青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「此時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正義~ 正造~ ~正面 正面~ ~此 此~ ~此処 此処~ ~此方 此方~
此時~
此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~

「此時~」 1047, 11ppm, 9626位

▼ 此時~ (80, 7.6%)

8 於て 4 當り 3 至るまで 2 あるべきぞ, 当つて, 当りて, 限つてそんな

1 [57件] あたりて, あらずば, ありと, ある, して, なつて, ふと心付く, 備ふる, 出来たの, 初めて富永一家, 十兵衞が, 南部の, 唐の, 在り, 在りて, 女の, 始まつたこと, 始まつたわけ, 始まれる也, 小さい男, 当って, 当つてわたくし, 当つて天道革命論, 当つて横合, 当つて福沢氏, 当つて藤陰, 当つて蘭軒, 当り婦人, 当り我機, 当り身, 当り金銭, 得るの, 懸り止むを, 成つた七絶五首が, 方つては, 於ては, 本当の, 特別に, 當つて俺の, 當つて君子に, 當つて學を, 當つて東洋の, 知り申し候, 神秘が, 突風の, 編纂を, 縮まり畢ん, 至つて暇を, 至らば, 至りては, 見た焼岳, 諸国に, 過ぐる, 降られ天地, 限つて分別の, 限らず賤ヶ岳, 顯家の

▼ 此時~ (75, 7.2%)

2 もう二階, 妙に, 既に此等革命, 此女の, 流石に, 目に

1 [63件] いたづら, すでに澤山, た, たとえ一杯宛, まだあまり意, まだ二三目前, まだ工事, まだ後, まだ若, もう女, もう庭先, もう後, もう買, エス樣が, オートミルや, ハリダースが, 三十五歳で, 両軍, 人が, 仏本, 伝承の, 使わなかったこと, 全く忘れられ, 全く死, 又本郷, 塑造台を, 変な, 大騒ぎでした, 天武, 太刀山が, 宮廷から, 将門純, 小野川先手を, 已に亡くな, 常にも, 彼の, 必ず計画, 愛嬌顔なりき, 既に九郎右衛門, 既に僕, 日沒より, 早や, 未だ叛, 未だ生れ, 杞陽香葎君等も, 火を, 爺婆の, 秀吉は, 私は, 胸が, 自己の, 芸兵入京し, 荊妻は, 蒙古, 誰も, 諸国へ, 讀書人に, 足拵えが, 金峰山を, 鉢卷は, 風雨の, 鬼との, 齒を

▼ 此時~ (67, 6.4%)

3 事で 2 事である, 状態は, 私の, 繁の

1 [56件] かうした感激, ことだけは, やうな, わが, わが振舞, セルギウスの, 事か, 会者東洋城癖三酔松浜水巴蛇笏三允香村眉月蝶衣等, 位何も, 余の, 作では, 俺は, 儀式が, 光景が, 勢ただ, 印象として, 合戦に, 呈書かと, 国香良兼等が, 城攻に, 塲所は, 境遇を, 天子の, 失望は, 嬉しさ, 尊者なる, 心の, 心何を, 心持は, 心持を, 心痛は, 感じを, 慨み, 憤慨と, 戦に, 手紙は, 有樣, 様子たら, 檄文は, 歌は, 死人は, 父の, 状態を, 状況が, 目録には, 神ながらの, 神判は, 義元の, 聲と, 苦悶は, 處分は, 衣装は, 賭博は, 進上物に, 顏を, 顔つきには

▼ 此時~ (22, 2.1%)

8 になつて 2 になっ

1 [12件] から佛國, には信房, には朝廷, には金, に大仏, に裁判, の人, の受領, はお, は他, は祭見物, 面白い話

▼ 此時まで~ (18, 1.7%)

2 失神し, 斯う

1 [14件] お定, 九州の, 余と, 其樣な, 刀は, 斯く仔細, 殆ん, 海蛇丸は, 臺ランプの, 藻西太郎の, 身體を, 閃, 頭の, 食卓の

▼ 此時~ (18, 1.7%)

2 其影を, 背後に

1 [14件] あらましは, つい二三日前, 亦其考, 八ヶ岳に, 功が, 半鐘の, 政府内閣は, 敵の, 明治四十一年の, 決して争う, 真紅に, 行者が, 邸へ, 金峰の

▼ 此時から~ (15, 1.4%)

2 また加つた, 松太郎を

1 [11件] あとまだ, である, もう二人, セルギウスの, 傳道者フランシス使徒フランシスと, 十七分前に, 彼は, 從來平戸に, 木下秀吉の, 萌して, 龍馬に

▼ 此時自分~ (12, 1.1%)

2 が呱々, の双眼, の心頭, は俄 1 の心, は対手, は對手, は思つた義母

▼ 此時ばかりは~ (10, 1.0%)

1 きつと, さすがに, どうしても我慢, 一寸膝, 余程嬉しかっ, 大急ぎで, 惡い, 考へた, 自分で, 芋どころでなかった

▼ 此時初めて~ (10, 1.0%)

1 エスペラント語で, 何とは, 南日君も, 口を, 気が, 氣が, 知つた, 自分に, 葛城は, 遠く御岳

▼ 此時~ (10, 1.0%)

2 の言ひたい気持ち, の言ひたい氣持ち 1 の慢心, の言いたい, はその, は例, は新しい, は鋭い

▼ 此時より~ (9, 0.9%)

2 遙か 1 あつた, この方蛇, パリスの, 他の, 始まつて, 既に自ら其力, 盛んなり

▼ 此時ばかり~ (8, 0.8%)

1 だ, ぢや, でそして, でそれに, でなく, でまた, 杖に, 私の

▼ 此時もう~ (8, 0.8%)

2 一昨日金を 1 一半を, 四十を, 堪らなくなつたん, 平次の, 殘り, 赤井主

▼ 此時始め~ (8, 0.8%)

2 て攻勢 1 てこの, て口, て声, て悟り升, て滿面, て知

▼ 此時既に~ (8, 0.8%)

1 や, 予等は, 出來上つて, 初登攀, 学者間に, 早し既に, 本船を, 黒薙川附近まで

▼ 此時~ (8, 0.8%)

1 が自分, に噛ん, の傍, の頭上, は始, は山, は急, は春枝夫人

▼ 此時~ (7, 0.7%)

1 一日中で, 初て, 十時半, 始で, 始めて, 日本書撰定の, 過ぎて

▼ 此時には~ (7, 0.7%)

1 これが, もう追手, 余程心, 既に明軍, 相續人, 自分も, 遙遙海を

▼ 此時ほど~ (7, 0.7%)

1 十手捕, 大得意, 大手柄を, 平次も, 弱つたこと, 自分の, 酬いられた仕事

▼ 此時先生~ (7, 0.7%)

2 が汽車, に依っ, は人力車 1 の風采想

▼ 此時忽ち~ (7, 0.7%)

2 私の 1 叫んだ, 大聲, 室の, 我が弦月丸, 轣轆たる

▼ 此時漸く~ (7, 0.7%)

2 庇に, 氣が 1 一つの, 穢げな, 聲を

▼ 此時ふと~ (6, 0.6%)

2 顔を 1 上記に, 心に, 眼に, 耳に

▼ 此時~ (6, 0.6%)

4 過してはと 1 最初と, 過ぐし

▼ 此時はじめて~ (5, 0.5%)

1 分つたが, 平次は, 英断を, 見た, 頭を

▼ 此時一度凡石城~ (5, 0.5%)

5 はとり毀たれた

▼ 此時~ (5, 0.5%)

4 ノ人民ハ 1 悉く皆

▼ 此時~ (5, 0.5%)

3 真白な 2 眞白な

▼ 此時~ (5, 0.5%)

5 を認めた

▼ 此時~ (5, 0.5%)

3 に亡くなつ 1 に亡くなっ, に亡くなつた

▼ 此時~ (5, 0.5%)

1 嬉しく思った, 得意を, 済は, 無駄づかひ, 義男に

▼ 此時~ (4, 0.4%)

2 定の 1 つぎの, 雪伯母が

▼ 此時~ (4, 0.4%)

1 あつた, あらう, あらねば, 基督教を

▼ 此時~ (4, 0.4%)

1 思いお, 良兼等は, 計り直に, 郡中を

▼ 此時までも~ (4, 0.4%)

1 お露, ばあさんは, まだ何ん, 共々に

▼ 此時不意~ (4, 0.4%)

1 にだ, に八五郎, に波間, に車外

▼ 此時~ (4, 0.4%)

2 を助けし 1 は一種言, は此文士

▼ 此時~ (4, 0.4%)

1 塩の, 姐御, 山祇神長女が, 時計を

▼ 此時~ (4, 0.4%)

1 のいかなる, は常に, は怒り滿, は此

▼ 此時~ (4, 0.4%)

2 より通 1 が変, が斯

▼ 此時だけは~ (3, 0.3%)

1 のんびりし, 激戦の, 激戰の

▼ 此時また~ (3, 0.3%)

1 中空から, 此学生の, 此學生の

▼ 此時までは~ (3, 0.3%)

1 お定, まだ眞相, 罰しられて

▼ 此時わが~ (3, 0.3%)

1 命は, 愁森を, 見し血

▼ 此時わたくし~ (3, 0.3%)

2 の内 1 は決心

▼ 此時われ~ (3, 0.3%)

1 に縁談, に返る, は忽ち

▼ 此時僅か~ (3, 0.3%)

2 に胸 1 ながら苦痛

▼ 此時~ (3, 0.3%)

1 のすわつ, の一生, は決して

▼ 此時全く~ (3, 0.3%)

1 姿を, 現実といふ, 現實

▼ 此時~ (3, 0.3%)

1 に人麻呂, に連, の推移

▼ 此時~ (3, 0.3%)

2 先生が 1 一人の

▼ 此時大佐~ (3, 0.3%)

1 の許可, の顏色, は徐

▼ 此時~ (3, 0.3%)

1 にて乳母, にて又, にて戸

▼ 此時彼女~ (3, 0.3%)

1 の顔, の魂, も彼

▼ 此時~ (3, 0.3%)

1 に判然, に彼女, に生々

▼ 此時若し~ (3, 0.3%)

1 信長が, 此病氣で, 私が

▼ 此時かの~ (2, 0.2%)

2 藻外と

▼ 此時この~ (2, 0.2%)

1 力ある, 古き岩こ

▼ 此時こんな~ (2, 0.2%)

1 事を, 場合に

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 よ, 此時彼は

▼ 此時にな~ (2, 0.2%)

1 つてその, つてソロドフニコフは

▼ 此時セルギウス~ (2, 0.2%)

1 の胸, は一層

▼ 此時ワイスマン先生~ (2, 0.2%)

2 も夫

▼ 此時一人~ (2, 0.2%)

1 の男兩人, の行者

▼ 此時一盞~ (2, 0.2%)

2 無くん

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 図, 圖心付く

▼ 此時丑之助~ (2, 0.2%)

2 の右

▼ 此時九郎右衛門~ (2, 0.2%)

1 は三十歳, は十五歳

▼ 此時二人~ (2, 0.2%)

1 の印度人, の巡査

▼ 此時五十嵐~ (2, 0.2%)

1 の心, の眼

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 とも気が付かず, とも氣

▼ 此時何故か~ (2, 0.2%)

1 心痛極りなき, 探海電燈

▼ 此時俄然~ (2, 0.2%)

1 として東, よわつたの

▼ 此時信吾~ (2, 0.2%)

1 は学校, は學校

▼ 此時信階~ (2, 0.2%)

1 の創立, は二十五歳

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 に端艇, の桑畑

▼ 此時~ (2, 0.2%)

2 かに立ち上つた

▼ 此時~ (2, 0.2%)

2 うるさいと

▼ 此時~ (2, 0.2%)

2 の呼吸

▼ 此時吾等~ (2, 0.2%)

1 の傍, の立てる

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 に入, は全く

▼ 此時女乞食~ (2, 0.2%)

2 の周匝

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 て職業的政治家, て認め得

▼ 此時家持~ (2, 0.2%)

1 は, は長短歌六首

▼ 此時少なから~ (2, 0.2%)

2 ず驚いたの

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 は思, は意外

▼ 此時平次~ (2, 0.2%)

1 の前, は路地

▼ 此時庄兵衞~ (2, 0.2%)

2 は空

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 から私, の中

▼ 此時懐手~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 は全く, も麗らか

▼ 此時最早~ (2, 0.2%)

1 六十歳を, 此船を

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 の諸, は日本

▼ 此時此歴史的一~ (2, 0.2%)

2 大巨人

▼ 此時洋燈片手~ (2, 0.2%)

2 に花郷

▼ 此時~ (2, 0.2%)

2 は不意

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 や眞面目, や面

▼ 此時突然~ (2, 0.2%)

1 向河岸, 純朴な

▼ 此時立つ~ (2, 0.2%)

2 て行つて

▼ 此時~ (2, 0.2%)

1 二の, 二點鐘カンカンと

▼ 此時算盤~ (2, 0.2%)

2 の上

▼ 此時龍馬~ (2, 0.2%)

1 は一発ズドン, は創

▼1* [396件]

此時あまりの浅まし, 此時あらゆる現世の, 此時いまひとりの癩, 此時うれしきハ西郷吉之助, 此時こそ思い切り切りまくる, 此時これまで黙, 此時したしくみしならん, 此時すぐ家の, 此時すでに遲か, 此時そつと登つて來, 此時その隣の, 此時それを持つ, 此時たるや精神上, 此時だけが友達の, 此時だけにもしろ味, 此時ちつとも騷, 此時であって如何, 此時のである, 此時などは実に日夜, 此時なりと勇みぬ, 此時にかの國へ, 此時のみである, 此時はじめてポロポロと涙, 此時はやし間一髮まち給へとばかり, 此時ぼんやり菊を, 此時まだ余の, 此時までに結婚しなけれ, 此時むかしの記念, 此時燕の, 此時ゆくりなく自分の, 此時わしは僧院長セラピオン, 此時を以て断然之, 此時アヌンチヤタを恨みき, 此時アブナアの側, 此時アンジエリカ籬の後, 此時イワンデミトリチは急, 此時スタスタと歩き出した, 此時ステパンが思ひ出した, 此時ヂュリエット二階の窓, 此時ヂュリエット目を開く, 此時ドルフの目, 此時在リキ, 此時ニもれたまふて, 此時ニアリトス固ヨリ必然, 此時ハ風呂より上りし, 此時ヒヨツコリと顏, 此時と思ひ出した, 此時フアビアニ公子傍よりアントニオ, 此時フラミニアをさ, 此時フランチエスカの君我, 此時ベンチにはボツ, 此時ポチを捉, 此時モリエエルが入, 此時モンタギュー家の下人, 此時リスボンには津浪, 此時ロミオ物思ひ顏, 此時しよに, 此時一少女ありて, 此時一度逃去つたる, 此時一方へロレンス法師, 此時一旦北条を, 此時一氣に飛出さう, 此時一番に賑, 此時一聲高く叫ん, 此時丁度猛犬稻妻が, 此時七十三歳で歿, 此時三つ斗りなる兒, 此時三人の人, 此時三吉は材木, 此時三藏は梅ちやん, 此時上り口の格子戸, 此時上下の句二百枚を書く, 此時上手よりモンタギュー, 此時不思議さうに顏を擧げた, 此時中部甲板には午前十一時, 此時丹羽長秀高島郡大溝の城, 此時主人は改めて, 此時乍驚自閨中述出一通書状, 此時九歳であつ, 此時二世瑞仙の家, 此時二十七歳であったが, 此時二十三歳で中, 此時二千兩の小判, 此時二名の水兵, 此時二地に分ち, 此時二發の彈丸, 此時二階居申候, 此時五十七歳であつ, 此時京留居吉井幸助もど, 此時の足音, 此時人馬剣戟の響, 此時人麿の歌, 此時迄は晴朗, 此時仙台政宗の歌, 此時以前既に相当, 此時以後に現れた, 此時仲禎卿雲初見, 此時伏見奉行よりも打取れ, 此時休憩所では乘船, 此時伸べしと殊に, 此時位何も彼, 此時佐佐が書院, 此時の理由, 此時何処から飛出した, 此時何故とも知れず, 此時何處とも知れず, 此時作つたのださうだ, 此時作られたものである, 此時使は八方, 此時侍童あなたにて口笛, 此時かに周章狼狽, 此時は宇宙, 此時に九歳, 此時は鐵鉢, 此時僧侶の間, 此時僧月江が, 此時は五十三, 此時先方の船, 此時に角金鍔, 此時入口を這入る, 此時全巻を書した, 此時兩氏竹島渡海の事, 此時弱い心, 此時其手代連の一人, 此時其魂の空し, 此時再び私の, 此時冗談半分に革, 此時冷然の然, 此時凛乎たる面, 此時出現ましましたの, 此時分二三の興行物, 此時分此女が少し, 此時分父は常に, 此時分龍馬が隊中, 此時三発致し, 此時初め君主政の行, 此時利仁が突然, 此時利安は領地, 此時利章は一間, 此時加担して, 此時北船場の方角, 此時北軍却って南, 此時十九歳であつ, 此時卑濕の土地, 此時原稿の校正, 此時の背後, 此時参議右衛門督藤原忠文を征東大将軍, 此時反対派の木村候補者, 此時可愛らしき眼を, 此時右舷の當番水夫, 此時吉本榮吉演壇に趣き, 此時同勢の中, 此時吾等一同の沈默, 此時嘗てアルタフォルテの, 此時四十二の厄年, 此時を描い, 此時を式部, 此時なきは, 此時多くの, 此時大路を時に, 此時全く明け, 此時天地暗黒となり, 此時天地相去ること, 此時天意かいざ, 此時太祖の盛徳偉業, 此時太都夫は總指揮者, 此時太陽は雲間, 此時夫人は少年, 此時奇蹟が起りました, 此時奥詰などの命, 此時女の童に襖, 此時女中鳥羽は毒, 此時女子一人走り来て, 此時奴僕らしい三十前後, 此時如何に, 此時妻ハ長崎へ月琴, 此時子規は余程, 此時宅守が帰った, 此時安藤が梅田雲浜, 此時宗時の言, 此時家康は忠行, 此時家督相続をし, 此時寝返りしたの, 此時返りしたの, 此時實物を示す, 此時寧ろ予定を, 此時計り戸を, 此時少し變だ, 此時少しく震を, 此時少佐は軍医, 此時少年は餘程疲勞, 此時少年心にも言, 此時山人が持つ, 此時岡氏に改めて, 此時已に自分たちは, 此時市街地の大部, 此時の御感, 此時帝國大學地震學教室, 此時平和な福島, 此時年八十九尚往事, 此時年齡が既に, 此時年齢が既に, 此時座敷の隅, 此時廿の聲, 此時は既其橋, 此時彦三が寿海, 此時彼方なる寝台, 此時彼等の名, 此時後方よりはやこなた, 此時後見の役, 此時徐かに艇頭を廻らし, 此時御者が陽氣, 此時心頭に浮び, 此時思はず小さな叫声, 此時思ひも寄らぬ, 此時思ひ切つた政略的な, 此時思ふにハ男子ハすね, 此時思わず身を, 此時恰も此念を, 此時患者に豫め, 此時想世界の敗, 此時意識の焦, 此時感情の海, 此時我心は我目, 此時我等二人を窺, 此時我艦隊は一斉, 此時我詩は花束, 此時つて來た, 此時扇一握を, 此時振下したニキタの, 此時檢服の, 此時數個殘つて居つた爆裂彈, 此時數十の獅子, 此時新たに生命, 此時方士も魔女, 此時旗本伊沢の家, 此時明らかに代, 此時の飛ぶ, 此時春三郎は一種, 此時春外長二名及龍馬もアリ, 此時時計の針, 此時に大, 此時曹操は既に, 此時最も大多数, 此時最高潮に達した, 此時朝倉方の大将, 此時朝霧霽る, 此時本能的とでも云った, 此時東魚来テ四海ヲ呑ム, 此時松村の奥座敷, 此時松田藏相發言を求め, 此時柏軒は端, 此時伯爵なる, 此時の先, 此時校長田島金蔵氏は感極ま, 此時校長田島金藏氏は感極ま, 此時まつて, 此時横井の門人下津, 此時横槍を入れた, 此時樸忠は正に, 此時次韻の作, 此時此場此上に好い, 此時此手紙を読ん, 此時此等の大変, 此時此鐵鎖が如何, 此時の前, 此時母上も歩み寄り, 此時毛利は芸州吉田, 此時氏郷が佐沼, 此時気だるさうにはじめて, 此時油然として起つた, 此時消えたのであった, 此時を拭, 此時淋しき笑を, 此時溜池の方, 此時やく八才計り, 此時濛々たる雲霧, 此時焼跡から帰っ, 此時燃拔けては居なかつた, 此時は厳正, 此時父抽斎の榛軒, 此時父蘭軒が秋, 此時牡丹台を行長, 此時が旅人, 此時い川, 此時猛犬稻妻は一聲銃, 此時お年も, 此時が動いた, 此時玄関で人, 此時玄關で人, 此時珈琲を一口飮ん, 此時現れたる能力なれ, 此時瑞仙が京都, 此時田代方面に起った, 此時由来伝へ噺有, 此時甲板には十一時半, 此時畢子孫不可相繼之然者飽帶官職欲擧家名云々, 此時疲労の甚しき, 此時白羊宮にある, 此時白襟の衣紋, 此時百千の勇將中, 此時百文に二合八勺, 此時直ぐ下手の, 此時望めども相, 此時の併合, 此時眠っていた, 此時矢島が河竹, 此時砲戰もどかしとや, 此時破顔一笑会心のさざめき, 此時は門松, 此時神色自若たりきとして, 此時福井屋の二階, 此時福慈神答曰新粟, 此時積荷と一緒, 此時空手でボンヤリ歸つて來, 此時立ち上がつて, 此時立会検事は被告, 此時なく憶, 此時納戸の蚊帳, 此時細君の聲, 此時細路第二, 此時終始緘黙し, 此時経験出来る丈, 此時綱宗は二十歳, 此時織田徳川方では丹羽勘助氏次等, 此時は感ずべき, 此時老いたる男下手より, 此時老臣の中, 此時聴衆の頭上, 此時を揉ん, 此時背後から母様, 此時背面の方, 此時脱力したやう, 此時を拔, 此時に, 此時自分たちの側, 此時舷燈の光朦朧, 此時船長は既に, 此時艦頭に立てる, 此時良三は苦悶, 此時若者は若者, 此時苦患の一聲, 此時荻野君は国師岳, 此時萬年町とか鮫ヶ橋, 此時葭簀の陰, 此時蒲生方に取っ, 此時太ハ辛抱, 此時被告は附, 此時見附の方, 此時りは, 此時の口, 此時談判された出版屋, 此時警察から刑事, 此時變つてゐた, 此時の底, 此時赤面して, 此時起つたのである, 此時足音いと荒く, 此時跪きたるがもろ手, 此時身邊なる熔岩, 此時車中に殘, 此時車夫の足, 此時輸卒として召集, 此時近くの人, 此時近江の京, 此時遠くより来た, 此時し, 此時選手第一, 此時邪気のある, 此時邪魔を入れ, 此時金港堂の編輯, 此時をお, 此時鎮守の森, 此時長女のいち, 此時阿部正弘が家臣, 此時降りかけて居た, 此時に始まれり, 此時限りでなく恐らく, 此時限り行方不明になりました, 此時陸奥は農商務大臣, 此時階下の事務室, 此時障子の蔭, 此時の物音, 此時がうすれ, 此時雲収り日, 此時雷鳴と共に大雨, 此時電光艇は遙, 此時静かに顔, 此時頃私の脳底, 此時領主公爵多勢の從者, 此時頻りに予を, 此時飛付いて来た, 此時餘程疲勞れて, 此時駆け付りた, 此時と鴎, 此時鶴子さんの眼