青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「此頃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正面~ ~此 此~ ~此処 此処~ ~此方 此方~ 此時~ 此等~ 此處~
此頃~
武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~ 武者~ 武蔵~ ~歩

「此頃~」 1299, 14ppm, 7933位

▼ 此頃~ (291, 22.4%)

5 ふつに 2 すつかり, 一寸も, 夢に, 如何に, 客が, 復た, 死ぬる人, 餘り, 馬鹿に

1 [268件] あきまへん, あなたが, あの癖, あまり後悔, あわた, いつもの, いと逞しき, およろしい, お上で, お酒, ここらへ, ここらへも, この前, さつぱりあかへんな, さつぱり丈夫ぢ, しきりに云, しみじみと, すつかり老い込ん, そう思っ, その囮, その難, そんな爺, だんだん生意気, ちっとも猟, ちつとも, とりわけて, どうした, どうしておいで, どうだ, どうだらう, どうな, なぜ御前, なまけて, なんぼでも, ひどく信用, ほぼ其頃, ほんとうに, ほんとに一生懸命, ほんとに好い, ほんの三ヶ月, また多少, また大きな, また東京, また省吾, また行き, また馬鹿, まだ頻りに学校, もうネ, もう何, もう四年前, もう根氣負, もう燻, もう相当, もう隅, やつと, やや一般, やらないの, よく夢, よく実写映画, よほど快く, よろこんで, わりに謹直, ガラツ八もすつかり, ガランとして, セルギウスの, ドクタアも, ヒステリーを, ホテルの, 一から, 一向気, 一角大人なみに, 三番と, 上は, 不景気で, 中年に, 丸で, 二人で, 京都にも, 人の, 人をも, 人気が, 以前ほど, 伴に, 体が, 何か, 何だか欝, 何です, 何でも, 何となく鼻, 何を, 余り無い, 値下りだ, 健忘とでも, 傍近く出勤しける, 傳記を, 僕にも, 儂の, 儒教の, 全く疲れた, 其筋の, 切りと, 前よりも, 前代の, 前山の, 勿論その後, 十数株少く, 十時就寝四時起床昼寝一時間ばかり, 印度人が, 去年大勝を, 又商売, 句作よりも, 只クルクルと, 只英語, 右に, 君の, 君大変な, 唯其事, 商買が, 地べたに, 塩だけしか, 壱円, 夜が, 夜よりも, 大ぶ, 大変お, 大変な, 大変丈夫に, 大変助かる, 大抵の, 大抵毎朝斯, 天でも, 奇蹟と共に, 女だっても, 好時節, 妙な, 妻が, 嫌な, 字音の, 学校で, 実に不快, 寄れば, 小説の, 小説は, 少しなまけ, 少し忙しい, 少許, 尚だ, 巻煙草よりも, 市内に, 帰りが, 幸健康も, 床の, 庭の, 役者も, 往来の, 御手紙, 復員で, 復活し, 心も, 忌日が, 忙しいこと, 快晴な, 恋ひ, 悪魔の, 悲しみの, 憔悴してる, 懷ろが, 或点, 戸締りが, 手も, 支那の, 教会へ, 文よむ, 文太郎が, 斯う, 斯る, 斯様云ふ, 新橋ださうです, 施療に, 既に漸く本尊, 日, 日和癖とでも, 日燒けで, 早く來, 昇降の, 明朗で, 昔と, 時候が, 朝晩めつ, 松田は, 枝も, 楓の, 歌は, 殆ど毎日, 殆ど毎日雨が, 殆ど絶交同, 殆ど見られない, 殊に師匠, 段々問題, 毎日彼様し, 毎日彼樣し, 毎日掃い, 毎日村の, 毎日染井が, 毎朝五時に, 毎朝有明の, 気が, 水瓜シーズンだ, 江戸菊が, 漸く三藏, 漸く断念, 無暗に, 無精を, 焼芋屋, 熱に, 片語雜り, 牧場分担の, 物忘れし, 独りの, 生意気に, 生活費には, 男の, 町役所の, 画は, 白川さんと, 皆が, 皆さんに, 真宗の, 種々な, 空も, 精系手術が, 終日休みも, 色, 芸術分野の, 茄子胡瓜胡瓜茄子と, 薄うなった, 蚊の, 規則づく, 話せるやう, 買はずに, 買物を, 賢女才媛輩出時代で, 趣味の, 軍隊ご, 逢う人ごと, 進んでも, 郵便も, 郵便船も, 都では, 都合が, 酔ツぱらつても唱歌を, 醫者から, 金刀比羅さまを, 鉄鉢を, 長煙管, 阿母, 雨が, 雨の, 非常に, 面白いもの, 頂戴せぬ, 頭の, 食稻も, 飯を, 飯櫃を, 鬚が, 鶏頭さへ, 麹町二丁目に

▼ 此頃~ (203, 15.6%)

6 人の, 私は 5 ように, 姫の, 私の 4 やうな, やうに, 郎女は 2 ことの, 事で, 健には, 彼は, 心持を, 有樣, 様に, 自分の

1 [148件] くせで, ことこの, ことで, ことでした, ごろつきから, しゆ, は下, ものな, やうにしか, わが戀力, アメリカの, 一夜に, 上りや, 上国の, 不安の, 丑松の, 世智辛き, 世間並では, 乱世の, 乱暴は, 事として, 二人の, 人々が, 人が, 人なら考へる, 人らしい, 仕事だ, 作と, 倫敦は, 倫敦会議に, 僕の, 光君の, 全盛に, 六月の, 北海タイムスや, 嘉助老人は, 地方の, 夜にも, 夜は, 夜長に, 夢に, 天候の, 天気の, 天気模様なれ, 天氣じ, 奮鬪的の, 女は, 女中には, 女生徒気質, 姫は, 客人気質かも, 宿醉の, 寒い朝, 小説は, 工場では, 巴里の, 巴里は, 幟が, 幾つかの, 店は, 彼には, 彼等は, 御感想, 御擧動, 御様子, 心も, 心持で, 心持に対しては, 志士が, 忙しさ, 感じ方から, 感傷の, 態度を, 挙動は, 挨拶に, 推移傾向である, 新漬, 新着だ, 新聞紙を, 方が, 日光の, 日暮の, 日録は, 旱に, 明け暮れ思ひ, 春三郎の, 春嶽は, 晩は, 景色にも, 晴れた日, 暑さ, 朝掃く, 松葉屋の, 枕詞が, 様じゃあ, 様なまとまらない, 歌らしい, 気候の, 気惰るい快, 氣候の, 水勢なら, 流行とて, 火葬場という, 照ちやんの, 父に対する, 物には, 物價左の, 生活は, 田植は, 疑問, 痛苦は, 発句を, 百合子の, 私が, 私なんか, 秋の, 空癖で, 經濟は, 習慣なりと, 肩身の, 自分は, 自己を, 與力には, 色物席は, 花に対して, 若いお方, 若い婦人, 袖の, 言葉で, 詠歌一二, 読売は, 貴族の, 質屋風景は, 身の, 農家は, 遊びに, 酉の市に, 隠密制度が, 青年は, 静かな思ひ, 頭には, 題に, 風の, 風俗では, 風吹き, 風趣である, 馳走は, 鼠頭魚釣りには

▼ 此頃では~ (90, 6.9%)

2 其, 此村でも, 毎日の, 看護婦長に

1 [82件] おも湯, お久美さん, お宮の, すつかり, そうし, だいぶ慣れ, つい近所, とうかする, ともよは, ふと生涯, まあい, また南, むッと, もうそんな, もう体, コオヒイでも, ペン多忙で, 一か, 久保の, 互ひ, 伊太利の, 何うし, 何に, 余程身持, 僕の, 其時の, 唯其杉, 国頭郡の, 堀の, 外国に, 夥しく脇腹, 大分文壇に, 大変美しい, 大抵の, 大概左翼の, 大道に, 如何かする, 如何し, 妻達に, 妾に, 始終彼, 始終造花, 実際に, 實行可能の, 市の, 年を, 忘れたかの, 愈々深く, 打絶え, 新聞の, 日々の, 時折に, 景色なぞは, 東京往復は, 梢の, 殆どもう, 殆ど終日終夜, 殿も, 毎晩の, 河岸を, 滅多な, 煩悶も, 珍らしい, 生意気に, 発見し, 瞞着の, 神経質な, 私も, 稍とも, 種物の, 窕子の, 精, 考へて, 荷車挽き, 誰も, 諸事円滑に, 資本家だ, 身の, 選挙争に, 險しい, 非常に, 體が

▼ 此頃~ (55, 4.2%)

16 なると 8 なって 6 なつて

1 [25件] お邪魔, なくそんな, なく元気, なっては, なりては, はめづら, 到りては, 回復された, 姉樣に, 成って, 成つてどうにも, 成つて大に, 於ける我が, 於ける我國, 於て, 於ては, 書かれたもの, 至って, 至りて, 至り葉, 至るまでは, 萌して, 行われる, 覺えぬ, 限つて優しい

▼ 此頃から~ (28, 2.2%)

3 急に 2 僕は

1 [23件] して, そうじゃ, そろ, クサンチスは, ジョーンは, ポツポツ所謂, 一方音韻分化, 今では, 俺は, 參つて居ります, 呈げよう, 少しづゝつまらぬものを, 少し宛, 少し宛現在, 屋敷の, 御懇意, 歌の, 神宮は, 空は, 著しく高くなり, 頭を, 風が, 鹿太は

▼ 此頃にな~ (23, 1.8%)

4 つて仲麻呂の 3 つては 2 つて不

1 [14件] つてかなり, つてそれは, つてだ, つてつく, つてほかならぬ, つてやうやく, つて二度三度ならず, つて其が, つて其だけの, つて又, つて彼の, つて暴露しました, つて目立つ, つて知つた

▼ 此頃~ (23, 1.8%)

5 朱雀大路の 2 或る

1 [16件] ここの, 両脇の下, 亦自分, 其の山木, 午餐の, 君に, 奥様の, 或処, 旧正月, 此頃で, 私の, 英吉利の, 貴方と, 郡役所の, 酒を, 馬場君が

▼ 此頃よく~ (9, 0.7%)

5 して 1 ある一種, 夢を, 流行る様, 輕井澤の

▼ 此頃~ (8, 0.6%)

1 やいつ上つて, やついぞ, やア, や信者達, や折, や晩, や流行る, や話

▼ 此頃~ (7, 0.5%)

1 ツかぶさる, 仕事を, 國の, 宅へ, 月並る, 見えに, 酒が

▼ 此頃~ (7, 0.5%)

21 さう, ともう, と云ふん, と悲しく, 何でも

▼ 此頃でも~ (7, 0.5%)

1 五米ぐらいは, 五米ぐらゐは飛べる, 未だ時々見懸けます, 本郷へ, 樅の, 殿と, 考へて

▼ 此頃~ (7, 0.5%)

1 がお, しも京, には思われ, に何, はかう, は余裕さ, は天地自在

▼ 此頃には~ (6, 0.5%)

1 三の丸池尻門辺に, 信長の, 既に削り, 死人か, 珍らしき, 饗宴を

▼ 此頃より~ (6, 0.5%)

1 して, ひどく成っ, 予が, 大に, 妾の, 我心地悪しく

▼ 此頃~ (6, 0.5%)

5 にはやり出した 1 にふえ

▼ 此頃~ (5, 0.4%)

1 あつた, あつたか, はた, ホラ君の, 八時九時には

▼ 此頃また~ (5, 0.4%)

1 クヨ, 以前の, 朝魔羅が, 白縫の, 鼠が

▼ 此頃~ (5, 0.4%)

1 いろいろ想像, よく御存じ, 此山では, 確めようと, 語らはん

▼ 此頃一本~ (5, 0.4%)

5 の草

▼ 此頃少し~ (5, 0.4%)

1 も遊び, 俺も, 急しく, 身體の, 體工合が

▼ 此頃自分~ (5, 0.4%)

1 でも自分, の下宿, の事, の心, より年下位

▼ 此頃この~ (4, 0.3%)

1 あたりゃあ, 伊賀の, 子が, 邊に

▼ 此頃~ (4, 0.3%)

4 よく

▼ 此頃~ (4, 0.3%)

1 かの行掛り上, か書い, に夢中, もお

▼ 此頃~ (4, 0.3%)

1 上京の, 住居を, 同行ニて, 國の

▼ 此頃既に~ (4, 0.3%)

1 まとい, 動いて, 寿詞と, 近江守にも

▼ 此頃~ (4, 0.3%)

4 ひ出した築

▼ 此頃ある~ (3, 0.2%)

1 かたより, 先生が, 友達の

▼ 此頃しきりに~ (3, 0.2%)

1 土地を, 宮仕えを, 我々が

▼ 此頃それ~ (3, 0.2%)

1 には熱情, をますます, を味

▼ 此頃もう~ (3, 0.2%)

1 一文の, 気が, 金より

▼ 此頃もネ~ (3, 0.2%)

2 弓の 1 お俊姉さんの

▼ 此頃午後~ (3, 0.2%)

2 からきまつ 1 になる

▼ 此頃多く~ (3, 0.2%)

1 なったの, なったわけ, なつたやう

▼ 此頃~ (3, 0.2%)

1 かにつけ, とする, の心

▼ 此頃漸く~ (3, 0.2%)

1 その消息, 切り取ったらしくまだ, 教育社会の

▼ 此頃英国~ (3, 0.2%)

2 にダーウィン 1 のたすけ

▼ 此頃~ (3, 0.2%)

2 たり聞い 1 違へる

▼ 此頃あの~ (2, 0.2%)

1 方どう, 方の

▼ 此頃あまり~ (2, 0.2%)

1 無くな, 起らなくなつ

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 略後世の, 蕗の

▼ 此頃すこし~ (2, 0.2%)

1 はお金, 堅くなりすぎ

▼ 此頃ちっとも~ (2, 0.2%)

1 家へ, 書けなくなりました

▼ 此頃ちつ~ (2, 0.2%)

2 ともいらつ

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

2 なりましては

▼ 此頃としては~ (2, 0.2%)

1 当然だ, 申し分の

▼ 此頃どうか~ (2, 0.2%)

1 したの, したんぢ

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 すこし体, 少し体

▼ 此頃はは~ (2, 0.2%)

2 アえらく

▼ 此頃ひどく~ (2, 0.2%)

1 堕落し, 弱って

▼ 此頃まで~ (2, 0.2%)

1 どうかする, 株式仲間と

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 つきり大人, つきり衰弱

▼ 此頃めっきり~ (2, 0.2%)

1 育って, 色が

▼ 此頃やう~ (2, 0.2%)

1 やく新進作家, やく済んださうですがネ

▼ 此頃京都~ (2, 0.2%)

1 における学徒, に於

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 に逢, の年齢

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 の顔, は大変

▼ 此頃其旅宿~ (2, 0.2%)

2 の主人

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 フエデリゴの, 御願申上度品在

▼ 此頃口癖~ (2, 0.2%)

1 のやう, のよう

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 の家, は事務怠慢

▼ 此頃増田~ (2, 0.2%)

1 のところ, は聞いた

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 だね, に夫

▼ 此頃外債問題討議~ (2, 0.2%)

1 の市会議場, の市會議場

▼ 此頃多少~ (2, 0.2%)

1 の進展, ヒネクレて

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 機械工業そのものも, 變顏色が

▼ 此頃大陸~ (2, 0.2%)

2 に銀翼

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 がない, に遊び

▼ 此頃巴里~ (2, 0.2%)

1 の何処, の美術商

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

1 右馬頭の, 雑誌を

▼ 此頃折々~ (2, 0.2%)

1 切実に, 聞く

▼ 此頃~ (2, 0.2%)

2 なる

▼ 此頃東京~ (2, 0.2%)

1 で二三囘引續, に出来る

▼ 此頃次第に~ (2, 0.2%)

1 年を, 度重なつて

▼ 此頃毎日~ (2, 0.2%)

1 あげて, の雨

▼ 此頃流行~ (2, 0.2%)

1 の一手, の何玉何

▼ 此頃流行る~ (2, 0.2%)

1 アノ太い, 辻斬の

▼ 此頃着いた~ (2, 0.2%)

2 許り

▼ 此頃考え~ (2, 0.2%)

1 ている, てみ

▼ 此頃落成式~ (2, 0.2%)

1 を挙げた, を擧げた

▼ 此頃長州ニ~ (2, 0.2%)

1 ては遊撃軍参謀, て南奇隊参謀

▼ 此頃非常~ (2, 0.2%)

1 に起つ, に遅筆

▼ 此頃飛出し~ (2, 0.2%)

2 が始まつ

▼1* [346件]

此頃余り鬼踊り, 此頃あそこの家, 此頃あたしゃこげえなこと, 此頃あなたの名前, 此頃あまりあれを云わなくなった, 此頃あんたのシャツ, 此頃あんなにひねくれたので, 此頃あんまり千世子の, 此頃いつだつて金, 此頃いろいろ新しい思想, 此頃おもざしの, 此頃おもしろき御咄, 此頃お天気の日, 此頃かく肖像畫を, 此頃かの女には, 此頃からの事実で, 此頃こそおとなしくし, 此頃こちらでは一泊以上, 此頃こんなに皆フザ, 此頃うした, 此頃さう意固地に, 此頃さびしそうです, 此頃やべり, 此頃つかりヤケ糞, 此頃すでには行, 此頃たつた一人である, 此頃だったのです, 此頃ちと神経衰弱の, 此頃ちょいちょいとった心持, 此頃ちょくちょく子から, 此頃ついぞ物を, 此頃つくった詩だ, 此頃つくづく性慾から, 此頃つけ狙つて居るやう, 此頃であると云, 此頃でした一冊の, 此頃ですが平次, 此頃での大出版, 此頃というものは, 此頃とくに感じられた, 此頃とりわけいら, 此頃とんぼ追ひ, 此頃どういふわけ, 此頃どうしていらつし, 此頃どうしていらしって, 此頃どうも寢つきが, 此頃どこか近所, 此頃どんな風に, 此頃んだ, 此頃なぞは殊に依頼畫, 此頃なんかは困って, 此頃にては外の, 此頃はちよツとも歩き, 此頃ぴたりと女, 此頃ふと考へが, 此頃ほど顔色が, 此頃ぼやっとしてるぞ, 此頃みにくい爭ひ, 此頃みまかりぬと聞き, 此頃みよふな, 此頃もう余程前から, 此頃やうやうの事, 此頃やつと遅い, 此頃やはり毎日少し, 此頃わからずやよ, 此頃わが悩みとらむとてしばし, 此頃キリスト教を信じ, 此頃スランプの中, 此頃ソーシオロジーを研究, 此頃タクシーの運動, 此頃ツクヅク人の世, 此頃ハあかみちやとおしろい, 此頃ハモッパラ吉原ハイリヲスル由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 此頃ハヾトフと云, 此頃ハ丈夫に相成, 此頃ハ土佐国ハ一新の起歩相見, 此頃ハ大坂の百文, 此頃ハ天下無二の軍学者勝麟太郎, 此頃ハ東廻りニて御, 此頃ハ物ガ乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, 此頃ハ病気なりとて, 此頃ハ船の一ツ, 此頃ピザの郊外, 此頃マガザンで毛網, 此頃ランプ祭の恋歌, 此頃向卵, 此頃一つの興味, 此頃一切音信不通だなんて, 此頃一寸でも物事, 此頃一層深くな, 此頃一度校友会に出, 此頃一般に信ぜられき, 此頃上京ニ有り又, 此頃世間の新聞雜誌, 此頃の私, 此頃主人の用物, 此頃久し振で娘, 此頃乏しい銭入から, 此頃乙丑丸の用達, 此頃五時のところ, 此頃に遊び, 此頃京坂のもよ, 此頃亭主が清元, 此頃仕事が忙しい, 此頃仲町の甲州屋様, 此頃の具合, 此頃何だか嫌に, 此頃何となく労れ, 此頃何処からか仮り, 此頃何時始まりさ, 此頃何處にゐる, 此頃余程短銃上達す, 此頃余計な魔, 此頃かに心, 此頃俳句の出, 此頃の仕事, 此頃偶然に気, 此頃僕自身斯ういふ類, 此頃元勲とか何とか, 此頃入社したので, 此頃國商業會議所聯合會の, 此頃全国商業会議所聯合会の開会, 此頃八度の戦段, 此頃八方塞りで手, 此頃八犬伝と討死, 此頃が更め, 此頃其の感じが, 此頃再び帰郷し, 此頃冷たいんです, 此頃か, 此頃出京ニも常, 此頃出京役人ニも度, 此頃出來た出來たて, 此頃出来たレヴュウの, 此頃出版されました, 此頃切りに貴女, 此頃務めてゐる, 此頃勝手元の手伝い, 此頃十七八にしか見えぬ, 此頃叔父さんのこと, 此頃名高き高名中, 此頃商売も思う, 此頃はれた放たれたといふ, 此頃夕方から三時間, 此頃へ出る, 此頃外交官になつて, 此頃外国のおしろい, 此頃外夷に内通, 此頃多事であつ, 此頃た, 此頃夥しい書きかけの, 此頃大久保主水, 此頃大人になつて, 此頃大分直って, 此頃大分レコードを集めまし, 此頃大分分つて來たやう, 此頃大変鳴かないよう, 此頃大変大胆になつ, 此頃大層怪談の種子, 此頃大阪に來, 此頃を拵, 此頃好ましい用語例を, 此頃好みし毛万筋千筋百筋気は, 此頃だと, 此頃が金起, 此頃姉さんと約束, 此頃始めて教, 此頃始終足の, 此頃娘共の話し, 此頃婚礼のあつ, 此頃学校に来なく, 此頃學校に來, 此頃宇治で出, 此頃而御きづかい, 此頃家君の友人, 此頃宿痾殆痊え寒, 此頃寂照は丁謂, 此頃小倉を責問セ, 此頃小学教員収賄の醜聞, 此頃小学校へ集団体操, 此頃許急しく, 此頃いた或, 此頃山本一家の爲め, 此頃帰つて見たら石, 此頃常に見る旗, 此頃幕府より長州家老, 此頃平岡はついぞ, 此頃年季が明け, 此頃靈が, 此頃広田の店, 此頃府誌いそがしく他出むづかしく候, 此頃延原氏本によつて, 此頃建つたと思はる, 此頃引き續いて, 此頃彼女は圭子, 此頃彼奴は蜜柑畑, 此頃って見たら, 此頃後々迄もはつきり書き, 此頃御国より相, 此頃徴發に行つた, 此頃にある, 此頃心身の違和, 此頃忙しいことは, 此頃忙しくてまだ, 此頃思い出したのでどうにも, 此頃思つたばかりで, 此頃怪しいことが, 此頃恩師を唯一人, 此頃情けない気が, 此頃想像されて, 此頃愛して居る, 此頃懊悩し続けて, 此頃房雄が始め, 此頃が大変, 此頃手傳ひに, 此頃手紙を書いた, 此頃支那人の民主思想, 此頃政枝が死, 此頃政治世界の局面, 此頃敏雄はどんなに, 此頃斯いふ営業を始めた, 此頃新しく赴任し, 此頃新着したばかりの, 此頃新築をした, 此頃新聞でもお, 此頃日本に行, 此頃旦那がちつとも, 此頃景気が好, 此頃晴れたる日には, 此頃最も私の, 此頃最近の実生活, 此頃望んでも又, 此頃木の間伝ひの, 此頃李堂と十風, 此頃東海道の官設鐵道さ, 此頃松公に逃, 此頃柳屋とか云う, 此頃極端な西鶴, 此頃様子がへん, 此頃正太さんと一緒, 此頃の如き, 此頃此処へ来る, 此頃此處の流行, 此頃んど, 此頃殆ど毎日の, 此頃殊に私が, 此頃毎夜丑三つの刻限, 此頃毎晩のやう, 此頃毛利荒次郎出京ニて此刀, 此頃決して忙しくない, 此頃泣かなくつて, 此頃洋酒は苦手, 此頃湖月で話した, 此頃教員に, 此頃火の車で大, 此頃無闇に金子, 此頃と伊三郎, 此頃が九州, 此頃臭くなつたわね, 此頃を書い, 此頃甚多端別紙福田氏より申上候, 此頃田口卯吉と云, 此頃男子に対して尊敬, 此頃番方見習となる, 此頃病氣の所爲, 此頃痛切に世, 此頃になっ, 此頃発明家といふ者, 此頃なの, 此頃相撲などで大, 此頃睡眠不足がちですから, 此頃知恩院の定, 此頃石井に居た, 此頃私部小室が噂さ, 此頃ともすれ, 此頃窕子はその, 此頃の樹影, 此頃立派にお, 此頃竹上万太郎平八郎の門人, 此頃米兵暴行掠奪の噂頻々, 此頃素顔君の門, 此頃終に或獨逸語, 此頃すがた, 此頃縮刷したの, 此頃署名す, 此頃ひたて, 此頃習いたてのたどたどしい, 此頃習ったのを, 此頃主人より, 此頃考へてゐる, 此頃から省み, 此頃自得した一つ, 此頃自然美の讚美, 此頃興奮して, 此頃若し酒に, 此頃英船御国ニ来るよ, 此頃英語が出来る, 此頃を始めた, 此頃荒んで来ました, 此頃荷物積込などもすみ, 此頃より日本, 此頃薩ハ兵ハ動しながら, 此頃衰弱なさったそう, 此頃袁世凱や或は, 此頃見え不申候, 此頃見しは錦野, 此頃見た事の, 此頃覚へたと云つて, 此頃えたからさういふの, 此頃言い出した築土垣, 此頃試驗前の勉強中, 此頃誠太郎はしきりに, 此頃説明には殆ど贅沢, 此頃読んだ御経, 此頃読書も書き, 此頃證據立てられた所, 此頃谷間田の下役, 此頃贔屓にし, 此頃繁く通っ, 此頃軟文学の好, 此頃瀬川君は, 此頃通過を企てる, 此頃適当の指導者, 此頃ハ兵を, 此頃間遠に編まれた, 此頃の降った, 此頃を拜, 此頃青み渡つたのを見る, 此頃静子が次第に, 此頃面白いんだ, 此頃頭痛持ちの青い, 此頃頭瘡を病み, 此頃頻りに行く, 此頃頻りに手詰まっ, 此頃願上度事ハ古人も在, 此頃ふに, 此頃食糧品と換, 此頃館山港に三十隻, 此頃の値, 此頃馴染んだ奥女中が, 此頃高橋九右衛門も亦, 此頃の前, 此頃がトヤ, 此頃麻雀が盛ん, 此頃黒沢直次郎と申, 此頃黒沢雪堂が蘭軒