青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「此方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正確~ 正義~ 正造~ ~正面 正面~ ~此 此~ ~此処 此処~ ~此方
此方~
此時~ 此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士 武士~ 武家~

「此方~」 5360, 58ppm, 1986位

▼ 此方~ (988, 18.4%)

37 来て 14 來る 12 お這入り 10 おいで, お上ん 9 お上り, 出て, 向いて, 向って 8 お出でよ, 来い 7 お出で, お這入りなさい, やつて, 向つて, 近づいて 6 おいでよ, お入り, 來て, 入らっしゃいまし, 向けて 5 お這入んなさい, ゐら, 来たの, 来な, 歩いて, 足を, 這入って, 顔を 4 お上りなさい, お掛けなさいまし, 來た, 持って, 来ねえ, 這入りなさい, 通すが, 駈けて

3 [22件] おかけなさい, お出, お出でなさい, お通し申す, お通し申せ, 來い, 入れて, 呼んで, 寄るが, 帰って, 持つて, 来た, 来ても, 来ると, 来るに, 来るの, 来給, 背を, 近寄って, 這入れよ, 這入んねえ, 進んで

2 [66件] いら, おいなはれ, お入り下さい, お出でこ, お出でな, お出でなすっ, お出でやへ, お掛け, お掛けなさいませ, お這入りなすっ, お這入んなせ, お通り, これは, やって, よこして, 上んな, 下りて, 來たり, 入って, 入れ, 入んな, 出ろよ, 参って, 参りましたが, 参りまして, 向き直り暫く, 向く, 向けと, 土を, 寄って, 帰つて来, 帰つて来た, 往っ, 御通し, 急いで, 戻って, 捻ぢ, 曲りして, 来いと, 来たり, 来たん, 来てから, 来てからは, 来ては, 来なさい, 来る, 来る婆, 来れば, 来給え, 歩きはじめる, 流れ込んで, 渡り返して, 相談に, 膳を, 行つ, 越して, 近づいたと, 這入りな, 這入れ, 這入んなさい, 這入んなせえ, 通すがい, 通せ, 連れて, 顏を, 飛んで

1 [518件 抜粋] いったり, いらっしゃい, いらっしゃいね, いらっしゃって, いらつし, うかうかと, うごいて, お, おあがり, おいでが, おいでくださいます, おいでそんなに, おいでだ, おいでとんだ, おいな, おかけな, おかけ遊ばし, おし戻されき, おつれ, おとおし申し, おはいり遊ばしませ, おはいん, およんなさい, おりて, お上がんな, お下げには, お乗んなさい, お伺い, お伺ひしなき, お供を, お入りなさい, お入れ申せ, お入んなさい, お入んなさいまし, お出ですぐ, お出でなさいまし, お出でなさえまし, お出でなせ, お出でに, お出でよう, お出なさい, お出なす, お召連れなさい, お客様お, お寄り, お寄んなさい, お寛ぎなさいまし, お尋ね申します, お帰り, お廻しなさい, お手伝御用, お持ちなすった, お構いなく, お構いなくお, お母, お泊め申し, お言葉, お貸しなさい, お跡, お這入りなせ, お這入りなせえまし, お這入んな, お這入んなさいまし, お這入んなすっ, お通しする, お通し申しませう, お通りなさい, お金を, かがやき来る沖, かけて, くると, ぐったりと, ぐつたりと叩頭を, ころ, ころがって, ご意見, さして引, さして登っ, た, とべつな, どうか, どうぞ, どうぞマア, どうぞ御, はいりゃれわざわざ, ふりお, べったりし, まいって, まいっては, まいりました者, まいり沓脱石, まいるに, まゐりました, むけて, むっくりとして, やったり, やって来る, やって来るん, よこせと, よろ, よろけした, よろよろと, よんなよ, チョコチョコ走っ, チョコチョコ駆け, ヅイと, パタリ遣っ, 一晩でも, 丁寧に, 三晩泊り泊りの, 上って, 上つて, 上りな, 上りましたが, 上りましたと, 上るの, 上れ, 上んなましちょい, 上んねえ, 下してね, 両三歩, 乗って, 乗つて, 乘る, 乘移り, 人でも, 付きして, 付きまして, 伺うと, 伺候さした, 低い, 何うも, 何卒いらっしゃっ, 何故来ない, 何時来たであります, 余計な, 來たんだ, 來てから, 來な, 來なさる, 來ねえ, 來ました, 來やは, 來られた, 來るで, 來給へ, 侵しに, 便って, 借りて, 傾いたやう, 先生たった, 光来い, 入っしゃいまし板, 入った限り影, 入っても, 入つたら, 入つて, 入らしって, 入らせ給, 入らっしったので, 入らっしって, 入らっしゃい, 入らっしゃいと, 入らっしゃった事, 入らんで, 入りたまえ, 出さつせえな, 出さんか, 出し給え, 出なければ, 出なよ, 出に, 出ろと, 出ろ面白い, 刃を, 初めて來, 動いて, 動く地響き, 十列べ, 十此方へ, 千兩箱を, 参ってから, 参っても, 参らる, 参らんよう, 参らん様, 参りました, 参りましたの, 参りましたらたとい, 参りましたん, 参るよう, 参れば, 参候一件家長共私へ, 取つたり, 取つて了, 取りかからん構え, 取り交されたが, 取上げて, 取戻して, 取次も, 可来とんだ, 向いた顏, 向かえば, 向かず早, 向きたまえそう, 向きなおった, 向き直った博士, 向く事, 向け, 向けたの, 向けた顔, 向けてに, 向けば, 向けるばかり, 向け可愛らしい, 向け夕月, 向け黙って, 向つて親しみ, 向を, 向替え, 向直つてゐた, 吹付ける, 呼ばって, 呼びませう, 呼んどいで, 呼入れられるとは, 呼戻す時, 固まつて, 圧倒的に, 坐って, 坐つた時, 埋めて, 売られて, 大声で, 奉公に, 奪い取るの, 奮迅し, 妻など, 嫁付いた, 寄せたら宜, 寄つて見る, 寄るだ懐, 寄るッ, 寄れ, 寄れちょい, 寄れ成, 寄越して, 寄越せ, 寄越せと, 寝そべりました, 寝よう, 寝泊りし, 寝返を, 寢返り, 小走りに, 尾を, 居て, 居ると, 差し向け隙, 差向けて, 帰つたの, 帰つたら, 帰らして, 帰らないん, 帰りながら, 帰ること, 帰る時, 店を, 度々お, 廻された, 廻せと, 廻って, 廻っては, 引いて, 引き下って, 引き取つて, 引き取られてから, 引っくり, 引入れて, 引取って, 引取ろう, 引寄せ, 引寄せようは, 引揚げ, 引渡して, 引継いで, 引込んで, 往くと, 往けば, 往って, 御出向き下され, 御窮命, 御譲渡, 御遠慮なく, 御預かり申さん, 心の, 応えるばかり, 思ひ入れするを, 悠々と, 惠梅比丘尼は, 戻つて, 戻つて來, 戻るぢ, 手伝い働き, 打つかつ, 扨私は, 投げかけさせること, 投げて, 抱えられた鹽原角右衞門, 抱き込み親類, 押しちゃ, 押して, 押寄せて, 招待仕る, 振り向く, 振動か, 振向いたお, 振向けて, 挿し散らしたり, 捻れて, 散らばつて, 斬込みました, 明け渡したの, 映りまする松火, 曲つた時何んか, 曲ると, 曲るの, 曳いて, 更めて, 札を, 来いってん, 来いッ, 来たくなって, 来たこと, 来たとき, 来たので, 来たまえ, 来たもの, 来たよ, 来たる, 来た処, 来た筈, 来ちゃ, 来てナ, 来ないか, 来ない間, 来なさいお前, 来なさい何, 来なさい誠に, 来なすったの, 来なせえ, 来なよ, 来ねえかと, 来や, 来ようと, 来らる, 来り, 来り彼方, 来るが, 来るさ, 来るなと, 来るなり, 来るなんて, 来るまでに, 来るもん, 来るらしいお前, 来る人間, 来る土手, 来る女, 来る様, 来る途中, 来る連中, 来んには, 案内し, 棹さして, 楯を, 此処から, 此方へ, 此方へと, 歸つて來てから, 歸つて來る, 殺到し, 汽車の, 泊ったか, 泳ぎ著き, 流れて, 渡すであろうな, 渡って, 渡り承り, 湯治に, 灯を, 炉を, 独りで, 申しうける, 申し受けよう然, 登って, 百条と, 皆な, 皆なお, 眼を, 着くという, 着く筈, 着けさせましょう, 移して, 移すこと, 移つたのだ, 移つてからは, 積んで, 突当って, 答えた, 索かれして, 紹介け, 綾に, 練って, 縁付いて, 置いて, 罷帰候様, 群れて, 聞えて, 肥つた顔だけ, 背中を, 葬むったので, 薩州様西郷伊三郎と, 藤蔓が, 行きしてる間, 行きたいな, 行きましょうか, 行き今更, 行く, 行くと, 行くの, 行つてぼんやり立つ, 被入つ, 見せた, 見せて, 許すから, 誠に何, 譲って, 貰うの, 貰って, 貴方大きく, 走つて來, 走り来る人影, 走り近づく此時二發, 走る, 越えて, 越したからって, 越してから, 踊りベタベタ, 踰来り, 身を, 転がりしたもの, 転げ込んで, 轉が, 近づくかと, 近づけると, 近付いて, 返えせ此の前, 逃げて, 這入りやれ態, 這入るが, 這入れお, 這入れ構わずずうっと, 這入んな, 這入んなましよ, 這入んなまし花魁, 這入んなよ, 這入んねえよ, 通して, 通すん, 通つて委細しく話し, 通らっしゃい, 連れ戻ること, 遊びに, 遣して, 遣って, 遣られたり, 避けただ人, 錢形の, 閉って, 降りて, 降りりゃおいら, 階子を, 集中し, 雪の, 靡き依りたまうよう, 面を, 預けられた事, 預けッ放し, 頭を, 頼めば, 願いまする, 飛びして, 首を, 駆けて, 駆け出して, 駈け廻るの, 駈け彼ら, 駈け集まって, 鼠が

▼ 此方~ (873, 16.3%)

15 ものだ 10 方が 9 方へ 8 顔を 6 方は 5 家の, 岸から, 心が, 心を, 方を 4 云うこと, 山の, 岸に, 岸へ, 岸を, 道は

3 [11件] ことは, ものとは, ものに, 三人は, 事だ, 事を, 方に, 眼に, 罪考へた, 言葉が, 足の

2 [71件] いふ通りに, お孃さま, お手, ことで, ために, ほうで, ものです, 二階より, 云ふこ, 仕事を, 味方と, 困つてるの, 女学校を, 姉さんは, 存在を, 家からも, 家で, 家は, 家へ, 山三郎は, 岸をば, 崖に, 御主人, 御承諾, 心持も, 恩を, 意見は, 手紙が, 方から, 方には, 方の, 方へは, 旦那様に, 林を, 棟梁は, 様子を, 此お, 歩を, 氏助は, 気の, 気持が, 用を, 田や, 畑を, 直轄に, 眼を, 社が, 窓を, 端を, 老人は, 者だ, 胸が, 舟の, 行くを, 要求を, 言ふ, 言葉も, 言葉を, 註文通りに, 試合の, 足を, 身に, 身を, 連中も, 都合が, 隅から, 隅に, 頭が, 顔が, 顔丈を, 騒ぎを

1 [601件 抜粋] おつか, お内儀さん, お婆さんでございます, お嬢様が, お嬢様の, お母様の, お皿の, お社, お美代, お部屋, かかるの, からだ, かれには, こと, ことが, ことだ, ことです, ことなどを, ことには, ことの, ことを, しぐさをたゝへて, すがた, たましい, ためにも, ためを, つけ目だ, ところか, どんな瑣細, にて候, には毒, は, はそれ, は太鼓, は女狂, は白檀, は音響, は頭, まだ枕木, ままさ, ものじゃ, もので, ものと, よりも多く, を上げます, を繊, イアクニシパの, テントへ, ボン, リウヤア仮, レンズを, 一味ばかりを, 一族が, 一間と, 一間に, 一隊の, 三井寺の, 三階はずーッと, 上り口に, 上を, 上世は, 不安を, 不意を, 不明と, 世界に, 世界に対する, 世界の, 両親も, 中川さんや, 主意が, 乗ずべき間隙, 了簡を, 了見さえ, 了見さへ, 事で, 事です, 事の, 事も, 二た, 二个処の, 二枚の, 二階曙町の, 云ひ, 云ふ, 云ふべき, 仕事には, 仕事の, 会社が, 会釈を, 低い板塀, 体も, 作った悪事, 來る, 側に, 側には, 側伝ひ, 僻みかも, 儲けもんで, 兄弟が, 先生様が, 兵へも, 兵士を, 出やう, 出入りを, 分倍河原義貞が, 列車と, 動作を, 勝手が, 勝手だ, 勝手で, 勝手な, 勝手を, 勢が, 勤ぢや, 勧めに, 勧進元の, 卑劣と, 原の, 友達に, 口から, 古川岸, 台所と, 同輩へ, 味方である, 呼吸と, 呼吸を, 命が, 唐木の, 商売じゃ, 商賣, 問いに, 嚊アから, 困ること, 國民は, 土地開放の, 土手から, 土手側に, 土藏も, 在府中に, 坂を, 坂路から, 垣根や, 塗物を, 塾, 壺には, 大学で, 大小の, 太夫様に, 奉公人が, 奥さんの, 奥様見たい, 女中頭で, 女性と, 妹の, 妹を, 妻に, 姿が, 姿を, 娘と, 娘子だ, 婦人と, 字では, 存じ寄に, 孝助, 学生達に, 宅に, 定つた住人, 室の, 家々の, 家から, 家を, 容器を, 察した通り, 将士こそ, 小さい座敷, 小さい方, 小屋から, 小屋へ, 小山君と, 小山君も, 小間物屋の, 山々を, 山で, 山峡より, 山腹の, 岩より, 岬から, 岸, 岸にも, 岸の上に, 岸へと, 峰々或いは, 峰の, 島影から, 川口町には, 左の, 師匠が, 幕舎で, 広海さん, 広間の, 店で, 店に, 店へ, 店先で, 店先の, 店前を, 庭の, 庭園の, 庭木である, 建物から, 建築敷地に, 弱々しい心, 弱さ, 弱味に, 弱点を, 強請った通り, 役目不, 得さ, 御下屋敷, 御両親, 御主人様, 御夫婦, 御手, 御新造が, 御機嫌, 御飯が, 心に, 心の, 心は, 心も, 心中も, 心持を, 心附を, 忙しい時, 思い通りに, 思う壺, 思った様, 思ひなし, 思ひ通り, 思ひ違ひと, 思ふ所, 恥に, 恨みは, 意中は, 愚劣な, 愛と, 態度が, 態度や, 態度一つに, 懇意に, 戦線へ, 所在を, 所望だ, 手で, 手には, 手を, 手をば, 手勢について, 手心で, 手落さ, 技術家なる, 折角の, 拝所へ, 挨拶を, 揚ったの, 支度は, 敗北に, 教室の, 散兵, 文句だ, 方で, 方のが, 方へと, 方へも, 方角の, 旦那な, 旦那様は, 旦那樣と, 明るい所, 明神ヶ岳を, 暗がりで, 曲った心, 曲者も, 曲角から, 望む通り, 木は, 未練を, 村と, 村に, 村へと, 果迄, 枝とが, 枝に, 根国また, 格子から, 棚や, 棟を, 棟梁の, 森や, 椅子から, 構ふこ, 様子が, 横町から, 横町を, 檀家から, 欄に, 欠点まで, 歌詞などの, 気を, 気分に, 気嫌を, 気持だ, 水は, 汀へ, 注文と, 浪人は, 海岸から, 海岸に, 海波, 混み合いよう, 溝まで, 灣の, 灯が, 灯を, 災難だ, 炭焼小屋から, 為でなく, 為に, 為には, 為にばかり, 焼跡を, 熱心に, 熱意を, 爲に, 片隅を, 物干しへ, 犬と, 犬に, 独断で, 猪口に, 現在とに, 理屈の, 生命に, 生徒だつた, 用事は, 用意を, 田圃に, 申したこと, 申すまま, 男が, 町では, 町名番地姓名を, 畑で, 畑に, 番, 番頭さんは, 皿に, 監督者は, 監視の, 眼が, 眼じ, 眼の, 眼も, 眼識を, 石井山三郎は, 秣や, 窓から, 窓からと, 立場が, 端のは, 端へ, 笑に, 納まりは, 素振りが, 絶壁の, 絶壁へ, 縁は, 縁側に, 縞の, 署への, 羽目に, 老人と, 考え通りに, 考へ, 者です, 者の, 耳に, 耻に, 肉が, 胸にも, 胸を, 胸カチリと, 脳中には, 腕から, 腰が, 腹が, 腹の中が, 自分の, 自由です, 舷へ, 船から, 船で, 船に, 船舷を, 芝居を, 花から, 花が, 花や, 若い侍, 落度に, 蔵へ, 藪垣の, 虚無僧は, 虱の, 血気の, 行くの, 街衢に, 袖に, 裏門の, 見付けられたと, 視線を, 親類を, 角, 言い分を, 言った事, 言ふこ, 言葉は, 計劃, 計略です, 話です, 話に, 話には, 話も, 話を, 誕生日な, 誤りであった, 説が, 調べが, 請求を, 譲歩が, 谷から, 谷を, 谷底に, 負けだ, 起居を, 足が, 足元を, 身にも, 身は, 身体が, 身分との, 身勝手と, 躯も, 車を, 車内では, 軍へ, 軒に, 軒彼方の, 近い者, 返書は, 退屈さ加減を, 過りだから, 部屋と, 郷族へ, 都合も, 醤油を, 重病で, 野や, 鐵車の, 鑑定に, 鑒定だ, 長屋の, 間違えだせめて, 間違ひ, 間違ひだつた, 防ぎは, 阿母, 陣屋から, 陸へと, 隅で, 隅へ, 隅まで, 隙間から, 雨漏りの, 露地或いは, 青黒い原, 非ばかりを, 音が, 頤使に, 頭の, 頭上に, 顏を, 顔のみ, 願ふところだ, 風景は, 食指が, 首を, 馬を, 高慢税の, 麓に

▼ 此方~ (582, 10.9%)

84 見て 54 向いて 18 眺めて 16 見た 10 見詰めて, 覗いて 7 指して, 見たが, 見ながら 6 お向き, 向いた, 見る 5 振向いて 4 振り向いて, 睨めて, 睨んで, 見あげて, 見送つて 3 向きて, 歩いて

2 [19件] 凝と, 向いたので, 向くと, 忘れさせたくない, 振り向いた, 振向いた, 振返つて, 流眄に, 無遠慮に, 目がけて, 窃み, 背に, 見おろして, 見たり, 見つめて, 見も, 見るん, 見向くうら少, 覗く

1 [282件] うろつき廻りそして, おつかわし下さい, おひとり, おびえた顔, お向きなさい, お向きッ, きょとんと, ぎろりつと見る, ご支持, さえぎったもの, さして, さして来れり, さして畳まつ, さして走せ来る, さしまねいた, さしまねいて, さし覗いて, さん, それと, ちょっと向きます, ときどき盗み見た, ながめて, にらんだ, ねりま, のぞき私, のぞんで, ば熟と, ふりむいた, ふり向いた, ぽかんとさせる, まはつ, みて, みるクルウ, やめて, よろめきましたが, ウロウロし, ジロ, 一顧する, 三四日中に, 不良青年と, 中心として, 主に, 仰いで, 仰く, 伸び上って, 先手に, 凝視した, 出してるし, 出立する, 叩き廻ったり, 向いたから, 向いたと, 向いたの, 向いたらどう, 向いた扉口, 向いた父, 向いた顔, 向いても, 向いてるでしょう, 向かざらん, 向かない, 向かないよう, 向かなければ, 向き, 向きたるに, 向きたる貫一, 向き今, 向き何事, 向き客二, 向き替え斜め, 向き直りながら, 向き稍暫らく, 向くぢ, 向く勇気, 向けよほんとに, 吹き飛ばす程, 呑んで, 呑気者に, 呪は, 呼びたり, 呼びまわりつつ, 嘉治さん, 嘲弄する, 圧して, 垣したる, 塞いだ一枚岩, 売つて, 大家と, 女と, 妥協し, 姑く, 屹と, 差覗く, 引き入れたの, 引つぱつて痙攣, 彼方は, 徘徊し, 徘徊した, 御覽, 微笑し, 思つて呉れる, 感慨に, 招くやう, 招くらしい, 拜んで, 拝んだ這身, 持つ貴方, 指さした時, 指さして, 指します, 振りかえって, 振りかえるの, 振りかへ, 振り仰いで, 振り反っ, 振り向いたの, 振り向いで, 振り向きしが, 振り向きつ思ひも, 振り向く処, 振り棄て, 振り返った時, 振り返つた, 振り返つて, 振り返つて帽子, 振り返りすぐ, 振り返り振り返りするん, 振り返ると, 振り返るやう, 振向いたお, 振向いた顔, 振向き, 振向くと, 振向く途端, 振向こう, 振返りし眼口鼻眉如何, 振返る, 捜し廻るの, 採りしならん, 探したり, 探しはじめました, 探し廻って, 文学少女かなんぞの, 星が, 望んで, 枝移りし, 棄て, 欺す, 正面に, 歩かないと, 殆ど無我夢中に, 求め現に, 河へ, 泊り歩い, 涼しい顔, 無我夢中で, 片付けて, 狂人扱ひ, 甘く見くびっ, 甘やかすの, 田舎者扱いに, 病人扱ひ, 目差し二十人, 目戍れるなら, 眺めおられる時, 眺めたので, 眺めた他, 眺めては, 眺めはじめた, 眺める気, 眺め居たる, 眺れ, 睨み上げて, 睨み据ゑて, 睨むでゐた, 睨めつけ時には, 睨んだとき, 睨んだ眼, 瞰て, 瞰下ろし, 瞻上げ, 知って, 知らないね, 私を, 窺いながら, 窺つて居る, 窺ふ, 経歴るに, 練り廻つて, 罵倒した, 背戸に, 臣下あつかい, 自然の, 行つ, 見あげた, 見い, 見して, 見たきり, 見たところ, 見たばかり, 見たまう時, 見たよう, 見たる顔, 見た後, 見た眼, 見ては, 見ても, 見てる, 見てるね, 見ふっと, 見まもって, 見まわした, 見まわして, 見まわす, 見まわったが, 見よつたらいきなり, 見るだよ, 見るであらう見たらこの, 見ると, 見るなり, 見るの, 見るよう, 見る老人, 見上げて, 見上げてから, 見下して, 見下ろした, 見乍ら, 見入って, 見入るの, 見向いた時, 見向かんとも, 見向き一喝, 見向ける素顔, 見廻す, 見廻せば, 見廻って, 見廻わ, 見張つて, 見渡して, 見渡廻した, 見詰めながら, 見詰め口許, 見返したと, 見返った, 見返りそれ, 見送った半身, 見送って, 見送りたまいし, 見送り柳, 視たが, 視て, 視め, 視詰めて, 覗きこんで, 覗き込むよう, 覗き込んでは, 覗くよう, 覗く互に, 訓める, 訪問した, 誘ふやう, 調べて, 識つてゐる, 警戒し, 蹈み, 蹈むと彼方が, 追ひこし, 透かした山家, 遅く立ちました, 酒杯の, 除いて, 雀が, 頼み散か, 飛び廻れるだろう, 飲って, 馬鹿に, 駆け廻った, 驅廻りませう, 驚かす爲, 骨折ろうと, 高く評価

▼ 此方~ (511, 9.5%)

12 来て 11 向けて 5 あるの, 向つて, 背を, 顔を 4 来てから 3 あつた, いらっしゃいますか, お在, 向いて, 向ひ, 来た時

2 [39件] あった, あるを, いるの, おいで, おいでよ, お預り, して, しますか, やって, やつて, ゐて, ムク, 一団と, 休ませ一番, 入らっしゃる, 出て, 向け, 向けた, 向けたが, 向ふ, 大橋を, 居て, 居ると, 居る間, 戈を, 来りて, 来ると, 来るの, 潜る, 澪や, 火が, 点在し, 理が, 突進し, 置かれて, 背中を, 蔵し, 見えた, 顏を

1 [368件] あった大月玄蕃, あらうと, ありて, あり其為, あり廻わし, ある, あるから, あるが, あわれな一時凌ぎ, いた千浪, いた新九郎, いた水野九蔵, いて, いぶって, いらしつて, いらつし, おいでです, およこし, おらの, おれとの, お世話に, お任せ下さい, お出でなさいません, お出でを, お出なさいます, お出なさる, お命じください, お寄, かくし地雷, かっせん, かつ泣き, かをるが, きて, きまつて, きめたのに, この森, こんな建物, さしひかえて, ざくざくと, ずらして, そつとして, その俎板, それほどの, それを, ちっともお客さま, ちょい, ちりばめて, つれて, とどまって, どたばた逐ひま, ないと, なる, ぬれ, はっきり見分けられない, ひと塊, むらむらと, もちやんと, もと小筒, もらいうける所存, やって来たが, よく気前, ゐりや, ゐると, ゐるの, ゐるん, 一つと, 一と, 一ならび, 一人大急ぎで, 一休みし, 一名距たっ, 一団一団に, 一塊百姓家が, 一生奉公を, 一種の, 一足彼方に, 七八人の, 下駄が, 不都合が, 並んで, 乗りして, 乘掛け來り, 二ならび, 五千坪と, 交されます, 交叉し, 仕様が, 付く外, 任して, 佇んで, 佇立低徊し, 何かを, 何の, 何んか, 來か, 來て, 候其の, 借用し, 借金を, 傾けて, 入つた, 凍れる旗, 凝つと, 出来て, 分れて, 削り立って, 劣らず杯, 動いて, 動くです, 化物は, 千筋の, 半年と, 厨人土間に, 参ると, 又一輪づゝ, 取り極め申候, 口を, 可愛い男, 同居する, 向い両手, 向い杖, 向うの, 向かって, 向き, 向きぬ, 向き直つた, 向くやう, 向けたり, 向け又は, 向って, 向つた, 向つて切り, 向て, 向へ, 向へるなり, 向直つた, 向直つたが, 向直らるる, 吹き今, 吾, 命けらる, 命けらるる, 喰つてか, 四角に, 土蔵造りの, 坐つて控, 大勢いる, 大見識, 大部たまり, 奔走し, 女が, 如斯と, 定まった尺度, 家を, 宿を, 寄せた方, 寄せて, 寄らないと, 寄越せどうも, 寝が, 對抗する, 居ては, 居らしめ自分, 居るだらうね, 居るつもり, 居る事, 居続けたら何, 左の, 差向くる, 帰つて以来勉強と, 帰て, 廻らうかとも, 廻りし其艦尾, 廻航する, 引き止められて, 引き移つたの, 引向けんと, 引張て, 彳み, 彷徨ひ, 恨みが, 恨を, 憂き月日, 戻って, 手を, 持ち掛けたの, 挨拶し, 振りまき柔, 振りむいたらしい, 振向けなければ, 捻向けんとして, 控えながら, 揉まれる, 揉む状, 損の, 撓いて, 支柱が, 散つたその, 散らして, 散らばつて, 散在する, 斜くらゐ, 斯う, 旅し, 旗の, 曲って, 月見草が, 有るの, 望みが, 本当の, 来さ, 来ず野上さん, 来た, 来たこと, 来ても, 来ないか, 来なければ, 来らせ, 来りし時, 来るまでは, 来る前, 来る時, 来る足音, 来れるは, 来懸るに, 松崎も, 栽ゑて枕元を, 椅子が, 横たわって, 横顔を, 樫の, 止まるべきや, 歩いて, 歩き出した, 歩めりようやく, 歩を, 死んで, 残る雪明り, 比べると, 比べれば, 気の毒な, 気付いて, 泊って, 泊っても, 注がれるやう, 注意し, 洋杖の, 活け直して, 浮き出してる独立, 浮遊する, 淋しく立ツ, 済むか, 漂って, 潜みながら, 灯さへ, 灯の, 灯りが, 燈籠が, 爆発し, 物申したいとは, 牽かれ全滅, 狂奔する, 猛進し, 現はれ, 用事が, 畫架を, 白く咲き出, 目も, 目を, 相違は, 眼を, 瞬き始めた街燈, 瞳を, 矮い, 碧の, 確かな, 秘密を, 移って, 移つたのである, 移つて事実と, 移つて來る, 移らない或, 積んで, 空の, 立たされて, 立ち寄つたの, 立ってね, 立止まりぬ, 立評議を, 答弁の, 粂之助さんという, 紅菊の, 細流が, 絞った幕, 綴り出された, 縄を, 置くの, 考えが, 聞えた時手紙, 背き早, 背向けつつ, 背向に, 脱捨てたる汚れ, 腕力が, 落付く, 著た, 葭や, 蒲公英母子草金鳳花金仙花福壽草など, 蘭丸や, 蛾ほどの, 蜃気楼で, 蝴蝶の, 行きして, 行きし歩いて, 見えました, 見える古, 見せた, 見せて, 見せながら, 見られて, 見られ高名, 視線を, 触れた時, 記憶が, 設けたる屋台店, 設けられそして, 話を, 誘つた, 説を, 論議され, 貰えば, 貰へば, 買ひ, 走りして, 走り寄る, 起る, 車道を, 軍資金が, 転つ, 近き来る, 近くなる, 近づいて, 近より, 近付いて, 返え, 返して, 返すと, 這入て, 通ずる堀割, 達した幻影, 遠ざかれば, 遺って, 都合が, 関係が, 関繋の, 隔てなければ, 離反の, 雲が, 電光の, 響いて, 額を, 飛んで, 飛出して, 飾りを, 駈けまわって, 駈け出した, 黒い小さく見える, 黒ずんで

▼ 此方~ (428, 8.0%)

4 何時でも, 此方と, 金戒光明寺の 3 たしかに日, まだ根, 例の, 此方で, 猶さら

2 [17件] 今度, 分に, 只管頼む, 唯の, 差迫る両側, 悲しいかな, 断念し, 此方の, 生死の, 皆よわい者ばかり, 眞から, 真暗な, 知らぬお前一人, 自分が, 自分の, 言葉も, 飽くまでも正々堂々と

1 [367件] あくせん, あなたの, あれよりも, いつでも, いやに, おかめ丹治, おきん, お二人切り, お媼さん, お客が, お富, お暇, お梅, お玉のだ, お竹, お筆, お色気, お話二派に, お馬場口, かう言, かねて, かまわぬが, からりと, か弱い娘, こちらで, これから本家, こんがらと, ごつ, さう, さすがに, さらに奥, じりじりと, すごすごと, せいぜい彼女, その, その家, それを, そんなつもり, そんなに速く, そんな不実, そんな事, ただ可笑し, つまり男, とうに気, どうしても伊太利, どうとも, どんなに淋しい, なか, なに返答を, のっけに, ふてくされで, ます, ますます当惑, またとろり, まだ年, まだ雪子姉さん, まア船, もういや, もうすつかり参つて, もう良民, もっと進ん, もつと, やや暗く, わざと鉦, カナと, クツワ虫の, サイダーに, ジリジリと, スラリと, チャンと, チャント知て, ドウでも, ベコと, モウ実に, モウ済んだ, 一七の, 一人其の, 一切万事不慣れで, 一切沈黙だ, 一向平気, 一向気, 一家の, 一日ハラハラ, 一歩退い, 一生懸命禁酒の, 一番すて, 一目見た, 一直線に, 一面の, 一面明るく, 丁度権の, 七九の, 三人で, 三年振で逢っ, 三百九十円の, 下足番の, 予て約束, 二人で, 二人でも, 五ツ紋の, 些とも, 人数こそ, 今内祝言, 伴藏夫婦は, 低い濠, 何うも, 何が, 何と, 何とも, 何ともない, 何の, 何も, 何を, 何分手ぶら, 何時も眞劍, 余程エラク, 余程刻限, 修行者でございます, 働くの, 元来御酒の, 充分でない, 先刻の, 先刻より, 入違っ, 全く向う, 全く駄目, 八丁堀の, 八五郎兄哥だ, 其処どころぢや, 其處どころぢや, 内福らしく, 冗談半分だつた, 出ようと, 出来たん, 出発しよう, 分家僕の, 初めてだ, 初めての, 初婚な, 別に, 別に御, 別に急ぐ, 別院の, 剣術も, 勝手口で, 勿論抜かん, 北向きで, 北海道の, 南の, 却て, 又る, 又三名引, 又井下伯, 収穫期に, 取りに, 取ろうと, 口に, 古渡更紗の, 吾輩が, 和蘭から, 喧嘩し, 固より, 圓次が, 土管地瓦川土材木などの, 外套を, 多少柔道, 大の, 大友伴立と, 大月玄蕃などと, 女たちであった, 女一人迂, 妙に, 姿を, 婚礼を, 嫁に, 字は, 安心致しました, 宜い, 実はあらまし見当, 宿無の, 富五郎が, 富五郎は, 小川様が, 小松の, 少し弱味, 尚お, 居職で, 山が, 山手だ, 山本志丈が, 山田藤六が, 山風の, 屹と, 岡本政七は, 島流しにでも, 工事場見廻り, 左様な, 左様の, 帯刀邸だった, 幡随院の, 平地の, 平気だ, 平気であります, 平気の, 建増して, 引手茶屋の, 弘法大師かつて, 弥, 彼奴の, 待ち設けも, 待って, 後に, 得たり, 御出家, 心配し, 忠勇義烈の, 思って, 急ぐ旅, 恥知らずだ, 悪いこと, 悶れ, 惣吉の, 愈々火の手, 愈大, 愚意に, 態と作らず, 態と色, 慣れねえから, 憤恚, 成るべく彼, 或点訣, 手の, 手負で, 打たぬ方, 振袖源太もう, 掛物の, 損を, 教育を, 斎田が, 斬る気, 旗本屋敷だ, 日本に, 日蔭の, 明らかに, 明るくて, 春の, 是から, 暗いん, 暢気な, 最う四十, 最前から, 木が, 未だ行く, 未練が, 東京ポストです, 柔道を, 柳田先生の, 楽だ, 構わねえ彼, 次第に呼吸, 此方だけ, 殊更ら, 殺されては, 殿様の, 気が, 水谷氏の, 泥坊を, 流石に, 流行カブレの, 清十郎の, 清浄潔白です, 済まない心, 漸く息疲, 無駄あしを, 熱心に, 片膝, 猿子橋の, 理学的と, 生命と, 生垣で, 田圃道を, 男子用に, 町家に, 町方の, 病気にな, 癪も, 白根山が, 百五十か, 皆さんお揃いで, 益々哮り立っ, 盗みが, 直ぐに, 相変らず, 相当の, 県城の, 眞綿な, 真から, 真実と, 知て, 知らないよ, 知らぬからねえ, 確かに, 確と, 私が, 私として, 租税を, 笑は, 笑ひたくなる, 簡単に, 素より東京, 美惠比丘尼が, 美男の, 羽です, 翌朝に, 聞いたばかりの, 職務で, 能くも見得ね, 膽が, 自然に, 船で, 船へ, 苛立つ, 茂之助が, 荊州九軍の, 落ち着いて, 薄暗いから, 藝者を, 藪畳の, 衣裳験べ, 袴なし, 裏に, 裏木戸の, 裾端折の, 見廻り兼ねて, 見苦しき羽抜鳥, 親子三人で, 角野さんの, 証拠の, 誰にも, 貧乏浪人で, 貸した金, 足が, 足利郡稲岡村武井の, 逃出す, 遂に矢種, 遅れて, 遇然, 遠足用の, 避けて, 里見安房守義弘太田新六郎康資同苗美濃守資正, 鍵屋と, 鐵檻車の, 長い刃物, 長兵衞, 長谷川かい, 開いて, 陽が, 雪が, 面を, 頂を, 頭を, 頭上から, 風が, 飲むばかり, 駈下りながら, 高等遊戯場だ, 鹽原角右衞門夫婦其の

▼ 此方から~ (358, 6.7%)

7 進んで 6 見ると 4 押しかけて, 聲を 3 向うへ, 声を, 強請た, 訊いた, 金を, 頭を

2 [33件] お勧めする, お頼み, ペコ, 事もなげに, 何か, 何時でも, 先に, 先へ, 厚い封書, 問ひ, 声が, 平岡の, 幾筋の, 彼方へと, 手出しを, 持ち掛けると, 持って, 教へに, 斯う, 毀損する, 物を, 狼藉を, 眺めると, 突当って, 行かう, 行くと, 見て, 見る正面, 見物人が, 言葉を, 訊ねて, 逆に, 進ぜなかつたら齋

1 [253件] あべこべに, いうと, いった, いつでも, お代を, お入り, お夕食, お娘子, お屆, お帰り, お暇, お禮, お訪ね申す, お雪, さっさと独り, すぐ境内, すると, そうする, そう言う, その事, その姿, それを, そんなこと, ただ使いを, ちやほやと, ちよつかい, では, どしどし拒む, もさう深く, わざ, わざわざ問い合せる, 一人の, 一寸々, 一寸上らなけれ, 一寸手を, 一思ひ, 丈の, 上げます, 与へると, 世の中に, 中川君へ, 二十六萬圓加へて, 云うこと, 云えば, 云はせる, 云われると, 享けて, 人が, 人夫を, 人間が, 今日の, 仕合を, 伯母を, 使いを, 使を, 便宜を, 促した処, 促した時, 借りては, 優しい声, 優しい聲, 入ると, 出す問, 出て, 出なくたって, 出ようと, 出向いて, 出向かねば, 出向かれまして, 出向きますべ, 出向き年寄, 出向くこと, 出向れまし, 出掛けた事, 印税を, 取られたこと, 取り去って, 取り去つて, 口に, 可耻可痛, 名医を, 向うに, 向へ, 呼びかけたくらい, 呼び戻すといふ, 呼んだので, 命じた財産, 問うの, 問ふ, 外の, 大きく小さく下, 好いたと, 好きましても, 媚る, 安心立命の, 小判の, 小声に, 小聲, 巨大な, 差出す手, 差覗い, 帰って, 幸徳傳次郎さんの, 強情に, 彼を, 彼方へ, 御機嫌を, 徴兵に, 忍び込んで, 応える声, 忠告し, 忽ちにし, 怪談を, 態, 懸け取りみたい, 戸を, 戻って, 扉を, 手を, 手出を, 手紙を, 打ち込んで, 折れて, 折れては, 押し掛けて, 招きを, 持つて, 持出して, 持運ぶの, 捜出し, 探して, 探りを, 推着け, 搜す, 斷わ, 書いて, 書面し, 月謝を, 望んで, 来たの, 来て, 来ないかと, 東京へ, 松蔵の, 樺太の, 櫻の, 正直に, 死にもの狂い, 水を, 渡すと, 渡られい渡られいと, 無理に, 熨斗を, 狙ひ撃ち, 申し上げれば, 病症を, 登る途端, 百兩やり, 相談しかけたら, 眺めて, 瞶めて, 矢の, 知らせたので, 知らせて, 知らせるまでは, 知らせる町名番地, 知らせる迄は, 短銃と, 石に, 突当るん, 窃と, 算盤を, 罷り出て, 聞いて, 聞き直したり, 腕力を, 茶を, 行かうと, 行きたいの, 行く時, 行く積, 行く積り, 行けば, 行ったり, 行って, 行つ, 行つてお, 行つてやらう, 行つて実否を, 行て, 被来っ, 見えた, 見えなくなる, 見えなく成った, 見える, 見えるけれど, 見えるの, 見せて, 見たり, 見る人間, 見る紅, 見れば, 見渡す向, 見考え同感, 見返え, 観察批評評価し, 言い出して, 言ひたかつた, 計を, 訊きたいところ, 訊くの, 訴へ, 誘う様, 誘ひを, 誘ふやう, 誘ふ様, 誘惑したい, 貰ふて下され, 赴く者, 身を, 軽蔑し, 辞して, 追ん, 送って, 送らせうほどに, 逃げたい様, 逃げて, 這入りますか, 逢ひ, 連立って, 進ぜないなら斎き姫, 進ぜなかったら斎き姫, 進ぜなかつたら斎き姫, 進むに, 運ばれて, 遠く静, 遠方から, 遣りし度々, 部分, 部屋を, 金額を, 鉄砲を, 長田を, 集めて, 風へ, 飛す, 飛掛つて多少, 飛込んでも, 駆けて, 騒々しく囃し立て, 驅けて, 高声で, 默つて見

▼ 此方~ (277, 5.2%)

2 [16件] この通り, やり切れない, 何か, 先だ, 助かりました, 大事だ, 心配で, 早いと, 此通りつまらぬ, 清子を, 肝を, 自分で, 話に, 貧乏したら, 通知しない, 間拔けさ

1 [245件] あさはかなの, あべこべに, あれへ, いやに, お仕置に, お宅, お母さんと, お母ちや, お母様と, お萬, がたがたに, さうでない事, さう思つて, しや, ずっと楽, その一人一人, その人間, その気, たぢろげ, てれちやふ, どなた, びつくりする, ふさぎの, よいので, よかろう, よっぽど公明正大, よろめきさうに, わるいの, アワを, ジリ, ハンド・アツプに, ビックリし, ヤキモキし, 一つ古い, 一ト足入れる, 一息衝く, 一生懸命に, 一番さんで, 一鞭当て, 三人に, 上りね, 不承知だ, 世に謂, 世話に, 云う事, 五人六人十人と, 他県, 何さ, 何しろ弱味, 何だか気まり, 何の, 何を, 余りむずかしい, 余程利口, 余程近い, 余程面白い, 使の, 元も, 先程から, 光つて居る, 入り易い, 八一の, 八九の, 兵士を, 再三辞退, 凧の, 出向いて, 切勝っ, 初め悪い, 前だ, 剣術を, 力なく, 助りさ, 勘ちゃんに, 勝たなければ, 勝つ, 勝れて, 勝利を, 勝手な, 十八間ある, 危いと, 却ってい, 却って気ン, 却り, 取るでしょう, 受取つてゐる, 古い様, 向側と, 呆れて, 呼吸をも, 命がけに, 困る, 困るからね, 圖書館で, 堪らない, 堪らないと, 堪らなくてれ, 塞がって, 変人でも, 夕陽を, 夢中に, 大切な, 大変だ, 大変楽でした, 大威張, 女だ, 好い, 如何かな, 寧ろ適當, 小山の, 少し情, 尽して, 平次の, 平気で, 平然として, 引き摺られて, 引つ込み, 強いて, 当に, 当り前の, 御無礼, 御面会, 心配させぬ, 心配だって, 思い出せないの, 思う通り, 思ひ出せないの, 急げば, 恥かしくなる, 恥ずかしくて, 悪い, 悪いから, 悪いの, 悪いよう, 悪いん, 悶絶し, 惚れて, 惡い, 惡けれど, 想像する, 愛想笑でも, 感じも, 慌てて, 懲りないと, 或は本義, 手遊びに, 承知する, 持ち合せて, 挑発的な, 捨て, 掘り, 損だ, 損我と, 損我とのっそり, 新聞記者だ, 既に知っ, 日本の, 旦那様だ, 旦那樣だ, 早く出た, 時間を, 有利と, 未だ何, 未だ腹案, 未亡人に, 来るの, 杯へ, 校長に, 案外好い, 極り惡い思ひ, 楽ぢや, 欲しいや, 正則の, 此方がと, 気に入らんの, 気まりわるく, 泣きてえ, 満足し, 火を, 為に, 無ければ, 無理サ先方には, 無頓着に, 狐狸の, 甘く見られない, 留めれば, 番毎驚く, 痴さやかましく, 盛んで, 眞心を, 矢張惡い, 破れて, 神経過敏に, 禁酒派の, 窮屈で, 立派です, 終ると, 結句気楽, 繁華に, 考へる程, 耻かしくなっ, 聞き返したくなる程, 自ら刈らね, 自信を, 自然に, 苦労を, 表の, 裁判官の, 見切, 見返したと, 親孝行が, 親方に, 観た眼, 誰である, 諦めて, 負けたやう, 負けでも, 負ける, 負けるという, 負けるに, 負け下手, 負担に, 貰おうと, 踏み止まつて, 辟易しました, 迷惑を, 追ツ, 逆に, 造つた像は, 遅いので, 遊ばれると, 遥に, 還さんぞ, 邪推を, 都合が, 間違って, 阿父, 離れると, 非常な, 面喰っ, 風上だ, 餘程餒いや, 饒舌つてやらう, 驚いた, 鬼なら

▼ 此方~ (194, 3.6%)

5 勤めねば 3 思ふやう, 破るよりは, 見て 2 げすか, さへ, 何か, 勝手に, 暮して, 置きたいと, 黙つて

1 [166件] いらつし, おまんま, お世話にな, お目, お辞儀を, お辭儀, この退屈, ござえますか, ごぜえます, ごぜえやす, さう氣, する活動, そう言う, その氣, それだけの, それを, ただ時を, つかまへて, なさいますか, ひかえましょう, まだ其の, やって, やる之, よくよく, わるいこと, ガヤ, ジッと, ハガキを, ハ真志保のしも, ベチャ, リリイを, ワイワイ言ってた, 一本という, 一本といふ, 一緒に, 三十両出, 上げる心持次第, 世話を, 云うて, 云ふ, 井崎八郎と, 交叉し, 仕立てた僞物, 会ふ, 何う, 何んとも, 何処までも, 働く気, 先手を, 兎や, 別れた連中, 勉強する, 勞れた, 十日ばかり, 危ね, 取るはず, 取る筈, 取沙汰され, 只取ろう, 呼んで, 喰う気, 器量を, 困るから, 城兵たちも, 堪能しろ, 変った事, 夜食を, 大きい声, 太陽の, 奇妙な, 好い嫁, 存じて, 小突かれて, 山田さんが, 工面し, 帽子を, 引取つて戴かなかつたら, 引取り, 彼方の, 待つて, 御免だ, 御立腹, 御膳立てを, 思つてゐる, 思つて居た, 惚れちゃあ, 想像した, 意外な, 手なりと, 手出しが, 払増しを, 折つ, 拵えますがね, 持って, 捉ま, 捕まえようと, 探し求める者, 揃ひ, 搜す, 擧げて, 放り出して, 整然として, 敵だ, 早く好い嫁, 暗鬱に, 暫くお待ち, 望ましいこと, 望む以上, 本當, 本葬を, 止まって, 殺して, 毛唐人だの, 気を, 泣いた値, 注意し, 消防の, 演じて, 澄まして, 澡豆を, 生立っ, 申しまする文部省, 百足隊の, 真面目に, 稀に, 種々と, 種々手厚く, 窺つてゐる, 約を, 聞いた鏡子, 聞いて, 聞きますぞ, 胸が, 腕なら, 自慢半分に, 見つけ損ねても, 見ても, 見事に, 訊いて, 訊きたいこと, 話極めます, 貴様に, 買うの, 買おうと, 買わあ, 貸して, 起き出した樣子, 足りないところ, 身請を, 逃げを, 遊んで, 過したいと, 遮られて, 酌を, 銀貨を, 門を, 隱居し, 集めようから, 頼むの, 首を, 験めした, 騷いだ, 鳴いて, 鴎丸の, 默つてゐ, 黙って

▼ 此方~ (177, 3.3%)

3 気が, 藤原同様叔母御, 追ひかけ 2 出て, 漢語で, 藤原同, 負けずに

1 [160件] おなじおもい, お午, お察し, こまるが, せっぱ詰った, そうした世話, その気, その覚悟, それに, それ以上の, それ相応の, そろ, ただ眠りたる, つい嚇, つい釣込まれ, つまらなく自分, にやにやし, ひとつ遠廻しの, また外戚, また群臣, まアか, もとより異論, やりやう, わざと言, カッと, ギロリと, ジリジリし, チャント塾の, ニヤニヤ笑い, ホロリと, 一人だ, 一寸尤も, 一生懸命です, 丁度退出時間だつた, 三人の, 不信, 不動さまへ, 不服だ, 之に, 乗り込まずには, 事務的に, 亦言葉, 仲, 会ふ, 位地を, 何しろ家, 何日な, 使者の, 倍働き, 元は, 先方に, 其気にな, 其積りで, 出来てるん, 動くなと, 十分悪い, 双方とも, 取急ぎますから, 古塚, 可い, 向うを, 向う側も, 周章てて, 命がけで, 品質を, 困まるし, 困るだろうとは, 壱人ハ鎗を, 多少は, 大笑, 太い事, 夫れ, 安, 小さくなっ, 少しばかり, 居得だから, 崖から, 巡査の, 左まで, 平気で, 床へ, 張合ひ, 彼等に対して, 御恩, 心淋しい, 心配致し, 応じる, 怖いのに, 怖かった, 急ぐん, 恋人として, 恐恐声を, 息を, 意地だ, 意地に, 意地にな, 愚に, 感じて, 我を通して, 手ぬかりだった, 打つて, 抜て, 故意に, 暫く黙っ, 案外な, 概念的な, 此方だ, 此方だった, 気の, 氣が, 江戸へ, 油断は, 泣き出して, 済んだで, 準備の, 灯火を, 無聊に, 熟と, 玩具, 生きねば, 用捨なく, 疾から, 益に, 盗賊然, 礼を, 笑い, 笑って, 笑つて了つてコンニチハイイコダネと, 縮尻つて一文も, 耳が, 自棄腹の, 苦労を, 莫迦に, 見送る右内, 負けて, 貧乏に, 貧的何様, 貰いたいから, 賛成し, 身がまへ, 返つてテレ, 迷惑なるべし, 迷惑内々で, 透さず道中差, 途中で, 達て, 遠足でも, 重畳じゃ, 鐵鎚なら, 開け放したま, 雪に, 静かに, 頼んも, 顔の, 養蚕前の, 骨が, 麻裏草履で, 默つて特等とある, 黙って, 鼻ツ張りを

▼ 此方~ (102, 1.9%)

7 歩いて 3 人中を, 歩いた 2 まごついて, 探して, 歩きながら, 覗いて

1 [81件] うろ, お歩き, しきり, そこらに, たど, ウロウロし, ブロードウヱーの, 三日の, 仰し, 似たり, 似て, 位置を, 別れて, 動かして, 動かしては, 喋り歩いて, 奔走し, 安値そうな, 室内を, 尋ねて, 尋ねましたが, 小川を, 小鳥を, 屠場の, 巡廻り, 師匠の, 平行に, 幸福そうに, 庭木の, 廻って, 彷徨って, 御輦, 心当りの, 思はれるあたり, 戯れて, 抜足を, 捜しましたが, 掘らせた, 探した末, 探し歩いたすると, 揺曳し, 搜す中漸, 撫でたが, 撮影に, 散歩を, 是から, 案内し, 歩き, 歩き始めた, 歩き廻りました, 歩き廻ツ, 歩を, 注意した, 活版所を, 渡り歩いて, 潜って, 澄した, 無意味に, 無闇に, 牛の, 物色し, 疲れた足取り, 移植され, 網を, 血眼で, 行くにも, 西の, 見せたが, 見て, 見物も, 身の, 迎への, 追かけ, 逃げ廻りながら, 離れて, 飛びま, 飛び移って, 馳け, 駆けて, 駆け回つたの, 駆け廻る

▼ 此方には~ (66, 1.2%)

4 少しも 2 三十前後の, 龍華寺の

1 [58件] いつから, ございません伊香保饅頭, ちやんと, ない, なおの, なお盛ん, なくて, まばらに, やはり最初, 一人も, 三四ヶ所の, 二人の, 亡者が, 人の, 人殺しが, 件の, 何の, 停留場は, 具足櫃が, 勤まらぬと, 口一つきかせない, 岡浪之進といふ, 帰らうかね, 影, 心持に, 手強いの, 日出雄少年を, 曲者の, 書いた物, 束ねた黒髪, 比較すべき, 毛布一枚寄さない, 気が, 灯も, 灯影あかく, 煎茶の, 番頭が, 直接お, 絶対に, 聞えこそ, 聞知られざりき, 職人が, 聽衆いと少し, 芸者が, 英書を, 萱の, 葡萄棚も, 蠅が, 読書からの, 證據が, 證據も, 變つた, 通じぬ皮肉気, 郷の, 金比羅様の, 電話はいりません, 鬱蒼たる, 魚釣りが

▼ 此方にも~ (56, 1.0%)

2 チラホラ見えた, 大變, 小桜, 小櫻, 飛び散って

1 [46件] あつて敵討, ありしと, ありやしない, ある, いろ, うよ, お客が, ちゃんと来, ない, ぱらぱらと, ゴロリゴロリ転って, 一面に, 不行跡が, 両親に, 了見が, 今までは, 傳へられました, 共に便利, 其覚悟が, 同じやう, 同情し, 少し心当り, 拡がって, 止めようの, 氣を, 燈火が, 牽かれる, 発見せられた, 目ぼし, 知つてる, 知つてゐる, 知らせが, 考えが, 考へが, 胡乱の, 藥屋が, 蘆間の, 覚悟が, 言ひたい, 言葉が, 調べる事, 赤い大, 鍵なりの, 露人が, 面白くない, 黒くなっ

▼ 此方では~ (49, 0.9%)

1 [49件] いまに, それぞれ規定の, それ相応の, どこまでも, ないので, よむぎ, カフェー, チラチラする, ツァイスの, ツバあちらでは, 一人の, 一切万事亜米利加の, 一番六かしい, 今でも, 何の, 何処の, 何方も, 分らなくて, 又ソレ, 向ふ, 四日間は, 夜が, 夜の, 大概皆すんだ, 夫, 夫婦差向いでございました, 女化原と, 女房が, 子爵夫人と, 当局者の, 御飯が, 思つてる, 手前を, 払いを, 既に折れ, 日常生活の, 歴史の, 殺風景な, 父兄の, 若い尼, 襖へ, 試し斬りにでも, 誰も, 軍艦一艘欲しい, 近い中, 迚も, 逢うなら心から, 邪み, 鎌の

▼ 此方からも~ (35, 0.7%)

2 他愛なく

1 [33件] いなだ一枚, お園, からかったり, ひら, アミーバの, キープアウトし, ピューンピューンと, 下野境まで, 先を, 凭れ気味, 出た, 出来るだけ, 北岸の, 可愛い声, 問わずには, 小さい手, 引手数多, 心を, 懐いて, 持掛けるんで, 歩み寄って, 殴れ, 湧き立つよう, 義兄の, 聞え初めると, 聞こうとも, 行けば, 見えた, 見なおしたらそれ, 見返ったか, 首が, 香具師殿へ, 麦扱きを

▼ 此方より~ (35, 0.7%)

2 手紙を, 眺むれ, 行くを

1 [29件] お返しいたします, ひたもの無理, また火, 人を, 使ヲ, 呼びたまいぬ, 声を, 外に, 小く丸く黒き, 強ても, 彼方に, 彼方へ, 御送, 御送致, 攻入, 攻撃的態度を, 斬って, 早速推参, 熟, 熱心だ, 笑を, 等しく吐かる, 腹を, 見え申し, 訪は, 訪ふべき, 返事する, 遠ざかりしが, 風吹かさん此方へ

▼ 此方~ (34, 0.6%)

1 [34件] からみんな, から向う側, がそれ, が莫大, でちょこちょこ, で耳, との端, なるすべて, にう, に回つて, に寢, に属す, に立っ, のだらし, の中腹, の土塀, の家作, の懸, の提供物, の方, の竹垣, の第, の肘, の酒場風景, の麓, は濃い, は貞之助夫妻, は速, へまた, へ戻っ, へ滑つて, を流し, 即ち大通り東側, 即ち左岸

▼ 此方へと~ (31, 0.6%)

5 やつて 2 入つて來

1 [24件] 云いさして, 云い奥深く, 云つた仕方で, 云ひさして, 入つて來よう, 奥の, 寄つて來た, 寄つて来た, 座敷へ, 来たので, 法の, 漂泊し, 移って, 蟲の, 誘えば, 誘へば, 賑やかに, 走つて, 走る程, 近づいて, 遣取り, 鑑定を, 飛んで, 駈走つて

▼ 此方でも~ (29, 0.5%)

2 彼が, 御父様始め兄さん

1 [25件] して, その人, ないわよ, よろしゅうございます, キツチナア元帥に, 一番素人芝居でも, 久し振りで, 亦試験, 俳声という, 先ず往来, 好意は, 御辞儀, 怒鳴り返せ, 折れて, 文部省専門学務局長の, 海底戰鬪艇には, 皆立上つた, 盛に, 禁を, 考へなくちや, 見た, 詐僞し, 誠に気, 請出すまでの, 負けずに

▼ 此方~ (28, 0.5%)

62 此方だ

1 [20件] からスナオ, がうっかり, が何, が何だえ, が向う, つてあゝ, つて前科が, つて口なんて, つて困る, つて安んじ, つて突飛な, つて考へが, といふ, と思, よそれ, よ八, よ此方, 僕だ, 其様な, 大変だ

▼ 此方~ (26, 0.5%)

3 の御 2 でも

1 [21件] からも御, で, でいらつ, でございますか, で助かります, などは結構, には居られません, にも御存じ, に投票, に義理, のお側, はお, は何, は私, は質屋さん, へほんの, へ伺ひましたでございませう, へ御, へ来, へ駈込んだ, まで御

▼ 此方こそ~ (19, 0.4%)

1 [19件] あまりに呑気, かうして, して, そのウルサイ人間, 参つて, 吉岡清十郎の, 御免蒙りたい, 御無沙汰し, 思惑通りの, 恥で, 惨めな, 気が, 無暗に, 異形を, 笑ひ, 芝居の, 賑かにな, 門下どもの, 静かに

▼ 此方~ (18, 0.3%)

1 [18件] が始まる, でやられたなら, で同時に, で問うた, と雖, にし, にも五色, によって画面, に就い, に由つて, に親しみ, の役割, は勿論, は必履まれ, をとつ, をば採用, を以て飜訳, を鑑定法

▼ 此方へは~ (14, 0.3%)

2 出て

1 [12件] 何も, 入っしゃいません, 入つて來, 参りは, 夜と, 小山の, 手を, 来ないと, 来ねえと, 来ません, 病気で, 藤代の

▼ 此方さま~ (11, 0.2%)

1 [11件] だから, ですと, でも, に有りまする, の御, は駿河台, へ何年, へ奉公, へ来, へ来ねえ, よい歩いた

▼ 此方まで~ (11, 0.2%)

1 [11件] ひしひしとばかり, 來よなどと, 元気に, 参りましたが, 水が, 誓紙を, 迫って, 迷惑する, 道, 金龍走る, 風を

▼ 此方向き~ (10, 0.2%)

1 て子, にかえって, にした, になっ, にや, に坐, に坐り, に寝, に廊下, に置い

▼ 此方~ (9, 0.2%)

4 ていた 1 ておりまし, てへとへと, てみた, ながら, 鉋や

▼ 此方です~ (9, 0.2%)

321 か, か新吉さん, ね道, よ奥様

▼ 此方からは~ (8, 0.1%)

1 お使番, なるべく訪れない, 好く見えら, 小さな駅, 白い角, 見えなくっても, 見当も, 見通されぬ処

▼ 此方だって~ (8, 0.1%)

1 いそがしいです, お互に, 何か, 何処だって, 意地に, 月に, 本当に食えない, 突飛な

▼ 此方でございます~ (6, 0.1%)

41 があなた, よ

▼ 此方~ (5, 0.1%)

41 え乳母

▼ 此方にて~ (5, 0.1%)

2 お待ちを 1 お登和嬢, 一本を, 早や

▼ 此方へも~ (5, 0.1%)

1 いらつし, 伝って, 微笑を, 挨拶だけ, 間に合うよう

▼ 此方~ (5, 0.1%)

2 来ル可シ 1 出シテ云ッタ, 出タ, 歩いて

▼ 此方からでも~ (4, 0.1%)

2 能く 1 想像する, 通ふけれ

▼ 此方~ (4, 0.1%)

2 まで 1 へ落, 廻して

▼ 此方じゃ~ (4, 0.1%)

1 だまされちゃ, ア元より, 区長兵事掛, 此方じゃ

▼ 此方~ (4, 0.1%)

2 やない 1 や三年分, や無い

▼ 此方とら~ (4, 0.1%)

1 には見, の餓鬼, は, は思う

▼ 此方なら~ (4, 0.1%)

1 いくらか書け, ば園, 先づ寝酒でも, 先づ寢酒でも

▼ 此方~ (4, 0.1%)

1 がする, が年長, と巡回, へどうぞ

▼ 此方二人~ (4, 0.1%)

1 が共謀, の前, はこう, は立ち止まった

▼ 此方歩い~ (4, 0.1%)

2 て居る 1 てい, て用事

▼ 此方~ (4, 0.1%)

1 が今, が貧乏, は寝たがっ, は狼藉者

▼ 此方~ (4, 0.1%)

1 にはただ, の前, の見る, はその

▼ 此方~ (3, 0.1%)

2 お客だ 1 おとなしい話

▼ 此方~ (3, 0.1%)

1 まいりを, 向きに, 百度を

▼ 此方などには~ (3, 0.1%)

2 頓着なく 1 少しも

▼ 此方なる~ (3, 0.1%)

1 壯年は, 郵便局より, 高處

▼ 此方にては~ (3, 0.1%)

1 仏公使が, 忘れねばこそ, 知らぬ顔し

▼ 此方よりは~ (3, 0.1%)

2 一人増えた 1 出し置候事候

▼ 此方よりも~ (3, 0.1%)

1 くど, 願ふ, 高い位

▼ 此方~ (3, 0.1%)

1 のゆききが, は皆, は門徒

▼ 此方捜し~ (3, 0.1%)

1 て歩いた, て永代, て見た

▼ 此方眺め~ (3, 0.1%)

1 ていた, ながら歩い, やりつ

▼ 此方からの~ (2, 0.0%)

1 お手紙, 便りの

▼ 此方そこ~ (2, 0.0%)

1 にかつて, まで行く

▼ 此方たち~ (2, 0.0%)

1 がこうして, はお前

▼ 此方だけ~ (2, 0.0%)

1 なん, 承知しとい

▼ 此方でだって~ (2, 0.0%)

1 ああし, 奴等に

▼ 此方とても~ (2, 0.0%)

1 ひと手柄, 存じて

▼ 此方との~ (2, 0.0%)

1 境を, 時間の

▼ 此方ども~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ 此方ながめつ遊ぶ~ (2, 0.0%)

2 子供も

▼ 此方にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 此方にゃ~ (2, 0.0%)

1 ア痛く, 死んだ者

▼ 此方ばかり~ (2, 0.0%)

1 そう思つて, では

▼ 此方ばかりの~ (2, 0.0%)

1 味方に, 手前勝手な

▼ 此方へね~ (2, 0.0%)

1 さああなた, ぢ向けました

▼ 此方への~ (2, 0.0%)

1 お出, 来がけ

▼ 此方~ (2, 0.0%)

1 みんなこっちへ, 此方よ

▼ 此方人等~ (2, 0.0%)

1 だ, は助からう

▼ 此方~ (2, 0.0%)

1 は籠城, も武芝

▼ 此方同じ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 処を

▼ 此方向い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居り

▼ 此方向いた~ (2, 0.0%)

1 方には, 窓が

▼ 此方向け~ (2, 0.0%)

2 ば子鴉あはれ

▼ 此方寄り~ (2, 0.0%)

1 の半分, の部屋

▼ 此方態と~ (2, 0.0%)

2 興奮した

▼ 此方~ (2, 0.0%)

2 を渡つて

▼ 此方歩き~ (2, 0.0%)

1 まはりました, 廻りながら

▼ 此方歩き廻~ (2, 0.0%)

1 はつて算段, わった

▼ 此方~ (2, 0.0%)

1 てあら, にけり

▼ 此方見まし~ (2, 0.0%)

2

▼ 此方~ (2, 0.0%)

1 へお越し, を赤彦

▼ 此方逍遥~ (2, 0.0%)

1 されし朗圓上人, しながら

▼ 此方~ (2, 0.0%)

1 けあるい, けまわる

▼1* [200件]

此方お出でな, 此方いきして, 此方いけなかつたやうです, 此方入れ, 此方かと云って, 此方からかへしの, 此方からだけ提灯が, 此方がといわれるので, 此方くりひろげてよむ, 此方ぐらいには同感であったらしい, 此方これほど甘やかされた, 此方さがしていました, 此方ざまに参った, 此方しぶきを蹴っ, 此方じゃよ早う渡られい, 此方することを, 此方ずいぶんたくさん人の, 此方ずれて居る, 此方そばに置度, 此方だいぶ梅も, 此方だけが生の, 此方だけの話題を, 此方だけを打込んで, 此方だったという次第, 此方ってもの人間の, 此方づれの体, 此方であるとわかり, 此方でございませうか私, 此方でさえ間違えを, 此方でしたかな, 此方でばかり深く思つて, 此方で御座いサ, 此方としてゆるされん, 此方とて気づかぬでは, 此方とでは人間を, 此方とび廻って居る, 此方とも共通の, 此方とを權り比べ, 此方んだ, 此方なくなり候ても, 此方において商品の, 此方においては商品の, 此方にこそ知らせては, 此方にたいして御辺, 此方にだって言分が, 此方にでも舞ひ戻らう, 此方になつて居ります, 此方にやなか, 此方によけそれをよ, 此方に対しては北条陸奥守氏輝が, 此方のさばり返つた十二支組の, 此方のせゐではない, 此方のだけは一度宛時間, 此方ので宜い, 此方はね宅の, 此方ばかりを越ゆる, 此方へでも来め, 此方へともどつて, 此方へばかり向かわせるの, 此方へまがつたの, 此方ほど天狗や, 此方ほどの熱意を, 此方また芝居の, 此方まだ快くならない, 此方むきに少し, 此方もうつかりして, 此方射せば, 此方ゆきして, 此方よりの所望は, 此方未だぶら, 此方ア物騒でげすよ, 此方ア銘仙の半, 此方ア高が車挽, 此方ずいと往, 此方シャ嗄れ声, 此方セルギウスは思案, 此方寝ルヨ, 此方ハ侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, 此方ハ死かくご, 此方ブラブラして, 此方ホンのそこ, 此方マゴマゴして, 此方一人を置い, 此方一度も感じた, 此方三味線を引かっし, 此方不思議にそんな, 此方迷惑は, 此方二晩三晩と何処, 此方五六軒立場茶屋もござりますが, 此方五十日たち候へばす, 此方仕事口を探し, 此方便的沒理想の魂魄, 此方も随分, 此方側のが来月, 此方先鋒に立っ, 此方共身命を抛ち, 此方十何年来溜って, 此方十年あまりと言う, 此方即ち花の, 此方右衛門は呼吸, 此方向く仔馬は, 此方向けるは, 此方四輪車の行方, 此方地方自治體はやう, 此方売ってあるいた, 此方の者, 此方夜明けまではと探っ, 此方大空の中, 此方奉公にやります, 此方りめぐって, 此方入の, 此方実際教会には, 此方は彼方, 此方尋ねてあるいた, 此方左前になり, 此方己ぁ初めて望み, 此方平地を飛ぶ, 此方を開け, 此方廻って帰る, 此方の中, 此方強ければ其賊輩, 此方に大きな, 此方彷徨った有様, 此方彷徨いていた, 此方彼方するが, 此方彼方心を合せ, 此方手當此度こそ, 此方のま, 此方思わず眺め入りました, 此方恐い目を, 此方戸締をし, 此方の鳴る, 此方手入れをする, 此方招かれて御馳走, 此方の年, 此方持ちにする, 此方摩りむいてひどい, 此方數尺の地, 此方新劇詩家の手綱, 此方に増し, 此方時々子どもの, 此方時事新報の大, 此方では秋, 此方樣初夏の, 此方武村兵曹を投手, 此方歩きましたから, 此方歩き眺め自分は, 此方段々ある落ちつき場処, 此方海底戰鬪艇は我, 此方無駄足をし, 此方附け出すと, 此方片付けるうちぽ, 此方り者, 此方は握った, 此方聲二發鍼路を, 此方が澤山, 此方の布, 此方は随分沢山, 此方を授けた, 此方が頭数, 此方義兄は雪子, 此方自身もまだ, 此方臭いという, 此方花村甚五衛門は一党, 此方衆知つての通り, 此方衆鳥を殺さし, 此方見しとふ, 此方見まわしながら歩い, 此方見めぐるうち両, 此方見るスフィンクスの, 此方見廻している, 此方索を, 此方視察して, 此方があら, 此方記録をめく, 此方もその, 此方諏訪明神の境内, 此方負け力負けの哀しい, 此方踏みやぶる戸障子の, 此方がつて, 此方は早速, 此方物好きな, 此方迄が富豪で, 此方返しして, 此方迷い歩いた, 此方に大抵, 此方連云は, 此方運動をし, 此方にも鄙, 此方銀座の方, 此方鎌倉だけは何時, 此方降つたもので, 此方電光艇は約束, 此方ながら明く, 此方にも裏表, 此方音色の違った, 此方飛んで廻っ, 此方飛廻らうと思つて, 此方にまかせ, 此方鮮血にさえ彩られた