青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「武田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

此時~ 此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~
武田~
武者~ 武蔵~ ~歩 歩~ ~歩い 歩い~ ~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~

「武田~」 1357, 15ppm, 7622位

▼ 武田~ (137, 10.1%)

3 方へ, 顔は, 顔を 2 家なく, 家臣だ, 家臣で, 残党を

1 [120件] いふところ, うちに, お家の, お能役者, ご武運, したご, そういう処, たえずほ, 不信行為にたいして, 主従が, 二万七千に対して, 二家とは, 人ある, 作ちゃも, 侵略が, 全軍, 兵法を, 前で, 勇将小山田備中守が, 勇将猛, 卑下であっ, 叔父さまに, 叔父さまは, 名にも, 名も, 名将馬場美濃守が, 四天王内藤駿河守の, 士卒は, 士気旌色という, 大軍陣, 姿が, 存在を, 客分佐々木承, 客将と, 家に, 家は, 家を, 家名を, 家宝と, 家来で, 家来には, 家臣が, 家臣土屋庄三郎だ, 家臣高坂甚太郎, 弓隊長弓削某と, 当主が, 御曹子だ, 御曹子を, 御簾中, 戦法を, 手が, 故地, 新領, 方で, 方に, 方の, 旗奉行振り返っ, 旧臣を, 時代に, 時分には, 末路の, 本営では, 本軍鳶ヶ巣以下の, 村, 槍先受ける, 次男重, 武力を, 武名は, 残党が, 残党だ, 残党として, 残党とは, 残党も, 残族蒲生泰軒, 没落が, 浪人か, 滅びた天正十年, 滅亡は, 滅亡後久しく, 演説を, 猛将勇士, 甲州出の, 畜生, 祖先とは, 童も, 精兵が, 肩を, 脅威を, 臣だった, 若君とも, 落人に, 落人四郎勝頼は, 落武者が, 落武者だの, 血を, 被官に, 被官粟屋左衛門尉親, 西上を, 話に, 調子に, 調子や, 諸勢, 軍勢は, 軍容は, 遠征軍を, 遺臣が, 遺臣ども武骨者だけに, 遺臣の, 重二郎, 重左衞門様, 野郎やっぱり, 野郎赤い, 長臣高坂弾正, 間諜甘糟三平は, 阻害ある, 陣と, 陣中に, 領土は, 顔が, 驍将馬場美濃守信房である

▼ 武田~ (130, 9.6%)

3 の宝物, の御曹子 2 の家人, の家臣

1 [120件] からは世々, から早打ち, から送りかえし, が収め, が威, が文化, その物, である, では曝涼, では見, で高坂, との抗争, との関係, とはふかい, と京都, と以来, と縁談, と鎬, などの比, などの遠方, にあり, にありし, にお, において土屋, にご, につたわる, にとっては栄華, にとっても最大価値, にはさすが, に与え給う, に伝わる, に内通, に引き取られ, に旗下, に潜ん, に由緒, に縁, に身, に随身, のお, のご, の一粒, の三種, の与, の乱波組, の亡びる, の仇, の位置, の侍, の信玄家法, の兵, の兵制, の再興, の割符, の勇士, の危機, の名, の味方, の士馬精鋭, の大, の守護神, の定紋染め, の宝物御旗楯無, の客臣, の家例, の将, の小, の居城, の御, の御名, の御曹司, の忠族, の所領, の政弊悪政, の敗退以後, の旧, の旧臣, の時分, の有, の機密, の武将, の武略, の浪人筋, の滅亡, の禄, の経済施政, の能楽役者, の臣, の興亡, の荷駄頭, の血統, の行事, の衰亡, の護り, の質子, の軍旗, の軍機, の遺臣, の重大, の重宝, の鉄則, の鉄砲足軽, はここ, はシケ, は三年前, は亡び, は今, は四隣, は武田流, は織田徳川, は衰亡, は間もなく, へたよっ, へも兵, へ取り入り, より社領, を, を亡ぼそう, を想わざる, 亡びて

▼ 武田さん~ (115, 8.5%)

5 のこと 3 の新しい, は 2 が自分, の傍, の死, の真似, の眼, は南方, は私

1 [90件] が, がいらっしゃいました, がいわゆる, がそう, がジャワ, が三四年前, が今日, が新進作家時代, が書き悩ん, が東京, が死ななけれ, が死ん, が死んだ, が私, が飛ばした, そのままであった, だって変, て可笑しい, でなければ, ともあろう, と一緒, と私, にだって随分, に会う, に似合わぬ, に送る, の, のいない, のお化け, のすすり泣き, のもの, の一生一代, の二十代, の体験談, の写真, の名, の姿, の家, の小説, の小説家, の文章, の書斎, の月評, の机, の正直さ, の無二, の笑い声, の絶筆, の胸, の苦労, の野心, の飛ばそう, の驥尾, はぎょっと, はさ, はそれら, ははっと, はほっと, はむっくり, はやがて, はよく, は何, は元気, は外地, は大阪, は少し, は庶民作家, は戦争前, は知らなかった, は自分, は進取社, は鉛, は飛び上った, ほど何, までが心配, もこの, もそれ, もよく, も悲しく, も気づい, も随分, をしのぶ, を想像, を措い, を模倣, を殺し, を殺した, を見, を訪問, 来て

▼ 武田信玄~ (84, 6.2%)

2 に三方ヶ原, のよう, の一族, も上杉謙信

1 [76件] あること, から, が, があり, がよく, が万軍, が兵, が出馬, が忽然と, が掘り出した, が曾我五郎, が死ん, が海道筋, が自然死, が黙っ, だ, であつ, でなければ, でも, でも手, というもの, と上杉謙信, と両, と国定忠次, と款, と決戦, と豊臣秀吉, と越後, などもう, なの, になる, に仕えた, に十, に攻略, のいる, の一騎討, の下, の全盛期, の在世, の女, の如くあらね, の存生中, の孫, の家法, の家臣, の感状, の手勢, の掘り, の旧蹟, の曾孫, の死, の死骸, の甲州, の精鋭, の総, の老臣高坂弾正信昌, の股肱, の舎弟典厩, の苗裔, の軍勢, はその, はそんな, は久しく, は大挙, は天沢, は太郎義信, は小田原, は徳川方, は飯綱山, もその, も太田道灌, や団十郎, や真田昌幸, をつとめる, を祭っ, を祭つて

▼ 武田博士~ (78, 5.7%)

3 だ, の声, は 2 と清少年, に向っ, は大きな

1 [63件] いよいよ決戦, がそれ, がなん, がやって来た, が勝った, が富士洞窟, が心血, が生き, が苦心惨憺, でもこんな, という造艦大佐, につげ, に僕, に負け, に負けた, に連れられ, の, のつくった, の三人, の作業ぶり, の好敵手フーラー博士, の底力, の弟, の弟子, の情, の愛弟清君, の来る, の潜水艦, の眼, の秘密軍艦, の胸, はうれし, はえらい, はそっと, はわが, はエジソン, はフーラー博士, は一段, は二十世紀科学, は大きく, は専門外, は小手, は岩, は工学博士, は机, は汝ら, は深く, は狼岩, は眼, は絶海, は言葉, は負けなかった, は長く, は飛ん, も姪, も汗, よ, よありがとう, よこれ, よ我, をした, を先頭, を返討

▼ 武田伊那丸~ (64, 4.7%)

4 であった 2 だッ, と小幡民部, の首

1 [54件] がきた, が見えた, じしんが, だ, である, であること, です, といい, というやつ, という小童, という方, とその, との戦の, と従臣, と御旗楯無, と忍剣, にそう, にそちたち, にとって否, に追いまくられ, に龍太郎, のあと, のいたましい, のいる, のす, のふたり, のやつら, の一党, の主従, の兵, の大将座, の形勢, の死, の矢, の諜者, の身内, の身辺, の運命, はいま, はいや, はまえ, はゆらゆら, は折, は留守, は白旗, は眉目, またふたり, やあの, や民部, をご, をも手, を心, を龍太郎, を龍巻

▼ 武田~ (49, 3.6%)

2 の旗本

1 [47件] からの督促, がいつのまにか, が勝った, でも固唾, で聞えた, とし, としては全, とは気づかない, とみれ, と北条勢, にとってたしかに, にとって重要, には馬場信房, に一朝, に囚われ, のこの, のマゴマゴ, の中, の中枢部, の人々, の使者, の侍大将, の内, の加賀見忍剣, の勝, の半分, の合戦, の好餌, の将士, の左翼, の捏造, の敗色, の方, の旌旗, の生色, の砦, の突角, の諸, の軍勢, の軍夫, の輩, の鉄砲組, の陣営, の陣地, はこの, は上流, は巧み

▼ 武田~ (47, 3.5%)

1 [47件] ここへ, この一戦, しかられても, たいていはた, たいてい後者, だまった, ついて, とって, どうかと, ぼんやり煙草, また笑った, まだ食事, ウメ子から, ビールを, 一寸苛ら, 不器用な, 中腰に, 云った, 亡びても, 何かに, 先生の, 厳粛であり, 又上る, 口を, 周章てて, 夢から, 大きく息, 大好評, 婚約した, 屡々やって来た, 常に織田家, 抱かして, 敏子と, 書斎の, 淋しく微笑, 無神経な, 眉根に, 突然そう云った, 立止っ, 落付払っ, 訪ねて, 話を, 赤ん坊の, 越後の, 頑として冷, 首を, 黒ずんだ眼

▼ 武田~ (37, 2.7%)

2 の進出

1 [35件] がさしかかる, が一萬五千, が今庄, が奪回, が早い, との正面衝突, に合体, に囲まれ, に御, に発見, に眞正面, に突きやぶられたら, のもの, の三陣四陣, の倍, の前, の堅甲, の奇襲, の散っ, の末路, の退路, は夜明け, は最初, は箕輪城, は駆け寄っ, は騎馬, もまったく, も乱軍, も信州武州, も名だたる, も手, を向こう, を誘導, を追い, 総敗軍

▼ 武田~ (35, 2.6%)

2 の話

1 [33件] から君等二人, から教えられた, が, がこれ, がほんとに, が一行, が云ってた, が実証, が尾瀬, で大, と二人, と同行, どうした, にそれ, には至極, に鑑定, の, の知人, の精査, の考定, の記事, の詳細, の説ける, は主人, は宝川笠ヶ岳, は小笠原, は早く, は明治三十八年七月, は笈沼, への先生, もいわれし如く, も少し, も恐らく

▼ 武田~ (29, 2.1%)

1 [29件] のっそりはいっ, ひょっこり顔, 一人ぼんやりし, 二十通も, 亡ぼされ六月, 仲間の, 出た, 別れて, 口を, 吉本管理人と, 吉本管理人の, 存する以上, 寝そべって, 小さい声, 居なくなったこと, 帰って, 潜水艦, 激しい神経衰弱, 真面目に, 眼を, 突然まったく突然亡くなっ, 突然笑いだした, 細君を, 股梯子を, 自分の, 荒木に, 親切だった, 訪ねて, 領し

▼ 武田勝頼~ (27, 2.0%)

2 が天目山, の大軍

1 [23件] がこの, が三河, が幽囚, が甘利四郎三郎, その人, といふ人, とは近ごろ, にそう, には仙人壺, に扮する, に通じ, のあいだ, の俊英, の勢, の奸臣, の無二, の行方, の長篠, はよい, は三十, は弱, は父祖数代, は運命

▼ 武田耕雲斎~ (27, 2.0%)

1 [27件] がわづか, が大将, が天狗党, が幕府, が手兵, が押しかけ, が来り, が来る, だけじゃない, だけで, と筑波, に思, に思われ, のごとき, の同勢, の天狗党, の越えた, は将士, は新保宿, は浪士, や藤田小四郎なぞ, を主将, を先陣, を向う, を相手, を諫め, 旧幕府

▼ 武田~ (25, 1.8%)

1 [25件] から考えられ, がひと頃, が云いたかった, が北海道, であつ, との関係, によれ, に与へ, に蚕食, のほか, の一族南部氏, の困, の感服, の武威, の歸農者たち, の滅亡, の裔, の評, はこの, は云われ, は家道, は景憲十一歳, は由緒, を亡, 之ヲ鑿シ徳川氏

▼ 武田麟太郎~ (22, 1.6%)

3 が鰐, の 2

1 [14件] がメチル, が仆, が市井, この大阪, であった, と太宰治, に出会った, の世塵, の作品, の市井小説, の市井的, の風俗描写的リアリズム, は帰来数ヶ月, は西鶴

▼ 武田大佐~ (16, 1.2%)

2 と清少年, は清君

1 [12件] から聞いた, が, が心血, の指揮, の警告, はおどろいた, は大きく, は弟, は意味, は波止場, は立ち上った, への答礼

▼ 武田~ (15, 1.1%)

4 の紋 3 の旗 1 との幔幕, の前立, の名聞, の幕, の幕一はり, の旗印, の金具竜頭, を三つ

▼ 武田麟太郎氏~ (11, 0.8%)

1 [11件] がいう, がその, が或, が私淑, しかもこの, としては三月号, などがよく, のよう, の書く, の月評, は日本文学

▼ 武田~ (10, 0.7%)

1 たより朝倉, なって, なっても, 仕えたが, 使を, 告げ私, 呼びかけ北, 比せば, 迫った由, 逢わなかった

▼ 武田~ (8, 0.6%)

1 して, つかまへて, 亡ぼした人, 内心大いに, 落ちて, 見て, 討ちつい, 贋懲すべき

▼ 武田~ (8, 0.6%)

2 のほう 1 が一時, としての戦い, に擒, の左翼山県三郎兵衛昌景, の衆評, の陣容

▼ 武田~ (7, 0.5%)

1 くらべて, 佐, 女たらしの, 敏子とから, 私は, 織田との, 読めた一行

▼ 武田伊那丸さま~ (7, 0.5%)

1 だ, とその, と知っ, のお, の旗本, の軍勢, へ忠義

▼ 武田先生~ (7, 0.5%)

1 から三年生, が云った, が廻っ, と菊池先生, は大, は急い, も鶏小屋

▼ 武田逍遥軒~ (6, 0.4%)

1 が控え, と共に奥, どの初め, のほう, も大体, をはじめ

▼ 武田一族~ (5, 0.4%)

1 が守る, と伊那四郎勝頼, の最期, や安田義定, を狩りつくす

▼ 武田晴信~ (5, 0.4%)

1 とちがっ, に滅, の子, の晴, の甲軍

▼ 武田~ (5, 0.4%)

2 の軍学 1 が出, の作法どおり, の軍法

▼ 武田神社~ (5, 0.4%)

2 は武田信玄 1 で家内, へ桜, へ櫻

▼ 武田から~ (4, 0.3%)

2 御養子 1 来た養子, 養子致します

▼ 武田義統~ (4, 0.3%)

2 を頼っ 1 などを加え, にたより

▼ 武田重二郎~ (4, 0.3%)

1 は中根, は傳助, は智慧者, を養子

▼ 武田金一郎~ (4, 0.3%)

2 をどう 1 という狐, はしゃんと

▼ 武田さん自身~ (3, 0.2%)

1 であったろう, の口, 言って

▼ 武田~ (3, 0.2%)

1 その方, 俺も, 長篠の

▼ 武田一党~ (3, 0.2%)

1 のため, のまえ, の致命的

▼ 武田一門~ (3, 0.2%)

1 の思い, の死, の霊

▼ 武田伊那丸君~ (3, 0.2%)

1 その余, のお, の付人

▼ 武田信実~ (3, 0.2%)

1 は奇襲, は討ちとった, を討った

▼ 武田信玄公~ (3, 0.2%)

1 におかせられまし, の時代, の身内

▼ 武田四郎勝頼~ (3, 0.2%)

1 その人, でもない, も動ぜぬ

▼ 武田太郎義信~ (3, 0.2%)

1 の一隊, の隊, を主将

▼ 武田家再興~ (3, 0.2%)

1 の夢, の大, の大願

▼ 武田斐三郎~ (3, 0.2%)

1 とでありました, との両人, や貝塚道次郎ら

▼ 武田滅亡~ (3, 0.2%)

1 のさい, の末路, の真因

▼ 武田麟太郎失明せり~ (3, 0.2%)

1 というデマ, という噂, などというデマ

▼ 武田でも~ (2, 0.1%)

2 上杉でも

▼ 武田との~ (2, 0.1%)

1 立場の, 解説に

▼ 武田とは~ (2, 0.1%)

1 以前時々, 最初から

▼ 武田どの~ (2, 0.1%)

1 には実, の残党

▼ 武田などの~ (2, 0.1%)

1 侵略にも, 宗徒の

▼ 武田~ (2, 0.1%)

1 云って, 寄って

▼ 武田よりも~ (2, 0.1%)

1 上杉よりも, 古い家柄

▼ 武田~ (2, 0.1%)

1 のため, の遺族

▼ 武田伊豆~ (2, 0.1%)

1 が例, であった

▼ 武田伊那~ (2, 0.1%)

2 丸さ

▼ 武田信友~ (2, 0.1%)

1 同信光, 同信光等

▼ 武田信繁~ (2, 0.1%)

1 その左, もいた

▼ 武田信賢さん~ (2, 0.1%)

2 に問う

▼ 武田先生下野~ (2, 0.1%)

1 か, 尚吉村

▼ 武田典厩信繁~ (2, 0.1%)

1 であった, はうしろ

▼ 武田再興~ (2, 0.1%)

1 の喜悦, の熱願

▼ 武田勝頼殿~ (2, 0.1%)

1 には有海ヶ原, に仕えた

▼ 武田叔安~ (2, 0.1%)

1 であつ, は天明中

▼ 武田合戦~ (2, 0.1%)

1 の始末, を見物

▼ 武田太郎信義~ (2, 0.1%)

1 どの以下, は次郎忠頼

▼ 武田家滅亡~ (2, 0.1%)

1 いらい寸時, のあと

▼ 武田~ (2, 0.1%)

1 の兼, の兼吉

▼ 武田工学士~ (2, 0.1%)

1 からの招待状, なり

▼ 武田左典厩~ (2, 0.1%)

1 の宏大, の屋敷

▼ 武田左馬~ (2, 0.1%)

1 之介典厩信繁, 之助信豊三四十騎

▼ 武田式機関~ (2, 0.1%)

1 の威力, はぱちぱち

▼ 武田敏夫博士~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 武田本陣~ (2, 0.1%)

2 にあてられた

▼ 武田残党~ (2, 0.1%)

1 の名, の流士蒲生泰軒

▼ 武田殿~ (2, 0.1%)

1 が御内, まで加わっ

▼ 武田源左衛門~ (2, 0.1%)

1 は多年苦役, を祀

▼ 武田~ (2, 0.1%)

1 左衛門の, 平が刺客に

▼ 武田祐吉~ (2, 0.1%)

1 もこの, も論じ

▼ 武田自身~ (2, 0.1%)

1 が形, こそ嘘

▼ 武田藤田ら~ (2, 0.1%)

1 と約した, の手

▼ 武田~ (2, 0.1%)

1 が武相乱入, は身分

▼ 武田越後~ (2, 0.1%)

1 には上杉, の御

▼ 武田逍遙軒~ (2, 0.1%)

1 と共に一, も来援

▼ 武田長兵衛~ (2, 0.1%)

1 から新薬, の薬

▼ 武田~ (2, 0.1%)

1 へさして, を席巻

▼1* [201件]

武田おまえはさっき, 武田くんはお母さん, 武田ごときを潰滅, 武田さまのお家, 武田そのものをも跡かた, 武田おいしっかり, 武田その被官人, 武田であったのを, 武田でねえかな, 武田とが氏元に, 武田とでは本来その, 武田とを諷したので, 武田など数十家の, 武田にとっても九死一生の, 武田にはそれが, 武田にもそれを, 武田へでも知れると, 武田までを外交的機略に, 武田何か, 武田より佐野の, 武田らしく演壇に, 武田ら死罪赦免の儀, 武田をすら打ち破り京都, 武田エンジンがほんとう, 武田フーラーの一騎討, 武田一条などという土豪, 武田一門勝頼以下天目山に滅亡, 武田七郎左衛門等数名の士, 武田上州の那和, 武田上杉の対戦, 武田上杉北条その他の交戦地, 武田上野介などいう, 武田上野介どのにいたる, 武田上野介同左馬之助, 武田類さえ, 武田与党の参加, 武田書生何れへか, 武田両家とも別, 武田久吉博士はシロシャクナゲ, 武田久吉君からの返, 武田久吉氏であった, 武田久松の諸氏, 武田久米片岡滝井里見の諸氏, 武田亡びて後, 武田亡びた後真田は, 武田交来とか笠亭仙果, 武田京極細川上杉斯波などという大名たち, 武田以下浪士全員の引き取り, 武田伊東河越工藤なども陣, 武田伊豆守の先鋒, 武田伊賀の妻, 武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 武田伊賀守はじめ二十四人が死罪, 武田伊賀守隠居謹慎六月一日同じく岡田国老, 武田伊賀忰桃丸八歳とあります, 武田伊那丸これにあり, 武田伊那丸それをお, 武田伊那丸加賀見忍剣木隠龍太郎, 武田伊那丸小太刀をぬい, 武田伊那丸小幡民部そのほか帷幕, 武田信光が好機, 武田信廉の諸, 武田信廉原隼人内藤修理菅沼刑部などの隊, 武田信廉穴山梅雪原昌胤菅沼定直などの三千五百余, 武田信次郎氏から高川邦子女史, 武田信武はついに, 武田信玄コノ城ヘ取懸, 武田信玄三増山の備え, 武田信玄以来の名刹, 武田信玄新蔵の武田勝頼, 武田信玄様という一世, 武田信玄越後の上杉謙信, 武田信虎に従, 武田信虎八千を率い, 武田信豊山県昌景小山田信茂跡部勝資などの旗幟, 武田信豊馬場信房小山田昌行などの二千人, 武田信賢著墓所集覽で谷中長運寺, 武田元明は丹羽長秀, 武田兄弟は走り, 武田先生岡田先生以下の諸氏, 武田先生藤田先生その他も絶対, 武田先生藤田氏以下先輩諸氏を少く, 武田先生藤田氏以下将来有為の先輩, 武田入道が亡くなる, 武田公毛利島津竜造寺そういう奴ばら, 武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 武田典厩信繁どのまた穴山玄蕃, 武田典厩武田逍遥軒武田勝頼一条右衛門武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 武田勝頼あとのふたり, 武田勝頼ほかふたりの従者, 武田勝頼一条右衛門武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 武田勝頼団十郎の向井将監, 武田勝頼様について出陣, 武田勝頼父子典厩信豊その他の一族, 武田勝頼退治の戦功, 武田勢三千その真先, 武田北条以後戦乱に荒れ果て, 武田北条左右に引受け, 武田北條の諸, 武田北畠などの使者, 武田博士苦心の結晶, 武田博士鋼鉄は本多博士, 武田叡山本願寺などの盟国, 武田合同軍もついに, 武田君僕は君, 武田君君は相, 武田君持参の唯一, 武田喜太郎柏原兄弟今川孫二郎なども終始, 武田四郎勝頼ガ此地ニカカラレ候折ノ持舟, 武田四郎勝頼伊那丸の父, 武田四郎勝頼様の御, 武田四郎勝頼父子に会心, 武田塩冶結城宇都宮名和そのほか, 武田大膳太夫信玄入道田夫野人の為, 武田大膳太夫晴信の御, 武田太郎信義たちは葭, 武田孫五郎時風長井大膳河越高重など手負い, 武田家一番の智者, 武田家伝来の名刀般若丸尺七, 武田家出身の甲州武者, 武田家品物の目録書, 武田家城址の濠, 武田家恩顧のともがら, 武田家無二の什宝, 武田家譜代の臣, 武田家重代の軍宝, 武田寿庵の妻, 武田屋馬平品川の幇間富本登, 武田山国田丸らが遺族, 武田島津吉川田口岡本などの諸, 武田左典廐信繁これを受け止めた, 武田左馬助小山田兵衛尉跡部大炊助等も別, 武田幾之助は毒薬, 武田幾之助俄かの腹痛, 武田に取りかえた, 武田式エンジンの秘密, 武田式デーゼル機関は二千五百噸, 武田式家康式でかつ, 武田彦右衛門の忰, 武田徳川のごとく, 武田徳川二氏に依っ, 武田つか, 武田教誨師という, 武田斐三郎それを助ける, 武田方拙者は上杉, 武田方騎馬精鋭の軍勢, 武田晴信入道信玄の首, 武田木兄君が此処, 武田松平織田などの実力, 武田桜桃氏等の催し, 武田にも内々, 武田様藤田様田丸様加多さんはじめをお, 武田様飯田様が御, 武田正憲金平軍之助, 武田武志という人, 武田武志氏は, 武田武者のよう, 武田氏名は準, 武田氏所属の城砦十何ヵ所, 武田氏沒後の移住, 武田氏自身がゴーリキー, 武田氏越後の上杉家, 武田江馬渋谷狩野などの諸, 武田流北條家は北條流, 武田源左衞門といふ者, 武田を鴈治郎, 武田理学博士の農村年中行事, 武田田丸山国藤田諸将, 武田甲斐そのほか幾十将, 武田祐吉博士が, 武田福田等が覇, 武田の属将, 武田耕雲斎はじめ九百余人の脱走者, 武田耕雲斎以下水戸浪士処刑のこと, 武田耕雲斎田丸稲右衛門この二人, 武田芳進堂はその後, 武田薬師寺の軍, 武田製薬の胃薬, 武田譜代の士馬精鋭, 武田軍二萬に對, 武田軍十隊の移動, 武田逍遥軒板垣駿河長坂釣閑真田弾正同じく昌幸, 武田逍遥軒武田勝頼一条右衛門武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 武田造船大佐ノ指揮下, 武田は終る, 武田重二郎様ねそれ, 武田重代の法性, 武田重信の女, 武田鋼鉄を射ちぬく, 武田長春院の家, 武田のあいだ, 武田なきあした哉, 武田駿河の今川氏真, 武田麟太郎さん堀辰雄さん永井龍男さんいずれも花菖蒲, 武田麟太郎三月卅一日朝急逝す, 武田麟太郎君のやう, 武田麟太郎氏急逝す, 武田麟太郎瀧井孝作も釣竿, 武田麟太郎諸氏の新聞小説, 武田麟太郎鰐に食われ, 武田麟太郎黒島伝治窪川稲子その他の人々