青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「此處~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~正面 正面~ ~此 此~ ~此処 此処~ ~此方 此方~ 此時~ 此等~
此處~
此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~ 武者~ 武蔵~

「此處~」 2558, 28ppm, 4218位

▼ 此處~ (648, 25.3%)

22 來て 10 あつた 8 置いて 7 來る 6 住んで, 居て, 居ること, 居るん 5 ある, 居るの, 持つて 4 ゐるの, 俺の, 奉公し, 斯うし

3 [12件] あるの, ゐて, 云ふ, 來た, 居たの, 居ましたよ, 居るよ, 泊つたのは, 泊る事, 私の, 立つて, 頑張つて

2 [39件] ありけり氷, ありましたよ, ありますよ, ある筈, お出でな, お搬びな, かうして, やつて, 住むこと, 千兩近い, 坐つて, 寢泊りし, 居たいと, 居たん, 居りました, 居る, 居るお, 居るだけの, 居ると, 居る方, 引いて, 引取られ, 心はも, 於て, 此の, 殘つてゐる, 注意すべき, 用事が, 留まりて, 私が, 腰を, 自分の, 藝術の, 言ふ, 越して, 車を, 重大な, 隱し, 集めて

1 [432件] ありて, ありと, あります, ありますぜ, あるだ, あると, あるといふ, あるひばり, あるよ, あるをも, ある五兩, あんぞ, いけない事, え, おいで, おいでに, おは, おゐでやす, お下屋敷, お住, お出, お泊り, お許, お集り, お預り, かかりて, かかれりせまりあふ岩山, かく淺, きめて, きめませう, こうし, この道, この香, こんなにある, ございます, ございます血, さし入る, しやが, しるし置, すわつたの, すわつて, せき止めて, そして山櫻, そのまま載せ, その一つ, その一節, その十四册, その問題, その最初, その特異, その長々, それ彼處に, そんなもの, たちがたき, ぢいつ, つとめるつもり, ないで, なければ, はいつて願, はいらつし, はじめて朧, ぼつ, まご, もう暫く落ち, ももう噂, ゐたのに, ゐた相, ゐた筈, ゐちや, ゐては, ゐなすつた, ゐますよ, ゐよう, ゐらしつたの, ゐらしつたわ, ゐるあ, ゐること, ゐると, ゐるといふ, ゐるとは, ゐる杵太郎, ゐる此, ゐる連中, トランプの, モオリアックの, 一つの, 一つ慘しい, 一人で, 一人の, 一匁の, 一商人が, 一團彼處に, 一夜でも, 一泊する, 一羣, 七年身は, 三年間費した, 三日といふ, 上れば, 上陸したなら, 乘る, 乘込んで, 亂箱の, 二軒三軒と, 五ツ有, 人あつ, 人生の, 伊福部氏が, 住まるべし冬, 住みたいと, 住みついた五十年輩, 住みては, 住み込んで, 住むか, 住家らしい, 何が, 何にも, 何時から, 作者その, 來い, 來し, 來たら, 來たらう, 來ちや駄目だ, 來てからは, 來ます, 來り, 來れり, 來會せる, 俺を, 偉大な, 傳へよう, 入つて, 入ること, 入れられた者, 公表する, 六枚なり, 其の獲, 出たので, 出て, 出世の, 切手賣, 到達する, 勤めての, 十兩づつこれで, 十分に, 十日ゐ, 十日以上も, 厄介に, 參つてから, 參つて居る, 又其の, 叢を, 名も, 向つて來, 君の, 君自身と, 呼び出して, 唯だ, 噴出の, 回教徒の, 國産自動車の, 國造を, 在りといふ, 在るの, 坊さん達が, 坐つて行つた方, 坐り, 基くの, 堪がたく, 外ならず, 大事が, 大方は, 奪はれる, 娘や, 娯むを, 宗教上哲學上などの, 客の, 宿せしこと, 寄つたきりだつた, 寐て, 寐んと, 寢て, 寫した譯文, 小さな渦, 小舟など, 居たといふ, 居たやう, 居たよ, 居たよう, 居たんで, 居た筈, 居ちや, 居てから, 居ても, 居なかつたといふ, 居なければ, 居なさるとは, 居なさるの, 居なさるん, 居なすつたんで, 居ようとも, 居られねえやう, 居られる奧方樣, 居られる物, 居られる黒船町, 居りましたよ, 居りまして, 居ります, 居りますが, 居りますへ, 居りまする, 居るがい, 居るこの, 居るだらうな, 居るで, 居るほどの, 居るやう, 居る事, 居る人, 居る人間, 居る仲人, 居る佐, 居る先達, 居る八五郎, 居る妹, 居る心算, 居る稻葉屋佐七さん, 居る者, 居る赤井左門, 居る錢形, 居れば, 居れるもの, 峰の, 帝都が, 幾人居る, 幾多の, 引かう, 引き止めながら, 引く, 引取られました, 引用し, 引込むでゐて, 彼等が, 彼等のより, 待つこと久矣, 待つて, 御座いますよ, 微塵も, 微妙な, 心ならずも日, 必要な, 憂からねど, 成りし今宵, 我と自然, 我を, 戲る, 戻らせ給, 所謂, 打棄て, 抄出する, 抄擧し, 投り込みました, 拂へば, 拜借し, 捨てた, 捨てられて, 掛物を, 掲げる, 描出された, 據れる, 改めて證明, 斯く忍ぶ, 新しい下駄, 新太郎が, 於いて, 日の出を, 明かすべき同車, 明瞭に, 昔から, 星が, 暮して, 書かうと, 書き寫すこと, 書き止めて, 書き竝, 最もよい, 有るであらう, 棒あつ, 止まらずして, 止まりませう, 此のだだ, 歸つて來て, 歸つて來る, 死す, 死なむ, 死骸を, 殘つ, 殘つて見, 殘つて調べ殘した, 殘り, 永住の, 泊つたとかいふ, 泊つてゐる, 泊つて居る, 泊りこんで, 泊り込んで, 泊るの, 泊る以外, 注目せよ, 海の, 涙を, 湯の, 漠然として, 灯を, 無政府主義, 無用の, 燒け, 生ひ, 生れて, 申上げる, 町を, 留つてゐる, 留まつて, 留まつて禊祓, 留め置, 留守番が, 登つて京都を, 發令されました, 發見し, 白く見えた, 白状する, 皆んな揃つてゐる, 目を, 相違ありません, 省略し, 眞つ, 眠れりと, 眼を, 着して, 示せる, 示せる里數, 神官を, 移し將來王自ら, 積んで, 立て籠, 竹行李が, 簪が, 籠つて居た, 籠る秋岳, 置いたに, 置いたもの, 置きました, 置き換, 置くまでも, 罰せらる, 群れ生, 考へなくて, 考察せ, 自分を, 自明の, 至つてお前には, 至つて漸く, 舞いも, 舟が, 船を, 船をよ, 花を, 苦い顏, 茂れり石楠木, 草原を, 落つる, 落合つてゐる, 虚無主義と, 裂れ, 裸蝋燭が, 見ること, 見る事, 見れば, 見捨て, 觀察すべき, 語るやう, 説明しまする, 誰と, 論じたいの, 論じようと, 讀むもの, 贅せざれ, 赤い百合, 足は, 足掛五年の, 踏み留つて, 踏み留まる, 踏留つてとことんまで, 踏留つては, 踏留まつ, 轉が, 轉げ込んだ, 追ひ込んだ, 這入つたばかり, 連れ來, 遊んだ代り, 運ばせ徳利, 運ばれべきもの, 運びしかも, 過した, 都合の, 酒の, 鐵車を, 限つてあの, 限らない灯臺, 限り里數の, 陣屋を, 陳ぶること, 陳列した, 陷落した, 隱しました, 隱れ, 隱見し, 集まりては, 集まりながら, 集めたもの, 集めたものの, 集めた十六篇, 集めること, 雇はれた, 雨を, 顯れた, 飛び來, 魚が, 魚なんか, 麺棒が

▼ 此處~ (413, 16.1%)

42 來た 36 來る 28 來て 14 呼んで 6 やつて, 來てから 5 つれて 4 泊めて, 置いて

3 [11件] 來い, 來てからは, 來ました, 入つて, 入つて來, 入れて, 戻つて來, 通すが, 連れて, 遊びに, 飛んで

2 [18件] いらつし, お座りなさい, 乘込んで, 伴れ, 來たんだ, 入つたの, 呼び入れて, 坐つて, 奉公し, 姿を, 忍び込んで, 掛けて, 根を, 置くわけ, 送りこまれた時, 降りるの, 集めて, 驅け

1 [199件] あづけ, いろいろな, おびき寄せた人間, お出, お出で, お瀧, お誘ひした, お通し申す, お運び, くる日, そんな頤, たずねて, とめられた時, どんな物, もし御, よこすん, ズイと, 一人で, 一寸と, 一本持つ, 一番よく, 主人が, 乘つてワザを, 乘るです, 今夜寢させ, 伯母が, 伺ふ前, 何し, 何の, 何を, 何時頃から, 來さへ, 來ず, 來ては, 來ぬ, 來ます, 來るだらう, 來れ, 來合せた, 入つ, 入つた, 入つて來たん, 入つて錢箱, 入らうと, 入り込んで, 入るんぢ, 入る道理, 入れた筈, 六本流寄つた形が, 兵隊さんの, 出て, 出ると, 出入りする, 切ものを, 劒法の, 參つた, 參つたのは, 參つた時分は, 參りました, 參る, 吸ひ寄せた, 呼び入れるの, 呼び出して, 呼び寄せ主人, 呼出して, 坐り込んぢ, 坐るが, 大穴を, 奉公に, 女一連これは, 嫁いで, 嫁に, 嫁入りする, 宵の, 寄らなかつたか, 寄り付かないといふ, 寄り付かれないやう, 寢る, 差しか, 廻して, 引つ懸けたの, 引取る, 引越したの, 引越したばかり, 引込んで, 引返したかな, 役人が, 忍び込めるの, 我れ, 戻つたよ, 戻つて, 扱帶を, 投り込ん, 抛り出して, 抛り込まれてから, 押しかけて, 押し掛けて, 押し込められて, 押込んだ, 招待し, 持つて, 捨てたん, 揃へて, 斯う, 映つたの, 書くつもり, 案内した, 案内する, 樣子を, 此處へと, 歸つた, 歸つたと, 歸つて來い, 歸つて來て, 歸つて來てから, 歸つて來ようと, 歸つて來る, 殘つて見張つ, 氣が, 泊つ, 泊つたことまで, 泊つたところで, 泊つては, 泊つても, 泊つて行かう, 泊めたぢ, 泊らなかつたの, 泊り込んだ八五郎, 泊るかも, 泊るの, 泊るので, 泊るよ, 渡りを, 潜り込んだところ, 獨り, 現はれた, 留守番に, 登るには, 皆な集めた, 皆んな集め, 皈つて共に, 相模屋の, 着いたの, 着いて, 私が, 移り住み蔭乍ら, 移り住んで, 筒袖の, 置いたこと, 置いたの, 置かして, 聞えたの, 若旦那の, 落合つた時平次の, 落着いた, 見えましたよ, 見えます, 見舞いに, 親分の, 訪ねて, 誘ひ込みました, 誰か人を, 走らせ無理, 越して, 轉げ込ん, 辿り着くの, 追ひ込め, 送り返されました, 逃げ歸, 逃げ込んだの, 逃込みました, 這ひ上がる, 這入りに, 通さう, 通して, 通しては, 通すん, 連れ子を, 連れ込んで, 連込まれたもの, 運ばせて, 運び入れましたが, 運んで, 降りて, 降り廊下, 隱した, 集つて來ました, 集めたの, 預かるとも, 預けて, 顏を, 飛び込むの, 飛んだ事ぢ, 飛込みましたがね, 飛込むとき, 飛込んだの, 飛込んで, 食物か, 養子に

▼ 此處~ (278, 10.9%)

14 待つて 3 仕事を 2 お別れ, 下ります, 平次は, 待たされるの, 我慢を, 私は, 結構で, 見張つて, 言ふ, 逢つたは

1 [241件] いふか, うまい酒, おれは, お前を, お君, お客樣お, お家の, お待ち下さい, お房, お留め, お眼, お言ひな, お訣れします, かう, かういふ書卓, かう寢, かの歌, ぐず, ぐづぐづとかうして居, このまま, この言葉, これらの, これ以上に, その手, それを, ちよい, ちよつと, つくすこと, なつてる, なまじつか, はるかに, みんな正直の, やつて, やらせて, よく授業, ケルン行の, コツプで, ベケットの, ムキになつて, 一と, 一休憩と, 一月許り, 一生を, 一緒に, 七八人の, 三十錢説を, 三年なり, 三萬何千兩の, 下りるん, 下手人を, 主が, 主人を, 二の矢は, 二人を, 互ひ, 些と, 人交へも, 人夫が, 人殺しが, 人間は, 人騷がせを, 休むやう, 休んで, 伺ひますが, 何を, 俺と, 停つたかね, 働らくように, 充される, 八五郎は, 凝つと, 出つ逢, 初て, 初めて大利根, 別れて, 前説を, 力餠といふ, 勉強された, 動いてるもの, 勘兵衞を, 勝續けて, 十餘年前, 千兩箱の, 又暫時, 取つて, 口を, 召上がりませんか, 吾等は, 呶鳴つ, 喋つては, 喰べ, 大概の, 宜い, 宜しければ, 少し位音, 師匠の, 平次と, 年に, 引き止めねば, 張番を, 彼女の, 彼等の, 彼等は, 御免を, 復習し, 恐しいもの, 愚見を, 成程と, 所謂, 所謂天文に, 手を, 打明けて, 搜し出し, 教育展覽會を, 整然として, 斬られて, 斯う, 斯うし, 新たに, 明かに, 時間を, 暫くお, 暫らく樣子を, 暮します, 曲者は, 更らに, 書いたの, 書き盡す, 最期を, 正直の, 此の, 死ぬもの, 死んだと, 死んで, 殺されたの, 殺されるの, 殺られたんで, 母衣から, 沖繩美人の, 洗つたに, 漸く彼, 漸く打明ける, 熱海から, 猫の, 生捕られ, 用意した, 申すまでも, 申上げる, 留守居を, 留守番を, 番を, 畫架を, 白い砂糖, 百兩の, 皆草の, 相談し, 眺めて, 着物を, 瞻つたのを, 石を, 研究した, 私が, 空中放電の, 第一, 紙が, 素直に, 細かに, 結構だ, 絡み附いたと, 絶えます, 縛られなきや, 繩を, 考へ, 考へたところ, 考へて, 考へようと, 聞けるだけは, 聽か, 船底の, 若旦那を, 若樣, 若隱居, 荒ころし, 荒立てると, 落ち合つて, 落合つた, 落合ふ, 落合ふこ, 血を, 行詰つて, 見せつけて, 見た事, 見る通り, 見付けましたよ, 見張れ俺, 親分に, 言つた方が, 言つて了ふかどう, 言は, 訊き度, 話も, 話を, 詳しく述べ, 詳論する, 調べやうは, 調べ度い, 調べ物を, 豫て, 買つて穗先の, 起つたこと, 起つた大, 辛抱し, 返して, 述べると, 述べる必要, 送られる事, 逃がして, 逢つたといふ, 逢ふ, 逢引した, 釣るなら釣れないでも, 錢形平次に, 錢形平次の, 鐵三郎を, 開かれ甚しき, 開き直る術, 降りた, 降りて, 降りる用意, 電燈が, 鞭なりを, 頂戴しませう, 順序として, 頑張つて, 頓死した, 食ふ, 食ふと, 飮めば, 首を, 馬を, 鳴いて

▼ 此處まで~ (164, 6.4%)

21 來る 12 來た, 來て 11 飛んで 3 來れ 2 來たんだ, 挽いて, 話して, 追ひ込んだ, 驅けて

1 [95件] おびき出されて, さぐりに, ぢや, です誰方, で高, わかつても, 一座の, 仕事を, 伴れ, 伴れ出した, 來たんだらう, 來ても, 來てる, 來ない, 來や, 入つて密談, 出て, 出向いて, 刄物を, 參つ, 噺が, 四半刻で, 四半刻とか, 堪へたの, 夜つ, 大きいやつ, 始終誰, 嫌がらせを, 宗教的に, 工夫した, 平次の, 平次を, 幾松を, 引きずられて, 引つ張り出されたよ, 引摺つて來た, 引返して, 忍んで, 戻つて來, 持つて, 書いて, 書き寫した, 杵太郎を, 梅の, 歌つた, 歩いて, 歸つて見る, 漕ぎつけたの, 無理を, 男を, 突き留め, 突つ込む, 練り込んで, 考へて, 考へると, 聞いて, 聞えます, 聞くと, 聽く, 蜘蛛手の, 行くと, 行詰まる, 見て, 見に, 見定めて, 見拔, 言つた時母屋の, 言つて助役は, 言つて竹丸は, 訊いて, 話すと, 語つた, 語つて母は, 説き進むと, 讀んで, 買ひ, 足を, 跟い, 辿りつきましたよ, 辿りつくには, 辿り付いたん, 辿り着いたやう, 追ひつめ, 追ひ詰め, 追ひ込む, 追及し, 逃げて, 通つたといふ, 運んだ祝言, 運んで, 道づれになつて來た, 頭を, 馳け, 駈けたので, 駈け拔

▼ 此處から~ (143, 5.6%)

3 入つた, 出て 2 お禮, して, 入りました, 外へ, 曲者の, 此處まで

1 [125件] あげまする誂, お組, さまで遠く, すぐ歸, ぢや, であつ, はつきり見える, ほぐれさ, ほんの一里半足らず, よく出入, ビレスト停車場へ, 一しきり槇, 一哩程, 一寸も, 一番に, 三人打揃つて出發する, 三十里位いの, 下を, 中は, 丸の内の, 五百米突ばかりの, 人間が, 他三四ヶ所, 入つたの, 入つて, 入つて主人, 入れないもの, 兩國の, 八方に, 凧を, 出して, 出ては, 出られないと, 出られる道理, 出るか, 出ると, 出るに, 向うへ, 向う兩國, 四十里餘り隔た, 大佐等の, 子供を, 子供達の, 家へ, 少し道, 川を, 店までは, 廊下を, 引入れて, 引出したい樣子, 引揚げ, 引返す, 引返すとしても, 張り渡した, 徐かに, 忍び込む外, 忍び込んで, 或町, 拾はれた, 明神下へ, 明神樣の, 明神樣下の, 普通ホテルへ, 最も便宜, 此處の, 歸つたのは, 歸つて行つたのを, 歸る, 母屋へ, 水車場の, 淺草橋まで, 燃え上る火焔, 牛の, 發射し, 直接二階に, 眞つ, 眼と, 眼を, 碧梧桐の, 空地の, 突き落されたん, 簡單な, 綱を, 線路は, 線路傳ひ, 繩を, 聖堂迄は, 脱け, 脱出した, 船に, 葬式を, 裏へ, 見えませんが, 見た叡山, 見ては, 見るだけに, 見通しだ, 覗く冒涜的, 話が, 豊島町一丁目までは, 足守の, 身一つで, 轉がり落ちました, 追ひ出さう, 追出して, 逃げたと, 逃げましたと, 逃げ出さうと, 逃げ出した者, 逃げ出して, 逃出した, 通つて居る, 遁れる, 運び出しちや, 遠いで, 遠い筈ぢ, 隱居所までは, 集つて來た, 離れて, 離屋に, 飛び出すに, 飛出したに, 飛出す時, 飛鳥山まで, 默つて歸つ

▼ 此處~ (135, 5.3%)

2 お前さんの, 何んといふ, 江戸の, 私が, 謂は

1 [125件] あつしと, あつし一人, あなたの, あまり人が, あまり人通, お任せし, お前の, ただプルウスト, どこだらう, どこである, どこな, ひつそりと, ひろびろと, またひどい, また僅か, まだ里, やや大きく, トレント, バーだ, 一層搖れ, 一體何處な, 七錢で, 三組町だ, 三輪の, 上げるとか, 二等室です, 亡くなつた神戸, 人の, 人影も, 人目が, 人間の, 何う, 何學年の, 何方へ, 何處ぞ, 何處だ, 何處だらう, 何處で, 何處と, 例によ, 全く影, 全マーシャル群島, 六七人の, 内務省大藏省復興局などの, 凍り付いて, 初等課だけ, 半反歩許, 南陽も, 印度洋も, 即ち前, 去るまいと, 叩く迄も, 可なり, 名題の, 喜三郎兄哥に, 四方數百間の, 四時前に, 國中隨一の, 地球上の, 大層綺麗ぢ, 大概開け, 大黒屋のと, 女一人でございます, 女世帶で, 好い, 始めてかい, 安御家人, 容易ならぬ, 實に, 彌吉どん, 待合では, 御存じで, 御隱殿裏, 必要ぢや, 恰度曠野の, 或は金, 戸が, 所も, 拾ふべき, 文治どんに, 新しい, 日が, 日本國だ, 日本帝國の, 星の, 更に慘憺, 最近の, 李太白の, 村での, 杜甫の, 東京だ, 梅で, 死場所な, 毎晩誰か, 沖繩に, 沖繩縣人ばかりの, 洗ひ出した, 消した處, 湯島の, 滅多に, 潜内にな, 狹く, 珍しくも, 由縁の, 病院である, 皆んなの, 直ぐに, 確に, 耳が, 職人や, 自分が, 芝の, 見ずです, 誰かに, 谷間に, 路地の, 道具が, 鐵璧だ, 陽が, 隣の, 隣りざかひの藪際, 離屋で, 雪が, 靜で, 馬道だ

▼ 此處~ (130, 5.1%)

3 方が 2 うちの, 主人と, 御主人, 流れに, 鍵は

1 [117件] うちへ, お勝手口, お茶屋で, ことを, ところどうもすこし, は版畫, ほかには, まろき, もどこ, シルスは, 三軒長屋に, 下宿料は, 不淨門, 丘には, 中央で, 中學あたり, 主人, 主人に, 事で, 事を, 井戸端に, 人だ, 便所は, 先生, 先生です, 入口に, 入江は, 内儀が, 出入りは, 前を, 厄介に, 原野に, 友は, 古い港, 土成し, 土袋と, 大家の, 夫婦喧嘩や, 始末が, 嫁です, 嫁に, 孫としての, 宗太郎さんが, 家で, 家に, 富士も, 岬より, 島民には, 島民兒童の, 工事を, 左で, 帳場から, 庭は, 廣さは, 弟といふ, 息子は, 悲しい岩, 我が家の, 所が, 押入に, 掟なれ, 文箱に, 晴れ晴れしい, 曲りくねつた頑固, 木の間かくれ, 村は, 松蔭と, 林に, 格子も, 森敢て, 森林から, 樣子を, 檢分は, 歌は, 此家の, 母親や, 沼見, 流行ぶし, 温泉に, 港は, 湖は, 湯は, 湯元から, 溪から, 溪谷は, 演し, 火鉢からも, 生暖かい空氣, 生活は, 病人に, 發車時間が, 眺めとは, 祭禮かしこの, 空氣にも, 繪ハガキでした, 老父は, 職員看護婦は, 臺長なども, 色が, 芝居も, 草分の, 螢は, 表を, 見張りは, 講堂に, 費用萬端は, 跡取りは, 路地まで, 部落から, 重い空氣, 門を, 門口に, 院長さんが, 院長は, 雨戸丈は, 食堂が, 龜裂は

▼ 此處~ (109, 4.3%)

4 出發 3 先途と

2 [11件] さして乘來, 何んと, 引揚げる, 拔け, 搜し, 斯う, 死場と, 立去つた後, 覗いて, 過ぎて, 離れるとて

1 [80件] いで黒き, かこつけに, もう少し見張つ, よく了簡, ブチ破る, 一と, 一寸も, 上る, 何と心得る, 何時も夕方, 借りるよ, 出かけました, 出て, 出で, 出る時, 出立します, 切るぞ, 切れば, 刺して, 刺せと, 動かなかつたよ, 動きたくねえ, 動きません, 動きやしません, 勝手に, 去つて, 去ねかしとでも, 去る, 去る事數里, 外す必要, 外れると, 宜い, 廻り少し, 引上げる, 彷徨いて, 折れて, 拔出し, 持ち出す時, 探させては, 搜させ, 放れずして, 明けて, 樂屋に, 港に, 病院の, 發つた時刻を, 發見た, 目指して, 目當てに, 眞つ, 知つた, 立ち佐川驛, 立ち退きませう, 立去つた, 立去らうとして, 立去らねば, 立去るでは, 立去る事, 立退かなければ, 見たとき, 訪ねた兄, 訪ねて, 調べて, 退院なさる, 通すもの, 通す事ツちや, 通つたかも, 通つたのか, 通つた時は, 通つて初めて, 通つて始め, 通らなければ, 通りか, 通ること, 開けた鍵, 離れて, 離れるわけ, 頼むぜ, 頼むぞ, 飛び出したいやう

▼ 此處には~ (61, 2.4%)

2 どんな偶然, 何にも, 言はずもがな

1 [55件] いつぞやお, この舊稿, ごく簡單, ございません芝口二丁目, その問題, その善, それより, ないやう, もう淋しい, ゐられないやう, 今誰が, 仕事は, 他に, 何時も人, 便宜上その, 俺達二人頑張つ, 別に, 割愛し, 動機の, 半日の, 呼吸中樞や, 唯だ, 四斗樽ほどの, 奧方の, 居ないよ, 居りましたが, 布團が, 弟の, 御法度岸に, 思ひも, 惡を, 救助を, 方向を, 春枝夫人の, 毛布や, 水兵の, 沖の, 沼津から, 父さんと, 猛獸, 申しません, 略く, 省略する, 空想と, 置いてない樣子, 自己表現と, 至つて粗末な, 菌が, 行方不明に, 誰と, 長火鉢も, 門も, 顏を, 駿河灣一帶の, 鳥眼が

▼ 此處にも~ (50, 2.0%)

1 [50件] あります, あると, いまのと, かなめ石と, しばし彼, その寂し, また際限, テントが, プライドの, 一人, 一人可愛が, 一人居ます, 事實が, 亦より, 亦一個, 亦新しい, 人が, 人達は, 光の, 兵士が, 小判が, 幽かに, 思想が, 悶えが, 我々の, 或る, 手掛りは, 抱かれ, 春は, 氣を, 滯留した, 漏れずと, 澤山を, 濫作家が, 無く外, 犇, 現はれ, 生の, 目に, 笑聲が, 簡單な, 置かれた結び燈臺, 聲を, 脱がなければ, 血の, 見えないやう, 豐川の, 起つた, 車を, 黄色い乏しい光

▼ 此處では~ (44, 1.7%)

1 [44件] おちかさんて, この上, それに, ちがうん, つきり説明, ふんだんに歩い, みな醉つて犧牲の, スカルドによ, 一番寅松を, 三年も, 人に, 何だ, 何を, 何分道具藥品, 何年にも, 先づ用意し, 全てが, 別な, 只永い, 命の, 大の, 大變, 已に幾多, 平次も, 廣重の, 懷疑主義と, 文學其物に, 日本畫家の, 極めて大略, 毎日の, 温帶文明的な, 熱帶的の, 生ま物, 略すること, 立派な, 萬葉集卷十九の, 藝術家としての, 誰も, 調べも, 迷惑だ, 通用しない, 那樣哲學は, 醉へ, 風が

▼ 此處~ (32, 1.3%)

2 面白くない

1 [30件] お時, さうで, その又五郎つて, その甚, だめだつたらまた, はねてから, 一番氣兼ね, 一等である, 下加茂で, 丸太橋だ, 主人の, 何時の間にかその, 何處だ, 入口さ, 名高い熊野, 彼等の, 御所だ, 斯ん, 日本の, 東光院へ, 湯殿です, 潮岬だ, 玄關の, 痛くて, 私なぞの, 秘密の, 自分の, 臭いと, 臭いよ, 赤谷川流域の

▼ 此處でも~ (25, 1.0%)

2 梯子は

1 [23件] お糸, くり返された, する, それを, また一人, また誰, 一部始終を, 三鞭酒を, 亦その, 亦民衆崇拜, 何にも, 同樣, 喜太郎の, 始められた, 泡立ぬ, 濟むこ, 狐憑は, 直接法の, 秋祭の, 籾を, 話の, 酒宴が, 開いては

▼ 此處からは~ (21, 0.8%)

1 [21件] お互によく, どちらの, もう多田院, 久しく人, 五六間ある, 入れさ, 別棟では, 大分離れ, 小石川牛込一帶の, 川開きの, 御所の, 忍び込めませんか, 成程, 手が, 梯子が, 見えないが, 誰も, 谷一つ距てた, 遠い遠い山, 還られぬぞ, 鐵砲でなけれ

▼ 此處~ (21, 0.8%)

1 [21件] おなじ溜池, ぎしついて, なか, ほんの山上, また敷居, また極めて, もう其頃, 二重の, 亦た, 人間の, 同じこと, 同じ手口, 大世話場, 彼處も, 恐しく嚴重, 押入の, 現任の, 私には, 藥臭く, 食物を, 駿河と

▼ 此處までは~ (19, 0.7%)

1 [19件] やつて, わかりましたがね, スラスラと, 事件の, 二三日前に, 來なかつた, 來めいがな, 來り, 傳は, 入つて來, 匂ひません, 參りません, 大分離れ, 射さず薄暗く, 屆か, 屆きません, 知られず平次, 聲が, 聽え

▼ 此處~ (18, 0.7%)

42 から殺し

1 [12件] つたな猪, といふ, と今戸, と思ひ切り, と言, な, ね, ほらほらは, よ掘, よ此處, 此處だ, 馬鹿奴ツ

▼ 此處~ (15, 0.6%)

2 に薄らいだ

1 [13件] では顏, でゴロリ, と二三軒, と他人, と移つて, に散在, に未だ, の奴等, の始末, の町, の馬, は洪水, へ行つて

▼ 此處です~ (12, 0.5%)

5 よ, よ親分 2

▼ 此處~ (12, 0.5%)

2 戸棚の 1 いひ乘, なく飛ん, 函館とを, 動かして, 同じである, 持ち歩いて, 案内を, 眼を, 聞きたる白金臺町, 見

▼ 此處へは~ (11, 0.4%)

2 顏を 1 人々は, 人を, 來なかつた, 來る, 參りません, 戻らなかつたの, 親分が, 誰も, 通れぬと

▼ 此處~ (10, 0.4%)

1 がよから, で遊ん, に, には好い, にゐた, のこの, のこんな, の赤松林, はもう, は自由

▼ 此處~ (8, 0.3%)

1 やあるまい, やあんまり, やお話, やろくな, や人立, や解らねえ, や詳しい, や調べ

▼ 此處より~ (8, 0.3%)

1 やがては, 一人手廻りの, 住み心地, 外に, 後の, 水行二十日に, 程遠からぬ, 船を

▼ 此處~ (7, 0.3%)

1 來た, 來て, 懷に, 持ち來, 漕ぎ付け, 築き上げたの, 考へて

▼ 此處だけ~ (6, 0.2%)

2 だと 1 なるか, 欄間に, 質問した, 開いて

▼ 此處へも~ (6, 0.2%)

1 お團子, そんな手紙, またちよ, 山田から, 見えました, 電氣點けん

▼ 此處~ (5, 0.2%)

2 らに 1 らぢゆうに, らの, らまで

▼ 此處なら~ (5, 0.2%)

1 人に, 大丈夫で, 大丈夫と, 屹度釣れる, 誰も

▼ 此處までや~ (5, 0.2%)

3 つて來た 1 つて來ました, つて來る

▼ 此處からでも~ (4, 0.2%)

1 一と, 吹矢が, 引返さうか, 見える位

▼ 此處だけは~ (4, 0.2%)

1 ハチきれ, 俺の, 時々戸締り, 治外法權として

▼ 此處でした~ (4, 0.2%)

1 か, か何處, たかに, よ

▼ 此處にて~ (4, 0.2%)

1 挫けなば, 森の, 試むべし, 飮むべ

▼ 此處をば~ (4, 0.2%)

2 毎夜音づれて呉れた, 見つけ出しまして

▼ 此處彼處~ (4, 0.2%)

1 から船橋, になく, の富家, を指さし

▼ 此處からも~ (3, 0.1%)

1 また例, 名を, 起つた

▼ 此處ぞと~ (3, 0.1%)

1 勇氣を, 思ふところ, 琵琶お

▼ 此處で御座います~ (3, 0.1%)

1 が, よ旦那, 親分さん

▼ 此處にと~ (3, 0.1%)

1 少年の, 指さすは, 示したるま

▼ 此處へと~ (3, 0.1%)

1 呼んで, 奧の, 放浪し

▼ 此處までの~ (3, 0.1%)

1 思想で, 約半日がかり, 道順と

▼ 此處~ (2, 0.1%)

1 え, 行つて見

▼ 此處~ (2, 0.1%)

1 は一度, へ離れ

▼ 此處での~ (2, 0.1%)

1 生活は, 高瀬貝採取權

▼ 此處にこそ~ (2, 0.1%)

1 眞正に, 神が

▼ 此處にての~ (2, 0.1%)

1 取沙汰容貌の, 敬ひ

▼ 此處にや~ (2, 0.1%)

1 しなはる, もう用

▼ 此處へでも~ (2, 0.1%)

2 呼び給

▼ 此處また~ (2, 0.1%)

1 左右に, 濱形六七十有

▼ 此處~ (2, 0.1%)

1 ちよいと, 後を

▼1* [77件]

此處いらへんで下手な, 此處からの方が, 此處からはずつと向うが, 此處からわづか八マイル, 此處こそはたいへん吉, 此處さ火とつてくん, 此處しばらくの怪し, 此處御恩, 此處だけが穴が, 此處だけには生き殘つて, 此處だけを少し殘, 此處だす此處だす, 此處であり更にまた, 此處でございますよ親分, 此處でなく途中でない, 此處ではどつちが, 此處で御座いましたわねえ初めて, 此處とは別な, 此處んです, 此處ながら浮世の, 此處なり此處へ, 此處なる冷やかの, 此處にくだれるならば, 此處にては古今東西に, 此處にても一時間ほど, 此處にばかり騷ぐかあはれ罪なき, 此處にをしへ, 此處はの螢が, 此處ばかり日の本を, 此處ばかりには限らない, 此處ばかりは忘れたかと, 此處ひとつあけたる窓, 此處ほれワンワンと, 此處までのみを復活し, 此處此處や, 此處よきつと, 此處よと小さく叫ん, 此處よりは少し低, 此處らぢや居る, 此處らんとこに塊有, 此處をも捨ていと, 此處を通してはならぬといふ, 此處ア瀬が迅, 此處一つに美人, 此處一町はやみ, 此處一軒だけは地震, 此處三十里の隔て, 此處其處に立つ, 此處別莊の裏, 此處北海の浦, 此處千番に一番, 此處南方離島では何と, 此處あるべからず, 此處彼處彷徨へばとある, 此處彼處紫陽花咲けりと, 此處彼處舊遊の澱, 此處彼處露地の日あたり, 此處往時北越名代の健兒, 此處手帳を飜反, 此處掘れワンワンと, 此處云法吉, 此處未申に向, 此處松澤新田が先祖累代, 此處此處よと小さく, 此處殿は其ころ大名, 此處水溜があり, 此處濱形未向, 此處立つ緋, 此處寂しい島, 此處等近くに來, 此處は益, 此處而傳汝其行矣傳之東國, 此處西の端, 此處に向, 此處を少し, 此處閑窓のうち机上, 此處鴛鴦の塚