例, 苛立って, 苦笑し, 苦笑した, 荘重に, 落葉に, 落葉針葉樹のから, 薄く黄ばみ, 薪に, 血色の, 街道に, 被害者の, 裸に, 裸の, 西の, 見れど, 語った, 誰か, 趣を, 逸早く宗皇帝, 金の, 銀座の, 長い談話, 長かった, 間もなくつき, 闇に, 陰つくる, 霧に, 静まりかへ, 顔を, 首肯いた, 鳥の, 鳴つて, 鳴る武蔵野, 鶏を, 黄色い, 黒くそうして, 黒し春来, 黝ずんで

▼ 林さん~ (211, 2.2%)

6 の死 4 はそう 3 とそっくり, はどこ, はふたり

2 [13件] じゃない, でした, でしょう, です, ですか, と一緒, のお, のかお, はくろい, はさっき, はたけしくん, はたけしくんたち, を殺した

1 [166件] あの人, いらっしゃいよ, からの電話, から植木屋, から聞く, から訊い, が, があらわれ, がお, がきく, がこの, がこんな, がす, がそら, がだんだん, がてつ, がにこにこ, がみょう, が不二屋, が今日, が体力, が何処, が坐つ, が妙, が弥勒, が散歩, が枕もと, が正直, が此旅館, が犠牲, が群小出版社, が貴, が足なみ, が遅れ, そんな事, だったの, で, でいらっしゃいましょう, でいらっしゃいます, では, でも頼ん, というお, というふしぎ, という医者, という四十, といふひと, といらっしゃい, とかいふ方, とこの, となかよし, とはお, と仰, と夕食, と御, と私, と隣合せ, どうした, どうです, なぞが間, なア, にお, にしろ, にはお, にもある, によく, によびかけました, に一つ案内, に名刺, に報告, に言, に違, のうち, のおばあさん, のからだ, のこと, のす, のせ, のせいようかん, のひろいやしき, のへや, のま, のむち, のもたなかった, のよう, のよっ, のポルトレ, の云, の何, の印象, の墓, の好き, の姿, の思ひ, の死因, の甘露煮, の繩, の舌頭, の話, は, はあ, はあの, はいつた, はいつのまにか, はいらっしゃいます, はえらい, はかい, はかう, はかわりもの, はきさく, はこわい, はしい, はすっかり, はせせらわらっ, はその, はそれ, はたかい, はたんす, はてん, はどう, はなんにも, はにん, はみょう, はもう, はもうとっくに, はもう少し, はもろ, はわらいだしました, は何ん, は何処, は僕, は其席, は大層, は弥勒, は弱小資本出版, は新聞小説, は旅行, は昨夜, は朝日, は次の間, は決して, は満, は立派, は角藤定憲, は足, は選り出し, は間もなく, は黙っ, へ御, まだ行っ, もう止しましょう, もたぶん, もチラリチラリ, をいっさい, をだし, をま, をまほう, を引き, を犠牲, を縛つた, を起こし, を迎い, 御夫婦, 新しい袷, 書留めですよ, 突然驚き, 行って

▼ 林~ (197, 2.1%)

4 はそれ 3 の姿 2 が風雪, のそば, の妻, の背, の足, の身, はなお, は彼ら, を見

1 [172件] か, かよ, が, があえなく, がいえ, がいなくなれ, がくち, がなく, がまた, がむじつの罪, が先, が友人, が奉行白洲, が敗れ去れ, が朝, が硬直, が突如, が見せ, が逃げた, が門, だった, であった, ですっ, です林冲, と, というの, という者, といえ, といっ, とが宋江, とその, とはあんた, とやらに斬りつけられ, とやら誓文, とよぶ, と仰っし, と申す, と端公, どのあなた, など, などという談, などもみな眉, なるもの, にあたらせた, にご, にとっては多年, にとって受難中, にとれ, には通り名, に代った, に別れ, に翻弄, のからだ, のことば, のほう, のみは仰天, の一命, の三日, の二人, の人となり, の人相書, の体, の例, の処刑, の勝利, の大きな, の寝込み, の心, の意見, の打物, の提言, の敵, の新妻, の様子, の武芸, の洗濯物, の眼, の縄ジリ, の胸, の胸先, の腰鎖, の英気, の豹眉, の運命, の長, の難, の頭, の頭蓋骨, は, はいく, はいぜん, はがっかり, はぎょ, はここ, はすくなから, はすばやく, はその, はちょっと, はついに, はどこ, はふと, はまた, はまったく, はみずから慄然, はわが, はポロリ, は一ト息, は一同, は内, は再会, は叫んだ, は唇, は器, は彼, は思わず, は憤然, は手, は柴進, は正装, は独り腸, は王倫, は白洲, は眦, は笑っ, は罵りつづける, は耳, は薄, は行く行く, は退屈, は逃がさない, へも馬, また呼延灼, もいく, もうひとり, もかつて, もこんがり, もちょっと, もとんだ, もひそか, もまた, もまだかつて, も休みたかった, も初めて, も彼, も折々, も病尉, も秦明, も耳, も花栄, も首枷, も驚いた, をうしろ, をうまく, をかしら, をなき, をまん中, をわしたち, を伴った, を大樹, を捕り抑えろ, を探すらしい, を敬い, を木の根, を殺し, を殺した, を眼, を見る, を護らせ, を途中, を都, を陥穽, 小李広

▼ 林~ (151, 1.6%)

4 の女, の庵 2 に入る, に於, の柏, の草地, の象, を進む

1 [131件] あるいは山間, からの銃火, から吹き襲う, から湧いた, でのトナカイ, でふっつり, で倒れた, で夕陽, で大きく, で殺さしむ, で比較的, で猴, で蛇, などとともに第, など眠る, に, にあっ, にある, にあんな, におびただしく, にそち, にて人目, にて鳥, にて鹿, にはだちょう, には樅, には相, には立木, には蝉時雨, にも住み, にも幾筋, にわが, にサビタ, にストーンパイン, に住, に住み, に住む, に倒れ, に入っ, に入った, に入り, に到る, に創立, に墜落, に多く, に夜, に大, に尋ね入っ, に幽か, に彼, に往き, に怪しい, に怪音, に戸隠升麻, に据ゑ付け最中, に敵, に日出前毎, に旧教儀, に果, に棄て, に死に瀕す, に沒, に漕ぎいる, に牝獅, に留まる, に留り, に瞿曇仙, に置く, に聞ゆ, に自在, に至り, に花果, に虎豹, に處, に行き, に迷, に追いやらん, に逃げ入っ, に運べ, に還り, に隠る, に食物, に飼っ, に鳥居, の, のけだもの, のさ, のふくろ, のふくろう, の一湧泉, の一軒屋, の夜, の小径, の径, の方々, の有様, の木, の模様, の樹木, の泣別れ, の深, の積雪量, の空地, の立木, の葉, の虎, の評判, の門人, は真暗, は秩父あたり, は積雪分布, へはいっ, へ舁き往かしむ, もまた, より二匹, より幾分, を下る, を往来, を歩く, を歩む, を渉猟, を狩りくらし, を縦横, を通った, を野兎, ニ喚ビ雁, 出語りなりき, 堪喜千年後, 死す六十五歳, 深くわけ, 獣類空し

▼ 林~ (141, 1.5%)

6 なって, なつて 4 なった, なる 3 林の 2 あり, いっても, なりました, 云ふ, 名を, 断崖の, 私は, 草原の, 鬼怒川の

1 [100件] いいおれ, いい柴田, いう, いうほど, いえども, いえば, いつて, いわず到る所, いわれて, うずたかくその間, うちつづく, おたか, されて, し農作物其他, それに, ところどころ山火事, なくかけ, なりて, なり灌木帯, なり終に, なり雪, なるよう, なるジメジメ, なれ, カラ松と, 一緒に, 丘が, 二人切りだ, 云うなあ, 云う医者, 云う和蘭通詞, 云う針医, 云つた觀が, 云ひた, 云へば, 何等の, 俺が, 入れ代り, 冬囲いに, 原野とを, 取組んで, 古い池, 同じだ, 同じだった, 同じに, 向い合って, 向うの, 呼ばれた男, 呼ばれた薩摩, 呼ばれてるあの, 堤と, 太陽と, 家の, 小林との, 山と, 山ばっかり, 帯の, 廓外との, 影で, 思想, 感じた事さ, 斑雪の, 斜面を, 暑熱とで, 書いて, 月光との, 来た, 枯芒で, 株とを, 樽野の, 歌わずんば, 池との, 河原の, 沼沢とを, 湖水とで, 灌木や, 田との, 田圃と, 申す富山, 畑とで, 相接しつ, 石築, 称して, 移つて行くかれ, 空とが, 竜舌蘭と, 花園と, 草つ, 草と, 草地が, 草地と, 菜花とは, 落葉松とが, 赤煉瓦の, 辛夷の, 迫った山, 野とが, 野は, 金吾が, 雖も

▼ 林~ (138, 1.5%)

7 はいって 4 いって, 行って

2 [13件] はいったの, やって来るらしいの, 入って, 出て, 向って, 来るなり, 着く前, 行かう, 行きました, 行つた, 這入って, 運ばれて, 風の

1 [97件] かかった, かかって, かくれた, かけこんだ, かけたくさん, かけ込んだ, きて, こそこそと, さがしに, その先駆, それから, はいった, はいると, はいろうと, もどりあすこ, やがてロンドン, ザッと, 上陸れ, 下がって, 下りると, 入ったり, 入りかけようと, 入ツ, 八十北の, 出た, 出やう, 分け入ったが, 参りました, 反響し, 図画を, 夕霧が, 姿は, 射し込んで, 山へと, 差しか, 差しかかった時, 帰った, 引いて, 引張つて來, 往って, 忍んで, 投げ弁当, 抜け畑, 拔けて, 指を, 掛ったら悪漢, 掛った処, 掛りますと, 掛ると, 接続させ, 早春の, 来た, 来て, 来るまえに, 歩いて, 歩んだ, 泣言を, 消えて, 渡り甘, 移ったらしい, 移って, 立戻っ, 紙帳を, 紛れ込んだもの, 續いた, 耳の, 船首を, 薪を, 行きたかつたの, 行こう, 行った, 辷って, 近づいた, 追いこまれた上, 送られました, 逃げて, 逃げ込もうと, 通り掛りますと, 連なって, 連れて, 運ばれるの, 還りつ, 隠してでも, 隠れた畑, 隱し, 隱れる, 雑誌四つ, 飛びに, 飛び込んで, 飛行機で, 馬車を, 駆け込みこっち, 駆け込んだり, 駈けて, 駈け込め, 駈け込んで, 鵲の

▼ 林~ (128, 1.4%)

7 森や 5 崖の 3 森の, 牧場やら, 野は 2 おたか, 丘を, 流れや, 畑の, 白樺の, 竹藪の, 花つ, 草原の, 谷の, 野や

1 [87件] あそこの, すべて彼の, また野原, ものすごい水の上, 丘の, 丘や, 丘をめぐって, 丘山に, 人家の, 倫敦では, 倫敦などでも, 処女林の, 原っぱであった, 叢が, 叢は, 古沼, 地平線, 坊主に, 大河の, 太平御, 小川や, 小松山や, 尾崎さんの, 山に, 山を, 山巒に, 山蔭から, 広い野, 恰度それで, 木立は, 杜の, 果樹園や, 森, 森かげの, 森が, 森などが, 森に, 森は, 正吉は, 正吉や, 池の, 河が, 河は, 洞穴の, 流れを, 浅い谷, 海岸を, 渓谷や, 渺茫たる, 湿地の, 煙皆, 父鳥や, 牧場を, 田の, 田圃などを, 畑から, 畑を, 白楊や, 砂丘の, 立木が, 竹林が, 紫色の, 維納に, 縁は, 美しいシャトウ, 自分自身や, 芒原は, 花園に, 花園は, 草むらの, 草原が, 萱の, 藁屋根の, 藪が, 藪に, 蜜柑畑や, 谷を, 谷間の, 谷間を, 野の, 野を, 野原を, 青田の, 香りの, 馬鈴薯畑に, 高原が, 麦畠や

▼ 林~ (121, 1.3%)

3 ありました 2 あった, あり人家, あるべく深き, なかった, ひらけきて, 一面に, 倏忽の, 知つてゐた, 立派に

1 [100件] あつた, あり, ありますから, あり森, ある, あるが, おほ, おぼろに, お城, この屍体, この草藪, しばしは, すべてが, そうだ, そのままで, そのまま四散, その中, その邊, とりとめの, ない, ないので, なかつたが, なくなりか, なく人家, なく穀物, なにも, はては遠い, はんぶんけむり, ぼんやり霞ん, むなに, もうはっきりとは, もう何等, もう赤, やって来ないしね, よく遅く, 七色の, 丘も, 事前に, 今は, 何処を, 冬が, 判らなくなった, 同じく二階, 吹きまくるよう, 垣根も, 塔も, 墨絵の, 大砲の, 姿を, 少くは, 岩壁も, 川も, 影も, 御用大事と, 思わずニコニコと, 指先で, 日に, 早く帰っ, 春の, 曳かれるよう, 村も, 森も, 次第に浅く, 次第に淺, 武装せよ, 水が, 流れも, 浩蕩たる, 深く谷, 焼け陣所陣所, 父母の, 現われた, 疎らに, 白紗に, 真, 真っ白である, 真一文字に, 眼さむ, 石燈籠も, 続いて, 自身の, 色づいて, 茂り合った千坪, 藪も, 蘇鉄ばかりの, 表の, 西の, 見えて, 見えなくなる, 見える, 見られまた, 路も, 連日の, 野も, 隠されて, 雪が, 静かでありました, 頂きは, 風に, 魚形艇を

▼ 林~ (107, 1.1%)

5 あつた 2 草花を, 降りると, 降りるの, 降りる事

1 [94件] あらうが, うたった歌, お雪, かこまれて, こ, これまた, これらの, こんな笑い話, しかも散り, しきりに蝉, する獣, そこには, そこへ, その上, その夕闇, その奥, その山の根がた, その林, それを, だしぬけに, ちやうど, どこに, なり立つて, はじめさんと, ひよどりが, めぐらして, もう一方, もう少しは, やり出した, エミイル・オオリツクの, ストックホルムで, タンポポが, 一代の, 一俵の, 一日暮らし, 一筋細い, 三方だけ, 働いて, 八幡の, 其の中, 其奥へ, 出る頃, 十数年前の, 吠えたり, 啼いて, 営林局の, 囀り交わす駒鳥, 囲まれた, 囲まれ南, 塞がれた二メートル四方, 大ムラサキ蝶, 客死す, 己の, 建物の, 悠遊した, 拾って, 拾われた捨子, 方角を, 日陰に, 明かした, 時雨を, 木の葉が, 椿の, 此人を, 死んだらどう, 殺させて, 無暗に, 片側は, 狐が, 現在眼の, 生茂って, 甲虫を, 白い色, 私は, 美留藻が, 聊城の, 脱糞した, 自由に, 花見隊の, 葉は, 蔽い被さって, 行きちがった三, 覚兵衛たちに, 誰か, 買った登山靴, 路は, 遊ぶとき, 遊んで, 鍛えた声, 雉や, 雪が, 高等学校の, 鳥の, 鶯が

▼ 林から~ (105, 1.1%)

7 出て 6 林へと 2 刈田を, 林へ, 畑畑から, 聞えて, 野原へ

1 [82件] かえってくる, この街道, さへ, その声高, だしぬけに, であった, なんとかし, ぬけあがった, はいり始める, ひびく木魂, またあちら, ヒイラギの, 一時間で, 一里ほど, 三角形の, 世間は, 丘へ, 伐って, 伐つたの, 伐り集めた小枝大枝, 伐木し, 出かけて, 出れば, 切り出したの, 切り出した檜材, 受けた表面, 唸りを, 四人の, 小石が, 小鳥の, 広場へ, 払い下げに, 折れて, 抜いた竹の子, 抜けて, 放牧場の, 早稲田の, 時々のどか, 朝日の, 本堂に, 村里へと, 松の, 林と, 林丘から, 林山から, 森森から, 樹を, 歐洲の, 汽車が, 汽車で, 浜づたいに駈け慕っ, 湧き起こった, 独り離れ, 狼村で, 猟犬の, 現われたの, 白石まで, 真っ白な, 眺めた, 矢を, 笹むらへ, 築山へか, 続いて, 脱け, 舞いとぶ落葉, 荒れて, 藪へ, 蜩が, 逃げたらしい, 逆三位一体, 運び出されたもの, 野良へ, 隔離され, 隠顕する, 隣村の, 雀枝を, 離れると, 雨滴れ, 雪崩れ込む, 露西亜の, 音を, 麥畑から

▼ 林房雄~ (58, 0.6%)

4 の, は自分 2 が, がこの, である, の逆説, は, は宇野浩二, は繰返し強調, は逆説

1 [34件] がオレ, が実業家, が楽屋, が深刻ぶり, この両氏, だけが光つて, であった, というこの, と会見, と自身, などからは何, などがいち早く, などの卑劣さ, などを中心, のみこ, のコロンタイ, の憫然, の文章, の欲, の考え方, の評, の論法, の近業, はプロレタリア作家, はモダニズム, は二年, は放言, は罵らないだろう, は近作, は露骨, や須井一, を中心, を先頭, を取ろう

▼ 林には~ (54, 0.6%)

2 いって, やはり毎日毎日子供ら, 及びませんでした, 数百の, 気も

1 [44件] ありとあらゆる樹木, いま植物園内博物館に, いろんな鳥, きびしくお, そっちこっちに, どこにも, ひじょうに高い, ひって, ひらうと, ひりました, ほととぎすが, やはり雉, アイヌを, ガチャ, 下生えが, 二すじの, 人だかりとても, 兵が, 冬の, 凄惨な, 到る処藁, 夜の, 嫩葉の, 小鳥が, 憩わずわざわざ, 斑らな光り, 来りしが, 柔かな, 烏も, 珍らしい, 白色の, 百舌が, 相当いる, 蝉が, 赤色の, 野生の, 金蘭銀蘭の, 雪は, 青楼なし, 静寂そのものの, 音の, 馬が, 鳥の, 鹿も

▼ 林~ (53, 0.6%)

2 が事

1 [51件] からあの, がこちら, がこんな, がご, がそれだけ, がまた, が今夜, が名古屋, が手先, が歩い, が知った, が策略, が関係, こそどうして, こそよく, とその, と家来, なんかいいかげん, にお, には六人男ども, には大, に挨拶, のご, の上品端正, の仕立てた, の体, の吩咐, の目的, の行動, の計画, の邸内, はこう, はすぐ, は一笑, は不意, は云われた, は仰せられた, は動かなかった, は叱る, は大野, は女勘助, は我輩, は案外平然と, は話, は足, へそういう, へ云った, へ詫び, も見, を讃, を連れ出し

▼ 林太郎~ (47, 0.5%)

4 はしろ 2 はそれ

1 [41件] が山代大兄, が私, とおなじ, には憎らしく, のおじいさん, のおとうさん, のくる, の姿, の村, はああ, はいつか足元, はいろり, はうらめし, はうわ, はおかあさん, はおきぬ, はおずおず, はきゅう, はぎょっと, はくちびる, はこんど, はさすが, はしおしお, はすっかり, はそこで, はとび上がっ, はどうして, はなんだか, はなんだか少し, はなんとも, はもう, はやっと, はゐざり, は助かった, は大きな, は悲しく, は指, は生まれ, は自分, やあー, をのせる

▼ 林院様~ (47, 0.5%)

4 御意なされ 3 のお, の御 2 にも御, の御意, へお, へ申し上げ

1 [29件] お二かた, お果てなされ, に, にはおん, には御機嫌, にも一かた, の, のおん住居, のおん言葉, の仰せ, の仰せられ, はさ, はよろ, は三斎様与一郎様, は又, は右, は孔子, は少, は少し, は御, は御返事, は梅, は霜, へ献上, も, をお, をおん渡し候, 又御意, 御自身

▼ 林芙美子~ (40, 0.4%)

62 という婦人作家たち, との対談, と云う, の死

1 [26件] がルンペン, そのほか, だし, というよう, という名前, との間, とはどこ, とはどちら, と一九二〇年, と並ん, などと共に故人, に漢口一番のり, のその後, のリユツクサツク, の今日, の出版者, の名前, は, は当時有名, は獲, もいろいろ, も女, や佐多稲子, や宇野千代, をし, を近代的

▼ 林内閣~ (38, 0.4%)

2 の成立

1 [36件] がいけなく, がなぜ, が反感, が怪しから, が総, が落ちつく, では国防, でも之, とは金融資本, と広田内閣, なるもの, に対する一応, のイデオロギー的, の原則, の失脚, の実感, の広田内閣, の手, の拝命, の政情, の政治方針, の祭政一致, の祭政一致主義, の組閣方針, の罪ほろぼし, の罪滅ぼし, は, は国民, は思想政策上, は極めて, は退却, への反感, まさに成立, をめぐる, を倒し, 特に結城蔵相

▼ 林~ (38, 0.4%)

3 の家 2 の手紙

1 [33件] から, からも聞かされ, から聞かされた, がどんな, がほろ酔い, が羅病, である, といふ, とで亀蔵, とチヱ, とマン, と二人, には大言壮語, のところ, の一番上, の女房チヱ, の方, はかすか, はばりばり, はやけ, は伝馬, は六年, は妹, は憎悪, は熱, は眼, は貧乏, は辛うじて, を頼っ, 兄さんからと, 兄さんが, 兄さんを, 兄さん夫婦と

▼ 林彦三郎~ (37, 0.4%)

2 とお

1 [35件] がお, が一番, が下手人, が手ひどく, が持つ, が自首, が醉, だよ, でなし, といふ, といふの, といふ浪人者, とか言, と共に門弟達, にもそれ以上, の三人, の三方, の介抱, の外, はもう一度, は一應宿元, は口書拇印, は娘, は川波勝彌, は拔群, は淋しく, は矢, は自首, は苦笑, を疑ふ, を縛つた繩, を縛る, を聟, を護つて, を顧みます

▼ 林~ (37, 0.4%)

2 のよう, の老獪, の説, は人

1 [29件] が訪ね, この時蕗の薹, であつ, などによってこの, にし, に對, に答, の, のロマンチシズム, の儒学, の命名, の所藏, の所説, の注意, の籍, の結論, の言葉, の門人籍, は出獄後, は尋常一様, は第三者, は維新後日本国内, は自分たち, は自身, は茲, もふれ, を介し, 寝ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ, 来りしかばおかめ笹

▼ 林右衛門~ (34, 0.4%)

2 の立ち退いた, はこう, はそれ, は修理

1 [26件] がどう, である, に伝えられた, の, のいた, のとった, の代, の企て, の安否, の心, の成敗, の重ねる, の頑健, はそこ, はその, は家老, は広井, は板倉家, は爾来, は私, ほど明瞭, もこの, も強力, も意地ずく, を憎む, を手

▼ 林~ (34, 0.4%)

3 という若党 2 から先, という男

1 [27件] が先, が土人土鍋, が差し, が己, じゃア, という者, と改書, と添わし, と私, に世帯, の前, の手, の方, の胸倉, の頭, はにこ, はプップ, は愚者, は段々宜, は苦紛れ, も刀, も斬殺, や林藏, を酔わせない, 出て, 大きに御苦労, 寝たか

▼ 林という~ (30, 0.3%)

2 のが, のは, ものは, 男は

1 [22件] かたが, ような, 先生が, 原始林へ, 名前を, 名目を, 地点に, 家でも, 宿屋に, 少壮, 方の, 村に, 林墓地から, 林梢という, 男が, 男です, 男の, 盛り場が, 美人が, 若い家士, 青年が, 青年は

▼ 林~ (27, 0.3%)

2 嬌は, 學の

1 [23件] 嬌と, 嬌の, 嬌ヘ, 学頭家の, 学頭津田半三郎を以て, 学頭監察岩瀬肥後守から, 学頭監察岩瀬肥後守等等, 學, 學で, 學に, 學へ, 學も, 學や, 學井戸對馬にも, 學以下の, 學對ペルリと, 學教授ホロート氏が, 學生が, 學頭は, 學頭を, 學頭信篤と, 寿氏は, 隊長も

▼ 林三郎~ (26, 0.3%)

3 の女房 2 のところ

1 [21件] が一番, が徳右衞門, が殺された, といふ三十七八, などは皆, には一目, に三年前, に怨, の仕業, の殺された, の男, の財布, は三人, は棧, は留守, は評判, は誰, は長い, もその, も清水, を殺した

▼ 林子平~ (25, 0.3%)

3 の墓 2

1 [20件] が日本橋下, が本木良永, が海國兵談豫約出版, が當時, じゃねえ, と同時に, など, なんという, により, の, の伝記, はどんなに, は同書, は和蘭商館長, は字, も尊王, や三州, を罪したる, を苦しめた, を逮捕

▼ 林~ (25, 0.3%)

4 のほう 2 の玄関

1 [19件] からもどっ, での懐旧談, という別棟, と呼ぶ, にも自分, に引きあげるまえ, に引きとり, に朝倉先生, に残し, に行っ, の名, の四畳半, の寝, の小家, の掃除, の朝倉先生, はどう, を引きあげる, を無念そう

▼ 林念寺前~ (25, 0.3%)

9 の柳生 6 の上屋敷 2 のお, の上 1 なる柳生, なる柳生対馬守, にあった, に移りました, の屋敷内, の手

▼ 林~ (24, 0.3%)

1 [24件] から来信, が近頃, さ, だけがとても仲よく, ちょっとここ, どうかし, どうした, などによって階級性, にたのん, にはまだ, のお, のケビン, の使つて, の子供, の画風, の話, は熱情, は魯迅, また田中君, もたっし, や硲, や硲君, 居るかい, 詰らん事

▼ 林~ (22, 0.2%)

1 [22件] が某, が走り出, だ, という者, のこと, はますます, はめいらず, は何もの, は夜他, は始め, は王, をさがした, をつかまえ, を偵察, を拘引, を杖, を武, を殺し, を渡し, を留守居, を繋っ, を釈

▼ 林覚兵衛~ (22, 0.2%)

3 であった

1 [19件] がいるで, がこんな, が先ず, が眼, が追従笑い, と勘兵衛, と宣り, と絞殺, と頼母, に襲われ, の一味, の一味達, の声, はその, は例, は星, もい, も江戸, より耳

▼ 林助手~ (19, 0.2%)

2 にはそれ

1 [17件] が抜け穴, には博士, に手渡し, の声, の耳, の肩, の肩先, の腕, はけげん, はもう, は上衣, は何だか, は俄, は勇気, は喋る, は天井板, は就職間

▼ 林~ (18, 0.2%)

2 へ往

1 [16件] にある, に兒, に埋めた, に至りし, に葬つた, に葬られた, に行い, の住職, の墓地, の墓所, の壽, の方, の記載, は墓地, へ埋め, を菩提所

▼ 林佐渡~ (17, 0.2%)

1 [17件] から直接, がその, が彼, が那古屋, であった, とかいう重臣たち, と佐久間修理, と同道, と美作, の末路, の私邸, は, は信長, も, も後, や柴田権六, や美作

▼ 林では~ (16, 0.2%)

2 宿鳥が

1 [14件] こうした悲惨, このシーズン, すべての, ない, ないであろう, なく極めて, まだ三味, パリーの, 東洋語學校と, 比丘尼寺で, 漆も, 猿猴が, 野鳩が, 雪から

▼ 林でも~ (16, 0.2%)

1 [16件] あって, あるし洪水, かまわず突進, ずんずん横切っ, ない, みんなわかる, やって, 今より, 寢て, 居ると, 持主が, 田圃でも, 皆なくなった, 落葉を, 言泉でも, 開けると

▼ 林~ (16, 0.2%)

2 も声

1 [14件] が赤, と畠作物, なぞの設色, の布置, の日なた日かげ, の目, の茂み, の見る, の際, は何, やら生木, を穿ち, 茂り中, 高くも

▼ 林羅山~ (16, 0.2%)

2

1 [14件] だと, と云, などが文教, に質した, のよう, の右, の唱道, の如き, の開化天皇論, は, はこれら, は慶長十二年, や平, を召し抱える

▼ 林~ (15, 0.2%)

1 [15件] からも手紙, があやまっ, が代る, が寺島雄作, が急, が来ない, でやる何荘, で銀座, と二人, に代らせた, の友人, の喧嘩, の役, を連れ, 来るうち

▼ 林房雄氏~ (15, 0.2%)

1 [15件] が上述, が出獄, が真面目, が藤森成吉, であった, などの文章, の, のレトリック, の説, は, はその, は真面目, は談, は陳腐, ノ一文

▼ 林大学頭~ (14, 0.1%)

1 [14件] からきい, から修理, が休講, が引証, が書い, が膝行, たる, など列座, のところ, の御, は世々大学頭, は前記, や室鳩巣, より出したる

▼ 林邑楽~ (14, 0.1%)

1 [14件] だけで, とならべられ, に, には右, の変遷, の所作, の陵王, はどの, はインド, は南, もその, をその, を田楽, を見

▼ 林謹直~ (13, 0.1%)

3 の林コンツェルン 1 から電話, がフト口, が偶然ホテル, が呼び込まれる, でございます, にこの, にとっては宗皇帝, に逢い, のオヴァーランド, の命

▼ 林~ (13, 0.1%)

2 の師団長

1 [11件] のほか, の一将校, の兵権, の勇兵百余人, の司, の多く, の大将王必, の将校たち, の教頭王進, の残兵, の長

▼ 林~ (12, 0.1%)

3 ということ 1 かで始まる, かの中, から人家, かハッキリ, が時には, が深い, なんて, のを, 不規則な

▼ 林より~ (12, 0.1%)

2 盆地の 1 いづる獅子, エレン・ケイ宛の, 帰来り, 引き返しジョホール王宮, 怖畏を, 曠野に, 来る由, 東の, 潮の, 霧起り

▼ 林~ (12, 0.1%)

1 [12件] おぬし, がことば, が肩, であった, という由緒, と一鉄, と会見, なるもの, の悪, はそれ, は愕, へ参った

▼ 林まで~ (11, 0.1%)

2 親子の 1 きた時, 参ります, 徐錫林から, 来た, 沁み入るよう, 行き着きましたが, 行って, 野武士や, 陣座を

▼ 林長二郎~ (11, 0.1%)

2 の家政婦 1 だのターキー, など賑, の, のやう, の芸名, の見舞, の部屋, を出来る, を相手

▼ 林にも~ (10, 0.1%)

1 ありますから, はいった, 似て, 春の, 歌うたは, 溪にも, 谷にも, 野にも, 風を, 鳴いて

▼ 林へと~ (10, 0.1%)

1 ゆく路, 一面に, 伝って, 抜けて, 汽車は, 眞すぐ, 続いて, 縫つて建てられ, 追ッ, 逃げ惑うた

▼ 林務官~ (10, 0.1%)

1 がゐる, が殺されるだろう, が見え, といふ樣, などが殺され, のやう, の事, の制服, は言い捨てた, を殺し

▼ 林陸相~ (10, 0.1%)

2 が内閣審議会 1 の立前, の粛軍活動そのもの, の言明, はこの, はそこ, は例, は同年七月五日岡田首相, は所謂軍統制

▼ 林あり~ (9, 0.1%)

2 森あり 1 てその, 中に, 兩岸を, 古梅園とて, 安林と, 瑠璃鳥は, 野の

▼ 林~ (9, 0.1%)

1 何かに, 古賀かの, 崖の, 巴里へ, 或は其外, 樹叢の, 無軌道な, 畑の, 針の

▼ 林である~ (9, 0.1%)

1 からそれ, が上, が中, ことを, だけにその, というこの, を知, 元来此アヲギリ, 樹は

▼ 林といふ~ (9, 0.1%)

2 寡婦の 1 ものが, ものを, 大きな呉服, 大尉も, 林を, 林墓地から, 詩集を

▼ 林とは~ (9, 0.1%)

1 いつもよくお, 之では, 云え枝, 交る, 何故論文批判, 嫌疑者として, 孔子を, 殊に夜, 黯澹たる

▼ 林先生~ (9, 0.1%)

1 すなわち洋画家, って男, という事, とおっしゃる, の橋田新一郎氏, の橋田氏, は上手, は清朝, は田原さん

▼ 林~ (9, 0.1%)

2 に遊び山水 1 で説法, なり, に馴れ養わん, のうち, の尚, を快, 多くし

▼ 林首相~ (9, 0.1%)

21 から財政, などに聞く, によって更に, の謹話, は何, や文武官僚, 乃至林内閣そのもの

▼ 林との~ (8, 0.1%)

2 間を 1 中で, 堺には, 境界を, 彼方が, 比較研究を, 間に

▼ 林とを~ (8, 0.1%)

1 どう思ってる, 夕暮の, 眞晝の, 真昼の, 蕩盡せし, 見たところサ, 見る, 過ぎること

▼ 林忠正~ (8, 0.1%)

2 の蒐集 1 との合著, なる者, の名, の経歴, はそが, は越中高岡

▼ 林述斎~ (8, 0.1%)

1 が墨田川, が隅田川, の墓誌, の第, の言, の講筵, の門, は弘安本

▼ 林道春~ (8, 0.1%)

21 が父, の文, の旧, の時分, の東鑑考, を採用

▼ 林~ (8, 0.1%)

1 ことごとくインド文明, といっ, に克った, の名, の大, の音楽, より貢, 即ち今

▼ 林~ (7, 0.1%)

1 にいた, にいる, に往, に迎え入れた, の夜, の縁側, は李

▼ 林友吉~ (7, 0.1%)

1 というお尋ね者, というの, という爆弾漁業者, の頭脳, は決して, やお互い, をどうか

▼ 林師範~ (7, 0.1%)

1 か, こそお気, だぞ, だって, ともいわれた, に逃げられ, へ何

▼ 林~ (7, 0.1%)

1 から半日, であるから, と記した, の方, の杭, の鉄索運転工場, の鉄索運転所

▼ 林芙美子さん~ (7, 0.1%)

1 がパリ, じゃない, だ, ですら, のこと, は掛け, も私

▼ 林黛玉~ (7, 0.1%)

1 である, です, の梅逢春, の跡, は, は容易, は畢

▼ 林だの~ (6, 0.1%)

1 丘だの, 何だ, 岩の, 桑畑が, 畑ばかり, 赤い屋根

▼ 林助さん~ (6, 0.1%)

2 からあんた 1 は関門, もステテコ, を助け, を殺さない

▼ 林右衞門~ (6, 0.1%)

1 が二本差, が死ん, といふ御家人上がり, といふ浪人者, の内儀, の忘れ形見

▼ 林和尚~ (6, 0.1%)

1 が尋ねます, が御, が答, といふ年, の機嫌, はその

▼ 林弁護人~ (6, 0.1%)

1 の弁論, の弁論中, の行った, の陳述, は共謀, は弁論中

▼ 林弘高~ (6, 0.1%)

1 が来, が来訪, が築地, と樋口, に会, の招待

▼ 林技師~ (6, 0.1%)

2 の雄弁丸 1 がタマリ, が如何にも, が額, の蘊蓄

▼ 林美雲~ (6, 0.1%)

1 が一点, です, というもの, という人, なども出掛け, は前

▼ 林興業~ (6, 0.1%)

1 にとっては皇帝, に帰属, の先取権, の親玉, を主体, を主力

▼ 林駒生氏~ (6, 0.1%)

1 が嘗て, が固く, が振返っ, は朝鮮, は本, を訪れた

▼ 林その~ (5, 0.1%)

1 中を, 人では, 周囲には, 林の, 若葉が

▼ 林であった~ (5, 0.1%)

1 かも知れない, ことを, ころには, という, ところを

▼ 林によって~ (5, 0.1%)

1 囲まれ烈しい, 始めてこの, 小林に対する, 特殊である, 腹癒せ風に

▼ 林コンツェルン~ (5, 0.1%)

1 と小口翼, の林謹直, の親玉, の親玉林謹直, を押

▼ 林五君~ (5, 0.1%)

2 の家庭 1 に, にそして, よ幸福

▼ 林~ (5, 0.1%)

2 父さんが, 父さんは 1 父さんだった

▼ 林~ (5, 0.1%)

1 から離れ, の中央チーア公園, の市街巡査等, の片端, を重

▼ 林文三郎~ (5, 0.1%)

1 がアノルドファンク, が来, と共に大いに, にも逢った, もゐ

▼ 林有造氏~ (5, 0.1%)

2 は去れり, を農商務大臣 1 の実弟

▼ 林~ (5, 0.1%)

2 は青く 1 にあらざるなり, にまじっ, を捨て

▼ 林美作~ (5, 0.1%)

1 などという常に, などの新しい, などはかえって, の人数七百, はその

▼ 林芙美子氏~ (5, 0.1%)

1 がある, の, のある, の朝夕, は

▼ 林~ (5, 0.1%)

1 にはく, の中, の間, を過ぎ, 穿ちつ

▼ 林あたり~ (4, 0.0%)

1 のステージ, の亜米利加美人, の女優, までを写し

▼ 林だけ~ (4, 0.0%)

1 だ, では, で大, なら其

▼ 林であり~ (4, 0.0%)

1 中腹へ, 其処に, 小学校の, 藪地な

▼ 林なす~ (4, 0.0%)

2 港の 1 帆柱の, 檣の

▼ 林など~ (4, 0.0%)

1 あるいは遠く, 宵から, 物騒な, 遅桜

▼ 林について~ (4, 0.0%)

1 それぞれ訓令が, 曲つてゐ, 曲る, 見られたい

▼ 林にな~ (4, 0.0%)

2 つてゐた 1 つてゐ, つて繁茂した

▼ 林ばかり~ (4, 0.0%)

1 だ, でなく言葉, で退屈, 見慣れて

▼ 林みたい~ (4, 0.0%)

1 で五六寸, なところ, に立てた, に髭

▼ 林~ (4, 0.0%)

4 げに

▼ 林をも~ (4, 0.0%)

1 怪しき老女, 田畑に対して, 腰から, 路をも

▼ 林三郎さん~ (4, 0.0%)

2 がお 1 のところ, は氣

▼ 林~ (4, 0.0%)

1 あり河流, あり草野, あるも, から丘

▼ 林佐渡守~ (4, 0.0%)

1 と弟, どの佐久間信盛どの, などをお, へ命

▼ 林~ (4, 0.0%)

2 を担がせる 1 だってこと, だつてこと

▼ 林四郎~ (4, 0.0%)

1 と称, は何, は抜目, 見たいな

▼ 林学士~ (4, 0.0%)

1 が云う, が部下, の関井さん, を統領

▼ 林~ (4, 0.0%)

1 の船, の鬱然たる, を望む, 遠く夕陽

▼ 林念寺~ (4, 0.0%)

1 のお, の上屋敷, の坊さん, の屋敷

▼ 林房雄その他~ (4, 0.0%)

2 の人々 1 によってソヴェト同盟, の作家

▼ 林~ (4, 0.0%)

1 がやつ, といふの, とか言, の素姓

▼ 林芙美子女史~ (4, 0.0%)

1 が北京, などおそらく, の三周忌, の北岸部隊

▼ 林~ (4, 0.0%)

1 で塗りあげ, に変り, の, を

▼ 林~ (3, 0.0%)

1 の木立, をおかひなさい, をたべ

▼ 林だった~ (3, 0.0%)

1 が帰り, ということ, のだ

▼ 林であっ~ (3, 0.0%)

1 てその, ても許可, て私

▼ 林~ (3, 0.0%)

1 のかも, のです, のには

▼ 林などの~ (3, 0.0%)

1 作家に, 手強い重臣たち, 批判に

▼ 林にでも~ (3, 0.0%)

2 すがるより 1 なったら御

▼ 林へでも~ (3, 0.0%)

2 裏の 1 逃げずかと

▼ 林ゆき~ (3, 0.0%)

2 ゆきて 1 まよふ

▼ 林三郎どん~ (3, 0.0%)

1 が曲者, が殺され, は呑氣

▼ 林井戸~ (3, 0.0%)

1 の兩者, の書翰, へも其旨達し

▼ 林兵左衛門~ (3, 0.0%)

1 が踏込み, を有馬村, を殺した

▼ 林冲どの~ (3, 0.0%)

1 が見えられた, でお, の身

▼ 林処士~ (3, 0.0%)

2 の風流 1 の詩

▼ 林務課~ (3, 0.0%)

2 の事業手 1 の年

▼ 林博士~ (3, 0.0%)

1 はその, はパヴロフ, は前

▼ 林~ (3, 0.0%)

1 がある, の繁み, をなし

▼ 林右衛門め~ (3, 0.0%)

1 は先頃, を縛り首, を贔屓

▼ 林和靖~ (3, 0.0%)

1 の, のごとく, の後裔

▼ 林大学~ (3, 0.0%)

1 に転じ, の研究室, の頭

▼ 林太郎樣~ (3, 0.0%)

1 には一ヶ月, は名題, を搜

▼ 林夫婦~ (3, 0.0%)

1 はねむ, は師走, は隠居

▼ 林~ (3, 0.0%)

1 の女中, の女中ため, の屋上

▼ 林~ (3, 0.0%)

2 漸く遠し 1 だけ一抹

▼ 林忠彦~ (3, 0.0%)

1 の撮影, はこれ, は私

▼ 林房雄氏等~ (3, 0.0%)

1 から旺, が抽象的情熱, は日本

▼ 林~ (3, 0.0%)

1 といふ女, に依り, の宅

▼ 林~ (3, 0.0%)

1 という梢, に群がっ, に群つて

▼ 林榮七郎~ (3, 0.0%)

1 だけに贈られた, についてもヨーロツパ文化, へ

▼ 林~ (3, 0.0%)

2 の俊恵 1 を縫っ

▼ 林赤壁~ (3, 0.0%)

1 にやぶれ, のあいだ, の両

▼ 林重真~ (3, 0.0%)

1 が守備, の部下黒崎団右衛門, も城

▼ 林~ (3, 0.0%)

2 の主人 1 と云う

▼ 林ある~ (2, 0.0%)

1 を白虎, を見ず

▼ 林きん子~ (2, 0.0%)

1 として舞踊家, になった

▼ 林これ~ (2, 0.0%)

1 はポプラ, をめぐり

▼ 林さえ~ (2, 0.0%)

1 ぬければ, 放そうと

▼ 林さんこちら~ (2, 0.0%)

1 と一ついらっしゃい, にしよう

▼ 林さん大丈夫~ (2, 0.0%)

2 ですか

▼ 林しげく~ (2, 0.0%)

1 その下, 其下は

▼ 林そのまま~ (2, 0.0%)

1 のあの, の沈まり

▼ 林それ~ (2, 0.0%)

1 につ, までは及ばず

▼ 林だけは~ (2, 0.0%)

1 どう云, どう云う

▼ 林だろう~ (2, 0.0%)

1 あんな林, と飛びまわる

▼ 林って~ (2, 0.0%)

1 東洋汽船時代からの, 知って

▼ 林です~ (2, 0.0%)

2 と心

▼ 林でなく~ (2, 0.0%)

1 小鳥の, 幾区画にも

▼ 林とが~ (2, 0.0%)

1 ある, 入り交って

▼ 林とで~ (2, 0.0%)

1 美しく飾られた, 麻雀

▼ 林とに~ (2, 0.0%)

1 迫りつつ, 連接する

▼ 林と共に~ (2, 0.0%)

1 奥秩父の, 春夏の

▼ 林なぞは~ (2, 0.0%)

2 この伊香保

▼ 林などが~ (2, 0.0%)

1 目を, 見える

▼ 林などで~ (2, 0.0%)

1 埋つて, 興行した

▼ 林などと~ (2, 0.0%)

1 書いた棒杭, 違い現在

▼ 林などには~ (2, 0.0%)

2 十日ほど

▼ 林なども~ (2, 0.0%)

1 なくな, 見える

▼ 林などを~ (2, 0.0%)

2 時時見る

▼ 林なんて~ (2, 0.0%)

1 え名, 見た事

▼ 林に対して~ (2, 0.0%)

1 これまで, 抱いて

▼ 林のむ~ (2, 0.0%)

2 こうに

▼ 林へも~ (2, 0.0%)

1 よろこんでは, 追い上げねば

▼ 林または~ (2, 0.0%)

1 牧場のみ, 竹なぞ

▼ 林まだ~ (2, 0.0%)

2

▼ 林までも~ (2, 0.0%)

2 切り無く

▼ 林やら~ (2, 0.0%)

1 ただ乱雑, 丘やら

▼ 林よりも~ (2, 0.0%)

1 はるかに, 高い位

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 と並ん, と共に

▼ 林を以て~ (2, 0.0%)

1 したといふ, 起算点と

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 下の, 中へ

▼ 林カイザー街~ (2, 0.0%)

2 の古い

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 出デ, 隔ツレバ則チ趣ホボ水車ニ等シ

▼ 林三郎殺し~ (2, 0.0%)

1 の下手人, の疑ひ

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 中, 山其中多

▼ 林事件~ (2, 0.0%)

1 のため, の大長咄

▼ 林五郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 というの, といえる

▼ 林仕立て~ (2, 0.0%)

2 の盆栽

▼ 林伍君~ (2, 0.0%)

1 と共に, に

▼ 林光文~ (2, 0.0%)

2

▼ 林公園~ (2, 0.0%)

1 に失望, のどこ

▼ 林兵右衛門~ (2, 0.0%)

1 は単身, を殺す

▼ 林冲一人~ (2, 0.0%)

1 がその, を置く

▼ 林冲先生~ (2, 0.0%)

1 に弟子入り, もおいで

▼ 林冲史進秦明~ (2, 0.0%)

1 などに囲まれ, などは挙げ

▼ 林務官化石~ (2, 0.0%)

2 を探す

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 右衞門に, 實直な

▼ 林友道~ (2, 0.0%)

1 が三國通覽, の通覽

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 は焼跡, は畑

▼ 林右手~ (2, 0.0%)

2 は急

▼ 林~ (2, 0.0%)

2 において御

▼ 林墓地~ (2, 0.0%)

2 から田圃

▼ 林外務大臣~ (2, 0.0%)

2 を始め

▼ 林大将~ (2, 0.0%)

1 の下, の方

▼ 林子爵~ (2, 0.0%)

1 が持っ, が持つ

▼ 林專務~ (2, 0.0%)

1 の云つて, の話

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 から山, は次第に

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 に近づく, の中

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 と読める, の店

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 にはカルカヤ, には野火

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 などが自己, の三人

▼ 林彦三郎さん~ (2, 0.0%)

1 が自首, にも罪

▼ 林或は~ (2, 0.0%)

1 稀に, 面白い岩礁

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 がトルストイ, であった

▼ 林房雄中河与一等~ (2, 0.0%)

1 と共に, によって組織

▼ 林房雄尾崎士郎榊山潤~ (2, 0.0%)

1 の諸, の諸氏

▼ 林拳法~ (2, 0.0%)

1 の真似ごと, の達人

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 が礼, という一書生

▼ 林敬五郎~ (2, 0.0%)

1 でした, は物

▼ 林有三千許家差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 林有造等~ (2, 0.0%)

2 の人格

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 が始末, を許し

▼ 林権助~ (2, 0.0%)

1 の指揮, は学良

▼ 林権助氏~ (2, 0.0%)

1 が奉天, などもいっしょ

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 が落ちた, の辺

▼ 林檎喰~ (2, 0.0%)

1 ひ, べたい

▼ 林檎賣~ (2, 0.0%)

1 が出, の娘

▼ 林~ (2, 0.0%)

2 の曲

▼ 林歌子~ (2, 0.0%)

1 といつた, や矢島楫子

▼ 林正之助~ (2, 0.0%)

1 と来り, に逢った

▼ 林正之助氏~ (2, 0.0%)

1 へ行く, も同道

▼ 林深く~ (2, 0.0%)

1 わけ入, 分け入

▼ 林温泉~ (2, 0.0%)

1 に泊る, より鹿児島

▼ 林玉露~ (2, 0.0%)

1 と云, は俗本

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 の半夜高堂, の璋字

▼ 林田楽~ (2, 0.0%)

2 など言

▼ 林町の~ (2, 0.0%)

1 が一人, はどう

▼ 林町界隈~ (2, 0.0%)

1 であの, までは距

▼ 林町辺~ (2, 0.0%)

1 の地形, は十三日以来

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 などの入り乱れた, のなか

▼ 林病院~ (2, 0.0%)

1 に運びこまれた, のうすぐらく

▼ 林~ (2, 0.0%)

2 伐られ楢

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 となり, の如く目

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 をありのまま, 走る瀧津瀬

▼ 林硲長島~ (2, 0.0%)

1 と僕, と共によい

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 からいきなり, のあちらこちら

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 には白い, に上れる

▼ 林総領事さん~ (2, 0.0%)

1 のお, を訪ねた

▼ 林~ (2, 0.0%)

1 だった, といった心

▼ 林藏さん~ (2, 0.0%)

1 と, と斯

▼ 林行き~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ 林谷山~ (2, 0.0%)

1 には不破, には不破勝光

▼ 林述齋~ (2, 0.0%)

1 がその, といふ林家中興

▼ 林達夫氏~ (2, 0.0%)

1 が, は関根氏

▼ 林量一郎~ (2, 0.0%)

1 同榮七郎等, 小通詞

▼ 林鐘坊~ (2, 0.0%)

1 ははじめて, は口

▼ 林長之助~ (2, 0.0%)

1 の, を宝生座

▼ 林長孺~ (2, 0.0%)

1 の, の紀文

▼ 林附近~ (2, 0.0%)

1 の地理, へ出

▼ 林陸相自身~ (2, 0.0%)

1 も亦, も又

▼ 林駒生~ (2, 0.0%)

1 と三人, はこれ

▼ 林髞博士~ (2, 0.0%)

1 というの, も亦

▼ 林魁一君~ (2, 0.0%)

1 が美濃, の地方

▼ 林~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 林鶴一博士~ (2, 0.0%)

1 が和蘭, が数学

▼1* [685件]

あちこち紅葉して, 林あれど明らか, 林いっせいに騒い, 林いっぱい虻蜂のふるひ, 林いづれも己, 林うち捨てられた汚い草原, 林かとあらは, 林かなんぞのなかを, 林かな上の方, 林かのように, 林からさえ追い出しとけぁいいんだ, 林からと入り乱れた微風, 林からはなれました, 林からも聞こえて, 林か乃至は薪炭, 林ががあが, 林がと変に, 林がをり, 林ぎわのほうにはば三十メートル, 林くすぶった家が, 林ぐらゐくるくるん, 林ぐらゐ焼っぷくってしまふぞ, 林ここから見る, 林このあたりに, 林ごつごつしたむきだしの, 林へ放さう, 林さながらに見える, 林さびれつつ, 林さんあんたが海尻, 林さんお変りなくって, 林さんじゃねえでがすか, 林さんそれはいけない, 林さんそれぁいけません, 林さんとこへ寄っ, 林さんもとは金, 林さんわけがない, 林さんマザーになっ, 林さん一つお願いしましょうか, 林さん今晩須崎さんがねイ, 林さん俺あ辛い, 林さん如何です, 林さん書留ですよ, 林さん松井さんとお, 林さん私は大島, 林さん自身嘗てその, 林只今路傍に, 林するまでのこと, 林そうかと思う, 林そして太や, 林その他の雑誌, 林それから植えた林, 林それらの怨み, 林ただの山坂, 林たちつ, 林ちりもせで, 林つきて, 林つづきをこの, 林であろうと何, 林でさえ一つ, 林でなければ出来ない, 林での経験である, 林とか阿弗利加, 林とかいふものが, 林としかほかの, 林として植えた集団生活, 林とだけ言ひました, 林とつひうか, 林とても数里にわたる, 林とともにかりに自分たち, 林どうやらそろそろこの文句, 林なくただ熱帯植物, 林なしに生きられる, 林なぞがお粂, 林なぞを望んだなら色相, 林なだらかな湖面, 林などに反響し, 林などによってわれわれを, 林などはないから, 林などへ分け入った, 林なにを考へ, 林なほ花を帶びたり, 林ならはてな林町, 林なり畑なりに, 林なる巖谷小波先生の, 林なれば, 林なんかと競争を, 林なんといふ書は, 林なんどのええ, 林にかへらんと, 林にと覺えて, 林にとってまさに屈辱, 林にとっては実に大, 林にとり囲まれた擂鉢形, 林にまで辿りついて, 林に対する唯一の, 林に当たって怖ろ, 林のきはみまでと, 林のくぼは星, 林のてまへの, 林のぶ子の君, 林のみは常磐の, 林はやはら, 林はよかつた, 林ふる狸の, 林へだてて二流れ, 林またこれを, 林みな震ふ, 林もとほり過ぎた, 林やの黒い影, 林よりの土産とか, 林よりゃ面白え, 林らしいものが, 林らしく濃い緑, 林をのぼつて, 林をめぐってめぐり尽すと, 林ん中へ持つ, 林ウインター・ガルテンの下っ端, 林ウォルガバイガルなどの百貨店, 林トリコを着た, 林ト爲シ更ニ故, 林ドクトルもゐた, 林ドロティン・ストラッセ街から来た, 林如シ, 林ブラッセルアムステルダム何れも電信, 林ヤ田ヤ畑後ヘ, 林ヨブスマの赤い, 林ワイマル等を巡り, 林一夜煙散後, 林一寺を抱き, 林一巻を刻, 林一度に立っ, 林一枝のよう, 林高き月桂, 林の妻, 林三巻零本ありと, 林三平と小説家, 林三平さん静かにしない, 林三平倉内銀次郎戸浪三四郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 林三死して, 林三耶は驚く, 林三郎夫婦も良い, 林の湿った, 林与左衛門正定, 林丘寺に入りし, 林丘曉靄の外, 林丘欝蒼として横, 林並木岡本勇河東碧梧桐高浜虚子という顔, 林中将太郎さんの蔵する, 林中村又は長兵衛, 林中空地に於, 林に食糧, 林主様弁信法師が参りました, 林主義の方向, 林九二に晉, 林五君奥さん坊ちやんありがたう, 林五舎へ, 林ではもう, 林仕立が色づく, 林他方が同様, 林代次郎と云う, 林以来の神聖家族, 林伐採を止めん, 林や児玉伯, 林伯父さんの手紙, 林伯猿が関東節, 林ゐにしか, 林佐渡その他の旗本たち, 林佐渡どのといい, 林佐渡らの主張, 林佐渡守弟の美作守, 林佐渡守通勝や安藤伊賀守父子, 林佐渡様のおや, 林佐渡滝川一益菅谷九郎右衛門の三重臣, 林佐渡美作の三人, 林佐渡通勝池田勝三郎信輝佐久間大学森可成, 林佑葉見泰等, 林信助さんその次に, 林信勝佐久間信盛丹羽長秀池田信輝羽柴秀吉滝川一益など, 林信満に就い, 林倭衛の, 林ひに, 林が独乙留学, 林億等の校正表, 林儒流の磊落, 林兄弟は彼, 林光平などの日記, 林光隙を透し, 林了, 林八十万軍の新, 林八道蹂躙之事, 林八重には早い, 林公使にはかりし, 林公抔と思っ, 林六郎光明の堅陣, 林兵六である, 林典街頭月看酔智, 林のいずれ, 林内閣そのものが持つ, 林内閣のより民衆的, 林内閣瓦解直前に於ける, 林内閣財政の正に, 林内閣食逃げ解散後の選挙, 林冲おれたちを恨む, 林冲みな大きくうなずいた, 林冲らともよく, 林冲一丈青の隊伍, 林冲一丈青解珍解宝らの麾下あらまし, 林冲五台山を騒がせた, 林冲史進秦明馬麟などの連中, 林冲史進花栄劉唐徐寧燕順らこれも水陸七千人, 林冲呼延灼董平など, 林冲後刻眼にもの見せ, 林冲徐寧呼延灼らの部隊, 林冲楊志呼延灼そのほか二十人, 林冲王倫を面罵, 林冲石秀のともがら, 林冲秦明ばかりでなく, 林冲秦明らも, 林冲秦明病尉遅などは, 林冲罪のおぼえ, 林冲花栄その組, 林冲雷横李逵石秀黄信らまでがみな負傷, 林冲霹靂火の秦明, 林冲頭領のこの, 林分け入りて, 林初夏の月, 林到る處梅花を, 林と呼ばれ, 林則徐が怒っ, 林則徐阿片二万函を焼き, 林陸相は, 林前田河などの支那, 林助門司から夫婦子供づれで, 林勇造其の他, 林務官一人混血児だといふ, 林務官殺しの話, 林勝正を福岡唐津, 林勝負をそのまま, 林勝重というの, 林区広田兵治など書い, 林区署の役人, 林区署員の外猥, 林医師の書生, 林はきびしく, 林十文字峠途上の昼, 林千之のこと, 林千歳とが演つた, 林千載萬葉不凋と云, 林七が, 林半次郎は御苦労, 林厚徳に稟, 林及海中の品類, 林議会イデオロギーが, 林右衛門笑ひながら, 林右衛門自ら小腋, 林右衞門樣のお, 林吉左衛門及び小林義信等, 林吉雄と共につく, 林同様七重八重にその, 林もない, 林君ここで靴, 林君以下きながし, 林君君は幽霊, 林君村田君等が有, 林鳴の, 林和一渡辺洪基そんな連中, 林和氏の講演, 林商店を引払, 林商業大学の生徒, 林嘉猷はかつて, 林嘉猷計をもっ, 林四山を指さし, 林四門七と永井, 林図書頭をはじめ, 林園月令を貸, 林園等を観察, 林圖書館に行つて支那部, 林地方である, 林地獄血汐の修羅, 林坊その他の法師衆, 林城下に雷霆, 林城散歩人傾麦酒行深夜往来声不断夢余猶聴電車轟, 林堤上の桜, 林という人, 林外相は例, 林外道の爲, 林大使館に届き, 林大八大佐らがいた, 林大将大命拝受これで政局, 林大将組閣参謀である十河氏, 林大谷岡本三君は揃い, 林天祐等の書, 林天風の, 林太仲に養, 林太郎さんのおっかさん, 林太郎君在職中遺業の一つ, 林夫妻も眼, 林夫婦隠居書生などがその, 林奉天総領事達の必死, 林契悟禅師その号, 林契悟禅師号は残夢, 林子平はつひに, 林孤月之圖, 林學博士が云, 林宗二に伝えた, 林宗甫の, 林定一郎もいつか, 林定一郎四人相議し鉛製活字版, 林のうち, 林にし, 林寛常勝将軍がひどく, 林の裏, 林将軍の, 林對ペルリの交渉, 林小六所蔵文書弾右衛門支配下の四十八座, 林小林その他一部の作家, 林小林河上佐藤春夫室生犀星等同じです, 林小林河上氏等はその, 林小父さんにそれ, 林少尉同乗で天候, 林の地図, 林山岳までが反射, 林山懐の廓, 林岫皓然, 林巒樹木鬱然たり, 林の方, 林工芸美術館においてその, 林にゆけ, 林左側は小さな, 林左門が笠松県出仕, 林巴里豈能加, 林市ケオニッヒ街万国地学協会もしく, 林市役所の傭医員, 林希逸は, 林帝國文學なぞいづれ, 林師範これで足, 林師範さま李小二, 林帯小駅に近く, 林常夫君に面会, 林平六が騎馬, 林幸大西屋さんはそれ, 林幹事長がその, 林澗無人の, 林庄七郎は谷田部, 林庄七郎渡邊剛藏等と合した, 林廣記一に, 林弁護人陳述速記録による, 林彦清等妻族鄭原吉等九族既に戮, 林影一時に閃く, 林に出, 林律子さん小林壽子さんとの三人連れ, 林忍ヶ岡の, 林繪圖面, 林復斎が其官歴, 林応竜適情録二十巻を編, 林忠七方は柳淀, 林忠作氏三井物産会社支店長市川純一氏船中へ来, 林忠彦先生もにわかに, 林念寺前伊賀藩柳生対馬守のお, 林念寺前柳生の門, 林怒罵踏み切る跫音気合いの, 林悉く他手, 林悌三氏が先, 林悟堂の真, 林山の下に, 林成年が, 林を揃, 林の騒擾事件, 林房玄尊赤松則祐木寺相模岡本三河房武蔵房村上彦四郎片岡八郎平賀三郎の人々, 林房雄なぞに云々, 林房雄トイウ名ノ一陣涼風ニソソノカサレ, 林房雄中河与一氏などが音頭とり, 林房雄久野豊彦崎山兄弟舟橋聖一藤田郁義井上幸次郎その他数氏未だほとんど無名, 林房雄亀井勝一郎らと当時, 林房雄亀井勝一郎諸氏の社会的階級的行動, 林房雄今日出海上田広岩田豊雄など今回戦争協力, 林房雄個人の中, 林房雄君なぞが近頃, 林房雄君等の努力, 林房雄富田常雄を筆頭, 林房雄小林秀雄らの提唱, 林房雄小林秀雄河上徹太郎その他の作家, 林房雄尾崎士郎という人々, 林房雄山田清三郎亀井勝一郎その他の著作, 林房雄楢崎勤岡田禎子堀辰雄石坂洋次郎その他読むべくして, 林房雄氏あたりが, 林房雄氏その他の戦争協力者, 林房雄氏小林秀雄氏等が万葉, 林房雄河上徹太郎横光利一室生犀星氏等のよう, 林房雄浅野晃北原白秋保田与重郎中河与一倉田百三等この一, 林房雄石川達三その他の作家, 林所々に開ける, 林技師大得意のスカンジナビヤ半島談あたり, 林捲発する闘気を, 林掃部村山角右衞門野口左助喜多村勘解由宰府口には毛利左近, 林切の, 林葉抄, 林推遷にしまし, 林播磨の邸町, 林攻撃を眼前, 林教育総監や真崎軍事参議官, 林明信女五条高倉の宗仙寺, 林明大姉同人妻, 林明斎の宅, 林春塘は未だ, 林春斎の, 林時代から居残った, 林暴動に対するその, 林曲池は戸, 林有的の妻, 林有造ほかに中立, 林有造竹内綱等例の土佐派, 林木のはづれ, 林木の間に屋瓦, 林木成長して, 林木漁村はゆ, 林木郊野を見, 林の旧, 林本源氏邸はその, 林来りせうこりもなく, 林から森, 林林学士を統領, 林枯木や寒山拾得, 林柾木氏が美術研究所, 林栽培などは学生, 林案内と云, 林桑畑と麦畠, 林梢ニアリ落霞飛鳧垂柳疎松, 林森々たる所, 林森なぞはさながら, 林検事総長を訪い, 林の深山, 林榮七郎等が活動, 林様いかがでございますか, 林様その他重臣方の御, 林に突兀, 林権助さんであった, 林権助伯を思い出させ, 林檎受葡萄取などが, 林の頬被り, 林歌子刀自の自叙伝, 林歌子女史など打つ, 林歌子關東では長谷川時雨, 林武氏の絵, 林殿にし, 林氏世々松浦侯に仕, 林氏中村氏は作者, 林氏亀井氏保田与重郎氏の云う, 林氏以下五人の良師, 林氏全集第三巻出版届, 林氏専売コロンタイ式恋愛に対する彼女, 林氏自身自分たちのよう, 林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 林とか云う, 林水産技師は憮然, 林水産狂技師の得意, 林江川の如き, 林ちっとも波, 林は勇ましい, 林におれ, 林河上佐藤春夫その他を作家, 林法相は広田首相, 林洞海さんの孫, 林洞海法眼が漏れ, 林流吉雄流を出し, 林浄桂大姉は直, 林にて再生, 林の深い, 林海軍省もしくは軍令部, 林淡く相連なる, 林清三君之墓, 林清高な犯し, 林深処, 林港外に夕日, 林に沿える, 林の水面, 林滝川佐々などの諸, 林滞在の期限, 林漫録を引き, 林に分れ, 林牧牛赤城山公園等皆予が心, 林献堂氏邸は名家, 林王国が新た, 林内閣は, 林理髪店の土間, 林理髪店付近の場末, 林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, 林生理学助教授のこと, 林生田川そして山手, 林甫手書を作つて曰, 林田圃などを間, 林男爵と世間知らず, 林町あたり林村と記され, 林町うちは勿論, 林町ニテ出来タトテ正之助ガ諏訪部トイウ男ヲ頼ンデヤッテ, 林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 林町ノウチマデ来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 林町一同夕飯, 林町一族がやって来る, 林町三丁目の方, 林町三時から祖母上, 林町両親スエ子と国府津, 林町中野卯女康子ターンその他無慮十二人, 林町二一より, 林町二一中條咲枝より, 林町二一中條方より, 林町二丁目に架かりおる, 林町二十一より, 林町五丁目に借宅, 林町向きとは反対, 林町夕方行ったら母, 林町家が古く, 林町家主惣兵衞店傳平と云, 林町森下町菊川町と搜, 林町母上まだ参っ, 林町父の三年祭, 林町父上へ手紙中, 林町的と云う, 林町行きを思い立つ, 林町青山は無事, 林町~電話かえる, 林畑地の灌木, 林や小川, 林未夫教授, 林の浪, 林百合子という三つ, 林皆其中を歩いた, 林皇后太夫その他数氏の懇篤, 林盗伐事件に引っかかり, 林目がけてすいすい, 林直康氏等が来, 林県洋州は今, 林神近などによってプロレタリア文学運動, 林祭政一致イデオロギーや林, 林祭酒述斎を始, 林の野, 林にそれ, 林移轉といふこの, 林はこれ等, 林空しく天明らかに, 林空林庵はどう, 林一の, 林と称, 林に轉, 林に匿, 林に合わせ轟く, 林米子のため, 林米子さんへ, 林粛軍内閣が落ち付くべき, 林は水錆江, 林紐育東京は狐兎, 林経営者の窃, 林羅山文集に見え, 林美しい秋の, 林美雲先生などが居られた, 林美雲氏も山本瑞雲氏, 林肥後守水野美濃守美濃部筑前守中野碩翁等を宮廷, 林の, 林芒畳へ蹲, 林芙美でさえ, 林芙美子のどぜうすく, 林芙美子先生は緑, 林芙美子女の子に千円チップ, 林芙美子氏深尾須磨子氏その他が話した, 林芙美子深尾須磨子諸女史, 林芙美子真杉静枝その他当時の社会雰囲気, 林芙美子等でとにかく, 林芙美子詩人として永瀬清子等, 林花落盡晩風吹雨濕鞦韆と云, 林若しくはライプチヒ大, 林若樹という人, 林若樹さんの所藏, 林若樹君が, 林若樹氏と新村氏, 林茂光がくる, 林茂光川崎備寛長尾克などの面面, 林茂君もたっし, 林に尽, 林荒廃した城, 林の茂生, 林莽中に幽か, 林葡萄の圃, 林蔬食処へ精進料理, 林を穿つ, 林藏一盃飲ませろよ, 林藏何処へ往く, 林藏是迄しみ, 林藏殿と悪い, 林藤次なるもの, 林藪しわかねばい, 林蘭ト曰ヒ杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, 林虚空の襞, 林を信ぜし, 林衡上杉鷹山公細川銀台公の如き, 林裂けて幅十間, 林西方の夏水, 林の七名, 林見渡す森は, 林規則のお, 林覚兵衛此処におる, 林もたぶん, 林誌雨を避け, 林語堂という人, 林語堂魯迅などで人権同盟, 林誠之助藤田と三人, 林誠君の辛抱強, 林謹直ただ一人なの, 林謹直道灌山前田組の大, 林を泳ぎ越した, 林の尾花, 林をたしかめ, 林ひたしと, 林赤い屋根白い, 林車道を横ぎる女, 林軍以来久しく忘れ, 林軍総督に任じ, 林近ければ, 林近く田野も甚, 林迪功という人, 林述斎曰く桜の前, 林へ出る, 林通元に至る, 林通勝は進み出, 林通勝柴田勝家等に鞠育, 林通勝池田信輝柴田勝家等がはやる, 林遊学中三度訪ねた, 林に一斉, 林道春父子の日本書籍考, 林達夫と最も, 林達夫さんは曾, 林達夫先生がこぼし, 林達夫小田秀人など文学派, 林達夫戸坂潤等々の諸君, 林達子とその, 林邑国を討った, 林邑國今の佛領安南, 林邑方面へ吹き附け, 林邑王象軍もて逆, 林郎内台御使, 林酔うがミュンヘン, 林野上宇野私で私, 林野郎の私, 林金兵衛あるいは天狗党, 林針葉樹林と帯, 林銑十郎に書面, 林銑十郎大将なぞ日本人, 林銑十郎閣下のよう, 林の人, 林鐘年と逸見上申書, 林鐘御坊何をいう, 林長三郎のもと, 林長三郎村田嘉久子等と同年, 林長二郎岡田嘉子の二人, 林長館といえる, 林開けて瓢沼, 林間野營やそれから, 林の改修, 林院主一人あるのみで, 林院岱翁良椿居士と云, 林院殿華屋宗玉大姉はその, 林陥落後二カ月即ち昨年, 林陸相達の方針, 林窟臨済宗大本山天龍寺保津川桂川金閣寺, 林雅之助氏と蓮台寺温泉, 林し正大, 林雑木林あるいは碧湍, 林はなり, 林露竹氏等の千代田吟社, 林青スロープは, 林青年の手料理, 林に響く, 林須井は同伴者的作家, 林頭月走夜雲忙, 林に蟠屈し, 林風時有鳴枝葉, 林へる, 林首相的表現に於ける, 林駒生技師に提示, 林駿河守の案技, 林の文章, 林髞氏は木々高太郎氏, 林のため, 林鼓浪さんたちから徳島, 林とアダ名, 林龍作氏去年蘆屋にて兵火