青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正造~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~正当 正当~ 正成~ ~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~
正造~
~正面 正面~ ~此 此~ ~此処 此処~ ~此方 此方~ 此時~ 此等~

「正造~」 1020, 11ppm, 9830位

▼ 正造~ (510, 50.0%)

6 それを 5 そういっ, 言葉を 4 これを, それに, 急に, 袴の 3 この日, この時, 演壇に, 顔を

2 [21件] ここで, そういい, そこに, つづけた, どこまでも, ひそかに, またし, 一段と声, 三角の, 丸い肩, 今より, 俥の, 唸って, 帰京する, 心の, 憤然として, 手で, 暇を, 東京に, 沈痛な, 胸を

1 [424件] あたかも父, あるいは役場, いかにも憂わ, かえって感慨, かねがね面白から, この一事, この前後演説会, この調査書, これからの, これで, これまで, さらにつづけた, さらに二月, さらに原田定, さらに憲法, さらに被害地, さらに院内, しかしいよいよ, しきりに憂結, しだいに古河, しばしば発言, しばらく唇, しばらく黙想, しみの, じっとし, じっと頭, すぐには, すぐ手紙, すでに帰郷, すでに袴, すでに身支度, すでに風邪気味, そうした憤り, そうした政変, そうした裏面運動, そうした鋭い, そう思い, そう思っ, そのこと, その下, その声, その夜宿, その孤立, その宿舎, その日, その有様, その目標, その結果, その結果鉱毒, その言葉, その診断そのもの, その進歩党遊説員, その鋒先, その間に, その隙, それだけの, それには, そんなふうに感慨, ただ切先, ただ報告, ただ満足そう, たまたま同僚殺害, たまりかねて, ちょっと改, ついに懲罰委員, ついに舟津川, ついに言語, つねに心からの, ときどき, とくに雲龍寺事務所, とぼけた口吻, なおいい残し, なおも汚い, なおも躊躇, なお不服そう, なお憤激, ながく記憶, なにか消えうせた, なにごとも, なにを, はげしい雨音, はっきり, ふたたび二つ, ふたたび病躯, ふるえ声, ふーんと, ぶらりと外出, まさしく宮城, またそう, また三人, また川原, また案, また深い, また目, また眉根, また突然, また筆, また言葉, また風呂敷, まだ病床, まだ院内, もうそれ, もうまるで嘆願, もう素裸, もとの, もともと梨下, もともと自身, もはやじっとし, もはや係累, やがて村長, やがて鉱毒問題, われに, キラリと, ギクリと, グイと, コップの, ニコリとも, ハッと, ホッと, 一つ仕事に, 一人, 一刻も, 一同に, 一同を, 一度ならず, 一旦帰京, 一時は, 一月以来ひきつづき, 一段々, 一段と語気, 一瞬あかるい, 一瞬放心し, 一行の, 一読二読自分にとって, 一身を, 一通り広島の, 万感胸に, 三人の, 上野館の, 両手で, 並木の, 予戒令を, 予言者でも, 予防工事の, 事件について, 事務所へ, 二三の, 二冊の, 二十一日附で, 二十四通の, 二日に, 二週間門馬は, 二階へ, 五十一歳であった, 五十八歳に, 五度目の, 京橋八官町の, 人々に, 人々の, 他の, 他人行儀な, 伊藤を, 会場に, 佐野の, 体を, 何回と, 使いの, 例によって, 促されて, 俥を, 俥夫が, 傍の, 免租の, 全く話, 全身全霊で, 六たび当選した, 六時に, 内務省大蔵省の, 再びお, 冷えた茶, 凄じい声, 出ませぬでも, 出京, 前にも, 勿論そうした, 十六日に, 半紙を, 卒然と, 卓を, 即座に, 原田定助から, 厠に, 厠を, 厳粛な, 去る四月四日, 去月二十六日に, 各派の, 吐きだすよう, 周囲の, 咆え, 唾を, 嘗つて江刺の, 四たび当選した, 四百十八番の, 坐ると, 堪えかねたよう, 壇上で, 声を, 多年にわたる, 夜陰の, 大きく咳払い, 大きく嘆息, 大きく形, 大きな掌, 大なる, 奥庭の, 子爵三浦悟楼の, 小舟町の, 島田三郎を, 島田三郎高野盃規を, 左手で, 左部など, 席標で, 帰途さらに, 帰郷し, 平然とコップ, 平生わが国の, 広い竹藪, 庭の, 引きつづき被告人中, 引きつづき被害地, 強く首, 徳利の, 心外の, 心配し, 忘れること, 怒号の, 怒気を, 思った, 思わず唾, 急遽上京, 恒吉の, 恒吉を, 息も, 意に, 意を, 感に, 感慨深そう, 感極, 感歎し, 憤懣を, 憲法保護の, 所信を, 手に, 拍手の, 指おり数え, 指さし, 指先に, 指折り数え, 改って, 数日後の, 新内閣, 日本の, 日頃の, 旧臘以来宿痾の, 早速, 早速に, 旬日の, 昨日に, 時機の, 暗い庭先, 書類から, 最初から, 最前列左側, 有志の, 村, 村の, 村長に, 枕から, 栃木県第, 栗原へ, 案外に, 植木屋から, 横浜に, 殺気立って, 毛野村富田村を, 気に, 汚いもの, 決してのうのうと, 決して二度と再びお, 決して嘘, 沿岸の, 洟水を, 津田と共に, 海老瀬村山口間田の, 海老瀬村間田の, 深刻な, 淵江村の, 渋団扇で, 渡良瀬川の, 満面に, 満面の, 溜息の, 溜息を, 激怒し, 灸点家の, 無論それら, 無論快く, 無遠慮に, 独り黙然と, 猶やむ, 玄関で, 病室で, 病室に, 痛憤の, 白い髯, 目かくしした, 目の, 目を, 相も, 相変らず, 眉も, 眉間に, 真先に, 真摯な, 眠りから, 眠るよう, 瞑目した, 確信し, 社会の, 穏しく, 突立った, 竹藪の, 笑いながら, 笑いに, 第二議会, 筆を, 篠崎医師に, 紋付の, 紋服の, 維新に, 総代たちから, 線香を, 縷々三時間にわたる, 群馬県人左部彦次郎を, 翌日から, 老婆の, 老婆も, 肩を, 肯じなかった, 胸の, 胸苦しくなっ, 腕ぐみし, 膝を, 自分が, 自分で, 自席から, 自席に, 自身で, 舟津川まで, 若い彼, 苦しげ, 苦痛を, 苦虫を, 虚を, 血相を, 衆議院の, 衆議院議員だ, 衆議院議員でございます, 行燈の, 被害地の, 被害地へ, 要所要所, 語尾を, 語気するどく, 語気を, 諸君と, 諸君と共に, 諸君の, 警官に, 議会に, 議会の, 議会中の, 議席に, 議長の, 議院における, 谷干城とも, 貧乏は, 起ったり, 越中屋の, 足を, 足尾の, 軽くうなずい, 連れだって, 進歩党党報員として, 遠く来し方, 遠慮する, 遣瀬, 選挙の, 遼東還, 還暦の, 酒屋の, 釣ランプの, 鉱業調査会に対して, 鉱毒事件について, 鎮撫し, 開院式の, 隣家の, 雨も, 雲龍寺の, 雲龍寺事務所へ, 面会人が, 音たて, 順天堂病院へ, 頭を, 頭陀袋の, 頼母し, 額に, 顔色を, 顔見知りの, 風邪に, 首を, 高橋の, 黙って

▼ 正造~ (177, 17.4%)

8 顔を 6 顔は 3 両眼

2 [12件] 前へ, 声は, 姿を, 心の, 様子には, 様子を, 申すこと, 胸に, 胸には, 言葉が, 言葉に, 言葉は

1 [136件] あとを, いう如く亡びたと, いわゆる自己流, おい, こうした努力, こえを, その信念, そばへ, むさくるしい風体, もっとも遺憾, やつれた顔, ゆき着いたの, アクビ事件, ザツクザツク軍靴葬送曲に, 一言で, 一身の, 一身は, 丸い肩, 主張に, 予言は, 事を, 事業に, 何の, 信念は, 偉大な, 再度の, 出席停止中の, 前に, 剛直と, 去る十七日, 収穫は, 口調は, 命によって, 命を, 命数とを, 命数は, 唇から, 問題でございましょう, 嚢中は, 境遇に対する, 壮重な, 声が, 大きな声, 奉状, 妹の, 姿が, 姿に, 定宿去る, 宿に, 専売である, 巡察する, 席を, 廉潔を, 引致された, 心境に, 心火に, 意を, 憂憤, 憤慨は, 指図で, 操守と, 放免された, 政党に対する, 教唆煽動から, 日頃の, 書中にも, 杞憂も, 来訪を, 根拠は, 根拠地であった, 様子は, 民権運動時代からの, 注意の, 溺死が, 演説に対して, 演説は, 潔白に, 無言の, 生還は, 番が, 病気は, 病気を以て, 登院は, 目から, 目は, 直訴が, 眉と, 眉宇を, 矢の, 罵倒は, 聴かされた永久示談, 胸の, 胸は, 胸を, 胸中には, 胸中深く, 胸底には, 脳病は, 臨終の, 至誠が, 至誠に, 苦衷を, 血相が, 行動に対する, 覚悟が, 言ふ如く, 言ふ如く亡びた, 言を, 言行一切が, 語りだす声, 語勢は, 語気は, 説諭で, 諌止を, 警告と, 議会演説に, 足もとの, 足もとへ, 身は, 身内に, 身実に, 辞意を, 通知によって, 選挙情勢を, 部屋を, 鉱毒事件史を, 鉱毒談と, 間にも, 隙を, 面前で, 面前へ, 頼みを, 額には, 顔が, 顔には, 顔ばかり

▼ 正造~ (101, 9.9%)

2 壇上から

1 [99件] あげた陸奥, お邪魔, きつと, こうして演壇, その腕, それを, そんな夜更け, どこまで, どれほどの, ますます不審顔, また行手, まだ滞京, まっさきに袴, むきに, もどって, ようやく姿, ようやく満腔, 七三三票木村半兵衛は, 三番町の, 不審とも, 久野の, 事務所と, 二十年前に, 二十日から, 今年に, 今度の, 休養し, 何気なく答える, 出て, 力説し, 去る三月八日, 口を, 吃度敵打ち, 名主を, 嘘を, 壇を, 声を, 変な, 大きな巌, 大口を, 大声あげ, 大声に, 大隈重信を, 実に容易, 寝食を, 寧日なく, 封を, 岩手県から, 帰京し, 憤然と, 承ること, 投げた鉱毒問題, 投宿した, 拍手に, 拍手の, 挨拶に, 日比谷で, 村長を, 栃木県会議長として, 栗原宰次郎の, 案外に, 椅子を, 歳費辞退の, 歳費辞退を, 沈痛に, 渾身皇室に対して, 激しい口調, 病中を, 痛ましげ, 登壇し, 眼を, 瞼を, 突立っ, 精根を, 罪の, 群馬県会議員荒川高三郎を, 聴いたところ, 膝もとの, 自ら予言したごとく, 自席に, 被害地の, 被害地を, 見かねて, 解散の, 言葉を, 議会へ, 議員を, 議席に, 質問を, 起ったとき, 足を, 辞退した, 鉱毒問題を, 鉱毒演説会を, 鍔を, 降壇, 顔を, 高橋の, 麹町仲六番町の

▼ 正造~ (43, 4.2%)

2 さすがに

1 [41件] いきおいもはや現, うす汚い毛布, ここまで, これより, すでに面識, その事情, その先唱, その周囲, それに, それには, それを, そんなふうに穿った, ついに信濃屋, とにかく大隈, ひそかに, またその, またそれ以来, またポタポタ, また一行, また共に, また宿望, また広島, また挨拶, また東奔西走文字通り席, また欠席, また自ら感, また騒擾, まだ兼三郎, やっと書類, 多年の, 悄然として, 承知し, 招かれて, 気が, 深くうなずき, 満足そうに, 猶いい, 自ら大口を, 諸君の, 郷里から, 黙って

▼ 正造~ (37, 3.6%)

3 拘引し 2 見返した

1 [32件] うしろへ, おもえば, ついに取りおさえた, はじめ中島祐八荒井啓五郎の, はじめ県会議員横尾輝吉川島治平天海浜吉を, まねた咳払い, 乗せて, 前に, 同情の, 声援する, 宿屋休息を, 山師だ, 山師と, 座に, 当惑させる, 抱き止めた, 推すため, 狂人か, 積極的に, 見かえり, 見すえた父, 見るや, 見出すこと, 訪ねた, 訪れる者, 認めると, 諷したの, 責めた, 貶したもの, 送りだして, 遮ろうと, 頼りに

▼ 正造~ (31, 3.0%)

3 沙汰を 2 代り子

1 [26件] して, しても, すれば, まだ実際が, 上奏の, 会釈し, 取つて最後, 取りすがる面差し, 同情し, 同情する, 味方する, 手痛く叱責, 挨拶の, 暇を, 楯を, 疲労の, 訴えた, 訴えんもの, 談話を, 責が, 辞退され, 返つた, 通じた, 面会を, 鞭撻され, 頭を

▼ 正造~ (15, 1.5%)

2 などは口碑的豪傑

1 [13件] が何処, だ, でした, と同伴, に面識, のやう, の聲, の驥尾, は随分, は隨分新聞紙, は面會, もその, もたしかに

▼ 正造には~ (12, 1.2%)

2 四千万の 1 ありませぬでも, ままこうした, 一日として, 一番たえ, 今日この, 今日は, 定った, 役人の, 村長たちの, 満場の

▼ 正造自身~ (9, 0.9%)

1 がどれほど, が案内, の被告事件, の裡, は常に, は当惑, は殆, は脳病, は莨銭

▼ 正造~ (8, 0.8%)

1 わかって, 云へば, 因縁ふかい, 因縁浅から, 打合せが, 荒川を, 行動を, 関係が

▼ 正造たち~ (6, 0.6%)

1 が古河, が門前, の鉱毒運動, は一先ず, は関宿, も握り飯

▼ 正造~ (6, 0.6%)

1 です, に退場, の口, を山師, を推薦, を撰定

▼ 正造~ (5, 0.5%)

2 の如き 1 です, と寮, の熱心

▼ 正造にも~ (3, 0.3%)

1 それは, 星を通じて, 真に考える

▼ 正造~ (3, 0.3%)

2 の功能 1 の用意

▼ 正造博士~ (3, 0.3%)

1 だろう, もやはり, を招い

▼ 正造~ (3, 0.3%)

2 恐誠惶頓首 1 恐誠惶

▼ 正造から~ (2, 0.2%)

1 急の, 頼まれた唯諾

▼ 正造~ (2, 0.2%)

1 とは思い, よ

▼ 正造なお~ (2, 0.2%)

1 十年の, 数年壮健なら

▼ 正造にとって~ (2, 0.2%)

1 全く予期, 甚だ迷惑

▼ 正造にとっては~ (2, 0.2%)

1 いよいよ緊張, 当面の

▼ 正造一己~ (2, 0.2%)

2 の生活

▼ 正造氏其人~ (2, 0.2%)

2 なり

▼ 正造~ (2, 0.2%)

1 の廉潔派, は議会

▼1* [32件]

正造おもへらく今雨, 正造お願いがある, 正造その人であった, 正造その他の意見, 正造さえ極貧家, 正造という名刺を, 正造とは永年の, 正造など云ふ, 正造などが声を, 正造などはなにもので, 正造なども波が, 正造に対して一週間門馬は, 正造に対する親しみの, 正造に従って被害地へ, 正造毎朝二合ずつ, 正造への後援を, 正造ほか四十六名を提出者, 正造よくこれを, 正造より三四間も, 正造一千七十六票木村半兵衛七十八票という圧倒的, 正造今晩死にましても, 正造其馬を見れ, 正造及び同志の, 正造小心世上の豪傑, 正造教授にただし, 正造既に産を, 正造更に汝の, 正造最早用いるなき, 正造栃木県会議員関口忠太郎群馬県会議員荒川音三郎ほか六名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 正造独りの胸, 正造目下身体よろしく候え, 正造隣村酒屋の番頭