青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「武者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~
武者~
武蔵~ ~歩 歩~ ~歩い 歩い~ ~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~ ~歩き出した

「武者~」 2052, 22ppm, 5205位

▼ 武者修行~ (276, 13.5%)

8 の者 7 をし 6 に出 5 に出た 4 して, の名, の武士, をやっ 3 か何ん, というもの, に出かけ, に出る, のため, の中, の手, の眼 2 がその, する者, だ, に歩い, のお方, のこと, のよう, の侍, の剣客, は

1 [190件] か, かそれ, から与えられた, から死に際, が, があろう, がおれ, がこの, ができるで, がどんな, がゾッと, がタジタジ, が三人, が再びゾッと, が剣, が四年前, が多い, が尋ね, が小, が押しかけ, が捕まった, が熱心, が立去っ, が竜, が臨終, が裂石, が訪れ, が諸国, が道場破り, してるん, じゃない, そっくりと, だから, だけでも一日, だったな, だと, だの, だ後学, で, であった, である, ですか, でなくて, ではない, ではなかっ, でへえー, とあら, というよう, という声, という文字, という称呼, といえ, とか兵法者, としてあるい, としてした, としての, としても一種特別, として彼, として文字, として稀, とでも見える, となっ, となる, との生活関係, とももとより, とよんで, と呼ばれる, と寺院, と時, と武者修行的, と申す, と申せ, と称する, と称ん, と稱, と聞かされ, と見られる, に, にあるい, にいちいち, におい, にこう, にさすらいはじめた, について, にとっては意表外, にとって唯一, にはやはり, にも歩い, にも飯, に出で立つべく, に出よう, に出掛けた, に授業, のいでたち成っ, のす, のつもり, のほう, のまね, のもの, の一人, の一生, の世界, の五人, の体, の先生, の勇士, の多かっ, の奉公人, の姿, の後, の御, の心的修養, の数, の方, の旅, の旅行中, の格, の案内, の武家, の死体, の死顔, の死骸, の気, の片手, の現に, の生活, の群, の者此處, の謀叛, の講釋, の辛酸, の途中, の途次, の道, の際, の頼み, の顔つき, の風, はさっと, はしたろう, はしどろもどろ, はそう, はそこ, はそこで, はその, はまだ, はやめだ, はやりそこなう, はわが, は云った, は今や, は何らかの, は到底, は大手, は太い, は弱い弱い, は形相, は汗, は火薬, は由来, は結構, は血路, は行, へでも出る, へ出る, ほどの働き, もいた, もかなわぬ, もまた, も呆然, も実は, も思わざる, やなに, らしい様子, をした, をすすめる, をする, をすれ, をやめ, を主張, を以て任じ, を名, を名乗っ, を差向けた, を廃業, を思い立った, を捜し出す, を試みよう, 悪く云え, 然として

▼ 武者~ (200, 9.7%)

5 影が 3 ひとりが, 顔を 2 うちに, なかに, 中に, 姿が, 小路で, 小路の, 巨漢の, 男は, 蔦王が, 血を

1 [169件] あいだでは, あいだにさえ, あぶみへ, あらぎもがこの, いでたち母衣, お家は, こぼした血, すがた, ためたちまち, どうにも, ならひと, はなばなしい武者ぶり, ひとり恩智満, ひとり木寺相模は, ぶんざいで, ほこり, むらがりが, もの徳直の, やうな, ように, アイノに, アイノや, 一人が, 一人と, 一人も, 一員として, 一団は, 一団を, 一隊が, 一隊では, 一隊は, 上に, 乗りすてた, 人生観など, 位置から, 位置を, 像が, 具足は, 典型でも, 典型とも, 出征や, 前には, 前へ, 勃興, 動作が, 反対の, 叫喊が, 合い言葉は, 同勢は, 吏との, 善性坊が, 喧嘩は, 声と, 夥しい人影, 大剛として, 大部分, 奮戦ぶりが, 威を, 子孫は, 学生が, 家の, 家ノ, 山男井桁の, 巡査でした, 巨漢が, 巨漢ハドルスキーに, 平忠清は, 幸福とは, 幾人かは, 府は, 弓箭千五百ほど, 形あるいは, 影である, 影に, 彼の, 待ち伏せに, 心がけでない, 心得の, 意気地の, 意見である, 戦争劇を, 手から, 手に, 手を, 手振りを, 持ち直したる一座, 持つお, 挑戦に, 揃って, 摂度, 撥に, 故郷は, 数知れない, 新鮮な, 方へ, 旗じる, 早い足音, 智識で, 最期を, 木村父子を, 木綿織物の, 末かと, 果てだ, 棗が, 棟梁と, 業が, 槍先から, 武勇は, 歩みで, 母衣で, 男が, 男の, 畏れ硬, 白い手, 盛遠が, 石井彦七に, 私の, 粗鉄の, 組に, 絶叫は, 繪が, 繪や, 群が, 群れが, 群れの, 習いとして, 習とて, 習性と, 翳して, 耳にも, 背や, 胸をぞ, 腹には, 色で, 若いの, 若者と, 英姿は, 華やかなりし, 虫の息を, 記憶に, 訪れや, 誰でも, 諸声が, 足どりの, 連中は, 部隊が, 酌に, 野尻弥助関川十太夫柏蔵人熊坂大伍などの, 長技, 間に, 面々で, 面々は, 面々を, 音であった, 音馬の, 顔が, 顔と, 顔は, 風の, 風儀も, 首を, 馬ぼこり, 骨柄が, 骨柄も, 骨髄を, 高徳が, 高橋又四郎は, 魂である, 鼻息は

▼ 武者~ (152, 7.4%)

6 ある 2 あった, 出て, 来て, 部下の, 駈けて

1 [136件] あったらしい, あらわれまして, ありますが, あり正成, いうの, いきなり群集, いくら寄った, いった, いて, いるかと, お二人, かぶりついた, こいへ, こっちへ, ことばを, しょって, そこらに, その中, その人間, その先頭, その左右, それへ, それ程まで, そんな事, つまり八面大王な, どうやらこっち, どれくらい, どれほど腕ッ節, ぱっと立った, ぶつか, まことに浮きつ沈みつし, もうここ, やがて力, ゆったりと, わたくしの, グルグルと, ヒョッコリ来り, マキリの, ルオーを, 一きわ目に, 一人の, 一個の, 三人輿丁が, 下坐し, 主人の, 乗って, 二三見え, 二騎, 五名ほど, 今一度点頭き合った, 使いに, 充満し, 先へ, 先陣を, 先駆として, 全軍, 八幡原に, 内裏にまで, 出たり, 勇姿と, 双方の, 取次に, 右のは, 唐冠の, 喚いて, 四人ほど, 壮士を, 声に, 夕暮れの, 夕立の, 夥しく麾下, 大変好に, 威猛高に, 居ると, 年少の, 幾人も, 影を, 従いて, 恰も大水, 懐紙を, 手を, 抵抗し, 押し止めて, 描いて, 敵の, 敵へ, 新十郎, 旗を, 服すお, 本気で, 本馬に, 東の, 柔弱に, 栗毛の, 極めて静か, 檻の, 死んで, 浜を, 潜入し, 瀬兵衛の, 無数に, 物も, 犬山との, 現れたり, 現れて, 白刃を, 眼を, 立ちはだかって, 立ち並んで, 群を, 行った, 襲いかかりて, 見て, 見事に, 角の, 訪ねて, 試合場の, 走って, 走る, 蹄の, 通る, 通れば, 門前長く, 附いて, 階下に, 階下まで, 階段を, 階段廊の, 離れぎみ, 雨中を, 雪を, 静かに, 飛びかかって, 馳せ戻って, 駈けつけ二人, 黒門を

▼ 武者たち~ (83, 4.0%)

53 に囲まれ 2 の眼, の跫音, はすぐ, は口々

1 [67件] が, がここかしこ黒, が一人一人, が列, が外, が山, が戦い, が海, が立ち上つ, が答えた, が退き開いた, が顧み合う, でいっぱい, とは互いに, に, にはすぐ, にも, に伍, に囲まれる, に左右, に連れられ, のうち, の上, の下, の人渦, の塊, の大半, の弓, の物の具, の群, の足なみ, の頭, はあっ, はあわて, はおそろしい, はその, はついに, はひとしく, はよけい, は声, は官兵衛, は小姓群, は局, は早, は殺気, は気, は気早, は物珍し, は玄関, は玉村端, は籠手, は総立ち, は話し, は道三, は長門守, は顔, は麓, へも庫中, へ駒, もこの, もそれぞれ, もみな, も仰向い, も無傷, も駈けつけた, をうながした, を収容

▼ 武者~ (81, 3.9%)

3 彼の 2 一団と

1 [76件] いかなる目的, いつもここ, うなずいて, かれら, ここを, すぐこっち, そういっ, そこに, それ皆が, たしかに将門, どれも, なお諸州, まだ近頃, みな小具足の, みな気が, みな気負い, みな馬術に, もとより女子供, 一人も, 一度に, 三河の, 似て, 余りにも, 功を, 勝入の, 勝頼父子を, 北東に, 千人あり, 唖か, 地主の, 大鼠山の, 宮の, 宮門や, 容易に, 尊大に, 少なくなかった, 弓で, 弓矢ばかりか, 従いて, 微醺を, 念仏を, 思わずギク, 悠々として, 感じないのね, 感涙に, 持てる槍, 挟撃に, 振り向いた, 振り向きざま, 槍もろとも, 横柄だった, 死したもの, 殺し合いに, 気が, 水でも, 浮華軽薄の, 消火に, 烏帽子をか, 熱風の, 甲冑を, 皆紅矢の, 突撃の, 総出と, 自分たちの, 誉れに, 部下の, 鎗を, 関索以下ことごとく, 顔を, 首だけに, 馬の, 馬もろともに, 馬を, 馬上に, 馬印を, 麻畑から

▼ 武者ぶり~ (76, 3.7%)

12 ついて 6 ついた 2 ついたり, つく, であった, 着く

1 [50件] たのもしかった, だ, ついたかと, ついたから, ついたけれど, ついたところ, ついて行く, つかれて, つき, つきました, つきましたの, つき噛みつく代り, つき子, つくかと, つくこと, つこうと, であったよ, である, であるが, であるの, ではある, などが際立っ, にひきかえ, に似, に敬服, の凄, の良, の観察, の間, は, はさすが, は見事, もよかっ, も聊, よ, よい男, をながめ, をほめ, をみ, を示せ, を見せない, を見せる, を見送り, 付いたん, 付きましたよ, 付こうと, 作って, 懸るとたん, 特に鮮, 着いて

▼ 武者修業~ (65, 3.2%)

3 のよう 2 がプッ, とは四方, に出た, に出る, の生活, の豪傑, はその

1 [48件] か何, があろう, がどんな, が打っ, して, だと, ではない, ではなかつた, でもした, といふ, といふ文字, といふ稱呼, といへ, としてした, との生活關係, ともいふべき, と同じ, と呼ばれる, と呼ん, と武者修業的, と稱ん, などよりは遙, にあるい, にはやはり, に出, に出かけよう, に現, のテープ, の世界, の出立, の出立ち, の名, の多, の徃來, の數, の旅, の背後, の話, の足, の途中, の風, の首途, はしたらう, はべつ, は何らかの, めいたいでたち, も又, を名

▼ 武者ぶる~ (54, 2.6%)

24 いを 10 いして 3 いした, いしながら, いに, いは 1 いが小門裏門を, いで, いとで, いとも呼べよう, いとも狼狽, いの, いもある, ひがして

▼ 武者~ (53, 2.6%)

2 描いて, 見て

1 [49件] あげて, いささかなり, かきて, して, すてた西行法師, たくさんに, ひきいて, ひきつれ自身条約, まともに, みすみす中央, もって, 一刀両断に, 一基一基解体し, 七人も, 伴って, 偲ばせられまする, 入れ行くほどに, 向けて, 呼び出した, 圧倒的な, 外へ, 射る稽古, 従え新館, 担ぎ上げて, 拉して, 持って, 振いおこして, 捕虜と, 斥候に, 斬って, 煽動した, 率いた, 率いて, 相手に, 真丸に, 突いたが, 見かけて, 見その, 見た, 見つけこう, 見ても, 見に, 誰とも, 謙信の, 陣の内から, 隠して, 顧みた, 飾り山の上, 騎せ

▼ 武者~ (48, 2.3%)

3 の外 2 からさし, から外, が切っ, のあたり, の灯, の隙, を洩れる

1 [31件] からさし込ん, からしか入っ, からその, からのぞい, から射し込む, から映す, から棒縞, から痛い, から編笠越し, から西陽, から覗い, から覗き, から試合ぶり, から雪, があっ, が附い, でもつけたら, に縋りつい, のついた, のよう, の付いた, の前, の薄暗い, の長屋, へふきつけ, へ近づい, もとざされ, をもれる, を持った建て, を見上げる, を覗く

▼ 武者~ (43, 2.1%)

3 をあげ 2 あわせて

1 [38件] がし, がした, がする, がまた, がわあっと, がわいた, がわきあがった, が押太鼓, が湧きあがった, が空, が聞かれたであろう, である, であるまいか, というもの, に彼女, に応じたら, のなか, の一期, の潮, は, は声, もしなけれ, も木魂, も谺, やら物音, をあげた, をあげる, をたけらし, をはりあげ, をふるい揚げ, を乗せ, を合わせ, を命じ, を張りあげた, を扶, を捲きおこした, を揚げあっ, を発し

▼ 武者~ (41, 2.0%)

2 かこまれて

1 [39件] あずけて, あなたの, あるまじき小心ぶり, いい做, いでたって, このよう, ござりまする, しても, すり入っ, ついて行った, つつまれて, なったか, なって, なつた, むかって, よい合戦, 中らず土, 云った, 付き添われた名和殿, 会うな, 化して, 化現し, 導かれて, 弱味を, 強いばかりの, 待たれて, 手つだわせて, 扮りたい, 担がれて, 持たせて, 持たせよこしました物, 柵の, 槍の, 用は, 直々の, 矢文として, 舁かせ聖尋, 負わせて, 追いすがって

▼ 武者~ (40, 1.9%)

14 助は 11 助の 3 助, 助を 2 助も 1 助が, 助その, 助と, 助どんと, 助はじめ手下, 助よく, 助達は

▼ 武者~ (34, 1.7%)

2 の門

1 [32件] から京, から退がっ, がヤイヤイ, が玉織姫, が花道, といい, となった, との意見, と政所, にあっ, に仕え, に勤め, に勤番, のうち, のごつい, の三善殿, の出身, の常備兵, の手の者, の簿, の者二名, の若人たち, の諸, の豪, の軍簿, の重き, の雑賀隼人, は徹夜, への出仕, や政所, をやった, を設け

▼ 武者~ (34, 1.7%)

2 などが画い, に於い, の場合

1 [28件] がのどか, が多かっ, であること, では誰, などのついた, などを漁っ, にはまた, に乳母, の一勇斎国芳, の人力車, の人物, の元祖, の凧, の定石的, の表情, の解釈, は何となく, は困ります, ほど武者絵, もかく, もまた, や風俗絵, や風景画, をあるいは, を刷った, を得意, を描いた, を描き

▼ 武者ども~ (32, 1.6%)

1 [32件] がお, がかため, が口々, が屯, が数十名, が河内一円, が輿, この忍剣, にす, には何, に接待, の前, の口, の叫び, の沸きたっ, の火, の駈けゆく, の黒い, はいう, はただちに, はどう, は執拗, は心ひそか, へは他日, へ向っ, よ, をさえ手玉, をさす, をみ, を三, を乗せ, 開け

▼ 武者溜り~ (30, 1.5%)

2 の内

1 [28件] からよびだし, から再び, から無限, でも支塁, として使える, とよぶ, にもいっぱい, に納まらぬ, に通ずる, のうち, の前, の大, の床, の床場, の歩廊, の狭間, の白壁, の真ん中, の血気組, の詰人, の辺り, の道場, の隅, へそれから, へ籠手, も狭間塀, をのぞい, 狭間廊下厩の

▼ 武者~ (29, 1.4%)

2 あった, ある

1 [25件] あるほど, いつか十人やら, いないの, この頃, さすがに, すべてにわかに, その勇, たくさん寄っ, ひとりいた, 今宵のみは, 初の, 勿論多かっ, 喘ぐ急坂, 多いが, 多くおります, 少なくは, 廃って, 憂愁抑, 欄に, 死の, 決して少なく, 袈裟御前も, 連れずぶらりと, 雑兵とは, 駈け集まったので

▼ 武者~ (26, 1.3%)

2 であった

1 [24件] がこの, が声, が白骨, とは誰々, にそれ, に尻, のうごき, のさかん, の中, の仲間, の狼藉, の間, の鼻, は, はさすが, は口, は婦女子, は眼, は蜩, までがしいんと, も例外, も革足袋, をし, を従え

▼ 武者~ (23, 1.1%)

1 [23件] あなどりたるも, いうだけ, いって, いへども, なって, よばれて, 一団の, 三献まで, 二十人ばかりの, 伍し, 千人近い, 小姓衆の, 思い違いした, 武者が, 武者との, 武者の, 武者足軽隊と, 稱する, 縛られた無数, 華武者とが, 角笛を, 頼朝の, 顔見あわせ

▼ 武者押し~ (21, 1.0%)

5 の声 2 の音

1 [14件] か, すると, ではなく, というの, というジリジリ, に今, のよう, の動揺, の火光, や合戦, をつとめ, をなす, をはじめる, を討手

▼ 武者~ (16, 0.8%)

2 毎日の

1 [14件] いずれも, このとき, ござりました, そう強, その数, はござりましょうが, 五合入りや, 人相の, 偏屈人で, 埋めたと, 埋められて, 好きだった, 続いて, 繪凧の

▼ 武者人形~ (16, 0.8%)

3 のよう

1 [13件] ぐらいなん, だけはしっかり, などは秀逸, にある, の包み, の腰, の虫, もみんなきれい, や幟, をおろし, をひやかし, を少し, 然と

▼ 武者ばら~ (15, 0.7%)

1 [15件] がたくさん六波羅, が防戦, でもある, には何と, に愛護, のあらびた, の影, の気, はいかに, は雲, へわし, も, も名残り, も馳せ参じ, も駈け参じるなら

▼ 武者隠し~ (14, 0.7%)

3 の小 2 の内, の間 1 と申す, には勿論, には武者, のふす, の襖, へ腕きき, まで付い

▼ 武者修業者~ (13, 0.6%)

1 [13件] が, が村, が流れ込ん, が狼, にとつ, のうち, のやう, のよう, の宿泊, の心的修養, の殖えた, の流れ, の行手

▼ 武者~ (12, 0.6%)

1 [12件] 土豪などでは, 小姓達と共に, 平安朝風景が, 徒士の, 数名の, 木偶の, 紙の, 輿丁も, 避難する, 鉄砲武者に, 鎧に, 馬の

▼ 武者修行者~ (12, 0.6%)

1 [12件] か, と禅門, のうち, のやり方, の往来, の殖えた, の流れ, の生活, の運命, は巨人, ばかりでなく, よろしくの

▼ 武者羽織~ (12, 0.6%)

1 [12件] がハッ, が立ちどまった, の体, の方, の背中, はすぐ, は向き直っ, は身, もそれ, を目標, を着, を脱い

▼ 武者には~ (10, 0.5%)

2 武者の 1 あらず黒, さもめずらしかろ, それも, ちがいなく, どれも, 大事な, 天地みな音も, 至極ていねい

▼ 武者草鞋~ (10, 0.5%)

1 が踏みこえ, の中, の夥しい, の緒, の音, は真っ赤, は薪, や馬蹄, をしっかと, をしっかり

▼ 武者さん~ (9, 0.4%)

21 からといつて村, と小, のお嬢さん, の例, はそれ, はより, は相

▼ 武者~ (9, 0.4%)

1 こそ作れ, は, は堂々たる, をし, を備え, を見せなけれ, 勇しか, 只者に, 見事であった

▼ 武者振い~ (9, 0.4%)

2 のよう 1 がいつ, がまだ, が出, の類, をした, を感ずる, を禁ずる

▼ 武者所鬼王丸~ (8, 0.4%)

1 が砦, であった, で四人, の手, は得意気, は生き, は神, を指揮

▼ 武者修行風呂敷~ (7, 0.3%)

1 でくくりつけ, とともに一つ, とをその, と柄糸, をしばりつけた, をそっと, を解きはじめた

▼ 武者姿~ (7, 0.3%)

1 で所作, で祭壇, などたとえば, に似せ, はふと, は戦場, を見た

▼ 武者~ (7, 0.3%)

1 いしたが, いらしいもの, ひが, ひにな, ひの, ひを, ひ見たいなもの

▼ 武者顫い~ (7, 0.3%)

2 をした 1 がその, だっ, であった, でもあった, をし

▼ 武者でも~ (6, 0.3%)

1 こういっ, この一瞬, する, ないの, 持って, 歯の

▼ 武者~ (6, 0.3%)

1 がよく, しからぬ武者振り, とともに落人, な三下, な気狂い, に乗り出した

▼ 武者~ (5, 0.2%)

1 から下手, が不, が不断, まりの, まりへ

▼ 武者~ (5, 0.2%)

2 のだ 1 んです, 前線の, 髯面を

▼ 武者らしい~ (5, 0.2%)

1 ことです, と年, 七人は, 者も, 軍兵三千あまり旗幟堂々

▼ 武者ブリ~ (5, 0.2%)

1 と綽々, について説明, は当代, を一同, を通して戦後風俗

▼ 武者から~ (4, 0.2%)

1 中間の, 全戦場, 直に頭, 見れば

▼ 武者である~ (4, 0.2%)

1 し朝, そうです, のだ, 某は

▼ 武者とが~ (4, 0.2%)

1 その大半, 二人とも, 悪びれた様子, 遠祖は

▼ 武者にも~ (4, 0.2%)

1 ぶつかった, ポルカの, 咎められなかった, 通じたところ

▼ 武者~ (4, 0.2%)

1 むかって, わたした, 当るの, 湯を

▼ 武者わらじ~ (4, 0.2%)

1 がズカズカ, に面, の緒, をはいた

▼ 武者一騎~ (4, 0.2%)

1 が馬, 大長毛, 真っ逆様, 走り去る背ろ姿

▼ 武者修行袋~ (4, 0.2%)

1 とよぶ, に入れ, へつつみこん, を振っ

▼ 武者烏帽子~ (4, 0.2%)

1 と黒い, になっ, に狩衣姿, の武人

▼ 武者~ (3, 0.1%)

3 ろえ

▼ 武者では~ (3, 0.1%)

1 あろう, ない, なかった

▼ 武者とは~ (3, 0.1%)

1 どんな人種, どんな男, 違って

▼ 武者にて~ (3, 0.1%)

1 ありけり, 伏見に, 壯年の

▼ 武者ぶるいする~ (3, 0.1%)

1 のは, ほど希望, 身心地を

▼ 武者~ (3, 0.1%)

1 が随分, にも嘆賞, をも事

▼ 武者坐り~ (3, 0.1%)

1 であった, に腰, のまま

▼ 武者~ (3, 0.1%)

1 となる, にあふれ, を通した

▼ 武者振いし~ (3, 0.1%)

1 て三千余騎, て立つ, て馬

▼ 武者窓下~ (3, 0.1%)

1 にぴたり, に佇み忍ん, へ近づい

▼ 武者~ (3, 0.1%)

2 の敷 1 を描いた

▼ 武者~ (3, 0.1%)

1 がいく組, の疾駆, を左右

▼ 武者行列~ (3, 0.1%)

1 でもあったろう, で往來, で往来

▼ 武者~ (3, 0.1%)

1 のほど, の山賊, を渾身

▼ 武者あぐら~ (2, 0.1%)

2 を掻い

▼ 武者いきれ~ (2, 0.1%)

1 から白い, の中

▼ 武者だましい~ (2, 0.1%)

1 にかけて潔く, は自然

▼ 武者であった~ (2, 0.1%)

1 がここ, のだ

▼ 武者という~ (2, 0.1%)

1 ものだ, やつは

▼ 武者とて~ (2, 0.1%)

1 よろいを, 五六百の

▼ 武者との~ (2, 0.1%)

1 かたまりを, 陣列的な

▼ 武者とも~ (2, 0.1%)

1 別れて, 見えない扮装

▼ 武者などと~ (2, 0.1%)

1 恐れては, 親しみの

▼ 武者などは~ (2, 0.1%)

1 物の, 自分らの

▼ 武者なれ~ (2, 0.1%)

2 ば親

▼ 武者ぶりつき椅子~ (2, 0.1%)

2 をふりあげ

▼ 武者ぶるい~ (2, 0.1%)

1 というの, というよう

▼ 武者ぶるひ~ (2, 0.1%)

1 をし, 程の

▼ 武者わらんじ~ (2, 0.1%)

1 に踏まれ, を踏みしめ

▼ 武者一方~ (2, 0.1%)

1 で無い, の男

▼ 武者三人網代~ (2, 0.1%)

2 に流れ

▼ 武者修業精神~ (2, 0.1%)

1 がある, がなけれ

▼ 武者修行包み~ (2, 0.1%)

1 の中, の結び目

▼ 武者修行熱~ (2, 0.1%)

1 は必ずしも, を起した

▼ 武者修行精神~ (2, 0.1%)

1 がなけれ, が抱かれ

▼ 武者~ (2, 0.1%)

1 などが規律, のよう

▼ 武者合戦~ (2, 0.1%)

1 の壮絶さ, の錦絵

▼ 武者名のり~ (2, 0.1%)

1 がたくさん, が孤塁

▼ 武者吠え~ (2, 0.1%)

1 はやまず, をあげる

▼ 武者四五名~ (2, 0.1%)

1 を見かけた, 連れて

▼ 武者~ (2, 0.1%)

1 に沿い, の上

▼ 武者定明~ (2, 0.1%)

1 という者, を侮っ

▼ 武者屋敷~ (2, 0.1%)

1 はみな, や役所

▼ 武者幽霊~ (2, 0.1%)

1 のま, の影

▼ 武者振ついた~ (2, 0.1%)

2 と思ふ

▼ 武者振つく~ (2, 0.1%)

1 と仏敵, 勢

▼ 武者振るい~ (2, 0.1%)

1 に似た, をした

▼ 武者振付~ (2, 0.1%)

1 いて, くよう

▼ 武者~ (2, 0.1%)

1 のみがみじめ, もこれ

▼ 武者気質~ (2, 0.1%)

1 から死傷, の凜

▼ 武者~ (2, 0.1%)

1 しほふき等, しほふき等々

▼ 武者生活~ (2, 0.1%)

1 は小次郎, をし

▼ 武者~ (2, 0.1%)

1 には古来, に過ぎない

▼ 武者絵作者~ (2, 0.1%)

1 も加, を風俗画家

▼ 武者苦者腹~ (2, 0.1%)

1 で強引, の八つ当り

▼ 武者走り~ (2, 0.1%)

1 ににげだした, の方

▼ 武者足場~ (2, 0.1%)

1 の小さい, へ跳びあがった

▼ 武者長屋~ (2, 0.1%)

1 であり矢倉, のこと

▼1* [220件]

武者いでたちは, 武者ぼし, 武者おわびのほか, 武者かくしには猛者ども, 武者がのんの, 武者ぎもを具足, 武者こそはこの河内, 武者ことには当, 武者さえ馳せ加わっては, 武者ていた, 武者わりを, 武者その日和見主義そんな, 武者そのものになっ, 武者たる者が声, 武者だったそうです, 武者であれ検断所の, 武者として行く末御用に, 武者とともに帳外に, 武者とを先頭に, 武者と共に横断隊に, 武者ども七百余名残らず威儀, 武者などという称呼が, 武者などのたちよらぬ静か, 武者ならば, 武者なんか人生の, 武者にかけとばしても, 武者について目撃した, 武者にでもありそう, 武者のみ氾濫し, 武者のみか馬までが, 武者のろうぜきで, 武者しりの, 武者ばかりおよそ四, 武者ひとりを仆, 武者ひびきへ耳, 武者ぶりつきながらおろおろ, 武者ぶりつき荒川熊蔵よろしく抱きあげる, 武者ぶりどころでは, 武者ぶり新大阪は人材, 武者ぶるいじみた貧乏ゆるぎ, 武者ぶるいだか恐怖, 武者ぶるいであるにし, 武者ぶるいみたような, 武者ぶるひして振ひ立つ, 武者へも宮は, 武者また馬の, 武者までわき返って, 武者までがかほどまでには, 武者までにそんな参陣, 武者みたいに転け, 武者より描けないわけ, 武者よりも花々しかった, 武者らしきものは, 武者わらいをし, 武者わらんじで湖沼を, 武者ヒシヒシと取り囲み, 武者一ぴき鉄杖のさき, 武者一名に馬簾, 武者一名突き殺した, 武者一団ムラムラと, 武者一団華やかに川風, 武者一騎あざやかに先登, 武者一騎萌葱おどしの, 武者一騎鍬形打った冑, 武者七騎を突伏せ, 武者三人ヒラリヒラリと鞍, 武者三人像の方, 武者三十長槍三十本, 武者三名ほど坐っ, 武者並びに美人役者絵等その, 武者二三人を斬りふせ, 武者二三十騎しか続い, 武者二人が, 武者二人馬に乗れる, 武者二名に馬卒十人, 武者五十人徒歩の者六百餘人, 武者五郎という先生, 武者人物あり, 武者修業たちにとつて, 武者修業ぶりなどは典型的, 武者修業人じゃ, 武者修業共が駈け, 武者修業同士が何, 武者修業奴剣法では汝, 武者修業物語を読ん, 武者修業的な人間, 武者修業談を語ろう, 武者修行こちらは室町家以来, 武者修行たちにとっては寺院, 武者修行たるや大変, 武者修行ていの侍, 武者修行どもが馳せ加わっ, 武者修行なんざあ甘えもんだおれ, 武者修行ぶりなどは典型的, 武者修行めきたるなど, 武者修行中にすっかり, 武者修行体の二人, 武者修行僧侶等であ, 武者修行同士が行きずり, 武者修行武者修行という声, 武者修行物の講釈師張り, 武者修行生活をし, 武者修行的な人間, 武者修行者弟子を眼中, 武者修行風の若い, 武者全体が貴族政治, 武者公卿法師らなどのせわし, 武者六十余人を御, 武者凧とんび凧お多福凧字凧二枚半三枚半の大, 武者出入りもなし, 武者十名ほど具, 武者卜部兼好だった者, 武者双六や教訓双六, 武者の鬢先, 武者は覚えきれない, 武者吠えあげてはや, 武者吠えなら振るい出せもしよう, 武者四五十人ばかりを両わき, 武者四人ということ, 武者囲いの蔭, 武者がある, 武者大勢しての, 武者大島雲八は海老, 武者太鼓が鳴る, 武者奈良法師のたれかれ, 武者奉行は宮川但馬, 武者奮い致しておる, 武者奮戦の図, 武者奮闘の戦場, 武者容儀に受け, 武者小屋から部落, 武者に掻きみだされぬ, 武者巡査田舎婆芸者らしき女, 武者の観, 武者までを容れた, 武者式鎮痛膏ね, 武者張って無為, 武者が逸り立つ, 武者慄いをし, 武者所出仕を命じおけ, 武者所詰の一員, 武者所鬼王丸めはどこ, 武者扱いにそつ, 武者抜からぬ顔し, 武者振い見るもので, 武者振ついたりした, 武者振で中, 武者振であるのである, 武者振ひを感じました, 武者振るいして立ち上がり, 武者揃いの広場, 武者揮いをした, 武者数百人をつれ, 武者景綱だの伊藤五忠清, 武者をわきばさみ, 武者も共に, 武者混みへ割っ, 武者の一隅, 武者物語の鹿, 武者物語りもかなり, 武者狐しおふき等の御, 武者百五十人歩兵七百余旌旗から輜重駄馬, 武者盛遠は春, 武者直義だった, 武者石川兵助であった, 武者突き廻されて無念げ, 武者窓つきの全く, 武者窓づくりのところ, 武者窓囲いにされ, 武者の細竹, 武者立ちは酉, 武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 武者結びの包み, 武者絵凧が或は, 武者絵双六名所双六お化け双六歌舞伎双六のたぐい, 武者絵錦絵二枚つづき三枚, 武者羅生門よし土蜘蛛, 武者美濃国の住人土岐左近頼兼, 武者群がりて押しあふごとく, 武者羽織小袖下着肌襦袢などそれ, 武者をそそけ立てた, 武者ともいえる, 武者若い男爺天狗なぞ, 武者若武者またお, 武者苦者と掻, 武者草鞋右の肩, 武者がたくさん, 武者に時, 武者見下したまま再び, 武者訛りから来た, 武者の板, 武者がとまっ, 武者足軽の群臣, 武者足軽隊と足軽隊, 武者踊りをさも, 武者の音, 武者をもう一度, 武者連だつて自分, 武者過ちさせては, 武者の狭い, 武者か銀, 武者は出, 武者の甲冑, 武者とつづき, 武者階級は単純, 武者雑兵の言動, 武者に興味, 武者の跡, 武者とが大, 武者も退く, 武者する憎い, 武者顫いが全身を走ります, 武者である, 武者風俗も一般, 武者をつらぬいた, 武者を飛ばせ, 武者馬印大旆旗さし物武器馬具など絢爛, 武者濃くいかさま, 武者とはお互い, 武者黒田官兵衛はすこし