青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正直~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正しく~ 正に~ ~正体 正体~ ~正当 正当~ 正成~ ~正月 正月~ ~正直
正直~
~正確 正確~ 正義~ 正造~ ~正面 正面~ ~此 此~ ~此処 此処~

「正直~」 5042, 54ppm, 2133位

▼ 正直~ (1652, 32.8%)

48 云って 25 言って 22 いって 21 して 20 答えた 15 自分の, 話して 14 白状した, 白状する, 言えば 12 いうと, それを, 云え, 働いて 11 いえば, 云えば, 白状すれ 10 言うと 9 云うと 8 云った, 告白する, 白状し 7 打ち明けて, 答えると, 言つ 6 いった, いふと, 書いて, 申上げる, 答えて 5 いえ, 云つ, 申しますと, 答えたの, 答えました, 自分を, 話した, 返事を

4 [13件] そのこと, 云へば, 信じて, 出て, 告白し, 告白した, 打ち明けた, 教えて, 物を, 申し立てて, 白状します, 私の, 言った

3 [25件] いう, ならなければ, なると, やって, 事情を, 云わねえと, 人に, 告白したい, 心持を, 手を, 本音を, 申せば, 申立てた, 白状しろ, 白状に, 立って, 答えるの, 答へ, 考えて, 言ひ, 言ふ, 詠むが, 述べて, 首を, 驚いて

2 [105件] あなたに, あなたの, いうこと, いったもの, いっと, いへば, いやいい, うなずいた, このこと, さう言, しなければ, せよと, そう感じた, その事情, なつて, なられぬこと, なること, なるの, なろうと, まだ眼, やるの, やれば, 云いました, 云うが, 云えない, 云えよ, 云つち, 云ひます, 云ふ, 云ふと, 云へ, 何とか批評, 何も, 何もかも, 働くの, 先生に, 分らないと, 反省する, 取っては, 受けて, 受取って, 名乗った, 告白します, 塞つて, 守って, 彼の, 彼等の, 心に, 感心し, 感服し, 懐かしいと, 打明けるが, 打開け, 持って, 断って, 暮して, 有りの, 武蔵は, 生きて, 申します, 申し上げます, 申し上げると, 申し候, 申し立てた, 申し立てると, 申し立てるの, 申すと, 申せ, 申立てる, 白状おし, 白状しない, 相模屋の, 真剣に, 真面目に, 督促し, 私に, 私は, 稼いで, 答える, 答えれば, 答へて, 素直に, 絵の, 聞いて, 自分に, 自己の, 表現し, 見て, 言いますが, 言うが, 言うこと, 言え, 言った方, 言つた, 言つてゐる, 言ふと, 記して, 記載し, 訳を, 話を, 語つた, 語るの, 返答した, 追求し, 頭を

1 [892件 抜粋] あなたを, あらはれて, あらわすこと, あらわれて, あんたとこまで, いいました, いいますとね, いうたげるよって, いうって, いうよ, いう方, いおうおよそ, いちいち応接, いったため, いったら, いっちまいますよ, いっては, いつかは, いふお母さん, いふは, いろ, いろんな話, いわせれば, いわぬ, うけとって, うけとられると, うけとれて, うちあけて, うちあければ, うつ向きに, うわべに, おあい, おだやかに, おっしゃるので, おのれの, おまえドッコイあなたの, お係り, お打ちあけなさら, お父様, お答えを, お答え申し, お話しなさりませ, お辰め, かうも, かう告白, かえるの, こう云った, こう打ちあけた, こう言った, こう返事, こころもちを, こたえるん, このとき私, この二種, これから帰っ, こんな字, ごまかさずに, さうし, さう思つて, さえして, させないと, さへ, ざっくばらんに, ざるを, しかも剛情, したって, しろと, すぎる, すぐ松, すべてを, すまないと, せかついた顔つき, そういっ, そうだ, そう云った, そう思っ, そう思われた, そう推服, そう言う, そして自由, そのま, その事実, その叔母, その希望, その日, その晩位, その次第, その積り, その通り, それは, たたえて, たたかって, ちかごろすっかり売, できて, とるならまず, なげくので, なりうるか否, なりたいん, なり切らずに, なるという, なるよう, なるんだい, なれば, のべよ, のべるの, はきはきと, ぶちまけるが, ほんとうの, ぼくらは, まえとおなじ, また首, みな羽柴様羽柴様と, みんな打ち明け, もうしまするでお, もっと深く, ものを, やつて, やりますから, やるもん, やるより, よくは, よろこぶ甥, コゼットとともに, シンケンに, ドンドン廻っ, ブチまけ, ムッと, 一九一七年の, 一人ゆく, 一円二円と, 一国の, 一日中そんな, 一毫も, 一軒ずつ, 一部始終を, 三十日間手錠を, 下げる頭, 下りました, 両国橋を, 主張し, 九時に, 二三度独りで, 二十万円とは, 云いついだ, 云いません, 云う, 云ううわ, 云うたらよろしから, 云うよりも, 云ったところ, 云ったらどう, 云った方, 云っと, 云つた方が, 云つてだから, 云つて御覧, 云ひ放せ, 云へと, 云わなくちゃ, 云わねえじゃあ, 云わねえよう, 人々は, 今ここで, 今夜の, 今日まで, 仕事を, 仰せどおり, 住める地上, 何もかもよく, 何もかも打ちあけ, 何もかも打ち明けた, 何もかも白状した, 何もかも話し, 使って, 信じては, 信じる, 偶然現場に, 働かないとき, 働くこと, 働くだろう, 働く生活, 儲けた金, 兜を, 入口から, 公明正大に, 写して, 写生せよ, 凍みなくたって, 凡てを, 出られないよう, 出来るだけ, 努める者, 勇敢だった, 勇気ある, 勤めたぞ, 勤める女, 午前十時半ごろ学校へ, 協力し, 厳重に, 又, 反省した, 受けるから, 受け取って, 受け朝子, 口を, 各作家, 同一の, 名も, 名乗りを, 君に, 告げた, 告げて, 告白させたら, 告白を, 唱へて, 問題が, 啓之助を, 善良にと, 営まれた時, 嘘などを, 嘘偽りでなく云う, 国粋的な, 坊主頭を, 報いる処, 報道機関や, 売文を, 夜明かしし, 大胆に, 失望した, 女から, 女に, 姉を, 婦人代議士をも, 孔子の, 孔明を, 実測に, 実際を, 家の, 寝られなかったと, 實行しない, 対比させ, 尻尾に, 届け出るの, 山神の, 崇拝する, 左様だ, 師匠に, 年始まわりに, 座敷を, 弁解する, 当てに, 彼女を, 待ってるにも, 後を, 従った, 御米, 御話した, 心からの, 必然に従って, 応えろ, 怒りますでしょう, 思う, 思うこと, 思って, 怪人丸木に, 恥じた, 悦んで, 悩む人, 悪意なく, 惜しみ快活, 惹かれるの, 感じそして, 感じた事, 感じるの, 感激した, 慾に, 憂えた, 成って, 戦争の, 手前の, 手間を, 打あける, 打ちあけて, 打ちあけること, 打ち明けたら梁福, 打ち明けなくては, 打ち明けると, 打つかって, 打明けなければ, 打明ける事, 打明け重ねて, 投げ出して, 抱かずにも, 担いで, 拾い集めて, 持つん, 振舞へ, 描いて, 摸倣すれ, 政党内閣を, 教えた, 教示し, 新富座という, 日本の, 日本を, 昂奮し, 明かしては, 普通の, 暮すほど, 暮の, 暮らすの, 曰は, 書いたが, 書いたの, 書いた自分, 書かせる, 書きたてるならば, 書き出した, 書き込んで, 書くん, 月々ちゃんと, 期待し, 本当かな, 根好く, 梶に, 橋の, 欣しがる, 歌って, 歓んで, 正当に, 殉じた事, 残酷と, 母に, 気に, 洩らしたの, 淡泊と, 淡泊に, 無私に, 熱心に, 父の, 物に, 物音を, 独身です, 現して, 理想を, 理解される, 生きなければ, 生き生きと, 生まれ過ぎたおのれ, 生れついたもの, 生れついて, 生涯を, 申しあげますると, 申しあげれば, 申しましたら芸人, 申しますけど, 申し上げたん, 申し上げますが, 申し上げようぞ, 申し上げようと, 申し上げる事, 申し候えば, 申し立てるより, 申し立てろよ, 申し述べた上, 申す方, 申立てました, 疑わなければ, 痛心し, 発表し, 発言し, 發言出來なかつた, 白状しなかった, 白状すべきである, 百匁七十円だった, 真心こめ, 真面目にと, 知らなければ, 知らぬと, 示されるでありましょう, 示して, 私が, 私どもの, 程遠からぬ, 稲妻も, 立腹も, 答えたかと, 答えたが, 答えたんで, 答えないと, 答えなければ, 答えますと, 答えよ, 答えられない理由, 答へる, 約束守ってる, 約束守る, 纏めると, 義景の, 考えなくては, 考えるとき, 考えるべきところ, 考えを, 考慮し, 聴いて, 肚の, 肯定し, 脚まで, 自分たちを, 自己を, 自然を, 自白すれ, 船客に, 若芽を, 苦しみ正直, 蔵し, 蜘蛛を, 行く先, 行われて, 行動しよう, 街道へ, 表に, 表現した, 表現すれ, 衷情を, 見えないと, 見たいもの, 見正直, 観せれば, 観照し, 触れて, 言いたれど, 言いなよ, 言います, 言い正直, 言い直した方, 言う, 言うなら縄, 言うの, 言う事, 言えないの, 言えばね, 言おうか, 言ったこと, 言ってる, 言つち, 言つて僕は, 言つて寂し, 言ひます, 言ふなら, 言わないじゃ, 訊いて, 訊き返した, 記す気恥し, 詑びてゐるのは優しく, 詫びようとも, 話しさえ, 話しする, 話したらお前さん, 話したろうか, 話すか, 話すと, 話そう, 認めようと, 認め人類, 語ったので, 語って, 語り陵, 誰が, 請け入れむしろ, 論理学, 貧乏と, 買った品物, 走りまわって, 身の上話を, 身を, 返して, 返答を, 述べなければ, 述べるより, 述べる気, 述懐する, 通せば, 通信を, 進んだら何事, 遊んで, 過ごして, 違いない, 酬われる, 金額を, 降参し, 隠さず云って, 露出する, 静かに, 面白がっ, 頬を, 飲みほして, 驚いた顏, 驚いた顔, 黄いろの

▼ 正直~ (1286, 25.5%)

37 ところを 30 ことを 17 人だ 10 所を, 男で 9 ものだ, ものは 8 人間に, 男だ 7 もので, 人です 6 ところは, ところ私は, 人々の, 人は, 人間を, 告白を, 男です, 話が 5 ところが, ところこの, のを, ものである, もんだ, 事を, 人が, 人間と, 男に, 者が

4 [11件] いい人, ことは, ところ, ところわしは, 人であった, 人と, 人間で, 人間の, 善良な, 奴が, 男を

3 [24件] お人, ところ僕は, はなし, 人だった, 人に, 人の, 人間だ, 人間でございます, 人間です, 仕事を, 女で, 彼は, 心が, 心で, 心は, 態度で, 所が, 方だ, 方で, 方に, 日本の, 村の, 男が, 米友が

2 [72件] いい方, かわりに, ところすこし, ところその, ところそんな, ところでは, ところと, ところどうも, ところも, ところ私も, と見える, のかも, のだ, のは, ひとを, ものであった, ものです, んだ, 人々が, 人々は, 人々を, 人から, 人であり, 人である, 人な, 人を, 人達だ, 人間が, 人間でありました, 公明正大な, 君子で, 告白で, 告白に, 告白の, 善い人, 国民は, 土地の, 女だ, 奴だ, 少年でありました, 彼には, 彼女の, 彼女は, 御話, 心の, 心を, 性質な, 性質を, 愛素朴な, 所私は, 暮しを, 気の, 気持を, 満蔵, 生活を, 田舎者の, 男, 男だけに, 男である, 百姓は, 真実な, 答は, 答を, 米友は, 者で, 職人で, 自己を, 表現で, 話, 返事を, 雌の, 鳥の

1 [776件 抜粋] あの娘, あわれ, いいかた, いかめしい顔, うそを, ええ奴, おかげだ, おとなしい女, おとなに, お上さんは, お君, お坊っちゃん, お延, お方だ, お方私も, お父さんの, お百姓さん, お石母子, お米, お菊, お話です, お雪ちゃんが, ぎごちな, くらい昔風, こころによって, こころを, こちょうは, ことが, ことだ, ことでしょう, ことばにも, ことばを, この先輩, ごまかしの, すなお, すべての, そしてす, そして優しい, それなりに, ために, だけな, だけに熱心, だけに真赤, とかを考へる, ところああ, ところあたしには, ところあなたから, ところあれは, ところあんな, ところいくらかは, ところお, ところおそろしく, ところかく, ところかも, ところがな, ところきょうという, ところこれは, ところじ, ところそれも, ところだろう, ところちっとも, ところである, ところできる, ところでも, ところどこへ, ところな, ところなんだか, ところはじめ一通り貪る, ところまことに, ところまるで, ところわっ, ところわれわれは, ところサムと, ところミッドウェーの, ところ一度も, ところ一番情けなう, ところ二週間はか, ところ今度の, ところ今頃は, ところ何とも, ところ例の, ところ出, ところ功名心には, ところ勤めでも, ところ大いに, ところ姉さんは, ところ宮澤賢治の, ところ島木氏の, ところ役所へ, ところ思う, ところ我々には, ところ日本が, ところ東京以上とは, ところ殿樣ほどの, ところ気乗りが, ところ泪が, ところ王様は, ところ私が, ところ私には, ところ自信は, ところ自分は, ところ詩とは, ところ迷惑しごく, ところ降参する, ところ駄目です, とこを, とこ聞かし, どこまでも, なんとかだ, の, のが, のである, ので家, ので有名, のに, のも, ばかりでなく, ばっかりで, ひとだ, また細心, まっ当, ものが, ものだった, ものでも, ものと, ものの, ものまた, もんた, やさしい子供, やさしい雷, やつでは, やり方の, よき性質, んだろう, アリ, インテリゲンツィアとして, カピに, ゴーリキイの, ソヴェト市民に, チベット人は, ドイツ人は, バスクと, パリアッチョが, フランス式の, ペンペも, ポーランド人の, マルクス主義批評家林房雄氏が, ローザは, 一徹な, 一生懸命さが, 不良美青年との, 与八は, 丸出しの, 丹後は, 了見で, 事実な, 二人が, 五島神之, 亭主は, 人々一枚の, 人たちだった, 人たちは, 人たれ, 人だらう, 人で, 人でした, 人なら, 人には, 人も, 人や, 人ゆえコロリと, 人ゆえ下足番が, 人故, 人柄でした, 人柄の, 人民に, 人民の, 人民生計は, 人気が, 人物では, 人物の, 人達の, 人達は, 人間か, 人間たるには, 人間だけに, 人間であった, 人間であり, 人間である, 人間では, 人間としては, 人間にとっては, 人間にも, 人間ばかり, 人間も, 人間らしくやれ, 人間らしく帰る, 仕事が, 伊平は, 体験な, 佛學者の, 保守党だった, 健康な, 働きの, 働き者で, 兄まで, 兄弟よ, 先輩の, 児が, 児童である, 其女の, 処が, 処であった, 処まず, 処も, 処莫迦に, 処読み, 出来栄えの, 出版者らは, 前の, 労働者正直な, 勤労で, 勤労者の, 勤勉な, 博士は, 印象から, 友な, 反省的心状が, 口を, 古道具屋ありや, 可愛らしい所, 同情の, 同行の, 告白, 告白である, 品が, 品を, 商人の, 商人善良な, 商売です, 商売を, 問いに, 善い男, 善人である, 嘆きを, 嘆息に, 国許の, 地方農民は, 基督教徒を, 堅い人ゆえ, 境遇の, 声だった, 声として, 夏は, 夜番は, 天才です, 太郎右衛門に, 女が, 女だった, 女であった, 女です, 女でも, 女は, 女学生の, 奴でした, 奴な, 好い奴, 好い性質, 好人物で, 好古家であった, 妹の, 妻は, 妻ノブ子は, 婆さまだ, 婆やは, 婦人を, 子だ, 子供たちは, 子供を, 実感だ, 実際的, 客観的観察と, 家僕なぞと, 家族馬車が, 小さなお, 小女は, 小心な, 小鳥が, 山持たちは, 市価で, 市川さんは, 師匠は, 年寄だ, 幾年たっ, 庶民の, 弁信法師は, 弁明を, 張飛は, 役者に, 彼にも, 徒弟は, 御父さん, 心から, 心からの, 心である, 心では, 心とを, 心に, 心曲らぬ, 心根を, 忠実な, 怜悧な, 思索及び, 性格は, 性質が, 意志や, 意気銷沈と, 感じの, 感傷主義者が, 感心な, 感想は, 感想を, 感銘深, 態度の, 懺悔である, 我々は, 所だったら, 所は, 所亭主より, 所日本人の, 所為は, 手堅い仕事, 手段で, 批評である, 把握である, 敬太郎は, 敬虔な, 文学少年が, 文学青年の, 方が, 方と, 方ね, 日本人である, 日本人の, 明快な, 映画技師です, 有態, 本心を, 本筋から, 村重は, 東風君は, 某氏は, 椎蕈商が, 様子を, 槙三の, 横井源太郎に, 機嫌の, 次の, 武器で, 武士的な, 気性だ, 気持であった, 氣持を, 永田さんの, 決算報告書を, 治六は, 注文では, 淡泊した, 淡白した, 清らかな, 清次郎を, 潔白な負い, 激しさ, 無意気, 無慈悲な, 無頼漢で, 熱心さが, 熱狂, 猟夫が, 理屈を, 理解なし, 瑾は, 生一本な, 生活と, 生活の, 田舎風の, 男ぢや, 男であった, 男でありまし, 男では, 男と, 男な, 男の, 男も, 男よも, 男女が, 男子が, 男子だった, 発言だった, 白状を, 百姓だった, 百姓も, 目的の, 相手も, 眞つ, 眼だろう, 眼つきで, 瞳が, 砂糖製造人らが, 社会主義者をすら, 神さまで, 私は, 秩序をも, 空想の, 立派な, 第一印象, 答えより, 米友から, 米友の, 純な, 純粋な, 素朴な, 結論を, 絵す, 緊張した, 羊飼い, 美しい心, 美質を, 老人だ, 老人を, 老若男女が, 考へで, 考を, 者は, 者も, 者達は, 職人は, 職人気質の, 胃袋が, 自分の, 自身という, 舟が, 良い男, 芽や, 若いすずめ, 若崎, 若者たちの, 茶色の, 處だ, 衆は, 行為が, 表現であろう, 見方だけを, 見物は, 見物を, 視線で, 観客には, 観察を以て, 言い方すぎる, 言葉だった, 言葉ほど, 計算に, 話ほんとうに, 話サ, 話僕は, 話私の, 誇りたかい, 認識である, 読者によって, 謙虚な, 謙遜な, 講義で, 谷村の, 負けずぎらいであったろう, 貧乏人は, 責任論に, 足跡を, 路を, 辛棒づよいいい娘さんです, 農夫めそんな, 返答を, 述懐を, 道を, 酒屋は, 里の, 金です, 金持の, 鋭い精神, 鏡つていふ, 関羽の, 階級人正直な, 青年であった, 響きを, 順直な, 題だ, 顏に, 顔附き, 風を, 高貴な, 魂から

▼ 正直~ (344, 6.8%)

1312 だから 8 だと 5 さ, である 4 で, であった, です, ですから 3 かもわかりません, が多い, だが, だな, でした, なん, の八五郎

2 [22件] かも知れない, じゃ, だおの, だし, だつた, だという, であったが, であること, であると, でございますよ, でしたから, でもあり, で手代, で骨惜しみ, のおれ, の清吉, はそれ, は馬鹿, ばかりです, らしいところ, らしい代り慾, 決して人

1 [220件] かでなきゃ, かも知れねえ, かも知れません, から嫌, か大概一, か知れやしない, か騙, がおりまし, がかわいそう, がとりなし, がゐる, がバカ, が一番危, が何, が勝, が大抵, が幸せ, が損, が正直, が獄門, が虐げられ, が財産家, が金持ち, が馬鹿, さあんまり, じゃからのう, じゃぞ, じゃない, すら偶, だけに清人, だこと, だった, だったろう, だつたん, だといった, だとか, だとしても, だとは, だとも, だね, だのう, だもん, だ正直, だ言いつかった通り, であったから, であります, でありますから, であるか, であるの, であるので, であれば, でえ, でおとなしい, でこれ, でご, でございます, でございますから, ですが, ですね, ですもの, ですよ, です直情, でせう, でその他, ではありません, では無, でむやみ, でもござる, でも二三日間, でも無分別, でよく, で世間, で主, で人柄, で今, で作り事, で同時に, で名, で嘘, で堅造, で夢中, で思ひつめる, で悪い, で抑, で氣, で洒落, で海賊, で生一本, で申さ, で町内, で皆んな, で純情家, で聞こえた, で腹, で自分, で良い, で見栄坊, で誰袖, で通, で通っ, で通つて, で金離れ, で頑固一徹, という, というこれ, という程, という船頭, とかいう奴輩, ときわまった, として住職, として信用, として知られ, ともいえる, と思っ, と思はれた, と見られ, と言つた感じ, ながら経, などといい出した, なので, なんて油断, な男, にきまつた, にはとても, にはなりかねる, には勇士, に変ずる, に思はれた, に持ち帰られれ, に法, に相違, のお, のねばり, のよう, のガラツ八, のピート一等兵, の一人, の万里小路藤房, の中間, の人々, の人足, の健一, の光, の勇, の半蔵, の味方, の和田惟政, の多かっ, の大男, の彼女, の徳蔵, の愛子, の排除, の朝成, の杉浦, の清太郎さん, の清次郎, の父, の牛, の由五郎, の知人, の藤六, の虎之助, の表, の親子, の角蔵, の言値, の諸君, の貴様, の身, の進藤喜平太氏, の遠慮, の重用, の雅之, の難儀, の雲右衛門, の風間看守, の香織, の馬鹿, の麦, はこの世, はそれで, はたいてい, はばか, はバカ, は当然, は新, は泣き寝入り, は精神, は腹, ばかりで, ばかり住ん, もあるまい, らしい, らしいうち, らしいか, らしいから, らしいが, らしいぜ, らしいやう, らしい人間, らしい代りひどい, らしい信用, らしい口, らしい喜太郎, らしい好感, らしい宇兵衛, らしい愛嬌者, らしい醜女, らしい顏, らしゅうは, を任せ, を圧し, を庇, を庇う, を欺, を罪, を見捨てず, を食いもの, 見たいな

▼ 正直~ (284, 5.6%)

13 ところを 8 ことを, ところは 7 ところ私は, 頭に 6 ところこの 5 ところ, ところ僕は 4 ところその, ところ自分は, 徳を 3 ところまあ

2 [12件] ところこんな, ところそう, ところそれは, ところそんな, ところまず, ところまだ, ところわたくしは, ところ済みません, ところ鶴見は, 手間取りと, 話が, 話わたしは

1 [186件] あまり生, お蔭で, こうべに, ことです, ことは, たぐいで, ために, ところああ, ところあの, ところあまり, ところあまりびっくりし, ところあまり好きぢや, ところあらぬ, ところありました, ところあれたちが, ところあれだけの, ところあんたが, ところあんたの, ところいうたら, ところいろんな, ところうるさく, ところお, ところおかしな, ところお前は, ところかえって, ところかしは, ところかなり, ところが, ところが真珠採り, ところこいつが, ところこいつは, ところこう, ところさ, ところすこし, ところそれまでに, ところであり, ところと, ところどんな, ところぼくの, ところもう, ところもし, ところわからない, ところわれわれは, ところシカゴ畜産組合が, ところタジタジと, ところホッ, ところ一度, ところ一度も, ところ一滴も, ところ不, ところ二人とも, ところ二分や, ところ人物は, ところ今と, ところ仲間に, ところ何等の, ところ余り旨く, ところ全然, ところ分りません, ところ別に, ところ力負けが, ところ動物園で, ところ君には, ところ喉から, ところ姐御, ところ嬉し, ところ定, ところ小説が, ところ小酒井不木氏の, ところ平八は, ところ幸子は, ところ引ッ剥がした, ところ彼には, ところ彼は, ところ彼女は, ところ心の, ところ心は, ところ懸, ところ手前達は, ところ捕物小説という, ところ文句の, ところ既に, ところ普通の, ところ本家では, ところ机竜之, ところ歌の, ところ気が, ところ涙が, ところ爆発し過ぎた, ところ現在の, ところ私には, ところ私の, ところ私共なんぞは, ところ窓の, ところ筆者も, ところ結局意志の, ところ考えまわし, ところ肩の, ところ胸が, ところ若しも, ところ見る, ところ覘いを, ところ親方の, ところ記憶し, ところ話の, ところ誇張な, ところ誰か一人が, ところ誰が, ところ路用から, ところ辻永は, ところ野郎ばかりの, ところ金五郎は, ところ銭形平次三百八十三編も, ところ阿Qが, ところ雪子は, むくいよりも, やうだ, ようで, ようであっ, エピミーシウスの, テストを, 上に, 下僕正, 事言やあ, 云いっ競, 人だ, 人と, 人は, 人も, 人ゆえ大層気を, 人見小六が, 人間, 人間だ, 仙さんは, 処全く, 処筆者も, 善人なるべし, 墓が, 大マジメ, 妹が, 妹に, 妹成俊の, 子が, 子は, 弟を, 弟成俊の, 弟杏朴成俊は, 心, 心から, 心とを, 心を, 成功人種を, 所これが, 所余には, 所本当かね, 数世の, 旨をも, 権化だ, 母子に, 気持を, 無警戒, 父信重は, 物語と, 理想にも, 社長に, 神さまが, 私は, 竹丸の, 紅葉は, 美徳だけ, 義が, 聞えの, 處書き, 處私は, 表情で, 話, 話がよ, 話どう, 話わしは, 話関係は, 誠は, 身振りを, 頭べに, 風俗に, 首に, 高弟で

▼ 正直~ (256, 5.1%)

4 はない 3 よく働く, 勤勉で, 単純で, 氣の, 親切で

2 [18件] はありません, はある, 一番面白い, 五臓六腑まで, 人が, 今度は, 優しい気質, 善良で, 善良な, 彼ほど, 恐ろしく堅い, 狐は, 素直な, 能く, 良い人, 親切な, 誠実で, 頑固らしい

1 [201件] あっさりし, あつた, あまりにも, ありすぎた, い, いいこと, いいじゃ, いいと, いいな, いいね, いいの, いいよ, いい人, いい人間, うぬぼれが, ええが, おずおずし, おとなしいから, おとなしい男, おとなしくって, おまけに, お孃さん, かあい, かつ気, がんすけん, ことにその, この上, さうし, さえあれ, さへ, しかも勘, しかも友達, しんせつでありました, じつに柔和, すら払底, ずうずうしくなく, そして強か, そして辛抱強い, そのくせ, それに, だけはある, つつましい人民すべて, つましい市民感情, つまり現代, なにもかも打ち明け, ね, はこの, はないでしょう, はなかっ, はなかつた, はなくなっ, はなくなります, は名馬, は決して, は無い, ばかりはゐませんでした, まじめであれ, また兄弟, また現在, まるっきり商売気, むかっ腹立ちの, むきな, もない, よい, よいこと, よく働きます, よく稼ぐ, ウウと, ワグナアに, 一本気で, 一本気の, 一生懸命に, 世間並で, 人間的で, 何でも, 何ひとつも, 何時も運, 何處かに, 信を, 健康で, 働き者だ, 働き者で, 僕が, 優麗で, 兄嫁思ひ, 全力的であろう, 単純な, 可愛いもの, 可愛らしいぢ, 可憐で, 同じ二銭五厘, 同情心が, 命がけな, 唯物史観が, 善良であった, 執拗極まる, 女らしい清さ, 好い女, 如何にも青い, 宜い, 客好きな, 容易い人物鑑識法, 小胆な, 少し口やかましく, 己が, 弟の, 弱くし, 弱さうな, 弱氣, 律義で, 御粗末, 忠実で働き, 忠実な, 怜悧な, 恍惚として, 悠長で, 情けぶかい, 情け深くて, 情を, 感が, 感心じゃ, 感情が, 手堅いこと, 手職に, 抗弁好きで, 明朗だ, 昔気質な, 朗らかな, 朴訥だった, 根気よく, 正確で, 気の, 氣が, 涙もろい, 清々しや, 清廉で, 清廉潔白な, 清楚で, 清澄で, 温和しい, 温和な, 潔癖で, 無造作で, 無邪気で, 無邪気に, 熱心な, 物堅い人, 物柔かな, 物柔らかな, 狡猾で, 独自な, 狹量で, 生一本で, 生一本な, 生徒思ひ, 白豌豆を, 盗心が, 眞實な, 真心が, 真率です, 真理を, 立派な, 箱を, 節操の, 純で, 純潔そうよ, 素朴で, 素直で, 美徳が, 腰の, 臆病で, 自分が, 自分を, 自由だ, 興が, 良心ある, 薄く桃色, 行儀の, 術策の, 親切である, 親切でございます, 言ふ, 謙遜で, 責任感が, 赤ら顔の, 透明である, 通った三造, 遠慮深く, 野暮で, 鈍重な, 露骨彼等は, 面白い, 音楽が, 頭が, 頭脳は, 飢死する, 飾り気が, 馬車馬みたいに, 骨を, 骨身惜しまず, 魯鈍で

▼ 正直~ (146, 2.9%)

4 がある 32 だ, と来たら, をもっ, をよく, を見る, を見込まれ

1 [127件] うだが, うだらうけど, うでは, うで憎めないところ, うで本, かけひき, から来る, があった, がこんな, がそのまま, がといふ, がなかっ, がなく, がふと, が三輪, が人, が全, が利用, が平次, が彼女, が得がたい, が情けない, が理解, だった, だと, であり冷酷, である, でこ, ですね, でたづ, ではそう, で固められ, で私, で貧乏, で附き合いはじめた, と, というもの, というよう, という表現, としてお, とその, とはちがう, とをもっ, とを以て生れ, とを失わせ, と云う, と呆然自失, と大胆さ, と強情さ, と情熱, と或, と新しい, と本心, と熱心, などを批判, などを話し, において人間, において人類全体, にかえって, には好意, には時々, にも加減, によつて, に何, に反, に在る, に妙, に対しては尊敬, に帰, に徹し得ない, に惚れ込んだ, に打たれ, に気がつき, のため, のほう, のゆえ, の証拠, の調子, はあります, はある, はかならず, はこの, はその, はふと, は場合, は天候, は我国, は新劇人, は正直, は正義, は知らず知らず, は過去, もしん, もなく, もみな勝家, も学ばなけれ, も権謀, も無理, や慎まし, や確信, よ, をがんがん, をたしかめ, をぢ, をふたたび, をもつ, をも把握, をよほど, を信じ, を信じたかった, を十分, を尊い, を悉く, を愛した, を感じ, を感じた, を持っ, を知つて, を知らなかつた, を示す, を絶対, を自分, を見, を見せた, を認め, を説明, 人間らしさ

▼ 正直~ (99, 2.0%)

32 からそう, からといつ, からね, から本当に, ぞ, という

1 [84件] あ, おれの, から, からいい, からいけねえ, からいろいろ, からき, からきっと, からこんな, からそんな, からだって云う, からって真面目, からである, からでない, からとそう, からとてクリストフ, からどうして, からな, からなん, からね女将さん, からシラミ, からニューラ, からネ, から下宿屋, から信用, から取次, から多少, から寄っ, から悪い, から猛, から私, から突っこめ, から笑わし, から良人, から見た, から言う, から調べる, から静岡の, から面白い, がどっち, がやっぱり, が可, が小心翼々, が旅, が此, が腕, が親父, だから僕, だが小心, つたのかしら, つたのです, ということ, というの, といっ, といふ點, とか内, とか品行, とほめ, ともいえる, と云, と云い, と思いました, と思う, と思っ, なあ君, なんて云う, な手前, ね, ねえ其樣, ねお前さん, もんだ, よ君, わよ, アテの, ッて, 伊勢子は, 傷口は, 口で, 意識しない, 昨日今日の, 暗くなれ, 正しいと, 私の, 自分を

▼ 正直~ (69, 1.4%)

4 云うと 3 言へば 2 いふに, 云いますと, 云ふと, 内治, 旨と, 申しますと, 申せば, 自白する

1 [46件] あらは, いうと, いえば, さして, そのまま甲, ほめよ, もて商売, よく見, わらう人, 云う方, 云へば, 保存し, 信條として, 信頼し, 出すもん, 取るの, 守って, 尊びありの, 得て, 愛したの, 愛します, 愛しますと, 愛すると, 感ぜしめる, 抛棄する, 押し通す人, 捨つる, 政略として, 現は, 申て, 看板の, 知って, 笑つ, 續ける, 衒ひ, 言うと, 言えば, 言ひます, 訪ね市庁, 誇って, 認めて, 語れまい, 説く態度, 讚へる, 買って, 非常に

▼ 正直なる~ (52, 1.0%)

2 が可愛らし, はすね, 日記でなけれ, 者に

1 [44件] がため, が如き, ことかくの, ことを, ところを, とにあり, にあらず, は明徳, ほど哀樂, ものが, ものの馬鹿らしき, 事, 二人の, 亞尼は, 人の, 余は, 僕が, 告白の, 女に, 婦人後者は, 少年らの, 役人あり, 心を以て, 性質それらの, 所なり, 所以なり, 採択あり, 時代に, 本心の, 泥土が, 由なり, 男, 男だけに, 男子である, 男子と, 百姓仲間なり, 社会学者たらん, 神経質の, 神經質の, 老人は, 者は, 者彼女らが, 自由主義の, 蜜蜂の

▼ 正直そう~ (50, 1.0%)

5 な顔 3 な男 2 な人, な女, に答えた

1 [36件] だ, だが, では, で何, で憎めないところ, なうち, なお, なおとなしやか, なこの, なじいさん, なの, なふとった顔, なようす, な主婦, な人間, な光, な兵卒顔, な初心, な古道具屋, な四角い, な奴, な小さな, な彼女, な彼奴, な母, な碧, な老婆, な若い, な表情, な顔つき, にかぶり, にし, にそう, に見え, に見えた, 思った

▼ 正直~ (49, 1.0%)

2 いえば, 云ふ

1 [45件] いう, いうか, いうが, いえるか, いって, いっても, いわれる人たち, おまけに, 云う, 云う名, 云う奴, 云った, 云われて, 低能へ, 功労に対して, 労力とが, 勉強の, 勤倹とを, 善良とが, 善良とに, 変らないで, 変わらないでしょうそれ, 思う, 愛とを, 愛情と, 感じるよりも, 慾ふか, 才気と, 来て, 横着とが, 止むを, 温和で, 無邪気とを, 生一本とでずつと, 社会生活が, 簡単とを, 言って, 言やあ, 變り, 賞められた, 賢明と, 辛抱強さ, 都では, 馬鹿力です, 馬鹿力を

▼ 正直~ (34, 0.7%)

5 最良の 2 我身の, 確かだ

1 [25件] いいけれども, いつの, これは, それが, ばかって, やらぬ, よく分っ, 何代か, 公徳の, 十全の, 始て, 官憲を, 彼女の, 愚にも, 最上の, 正直である, 正直でしょう, 正直として, 正直な, 現実の, 環境の, 私も, 翌年上総国市原郡鶴舞に, 馬鹿の, 高い道徳

▼ 正直一途~ (34, 0.7%)

2 の方, の朴訥

1 [30件] からどの, ではある, で世の中, で何ん, で健康さ, で多血, で物事, で道化, で金儲, というもの, な家臣, な性格, な男, にそう, に小頭, に融通, のショパン, の人, の人間, の心, の性格, の模範店員, の浪人者, の源吾兵衛, の爺, の男, の萬朝, の貧乏人, らしい人物, 唯手堅い

▼ 正直である~ (27, 0.5%)

3 ことを 2 ことが

1 [22件] かもしれない, からである, かを理解, が故に, けれどもこんな, ことの, ことは, ためしばしば, ということ, という事, とか憐れ, とは限らない, と同時に, と思います, のは, ようこの, 事は, 前に, 国に, 場合は, 必要が, 限りだれでも

▼ 正直さうな~ (21, 0.4%)

3 顏を

1 [18件] お内儀, お菊, 兩親は, 女, 婦人が, 少し足, 少年です, 惡者を, 男でした, 男です, 男に, 男にも, 男也, 眼と, 老爺です, 肉つきで, 頭を, 顔の

▼ 正直という~ (19, 0.4%)

2 ものじゃ

1 [17件] ことの, ことを, のだ, ような, んだ, 事と, 人の, 小刀で, 徳で, 徳を, 徳義を, 理想が, 美徳が, 言葉で, 言葉を, 道徳を, 銘が

▼ 正直もの~ (18, 0.4%)

2 だから

1 [16件] だった, だとばかりと, である, でした, でなし, でも, なの, なり不便, なん, に変化, の頑固さ, の駒鳥, ばかりで, らしい一徹さ, を誣, 故あった

▼ 正直~ (17, 0.3%)

1 [17件] いじらしくて, いぢ, かえって皮肉, ひどくキョトキョト, よいと, わざは, 人間を, 保たれて, 勝たないで, 悪ければ, 最上の, 最善の, 気にいった, 濡れて, 無気力漢無法が, 第一, 馬鹿らしくなっ

▼ 正直律義~ (15, 0.3%)

2 の人

1 [13件] であり製作, なところ, なり誠に, な人, の人物, の人間, の百姓, の者, は口つき, もほどのある, も程, を眞向, を真向

▼ 正直過ぎる~ (15, 0.3%)

1 [15件] からそれで, からイカン, からヤ, から仲間, ことを, と私, のかしら, のが, のを, ように, んだ, んで, 人な, 程だまされ, 馬鹿と

▼ 正直です~ (13, 0.3%)

321 からおれ, からそんな, からね云, からもう, からもし, からよく, よ, よといつ

▼ 正直過ぎ~ (13, 0.3%)

2 て困る

1 [11件] ていた, ても困る, て事業, て人, て八五郎, て嘘, て夫, て失敗, て歯ごたえ, て無尽詐欺, て狹

▼ 正直~ (12, 0.2%)

3 太夫の 2 太夫, 太夫と, 太夫という 1 太夫であった, 太夫といふ, 太夫村上浪六の

▼ 正直すぎる~ (11, 0.2%)

2 ほど正直 1 くらいな藤吉郎, ために, とか何故人, ほど喜んだ, ものです, よ, ようだ, んだ, 大将という

▼ 正直らしい~ (11, 0.2%)

1 [11件] つぶらな, とおかしく, ところだけが, ところに, 先生の, 口もとを, 告白も, 女房は, 巡礼を, 男でありました, 鷹揚な

▼ 正直でない~ (10, 0.2%)

1 かまたは, かを知りたい, ことが, ことを, とは僕, と誰, もの世渡りの, ような, 方が, 策略の

▼ 正直一図~ (10, 0.2%)

1 で善良, で感情, な彼, のお, のお前, の壮年, の学者, の少し, の男, の阿

▼ 正直正銘~ (10, 0.2%)

2 のところ 1 と称する, のお, のところ山内閣下, の人間, の値, の正札, の百円紙幣, 生れながらの

▼ 正直だった~ (9, 0.2%)

1 かも知れません, のだ, ので, のでそう, ので弁解, もの, わ, んじゃ, 自分の

▼ 正直であり~ (8, 0.2%)

1 ながら盗み, 一面じつに, 又ひたむき, 善良である, 嫌悪すべき, 正義派だ, 無技巧, 真相を

▼ 正直一徹~ (8, 0.2%)

2 で聞こえた 1 な性格, な馬籠村, のあなた様, の人, の伊助, の男

▼ 正直でなけれ~ (7, 0.1%)

4 ばならない 1 ばなりません, ば困る, ば生きられない

▼ 正直にも~ (7, 0.1%)

1 これは, インテリの, 彼は, 正に, 程が, 舶来品よりも, 行われて

▼ 正直~ (7, 0.1%)

1 ない随, なしゆえに, また兵法, 事に, 時によりけり, 純粋も, 絶待的とは

▼ 正直一方~ (7, 0.1%)

1 で眼先, に働く, に通したら, のお, の所, の米友, らしい気

▼ 正直~ (6, 0.1%)

1 え, 不正直か, 不正直かは, 不正直かを, 正直でない, 薄馬鹿か

▼ 正直でも~ (6, 0.1%)

1 あり自然, なんでも, 不正直でも, 慾の, 配達人が, 鈍く形

▼ 正直には~ (6, 0.1%)

2 正直な 1 云は, 云わないで, 務めなかったが, 務めなかつたが

▼ 正直であった~ (5, 0.1%)

1 ため部落の, ということ, にしろ, のが, 故に神

▼ 正直であれ~ (5, 0.1%)

1 という声, と教えられ, ば好い, ば次第に, 自他に対して

▼ 正直とは~ (5, 0.1%)

1 いえまた, こんな感じ, ばかといふ, 違う, 違ふ

▼ 正直いちず~ (4, 0.1%)

1 でしかも, といいます, なお, な貧しい

▼ 正直いっ~ (4, 0.1%)

1 て, てトテ, てホン, て私

▼ 正直それ~ (4, 0.1%)

1 がしも彼, に尽き, は自分, を最大

▼ 正直であっ~ (4, 0.1%)

1 てこの, てまた, てもいい, て生一本

▼ 正直~ (4, 0.1%)

1 から玩具, が極めて, というの, という印刷屋

▼ 正直言う~ (4, 0.1%)

2 と私 1 とこれ, とカタ

▼ 正直過ぎた~ (4, 0.1%)

1 と思います, のです, 畢竟擬宝玉, 自分が

▼ 正直かも~ (3, 0.1%)

3 知れない

▼ 正直から~ (3, 0.1%)

1 です, 来るところ, 飼ひ

▼ 正直すぎ~ (3, 0.1%)

1 ている, てそして, て困るです

▼ 正直だけが~ (3, 0.1%)

1 せめても, 取柄の, 残った

▼ 正直ない~ (3, 0.1%)

2 ぢらしい 1 では

▼ 正直なら~ (3, 0.1%)

1 ざる者に, ばこれ, 側にも

▼ 正直なり~ (3, 0.1%)

2 ともおのれ 1 飲食も

▼ 正直な働く~ (3, 0.1%)

1 ことの, 人々の, 婦人が

▼ 正直ばかり~ (3, 0.1%)

2 で世態 1 では

▼ 正直まっとう~ (3, 0.1%)

1 なあんな, に暮し, 主すじ

▼ 正直もので~ (3, 0.1%)

1 まづい, もっとも少しぼんやり, 尤も少し

▼ 正直~ (3, 0.1%)

1 なああれ, 清廉で, 良心や

▼ 正直らしく~ (3, 0.1%)

1 みんなが, 答辯し, 見せ掛け次第

▼ 正直~ (3, 0.1%)

1 云ウト僕ハコ, 云ウト昨日一日オ爺チャン, 云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ

▼ 正直~ (3, 0.1%)

1 のところ, の日本, もつて

▼ 正直勤勉~ (3, 0.1%)

1 な善良, な小, の報い

▼ 正直爺さん~ (3, 0.1%)

1 がいかに, が招かれ, は宝物

▼ 正直~ (3, 0.1%)

1 のいちばん, はふしぎ, はほつ

▼ 正直いう~ (2, 0.0%)

1 と汽船, と自分

▼ 正直いや~ (2, 0.0%)

1 な気, はや四角張た

▼ 正直かく~ (2, 0.0%)

1 いう自分, までの事情

▼ 正直さうに~ (2, 0.0%)

1 持ちかけしんみり, 見えるが

▼ 正直さん~ (2, 0.0%)

1 がサトル, の夫婦

▼ 正直さ加減~ (2, 0.0%)

1 は全く, をおかしな

▼ 正直その~ (2, 0.0%)

1 感想に, 輪の

▼ 正直だの~ (2, 0.0%)

1 たのもしいだ, 熱い情け

▼ 正直だろう~ (2, 0.0%)

1 でもうそ, よ

▼ 正直づら~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 正直であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばせい, ば成立

▼ 正直であろう~ (2, 0.0%)

1 が無かろ, とその

▼ 正直でなく~ (2, 0.0%)

1 てはいけない, てはならない

▼ 正直といふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 点で

▼ 正直とか~ (2, 0.0%)

1 好意以外には, 孝行とかいう

▼ 正直とも~ (2, 0.0%)

1 いえるよう, 醇朴とも

▼ 正直とを~ (2, 0.0%)

1 嘆息する, 旨として

▼ 正直なかれ~ (2, 0.0%)

1 の心, はこの

▼ 正直などの~ (2, 0.0%)

1 あらゆる意味, ありとあらゆる

▼ 正直な云い~ (2, 0.0%)

2 方な

▼ 正直にさえ~ (2, 0.0%)

1 いえば, 働いて

▼ 正直にばかり~ (2, 0.0%)

1 やっても, 理解し

▼ 正直のみにて~ (2, 0.0%)

2 上人様より

▼ 正直~ (2, 0.0%)

2 ッ法な

▼ 正直まだ~ (2, 0.0%)

1 望んでも, 眠たい

▼ 正直らし~ (2, 0.0%)

1 さが, さも

▼ 正直一轍~ (2, 0.0%)

1 の吝嗇漢, の金がかり

▼ 正直屑屋~ (2, 0.0%)

1 で通っ, の清吉

▼ 正直~ (2, 0.0%)

1 の, の書いた

▼ 正直~ (2, 0.0%)

1 が氣, どりなし

▼ 正直~ (2, 0.0%)

1 の世, の女

▼ 正直潔白~ (2, 0.0%)

1 で宜, な人格者

▼ 正直~ (2, 0.0%)

2 つ當

▼ 正直者ゆえ~ (2, 0.0%)

1 そのよう, 其の銭

▼ 正直者歩~ (2, 0.0%)

2 振の

▼1* [227件]

正直あのときの, 正直あふれた無言の, 正直あらゆる矛盾を, 正直ありがたくありませんな, 正直いい心持は, 正直いまの高氏, 正直おそろしい気も, 正直おとなしい女で, 正直おどろいたよ, 正直おまえ方の亡父行高どの, 正直お前を恨ん, 正直お前さんだって早く, 正直お話すると, 正直かれら下役の, 正直くさい童顔の, 正直この秀吉は, 正直この上なしです, 正直こんな景気が, 正直さうな良い少年です, 正直さうに言ふの, 正直さとるの関係, 正直さゆえに私たち, 正直さ人間として一番, 正直さ信頼をもち得ない, 正直さ善良さ真摯さの故, 正直さ朗らかな子供, 正直さ気の弱, 正直さ現実をある, 正直さ真実さのほとぼり, 正直さ見栄のな, 正直しんけんに, 正直すこしくたびれた, 正直そういうしかほか, 正直そんなこころもちである, 正直だって主人の, 正直だつたり忠実, 正直つらいお使い, 正直であるべきはずの, 正直であわて者で, 正直でございましてな, 正直でござんす, 正直でしょうが愚か, 正直でなかったのか, 正直でなくつちやならぬ, 正直でなくなるからさ, 正直でなけりゃまた俺, 正直でまよわずにある, 正直で乗せられやすいそして, 正直で信じやすい雷, 正直で働き好きで, 正直で怒るのか, 正直で有らうが無から, 正直で有るのは, 正直で生れながらの道徳家, 正直としか思われない, 正直として一応は, 正直とのうちに, 正直なうらおもて, 正直なくてもいい, 正直など記して, 正直などということを, 正直なまうけに受け, 正直なよろこびはその後, 正直ならしむる能はず, 正直なりき余りに男らし, 正直なれば正直, 正直な働きてであり, 正直な打ちあけ話を, 正直な打明けた表情は, 正直な老いても猶, 正直な苦しめる群集の, 正直な骨折りをきらっ, 正直にかの女を, 正直にて体が, 正直にという意味であっ, 正直にといふお話でございました, 正直にまで写しだされて, 正直にもほどがある, 正直にやもう真平とでも, 正直によりよき恋人, 正直に従って何も, 正直ばかりじゃ世に立てない, 正直ぶってバカ, 正直へんな宿縁みたい, 正直ほっとした思い, 正直ほど厭味の, 正直まつぱうを眞かう, 正直むくいられる點では, 正直もんじゃよ, 正直もんだよ, 正直やの講義を, 正直秀子さんの, 正直より発す, 正直わたしゃぶるぶるふるえました, 正直わっしは, 正直われらまでがうれしい, 正直をさえ失わないならば, 正直を以て其儘歌つたといふ, 正直ゴルフにもほとんど, 正直シカモバカ疑ウコトサエ知ラヌ弱ク優シキ者, 正直思イ遣, 正直ニ云ッテ現在ノ僕ハ週ニ一回クライ, 正直オト, 正直ノトコロ予ハ手ノ痛, 正直ノトコロ妻ノ洋装ハ似合ッテイルトハ云イニクイ, 正直ホントウでね, 正直一偏の壯年, 正直一刻もはやく, 正直一圖であつ, 正直一本槍の愚直漢, 正直一点の伝六, 正直一遍の区長, 正直一遍忠義一途に世の中, 正直七千石に足らない, 正直不安でなりません, 正直不正直を分かつ, 正直中国までへは手, 正直ふと初めてあの, 正直云つて私男のひと, 正直なり何事, 正直人間としてたいへん, 正直佐々に對, 正直をと欲する, 正直さいっ, 正直倹約忍耐それから足る, 正直にはわからない, 正直其の夜再び, 正直其物の杉, 正直兼好もいちどに, 正直發前の, 正直初代瑞仙は誤つ, 正直利益のこと, 正直千吉お約束, 正直卑陋愚昧なん, 正直咽喉を通る, 正直哭きたいような, 正直善良無私徳望人気威厳など無数, 正直夕飯に来る, 正直市が, 正直夢中でしたね, 正直安兵衛とて神, 正直安兵衞とて神, 正直家作でも少し, 正直山村の舊家, 正直左様なわけ, 正直のそういう, 正直彼女は婚礼, 正直話する, 正直心身がクタクタ, 正直怖いものだ, 正直恐れ入った本当の, 正直感心いたしやした, 正直憎らしかったわな, 正直扱いもできますまい, 正直教えられた気が, 正直日頃そう嘆かれまするで, 正直有為の君子, 正直本田道之の弟, 正直朴実ならし, 正直朴訥の善人, 正直権現弱気地蔵だからなあ, 正直正兵衛じゃ生き, 正直正札附に今日, 正直正真のもの, 正直正道なお人, 正直正銘うそいつわりの, 正直正銘シラ真剣のお話, 正直正銘金箔付きの, 正直に答, 正直泰軒先生がこわい, 正直へとられ, 正直深切の如き, 正直無類のやわらか, 正直熱誠落付きなどと云う, 正直爺さんポチが鳴く, 正直だ, 正直物大井憲太郎という爺さん, 正直申し分なきこと, 正直申せば僭上, 正直と共に故郷, 正直百倍の力, 正直直截にその, 正直な老女, 正直ッ法で, 正直真っ法の, 正直真っ当のこと, 正直短気怒気等の要部, 正直確実なる警察署, 正直で, 正直筆者自身もほっと, 正直節倹丁寧清潔その他我国に於, 正直素樸で上下, 正直綺麗なひと, 正直羞恥信ずる心, 正直羨まれ申したのでお, 正直考え直したのだ, 正直者たちで, 正直者ひとをなぶった, 正直者めが, 正直者ゆえ不審掛けるまでも, 正直者一流の露骨, 正直者国を裏切り, 正直自分でも書きえた, 正直を巻い, 正直芸術尊敬の三つ, 正直蓮ッ葉の女, 正直藤吉郎はそんな, 正直行為を見, 正直親切善行をする, 正直親切父母には孝行, 正直言ってこれから, 正直の西国立志篇, 正直試験といっ, 正直誠実な性格, 正直にとつて, 正直謡曲の流, 正直謹厳な牧野備後, 正直賞めたりくさし, 正直質朴な人, 正直質樸のもの, 正直迷惑仕った, 正直途方にくれた, 正直過ぎるだらうお神籤所, 正直道誉はいま, 正直が好き, 正直重たい至難を, 正直頓馬に美しく