青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「武~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~此 此~ ~此処 此処~ ~此方 此方~ 此時~ 此等~ 此處~ 此頃~
武~
~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~ 武者~ 武蔵~ ~歩 歩~

「武~」 3323, 36ppm, 3254位

▼ 武~ (205, 6.2%)

5 家の 4 家に 3 家へ, 峰の, 道

2 [17件] 一行は, 中興, 名が, 字を, 家は, 山霧しげみかも, 峰で, 峰に, 帝の, 御新政, 昔二条河原の, 末に, 道の, 銅尺にて, 頃には, 顔は, 顔を

1 [153件] あいだに, いうこと, おそろしい死骸, ためしばしば, ひとつ儒学や, 一人で, 下に, 世から, 中興が, 中興と, 中興に, 中興は, 中興成り, 九年を以て, 事について, 二十三か, 亡骸であった, 人々維新の, 伝統ある, 伝統と, 作で, 俳諧に, 内大沢黒崎その他の, 冗弁などは, 初年いらい, 制として, 前に, 前後室町末期の, 功臣たる, 動乱の, 勢威を, 厄と, 友人である, 叔父の, 口が, 古代文字は, 古例, 古英雄, 固うなった, 国アッシリヤは, 國, 國の, 境なる, 声を以て, 大志も, 大業は, 夫婦から, 女房が, 女房も, 奴めが, 奴妙な, 妙な, 妹は, 姓の, 字が, 孫芋の, 學を, 宋に, 宮は, 家では, 将軍たる, 尊が, 尊と, 山の, 山を, 山近い, 峯の, 峯吉野連山から, 峰へ, 峰初瀬山, 平和も, 年の, 年直義さまが, 年號を, 幼名を, 往来に, 後また, 後一二世を, 御代を, 御新政始め, 復古に, 忠臣が, 恩賞で, 悪口を, 意志であり, 意義を, 放伐に, 故智を, 新政の, 新政府, 方で, 方に, 方にも, 方の, 方は, 旧悪を, 昔の, 昔楠正成卿が, 時に, 時代から, 朝行基門徒に, 本意が, 本意である, 案内で, 権を, 権化みたいな, 母は, 海へと, 熱心に, 營下に, 甚し, 病没したる, 登ったの, 登った路, 盛世に, 神さんである, 神の, 神髓は, 秘密という, 第一首, 節度使と, 紂を, 純白の, 経験を, 罪が, 老母が, 肖像を, 英傑の, 融和も, 行状を, 訴訟その他の, 話で, 誕生日が, 調査報告, 諸氏が, 負傷の, 貨物列車が, 貨物汽車が, 質は, 道が, 道を, 遺跡などを, 鑑定の, 長男の, 間また, 陵なりと, 電車の, 面前で, 頃お, 頃から, 首を, 首実験を, 馴染の

▼ 武~ (168, 5.1%)

7 の時 4 の時代 3 が朝鮮 2 と光明皇后, に仕え, の如き, の如く, の崩御, の陵, はこれ

1 [140件] が, がしばらく, が南方經營, が反, が呉, が崩, が敵寇, が方士, が李陵, が東, が東大寺, が神仙, が立つ, が食うた, ご在世中, だの蘇武, である, といふ強い, とか孝宣帝, とか養老, となつ, と同じく, と問答, に, にすら他, に与えし, に創り, に及び, に授けた, に殺害, に語り, に進めし, に遣わされた, の世, の亡き, の元, の壽盡, の壽陵, の外祖母, の大同, の大通元年遷化, の天平十三年正月天下諸国, の天漢二年秋九月, の太, の女, の女寿陽公主, の孫女, の宮人, の宮人麗娟, の小, の崩, の建, の御, の徳, の時孔子旧宅, の普通元年廣州, の死, の母, の気, の求神好奇, の泰始六年, の照殿玉獅子等, の病ん, の眞意, の眼, の眼前, の祖父, の神龜年間, の第, の耳, の舅, の親, の評価, の貞観元年, の身, の追福, の長子, の頃, の顔, は, はけっして, はこの, はその, はそれ, ははじめて, は大, は大いに, は思い, は李陵, は矢張り支那人, は誠に, は諸, は車駕, は通史, は道士寇謙之, は黄河, もまた, も佛教, も頷く, より約, をこの, を怨んだ, を祀つた, を立てた, を蠱惑, を餓死, 元光三年, 元光二年, 元光五年, 元光元年, 元光六年, 元光四年, 元封三年, 元封二年, 元封五年, 元封元年, 元封六年, 元封四年, 元朔三年, 元朔二年, 元朔五年, 元朔元年, 元朔六年, 元朔四年, 元洲苑, 元狩三年, 元狩二年, 元狩五年, 元狩元年, 元狩六年, 元狩四年, 元鼎三年, 元鼎二年, 元鼎五年, 元鼎元年, 元鼎六年, 元鼎四年, 其の舅, 厳に動物食, 因みに僧

▼ 武~ (160, 4.8%)

4 それを 3 そこで 2 そこで七郎, とうとう叔父, 七郎の, 十八の, 変装し, 怒りに, 甲斐の

1 [139件] あ, あっさりすぐこの, あの通り子供, あらがって, ありたけ, ある日, いった, いつもそれ, いつも乗る, いつも怏々, いまいましそう, うやうやしく田七郎, かつて牌, この時, これまで, こわい眼, そう戒め, その後東京に, その故, その父, その言葉, その誠, それに, そんなこと, つけ加えた, どうかし, どうしつ, どうしても言わない, ひどく驚い, まさしく彼女, ますます怒っ, またも, また七郎, むろん否定, もう一度外国語, もう八十余, もし泊まっ, やさしい言葉, やっと二十, やはりか, チヨコント舳の, チラリと, モウ成人にな, 一体いつ, 一層困, 七郎と, 七郎に, 上がって, 上がり口の, 上に, 上の, 不在でございました, 二三日前石井翁を, 二十三か, 二十八か, 二川邸に, 交換条件の, 他出し, 会うても, 何故重明, 何者に, 余りビツクリ, 例の, 偽者や, 兇器を, 内乱の, 勝たんが, 十一の, 単独で, 叔父叔母さし向かいで, 召抱えたばかりの, 同輩の, 問題の, 喜んで, 多く関西方面に, 夢が, 大へん, 大声を, 好かなかった, 妙に, 孫子呉子文は, 容赦なく, 尤も舊唐書, 山から, 市ヶ谷に, 帰って, 年が, 床の, 庭の, 強いて, 当日は, 彼自身, 御史, 心を, 思わずクスリ, 慚じ, 或は彼, 技でなく, 探って, 昨日帰っ, 本名を, 東京に, 東京を, 林児の, 林児を, 様子を, 此時漸, 漢に, 熊野の, 独りで, 猛である, 用ひられ, 畏こまり, 直ぐと, 眉を, 真白な, 眼を, 笑って, 絶叫した, 絶対に, 自分で, 自分の, 葬儀委員長という, 表面は, 覇者の, 討たれ董襲, 訴訟を, 足に, 身の毛が, 近々上京, 郎党たちが, 重明の, 重行の, 頑強に, 頭だった, 頷いた, 驚いた, 驚喜し, 黙って

▼ 武~ (132, 4.0%)

5 の御 3 をお

2 [13件] がここ, が伊吹山, が東征, のお, の伝説, の出征, の東征, の軍, の運命, の遠征, はその, よりも本当, を祀る

1 [98件] から奥白根, がお, がこの, が亡くなられた, が信濃坂, が兇賊, が出雲建, が勇武, が古事記中, が天皇, が女装, が実は, が平, が景行天皇, が東, が東夷, が東夷征伐, が熊襲, が秩父, が草, が遭難, だの万葉, であり大友皇子, であるから, でさえ, でもあっ, とその, と大友皇子, なども可, にて座す, にならっ, には無事, にも当る, に下し, に似, に命じ, に殺された, に附会, のこと, のため, の事, の二ツ, の休憩, の伝, の出雲建, の前山, の功績, の場合, の屍体, の常陸, の御名, の悲劇, の捕虜, の故事, の新, の方, の昔, の東夷征伐, の死体, の殺され, の焼津, の熊夷, の経略, の蝦夷, の西征東, の足跡, の路, の退治, の遭難, の銅像, はその後, は信濃, は幼少, は日本紀, は熊襲兄弟, は白鳥, は自分, もこの, もそれ, も危うく, も東征, よりも強い, をいつき, をこういう, をし, を一度, を伊吹, を始め, を始め小野子, を御, を東夷鎮定, を祀れる, を祭神, を蝦夷征伐, を言う, を遠, 否大友皇子, 当郡最高

▼ 武~ (116, 3.5%)

6 な男 5 な手 3 なところ, な調子 2 ですが, で豪放, なもの, な侍, な顔, を以て勝ち, 極まる飜訳, 過ぎる指先

1 [83件] かという, だから, だが, だけれども, だった, であつ, でしっかり, でその, ではある, ではござる, ではない, ではなく, でウブ, で全く, で圖, で強, という, と精悍, ながら拙者, なのんだくれ, なふう, なようす, なるに, なる姿, なる武村兵曹, なる水兵等, なる筆跡, なれば, なアツシユ, な伊賀弁, な伝右老人, な即興, な大名ども, な子路, な座興, な庭下駄, な恋, な感情表現, な手足, な指, な新米記者振り, な方, な時計, な松蔭, な枝, な横柄, な武村兵曹, な澄ましかた, な点, な絡み, な腕, な舞い, な話しぶり, な貴族, な軍学書生, な造酒, な青年, な頭, な食卓, な駕屋, にうち出され, につき出す, に答えた, に頭, の哀情眼前, の将たち, の平, の御, の朝光さま, の私ども, の者, の荒武者ども家康, の輩, の面々, ばかりでない, もころげ回り, もので何卒, もので私, や粗雑さ, らしいその, らしい男, をもっ, を取りのぞいた

▼ 武兵衛~ (97, 2.9%)

3 と数馬, はこう 2 が来ぬ, と申します, に知られる, のこと, の姿, の赤裸

1 [79件] がお気に入り, がズケズケ, が同じ, が城中, が後, が来なくなる, じゃ, じゃと, でございます, で例, という, というお方, という壮士, とはなお, とは石川五右衛門, と云われ, にあと, における赤裸, にとっては仕官, にもまして, にも数馬, に何流, に書, に聞かせる, の, の倅, の側, の後, の手, の本身, の来ない, の法力, の真っ向, の肉体, の脚もと, の頭上, は, はそれ, はそんな, はだ, はちょっと, はついにこう, はにわかに, はカラカラ, はノシノシ, は云った, は危険, は叫び, は居酒屋, は常陸, は心, は患者, は無言, は畳, は立ち上がっ, は自然, は落胆, は裸体, は道, は驚い, は驚き周章て, へその, へ声, へ眼, もいささか, もこう, もにわかに, も恭しく, も汗, も頷き, や霧, をここ, を何, を先頭, を召し連れ, を打った, を睨み, を組, 参ったか

▼ 武~ (84, 2.5%)

5 の高尾山 3 の御岳山, の沢井 2 の境, の方, へ入る

1 [67件] あるもの, かじゃあ, から大, か甲州, でございます, で五ヶ国, で捕えた, と上州, と切っ, と呼び, と甲州, ならびに関八州, にては大崎, には小金井, には温泉, には甲州以上, に出, に跨がる, に鼠, のこれ, の一塊, の八王子, の内, の博徒, の地, の多摩郡一帯, の山奥, の平野戦, の府中, の忍侯, の榛沢村, の江戸村, の沢井村, の熊谷, の熊谷直方, の生麦, の産, の田舎, の界十文字嶺, の百姓, の神奈川, の者, の芝浦, の荒川, の近藤勇, の高麗, は府中, は青梅宿, は高, へ, へつかわすであろう, へ出る, へ引っ返し, へ越えられる, へ越える, まできょう, までは一, めがけて, もお, も方々, や甲州, をさして, を離れ, 不忍, 小仏, 然り, 被申云

▼ 武~ (79, 2.4%)

14 の心得 9 のたしなみ 7 の方 4 も相 3 が出 2 の達人, も學問

1 [38件] いづれも, がよく, が不得手, で鍛, などとは縁, などにも關係, などははかばかしく, などは出, などをお, に勵む遑, に掛け, に精進, に苦勞, のお, のこと, のすたる, のほど, の一, の先生, の出來, の御, の心得相當, は命がけ, まで一, も仕込み, も大した, も按摩, も泳ぎ, も申分, も知らず, や學問, や遊藝, よりは碁, よりは角力, を勵, を校, を練り, 御自慢

▼ 武~ (76, 2.3%)

5 もって 3 用うる 2 卑しみ, 卑しん, 尚び, 涜す

1 [60件] して, とりひしいで, ほこる者たち, みがき時, 下総守に, 不良に, 人に, 十分に, 天下に, 好み佐助, 好む家柄, 好んで, 嫌い武, 嫌って, 家の, 尚ぶとき, 尚べ, 引っ掴んで, 忘れざる勇士, 忘れては, 怠るな, 憎むよう, 憎む国民, 振うとき, 救出す, 斃した, 涜す者として, 用いた後, 用いた経験, 用いて, 用ひる, 用ゐき, 用ゐる, 石井老人は, 磨き特に, 磨き男, 磨くこと, 磨く一つ, 祖述せん, 競ひ, 練りしかも, 練り兵を, 練り領土, 練磨し, 育てる元明, 表と, 見て, 見ても, 見も, 討った勇士, 評して, 談じ, 論ぜんに, 講ず萬事皆, 負ひ, 賤むの, 軽んずるの, 錬つたところ, 養い文, 黷すに

▼ 武ちゃん~ (70, 2.1%)

6 がいいました 432 がいう, がききました, とゆう子さん, と健ちゃん, やゆう子さん

1 [47件] がうずくまりました, がおこっ, が叔父さん, が怒りました, が気がね, が磁石, が聞きました, が自分, が足もと, でした, です, では, と, と徳ちゃん, と敏ちゃん, にかえし, につぎ, には徳ちゃん, にゆう子さん, に向かい, の, のよう, の磁石, の顔, はおう, はさも, はしばらく, はちょっと, ははずかしめられた, はまだ, はペス, は不思議, は家, は思いがけない, は敏ちゃん, は清作さん, は話しました, も, も安雄, も正ちゃん, も義ちゃん, やかつ子さんたち, やきゅう, や健ちゃん, や哲ちゃん, や善ちゃん, よ

▼ 武~ (68, 2.0%)

9 して 43 しつ 2 を具, を剥ぎ, を我, を缺

1 [44件] した兵隊, した少年時代, した木像, した自治團體, した軍兵百人, する, する心, せる幾多, せる當番, そのま, なくし, なさ, に其身, に身, のま, の時代, はネーリュウス, は充分, は燦爛, は高鳴りぬ, もつとも勝れたる, も涕泣, やす, をした, をとりあげ, をヘープァイストス, を促しつ, を借り, を剥がざりき, を剥ぎつ, を剥ぎとり, を剥ぐ, を取り, を敢, を爲, を解かれ, を解き, を解く, を解除, を貫き, ヲ忌ム者, 剥ぎ取り, 改めつ, 穿ちて

▼ 武~ (63, 1.9%)

3 の居館 2 はまた

1 [58件] が興世, が警戒, です, という人物, とが葛藤, とそこ, との紛争, ともなお, とを和解, と仲裁者, と会見, と将門, と心, と新任, にたいする決意, には応戦, に代っ, に会っ, に反感, のいい, のこの, のやしき, の兵, の家人, の家来, の帰り, の従兵等, の方, の私物, の計った, の身内, の邸宅, の郎党, はいろいろ, は別荘, は喜ん, は年来, は敵, は旧家, は武蔵, は武蔵国造, は見晴らし, は近親, は返還, は郡司, は酒食, は鬱憤, へ厳達, へ対し, もやって来た, も渋っ, も牟邪志乃国造, をおそれ, をふみつけ, を一度, を処分, を監禁, を説い

▼ 武右衛門~ (62, 1.9%)

3 である, の死 2 の屍骸, の死体, の頸部, は高座

1 [48件] え江戸見物, がお, がこんなに, がひっ込ん, が人気, が仰, が倒れ, が倒れる, が即死, が死ん, が生, が高座, だった, てえ野郎, というの, という老人, という者, といっ, とでもかいた, とは普段, と代り合っ, と変, の, の倒れた, の右, の咽喉, の方, の演技, の男, はいわば, はこう, はすぐ, はスック, は切腹, は喘ぎ喘ぎ云う, は夜半放火, は気絶, は絞め殺された, は膝, は見る, は顔, もそこ, もやられた, も争った, を助けい, を担ぎ上げる, を絞めた, を藤吉

▼ 武さん~ (54, 1.6%)

3 の馬, を押え 2 の声, の考, はそこ

1 [42件] いいお, かどっち, から渡される, が仙ちゃん, が折り, が見, が謀つて, が飛ん, という娘, と云った, と称び, に気の毒, に話しかけた, のやう, の傍, の姿, の村, の直話, の笑, の筆写, の長竿, の顔, は, はいつも, はこの, はやつ, は二十八歳, は寧ろ, は慌て, は早速, は昔, は昨日, は暫く, は牛乳配達, は立ち小便, は荷物, は蜜柑山, は飯さ, も手伝っ, を御覧, を玄関, を翌朝

▼ 武~ (48, 1.4%)

1 [48件] いた記憶, いった, ずっと関西方面, そっと太田医院, その主, その基礎, その征伐, でっぷりした, どこかの, どもりながら, 七郎に, 万事采配を, 上京し, 上京した, 二十三四の, 云った, 以前北の, 何となく嬉し, 何食わぬ, 出し抜けに, 到着した, 北の, 南の, 名, 呉陣から, 唯一人の, 唾棄すべき, 妙な, 山から, 帰って, 最初であるらしい, 最初に, 没後は, 無限に, 異様な, 目を, 立上った, 給事に, 腰を, 薄々感づいた, 薬を, 蘭奢待の, 虎の, 言いました, 討伐に, 象に, 遙か, 適任でしょう

▼ 武~ (41, 1.2%)

3 が殷 2 の正, を諫め

1 [34件] がこれ, が木像, が無けれ, が病氣, こそ我々, といふこと, といふ人, に反対, に比し, のご, のため, のよう, の兵, の叔父, の如き, の延命, の弟, の意, の残された, の紂, の軍師, の道, の馬, はこうして, は天帝, は時, は殷, は甲子, は紂, は紂王, は自分, も皆, や太公, をたすけ

▼ 武~ (40, 1.2%)

2 重きを

1 [38件] あらざれば, いうん, いった, おの, そう書, それだけの, まします歴代, 二川家を, 交付せり, 会うて, 会わしたン, 似て, 何を, 優れて, 報いなくては, 報いるに, 嫁した, 意を, 智に, 有利な, 歸する, 益々怪しまれる, 知らした, 秀でた人, 至つてその, 至るまで, 言わして, 誇って, 誇り本所, 譲るより, 買収され, 逢った, 違いない, 長じ, 關する, 限ると, 飛びついた者, 飽くまで譲りとうない

▼ 武州公~ (40, 1.2%)

2 の奇怪, の心, の願望, の麾下, は現代人, をし

1 [28件] であった, であったろうこと, とが豫め, と云う, と枕, と桔梗, に関する貴重, の和歌, の奥向き, の如き, の容貌, の本領, の法師丸時代, の特色, の秘事, の空想, の行状, の許, はそれ, は二十三歳, は因果, は奥御殿, は彼一流, は色仕掛, は貴き, も不思議, を佛菩薩, を動かした

▼ 武~ (40, 1.2%)

2

1 [38件] があっ, があり, がある, がかなり, がたえない, がみな宮方, だ, だった, としても勢威, などがあっ, などみなそれ, に非, のあいだ, のこころ, のみである, のよう, の充血, の名, の旗, の腹, の離合集散, ははたして, は以後, は各, は強豪, へ彼, までが, までが宮方連判, までも, もある, もすくなく, もまた, も五百, も少なく, も近ごろ, も降伏, や若者, を見とどけ

▼ 武~ (37, 1.1%)

2 から聖堂, の師範役

1 [33件] からまた, がありました, で名うて, といふもの, といふ土地, にある, における弓術, に学び, に於, の, の下総守, の剣術, の剣術方, の創設, の大和, の妓女, の山岡鉄太郎, の師範代, の所長, の教官, の方, の槍術教授, の横町, の細い, の道場, はなんと, も兵学伝習所, も兵学所, を上つて, を横, を設立, を開いた, 雇いの

▼ 武骨者~ (34, 1.0%)

1 [34件] が好き, じゃ, だが, だけに感激, だわ, で, である, であるが, でいけません, です実は, ではない, でも涙ぐまれ, で困ります, で此, で殊に, と人, なら武骨者, に, にお, にし, にすぎません, にもその, の武楽, の異名, の軒, の銘打つたる, はよく, は武骨者同士, ばかりで, ばかりであります, ばかり多く, も一度, らしゅう飲んだが, をうとんじ

▼ 武~ (32, 1.0%)

2 云ふ, 私とは

1 [28件] いい争って, いふ者が, お幸, この私, なって, 七郎は, 云ふも, 仁と, 似て, 公時が, 公時は, 刺違っ, 加号した, 同じよう, 名乗って, 周瑜とは, 改名さした, 文とを, 権と, 潘璋であった, 潘璋を, 照奴の, 王とが, 石田周三との, 私自身とに関する, 藏とを, 言いました, 顔を

▼ 武右衛門君~ (26, 0.8%)

2 をもっ

1 [24件] が困る, が死んだら, が退校, が頭痛, である, と主人, などが一身上, に, に対して, に軽く, のおやじさん, のため, の哀願, の心行き, の様子, の顔, はただに, はまだ, は中学, は主人, は悄然, は泣き出し, は監督, は突然

▼ 武左衛門~ (24, 0.7%)

2 の姿, の家, の手

1 [18件] が惨殺, が深く, といふ者, と仰せられる, なの, にご, に預けました, の, の住居, の娘, の死骸, の預かっ, はどう, は動かれない, は顔, へまたがる, を見かけた, を蹴返す

▼ 武中興~ (23, 0.7%)

2 の後, の昔

1 [19件] から始まった, がこれ, が如何, でなし, で一番手柄, といふやう, に与つ, に大, の不, の二の舞, の企て, の大業, の失敗, の崩壊, の時代, の理想, の眼目, の程度, をくつがえした

▼ 武~ (23, 0.7%)

22 の君 1 の殿

▼ 武~ (21, 0.6%)

1 [21件] が探題北條英時, が賊将, が馬, だけでなく, にはべつに, には妾腹, の乗馬, の命, の子, の弟, の弟覚勝, の挙兵, の次男三郎左衛門頼隆, の首, は, は嫡子, は憤然, は栗, は身, は逆臣北条探題, を裏切っ

▼ 武~ (21, 0.6%)

3 のやう 2 を書く

1 [16件] が一條下り松, だつて, といふもの, といふ相, と山岡鐵舟, などについてもとかく, などはつい, などはまだ, なんかの場合, なんかは理想的, の頃, は自著獨行道, も茶, を觀, を誰, を讀ん

▼ 武~ (20, 0.6%)

1 [20件] がすぐ, が一切, が発した, と秋月寂心, の令, の半身, の問い, の夢, の手, の旗, の父, の胸, はそこ, は動じない, は掃部助, は用意, は笑っ, は精悍, は馬上, は驚い

▼ 武太夫~ (18, 0.5%)

2 が出

1 [16件] が第, が経済問題, が老後, でございます, という男, と云う, と奮戦, と申す, などから比較, にはその, の顔ひとり, は自由党時代, は視力, へ菊五郎, もお, を呼んだ

▼ 武太郎~ (18, 0.5%)

1 [18件] がいかに, が玄関先, が畑, と宝沢, と申した, と表札, などの重, なる少年, の後, の無残, はお玉, は五宿, は借金, は前夜十一時近く, は勝浦町, は孝行, は明治元年, は激怒

▼ 武島裕吉~ (18, 0.5%)

3 が軽井沢

1 [15件] が書いた, が死んだ, が生きつづけられなくなった, が西欧, が連想, という有名, に弟, の性格, の感傷的, の死, の生き, の葬儀, はある, をじかに, を回想

▼ 武~ (16, 0.5%)

1 [16件] かつてその, このほか, ついに手, 二人の, 別に, 十騎ばかり, 将為, 少し顔, 山登りを, 才も, 武浪も, 要らないという, 走りよって, 身軽に, 隠居仕事の, 驚ろいた

▼ 武家出~ (15, 0.5%)

2 だそう

1 [13件] つい固く, でしかも, と云, のくせ, のこと, の上品さ, の主人徳之助, の女, の女房, の腕, の鳩谷小八郎, らしいところ, らしく角張って

▼ 武~ (14, 0.4%)

1 [14件] から引, にいく, にいった, に居つた, に居らしめ, の公吏, の南郊, の家, の市, の張氏, の陸, は緊要, を平らげたる, ヲ望メバ

▼ 武五百之進~ (13, 0.4%)

4 の娘 1 が正式, です, という人物, とは誰, には非常, の墓標, の愛娘, の邸, は自刃

▼ 武~ (13, 0.4%)

2 は人天

1 [11件] に幸せ, の姿, の延, の徳, の時京兆, の歸依, の死後, の生活, の萬歳通天元年, の親筆, は秋官侍郎劉如睿

▼ 武~ (13, 0.4%)

1 [13件] いかめしく, が長安, であるから, で弟たち, としての氏郷, のあと, のみには限らない, の影, の槍先, の歸依, の血液, の面子上, を射

▼ 武~ (12, 0.4%)

2 に策し, 卿の 1 であった, なる人, に取り入っ, を自在, 卿, 年頃に, 質が, 質と

▼ 武右衛門さん~ (11, 0.3%)

1 [11件] が倒れ, が殺せる, が高座, に変り事, に高座, のこと, の影, はこの, は相手, は結局, もそりゃあ

▼ 武州沢井~ (11, 0.3%)

3 の机 2 の机竜 1 で教育, に机竜, の奥, の水車番, の若, までお越し

▼ 武塔神~ (10, 0.3%)

1 が再び, が北海, が宿, のよう, の件, の伝説, の如く, の神話, やスサノオ, を拒み

▼ 武太さん~ (10, 0.3%)

1 と云う, と伊太さん, に同情, に問うたら, の同情者, は村, は紅い, は褌一つ, を人, を弁護

▼ 武~ (10, 0.3%)

1 がその, が微行, の時, の時代, の會昌五年, は大徳十一年, は宰相, は所謂三武, は道教信者, も道士

▼ 武~ (10, 0.3%)

1 おみえ, が二月, が早く, が来合わせる, であつ, に学んだ, の娘, の絵, わざわざ宿, をめとつ

▼ 武州川越~ (9, 0.3%)

1 から移っ, から転, で權八, といえ, と笠, に生れた, の人, の商人, の城主

▼ 武~ (9, 0.3%)

3 熊に 2 熊は 1 熊だ, 熊である, 熊によって, 熊を

▼ 武元年~ (8, 0.2%)

1 とし, となす, と改元, に入っ, の, の正月, の秋, の秋八月

▼ 武兵衞~ (8, 0.2%)

1 が手, でした, の手, の誘導, は刀, は此取引, は疊, は老巧

▼ 武尊様~ (8, 0.2%)

1 がこの, が大風, でございます, でさえ, とも矢張り大和, に御, のお, ほどのお方

▼ 武~ (8, 0.2%)

1 と取っ, には太守金旋, の太守, の山奥, の里, の魚, の黄道真, へ馳せ向った

▼ 武~ (8, 0.2%)

1 がボス, など婦人作家, のリアリスム, の現実, の自分, は純文学, や丹羽, や立信

▼ 武という~ (7, 0.2%)

1 二人の, 印章を, 強力の, 称も, 記者を, 連中の, 鹿爪らし

▼ 武~ (7, 0.2%)

1 んの, んは, アん, 万葉人の, 呉子の, 権力は, 錢大

▼ 武を以て~ (7, 0.2%)

1 一貫せね, 取り文, 国を, 地上に, 民を, 王化に, 身を

▼ 武~ (7, 0.2%)

1 が演説, が相続, に謀計, の如き, は浅草小島町, もこの, もそう

▼ 武~ (7, 0.2%)

1 では, では段式, に入れ, の友達, は休み, は藩地, へ藩

▼ 武州八王子~ (7, 0.2%)

1 で三万石, というところ, にこれ, の人, の宿, の江戸ッ子, の近い

▼ 武から~ (6, 0.2%)

1 どんな薬, もらって, 妙な, 桓武に, 言われると, 金を

▼ 武~ (6, 0.2%)

4 ゅう人は 1 ゅうのが和行の, ゅう人が

▼ 武兵衛様~ (6, 0.2%)

1 がお, でございましたか, ではござりませぬ, のあの, は何ん, は駒場

▼ 武十旦那~ (6, 0.2%)

1 からそう, が虫の息, である, の三男坊, の話, も彼女

▼ 武家の子~ (6, 0.2%)

2 が野良犬 1 とはいい, と町人, は武家方, を商人

▼ 武州公秘話巻~ (6, 0.2%)

1 之一, 之三, 之二, 之五, 之六, 之四

▼ 武州小金井~ (6, 0.2%)

2 に繩張り, の穀屋 1 に繩張, の桜花

▼ 武帝建~ (6, 0.2%)

1 元三年, 元二年, 元五年, 元元年, 元六年, 元四年

▼ 武悪面~ (6, 0.2%)

1 だつた, に塗りあげ, に違い, のやう, をつく, を保ち続け

▼ 武~ (6, 0.2%)

1 に告, の二郡, の太守李仲文, の故, の沙汰, より來番

▼ 武骨一片~ (6, 0.2%)

1 とちがい, の何, の男, の老人, の野暮, の野暮一度

▼ 武麟さん~ (6, 0.2%)

1 かねと笑った, がジャワ, が自分, この前妙, では, の居所

▼ 武~ (5, 0.2%)

1 が先師, が孝, に対する答え, の問, はしかし

▼ 武~ (5, 0.2%)

1 が声, という学者, はとろん, は答えた, をもてなした

▼ 武~ (5, 0.2%)

1 が魔, の家, は出かけた, は知らん, を連れこんだ

▼ 武塔天神~ (5, 0.2%)

1 という北方, と言う, に賞罰, は今, は行き

▼ 武大夫~ (5, 0.2%)

1 が泉さん, とが一処, と謂, の曾訥, の郭

▼ 武島町~ (5, 0.2%)

1 だった, にありました, に新, の一室, の古屋敷

▼ 武州御岳~ (5, 0.2%)

1 との間, における兵法大講会, の兵法大講会, へ参加, へ発足

▼ 武州青梅~ (5, 0.2%)

2 の裏宿 1 から参りました, の宿, の裏宿七兵衛

▼ 武~ (5, 0.2%)

2 の権 1 に伝えられた, の旧, の諸

▼ 武新政~ (5, 0.2%)

1 にも失望, の世, の両, の大, の緒

▼ 武時代~ (5, 0.2%)

1 かも知れない, の作, の後醍醐天皇, の逸話, の鉄

▼ 武~ (5, 0.2%)

1 による欲望, の塀墻, の誇示, を双手, を統御

▼ 武~ (5, 0.2%)

1 は傲然, は壮士, は牛飼君, は真摯, も一足飛

▼ 武藝自慢~ (5, 0.2%)

1 が嵩じ, だつたさうで五十, で恐ろしく, の主人, の肩肘

▼ 武~ (5, 0.2%)

1 と稱, なりとい, なり此, を以てし, を以て之

▼ 武鉄道~ (5, 0.2%)

1 が間もなく, と云っ, に乗っ, の終列車, の線路

▼ 武ちやん~ (4, 0.1%)

1 が一人おし, が自分, のところ, は實ちやん

▼ 武との~ (4, 0.1%)

1 会見を, 勝負が, 関係を, 關係より

▼ 武とは~ (4, 0.1%)

1 いへぬ, ころッと, 昔の, 武器

▼ 武にも~ (4, 0.1%)

1 勝る器量, 勝れ母, 怠りが, 追

▼ 武一途~ (4, 0.1%)

3 はもとより 1 も上下一和

▼ 武久田大時~ (4, 0.1%)

1 のこと, の髑髏, をその, を玉陵

▼ 武五百~ (4, 0.1%)

4 之進殿

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 にさずけた, の中流呉起が立策, の営址, の時

▼ 武兵衛殿~ (4, 0.1%)

1 か, でござったか, を我ら, を至急

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 の顔, はその, は或, は答えた

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 に行かれた, の代官, の隠士, は門人子游

▼ 武埴安彦~ (4, 0.1%)

1 と妻, の叛, の妻吾田媛密か, を射殺

▼ 武尊東征~ (4, 0.1%)

1 の傳説, の帰途, の途中, の際

▼ 武州多摩郡~ (4, 0.1%)

1 の八王子宿, の出身, の土民, の附近

▼ 武州方面~ (4, 0.1%)

1 にも贔屓, の秩父, へ向け, へ小菅

▼ 武州路~ (4, 0.1%)

3 の方 1 を帰る

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 といふもの, には関帝, に列すべき, に詣り

▼ 武~ (4, 0.1%)

2 は昨日娘 1 のほか, の外

▼ 武正平~ (4, 0.1%)

2 のむかし, の頃

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 たちまち丘下, を一歩, を進め, を進める

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 だの, のごとき, の時代, の酷悪性

▼ 武烈天皇~ (4, 0.1%)

1 がわが国, としてお, の四年, の太子時代

▼ 武甕槌~ (4, 0.1%)

2 を載せる 1 という神様, の両

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 の北條, の国境山脈, の山谷, ノ諸

▼ 武知先生~ (4, 0.1%)

2 の塾 1 は維新後, へも一緒

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 の地, の堺, の野, 常の

▼ 武衛家~ (4, 0.1%)

2 の家督, の御

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 が藻, となす, は一時, を語らっ

▼ 武~ (4, 0.1%)

1 である, とはまったく, をあくまで, を競い合う

▼ 武あり~ (3, 0.1%)

1 文ありき, 智あり, 試合あり

▼ 武~ (3, 0.1%)

1 ごあんすか, さあ, 戦い魂

▼ 武どん~ (3, 0.1%)

1 あんまいふいじゃから, この病気, よう帰ったもった

▼ 武やん~ (3, 0.1%)

1 か, ほんとに俺, 俺が

▼ 武三年~ (3, 0.1%)

1 いらい二十二年, の正月, は建興元年

▼ 武上皇~ (3, 0.1%)

1 からは鑑真, が死床, に謁

▼ 武二年~ (3, 0.1%)

1 からの各地, に入る, の正月

▼ 武侠世界~ (3, 0.1%)

1 という雑誌, をさし置い, をひろげ

▼ 武~ (3, 0.1%)

1 とのみ書き, のとなえ, は人

▼ 武~ (3, 0.1%)

2 の役者 1 の名人

▼ 武十七年~ (3, 0.1%)

1 より七百八十五年, より漸く, 即ち囘暦

▼ 武十八年~ (3, 0.1%)

1 の試, 乃至嘉靖五年, 召されて

▼ 武天皇~ (3, 0.1%)

1 に上げ奉る, に仮託, に斬り殺された

▼ 武尊ら~ (3, 0.1%)

2 の母印南大郎女 1 の運命

▼ 武尊的~ (3, 0.1%)

1 ですが, で神武天皇, に殺され

▼ 武州刎村~ (3, 0.1%)

2 の百姓弥之助 1 というところ

▼ 武州多摩川~ (3, 0.1%)

1 の上流, の図, をこえ

▼ 武州小川~ (3, 0.1%)

1 で試みた, の大塚梧堂君, の郷士

▼ 武州秩父~ (3, 0.1%)

1 の三峰神社, の生まれ, の逸見利恭

▼ 武州金沢~ (3, 0.1%)

2 の称名寺 1 で二

▼ 武平次~ (3, 0.1%)

2 なる人物 1 なる人

▼ 武所芸者~ (3, 0.1%)

1 がいる, といっ, は随分

▼ 武斷派~ (3, 0.1%)

1 なるもの, なる可, の代表者

▼ 武族間~ (3, 0.1%)

1 における離反雷同, には, のつね

▼ 武殿~ (3, 0.1%)

1 には何, の御, の許

▼ 武~ (3, 0.1%)

1 の挿画, はなし, は可

▼ 武源楼~ (3, 0.1%)

1 といった料理屋, の前, も同じく

▼ 武甲信~ (3, 0.1%)

1 の三国, の三州, の三州界

▼ 武裝整~ (3, 0.1%)

1 へり, へ剛勇, へ地

▼ 武骨さ~ (3, 0.1%)

1 がある, もある, を買われ

▼ 武骨者ぞろい~ (3, 0.1%)

1 でこんど, で心, の道場

▼ 武~ (3, 0.1%)

1 がある, は声, を知ろう

▼ 武ちや~ (2, 0.1%)

1 んた, ん舟

▼ 武といふ~ (2, 0.1%)

1 字は, 盜賊の

▼ 武どんわたし~ (2, 0.1%)

1 は卿, ももう

▼ 武どん卿~ (2, 0.1%)

1 からだ, 酔っちゃ

▼ 武などの~ (2, 0.1%)

1 弟たちは, 末弟まで

▼ 武なんかに~ (2, 0.1%)

1 指一本指させる, 負けて

▼ 武には~ (2, 0.1%)

1 二川家で, 関羽張飛趙雲あり

▼ 武に対して~ (2, 0.1%)

1 平和士に対して, 警戒を

▼ 武に関する~ (2, 0.1%)

1 秘密は, 調査報告書は

▼ 武ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, で文

▼ 武よりも~ (2, 0.1%)

1 後くれ, 更に活気

▼ 武をもって~ (2, 0.1%)

1 横行する, 治むる国である

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 とも思わない, を武ス

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 知ラザレバ卑屈ノ, 知ラザレバ皆目

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 に暇, よりも一つ年

▼ 武中元二年~ (2, 0.1%)

1 に奉, に支那

▼ 武中元二年倭奴國~ (2, 0.1%)

2 奉貢朝賀

▼ 武九年~ (2, 0.1%)

1 といえ, を以て歿

▼ 武于竜~ (2, 0.1%)

1 と云, の門人

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 が室町将軍, という者

▼ 武以下~ (2, 0.1%)

1 にも鮹旗廿頭, の四将

▼ 武以来~ (2, 0.1%)

1 の錚, 初めて昔

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 の精神, の青年太刀川時夫

▼ 武元年十一月~ (2, 0.1%)

1 の事, より翌年七月

▼ 武元殿~ (2, 0.1%)

1 のお, の妾腹

▼ 武公治紀~ (2, 0.1%)

1 が家督, が家督相續

▼ 武兵衛さん~ (2, 0.1%)

1 が曲つた腰, のこと

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 にのみ因る, に讓ら

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 が仲尼, が朝廷

▼ 武合体~ (2, 0.1%)

1 を唱うる, を唱え

▼ 武~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 郡の, 饗三および

▼ 武尊岩~ (2, 0.1%)

1 の前, の名

▼ 武尊捕虜~ (2, 0.1%)

2 の後

▼ 武尊東夷~ (2, 0.1%)

1 の国, を平らげ

▼ 武~ (2, 0.1%)

2 の方々

▼ 武島町三番地~ (2, 0.1%)

1 といひました, と車夫

▼ 武州三峰山上~ (2, 0.1%)

2 で開いた

▼ 武州公自身~ (2, 0.1%)

1 が懺悔, も極めて

▼ 武州大宮在~ (2, 0.1%)

1 の百姓, の農家

▼ 武州川越在~ (2, 0.1%)

1 の千頭津右衛門, の者

▼ 武州川越次郎兵衛~ (2, 0.1%)

2 と書い

▼ 武州御岳山~ (2, 0.1%)

1 で生れた, の霧

▼ 武州忍~ (2, 0.1%)

1 のご, の城主

▼ 武州時房さま~ (2, 0.1%)

1 も居られます, 御長子泰時さま

▼ 武州熊谷~ (2, 0.1%)

1 の宿, の小四郎

▼ 武州熊谷以来~ (2, 0.1%)

1 ちゃあん, の旅程

▼ 武州甲州~ (2, 0.1%)

1 の博徒, の貸元

▼ 武州相州~ (2, 0.1%)

1 の界, または向う地

▼ 武州飯能~ (2, 0.1%)

1 の山地, の座談会

▼ 武州高尾~ (2, 0.1%)

1 にいる, の峰

▼ 武州高尾山~ (2, 0.1%)

1 に詣で, の半ぺん坊主

▼ 武州高雄山~ (2, 0.1%)

1 からも今, の吟行

▼ 武左衛門殿~ (2, 0.1%)

1 が, を殺害

▼ 武帝以前~ (2, 0.1%)

1 の人, の文献

▼ 武帝時代~ (2, 0.1%)

1 に母, に領内

▼ 武弘年~ (2, 0.1%)

2 は二十六歳

▼ 武張つたもの~ (2, 0.1%)

1 が多い, と云

▼ 武張つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたわけ, ゐて

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 とも滑稽, の面し

▼ 武所大名屋敷旗本屋敷~ (2, 0.1%)

2 の跡

▼ 武所風~ (2, 0.1%)

1 の髷, の髷先

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 して, の一派

▼ 武甕槌命~ (2, 0.1%)

1 にまします, は鹿島

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 に一旦, の対岸馬頭

▼ 武藝一~ (2, 0.1%)

2 と通り

▼ 武藝學問~ (2, 0.1%)

1 にもたしなみ, の心掛

▼ 武衡ら~ (2, 0.1%)

1 の強, も閉口

▼ 武連山~ (2, 0.1%)

1 は茜, を色々

▼ 武都陰平~ (2, 0.1%)

1 の二郡, を平げ

▼ 武~ (2, 0.1%)

1 の萱野弥五郎, を中心

▼ 武骨そう~ (2, 0.1%)

1 な人, に見えた

▼ 武骨一遍~ (2, 0.1%)

1 のみの彼義仲, の勇士

▼1* [597件]

いにしへの, 武いらい武家は, 武誰かの, 武がやッと, 武げいや幻術に負け, 武さしので食事, 武さんはかぶりを振, 武や振り, 武そのままの偉観, 武それに化物, 武それ押出せと, 武と思った, 武ちゃんこれはしぶい, 武ちゃん君あずかって, 武であり剣である, 武ではない, 武でも誰でも, 武とか錢大, 武など母が, 武などが馴れぬ肩, 武などではなくとも, 武などは彼に, 武なども大結, 武などを少しも, 武ならざるをえず, 武なんぞに懸け合われる筋, 武においては栄次郎と, 武のみでは, 武のみかど勅願, 武のみが本では, 武のみの人では, 武また幕末維新の, 武みずから負み騎射, 武やんすまないなすまない, 武やん生きてるか, 武ゆうにあやかりとうぞんじます, 武とともに一万余騎, 武らくがき, 武りんさんの踵, 武をのみ重んじて, 武を以ては孫呉の, 武ニアラザレバ人ニアラズトイフガ如キ今日武ヲ知ラザレバ卑屈, 武ミナカタの命, 武リンや林, 武一途庶民に至る, 武奉などの, 武三十一年五月に起り, 武三十一年八月にし, 武三十一年閏五月なり, 武三十三年と称す, 武三十二年と称し, 武三年四月二十四日であった, 武三年記どれもみな同日, 武三自身が渡満, 武三郎がくぐり, 武聖王左に, 武中興瓦解後の京都, 武中飛騨の牛丸摂津守, 武久田を召し, 武久田其魁となりたる, 武久田占て三ヶ, 武九郎靭負が継ぎ, 武二十三年太祖の命, 武二十五年九月懿文太子の後, 武二十八年初めて諸王, 武二十八年傅安等を帖木児, 武二年新田勢が朝命, 武二年時の朝賊足利尊氏, 武二招待会について相談, 武二郡を取っ, 武五年より後, 武五百之進花世郁次郎の三人, 武以來は放伐, 武以来六十余年の兵乱, 武かしら, 武侠精神の所有者, 武侯坡とか楽山, 武侯淮陰侯にあらざる, 武侯父子皆画ヲ能クス, 武俊徳成功高皇帝の諡号, 武の諸州, 武に与えた, 武候鋪といふの, 武健馬に鞭, 武元君立の書後, 武元年七月の上旬, 武元年夏八月の, 武元年尊氏のあつかい, 武元年正月からひろく, 武元様には最近, 武光仁帝の大昔, 武光八日見山を首, 武光山より右, 武光岩鬼岩蟇岩帽子岩ただ見あ, 武と云う, 武八じいさんは自分, 武八年の年号, 武公子からもらった, 武公烈公のよう, 武六代にわたつ, 武六年より七年, 武六年九月には詔, 武ヲ置給山也, 武兵衛以外にない, 武兵衛伊丹大隅守海賊係の人々, 武兵衛冠った息杖, 武兵衛塚原六右衛門すなわち城内, 武兵衛殿花村殿の狩倉, 武兵衛目懸けて, 武兵衛自身でこう, 武兵衛酒店にて午餐, 武兵衞これは羽織, 武兵衞ぢやが, 武兵衞深沈たる顏, 武初年の頃, 武初頭の論功, 武第一, 武功山の小路, 武と知り合い, 武助さんはぶる, 武勇トイヒ調略トイヒ弓矢ノ面目, 武勇人に許されし, 武勇傳も決して, 武勇手柄ノ程, 武勇礼儀信義質素の五ヶ条, 武勇譚を書く, 武勇風雅いろ, 武勇風雅廉潔の諸, 武の家, 武十一年同二十四年, 武十七年太祖高皇帝の御, 武十七年旌表せらる, 武十七年疾を得, 武十三年の秋, 武十五年太祖日本懐良王の書, 武十五年高皇后の崩ずる, 武十四年は我が, 武十四年日本を征せ, 武十年に生れたまい, 武十旦那さんわしも今度, 武十氏とか詩人, 武十氏中村藩の藤田九万氏, 武南北の治乱, 武博士が, 武即位の日, 武卿以来聡明の血, 武卿侯に封ぜられ, 武参謀長が佐野常民あたり, 武台殿に召見, 武右衛門そち参るか, 武右衛門チャリネ買切りの図, 武右衛門中幕の下, 武右衛門先生もちょっとした, 武右衛門号を観山, 武右衛門君一人の運命, 武右衛門君下を向いたぎり, 武右衛門湖水へ入る, 武合体二つのもの, 武吉田洋一佐久間鼎吉岡修一郎佐藤信衛早川庚弌の諸氏, 武后伝に煩, 武后自身は隨分, 武君以外の血続き, 武蒙などという, 武で違背, 武和水而飲焉中古而来王已即位必択吉日偏召群臣於護国寺令飲霊社神文之水, 武噐食噐等に我国, 武四年より萬暦四十四年, 武国廟国幕府これがみな, 武の慣習, 武坊のもよい, 武城縣志や青州府志, 武場上にて虎, 武大夫野口佐平太と私, 武太さん田圃向うの信心家, 武太夫堀越寛介藤田吉亨郎等に参集, 武太夫旅館に千葉一党, 武太夫氏がいた, 武太夫永井喜八郎木暮八郎と云う, 武太夫田中正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 武太比嘉の子, 武太郎さんの後, 武奈岐を持っ, 武如きに家, 武を子烈, 武存命の間, 武孝謙時代を後期, 武学本論を読ん, 武守宮を盆, 武宗仏法を亡, 武宗崩じ給, 武宗時代の宦者, 武宗本紀に左, 武宗皇后の會昌三年, 武宗皇帝の會昌年間, 武を呼ん, 武実等マラツカ国よりの帰途福州, 武射祭りと称し, 武将軍の役, 武將たちの經歴, 武將中で聞えた, 武將以上に超脱, 武將死する時, 武將等の冠, 武尊あづまを望, 武尊さまのよう, 武尊中世に日蓮上人, 武尊以来の歴史, 武尊信濃の山中, 武尊兄弟忍熊王兄弟両面スクナは同, 武尊北に燧岳, 武尊奏平熊襲, 武尊岳だ, 武尊悪神を殺戮, 武尊時代にはこんな, 武尊本岳のは倉稲魂命, 武尊東夷どもを平, 武尊東夷征伐の時, 武尊白根本白根, 武尊相模より上總, 武尊蛇を跨い, 武尊駿河の国, 武ヲ以テ文局, 武岡馨が出廷, 武と云う, 武島家の所有, 武の杜, 武州くんだりまでも飛び移る, 武州さま修理亮さまそのほか御家人衆, 武州さま修理亮さま出雲守さま三浦左衛門尉さま結城左衛門尉さま内藤右馬允さま等のれい, 武州さま前夫膳大夫広元さま鶴岳の別当さま, 武州ツちやどつ, 武州上州上総下総の近国, 武州下総国かけて, 武州世田ヶ谷の吉良氏朝, 武州井之頭, 武州令見知給, 武州伝へ仰せら, 武州何郡何村に赴きたまわ, 武州保谷村でも, 武州修理亮以下扈従すと, 武州修理亮伊賀次郎兵衛尉和田新兵衛尉等参入, 武州側にも甲州側, 武州児玉郡か北埼玉郡, 武州児玉郡大幡から嫁, 武州入り高萩村へお越し, 武州入間郡川越の城主, 武州入間郡赤尾村に磯五郎, 武州八斗島からふゆ, 武州八王子あたりから天狗小僧, 武州八王子出来の江戸ッ子, 武州公一人だけは火, 武州公秘話総目録, 武州別府へ出陣, 武州刺史朝直朝臣, 武州南葛飾郡新宿の農家, 武州南葛飾郡金町の瓦焼惣兵衛, 武州地に入, 武州埼玉郡羽生村まで二人, 武州多摩郡加住村の出, 武州多摩郡石田村の人土方歳三, 武州大塚村の形相, 武州大官令等参会し御所新造, 武州大宮へ参拝, 武州大里吉見辺にも同じ, 武州大鳥といふ在所, 武州妻沼橋あたりまで下った, 武州家の方, 武州家滅亡の, 武州小河内のもの, 武州岩槻からくる, 武州川越城へ移り, 武州川越奥貫五平治施米の型, 武州川越領内駒林村の百姓甚五兵衛, 武州常州あたりでもやはり, 武州幸手の月輪院僧正, 武州府中の辺, 武州府中在の土民, 武州御岳山麓の道場, 武州御嶽にほど近い, 武州忍阿部豊後守樣十萬石の御, 武州日野在から出, 武州有数の大, 武州本庄裏まで遡りつく, 武州柴又辺の農家, 武州榛沢村から出, 武州橘樹郡小机村の郷士, 武州橘樹郡登戸の農, 武州武州被申云, 武州殿は仕合わせ, 武州比企郡の修験者, 武州比企郡高坂村大字岩殿の岩殿観音, 武州江戸に下向, 武州江戸大塚に住ん, 武州池上の本門寺, 武州池上宗仲の室日女御前と同じ, 武州池上新田に住, 武州河越より平知盛, 武州浦和伊勢屋清蔵の家, 武州清久の人戸崎熊太郎, 武州無双の名家, 武州無宿の音次郎, 武州熊谷在の豪農, 武州熊谷附近通行の際, 武州牛久在に桜場隼人, 武州物の兼重, 武州玄信公伝というの, 武州甲州上州あたりの空地, 武州甲州信州の山奥, 武州登戸の丸山教, 武州目黒村の不動堂, 武州相州野州房州総州, 武州秩父熊谷等のこれ, 武州秩父郷にて夜, 武州等参らる和歌以下, 武州等供奉し給, 武州等率大軍上洛事今日達叡聞云々院中上下消魂云々, 武州粕壁から来た, 武州練馬の樋口十郎左衛門, 武州芝浦村の奈良井, 武州草加の芝居小屋, 武州行田には石川機山, 武州訛が交, 武州赤塚村へ立ち戻った, 武州越ヶ谷の在, 武州足立郡鳩ヶ谷の生れ, 武州郡の名, 武州野火止の合戦, 武州金澤の稱名寺, 武州鍛冶和泉守兼重ヲ用ヒキ, 武州防戦し給, 武州阿佐ヶ谷村の百姓家, 武州青梅裏宿の七兵衛さん, 武州高槻の柳剛流師範雨ヶ瀬某, 武州高麗村の高麗家, 武州高麗郡の人, 武という子, 武巣さん立って, 武な客, 武左衛門様とは思い, 武左衛門殿拙者でござる, 武左衛門汲古と号, 武左衞門を初め浮世繪師石川流宣等, 武だとか, 武帝一代其帝國主義の光輝, 武帝以來この新しい, 武帝個人の意, 武帝唐の玄宗等, 武帝太子たりし, 武帝女人の産, 武帝宣帝に賦, 武帝御願の大仏, 武帝民をいつくしみ, 武帝泰初二年十月, 武帝泰始二年を以て最後, 武帝説よりも更に, 武帝近くは宗桂, 武帝達磨に問, 武帝達磨大師に問, 武帝鶏卵を好き, 武常後庭鞦韆賦の序, 武年氏の, 武年間正平以後にかけてまで半, 武式目の公布, 武張つたところで碌, 武張つたとき御覧のごとき, 武張つたところは仲, 武張つた咳払ひを, 武張つた大股で直ぐ, 武張つた大面そして稍, 武張つた浪人門札を見る, 武張つた物腰の彼, 武張つた表情をし, 武張つた調子でそんな, 武張つた足どりで先, 武張つた顔を並べ, 武張つてそいつは面白い, 武の隣藩, 武強いっぺんのお, 武の諸, 武当時市内池之上町講道学舎付近居住新助長女坂上ツル, 武徐盛董襲なんどの雄, 武応仁の乱, 武に報ぜん, 武恩トシテ報イ居リ候ヘバ臆病ナル輩ニハ準ズベカラズ, 武恩賞のさい, 武悪戦して, 武悪面といへるで, 武の面, 武惡事爾相麻自許理云々, 武の気, 武の兄弟, 武所すがたで, 武所それが後に, 武所びたいとするどい眼, 武所ふうの髷, 武所中に轟かした, 武所取立の折, 武所方面の武術家, 武所生徒の銃隊長, 武所總體は右, 武所駒の家の抱小みつとい, 武休は, 武の南, 武招来の第, 武に贈つた, 武には殆ど志望者, 武教授とも同行, 武斎田惟成中尾庸吉石橋勇三郎上村又次郎斉村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 武新照院附近の井水, 武斷主義を實, 武斷家に非, 武斷封建の世, 武斷政府に依り, 武斷的に刪補, 武斷的政策は益, 武族たちが武家勃興, 武族みな思い思いに, 武族湯浅定仏が入った, 武日長者姉は旅, 武昌城において孫権, 武昌夏口の秋, 武時以下の一族, 武時入道には何, 武時子息の三郎頼隆, 武景気とかいっ, 武有孫呉韜略之兵法, 武朗二君来訪おそくまで, 武朗君来る, 武を中心, 武ヲ守リ, 武梅竜では, 武梅竜初の名, 武ばかりで, 武のお嬢様, 武権政争の事, 武権政治が相, 武権派に対して明らか, 武権鎌倉の府, 武武士の情, 武でもあれ, 武氏杉本画伯社の数氏, 武氏祠の浮彫, 武に征服, 武永老人を訪ね, 武波さんとがにや, 武波憲治君の葬式, 武も浪, 武淳河別とに征伐, 武清上州桐生に遊候時, 武清申候には隨分承知致候, 武潘璋のごときで, 武は肥前守, 武に掛け, 武烈天皇七年条の法師君, 武烈皇帝と諡, 武烈紀八年の条参照, 武爺いに云, 武を扱う, 武王これを見る, 武王爲天子其後世貶帝號號爲王とあるの, 武王秦王高祖ことごとく賊, 武王立ってこれ, 武王自身または太公望呂, 武甕槌神を奉戴, 武生水のお, 武田代次郎というもの, 武田方を敗走, 武甲山とは知らるる, 武甲山両神山及雲取山などが挙げられ, 武畤好畤などいふ, 武にし, 武的手段を取る, 武皇帝手ら親ら琢き立給, 武皇辺を開い, 武相それから甲州, 武相乱入の折, 武相伊豆半島から駿, 武相甲の多く, 武相豆房総数箇国の町村, 武相越吉元帥と宰相, 武相駿三箇国の田圃, 武知君と呼び, 武知隼之助, 武社会そのものの非情, 武千秋之, 武と号し奉る, 武祖文皇二代を経, 武祖曹操の功臣, 武祖曹操様すらこんな, 武が御, 武科志願の秀才, 武許せら, 武稽人の如く, 武稽修行と申ハ, 武や陸宣公, 武穴馬頭鎮等の前線, 武自稱使持節都督倭, 武競技のよう, 武竸技に, 武七子将為と, 武には, 武粛王の宮中夜番, 武紗羅で命知らず, 武などの如く, 武経七書を読ん, 武総常野の間, 武に蟠, 武總平原中間の岡, 武群通称信助後又太郎, 武絵は, 武にも任, 武芝方が不意討ち, 武芝等の間, 武芝興世王等が和, 武芝興世王経基の三者, 武芝追放をやった, 武はあと, 武蒋欽の二将, 武蔵人と吉備中国, 武藝兵法に凝つ, 武藝學問人に後, 武藝學門の御, 武藝家の擧げた, 武藝小林など見る, 武藝指南所で遊戲, 武藝者が鎖鎌, 武藝者同志の相互扶助的, 武藤野松浦西道二俣白濱の十大字, 武の大将, 武衛上乗院および肖柏等, 武衛都尉の孫桓, 武衛門の楊柳, 武裝なんぢの肩, 武裝われに借せ, 武裝上陸本船から掩護砲撃下, 武裝剥がんとつと, 武裝燒くべし汝岸, 武裝船が何故, 武裝防備を見, 武裝陸戰隊に護られ, 武製粉株式会社総務部勤務兼熊谷工場営業部長という肩書, 武征録, 武親娘もどう, 武だけし, 武の式, 武豪輩があまた, 武貞宗の俳諧, 武賀野に鈴, 武の告別式, 武辨敢て現時, 武迹也敏拇也と解釋, 武の諸, 武運動家らしいキリリ, 武芳展覧会, 武と三人許りつ, 武里こと田村成義が雑誌, 武銅尺にて三丁五十一間, 武というもの, 武閣建築の寄附金, 武にあらず, 武陵何処と問わ, 武陵原頭なんかと洒落れ, 武陵城攻略にはぜひ, 武陸子の兵法, 武の人張翼, 武陽丸に相, 武と諡, 武革命など, 武と順治十七年, 武に武技, 武馬中佐などがあっ, 武騎校尉曹操も功, 武騎隊を新た, 武骨そのものの骨柄, 武骨っぽいずんぐりした, 武骨なんぢやありません, 武骨ものが同勢百五十三人, 武骨一偏になっ, 武骨一方の剣術大名, 武骨一点ばりで民心, 武骨一点張りの科学者, 武骨一辺の人物, 武骨一途の瀧口殿, 武骨一邊の父, 武骨不風流者ながら君, 武骨千万な法則, 武骨殺風景なるは, 武骨物と嘲りし, 武骨真面目なお方, 武骨純朴な鐘巻, 武骨者ぞろい茶は弁え, 武骨者ゆえ何とお, 武骨者一同は意思, 武骨者同士で大いに, 武骨者此の後, 武麟丹羽文雄横光利一もう一人二人, 武麟評して