青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「武家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

此方~ 此時~ 此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~
武家~
武田~ 武者~ 武蔵~ ~歩 歩~ ~歩い 歩い~ ~歩いた 歩いた~ ~歩き

「武家~」 2445, 26ppm, 4401位

▼ 武家~ (634, 25.9%)

12 出だ 9 出で 6 奉公を 4 出といふ, 娘が, 娘だ, 時代に 3 世に, 出だけに, 奥方らしい, 娘で, 娘と, 娘の, 子どもは, 義理ほど, 髷を

2 [41件] お孃さん, ことだ, ために, 世の中に, 内證事, 出と, 古い墓, 召使らしい, 奉公でも, 奉公も, 女の, 女房が, 女房で, 如くである, 妻が, 姿を, 娘, 娘でも, 娘らしい, 娘を, 娘御, 婦人が, 子どもが, 家風を, 屋形が, 屋敷の, 師匠が, 手に, 揉め事は, 末々まで, 権柄を, 法制は, 生活は, 腰の物と, 表道具, 袂の, 身許が, 邸を, 門でも, 間に, 髷に

1 [482件] あなた方が, ありかた, うるさい客, お下屋敷, お世話を, お供を, お内儀, お娘様, お嬢さま, お嬢さんで, お嬢さんにも, お守なんか, お家騷動なんかに, お家騷動の, お屋敷, お抱えとして, お生れ, お血筋, お部屋, くせに, ことゆえ, ご様子, しかも大身, すがた, すること, たしなみだ, たしなみで, まわりには, やうぢや, やうに, ようだ, ようです, ような, ように, よろい櫃の, イザコザは, モラルは, 一つの, 一人娘だ, 一座でした, 一行は, 一門に, 下に, 下風に, 不平の, 世だ, 世と, 世にな, 世には, 世も, 世渡りに, 世風であった, 中小姓とでも, 中間が, 中間と, 中間ふうの, 主とも, 主人が, 主従らしい, 事をも, 二人, 人気は, 人相を, 仕業では, 代は, 仲を, 仲間などにも, 仲間にも, 仲間の, 伜を, 伝統が, 住居の, 何ぞと, 何物なる, 使命一方, 使用人なる, 侍じゃ, 侍らしく, 俗悪を, 修養から, 側の, 傀儡と, 元服の, 兵法も, 内儀だ, 内儀で, 内儀に, 内儀の, 内儀を, 内職として, 内輪の, 内輪を, 内輪事に, 内輪事へ, 出か, 出ださうですね, 出ださうで今, 出ださうで自慢, 出でも, 出といふだけ, 出には, 出の, 出らしい品, 出戻りであり, 出石樣が, 出身で, 刀は, 切捨御免が, 初めから, 初めに, 初中期, 別邸らしく, 利腕を, 制度でした, 制度確立し, 前で, 前に, 力だけ, 勃興すべて土地の, 勃興朝家の, 勢力と, 勢力を, 匂ひもない, 原士の, 召使か, 吉兆である, 名聞心を, 名門でござる, 命を, 喧嘩に, 噂は, 国から, 地盤は, 地頭に, 型で, 城下とは, 堅苦しい娘, 塀内で, 塵芥, 声では, 夢も, 大名の, 大将一人打ち取, 大逆も, 天罰起請文の, 奉公である, 奉公はも, 奉公人たる者は, 奉公人で, 奉公人として, 奏上では, 奥さんという, 奥向と, 奥方が, 奥方である, 奥方とでも, 奥様で, 奥様でございます, 奥様という, 奥様として, 奧方が, 女か, 女たちだ, 女にも, 女ほど, 女性たちは, 女性の, 女房である, 女房では, 女房と, 女房とは, 女房に, 女房には, 女房らしい, 女房仲間の, 妻として, 妻にも, 妻も, 妻や, 妻女たちが, 妻女なら, 妻女または, 妻女も, 始めに, 姓名を, 姫と, 姫らしい, 威力と, 威力は, 娘だった, 娘だろう, 娘である, 娘でした, 娘では, 娘といふ, 娘な, 娘などに, 娘になんか, 娘は, 娘ゆえあっ, 娘らしく, 娘少しく, 婚礼儀式は, 嬢様だ, 子で, 子である, 子です, 子どもに, 子どもばかりを, 子どもを, 子ども二三人を, 子供たちが, 子供たちを, 子供だ, 子供ばかりに, 子供も, 子供町家の, 子供等に, 子又, 子女ならたしなみ, 子弟が, 子弟などには, 子弟の, 子弟は, 子弟はと, 子息の, 子飼いだった, 学問だ, 学問は, 守護神と, 官位は, 客が, 客に, 客の, 客を, 家だ, 家という, 家へも, 家内に, 家庭では, 家庭の, 家族の, 家来が, 家来と, 家来に, 家風とを, 宿と, 尊崇によって, 小路も, 少年は, 屋敷と, 屋敷を, 屋敷内に, 履くもの, 履物の, 屯へ, 師匠です, 幕府よ, 年寄らしくない, 幽霊が, 式楽とまで, 弓自慢などは, 弟子が, 形づくつた中世, 後ろ姿に, 後ろ姿を, 後室らしい, 後室様であった, 後家で, 後家の, 後援で, 従者は, 御子息, 御息, 御息子様, 御新造としては, 御新造ふうの, 御用の, 御用人, 御用道中に, 思うまま, 恥辱である, 恩賞を, 息女か, 息子だ, 息子や, 惡口な, 惡戯は, 意地や, 愛娘であろう, 愛護を, 感化と, 慣は, 慣わしだった, 懐から, 手から, 手が, 払うの, 扶持を, 招待の, 持ち物に, 持物では, 持物に, 指南所へ, 掟で, 掟などは, 掟を, 政府を, 政治である, 政治には, 教養から, 数を, 文化として, 文学が, 文学と, 新造奧方といつても, 方で, 方でした, 方と, 方に, 方は, 方言と, 旦那っていう, 時が, 暮しが, 暴慢と, 本懐だ, 果だ, 格式の, 格式も, 棟梁, 棟梁たる, 棟梁たる者が, 棟梁と, 棟梁を, 権力政治が, 権威を, 横道を, 次三男, 次男坊が, 正格な, 武断に, 歩きぶりが, 死骸, 死骸を, 殻を, 母や, 沙汰として, 法に, 法典中最も, 流れを, 流行でさえ, 浪人が, 源流と, 為事に, 無条件で, 熱い根気, 熱情が, 爲めに, 物でも, 物語も, 生活という, 生活状態などを, 生活趣味に, 用を, 用人と, 用人といった, 痛ましい封建的, 盛大が, 相身, 眼に, 眼を, 着こんだ裃, 着到は, 知識, 礼儀作法を, 祝言から, 祝言は, 神の, 禄に, 禄を, 禄法を, 秘蔵娘から, 立派な, 端くれみたいな, 端くれ青木, 紛々なんかに, 紛糾といふ, 組屋敷の, 経済は, 経済事情に, 繁栄だけを, 罪である, 美しさ, 義理や, 義理立ての, 羽織の, 羽織は, 習いこういう, 習いで, 老女と, 考えで, 者が, 者の, 耳へ, 肩を, 育ちでも, 背が, 胤だけに, 胸先に, 能狂言に対して, 腹の中が, 膺懲を, 興亡は, 舊藩關係に, 若い娘, 若い者ども, 若党風の, 若殿原には, 落し胤だ, 血を, 表芸と, 表芸術, 袂に, 裏門を, 要求につれて, 覇業と, 覇権の, 親類が, 言葉だけでも, 訴訟から, 註文主ばかり, 語調な, 譏嫌, 譽れでは, 財力それらも, 跡取, 身装を, 身許を, 輿やら, 辻番所には, 迫害に, 通患で, 遊山船だ, 運命を, 道中に, 道中は, 邸つ, 部屋へ, 鎧櫃に, 長屋窓あり, 門の, 門を, 門前に, 門前へ, 間で, 間にも, 関心は, 随身に, 隠居である, 隠居所にでも, 面体には, 面目を, 音物や, 領土返上という, 頤使に, 顏を, 顔を, 顔面を, 顰に, 風が, 飢死が, 飯を, 飼馬と, 飾りとしても, 養子に, 馬鹿息子が, 騎馬上卿たちの, 騷動は, 體面に, 髷などを, 髷節なんざ腐つた

▼ 武家~ (154, 6.3%)

5 勢力を 3 ありました 2 あった, あるから, 住んで, 命がけの, 嫌に, 日本一の, 町人を, 興り貴族, 金を

1 [128件] あつたら, ある, あるなと, あるので, あるもの, うっかり押込, うつかり, おやめ, こちらへ, この一通, これへ, これを, ずいぶん郎党, ずっと這入っ, そばに, できた, はいったろうな, またお出で, みえました, やって来て, わたくしの, ウロウロし, ニコや, ポンポン髷, 一人, 一人さっきから, 一人それを, 一人や, 一人何の, 一人坐っ, 一人殺された, 一人泊っ, 一人襷を, 一人這入, 一向姿, 三人, 三人の, 下りましたが, 世を, 乗って, 二人右と, 二人御, 二人敷居を, 二人村では, 人に, 今度は, 伝統の, 何時の間に戻, 來ました, 信じたが, 俺の, 兩刀を, 内職で, 出て, 刀を, 前に, 又學者達, 可笑しいこと, 右手の, 各, 四人急ぐ, 外から, 大勢落合っ, 天下の, 妻を, 嫌いだ, 嫌ひ, 守れるはず, 実力の, 家内にも, 寺神社の, 川べりの, 店の, 当屋敷, 役者風情を, 往く, 怒ったらどんな, 怒りを, 悪い人, 憎い, 押込んだ, 振り返つて, 掠め占って, 握って, 政権を, 昨夜何處に, 暴い事, 月光に, 来て, 案内され, 権力者と, 次々に, 死にやう, 殺されたといふ, 泊って, 滅多に, 無いで, 町人から, 番頭の, 白雲の, 相手だ, 石焼豆腐で, 祇園御霊会の, 立ちふさがって, 立つて, 系図の, 綱田屋へ, 腰の物を, 腹を, 臆病だ, 臆病だった, 自分の, 臭いといふ, 苦手だ, 薄闇に, 見えました, 質屋の, 足を, 跋扈の, 路傍の, 返り討, 都に, 金子を, 金持の, 門並み持て, 雪駄で, 頭に, 馬術を

▼ 武家屋敷~ (144, 5.9%)

3 がある, が多い, と町家 2 のうち, の中, の中間, の古い, の屋根, の方, の窓, ばかりで, ばかりであった, へ奉公

1 [115件] からは一人, から仲間足軽, から助勢, から少し, から火事, から町家, から盗み出した, から警備, があり, がつづい, が勤まるこった, が立ち並び, が立ち塞が, が続い, すなわち上屋敷, その真ん中, だから, だが, だという, だ切り込んだところ, であった, であったと, であります, でかの, ですらも, でなきア, でも代金, で仲間たち, で場末, で夜桜どころ, で町屋, で門, で門前, という, といふ, とおなじ, となる, とのほか, とは見えなかった, と寺, と聽, なぞには大した, なぞに見られる, などでは絶対, なので, にあるまじき, にはそれぞれ, には腕, に係り合い, に囲まれ, に囲まれた, に奉公, に女ふたり, に育つ, のあいだ, のここかしこ, のこと, のなか, のみにし, のやう, の中間部屋, の主人, の人々, の仕事, の厩, の取りこわされた, の取毀された, の召使, の向う角, の塀, の多い, の大, の奉公人, の奥, の常客, の常識, の座敷, の庭, の早い, の武者窓, の空地, の者共, の若, の跡, の門, の門内, の門前, の門松, の門構え, の間, はおどろ, はことごとく, はだいぶ, は夜, は換え, は苦手, は青葉, ばかり盜, へでも出入り, へむやみ, へ出入り, へ出向く, へ御用, へ連込む, もあり, も寺, も軒なみ, やでなければ, や寺, や旗下, や陣屋, より成る, を攻める, を数える, を違つた世界

▼ 武家~ (120, 4.9%)

3 苦手だ 2 思いの外の, 腹を

1 [113件] あつく礼, いよ, うるさいな, えらく武芸, お目, お眼, お馴染, きつと, これを, さすがに, すぐに, そんなこと, そんな乱暴, そんな事, たしかにあれ, ちっと焦れったく, ちょいと, ちょっと凄い, ちよいと, とにかく庶民百姓, どうかしたら, どうした, ひどく義理, まずことごとく鎌倉, まだ年, むかしの, もう嫌, もう懲, もちろんまだ何, ウンと, メソ, 一刀を, 一寸凄い, 三十二三の, 主人の, 久しい地方生活, 乙松の, 事後において, 付き合いきれねエ, 何にか, 何處の, 余りまいりませんが, 先祖の, 全く困り果てた, 初めての, 勿論長袖, 厭町家の, 双刀, 国々の, 地方の, 城太郎が, 大抵こんな, 天下を, 奥州の, 女としての, 嫌さ, 容赦なく, 常住剣の, 弱いという, 弱いといふ, 徒らに, 心得が, 思ひ出したやう, 恩儀にだけは, 悉く武藝, 悸として, 戌刻半には, 折入, 日本国中に, 本田傳右衞門千石取, 樣子の, 正気が, 武家でも, 武家と, 武家の, 武門の, 殿樣に, 氣が, 水際立って, 河童だろう, 狩獵が, 独自な, 申すに, 町方の, 白い丈夫そう, 百姓町人を, 皆きまり切った, 皆岩見重太郎や, 真実面目な, 知らぬ顔に, 私の, 立ち去って, 立止つて暗, 精けた白米を, 編笠町奴は, 繰返して, 自分の, 莞爾笑っ, 薄情だ, 覆面を, 言はう, 輕く, 農家から, 逃しましたが, 避けること, 長崎以来長崎屋等と, 長州征伐という, 開き直, 防禦工作物と, 非常なる, 駅の, 黒無地の, 黙つて

▼ 武家~ (107, 4.4%)

4 奉公する 3 して, なり度, 育つて 2 しても, 取立てるとは, 縁付いた彼女, 育って

1 [86件] あっては, ありさ, おき武家, おなり, お伝えあっ, お筆, この分霊木, しては, してやりたさ, し度, すること, する手段, すれば, なくて, なって, なりたい口, なると, なるの, よるので, カチッと, 一つ抜かせる, 一度逢わせ, 下移し, 仕える女, 仕える者, 仕官を, 付いて, 伴れられ, 似た人, 出入りした, 切り殺されたこの, 占領された, 及んだ, 取って, 取っては, 取つて, 取立てるとも, 圧せられて, 壓倒され, 多分の, 多年奉公し, 奉公させたい, 奉公し, 奪われて, 好まれたもの, 必要な, 懐いて, 投げられたの, 拜まれちや私は, 授ける官位, 掠めとられて, 次いでは, 武芸十八番の, 氣の, 決つてる, 無遠慮に, 生れ御新造, 盛んで, 相違な, 相違ない, 短歌や, 確保する, 移ったの, 移って, 移つてきた, 縁の, 育ったに, 興味を, 舞い戻って, 見えないこと, 見せた見本, 見つけられて, 見覺, 詫る, 護られて, 豪い権, 身を, 返らねば, 返り咲き度いが中, 逢つて見よう, 還るの, 関した知識, 限らずわれわれ, 限り二本差, 首は, 騙されて

▼ 武家~ (92, 3.8%)

2 が蔭身, で, でご, のお

1 [84件] えお馬, え火, おすごし, おふたり, お一杯, お武家様, お気づかれました, お褒めくだされ, から百姓, があなた様, がありました, がいた, がお, がお立ち寄り, がこんな, がご, がござらっし, がどなた, が一人, が再々, が夫婦, が宿, が山賊退治, が気, が自分, が行っ, が表, が見張っ, が駕籠, だ, でいばっ, でございましたので, でございます, ですが, では, でも, でわたくし共, で人, で宇和島様, とおっしゃられる, とお嬢様, とを舁き載せよ, と来たら, と漁師, と甚内様, どうぞこれ, などとこっそり, などを手中, なの, にお, にお嬢様, にお目にかかっ, にし, にはご, にはそんな, にはどこ, に加勢, に助け, に御, に直接, のお座敷, の奥様, の敵, は下総, は未だ, は江戸, は邪慳, ばかりだ, へはねえ, へ縁, まことに私, まア暫く, みたよう, もお, もしお, もやはり, やお嬢様, をお, を番太郎, を知っ, を見かける, 何となされた, 助けて, 少々

▼ 武家奉公~ (71, 2.9%)

5 をする 4 をし 3 というもの, をした, をすれ 2 の女らしく, をしよう

1 [49件] いたしながら, か, がしたい, が厭, が致したい, したり, して, しながら, するもの, だな, でさえあれ, でへ, でもし, でもする, でも當節, で世間, と違っ, などしない, などは思い, などは思ひ, などは止め, などをし, にあり, に出した, に出す, の出來, の望有, の林之助, の異端者, の身, はもう, は去, は止そう, は面倒, もした, もしたらしい, も出来ぬ, や下女下男奉公, をさせ, をさせる, をしたい, をしはじめた, をと望ん, をやめ, を不安, を好まなかった, を心掛け, を望ん, を致し

▼ 武家~ (63, 2.6%)

5 武家との 3 僧侶との 2 一緒に, 公役との, 申しても, 町人との, 町人の

1 [45件] いうので, いえ彼, いふよりは, いわれる身分, ちがいなかった, ちがって, みて, みての, わかつて, 一致する, 三人の, 中央の, 主人の, 争うこと, 云うもの, 交渉する, 先刻平次の, 公事に, 公卿が, 公卿官人らの, 公家とは, 凄いほど, 同じよう, 同樣, 名の, 坊主を, 思われるやつ, 戦争ばかり, 摺れ違, 田螺和は, 申して, 申してな, 町人, 町人で, 異る, 相對, 結托し, 若い女, 虚位を, 見えるのに, 言い交して, 言つても, 遊び人の, 野良犬はからかは, 雲助との

▼ 武家~ (51, 2.1%)

3 相手に 2 跟けて

1 [46件] あいてに, おびき出したの, お廃め, お斬り, かつぎ込んで, さむら, たのみきょう, つれて, はじめ往来の, よくご覧, 一人睡らせる, 主人に, 乗せたあいつ, 出養生, 利用してやろう, 呼びとめて, 呼び止め腰の物拝見, 問わず払い下げ, 変えその, 大切に, 好いて, 尊敬した, 導き入れさて, 巣鴨の, 店の, 指しました, 描いても, 搜し出さう, 政治から, 救ひ出し, 案内し, 檀那として, 気取って, 泊めなば, 無視しよう, 狙ふ, 玄関先に, 相手の, 篤と見, 蟲の, 見かけて, 親類に, 軽蔑し, 軽蔑する, 郷士もしくは, 野郎呼ば

▼ 武家時代~ (50, 2.0%)

2 になっ, に入

1 [46件] から徳川, があらわれた, さながらの, であるによって, では和歌, でも領主, における農民, にかけてわが国, にかけて次第に, になつて, になります, にはみさき, には所謂, には数学, には盛ん, には通例, に入っ, に入った, に完成, に於ける, に残存, に生まれ, に認められ, に賤, のあ, のこと, の中期, の初め, の初頭, の好み, の寵児, の式目, の思想, の最後二百年, の歴史, の気風, の派手, の研究, の社会, の社会状態, の貴婦人, の鎌倉政府, の饗宴類似の, をひきつい, をもたらした, を忘れかねる

▼ 武家~ (40, 1.6%)

2 のお, のこと, のする, の内輪, の内輪事

1 [30件] からは嫁, からよい, から來, から御, から養子, がございました, だつて, で, では家來, となり, にはどこ, にもあてはまるべき, に御, に門弟, のお腹立, の乘馬, の内輪揉め, の板の間泳ぎ, の立ち, の紛糾, の紛紜, の養子, はお, は明日, は武弁殺伐, ばかりでなく, へ行儀見習奉公, へ降参, も姿, や町人

▼ 武家~ (38, 1.6%)

9 町人も 2 大名とも, 町家も

1 [25件] あって, ありヤハ, お公家, なく幕府, また戦場, ハッと, 交つて居りました, 何んと, 公卿も, 別して旗本衆, 収らない, 多くは, 大どころ, 左官の, 役人も, 御用聞も, 憚かる, 檀家の, 武家に, 武家何んとかの, 気がつかない, 素の, 農家も, 金儲けの, 金持には

▼ 武家~ (38, 1.6%)

2 のお, の女, の娘, の泥棒

1 [30件] いろいろある, かも知れない, でツン, で一刀, で可愛らしい, とが互いにはっきり, とも町家風, なその, なたしなみ, なところ, な作り, な前, な感じ, にし, に化け, に見える, の, のお嬢さん, のしかも, のところ, の刺繍澤山なお振袖, の匂, の匂ひも, の屋敷, の至つて質素, の身だしなみ, の造り, も行司, らしくない女, をまね

▼ 武家政治~ (34, 1.4%)

2 このかた, の時代

1 [30件] がともかく, がどう, が始ま, が崩解, であり源頼朝, というもの, にたいして農民, に依つ, に相違, に頼朝, の基礎, の封建制, の影響, の復興, の時流, の本拠, の継続, の罪, は完成, は百五十年, は終に, もようやく, も徳川時代, や院政, をもつ, を取りもどそう, を根柢, を謳歌, を起す, を開始

▼ 武家~ (31, 1.3%)

4 あつた 2 身分が

1 [25件] あつたらしく田屋三郎兵衞, あんな無宿者, お茂世, こちと, ござりました, ござります, さへ, すらが蓄妾, すらなお, たしなみの, 占領し, 四十五六にも, 土部を, 少し怖い, 手に, 斬られた方, 昔は, 有るか, 朝から, 此方は, 甲府勤番は, 町方には, 腕に, 若し咎められた, 馬から

▼ 武家~ (26, 1.1%)

2 だと, の人

1 [22件] か, が鼻, であらう, であること, である若松屋惣七, という, とは聞い, とばかり氏, とわかります, とわかれ, なの, なん, のため, の家族二百八十家, の少年, の旅, の石川良右衞門, の若い, の西国訛, の許嫁, の馬, らしい母娘

▼ 武家さん~ (25, 1.0%)

2 の娘, の方

1 [21件] がいわない, がどうして, が声, が御, が歩い, が深夜, が見つけ, じゃったん, じゃア, そんな女形一人, だったとね, だって怨み, だ弁天, でへえ, でも, に叱られ, のよう, はお, は少し, らしいとか, をどう

▼ 武家~ (25, 1.0%)

3 といふ, よ

1 [19件] からいつ, からと云っ, からどう, か幇間, が雪, つたかも, つたとも, つたな, つた相だ, つた藤三郎一通り武術の, つた金右衞門は, つた頃の, つて押借の, てえ, とは思った, な, ねお前, よ私, 鍋島様の

▼ 武家~ (21, 0.9%)

2 しきが, しきに

1 [17件] しき, しきで, しきでさえ, しきでは, しきの, しきまでを, 僧家に, 大番の, 御大名方, 浪人どもが, 町人の, 町人ばかりを, 町家の, 百姓町人の, 筆を, 職人ぢや, 龍泉どのにも

▼ 武家さま~ (19, 0.8%)

1 [19件] から毎日, がこの, が我, が鎧櫃, だけに御存じ, ちょいと, でございます, とみえる, どうぞお, なにしろ今夜, につかまっ, に向う, のお供, の武者修業, は腰, へっ思いだしました, も一つ, を縁者, 御無理

▼ 武家~ (19, 0.8%)

2 や公卿衆

1 [17件] がいばっ, が天保銭一枚, が酒, だから相馬大作, と来たら, になった, にゃあ, のため, のみが遊蕩, の兄弟, の席, の泊まり客, はほとんど, は貴, は貴下, ばかり珍, や

▼ 武家には~ (17, 0.7%)

2 奉行衆の

1 [15件] その夕方, 不思議な, 人質を, 何事に, 及ばぬもの, 成す理想, 折敷を, 温順である, 珍らしい, 用も, 相違ありません, 育ちましたが, 違いあるまい, 違ひあるまい, 頭の

▼ 武家育ち~ (16, 0.7%)

1 [16件] か, だから, だけにちがった, であるらしいこと, でも女, で斯ん, といふだけに諸, として人, と思われぬ, の二十七八, の匂い, の張子細工, の教養, の深雪, の私, 槍ひと筋の

▼ 武家でも~ (13, 0.5%)

1 [13件] あること, あんなの, ただの, ないらしい, 内風呂を, 旗本屋敷は, 浪人だらう, 無ければ, 無茶な, 獨り, 男と, 素人の, 覚えて

▼ 武家では~ (12, 0.5%)

1 [12件] ありません, あるまいさだめし, とくに端午, ないか, なくて, 具足びらき町家では, 女は, 折りおりそんな, 昇殿の, 楠木正成名和長年伊賀兼光の, 流鏑馬に, 玄関から

▼ 武家~ (10, 0.4%)

4 町人か 2 商人か 1 え町, 何か, 是れ, 縁の

▼ 武家から~ (10, 0.4%)

2 して 1 にごりを, 今は, 大金を, 始まつて町人, 差上ぐる御用脚で, 抜いて, 本領の, 極端なる

▼ 武家との~ (10, 0.4%)

1 争闘じゃ, 仲を, 戦と, 果し合, 果し合いは, 権力の, 縁組は, 間で, 間に, 間柄の

▼ 武家たち~ (9, 0.4%)

1 が眼, じゃありません, であつ, には目付, に生き, に身, のよう, の意気, もそう

▼ 武家にも~ (9, 0.4%)

2 ない滴る, 町人にも 1 仕えようとは, 其精神の, 多くの, 早う漏れ, 渡されるよう

▼ 武家あがり~ (8, 0.3%)

2 の勘十郎 1 とわかれ, と言つた恰幅, の浪人伝法, の男, の酒屋, の金貸

▼ 武家である~ (8, 0.3%)

2 上に 1 かぎりまたまた, から具足びらき, ということ, のでこういう, のに実隆, 日本左衛門の

▼ 武家上がり~ (8, 0.3%)

1 だそう, だらうが, で二三十本, で切れ者, と百姓上がり, に似, のくせ, の公事師

▼ 武家階級~ (8, 0.3%)

1 が起る, であったろう, に反抗, に附随, のいつわり, の信用, の専用娯楽, の歌舞伎

▼ 武家とは~ (7, 0.3%)

1 いく度と, ふたかしら, まことに厄介もの, 一つの, 似ても, 名ばかり子供達に, 違い袴

▼ 武家~ (6, 0.2%)

2 やない 1 やあと, や十日, や無い, や發

▼ 武家という~ (6, 0.2%)

2 ものが 1 ぐあいに虚名を, のは, 単純な, 形

▼ 武家なら~ (6, 0.2%)

1 たしかにうち, ば二ヵ国三ヵ国, ば腹, ば陣笠, 刀で, 高安平四郎も

▼ 武家~ (6, 0.2%)

1 がどうして, なんて男, に相違, のよう, の嫁入り道具, らしいつつまし

▼ 武家気質~ (6, 0.2%)

1 で仮り, というもの, などであっ, の人物, の失せない, の範疇

▼ 武家町人~ (6, 0.2%)

2 を鏖殺 1 と区別, などの人間性, の選り嫌い, を相手

▼ 武家社会~ (6, 0.2%)

1 からは完全, にやはり, に波及, の上層階級, の定則, へさえ知れ渡っ

▼ 武家といふ~ (5, 0.2%)

1 ぐあひに虚名を, のは, ものが, ものは, やうな

▼ 武家~ (5, 0.2%)

1 お委せねがいたい, 御降嫁, 生れても, 見習奉公に, 辞儀を

▼ 武家らしい~ (5, 0.2%)

1 がお手前, といふ話, な, 潔癖さで, 風俗である

▼ 武家侠客~ (5, 0.2%)

1 があった, で名, の上品無類, の総, や町奴

▼ 武家からも~ (4, 0.2%)

1 尊敬され, 民衆からも, 見離されよう, 重ぜ

▼ 武家それ~ (4, 0.2%)

1 が自分, は大阪表, も小, も小禄

▼ 武家です~ (4, 0.2%)

1 から好う, が今, ぜ, ね

▼ 武家上り~ (4, 0.2%)

1 でかなり, でよく, の主人, の御

▼ 武家姿~ (4, 0.2%)

1 です, ですが, のもの, の実

▼ 武家~ (4, 0.2%)

1 がお, で大藩, に, にお

▼ 武家生活~ (4, 0.2%)

1 に溶け込めず, に立ち戻ろう, の或, の方

▼ 武家言葉~ (4, 0.2%)

1 がとがめる, で嚇します, の残っ, は禁物

▼ 武家ごろ~ (3, 0.1%)

1 が, の頭領, はセセラ

▼ 武家じゃ~ (3, 0.1%)

1 ございませんけ, わいな, 無いが

▼ 武家だった~ (3, 0.1%)

1 し木下弥右衛門, ぜ, 藤三郎一と

▼ 武家だつたさうで~ (3, 0.1%)

1 なか, 大澤傳右衞門お家を, 武藝の

▼ 武家であった~ (3, 0.1%)

1 か, が源兵衛, という話

▼ 武家とも~ (3, 0.1%)

1 つかぬ身扮, 同様に, 町人とも

▼ 武家~ (3, 0.1%)

1 ので編笠, んだい, んという

▼ 武家にばかり~ (3, 0.1%)

1 こだ, 拠って, 眼を

▼ 武家に対して~ (3, 0.1%)

1 寛容さを, 彼らが, 町人の

▼ 武家以外~ (3, 0.1%)

1 に平民, の者, は瓦葺き

▼ 武家~ (3, 0.1%)

1 ひでした, ひの, ひを

▼ 武家崩れ~ (3, 0.1%)

1 で十年, の綱田屋五郎次郎, の非凡

▼ 武家幕府~ (3, 0.1%)

1 が興っ, の創始者, の基幹

▼ 武家法度~ (3, 0.1%)

1 のうち, の固く, をやかましく

▼ 武家統治~ (3, 0.1%)

1 の再興, の自己, も不可能

▼ 武家~ (3, 0.1%)

1 法度, 法度の, 法度を

▼ 武家~ (3, 0.1%)

1 が多い, の門, の風

▼ 武家からの~ (2, 0.1%)

1 差上金が, 注文であった

▼ 武家がた~ (2, 0.1%)

1 では万余, は後醍醐

▼ 武家そだち~ (2, 0.1%)

1 とは思えない, の一本気

▼ 武家だつた~ (2, 0.1%)

1 ぜ, ので一本

▼ 武家でございました~ (2, 0.1%)

1 が容子, 大方浪人の

▼ 武家とか~ (2, 0.1%)

1 出家とか, 浪人とか

▼ 武家として~ (2, 0.1%)

1 いや平, 立派な

▼ 武家としては~ (2, 0.1%)

1 一点も, 冥加この

▼ 武家などは~ (2, 0.1%)

1 急に, 若いせゐ

▼ 武家などを~ (2, 0.1%)

1 招じ, 百人選び

▼ 武家なる~ (2, 0.1%)

1 が故に, ものを

▼ 武家なんて~ (2, 0.1%)

1 いうもの, ものは

▼ 武家による~ (2, 0.1%)

1 よき代, 武家政治を

▼ 武家に対する~ (2, 0.1%)

1 形式的な, 態度が

▼ 武家のみの~ (2, 0.1%)

2 物語では

▼ 武家ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく町人, 狙ひました

▼ 武家ふう~ (2, 0.1%)

1 でしたもの, の姿

▼ 武家ほど~ (2, 0.1%)

1 気の, 氣の

▼ 武家よりも~ (2, 0.1%)

1 安全で, 町人の

▼ 武家一般~ (2, 0.1%)

1 に伝わっ, の犬追物

▼ 武家並びに~ (2, 0.1%)

1 その奉公人, 奉公人

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 の名門, 第一

▼ 武家中心~ (2, 0.1%)

1 の参覲交代, の時

▼ 武家以前~ (2, 0.1%)

1 への暗示, 古くから

▼ 武家仲間~ (2, 0.1%)

1 でも遊歴算家, へも極秘

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 です, と申し上げた

▼ 武家作法~ (2, 0.1%)

1 だし, を踏ん

▼ 武家全盛~ (2, 0.1%)

1 の往時, の時代

▼ 武家六分町人四分~ (2, 0.1%)

2 と言われた

▼ 武家初期~ (2, 0.1%)

1 と中期全体, の結界

▼ 武家勃興~ (2, 0.1%)

1 の時, の機運

▼ 武家及び~ (2, 0.1%)

1 その使用人, 其被官家來さては

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 でないの, ではない

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 も御方, を総

▼ 武家家庭~ (2, 0.1%)

1 では慣い, の型

▼ 武家対立~ (2, 0.1%)

2 の事情

▼ 武家専横~ (2, 0.1%)

1 の世の中, の相

▼ 武家政府~ (2, 0.1%)

1 の地方武士, を賤

▼ 武家文化~ (2, 0.1%)

1 に覆われ, や公卿文化

▼ 武家時代以前~ (2, 0.1%)

1 にまでこの, へ

▼ 武家根性~ (2, 0.1%)

1 がいや, で金銭

▼ 武家様あなた~ (2, 0.1%)

1 は男, 見て

▼ 武家様方~ (2, 0.1%)

1 の守り神, へし

▼ 武家様私~ (2, 0.1%)

1 に限らず, ふぜ

▼ 武家権力~ (2, 0.1%)

1 が崩壊, の崩壊期

▼ 武家氣質~ (2, 0.1%)

1 が出, は違つた世界

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 の唱える, は自家弁護

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 は決して, は観察

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 がある, で丸の内本丸

▼ 武家相手~ (2, 0.1%)

1 に高利, の容易

▼ 武家自体~ (2, 0.1%)

1 からの腐敗, の力

▼ 武家郎党~ (2, 0.1%)

1 ではあるまい, の端

▼ 武家長屋~ (2, 0.1%)

1 がそのまま, の外壁

▼ 武家~ (2, 0.1%)

1 に触れた, は違った

▼1* [245件]

武家あぶねえ, 武家ぢめの, 武家いずれも中年, 武家武家, 武家おれに尾, 武家おろかしき者は, 武家お待ちちょっとお待ち, 武家お抱えとなっ, 武家からは武神として, 武家くずれだという, 武家くらゐには, 武家ぐれ旗本をも, 武家こそこれも, 武家ことばが出, 武家ごろ医者風旦那てい, 武家へ心得候, 武家さだめし我の, 武家さまたちの仰せ, 武家さま堪忍して, 武家さま失礼なこと, 武家さま斯様な人, 武家さま江戸で顔, 武家さんおれたちはこうして, 武家さんひとつこの屋根, 武家さん中を見た, 武家さーん, 武家しばらくおとどまり下さい, 武家がた, 武家すなわち農家であった, 武家すら政権と, 武家すらも心ある, 武家そだちらしいぞと冗談, 武家その濫吹を, 武家それなら頼まない三人一緒, 武家だけで天下, 武家だけにあの人, 武家だけは膝も, 武家だの親類先の, 武家だらうから神田中, 武家だろうと人々, 武家ちとお話が, 武家づくりの玄関, 武家でありながら政権, 武家であろうがの, 武家でございますよ, 武家でござるまことの, 武家でござろうな, 武家でして私, 武家でなくてもそう, 武家でなければ治まらなかった, 武家とかの袂へ, 武家としての生活に, 武家と共に亡びるつまり, 武家どもに平氏討伐, 武家どもみな礼を以て輦, 武家などという柄じゃ, 武家などにはどうも附き, 武家ならざるはない, 武家なれば目づもりでも, 武家なんか大きらい, 武家にさえあの態, 武家について半七, 武家にても極難儀, 武家になつて之を, 武家によつて創められた, 武家によって世の中が, 武家に対してはもとより百姓, 武家に関することである, 武家のみならず主上, 武家はんを用心棒, 武家ばかりが人間の, 武家ばかりをきびしく吟味, 武家への応待に, 武家までが雪駄を, 武家みな野人だ, 武家より被仰, 武家らしさは, 武家らしきお人, 武家らしく言葉使いも, 武家をさえ罵って, 武家をば一遍に, 武家ニモ似ヌ, 武家一人や半分, 武家一刀を提げ, 武家上りださうで腕が, 武家上流の間, 武家世上ではそんな, 武家世代を通じ, 武家中根鉄太郎は斬られ, 武家争覇の頃, 武家二人を相手, 武家二本差しなら大園寺, 武家五変と節目, 武家以上かたいもの, 武家住居のよう, 武家何んとかの守, 武家何処へ行きなさる, 武家何某夢中にお, 武家侠客御曹子の名, 武家侠客深見重左の身内, 武家とのはなしあい, 武家僧侶貴族階級の中世思想, 武家先ず十中八九, 武家全般の時風, 武家六分と言われる, 武家の常識, 武家兼農家の主, 武家老懸, 武家出ときている, 武家出身の僧侶, 武家制度を組ん, 武家勤めはできない, 武家口調がぬけてない, 武家同士をお互い, 武家は何, 武家商人らつつしみ並びいる, 武家地頭への, 武家の唄, 武家士民まで入寮寄宿等, 武家に三人, 武家多勢の髷, 武家大同のその, 武家大名の私生活, 武家大番組の御, 武家天下の地頭制, 武家女房しか出来ず, 武家好色の大, 武家宮方の両派, 武家家族として共々, 武家宿には特に, 武家屋敷内の出来事, 武家屋敷出入の骨董屋, 武家屋敷片側は大川, 武家屋敷長屋の壁, 武家山本氏某若かりし, 武家廃藩置県の大, 武家式事ぞ, 武家式封建は一千余年, 武家ばかりの木戸, 武家必死の勢ひで平次, 武家志願をさせ, 武家息子らしい風骨, 武家息子たちのうち, 武家情趣を持つ, 武家意志なるもの, 武家でござっ, 武家扮装の一座, 武家持ちで辻番, 武家操縦をねらう, 武家支配を抑える, 武家支配下の守護地頭, 武家支配者を迎, 武家改めをやり出しました, 武家政権を固執, 武家政治創始以来さなきだに, 武家政治時代というもの, 武家政道の歴史, 武家数千人が列し, 武家方ぢやございません, 武家方町家の子, 武家方言と言, 武家旗本の屋敷, 武家時代以後次第に盛ん, 武家時代婦人の生活, 武家暮しの間, 武家最上の任, 武家朝時代が顕れよう, 武家末期の四半, 武家柴田文内の方, 武家格式の長袖, 武家極道の両雄, 武家構えの窓先, 武家様いかがでございました, 武家様お前様はあの, 武家様お待ちなすって, 武家様このごろ都の盗賊, 武家様ごらんあそばせまあ, 武家様そこではお, 武家様たちと拝見, 武家様どこかへお送り, 武家様わたくしは怪しい, 武家様今から草鞋, 武家様今日は, 武家様其処は道, 武家様失礼ながら大分御酒, 武家様妾悪人ではございません, 武家様昔からこの, 武家様此の笊, 武家権門の輩, 武家機構とその, 武家歌人としてすべて勅撰集, 武家武士の家, 武家武術の表芸, 武家気質そのものが個人, 武家法度十五ヶ条で大名旗本, 武家然るべき品も, 武家物語の重, 武家特ニ之レ, 武家玄関なの, 武家珍しいものを, 武家生まれの巽, 武家生れだったが, 武家生活時代に世過ぎ, 武家町人らの百姓地, 武家町家ではもう, 武家町家いちめんの火, 武家町家ともにこけ, 武家町方百姓の人出, 武家発生の故郷, 武家百石取りの御家人, 武家盛んなる時, 武家盛衰記諸家興廃記翁草等の記す, 武家も鼻, 武家社交界の中心, 武家社会一面の大, 武家私慾と爭氣, 武家移動以来優れた異郷人, 武家からも依頼, 武家筋おまえの手の筋, 武家精神は早く, 武家累代の重宝, 武家統一の幕府造成, 武家義理それから永代蔵, 武家義理物語の中, 武家羽織の紐, 武家であるから, 武家育ちらしい堅苦しさ, 武家育ちらしくたしなみのよ, 武家自らもわが身, 武家興隆の時勢, 武家華族の家, 武家衆様泊るならこっち, 武家記録の皆無, 武家豪族どもが争っ, 武家貴族の生活, 武家跋扈より来る, 武家辞宜の口状, 武家通りを人知れず, 武家造りの門, 武家達所司代詰の役人共, 武家階級原士という一族, 武家をし, 武家のある, 武家高家の零落流行, 武家高麗村へ御