青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正面~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正成~ ~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~ 正造~ ~正面
正面~
~此 此~ ~此処 此処~ ~此方 此方~ 此時~ 此等~ 此處~ 此頃~

「正面~」 3813, 41ppm, 2820位

▼ 正面~ (992, 26.0%)

11 坐って 10 立って 9 して 8 受けて, 見て 7 向けて 5 ある, かかって, なって, 一つの, 出て, 見えて, 見える, 顔を 4 なりあの, 来ました, 腰を, 見えた, 見ること

3 [11件] かけて, これも, 一人の, 一段高く, 向いて, 懸けて, 据えて, 控えて, 来ましたので, 立つて, 見た

2 [62件] あぐらを, あった, あるもの, うけて, こちらを, じっと見つめ, すらりと, すると, すわって, ただ一つ, どっかと, ぶつかって, むき合って, 仏壇, 來ました, 出来て, 切って, 向き合, 向き合って, 向き直った, 向けられた, 向け直した, 向って, 吹きおろしたの, 坐った, 外への, 夜の, 大きな環, 安置せられる, 対面し, 席を, 座って, 座を, 廻った, 廻って, 待乳山を, 押し出されて, 日光を, 来て, 板戸の, 浴びて, 源太が, 火薬庫が, 男を, 立つと, 立てて, 紺暖簾の, 聳える六百山, 腕を, 蛭の, 見えるだけ, 見ながら, 見据えて, 視線を, 赤い化粧煉瓦, 輪廓丸い, 道を, 釈迦堂が, 金屏風を, 門の, 陣取って, 飾って

1 [722件 抜粋] あいて, あけられて, あたるところ, あたる所, あって, あてられて, ありありと, あり裸体, あるアカシア, ある一枚, ある一脚, ある仏壇, ある何, ある大きな, ある大皿, ある広い, ある廟, ある梅蘭芳, ある様, ある石, ある蓬来閣ホテル, ある街灯, ある郵便箱, ある障子, ある青銅, いたので, いつも行手, いて, いとけない女の子, いるもの, いる大作, いろいろな, うけとって, うずくまりました, うづく, お清, お立ちであった, お粂, かかげて, かかってる鏡, かけた簾, かざして, くぎり正しい, くる, このあたり, こんもり繁つて, さっきから, した広い, した議席, じっと見た, じっと見返した, すつくり, すわった人, すわった眼, ずらりと瓦斯タンク, その口, その女, その姿, たたきつけて, たたみ一, つけられた丁度, つけられた石階, つつましく端坐, つづく白い, ですか, とても広大, とめまた, ながめて, ながめること, なった左側, なった柾, なつた, なると, はびこること, はるかに, ひとりの, ふんぞり返って, ぶつかったから, ぶどう棚が, べたりと坐った, また門, まともに, まわって, まわりました, みえる坂路, むかひあひたるが, むきあって, むきなおりました, むき直, もう一つドア, もどし, やがて窓, やはり毛皮, よじれからんでる刈り込まれた古い, エレベエタアの, エレベーターの, ゴブラン市門の, ジェ・リンボチェの, チャンと, ドアに, ニーセンの, ポーチが, ヤソの, ランビァンの, ロシア兵士の, ヴェランダが, 一人だけ, 一個の, 一叢茂つた木立の, 一本ぼんやり, 七階建ての, 三つ並ん, 三柱の, 不動の, 両袖, 並べられて, 並んで, 丸田官蔵この, 丸石を, 主人の, 主翁, 乙女峠が, 亀井戸の, 争わせれば, 二つの, 二つ側面に, 二三本燃え残った, 二人の, 五寸四方ぐらいの, 五尺ほどの, 人生に, 今日の, 仰ぐよう, 伸上つて見れ, 位置する, 住いへ, 体操用の, 何物かが, 何物をか, 傘を, 優美な, 光って, 入りかかったとき, 入り口を, 入口が, 入口の, 六本の, 兵力を, 内殿の, 凹字形に, 出して, 出すよう, 出る, 出入口あり, 到り慇懃, 前山を, 前年度の, 半ば開いた, 半マイル, 半分枯れかかった, 南の, 博士邸の, 原加賀守の, 厳然と, 受けた時, 受けた津田, 受ける為, 口を, 古びた家, 台所口が, 右大臣織田信長の, 名娼満月, 向いあって, 向いた家, 向いた時, 向い合って, 向かい合った, 向きかえられて, 向き合う処, 向き合ったが, 向き直った彼, 向き直って, 向き直りましたから, 向き直ると, 向き返るまで, 向くまでの, 向けたそのまま, 向けたまま永遠, 向けた顔, 向けられたカメラ, 向けられて, 向け階段, 向け高い, 向ひ, 向合った, 問注所衆の, 囃方が, 四畳半ぐらいの, 土手を, 土蔵の, 坐して, 坐った長谷川, 坐つて, 坐り彼, 坐わっ, 塞がるけれど, 壁が, 壁を, 壮大な, 大きなデスク, 大きな厳しい, 大きな看板, 大きな空魔艦, 大きな網, 大きな鉄の, 大きな鏡, 大沢の, 大胡坐, 太陽を, 奇怪なる, 奥の院へ, 宇礼が, 安直の, 安置された, 安置せられ, 宜道, 客と, 小さい山, 小さい牀, 小さな入口, 小さな舞台, 小沛, 小沢岳を, 小窓二つ, 小高く岩, 居た一宮かおるさん, 居並ぶ裁判長, 屋形舟が, 展い, 屯せしめて, 山本警視総監その, 屹立した, 岡へ, 峰山を, 島君に, 嶮しい, 川上に, 左右同じ, 巨口を, 師匠が, 帰した, 帰った, 幅の, 幅一間ばかり, 床の間が, 座して, 座ゑられた敬之進を, 座席を, 建てられた, 建物が, 廻つた, 廻りました, 廻わして, 弓矢八幡の, 引き寄せて, 引っ込んだ住い, 引張って, 当って, 当りまた, 当り給え, 当る位置, 当る南大門, 当る床の間, 当る廊下, 形は, 彫つて, 御岳を, 忠右衛門が, 怪物の, 愉快に, 愛鷹山が, 懸かって, 懸けられて, 我ン張つてゐた, 戸板を, 扉が, 承認し, 抑留する, 押し出される, 押し出したこと, 押し出すよう, 押し立てられたの, 持した, 持ち出された白い, 据えた大, 据えた縦二尺, 据えられ洋服, 据ゑてある八足臺の, 掛かった大, 採つて, 控えたる妻君, 控へ, 掲げある黒髪, 支も, 攻めかかれわれ, 旧式の, 明月山左に, 映った横蔵, 曲ると, 月の, 木の, 本尊が, 朱顔に, 机を, 来たとき, 来れり, 松が, 格子造りの, 栽えた, 梁から, 棺を, 植込を, 構えながら, 次第に立累, 止まってる車室, 止まつたん, 武神流祖ふた, 殆ん, 活けて, 流れ落ちたの, 浅間山が, 浴びた色, 淺間山が, 火桶を, 烱, 煉瓦の, 煤けた帝釈様, 照り返して, 熊の, 燦爛として, 物干, 現れた, 生徒が, 男に, 異様に, 當る, 白い幕, 白い顔, 盛切りの, 直されたかと, 直したが, 直るまでに, 省三の, 眺められた, 眺められるの, 眼を, 着けられて, 石にて, 石灰を, 磨硝子戸入りの, 祝福を, 祭られて, 祭壇右手の, 私の, 移って, 積上げた机, 突き出した庇, 突つ立つ, 窓が, 立ちはだかって, 立ちひらき戸, 立ちました, 立ち両手, 立ち塞がって, 立ち止まって, 立ち直って, 立ったと, 立った曹真, 立てなおした, 立てられる, 竝んで, 端坐した, 箪笥が, 精美堂と, 紅の, 紫の, 細く鋭く浮ん, 結跏趺坐する, 絵像を, 緑色の, 緑葉から, 置いては, 置きました, 置据ゑ貸, 美妙斎と, 美少年の, 聳えて, 聳え左, 胡坐を, 腰かけながら, 腰掛けて, 臨風榜可小楼を, 自分の, 舞台の, 舞楽の, 色の, 色彩映画の, 荒家に, 菰冠り, 蜂の巣の, 行き着いた, 衝突した, 表玄関が, 西日が, 見えたまるい大きい, 見えた顔, 見えるところ, 見えるの, 見えるよう, 見えるん, 見える位置, 見える富士, 見える建物, 見える池谷控家, 見える洋館, 見える蘆, 見え出して, 見え左, 見え隱れし, 見せつけられた, 見たこと, 見たので, 見た旦那座, 見つめて, 見られた図, 見られねえ馬, 見るよう, 見るエッフェル塔, 見る事, 見る池, 見れば, 見事な, 見戍つて, 見据ゑながら, 見西, 見透して, 視た, 視れないやう, 角面堡の, 認めて, 象の, 貼り出されて, 赤い満月, 赤い電飾, 赤松の, 赤谷山が, 赫耀として, 起った時, 踞んだ児, 躍り出た, 身構えつ稲葉太郎荒象園, 近々と燒嶽, 近く脂色を, 近づきました, 返すと, 連れられて, 郷土先輩の, 酒台が, 金字で, 金歯な, 鋸を, 鋸山が, 門が, 開かれた襖, 阿古屋の, 陣した, 陣取った, 陽炎も, 雄大な, 霊柩を, 青ペンキ塗, 面と, 頑丈な, 頗る立派, 額づいて, 顏が, 食って, 飾つてある, 馬の, 駄菓子を, 驢馬みたいな, 高く臨時, 高く雛段, 高間惣七の, 鬱々として, 黒い門, 黒の, 黒板が, 黒板の, 鼠の

▼ 正面~ (928, 24.3%)

28 壁に 14 壁の 13 階段を 10 扉を 9 階段の 8 入口から, 座に 7 扉が, 襖が 6 ドアから, 窓から 5 ドアが, ドアを, 上の, 壁が, 方へ

4 [11件] ところに, 口より, 壁には, 壁を, 敵と, 敵に, 時計を, 柱に, 石段を, 窓の, 青じろい時計

3 [13件] イスに, 入口の, 大時計, 姿見に, 戸を, 敵が, 敵は, 柱が, 玄関の, 箪笥の, 舞台には, 障子が, 高いところ

2 [68件] かんの, ところで, スクリーンに, テーブルに, ドアの, ポーチの, 一室の, 上に, 上には, 二階の, 入り口の, 入口が, 入口に, 入口を, 右に, 問題と, 場処から, 塔に, 壁際に, 壇の, 大戸が, 大椅子, 大玄関, 大石段, 太い円柱, 小窓, 席に, 帳をか, 幕が, 床几に, 庭の, 廊下を, 御簾が, 戸に, 扉の, 扉は, 政敵と, 新郎や, 時計の, 最上等, 格子を, 桟敷に, 棚に, 棚には, 椅子に, 水田の, 炉棚の, 畦中に, 白壁は, 祭壇に, 祭壇の, 祭壇を, 紅木の, 薬戸棚の, 襖を, 西日木膚照らせり, 見とりと, 路を, 門から, 門を, 階の, 階段へ, 障子に, 額の, 顔と, 馬見所の, 高い壇, 黒板へ

1 [568件 抜粋] いすに, かべいっぱい, かべにあてました, かべになにか, かべをさぐっ, かべを照らし, しきりの, しゃれた模様入り, すべての, ずっと高い, たかいぶたいの, たかき石段, ところは, ところを, とびら, とりつきに, はしご段の, は入口, ひさしの, ほか左右両, まえまで, みちが, もう一つ, ものであった, やがて爪先くだり, やや大きい, やや遥か, ゆかから, よごれた格子, アトリエの, イルミネーションの, ウイスキィ壜の, オーブリー・ル・ブーシェ街と, カーテンの, ガラス扉を, ガラス板に, サン・ドゥニ街からだけ, ショーウィンドーの, タレスに, テラスに, テンディドスへ, ドアは, バラックの, バルコニーの, バルコンに, バレラスの, パネルは, ビロウドの, リンブルゴの, 一つを, 一人の, 一人を, 一喝と共に, 一室から, 一所に, 一方にしか, 一段小高い, 一番よい, 一番良い, 一番高い, 一部, 一部と, 一部分が, 三方包み, 上座は, 上段ホリシス神の, 上部だけは, 上野の, 中ほどには, 中央に, 丸窓から, 丹を, 主人の, 主君邦夷が, 九尺床には, 二ひきだけ, 二脚は, 二重舞臺の, 二階席の, 仏壇に, 仏壇の, 仏蘭西窓を, 仏龕ほのかな, 位置に, 位置には, 例の, 信号と, 信濃守へ, 側だけ, 僕にも, 僕を, 儒者ふうの, 入口からは, 入口だけ, 入口で, 入口である, 入口のまん, 入口のみを, 入口へ, 入口へと, 八仙卓の, 八角時計の, 円柱が, 写真によって, 冬の, 処は, 出入口と, 出口の, 出口より, 切り戸から, 切り立ったよう, 切れない人間, 前に, 前山に, 勘定台に, 北伝八郎を, 千手観音に, 卓に, 卓子から, 南門へ, 印度女達を, 厚いガラス板, 参詣道を, 受付に, 口孔を, 右の, 右手に, 名とは, 向こうの, 問題として, 圓滿の, 坂を, 城戸を, 城門は, 堂の, 塀の, 塔の, 壁とは, 壁は, 壁も, 壁一杯に, 壁越しに, 壇へ, 壇上から, 大きさ, 大きな姿見, 大きな安楽イス, 大きな書き物机, 大きな机, 大きな鏡台, 大きな階段, 大卓, 大卓子, 大姿見, 大山だった, 大扉, 大棚へ, 大理石階段は, 大画幅, 大賽銭箱, 大路に, 大部分, 大鏡, 大階段, 大黒柱の, 天井からは, 奈々子の, 奉行の, 奥つまり, 奥にも, 奥の, 奥また, 奥深い片隅, 奧に, 姿のみを, 安楽椅子にも, 客に, 客は, 室に, 家の, 家を, 寒水石の, 寝室の, 寝部屋, 寢像を, 寺の, 対立物であった, 対立物とは, 小さい壇, 小さい舞台, 小島へ, 小机, 小綺麗の, 小部屋, 少し後ろ, 屋根の, 屋根並みや, 山どころか, 山ふところから, 山台に, 岩かべに, 岩壁から, 岩壁の, 川の, 左右に, 左右の, 左手に, 左手の, 巨き, 巨勢博士の, 巨漢が, 布袋が, 席から, 席で, 席であっ, 席の, 席へ, 幕に, 広い硝子戸, 広い部屋, 床に, 床には, 床の, 床の間これなども, 床の間に, 床の間の, 床を, 床柱の, 床間の, 座敷が, 座敷を, 庭に, 延長を, 建物, 建物の, 廻転扉を, 弊政改革に, 式台を, 影は, 御座に, 御拝, 御書院づくり, 御玄関, 怖い面した, 性格を, 惨劇側面の, 意味は, 戦酣なる, 戸は, 戸棚の, 所が, 所に, 所まで, 扁額には, 扉に, 扉両方に, 拱門も, 掛けビラに, 攻撃に, 攻撃を, 教壇の, 数寄屋づくりの, 敵から, 敵である, 敵でなく, 敵として, 敵の, 敵へ, 敵中へ, 敵秀吉へ, 敵金沢有時の, 敵高大之進は, 断崖を, 新座敷, 新火山, 方から, 明かり取りは, 明り取りは, 明神の, 明軍を, 昼の, 時計が, 暗いところ, 暗い闇, 書だ, 書架の, 書院を, 月光に, 木戸から, 本尊仏を, 本棚の, 机の, 杉戸が, 東西に, 松平忠房は, 板を, 板床に, 板戸が, 柱には, 柱の, 柱や, 柱列が, 柵内に, 格子が, 格子に, 格子も, 格子扉を, 桟敷を, 梅雪入道を, 梯子段の, 梵字の, 棚の, 棚を, 棺を, 椅子から, 椅子を, 楽屋の, 楽師たちに, 榻に, 横に, 横まで, 樹陰へ, 欄間血の, 歴史より, 段々を, 毀れた石段, 汚い台, 汚い臺, 泥だらけの, 浅草学校の, 浅間の, 海上に, 淵に, 湯アガリと, 演壇の, 煤けた壁, 燈火の, 爐ばた, 父の, 片隅に, 特別席の, 特等席て, 特等席の, 玄関から, 玄関でなく, 玄関に, 玄関へ, 玄関口に, 玄関口へ, 男が, 白い壁, 白幕に, 白木の, 目的でない, 相手と, 相田に, 真暗な, 石垣に, 石垣のかべに, 石廊へ, 石段により, 石段道を, 石造りの, 破風も, 硝子を, 硝子板の, 祈祷所へ, 神壇の, 神壇へも, 神壇らしい, 神棚から, 神棚に, 秀吉に, 稜骨の, 空地に, 空間に, 空高く, 突当りが, 突当りは, 突破を, 窓からは, 窓がらすに, 窓には, 窓を, 窓四つ硝子は, 窓硝子が, 窓際に, 第一列, 箪笥が, 築山の, 簷こそは, 簷端悉く, 簾が, 簾すかし, 網戸が, 総湯, 緩い傾斜, 縁に, 縁の, 置台を, 羅紗張りの, 老公を, 聖壇には, 聖観音へ, 肋の, 背景に, 背景隱れた, 脇息から, 腰掛の, 至の, 舞台で, 苔を, 茂みの, 草原を, 菓子台を, 華表の, 薬棚に, 螺旋階の, 行手には, 行者の, 街道から, 装飾美術であろう, 裸体美人の, 襖は, 襖左右に, 覆面の, 見物席の, 見附の, 観音堂の, 観音開きの, 解釈でありまし, 設けの, 話合いは, 論戦では, 赤い壁, 赤松と, 路次から, 路次の, 軒蛇腹を, 辺に, 迂回を, 道を, 道路の, 邦夷から, 邦夷に, 邦夷を, 部屋が, 部屋の, 配電盤に, 酒注台に, 酒賣, 野戦で, 金剛山でない, 鉄の, 鉄壁が, 鉄扉が, 鉄扉は, 鉄扉を, 鉄板に, 鉄柵の, 銀幕に, 鏡に, 長押から, 長押に, 門が, 閉した扉, 閉した格子, 阿弥陀如来の, 阿賀妻が, 陳列壇などには, 陳列壇の, 隅には, 階に, 階を, 階子壇の, 階段は, 階段まで, 雨戸へ, 雪の, 電気時計は, 電球の, 露台から, 頑丈な, 額に, 額も, 顔それにも, 顔立を, 飾物を, 饒舌家の, 高い座, 高い所, 高い石段, 高壇, 高時以下その, 高縁, 鰐口の, 鳥居の, 黒板に, 黒板には, 黒板にや

▼ 正面から~ (635, 16.7%)

12 見ると 6 堂々と, 見て 5 ぶつかって, 顔を 4 私を, 見れば

3 [12件] その問題, それに, それを, ぶつかつて, 反対した, 受けて, 名乗って, 向つて, 相手を, 私に, 衝突し, 見た

2 [36件] うけて, かかって, その事情, 之に, 倉地を, 側面の, 匕首で, 反対し, 反対する, 反対の, 反対も, 向かって, 吹きつける場合, 問題に, 射竦める様, 当って, 彼を, 持ち掛けて, 指さしながら, 永久に, 烈しく反対, 物を, 瑠璃子を, 相手に, 眺めて, 突かれて, 肝胆を, 胸を, 見たが, 見たの, 見ながら, 見るの, 覗いて, 言うこと, 静かに, 風に

1 [485件] ありありと, あれだけの, いうの, いくつもの, いっても, うたれたそう, えがくこと, おちかの, おとずれて, おれの, お勢, お雪, お駒, かかっては, かくさねば, かけ合っては, こう褒められ, ことを, この頃, これだけ, さして, さす光, さす炉棚, じかに眺め, じっとながめた, じっとみ, じっと凝視め, じっと田中, じっと眼叩き, じっと見, じっと見詰め, じゃまを, じりじりと, じッ, すすんで, そう見える, そして不用意, そっと彼, そのこと, その哲学的ヴァリュー, その悲惨事, その母, その違約, その風, それへ, たしなめられるよりも, たたかっては, つきかかって, てらされながら, では, とびかかって, とやかく云わせない, とりあげた書評, とりあげなかったこと, とりくむ態度, どやし付けないと, どんとぶつかれ, にらみあいました, にらみあったの, のせられて, のぞくと, のぞけば, はいりこむこと, はねかえすこと, はね返された古藤, ひろ子を, ぶっつかって, ぶっつかっては, ぶっ突か, ぶつかった, ぶつかったの, ぶつかったん, ぶつかつ, ぶつかられると, ぶつかり合はず, ぶつかる, ぶつかる用意, ぶつかれば, ぶつつかつて, まづまづ誰, もどきと, ものいおうという, ものを, やきもち, やっつけるん, やって, やってきて, シゲシゲと, ジッと, ズッと, ドシンと, ヒタと, ピシャリと, ピタリと, ポンポン行く, マライとの, 一つ西に, 一挙に, 三人を, 三四郎と, 三寸も, 不満の, 中将が, 主張なされ, 乗りつけて, 乗り遅れまじの, 乘込ん, 争うこと, 争えないほど, 事理を, 云わない消極的, 人の, 仰ぎ視るべからざる恐し, 伝えるよう, 何を, 作三郎を, 來た, 來られる, 例の, 俯向きつつ, 個人として, 僕に, 僕の, 僧の, 光が, 光線を, 克服せん, 児太郎の, 入つた, 入るよりは, 全力を, 冠せる, 冷たい瞳, 凝視する, 凝視めた, 出なさいって, 刀を, 切つてか, 切り出すと, 切り出すの, 切り結んでは, 切出して, 刺した傷, 加盟を, 動いて, 勢い込め, 匕首を, 午後の, 博士に対して, 反対が, 反對, 反撥した, 取って, 取り扱われた, 取り組んだ, 取り組んで, 取扱つてゐ, 取組んだこと, 受けなくては, 受け取って, 受け容れるの, 受け容れる堂々たる, 叩き付けるの, 叱り散らすこと, 叱咤を, 史実として, 向いあって, 向って, 向つた相手が, 向つて左, 向つて行つて, 向ふ, 吹いて, 吹きつけた, 吹きつけられて, 吹きつける中, 吹きつけ始めると, 吹き込む, 呼ぶの, 呼笛が, 和田を, 哀切に, 問いかけた, 問い落した, 善男善女の, 喉へ, 喉笛へ, 喉笛を, 喝破した, 喧嘩が, 喧嘩口調で, 噴水の, 四十面相を, 圧迫し, 声を, 外力によって, 大きい身体, 大久保を, 大井を, 大原に, 大問題, 大胆に, 女らしさ, 女主人に, 妻女山へ, 姉の, 媒介され, 嬌瞋の, 実行した, 宣って, 対立し, 対立すべき, 対立する, 專三郎と, 尋ねかけて, 尋ねて, 小兒病, 少しくずらし, 少しわき, 左乳の, 左方約, 平次の, 平次を, 平気で, 平身低頭で, 幸徳に, 底まで, 引かぶろうと, 引きうけて, 引組んで, 強弓を, 強襲する, 当たったの, 当らねば, 当るたち, 彼に, 彼らの, 彼女を, 忠相を, 恋を, 息も, 惠之, 意見が, 感心する, 感性的に, 成り立って, 戦うこと, 戦ひぬいた叔父, 手に, 手エつい, 手出しは, 打ちおろした, 打ちつけて, 打ち込んで, 打つかつ, 打つかり其の, 扱うと, 扱って, 承れば, 抒し, 抗議した, 抗議を, 抜くか, 抵抗を, 押しの, 押せば, 拒絶する, 持って, 指さすの, 挨拶され, 振り仰ぎます, 捉へ, 排撃する, 排斥した, 掘り進んでは, 掛け合っては, 掛り合った事件, 描いた室生犀星氏, 描かず塵, 描写は, 攻め上る態, 攻撃し, 攻撃しなくなった, 攻撃する, 攻撃の, 敍述しなけれ, 敵に, 敵の, 文字の, 斉彬を, 斜面から, 斬って, 斬りつけたの, 斯う, 新納, 日光に, 日本の, 映して, 時代と, 時代の, 時代への, 時局的問題を, 曲者に, 書くと, 月の, 来いっ, 来た駄馬, 来て, 来ないの, 来なかつた理由, 来るやつ, 来る光線, 来る音, 次の, 歌えも, 正面へ, 此頃は, 殴りなさい, 民族問題を, 求めて, 浪人の, 渡り合, 激突を, 火照った顔, 火蓋を, 照らした, 照らして, 照りつけた, 照りつけて, 猪突きに, 率直に, 現実を, 申入れまする, 男の, 男を, 異議あり, 発せられしかも, 発言できる, 白, 直視しない, 盾に, 真剣に, 真直に, 眺めながら, 睨まれると, 睨みつけるよう, 睨め付けて, 瞳の, 矛盾する, 砲撃を, 禅杖を, 私の, 突いた傷, 突き刺したもの, 突っかかろうと, 突っぱねたもの, 突撃し, 突進し, 窓の, 立ち向う, 立ち向かっても, 立証する, 笑って, 簡単明瞭に, 細かく是, 細君に, 紹介された, 組付いて, 罪人の, 肉迫すれ, 肯定させる, 肯定し, 肯定せられ, 背くだけの, 胸の, 脇差で, 腰掛が, 自分を, 自分指し, 自然の, 自白させる, 苛立たせて, 若い者, 葉子を, 行き逢ったら野づち, 行ったところ, 行ったら駄目, 行っては, 衝突した, 衝突したなら, 衝突する, 襲って, 襲われて, 見えそれ, 見えるよう, 見すえた, 見すえて, 見たいよう, 見たところ, 見たので, 見たよう, 見たら浅間, 見た感じ, 見た時, 見た標識, 見た顔, 見つめられて, 見ては, 見と, 見ようと, 見られるの, 見る, 見るから, 見ること, 見るよりも, 見る單純さ, 見る気, 見下ろされて, 見入つた, 見合ふ, 見守るところ, 見据えられて, 見据え上体, 見直した, 見直しました, 見詰めた, 視た時, 観察し, 角で, 解決する, 解釈した, 解釈を, 言おうとは, 言はれない, 言ふべき, 訊かれると, 詠じたの, 詰問し, 認めずに, 認め同時に, 論議された, 諫言を, 警察隊の, 議論する, 議論を, 責めつけて, 責めは, 貴族主義を, 賛成する, 車体の, 軍国主義の, 辿って, 近々と向, 近藤に, 近道を, 返答する, 迫った, 述べ立てたらもっと, 述べ立てたらもつと, 進んで, 逼って, 金兵衛に, 釜屋へ, 鈴子夫人に, 鉄砲を, 門附の, 開き直り得るよう, 間近に, 階級闘争を, 霧粒を, 順当に, 額を, 顔うちながめ, 飛びか, 飛びかかって, 飛びかかる, 飛びかゝつて父から, 飛びついた八五郎, 飛付いた一人, 首肯うべく, 馬琴に, 高柳君の, 魚屋へ, 鳥居を, 默つて壇を

▼ 正面~ (244, 6.4%)

31 向いて 20 切って 7 見て 4 きって, にらんで, 向いた, 向けて 3 向いたとき, 向いたま, 向いたまま, 向くと, 見たなり

2 [18件] じっと向い, とどろかして, みつめて, むいたまま, ジッと, 切った, 切りながら, 切ると, 向いたところ, 向いた顔, 向きて, 横に, 見た, 見ながら, 見ると, 見詰めて, 避けその, 避けて

1 [119件] うしろに, きったね, きった不動明王, きり手, きる正攻法, けがして, しやんと, じっと見上げ, にらみつけて, にらみ腕, のこして, はいった右側, ぱっと赤く, ひきさかれて, ひたすらに, ぶらぶらと, ほのかに, ぽかんと見廻した, まじまじと, むいた, むいて, むけた, もって, ガンと, 一寸も, 万太郎の, 云い表わすその, 仰げば, 写すもの, 凝視し, 切ったが, 切ったん, 切った時, 切つた, 切つた論が, 切つて, 切つておんつ, 切つてなにか, 切つて写した, 切つて問ひかけた, 切つて腰を, 切て, 切り, 切りました, 切るの, 切る役者, 切ッて, 北方として, 右に, 右へ, 合せると, 向いたきり, 向いたなり, 向いたまま私, 向いた儘, 向いた富士, 向いた祖父, 向いてた, 向きなおったかと, 向きやっぱり, 向き外套, 向き気, 向き突き出した鉄扇, 向く, 向く時, 向けた, 向けたこと, 向けるテーブル, 向けヒョイ, 向つて村雨, 嫌って, 張って, 彼方に, 拡大し, 持ったある大きな, 描いた, 攻めた, 攻めたドイツ軍, 曲がって, 有する戦い, 望んだ処, 東に, 水平面に, 照らして, 照らしました, 真直に, 眺めますと, 眺めようと, 眼目と, 睨みつけて, 睨んだその, 睨んだまま, 睨んで, 衝こうと, 見つめたまま, 見つめた眼, 見つめて, 見よ, 見る, 見れば, 見上げつつ, 見据えたまま, 見据えたり, 見詰めたま, 見詰めたまま, 記憶するであろう, 越えるなら谷川, 越して, 逆に, 通りすぎて, 通り危うく, 遮ぎる植込, 避けない限り, 避けるよう, 防禦し得べく, 限る後立山山脈, 除いた三方, 駈け抜けるとき, 高く築き上げ

▼ 正面には~ (151, 4.0%)

3 見て 2 一人の, 型の, 女郎花が, 御簾を, 日の丸の, 正月二日開場の, 矢張白色の, 鏡を

1 [132件] かの竹細工, かんの, これも, こんな風, すでにまた, たまねぎの, どっしりした, ひときわ大きな, もう多田院, りっぱな, イルミネーションで, クーロアールが, コンクリートの, チベット風の, ピアノが, ルセアニア人の, 一尊の, 一段高い, 一種の, 一間に, 一面の, 三つほどの, 三尺四方程の, 不動明王の, 二メートル平方位の, 二本松を, 例の, 円柱が, 出入りの, 別に横長テーブル, 前に, 千々岩灘が, 半開きに, 南風が, 司会者某, 向つて, 唐銅の, 四階とも, 壁が, 多彩な, 大いなる花, 大きな十字架, 大きな石, 大きな黒い, 大なる, 大将の, 大島が, 大王であろう, 大門が, 奥穂高が, 家に, 家老寺嶋兵庫お, 富士が, 富士山が, 寺の, 小机, 展開し, 山々見, 山が, 山屋敷預りの, 川を, 工場の, 年経たる, 広い額, 廊下を, 弘法大師の, 得見なかつた, 御簾が, 或神秘的奇怪さ, 抜け目の, 捜査一課の, 搏風が, 故内府, 故司馬先生, 明るく電灯, 春日神社の, 書だ, 木母寺の, 朱の, 村第, 格之, 框に, 椅子三脚と, 橢円形の, 正観世音, 武后の, 民政党総裁浜口雄幸首相安達俵小泉町田などの, 泰松寺の, 海を, 淺野先生が, 清澄な, 煉瓦を, 燃えるよう, 燦然と, 畳が, 白い大きな, 白い砂浜, 白の, 皇太后宮大夫入江子爵が, 皇太后樣の, 石がきを, 石段が, 神主の, 神棚が, 祭壇が, 秋水が, 紫の, 紫藍の, 緑葉の, 船の, 行かないと, 裁判長が, 西を, 見たこと, 見上げるよう, 賭場が, 赤や, 軍勢の, 金と, 銀屏風が, 長い教壇, 長火鉢の, 間口三間の, 青竹の, 鞘形の, 顔を, 高い松の木, 高く両, 高く摩利支天, 高さ四尺, 黄金の, 黒い天鵞絨

▼ 正面~ (100, 2.6%)

2 ピタリと, 一人前に, 向けて, 廻った, 廻って, 来て, 歩いて, 顔を

1 [84件] お出なさいまし, かえして, かつぎ出されて, きた軍の, さうし, すべり込んだ, ずらりとお, その活字, たたずみながら, どうん, ぬけようと, はり付けたという, ぴったり向っ, ぶつかって, まわって, まわりて, まわると, むかって, もどった, グイと, サシ込む, ドッカと, ドデンと, バラバラと, 並んだの, 人影朦朧と, 仲の町が, 写真館の, 出して, 出た, 出て, 出る, 向いては, 向かって, 向けかえた, 向けたならば, 向った時, 向って, 回って, 夕方時から, 大の字に, 大作が, 宛然巨岩立ちふさがった, 寄せて, 居直って, 座って, 廻ったとき, 廻つた, 廻り, 当った, 当って, 抱え出す, 振りかえった, 据えて, 攻めかけ, 来た, 来ました, 梁を, 正面へと, 河野老人の, 牢屋格子を, 現れて, 真っ直ぐに, 眼を, 着座し, 礼を, 突っ立った, 突然顔, 突立つて一揆を, 立ちはだかろうと, 立塞つたのは, 置きすてて, 腰を, 行きそこ, 行くの, 証書を, 躍って, 躍り出るや, 進みでて, 進んだ, 進んで, 飾り附け足場, 馬車を, 魅まれた

▼ 正面~ (76, 2.0%)

2 本院に

1 [74件] いつもこの, たかき石段, ちょうど北浜三丁目, ひろびろと, ぴったりと, ぴつたりと大きな, ますます拡大, ギリシャふうの, テラスへ, ヴェランダ越しに, 一つの, 一間の, 三尺の, 三方に, 二階は, 二階へ, 五六町を, 人工的顔で, 信濃飛騨左手は, 半ば破壊され, 取り払われウェリントン, 可なり, 同時に攻撃, 和歌子の, 堂々たる床の間, 堅固で, 壁と, 外部の, 大きな窓, 封を, 小さいながらも, 屋根ご, 屋根つきの, 川を, 師範の, 幅の, 広大だ, 床の間で, 店にて, 座敷の, 廊下に, 強く快活, 教壇その, 本堂で, 松の, 板羽目にて, 楯を, 河によって, 波が, 流紋岩, 甲府の, 白塗で, 神島と, 突破せらるべきであろう, 突破至難である, 粗末なる, 紅白の, 紙帳である, 群集で, 見えぬ故, 長坂から, 開いたま, 開けた窓, 陰に, 隅田川を, 障子, 障子その, 障子の, 雑木林小杉林畑などの, 離れ風, 霧が, 青い池, 風が, 黒幕

▼ 正面衝突~ (60, 1.6%)

5 して 4 です, をし 2 は避け, をする

1 [43件] か, から両, が京都, が行われる, が起り, したの, したん, しなければ, するであろうという, するはず, せにゃ, だけは避けられた, だよ, でもした, とすれ, となっ, となった, など無かっ, にきまっ, になった, になる, に組みついた, の危険, の場合, の形, の後, の殺気, はまず, は気質的, もなく, も木端微塵, も極力, も気, よりない, らしい, をした, をしたら, をしなけれ, を惹起, を起し, を辞さない, を避けし, を避けた

▼ 正面~ (36, 0.9%)

3 彼の 2 抜けない, 見えた

1 [29件] お堂, この態, すぐに, すっかり見える, ずッ, せり出して, その人, その黒い, 写って, 取着きの, 吾, 四五軒から, 四角くって, 国王席に, 姿を, 審判席で, 小説新潮の, 広げられて, 弘福寺です, 弥勒仏右が, 拡大する, 正門で, 無愛想な, 画いて, 神宮社殿である, 祭壇だ, 薄赤く, 門の, 間隙を

▼ 正面~ (29, 0.8%)

2 左右に, 横とに

1 [25件] きれぎれ, すれば, その左右, ちがって, 下手に, 側面とには, 側面とを, 其石柱の, 出口とに, 右の, 左側と, 思われる方向, 撞木に, 横からと, 横とから, 横とが, 横合から, 横顔, 横顔とに, 正面に, 煙草屋の, 直角を, 裏と, 裏面の, 違つて人通りが

▼ 正面より~ (23, 0.6%)

2 これを, 見れば

1 [19件] いっそう陰気, やや下流手, 側面へ, 即ち山麓, 受取りその, 問進む, 堂々の, 少し右, 張, 攻撃する, 敵すべからざる事, 斬って, 来り黄金, 生命を, 衝突し, 見たならば, 見ての, 見詰めるを, 陶の

▼ 正面切っ~ (22, 0.6%)

1 [22件] ておさえつける, てそれ, てたずねられ, ての衝突, ての話, ての議論, ての質問, てみ, てわが輩, てダンアツ, て保嗣, て問いつめられる, て対峙, て師, て戦争, て押し入った, て改革, て次々, て渡, て見る, て説明, て道理

▼ 正面からの~ (19, 0.5%)

1 [19件] はげしい風雨, 交渉と, 体当りは, 写実, 反動主義者で, 反対に, 吹きつけ, 太刀打は, 弥次馬の, 御意見, 戦が, 戦争と, 批評では, 攻撃が, 激しい風, 立場を, 衝突でも, 話には, 道が

▼ 正面入口~ (18, 0.5%)

1 [18件] から向っ, から歩道, があるらしいです, に大きな, に来, に面し, に頑張っ, のすぐ, の中央, の右手扉, の柱, の混雑, の石段, の破風, の近く, の長旗, まえの, をはひる

▼ 正面玄関~ (18, 0.5%)

1 [18件] からさっき, です, で全部, につづい, の上り口, の右手扉, の向っ, の土間, の扉, の柱列, の石段, の緋, の間, の黒く, へ, へ殺到, まで二十間, を訪れた

▼ 正面~ (15, 0.4%)

1 [15件] であったか, であるか, であること, であるに従って, である他, では, な, な分類, な取り扱い方, な標識, に対峙, に把握, に理解, に臨む, に解決

▼ 正面からは~ (14, 0.4%)

1 [14件] お言い, ずいぶん離れ, それに, ヴェルダン市の, 下生えや, 全く反対, 反対の, 受け留めにくい, 平次, 拒まずにおいて, 書かない, 答えなかったが, 葉子の, 返事せず

▼ 正面きっ~ (13, 0.3%)

1 [13件] てあの, てこの, て何, て反対, て口, て堂々, て大, て張りあっ, て抗議, て日本, て海図, て行動, て訴人

▼ 正面中央~ (13, 0.3%)

1 [13件] にある, には, には伊太利産, に大, に改札口, に階上, に階段, のマントルピース, の二名, の特等席, の青, の高座, へ打ちつけ

▼ 正面~ (13, 0.3%)

2 は谷

1 [11件] とのさかい, に三つ, に三本, に下っ, に廊下, のあの, の中央, の方, の赤い, は左, は障子

▼ 正面向き~ (12, 0.3%)

1 [12件] おはし須臾, が彼, である, で相向, に男二人, に直され, に脚, に近い, の像, の大写し, の左端, らしい

▼ 正面階段~ (11, 0.3%)

1 [11件] から船つき場, には伸子たち, のまわり, の上, の柱, をゆっくり, を三階, を上っ, を昇っ, を登り, を降り

▼ 正面~ (10, 0.3%)

1 ピタリと, 上下し, 官軍の, 広々と, 庭に, 庭を, 待って, 海から, 省三の, 逞ましい見

▼ 正面まで~ (9, 0.2%)

1 しづしづと, つかつかと, やって来た, 曳いて, 来ると, 石畳が, 行った, 通って, 進んだ有

▼ 正面攻撃~ (9, 0.2%)

1 など, に出, に出合った, に成功, の敵, をあきらめ, をし, を喰わせる, を行う

▼ 正面なる~ (7, 0.2%)

1 入日に, 大理石階には, 太和宮, 扉を, 新橋の, 朝燈明の, 石段の

▼ 正面切った~ (7, 0.2%)

1 のは, 催促よりも, 大官の, 感想文を, 所謂井伏鱒二論は, 方が, 雪村では

▼ 正面~ (7, 0.2%)

2 階段の, 階段を 1 屋根の, 玄関の, 階段には

▼ 正面~ (6, 0.2%)

1 ている, てこれ, て一列, て姿勢, て構え, て箱根火山

▼ 正面やや~ (6, 0.2%)

3 左手に 2 右手寄りに 1 右寄りの

▼ 正面だけが~ (5, 0.1%)

1 きり立つたやう, 暗幕の, 歴史の, 薄れゆく焜炉, 見えるばかり

▼ 正面~ (5, 0.1%)

1 ので, のですこし, ので悦, 藥湯が, 非難を

▼ 正面~ (4, 0.1%)

1 から正面, がさ, と思える, ァれ

▼ 正面にも~ (4, 0.1%)

1 北が, 同じ大き, 板かべが, 金泥の

▼ 正面~ (4, 0.1%)

1 ワイワイがやがやと, 初めて搖ぎないものになる, 尾部も, 横も

▼ 正面石段~ (4, 0.1%)

1 から下り, による適当, を一人, を一歩一歩

▼ 正面からも~ (3, 0.1%)

1 です, 又は背景, 同じよう

▼ 正面した~ (3, 0.1%)

1 まひ洞窟は, 形で, 負傷兵の

▼ 正面その~ (3, 0.1%)

1 右に, 明星と, 正面が

▼ 正面では~ (3, 0.1%)

1 あまりまばゆくっ, ぐらぐらと, 氏を

▼ 正面ばかり~ (3, 0.1%)

2 見て 1 眺めて

▼ 正面へと~ (3, 0.1%)

1 向ひ, 廻ろうと, 撫で移して

▼ 正面~ (3, 0.1%)

1 側面には, 左手に, 赤い屋根

▼ 正面一杯~ (3, 0.1%)

1 が硝子戸, に張り廻された, に影

▼ 正面一段~ (3, 0.1%)

1 高いところ, 高い舞台, 高い處

▼ 正面左右~ (3, 0.1%)

1 から迫っ, に三十メートル, の棚

▼ 正面桟敷~ (3, 0.1%)

1 といった, にいた, には大御所様はじめ

▼ 正面突破~ (3, 0.1%)

1 のため相当, の困難増大, の至難

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 席に, 座席近くに

▼ 正面からでも~ (2, 0.1%)

2 指摘も

▼ 正面からと~ (2, 0.1%)

1 側面からとの, 光線の

▼ 正面からばかり~ (2, 0.1%)

1 攻撃される, 見るの

▼ 正面する~ (2, 0.1%)

1 とちょうど, と両手

▼ 正面だけ~ (2, 0.1%)

1 見て, 造るのに

▼ 正面などが~ (2, 0.1%)

1 あるばかり, 見られた

▼ 正面において~ (2, 0.1%)

1 ある鏡, 歌を

▼ 正面にかけて~ (2, 0.1%)

2 ある円い

▼ 正面に対し~ (2, 0.1%)

1 使用し得る, 攻撃を

▼ 正面三カ所~ (2, 0.1%)

2 に轡

▼ 正面二階~ (2, 0.1%)

1 から舞台, の破風

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 つた数々, つた理論

▼ 正面切つて~ (2, 0.1%)

1 いひ出した, は返答

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 から電車, の処

▼ 正面~ (2, 0.1%)

2 に劒岳

▼ 正面及び~ (2, 0.1%)

1 側面見, 右なる

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 から横顔, を偲ばうなら

▼ 正面壁間~ (2, 0.1%)

1 に見覚え, の黒板

▼ 正面壇上~ (2, 0.1%)

1 にはいくつ, に据ゑた

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 に案内, へ這入っ

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 の前, の脇

▼ 正面床柱~ (2, 0.1%)

1 のわき, の前

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 のドア, の襟足

▼ 正面数間~ (2, 0.1%)

2 の彼方

▼ 正面神棚~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ 正面祭壇~ (2, 0.1%)

1 の中央, の白亜壁

▼ 正面~ (2, 0.1%)

1 つき, つきには

▼ 正面近く~ (2, 0.1%)

1 へもどっ, 角柱にも

▼1* [190件]

正面あなたと向い合っ, 正面いっぱいの横, 正面おなじく森々たる, 正面および右側に, 正面わが膝, 正面かの男と, 正面からじゃあ気咎めが, 正面からだけでなく前後左右, 正面からのみ拝される, 正面からをどりか, 正面きつて疊, 正面くらゐは, 正面こそ大同電力の, 正面させて縊死, 正面しかも双方とも, 正面しょうとつは, 正面すこしく上手寄りに, 正面なへ, 正面だけでも半リーグ, 正面だけのことで, 正面だけを警戒したら足る, 正面だの横向だの, 正面つまり正夫を, 正面であってピクプュス小路, 正面であった様だ, 正面である南側の, 正面ですってまあ, 正面でばかし斯ん, 正面でも見ようと, 正面といった肩で, 正面として長く左右, 正面とは違い場末, 正面なら升田は, 正面なり朱に, 正面なんか純正双曲線を, 正面にあたって何やら大勢, 正面にかざつてもと手のか, 正面にかの女を, 正面にて前進し得た, 正面にてはあたま, 正面にとり組んだの, 正面にね丸窓を, 正面に当たって崖が, 正面のずつと向うの, 正面のみ高い石垣, 正面はるかな所, 正面へという態度くりかえし考え, 正面ほど不体裁に, 正面または横側から, 正面までは深入りを, 正面むいて, 正面むきに並べ, 正面むくとまるで, 正面やをじっと見つめ, 正面来る子ら, 正面よりずつと見下し, 正面をさえ睨んで, 正面を以て前進する, 正面ウェリントンは半, 正面クリスチャン五世の騎馬像, 正面ト背面各部分, 正面ニハ宝瓶ヲ現, 正面ニ菩薩ヲ刻ムダケノ, 正面ヒットラーの前, 正面ピアノの上, 正面通ッタラ刀カケニオレガ刀ヲ, 正面ボックスの下, 正面視ツメタマヽデイナケレバナラナイ, 正面一二尺の所, 正面一列の窓外, 正面一帯の水, 正面一間半ほどの所, 正面七八間の処, 正面丈けが針がねの網, 正面三井寺の山門, 正面三四尺の間隔, 正面三尺の地点, 正面三枚橋上下駒寄せ黒塗りに白く, 正面三間の大, 正面上手一面のひ, 正面上段の白雲黒雲, 正面上野の山, 正面から五尺, 正面下座からパッ, 正面下手の扉, 正面下手寄りに廊下, 正面乾児たちの群, 正面二百人あての二十七列, 正面五六間の所, 正面以外に鉄道, 正面佛壇の下, 正面に向っ, 正面側面のあらゆる, 正面をやっ, 正面充満に陣取ったろう, 正面入り口から二十面相, 正面入口わきの正, 正面六七段の石, 正面切つて真面目に追及, 正面切つて石川と對立, 正面切ッてこの, 正面十何本の太い, 正面半身が見えました, 正面又は背面から, 正面にもどっ, 正面右側に掲げ, 正面右手寄りに之, 正面に身体, 正面向いて返事, 正面向う角が両替屋, 正面向き写真よりも上, 正面向けたまんま小声で, 正面向って右側, 正面土俵の一角, 正面坪井山をうしろ, 正面壁画に最後の審判, 正面外壁へシルク, 正面大手だけのこと, 正面天幕の内部, 正面天照皇大神宮八幡大, 正面定まりなきあたり, 正面家屋の屋内, 正面寄りの板囲い, 正面対屋の建築, 正面小高き丸石の, 正面左側にある, 正面左手の壁, 正面のおろされた, 正面平井山にその, 正面広間の紅い, 正面床の間の方, 正面御簾をたらした, 正面急転右替の, 正面と多面性, 正面成吉思汗の天幕, 正面につい, 正面改札口向うに飴色, 正面整列が見られた, 正面敷皮の上, 正面昇降機の横, 正面東側の戸口, 正面東側そこに御簾, 正面東照公の木像, 正面板の間のよう, 正面板羽目是に聯, 正面柱列は十数流, 正面を赫, 正面の林, 正面楽屋の出入口, 正面橋がかりの松, 正面海岸に並べた, 正面源右衛門の住家, 正面特等席の中央, 正面狭小で通常縦, 正面玄関横から登る, 正面玄関芦田牧ほかに七八名, 正面的分類ではあり得ない, 正面的堅塁をその, 正面直下で合流, 正面相対して, 正面真白な大, 正面硝子戸を距, 正面の座る, 正面突当りの壁, 正面突当りなる窓際に, 正面二隊, 正面八十キロに, 正面背面又は横顔, 正面の侍溜, 正面の上, 正面舞台の映画, 正面のわずか, 正面虎渓橋に向った, 正面虎溪橋に向つた石段, 正面衛突をし, 正面袖門つきの入口, 正面襲撃であったが, 正面質素な西, 正面赤毛布の上, 正面車寄のわき, 正面遠く久世山あたりまで, 正面間毎間毎の結構, 正面防禦の中心, 正面いろの, 正面の綾, 正面露台の外, 正面の左右, 正面馬場の中央, 正面鳥居甲斐守の前, 正面の緒