青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「此処~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正直~ ~正確 正確~ 正義~ 正造~ ~正面 正面~ ~此 此~ ~此処
此処~
~此方 此方~ 此時~ 此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器 武器~ ~武士

「此処~」 5925, 64ppm, 1785位

▼ 此処~ (1567, 26.4%)

48 来て 18 居て 17 ある 12 住んで 11 居るの 10 いるの 9 於て, 立つて 8 来ると, 置いて 7 いると, 居ると 6 あるの, こうし, 書いて, 立って 5 かうして, して, 一つの, 坐って, 居ては, 居る, 斯うし, 来てから

4 [14件] いること, いるん, やつて, ゐたの, 一人の, 出て, 寝て, 居たの, 居ても, 居ること, 居るん, 来たの, 至って, 陳列し

3 [17件] あります, あること, いたの, いて, いるよ, それを, ゐるの, 何か, 参って, 居よと, 居るに, 待って, 待つて, 斯う, 於いて, 泊つてゐる, 連れて

2 [80件] あった, あったの, あつた, あつまれる, あり, いても, いる, いる人, おいで, おいでで, おいでなさいます, おりまする, お搬びな, こうやっ, ございます, じっとし, ゐて, ゐる, 一人で, 一休する, 世界の, 二三軒今戸焼を, 二人を, 人家が, 休んで, 伴れ, 何の, 入る者, 到着した, 匿れ, 在り, 在りては, 在りと, 坐つて, 多量の, 太い棍棒, 始めて, 存し, 尽きて, 居ますよ, 居ようとは, 居りますよ, 居るか, 居るので, 居るよ, 居る気, 広大な, 引越してから, 彼処に, 持って, 散らばって, 散乱し, 日本の, 星が, 来たこと, 来てからの, 来りて, 来るよう, 来る時, 来着い, 此の, 死んで, 残して, 残って, 現はれ, 示すこと, 私の, 移つて来た, 置くよ, 腰を, 落着く, 製造場の, 言う, 辛抱し, 逗留し, 遊んで, 野営する, 隠れて, 集って, 集められたやう

1 [1072件 抜粋] あったそう, あったわ, あなた様が, あらうと, ありけり氷, ありそして, ありと, ありますぜ, あります御, ありませんか, あるこの, あるぜに, あると, あるよ, あるを, あるん, ある両, ある全部, ある樒, ある此模型, あんだけ, いたため, いちゃ, いつまでも, いてね, いふも, います, いやすが, いらしたら遠慮, いらっしゃると, いらっしゃる方, いられたの, いるおれ, いるだが, いるに, いる事, いる俺達, いる多助, いる安心, いる男, いる致し方, いる速水君, いろいろの, おいでの, おは, おびき寄せた不思議, おりましたなれども, おりますよ, おります姫, おり彼那, おる覚兵衛, お乗りなさい, お掛けなさい, お父さんの, お見え, お話を, お集り, かうした平生, かれを, くれば, こうした真面目, こうしておれ, こうしてくらい, こうしてやって来た, こうして逃げ, このやう, この碑, こもり意味, ございます親父, ござつて引導, さし入る, さらに数戸, しづまる雪, しませう, じくじく溜つて, じっとしてる, ずっといた, その全, その端, それはじめの, たどり着いた時, ちゃんと葛籠, でなくあるという, どうしてもあなた, なかつらと, なに寝やあせん, はいらつし, ひろがって, ぺら, まあこうし, また新しい, また立, まばゆくも, みられた, やすんで, よどみを, われわれの, ゐたければ, ゐては, ゐないぢ, ゐますよ, ゐるかも, ゐるつて, ゐるので, ゐるん, ゐる事, ゐる人達, ゐる覚悟, ゐる馬子, ゐれば, スリツパを, ヅーフと, ミツキイを, 一かたまり, 一つ, 一つ不思議な, 一ツ注意し, 一人其処に, 一切の, 一塊寄り, 一本の, 一生いる, 一組の, 一軒という, 七八人各々密議を, 三人抱程の, 三日程匿れ, 三男余作君牧場創業以来の, 下そうと, 且つ此処, 並べて, 並んで, 九索という, 二つの, 二十円ある, 云う必要, 五六人づゝも一団に, 五郎さんが, 人として, 人物を, 人麿作五つばかり, 今彼を, 仕事は, 代表的明治美人の, 会は, 伯五郎達の, 伴れ戻した, 佇んで, 住まうといふ, 住むよう, 住着い, 何を, 何時まで, 信濃守様の, 個人が, 借りた部屋, 停まり, 元の, 入つて匿名, 入り込む汝等, 全部ある, 其の時, 其の陣鐘, 其様な, 写して, 凉傘を, 出かけるまでは, 出入し, 出来上つたの, 初めて大, 到つて現, 助か, 勢ぞ, 包まれて, 医学博士が, 十九世紀浪漫主義の, 十八歳の, 十四ばかりに, 印を, 厳として, 又いけない, 収載した, 叢を, 召した, 同居を, 吹矢筒も, 吾等が, 呼んで, 問おうと, 四ツ手を, 四百円才覚を, 在らずでしたから, 在るかと, 在るん, 在る者, 坐れる我, 基準し, 壮麗なる, 変へ, 外ならず, 大きなプラツトフオオム, 大きな新式, 大不安心, 大方は, 大阪全市を, 奉公し, 奉職した, 女が, 婆が, 存すること, 存するもの, 学校の, 実感を, 客の, 家が, 宿泊せしめ置きたる, 寝かして, 寝よう, 寝泊りする, 小さな池, 小屋を, 尚聊か, 居たって, 居たん, 居た頃, 居ったって, 居ないと, 居なければ, 居ます, 居られない様, 居られる物, 居られん用事, 居りまして, 居りますの, 居りやすから, 居るたア, 居るは, 居るよう, 居る中, 居る人, 居る多助, 居る正, 居る生徒, 居る美しく, 居る釈迦牟尼仏, 居る銘々, 居れば, 屯を, 差し向けるの, 帰って, 帰りついた次, 帰るので, 平塚さんたちが, 幾日何十日入らっしゃっ, 引いた歌, 引き出して, 引取られ, 引張って, 張番を, 弾丸の, 待たれい, 待受けて, 御会合, 御泊り, 心ならずも日, 心を, 思いがけない美麗, 思わぬ大, 想うこと考, 感謝し, 成功という, 我あり, 或る, 戻つた, 戻らせ給, 打ち水の, 打伏, 打明けようと, 批瀝する, 押込められてる事, 拠った後, 持った二人, 持参した, 指揮を, 挙ぐれ, 挙げるほどの, 掲げたメニュウ, 掲げひたすら, 握って, 改めて自分, 教授を, 散歩する, 散華した, 斃れる, 文献が, 斯うい, 斯んな, 於てか, 明かに, 時々明く, 暗示的の, 暮らして, 書いたお, 書くの, 有った, 有ります, 有るの, 有る紙, 朝鮮軍が, 本当にもの, 来し安, 来たかを, 来たと, 来たので, 来た主要, 来た春以来, 来ての, 来ても, 来は, 来ようか, 来るだらう, 来るべく誘, 来るも, 来る支那人, 来る自動車, 来れと, 来合わせましたは, 柿本人麿歌集に, 根ざして, 案内し, 棲んだ者, 止つてゐられ, 止まって, 此儘泊ろう, 死なむ, 残つてゐた, 残らうかな, 永久に, 求めるつもり, 池を, 没して, 泊つた, 泊つて明日巴里へ, 泊めろ祝儀, 泊る事, 洋々と, 流れて, 浮き出て, 淹留五日脳を, 源頼朝に, 滑り落ちて, 濡れたハンカチ, 点々と, 無いからな, 無集配, 燃えた, 現れたもの, 現れ出ようとは, 現われるか, 生ひ, 用事が, 用意した, 申し上げる和製ベルリオーズ, 留まって, 留まり国境, 疑ひが, 発表する, 登って, 登場した, 百両有る, 皺が, 相逢, 県公署, 真正直, 眠って, 眼張つて待つ居る, 着いたの, 着して, 石が, 示さなかつたもの, 神は, 私たちが, 私は, 私達が, 秘密の, 移され騒がし, 移つたといふ, 穢わ, 空家の, 立った時, 立ってたのよ, 立ってる闘牛士, 立処に, 立掛けて, 端を, 竹す, 筒井松蔵といふは, 籠るの, 純八殿, 経験と, 絶入せんと, 縛られて, 罠を, 置いては, 置いとくと, 置き忘れて, 置くの可哀想, 署名し, 署名を, 群を, 考うべき, 考へないの, 聚るであらう, 聞えるまでに, 脚踏みしよう, 自分の, 至つた, 至つてその, 至つて爆発せず, 至れば, 芸術は, 茂れり石楠木, 茶碗が, 荷物が, 落ちてる, 落ちのびて, 著かれた, 葬り申すこと, 薬が, 虫の, 衝立つて居る, 裂れ, 見られる感性, 見る心地, 見出さなかつたらう, 討死し, 記して, 訪れたの, 詣ずる行者輩, 詩人と, 詰めて, 誌した, 誌す, 説く, 談笑し, 謂う山桜, 警戒し, 貴女の, 赤い百合, 赤旗を, 越え難い, 足掛三年の, 踏み止まり一生此, 踏止まる, 踏留っては, 転がり始めた, 輯録せられ, 迎ひ, 近代の, 述べつ, 述べる要, 迷ひ来られし, 這入つてる間, 這入る奴, 通じて, 通ふ, 運んで, 過し聚楽荘, 道知るべが, 達するの, 選んで, 酷い話, 重大な, 金が, 釘付けに, 銀杏の, 長う足, 長く居, 長居も, 閉ぢ籠つて出, 関所なんか, 附けるの, 陽と, 集いては, 集つた三人以外には, 集つて乾盃する, 集つて遊ん, 集まつて, 集まりました人人, 集めたの, 集る, 離れて, 電話が, 革細工を, 頑張って, 食客に, 養狐事業を, 駐屯した, 高天原から, 鳶色に

▼ 此処~ (700, 11.8%)

10 待つて 5 お目, 私が 4 休んで, 何を 3 お別れ, ついでに, 何か, 待って, 待つこと, 話して, 話を

2 [25件] お茶を, さへ, 一人で, 下りて, 働いて, 僕は, 再び母親, 別れると, 命を, 夜明ししたらしい迂散, 宿泊謝絶などを, 御飯を, 急に, 旦那に, 昔の, 死ななければ, 母の, 珈琲を, 申上げ, 終って, 腹を, 見かけた, 見張って, 遊んで, 食って

1 [601件 抜粋] あつさ, あつたな, あなたを, あのお歌, あんな人影, いいのよ, いいも, いいん, いつかお目にかか, うっかりお尋ね, おつれ, おでんを, お休み, お前と, お姉様, お客さまつていふ, お客様お, お待ちし, お待ち申上げる, お渡し, お産を, お目にかかったよう, お目にかかった事, お言ひな, お話いたそう, お話が, かういふところ, かう云, がんすかえ, くどくど説明, くらすん, ぐずぐずと, ぐっと方向, こう, こうして本, こうして死, こうして転がっ, こうやっ, こないし, この不思議, この曲, この私, これを, ごぜえやす, さういふ女, さらに根本, しないこと, しなかつたの, するかと, するぞ, するの, する暇, そうして留守居, そのハガキ, その可否, その手, その望み, それから私達, それを, そんなに呶鳴, たくさんだ, ちょいとばかり, つきない, どれだけの, どんな形容詞, なぐり合い取ッ組み合い, なさいまし, なんにもなし, ねころんで, ね百合さん, はじめて初対面, はじめて生, ふたりの, ほんの小さい, まずアイガー, また一寸, また五分間停車, また繰返し, まアお目, みたといふ, みなさんで, みんなお話し, もう一たび, もう一度見直す, もって, やって, やってる運動, やつて, やられる脚本, やると, やるん, ゆっくりネバ, よく夕方此, よく見, よろしい, わがセンチメンタリズム, われわれの, キラキラと, クラシズムについて, チョン, トラムプを, ニヤリと, ヒヨイと, ビールを, ポオル叔父さんは, ラ氏が, ラ氏は, 一つだけは, 一つの, 一つ二十両の, 一寸言ひよどんだ, 一寸言葉, 一日でも, 一時間許り遊ん, 一月半, 一服し, 一生を, 一緒に, 一緒の, 一行は, 一言し, 一言費す, 一読する, 一頓挫しなけれ, 七人の, 七八人の, 七時すぎ迄, 三十人近く集めた, 三年も, 三度も, 三方から, 下して, 中断しなけれ, 之を, 争っても, 二三日前偶然に, 二人で, 二筋に, 五人か, 亡くなつた日本人, 人と, 人夫が, 今五千円か, 今日, 今日までの, 仏門に, 仕事を, 会うてる以上, 会う晩秋位ほか, 会つたが, 会は, 住むつもり, 住んで, 何です, 何人かを, 何度も, 侍に, 倒れては, 停車し, 停車した, 僕の, 充される, 充分幸福, 先の, 全校の, 八五郎は, 再び推敲, 出して, 出て, 出会すなんざア不思議, 出会ったを, 出逢うたは, 出逢ったこと, 出遇つたの, 分けて, 切殺せ, 初めての, 初めてプテロダクティル, 初めて名, 初めて大利根, 初めて性, 別あつかい, 別れて, 前説を, 助七, 勉強しろ, 勝津吉朗に, 勝負を, 北京からの, 十分待つ, 十匁ある, 千円出し, 卒倒したら, 協同組合の, 厭な, 又お前さん方, 又考へ, 取押, 取損なうは, 取替せを, 取殺される因縁, 右と, 合戦の, 同じ飯, 君から, 君に, 吻と, 吾人は, 周囲の, 哲学に, 唱へる, 問題と, 喋つた, 喋つては, 喧嘩を, 四人は, 地道に, 埓を, 声が, 変ったらすっかり, 変った生活, 夜を, 大井川に, 大佛次郎の, 大勢の, 大嘗祭に, 天狗に, 失敬します, 失礼し, 奥千丈山塊から, 女史は, 好いよ, 姉の, 始めから, 始めて, 婦人方全部の, 客同志の, 富士と, 寝ようじゃ, 寝るが, 寝ると, 小田家の, 小競合, 小説と, 少々山稜, 少うし, 少し養生, 尽きました, 尾根が, 屍体に, 山崎は, 川浪の, 川風に, 州と, 巡り逢おうとは, 帰る筈, 平気で, 幾度か, 幾日かを, 広いさ, 弟と, 当時私が, 彼女は, 彼女を, 彼奴どんな, 待たして, 待ち合せませうよ, 待機と, 後へ, 徒らに, 御披露, 御注意, 御飯あがれます, 微笑んで, 必ず一理窟, 必要な, 念の, 惚けんでも, 愈々若干日, 感謝すべき, 我慢を, 戦ふ訳, 手術し, 打ち殺されるの, 打切りに, 打死し, 抗弁した, 挫けた, 推摩居士が, 提出されね, 改めて人人, 放りこむよりも, 敢て, 数えて, 断られては, 斯うし, 新世帯, 日の出が, 日本に, 日本神道の, 早速頬張っ, 明かに, 明日に, 春の, 昨晩の, 昼寝を, 昼間の, 昼食と, 昼食を, 昼飯を, 暫く裁判長, 暮さうつて云, 暮したら竹下, 暮すよ, 暮らさにゃ, 書籍を, 最後の, 有松屋という, 朗読する, 木曜日には, 本来の, 村廻りの, 柵家に, 案内人を, 案内役の, 極まりさえ, 機を, 歌舞を, 正しいわれわれ, 此お湯の, 武蔵は, 死にたい, 死になんか, 死んだという, 死んだらきっと, 死んでは, 残飯を, 殺されて, 殺して, 母さんに, 民間の, 決めなければ, 河を, 泊った, 泊らうか, 清い空気, 滅亡しなけれ, 演じたの, 火を, 焚き附けて, 猿女の, 王様は, 甘藷を, 生えなければ, 申し上げて, 申上げ度い, 男を, 畑を, 番を, 異国情調を, 畸形という, 病気にでも, 発掘した, 登山電車に, 皆で, 皆下され, 皆死ぬ, 目が, 直ぐにもそうしてしまうのは訳, 相談した, 眠って, 眠つ, 眠るの, 着物を, 祝言させよう, 神仏に, 神官と, 私と, 私は, 私達は, 秋山微笑居士に, 稼いで, 空中放電の, 笑はせ, 約束が, 終日既成品の, 終止符を, 結びを, 結晶焼の, 続けようか, 老人から, 考うべき, 考ふべき, 考へ, 考へる事, 聖書の, 聞いた談, 聞えた, 聞くというは, 育てて, 脱れる, 腹拵えも, 自分を, 花の, 荷物を, 落ち合, 落差百尺の, 葬礼と, 蒐集家の, 薬草が, 藤原へ, 行われた悲喜劇, 行儀を, 製作し慣れ, 見て, 見るかと, 見ること, 見ると, 見るならば, 見れば, 見廻す, 見掛けた夫人, 親分, 言う事, 計り炭屋, 討果して, 記念として, 許される唯一, 詠んだ歌, 話した, 話してね, 話しましょう相談, 話しも, 話をずつと, 読者は, 誰に, 調和する, 諸共に, 諸君に, 議論し, 象徴の, 責めて, 貴客様, 貴方癪でも, 貴老, 買い換えるよう, 買つた品物やら, 赤井さんと, 赤人は, 起きたの, 起った大, 足りないだけの, 足掛け六年間の, 踊れと, 車を, 辛抱し, 述べたいの, 述べなければ, 追ひつ, 送って, 逢いましたね, 逢うとは, 逢うの, 逢う約束, 逢おうとは, 逢ったは, 逢ふ, 遇うとは, 遇へて, 遠く霞んだ, 避ける, 酒でも, 野宿なさる, 釣を, 釣橋を, 鉄砲で, 開いたが, 関さんに, 降して, 降りた, 降りますから, 階上の, 集って, 雨が, 電鈴が, 霧の, 露営した, 静かに, 顔の, 食う位, 食べます, 飲まねえと, 飲みねえ, 飲んだ幾多, 飲んで, 香具師は, 馬から, 高橋姉, 鷹の, 黒星が

▼ 此処~ (700, 11.8%)

67 来て 17 来たの 11 持って 10 来てから, 来ると 8 呼んで, 来た, 置いて 7 帰って, 来い, 来な 4 お出で, つれて, 参って, 来ねえ, 来や, 来るの, 連れて

3 [17件] おいでに, やって来て, 上って, 出して, 出て, 戻って, 戻つて, 持つて, 来たこと, 来た頃, 来ちゃ, 来る者, 来る途中, 訪ねて, 送りこまれた時, 逃げて, 這入って

2 [37件] いらし, おいで, お入り, お坐り, きて, くると, つけて, やつて, 何し, 出せ, 出せと, 出ろ, 出入する, 坐らされた瞬間, 忍び込んで, 来う, 来たか, 来たと, 来たまえ, 来たん, 来た当座, 来た時, 来てからは, 来ること, 来る奴, 来る度, 来る時, 泊って, 着いた時, 着くと, 置いては, 行くと, 走って, 越して, 足繁く, 通せ, 飛んで

1 [387件] あがつて, あづけ, ある時村, いらっしたの, いらっしゃい石塀, いらっしゃる, いらつし, おいさ包ざ, おいて, おいでお父さんが, おいで市四郎が, おいで私は, おかけ, おびき出したの, おびき寄せた玉, おびき寄せて, お上りなさい, お伴れ申したい, お出, お出しなさい, お出でお, お出でな, お出でなさる, お出でなす, お出での, お出で今, お出で泣かなくっ, お呼, お広く, お座りなさい, お引移り, お成り, お母, お留めおき, お荷物, お這入んなさい, お連れ, かけるがい, きては, くること, くるについての, くるまでに, こうやっ, こう置い, しるしを, すわれ, そうやって来, はいったの, はいって, はいること, まいりました積り, まいり成り代って, まいるので, めえりやした, もう寝, もし林, やってきたらしいん, やって来たの, やって来ては, やって来る, やって来ると, よこすが, 一人で遣つ, 一寸現場の, 一緒に, 一軒新らしく, 七万両の, 三分間毎に, 上せて, 上った時, 上んなよ, 上陸せぬ, 下して, 下りな, 乗り込んで, 乞食の, 二度来る, 今夜寝させ, 仕事に, 仲来し, 休みながら, 休んだ者, 伝わって, 伯母が, 伴れ, 何故来た, 何日でも, 何百反渡し, 侵入し, 俺の, 停車場が, 入って, 入っては, 入つて, 入つて来ちや, 入らっしゃいまし, 入り込んでは, 入るの, 入れ, 入れて, 入れる人間, 六本流寄った, 出しねえ, 出す, 出ちゃ, 出なさい呆れ返って, 出なよ, 出ろごうぎな, 出ろエ, 出ろ借り, 出ろ最う, 出ろ泣いた, 出入りする, 出張りますこと, 出直すから, 初めて来た, 別に働かねえで, 到着の, 勢よく, 匿し, 参らんよう, 参りましたついで, 参りましたの, 参りまして, 参りましては, 参ります途中, 参ると, 参ればとて, 参詣に, 又後で, 取りいれました, 取引先の, 呼びなさい下婢, 呼びましょうか, 呼び寄せたの, 呼び寄せて, 呼ぶが, 坐って, 坐われ, 埋めて, 大事の, 奉公に, 女優を, 守備隊長を, 宿って, 宿つて見る, 寄るらしいん, 寄合ったので, 寝な, 寝ると, 小田原提灯を, 尻を, 居候し, 居候を, 届く, 川上眉山氏が, 帰ったと, 帰っちゃ, 帰つて来られた, 帰らなくとも, 帰る事, 建て直, 引き取って, 引用する, 引越して, 引返して, 往って, 御出なされ, 御検分, 御着き, 悦子や, 我れ, 戻る, 手を, 打ち明けた様, 打箝, 抜いて, 抜くの, 押し出して, 押し寄せて, 担ぎ込んます, 招いたもの, 持ち帰れば, 持ち込んで, 捕まって, 掛けたまえ平常, 掲げること, 提出せられる, 支那兵が, 支那軍が, 散乱致し, 斯う, 旦那様を, 昇って, 最初に, 村井を, 来いえ, 来いと, 来いどうも, 来い何, 来い名主, 来い富五郎, 来い御膳, 来い此処, 来い汝, 来い買つて, 来い酌, 来い顔, 来うと, 来うや, 来う忰, 来かかりましたところ, 来たお, 来たかった, 来たかね, 来たから, 来たからには, 来たかを, 来たそうだが, 来たって, 来たので, 来たもの, 来たもん, 来たよ, 来たらどう, 来たら面白い, 来た印, 来た序, 来た誠に, 来た運命, 来ての, 来ては, 来ても, 来てるん, 来てるんだい, 来ないたって, 来ないと, 来ないの, 来ない前, 来なかつたの, 来なくても, 来なさい, 来なせえ, 来なましまア, 来なよ, 来ぬかと, 来ねえで, 来ました, 来ます迄, 来ませんか, 来ようとも, 来られる訳, 来る, 来るそう, 来るつもり, 来るには, 来るまで, 来るまでに, 来るやう, 来るよう, 来る一隊, 来る不幸, 来る事, 来る前, 来る迄には, 来れば, 来んぞ, 東の, 案内され, 案内し, 此処へと, 残ったって, 気が付かなかったの, 水を, 泊ったに, 泊つ, 泊つて留守番を, 泊つて舟旅の, 泊めたじゃ, 泊めて, 泊らなかったの, 泊る, 泊るもの, 泊ろうじゃ, 泊ろうと, 泣きこんで, 泣きに, 泣き倒れました, 潜込ん, 無造作に, 煙草入を, 現われたの, 用が, 登ったん, 登って, 着いたばかり, 着いた十日程, 着いて, 着くまでに, 着くまでには, 着けて, 着こうと, 石や, 確乎胡座を, 私を, 移されて, 移ったとの, 移つて来, 移り住んで, 稽古に, 突然這入っ, 立ち入って, 立ち寄って, 粂之助が, 縁づいてからは, 縛つ, 繰り返す必要, 置いとくぜ, 置きましたよ, 置きやす, 置くぜ, 置去りに, 能役者に, 茶見世を, 落ちたん, 落ちつく動機, 落ちまして, 落ちると, 落ち着く, 著いた, 葬って, 葬りに, 葬儀を, 薬を, 蚊帳を, 蝟集し, 行く, 見えます, 触れたね, 誘いだされたの, 誘いて, 警察から, 買い物に, 賊が, 身を, 辞書を, 辿りつく頃, 辿りつけるわけ, 辿り着くの, 迷ひ, 送られたと, 逃げ込んだって, 這入ったが, 這入ったの, 這入ったのに, 這入れ, 這込だに, 這込でから, 這込みやした, 通ううち, 通せよ, 通せ老爺此処, 通ったの, 通って, 通つたのは, 通り掛つた, 連出したに, 遁込ん, 遊びに, 運ばれたの, 運んでは, 遣つて, 還り来る性質, 重太郎が, 野宿など, 降りて, 陥ち込んでは, 陪賓として, 集つ, 集まって, 集めたの, 雪崩れ返っ, 霊祭りに, 飛び出したの, 餉った, 馬を, 駈けて

▼ 此処~ (443, 7.5%)

16 家の 8 方が 5 家に 4 人々の, 家は, 家へ, 家も 3 ことだ, ことを, ところが, 地盤が, 家では, 家には, 家を

2 [15件] ところは, 主人が, 事の, 人間だ, 会員だった, 別荘に, 客間も, 室に, 庭の, 海は, 湯は, 爺さんに, 病院で, 眺望は, 長歌も

1 [347件] うちに, おっ母, おばさん近頃, お上さん位わからず, お勝手口, お医者さま, お婆さんに, お家に, お神さん, お辻, かかりうど, くさむら, ことかと, ことで, こと私は, すっかりを, ところか, ところで, ところに, とこ出し, には幸い, はうまい, はまるで, はアルグス, は一軒立, は何, は内, は反対, は名誉的空墓, は四方, は水, は海, は相模湾, ばさまは, ぶちの, まづい, みじめな, みんな出す, もなかなか, も立派, やうな, ような, ように, を出す, を見よう, アトリエは, アニキだ, アラビヤ族の, イーサル川の, オオケストラが, オヤヂも, コーヒーも, サマリヤ人の, スープは, スープをの, ソフアの, パンを, ビフテキも, ホテルは, マネージャーが, ミルクコーヒーなど, ユクタテ多少, ワリシタは, ヴェランダに, 一日の, 一日は, 上では, 下宿人は, 世界は, 中に, 中華民国の, 主人の, 主人側の, 主人胡麻塩交り, 事を, 事務所長では, 二人が, 井戸端に, 亙り線, 亡くなった大, 亭主と, 人たちは, 人の, 人力車は, 伯父さん, 住家を, 住居は, 住民は, 住職が, 何某方何番地を, 借室, 元気の, 先生です, 先生の, 入口で, 入江に, 公園は, 内儀が, 内儀さんから, 処だけも, 凹く, 切通しでは, 前には, 前を, 前迄, 労働馬だつた, 勝手を, 南の, 南淵山に, 博士の, 印南国原であった, 厄介に, 原に, 参集に, 古本屋を, 合戦では, 名と, 名物である, 周囲の, 唱は, 器量よ, 土と, 土へ, 土成し, 土間の, 圧巻であろう, 地べたへ, 地所は, 堀井博士が, 大家の, 大森の, 天の, 夫婦喧嘩や, 奥で, 奥様に, 女に, 女も, 女中たちは, 女中などは, 女房と, 女房も, 姉さんだ, 始末が, 娘が, 娘に, 婆に, 婆アでございます, 嫌いなく, 学校の, 宗祖, 定めは, 客かと, 客に, 客は, 宴会彼処の, 家い来, 家い来てん, 家が, 家だ, 家で, 家屋敷の, 家庭に, 家抜け, 家来に, 宿屋で, 寺へ, 小使か, 小父さん, 屋根に, 山中卯吉という, 山城の, 山居が, 岩間の, 島民には, 島民児童の, 川辺の, 工員の, 左で, 市民も, 常連か, 常連に, 平戸は, 広庭, 床板だって, 座敷の, 座敷は, 往来は, 後継者に, 御殿に, 息子は, 恵我市と, 患者は, 悪党だ, 感覚とは, 戦闘に, 戸口を, 所が, 所に, 所長は, 払いで, 払ひ, 招待彼処の, 拝殿でした, 振付の, 探勝に, 教会の, 文が, 料理を, 新開道路は, 方じゃと, 旋頭歌も, 日光室に, 日本食は, 時は, 景色が, 景色の, 景色を, 暗号員は, 朝めしは, 木の, 木立が, 未決に, 未決檻に, 杉林は, 村じゃ, 村で, 村人の, 松蔭と, 林に, 柳は, 柿だけが, 柿は, 校長が, 校長の, 栽培法や, 案を, 森には, 楓は, 様に, 様子から, 樹下と, 正月の, 歯科室に, 歯科室ツて, 水の, 河の, 沼見, 洋食は, 流れに, 流行ぶし, 浮世離れが, 海には, 海を, 渓間に, 渓間には, 温泉に, 漁師も, 火葬場は, 為めに, 熱灰の, 爺婆が, 爺婆に, 独房の, 猫柳に, 王さまだった, 王様ぢや, 王立博物館に, 生徒などにも, 生活が, 生活に, 生活は, 留守居坊主は, 畠彼処の, 番号教せた, 番地も, 番所を, 番頭さん野村徳太郎氏に, 白味淋は, 知己と, 神奈備は, 祭てえ, 祭礼かしこの, 秋祭りといふ, 窓掛に, 精霊が, 給仕人を, 縁側から, 美術学校の, 義理を, 者は, 聯隊で, 自動車は, 舞台課の, 花を, 茶屋小屋より, 草分で, 蔵の, 西洋は, 要害最も, 親達の, 親類かしら, 角を, 説明でも, 講堂に, 貧亡な, 途中に, 連中は, 道場を, 道祐という, 邸の, 部屋は, 部落から, 都市にも, 酒場の, 酒店で, 野に, 野戦病院には, 金庫から, 銀行でも, 長い常連, 長を, 門を, 門口に, 阿礼も, 隅では, 隣りに, 雪の, 雰囲気に, 霧は, 青年だつたら, 領事館に, 顔も, 風呂は, 風致も, 食事は, 食事キャビアその他オルドヴル中, 食堂が, 食堂は, 食堂も, 飯なら, 飯田が, 飯田の, 馬車は, 馬飼ひ, 駅に, 駅を, 魚は

▼ 此処~ (359, 6.1%)

3 何処だ

2 [17件] あなたの, いつもの, わしの, スチームも, 一体何処, 何でも, 何と, 何処でしょう, 何処な, 場所が, 往来だ, 思の, 或る, 昔から, 板敷で, 此の, 箱根の

1 [322件] あっし一人で, あまり開拓, あれの, あんなにも, いいいずれ, いいから, いいわね, いじっては, いわば門前村, お仕置場だ, お前さんと, お前さんの, お前に, お前様たちにゃ, この上, これで, これでも, すつかり, ずっと雨, そのま, ただ草, ちょっと無理, つい此間, つまらないから, どういうところ, どうしましょう, どこだ, どの店, なかなかいい, なかなか見晴らし, まことに恐多い, また機場, また預言者エリシヤ, まるでい, もうどうせいらない, もう南国, もう筑波, もう誰, もう鈴木さん, もとどう, よく心得, アイヌ語で, イカキ山だ, カノマツバラだ, サクレエ・クウル寺の, サムボアに, ソビエット大使館じゃ, デザートに, パリの, ベルリンとは, ヤカンダニの, 一たい何処な, 一つ敢て, 一つ観念の, 一人だ, 一番古い, 一里四方平原で, 一騎打の, 丁度十勝岳, 丁度山ぶところ, 上海などと, 下流に, 中, 中流に, 云は, 人間界でなく, 今私が, 低いが, 何う, 何といふ, 何となく潤い, 何の, 何んと, 何処ぞ, 何処だらう, 何処である, 何処です, 何処と, 何部隊かと, 何階目な, 余にも, 余も, 信濃の, 偃松の, 偉大な, 兄さんだけの, 先ず此, 入りかわり立ちかわり水, 全マーシャル群島, 六円半で, 六道の, 共同墓地で, 写象として, 出水の, 切り上げてと, 初めてなん, 初等課だけ, 別になに, 別に通る, 別世界, 別山と, 別荘である, 剣の, 十勝で, 半反歩許, 南京豆と, 南海寺わしは, 厭な, 去年の, 又別天地, 反響が, 取壊しに, 可なり, 命がけの, 喧しいん, 四時前に, 地下室だ, 地獄極楽へ, 場所の, 堺の, 墓の, 墓地うら, 壁でも, 壁に, 変ったもの, 多分二月, 夜に, 夜会の, 大きなビルディング, 大なる, 大井川の, 大層香の物, 大海に, 大連である, 大黒屋のと, 天神前で, 天竜の, 太平洋に, 夫婦の, 奥の, 奥地を, 好ましい場所, 妙な, 子供が, 安い, 家の, 寒い, 寝室さ七八人寝, 射的場で, 小さい町, 小塚ッ原, 小川の, 少々物数奇, 少くとも, 少しく白く, 少しは, 山稜が, 巣であり, 巴里から, 帝国ホテル随一の, 帝室御, 師団の, 年中陽, 幸に, 引越した年, 当分うごきたくない, 当時明や, 役に立たない, 役所の, 彼女の, 往来ぢや, 往来で, 往来なり, 御国を, 御案内, 御稽古, 怖い家, 恁う, 恐ろしい魔所, 恰度東京に, 想ったよりも, 感心で御座います, 我国の, 拾ふべき, 控えて, 新しい, 施療部である, 旅で, 旅の, 旧い都, 明けられません, 明放し, 明治の, 昔の, 昨今の, 暖いの, 最も密樹, 最も無, 最早千歳村, 最早東沢, 月の, 有島さんの, 有望だ, 朝夕学校への, 木賊山の, 未だ階下, 本当は姉さん, 本所松倉町でございます, 村での, 村の, 村役場の, 東京か, 東京だ, 林相の, 果して町, 桔梗ヶ原であった, 極淋しい, 横川です, 横浜だって, 樹木も, 樺太だ, 止そうよ, 正しくネオン横丁, 正木の, 殆ど原形を, 毛勝続きの, 水が, 水に, 水の, 水の手が, 水上特攻基地だ, 水乏しく, 永く眠るべき, 沖縄県人ばかりの, 法の, 洞ろな, 津の, 浮子釣に, 浮子釣りなんぞ, 海豹島な, 涼しい, 深いだ, 測量当時に, 満十, 満洲鉄道本線, 滅法寒い, 潮の, 燃料に, 爾の, 牛鍋専門では, 物凄い淵, 玉津島の, 珍しくも, 現実と, 琵琶湖に, 田舎である, 甲州と, 白い漆喰塗り, 白馬浅葱白馬扇白山小, 県庁に, 真淵, 眼も, 砂村隠亡堀であった, 私が, 私の, 秩父の, 空気も, 立ち去って, 筑前国第, 素直に, 美味し, 胸を, 腰掛だろう, 自分の, 自腹でない, 色里である, 芝を, 花売や, 若中, 菓子物は, 蛄が, 裏町か, 西欝, 見せて, 言わば絶所, 言わば首陽山, 誠に暗う, 誰かの, 誰も, 諸の, 謂って, 谷の, 足柄山と, 近年物故した, 近道でございます, 追貝村の, 退路を, 逃げ出せめ, 遠い太古, 鄂博, 野中の, 鈴木の, 銀座だ, 銀髯を, 鍵穴だ, 阿片窟な, 降らないんで, 離れや, 雨も, 霊山とか, 静かだ, 静かで, 静かな, 面白いかい, 音を, 駄目だ, 駒の, 駕籠が, 高いところ, 鬱蒼たる, 麹町区然し, 黒部川の

▼ 此処~ (309, 5.2%)

17 出て 11 先途と 4 出たの 3 出発し, 明けて, 通って, 通る度, 開けて

2 [15件] お明け, 下りて, 出懸けた, 出懸る, 守って, 守る身, 最後の, 歩いて, 立たねば, 立ち去ること, 通りか, 通り過ぎて, 通る, 通る時, 遁れ

1 [232件] あけろあけろ, お出でに, お動き, かこつけに, かたづけて, こないせえやとか, さまよ, たたんで, つきあわしたの, とびまわりました, ねらって, やめると, 一つ考へなけれ, 一体何, 一層大きく, 一揆が, 三国山とは, 上ろうでは, 下って, 下ります, 下ると, 不意に, 中心と, 二股と, 仮の, 住家に, 何と心得る, 何処と, 何処とも, 何様し, 余処へ, 借ります, 借り通す考, 出たいと, 出たいなど, 出ては, 出ても, 出ましたが, 出ましたの, 出ましょう, 出ようかと, 出ようじゃ, 出られそう, 出る, 出ること, 出ると, 出る汽車, 出入りする, 出発した, 出発と, 出立し, 切抜け様, 剃らせろと, 動いては, 動かないつもり, 動きません, 動きませんからね, 占領した, 去って, 去つた, 去つて, 去らない心算, 去らなかったの, 去りしが, 去り兼ねる様子, 去る, 去るが, 去ること南, 去ると, 去れ, 去れば, 去ろう, 取囲んで, 取巻いて, 四時に, 堪えでは, 失えば, 完全に, 宿に, 寿美子さんが, 尋ねたが, 尋ね当てた効, 川端と, 広くし, 広河原と, 府中と, 引きあげねば, 引き揚げること, 引ツ越したら, 引払って, 引越して, 彷徨いて, 御じ, 御覧此の, 御通り, 忍び出, 急いで, 懸命に, 打って, 抜くですで, 抜けて, 押せと, 拝借しまし, 指したもの, 振り出しに, 掃除しとい, 探させては, 探して, 撮れ此処, 放れたまで, 教えて, 教へて, 教わって, 散歩し, 斯うい, 曲ると, 木彫室に, 本陣として, 梁山泊の, 構わずずうッ, 歩きながら, 歩き廻ってから, 歩行かつ, 死場と, 永久に, 滑り出で, 焼け出されました, 狙ツてる, 独りで, 瓜の, 発した, 発つ, 登つて庭づたひに入らう, 登らなければ, 登る御用, 登山口に, 石滝と, 示しこれ, 突つ, 立ちたいと, 立ち去って, 立ち去るの, 立ち去ろうと, 立ち退かん見付けられなば, 立ち退き度い, 立って, 立つて, 立つの, 立去つた, 立去ること, 立退いたら私達親子六人, 立退かんければ, 終り成城, 縦走した, 羅馬だ, 能く, 脱け, 脱出する, 自分の, 自由に, 茶の間に, 蛍の, 行かつし, 見まわして, 見まわしなど, 見付けたばかり, 見給え, 覚えて, 訪ねて, 訪れるよう, 訪問する, 詠みし歌, 起点として, 距る, 転げ落ちるの, 辞して, 追い出されたらあの, 退かつし, 逃か, 逃げて, 逃げられるだろう左様, 逃げるが, 逃げ出さなきゃならないの, 逃げ出せるぞ, 逃げ去って, 逃出し, 逐電致しました, 通ったか, 通ったとき, 通ったの, 通った際, 通つた, 通つた時には, 通つては, 通らないじゃ, 通らなかったか, 通り合わせ, 通り合わせました, 通り度きゃ, 通り掛って, 通り難い, 通るたびごと, 通るだろう, 通るという, 通るの, 通るは, 通るん, 通ろう, 通過された, 通過し, 通過した, 過ぎしなれば, 過ぎた時, 過ぎて, 過ぎてから, 過ぎられた時, 過ぎる人力車, 過ぎ行き, 酷く打ちまし, 閉めましょうか, 開けますよ, 間違えては, 降りれば, 離れて, 離れては, 離れるとて, 領し, 飛び出して, 飛ぶん, 飾ったん, 駈け抜けること, 鳩舎に

▼ 此処から~ (288, 4.9%)

10 出て 7 見ると 4 眺めると 2 三哩程, 下の, 余り遠く, 入れる道理, 別れて, 山稜を, 帰って, 急に, 眺めた所, 起つた

1 [247件] あげまする誂, あなたに, あのお, あの暴風雨雲, いろいろの, お帰り, お帰りなさい, お暇乞, お礼を, お組, お逃げ下さい, お顔, きこえて, さそい出すつもり, して, すぐな, ずっとその, そうしよう, だと, である, です, では, どこかへ, どっか似合いの, どのくらい, なら顔, はじまると, ふらりと, また路, まだ二里, よく海, わき目を, シデや, ハツキリ聞えない, ビレスト停車場へ, 一時間足らずの, 一歩も, 一里に, 一里ほど, 一里位な, 一里余り登った, 一里半, 一里半ほど, 三分も, 三十哩も, 三右衛門を, 三四里も, 三四駅上りに, 三粁ほど, 三里隔て, 上は, 上へ, 上るの, 上流へは, 上海へ, 下りちゃ, 下りて, 下山する, 中尊寺へ, 二三千リーグ, 二三間下手で, 二人で, 二十分で, 二十分を, 二里ほど, 云へ, 他の, 以前の, 何千里ある, 余程あります, 使を, 偶然同船し, 僅かに, 先き, 先は, 先も, 入ったと, 入ったん, 入りますよ, 入れといふ, 六条の, 凡そ一丁半程の, 出して, 出ようたって, 出ることさ, 出るという, 出るの, 出るん, 出来るだけ, 出発し, 出発する, 出立した, 分れて, 初まる, 初めて利根川, 勝手次第に, 十四五間東に, 南へ, 去ったの, 去るつもり, 双眼鏡で, 右に, 向うを, 君の, 喚けば, 四町ばかりの, 四里の, 国民性も, 天龍川を, 始めて, 学校へ, 室堂に, 家に, 家へ, 小窓, 尾根が, 尾根の, 尾根伝いに, 峠の, 嶺へ, 川下を, 左に, 帰っちゃ, 帰つたのは, 帰つて行く, 帰国せね, 広瀬に, 床下へ, 引き返すの, 引返すこと, 往くと, 往くん, 忍び込んだもの, 忍んで, 我家に, 戻って, 戻るが, 戻るの, 折田へ, 指さすこと, 斯う, 日帰りに, 早く三人共, 更に国師金峰, 書け, 木立は, 村までは, 来路, 東北に, 東南の, 東天を, 森田部落迄, 槍までは, 檜枝岐までは, 歌が, 此処まで, 此処までは, 歩くと, 残雪が, 段々と, 水車場の, 河原が, 港町を, 烏帽子ヶ獄の, 烟位見える, 無数の, 牛の, 犠牲の, 猶英国, 猿を, 田子まで, 略略一日の, 異論が, 発生する, 登山する, 白い水沫, 百二三十米を, 直ぐ私, 眺めた奥白根, 眺めた悪, 眺めた鶏冠山, 瞰下した, 瞰下す, 瞰下する, 私が, 立てぬよう, 笹沢のり原いぼり, 線路は, 線路伝ひ, 考へても, 聞えるヴァイトゥリンガ, 聞こえるもん, 聴いた様子, 脱出し, 脱出する, 船を, 茶の, 虎の, 行かないで, 行かれます, 西に, 西南の, 見える, 見えるあの, 見える次の間, 見た餓鬼岳, 見ては, 見られるの, 見られる程, 見られる筈, 見れば, 見下した時, 見下せば, 言うと, 話を, 赤石沢の, 起る, 足許が, 近く望まれる, 近道を, 返した, 逃がして, 逃げたのに, 逃げたら好い, 逃げて, 逃げ帰ろうかと, 這い込んだに, 通ふ, 通わせること, 運ばれると, 道は, 遠いかね, 遠いだろう, 遠いでしょう, 遠くは, 遣った手紙, 遥かに, 鐘釣温泉へ, 開け初めた, 雨を, 電話を, 青木の, 頭の, 飛び下りて, 飛び込んで, 飛込むべ, 飛込んで

▼ 此処まで~ (234, 3.9%)

25 来て 11 来ると 7 来れば 5 連れて 4 来たの, 聞えて 3 出て, 来た

2 [12件] あなたを, やって来た, やつて, 出掛けて, 参りました, 帰って, 戻って, 戻つて, 来たこと, 考えて, 考えると, 読んで

1 [148件] おびき寄せて, お出, お前さんに, お見え, きて, くるんで, ご案内, たどり着いても, つれこまれたには, つれて, でじよらうぐも, でよい, はっきり判った, まいりますと, やってきたもの, やってきた私, やって来たの, やって来ると, わざわざ自分, 一緒に, 三間以上ある, 上って, 上つて来, 上陸する, 九郎右衛門は, 二里, 云いて, 云ひかける, 信仰様式が, 出ると, 到達した, 参りますと, 参り侍りしが, 参り候えども, 及んで, 堕落し, 夢中に, 尋ねて, 導いた上, 導いて, 延びて, 引っ込んで, 引張られるは, 引張りまわした女, 引張り出されたよ, 御伴, 心持が, 急いで, 惣吉様の, 我慢し, 押しつけられて, 押し流して, 押寄せて, 担ぎ上げて, 拉し去られて, 挽いて, 旅し来った, 書いたかと, 書きながら, 来たか, 来たが, 来たついで, 来たところ, 来たな, 来たならまだ, 来たに, 来たので, 来たのに, 来たもの, 来たらもう, 来たザチ, 来た事ゆえ老神, 来た以上, 来た次手, 来た理由, 来た者, 来た間, 来た露月, 来てから, 来てとは, 来な, 来ないで, 来は, 来られそう, 来られたから, 来られたの, 来るには, 来るにも, 来るよ, 来る中, 来る前, 来る者, 歌つた時は, 歩いて, 水を, 流れて, 流転し, 溯江する, 漕ぎつけて, 用意し, 登り拝し, 知れてしも, 私の, 立ち入って, 縋いて, 考えたもの, 聞こゆ, 聞ゆる, 落ちて, 落ち延びた次第, 行きもしくは, 行けば, 行詰まる, 言って, 言つた時聞いてた, 話した時, 話して, 話すと, 誘って, 辿りつきましたよ, 辿り得るとの, 辿り着きましたが, 迎へに, 述べて, 追い詰めて, 追い遣られて, 追ひかけ, 追送し, 逃げたが, 逃げて, 逃げ伸びて, 逃げ出しあの, 這込み得, 連て, 運ばれて, 運ばれ重, 運んだこと, 運んだ郷太郎, 運んで, 陰気な, 雪を, 響いて, 響きます, 飛び出したもの, 飛んで, 食ひ込ん, 馬を, 魚釣に

▼ 此処では~ (127, 2.1%)

2 一種の, 何も, 何もかも全身, 水道も, 皆の, 話が

1 [115件] あなたの, あの惨, あまり詮議立て, いや応なしです, いわない, お話し申し, これほど, して, じっとし, そういう暢気, それさえ, それでは, それらの, それ以上の, そんなこと, とても暑く, どうにも, どの男, なく何処, なく直ぐ, なにかと, なるたけ, まだずっと先, まづまつりの語源, わからぬ山, ア列イ列ウ列の, ウエルスの, クルップの, スープが, パラティーノについて, フナノリという, 一枚が, 一番大切な, 中臣, 二百米突も, 云は, 五日でも, 人間の, 仮りに, 何です, 何んです, 余興として, 例外と, 便宜上平安朝, 僕の, 其一つ一つが, 危いから, 可哀, 名詞に, 問題と, 問題に, 四十二カペイキ, 国経が, 夫が, 奮戦ばかりが, 好い商, 妙な, 子供達は, 宮と, 家常茶飯事だ, 展望が, 巫女の, 平常の, 必ずしも殺いだ, 情緒と, 感じられて, 打ち合い踊り合い, 拆白党と, 政宗に, 故意に, 教員が, 斯んな, 日本人という, 普通の, 最初に, 最早問題, 松かざりの, 梟が, 正確な, 歳神は, 殆ん, 決して急, 河が, 河と, 流石に, 深く触れる, 温帯文明的な, 無い大きな, 熱帯的の, 特に一方向, 特に日本, 特に美術中, 班田制度が, 産地が, 申し上げられません, 申し上げられませんので, 皇極, 精しい話, 紅の, 自分で, 落ついて, 薪が, 西洋の, 触れないこと, 触れないで, 言わずとも, 言葉を, 詳しい話, 語根の, 象山の, 通らぬぞ, 鉤先が, 題どおりに, 馬鈴薯が, 魚と

▼ 此処には~ (116, 2.0%)

2 それを, 何が, 来て, 誰も

1 [108件] あづかる事, あるが, いつまで, いない私共, いられない, いられないという, おいで, お医者, お蘭さん, くわしい批評, この朝倉忠左衛門最後, これだけの, さすがに, なくて, ほんの拾遺, まるで地, まるで誰, もう佐吉さん, もう淋しい, もちろんいかなる, わりあ, ゐないといふ, ゐられないで, ピアノが, ロガンの, 主として神婚, 主に, 云わない, 人間らしいもの, 仁兵衛という, 今僕が, 何人も, 何処とかの, 何時も私達, 俺より, 入らないの, 其を, 利根川の, 力が, 勿論温泉, 同律, 四斗樽ほどの, 変質的な, 多勢連の, 姿を, 完全な, 家でも, 寝台が, 居ないよ, 居やしないよ, 居らぬ真, 居らぬ遠慮なく, 居られないから, 居られない大門町, 居られんの, 市として, 彼れ, 御法度岸に, 恋に, 我が民謡, 持ち侍らねど, 挙げないとして, 斯んな, 日常生活の, 昔鬼が, 書かざること, 書かぬ, 最う夥しい, 最早旅愁, 最早矜持, 有名な, 木津の, 来たま, 来たまひ, 来なかつたと, 来られなくなるわね, 東京朝日しか, 極めて基本的, 極めて概念的, 深き意味, 瀑布を, 燕尾服や, 狭義の, 現に私, 略する事, 省いて, 省略する, 祖先の, 美術学校も, 自分たちの, 色と, 花鳥諷詠詩たる, 薩の, 見出されるの, 言は, 言はずもがな, 言ふ, 訪れる者, 読者の, 調和と, 警視庁の, 足を, 近くでは, 長くは, 随分方々, 青々と, 顔を, 食い物が

▼ 此処にも~ (112, 1.9%)

4 あった 2 頭を

1 [106件] あすこにも, あったわけ, あって, あつた, あらはれて, ある, あると, おのずから反映, おられぬので, こういうもの, この小さい, ころがって, ころげて, ございますもの, ござったははは, そうした人たち, そうした女性, その常子, その積, その見本, なんの, ほんとうは, また別, また白雪姫, また腰抜け侍, もう西洋式, ゐたの, ゐないわよ, アンペラ小屋の, バクテリヤが, 一つ, 一つあった, 一つおもしろい, 一つの, 一軒屋の, 亜米利加合衆国の, 亦一個, 亦幕, 人らしい, 仇し, 企及す, 伝は, 俺の, 兵士が, 其処にも, 凋落が, 及ぼして, 取換, 古いカテドラル, 古本屋が, 四角な掘, 四面とも, 因縁の, 団欒し, 在り彼処, 在る, 声を, 大入道が, 姿は, 室ほ, 居なければ, 帽子と, 幽かに, 幾らだ, 幾個の, 彼の, 彼処にも, 思想が, 支那料理の, 散ばる街, 日本の, 日本らしいからぬ, 月夜は, 木箱を, 梁の, 死人の, 毎夜の, 毛むくじゃらの, 洩れて, 溢れて, 滞留した, 点々として, 烟が, 犇, 生れたか, 矢張りもんもん, 笑声が, 細かな, 縁起物を, 聞えだした, 聞えて, 自分を, 茶褐色の, 見えた, 見えるの, 見られた, 見出すこと, 誰として, 起つた, 路を, 道が, 鍵を, 降つて, 集つて立つ, 高札が, 魚が

▼ 此処~ (99, 1.7%)

2 よかろう, 辛抱の, 這入り口, 面白くない

1 [91件] あいて, あなたの, あなたを, いい, いったい何処, いわば車庫, お前の, お座敷で, かの真田, そのとまりらしい, もう陸, もし外国, アフンルパ, アムステルダムです, カノマツバラだ, 一尺ほどの, 一段とその, 一番や, 一番気楽で, 一番静かで, 丁度宜い, 不便な, 不浄な, 不首尾で, 予定された, 今日お話しよう, 今日も, 何の, 何処だ, 保つと, 円の, 千両だ, 即我が, 境だ, 多蘭泊, 大いに東洋, 大事な, 大立ち廻り, 大見堂という, 失敗し, 妙で, 嬢様の, 宜かろう, 実に主観主義者, 家と, 平らに, 廿年前には, 彼らの, 応接室だ, 恐らく薬師山, 悪人と, 或は破風山, 戦場に, 政宗の, 最精霊, 東穂高の, 松輪かと, 桜島である, 槍の, 此年頃心に, 此那に, 気にいらぬと, 気に入らねえどうも, 江戸市街の, 清水村逢坂, 渡れぬ後, 燕巣の, 王の, 痛くて, 立山の, 籍元だ, 肝賢要, 能いとか, 臭いと, 萩原大, 行き止りに, 見えたら失礼, 貴方の, 赤兀の, 赤沢です, 赤谷川流域の, 躍って, 躍ってよ, 長い峠, 開いて, 限度と, 面白いという, 頂上だ, 頓智頓才で, 頭に, 骨肉微妙の

▼ 此処でも~ (62, 1.0%)

1 [62件] い, うまく敵, その行方, それを, ないと, なか, はじまった, また追, まだ翩翻, やはり, ザクザクと, ドーヴィル市長を, 一ばん, 一層痛切, 三鞭酒を, 二百米近くも, 五六人の, 亦この, 亦日本音楽, 亦更に確め, 亦耳底, 人を, 他人の, 佇立し, 使って, 凡ての, 別にか, 博士と, 又道子, 啼いて, 困って, 変な, 実行されたらしい, 尚僕, 彼の, 彼は, 彼処でも, 彼女たちの, 後に, 憂鬱に, 断然駄目, 既に往来, 済むこと, 瀬川先生, 物事を, 犯罪を, 生れて, 督軍夫人の, 私の, 肝を, 至る処, 船頭は, 落ついて, 見せつけられたの, 話せますよ, 賽の河原と, 野村の, 開けて, 隣の, 電報の, 露支両商に, 鱒が

▼ 此処~ (57, 1.0%)

2 に居ろ, へ落ちた

1 [53件] あこんな, が僕, が思切り時, が死処, じゃあなかなか, じゃ蛇, で, であろうと, でおし, でお辞儀, での高級酒場, では多, では少し, では顔, では鳥八十さん, でよい, で一時車, で啼いてる, で回, で自分, で見, で見舞物, にし見る, にはまア, には東京, にも今回, に潜ん, に特殊, に虫, に見かけねえです, に違い, の土地, の夏, の女, の明るい, の村, の町, の稲作, は一嘗, は只今, は山家, は木枯らし, は未だ, は未来, は特に, は百舌鳥, は難所, までも吹き込ん, まで迎え, ももう, も予定地, をうろ, をもつ

▼ 此処~ (51, 0.9%)

2 定めて, 市中の, 申しき

1 [45件] いいその, いうて, さまよ, だつて, のたくりほっつける訳, ポチポチ灯りの, リュクサンブールの, 働いて, 函館とを, 刈られ始めて, 同じに, 同じやう, 同じ様, 同じ物, 同じ警句, 四方八方飛び廻, 尋ぬる, 尋廻る, 彼は, 彼処との, 徘徊き出した, 思う家, 思ふ処, 思ふ所, 戸棚の, 探しその, 探しまわって, 斜めに, 未ださばかり時, 来たら鼾, 検めたが, 此処い, 此処と, 此処は, 残したところ, 決った, 父を, 獲物を, 眼を, 移りながら, 移り住んで, 置き直して, 聞きたる白金台町, 草ある, 賞金の

▼ 此処~ (46, 0.8%)

3

1 [43件] おなじ溜池, この数年間, こんどの, どろどろの, また完全, また極めて, 一杯で, 二度目は, 亦い, 亦塵埃, 人間の, 例の, 十五銭に, 同じ一軒家, 問題に, 夏の, 大陸に, 嬉し哀しい人生, 客が, 居心, 彼処も, 戦争時分は, 掩ひかぶさつ, 支那の, 数限りない, 斜めに, 明方まで, 昔住ん, 昼夜兼帯の, 朝鮮から, 海では, 淡路島を, 真暗である, 矢張耶馬渓の, 稍や, 空席が, 美しい緑, 至極都合, 落ちた, 見納めかな, 近処, 食物を, 駄目か

▼ 此処~ (43, 0.7%)

83 此処だ 2 ぞ此処, なと思う

1 [28件] から殺し, そうだ, ぞ疲労, ぞ飯, つたなと, といふ, となった, と思い, と思っ, と言う, と車, な, なという, なという観念, なと思ふ, なと思ッ, なと考える, ね, へえ御免, よ解らない, よ諸君, よ貴方ヨ待ち, わね, ア, アと, ナ, 千種君, 怪物を

▼ 此処~ (28, 0.5%)

3 んだ, 家の 2 んです, 家は

1 [18件] のこれ, ので虎公園, のよほら, は, は御身, ア母様ア江戸を, 処か, 処に, 台所の, 宅に, 家から, 家で, 家へ, 濠の, 爺さんは, 甚藏は, 親爺じゃ, 親爺は

▼ 此処~ (24, 0.4%)

6 らの 4 らで 2 らだけと, らを, 名ア書い 1 ら, らとは, らは, らまで, ら界隈が, 判おす, 書き加えときます, 遊びに

▼ 此処~ (24, 0.4%)

2 来て

1 [22件] かけな, 上せて, 八十両べ, 出て, 出やしたさ, 出ろ打殺し, 参ったの, 呼んだん, 掛けな, 来い, 来うおえいも五八, 来うよ, 来う多助, 来う幾ら, 来う離縁状書, 来たお, 来たの, 来ねえ此, 来るって, 来る時分, 縁付いて, 置くもん

▼ 此処彼処~ (23, 0.4%)

1 [23件] からあつめきた, から囀り渡る, で厳しく, といろいろ, とし, にあるいは, にきこえ, にさまよう, にたくさん, に大きな, に往々, に捉え, に日光, に浮動, に聞え, に落雷, に軒ラムプ, に颯爽, の家, の富家, の櫓, の狭い, へ朦朧

▼ 此処~ (23, 0.4%)

2 ノンセンスなら, 来て

1 [19件] つひに, 乗せて, 五六町の, 來て, 出かけて, 出て, 判れば, 持つて, 書いて, 来たの, 来たもの, 来る間, 来れば, 行っては, 観察し, 語ると, 辿り来た, 追いこんだん, 這っては

▼ 此処からは~ (22, 0.4%)

2 見えないが

1 [20件] ごく小さく, さして遠く, もう何ん, もう家, もう近い, 何処にも, 出るつもり, 大磐石, 峰一つ越した, 晴れてると, 最早茅処続き, 樹群が, 見えないけど, 見えないなあ, 見えない台所, 見えない東, 見えぬ気, 見られない, 道幅が, 遠い筈

▼ 此処より~ (21, 0.4%)

2 して

1 [19件] ほかに, もっと間数, 先へ, 出船しない, 十里ばかり, 半里許, 外に, 大城に, 引返すの, 手が, 源次郎を, 男を, 立去れ, 起る, 越えて, 進む能わずとて, 過ぎたま, 遥に, 高いであろう

▼ 此処~ (19, 0.3%)

1 [19件] から一番野面, から仮, が悟り, で出来る, に, にうろ, になる, にはつ, に大勢, の人, の人たち, の宿屋, の村, の渓, の農民, はこれ, は手軽い, は随分, へは獺

▼ 此処へは~ (16, 0.3%)

1 [16件] まだ戻っ, もう来まい, よく来た, 二度も, 再び来まい, 四十分で, 来たぞよ, 来ない, 来やしないのよ, 来られないあなた, 来られないなどとは, 決して二度と来まい, 置かれましねえよ, 良いの, 誰も, 足を

▼ 此処までは~ (14, 0.2%)

1 [14件] たつた五里, ところどころに, まいったれど, 伝は, 北沢峠を, 書物の, 漕ぎつけて, 発掘事業も, 登つて来た, 聞えなかつた, 話は, 誰と, 逃げて, 飛で

▼ 此処です~ (12, 0.2%)

51 か, かえ, から, か厳しい, と云った, と言, よ此処

▼ 此処までの~ (11, 0.2%)

3 間に 1 うち私たちは, 二駅の, 思想で, 筆致や, 約束だ, 経過を, 道は, 道順と

▼ 此処からも~ (10, 0.2%)

1 さして遠く, ぞろぞろと, 一面に, 名を, 潜つて壁の, 現われた, 空に, 見えます, 見える筈, 起つた

▼ 此処にて~ (10, 0.2%)

1 しかと申, 一言すべき, 乗替え, 人夫一人を, 必ず得べき, 拾ひしなり, 討死しよう, 逢ひし, 邂逅はんとは, 長次郎等を

▼ 此処じゃ~ (9, 0.2%)

1 いくらヤキモキ, ない, はなしが, ア何う, ア松源さんで, ア立場も, ア話が, 人立ちが, 手を

▼ 此処へも~ (9, 0.2%)

1 二三度来た, 二日三日続け, 入れるだが, 回状が, 女について, 来て, 迫つて来た, 電気点けん, 颯と一嵐

▼ 此処~ (8, 0.1%)

21 やあんな, やみつ, や反対, や汚, や製板, や見られない

▼ 此処での~ (8, 0.1%)

2 一と 1 体験に, 宿命な, 生活で, 生活の, 生活は, 高瀬貝採取権

▼ 此処かと~ (6, 0.1%)

1 声する, 寺らしい, 尋ねて, 探し廻ったが, 棹で, 求食る

▼ 此処ぞと~ (6, 0.1%)

2 思って 1 一矢酬いた, 云はんばかりの, 思う場所, 思えば

▼ 此処だけの~ (6, 0.1%)

4 話だ 1 お話です, 話に

▼ 此処ばかりは~ (6, 0.1%)

1 何も, 大漁だ, 寂寞, 評判よし, 陽気に, 頼るまいと

▼ 此処~ (6, 0.1%)

1 ちのおとなし, とこの, とこを, とこ三日マチネーあり, とこ不入りな, 処へ

▼ 此処其処~ (6, 0.1%)

1 にカンヴァス, に人知れず, に掘られた, に立っ, に藪, の雑木林

▼ 此処~ (5, 0.1%)

1 え, えおや, えと何気なし, 奧州屋の, 彼処かと

▼ 此処かしこ~ (5, 0.1%)

1 できかれた, にある, にま, に焚火, に立ち迷い

▼ 此処こそ~ (5, 0.1%)

1 人生といふ, 参詣者の, 明治以後に, 暗い横丁, 自分の

▼ 此処とは~ (5, 0.1%)

1 こんなにも違う, 夜一番明るく, 瓢箪の, 筋向うの, 違つて道庁の

▼ 此処よりは~ (5, 0.1%)

1 ましじゃ, もっと痛快, 六七十米も, 少許, 海も

▼ 此処よりも~ (5, 0.1%)

1 二十米許高い, 優って, 向うの, 広い杉, 早く朝

▼ 此処だって~ (4, 0.1%)

1 使えるの, 出来る, 泊めて, 貴女こそこそ

▼ 此処において~ (4, 0.1%)

1 一方においては, 同時にあり, 外国は, 彼れ

▼ 此処えお~ (3, 0.1%)

1 出なせえ, 掛けな, 掛けなせえ

▼ 此処~ (3, 0.1%)

1 杉植る, 来た, 来て

▼ 此処だけ~ (3, 0.1%)

1 だ, である, やって

▼ 此処だけは~ (3, 0.1%)

1 世間体とか, 取りに, 谷の

▼ 此処だった~ (3, 0.1%)

2 のか 1 なと前

▼ 此処であります~ (3, 0.1%)

1 ここに, と大きに, よ

▼ 此処にては~ (3, 0.1%)

1 古今東西に, 山女は, 衣の

▼ 此処にても~ (3, 0.1%)

1 また文得給, 東京よりの, 親しき友

▼ 此処にや~ (3, 0.1%)

1 俺の, 入つて, 来ては

▼ 此処はね~ (3, 0.1%)

1 化物が, 旦那わっ, 昔決闘場だった

▼ 此処へでも~ (3, 0.1%)

1 呼び給, 寝転ばうか, 御座わんなさい

▼ 此処へと~ (3, 0.1%)

1 呼んで, 奥の, 歩いて

▼ 此処~ (3, 0.1%)

1 彼処と, 彼処の, 裏の

▼ 此処をば~ (3, 0.1%)

1 毎夜音づれてくれたのなれど明日の, 見つけ出しまして, 通るならおれ

▼ 此処~ (3, 0.1%)

1 て双方士官, て金特出候事, 埋ムト雖

▼ 此処~ (3, 0.1%)

1 以テ其方共助命申付日本橋ニ於テ三日晒, 封戸ニ加へ, 過ギリ此柳

▼ 此処二三日~ (3, 0.1%)

1 でもお願い, の総菜もの, 大人しいに

▼ 此処迄は~ (3, 0.1%)

1 八里半五丁の, 子供の, 近かった

▼ 此処からでも~ (2, 0.0%)

1 婦人帽の, 這入ったか

▼ 此処こそは~ (2, 0.0%)

1 確かに, 私達の

▼ 此処この~ (2, 0.0%)

2 まんまの

▼ 此処だけに~ (2, 0.0%)

1 止めず上層機関, 限られた特産種

▼ 此処でございます~ (2, 0.0%)

1 此処でございます, 誠に汚

▼ 此処でした~ (2, 0.0%)

1 か何処, この辺

▼ 此処でしょう~ (2, 0.0%)

1 といい, 熊沢では

▼ 此処ですつかり~ (2, 0.0%)

1 彫刻が, 解つたわ

▼ 此処でと~ (2, 0.0%)

1 決めて, 網を

▼ 此処なら~ (2, 0.0%)

1 ば今昔, 雨もか

▼ 此処にだって~ (2, 0.0%)

1 たまには, 入らっしゃれません

▼ 此処にての~ (2, 0.0%)

1 取沙汰容貌の, 敬ひ

▼ 此処にのみ~ (2, 0.0%)

1 ならで, 宿ると

▼ 此処にまで~ (2, 0.0%)

1 導きぬ, 来て

▼ 此処にゃ~ (2, 0.0%)

1 アいられない, ア落ち

▼ 此処への~ (2, 0.0%)

1 チップひょいと, 入学を

▼ 此処までで~ (2, 0.0%)

1 十分である, 大体米国婦人の

▼ 此処までや~ (2, 0.0%)

1 つて来, つて来た

▼ 此処よと~ (2, 0.0%)

1 尋ねめぐり端, 陰に

▼ 此処らあたり~ (2, 0.0%)

1 の田舎町, を境

▼ 此処ら辺~ (2, 0.0%)

1 が喉笛, は去年

▼ 此処~ (2, 0.0%)

1 ちに, ところ

▼ 此処当分~ (2, 0.0%)

1 の間雪子ちゃん, はブレーン万能

▼ 此処~ (2, 0.0%)

1 一だが, 一の

▼ 此処迄に~ (2, 0.0%)

1 何分位費ります, 四度飲ん

▼ 此処~ (2, 0.0%)

1 ぐる, ぐる人は

▼1* [141件]

此処日あ, 此処あたりは恰度距離, 此処いかんのん, 此処いらのは, 此処いらん小商人, 此処い呼ぼなあ, 此処い持って来ました, 此処え参りましてどんな, 此処かい隠くゐて, 此処かしこ距離を置い, 此処かて結構な, 此処かの婆は, 此処からが目差す御山, 此処からはずつと向うが, 此処きりの話, 此処こういう違い, 此処さ城趾のお, 此処さ杉植えるな, 此処しばらくの怪し, 此処だけが花崗岩の, 此処だけはといふので, 此処だけを少し片, 此処だす此処だす, 此処だつたよ, 此処であり珈琲は, 此処であることを, 此処であろうと思われる, 此処でございましたよ, 此処ででも何処ででも, 此処でないんなら, 此処でも之丈の, 此処で御座いましたわねえ初めて, 此処という位置の, 此処といふ限は, 此処ところに住ん, 此処とても直き, 此処とと数える位, 此処どすか居, 此処なあ南地の, 此処なお屋敷の, 此処なりと幻像を, 此処なる冷やかの, 此処なれば決して, 此処にこそ朝から, 此処についてはまだ詳しく, 此処にでも滞在した, 此処にとつては, 此処にね転ぶと, 此処にばかり騒ぐか, 此処にへえつくして, 此処にもばりんと, 此処はと思ふと, 此処はな柳が, 此処ばかりにてんとさんは, 此処ばかりには限らない, 此処ばばかりにおて, 此処ほど寂しい島, 此処までが綱の, 此処までと声が, 此処までに致しましょう, 此処までも斯ん, 此処みたいな宿屋, 此処望めば, 此処其処よと, 此処らしいから下り, 此処ら歩てるな, 此処ら辺散歩したこと, 此処をとほり行きけむ, 此処をも立罩め候ふ, 此処を以て慰安休息の, 此処ア瀬が迅, 此処ア狐が出ます, 此処サービス悪くい, 此処二度マデウチヲ出タ故, 此処ナ家へ駈込ん, 此処ニ而御定約申兼候, 此処ロンドンの事情, 此処ン処で飛び込もう, 此処一二ヶ月は家, 此処一二年娘は猶, 此処一山は加賀領, 此処一点があらゆる, 此処一軒であらう, 此処一軒きりないので, 此処七八人ずつ漁夫, 此処三十里の隔て, 此処三四日の内, 此処三日家をあけてる, 此処二三日千秋楽まで休ん, 此処佐保山のほとり, 此処何ゴルフ場じゃ無い, 此処何年というもの, 此処其処相場を聞き合わせ, 此処切に伏而懇願致します, 此処に谷, 此処割合に涼しい, 此処北海の浦, 此処十町の間, 此処千歳村の東洋発声, 此処南方離島では何と, 此処奥日光の丸沼温泉, 此処が棚機, 此処寛政三年波あれの時, 此処小駅ながら近来海水浴場, 此処廻っている, 此処彼処巡拝の札, 此処彼処笑語の声, 此処彼処見物するうち浅草観音, 此処御礼まわりなどに歩い, 此処手帳を翻反, 此処掃除さしとい, 此処数年間は出歩き, 此処数日のまないで, 此処数日間ニ密輸サレタル数量ハ時価ニシテ五十万るーぶりニ達ス, 此処新居へ移つて, 此処日本人入るべからず, 此処日本粕谷にしっかり, 此処も不意, 此処暫くは見習, 此処の前, 此処来とらしたたい, 此処水溜があり, 此処洗馬まで来た, 此処の国, 此処深海の真珠, 此処洲を, 此処滴らすから幽, 此処片付けて居りました, 此処田舎の村, 此処等あたりまでは開墾者, 此処等人の来ぬ, 此処で見せ附け, 此処袖襟を手, 此処言文一致家に頼みた, 此処りは, 此処迄が話の, 此処迄しか通じないの, 此処都会の紅塵, 此処野馬が顔, 此処限りの話, 此処面白からず荒屋一ト