青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「松本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~東 東~ ~東京 東京~ 東北~ 東洋~ 東西~ ~松 松~ 松平~
松本~
~板 板~ ~枕 枕~ 枕元~ ~林 林~ 林檎~ 枚~ ~果

「松本~」 1042, 11ppm, 10010位

▼ 松本~ (141, 13.5%)

5 顔を 3 城下へ, 家は, 方へ, 浅間の, 深志の 2 市中から, 市中へ, 市街が, 町へ, 眼玉の, 言葉を, 顔は

1 [107件] あたりにも, きびしい監視, こういう批評, ことで, ことなど, ことなんかも, ことは, ことを, そういう所置, そばには, ために, パイプであった, 下宿で, 両総裁, 中学校に, 二人の, 云う事, 人, 人飯田の, 代官所から, 何という, 何者なる, 分は, 前で, 前屈みの, 叔父から, 叔父でさえ, 叔父は, 叔父を, 名刺を, 在至って, 城の, 城下に, 城下には, 城下は, 城下へは, 城下を, 城下町へとも, 城主松平丹波守光行の, 塩祭りへ, 女房が, 好きな, 子では, 子分と, 学校の, 家の, 家ばかり, 家へ, 宿へ, 寄り合いで, 市中に, 平野へ, 役を, 所有だった, 手垢が, 批評に, 持田に, 支配を, 方で, 方の, 旦那あ, 旦那も, 時とも, 暴論も, 書斎の, 様子に, 横顔に, 次ぎは, 汽車弁当, 浅間温泉に, 渡舟鈴鹿山の, 渡船場へ, 理由は, 田中磐君という, 田植ゑの, 町の, 町はずれで, 町を, 病院から, 眼つきを, 示したもの, 立場を, 綺麗に, 老人とを, 胸に, 船渡しから, 芝居小屋で, 草鞋を, 藤江正明翁が, 藤江正明老人は, 虎, 西南栗林村に, 親爺も, 言と, 評判が, 話, 諸藩, 講演会で, 農学校に, 過去を, 鉱毒談であった, 長の, 青山様も, 顔が, 顔の, 願いとしては, 風采なり

▼ 松本~ (105, 10.1%)

2 私に

1 [103件] あきれた, あわてて, きっぱりした, きっぱり答えた, しばらく思案, そうきいた, その藝者, そもそも何者, それが, そんな事, ただ苦笑い, ちょうど誰, ちらと, なかなか承知, はたして敬太郎, ふと口, ふと言った, ほとんどいつもの, またやって来, また奥, また狼煙, また誰, まだ釈然, ニヤリと, 一人で, 一寸考え, 一寸驚いた, 云った, 何とも, 何にも, 余り唐突, 偶然, 先刻手帳に, 全く下らな, 勿論, 千代子に, 咄嗟に, 咳一咳しつ, 坂田を, 坊さんを, 大きな火鉢, 大阪は, 始めて, 室の, 寒々と, 少しも, 帰京し, 平然として, 御前そんなに, 忘れて, 怒りだしました, 急いで, 愈々激昂, 意味あり, 感心する, 手を, 拳を, 昂然として, 昂然会衆を, 晩酌を, 暫くし, 曇天, 松本で, 死体の, 気が, 沸騰する, 猛然として, 甫めて, 田口と, 田口を, 番小屋から, 疾呼大声す, 白張の, 睨みつ, 私が, 立ち上った, 笑って, 答えた, 素人料簡で, 絶叫せり, 腑に, 腕組を, 自分の, 若い丈, 苦しそう, 菓子と, 言葉なかばに, 話の, 議席を, 躍り上つて, 轎扉に, 近い親類, 近郷に, 追いかけて, 透き徹る, 通を, 連れの, 遮りぬ, 開戦の, 附け加, 青くなっ, 飛鳥の, 黙って

▼ 松本さん~ (51, 4.9%)

3 は私 2 のところ, の奥さん

1 [44件] あの人, か, が厭, が来た, が私, が船長, だけが小屋, です, で日ソ国交恢復当時, とキシさん, と姓, と懇意, なら私, に云わせる, に向っ, に心配さし, に話せ, のアトリエ, の下宿, の仰, の店, の心, の所, の肖像, はあなた, はいや, はいらっしゃりゃしません, はうま, はひどく, は入, は喫驚, は変, は早く, は昼, は非常, は頑固, へゆき, も私, も立つ, や一郎, をこちら, を愛してる, を誘惑, 何もかも許し

▼ 松本~ (35, 3.4%)

2 ふいに

1 [33件] ああ好い, きいた, その時, どういうつもり, どうしよう, ひょっこりやって来た, びっくりし, また口, また女, やって来た転末, やって来て, やって来ても, やって来ないこと, 不思議そうな, 予定であった, 云うの, 云った, 代行し, 例の, 保さんに, 再び元気, 叔父という, 口を, 周章て起たんと, 寄宿舎に, 寝ついてるもの, 強いてこの, 彼らの, 慌しく駆け込ん, 隣室から, 雨の, 須永に対して, 頭を

▼ 松本~ (31, 3.0%)

1 [31件] そういう話, やり込められたの, 一つの, 二人の, 会いに, 会う機会, 会えないよろしく, 会えると, 会って, 似た男, 住んで, 余り歯が, 出て, 出まして, 出ること, 御前も, 抜け立山, 挨拶し, 杯を, 渡した, 終る幾席, 至りさらに, 草鞋を, 藤江正明老人という, 語つてゐる, 走らしめた, 転任し, 返そう, 返そうかと, 通じたの, 逢うと

▼ 松本から~ (30, 2.9%)

2 信濃鉄道に, 島々までの, 島々を, 貸切りで

1 [22件] これへ, サイ川づたいに信濃川本流へ, 一人それに, 一日で, 一通の, 七里も, 三河尾張の, 上京された, 中房, 乗合で, 來て, 前の, 北へ, 大町まで, 島々の, 村井へ, 東京へ, 洗馬奈良井を, 浅見君は, 聞いた所, 訪ねて, 電話が

▼ 松本~ (30, 2.9%)

3 を愛してる 2 と私

1 [25件] が, が来, だって聞いた, だらうが, と人力車上, と共に辻聴花先生, と其処, と味, と法師温泉, と燧岳, と申し合せた, と行先, なんかあの, に宿, に迎えられ, に頼ん, の動議, の只今, の如き, の指摘, はその, はどうして, へ葉書, をすすめ, 余りに意外

▼ 松本~ (28, 2.7%)

2 出る路, 帰ると

1 [24件] 入り込んだ道庵, 出たが, 出たら浅間, 出て, 出るあの, 出るだろうな, 出頭する, 向わんと, 嶮を, 帰るの, 帰るん, 戻ったの, 来て, 海老蔵が, 用が, 直通した, 着いたら市中, 着く, 立つとか, 行かっしゃる, 行かつし, 行ったらぜひ, 講演に, 飛んで

▼ 松本~ (25, 2.4%)

1 [25件] がああ, が三々九度, が急, が拒絶, が生涯, が自, にとっては幸福, に診察, に負, に関しては探偵小説, のよう, の俤, の希望, の年, の性質, の感想, の本質, の栄子さん, の気, の画塾, の純情, はまじり気, は私たち, もあわれだ, も同じ

▼ 松本~ (23, 2.2%)

2 経て

1 [21件] ただ舶来, めざして, ゆっくりと, 中心としての, 中心に, 出でて, 出発いたしました, 去ること, 大将に, 始め供, 待ち合わした例, 待ち合わせて, 想像し, 所在地と, 指して, 振り返った, 暫しとばかり, 睨視しつ, 見て, 見ると, 顧みて

▼ 松本~ (20, 1.9%)

2 の遠く

1 [18件] から北西, から大町, から島々村, から来, から越後, から遠く, で汽車, とその, に開かれた, の中学校, の新聞社, の方, の熊沢利吉氏, の附近, は今, は古い, へ出, より高橋希人君

▼ 松本~ (20, 1.9%)

2 を前

1 [18件] から仰望, から北アルプス, から振り仰ぐ, から見あげられる, から間近く, で名だたる, とも違い, に向っ, のもの, の倉科様, の北端明科あたり, の山河, の方, の西, へ下りました, へ出る, へ吹き抜ける, へ帰る

▼ 松本~ (12, 1.2%)

1 [12件] で初, で開かれた, に上り, に押し上り, に満月, に登る, に程, の主人, の子飼い, の屋台骨, の庭前, まで来

▼ 松本まで~ (11, 1.1%)

1 [11件] お祭の, でも, やって来て, 一里十八町を, 参りましょう, 帰らねば, 彼が, 後に, 月の, 行って, 送って

▼ 松本伊豆守~ (11, 1.1%)

2 に引き上げられた 1 から五個, が献上箱, が頻りに, なの, の別邸, の用人, は得意そう, へ用人, へ納める

▼ 松本~ (10, 1.0%)

2 聞いて 1 いっしょに, それから松本, どうして一緒, 並んで, 光子との, 光子よ, 篠の, 須永と

▼ 松本~ (10, 1.0%)

1 が丸坊主, の南方, の右手, の頂上附近, は一挙, は丸坊主, は悲惨, は標高二三九メートル, へ登った, を眼下

▼ 松本~ (9, 0.9%)

1 そんなこと, 一泊した, 十二時まで, 城を, 小さい馬車, 泊まったの, 真綿を, 降りるつもり, 顔を

▼ 松本学氏~ (9, 0.9%)

1 が文芸懇話会, が警保局長, などを中心, によって, のよう, の如き, の後押し, の手, はどう

▼ 松本~ (9, 0.9%)

1 から離れ, には池, の酒庫, の門前, の隣り, は在る, へやって来る, へ行っ, を彼

▼ 松本~ (9, 0.9%)

2 の編纂 1 からも応援, で黒川, の人, の出兵, の医, の家来, の家老水野新左衛門

▼ 松本重雄~ (9, 0.9%)

1 がボーシン, が声, が子分連中, の緊張, の飯代部屋, はしっかり, は玉井組, をはじめ, 小炭坑主

▼ 松本という~ (8, 0.8%)

1 予審判事は, 人が, 人には, 人の, 名前だけ, 男から, 男は, 男を

▼ 松本~ (8, 0.8%)

1 が追い追い, と力, の宿泊, の手, の通行, の陣地, も戦い, を指揮

▼ 松本先生~ (7, 0.7%)

1 が然, などがお, には君, に手当, に申しあげる, のお, も仰せられた

▼ 松本千重子~ (7, 0.7%)

2 の面影 1 との愛情, に不安, に愛情, に電話, の空色

▼ 松本幸四郎~ (7, 0.7%)

1 が歌劇, が高麗格子, と共に立役, と改名, などもひとえに, の父, の甥

▼ 松本~ (6, 0.6%)

3 勢の 1 勢は, 勢を, 藩の

▼ 松本~ (6, 0.6%)

1 太郎, 太郎さんなどの, 太郎なども, 太郎に, 太郎君は, 太郎君も

▼ 松本~ (6, 0.6%)

3 の家 1 に住ん, の前川久太夫, を散歩

▼ 松本英子~ (6, 0.6%)

1 が声, が心覚え, と云, は思わず, を加え, を残し

▼ 松本~ (6, 0.6%)

1 から佐久, でも聞く, の御, の豊饒, まで行っ, をさして

▼ 松本順造~ (6, 0.6%)

1 が休らっ, だった, とは昔, の病気, はもう, は北村

▼ 松本あたり~ (5, 0.5%)

1 からこの, から雇う, の温泉, はまだ, を思ひださせる

▼ 松本といふ~ (5, 0.5%)

4 宿屋に 1 差配が

▼ 松本備前守~ (5, 0.5%)

2 とか富田勢源 1 の刀系, もまだ, を初め

▼ 松本~ (5, 0.5%)

1 にては本年, の持参, の重役, ばかりでなく, もさんざん

▼ 松本方面~ (5, 0.5%)

1 から飄然, だろう, への抜け, へ下山, へ赴いた

▼ 松本烝治~ (5, 0.5%)

1 がどこ, が加わった, だけが五十円, だった, の父君

▼ 松本までの~ (4, 0.4%)

2 車を 1 中央線は, 切符を

▼ 松本~ (4, 0.4%)

1 あぶないこと, いきなり当時, そんな地盤, 千代子も

▼ 松本~ (4, 0.4%)

1 に住む, に戦地, の嫁ぎ, まで帰る

▼ 松本甲子蔵~ (4, 0.4%)

1 がこれ, であった, の妹, は優善

▼ 松本~ (4, 0.4%)

1 しきゃね, それからこれ, に乗換え, の列車

▼ 松本さん夫婦~ (3, 0.3%)

1 のほか, は心配, も下野一郎

▼ 松本~ (3, 0.3%)

2 光子や 1 米山保三郎など

▼ 松本伊豆守様~ (3, 0.3%)

1 からが一番注文, とおっしゃいます, の罪

▼ 松本城下~ (3, 0.3%)

1 に泊り, に浅間, を見

▼ 松本外記~ (3, 0.3%)

1 に頼まれた, は出仕, もそう

▼ 松本泰氏~ (3, 0.3%)

1 こういう人達, とが新進作家, と会った

▼ 松本~ (3, 0.3%)

1 の与党, の主張, 来る筈

▼ 松本良順~ (3, 0.3%)

1 など手古摺っ, なんていう, の邸

▼ 松本英一~ (3, 0.3%)

1 が村役場, の家, は縷々

▼ 松本附近~ (3, 0.3%)

1 である神社, では人, のよう

▼ 松本雄次郎~ (3, 0.3%)

1 だツ, などだ, も行つて

▼ 松本~ (2, 0.2%)

1 とかいう老人, ね

▼ 松本って~ (2, 0.2%)

1 うちへ, のへ

▼ 松本です~ (2, 0.2%)

1 がと云う, と思わず云っ

▼ 松本には~ (2, 0.2%)

1 この節, 十三に

▼ 松本にも~ (2, 0.2%)

1 お医者, また静岡

▼ 松本までは~ (2, 0.2%)

1 二十里三十里である, 覚束ない

▼ 松本~ (2, 0.2%)

1 で午餐, に臨時大会

▼ 松本代議士~ (2, 0.2%)

1 に通訳, を演壇

▼ 松本~ (2, 0.2%)

1 商相が, 警保局長と

▼ 松本四郎~ (2, 0.2%)

1 のこと, の三名

▼ 松本~ (2, 0.2%)

1 の天守, を前景

▼ 松本夫婦~ (2, 0.2%)

1 の手, は取っ

▼ 松本奎堂~ (2, 0.2%)

1 であったこと, の意気

▼ 松本平方面~ (2, 0.2%)

1 に出られた, へ行商

▼ 松本恒三様~ (2, 0.2%)

1 と大きく, の五字

▼ 松本~ (2, 0.2%)

1 八郎氏野村胡堂氏石坂洋次郎氏佐佐木茂索氏川口松太郎氏村山知義氏, 銭座の

▼ 松本楓湖~ (2, 0.2%)

1 で菊池容齋門下, という絵師

▼ 松本治一郎氏~ (2, 0.2%)

1 が開院式, の天皇制

▼ 松本治子~ (2, 0.2%)

1 とてかれ, と田宮峰二郎

▼ 松本法城~ (2, 0.2%)

1 は結婚以来, も

▼ 松本浅間温泉たか~ (2, 0.2%)

2 の湯

▼ 松本~ (2, 0.2%)

2 之介

▼ 松本良順先生~ (2, 0.2%)

1 が仰せられた, のお

▼ 松本藩士~ (2, 0.2%)

1 であつ, で儒官

▼ 松本街道~ (2, 0.2%)

1 なの, の一本道

▼1* [198件]

松本あるいはやや遠く, 松本貞さんの, 松本からは島々を, 松本たのんで, 松本さんあなたは恐るべき, 松本さんそれでいい, 松本さん夫婦チヨ子とキシさん, 松本さん所へ持ちこみました, 松本さん福島さん郷土研究家の林鼓浪さんたち, 松本え人, 松本では百姓に, 松本とか又は大町, 松本とかいう言葉に, 松本ときましては時々, 松本との話を, 松本どころでは, 松本のよ, 松本など勿論駄目, 松本などでは現在は, 松本などには盆の, 松本なにがしがみずから, 松本について見ても, 松本にて昼餉した, 松本に対して皮肉な, 松本に対する嫉妬も, 松本はなんぞあったん, 松本へと徳本峠を, 松本への廻り道が, 松本まだ沢山ありましたが, 松本より加納に, 松本一人が小屋, 松本万年は新橋雑記, 松本三左衛門どの肝煎の小川氏, 松本下車いやにあたたかい, 松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 松本主税といったところ, 松本主義に立つ, 松本二中の先生岸様, 松本交山を深川富, 松本交山狩野晏川月岡芳年柴田是真鳥居清満辻花雪福島隣春四方梅彦がある, 松本が言, 松本付近では桔梗ヶ原, 松本以外の支庁, 松本以来の訓導小倉啓助, 松本伊豆守殿が今日, 松本伝平氏の場合, 松本佐瀬富田等が心変り, 松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 松本俊蔵高野長右衛門松本主税といったところ, 松本信広氏らが最も, 松本健三翁の追善能, 松本克平嵯峨善兵島公靖その他の人々, 松本兵部すなわち西上野先方衆, 松本内藤の諸, 松本出雲等流石に本場, 松本加納間を百二十五マイル, 松本之丞, 松本勝造の一家, 松本北村春川堺の肥下, 松本半田安河, 松本博士などからも何, 松本吉右衞門松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 松本吉蔵と野中彦四郎, 松本吉蔵野中彦四郎永島与八栃木県では渡瀬村, 松本君君は尚, 松本君喜多君徳川君等と一緒, 松本善二君と倶, 松本善光寺又は飯田高遠あたり, 松本善光寺上田などを打っ, 松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 松本喜一ト相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 松本喜一氏に謀られ, 松本喜三郎の西国三十三番観音, 松本喜八郎氏など名品, 松本四時半過ぎの汽車, 松本国五郎等がある, 松本地方のものづくり, 松本地方諏訪地方伊那木曾地方は冬, 松本堀井杉山曾我植松大工作兵衛猟師金助美吉屋五郎兵衛瀬田の中間, 松本士権のごとき, 松本夫人の邸宅, 松本夫妻の殆, 松本時という, 松本奎堂あたりに説かれ, 松本奎堂らの浪士, 松本奎堂河上弥市吉田稔麿藤田小四郎武田伊賀入江九一坂本龍馬中岡慎太郎その他無数である, 松本奎堂藤本鉄石なんていう, 松本奎堂藤本鉄石吉村寅太郎の領袖, 松本奎堂藤本鉄石吉村寅太郎らの勇士, 松本学氏談として帝国芸術院, 松本宮村町瑞昌寺それが師範学科, 松本寿太夫と云う, 松本小四郎富沢半三郎小川善五郎早川伝五郎沢村宗十郎大谷広治ら, 松本小次郎の二人, 松本屋忠左衛門のせがれ, 松本を越え, 松本市五〇聯隊留守隊第二中隊召集兵, 松本市外の村, 松本常吉は起ち, 松本常吉二人を対手, 松本幸四郎仲藏菊之丞などの似, 松本幸四郎市川男女蔵瀬川菊之丞岩井半四郎は云う, 松本弘二氏にドイツ, 松本弘庵など俊秀, 松本忠作等を南蛮, 松本恵子等の翻訳家, 松本愛重博士などと一緒, 松本文三郎博士が已に, 松本文三郎松本亦太郎さん, 松本文粋新発田の寺崎某, 松本方三百五十人への一度分, 松本日報の川島君, 松本村越の家, 松本松玉の講釈, 松本松蔵氏に一つ, 松本某氏の藏, 松本というもの, 松本楓湖先生のこと, 松本槍吉君だったと, 松本に待たせ, 松本正夫故土肥庸, 松本正雄というひと, 松本殿の用人, 松本氏亡き後の歌舞妓, 松本河西夫人八田岩崎に見送られ, 松本治一郎と対比, 松本治一郎河野密西尾末広水谷長三郎氏が集まり, 松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 松本泰氏江戸川乱歩氏横溝正史氏アーサーリーヴチェスタトンビーストンウェルシーニンというよう, 松本泰等の諸氏, 松本清張えがく古手刑事, 松本清張氏が見え, 松本烝治君なり, 松本狂歌の宗匠梅屋鶴寿等, 松本玉汗と呼び, 松本男爵の東京, 松本町十二番地の家, 松本の上り, 松本発信鉄にて七時三分大町着, 松本発十九時三十八分で帰る, 松本盛三郎茂呂近助, 松本監獄へ入, 松本県立病院に入院加療中, 松本ただちに島々, 松本秀造という人, 松本一の, 松本米三郎の如き, 松本総裁は牧岡氏, 松本美保子渡辺友次沢田栄一四氏の編集記事, 松本能登三瀬越には大塚權兵衞, 松本自身鉄工所の一人息子, 松本若くは和田, 松本英一氏へ向け, 松本英一設楽常八, 松本英子木脇その子木下操子三輪田真佐子島田信子という顔ぶれ, 松本英彦ピアノの中村八大, 松本英忠氏という, 松本英忠氏及前にいった, 松本荘一郎でいつか, 松本董斎に学んだ, 松本蒸治東畑精一等の諸氏, 松本藩主松平丹波守から派遣, 松本行一つは尾張, 松本行一枚くだせえ, 松本裁判所の裏門, 松本覚人槙原覚河西満薫有吉義弥高橋長春常盤の主人岩崎盛太郎, 松本訓導という優しい, 松本警保局長は益々, 松本議員の方, 松本身内の吉江様, 松本農学博士に調べ, 松本近在にその, 松本通信部で新聞, 松本道別は佐々木作樂氏, 松本道別飄然として來, 松本重太郎氏が老年, 松本重治君の話, 松本金太郎の姻戚, 松本金太郎叔父てき, 松本金太郎君はどこ, 松本金太郎翁を推挙, 松本錦糸市川寿美八沢村紀久八などという顔触れ, 松本であつ, 松本長吉方二三軒に過ぎず, 松本隣太夫天満五丁目の商人阿部長助, 松本隣太夫茨田軍次白井儀次郎入門す, 松本雄次郎右は濱野繁太郎, 松本音楽隊の練習, 松本という人, 松本順三と云う, 松本順先生がまるで, 松本なぞで, 松本館長の式辭, 松本馨って名刺, 松本からすぐ, 松本駅前の旅館, 松本駒次郎抄訳の, 松本龍太郎さんにいろ