青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「武蔵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~ 武者~
武蔵~
~歩 歩~ ~歩い 歩い~ ~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~ ~歩き出した ~歩く

「武蔵~」 5672, 61ppm, 1873位

▼ 武蔵~ (1554, 27.4%)

29 自分の 21 それを 17 彼の 11 顔を 8 足を 7 思った, 手を, 黙って 6 そこの, それに, 彼女の, 立って 5 そこに, そこを, 城太郎の, 心の, 眼を, 笑って, 身を, 首を 4 あわてて, うなずいて, そう思った, そこで, そこへ, その時, その間に, 先に

3 [15件] いった, うなずいた, ここに, それも, つぶやいた, ふとそこ, 伊織へ, 何を, 小首を, 歩いて, 牛の, 考えて, 背を, 胸の, 頭を

2 [77件] いって, いつまでも, お甲, お通, かくの, この家, この男, この辺, これを, そういう, そういっ, そう思い, そう思っ, その道を, どこへ, ひそかに, ふと, また金, まだ生き, もうその, われに, ハッと, 二刀を, 今でも, 今も, 何か, 依然と, 光悦の, 入念に, 初めて, 剣に, 十歩ほど, 咄嗟に, 唇を, 城太郎を, 小次郎の, 少しも, 左の, 幼少の, 彼らの, 後に, 従いて, 微笑し, 思い出した, 思う, 恍惚と, 慎んで, 或る, 手枕の, 振向いて, 敵の, 木剣を, 木賃の, 柵の, 母屋の, 気がついて, 無言の, 父の, 相手の, 眠りに, 知って, 笑いながら, 答えた, 箱段を, 約束の, 素直に, 胸が, 腹を, 自分が, 自分も, 自分を, 誰に, 起って, 途端に, 都甲太兵衛の, 降りて, 黒樫の

1 [1152件 抜粋] あきらめて, あっけに, あの不幸, あの時以来, あれから, いきおい固く, いきなりその, いくらか慰められ, いじらしさ, いったいどういう, いったが, いつか小幡家の, いつもそれ, いぶかしげ, いまだに扇屋, いよいよ不審, いる, うかと離れられない, うなずきながら, えらいの, おかしくなる, おのずから頭, おまえの, かえってその, かくべつ驚き, かぶって, きょうは, くわっと殺気, ぐっと彼, こういう大, こうして掴んだ, こう云う, ここには, ここを, この先とも, この舟, この身, これから折, さし俯向い, さも, さらに二度, しかしすぐ, しきりとその, して, じっとその, すぐ侍たち, すぐ思い出す, すぐ感じた, すぐ看破, すぐ身, すこし憤, すでに夙く有名, すでに末席, すれ違った一人, そういわれ, そう信じる, そう告げ, そう感じ, そう答え, そう考えつい, そう解釈, そこから, そこらの, そっと席, そのうしろ姿, その中, その人々, その余生, その刃, その場, その対象, その彫り, その挨拶, その槍, その点, その笞, その老婆, その肩, その襷, その足首, その都度, その間の, その隙, その魅力, それしか, それと, それほど強い, それよりも, それ以上な, そんな努力, ぞっと背すじ, ただそう, ただ必死, ただ漠然と, たまらない淋しさ, だまって, ちょうど権, ちょっと驚い, つい先頃, つと彼女, とにかくそういう, ともかく負けず, どう持っ, どこからか, なおいった, なお固辞, なお無言, なかなか来ない, なつかしむよう, なにか好ましから, なにも, なるべく眼, にやにやと, はじめて安心, ひたと両手, ひとり歩い, ふいに, ふかく眠り, ふとおかしい, ふとわれ, ふと別れ, ふと孤愁, ふと案じられた, ふと母, ふり返った, ほほ笑みながら, ほぼ分っ, ぽつねんと土間, まず彼ら, まず自分, またし, またしばらく, またつい, また一つ杯, また可憐, また寄っ, また山, また野中, まだここ, まだ嬰児, まだ惚れる, まだ扇屋, まだ自分, まだ茶道, まだ階段, まったく彫, まったく無, みじんも, むしろ心待ち, むしろ手持ちぶさた, もういちど振り, もうそこ, もうついそこら, もう一度荘子, もう何もかも彼女, もう十年, もう寝床, もう弱い, もう憎む, もう歩い, もう立ち去った, もう箸, もう草鞋, もう起ちかけた, もちろん空虚, もとよりただ, やがて直ぐ肱, やがて長短, やにわに追いかけた, やや不快, ゆっくり朝飯, ようやく暮れ, よけいに, らかん橋の, わしが, われながら, ジリジリ追う, ニコとして, マトモで, 一たんその, 一人残っ, 一夜を, 一応, 一応そこで, 一時だけ, 一歳だった, 一見した, 七人の, 三名の, 三時間おくれ, 下座に, 不思議そうに, 世間を, 主君忠利公に, 之を, 乗ろうとも, 事の, 二三歩出, 二刀で, 二十八で, 五六十歩離れ, 井戸へ, 人足たちに, 今し, 今それを, 今は, 今ふしぎに, 今三井寺の, 今倉皇と, 今夜の, 今手に, 今痛切に, 他人以上の, 仮借しなかった, 伊織の, 会心の, 何げなく, 何となく気, 何に, 何気なく湯槽, 倶に, 先刻から, 先頭に, 全身で, 兵法者の, 再び漆, 冷, 凝然と, 出たまま行方, 刀の, 切々たる少年, 初めてその, 初めて菩提, 初めて飢渇, 前々から, 前進を, 剣士としての, 勝っては, 勿論系図書, 又おくれ, 友の, 取残されたまま苦笑, 可憐しくなっ, 右の, 右手の, 吉岡一門百余名を, 同輩二三と, 向き直った, 告白し, 命じた, 四つ五つ峰打ちを, 固着し, 土間から, 土間に, 地に, 坐って, 型に, 城太郎に対して, 堤へ, 外へ, 外身に, 夜気の, 夢想権之, 大きな疑い, 大声を, 大股に, 失望と, 奈良へ, 女性という, 如何にも残念, 始終何, 姫路の, 子を, 実に冷淡, 家老の, 富士と, 寝ても, 寝るにも, 小屋の, 小次郎を, 小鳥の, 少年の, 山の, 山刀の, 山田の, 岩と, 崖の, 左剣の, 帛紗の, 帰って, 常にその, 常に父, 平常刀, 幾度も, 床に, 廊下から, 弄られて, 弱し逃げ, 強く詰, 当然お, 当面の, 彼へ, 彼女が, 彼女を, 彼方へ, 後の, 後輩では, 従って, 心から思う, 心もとなく思い, 心外そうに, 必ず造酒, 忘れて, 忠利の, 念の, 怒ったが, 怖いよう, 怖い気持, 思い沈んだ, 思うほか, 思って, 思わず伸ばして, 思わず眼, 思わず身, 思われた, 恐いの, 息が, 悔いのみを, 悲惨な, 意にも, 意外だった, 意識的に, 愧じ, 憤るが, 懐中から, 我が家の, 戦ぐ風, 戻らない, 手拭を, 手紙へ, 手習筆を, 折も, 抱え易い, 抱き起こして, 持たなかった, 指さした, 挨拶を, 振り向かなかった, 振り顧った, 掻いつまんで, 改めて眼, 教え一同, 敵と, 斬った死骸, 断じて真っ先, 新蔵の, 早速裏, 時々はっとわれ, 暗然として, 書面を, 月の, 朱実が, 杉の, 松平出雲守に, 柳生石舟斎の, 栂指の, 梅雨ぐもりの空の, 櫂を, 次々に, 正直に, 武蔵として, 死んで, 殆どその, 残念な, 水を, 求めて, 決して受け取っ, 沢庵の, 河原から, 波打際から, 海路の, 湯槽の, 満腹し, 満身の, 濁流を, 濡れた袴, 無意識の, 熱心に, 爪の, 物蔭から, 狼狽した, 理においても, 生の, 用意し, 画家では, 畑越しに, 疑わざるを, 百姓の, 目を, 相かわらず, 相手に, 真顔に, 眸を, 眼も, 瞬間ためらった, 瞼の, 短檠の, 礼を, 禅によって, 空へ, 突然体, 立ち止まって, 立った, 竹縁に, 笑みを, 筋肉を, 答えない, 精い, 細川家の, 紹益から, 縁の, 翌る, 老母へ, 考え直して, 耐えられない恥辱, 耳も, 肚を, 肯定を, 胆を, 背へ, 脚と, 脱いだ草鞋, 腹が, 膝に, 膝まずい, 自分ながら, 自己に, 興ぶ, 若い娘, 苦しんだ, 茫然と, 草鞋の, 萌え出る植物, 藤次の, 行き暮れた足, 行雲流水の, 袂を, 襟を, 要心ぶ, 見た, 見て, 見ら, 見送った眼, 観て, 訊かずには, 試合に, 語気を, 読みおえた手紙, 誰にも, 豆腐くさい, 赤土の, 起き上がった, 起たず, 足に, 路傍の, 踏査した, 身体を, 軒ご, 辛くも横, 辞退せず, 近く北条安房や, 近ごろに, 近世人の, 途方に, 遂に眼, 道の, 遠慮なくまず, 避けるより, 酒は, 鉄砲の, 鎖鎌の, 長短二刀の, 開墾地の, 防風林の, 階段の, 鞍を, 頷いて, 頻りと, 顧みて, 食べに, 食慾を, 飽きるどころ, 馬から, 馴じ, 駕を, 髯の, 鯉の, 鶏の, 黙ったまま, 黙然と立っ

▼ 武蔵~ (1387, 24.5%)

29 すがた 19 顔を 17 影は 16 国の, 姿を 14 ような 11 姿は, 手を 9 国に, 影を 8 姿が, 眼は 7 体は, 手に, 画には, 眼に 6 刀は, 前に, 前へ, 名が 5 ことを, 人物を, 名は, 画は, 眼が, 眼を, 身は, 野辺に, 顔いろ

4 [12件] ことは, ために, ほうから, 乗って, 今の, 国から, 声が, 画が, 画と, 胸へ, 足は, 顔は

3 [27件] ことばに, ことばを, そばへ, ほうは, まえに, 一の, 人間を, 体が, 体へ, 剣は, 名を, 居所を, 手には, 手へ, 手紙を, 方から, 方で, 方を, 生涯の, 画に, 画の, 背を, 胸に, 腕を, 腰の, 袂を, 身に

2 [70件] あるいた生涯, うしろ姿へ, からだへ, ことか, ことが, ことじゃ, ことばが, それとは, ところへ, ほうにも, ほうを, ように, コマ郡へ, 仕方に, 体の, 体も, 側を, 八平氏, 兵を, 刀の, 刀を, 剣を, 剣法が, 剣法は, 名声が, 国にも, 国へ, 国立川という, 場合には, 如きは, 姿も, 守と, 寝て, 左右へ, 影が, 心が, 心は, 悪口を, 態度を, 手が, 方へ, 木剣の, 横に, 沢井の, 父の, 画については, 画を, 真蹟として, 眠って, 眸は, 眼には, 眼の, 眼へ, 耳に, 肱が, 胸には, 血は, 足が, 足に, 身を, 返書を, 遺品が, 遺骸は, 鉢巻が, 頭の, 顔が, 顔へ, 養子宮本伊織が, 首を, 黙って

1 [854件 抜粋] あいだには, あとを, あなた十里に, あまりにも, あるいた足どり, ある個所, あれほど, いうと, いたその, いた時代, いった口吻, いる襖, いる部屋, うえにも, うしろで, うしろへ, うしろ姿も, うつ伏して, うわさは, うわさも, からだ, からだを, こころは, ことじゃが, ことである, ことに, ことばかり, ことばは, こと戦から, この生活態度, すぐ隣り, すること, その呼吸, そばに, そばを, それよりも, そんな考え方, たのもしい蛮声, ため斬りまくられ, にらみを, はなしや, ばあいは, ひとみに, ひとみを, べつな, ほうで, ほうも, まえで, まッ向, むじつの罪も, ものであっ, やうな, やつ, やつで, やる芸, よろめいて, コマ郡に, 一命或は, 一挙一動を, 一語一語に, 一髪も, 三ツ峰山までの, 三百年祭は, 上へ, 下に, 不審は, 両手は, 中に, 丹党の, 主人はじめ通人らしい, 乳の, 予期の, 事実上の, 事蹟を, 二天流の, 五体という, 五輪書三十五箇条独行道などを, 人となりに, 人物に, 伝記を, 伝記検討には, 位置からは, 位置を, 住人で, 住人香匂新左衛門この, 体からも, 体に, 体を, 体験の, 作品中第, 作歌と, 使いとして, 使番加賀見兵庫が, 便りでも, 信念は, 俳句が, 個人性に, 元八王寺村, 先に, 入間郡には, 全生涯, 全貌であった, 全身に, 八帖寺通いも, 六感は, 兵が, 円明二刀の, 円明流の, 再びいう, 処分は, 処置は, 出生地の, 出生地新免無, 刀にあたって, 刃に, 刃は, 別に, 前には, 前を, 前後を, 剣に, 剣法, 剣法という, 剣法も, 力を, 助太刀の, 勝敗を, 包みの, 卑屈が, 印として, 印を, 印章の, 危機, 厚意に, 原を, 反対側に, 反省を, 句は, 史実としては, 史実は, 史証という, 右剣を, 号を, 名のりである, 名声に対して, 名折れに, 名調子, 味方たちは, 呶号だった, 呻いた声, 和歌として, 唇を, 図へ, 国, 国でございます, 国には, 国は, 国主を, 国境だ, 国庁に, 国庁時代からの, 国府を, 国生え抜きの, 国賀美郡の, 国都筑郡新治村字中山, 国隅田川の, 在った位置, 在否, 坐像である, 墓が, 墓と, 声だけは, 声なき, 声は, 売名に, 大きな足痕, 太刀に, 太刀先から, 奇策と, 奥の, 奴どう, 姉が, 姉は, 姿すら, 姿だった, 姿に対して, 守勢に対して, 安否は, 実力を, 宿所を, 寝息が, 対手でない, 小手指ヶ原に, 少年時代も, 就任取止めの, 屋敷跡も, 山中に, 山中も, 川越領の, 左の, 左近将監など, 巧い, 市ざらし, 帰るまで, 帰路を, 平原に, 平野へ, 幼名, 幼少時の, 府中から, 引立役に, 弟子, 張番に, 強さ, 影だけ, 影であった, 影の, 彼女に対する, 後から, 後ろ姿を, 後悔が, 後悔すべからず, 心には, 心を, 心業が, 心画である, 志業と, 怒った声, 性格は, 恐縮する, 情ないこと, 愛刀の, 感情とを, 態度は, 戦法で, 戦法を, 所在を, 手から, 手は, 手や, 抜きは, 持って, 指図だろう, 推挙に, 故智に, 敏速と, 教えも, 文字や, 新史実, 方が, 方は, 明答が, 映画だった, 時代まで, 晩年の, 晩年熊本に, 暴言には, 書中に, 書簡という, 書簡として, 最も鍾愛, 望んだもの, 木刀が, 木剣は, 未熟さを, 本心だった, 朱に, 杖にも, 来たこと, 杯へ, 枕元まで, 栗色の, 楷書の, 概念像を, 様子とか, 様子をか, 槻に, 横山党の, 次の, 正面には, 武の, 歩いた道以外, 歯まで, 死は, 死後二十七年目の, 死骸が, 死骸へ, 歿年は, 歿年正保二年から, 残忍に, 残虐性は, 母の, 気もちが, 気もちには, 気持だった, 気持を, 江戸川を, 沢井とは, 流儀は, 流風を, 消息が, 消息でしか, 消息を, 渋谷庄司重国へ, 激昂を, 無事な, 父が, 父は, 父無, 物語を, 独行道や, 生きて, 生れたつい二年前は, 生れた故郷, 生れた郷里, 生前に, 生国の, 生国年代家系という, 生地は, 生地宮本村の, 生活や, 生涯した, 生立ちや, 画か, 画です, 画という, 画とは, 画にも, 画人否定論は, 画論を, 疑義され, 病床を, 百済貞連を, 目に, 目にも, 直話など, 眉が, 真中の, 真剣勝負生命を, 真筆に, 眸が, 眸であった, 眼, 眼さきへ, 眼光が, 眼力に, 着て, 着物の, 知って, 知行所の, 石浜は, 碑からも, 碑に, 碑の, 碑を, 碑文が, 祖先に, 空想だった, 空想像は, 立合なんかより, 立場に, 笑みにも, 筆蹟と, 答えは, 箸に, 籠へ, 素姓や, 経歴みな詳細に, 編みだした剣術, 縁家が, 縄目を, 老体を, 考えから, 考えで, 考えに, 耳には, 耳を, 聴覚を, 肌は, 肖像は, 肖像画の, 肚ぐろいことをさんざん罵っ, 肩で, 肩の, 肱には, 背は, 背へ, 胸で, 胸もとへ, 胸を, 脇の下で, 脾腹を, 腕の, 腕は, 腰を, 膝から, 膝へ, 膝行袴の, 自画讃では, 自筆の, 舟に, 芝崎村, 若い胸, 若年な, 苦衷の, 草庵は, 草庵へ, 葛飾埼玉足立の, 血に, 血相を, 行く先を, 行動に, 行動を, 袂に, 袖口から, 覇気を, 見張, 視野の, 言には, 言葉だ, 言葉だった, 言葉は, 言行や, 記録という, 試合など, 試合ぶりは, 話を, 詳伝は, 読後感を, 讒訴を, 豊嶋足立葛飾の, 貧しい姿, 質問に, 足から, 足も, 足もとへ, 路の, 踏ん張って, 踵を, 身の, 身辺に, 軸が, 返書と, 返辞も, 通り道に, 通過を, 速度は, 逸事として, 逸話を, 道は, 道念を, 遺作に, 遺品などでは, 遺墨や, 遺墨展を, 遺戒, 遺跡の, 遺骸を, 遺骸問題も, 部屋へ, 郷土作州吉野郷の, 郷土美作地方にも, 里を, 鉢巻の, 門人でございます, 門人も, 阿修羅そのまま, 降りるの, 陣気こそ, 離郷が, 離郷前後の, 青年期から, 非凡に, 面には, 面へ, 面を, 頃に, 領地に, 領地へ, 頭に, 頭脳には, 額に, 顔に, 顔にも, 顔の, 顔も, 顔や, 風貌, 風貌心情など, 飢渇は, 首かと, 首でも, 首は, 騒がしいこと, 高弟は, 高麗一族を, 高麗村へ, 髪の毛に, 鬢の, 鷺の

▼ 武蔵~ (520, 9.2%)

14 いうと 6 いう 5 足を 4 いった, 何を, 自分の 3 出て, 問うと, 身を

2 [23件] ここに, ここの, ここへ, じっとその, そこの, 二刀を, 今の, 声を, 心を, 手を, 晩年の, 書院から, 最初に, 木剣を, 来て, 泊って, 眼を, 細川家に, 自分へ, 見て, 訪ねて, 近づいて, 顔を

1 [428件] あの雪, あるいた足跡, あるいて, あるのに, ある時, いうに, いう思い出した人, いたあと, いったため, いったの, いまいましい, いるところ, おりませぬこと, おれば, お供も, お玉ヶ池へ, お通さん, かつての, からかうと, こういう叙情的, こういった, こう少し激し, こう怒鳴っ, こう意見, こっちの, ことじゃ, この大, この祭, こよい, これは, こんな遺言, さけんだ, さっそく不審, さんざん家, しばらくの, しばらくわれわれ, じっと鳴り, すかさず上, そういっ, そうし, そう考え, そこで, そっとその, その不審, その前, その時, その樹, その肩, その背, その雪風, それへ, それほど優れた, それを, そんな閃き, ただいう, ただよく, ただ頷く, つぶやくと, である, どういう男性, どうし, どうした, どうして絵画, どう思う, どう闘い, どこかで, どこから, どこに, どの道, なおしげしげと, なかったら, なぜ, なぶり殺しに, なんの, ねだると, のぞく, のめのめと, はて, ひきうけて, ふいに, ふすま, ふと気, またいう, また吉岡方, また足, まだ, もうすこし大人, もうやがて近い, もどったと, もどって, やがて往来, よく耳, よろこぶと, よろめくところ, わけを, わざわざ自分, われに, ニコッと, ホ型十三号潜水艦を, 一つ二つ下か, 一二献飲んだ, 一人だけ, 一喝叱りつける, 一応うなずく, 一気に駈け下り, 一生に, 一生の, 一生涯の, 一番苦しめられた, 一言, 七宝寺へも, 上諏訪の, 下り松で, 不審り, 不意に, 両手を, 主君を, 争う気, 二つの, 二刀流は, 二十一歳で, 云った, 五十七歳であった, 京あたりに, 人いちばい持っ, 人に, 今いった, 今なお, 今刻々, 今数本の, 今朱実と, 今自分の, 仏を, 仕合に, 他人の, 他国へ, 代って, 仮の, 伊賀路の, 佇んで, 佐々木岸柳を, 何処で, 侍たちに, 便乗した, 俳句を, 偉いか, 優しく劬, 元日の, 入つて, 六十年の, 出たん, 出た後, 出会ったこと, 出奔後播磨の, 出生した, 刀に, 刀を, 刎ね, 刻んだという, 前から, 励ませば, 労働し, 十七歳で, 十三歳頃は, 十年の, 厚かましゅうても, 参加した, 取入ったやら, 取立てられること, 口誦さむ, 可愛ゆうて, 叱ると, 吉岡の, 吉岡を, 吉岡一門の, 吉岡伝七郎を, 吉岡家の, 吉岡清十郎と, 名目人の, 呼びとめると, 呼ぶと, 呼んで, 唯一名にて, 問いかけた, 喜左衛門の, 四人御, 困って, 坐ると, 垢を, 城乗りの, 城太郎に, 外から, 外濠を, 夜明けに, 天正十二年の, 女を, 好んで, 如何せんと, 妻を, 姫路へ, 姿を, 婆の, 宙天から, 客として, 室内から, 寄り添って, 寄進札の, 対立した, 将軍家師範に, 小手を, 小次郎の, 小茶ちゃん, 少しずつ, 少時あっ, 岩に, 岸柳を, 島原在, 巌みたいに, 師事した, 帰って, 帰り際に, 常に, 平常人, 廊下を, 廓内から, 弱冠から, 強うても, 強しと, 彼の, 彼女らを, 後に特別, 後家の, 復讐に, 心で, 心に, 心配し, 思わずその, 息を, 悪たれを, 愈, 意外な, 愛用した, 戻って, 戻ろうと, 手しお, 抱いて, 持ち辷るよう, 指さした谷間, 振り離すと, 振向く, 捕まったの, 捕まッ, 支度し, 敗れるとは, 教えたこと, 敦賀の, 敵に, 敵に対しての, 敵を, 斬った者, 旅籠を, 日名倉の, 日本一だ, 日本一という, 早くも, 昨秋以来京の, 書損じた, 最前立っ, 朝熊山を, 村を, 来た, 来たぞ, 来たと, 来たとの, 来るの, 来る折, 果し合いの, 果たして関ヶ原, 案内を, 梢を, 森から, 極めて幼少, 死の, 死んだらわし, 死んで, 歿した, 毅然として, 気に, 気取って, 水墨画に, 求めて, 沢庵と, 沢庵の, 泊るとも, 浴びて, 海を, 渚づたいに歩ん, 澄まして, 無条件で, 無用の, 熊本へ, 父と, 現れなくては, 生きて, 生れたという, 生れる九十余年前, 生涯妻を, 画に, 画も, 畳みかけると, 疾く伊織, 病がちで, 発したの, 登りかけた時, 白い灯, 目的の, 相当に, 相手じゃ, 相手では, 着いたそう, 着かぬうち, 睨んで, 知ったら何と, 知らないこと, 知遇を, 磯へ, 神田お玉ヶ池の, 秩父へ, 空から, 空を, 窓の, 窺って, 立って, 立上がった時, 筆を, 箸を, 範高などと, 精神的に, 糺すと, 約束の, 素直に, 細川家の, 細川忠利を, 総門を, 考えられるか, 聞き及んで, 背を, 背中の, 背後に, 胸を, 脱け, 膝を, 臨終に, 自分に, 自分を, 自分以上の, 自身いっ, 船便で, 船島で, 船島の, 若年時代の, 草鞋の, 荒木以上である, 藩に, 行った道, 行方を, 表で, 見たとたん, 見た江戸, 見つかったもの, 見まわして, 観音院の, 観音院へ, 言外に, 言葉を, 訊くと, 訪うて, 許す気色, 評判ほど, 試合を, 詰問する, 誘って, 諭したので, 賊には, 足に, 跳びかかって, 跳びついた, 身支度し, 躾けたものであった, 軽く手, 迂濶, 近郷きっ, 述懐した, 追いかけて, 逃げたなと, 逃げないよう, 逃げると, 逃げ失せぬという, 逗留し, 逗留中は, 通過する, 連れの, 進んで, 遂にいう, 遊歴中に, 酒を, 重い木, 鑑刀にも, 間で, 関ヶ原から, 阿巌, 離れてから, 静かに, 面を, 鞘を, 鞠の, 額を, 顎を, 顔の, 顔まで, 飲んで, 首級を, 首級良人の, 駈け上がったの, 高弟と, 黒い屋根, 黙然と聞い, 鼻づら

▼ 武蔵~ (218, 3.8%)

6 見て 4 書いて 3 して, 見ると, 討たせたまえ, 討とうと 2 囲んで, 生かして, 疑った, 見た, 見上げて, 討つと, 迎えて, 高く評価

1 [180件] いかにし, いわゆる二刀, うごかしその, おだて抜くの, かいたの, かこんで, きっと殺し, こうたしなめた, こき下ろして, ここで, ここの, ここへ, このまま, これへ, さがして, さがすため, じっと見た, じろじろながめ, そのまま自分, そんなに苦しめた, つかまえる囮, つかまえ年, である, どうしたら, ながめて, にらんで, はじめ関東一円に, ひそかに, ふつうの, ぶち殺し, やり過ごして, よういう, よく知っ, わすれ得ないこと, 三方から, 乗せて, 代表する, 伝し, 伴って, 侮る者, 促して, 促す, 先へ, 先登に, 再現し, 冥途に, 処分する, 出て, 刃の, 前に, 剣の, 包囲しよう, 匿って, 午餐に, 取りまいた, 召連れ, 囲むよう, 墓場へ, 失望させる, 客として, 寝せて, 小説に, 弁護する, 待ちながら, 待ち受けて, 必殺の, 必殺的な, 思い城太郎, 思い違いし, 思う時, 思って, 恋う痛い, 悪くいう, 愛して, 慕って, 憎む理由, 成敗できない, 打ち殺して, 打つ, 打つと, 打てないこと, 招いたこと, 招き客分, 指さし, 振り向いて, 振り顧, 捕えたらその, 捕まえること, 捜して, 推挙し, 推挙した, 支持し, 敵視し, 斃す, 斬り仆, 斬ること, 暗殺したい, 書いてから, 書かせた直木, 書きここ, 書くと, 朝日に, 未熟者だ, 案じる憂い, 武蔵と, 無事に, 熊本の, 現わし, 生んだ後, 相手と, 眼で, 睨めすえたまま, 知って, 知らぬ他, 神の, 称し政名, 称めれ, 突止める上, 立ち退いて, 紹介わ, 縛め捕った上, 羨ましくさえ, 考えたり, 考えて, 肥後熊本の, 胸に, 自己の, 自重させた, 蔑んで, 見あげて, 見に, 見まもって, 見下して, 見失って, 見送って, 討たいでは, 討たせて, 討たねば, 討たんとは, 討ち不貞, 討ち取ったと, 討って, 討つ, 討つか, 討つのに, 討つ力, 訪うて, 訪ねて, 試した但馬守, 誘って, 語るため, 語るには, 読んで, 讃えて, 讒訴する, 賞めた, 起しに, 迎えたろうかを, 迎える, 近づけまいとして, 追いかけて, 追いつめ追いつめて, 追う方, 追って, 追って旅, 追っ払おうと, 逃がすよう, 連れて, 連れ出して, 連想されてる, 連載し, 逸して, 遠く取り巻い, 遠巻きに, 鏡の, 除く以外, 非常に, 飽くまで慕う, 養父と, 馬の背に

▼ 武蔵~ (184, 3.2%)

7 お通 4 小次郎との, 沢庵との 3 伊織は, 申す者 2 卜伝, 巌流との, 相模と, 禅林との, 禅門との, 立合うつもり, 自分の

1 [149件] あれば, あんな話, いいこの, いうか, いうが, いえば, いっしょに, いって, いわれたの, おっしゃるんで, おまえは, おれ達の, ここで, そうなるなら, ただ一人名前, どういう縁故, どういう関係, なにか縁故, まみえる日, やらいう, やらいう人間, やらだ, よばれた森長可, よぶ人, よぶ人間, よぶ者, わしとの, 一緒に, 一騎打ちし, 三名だけ, 下総の, 並べても, 二人で, 云ふ, 仰っしゃいます, 伊織が, 伊織とが, 伊織の, 伊織を, 会うまでに, 会ったら先ず, 会った上, 会って, 伝七郎との, 佐々木小次郎が, 佐々木小次郎との, 佐々木小次郎の, 佐々木巌流の, 佐々木殿とは, 何らかの交渉, 信濃の, 光悦の, 出会わんとも, 別れるまでは, 剣の, 加賀四郎とは, 勝敗を, 又八とは, 又八の, 又八は, 口輪を, 吉岡の, 吉岡勢との, 吉岡家, 吉岡決戦の, 吉岡門下の, 同じ調子, 同年じゃ, 同郷の, 名を, 名乗って, 名乗り合ったら立ちどころに, 呼ばれたが, 呼び山, 呼ぼう, 城太郎の, 大阪在に, 対して, 対照すべく, 巌流の, 巡り会いたいの, 心交の, 忠利の, 息子の, 愚堂和尚との, 戦場から, 改めたこの, 新蔵は, 日観が, 春山とは, 書くの, 有馬家との, 朱実の, 村の, 権之, 正面に, 沢庵とは, 混同され, 添いたいため, 添って, 添わせて, 清十郎との, 瓜生山で, 甲斐と, 申さるるお, 申されたの, 申した者, 申しました, 申しまする者, 申すもの, 申す奴, 相会う, 眸を, 睨めっこするよう, 矢野吉重との, 知ったか, 知って, 知らぬ仲, 知られまた, 禅家との, 禅門の, 私の, 稚児僧と, 立ち廻ったごとしだ, 立合う時, 細川家の, 署名しある, 聞いて, 聞くと, 肩を, 胤舜が, 自分としか, 莫逆の, 薪小屋の, 行き会えなかったという, 行動を, 親交が, 言われた豪勇, 訓まれた, 許嫁では, 逃げた女子, 通信を, 重大な, 金内だけが, 長崎との, 間違えて, 関ヶ原の, 関口弥太郎の, 顔を

▼ 武蔵~ (164, 2.9%)

3 また 2 夢想権之, 清十郎も

1 [157件] いずれは, いた, いつか伊織と共に, いながら, いわずこう, いわず語らず避けて, おのずから, お通さん, かろい会釈, ここへ, この折, この数日, この毛氈, じっと沈吟, すぐ感じた, そういう考え, そこに, そこへ, そのつもり, その一人, その上, その考え, その豪壮, その顔, それきり喚かなかった, それだけの, それには, ためらった, ともども歩き出した, なんとなく髪の毛, はっと気づい, ほっと思う, またきょう, またどこ, また世間, また凝然, また刃, また微笑, また恐い, また青眼, まだ二十二, まだ人, まだ八ツ, まだ当分, まだ立ちどまっ, もうその, やや色, よけいに, よしない約束, よそに, 一々にこやか, 一切口は, 一息に, 一緒に, 一言も, 三十一歳の, 三尺八分の例外的な, 上を, 不審を, 乱れずに, 五輪書の, 亦兵庫, 今しがた見, 今は, 今朝は, 他事に, 低く見, 何も, 何処までも, 信じて, 共に仏, 出て, 初めは, 前の, 剣の, 勿論同, 十七歳で, 十七歳であった, 十歩駈け, 史料と, 同じところ, 同意し, 壮年から, 存じて, 実はびっくり, 実は今, 宮本武蔵も, 小耳に, 少しは, 就任すれ, 岩見重太郎も, 師礼を, 常の, 平常は, 幼い頃, 幼少の, 強って, 思って, 思はずハツ, 愛して, 感じて, 承知し, 故郷に, 救われた心地, 敵へ, 書いて, 枕元へ, 根負けした, 権之, 横を, 武士の, 歩いた, 歩いて, 求めて, 決して思い, 沢庵も, 無口に, 無念, 無言だった, 片手で, 生き物だ, 生れて, 疾く期し, 直立した, 相手だ, 礼儀を, 窮した, 籠を, 老年に, 聞いて, 聞かない話, 腰を, 自分を, 興に, 若い男, 苦戦であった, 苦笑が, 茶店の, 茶店へ, 草履を, 荒木又右衛門も, 覚悟の, 親しみを, 観念し, 討たずに, 討死し, 誓って, 誰かに, 論無く, 貴公に, 転歳月, 近頃は, 迷惑と, 遂にことば, 面を, 頭を, 黙然と見

▼ 武蔵~ (146, 2.6%)

8 のお 4 のこと 3 がいる, に会った, は, をここ 2 が立っ, だよ, に会わせ, に似た, のいらっしゃる, のほう, の居所, はどこ

1 [106件] あ, からの手紙, からの言伝, がいつここ, がいない, がお, がこの, がまだ, がよそ, がわたし, が上がりましたら, が宝蔵破り, が宝蔵院衆, が来, が来てるだろ, が来れ, が武蔵様, が死, が近い, が逃げた, が通過, が降り, が陸路, が駈け, その気持, だけがい, だけは迂, だってみんなあたし, だろう, っ, っもし, では, とあそこ, とお目にかかった, とならん, とは知らず, とは知る, と行き会えない, なんてそんな, にお, にはお, には当家, にもう, にも聞え, に会いたい会いたい, に会う, に会えやしない, に会っ, に会わなけれ, に少し, に限っ, の, のいる, のご, のとこ, のなに, の乗っ, の事ゆえ, の実, の弟子, の後, の心, の所在, の手, の方, の消息, の身, はあんな, はいつここ, はいない, はいません, はおいら, はそんな, はまだ, はまるで, はもう, はわたし, は人なみ以上, は今, は何時頃, は師, は帰っ, は東塔, は河原, へいいつけ, へも御坊, へ天, へ話した, もあそこ, もあの, も凡質, も外, も歩き出した, も生き, やすべて, を, をほんとに, を出し, を慕っ, を抱い, を捜さなけれ, を捜し, を訪ね, を迎え, ネ, 待って

▼ 武蔵~ (127, 2.2%)

2 よれば, 取っては, 地震が, 就いて

1 [119件] あずけて, あった, あわせる顔, あわないで, いたたまれずに, いわれて, お住居, このたび, この開悟, して, しても, すこしも, すれば, せよだいぶ, それが, それぞれ地震が, だ, ちがいあるまい, ちがいない, できること, ない場合, なった気, ふかい遺恨, めぐり会ったお, わかって, わたし, 与えた手応え, 事端を, 五人や, 代って, 会いたいという, 会うよろこびとともに, 会えたならば, 会えること, 会えると, 会えるという, 会って, 会っての, 会わせて, 似て, 住み相模扇ヶ谷, 倣って, 入り再挙, 出会ったこと, 出会ったと, 助太刀し, 助太刀する, 助太刀を, 勝つ, 勝てん, 取って, 可愛がられて, 名を, 向けた, 向ける時, 向け直した, 向って, 告げるの, 大きな地震, 娶せて, 宛てて, 寝小屋, 対って, 居たが, 師礼を, 幽閉を, 心服し, 悉く騙された, 意趣の, 打たれた巌流, 批評させる, 抛られた城太郎, 抱いて, 捨てられても, 授けられた秘策, 接した相模, 敗けた時, 敗れては, 敗れは, 敗れるの, 果合い, 比べては, 気がつくと, 浴びせその, 深い怨恨, 用事あら, 直面し, 相談し, 相違ござらぬ, 示して, 示すもの, 移して, 窮命を, 糺すと, 縋って, 耳打ちし, 背を, 胸に, 脅えて, 腹を, 苦難を, 見すかされて, 見せそれ, 見せたこと, 見られまいと, 討たれなかったら鐘, 試合を, 詫言とは, 誅を, 誤解される, 負けたと, 負けたという, 負けようなどとは, 酬わんでは, 長く江戸, 預けました, 預けられた甚内, 食物を, 騙られたの

▼ 武蔵どの~ (77, 1.4%)

32 にお, の御

1 [70件] から, からは時折, から自訴, か武蔵どの, がもう, が一命, が使い, が来会わされた, が泊っ, が疑う, が縛られる, が見えた, が首尾, さあお入りください, じゃない, そう行っ, ちょっと中座, でないか, で在, との差, とはいわなかった, とはそんな, とは京都以来, とは六, とよく, と同じ, と呼びかけ, にとって一大事, にはこれ, にはちと, にはもはや, には直ぐ, にも種々, に万一, に気に入り, のいる, のこの, のため, の名, の噂, の懐かしい, の身, の身状, の骨, はすぐ, はどう, は今, は小倉, は幸い, へ, へばば, へ一筆, へ紹介, まあそう仰っし, まず許されい, また梁楷, みすみす負け, もうひとり, ももちろん, も御, も行, ゆるしてたも, よい折, を免, を将軍家, を招い, を案内, を訪ね, 御授業, 飲まないか

▼ 武蔵という~ (71, 1.3%)

6 者を 4 人は 3 名は, 男が 2 ものは, 人を, 人間の, 人間を, 男も, 者が, 者です, 者の

1 [39件] お方は, のだ, のは, まだ聞いた, ものとの, んじゃ, んだ, 人が, 人の, 人間に対しては, 人間は, 作品は, 侍が, 修行中の, 前近代人, 名であった, 名に, 名ほど, 囁きを, 国は, 国号からが, 奴剣も, 客を, 客分に対して, 敵と, 格です, 武者修行の, 無名の, 男の, 男は, 男を, 者だ, 者と, 者に, 者も, 者心得の, 自己も, 野郎に, 野郎よ

▼ 武蔵~ (65, 1.1%)

9 向って 2 いった, かかって, 向い, 対して, 斬りつけて, 物いう

1 [44件] あいさつを, いいつけ, いい渡す, いって, うったえた沢山, かかる山境, すじみち立て, すすめた, そういい残す, よけいな, 下す国司, 両手を, 二度の, 入るし, 出て, 出向いて, 初一念を, 向い人, 向けた, 告げる半, 強いたほう, 応じ, 憚って, 手渡すの, 手紙を, 打ちこんで, 挨拶する, 振向けると, 書面を, 来た地方長官, 杯を, 流れる他, 渡りそして, 肉闘し, 見せつけながら, 話して, 話す, 赴いた, 赴任し, 身をも, 追いすがり追いつきざま, 通う山境, 通った人, 預けた

▼ 武蔵には~ (62, 1.1%)

3 それが

1 [59件] いくら眺め, いわば悪党, およそ当面, お通, この小さい, この岡崎, この年寄り, この母子, この谷間, さっきも, その言葉, その詩句, とんと江戸, どうもまだよく呑みこめない, なにか説明, ふと考えられた, また将軍家師範, また近い, まだ分っ, もうこの, もう分っ, もの珍らかに, わからなかった, わかる気, 今朝は, 余りに淡味, 元より, 元来の, 兄将軍の, 全然この, 分って, 助太刀は, 勝てる気, 反対な, 口を, 少年に対しても, 強く胸, 当然不利, 思われた, 怪訝であった, 星が, 木剣の, 理窟も, 生涯福力が, 痛切に, 発見できない, 的が, 知らぬこと, 石突の, 絶好だった, 美味かった, 羨ましかった, 胸の, 覚えの, 解かれた, 解きよう, 解せなかった, 遺墨や, 間髪の

▼ 武蔵~ (60, 1.1%)

1 [60件] か, から第, が, がうけとった, がつい, がやった, がわれ, が加わる, が小手指ヶ原, として田辺, と云った, と協議, など参会, にそれとなく, には折々, にも告げた, に嫁い, のきょう, のそば, のふたり, のよう, の兵七百, の娘, の家来, の屍, の岐阜ヶ嶽三千, の意中, の手の者, の望み, の期待, の白布, の第, の精悍, の膝下, の軍勢, の近習, は, はきょう, はこころ, はそうした, はふたたび, は今, は他, は勝入, は岐阜ヶ嶽, は思い当る, は母衣武者四, は秀吉, は老母, は耳, は薩摩武士, へ杯, まで一時, もここ, もそこ, も彼, も眼, も老臣, をはじめ, を呼びたて

▼ 武蔵~ (42, 0.7%)

2 の庭

1 [40件] から数町, から発行, でああ, であるか, であるから, でお, での苦闘, ではよくも, では貴殿, でむざむざ, でも同じ, で左門, で紙帳, というの, という玩具屋, という絵双紙屋, という貸席, と云う, に, に乗り付ける, に居る, に於, に泊まっ, に落語, の奥座敷, の婢女, の楽屋, の構外, の横丁, の紙帳, の荷, は寝静まっ, へしょびい, へたずね, へ宿, へ帰っ, へ泊っ, へ電話, を出, を立ち退きました

▼ 武蔵太郎~ (38, 0.7%)

3 の柄 2 の鞘

1 [33件] がおのずから, が鉄, が銀光一過, が鞘走っ, つくるところ, つづいて, と乾雲, にもの言わせず, に殺, に血, の一刀, の刃先, の剣尾, の大, の斬っ, の犠牲, の皎鋩, の鋭鋒, の鯉口, は刃ごたえ, は栄三郎, は閃, をかれ, をこんど, をピタリ, を取り上げた, を引く, を引っさげた, を打, を撫し, を栄三郎, を正面, を浴び

▼ 武蔵との~ (37, 0.7%)

2 試合が, 試合を, 間に

1 [31件] あいだに, この世における, この試合, 三度の, 事の, 交渉は, 仲を, 宿年の, 山境に, 従来の, 挨拶を, 概念を, 決戦で, 由緒を, 直接な, 睦じそう, 縁故や, 縁故を, 蓮台寺野事件であった, 試合などは, 試合に, 試合の, 試合は, 試合ほど, 距離が, 邂逅は, 間がらを, 間を, 関係の, 関係は, 関聯を

▼ 武蔵さん~ (30, 0.5%)

1 [30件] から聞け, がです, が捕まります, じゃない, だ, っ, っ武蔵さん, ていう人, と一緒, なん, に会っ, のいう, のこと, の家, はあなた, はなぜあんなに, は一体どう, もいるだろう, も晩, も覚悟, を, をあんなに, を助け, を憎みます, を捕まえなけれ, を捕まえます, を目のかたき, を追い詰める, 分りますか, 暗いから

▼ 武蔵から~ (27, 0.5%)

2 見て

1 [25件] いわれること, いわれる先, お頼み, そういった, その理, だの, やかましくいわれた, やがてまたいった, 与えられた木剣, 伝った流, 何か, 光悦へ, 教えられた通り, 来て, 正しい刀法, 真免流, 秩父上野へ, 聞いたはなし, 草庵の, 見ると, 訊かれると, 質問しなけれ, 蹶起した, 遺物に, 離れられないで

▼ 武蔵とは~ (24, 0.4%)

2 あの宮本武蔵

1 [22件] いうまでも, これは, その郷土的, それでは余りに, そんな人物, ちがった弟, どんな肚, ひどく話, まるで人, 伊勢路の, 会えなかった, 何者であろう, 先祖の, 別人だろう, 年齢も, 根本から, 武蔵と, 武道に, 比較に, 生前の, 関係なく, 黙って

▼ 武蔵にも~ (23, 0.4%)

1 [23件] ある, お通, くれた泥鰌, この姿, すすめわが子, それは, そろそろ人間, わかって, 二十二歳の, 何だか分る, 何名かの, 分らなかった, 劣らぬ色, 勿論彼, 十三歳で, 同じ思い出, 常にいっ, 杯を, 権之, 精いっぱいな, 見覚えの, 覚悟は, 通有性の

▼ 武蔵自身~ (22, 0.4%)

2 もまた

1 [20件] があれ, がそう, がその, が印章, が晩年, が自分, が自責, が認め, でも分らなくなっ, のことば, の世間知らず, の人間性, の歩いた, の眼, は当然, は気づい, は満足, もいっ, もその, も知らぬ

▼ 武蔵~ (19, 0.3%)

2 の御家人

1 [17件] では江戸, とだけで, にある, に移し, のどこ, の人, の住人津戸三郎為守, の境, の御家人桑原左衛門入道, の御家人猪俣党, の方, の海岸, の遠く, の閑地, へ馳せ下った, よりの和銅献上, を通る

▼ 武蔵温泉~ (16, 0.3%)

3 に行った

1 [13件] から帰った, から消えた, での約束, で母, で逢った, というところ, に浸, に行くち, の, のとき, の女, へ向かった, まで出かけ

▼ 武蔵さま~ (15, 0.3%)

2 の不為

1 [13件] あっ, がいない, が戻っ, が踏んだ, でご, に訊い, の, のこと, の側, はお, は泥棒, へ今, アッ

▼ 武蔵~ (15, 0.3%)

1 [15件] がよ身のほど知らず, が千年杉, が卑怯, が逃げた, じゃがこれ, っ, にちゃんと, には都合, にやられました, に一太刀, に会う, のいうた, の生命, は国法, もこんど

▼ 武蔵~ (15, 0.3%)

1 [15件] がすべて, が絶対, である, というもの, などという信用, にある, には平, に対してそれ, に詳しい, のまとまった, の側, の群書, もこの, をそのまま, を観

▼ 武蔵太郎安国~ (15, 0.3%)

3 の鞘

1 [12件] が寂, が延べ, と坤竜丸, と奇妙, に大, のこじり, の鍛えた, はこの, をかざし, をしきりに, をひっつかん, 流された左膳

▼ 武蔵守師直~ (13, 0.2%)

1 [13件] がこう, が塩谷, だったか, であった, という厭, という無, という駄々っ子, と申す, の一門眷族, の娘, の息女, の機嫌, 養い子

▼ 武蔵にとっては~ (11, 0.2%)

1 [11件] なんだかこの世, むしろ慚愧, やや迷惑, 二刀も, 少しも, 幸いであった, 当らない非難, 彼の, 彼らの, 恐らくこれ以上, 自分の

▼ 武蔵相模~ (10, 0.2%)

1 で育った, に大きな, の兵, の名, の国司, の土, の土着, の山中, は新, ノ二国ニ限リ

▼ 武蔵に関する~ (8, 0.1%)

1 参考書を, 古文書や, 史料蒐集に, 地志の, 著述だけでも, 記事の, 郷土史料や, 限りどんな

▼ 武蔵殿~ (8, 0.1%)

1 がもう, では, と仰せられ, に会う, はてまえ, も名誉, も少し, をわし

▼ 武蔵~ (7, 0.1%)

1 いづこ水, 又八の, 友達へ, 義経弁慶なぞの, 自分よりも, 荒木又右衛門が, 連載小説が

▼ 武蔵一国~ (7, 0.1%)

1 が我が, に限らず, は大, は混乱, を任せられる, を併呑, を鳥瞰

▼ 武蔵守輝国~ (7, 0.1%)

1 が卒去, が領地, の嫡子, の嫡男, の総領息子, はすでに, や牡鹿山

▼ 武蔵守長可~ (7, 0.1%)

1 が犬山, のこと, の二隊, の大, は, はひとまず, も可児郡兼山

▼ 武蔵研究~ (7, 0.1%)

1 と小説, などに関心, のすすむ, の上, の材料, をひそか, を発表

▼ 武蔵からの~ (6, 0.1%)

1 その内容, 伝言で, 便り, 挑戦状で, 書面を, 返事を

▼ 武蔵~ (6, 0.1%)

1 からともかく, が, が烏丸家, ぞ何, といううわさ, よ

▼ 武蔵では~ (6, 0.1%)

1 あるが, ないか, ないこと, なくて, また土呂, 古社の

▼ 武蔵とも~ (6, 0.1%)

1 あろう者, 何らかの交渉, 何らかの関係, 自然かけ離れ, 見做, 訓める

▼ 武蔵などは~ (6, 0.1%)

1 そういう点, つい近世, まだ生れ, 書くもの, 灰に, 眼中に

▼ 武蔵にとって~ (6, 0.1%)

1 そう気がつく, 下り松の, 実社会の, 有利だった, 苦手であった, 記憶の

▼ 武蔵七党~ (6, 0.1%)

1 が割拠, なぞの流れ, などの混成旅団, の一つ, の発祥地, の随一

▼ 武蔵~ (5, 0.1%)

1 ぬしには, ぬしの家, ぬしも, 通沢庵の, 達者か

▼ 武蔵~ (5, 0.1%)

1 いざッ, はよう埒, はよう婆, 不愍だ, 武蔵っ

▼ 武蔵でも~ (5, 0.1%)

1 こんどの, なし又, 叶いますまい, 吹き出して, 鎮西八郎でも

▼ 武蔵なる~ (5, 0.1%)

1 人の, 人間と, 新進の, 牢人の, 者をも

▼ 武蔵に対して~ (5, 0.1%)

1 ほのかに, 七生までの, 敵意を, 旧知の, 肚から

▼ 武蔵介経基~ (5, 0.1%)

2 の告状 1 だった, と足立郡司判官武芝, はどう

▼ 武蔵先生~ (5, 0.1%)

1 にお目にかかりたい, の事蹟, の墓, の弟子, へお

▼ 武蔵新田~ (5, 0.1%)

1 と同じ, と東京パレス, のパンパン街, の新田神社, の方

▼ 武蔵~ (5, 0.1%)

1 としてのおもしろ, にもどこ, の作品中, はすべて, を好み

▼ 武蔵~ (5, 0.1%)

1 であった, に大きな, に錯雑, は当然, を是正

▼ 武蔵じゃ~ (4, 0.1%)

1 な, ない, ないか, 姉者人ッ

▼ 武蔵その~ (4, 0.1%)

2 者も 1 人の, 時ぴたり

▼ 武蔵だって~ (4, 0.1%)

1 まだ二十一, 八五郎よりは, 病身だった, 羽が

▼ 武蔵であった~ (4, 0.1%)

1 が, がふと, ので, ように

▼ 武蔵でなく~ (4, 0.1%)

1 てはならない, て他, て誰, とも多少

▼ 武蔵とかいう~ (4, 0.1%)

1 お前の, 人物も, 男は, 者は

▼ 武蔵とが~ (4, 0.1%)

1 いつか一般の, いつのまにか較べられ, そうして囁い, 俺の

▼ 武蔵はも~ (4, 0.1%)

1 いちどひょろ長い, いちど光悦母子の, ういッぺん, くねんと

▼ 武蔵ばかり~ (4, 0.1%)

1 でなかったろう, でなくおよそ, でなく往来人, でなく新免家

▼ 武蔵より~ (4, 0.1%)

1 せんには, 一つか, 前に, 自分の

▼ 武蔵よりは~ (4, 0.1%)

1 あのお, 御縁故, 武蔵と, 遥かに

▼ 武蔵よりも~ (4, 0.1%)

1 その人々, 先ずその, 先に, 細心で

▼ 武蔵アルプス~ (4, 0.1%)

1 が西方, が遠ざかり行く, の尾根, の屏風

▼ 武蔵守輝勝~ (4, 0.1%)

2 の甲冑 1 かの肖像畫, を名

▼ 武蔵相模伊豆三国~ (4, 0.1%)

2 の領有 1 を与へる, を存続

▼ 武蔵野原~ (4, 0.1%)

1 に土着, に満, の自分, を北

▼ 武蔵~ (4, 0.1%)

2 名人論 1 名人説, 名人説を

▼ 武蔵こそ~ (3, 0.1%)

1 この老母, ほんとの, 遠い以前

▼ 武蔵である~ (3, 0.1%)

1 からなおさら, といっ, のかと

▼ 武蔵として~ (3, 0.1%)

1 かなり苦痛, 彼の, 獄舎に

▼ 武蔵としては~ (3, 0.1%)

1 こう打解けた, そんなふう, 軽く打った

▼ 武蔵としても~ (3, 0.1%)

1 あの試合, 怖らく会心, 畢生の

▼ 武蔵と共に~ (3, 0.1%)

1 別当の, 死のうなどという, 関ヶ原へ

▼ 武蔵などという~ (3, 0.1%)

1 兵法者が, 旅の, 者は

▼ 武蔵について~ (3, 0.1%)

1 居合す者たちに, 知識が, 種々な

▼ 武蔵ひとり~ (3, 0.1%)

1 は継子, を十重二十重, を討つ

▼ 武蔵への~ (3, 0.1%)

1 同情と, 怨みを, 景慕は

▼ 武蔵~ (3, 0.1%)

1 へはいっ, へ来, へ行っ

▼ 武蔵如き~ (3, 0.1%)

1 に, をそう, 者を

▼ 武蔵守一路~ (3, 0.1%)

1 だった, に嫁い, は秀吉

▼ 武蔵守長一~ (3, 0.1%)

2 というの 1 の方

▼ 武蔵~ (3, 0.1%)

1 と朝潮, の勝, は東二字口

▼ 武蔵武蔵~ (3, 0.1%)

1 という, という囁き, の強

▼ 武蔵研究家~ (3, 0.1%)

1 と武蔵, にも推定, のあいだ

▼ 武蔵研究者~ (3, 0.1%)

1 であっても, の反駁, の資

▼ 武蔵~ (3, 0.1%)

2 に白手綱 1 に紫手綱

▼ 武蔵顕彰会~ (3, 0.1%)

1 が古く, のここ, の人

▼ 武蔵からも~ (2, 0.0%)

1 その生立ち, 権之

▼ 武蔵この~ (2, 0.0%)

1 上は, 家に

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 あん, まっ

▼ 武蔵さえ~ (2, 0.0%)

1 いった, 亡けれ

▼ 武蔵それ~ (2, 0.0%)

1 まではこの, を聞いた

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 は, 高島の

▼ 武蔵とでは~ (2, 0.0%)

1 年齢の, 比較に

▼ 武蔵とやら~ (2, 0.0%)

1 名まえ, 気の毒ながら

▼ 武蔵とやらは~ (2, 0.0%)

1 どうした, 羨ましい

▼ 武蔵とを~ (2, 0.0%)

1 見くらべて, 討つべく多年ふたり

▼ 武蔵どう~ (2, 0.0%)

1 した, だ

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 武蔵など~ (2, 0.0%)

1 よけいな, 近国の

▼ 武蔵などの~ (2, 0.0%)

1 巨艦が, 留守居衆を

▼ 武蔵なら~ (2, 0.0%)

1 今さら書く, 私も

▼ 武蔵なんぞは~ (2, 0.0%)

1 甘え, 甘え甘えう

▼ 武蔵については~ (2, 0.0%)

1 名人である, 知らないし

▼ 武蔵に対する~ (2, 0.0%)

1 反感も, 強固な

▼ 武蔵へは~ (2, 0.0%)

1 よけいに, 尻を

▼ 武蔵へも~ (2, 0.0%)

1 すすめたが, なにが

▼ 武蔵らしい~ (2, 0.0%)

1 姿に, 者が

▼ 武蔵一人~ (2, 0.0%)

1 であった, と思っ

▼ 武蔵一円~ (2, 0.0%)

2 の石神

▼ 武蔵上野~ (2, 0.0%)

1 などの諸国, を経

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 を聞く, 霊

▼ 武蔵以上~ (2, 0.0%)

1 の人間, の憎しみ

▼ 武蔵以外~ (2, 0.0%)

1 に画人, の剣道史

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 てこい, て来い

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 などのふせぎ, へせまる

▼ 武蔵国川越~ (2, 0.0%)

1 の人中村太十, の人某

▼ 武蔵国秩父郡~ (2, 0.0%)

1 の三峰神社, より和銅

▼ 武蔵国葛飾郡小松川村~ (2, 0.0%)

1 の医師, の医師佐藤氏

▼ 武蔵地方~ (2, 0.0%)

1 には先年, を注意

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 がなんぞ肚, は

▼ 武蔵守どの~ (2, 0.0%)

1 へも云っ, を集め

▼ 武蔵守殿~ (2, 0.0%)

1 が恋, は武勇一遍

▼ 武蔵守親~ (2, 0.0%)

1 広, 広左衛門大夫時

▼ 武蔵守高向利春~ (2, 0.0%)

1 などいふ, を襲

▼ 武蔵居士~ (2, 0.0%)

2 之塔

▼ 武蔵府中~ (2, 0.0%)

1 の六所明神, の駅路

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 師範へ, 馬印を

▼ 武蔵所持~ (2, 0.0%)

1 の刀, 之刀

▼ 武蔵政名~ (2, 0.0%)

1 が仇敵佐々木劔刀斎岸柳, とよんだ

▼ 武蔵権守興世王~ (2, 0.0%)

1 です, と武蔵介経基

▼ 武蔵武芝~ (2, 0.0%)

1 という人物, と新任

▼ 武蔵独自~ (2, 0.0%)

1 の剣, の哲学

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 なの, のある

▼ 武蔵~ (2, 0.0%)

1 ぐらいな簡単, と書く

▼ 武蔵肥前小笠原侯~ (2, 0.0%)

1 の臣, ノ臣ナリ

▼ 武蔵自筆~ (2, 0.0%)

1 のもの, の書簡

▼ 武蔵顕彰会本~ (2, 0.0%)

1 でも幾多, の写真

▼1* [292件]

武蔵あたりの近国, 武蔵あるがゆえに, 武蔵おくれたか, 武蔵よい名, 武蔵かと少年時代から, 武蔵かねて金内, 武蔵がなよ今日の, 武蔵くやしく歯が, 武蔵ぐいと百石衛門の, 武蔵ぐらいな相手恐れる, 武蔵ここの若い, 武蔵さまあなたは先刻, 武蔵さま貴方はここ, 武蔵さんあなたはこの, 武蔵さんおまえだってまさか, 武蔵さんわたしはあなた, 武蔵ゃあるめぇし, 武蔵じゃという社内の, 武蔵すでに自決の, 武蔵すら出て, 武蔵ずれに, 武蔵その他の東国, 武蔵たけり立って膝, 武蔵ただもうわけ, 武蔵だけには一定の, 武蔵だけは依然として隅柱, 武蔵だっ武蔵が, 武蔵だったがおそらくは, 武蔵っ仕合わぬまえに怯気, 武蔵ですからもすこし, 武蔵でもねえお通, 武蔵とか申すお, 武蔵とかを口に, 武蔵とてもこの期, 武蔵とに復讐し, 武蔵とやらにも悪しゅう思わぬ, 武蔵とやらの足どりが, 武蔵どのそれを空け, 武蔵どの外へ出よう, 武蔵どの折を改めて, 武蔵どの此方じゃよ早う, 武蔵どの貴所はこの間, 武蔵なかなか元気でおる, 武蔵などとは思うても, 武蔵などとも試合を, 武蔵などに剣の, 武蔵などもその弱冠, 武蔵などよりぐんと賢く, 武蔵などを歴訪し, 武蔵なりとも隙を, 武蔵なんとしやるぞ, 武蔵においていろいろさまざま, 武蔵にだけはなにも, 武蔵にでも出会ったらひと, 武蔵にとっても心地が, 武蔵による彼の, 武蔵にわたる北条残党の, 武蔵に対しての又八, 武蔵に対しては一時でも, 武蔵に対してもそれの, 武蔵に従って江戸に, 武蔵のみでは, 武蔵はおぬしが, 武蔵ひやりとして, 武蔵へと一城一城羽翼を, 武蔵ほどな男, 武蔵まず切り落し百右衛門, 武蔵めがけて擲げ, 武蔵め牛のよう, 武蔵もう一晩考え, 武蔵もうこうなる上, 武蔵をさえ捨てて, 武蔵をなどと寛大に, 武蔵ガ原で旗本, 武蔵ッ児の川越ッ児, 武蔵ッ支度しや, 武蔵ッ武蔵ッ汝れは, 武蔵ッ汝れは, 武蔵トイフ同称, 武蔵トハ武蔵範高トイフ者デ剣客宮本武蔵ハ, 武蔵ハ絵ヲ描イテ居ナイ, 武蔵ハ興長ノ船ニテ可, 武蔵ヒョイと外, 武蔵一えんが見渡される, 武蔵一人それへ自訴, 武蔵一円経帷子に包まれた, 武蔵一名でそち, 武蔵一書をかい, 武蔵一生の圧巻, 武蔵上毛五箇国の解文, 武蔵上野上総下総安房の諸国, 武蔵上野下野常陸下総など五ヵ国, 武蔵上野下野甲斐信濃の諸国, 武蔵下総の境, 武蔵下総その他の地方, 武蔵下総常陸上野下野の諸国, 武蔵下野この翌月, 武蔵下野あたりに子孫, 武蔵下野上野筑波日光の諸山, 武蔵下野常陸安房上総と国々, 武蔵に武蔵, 武蔵事九十年以前ニ当村出行仕候, 武蔵事予而追捕, 武蔵事叔父御の, 武蔵二つの首, 武蔵二ヶ国の少年二十人, 武蔵二十一郡のめぐりにたて, 武蔵二天と号す, 武蔵五体と両刀, 武蔵五郎がある, 武蔵亭御存じでしょう, 武蔵およそか, 武蔵介藤原維茂が常陸, 武蔵以上傲岸で不遜, 武蔵以前の上泉, 武蔵伊豆上総といたる, 武蔵会雑誌に書き, 武蔵伝その他諸書, 武蔵伯猿それに故, 武蔵住安重田無の刀屋敷, 武蔵先方衆はそれ, 武蔵八王子在の百姓, 武蔵六十歳の筆, 武蔵別府道後と温泉まわり, 武蔵司源朝雅の, 武蔵の拠っ, 武蔵北葛飾郡戸ヶ崎村大字戸ヶ崎に三ツ獅子, 武蔵十七歳にし, 武蔵十三歳の時, 武蔵十郡に分れ, 武蔵南多摩郡の由木村, 武蔵南多摩郡元八王子村なる諏訪神社, 武蔵又八などが岡崎, 武蔵史料の新しい, 武蔵史料中には一行半句, 武蔵四年五月には, 武蔵同じ捕まるもの, 武蔵同年七月に伊予, 武蔵の中, 武蔵国あたりまで行け, 武蔵国児玉郡の人, 武蔵国全般の司, 武蔵国内の諸, 武蔵国北豊嶋郡岩淵町大字赤羽の八幡社, 武蔵国北足立郡川口に移り住んだ, 武蔵国埼玉郡の普, 武蔵国埼玉郡越谷住井出権蔵の子, 武蔵国大崎の名主島田重規, 武蔵国大里郡と横見郡, 武蔵国定忠次の伝記, 武蔵国府中より罷出, 武蔵国忍の人竹内作左衛門, 武蔵国新井方村の水呑百姓, 武蔵国村岡の市, 武蔵国比企郡の低い, 武蔵国池上の右衛門太夫宗仲の館, 武蔵国秩父小沢口の住人逸見太四郎義利, 武蔵国葛飾郡の今, 武蔵国西多摩郡霞村字今井吉田兼吉氏所蔵のもの, 武蔵国造の後, 武蔵国那珂郡の住人弥次郎入道, 武蔵在世中の発兌, 武蔵城太郎など行き, 武蔵執筆のころ, 武蔵堀秀政らの隊, 武蔵大国魂神を祀った, 武蔵大里郡を旅行, 武蔵太郎あたりをこの, 武蔵太郎これも如法, 武蔵太郎一派の真, 武蔵太郎安国左膳の前額, 武蔵太郎安国晩年入神の一剣, 武蔵太郎柄もとふかく人血, 武蔵太郎血に渇し, 武蔵太閤記などは赤坂表町, 武蔵夫ヨリ後ハ佩用トシテ武州鍛冶和泉守兼重ヲ用ヒキ, 武蔵守ふたりの口上伝令, 武蔵守修理亮出雲守三浦左衛門尉結城左衛門尉内藤右馬允等供奉せしむ皆歌道, 武蔵守内藤清成加賀爪甲斐守の軍兵, 武蔵守小出播磨守などへも, 武蔵守知章蔵人大夫成盛大夫敦盛十人と云う, 武蔵守親広さま左衛門大夫時広さま前駿河守季時さま, 武蔵守貞将を破り, 武蔵守輝国公御嫡男, 武蔵守鎮守府将軍に任, 武蔵安房上総下総常陸上野下野などが現れます, 武蔵安房上総下総常陸下野諸国の武士, 武蔵安房上総常陸下野の国々, 武蔵に二郎, 武蔵対佐々木巌流の試合, 武蔵将監がある, 武蔵小山戸越銀座など見た, 武蔵屋三越が近く, 武蔵屋曰ク新丸屋, 武蔵屋権三郎を引掛, 武蔵屋若菜屋というよう, 武蔵をやった, 武蔵山城同二年二月, 武蔵岡部の安部氏, 武蔵岩見重太郎にも及ばず, 武蔵峰秩父嵩などの名前, 武蔵崇拝者を持っ, 武蔵左様心得ろ, 武蔵巨鯨退治之図, 武蔵常陸下総の三ヵ国, 武蔵常陸下総三国の土地, 武蔵常陸安房上総下総相模と股, 武蔵幼名は弁, 武蔵幼年から父, 武蔵待てッ, 武蔵忍産同, 武蔵押領使日本将軍と威張り出し, 武蔵拙者は近藤派, 武蔵撃剣ヲ善クス, 武蔵支度はいい, 武蔵政名藤原玄信と書い, 武蔵文雅の余技面, 武蔵新田診療所長でもある, 武蔵が不意, 武蔵无何と俳号氏名, 武蔵日光伊香保などの山, 武蔵春山とその, 武蔵書簡に見える, 武蔵最大の遺物, 武蔵望みの日, 武蔵本位田家に後足, 武蔵来り武蔵去る, 武蔵の裾, 武蔵様のですって, 武蔵様今いったよう, 武蔵権守の興世王, 武蔵権守興世という男, 武蔵正宗と呼ばれ, 武蔵武士の某, 武蔵武州江戸に下向, 武蔵殿あなたは遊廓, 武蔵殿拙者は辰, 武蔵の応接等, 武蔵氏一行は函館, 武蔵を悪く, 武蔵温泉行をすすめた, 武蔵燭台をとっ, 武蔵狭山というお茶, 武蔵生ける盗賊を, 武蔵疲れるだけじゃぞ, 武蔵だなん, 武蔵直伝の早業, 武蔵摸に, 武蔵相模たちまちにし, 武蔵相模三河出雲備後にまで分布, 武蔵相模安房上総に大, 武蔵相模平野の中, 武蔵相模方面の活動期, 武蔵知安氏とその, 武蔵研究史料の上, 武蔵禰乃乎美禰と古, 武蔵秩父の高麗村, 武蔵秩父郡小川村の逸見家, 武蔵ヶ谷, 武蔵突キタル杖ヲ森岩ニ, 武蔵を右手, 武蔵範高トイフ者デ剣客宮本武蔵ハ, 武蔵総社の田植ゑ, 武蔵聞いて破門, 武蔵荒川の上流, 武蔵藤原玄信年つもりて, 武蔵街道を兄妹, 武蔵西多摩のお, 武蔵見えたり, 武蔵見晴らしがよかろ, 武蔵討たれたり, 武蔵試合に出, 武蔵調伏に功, 武蔵豊島の関係, 武蔵足立郡で百姓, 武蔵路大船から戸塚街道, 武蔵へつれ, 武蔵近いうちに, 武蔵逃げるのが, 武蔵逃亡と高札, 武蔵遊歴中の遺跡, 武蔵野育ちらしい野性, 武蔵野辺の緑, 武蔵金沢の城主, 武蔵鐙江戸砂子惣鹿子等によれ, 武蔵長可にはじれったい, 武蔵関ヶ原出陣説は皆, 武蔵関係書にも紹介, 武蔵電車で行っ, 武蔵という看板, 武蔵黒狐退治の講談, 武蔵之介