青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「此~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~ 正造~ ~正面 正面~ ~此
此~
~此処 此処~ ~此方 此方~ 此時~ 此等~ 此處~ 此頃~ 武~ ~武器

「此~」 27445, 296ppm, 326位

▼ 此~ (16179, 59.0%)

168 様な 131 家の 114 頃は 91 如くに 75 人は 68 家に 66 上も 64 事を 61 家へ, 頃の 55 様に 54 人の 50 家を 48 如きは 47 種の 44 時の 42 二つの 4038 事は 37 事が, 室の, 時は, 話を 36 人が 34 ような, 男の, 男は 33 上は, 女は, 室へ 30 人に 26 女の, 時に 25 二人の, 如くし, 室に, 島の, 手紙を, 日は, 頃では 24 土地の, 室を 23 事に 22 外に, 如きもの, 辺の 21 場合に, 野郎 20 地に, 塔の, 女が, 家は, 点に, 男が, 言葉を 19 上の, 中に, 人を, 儘に, 如し, 山の, 男に, 言葉は, 辺に 18 上ない, 土地に, 女を, 時代の, 村の 17 室で, 宿の, 辺は 16 事件の, 塔を, 娘を, 者を, 通りの 15 女に, 後は, 時代に, 町の 14 ことを, 国の, 子の, 子を, 町に

13 [11件] 事件に, 位の, 問題を, 娘は, 子が, 日の, 男を, 話の, 部屋に, 類の, 點に

12 [14件] 三つの, 上なく, 不思議な, 事件を, 場に, 女性の, 島に, 後とも, 書を, 様を, 者は, 話は, 道を, 部屋の

11 [11件] やうな, ように, 体を, 國の, 土地へ, 場の, 場合の, 夜は, 子は, 次の, 頃に

10 [24件] 上に, 中で, 国へ, 土地を, 地方の, 夏は, 宿に, 後の, 意味で, 意味に, 戸を, 日も, 書の, 書は, 最後の, 本の, 本を, 村に, 機会に, 点で, 秘密を, 身を, 鎌で, 點より

9 [12件] あたりの, 中の, 人も, 作者の, 城に, 場を, 娘の, 小説の, 文を, 者の, 身の, 部屋は

8 [31件] やうに, ポール, 三人の, 事の, 問題は, 地方に, 場合は, 塔へ, 夫人が, 夫人の, 如き, 如きこと, 如きの, 如き場合, 如しと, 娘が, 婦人は, 少年の, 時, 有様を, 物語の, 眼で, 美人の, 者が, 花は, 詩を, 辺で, 通り, 金を, 雪の, 頃から

7 [40件] うつくしさ, お児, お子, お屋敷, デンマークの, 一事を, 事件には, 事件は, 人間の, 假名遣, 咒語を, 場は, 外には, 如き人, 娘も, 子供の, 宇宙の, 室は, 家には, 寺に, 寺の, 手を, 手紙が, 手紙の, 文の, 時計の, 本は, 様子を, 歌を, 死骸は, 死骸を, 点より, 目的に, 空気の, 聖書を, 言葉が, 言葉に, 記事に, 青年が, 頃

6 [70件] あたりに, お方は, お賤, くらゐ, くるしみの, ことは, ままに, ノートを, 中には, 中へ, 事だ, 二つが, 二人を, 二大, 仕事は, 仕事を, 位な, 商売を, 問題に, 国に, 国を, 地の, 地を, 地上に, 地球の, 場で, 夏の, 如くである, 子に, 家から, 宿へ, 小屋は, 少年を, 屋敷の, 島には, 年の, 後に, 後も, 御恩, 戯曲が, 日記の, 時も, 時を以て, 時計を, 最初の, 月の, 有名な, 村へ, 樣な, 機会を, 次に, 点は, 物語は, 男も, 病院の, 目的を, 私の, 者に, 花の, 薬を, 言を, 言葉の, 記事を, 語を, 身は, 辺から, 辺を, 通りだ, 集の, 顔は

5 [78件] うちの, お方様, ままで, 一文を, 三人は, 三月の, 上を, 不幸な, 事件が, 二つは, 二階の, 人と, 人物の, 人間は, 位に, 作品の, 作者は, 偉大な, 傾向は, 儘では, 儘には, 光景を, 公羊學と, 処に, 味は, 土地が, 土地で, 夜の, 大なる, 如きを, 如き事, 如き者, 如くなれば, 家で, 宿は, 寒いのに, 小屋の, 少女の, 少年は, 山へ, 島を, 心が, 心を, 感じは, 憂鬱な, 戯曲を, 戸の, 手紙は, 時まで, 時代には, 時計は, 木の, 村で, 森の, 機會に, 次は, 歌の, 死骸が, 火の, 物語を, 男には, 町は, 窓から, 老人の, 船は, 草は, 詩人の, 詩集の, 辺には, 通りで, 通りに, 道は, 部屋から, 部屋で, 部屋を, 鑛毒の, 閣何人か, 顔を

4 [128件] ことで, ため, ひろびろと, シャロットの, ホテルの, 一侯一子が, 一篇を, 一言は, 上, 上とも, 中から, 事だろう, 事で, 事実を, 事實は, 事情を, 二本の, 人間が, 人間を, 件に, 作は, 作を, 俺が, 儘で, 光は, 写真を, 劇団の, 危険な, 哀れな, 地へ, 場合では, 場合にも, 塔に, 声を, 変な, 夫人も, 奥に, 如き服從, 如き末梢的装飾, 如くで, 如くなら, 娘と, 婆の, 婦人の, 学校に, 室から, 家が, 密書を, 小説は, 少年に, 屋敷を, 島で, 市の, 床の, 店の, 店へ, 心は, 戦は, 戯曲の, 戸棚に, 所に, 支那の, 改革は, 日本の, 時には, 時より, 時分に, 時彼は, 時私は, 暑さ, 木は, 村は, 村を, 橋の, 機を, 歸依は, 気の毒な, 海の, 点を, 爲に, 父を, 状を, 王の, 理想を, 由を, 皿を, 瞬間に, 石の, 私が, 結婚が, 縄を, 考は, 胸が, 脚本の, 船に, 船の, 芝居は, 苦痛を, 草の, 要求を, 話が, 赤い椿, 身が, 辺にも, 辺へ, 近処, 途を, 通り手を, 過渡の, 道が, 邊の, 部落の, 野郎が, 野郎は, 野郎を, 金で, 鎌が, 附近の, 難所を, 電車に, 青年と, 静かな, 鞄を, 頃じゃ, 頃にな, 馬を, 鹽原の, 點は

3 [273件] あたりは, あたりを, うちに, お國, お城, お小僧さん, お文, お方が, お方の, お邸, たびは, みどり, ケンウッドの, コツプを, 一事だけでも, 一事は, 一座から, 一座の, 一日を, 一点に, 一行の, 一點に, 上なき, 上なし, 上へ, 上何を, 下宿に, 不可思議な, 丘の, 中學, 主義を, 乱の, 予感は, 事である, 事ばかりは, 事実は, 事業に, 二三日は, 二人が, 二人に, 二人は, 人々は, 人こそ, 人だ, 人なら, 人物を, 人生に, 人生を, 人達は, 令嬢は, 作品は, 作品を, 俺の, 傾向が, 傾向を, 儀を, 光景は, 児が, 全集の, 凸点が, 列車は, 力の, 勢に, 十三歳の, 厄介な, 口から, 句を, 向きでは, 吹雪の, 品は, 問題が, 土地では, 地上の, 地方で, 地方は, 城の, 城を, 場合, 塔が, 墓の, 声に, 外の, 夫人を, 失敗に, 女と, 女には, 女も, 如きに, 如きも, 如き事實, 如き大, 如き時期, 如き有様, 如き標準, 如き深い, 如く, 如くなるを以て, 始末は, 姿を, 娘に, 婆が, 婦は, 子も, 子供は, 字は, 宿を, 寺は, 寺へ, 小説を, 少年が, 屋根の, 山に, 山は, 山中に, 山奥に, 川は, 平和な, 年に, 幽霊塔の, 店が, 店は, 庭の, 庵室に, 建物は, 式の, 役は, 征服の, 後とても, 後を, 御山へ, 御方は, 御本, 心の, 念を, 思想を, 憐れな, 憲法の, 戸は, 所を, 手で, 手は, 手帳を, 手紙には, 推定は, 擧に, 政略は, 文章を, 文豪の, 旅行の, 春は, 時から, 時ばかり, 時ばかりは, 時代は, 時初めて, 時彼女は, 時忽ち, 時既に, 時程, 晩は, 暮が, 書が, 書面は, 有樣, 期に, 期間の, 本に, 本も, 村には, 東京で, 東京の, 栗の, 次には, 死骸の, 段階に, 氣の, 水に, 水の, 水は, 汽車は, 沼は, 泉水は, 法を, 海を, 温泉に, 煙草の, 特別な, 犯罪を, 状態を, 王昌齡の, 理を, 理由に, 生の, 生命を, 生活の, 町から, 町へ, 異様な, 病気の, 病気は, 皿の, 眞實に, 神社の, 私では, 私は, 私を, 秋の, 筆を, 箱を, 結婚を, 美人は, 老人に, 老人も, 聖書は, 脚本は, 自然の, 臭を, 色は, 虫の, 虫は, 要求に, 親方に, 言葉で, 記事の, 詩に, 詩集に, 説は, 説を, 趣を, 身代を, 辺では, 辺りは, 近くに, 近辺の, 通り何も, 連中と, 連中の, 連中は, 運動から, 運動の, 道に, 邊には, 部屋には, 部落に, 部隊に, 野郎の, 金は, 金を以て, 金州の, 鎌は, 鑛毒と, 阿魔, 附近に, 降る中, 限りに, 雨の, 雨を, 雲は, 青年に, 青年の, 非常時に, 音に, 頃少し, 頃恋の, 頃漸く, 風と, 餓鬼, 首を, 馬鹿野郎, 騒ぎが, 高塔, 髪の毛を, 鼻を

2 [976件 抜粋] あたりで, ありさま, いきさつを, うちを, おかみさん, お化けの, お庭, お方に, お筆, お肴, お話は, お醋, お隅, ことが, しづかさ, とし, ほかに, よろこび, カーテンを, シラクスの, タンクの, ノートの, フランスの, ホテルには, 一と, 一事に, 一件は, 一句に, 一夜に, 一家の, 一徹の, 一挙に, 一擧に, 一月の, 一枚の, 一節は, 一篇の, 一群の, 一誓言の, 一語に, 一部の, 七出と, 三人が, 三四分の時間は, 三種の, 三閣僚は, 上何か, 上政府と, 不平の, 両者は, 中学に, 主義は, 事であった, 事であろう, 事情に, 二個の, 二度目の, 二月の, 二種類の, 二者に, 二階で, 井戸の, 京, 人々に, 人たちの, 人には, 人はね, 人生の, 人等の, 今様の, 仕事の, 令嬢に, 仲間の, 伊香保へ, 位地は, 何の, 作に, 侍の, 信頼に, 個人主義の, 停車場へ, 傘を, 僕に, 儘別れ, 兄弟の, 兩野心家の, 八月下旬でなけれ, 公園を, 六本の, 冒険を, 写真の, 冷い, 刀を, 列車の, 刹那に, 劇団を, 努力に, 包を, 医者と, 千山に, 南よりの, 印象は, 原則で, 友達は, 句に, 可憐な, 同じピエル, 名は, 名稱, 告白を, 品を, 唐沢は, 商売は, 問に, 喜びを, 噂は, 四部の, 国では, 国此の, 土地は, 土手を, 地上から, 地方へ, 坂を, 坊を, 坊主太, 報告書の, 場へ, 場合も, 場合突然, 塚が, 墓に, 墓を, 声で, 夏休み中で, 夜が, 夜も, 大きさ, 大の, 大任を, 大勝棟梁の, 大勢を, 大変な, 大都會, 太子疾と, 奇怪なる, 奉公人が, 女性も, 女房を, 如きか, 如き不, 如き事情, 如き前納感, 如き塲合, 如き大家, 如き平面的敍述, 如き態度, 如き手段, 如き方法, 如き時, 如き無, 如き特殊, 如き理智, 如き研究, 如き考察, 如き著眼點, 如き見解, 如き解釈, 如き類, 如くする, 如くなりき, 如く不便, 如く淡白, 始末, 始末を, 姿勢が, 娯しみに, 婦人が, 婦人に, 子には, 字音の, 孤鳳皇を, 定に, 実験に, 客は, 室には, 家だ, 容を, 宿が, 宿も, 密林の, 寺が, 寺を, 小僧に, 小娘が, 小督, 小説家の, 少君, 少女に, 屋敷は, 山の上の, 山中の, 峠に, 島から, 島と, 川に, 工事は, 巧妙な, 巨大な, 希望を, 席を, 平凡な, 年までに, 年頃の, 幸福を, 幽霊塔を, 序, 座敷へ, 庭へ, 庭園なども, 建物の, 弊が, 強敵ある, 形勢より, 後半期に, 御兩人, 御簾の, 心, 心持を, 急な, 性格が, 怨みを, 悩みの, 悲劇の, 惨禍の, 意向の, 意味が, 意外な, 意見書には, 愚論家に, 愛の, 感傷に, 慣例は, 憎悪と, 成案は, 我を, 戦争で, 所へ, 手に, 拳銃の, 掛軸の, 推測の, 提携を, 政略の, 故である, 教師の, 教養の, 文庫の, 文章の, 文鏡祕府論が, 文鏡祕府論の, 新らしい, 旅で, 旅も, 旅館の, 日には, 日暮しつ, 日記を, 旦那の, 春秋に, 時お, 時だ, 時と, 時までは, 時代と, 時俺の, 時分で, 時又, 時女は, 時宛も, 時権八は, 時表の, 時計台を, 時間の, 景色の, 晴の, 暗室の, 書に, 書物こそは, 月に, 有志者も, 朗読劇に, 朝の, 期間は, 木虱を, 材料は, 村にも, 東の, 柱を, 根源の, 條に, 梨の木は, 棺の, 椅子は, 様子では, 模型の, 樫の, 樹木の, 機に, 次から, 歌に, 武器に, 歯車の, 死の, 殺された日, 母親の, 民衆芸術と, 氣が, 水蒸気を, 氷の, 池に, 沈黙を, 法師は, 法案の, 浦賀に, 深患, 減率の, 港に, 源さまと, 溝へ, 漁夫の, 演出は, 潜戸の, 濁浪, 火花は, 点お, 為めに, 無用なる, 特徴が, 犬が, 犯人の, 状態は, 狹く, 王朝の, 現象は, 理想に, 生きて, 生活では, 生活を, 田の, 男だ, 男程, 町には, 画では, 界隈で, 異常な, 病人が, 病院では, 病院生活の, 白映, 皿は, 目的の, 相談は, 眼に, 瞬間を, 石を, 研究を, 社会に, 社会へ, 社會を, 神社は, 秀子は, 私も, 秋月が, 稀な, 種類の, 穴へ, 空気が, 空闊な, 窟を, 第一期, 第六, 筆記を, 答えを, 箱の, 篇年次に, 簡単な, 精神の, 糸を, 結婚は, 絵す, 緊張した, 繊維は, 美しい無遠慮, 美人が, 習慣の, 習慣を, 老女を, 老爺さん, 者と, 聲が, 胸に, 腕を, 自信を, 自分と, 自知, 與之, 興行も, 舟を, 花を, 花粉の, 苟の, 若者が, 茶瓶に, 荘田の, 荷物を, 落寞たる, 蓋の, 藤川爲親と, 虎に, 蚊帳は, 血は, 行為に, 衾の, 装置の, 裝飾を, 見地は, 規則を, 親方が, 言葉よ, 計畫, 証文を, 試験に, 話しを, 誘惑の, 説恐らくは, 課題の, 調子なら, 謎を, 議院政略に, 谷へ, 貴い脳, 趣意を, 足で, 路地へ, 身代は, 軍制の, 辺が, 辺一帯は, 近くの, 近所に, 近辺で, 退屈な, 通りでございます, 過去の, 過失を, 道の, 道子の, 遺書を, 邊は, 部分は, 部屋へ, 部隊は, 都の, 都会の, 重三, 野は, 野郎で, 金が, 金額を以て, 鍵は, 鎖も, 門の, 閻魔界と, 附近は, 陵を, 隠れた意慾, 集には, 雑誌に, 雪を, 雲と, 霜ば, 青年も, 青木さんの, 非常な, 頃いよいよ, 頃また, 頃ポツ, 頃智恵の, 頃此方へ, 頑愚なる, 顔に, 風の, 食ひ, 馬込の, 駅に, 騒音の, 魂である, 魚を, 鳥の

1 [7978件 抜粋] あいだじいやに, あたり神魂迷蕩不知兩足, あを, うらぶれた妓楼, おそろしい秘密, おん方とは, お嬢, お家が, お方には, お筆さん, お買初め, きんぎよさうを見, こつを, ごろ幾次郎に, しるしが, その物, だだ廣, とおりお嬢さんの, ところ又, のち秀子は, へんにまでや, ままの, まま盡きる, むごたらしい景色, より深き, わたり海賊, カッフェーに, クレエルの, ジメジメと, テルモピレーが, ド・ランシイ君から, バチバチの, フェイドオ劇場の, ポオル叔父さんの, ラテン的とも, 一両日は, 一例である, 一塊石は, 一幅さへ, 一念通じ, 一月ばかりは, 一疋の, 一致あり, 一転瞬の, 七月に, 三の, 三字を, 三期を, 三角形に, 上そんな, 上下には, 上目を, 下に, 下級人民が, 不愉快な, 両人相, 並は, 中年の, 主として, 九十九里浜の, 争乱が, 事よ, 事変を, 事變を, 二三日で, 二事件の, 二千年來の, 二月大, 二箇月間ポローニヤスの, 五つの, 五日六日心持煩は, 亭主を, 人または, 人殺しは, 人達を, 仕掛花火は, 仮面と, 休暇を, 伯母が, 位乗っ, 位食はせる, 体は, 作品で, 例外をすら, 信徒が, 借受人は, 傘が, 像だ, 儒教は, 儘何う, 儘見捨て, 光で, 入口に, 兩樣の, 公民教育については, 六条の, 円盤の, 冴え, 処において, 出鱈目が, 列車えらい, 別荘に, 割で, 力, 励磁機と, 勘八に, 化物屋敷も, 医者が, 十日ばかり, 半月ばかり, 博勞の, 厚意に, 友を, 反抗との, 古い樫, 句ありたる, 右内どのが, 名高い教会, 和上の, 哲學書は, 問いに, 喜びは, 噴火口の, 四人を, 四辺は, 固苦しいそして, 国香本名良望は, 團子屋の, 土堤で, 地位と, 地球と, 坊さんの, 城も, 堂々たる男, 場合いろんな, 場合作者に, 場合甚だ, 場限りに, 境涯に, 壓迫に, 売れ残つた遊女の, 夏それを, 外は, 多数の, 夜澄江の, 大きな家台骨, 大助の, 大島のと, 大江に, 大納言の, 大輪の, 大黄蜂に, 天窓が, 夫人既に, 奇異なる, 女から, 女人形, 女房と, 好色漢の, 如き事件, 如き光榮, 如き困難, 如き大学, 如き布局, 如き思索, 如き早業, 如き漠然たる, 如き異議, 如き笑, 如き苟且, 如き記憶術, 如き豫想, 如き長寿, 如くそ, 如くペトラルカ, 如く傳教士, 如く唐以後, 如く寺院, 如く思議, 如く新しい, 如く永久, 如く無, 如く称へて, 如く補いたる, 如く豪宕, 如し天下何事か, 妻の, 姫は, 娘から, 婚礼に, 嬉しさ, 子供アようじれ, 存在は, 学生時代に, 安湯治客, 定家假名遣, 室だけへ, 宰相有らん, 家へは, 容態は, 宿舎の, 富士屋ホテルで, 寝台へ, 封を, 小さい僅か, 小さな活き, 小僧を, 小形の, 小詩, 少年ぐらいな, 屋敷ばかり, 山の上なる, 山家では, 山腹一面に, 岩礁地帯である, 崖の, 巣の, 己の, 布卷吉さんの, 常識的な, 年を, 年越中の, 幽靈, 広大な, 店のは, 庵で, 廢墟の, 式です, 弱點, 形勢では, 役なら, 後万事に, 後決して, 御代に, 御祈願, 心持, 忍耐が, 思いつきは, 怨は, 恐しい嫌疑, 恐愕, 患ひで二千円ばかり, 悲しむべき對面, 惨禍は, 意志を, 感じが, 態度が, 懷良親王の, 戦争熱の, 戸棚などは, 手である, 手相見, 才媛で, 抜け目の, 按摩どのは, 捨鉢が, 揺籃地たる, 改進黨は, 故も, 教師を, 数年来賭博風は, 數年の, 文中倭國王帥升等と, 文気を, 断膓亭日記を, 新勢力, 新聞社などは, 旅行は, 日三回あり, 日壇上に, 日本國現在書目に, 日芸者小兼は, 早桶の, 明器の, 春上野の, 時くらゐ, 時に当たり, 時パツと, 時人が, 時刀の, 時吉川勢殆ん, 時女亡者丙疲れた, 時忽焉, 時權六は, 時白島山平は, 時若い, 時鈴子夫人が, 普請を, 暑熱の, 暴戻なる, 書中の, 書状を以て, 會に, 有助, 朝から, 木の下に, 木沢左京が, 本文を, 村や, 東に, 松蔭に, 柱頭から, 格子の, 梢の, 検閲の, 構を, 模倣この, 横着もの, 機の, 欠点を, 歌なども, 此処において, 歳暮の, 死骸へ, 段確と, 母子は, 比暫く, 民衆音樂の, 氣懸に, 水島太一という, 汗は, 決闘は, 沢庵漬の, 法に, 波だ, 活用ある, 浦添の, 消耗品倉庫の, 深憂大患に, 温帯地の, 湖上にも, 滅亡に, 演技の, 濃い湯気, 火事も, 点である, 烟と, 無数の, 無駄骨折を, 熱いの, 父兄や, 牡丹に, 物語が, 犬かね, 状軽々に, 狸め, 玉篇と, 現在こそ, 理由について, 生は, 用水が, 申出に, 男まじめでい, 町出外れ, 畑なんぞも, 異国人に対して, 疑念は, 病を, 病院服だらう, 発願主圓心禅門といふ, 白金の, 皇神の, 盗坊は, 目録は, 相川は, 真白い銀, 着物の, 矜持に, 短剣が, 石鏃の, 碁も, 社会主義国家では, 神祕な, 福神楼は, 秋には, 秘術を, 稽古は, 穴中に, 空高く, 立場から, 第一長老, 筆記に, 箪笥で, 米倉屋孫右衞門の, 精神に, 紋附一つくれ, 素晴らしい機械, 組織の, 給料増進率が, 網に, 締りを, 繪を, 美しい効果, 美人松谷秀子が, 翅の, 老境に, 老美人, 者から, 耻ずべき, 職業の, 背戸へ, 脆い皮, 膚は, 自己批判の, 興行, 航海は, 色三つを, 花のしを, 芸道に, 若宮は, 苦しみ此の, 英国へ, 茸は, 荒寥たる, 著しい変転, 蒼空よ, 藝當ご, 虫にも, 蜜窩の, 血の, 行者の, 衣物は, 裁判に対して, 複合語の, 規則は, 観光事業といふ, 解釈に, 計なかるべからず, 許され難い, 試作は, 詩観が, 誤ま, 談のみの, 諾威船を, 議論は, 谷風以前に, 負傷者との, 貼り附けること, 贋物製造を, 超脱的閑居の, 身あの, 躾けは, 軽薄児も, 辺での, 近村からも, 通りさ, 通り云う, 通り徳利を, 通り死んだ, 通り私が, 通り足に, 連れの, 遊廓を, 道にかけては, 遠來, 邊に, 部分だけを, 都に, 酒難を, 重み, 野を, 野郎です, 野郎書附を, 金子は, 鈴木屋へ, 錦は, 鏡上に, 長い議論, 長治が, 関東経営であろう, 附近には, 隘い, 雉子生け, 難儀の, 電報を, 青っぽい白眼, 面白いやり方, 音便と, 頃ここへ, 頃であります, 頃やつぱり事業の, 頃何だか, 頃大分倫理的批評という, 頃彼は, 頃活動寫眞を, 頃船乗りの, 頃鮫洲の, 顔, 風で, 風采其の, 食堂車サービス女ども誠に, 館の, 馬十を, 騒ぎは, 骨組みの, 高輪田です, 魚族の, 鹽梅では, 黄金色した, 點の

▼ 此~ (1215, 4.4%)

7 きつと 6 必しも, 是れ, 私の

5 [13件] おれの, 一層郎女, 勿論貴族, 天竺の, 後に, 後の, 所謂, 日本の, 晋唐の, 横佩家へも, 私が, 脆過ぎまする, 財物を

4 [12件] いけぬと, こ, もう他事, もう自身, よいこと, 別の, 大正十年時分に, 忍び難い, 描いたもの, 昔の, 神の, 算盤を以て

3 一つは, 一種の, 快く聴き入れ, 日本紀の, 男の, 疑ひも, 自分に, 逆に, 非常に

2 [42件] うつかり, うつかり出来ない, おほ, さうし, もつと, 万葉の, 二人の, 人麻呂の, 今まで, 元は, 先に, 前に, 前の, 単に私ども, 唯この, 單に, 大晦日の, 奈良朝の, 女性の, 実践する, 宮廷に, 實踐する, 専ら五月, 專ら五月の, 巫女の, 平安朝に, 彼が, 従来の, 快く聽, 我々の, 明らかに, 村の, 東の, 為恭の, 爲恭の, 神が, 神と, 神としての, 祭りの, 自分の, 言ふまで, 鮫洲の

1 [966件 抜粋] あいぬ, あとで, ある人, いつもの, うけひ, うっかり出来ない, うつぼにも, うるさいの, おかしくって, おもしる, お前方, お嬢様に, お糸, かいにから, かねて, きっと里方, ぎょっとした, ことし三十八相当の, これも, さすがに, さんげの, そう云う, その以来, その再, その後三月ほども, その神人, それについて, た, つまり彼, とりおや, とんでもない, どうしても別, どうしても後者, どう云う, どちらも, なか, のちの, はげしく追, はっとして, ひとり娘である, ほんの飴買錢, まことに私, また思い切っ, まだ男, まといが, みつはの, みな精霊の, もう旋頭歌, もう返事, ものの, やはり同様, やはり大主, やはり知っ, ゆた, よく知つて, よく考へ, よし手落ち, わかり易い比喩, わたしが, われ, ケラといふ, フクジと, リニエールとて, 一つには, 一人は, 一年の, 一方から, 一族の, 一時の, 一見不思議, 一足進上する, 七夕は, 七月六日の, 万葉人の, 万葉集の, 三日には, 三歳に, 下から, 不思議な, 且く, 両人とも, 両者同一な, 中臣, 主として皇后陛下, 乗りものに, 事実ださうである, 二つながら一つ, 二度の, 二月中の, 二様に, 二瀬に, 五十恰好の, 五穀が, 些と, 亦違つて, 人が, 人の, 人間が, 人間界の, 人麿の, 今では, 今めかしく申す, 今姑らく, 今日の, 今見, 他のみ, 令に, 伊豆権現の, 伊香連の, 伝統的事業を, 但だ, 佐治君の, 何かと道行く, 何たら, 何だえと聞いた, 何とかし, 何處だ, 余談では, 作者の, 使は, 依代, 信じまい, 信仰上の, 俺出した, 僅に, 僧正ルツジェーリといへる, 儂の, 元來バラモン, 元来なかつた, 元来は, 元来才の, 元見聞, 先住漢民族の, 全くかの, 全く同姓結婚, 全く山の神人, 全く愼, 八幡山の, 八郎兵衛と, 公家生活の, 六日で, 其の少年一人, 其後の, 其村, 内地風の, 凡て, 処女が, 出雲の, 初めは, 別である, 別殊, 到底大, 前のを, 前飛鳥期, 勿論其村, 勿論忽, 北遠, 十二歳なり, 半分大, 単なる偶言, 単なる音韻変化, 単に出, 単に当年四歳, 単に異性間, 博愛丸に, 即ち山, 即文法, 厭な, 又はっと, 又広, 又逆, 口より, 口頭伝承の, 古い, 古い信仰上, 古くからの, 古今集の, 古代には, 古墳に, 只今当面の, 台湾の, 合理の, 名も, 名高い話, 君の, 呂昇の, 呪言の, 唯の, 唱へ, 商売の, 問題が, 嘗て三浦方, 四季, 固く締, 国々に, 国栖人の, 国頭地方が, 圧迫の, 地上に, 地名にもな, 声を, 夏祭りの, 多くの, 多く巫女神, 多数の, 夜の, 夜光蟲かと, 大いに共通, 大体さ, 大分文章の, 大切である, 大嘗宮, 大好きの, 大抵翁, 大方の, 大量生産された, 天井から, 天子様の, 天日に, 天狗礫と, 天皇に対し, 天蓋の, 奈良朝より, 女である, 女の, 女性が, 好い本, 如何なる賤陋, 如何に, 妣が, 姑く, 子細らしく訊いた, 守つて居つた, 宗教上の, 実は生贄, 客を, 宮廷の, 家へ, 家屋の, 容易に, 寧短歌の, 寧順序を, 対外的の, 対立した, 寿詞の, 寿詞申し, 尊者の, 小さな石, 小曲の, 少しくもの凄い, 少し確かさ, 尠く, 尸童系統の, 屡繰り返された, 山人の, 岩戸神楽と, 巫女が, 師走晦日に, 帰化外人, 常世から, 常世人の, 平安中期にも, 平安朝には, 平安朝以前に, 平民的で, 年上で, 年神迎への, 幸若の, 延喜式にも, 弁天娘という, 強い勢, 当代の, 当然な, 当然の, 彫刻などと, 彼に, 彼より, 待ち酒の, 後には, 後也, 後半部が, 後白河院あたり, 後鳥羽院に, 御代毎に, 御用人, 御言持ちでは, 心すべき事, 心理的に, 必昔あつ, 忍之, 思う壷だ, 性質は, 恋の, 恐らくまだ神格, 恐らく子音, 恐らく悲しい, 恐らく棒, 恐らく法師, 恐らく秦氏, 悠紀殿, 惡かつ, 想像力が, 意味の, 成るに, 我邦楽器の, 或時代, 戦争中に, 所謂漢語が, 手を, 技巧に, 播州生れで, 敍事詩としての, 教育の, 文法を, 断じて東京, 新しい意味, 新嘗, 新室の, 新様, 旋頭歌で, 既に屋内, 日中である, 旧郷士, 昇天した, 明らかである, 昨夕村会議員の, 普通に, 智能の, 曙覧の, 書かなければ, 有名なる, 服従の, 未だ開幕, 本居宣長, 本筋に, 村踊りから, 杖に対する, 東洋の, 柳田国男先生が, 根本に, 桜の, 横浜の, 歌のみが, 歌合せに, 止むを, 正客なる, 正月早々から, 正統の, 此処までに, 此爺さんの, 此間も, 此魂を, 歩いて, 死から, 殆ど反, 毎年生れか, 民俗的な考へ, 民間伝承の, 気味悪そう, 水止の, 江戸へ, 決してお前達, 決して郷愁, 沈静に, 没我と, 河なれ, 法眼に, 流人の, 涙ぐまれて, 淨火の, 満潮を, 演者は, 為べき事, 然るべきこと, 物の, 物部とか, 特に張る, 特殊な, 狼籍に, 珍らしい, 現代の, 現存し, 琉球地方では, 生理的の, 田植ゑの, 申すまでも, 男には, 男女とも, 男性には, 略平安朝初期に, 畳屋が, 疑ひなくばりん, 疑ひなく誤り, 痛める足, 白像彩塑で, 白河に, 皆富士筑波, 盆祭りと, 相当皮肉, 真っ蒼, 真実も, 知らなかった方, 短歌が, 石の, 祇園の, 祈念祭と, 祝詞の, 神に対して, 神事の, 神宮の, 神明様の, 神秘な, 神道そのもの, 禁欲を, 私丈では, 積極的な, 空に, 竿と, 第三, 節ま, 節分の, 精神的伝承も, 純白雪の, 結婚した, 結局今日からは, 繰りかえしたくないこと, 美濃路から, 習慣的伝襲や, 考位の, 耶蘇教では, 聖覚作とは, 胸を, 腹立たしそう, 臨時奉仕の, 自ら称した, 自利が, 自然の, 舞姫を, 花を, 花合せの, 草々筆を, 荒木田久老, 葉巻だ, 葬式の, 藤原の, 藤原良房の, 蛇子型の, 血統である, 装幀に, 西巡礼, 西洋の, 見す, 見当違ひである, 観音信仰から, 言うまでもなく家, 言へる, 記, 誇張でも, 語原的の, 誤解だ, 誰しも, 誰れ, 論を, 講式の, 貴女だけに, 身ぶるいし, 農村としての, 近世京都で, 近代まで, 返歌である, 逆で, 這回の, 遊蕩と, 遠来の, 選ばれた人, 部下の, 重い役, 量に, 鎭守の, 長歌の, 間違ひで昔なら, 関翁の, 陰惨な, 陰陽師又は, 随分数, 隠岐本新古今に, 雛流し, 難波の, 霜, 面白くない, 頗名高い, 顔を, 顧みて, 風神なり, 馬に, 驚くべき時間, 高野博士の, 魂の, 鯨の, 鼓の

▼ 此~ (681, 2.5%)

39 於て 13 於てか 12 終る 7 至れば 6 依りて 5 あり, 至りて 4 一の, 由つて観れ, 至て, 至るまで

3 [14件] よりて, 入れられて, 全文を, 因りて, 始て, 對し, 就て, 抄出する, 採録する, 榛軒の, 止まる, 蘭軒の, 見えて, 録する

2 [41件] あるかと, 二三の, 來て, 信仰の, 先づ, 写し出した, 到つて, 在らずして, 在り, 在り而, 在ると, 始まる, 存すれば, 對する, 就いて, 年あり, 当るもの, 彼れ, 插叙し, 新たなる, 来て, 止まらず, 止らむや, 決せられるの, 滅びた, 由つて知られる, 由つて觀れ, 第四次内閣, 至って, 至つてわたくしは, 至つて始て, 至り殆ど, 至る, 至るか, 至る吾人, 致たしつ, 蘭軒が, 註して, 過ぐる, 関聯し, 集注す

1 [454件] あるか, あるの, あるも, いる宮城, う木, お大さん, かなつて風采の, からかって, ぎはやひの命が, ぎはやひの命と, ぎよつとしながらいま一祈り祈りかける, これを, ごろつきの, さへ, その, その作者, その叙実, その四月, その未だ, その頗る, それらの, つけたたづゝまひなる訓註, つり込まれて, なると, まいり居たり, また多島海, また訊いた, よりてた, よりても, わたくしの, デカルト哲学の, ヨザフアート物語なる, 一つの, 一つ不思議な, 一コスモポリタン或は, 一事を, 一二附記し, 一人殘し, 一会社の, 一例として, 一個新奇の, 一册子を, 一変した, 一層固有, 一異説が, 一策を, 一言せざるべからざる, 一言せざるべからず, 一貫し, 万雷の, 三が, 上に, 両篇, 之を, 予は, 二つの, 二人が, 二十余年を, 二十六日と, 二家の, 二月十九日の, 云ふ, 些の, 亡命事件の, 人に, 人の, 今一つ言つて置きたい, 付ては, 代つて, 代へる, 伴ふて, 似たもの, 似た問題, 似た熟語, 似た目籠, 似た組織, 似た行事, 似て, 似てを, 住し, 住む可, 住んで, 併せて, 併せ録する, 來り, 來りたる, 依って, 依拠し, 俊の, 個人主義と, 停止する, 僅かの, 優ること, 先だつて, 先づ一, 先づ八月十七日前, 入ると, 全く断ち切られた, 全く解けた, 全分, 全篇, 全首, 其三を, 其中の, 其二を, 其人の, 其伝記を, 其全文を, 其建て主又は, 其引を, 其復柬中考証に, 其梗概を, 其概略を, 其絶句のみを, 其辞の, 内容の, 写し出さうとお, 写し出すこと, 写し続, 写すこと, 写出する, 凹巷の, 出た, 出でずして, 出でず之, 出でず詔, 分け入りて, 列挙せる, 初めて自分, 別種の, 到つた時壽, 到て, 到る, 到る時, 到れば, 刻文を, 前年を, 前後し, 前記を, 前述の, 力を, 加ふる, 務を, 又一種, 及ばず奧州勢, 及ぶこと, 反く, 反して, 反し歌, 反し自分, 収めようと, 古方, 向つて, 呪ひ, 呪法を, 呪言を, 和し, 問ふべき, 嚢里の, 因て, 在りて, 在るか, 在るので, 基くらしい云々, 基けり, 基づく, 基因するなら, 基礎附けられる, 堂上家の, 堅固常住ある, 塩田氏の, 多くの, 夢中で, 大なる, 大人な, 大胆なる, 天保丙申の, 女と, 始まれり, 存す, 存するという, 存す国民, 存ず, 存ずといふ, 完成する, 宮廷詩よりも, 寄せ掛け, 寫さない, 寫し出す, 対照し, 対照的な, 小さな紙, 少々許, 少しく三書, 少しく河崎, 少しく蘭軒, 就いては, 就ての, 就ては, 尽きた, 尽きて, 居らずに, 居る苦痛, 帰せり, 引いたの, 引く, 引くこと, 引くところ, 引ところを, 当つべき, 当る, 従事せず, 徳さんの, 心尽しの, 忍ばん, 応じて, 応じる, 忽ち掴み, 忽ち敵, 怜悧な, 思ひわ, 悚然と, 慰められて, 憤りを, 我々の, 我が, 或語根, 戦闘を, 抄する, 抄せない, 抄出し, 抱き込まれて, 抽斎の, 拠つて, 拠つて其年歯を, 拠つて初代瑞仙の, 拠つて証せられる, 拠るは, 挙げる, 据ゑると言ふ, 採るところあらしむる, 採掘事業を, 掲ぐるものは, 掲け, 掲げたる本文中, 描かれた街, 插記しよう, 換算する, 揣らす, 擧げます, 新しい材料, 新なる, 於ては, 於ても, 旅程の, 暫くあるじ側, 曳きしも, 更に注意, 書を, 曾能子刀自の, 替るもの, 期と, 末の, 本づい, 本づく, 本縁, 杏春の, 来たもの, 来ったという, 来り重, 来ると, 来湖面滔漫, 東役の, 松賀流を, 果てた, 柏軒の, 柏軒門下に, 案ずる笑止, 梅泉の, 様々な, 樣, 欠くる, 止まらざりしや, 止まらない, 止まる君, 歸せり, 殺されたという, 比べると, 民間藝術史上より, 氣に, 水津溝挾両家の, 決し言, 注がざる吾人, 淨譽了蓮信士が, 深い矛盾, 清川氏の, 漸く家居, 火を, 灯を, 無しといふ, 物理的心理的の, 狂言の, 狩谷氏移居の, 猶一奇事, 由って, 由つて, 由つても, 由つて一の, 由つて他生に, 由つて会の, 由つて始て, 由つて校讐の, 由つて此文化紀元八月中旬の, 由つて痘科池田氏累世の, 由つて立たう, 由つて考へられる, 由つて蘭軒が, 由つて解けた, 由つて証せられる, 由つて饑渇を, 由らざること, 由りて, 由る, 略する, 當る, 疑を, 発す, 盡きた, 目標が, 省く, 破れ信仰自由, 神と, 福岡楼と, 移されて, 移つたので, 移り来つたの, 積極的言明が, 竹里の, 第く, 筆を, 答へ, 算すべきで, 紳士といふ, 終りぬ, 結びつけて, 続いて, 総叙, 縁つて発せられた, 縁深, 繋ける, 美術宗教に, 耳を, 聊か奇異, 聖書に, 背負は, 胚胎し, 胚胎した, 至って始, 至って復奈何, 至つた時わたくしは, 至つて分れる, 至つて平民精神が, 至つて春三郎は, 至つて未だ, 至つて波響が, 至つて稍答解の, 至つて窮まる, 至つて釈氏を, 至つて霞亭の, 至つて養玄に, 至りしこと, 至りしは, 至りたまえると, 至り候, 至り始, 至ると, 至るまでの, 至るを, 至れは, 致さざるべからず来れ老人, 花崗岩片麻岩の, 苦しむと, 茶山の, 著力し, 蓋が, 蔵するを, 蔽はれ, 藉つて松宇には, 蝋燭を, 行つて予の, 補記しよう, 補記せざるべからざる, 見るを, 言ふ, 訊いた, 記さない, 記載せられ, 許されない, 訳載したる, 註する, 註するの, 註を, 誘いしなり, 誘い出されて, 論ぜず, 論ぜずと, 諸物皆来, 謂ふ, 譯載したる, 谷り, 貞操道徳に, 賀客の, 載せない, 辯ぜ, 迎へ, 近い例, 述へ, 逢った, 遂げられた, 過し二十二日, 達する間, 選んで, 遺憾なく, 酔を, 重いお, 金澤氏に, 釣込まれて, 鈴木の, 録し, 門人録の, 閉込めて, 開かれたかも, 開業したらしい, 関係が, 関係し, 関係の, 関聯した, 關し, 關聯し, 關連し, 附けたる者, 附して, 附記し, 附記すべき, 附載する, 降し奉るおそれありや, 陳列し, 隱棲す, 集えた, 集えること, 雛祭りの, 類した事情, 飛でも, 養父と

▼ 此~ (592, 2.2%)

17 と同時に 9 が為め 8 が爲め 5 から先, が爲, 等の 4 が為, に反し, は, を聞く, 程の, 等は 3 と云う, と同じ, は何処, は私, 豈に

2 [29件] からは千何百呎, がお, が即ち, が発端, が發端, だけいつた, と共に其思想, に依, に就, に非, は又, は彼, は自分, または彼, まで私, も其の, も極めて, より世人彼, より生じたる, らの, を, を以て閣下, を希う, を持っ, を棄て, を過ぎ, 一枚を, 人たるの, 余か

1 [446件] え, おのおの討ち, お内儀さん等家, お内儀さん處, かうえ, かお, からお, からお針, からずっと, からそれ, からだ, からはあ, からはあの, からは決して, からよかん, からニオトマム, から二月, から人間, から以下, から信ちゃん, から北海道, から娶, から孰方, から屹度, から彼, から後, から暖, から染められる, から汁, から片端, から益々, から行先, から述べる, から骨, がお前, がどうしてさ, がねえ木曾義仲, がまた, がまだ, が一転, が人生, が古代, が大審院, が始めて, が婚姻, が寺, が彼, が彼等, が性分, が昔, が晩稻, が有名, が気立, が生活, が皮切, が私, が精一杯, が約, が納吉, が考, が自分, が自然, きり諦め, げは, こそゲリジム山, こそ見よ, さへ, さ交ぜ, さ馬鈴薯でも, じゃ辛い, そも, ぞ極, ぞ田舎, だけが唯一, だけぢ, だけでございます, だけで打ち切っ, だけの事柄, だけの仕事, だけの大, だけの宝, だけの手數, だけは私, だけ使, だけ待たしとい, だけ買う, っきりであった, でもか, でもか此, でも下りない, でも彼等, で行き, という, とつた, とても句, とても苟くも敵, とひた, と云つて, と仕込んだで, と似た, と心配, と悶着, と果して, と気, なあそん, にある, につけ, にて万難, にて余, にて俺, にて四囲, にて小, にて次第に, にて蕨, には深い, には理由, にも入るべし, にも耐忍, によく, に並行, に他, に似, に似た, に勤倹平和, に匹敵, に協, に合, に對, に当る, に携, に模, に沿う, に特種, に當, に着す, に立っ, に習い, に越す, に這わせ, に通ずる, に類似, のと, の主義, はあと, はあなた, はあぶなく, はいけない, はいつ, はいはば, はお山, はと又, はどうも, はボン, は予, は事, は京, は人, は人間, は今日, は以ての外, は何, は併, は俳句, は俳諧, は傭人, は公, は共産主義, は其傳, は前, は前述, は即ち, は唐土, は大, は大師, は妾, は実に, は家族主義, は小, は小木, は年頃二十三四, は彼女, は後で, は悄氣, は旅裝, は有難う, は未だ, は東名, は某, は桔梗, は椿ダンゴ, は楽屋受け, は歌, は殿様, は浴槽, は濱名左傳次, は独り能力, は田舎, は町, は皆同類, は眼, は矢張り唐代, は破戒僧, は笑ひだ, は筑前守, は結構, は角, は身分, は逗子, は関牧塲, は餘事, ばかりは紅葉先生, ばっかりは滅びる, へと話しつづけだ, へ上っ, へ毎日, ほどで, ほどの人, ほど望ん, まあ勘次等, まあ朝, また日本神話, また智力, までそんな, までだ, までにあの, までになっ, までに種々, までのこと, までのやう, までの経験, まではいつた, までは明るい, までも畑, までサンザ首, まで持っ, まで此上, まで長吉, もう六時, もお, もそう, もそんな, もはあ, もはつきり, もよく, も一つ, も下女, も亦, も人間界, も仏蘭西語, も冷た, も到底, も取り留めた, も古ぼけた, も同じく, も喉, も四本, も存在, も小春, も小皿, も役に立たねえ, も或は, も明日, も春, も毎日庭, も氣まぐれ, も火, も無言, も白く, も皆, も直に, も矢張り宿屋, も空虚, も職人, も雪中, も霧, も靜かな沼, も鬼怒川, や此国, よりさき, よりも衣喰, より刺す, より十勝川, より外, より始まる, より層一層, より山間, より川, より最も, より甚, わし役場から, をかぶっ, をたべ, を一口, を一同, を上げます, を世人, を主張, を仕遂げ得る, を何, を何れ, を作つたの, を保有, を信者, を假, を償わん, を入れ, を内, を去る, を取扱う, を可笑し, を味つた, を噛んでずた, を四十一, を壓, を失ふまい, を実行, を履い, を引きあげる, を御覧, を忘, を愛用, を憂い, を払う, を持つ, を方々, を時々, を曳き, を書い, を案じ, を極端, を歎, を氣, を煮, を熟考, を犯す, を用, を眺め, を破れ, を箱崎町, を考えた, を聞い, を臣下, を芭蕉, を認め, を足がかり, を跨り, を蹴る, を遣っちまう, を金入, を除去, を首, を黙阿弥劇, 一つである, 一つのみ, 一時でございます, 一種言うべから, 丈が, 丈けの, 丈の, 丈は, 三十六年志願兵として, 世の, 世間の, 乃ち塵芥を以て, 乃ち誠を, 二十年ばかりも, 云ふ, 亦元日, 亦天秤棒, 以上に, 以上の, 以上持ちこたえる, 以上果敢い, 以外に, 以外の, 以来私には, 位の, 位呑気な, 位客が, 何ぞ異, 何たる芸術, 來年の, 便先考来青山人往年滬上より, 共に愛し, 其の縁, 其二なり, 决し, 割愁二字の, 創業の, 即ち印度動物説話, 又海洋的国民, 古より, 各々隊伍整, 吾人か, 吾人の, 味噌な, 天恵の, 實に, 寧ろ間接, 常に俗士, 当時都新聞の, 恐らく一個, 愚者の, 我家の, 我牧塲なる, 我牧塲に, 文典の, 日本男子の, 昔我が, 未だ嘗て成都, 樂浪海中の, 正に我が, 此れだった, 死地に, 泥水の, 浦島説話の, 熊害に, 皆汝, 眞直だ, 知つてつ, 程い, 程までに, 程世の中に, 程愛し, 程感動する, 程結構な, 等多く, 罰當つた, 自ら生くべき, 苦中, 藏つて置け, 變な, 豈久しく, 足下平生の, 迄になく, 迄の私, 迄の自己, 迄色々, 邪魔だ, 釣りせざる, 錢は, 限り, 限りな, 鱒を, 鹽だ, 默つてりや隣近所でも

▼ 此~ (542, 2.0%)

6 ために, 後に, 神の 5 山田寺である, 神さびた職, 私の 4 多聞天か, 日奉, 日本の, 爲に, 自分の 3 僧都作で, 逆に

2 [14件] あいぬ, あつた, あつて, だん, ほ, 一転する, 今の, 女の, 宗教化し, 宮廷の, 寿詞を, 平安の, 村を, 田楽の

1 [455件] あやかしの, あらゆる演芸種目, あると, あるの, あるらしく想, いつの間にか干支, うたて, おゑんさん, お別れ, お前に, きっぱり当る, きつぱり, この方言, この日本, こみ入, さっぱり自由, すつかり, すむと, そのとき, その最初, その真, たと, たなばたつめでした, たましづめ, つかりする味, つぎで, とても, どうして小僧, どれだけの, なか, なかった, なるの, のっても, はじめて, はちまきの, ふと眼, ほかひ, ほんとうに, またすである, またすと, また一つ, また招き, まつるといふ, みつはの, むずかしい, もつと, よりしろ, われ, 一つ, 一回轉し, 一夜夫婦といふ, 一年後半期の, 一年続い, 一時の, 一歩を, 一段前の, 一生の, 一番の, 一種の, 一脈の, 万葉ぶりである, 三井寺の, 上古神人の, 下に, 下町の, 不快である, 世界の, 世間の, 中心行事で, 中門口, 主上の, 主因で, 久しく意義不明, 云えるだろう, 亦宮廷, 亦神, 亦結びつく, 人工で, 人形にな, 人形の, 今しがたつひ, 今すこし, 今まで, 今一つ田中明神なる, 今日も, 仏教伝来の, 伊勢の, 伝承詞章における, 伝説でなく, 伝説上には, 伝説化した, 何の, 何時からか, 侠客の, 係り合って, 俊成の, 俗間の, 信仰から, 俺の, 僧都作であった, 先生の, 入つた儘, 全体の, 八幡神の, 六法と, 其伝統を, 其水の, 其等貴族士分の, 冬祭りである, 凡人の, 出なければ, 分化した, 刑罰として, 別れといふ, 別屋に, 刺さると, 前述の, 勅撰集に, 北国の, 十一の, 十分に, 十分二十分とは, 単に, 博勞の, 博勞自慢の, 即こと, 即位の, 即前, 即真, 即祝詞寿詞, 却つて外的には, 又いかにも, 又二期, 又兼次, 又前, 又宣命, 又彼, 又猫, 双方から, 受け方の, 古い方言, 古代の, 古典的に, 只二十年と, 史書を, 同時に天狗, 名代部又は, 向上し, 呪師芸や, 呪的効果を, 呪言から, 呪言の, 呪言争ひ, 呪詞中特に, 呪詞類の, 呼んだの, 哥太寛と, 唐の, 唯一の, 問題な, 嚇されて, 固有の, 国を, 地方の, 変じて, 変化し, 変遷し, 夏の, 夏冬の, 多い, 多少の, 多少詞章, 多聞天かと, 大事の, 大寺餅といふ, 大抵翁, 大祓へでも, 大箱の, 大納言の, 天つ, 天子様の, 天津祝詞の, 夷かき, 奈良朝以前から, 奈良朝或は, 奉公人, 契機と, 奥の院と, 女房, 好きだ, 好きです, 妙悟彼が, 妬ましかつ, 始めて, 媚び仕へること, 実は所謂, 実際である, 室町末から, 室町末の, 宮中では, 宮寺の, 宮廷に, 宮廷式な, 家々に, 寿詞である, 尊称と, 尊者の, 小作料で, 小説の, 少なからず, 山の神人としての, 山伏し, 山姥舞である, 嵩じては, 帝紀なる, 常に尊い, 平安朝に, 平安朝の, 年頃に, 庶民の, 弁天様の, 弟である, 弱い気, 当然の, 形見の, 影うつす, 彼不器用らしき, 彼等の, 後々王朝以前の, 後には, 後にも, 後の, 後世に, 後世色々な, 後進新, 御代の, 御名代部, 徳川時代に, 忘れられて, 性欲詩より, 恰も形式万能主義殊, 惠比壽ビールの, 意匠化し, 戦国失脚の, 所謂, 所謂真, 所謂鎮護詞である, 手に, 手引きを, 抑八心思兼神, 折口の, 持ち出されるが, 携帯者の, 故人の, 整然として, 文法史, 文車の, 斎の, 新しい意, 新興文学らしい, 方言さかい史における, 旅行案内で, 日本と, 日本紀に, 早処女, 明治の, 昔から, 昔語りの, 春三郎の, 春嶽である, 時代の, 晩年の, 普通正門と, 暫くは, 曙覧かと, 更に年木, 最初である, 最正しい, 本の, 本式と, 本格的な, 本筋の, 村中の, 来あわせたの, 松崎大尉で, 枳園の, 柴立て場, 極めて叮重, 欠けて, 次第に約, 次義, 歌合せの, 歌垣が, 歌垣によ, 歌壇の, 正しいの, 正宗彼が, 正月に, 正月飾りの, 此小町の, 此行事の, 武家初期, 殆混同し, 段々と, 段々受戒者, 段々芸能化, 殺された今日, 殺された日, 毎年繰り返される, 氏使と, 江戸時代の, 沢山出, 河童の, 法楽の, 浜川に, 浦島子の, 海人の, 深い趣旨, 漢人の, 災後も, 為に, 為めに, 無為に, 燒けた, 爲めに, 物産の, 物見や, 物語から, 物語の, 特殊な, 猿女鎮魂以外に, 猿楽其他の, 猿楽役で, 玩び物, 現在残つてゐる, 理由の, 甚だ骨, 生殖器に, 生涯だつたら, 用言の, 田の神に, 田植ゑや田に, 田楽に, 田楽以来あつ, 田遊び, 由緒で, 留守じゃあ, 畢生の, 発達し, 白鳥処女, 的を, 皆が, 皆堀君の, 皆田植ゑ, 目の, 直に日本, 直らひの, 直接に, 相嘗祭, 眼より, 知れたらば, 知れると, 短章と, 社会意識の, 祝詞の, 神事の, 神典で, 祭りについての, 祭り主は, 祭神高倉下の, 禁厭に, 私に, 秋祭りの, 稀に, 穴師の, 竜泉寺町の, 竹取, 笑つて收る, 第一流, 第三句, 第二, 第二段, 第二義, 納まると, 素人の, 継子の, 続いたので, 続くか, 緞子だ, 置かれて, 聖化し, 職業としての, 職業化した, 肝腎の, 肴である, 至上の, 茸なれ, 荒魂が, 萬石の, 藪入りの, 虚妄讒誣を, 螢でなかったら, 行はれ, 袂に, 袖もぎ, 西行の, 解けると, 言語信仰においての, 記憶から, 詞霊信仰で, 誘い出したの, 語原論の, 説経として, 読誦した, 調和し, 貌つきを, 貴族の, 資本だ, 贋金づかいである, 赤人の, 身の, 身ぶりの, 転じて, 輕んじられる, 轆轤首である, 近世にな, 近世まで, 近頃與三郎, 追, 連歌に, 進むと, 遊女の, 都では, 野の, 針仕事を, 長く続いた, 門ぼ, 阿曇, 陣中唯一の, 陰陽道の, 隣で, 雛の, 雛祭りに, 非常に, 面白かつ, 頂上ださうである, 順調に, 類型の, 風土記など, 食国の, 餓鬼阿弥の, 高御座だ, 高御座で, 魂から, 麒麟ビールの

▼ 此~ (478, 1.7%)

11 見て 5 唱へる 4 書いて, 行ふ

2 [20件] 久しうして, 了解し, 人形芝居の, 区別する, 古語で, 彼の, 思ふと, 持つて, 書く, 私に, 聞いて, 見ても, 見よ人々, 見れば, 言ふ, 説明する, 読んで, 貰つたの, 逆に, 避くる

1 [414件] あべこべに, あんが, うちは, うみ落したの, おあがりなさいませ, おとりこし, おにき, おひ, お召しあがりなされる, お読み, かいて, かう考へる, かきはじめた次第, かくの, かけぢ, かしみ, かぶき踊り, がら, きいの, くれた西村氏, さし物, さへ, じつと, すつかり忘却, する地方, その子, それほどに, ちつと, てつとりば, とうて, とりに, とり入れようと, ながめを, はかない詩人, はっきり考えなけれ, ばが, ばの, ばれんと, ひようすべ, ほづみと謂, まといとも, まねたもの, まねた或は, まねない筈, まれびとと称へて, みのると, もてなして, もて御, もて某, やるほか, やる役者, よくし, よく考え, よまれる迄, よみ尽せば, わりと, 一つ話に, 一生に, 一読する, 一貫する, 七つ橋と, 三番叟といふ, 上場した, 不思議に, 不自然と, 与へた, 中心として, 中心に, 乞ひ取る, 了解する, 二世全, 亡し, 今効果ある, 今夜きい, 仏典として, 仕上げたらどう, 以つて十一代の, 仮り来り, 仰ぐ可, 伊波さんは, 伝へたこと, 伝へて, 伝へるもの, 伝奏, 伝統の, 何と思, 作つた気持ちは, 併合し, 使おうよう, 使ふ, 例に, 依代, 傍の, 全く制御, 八瀬の, 公刊し, 具体的に, 具象化する, 内裏へ, 再三すべし, 再三する, 出せば, 分けて, 切り欲, 切り欲樂, 列ねて, 利根の, 利用する, 利禄の, 刻んで, 削り掛け或は, 削れ彼, 助ける為, 動詞に, 区別し, 十八番として, 単純に, 印象的に, 去る尚, 又尊い, 反對, 取り彼, 取り而, 取り除いた時, 受出し, 口誦し, 古い形, 古い言葉, 古今集三木傳のをが, 古伝説, 各の, 吊るの, 同音異義など, 呪言と, 呼ぶ式, 呼んだ, 咎める事, 哀れんで, 善くする, 喚び迎, 土臺に, 地祇神の, 堅き縛, 墓前に, 大下と, 大切に, 大国主神の, 大成した, 天保年代まで, 天皇陛下の, 奏上し, 奪はう, 如何ともすべからず, 妻屋, 始として, 嫌つて居る, 宝暦十二年壬午の, 宣命と, 室町の, 宮廷生活で, 小林清親が, 小耳に, 山祇系統の, 岡野といった, 平く, 平気に, 幻影と, 延喜式の, 延長した, 形式化した, 彼に, 得意と, 御衣配といふ, 御見附, 御覧ぜ, 御馳走に, 必しも, 忖度し, 忘れるやう, 思うに, 思へば, 恋しい婦, 悦び人, 愛惜する, 感じない人, 我々の, 我慢し, 我砲と, 或地方, 所作に, 手活けの, 扱ふ, 抑へ, 拔かんと, 招代と, 括め, 拾ひあげた, 持たせて, 持たなかつた村国, 持って, 挙げて, 据ゑて年神の, 据ゑるので而も, 推定し, 推測する, 描寫した, 携へて, 支那の, 放送した, 救ひ, 救ふも, 散文化し, 整頓する, 新宗家, 斷た, 日本紀などには, 日本紀着手の, 明らかに, 是と, 時間的に, 普通には, 暮れに, 書いたり, 書かないこと, 書きつけて, 書きます, 書き乍ら, 書き始めた, 書き始めたの, 書き続けるの, 最広く, 朗々と, 本人の, 札に, 村と, 果して, 棚機つ, 様々の, 樂しむ, 模倣しきる, 橋の, 歌はう, 歌ひ, 歌垣と, 歓ぶ, 止める国柄ゆゑ, 正しい文法, 歴史的に, 残酷に, 殺しお, 殺したの, 殺したもの, 殺して, 殺してから, 殺すの, 殺す時, 毎年の, 毎年切り替へる, 水に, 求めて, 求め禍, 汲むもの, 河に, 河童考の, 浅草花屋敷に, 淨化する, 深い考え, 淹死と, 滅せば, 演じた, 漢文に, 無為の, 煮る事, 特別の, 牽くもの, 犯すと, 玄翁で, 琴の, 田に, 田の, 當て, 痛感する, 発議した, 直に分解, 直に御, 真個に, 眺めて, 知って, 知らず予日本, 知る者一人, 知れば, 研究せしめ, 示して, 祀る地方, 祖父, 祝福した, 神と, 神に, 神の, 禅僧に, 秋の, 称えて, 称せしを, 笑ふ, 第三次, 節づけ, 節折と, 精密に, 紹介する, 維持し, 緊めた, 縁遠くし, 縛すれ, 繰り返して, 纏きつける, 美しいと, 老いたる父母, 考へて, 耳朶に, 聞かなかつた, 聞きました, 聞くと, 聞知し, 聯想した, 自家薬籠中の, 自由に, 自身の, 致すに, 花摘み袋と, 若し私共, 苦しめたよう, 荷前と, 著け, 著る, 藥舖で, 處と, 蛇責めに, 行うて, 行は, 行ひし, 行へ, 衣配り, 被つて, 襲いだ者, 要するに切籠, 要するに寄席, 要するに少く, 要するに翁, 見ず多生, 見せると, 見ますと, 見るとき, 見るならば, 見出して, 見物群衆の, 覗いた為, 解かないから, 解斎舞と, 記する, 記録し始めた, 訳した平塚さん, 証するの, 証拠だ, 詠まれたもの, 語らぬ村, 語るが, 語る時, 説かうとしては, 説き猶, 説明し, 読みいか, 読み当代, 誰に, 調べて, 諷ふ, 謂ふなり, 謝らして, 譲つて何時また, 讃美し, 責めたの, 責めたよう, 賦した, 質せば, 贈らる, 跡方も, 踰え, 農村どうしの, 辿るに, 迎へる, 近世では, 近來, 通ずるもの牧童, 遠処, 遣る, 邪魔する, 部下に, 酌んで, 配置し, 里の, 重視しなく, 鎮護詞と, 防ぐ為, 阻害する, 除いては, 隠謀, 集成した, 難ずるの, 音韻変化し, 飜案した, 馬琴の, 骨霊と, 高櫓, 鬼矢来の, 魂ふりと

▼ 此~ (243, 0.9%)

5 おなじ丹塗り, 亦この, 此頃急に 3 亦人 2 後に, 後の, 無言の, 目を

1 [217件] ある, いつて, おことわり, おすがの, おなじ年, おもしろい考, かういふ形, くる, この近所, さうし, してやらなかったと, しょせん逃, そのま, たま成長の, どうして伝つたの, どうなる, どうやら梵天, のこ, ひこと, また静まり, むろん知っ, もうここ半月位, よくない, よく書けない, よみの, イヨヽヽ・ウタヽと, コマセと, 一つ事で, 一つ彼の, 一人の, 一心に灰, 一時なり, 一本梯子を, 一種の, 一難である, 上の, 世間を, 五説経の, 亦, 亦あたり, 亦いかにも, 亦た, 亦中る, 亦問題, 亦多く, 亦天, 亦宴式, 亦實, 亦寧ろ, 亦徒労, 亦必然的, 亦愛民憂世, 亦支那流, 亦新境, 亦新境現前, 亦武生, 亦白拍子, 亦祭文, 亦組踊り成立, 亦道衍, 人皆仰い, 人類の, 今は, 仰山安い, 佐治君の, 修學旅行の, 倶に, 偏にあの, 傭はれ, 元は, 元日の, 先に, 共産を以て, 冴えない梢, 剃刀を, 前に, 前のと, 励みて, 勘定に, 十位の, 半球を, 単なる同音聯想, 厳重に, 叙事に, 叡山の, 唯習慣, 唱へ, 唱導と, 因縁だ, 困つたもん, 地味な, 壁際に, 夢で, 大きな聲, 大豆を, 天地の, 天罰にかけて, 夫と, 失題といふ, 奈良朝以前にも, 奈良朝以前既に, 好きぢやし, 好色修行に, 婆の, 存在の, 定まる約束, 実は訣ら, 家長に, 寧抒情詩の, 対照的に, 山の神に, 山人と, 山鳥, 常世から, 常世の, 常世神の, 常磐津の, 度に, 形は, 彼に, 後代風の, 後半月, 忘れて, 恐れ入って, 慌てて, 我の, 或はさ, 手帖の, 折釘に, 按摩姿に, 攪き乱され, 新古今集, 旅に, 日の, 日本じゃ, 日本神学以前の, 春の, 春待つ, 昭和初頭夭折し, 時々の, 更に思い付かなかった, 書かなくなったら元, 朗かさが, 本義に, 梅次郎もかの, 梯子段から, 構はずに, 歌を, 正しく同, 母一人彼は, 水主神と, 沒却理想なり, 沖縄の, 注意は, 無い言葉, 無い語, 無效, 無理の, 無用なる, 父を, 獄中の, 玩具では, 男が, 男性女性に, 留守, 畢竟播磨風土記, 癖で, 百姓の, 皆ほんのり, 皆祝詞の, 知って, 知らず気づかず, 確かに, 社寺の, 祝詞で, 神とも, 神の, 神器の, 神託とは, 私闘である, 秋祭りと, 紀伊だ, 紺の, 耳を, 肇国の, 肩へ, 脇方から, 臥せつて, 自分の, 良い女, 芸能には, 表現の, 褞袍を, 見逃せない事, 解釈が, 詠歎とも, 語原の, 請ひ, 論理の, 諸藩, 謡ふ, 豊頬美男だ, 賣切れて, 走る, 身祝ひに, 農村では, 近所で, 迹の, 邸あとと, 酒の, 銀むく, 鐵製の, 雪白の, 震災前年ころで, 音韻の, 鳥の, 鶏のとが

▼ 此~ (172, 0.6%)

18 いふもの 11 いふこと 4 いふ客 3 いふの, いふ日は, いふ時, いふ時に, いふ時世 2 いふ日に, いふ無駄, いふ風に, いふ馬鹿, なツ, やって, バカばかり, 云ふ, 弱くなった, 続くと

1 [104件] いふから, いふとこ, いふのんどりした, いふアトラクション, いふインテリ男, いふシャレ, いふロケ, いふ世の中, いふ事が, いふ事は, いふ人々, いふ人たちと, いふ人達, いふ会には, いふ会へ, いふ写実, いふ半, いふ名物, いふ味は, いふ変った, いふ奴, いふ店が, いふ座談会で, いふ得体, いふ愚劇, いふ所へ, いふ手合, いふ料理は, いふ旅も, いふ時いつも, いふ時ばかりじゃ, いふ時家庭, いふ時静かな, いふ機会, いふ気分, いふ気軽, いふ点では, いふ狂言, いふ現象, いふ目に, いふ礼, いふ結果, いふ芝居めいた, いふ身, いふ階級, いふ風では, すべきであった, するうち, とか斷, と謂, なひ, へは優美, へは我, まで謂, もろく破れ, も問題, も変る, も活気, やら伝馬船, やる, よくねる, ハッキリしなく, バわ, ピタッと, 不味いもの, 世の中は, 云うこと, 人の, 休まれると, 体が, 入ってると, 出さしめたか, 出し物が, 出られては, 別天地の, 力を, 取付けられちや, 呼掛けて, 咽喉が, 寒くちゃ, 愚にも, 攻められては, 敗頽の, 日本人は, 日記を, 早く終っ, 来るん, 此の, 毎日々, 毎日続い, 涼しくちゃ, 皆仕事, 笑ふと, 能率が, 落魄ちや糞です, 誘惑に, 貴重に, 足が, 鋭敏な, 長くては, 集って, 馬鹿を, 骨の, 高いん

▼ 此より~ (142, 0.5%)

5 外には 3 して, 下は, 後の 2 下に, 先に, 其後を, 柏軒の, 進んで

1 [118件] いかなる話, よいと, サンタガタまでは, 一層必要有益, 一歩を, 一行は, 一里北に, 上に, 上陸, 下つた人, 下十一月九日, 京水自筆の, 以下客崎詩稿中に, 以北に, 以東の, 伊勢の, 僅か三年前の, 兄弟の, 先六月北陸道鎮撫使を, 先出雲大社に, 全勝なら, 其稿を, 出で, 出でたの, 初夏に, 前にも, 前の, 北国道へ, 医師石川貞白飯田安石三好東安河村意篤内田養三等が, 医業に関する, 十五年の, 半年を, 卑見を, 即興詩人として, 古本草復活の, 同行した, 垂れ籠めてのみ, 塩釜に, 外に, 多からず, 多少長, 孫は, 安きを, 寺までは, 小道具衣裳借, 少しま, 尚歯会の, 居る所, 山中奥の院は, 山内子亨が, 山陽の, 嵯峨生活の, 巻物の, 弟子大に, 後一斎は, 後主水忠行は, 後九年で, 後九年に, 後五月十八日に, 後今日に, 後十四年文政八年十二月十一日に, 後千二百餘年の, 後四年に, 後夏, 後宗家伊沢, 後屡, 後希臘, 後文政三年, 後明治, 後材を, 後樸忠, 後歐洲, 後死せざる, 後父子, 後病いよ, 復柏軒の, 心理學の, 惡い, 我は, 打開す, 拔出で, 拿破里に, 推せば, 斎藤俊英と, 日々招宴遊宴等が, 明治癸酉九月十二日後の, 明治癸酉五月以後の, 春の, 時々忠行, 曾能子刀自の, 月日不詳の, 棠軒日録を, 椎葉山に, 樵歌の, 次の, 此詩暦を, 池田宗家を, 浅間岳を, 玄俊京水父子の, 甲戌六月七日に, 百五十石に, 節を, 細井平, 自立し, 自筆の, 舊に, 萩の, 蘭軒の, 蘭軒平生の, 軍を, 迹を, 遠く西國, 錦橋は, 陸行し, 霞亭は, 霞亭東徙の, 静宜, 類推すれ

▼ 此~ (116, 0.4%)

14 なこと 8 でも 7 畜生 4 なもの 3 なとこ, な事, 畜生め 2 なの, な処, な奴, な時, な風, 畜生ナ

1 [62件] だから, ぢや, でもなよお, でも聞い, ない, なだ, なでやつ, なとこの, なところ, なに人が, なに出來つこねえ, なに家の, なに盛大に, なに西洋料理の, なぼんやり, なもん, なわびしい, な不自然, な人, な危急, な厭, な夢想, な大切, な好い, な子, な小, な山奥, な悪党, な愚, な所, な擽り, な時世, な有, な本, な狭い, な生え, な穴, な舌, な蠅とり器, な装置, な言葉, な道具, な集り, な高い, な麻雀, 中へ, 畜生め人に, 畜生め親父を, 畜生ヤイ, 畜生ヤイ出抜け, 畜生ヤイ手前は, 畜生ヤイ此の, 畜生ヤイ面ア上げろ, 畜生何を, 畜生何処から, 畜生何故, 畜生侍の, 畜生奴こん, 畜生奴己の, 畜生宅の, 畜生旦那此の, 畜生頭巾を

▼ 此から~ (114, 0.4%)

4 出て, 見ると 3 私の, 考へると 2 である, 先の, 出たと, 後の, 後は, 推して, 私は, 突張つて野を, 見ても, 言ふ

1 [80件] こびりつき中流, さしか, して, しても, だ, また厳重, めが, もう一歩, もう海水浴, よからう, サウスキャロライナに, 下流の, 仕事を, 何か, 何処へ, 何方へ, 先き, 先は, 先何時まで, 出たか, 出たとして, 出たの, 出たので, 出来る仕事, 出発した, 勅使が, 半里, 喜劇的の, 変転し, 如何程人間, 娘さんの, 富山へ, 小さいながらも, 少し先, 幾つか, 幾年か, 引出しましたの, 引用する, 彼の, 手紙を, 控へ, 推すと, 暫らく書き連ねる, 更に想像, 書こうと, 来た, 松魚が, 汝が, 深々と, 滔々と, 演劇的要素を, 漕出さう, 猶此様, 玩びの, 理解せられるであろう, 生れて, 申そうと, 百姓の, 直ぐに, 神の, 神事やら, 翁が, 蛤貝, 行くところ, 見れば, 見合に, 観て, 解説し, 言は, 話さうと, 話したの, 説明する, 起つて, 述べようと, 述べる, 逃出す, 進んだもの, 遣りなおしである, 選んで, 高時の

▼ 此二つ~ (113, 0.4%)

6 のもの 5 の天部, の女手, の峰 3 の層, の形 2 の上り口, の卷物, の巻物, の時代, の歌, の聲, の話

1 [72件] があ, がない, が並ん, が尤, が必ずしも, が揃う, が此頃, が混乱, が美々しい, が重, であった, である, には関係, に分類, に区別, の交, の別け, の劇団, の味, の國, の型, の声, の外, の対照, の屍, の岩石, の意味, の折紙, の教育法, の方面, の村, の様, の求婚説話的分子, の沢, の潟, の物語, の相違, の結びつき, の考, の考へ, の術語, の見方, の觀念, の記事, の記録, の詞章, の貝, の連續, の邑落生活, の間, の関係, の非難, の面, は並び行, は並行, は偶然, は元, は共に, は出自, は平安朝末, は後来, は殆, は発生点, ほど限界, を並べ, を共に, を厳密, を實行, を意味, を昨日買つて來, を結合, を蹈査

▼ 此~ (91, 0.3%)

3 同様な 2 彼と, 彼とは, 時を, 言って

1 [80件] いひ此身, おなじこと, さまよ, しの, ほりだ, ほりである, ほりと, ゆきちがいに, ようかの, よく似た, 一つである, 一つな, 一類の, 云う喧嘩, 云う心持, 云う思いつき, 云う落度, 云ひ, 云ふ, 云所願しほ, 互ひ, 交渉なし, 似た用語例, 似た縁起, 似よりの, 別れて, 前後し, 区別を, 反対に, 同じく手強, 同じく汝, 同じこと, 同じで, 同じな, 同じやう, 同じ佐幕党, 同じ境涯, 同じ構圖, 同じ理屈, 同一の, 同一観念に, 同型の, 同時にこの, 同時に此物, 同時に神, 同様に, 同樣, 同義語の, 同類の, 城ヶ沼の, 奉存候, 婚礼の, 對を, 對立でと, 幾分の似, 思ひを, 斎部祝詞と, 日を, 月と, 樹精伝説と, 殆ど同時に天子, 混乱重複し, 照合し, 番頭庄右衛門の, 異なるところこ, 相並ん, 絡みあうて, 聞り, 藪入りとの, 蛇子型の, 言ひ, 訳が, 話して, 話のとは, 諺との, 逆では, 通じて, 金次郎を, 関係が, 離して

▼ 此には~ (87, 0.3%)

4 山越し像と 2 あつて, 証拠が

1 [79件] これなき, さうし, とら猫ぶち, みんな驚きました, 一つ前の, 一朝一夕ならぬ, 一種の, 三通りあつ, 上巳の, 主として考證, 二と, 五分心の, 京水が, 京水を, 仮りに, 伝説が, 何かの, 何らの, 來まし, 例外とも, 先づ一事の, 内大臣の, 別に序説, 前提すべき, 危険が, 原住歸化漢人種, 又別, 叙景的の, 名高い大宮, 商量の, 困つた, 困つたので, 多少の, 大分の, 天を以て, 子が, 孤獨の, 宣命の, 少し我, 屡失敗, 山陽終焉の, 岡惚を, 後の, 必技術が, 念仏聖などが, 惱まされた, 意味が, 成り立ちの, 我々が, 擱きつ, 斎藤茂吉さんが, 既に, 日本国中大抵其悪行の, 昔の, 暫く疑, 更に鎮魂, 海内第, 狼藉の, 理由が, 田楽能が, 省く, 省略する, 私の, 練道, 考ふべき, 自由ある, 芸能以上の, 訣が, 語言科と, 誤信を, 述べず, 連海に, 鉢と, 長い歴史, 長い説明, 閉口した, 関係してる, 関寺半内と, 顔を

▼ 此場合~ (86, 0.3%)

27 に於 3 には猶

1 [56件] この指導権, では小林, では自分, では苦, では観測, でも, で僕, とても其苦, においては作者, について言, になつ, には些細, には到来物, には看過, には自分, にも父君, にも自分, に二条殿, に區, に己, に於ける, に松, に欠くべからざる, に當, に自ら, に適する, に適当, に限つて, の, のなむ, の心, の教訓, の文章, の貞盛, の酒, は, は人形, は多く人形, は常住, は按司部, は東京ポスト, は生理的, は祖父母, は神, は苔むす, は逆, は間違, も尠, も海岸, 大烏帽子, 挙げるのに, 正しい解釈, 甚だ適切, 直ぐ駈け附ける, 第一次, 訪ねて

▼ 此時代~ (85, 0.3%)

4 になる, に於 3 に於ける, の事 2 にし, にも既に, の人, の人々, の歌

1 [61件] から大, から武家, から見, であります, である, では何より, としてはよく, との別離, と兩統迭立, において開い, にさ, になっ, には, にはじまる, には又, には妻, には毒飼, には珍しい, には詔詞, に入る, に出, に完成, に對, に最盛, に東國, に特有, に興隆, に負う, に進む, に酒井雅楽頭忠以浪人結城唯助, に開かれた, に關係, のもの, の一般, の亂世, の句, の成功, の支那, の文物, の文章, の機械屋さん, の江戸, の物, の特色, の理論, の遺物中, の隠者, はまだ, は到底, は印度佛教, は実は, は最も, は決して, まで國粹, まで残っ, より後, をば大体, を史家, を極楽, を終る, 既に訣ら

▼ 此~ (82, 0.3%)

6 よいの 5 見ても 4 あつた, よい, 切れさ 2 あつて, 見ると

1 [55件] あらう, おして行つて到着, どれだけの, はれると, ほ, まあ必要, また汽車半分, まづ, むがくは鼓の, やっと安心, よいかと, 一つ私の, 二つの, 今年の, 以て, 僕は, 切つてやん, 切れさえ, 判った, 即御, 又もや強敵, 又もや組討, 口が, 唯初音, 失礼します, 定論を, 少くとも, 席の, 幾らも, 幾分帳消し, 彼奴の, 思ひ当るの, 思ふと, 我慢を, 斉明朝の, 日本人と, 樂にな, 止める, 正しい訣, 正式に, 片手では, 皇后の, 相すみ, 短歌が, 立派に, 終つて居た, 結構やつ, 群臣の, 考へると, 聞くべき事ぢ, 自分が, 與三郎の, 説けたこと, 酒と, 黒尉は

▼ 此地方~ (78, 0.3%)

2 ではハア, で一番有名, に於ける, を限り

1 [70件] が内, で, であらう, でい, ではもう, では地下, では女の子, では専門家, では峠, では珍しい, では見あたらない, では酒, では酔う, では風波, で怠けもの, としては大, にある, にはアイヌ族, にはアンテナ, には山羊, には珍, には臨濟, には馬, に主として, に在, に多かっ, に始め, に於, に有る, に来, に移住, に稀, に運ばれし, に関する記事, に関する記行文, に限らず, に駒ヶ岳, に鳥坂長峰, のそれ, のやう, の事情, の人, の勇士, の国々, の地口, の地理, の奴, の子供, の山, の山脈縦走, の湖, の牛, の石器時代遺跡, の砂丘, の豆腐, の適切, の門松, はすべて朝, はどこ, は二月一日, は山家, は有史以後, は造酒屋, は驚く, は麦, へ出かけ, へ道草, を歩い, を説明, 切っての

▼ 此問題~ (76, 0.3%)

4 に對 3 を解決 2 に於, に關, は二人限, を以て人情正義, を持把, を解答

1 [57件] が僕, が無, が絶えず, が諸君, では親友, といふもの, にかかり合っ, について言つた言葉, につき, には無, には直接, に付い, に出, に対して神, に意, に深, に熱中, に立ち帰るであらう, に触れた, に觸, に進まん, に鐵案, に関しては複雑, に関して全然, のため, の外, の為, の為め, の爲, の爲め, の発議者, の發議者, の研究, の解决, の解決, の解答, の解釈者, の解釋者, の難い, の騒ぎ, はさう, は一般國民, は天, は復, は既にある程度, は相当, は茲, は解く, は頗困難, を再検, を取り上げ, を天津教, を深く, を研究, を解釈, を解釋, を論ぜん

▼ 此事件~ (73, 0.3%)

2 に乘, に於, は啻に, を信じ

1 [65件] から早く, が持ち, では茲, との交渉, にし, にはかなり, には一番, には到頭, には猶, に付き, に何ん, に対して刑, に就, に心, に没頭, に由り, に神輿, に連座, に関係, に關, のあつ, のみ気, のむづかしさを, の主任, の全体, の内容, の大, の大きな, の如き, の底, の成行, の探偵, の探索, の發覺以前, の真実, の結末, の經過, の繪, の罪人, の詮鑿, の起つた, の起り, の重大, の際, は余り, は実に, は此儘, は社会問題, は終, は調査, も大事, も殆ど, を以て親ら, を以て親ら出會, を何, を十年, を夫, を契機, を引き受ける, を或, を最初, を監督, を見, を解決, を連想

▼ 此方面~ (73, 0.3%)

6 に向, に於ける 4 の研究 2 から見る

1 [55件] から, からでなく, からの登山, からばかり発達, からも万葉人, からも説かね, から來, から入る, から登る, から見れ, から説く, から這入る, が主, でいろ, では分け, では日本, で発達, で考へ, にはあまり, には何, には殊に, にも手, にも探り, に伸び, に入る, に力, に就, に強い, に手, に於, に於い, に注目, に砦, に費した, に進んだ, に鍬, に関してだけは間違い, に関心, の中心人物, の創作, の天才, の學者, の實驗設備, の山, の才能, の為事, の知識, の税金, の考, は栂, より論じ, をあまり, を探検, を素朴, 即鑑賞法

▼ 此~ (51, 0.2%)

3 三大, 改造組織ノ, 納付ヲ 2 改造組織ヲ

1 [40件] 一団, 一方, 一點ヲ, 二國造, 二者ノ, 他局店ハ曰ク三福長屋曰ク恵比寿長屋等各, 処ニ来レリ, 劃定線, 四五年俄カニ病身ニナッタモソノセイカモ知レヌト思ウカラ隠居様ノヨウニシテ置クワ, 四菩薩折伏ヲ, 國民教育ハ國民ノ, 場合ニ於テ國家ハ別途, 大御心, 如ク異域ニ横行濶歩スルヲ得タルハ固, 宵一婢ノ, 改造ニヨリテ男子, 改造ニ基ク國家ノ, 改造ヲ, 改造後ノ, 改造法案ハ世界大, 故ナリ, 故ヲ以テ, 新領土ニ移住シタル者ハ居住三年, 殺戮ヲ, 混和物ニ強硫酸ノ, 準備, 状ヲ, 目的, 私有財産限度制ニ移シ加フルヲ, 築造有, 要求ヲ, 記念碑ノ, 請願, 通信発覚, 配當ハ智能的勞働者及ビ力役的勞働者ヲ, 限度ヲ, 難ニ, 頃ノ, 頃暑, 風俗ハイカナル原因ヨリ生ジタルカハ知ルベカラザレドモ卑彌呼壹與等ガ國人ニ畏服セラレタルハ其

▼ 此二人~ (48, 0.2%)

2 が何, が必ずしも, が恋人同士, の上

1 [40件] がプラトン, が擁, が最, が村, が狎, が白尉, には一脈相, に関係, に食, のもの, の事, の交渉, の可愛いい, の女, の女連れ, の学説, の客人, の少女, の影響, の役, の役割り, の後備, の意見, の申込, の神話, の神話学界, の面, はいずれ, は一番, は四年以前, は後に, は父親, は皆自ら夫, は私, は美人, は近世公羊學, もいた, をば避難, をよく, を怪談作家

▼ 此通り~ (45, 0.2%)

2 お月見, だ, つまらぬ活計

1 [39件] あゝ有り難う, たつた二, だうっかり, だ一人, だ平次殿, であつ, でございますことに, でした, で人殺し野郎, で若く, と両手, と手文庫, にし, にて唯, になつて, に来る, に猿, のきりやう, のみにて七十五輌, のみにて七十五輛, の不, の子細, の曲, の犯罪, の病身, の縮れ, もつと, も守つて, 撮られたの, 暮して, 更けての, 最う両方, 死んで, 殺されて, 泳げるわいな, 消え細る迄にや, 燻したやう, 穢うございます, 附け根から

▼ 此~ (44, 0.2%)

2 のもの, の事, を悉く

1 [38件] あ蜀黍, おつ, がま, が君, こんで, つ位, のいづれ, の上, の世界, の二つ, の人々, の句, の品, の地, の報, の天才詩人, の小, の川, の怒り, の拙, の提灯, の歌, の神, の行事, の賞, の造語, の釈場, はいづれ, は初穂, は皆, ぶれば, まあどうした, を彼, を見ます, 其の場限り, 大かく成つた, 大變, 見せらん

▼ 此説話~ (43, 0.2%)

7 に於 3 も亦 2 の最初, を解釈

1 [29件] がヘラクレス, が其或一面, が天地分離説話, が果して, が神婚説話, とはかの, と一致, にし, に就, に従え, のかく分布, の不, の伝播, の単一起原説, の大, の拡布, の末節, の根本思想, の特有, の発生, もまた, も比較説話学上, をば, を其経典, を十分, を名, を文字, を称し, を観察

▼ 此部屋~ (43, 0.2%)

3 に入 2 から出よう, に寢, の中, を出

1 [32件] から出た, から出まい, から女一人, だけの金, で十日会, で白い, にあつ, には何となく, には戸棚, にゐ, に一人, に休ん, に寝, に籠, に隱, の様子, の灯, の特色, の箪笥, の赤み掛, の隣, は出張所, は少し, は居間, へだけは入った, へ入, へ忍び込ん, へ這入った, よりも隨分廣, より外, より燈火, を私

▼ 此言葉~ (40, 0.1%)

1 [40件] が使, が句, が証明, と共にライプチツヒ, と共に神聖, にて察, には充分, に何, に依り, に多少, に生田, に誤字, のうち, の事, の語原, はありがたい, はおもしろい, はよい, は俗語, は僕, は充分, は十風, は新, は本来, は甚, は真実, は私, も非常, を以つて, を受ける, を味つて, を唱, を後, を書いた, を祝詞, を聞い, を聞いた, を聞き, を聞く, を胸

▼ 此附近~ (40, 0.1%)

2 にある

1 [38件] か, から劒, から右, が最も, であったろうと, ではどうやら, では曾, で一番凉, で是非, で最も, には倉, には変った, には竹藪, には羚羊, には落葉松, に住ん, に湯, に足, に野営, に限られ, の今, の山, の山稜, の山谷, の闊葉樹林, の雪量, の風景, は大白檜, は恐らく, は木立, は黒部峡谷, は黒部川, へ女神, まで盛, も栂林, をさして, を三条ダルミ, を指し

▼ 此~ (39, 0.1%)

5 墓の 3 屋敷の 2 りくさんの, 八重さんといふ, 夏は, 定で, 説法中は

1 [21件] くに, つさん隅, とらである, ひら様, ほくに, もろが, 二人は, 仲間で, 告に, 寝床の, 屋敷に, 屋敷へ, 煎茶の, 生計右も, 稽古の, 粂の, 襖は, 酒が, 鉄の, 門口を, 饒舌に

▼ 此だけの~ (36, 0.1%)

5 事は, 語が

1 [26件] お湯を, ことが, ことは, ことを, 不足も, 事実を, 作物を, 国が, 大きさ, 意味で, 成迹を, 深い注意, 漠然たる用意, 知が, 種に, 聯想を, 處を, 要素は, 覚悟も, 解釈に, 詞書きでは, 語に, 貧弱な, 輪郭を, 辛棒し, 順序を

▼ 此れで~ (34, 0.1%)

2 は仕方

1 [32件] あなたが, お別れ, こそ私, どの位, は顔, もし世界中, もどう, も昔, も苦労人, やツ, 三度目じゃ, 上りパレスチナから, 事務は, 判然説明が, 女つ, 子煩惱, 少うし, 往って, 我慢する, 歸れ, 毎朝お, 気が, 癒つ, 癒る, 皮を, 稍滿足だ, 精一杯だ, 蕎麥挽は, 装束は, 褞袍の, 遠い道程, 飾だ

▼ 此信仰~ (33, 0.1%)

1 [33件] から出, から出た, が変化, が少し, が展開, が広, が深まる, には現実, にも和人, に関して光, の分岐, の古い, の形跡, の既に, の替り目, の根底, の根柢, の混淆, の源, の社会, の行, の行事, はすべて, はまた, は古, は台湾, は恐らく, は最早, は続い, を宣伝, を示す, を認めぬ, を遠い

▼ 此にも~ (31, 0.1%)

1 [31件] まだ其先, まだ異説, 一の, 亦其伝記, 人生の, 今後も, 仮りて, 似合はう, 内わけ, 内容なき, 前と, 同じこと, 妄念が, 尚今一つ, 常例の, 後に, 村の, 母様は, 為せたし, 熱は, 理由は, 由来は, 男女の, 祝詞式は, 稲虫にな, 筆を, 粋あり, 糠あり, 軽島宮, 酌源堂蔵とは, 長い説明

▼ 此一首~ (27, 0.1%)

2 を以て代表

1 [25件] では, にて王子, によつて, のみだ, のみである, の中心, の佳い, の意, の調べ, はおまえ, は取りたて, は天平十年冬, は守部王, は憶良, は昼, は頗る, も, も軽々, をも尊敬, を好ん, を尊敬, を抜い, を舎人, を選んだ, 如何にも儒家

▼ 此まで~ (26, 0.1%)

4 ぢや

1 [22件] あまりに放漫, じゃ, つかって, どおり明確, なかつた事, 同様祠は, 噺を, 存在論的範疇をば, 平安朝歌人の, 廿四丁也, 才の, 挙げて, 文法家が, 書いたもの, 決して洋服, 祖先としての, 祝詞の, 経歴つた其処彼処より, 考へた時事, 考へなかつた高い, 解釈せられた, 重く見られた

▼ 此あたり~ (25, 0.1%)

2 の人, の姉さま風

1 [21件] から岩菅山, から高瀬, で春の目, にこそ御, にては狼, には呑込み, には言, に佳境, に大, に鬼, のなれ, の家々, の彼岸花, の裏屋, の農家, の道, は宿, は山, は峡勢, も一問, や

▼ 此を以て~ (25, 0.1%)

2 世間曾て, 大隈伯は, 新を, 時の, 最も伊藤内閣, 関五郎の

1 [13件] 人事の, 嚆矢と, 大宮之, 大日本史, 太祖の, 此書に, 此記事が, 江戸の, 皇室と, 直ちに事代主神婚譚, 確証と, 祝詞の, 茂吉は

▼ 此一事~ (25, 0.1%)

2 に在らん, を以て彼

1 [21件] だけでも相, ででも察し得られるであろう, でも窺, で自分, にても分明, にも惣参居士, により, に心, に於, に由, はもと, はコロボックル, は此後余, は満天下何人, は自分, も亦, をのみ, を以てする, を以て単に, を以て單, を根拠

▼ 此文書~ (25, 0.1%)

1 [25件] では殆ど, によつて, に就, に於, の史實, の日附元中九年八月二十六日, の最初, の本文, の殿, の記事, の長慶天皇, は一見, は今, は何者, は僞物, は後醍醐天皇, は神代文字, は神樣, は第, は荒唐無稽, も又次, を判讀, を實質的, 第十一行, 自體

▼ 此野郎~ (25, 0.1%)

3 ですよ

1 [22件] お蝶さん, が死ん, が殺した, が眼, が逃出, が馬鹿, だと, だ師匠, ですか, と打つ引つ掻く, に脅かされ, に間違, の巣, はつばめ, は何, は先刻, は賢, ふざけた事, を縛, 一度うんと, 行って, 逃げようたつて

▼ 此さん~ (24, 0.1%)

2 が確か, に殺された

1 [20件] ありがとうよ, から別に, がいつも, が殺した, という子, にかかり合い, には派手, に訊い, のいる, の容体, の気に入りまし, の絽, の部屋, はあまり, は幸福, は針仕事, もあんまり, もこんなに, を下手人, を殺した

▼ 此などは~ (24, 0.1%)

4 確かに

1 [20件] うたてで, ふる草, 予期から, 二句を, 全く案, 勿論音, 学徳兼備の, 当時まだ, 後で一寸借りたい, 後世の, 早いもの, 明らかに, 極端な, 殆ど類例の, 海の, 神の, 聖子誕生に関する, 自分が, 語根が, 馴れ過ぎて

▼ 此屋敷~ (24, 0.1%)

5 からは稍坤, のこと

1 [14件] から出る, から盜つた千兩箱, から盜ん, に蔵, に藏, に駆け込ん, のお, の中, の掛り人, の現状, へ置く, を人手, を何ん, を引

▼ 此~ (21, 0.1%)

9 の如き 2 の如し 1 ては實際, て彼, て飯, の如く, の如くである, ひさと言はれた, 命名せりと, 容易に, 称すと, 虚報を

▼ 此うなる~ (20, 0.1%)

1 [20件] と, とうるさい, とお, とこっち, とさう, とやっぱり, と一寸, と何, と全く, と場末, と墨, と家庭中心, と意地, と昔, と狼狽, と肩, と芝居ハネ, と軽々しく, と鏡台, のは

▼ 此だけ~ (20, 0.1%)

2 したの, である, では

1 [14件] いつた, いつて, いふの, だ, ですつて, で御座います, で皆, で醇化, なんでしたらう, 共通で, 其発生点を, 形式が, 時間が, 込入つた文明

▼ 此三つ~ (20, 0.1%)

2 の場合, の慾望

1 [16件] がある, が結婚, になります, の中, の内, の劇団, の対立, の層, の方言, の種族, の節, の系統, の話, の魂, は新嘗祭, は皆一つ宣命

▼ 此界隈~ (20, 0.1%)

2 でも他

1 [18件] だけでも何十人何百人行倒れ, では誰, でもあまり, でも五人, で若い, で顏, に住ん, に沢山, に若い衆, のい, の下っ, の大, の者, の若い, はもと, へ大通, もヒド, を睥睨

▼ 此矛盾~ (19, 0.1%)

1 [19件] から始まる, から起る, が不思議, した考, とを經驗, と苦痛, の両面, の中, は健全, は决, は益三日, は魂, をどう, を切抜ける, を指摘, を自, を解かん, を解釋せん, を認め頷かれる

▼ 此行事~ (19, 0.1%)

1 [19件] がやはり, が十羅刹女神, で注意, にも尚, に関するあらゆる, に關, の主, の事, の最後, の起り, は, は余程, は土地, は道祖神祭り, も亦, を, をいふ, を繰り返す, を遂げた

▼ 此記事~ (19, 0.1%)

1 [19件] から見, が任那, が削除, が果して, だけでも足る, で賑わされた, にあてはまる, にし, には少し, により, に早く, の本文, の追記, はわたくし, は又, は普通, を引用, を撰む方, を満足

▼ 此青年~ (19, 0.1%)

2 に一種, の姉, の背丈, の頭, も必死 1 であったかも, と並ん, に取られる, の擧動, の生活状態, の立派, は沈黙, を気の毒, を見掛けた

▼ 此うし~ (18, 0.1%)

2 てのんびり, てゐ, てゐた, てゐる 1 てかなり, てのらくら, て一日一緒, て何ん, て出さう, て山, て床, て社会, とい, なくては

▼ 此に対して~ (18, 0.1%)

1 [18件] うたげの, なると, のりとを, 事新しく附け, 五月処女, 人生に, 何の, 国は, 女は, 如何の, 春の, 最高位の, 田植ゑに, 発達した, 神から, 群臣中の, 自分は, 返答の

▼ 此意味~ (18, 0.1%)

4 ならでは

1 [14件] がある, がかはつて, が善く, が次第に, が第二義, とをす国, において古代日本民族, において王氏, を固守, を深く, を私, を考へる, を舊式, 不分明

▼ 此では~ (17, 0.1%)

1 [17件] あまりに寒々, いけない, ないと, ならないと, やりきれない, 中, 仕事も, 何の, 全く行, 其の沼, 到底喧嘩, 困る, 地べたに, 意味が, 深夜通行した, 田舎者扱いさる, 鍛冶屋の

▼ 此学校~ (17, 0.1%)

2 の先生

1 [15件] では平常, でも田辺校長, と運命, に入れた, に勤める, に居る, に居るだ, に来た, に校歌, に転任, に通っ, の一年生, の児童出席, の精神, は現に

▼ 此時計~ (17, 0.1%)

2 が, に心覚え, の元, の怠慢, を, を何 1 と鏡, の硝子, までが学校教師, までが學校教師, を妻

▼ 此神話~ (17, 0.1%)

5 に於 2 も亦 1 が其一面, が其他, にも富み, の中, の前半, の天然的基礎, の天然的解釈, の形成, より借り来れるなり, 並びに支那

▼ 此おれ~ (16, 0.1%)

65 は著物, は誰

▼ 此書牘~ (16, 0.1%)

2 に見え

1 [14件] が文淵堂所蔵, には千載, に出で, に徴, に拠つて改訂, に由つて, の断片, は既に, は月日, は茶山, も亦, を作つたの, を作つた人々, を擬作

▼ 此目的~ (16, 0.1%)

2 を外れたら, を抱

1 [12件] からし, で彼, に向, に適, に適合, の半, の外, をもつ, を含ん, を達したる, を達する, を達せ

▼ 此~ (15, 0.1%)

4 なと思つて 3 とする 2 なと思っ 1 ということ, と女性, と律師, と考へ, と考へ出した, なとまでは直観

▼ 此山脈~ (15, 0.1%)

1 [15件] が北アルプス北半, に多量, に登られた, に登山者, に限らず, に駢峙, の主要部, の右, の山, の最高峰, の最高峰毛無山, の末端, は国師, は東山梨郡三富村, を仰望

▼ 此意義~ (15, 0.1%)

7 に於 1 から出, から無限, において半面, の, のもの, は恐らく, は薄々, を最も

▼ 此生活~ (15, 0.1%)

5 に家 1 から離れ, にとつて, には入ります, に安, に對, に導いた, に於, の現在, は遂に, を易

▼ 此疑問~ (15, 0.1%)

3 に答えん

1 [12件] にし, に答, に関しては何等, の生きたる, の解答, は同時に, は解釋出來, は随分, を保留, を置かず, を解く, ヲ决定討究スルハ我邦人類學上重要

▼ 此だけは~ (14, 0.1%)

2 言つても

1 [12件] どなたの, 三國志の疏奪を, 他事では, 佐治君に, 何と, 尚ある, 工夫した, 新しい実感, 是非し, 枝が, 申し添, 私に

▼ 此とても~ (14, 0.1%)

3 ありさうな

1 [11件] ありそう, お行者, どの時代, 元は, 古い程, 古い語形, 天竺の, 女形の, 慷慨の, 枕詞の, 漢土伝来の

▼ 此文章~ (14, 0.1%)

2 の終り

1 [12件] が伊波さん, と殆ど同時に, なら, のまとまり, の綴め, の解釈, はブルーメンバッハ以後, は一見, は有頂天, を書いた, を結びたい, を見る

▼ 此病院~ (14, 0.1%)

2 で評判, で過した, へ行く, を訪れぬ 1 から解放, で働い, にも由, に這入つた, の事, の門

▼ 此祭り~ (14, 0.1%)

1 [14件] につき, には神主, に与, に於ける, に舞場, の中心, の事, の唱言, の意味, の目的, は少年, を始める, を雪祭り, 自體

▼ 此とて~ (13, 0.0%)

2 何処にも, 何處にも 1 元々別々, 実情でなく, 幾度か, 必しも, 所謂秀手の, 日本民族の, 曙覧の, 猫, 由来は

▼ 此不思議~ (13, 0.0%)

1 [13件] なる出來事, なる出来事, なる幸運, なる洞中造船所, なる海底戰鬪艇, なる縁, なる鐵檻, な襲撃者, な話, な阿弥号, な電報紙, に無作法, を解く

▼ 此事実~ (13, 0.0%)

1 [13件] からも考へられる, から出, から我国, から推し, が出版, が訣, と似, と衝突, に対して若しも, の上, を一人, を見出し得る, を証明

▼ 此光景~ (13, 0.0%)

2 は蓋し, を目撃, を見 1 に深く, に見とれ, は長い, を希望, を斜め, を眺め居, を見下す

▼ 此女性~ (13, 0.0%)

2 が信一郎, が死んだ, の本体, の美し, の美しい 1 の神名, よりも本, を北九州

▼ 此説明~ (13, 0.0%)

1 [13件] とかの北欧説話, と一致, には判事, の歴史上, は功, は勿論, は単純, は明, は甚だ, は神婚説明, は若水, も亦, を適用

▼ 此部分~ (13, 0.0%)

2 である

1 [11件] が好い, が段々, が益, だけ唱, だけ独立, で今, にあるなら, は尠, は抒情的, は殆ど, は角太夫

▼ 此ほど~ (12, 0.0%)

3 不思議が 1 あの人, はっきりと, はつきりと, 不思議がった, 危険な, 底からの, 彼に, 爽やかな, 白氏文集を

▼ 此までの~ (12, 0.0%)

2 学者の 1 ゆきが, 学者が, 心竭し, 本の, 歌論家, 歴史観の, 研究は, 神との, 考へは, 説を

▼ 此下宿~ (12, 0.0%)

2 の私, の食事, へ初めて 1 に客, の主婦, の食卓, は体裁, へ来た, を辞さう

▼ 此日記~ (12, 0.0%)

2 を再び 1 が殘つた, にいつか, に谷村氏, は柏軒, をのこした, を仕舞わない, を取り出し, を私, を讀ん, を附けず

▼ 此盛岡~ (12, 0.0%)

2 には常に, に縁付いた 1 と十数哩, と十數哩, には帰つて, には歸つて來, に來, に来た, は実に, は實

▼ 此程度~ (12, 0.0%)

1 [12件] で訓め, に於, に止める, の寫眞, の懷疑説, の推定, の歌, の物價, の狂人, の衰弱, の言葉, の駁撃

▼ 此種類~ (12, 0.0%)

1 [12件] に属すべきである, に屬, の事件, の人, の女, の惡巧, の抒情法, の最も, の木, の歌, の神代文字, は収穫

▼ 此系統~ (12, 0.0%)

1 [12件] から行く, が千秋万歳, である, に入るべき, に属する, のもの, の方言, の話, の語部, はます, は皆水, は私達

▼ 此論文~ (12, 0.0%)

2 の主題 1 が卑彌呼, では主要, には可, により, により最も, に於, に表, の標題, は丁抹語, を朝日新聞

▼ 此~ (11, 0.0%)

3 方へ 1 ちの方が, ちの時間へ, ちの部屋は, 方から, 方まで, 方を, 方山との, 方漕ぎ廻っ

▼ 此~ (11, 0.0%)

2 がめは 1 がめが, がめの, がれの, づの, のです, ものは, んだ, ん縱に, 家は

▼ 此なども~ (11, 0.0%)

1 [11件] おなじ種類, どちらかと, どちらが, 一回きりの, 以上述べた, 其一つである, 甚困つた, 耽美派の, 自分から, 説明句を, 道芝仇花の

▼ 此ほか~ (11, 0.0%)

2 に行く, ひ 1 なし, にも, に横山, の解釈, ひの, ひ歌, 生きる道

▼ 此一句~ (11, 0.0%)

2 に外 1 あるため一首, がある, が非常, で例証, に及ばない, に私, は事実感想, を俊和尚, 之前後

▼ 此一文~ (11, 0.0%)

2 を草する 1 は死後九天, は遺言, を書い, を書かず, を書きました, を書きます, を読む, を読ん, を讀む

▼ 此一言~ (11, 0.0%)

1 [11件] ですつかり平次, ですつかり萎氣, で忽ち, にたらされ, に現, に老女, は薪, も亦, を聞い, を聞く, 実に藻西太郎

▼ 此三人~ (11, 0.0%)

2 の人 1 が年, が集まる, でそれ, の下, の女, の正体, は半年, は平生忠之, を除き

▼ 此主義~ (11, 0.0%)

1 [11件] が如何, では神, で押し通す, に依つ, に動かされ, の存在, の實行手段, の成長, の新聞, を出来る, を捉

▼ 此刹那~ (11, 0.0%)

1 [11件] にすっかり, に僕, に對, に己, に於い, に理窟, に飛びゆく, の巫覡, の經驗, の餘光, 既に身

▼ 此推測~ (11, 0.0%)

3 にし 1 が當つて, が誤でない, には大過, の妥當, の当れ, は吾, は當つた, を以て甚だしく

▼ 此文字~ (11, 0.0%)

2 は上記 1 が何より, だけは確か, でなかつたかと, によつて, の今日, はな何文, は後世, は誰, を説い

▼ 此美しい~ (11, 0.0%)

2 夢の 1 名前は, 娘の, 寢顏の, 弱点を, 空に, 都会が, 都會が, 野をも, 鎌い

▼ 此若い~ (11, 0.0%)

2 女達は 1 二人の, 人々も, 未亡人と, 独身の, 男御子が, 詩人は, 貴人の, 露西亜婦人は, 露西亞婦人は

▼ 此返事~ (11, 0.0%)

1 [11件] が最も, でも明かで, に余, の冷淡, はどう, を得, を得る, を目科, を聞い, を聞き, を聞く

▼ 此こと~ (10, 0.0%)

2 でせう 1 お小高坂辺ニ, だけは自分, は政策以上, は餘程, も近頃, わまた, を話す, 知られなば

▼ 此という~ (10, 0.0%)

2 女も, 奴は 1 のは, 入墨者は, 女が, 女であった, 女について, 女を

▼ 此~ (10, 0.0%)

1 おくれ, 來て, 來てから, 來る, 入れられましたの, 呼んで, 持込んだので, 灯が, 燈を, 腰を

▼ 此ほどの~ (10, 0.0%)

5 森に 2 朝まだき四十に 1 事か, 好意に, 家数に

▼ 此二首~ (10, 0.0%)

1 ながら曙覧, なども元, にも十分, の中, の東歌, はよく, は曙覧, も濫, を以て飛鳥朝, を比べる

▼ 此人形~ (10, 0.0%)

2 とは神 1 がお, が時として, が澤山竝, とお, と一つ, に不思議, の事, や風琴

▼ 此傾向~ (10, 0.0%)

1 ありしなり, から発達, がひどく, が極端, と並行, のある, の代表者, はロシア, は慥, は益々

▼ 此孤島~ (10, 0.0%)

1 には不相, に在る, に朽果つる, に朽果てる, に朽果てん, に距つて, は還つた, まで押寄せ, も今, を去

▼ 此尾根~ (10, 0.0%)

1 から初めて, だ, に迷い込んだ, の上, の後, の最低所, は石塔尾根, は純, を和名倉山, を登っ

▼ 此思想~ (10, 0.0%)

2 より出 1 が出, が這入込み, はその, は初め, もまた, も彼, を生んだ, を産む

▼ 此日本~ (10, 0.0%)

3 の国 2 の國 1 が世界中一番, と云う, の国土, の神, を今日

▼ 此状態~ (10, 0.0%)

1 が此様, になつて, に進ん, は不思議, は何時襲來, は何時間, は半ば事件其物, は続い, は續, を変え得る

▼ 此祝詞~ (10, 0.0%)

1 がくだる, といふ語, に対するもの, の不完全, の数, は今, は奈良朝製作, は第, を唱, を長く

▼ 此調子~ (10, 0.0%)

1 が甚だ, ではやがて, では大して, では芦名兵三郎, で大事, で段々, で甞め, と善く, にて御す, の八五郎

▼ 此お方~ (9, 0.0%)

2 かと申し, は御 1 かと申し伝えられる, かと申し伝へられる, が乘合自動車, に, を見た

▼ 此一節~ (9, 0.0%)

2 も亦 1 と海宮行, は其性質上, は単に, は女大学記者, を聞き, を読ん, を讀ん

▼ 此土地~ (9, 0.0%)

1 と云, を御, を治め, を立ち退い, を第, を茲, を買つて, を離れよう, を離れる

▼ 此堤防~ (9, 0.0%)

1 が出, が安全, に生, の切れた, は何處迄, も普通, を丈夫, を水, を防げる

▼ 此小さな~ (9, 0.0%)

2 島の 1 お嬢さんは, モウコから, 入江を, 女は, 島から, 男, 論文を以て

▼ 此少女~ (9, 0.0%)

2 の前, の美し 1 が月, の清き, の神聖感, ばかりといふ風, を思ひ出す

▼ 此新しい~ (9, 0.0%)

1 事實は, 傾向と, 待遇に, 感じを, 拍子に, 經驗に, 經驗の, 覚悟を, 言葉を

▼ 此~ (8, 0.0%)

3 やと大事さうに 1 や, やあ, やと, やない, や何うに

▼ 此でも~ (8, 0.0%)

2 持つて 1 こ, ミハイルアウエリヤヌヰチは, 主語的論理の, 教育者の, 自分は, 遣って

▼ 此によ~ (8, 0.0%)

2 つても 1 つて, つてすでる, つて全, つて新な, つて見れ, つて逆算する

▼ 此のくらい~ (8, 0.0%)

2 結構な 1 好都合の, 安心な, 景色の, 耳寄りな, 馬鹿, 高雅な

▼ 此両個~ (8, 0.0%)

3 の説話 1 の信仰, の民族, の神婚説話, の神話発生, は决

▼ 此以上~ (8, 0.0%)

1 に活きた, に発達, に穿ぐる事, の人, の考證, の説明, の近所迷惑, を神

▼ 此優越感~ (8, 0.0%)

2 を超越 1 に固執, に耽溺, の上, を刺戟, を強, を持つ

▼ 此古い~ (8, 0.0%)

2 社殿の 1 信仰が, 単純な, 形に対して, 形は, 物寂びた, 祭りには

▼ 此四つ~ (8, 0.0%)

2 に過ぎぬであらう 1 の形, の用語例, の言葉, の跡, は古史神話中, を経

▼ 此国土~ (8, 0.0%)

3 の上 1 にも伝, に住, に於ける, へ湧き流れ, を造り

▼ 此心持~ (8, 0.0%)

1 は僕, は勿論, は同じ, は愈, は折, を消そう, を特別, を表象

▼ 此感じ~ (8, 0.0%)

2 を表 1 なしに, のこと, の幾度, は一種不思議, をもう少し, を打消し

▼ 此態度~ (8, 0.0%)

1 から生れた, が一般的, の延長, は短歌集, は途中, を崩さず, を表白, を見る

▼ 此新聞~ (8, 0.0%)

2 が縁, は昔貧小 1 は企業家, は其儘休刊, へは私, を目

▼ 此時期~ (8, 0.0%)

1 が冬, が後, に人麻呂, に吾, に居る, に於ける, に渡つて行, に神

▼ 此暗い~ (8, 0.0%)

3 影の 1 世の中を, 佗しい, 家庭から, 深淵が, 溪底に

▼ 此理想~ (8, 0.0%)

1 なるもの, に外, を代表, を唱道せり, を実行, を實現, を懷抱, を抛擲

▼ 此研究所~ (8, 0.0%)

1 から發, で研究, に居つた, に最初, の完成, の歴史, の空氣, も次第に

▼ 此記憶~ (8, 0.0%)

2 は自ら範囲, は自ら範圍 1 がさうな, が底, が長く, の鮮

▼ 此風習~ (8, 0.0%)

1 あるが, が残つて, が行, の起り, の起原, は山伏, は必, は春

▼ 此ごろ~ (7, 0.0%)

2 この小, この小社會 1 では, の失策, 名高き誰

▼ 此までは~ (7, 0.0%)

1 いつも見えない, まだ象徴, 下女が, 別の, 助力を, 常世の, 私も

▼ 此まま~ (7, 0.0%)

1 ではつづけられない, では大井久我, で許す, に朽ち果てん, に行く, 帰ろうかと, 許して

▼ 此もの~ (7, 0.0%)

4 まねで 1 いみが, との間, よしが

▼ 此一つ~ (7, 0.0%)

5 の話題 1 なら丹生系, の原因

▼ 此一条~ (7, 0.0%)

1 なく後, の水路, は之, は恐らく, は戯場, を有すれ, を説明

▼ 此不幸~ (7, 0.0%)

1 なる埃及, なる女子, なる青年紳士, な一ヶ月あまり, の全, の原因, は意外

▼ 此二三日~ (7, 0.0%)

1 にのつ, の寒気, の暑, の暖か, は余, は又, を何度

▼ 此人民~ (7, 0.0%)

1 と他, の家, の行衛, の遺物, は何者, は石, もアイヌ

▼ 此少年~ (7, 0.0%)

2 は其の 1 が再び, に興味, の目, は今度, を撫恤つて

▼ 此忙しい~ (7, 0.0%)

5 時に 1 のにあんまり, のに何

▼ 此手段~ (7, 0.0%)

1 とて絶對的, に利用, の他, の實行上, は容易く, を用, を行はん

▼ 此旅行~ (7, 0.0%)

1 にはなん, の主, の主眼, の記念品, は, は公私略, も恙

▼ 此様子~ (7, 0.0%)

3 を見 1 では渦巻, は内地, は雪江自身, を聞い

▼ 此物忌み~ (7, 0.0%)

1 に堪へなかつた, のひも, の後, の期間, の衣, の褌, をせね

▼ 此研究~ (7, 0.0%)

1 と云, に力, に相, の便宜上, や自覚, を中止, を継ぎ

▼ 此結果~ (7, 0.0%)

1 から未, が負けた, だ, に対して明, の一部分, を東京, 次第に広大

▼ 此習慣~ (7, 0.0%)

1 からである, から実生活, がついてる, が出来た, の儘, を禁じなけれ, を許し

▼ 此老女~ (7, 0.0%)

3 の顔 2 の顏 1 のやう, は語部

▼ 此見方~ (7, 0.0%)

1 は廢案, は頗る, よりし, を一歩, を勸め, を會得, を爲

▼ 此観念~ (7, 0.0%)

1 が変つて, が強く, この畏怖, に離れざるなり, のため, は今日, を裏切る

▼ 此釧路~ (7, 0.0%)

2 を何日 1 に來, に来た, の海, の発達, の發達

▼ 此~ (6, 0.0%)

2 彼かと 1 これは, しりの, ずならぬ我, ひは

▼ 此からの~ (6, 0.0%)

2 仕事の 1 自分が, 舞台では, 話とも, 長夜を

▼ 此~ (6, 0.0%)

3 ぢを 1 ぢと, ぢゆん, ばり越

▼ 此との~ (6, 0.0%)

1 上に, 二の, 弟子である, 永遠の, 調の, 間に

▼ 此とは~ (6, 0.0%)

1 何の, 全く正反対, 別である, 正反対でございます, 畢竟一つ, 相觸れつ

▼ 此とを~ (6, 0.0%)

1 一列に, 全然ひとまとめ, 分てるは, 別た, 或仮説, 較ぶる

▼ 此ぶれ~ (6, 0.0%)

1 ばいかなる, ばこれ, ばそ, ば寛, ば物, ば言

▼ 此~ (6, 0.0%)

1 あれが, くまのは, たまの, づのをひもを解く, づは, づをあびたものゝ顔から

▼ 此やう~ (6, 0.0%)

3 に幾百年 1 な事, な事態, の話

▼ 此をも~ (6, 0.0%)

1 たまと, びじゅると言う, 亦辭, 共に失, 山の, 蔽ひ

▼ 此一件~ (6, 0.0%)

1 から急, であげられました, の記事, の詳, は瑞仙, を他人

▼ 此一段~ (6, 0.0%)

2 の神話 1 に至, の文字, を解釈, ノ大

▼ 此一点~ (6, 0.0%)

1 が藻西, だ, に存す, の不足, の醜悪, の霊火

▼ 此一瞬~ (6, 0.0%)

2 からである, に目前, は自分

▼ 此一行~ (6, 0.0%)

1 がセルギウス等, が此後, に缺, の文字, は夜中, を此家

▼ 此事業~ (6, 0.0%)

1 いかなる運, になげうっ, により, に捧げ, に擲つ, の單調

▼ 此二個~ (6, 0.0%)

2 の挿話 1 の例証, の疑団闘い, の缺點, の説話

▼ 此二山~ (6, 0.0%)

3 の間 1 の中間, は相, を中心

▼ 此二百文~ (6, 0.0%)

2 はわたくし, を島, を戴きました

▼ 此写真~ (6, 0.0%)

1 に気がついた, は紫外光線, を持ち歩い, を見, を見る, を見ろ

▼ 此夫婦~ (6, 0.0%)

2 の間 1 が自然, の現在, の関係, は来年此処

▼ 此子供~ (6, 0.0%)

1 でございます何ん, に対して満足, のため, の為, はまるで, は花屋

▼ 此寂し~ (6, 0.0%)

2 さは, さを 1 さと, さの

▼ 此寄席~ (6, 0.0%)

1 にある, にゆく, に這入らう, の隣り, は昼場, をはぶく

▼ 此小屋~ (6, 0.0%)

1 では毎日道具, で道庁, に入られ, に達せられる, の蔭, の行末

▼ 此小説~ (6, 0.0%)

1 にはそれ, の悪評, の書き方, の首, ははじまつ, は渠

▼ 此方向~ (6, 0.0%)

2 に向き 1 に一致, の相, の黒い, へ進もう

▼ 此期間~ (6, 0.0%)

1 が余り, が漢風習合以前, に只, の人々, の終り頃, は男女共

▼ 此消息~ (6, 0.0%)

2 を話し 1 は人目, は日, を示し, を解し

▼ 此現象~ (6, 0.0%)

1 の善, の示す, をも観察, を未だかつて, を觀察, を起す

▼ 此解釈~ (6, 0.0%)

1 に基く, に従え, の出発点, の正当, は之, も区々

▼ 此あて人~ (5, 0.0%)

5 は庭

▼ 此うち~ (5, 0.0%)

2 にとほ 1 にこめ, に入れね, の娘

▼ 此くし~ (5, 0.0%)

1 てこそ自然, て以後三月, て幾分間, て彌, て彼

▼ 此~ (5, 0.0%)

1 うだこ, なぶり, へも時代, をとめ, 飛んで

▼ 此~ (5, 0.0%)

1 ごとを, ていへる, よろし, 神を, 科學並びに

▼ 此~ (5, 0.0%)

1 かぎの, かと云, ぐひの人なる, ぐひの店こ, な作り

▼ 此だけで~ (5, 0.0%)

1 あつた, あらう, 澤山な, 見ると, 説き尽されたもの

▼ 此だけを~ (5, 0.0%)

2 心遣りに 1 分離し, 殺すと, 総括し

▼ 此っち~ (5, 0.0%)

1 は大, は弱った, へ来, へ馳, を休むなら

▼ 此とり沙汰~ (5, 0.0%)

4 を迎 1 を迎えた

▼ 此のみ~ (5, 0.0%)

1 うちに, である, で干渉, ならずその, 堂に

▼ 此~ (5, 0.0%)

5 ると

▼ 此ほどに~ (5, 0.0%)

5 頭の

▼ 此れだ~ (5, 0.0%)

1 からうめ, からわし云, つけかな, な白樺, んべ

▼ 此コロップ~ (5, 0.0%)

1 だろうコロップ, は大変, は曲者, を外した, を突

▼ 此一挙~ (5, 0.0%)

1 があつ, が平氏政府, は入道相国, は遂に, を敢

▼ 此一本~ (5, 0.0%)

1 が逆, に残し留めたらしい, の支柱, は入, を鉄瓶

▼ 此一筋~ (5, 0.0%)

2 につながる 1 をたどりつ, をたどる, を持たない

▼ 此了解~ (5, 0.0%)

5 に富んだ

▼ 此事態~ (5, 0.0%)

2 を歎 1 に最も, は寧ろ, を此論文

▼ 此二部~ (5, 0.0%)

5 を自分

▼ 此作品~ (5, 0.0%)

1 により, に捧げた, は今日, は全然, は著者

▼ 此偉大~ (5, 0.0%)

1 なる大, なる神格, な偽善家, な力, な現象

▼ 此元興寺~ (5, 0.0%)

5 の縁起文

▼ 此出来事~ (5, 0.0%)

1 に逢, のあつ, はその, は程なく, を青天の霹靂

▼ 此別荘~ (5, 0.0%)

1 に来, の主人, を, を借りてる, を立ち去らう

▼ 此印象~ (5, 0.0%)

1 が去り, が実感, が殆全国, を残した, を銘じ

▼ 此問答~ (5, 0.0%)

1 には無, のうち, の中, や道行きぶり, を聞い

▼ 此四人~ (5, 0.0%)

1 の中能, は余, は或は, は皆十二代清常, を得

▼ 此女房~ (5, 0.0%)

1 が先達, が眼, の美しい, の腕, も三位

▼ 此家庭~ (5, 0.0%)

1 に對, に居よう, に於, の水面, の雰圍氣

▼ 此小さい~ (5, 0.0%)

2 魚を 1 男は, 經驗の, 街

▼ 此平野~ (5, 0.0%)

1 に土着, の南部, より出, を月, を神

▼ 此意識~ (5, 0.0%)

1 がよい, が虚僞, と條理, に面し, を恥

▼ 此感情~ (5, 0.0%)

1 が自信, の病的, は人間, をイーバーヰンデン, を征服

▼ 此時間~ (5, 0.0%)

1 が一番, に散歩, の記憶, の調節者, を常に

▼ 此校長~ (5, 0.0%)

2 の一家四人 1 の下, の顏, の顔

▼ 此椅子~ (5, 0.0%)

1 につけ, に呆, は同じ, も暖炉, も煖爐

▼ 此温泉~ (5, 0.0%)

1 が果して, に來, に浴, はほん, へ旅行

▼ 此爽やか~ (5, 0.0%)

5 な育て

▼ 此短い~ (5, 0.0%)

2 論文は 1 句を, 期待の, 詞が

▼ 此祈り~ (5, 0.0%)

1 が一生聽, が聽, に沈ん, に活きる, は何時聽

▼ 此秘密~ (5, 0.0%)

1 の大体, は實, は私, は群集心理, をば無用

▼ 此範囲~ (5, 0.0%)

1 に入, に入る, に向けたるある, に於, の中

▼ 此精神~ (5, 0.0%)

1 が茶の湯, の喜び, は歴代, を以て兒童, を具體

▼ 此約束~ (5, 0.0%)

1 が守られ, が忘れられ, は破るまい, を果さなかった, を違

▼ 此考察~ (5, 0.0%)

1 と雖, にし, の結果, より發生, を行つて

▼ 此職員室~ (5, 0.0%)

2 の女教師 1 に立ち, に立ち現れた, の異分子

▼ 此被告~ (5, 0.0%)

2 の審理 1 については語るべき, の窃取, は頓興

▼ 此要求~ (5, 0.0%)

1 が個人, に対, に応ぜざりき, はある, を充さ

▼ 此見習士官~ (5, 0.0%)

1 が死, に彼此云つて, よりは自分, をば余り, を狂人

▼ 此運命~ (5, 0.0%)

1 から僕, の使, の断片, を甘受, を諦め

▼ 此道理~ (5, 0.0%)

1 が此, で悪, をも考え, を知らず, を辨

▼ 此郎女~ (5, 0.0%)

5 も大津

▼ 此類似~ (5, 0.0%)

1 は恐らく, も亦, を偶然, を認めたる, を説明

▼ 此黒い~ (5, 0.0%)

1 ものは, 一点は, 影の, 湿んだ様, 猫は

▼ 此~ (4, 0.0%)

1 ひだ上野精養軒で, われに, ツたかい, 相当ひどい

▼ 此お婆さん~ (4, 0.0%)

1 とは比べ物, にいくつ, のやう, を一日何處

▼ 此かみ~ (4, 0.0%)

2 もかかさん, をすく

▼ 此からは~ (4, 0.0%)

1 一筋道で, 其内容を, 村の, 武術許りで

▼ 此からも~ (4, 0.0%)

1 入用だ, 愛します, 此からも, 毎夜

▼ 此ごろ新~ (4, 0.0%)

4 にした

▼ 此すく~ (4, 0.0%)

1 なひこなが, なひこなの, なひこなは, なひこなを

▼ 此たび~ (4, 0.0%)

1 のこと, はじめて出, はじめて出来たる, は人

▼ 此である~ (4, 0.0%)

1 かと当時私, が, ことを, と云った

▼ 此なる~ (4, 0.0%)

1 の用語例, の適切な, 井戸を, 剣と

▼ 此については~ (4, 0.0%)

2 既に書いた 1 別に, 頗る繁雑

▼ 此まれびと~ (4, 0.0%)

1 の咒詞, の属性, の来, の為

▼ 此りや~ (4, 0.0%)

1 おつうげ, どうする, よかつ, 大層大事

▼ 此れなら~ (4, 0.0%)

1 ば何, ば大丈夫, 不在証明を, 局待の

▼ 此んで~ (4, 0.0%)

1 三百挺一遍に, 俺ら力は, 心持ぢや, 怪我なんぞ

▼ 此~ (4, 0.0%)

1 再ビ好機来復, 取ラザルハ一トシテ, 同キモノナリ, 漸ク一挙両得

▼ 此ノート~ (4, 0.0%)

4 を読ん

▼ 此~ (4, 0.0%)

1 ヲ以テ國際語トセント決議セシ, ヲ取, ヲ屬國トセンガ爲ニ起リタル日清戰爭, ヲ負

▼ 此一致~ (4, 0.0%)

1 があつ, がなかつたなら, の爲, を来し

▼ 此一語~ (4, 0.0%)

2 によつて急 1 に帰着, に私

▼ 此三年~ (4, 0.0%)

2 を過した 1 の春秋, の月日

▼ 此事務所~ (4, 0.0%)

1 に詰める, の警備, をやめさせ, を空っぽ

▼ 此二三年~ (4, 0.0%)

1 といふもの, の間, は目, は頓斗姿

▼ 此二点~ (4, 0.0%)

1 あり, だけに就, は白鳥処女説話, は羽衣説話

▼ 此仄か~ (4, 0.0%)

4 な記憶

▼ 此信念~ (4, 0.0%)

1 が心, が必要, と云, の幸福

▼ 此先生~ (4, 0.0%)

1 が毎日召上, と来た, は中學出, は男女

▼ 此八戸~ (4, 0.0%)

2 を去る 1 に來, に来

▼ 此分子~ (4, 0.0%)

1 を客観的根柢, を有す, を示す, 頗る多し

▼ 此前後~ (4, 0.0%)

1 には大祭, に在り, に行, に雁魚

▼ 此匂やか~ (4, 0.0%)

4 な貌花

▼ 此半年~ (4, 0.0%)

2 ばかりは可 1 ばかりの間, ばかり生活

▼ 此商売~ (4, 0.0%)

1 が自分, ですもの, は長く, を止し

▼ 此地震~ (4, 0.0%)

1 には又, に死した, の初期微動繼續時間, の場合

▼ 此変化~ (4, 0.0%)

1 が代, に伴つて, に心から, の現象

▼ 此夜更け~ (4, 0.0%)

1 に, に往来, に盲滅法, に行く

▼ 此天皇~ (4, 0.0%)

1 の時, の関聯, の頃, はお

▼ 此家族~ (4, 0.0%)

2 が越し 1 の一日, は怒る

▼ 此寒い~ (4, 0.0%)

1 のにビール, のにベラ, のに可愛い, 風が

▼ 此寒空~ (4, 0.0%)

1 に外, に小さな, に河, に配る

▼ 此峡谷~ (4, 0.0%)

1 に入り込む, に足, の支流, の針葉樹帯

▼ 此弦月丸~ (4, 0.0%)

1 といふの, にも屡, に禍, の航海

▼ 此心配~ (4, 0.0%)

1 の無い, は無用, を抱く, を與

▼ 此急激~ (4, 0.0%)

1 なる政変, なる政變, な移動, な霊

▼ 此悲しき~ (4, 0.0%)

1 お利代, 中にも, 女の, 思出を

▼ 此戦争~ (4, 0.0%)

1 から人間, に或, の引合, の当然

▼ 此批評~ (4, 0.0%)

1 の序論, はやや, を承服, を讀んだ

▼ 此推定~ (4, 0.0%)

2 にし 1 に甘んぜず, は誤らなかつた

▼ 此方針~ (4, 0.0%)

1 につれられ, に対して自由党総務委員, に對, を實行

▼ 此時刻~ (4, 0.0%)

1 である, になっ, には秀吉, は航海中

▼ 此書き物~ (4, 0.0%)

4 の脇役

▼ 此服装~ (4, 0.0%)

1 でなければ, で最も, は笑, を見よ

▼ 此正月~ (4, 0.0%)

1 に大逆罪, に蘭軒, の作, まで草葺

▼ 此決議~ (4, 0.0%)

2 を眇視 1 に対しては自由党員, に對

▼ 此渡海~ (4, 0.0%)

4 の道

▼ 此滑稽~ (4, 0.0%)

1 な程, な顏, な顔, のアクサン

▼ 此為事~ (4, 0.0%)

1 が人間, に与る, は所詮, をどう

▼ 此特質~ (4, 0.0%)

2 あるが, あるに

▼ 此猛烈~ (4, 0.0%)

1 なる動力, なる戰艇, なる気候, な性慾

▼ 此相談~ (4, 0.0%)

1 が濟ん, に乘つて, は聴き入れ, を持つ

▼ 此空想~ (4, 0.0%)

1 がひどく, だけは残つて, は日まし, は長い

▼ 此自然~ (4, 0.0%)

1 の囁き動き, の奇觀, の活劇, を人々

▼ 此芝居~ (4, 0.0%)

1 である, では反対, に出, の絶頂

▼ 此苦しみ~ (4, 0.0%)

1 によつて, の来る, を日記, を頒

▼ 此行列~ (4, 0.0%)

2 の印象 1 について歩い, に逢つた市人等

▼ 此計画~ (4, 0.0%)

1 の断行, を企てた, を推し進め, を迎

▼ 此証拠~ (4, 0.0%)

1 に見, は争われず, は是, ばかりは自分

▼ 此講座~ (4, 0.0%)

1 では自分, では醫學部, にはやはり, に附屬

▼ 此質問~ (4, 0.0%)

1 は, は地方, は栃木縣下足尾銅山, を本員

▼ 此趣向~ (4, 0.0%)

1 うまくゆけ, と此調子, に必要, の如く

▼ 此近く~ (4, 0.0%)

1 なら神田, に有名, に渡し, の有名

▼ 此返答~ (4, 0.0%)

1 には源太, の出来よう筈, は差, は為

▼ 此遊戯~ (4, 0.0%)

1 の中心, はバックス崇拜, は満点的, をバランソアール

▼ 此革命~ (4, 0.0%)

1 が如何なる, なり, なり長く, を期待

▼ 此~ (3, 0.0%)

1 ざいほふは内地の, はひ, はひご

▼ 此うい~ (3, 0.0%)

1 う学者, う種類, ふところの

▼ 此うも~ (3, 0.0%)

1 トン, 笑ふも, 苦しい目

▼ 此こそ~ (3, 0.0%)

1 今度の, 今挙げた, 彫刻だ

▼ 此たま~ (3, 0.0%)

1 が石, とたま, は石

▼ 此だけが~ (3, 0.0%)

1 他の, 備つて居れ, 海の

▼ 此とに~ (3, 0.0%)

1 戯れ以, 照らしめよ, 落ちしめよ

▼ 此なら~ (3, 0.0%)

1 ば, ばと云, ば可

▼ 此にて~ (3, 0.0%)

2 侯は 1 また別

▼ 此による~ (3, 0.0%)

2 外は 1 のだ

▼ 此に対する~ (3, 0.0%)

1 女性は, 強い反感, 神が

▼ 此ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 だと

▼ 此ばかりは~ (3, 0.0%)

1 仕やう, 困る, 金色に

▼ 此ほどは~ (3, 0.0%)

3 つきり

▼ 此みこ~ (3, 0.0%)

2 ともち 1 とが単に

▼ 此~ (3, 0.0%)

1 ふな, ふなもの, ふ長く

▼ 此よし~ (3, 0.0%)

1 も御, を告げしめ, 云へば

▼ 此よりも~ (3, 0.0%)

1 前の, 古い民間, 多くの

▼ 此アヲギリ~ (3, 0.0%)

1 が日本, の梧桐, は我邦固有

▼ 此コツプ~ (3, 0.0%)

1 は一個二十錢, は他人, を見せ

▼ 此デイレンマ~ (3, 0.0%)

1 に對, に突當つて, に陷つた藝術家

▼ 此ボーイ~ (3, 0.0%)

1 にニューム, に取らせる, は次

▼ 此~ (3, 0.0%)

1 以テ最第, 以テ朝廷ニ奉, 防グベク

▼ 此一例~ (3, 0.0%)

1 であらう, をとつて, を除く

▼ 此一年~ (3, 0.0%)

2 の間 1 程前

▼ 此一座~ (3, 0.0%)

1 の思ひ, を背負つて, を見る

▼ 此一方~ (3, 0.0%)

2 に於 1 は欠け

▼ 此一日~ (3, 0.0%)

1 が挟まれた, に於, はよほど

▼ 此一時~ (3, 0.0%)

1 に一年, に發, の名

▼ 此一枚~ (3, 0.0%)

1 の仕切, の切符, の紙

▼ 此一條~ (3, 0.0%)

1 に付き, のみを以てし, の光明

▼ 此一章~ (3, 0.0%)

1 の文意, は下女, は専ら

▼ 此一身~ (3, 0.0%)

1 に取, をつながる, を全う

▼ 此一通~ (3, 0.0%)

1 の段落, は伊沢信平さん, を釧路支庁長

▼ 此三山~ (3, 0.0%)

1 の姿, は体, は遠望

▼ 此三日~ (3, 0.0%)

3 の間

▼ 此三日間~ (3, 0.0%)

1 の記事, は空白, を如何

▼ 此三種~ (3, 0.0%)

1 が大伴氏没落, の異なりたる, の融合

▼ 此不安~ (3, 0.0%)

2 から脱 1 は俺

▼ 此不景気~ (3, 0.0%)

1 だそれ, にはやつ, の継続

▼ 此主張~ (3, 0.0%)

1 の根據, はもとより, は要するに

▼ 此~ (3, 0.0%)

2 大政治家 1 大峡谷

▼ 此二句~ (3, 0.0%)

1 はただ, は書估活東子, を録する

▼ 此二字~ (3, 0.0%)

1 が見え, を恐る, 又不明

▼ 此二時間~ (3, 0.0%)

2 は自分 1 をぐつと寐

▼ 此二篇~ (3, 0.0%)

1 とも旅行, の存在, は趣旨

▼ 此人間~ (3, 0.0%)

1 の威, の血肉, は是

▼ 此任務~ (3, 0.0%)

1 に当っ, は單, を擔當

▼ 此会見~ (3, 0.0%)

1 が春水蘭軒, の状況, は殆ど睨合

▼ 此会話~ (3, 0.0%)

1 の深い, は彼, は意味

▼ 此停車場~ (3, 0.0%)

2 に一息 1 には馬車

▼ 此優しい~ (3, 0.0%)

1 呟きを, 少女, 靜かな

▼ 此入江~ (3, 0.0%)

1 から本, を抱, を横ぎる舟

▼ 此共通傾向~ (3, 0.0%)

1 に矛盾, をば他, を取

▼ 此判決~ (3, 0.0%)

1 に對, の儘, は宣告

▼ 此前提~ (3, 0.0%)

1 から此結論, より由緒書, を取る

▼ 此創造~ (3, 0.0%)

1 によつて, によりて事物, は職業

▼ 此十日~ (3, 0.0%)

1 の夕刻, の間, 助太夫方

▼ 此印度洋~ (3, 0.0%)

1 では是等, の波上, を進航

▼ 此危険~ (3, 0.0%)

1 なる道, に際し, を御身

▼ 此厚意~ (3, 0.0%)

1 だけで沢山, だけで澤山, に酬いん

▼ 此原則~ (3, 0.0%)

1 の外, を立ておき, を適用

▼ 此原因~ (3, 0.0%)

1 あるに, に迫つて, を説いたなら

▼ 此原稿~ (3, 0.0%)

1 と氏, は魯庵君, を書い

▼ 此反対~ (3, 0.0%)

1 な二人, にさ, に今

▼ 此可憐~ (3, 0.0%)

2 の娘さん 1 なる少年

▼ 此名称~ (3, 0.0%)

1 に賛成, の分岐点, を掲げた

▼ 此困難~ (3, 0.0%)

1 なる又, な為事, また忍ばざる

▼ 此地球~ (3, 0.0%)

1 が他, が何, の上

▼ 此報告~ (3, 0.0%)

1 をした, を作りし, を評し

▼ 此夕暮~ (3, 0.0%)

2 いかにも急速 1 に鶯

▼ 此大事~ (3, 0.0%)

1 なもの, な生命, を断行

▼ 此奇怪~ (3, 0.0%)

2 なる二人 1 な言語

▼ 此奇抜~ (3, 0.0%)

1 な放尿, な画風, な縁結び

▼ 此女子~ (3, 0.0%)

1 の運命, は四月四日, は曩

▼ 此奴等~ (3, 0.0%)

1 がいない, が企らん, も大きく

▼ 此好奇心~ (3, 0.0%)

1 に刺戟, に苦しめられ, を確

▼ 此始末~ (3, 0.0%)

1 で, はひどから, を注進

▼ 此婚姻~ (3, 0.0%)

1 は何時, は成立, は油小路

▼ 此季節~ (3, 0.0%)

1 には行乞, にやはり, に旅行

▼ 此宇宙~ (3, 0.0%)

2 本體 1 に寄

▼ 此宗旨~ (3, 0.0%)

1 が純化, の奧州, は遊行宗と稱

▼ 此寂寞~ (3, 0.0%)

1 たる冬籠, の情, の故

▼ 此~ (3, 0.0%)

1 さに, さにも, さを

▼ 此対立~ (3, 0.0%)

1 の考へ, はともかく, を今

▼ 此対話~ (3, 0.0%)

1 の終, の跡, はひどく

▼ 此常世神~ (3, 0.0%)

1 の一行, の其時代, を取

▼ 此年月~ (3, 0.0%)

1 が過て来た, の忍び給, は壽

▼ 此座敷~ (3, 0.0%)

1 にゐる, に雨戸, 迄上つて

▼ 此当時~ (3, 0.0%)

1 の世の中, は大抵, は未だ

▼ 此復活~ (3, 0.0%)

2 の信仰 1 の式

▼ 此微笑~ (3, 0.0%)

2 も無論 1 の顏

▼ 此性質~ (3, 0.0%)

1 を恥, を有する, を見

▼ 此恋愛~ (3, 0.0%)

2 あればこそ 1 といふもの

▼ 此恐ろしき~ (3, 0.0%)

2 山中に 1 風習を

▼ 此情緒~ (3, 0.0%)

1 に惹かされ, を発表, を表

▼ 此意見~ (3, 0.0%)

2 を以て直接間接 1 は希臘国民

▼ 此慾望~ (3, 0.0%)

1 から身, の一転, を指し

▼ 此手拭~ (3, 0.0%)

1 で縛る, と達摩, を忘れ

▼ 此挨拶~ (3, 0.0%)

1 ではもう, は固, を受けた

▼ 此教育~ (3, 0.0%)

1 に執着, は平安朝, は情意行為

▼ 此文学~ (3, 0.0%)

1 の中, の発足点, を通じて讃歌

▼ 此料理人~ (3, 0.0%)

1 はもう, は奴隷, を見

▼ 此新来~ (3, 0.0%)

2 の客 1 の人

▼ 此日本人~ (3, 0.0%)

1 の特殊, の細かい, らしい間に合わせ主義

▼ 此日本街~ (3, 0.0%)

1 に入, に加はつ, の日本人

▼ 此曠野~ (3, 0.0%)

1 に吹い, に踏込ん, の追分

▼ 此書斎~ (3, 0.0%)

1 です, は使いません, へ入っ

▼ 此朝日島~ (3, 0.0%)

1 に上陸, の占領, は此家

▼ 此植物~ (3, 0.0%)

1 に關, は僕, を第

▼ 此民俗~ (3, 0.0%)

2 の起原 1 を生み出す

▼ 此沈黙~ (3, 0.0%)

1 ずきな, を以て代, を破らせる

▼ 此河岸~ (3, 0.0%)

1 に濳, に繰り返される, をばもう

▼ 此流れ~ (3, 0.0%)

1 である, と今一つ藤原本流, をいかで

▼ 此淋し~ (3, 0.0%)

2 さの 1 さに

▼ 此淋しい~ (3, 0.0%)

2 處へ 1 往來を

▼ 此深山~ (3, 0.0%)

1 に棲ん, の露, を少し

▼ 此熱心~ (3, 0.0%)

2 ありて 1 な人達

▼ 此狭い~ (3, 0.0%)

1 土地で, 紙面に, 船房の

▼ 此理由~ (3, 0.0%)

1 が力, こそ知りたけれ, により

▼ 此病気~ (3, 0.0%)

2 は陰影 1 は長い

▼ 此痛み~ (3, 0.0%)

1 と出血, の劇, をどう

▼ 此皇子~ (3, 0.0%)

1 の威力, の御歌, を中心

▼ 此短歌~ (3, 0.0%)

1 にも出, の本質的, は

▼ 此神事~ (3, 0.0%)

1 に祭られ, の為, は其意義

▼ 此稀有~ (3, 0.0%)

1 なる出來事, なる出来事, の功徳

▼ 此空虚~ (3, 0.0%)

1 な弱小, な感じ, の感じ

▼ 此紀行~ (3, 0.0%)

1 が實際, にあ, は要

▼ 此組合~ (3, 0.0%)

1 が所々, は宗門, は數字

▼ 此組織~ (3, 0.0%)

1 が行, は倭宮廷, を萬國

▼ 此絶島~ (3, 0.0%)

1 に御, の不思議, の鬼

▼ 此編輯局~ (3, 0.0%)

2 には主筆 1 には他

▼ 此考え~ (3, 0.0%)

1 に基礎, は自分, を彼等

▼ 此考証~ (3, 0.0%)

1 に異議, は南純一, は森枳園

▼ 此背景~ (3, 0.0%)

1 に照らし見, を俟, を俟つて可能

▼ 此脅迫~ (3, 0.0%)

1 の声, の賜もの, は己

▼ 此表現法~ (3, 0.0%)

1 の意味, は多く, は美的仮象

▼ 此袱紗~ (3, 0.0%)

1 に包ん, の一邊, は今

▼ 此見覚え~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ 此詞章~ (3, 0.0%)

1 が神楽歌, によつて職, は夙く呪言

▼ 此説経~ (3, 0.0%)

1 の文句, は前半, を念仏化

▼ 此講演~ (3, 0.0%)

1 の論證, は大, をなす

▼ 此資格~ (3, 0.0%)

1 の高い, は祭り, を得た

▼ 此踊り~ (3, 0.0%)

1 のもと, の始まり, の為

▼ 此追憶~ (3, 0.0%)

2 は流石 1 の来る

▼ 此連作~ (3, 0.0%)

1 のコンポジション, もさ, も其頃

▼ 此運動~ (3, 0.0%)

1 に参加, に磨り, を惹起

▼ 此過去~ (3, 0.0%)

2 の幻 1 の歴史以外

▼ 此長老~ (3, 0.0%)

1 の師匠, の徒弟, は頗る

▼ 此関係~ (3, 0.0%)

1 はずつと後世, は誹諧, を証する

▼ 此陰気~ (3, 0.0%)

1 な小母さん, な法衣, な食卓

▼ 此雪渓~ (3, 0.0%)

1 は劒岳, を下った, を辿っ

▼ 此青年英雄~ (3, 0.0%)

1 の叔父, の殺さるる, をし

▼ 此静か~ (3, 0.0%)

1 な夜, な方面, な目

▼ 此風景~ (3, 0.0%)

1 の中心, の前, を嘆稱

▼ 此風琴~ (3, 0.0%)

1 の弾, も琴, を見る

▼ 此養子~ (3, 0.0%)

1 が良, とは誰, に子供

▼ 此あき~ (2, 0.0%)

1 なひ, は暦利用以前

▼ 此あたり一帯~ (2, 0.0%)

1 にすぐ, の地理

▼ 此うな~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 此うなっ~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 此うなった~ (2, 0.0%)

1 のだ, わけ

▼ 此おそく~ (2, 0.0%)

2 に出かけ

▼ 此おとづれ人~ (2, 0.0%)

1 の名, の姿

▼ 此お定~ (2, 0.0%)

2 ツ子が

▼ 此かけ~ (2, 0.0%)

1 づくりを, 合ひ

▼ 此かる~ (2, 0.0%)

1 特質, 特質は

▼ 此けしからん~ (2, 0.0%)

1 が義憤, で充たされ

▼ 此ことば~ (2, 0.0%)

1 が村人, は

▼ 此すめみ~ (2, 0.0%)

2 まの

▼ 此せつ~ (2, 0.0%)

1 は主人, も遠方

▼ 此ついで~ (2, 0.0%)

1 にもう少し, に言

▼ 此ところ~ (2, 0.0%)

1 に月日, はむかし小野

▼ 此として~ (2, 0.0%)

1 指示する, 指示すれ

▼ 此について~ (2, 0.0%)

1 合理的な, 天つ

▼ 此のね~ (2, 0.0%)

1 可愛らしいの, 酋長の

▼ 此はてしない~ (2, 0.0%)

2 蕭や

▼ 此はと~ (2, 0.0%)

1 視ると, 驚かされたの

▼ 此はね~ (2, 0.0%)

1 かづらは, 嬰兒の

▼ 此ふる~ (2, 0.0%)

1 まひを, 草の

▼ 此へも~ (2, 0.0%)

1 持つて, 水入て

▼ 此ほどまでに~ (2, 0.0%)

1 なつた, 実感した

▼ 此また~ (2, 0.0%)

1 一個の, 文芸史学的の

▼ 此まつり~ (2, 0.0%)

1 といふ語, は天神

▼ 此まれ~ (2, 0.0%)

1 には, はつきつめた

▼ 此~ (2, 0.0%)

1 すを, むにやまれぬ内部的衝動に

▼ 此ゆ鳴き~ (2, 0.0%)

1 わたる, わたれ

▼ 此よう~ (2, 0.0%)

1 な旅館, に幾百年

▼ 此よりは~ (2, 0.0%)

1 もう少し観察者, 榛軒の

▼ 此れつ切~ (2, 0.0%)

1 しか持つ, で歸つて

▼ 此れなる~ (2, 0.0%)

1 お二方, は我が

▼ 此わが~ (2, 0.0%)

1 盟僞らば, 願容れ

▼ 此わたり~ (2, 0.0%)

1 には今日, の古寺

▼ 此アパート~ (2, 0.0%)

1 に間借り, の入口

▼ 此ジャッパン・デー・バイ・デー~ (2, 0.0%)

2 となった

▼ 此スバー~ (2, 0.0%)

1 と云う, にもまるで

▼ 此セメント~ (2, 0.0%)

1 をそんな, を使った

▼ 此マテリー~ (2, 0.0%)

2 とエネルギー

▼ 此メモアー~ (2, 0.0%)

2 が又

▼ 此レール~ (2, 0.0%)

1 を請負っ, を請負つて

▼ 此ヱネチア~ (2, 0.0%)

1 にこそあれ, をも直ちに

▼ 此一人~ (2, 0.0%)

1 の女優, をば信じません

▼ 此一巻~ (2, 0.0%)

1 で消え, を携

▼ 此一年間~ (2, 0.0%)

1 にたしかに, の學校生活

▼ 此一戦~ (2, 0.0%)

1 だらう, に在り

▼ 此一新~ (2, 0.0%)

1 せられたる社會, 仕候

▼ 此一片~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ 此一篇~ (2, 0.0%)

1 でありその, は非常

▼ 此一聯~ (2, 0.0%)

1 は敵, 恐らく夷狄

▼ 此一角~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ 此一軒家~ (2, 0.0%)

1 が何となく, にはモ一箇

▼ 此一週間~ (2, 0.0%)

1 のあ, 程はあんまり

▼ 此万引~ (2, 0.0%)

2 した女

▼ 此三月~ (2, 0.0%)

1 には榛軒, に又

▼ 此三本~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ 此三枚橋~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 此三百年前~ (2, 0.0%)

2 の遺跡

▼ 此三種類~ (2, 0.0%)

1 であります, の詞章

▼ 此三筋~ (2, 0.0%)

1 の髪の毛, を斯

▼ 此三軒長屋~ (2, 0.0%)

1 の土竈, を伊八

▼ 此三通り~ (2, 0.0%)

1 の人, の常世

▼ 此三首~ (2, 0.0%)

1 の次に, ばかりにては強き方

▼ 此上書~ (2, 0.0%)

1 に始ま, は

▼ 此下手人~ (2, 0.0%)

1 の見, はお

▼ 此不可思議~ (2, 0.0%)

1 なる大, な音

▼ 此不平~ (2, 0.0%)

1 に甘んじ, を明白

▼ 此不快~ (2, 0.0%)

2 なる光景

▼ 此不祥~ (2, 0.0%)

1 の事実, は場合

▼ 此丑之助~ (2, 0.0%)

2 にだけは東京行

▼ 此世辞~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は要らぬ

▼ 此中尊寺~ (2, 0.0%)

1 の保存, の建立

▼ 此中秋~ (2, 0.0%)

1 に新, は備後

▼ 此主人公~ (2, 0.0%)

1 はそれから, は最後

▼ 此主従~ (2, 0.0%)

1 が防ぎおほせたには, の関係

▼ 此久しい~ (2, 0.0%)

1 傾向が, 前から

▼ 此予定~ (2, 0.0%)

1 より早く, をつける

▼ 此事情~ (2, 0.0%)

1 から見れ, は祝詞

▼ 此二三日口~ (2, 0.0%)

2 も利かず

▼ 此二十日~ (2, 0.0%)

2 ばかり別離

▼ 此二女王~ (2, 0.0%)

2 ぞ浄

▼ 此二宗~ (2, 0.0%)

1 で其他, の場合

▼ 此二日~ (2, 0.0%)

1 の間, ばかり思う

▼ 此二月~ (2, 0.0%)

1 に嫁, まで巴里

▼ 此二章~ (2, 0.0%)

1 は意味聯屬, を樹明君

▼ 此二筋~ (2, 0.0%)

1 の, の青い

▼ 此二通~ (2, 0.0%)

1 は不思議, を借り受けた

▼ 此二階~ (2, 0.0%)

1 の窓, へ引取つたの

▼ 此互に~ (2, 0.0%)

1 向ひ進み, 接し位置

▼ 此井戸~ (2, 0.0%)

1 という, までやつて來

▼ 此些細~ (2, 0.0%)

1 なもの, なる一事

▼ 此交易~ (2, 0.0%)

1 の行事, をした

▼ 此人々~ (2, 0.0%)

1 の書いた, も杉山

▼ 此人情~ (2, 0.0%)

1 の内, は世界普通

▼ 此人数~ (2, 0.0%)

1 に城代, をうつしたれ

▼ 此人気~ (2, 0.0%)

1 に有頂天, を見

▼ 此仕事~ (2, 0.0%)

1 に溺れ, を他

▼ 此仮定~ (2, 0.0%)

1 が永久, に幾許

▼ 此任命~ (2, 0.0%)

1 は制度, を見た

▼ 此会合~ (2, 0.0%)

1 は寛政五年, を説く

▼ 此伯母~ (2, 0.0%)

1 にいけず, の手

▼ 此低い~ (2, 0.0%)

1 呑気な, 呑氣な

▼ 此佐渡~ (2, 0.0%)

1 の北, へ渡航

▼ 此例題~ (2, 0.0%)

2 を解决

▼ 此依頼~ (2, 0.0%)

1 に行つたの, を拒絶

▼ 此侮辱~ (2, 0.0%)

2 を左

▼ 此偶然~ (2, 0.0%)

1 の一致, の形

▼ 此傾き~ (2, 0.0%)

1 あるが, は必ずしも

▼ 此八月~ (2, 0.0%)

1 は大風雨, より定宿

▼ 此六人~ (2, 0.0%)

2 が揃ひも揃

▼ 此六月~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ 此六畳~ (2, 0.0%)

2 に居る

▼ 此六騎街中~ (2, 0.0%)

2 の一二

▼ 此兵曹~ (2, 0.0%)

1 と共に遊獵, に一言話

▼ 此内儀~ (2, 0.0%)

1 から何ん, が老木屋

▼ 此冊子~ (2, 0.0%)

1 を出す, を成す

▼ 此再来~ (2, 0.0%)

2 が翌年

▼ 此凄まじい~ (2, 0.0%)

1 光景を, 日に

▼ 此分け~ (2, 0.0%)

2 方は

▼ 此分離~ (2, 0.0%)

1 にも必ず, の原因

▼ 此刹那沈痛~ (2, 0.0%)

1 なる事昼寝, なる事晝寢

▼ 此前半~ (2, 0.0%)

1 が一人, は吾人

▼ 此割合~ (2, 0.0%)

1 で行く, を取調べ

▼ 此努力~ (2, 0.0%)

1 が如何, が彼等

▼ 此効果~ (2, 0.0%)

1 の現れる, を強める

▼ 此動作~ (2, 0.0%)

1 がはやすである, が又

▼ 此動物~ (2, 0.0%)

1 の現, を連れ

▼ 此勝利~ (2, 0.0%)

1 の勢, の後

▼ 此勢力~ (2, 0.0%)

2 を利用

▼ 此化生神話~ (2, 0.0%)

1 に其一方, の意義

▼ 此十七~ (2, 0.0%)

1 の女学生, の青年

▼ 此十町~ (2, 0.0%)

2 の無人境

▼ 此印度洋中~ (2, 0.0%)

1 の一孤島, の孤島

▼ 此危急~ (2, 0.0%)

1 の塲合, を救

▼ 此原稿紙~ (2, 0.0%)

1 に日記, を拵ら

▼ 此可愛い~ (2, 0.0%)

1 坊ちやんの, 童子は

▼ 此史実~ (2, 0.0%)

1 と思はれ, と思はれる

▼ 此名前~ (2, 0.0%)

1 で無い, は幼年

▼ 此名状~ (2, 0.0%)

2 し難き

▼ 此向う~ (2, 0.0%)

1 に高い, より鳥居

▼ 此吹降~ (2, 0.0%)

1 に就, は野分

▼ 此咄嗟~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 此哀れ~ (2, 0.0%)

2 なる寡婦

▼ 此哀れむべき~ (2, 0.0%)

1 俺を, 婦人を

▼ 此品格~ (2, 0.0%)

2 を藤村

▼ 此喜悦~ (2, 0.0%)

1 の余り, の最中

▼ 此四半刻~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 此四品~ (2, 0.0%)

1 で, でお

▼ 此四畳半~ (2, 0.0%)

1 だけはぜいたく, に二

▼ 此四首~ (2, 0.0%)

1 ははじめ, は宿題

▼ 此因果~ (2, 0.0%)

1 の觀念, を観じ

▼ 此因果関係~ (2, 0.0%)

1 の交錯, は交錯

▼ 此土偶~ (2, 0.0%)

1 は常陸國相馬郡小文間, は羽後國秋田郡船川村

▼ 此地域~ (2, 0.0%)

1 の周, は何

▼ 此坊や~ (2, 0.0%)

1 の生れ, をたしかに

▼ 此城頭~ (2, 0.0%)

2 に曳い

▼ 此場合瀕死~ (2, 0.0%)

2 の重傷者

▼ 此場合自分~ (2, 0.0%)

1 が秩父, の潔白

▼ 此境界~ (2, 0.0%)

1 に到達, を歌

▼ 此大きい~ (2, 0.0%)

1 のに, 事人の

▼ 此大きな~ (2, 0.0%)

1 無遠慮な, 霊が

▼ 此大切~ (2, 0.0%)

2 なる事實

▼ 此大学生~ (2, 0.0%)

1 に依, に依っ

▼ 此大森貝塚~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 此天井~ (2, 0.0%)

1 には仕掛, や壁

▼ 此天子~ (2, 0.0%)

1 の世, は奈良

▼ 此天子様~ (2, 0.0%)

1 のお, の代理者

▼ 此天才~ (2, 0.0%)

1 こそ透谷集, の助言

▼ 此奇異~ (2, 0.0%)

1 なる地底, なる面貌

▼ 此如き~ (2, 0.0%)

1 ものが, 暴横なる

▼ 此妄想~ (2, 0.0%)

2 から私

▼ 此子細~ (2, 0.0%)

1 を上啓, を御

▼ 此定義~ (2, 0.0%)

1 がある, は主として

▼ 此宣命~ (2, 0.0%)

1 は既に, を主

▼ 此宮廷~ (2, 0.0%)

1 の宣命, を自分

▼ 此小使室~ (2, 0.0%)

2 の土間

▼ 此小僧~ (2, 0.0%)

1 がそれ, は人

▼ 此小僧っ子~ (2, 0.0%)

1 のでもねえ, の云う

▼ 此小僧奴~ (2, 0.0%)

1 は子供, 知ってや

▼ 此小川~ (2, 0.0%)

1 の堤, を

▼ 此小松君~ (2, 0.0%)

2 は又

▼ 此山奥~ (2, 0.0%)

1 に最後, ヲ東奥仙丈ト云

▼ 此山村~ (2, 0.0%)

1 の人達, は代々堅氣一方

▼ 此山水~ (2, 0.0%)

1 の珍味, を御

▼ 此巡礼~ (2, 0.0%)

1 が昔, をせなけれ

▼ 此工夫~ (2, 0.0%)

1 が即, は大佐閣下

▼ 此希望~ (2, 0.0%)

1 と相反候, を何卒

▼ 此常世~ (2, 0.0%)

1 がなり物, と幾分

▼ 此平然たる~ (2, 0.0%)

2 所には

▼ 此広い~ (2, 0.0%)

1 世界で, 家の

▼ 此強い~ (2, 0.0%)

1 聯想は, 魂を

▼ 此影響~ (2, 0.0%)

1 はた, を超越

▼ 此心境~ (2, 0.0%)

1 に適合, は客観態度

▼ 此忠告~ (2, 0.0%)

1 は此方, を聞いた

▼ 此忠志君~ (2, 0.0%)

2 も美味い

▼ 此快事~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ 此性情~ (2, 0.0%)

1 に固執, は蓋し

▼ 此恐る~ (2, 0.0%)

1 可き, 可き死

▼ 此恐るべき~ (2, 0.0%)

1 浪費を, 状態に対して

▼ 此恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 暴風の, 疑いから

▼ 此恨み~ (2, 0.0%)

2 は屹度

▼ 此恨事~ (2, 0.0%)

1 は偶以, を閲する

▼ 此息子~ (2, 0.0%)

1 の力説, も改心

▼ 此悄然~ (2, 0.0%)

2 たる人

▼ 此悲しい~ (2, 0.0%)

1 女の, 残骸を

▼ 此悲哀~ (2, 0.0%)

1 と鈍麻, に促され

▼ 此意思~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の発展

▼ 此慣例~ (2, 0.0%)

1 は党規, は黨規

▼ 此懶い~ (2, 0.0%)

1 幻惑の, 樣な

▼ 此成算~ (2, 0.0%)

2 は果して

▼ 此技巧~ (2, 0.0%)

1 の洗煉, は連歌

▼ 此挙動~ (2, 0.0%)

1 に喫驚, は何となく

▼ 此授受~ (2, 0.0%)

1 の年月, の形式

▼ 此提議~ (2, 0.0%)

1 に反, をする

▼ 此放浪~ (2, 0.0%)

1 によつて, によりて天下

▼ 此放蕩子~ (2, 0.0%)

2 を養子

▼ 此政策~ (2, 0.0%)

1 は韓国, は韓國

▼ 此斥候~ (2, 0.0%)

1 の報告書, は何者

▼ 此新た~ (2, 0.0%)

2 に掘り出された

▼ 此新人~ (2, 0.0%)

2 を友

▼ 此新奇~ (2, 0.0%)

1 なる海底戰鬪艇, を以て衒鬻

▼ 此新山堂下~ (2, 0.0%)

2 の白狐龕

▼ 此新造巡洋艦~ (2, 0.0%)

1 に, に君

▼ 此旋頭歌~ (2, 0.0%)

1 はもはや, は呪文

▼ 此日程此校長~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 此暑い~ (2, 0.0%)

1 のに, 盛りに

▼ 此書牘中~ (2, 0.0%)

1 に, 最も読み

▼ 此書翰集~ (2, 0.0%)

1 こそ真に, も大学

▼ 此最初~ (2, 0.0%)

1 に現れる, の説教

▼ 此有名~ (2, 0.0%)

1 な一つ, な話

▼ 此期間中~ (2, 0.0%)

1 は生死不明, を

▼ 此未曾有~ (2, 0.0%)

2 の巨額

▼ 此未開國~ (2, 0.0%)

1 の法律, を征服

▼ 此本能~ (2, 0.0%)

1 だけでつながっ, に飽満

▼ 此札幌~ (2, 0.0%)

2 の附近

▼ 此条件~ (2, 0.0%)

1 のつけ方, の下

▼ 此東京~ (2, 0.0%)

1 に落, を十年

▼ 此松浦君~ (2, 0.0%)

2 の墓

▼ 此板木~ (2, 0.0%)

1 は家, を売

▼ 此林檎~ (2, 0.0%)

1 には, を得ん

▼ 此校長位~ (2, 0.0%)

2 は屁

▼ 此極端~ (2, 0.0%)

1 なる厳正批判, なる樂境

▼ 此機械~ (2, 0.0%)

2

▼ 此欠陥~ (2, 0.0%)

1 を埋める, を補

▼ 此歌舞伎劇~ (2, 0.0%)

1 と新派劇, の為

▼ 此歓び~ (2, 0.0%)

1 を知る, を見果す

▼ 此武村新八~ (2, 0.0%)

1 が承知, だつて

▼ 此歴史的一~ (2, 0.0%)

2 大巨人

▼ 此殺し~ (2, 0.0%)

1 の嫌疑, の方

▼ 此母子~ (2, 0.0%)

1 が好き, に珍しく

▼ 此比丘尼~ (2, 0.0%)

1 の事, は紀州

▼ 此江戸~ (2, 0.0%)

1 に来, 助六狂言

▼ 此河原~ (2, 0.0%)

1 に至る, は周囲

▼ 此法則~ (2, 0.0%)

1 に我々, は人間

▼ 此波動~ (2, 0.0%)

1 は餘, も古典論

▼ 此活動~ (2, 0.0%)

1 する雲, には必ず

▼ 此浄瑠璃~ (2, 0.0%)

1 は説経, もすぐ

▼ 此浮世~ (2, 0.0%)

1 に極, に生き

▼ 此深夜~ (2, 0.0%)

1 にま, に窓

▼ 此混沌~ (2, 0.0%)

1 の中, は原始

▼ 此清浄~ (2, 0.0%)

1 にされた, になつた家

▼ 此演説~ (2, 0.0%)

1 のやう, をする

▼ 此火事~ (2, 0.0%)

1 との關係, に姪

▼ 此火災~ (2, 0.0%)

1 のため, は壽

▼ 此炬燵~ (2, 0.0%)

2 にあ

▼ 此無惨~ (2, 0.0%)

1 なる人, を云う

▼ 此無意味~ (2, 0.0%)

1 なの, な馬鹿気

▼ 此無聊~ (2, 0.0%)

2 に倦ん

▼ 此無遠慮~ (2, 0.0%)

2 な闖入者

▼ 此熱い~ (2, 0.0%)

1 のに此重荷, 盛りに

▼ 此熱誠~ (2, 0.0%)

2 の根源

▼ 此父親~ (2, 0.0%)

1 から先ず, の気持

▼ 此狂言~ (2, 0.0%)

1 を利用, 伝へられた如く仇

▼ 此珍事~ (2, 0.0%)

1 のあつ, を傍観

▼ 此現在~ (2, 0.0%)

1 の形, の心持

▼ 此瑠璃~ (2, 0.0%)

2 を捨て

▼ 此生れ故郷~ (2, 0.0%)

2 を逃げ出すべき

▼ 此生活慾~ (2, 0.0%)

1 の為, の目

▼ 此生物学会~ (2, 0.0%)

2 が又

▼ 此田圃~ (2, 0.0%)

1 は海, は長く

▼ 此田舎~ (2, 0.0%)

1 が東京, へ引込ん

▼ 此由緒~ (2, 0.0%)

1 については次, は清

▼ 此男子~ (2, 0.0%)

1 が名, をば余処

▼ 此疑懼~ (2, 0.0%)

2 が意識

▼ 此白い~ (2, 0.0%)

2 門に

▼ 此着衣~ (2, 0.0%)

1 を智恵子, を智惠子

▼ 此短篇~ (2, 0.0%)

1 を会得, を何処

▼ 此祖母~ (2, 0.0%)

2 なる人

▼ 此神話中~ (2, 0.0%)

1 に存在, より福慈

▼ 此私信~ (2, 0.0%)

1 に比べる, に由

▼ 此稿本~ (2, 0.0%)

1 は夜店, は江木鰐水の手

▼ 此穢れ~ (2, 0.0%)

1 を祓, を移し

▼ 此空気~ (2, 0.0%)

1 にかぶれ, のうち

▼ 此空漠~ (2, 0.0%)

2 の荒野

▼ 此立ち場~ (2, 0.0%)

1 からまだ, から異

▼ 此立合~ (2, 0.0%)

1 は凄, を臭し

▼ 此立脚地~ (2, 0.0%)

2 を固執

▼ 此競技~ (2, 0.0%)

1 に加わりし, をわれら行

▼ 此符牒~ (2, 0.0%)

1 はあんまり, は仕入れ値段

▼ 此精神界~ (2, 0.0%)

1 は着実, を相手

▼ 此紅葉館~ (2, 0.0%)

2 は大沼

▼ 此納本~ (2, 0.0%)

1 に取つた, に漏れた

▼ 此素晴らしい~ (2, 0.0%)

1 好運, 詭計にも

▼ 此細工~ (2, 0.0%)

1 を専ら, を知らなかつた

▼ 此結婚~ (2, 0.0%)

1 の年齡, を肯

▼ 此給仕人~ (2, 0.0%)

2 は普通

▼ 此線香~ (2, 0.0%)

2 を濡らさず

▼ 此縁故~ (2, 0.0%)

2 あるが

▼ 此縮れ~ (2, 0.0%)

1 具合です, 具合と

▼ 此美術博物館~ (2, 0.0%)

2 へ売られた

▼ 此群集~ (2, 0.0%)

1 の人々, の内

▼ 此義務~ (2, 0.0%)

1 は余, を盡

▼ 此聯想~ (2, 0.0%)

1 があつ, を避けた

▼ 此自殺~ (2, 0.0%)

1 によつて, は必要

▼ 此自由~ (2, 0.0%)

1 を享有, ノ字義ハ

▼ 此自覚~ (2, 0.0%)

1 が己, せぬ芸術家

▼ 此舞台~ (2, 0.0%)

1 などが導き, に上った

▼ 此苦しい~ (2, 0.0%)

1 下宿營業に, 日夜を

▼ 此英雄~ (2, 0.0%)

1 が後, の身辺

▼ 此英雄神~ (2, 0.0%)

1 の事業, の名

▼ 此荒磯~ (2, 0.0%)

2 の寂寞

▼ 此葬列~ (2, 0.0%)

1 は実に, は實

▼ 此行幸~ (2, 0.0%)

1 はそれ以前, は天皇

▼ 此行為~ (2, 0.0%)

1 に参加, を見出し得たる

▼ 此見解~ (2, 0.0%)

1 が知らず, は山陽

▼ 此親友~ (2, 0.0%)

2 の忠言

▼ 此観察点~ (2, 0.0%)

1 は元来, より推究

▼ 此解説~ (2, 0.0%)

1 のむやみ, は同時に

▼ 此訪問~ (2, 0.0%)

1 は年, は病

▼ 此試験~ (2, 0.0%)

1 といふ奴, を行

▼ 此詩句~ (2, 0.0%)

1 はわが, を取つ

▼ 此詮索~ (2, 0.0%)

1 に取掛る, を廃す

▼ 此話し~ (2, 0.0%)

1 は廢しま, は既に度々

▼ 此誓言~ (2, 0.0%)

1 に対しては神, は偽りでない

▼ 此誘惑~ (2, 0.0%)

2 を征服

▼ 此語原~ (2, 0.0%)

2 の含蓄

▼ 此誤解~ (2, 0.0%)

1 は彼等, を正したく

▼ 此談話~ (2, 0.0%)

1 が叔, とは其後事件

▼ 此論理~ (2, 0.0%)

1 によつて, を踏ん

▼ 此論題~ (2, 0.0%)

1 に關, に集る

▼ 此貧乏~ (2, 0.0%)

1 な旅行, 臭くて

▼ 此貴い~ (2, 0.0%)

1 女性が, 經典を

▼ 此貴重~ (2, 0.0%)

1 なる手紙, なる韻文

▼ 此赤川~ (2, 0.0%)

1 から桜山, から櫻山

▼ 此趣意~ (2, 0.0%)

1 に依り, の大概

▼ 此農民~ (2, 0.0%)

2 の亂

▼ 此辺り~ (2, 0.0%)

1 へは人殺し, までは神

▼ 此迂遠~ (2, 0.0%)

1 で又, な教育

▼ 此~ (2, 0.0%)

1 慣れざるの, 行かふ者

▼ 此近傍~ (2, 0.0%)

1 で最, の噂

▼ 此返辞~ (2, 0.0%)

1 に其事, は重大

▼ 此追記~ (2, 0.0%)

1 には誤謬, に就い

▼ 此通り此處~ (2, 0.0%)

1 にある, に持つ

▼ 此通り私~ (2, 0.0%)

1 しを, とお

▼ 此進歩~ (2, 0.0%)

1 を促, を爲

▼ 此醜態~ (2, 0.0%)

1 は何, は情ない

▼ 此采女~ (2, 0.0%)

1 が名, に対立

▼ 此重い~ (2, 0.0%)

1 鞄を, 頭を

▼ 此重大~ (2, 0.0%)

1 なる事実, な復活鎮魂

▼ 此野郎め~ (2, 0.0%)

2 と脊

▼ 此長い~ (2, 0.0%)

1 歴史的理由から, 習慣が

▼ 此降り~ (2, 0.0%)

2 に客

▼ 此限り~ (2, 0.0%)

1 だのに, に於い

▼ 此陰謀~ (2, 0.0%)

1 がいかに, に於

▼ 此障礙~ (2, 0.0%)

1 の征服, は寔

▼ 此隠れ家~ (2, 0.0%)

1 にあて, を突き留め

▼ 此隣り~ (2, 0.0%)

1 に住ん, のゲルマンスキー

▼ 此難問~ (2, 0.0%)

1 は到底, を片付けた

▼ 此難関~ (2, 0.0%)

1 を一掃, を漕ぎ抜けた

▼ 此需要~ (2, 0.0%)

1 を引き起した, を満足

▼ 此青葉~ (2, 0.0%)

1 の垣, の風景

▼ 此頓狂~ (2, 0.0%)

2 なる警告

▼ 此騒ぎ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 此驚き~ (2, 0.0%)

1 は我, をもはつきり領

▼ 此驚く~ (2, 0.0%)

1 可き, 可く

▼ 此高められたる~ (2, 0.0%)

1 世界に, 世界の

▼ 此高瀬舟~ (2, 0.0%)

2 の宰領

▼ 此鹿川先生一人~ (2, 0.0%)

2 であるの

▼1* [1984件]

あしたおく霜, 此あそびの首里宮廷, 此あたり今は熊毛郡, 此あたり川幅六七間もあろう, 此あつさでは, 此あついのに, 此あとハ又つぎニ申, 此あどと同じ, 此あまつくすしい, 此あらそひ恐くは, 此ありさまの, 此あるじもおどろきし, 此いたいたげな愛らしい, 此いまわしい新聞記事を, 此うさそれ此う, 此うたてありの, 此うなったらハデに, 此うなれば仕方, 此うなんだらうと索寞, 此うにかお, 此うのと蟲, 此うるさいことおさつし, 此うれしさに, 此導びしに, 此えり麁物ながら呈上, 此おきやんな人魚たち, 此おばあさんの又, 此おもむきを御, 此お供を嬉し, 此お初ちやんがさ, 此お勝手がよく, 此お湯のお話, 此お爺さんの生活, 此お花畑は硫黄山麓十五六萬アール, 此お詫びには成る, 此かぎろひは旭日, 此かざしの花, 此かた足かけ三年の長, 此かと思つた, 此かなえ, 此かほる風心よく此葉, 此かも知れぬ, 此からかひの, 此からが本当の, 此かれの個人, 此がちようど夫婦約束, 此がね餘ツ程, 此がをつるの, 此きがねが, 此きりで無くなり, 此ぎりの短い, 此ぎりと旦暮愀悒嗟嘆相極め居候御深, 此くにしつ, 此くらゐの, 此くり返しが二尉, 此くるひを見せる, 此ぢめをば, 此ことわりを面白く, 此こと不幸にも大, 此こと心根にしみ, 此こと許はなし難き, 此ころは大音寺前, 此ころ蔵がじまん, 此ごときは未見, 此ごろハ杉やの, 此ごろ大仙陵の法師狐, 此ごろ瀧口三衣の袖, 此ごろ農本主義といふもの, 此ささやかな裏切は, 此さし出候帯屋も助, 此さし物に欠く, 此さびしさも, 此さまを眺めつ, 此さんのをお前の, 此しきたりから生れた, 此しなやかさ, 此しま皆離れたりとも, 此じゃと大事そうに, 此すこし前に, 此すさのをの命, 此すたんだ, 此すでる期間に, 此すれば小さし, 此せいゐつぱい, 此せつハよほどめ, 此せつ遣し候, 此東照神御, 此たかきなる都奴娑之能瀰野, 此たけしまは近江, 此たちしだれやなぎ, 此たつた二た, 此たて物が近世, 此たび杏坪が江戸, 此たび福永書店の手, 此ために塞, 此だいがくは大阪南方, 此だけでも命がけだ, 此だけに落ちつく様, 此だしは, 此だだっ広い押しつぶしたよう, 此ちかひの, 此ちぎびつと雛の, 此ちよの三女, 此ちらも願っ, 此っきりで此, 此方の, 此つぎと氏, 此つば肥前より送りくれ, 此つれなさと, 此ですもの可, 此といふはなき小, 此ときに極, 此とき巓に雲掩翳, 此とてもやはり伝説化せられた, 此とても単に東国風とは, 此とで違った点, 此どうにもならない, 此ない文字を, 此ながめ・な, 此ながめいみ即雨づゝみを, 此ながめいみに入, 此なきまで強き, 此なげうつもたま, 此など訣らない, 此などになると, 此などの緊り, 此につき思ったこと, 此にばかり行かなかつた処, 此にもも少し深い, 此に対し深い緑色, 此に対してにふ, 此に対しての呪言を, 此に対しては反対論も, 此に関する文献も, 此の二重発展, 此のうへ少しも, 此のくらいと思う時分, 此のくらいのものでございます, 此のほど全く出来した, 此のまんまるく太った, 此のみの様を, 此のむつましさ, 此のよかるべきもの, 此のりを発する, 此のりゅうたつぶしもすたれましたけれども一時はあれ, 此のわざはひにあひて国国里里命を, 此のんびりした心持, 此はずつと後にな, 此ははたものの, 此はべありん, 此はれふし村とは, 此はをかしがらせる為, 此ばかりが聞える音, 此ばかりや瓜生野座の, 此げこと称する, 此ひとを人, 此ひとつ家ならん, 此ひぬまも, 此ひびきに動顛, 此ひまにと急げ, 此ひもは, 此に足らじ, 此ふしが次第に, 此ふたつの歌, 此ふみいまの, 此ぶじなる事を, 此ぶらんこなる名, 此へと急いで, 此べて見る, 此べてさう思ふ, 此の外来魂, 此ほか万葉集などを見, 此ほとりよりぞ木曾川, 此ほどより願ひましたる, 此やの神, 此まつるは献じ, 此までかた門徒連, 此までから既に此型, 此までとは違つてこんだ, 此までに明らかに, 此までもあつた, 此まとい一に, 此まま引取って, 此まま私を放つ, 此まれびとなる神たちは私ども, 此みじめな艇中, 此みすぼらしい女に, 此みせとぢ, 此え親類うち, 此もどき狂言との問答, 此やす子かも知れぬ, 此やと女中を, 此やはだす, 此やり方をまねる, 此つくりした沈黙, 此ゆうべ柘のさ枝, 此ゆ巨勢路から石瀬踏み, 此よき友がきの, 此よし兄上ニも御, 此らすべてを述べ, 此らわしが貰つて, 此らんさんの天, 此らダナオイ諸將軍, 此ら夫婦喧嘩でもした, 此ら暖くつてえ, 此ら根性ねえから, 此ら根性やくざだから, 此ら甘えこと聞たと, 此ら盲巫覡の幻想, 此ら米大變, 此ら駄目だ焦臭く, 此りゃアな, 此りや何だと, 此りや佳味えこ, 此りや八厘として貰つて, 此りや櫟がもつ, 此りや燻つてえ, 此りや蒟蒻だな, 此れいふのもを, 此れする中に, 此れだったと私, 此れちつとのこと, 此れっ切りか, 此れつきりだ, 此れつ切ぢやきかねえ, 此れでちッと, 此れで帰ってくれ給え, 此れで終るが此, 此れなのです, 此れやで, 此れ云うのは, 此れ出すべつちのに, 此れ干して置い, 此れ引っこ抜くべ, 此れ持つて行ぐんだ, 此れ掛けて此, 此れ見られつと何程, 此れ見ろな, 此れ開いて居る, 此わかうどを見, 此わきが醇化, 此わき芸を勤めた, 此わけである, 此わしには殆ど, 此わたしの器量, 此わたましの事, 此わっちにゃ, 此われ等の言葉, 此をはなる, 此をば如何に, 此を通して仏の, 此ん中に人, 此面白いふ, 此アイヌに比べ, 此アカシヤが葉, 此アリサマニテ野ニ伏シ山ニ隠レテハ, 此アルゼリヤ國の中, 此イゴイズムにあ, 此イソップ翻案は歴史的興味, 此ウミノ名ヲ知ルヤト尋ネシカバ伊豆, 此ウ列から主部, 此エパアヴは川村氏, 此オツールを殺しぬ, 此カフェーの二階, 此カプリに來居, 此カマを看破, 此ガクガクのアパート, 此キヤバレエの興味, 此ギルドと云, 此クノ如キノ異容ニ, 此クノ如ク得難キノ人身, 此クラリモンドには始終, 此クーミー或はカラクーミー, 此ゲルマンスキーのレコード, 此コセツトを愛した, 此コデと言, 此コレクシヨンの片, 此サン・ゼルマンは一体, 此シテ・アド対立者の語, 此シャトオに詩人, 此シヨツキングな言葉, 此シヴアーリーが一種, 此スバラシい勢, 此スピンの發見, 此セツトは普通, 此セーターが今, 此ヂオニソスの崇拜, 此ヂレンマの間, 此ッ方もヘトヘト, 此ツ等もそん時やつ, 此テマが開展, 此ドクトルブラウネル氏の貸し, 此ドブ板の破れた, 此ドユマアゼル君は十四歳位, 此ドレスなあ, 此ニ其一類ヲ写シテ望蜀, 此ニ四回時ニ同学新ニ, 此ニ對シテ朝鮮ニ日本語ヲ強制シタル如ク我, 此ニ幾十載, 此ニ於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精好, 此ニ於テカ専心一意之ニ従事センガ為メニ始メテ俗累, 此ニ日本植物誌ヲ作ルヲ素志トナシ我身命, 此ニ相違ナシト考フ昨年学友某亦, 此ニ瞭然一閲スル者此ニ粲然, 此ニ粲然, 此ニ説ク形状ハ高野ノ万年グサ物理小識, 此ノミナラズ往々ニアリ狗奴國, 此ハイカラなる者, 此ハ船路ヨリ直チニ今, 此バベルの塔に惑, 此パリス実は, 此パンフレットを長く, 此ヒロイツクなる文字, 此ピエルミで降りる, 此フフンといふ気, 此フモールの世界, 此フレムトなる力, 此フンの意味, 此ブリダアの市, 此ラットでも, 此ヘロルド新聞も従来他, 此ペエテルブルクの人民, 此マア汗を福, 此マイクの前, 此マンチュアで毒, 此ミイラを風, 此ミユンヘンの宿, 此ミンスク氏の名, 此亦理アルニ, 此ヤグラは櫓, 此ヨサコイ節は高知, 此ヨリ天下再ビ知音, 此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, 此ラムネを抜い, 此ラルゴは国男さん, 此ルシチウクまで長い辛い, 此ルボンが今, 此レ孟徳ガ周郎ニ困メラレシトコロニアラズヤ, 此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 此レ歐米諸國ヨリ一歩, 此ロオド・ピサロオ君は有名, 此ロケット弾の到達距離, 此ワーリャは可愛, 此ン中からお, 此ン畜生が, 此ン畜生手前は懶惰者, 此ン畜生生意気な事, 此ン畜生蚊帳を放さねえ, 此一つ一つの層, 此一ヶ条さへ被, 此一事軽々に看過, 此一人扶持は明治元年藩政改革, 此一体二様の見解, 此一円を始め小西行長, 此一分間といつた, 此一切の事件, 此一刻の幸, 此一句限であつ, 此一品が相手, 此一品ハきみへにお, 此一夜を父母, 此一夜泊りの客, 此一字なれば, 此一家の復, 此一山に集合, 此一島の事, 此一廓では夜, 此一張羅の洋服, 此一念の遺物拭, 此一戦大事と見, 此一手は島町通, 此一挙ニ期シ死ヲ以テ, 此一揆を滅す, 此一撃を恐れつ, 此一敗によつて, 此一時的の結果, 此一時象徴歌と誤認, 此一曲は清く軟か, 此一月あまりの北, 此一月十日まで即ち, 此一月許り無, 此一月餘職業に手, 此一条皆川へ御, 此一條三國通覽より抄ス, 此一條金森建策が筆記, 此一生が先生自身, 此一町四方ほどのところ, 此一番に負けたら, 此一疋の蛾, 此一瞥を恭しく, 此一瞬心を貫いた, 此一種で簓, 此一箇月許りの, 此一続きの組唄, 此一話に重き, 此一語横笛が耳, 此一軸を大事, 此一連の事件, 此一項は読書, 此七人の天, 此七人甞てデシウス帝, 此七個月間の冬期, 此七処女は何, 此七年前天保十三年には父五郎右衛門, 此七日には足らず, 此七月の頃始, 此七百萬兩で以, 此七百萬圓の物, 此七種の詩中, 此七輪で女中, 此七里の途, 此万年草花なし爾者雑組衡嶽志, 此三ツの貨幣, 此三ヶ年一粒の得る, 此三ヶ所ハ毎事各別ニ相振舞之間, 此三人きりなので, 此三人ぐらし成けり筒井づゝの昔, 此三人目の行方不明, 此三個の要点, 此三倍は貰, 此三円の財貨, 此三十五版と云う, 此三十年の間, 此三十日計後ト幕吏ら龍馬の京ニ入り, 此三十金は必ずや, 此三千人の口, 此三原素互相の関係, 此三君の居る, 此三品をいつも, 此三四日の間, 此三四日来の脳, 此三四日来飛電の驚くべき, 此三女神は分布, 此三子の母飯田氏益, 此三字は, 此三宅左近が拙宅, 此三崎生活の内容, 此三州の山家, 此三幅対の軸, 此三拾円ばかりの月給, 此三方面から自分, 此三昼夜ばッ, 此三月七日より後, 此三期を合し, 此三枚が一ヶ処, 此三柱の神, 此三柱神者並獨神成坐而, 此三段の順序, 此三浦屋に泊つたの, 此三湖の水, 此三畳に移す, 此三窓の雪渓, 此三等を見ろ, 此三臺が一列, 此三著述が揃つた, 此三行は武士, 此三角関係の間, 此三部類の資料, 此三階の女, 此三馬屋に逗留, 此上の句のため, 此上り框の隅っこ, 此上申兼たお, 此下りがまた, 此下男は一昨年, 此下駄で田町, 此下駄いつまで懸り, 此不公平を打破, 此不出来であったの, 此不可抗の運命, 此不可避の批評, 此不和不順を始め, 此不屈なる粗暴, 此不幸此迫害と健鬪, 此不幸災患多き世界, 此不恰好な頭, 此不意打にはほ, 此不慮此不幸の全, 此不断の呵責, 此不景気ぢや仕様, 此不格好な頭, 此不死の, 此不穏の気, 此不足額を得る, 此与右衛門ト申者我等数年兵法などをし, 此与右衛門儀御国へも可, 此世紀の生活, 此世話計をかの, 此世辞屋は角店, 此丙午の歳, 此並木道でまた, 此並河氏と弟, 此中元に来る, 此中央の風雲, 此中央政府の意志, 此中学を止め, 此中川の遊, 此中幕であつ, 此中庭から此家, 此中心になる, 此中有に迷, 此中毒は起しません, 此主張以外に今, 此主意である, 此主文の朗読, 此主義其物に価値, 此主観性の故に, 此乗船問題は松田氏, 此九月でした僕, 此乱暴狼藉は人形, 此乱雑な文章集, 此乳房吸ひて, 此乳頭より滴, 此予告ヲ近時流行セル, 此予想は真弓, 此予測は或は, 此予約金を取らない, 此予言は可, 此争闘両三年, 此事件唯一つである, 此事件後に復活, 此事件米人檢閲の爲新聞紙, 此事蹟の背後, 此事項は記者, 此二タ股野郎覺悟をしろ, 此二ツ揃ッた所, 此二ヶ條の理由, 此二三ヶ年以前よりたばこ, 此二三ヶ月必ず切り抜い, 此二三人で利章, 此二三十分間に僕, 此二三十年以前松前の津波, 此二三年來文學の事, 此二三年来凡ての物, 此二三年病気のため, 此二三年間は思ふ, 此二三日具合が好く, 此二三日夢見が惡, 此二三日夫がぴたり, 此二三日毎朝早いうち, 此二三日莫迦に忙し, 此二三日雪が降, 此二三日顏を見せなかつた, 此二三日風邪を引い, 此二人先年は余程, 此二人種の所有, 此二位の神, 此二作の意匠相似, 此二假定も今日, 此二偉人を去らん, 此二先輩に依, 此二冊を取り, 此二十七日から其新作, 此二十二日が即葬, 此二十二萬圓の金, 此二十四歳の女, 此二十年まで養育, 此二十里の大, 此二句こせこせした現代離れ, 此二回の訪問, 此二地方が注意, 此二大家の学説, 此二子を殺せ, 此二尊に負う, 此二州は元々, 此二度の袴着, 此二思想の内部精神, 此二恩人に對, 此二手は総, 此二日三日は不快, 此二日間の事, 此二日間愛生園を見, 此二月十九日と云, 此二月十四日の識語, 此二月村役場から話, 此二枚は連續, 此二柱の間, 此二條の原理, 此二樣にある, 此二洲の官舎, 此二派のけぢめ, 此二種類のもの, 此二箇の俗諺, 此二箇所に見え, 此二要素が爭つて, 此二足動物の上, 此二軒は何ん, 此二週間は殆ど口, 此二遊は蘭軒雑記, 此二里の谿間, 此二重生活に困憊, 此二間幅の大川, 此二階家の前, 此二魂に関する記, 此二魂斎祀の, 此二鳥の名, 此五人の者, 此五字を外, 此五尺の躯, 此五年後に日本紀, 此五年有余の年月, 此五月の夜, 此五月十九日より二十二日, 此五本が私, 此五銭白銅はどんな, 此交代は大体, 此交叉時にあつ, 此交通は寛政四年, 此交通機關に此鳴物, 此京太郎と言, 此人山の中, 此人格を通じて表, 此人間期の大きな, 此仁和寺本を影, 此仕掛けを見付けた, 此仕立屋に同じ, 此他人の骸, 此以上そこへ何, 此以上奇説や罵倒, 此以上女房の文学, 此以上重大なる問題, 此仮睡から覚めた, 此仮装がやがて, 此企ての内的, 此伊平屋島は南北, 此伊豆の温泉, 此伏見江取り手の来りし, 此会席に列, 此会議が済ん, 此会議室に入っ, 此会議局ヲ廃シテ更ニ再建, 此伝記に出でた, 此伝説と穴門, 此位置が明く, 此住居を取毀し, 此住持洞谷禅師と申, 此佐渡屋の先代, 此体たらく殘念とも思はね, 此何れ果さ, 此作り山は神物, 此作り物は大嘗祭, 此使命の十中八九, 此価値は漸, 此価格何百円乃至何千円, 此侮蔑に甘, 此侯爵夫人と等しき, 此便利なる語, 此俗本とジエノワ府商賈, 此信ずると云, 此信仰上の事実, 此信仰状態に入, 此信濃川の長橋, 此信認あるを, 此信頼を恢復, 此俸祿の事, 此候補者に対して代, 此倭文織りのし, 此偶然さへなく, 此傷ついた娘からは, 此働き盛りの時, 此儀礼が古く, 此儘退轉いたします, 此優れたる立場によ, 此優遇に安, 此兄弟の性質, 此兄貴至つて無精者でね, 此先入が主, 此先祖書中錦橋の条は錦橋自己, 此先進文学の持つ, 此光ると言う, 此光景乱山堆裏一船奔, 此光輝ある時期, 此党情を利用, 此入定の奇蹟, 此入浴嘔吐の術, 此入湯の習慣さ, 此全滅的荒廢の跡, 此兩敵互に相, 此兩軍互に相, 此八人の門人, 此八字は実録, 此八幡で秋祭り, 此八年と云, 此八方塞りは, 此八日と言, 此八畳が一番, 此八畳間其奥にも一つ六畳間, 此公事は漢, 此公孫樹の下, 此公認は瑞英, 此六十三首の贈答, 此六年の日子, 此六日に亡くなった, 此六月十二日よりふと, 此六枚ばかりのもの, 此六疊に居る, 此六部は伊沢氏兄弟一部, 此共通的の苦しみ, 此内外の矛盾, 此内容を盛る, 此再度の賜暇, 此冒頭を結び, 此冴え渡る月の, 此冷遇を持續, 此凄まじき光景を, 此凶暴を怒らず, 此凹みの内部, 此出丸を堅固, 此出現を新, 此出発点における工夫, 此分からずにゐた, 此分割の一つ, 此分散の研究, 此分配は永久, 此分類は長い, 此切戸は使, 此切符を買つたの, 此刊行を申込んだ, 此初子が嫡男, 此初日出の光, 此初春に里, 此初荷を更に, 此判じ物には驚いた, 此判定は一般, 此判断はなか, 此別れ馬嘶いて, 此別居はやがて, 此別離を大して, 此利根郡の利根官林, 此制度自然に壞, 此制限は第, 此刹那俺はまるで, 此刻み截りも, 此前代未聞なる鐵車, 此前山の闊葉樹林, 此前年の九月, 此前進座は最近劇団員, 此副本なき二書, 此劇烈なる生活慾, 此労働の神聖さ, 此労働者はスナオ, 此勇ましい姿を, 此勇ましき人の, 此動く島が, 此動向なるもの, 此動物説話に道徳的趣味, 此勝負は明日, 此勧進帳は七代目団十郎, 此化粧水は島, 此十一月二十三日より後, 此十一面観世音に御, 此十七日に氏, 此十二ヶ国の名山, 此十八娘は全く, 此十六字を書した, 此十六歳の時, 此十四五年来は大分, 此十字街の有様, 此十年余の限り, 此十年間の事業, 此十数年来の物価騰貴, 此十数本も立てた, 此十日余思わしい日の目, 此十歩の地, 此十段目を語れ, 此十王堂に一七日, 此十畳の奥座敷, 此十疊の奧座敷, 此十餘人の松葉屋位其, 此千古未曾有の新年, 此千載稀れな遇合, 此半身が何處, 此半開國が五十年, 此単純なる階級, 此単調には堪へられない, 此博士は若い, 此印度洋上に認め, 此即位又は元旦, 此即興的な反覆表現, 此厖大な建築, 此厚着にて労働, 此原理の發表後, 此原義は訣, 此原詩は米國, 此原野を開墾, 此厨子にも亦, 此厭世主義を自己, 此厳しき言葉を, 此反古新聞の記事, 此反問を待ち, 此反問中に入る, 此反対論は幾何, 此反抗心は弱者, 此反省の誤っ, 此反転法に行き, 此叔母さんが好き, 此叔父の蹣跚, 此取り留めのない, 此取引の成功, 此叙景によつて, 此古くして, 此古びた酒荷船は, 此古事記の方, 此古代人民の風俗, 此古代印度の聖人, 此古代研究の話, 此古典的な語, 此古寺かと思ふ, 此古風な方言, 此句集の刊行, 此合作柬牘は荏薇問答中, 此合戦に先んじ, 此吉太郎が道樂, 此吉野桜は其中, 此同じ動向を以て, 此同情に裏切りし, 此同舟の会合, 此名刺の古, 此名山を呼ぶ, 此名詞の慣用, 此向日葵の眼, 此君子理想の素質, 此将誰望哉, 此告白に因り, 此周囲に向う, 此呪詛せられし財宝, 此呼応があつ, 此唐本の御, 此唐櫃は本, 此唱和は鸚鵡返し, 此啄木の歌, 此商品を取扱, 此問題此事件を十年, 此問題解決の端緒, 此喇叭がある, 此喜び申すべき詞, 此單蹄の馬, 此嗅覚の刺激, 此嗜好が無けれ, 此器械を台, 此噴水を訪う, 此四ヶ月の間, 此四字に由, 此四日間一日として雪渓, 此四月で丁度, 此回顧的退歩的の潮流, 此団体が摂津広田, 此団体組織の備つて, 此図体相応の大きな, 此国土以前からあつ, 此国土発達の神話, 此国是下之上仙国也, 此国民のおちつき, 此国民的悪癖はどうしても, 此国立劇場へ選ばれ, 此土木の話, 此圧縮と整理, 此圧迫の賠償, 此地平遠に, 此地方のは徴, 此地方化で神嘗祭, 此地方官の中, 此地球内部状態の研究資料, 此地震史上の大, 此城主は主人明成, 此執着心深き吾等, 此堅固なる鐵檻, 此堪えられない情景を, 此報知が上田, 此場合これをよりまし, 此場合丈は彼, 此場合三藏に取, 此場合下の句の内容, 此場合之に泥む, 此場合何か便法, 此場合信雄信孝両公, 此場合医師は彼自身, 此場合右の両者, 此場合問題でなく天井裏, 此場合妨害せらる, 此場合彼等にムズカシイ顔, 此場合支えとなり切れない, 此場合春三郎に取, 此場合本当をかく, 此場合玉は神璽, 此場合痛切を感ずる, 此場合神或は鬼, 此場合絶対に禁物, 此場合美人像が引金, 此場合胸の方, 此場合頂戴するの, 此場合順当な男, 此塩梅では死骸, 此境涯に入る, 此墓守の爺, 此増加する人口, 此声援をし, 此壱岐びとの内界, 此変動の一部始終, 此変幻と此壮観, 此変形には目, 此変遷の年月, 此外国の各種, 此外輪山は風, 此多い人口を, 此夜半にかけつけ, 此夜話の題目, 此夜露重く風冷, 此夢幻の中, 此夢遊病者のやう, 此大いなるを見す, 此大きく潤の, 此大会に寄越した, 此大体五つのもの, 此大僧正後年基督教を退き, 此大儀で亦, 此大功を奏せられし, 此大吉が後, 此大和の魂, 此大変ある事, 此大夫や宰, 此大島小學校ばかり其以外, 此大意を俗語, 此大殿祭の間, 此大気をし, 此大江の水, 此大番と云, 此大観あるも, 此大計を行, 此大阪の畑, 此天候に恐怖, 此天変を知らず顔, 此天女の羽衣, 此天気では夫, 此天気四日まで続くべきや, 此天災を好機, 此天然温泉の風景, 此天鵞絨と云, 此太子伝の一部, 此夫婦神の樣式, 此失敬老人ガヨモヤ大久保公デハ有ルマイ, 此失望と無駄, 此奇態萬状殆んど, 此奇瑞の枕, 此奉公口に大, 此契約には必ず, 此女丈夫の心根, 此女婿が信階, 此女房目をさまし, 此女神を得ん, 此女神主体の神社, 此女郎といふの, 此奴ら束になつて, 此奴隷經濟がなく, 此如く及御願候也, 此如意棒も棄てられた, 此妖怪實は村, 此な名字, 此妻女も元, 此妻子をば小生最後, 此妻戸の後, 此姿勢だと, 此姿見の為, 此娑婆では泣く, 此婚姻相延申候よう決行致し候, 此婦人太く蜘蛛, 此嫡子が婢, 此嬉しさ果敢な, 此嬉しき運命に, 此子供等は傍若無人, 此孔雀の舌, 此学問の草分け, 此宇津木が一昨年九州, 此守護霊を琉球, 此宗教他の民族, 此宗教的理由に因る, 此官吏さんは私, 此定則と反対, 此宛て字を信じる, 此実際よりは更に, 此宣下式の祝詞, 此宣告果して中る, 此宮廷行事が御, 此宮殿の屋根瓦, 此家庭教師も親身, 此宿命を脱, 此寂しく靜か, 此寄り縋る者が, 此寄宿舍に人, 此密事を得べき, 此寒い寒い朝だ, 此寒蘭から私, 此寛大なる政策, 此寝巻を持ち逃げ, 此審理を粗雑, 此対照の奇, 此尊い神座の, 此小ぢんまりとした, 此小児が大人, 此小径に折れる, 此小曽根をかくれ, 此小柄な男, 此小舟の若し, 此小菊となまくら, 此小話ではそんな, 此小説ハつまらぬ事, 此小路も行きどまり, 此少し前に, 此少女界は其時代, 此少年以外に逸し, 此少年探偵に後来, 此尾根筋にあっ, 此屈辱と羞恥, 此届出をなさざる, 此屍体は大学, 此展望台に立つ, 此展開である, 此山ふところの村, 此山姥の舞, 此山嶺は子持山, 此山王山を繞, 此山脈中に比す, 此山陽をし, 此岩燕の内, 此島根生ひの, 此崇敬あれば, 此崩れた形が, 此嵩山正直の弟成俊, 此川辺に下り立ち, 此巡回文庫は古今, 此巣窟から足, 此工事を殊, 此工場で働く, 此差出人にお, 此差別は著しい, 此市井の隠士, 此布教の歴史, 此即入, 此帝都を去り, 此帰参が主として, 此帰省詩嚢中の詩, 此帷幕の隙, 此常套語を合理式, 此幅広き大道も, 此平原はおの, 此平安を得しめた, 此平安初期に記録, 此平安朝ので, 此平民と云, 此平穏な空気, 此平衡は日本, 此年寄のおふくろ, 此年月日を書し, 此年紀推定の正確, 此年頃心に懸け, 此年齢より推せ, 此年齢二十五と言, 此幻怪な事実, 此幾倍かの演芸種目, 此幾重のうしろ, 此座談は私, 此建て物は原則, 此建水をお前, 此建立は同時に, 此建議は大, 此弁明を直に, 此弁駁は唯, 此引幕壱帳ヲ宜, 此引換のため, 此張脩は疑, 此弾く琴も, 此形勢を, 此形態が社会, 此形而上的轉換を經驗, 此彫り物も素敵, 此は彼, 此往復は定, 此往生極楽記は其序, 此征伐は蝦夷, 此征服の結果, 此待合所には売店, 此御堂に打向, 此御方御同居中, 此御歌善きか, 此御船は幸, 此御言持ちの略せられた, 此御返事早く奉, 此復古を謀, 此復讐に遭, 此微々たる盡力を, 此微震には殆, 此徳利が紫縮緬, 此徹底した願, 此心情を明白, 此心苦しさに, 此必要を充足, 此忌わしい言葉と, 此忍び返しの上, 此応接間に於, 此忠義で不幸, 此念仏聖なる布教家, 此念仏聖が鉦, 此思いは何で, 此思はざる問に, 此思ひを其儘, 此思ひ通じさへ, 此思想及ひ道理, 此思想発表の一機関たる, 此性格と戰, 此怨みやはか, 此怪しげな茶店, 此怪し気な車, 此恋愛問題に関係, 此悟入によつて, 此悠遠な古代, 此悪魔がわし, 此悲しむ可き, 此悲境に落ち, 此悲痛なる運命, 此愉快な空想, 此意匠を詠ましめ, 此意思不自由論に就, 此愛らしい美しい星が, 此愛子の若い, 此愛護の身の上, 此感興を遺憾, 此感覚上と云, 此感覚的仮象が観念界, 此慈善家の姓氏, 此慶應義塾と云, 此憐憫と同情, 此憤りはやはり, 此懷疑主義といふこと, 此懷疑思潮は種々, 此懷疑派と同時頃, 此懷疑的傾向すらも含ん, 此懸念はです, 此懸隔が大きく, 此懺悔によりて生じたる, 此戒厳地を去つ, 此戦い夜明に及ぶ, 此所信の前, 此手ばなしの大騒ぎ, 此手元に近, 此手合は, 此手首を見つ, 此打合せが終る, 此批判の範疇, 此批評家の云, 此技術や考へ, 此折衝の結果, 此択ばれし者は, 此押入に隠れ居たる, 此拍手が純, 此拓本によつて, 此招聘が如何, 此拾った手紙の, 此按摩は繁太郎, 此捷径に従, 此掛け合ひの, 此掛け合いを聞いた, 此採択此崇敬あれば, 此接待する神, 此推定家督相續人が被相, 此推敲の跡, 此推移の中, 此揚言は既に, 此損害の為め, 此改称は早く, 此改革の肝腎, 此攻撃たるや恐らく, 此放尿の噴水, 此政府と云, 此政治上公平をし, 此教派ほど無難, 此教義は西暦四百三十一年, 此教訓を借用, 此散らかし方, 此散歩の土産, 此数ヶ月を過した, 此数分の間に室内, 此数分間の外光, 此数字には誤, 此数年の放浪, 此数年来生活の唯一, 此数年間毎年正月になる, 此数日は食事, 此文学史が宣命, 此文学語として枕詞, 此文明開化やら何やら, 此文書作製の時, 此文殊岩を掩, 此斎川水が段々, 此斎藤氏の園中, 此斗満川でやった, 此料理屋獨得の川魚料理, 此料理店の給仕女, 此断定を証明, 此断腸亭日記は初, 此新しき軍艦, 此新劇の運動, 此新劇運動も今日, 此新居を以てお玉, 此新聞事業といふもの, 此新聞紙を疊, 此新聞紙包が何で, 此新興の学徒, 此新芽が成長, 此方々の為事, 此方方楽屋内となっ, 此方言らしい語, 此旅行奇譚の今, 此日の入りには止むだろう, 此日の出艦長こそ春枝夫人, 此日報あり, 此日曜に到着, 此日本一果報男め聞玉え我昨夜, 此日本海岸には潟, 此日本海廻りにて北海道, 此日蓮宗が京都, 此日野屋すら相応, 此日頃厳つい偃松, 此旧友が当時, 此旧盆を迎, 此昂奮ばかりは今, 此春愁の句, 此春田打ちは田, 此昼夜と春夏秋冬, 此時代さへも肖像畫, 此時代前後に造られ, 此時代錯誤的精神が自由, 此時弊を打破, 此時折よく来りけれ, 此時期前後に属する, 此時田町の方, 此時貞盛と将門, 此智慧こそはやまとなす神, 此智慧好き折に出でな, 此暗く悲しい氣分である, 此暗合を以て著者, 此暗礁に觸, 此暴動をなし, 此曇りを脱却, 此更迭は何年, 此書き物以前に書いた, 此書信にはもとより, 此書牘文化乙亥の茶山, 此月読神は恐らく, 此有様永く描写, 此望みの叶, 此未定稿本である, 此未練を擺脱, 此末世になつて, 此本質的要求を徹底的, 此本題の外, 此本願寺えの, 此杉山にも私, 此材木置場へお前, 此東洋城といふの, 此東洋文化を西洋人, 此松太郎には五分の隙, 此松山常五郎の不, 此果断と云, 此柑子を思ひき, 此柳川の生命, 此栄えは農村経済, 此根拠は動かす, 此根本であると, 此根本的實在が惡魔, 此根柢に根ざし, 此格好にした, 此桑畑のなか, 此梁山泊に集れる, 此梅之助は夭折, 此梟木の上, 此梯子は高, 此森林に於, 此植物ニ付テハ他日再述ブルコトアルベシ, 此植物園へ遊び, 此楽しさは, 此楽屋裏にお, 此榊原が曲淵, 此標題のカラタカ, 此横木にこの, 此横町から出, 此樹木の中, 此橄欖の林, 此機密を与かり知り, 此櫻木重雄が引受けませう, 此欄干が外れる, 此欠如を補充, 此次ぎに着く, 此次男はお, 此欲求を満足, 此欽定事業は奈良以後平安初期, 此歌舞伎演劇の形式, 此歌舞劇の中, 此正座ニ髭ガ生エタ猟師ヲ見, 此正月二日の詩, 此正直な神野霜兵衛さん, 此の田舎, 此武士は立派, 此武村新八郎が先鋒ぢ, 此歪んだ形の, 此歳月の間, 此歴史を守つたの, 此歴史的惰性の外, 此歴史的方法としてディルタイ, 此死刑に処せられ, 此殊勝なる中, 此残酷な仕打, 此母親の言, 此母親娘が或, 此毒水は此類, 此毒舌の翁, 此比例の取れぬ, 此比例数から後世子孫, 此比喩に打つ, 此比較を論拠, 此比較能力の程度, 此民謡から出発, 此気まぐれな小川, 此気味がある, 此気持は東洋的, 此気象観察に基く, 此気質が行き, 此水晶山は針葉樹, 此水越氏の出, 此氷川神社恐らく赤坂区, 此永劫の薄明, 此汎神論と, 此汚吏の長官, 此池田全安は現存者, 此決断は順境, 此決闘に由つて満足, 此沈湎を支, 此沙漠の中, 此河童の手, 此河野のわたり, 此法華経をのみ汝, 此法要は恐く, 此波止場へ着いた, 此注意があつ, 此洋品店の左前, 此洋服着て, 此洞察力の為, 此洞窟に至る, 此活動的の国民, 此活溌にし, 此流行期と見なし, 此浄土の名, 此浅き谷は, 此浪人をみぶらふ, 此浮世絵の博物館, 此海嘯は後, 此海岸にあらず, 此海浜山上蔓荊子多し, 此海賊團體の狡猾, 此海賊輩は何時, 此海路を指しし, 此涼しげと云, 此涼み櫓を拵えた, 此淋しい恐ろしい山を, 此淋しく離れ離れに, 此淘汰を行う, 此淘汰法は全く, 此淡島様の祭日, 此淡島神で次, 此淡泊な物, 此淫佚と云, 此深い白昼の, 此深切なゆきずりびとをせめて眼, 此深淵を称, 此深谷に這入った, 此混淆糅雑は固, 此渇仰の大家, 此渡良瀬川は明治政府, 此湯原に滯在, 此湯呑でお上, 此満足したる眼, 此源河節に対する疑問, 此溝渕広ハ一日, 此滑稽味を持つた, 此漠然として目的, 此漠然たるケルティツク王の, 此漠然とした目的, 此漢字を祖先以來習つて, 此漢文くづしと国文脈, 此漢文序が疑ふべく, 此漫遊中右の五月二十二日以後, 此澆季の世, 此激しい動乱の, 此激烈な酒精, 此瀟洒な西洋人, 此火箸は匕首, 此炎天に雪, 此無人島に身, 此無常と此猥雜, 此無念を抱い, 此無根の風説, 此無法なる云, 此無理の労働, 此無花果樹下に費しぬ, 此無趣味な庭, 此無邪気な顔, 此無頼漢が社会, 此焦眉の趨勢, 此焼けた屍体が, 此煩悶で君, 此てやつぺか, 此熊野比丘尼は注意, 此熔岩を流下, 此爲替相場の急激, 此父子の間, 此片山のもむ, 此牡丹の力, 此物理學を研究, 此物質的文明波瀾の中, 此特性は自分, 此特殊にし, 此犠牲を払う, 此狂態もやめる, 此猿楽を専門, 此獅子頭の鼻毛, 此獣身は法力, 此獲得した金, 此王宮に仕へる, 此王立醸造場の麦酒, 此珈琲店の建築, 此珍聞を知つたの, 此現世にある, 此現場を免れ, 此現場中へ只, 此理想地に至らなけれ, 此瑣事が僕, 此環境によつて, 此生きてゐる, 此生命を務め, 此生態から彼生態, 此生成力を男女性, 此生活間の美, 此用例は平群眞鳥, 此用意が大事, 此田畑の畔, 此田舎町の大通, 此甲原臼杵二氏の外, 此甲板を照, 此男の子が誰, 此男らしくは無い, 此男子生得商売の道, 此男木作りかと譏る, 此畏れの印象, 此番頭を見, 此異分子は何れ, 此異境の異, 此異常なエネルギー, 此疎隔が起つた, 此疑いからは除外, 此疑念を杜絶, 此病因書の体裁, 此発想競技と女房, 此発明竹棹を井戸, 此発見が長い, 此白幡も疑ひなく, 此白河の關, 此白痴の身, 此百二十萬の金, 此百姓一人きりほか目に入らぬ, 此百姓生活の日々, 此百年の生命, 此百日紅は蛇, 此百草園を捨て, 此百首は二条家, 此皇后の妹, 此皇子モ田原天皇ト追尊セラレ給ヒ, 此盆栽の梅, 此盗人ほど清らか, 此盛典を挙行, 此盛況を見る, 此盛装せる汝, 此目的點に對, 此直ぐ下は水, 此直次郎きすて, 此直次郎昨夜九ツ時頃此所にまいりし, 此相手の嫉妬心, 此相聞集とより外, 此相補の關係, 此相違は相違, 此相馬郡寺田村相馬総代八幡の地方一帯, 此真に世の, 此真実を以て皆, 此真摯なる大, 此真正の政体, 此真白な幻像, 此真野松宇であらう, 此眩しい様な, 此矛盾此壓迫此イゴイズムにあ, 此知らない土地へ, 此短文に由つて, 此短歌一首もその, 此矯飾を除き去つた, 此石見の命, 此砂山には土地, 此研究室には入口, 此破天荒の痛撃, 此祝典に參列, 此祝言が段々, 此神事演劇が梯渡し, 此神仙家の系, 此神子の昇天説話, 此神山が神仙, 此神州に生れ, 此神意を宣る, 此神授の古い, 此神秘から何, 此神経過敏の理由, 此神聖のイーリオン, 此神話解釈の附録, 此神降しの様式, 此祭り特有のもの, 此祭祀と神話, 此禍福とそれ, 此福島橋坂田橋間の西, 此秀才は又, 此秋山伊豆は藤陰, 此秘密結社の牛耳, 此秘密造船所を出, 此称呼を負う, 此稀覯書を発見, 此程度以上に明瞭, 此積水の緑, 此穢れた体の, 此穢れ移しの形代, 此空間には無類, 此突如たる光明, 此突然な出来事, 此窃盗罪の内, 此窮境を脱せ, 此窮極的なる問題, 此窮鼠の如き, 此立ち彼倒る, 此立て物は大阪, 此立山庁邸に入, 此立派さを何と, 此立脚点から見れ, 此童子の噴水, 此童子住於解脱道者, 此競走を監, 此競馬の勝つべき, 此竹島はさまではあるまじ, 此笹原が峠, 此筆記とする, 此策略を支那人, 此箪笥の上, 此簡単な仮名七字, 此簡約の語, 此粉本は既に, 此精巧の帶, 此精神状態はこれ, 此精神的創造によつて高貴, 此精神的打撃は更に, 此精神的生産物たる信仰, 此紀州の船, 此納まりむづかしく我れ, 此純潔な生活, 此紙幣は無論, 此素朴純粋なる作家, 此細みを抽, 此経過には何, 此経験が多く, 此経験自身の奥, 此結論を見, 此絵画館でリユニイ, 此絵解きも無論, 此続きがすぐ, 此続き話なども大分, 此緊張を助成, 此緊縛の中, 此総ての点, 此締りは誰, 此編輯が終, 此編輯業の盤根錯節, 此緩慢なるもの, 此縁起には長慶天皇, 此縁起文の大要, 此織り物の經緯, 此織物を視る, 此繰り返へすが如く, 此罪悪を犯せし, 此美徳を持つ, 此美濃路に出でた, 此美登利さんは何, 此群れを大きく, 此群島地方で底, 此義理をた, 此翹望に答, 此老妓を呼んだ, 此考妣二位の神来訪, 此者共めいめい世界中名高き巨万, 此者共荷高に応じ, 此聖職漸く本義, 此肉体を充, 此能力を馴らし, 此脅迫状の投込み, 此脆弱なる岩頭, 此脳細胞の踊り, 此腐れ眼は冬, 此腐儒説の被, 此腐敗と申す, 此腰元は春, 此臨時祭記によつて組織, 此自信が彼等, 此自動鐵檻車が出, 此自叙伝の歴史, 此自己にのみ幸福, 此自己感情の興奮, 此自然そのものを研究, 此自然主義の重, 此自然界の現象, 此自然界以上の何物, 此自然的現象に原因, 此自由結婚をお許し, 此自記の文, 此至宝を形容, 此至情をあざける, 此興奮によつて偉大, 此興行は廉, 此興趣多い一日, 此航海のはじめネープルス港, 此航海日記と長崎, 此色々な秘訣, 此色彩の圏外, 此芸妓が来, 此芸能者の交迭, 此芸術比翼塚は一片架空, 此芽生えは既に, 此若き日の, 此若くて美しく, 此若殿樣の御, 此若草の伸び, 此苦い憎悪の, 此苦しさに, 此苦しき生活に, 此苦しくて甘い, 此苦みを脱し, 此苦悶は意, 此英国人夫婦に関係, 此茎葉ヲ煎, 此茶番が此年甲寅, 此草子自身も新しい, 此草稿である, 此草鞋の紐, 此荒涼の中, 此荒物屋ぢやない, 此荘厳な金色燦然, 此莫連女の世話, 此菓子を拵, 此華奢で弱, 此華麗を極めた, 此落ちついた態度を, 此落第は非常, 此落魄のうち, 此著しい變遷は, 此葛城郡に昔, 此蒲原の平野, 此薄命を憐, 此薄弱な生活, 此蛞蝓野郎又何, 此融通王といふの, 此行儀あらば, 此行文簡単にし, 此行李と違, 此行程が故意, 此行装で寺禄, 此表現の不足, 此被告等を自由, 此被害人民が長き, 此被害地の人, 此裁決ハ生産的各省個人生産者及ビ勞働者ノ一律ニ服從スベキ者ナリ, 此裂け目に挾まる, 此装飾画家に多大, 此装飾美術展覧会へ来, 此補正を導入, 此複雑な経過, 此西遊記の中, 此要約は今, 此要素は含まれ, 此見える連山の, 此見分けをする, 此見本も体, 此見本帳は各地, 此見識を養つて, 此規定に背く, 此規約も後, 此親切純朴な恩納, 此親子の関係, 此親密の裡, 此観察の直接, 此観照に目, 此解けない謎に, 此解決によつて從來, 此言葉丈けには感心, 此言葉通りの国, 此計画者の識見, 此記念式に次いで, 此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, 此記文を読んだ, 此記者マルブランシユの著名, 此記者先生は丸善, 此記載が角太夫, 此記述の根本, 此訪れる神の, 此設備をする, 此許可を與, 此許可権は君位君権, 此訳文には頗る, 此訴訟関係を解決, 此証言を拒絶, 此試みの試み, 此詰問に對, 此認識の困難, 此語句に道元禅師, 此語根たしは, 此誠実な感情, 此誤信によつて身分相應, 此誤字を正し, 此誤記は不用意, 此説得とを以て其の, 此説明法によりて十分, 此説経節の筋, 此説経者の文芸, 此説話形成の一個, 此読書の習慣, 此調べには主人, 此調和といふこと, 此調節を制度, 此談話中に見え, 此論争は後, 此論断を肯, 此論理的の關係, 此論議に於, 此論議上の體系, 此諧謔はどうしても, 此謀反之事, 此謀叛に与, 此謂いなり若し古人, 此謄写の業, 此講義の講師, 此謬見も起るなれ, 此警句の中, 此警鐘を聞く, 此譬喩のやう, 此護符を貼つ, 此讃岐の涯, 此谿谷を旅, 此奇妙不思議の, 此豊富な裏返し機能, 此象徴を見せ, 此貝塚より出でたる, 此貞操試験を経, 此財政の整理緊縮, 此貧しい贈物を, 此貧しき國に, 此責任を負, 此買取つた金が永久, 此資料はわたくし, 此賞詞は其仲兄優善, 此賢い人の, 此質問一ヵ条を持出し, 此赤い顏を, 此赤土を呪術, 此起原の説明, 此趣旨ニ戻ルトキハ, 此距離の感覺, 此跳梁を肯定, 此躯幹者則無一相關焉, 此転換をさせた, 此輪廻の説, 此辨慶珠數の房, 此辺り田にすかれ, 此迎飲于其門人油元助家先生有詩次韻賦呈, 此近代の理会, 此近代文明の主, 此近郷に誰, 此返事一つが己, 此迫りたる詞に, 此迫害と健鬪, 此送り人形は, 此逆境に立ち, 此通りまれびとは必, 此通り今でも稀, 此通り余り好くは, 此通り分別も工夫, 此通り前のと同じ, 此通り呪言唱和の注意, 此通り四十八本の手紙, 此通り多数の見物人, 此通り女房は俺, 此通り居候で何ん, 此通り幾曲りも, 此通り弘まつたの, 此通り心臓が動い, 此通り成たとは, 此通り手もなくやられました, 此通り最初は奴隷經濟, 此通り東京まで連, 此通り板塀に血, 此通り樫の板戸, 此通り気難かし家であったが, 此通り水浸しにされ, 此通り無祿の浪人者, 此通り狹い路地, 此通り用意して, 此通り真黒でございます, 此通り眼が惡, 此通り自害して, 此通り自然に復讐, 此通り藤田伊藤などいう, 此通り處分する親, 此通り行ふならば, 此通り西洋各國, 此通り誰でも研究, 此通り雨戸の下, 此通り顛末の報告, 此通り髪の毛に癖, 此通り魔同様の浮浪者, 此通信を書く, 此通則を免, 此通過がなかなか, 此速射砲で彼奴等惡, 此逡巡と牛歩, 此連作落葉という消極的, 此連山と相, 此連用形と連体形, 此連繋は恐らくは, 此進歩党は大隈伯, 此進歩黨は大隈伯, 此進退は一眞營, 此逸事を筆, 此逸話を持つた, 此遂行を十分合理, 此遊びには叶, 此遊歩の間, 此運座なるもの, 此過剰は土岐さん, 此過失の為め, 此過程が終局, 此道也ここに薩隅日三州, 此道徳説話は所謂世界, 此道程の計算, 此道行に落, 此道路を見, 此道路たるや今日通行者, 此違いは大きな, 此遠祖の事, 此遠見の考, 此遥拝する事, 此適切な例, 此適用此採択此崇敬あれば, 此遭遇の記念, 此遷移の事, 此選択をした, 此遺伝があつ, 此遺言録で京水, 此部屋割は後年, 此部落を訪れた, 此都市に, 此醜悪をも然し, 此里程に當, 此重苦しい刺激を, 此重荷だ動けるもの, 此重複をあ, 此野営で最も, 此野宮光太郎程僕, 此野暮臭い支度を, 此野郎お前が下手人, 此野郎口紅なんか附け, 此野郎白ばくれる, 此野郎皆んなわかつて, 此野郎禽獣にも劣る, 此野郎足許を見や, 此野郎迚も言開, 此量子論たるや吾人, 此金子を以て芝金杉橋, 此金持らしい有様, 此金澤はそもそも, 此金貨はわたくし, 此鈍根の身, 此鈴木壽哉であつ, 此鉄漿といふもの, 此鉱山が足尾, 此銀座街頭の散策, 此銅山に對, 此銅貨一ツになつ, 此鋸屑はどう, 此錯誤は当時交, 此鎮護詞であり此部分, 此長い大きい悲壯な, 此長き世をば, 此長く治平を, 此長谷氏は水西荘, 此門神柱の柱, 此開き口に人畜, 此開明世界に果し, 此間隔が更に, 此関氏の, 此闘いは支那人, 此附近二町許の間, 此限度ヲ破, 此限度ヨリ免カルヽ目的ヲ以テスル外國, 此陰鬱な天候, 此陳腐な質問, 此陳述には共鳴, 此陽成院の御製, 此陽気な空気, 此隔離が世間並, 此隠喩を含んだ, 此集りは面白く, 此雑誌社から頼まれた, 此離れ島に漂着, 此離婚証書があった, 此離縁法の無理, 此難渋に堪へ, 此雨戸は今朝閉つて, 此雪駄にある, 此雪駄一つで取り返した, 此雲母集一巻を世に, 此電報が配達, 此霊力観が段々, 此青い封蝋が, 此青山の家, 此青年医学士は特に, 此青年詩人の唇, 此青空の方, 此非常な敬語, 此非難ニ對抗センカ爲メニ個人ノ名, 此革新機運は一面, 此音韻現象の復活, 此頼りなさ, 此題詞のこ, 此類似一致を生じ, 此類例は集中, 此風俗のある, 此風俗考を讀む, 此風呂場で追, 此風土記の上られた, 此飛泉と同, 此飛行機の為, 此飛躍的な出世, 此食堂は知らず, 此飯櫃の蓋ン中, 此飾り物も或は, 此餓鬼額が黒欠, 此香気とさつき己, 此馬鈴薯は当, 此馬鹿めと何, 此馬鹿野郎何故もっと早く, 此馬鹿野郎発狂漢め我の折角洗, 此駄洒落を聴いた, 此騒乱を大きく, 此騒動のため, 此驚くべき城門を, 此驚くべく恐るべき一軍艇, 此高塚蔵人として決して, 此高山は風景, 此高山滞在は九月上, 此高揚は只, 此高木某の故, 此高松文熈であらう, 此高級巫女から伺はれる, 此高貴なる魂, 此高雅と壮大, 此髪の毛を, 此魔術街の一部, 此魚形水雷は其全長僅か, 此鸚鵡の籠, 此黄いろい草の, 此黄金を自重, 此黄金機会を外さず, 此黙々たる山の, 此鼈甲の櫛, 此鼓動の下, 此鼻緒は大丈夫