青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正成~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

正~ ~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~ 正に~ ~正体 正体~ ~正当 正当~
正成~
~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~ 正造~ ~正面 正面~

「正成~」 1430, 15ppm, 7292位

▼ 正成~ (388, 27.1%)

5 言った 4 それを, 笑った 3 その日, 思った 2 さっきから, それらの, なお言った, 一こう, 子の, 弟の, 彼の, 彼を, 言って

1 [351件] あいまいな, あきらかに, あくまで冷静, あらかじめ備え, いう, いかがでございましょう, いぜん健在, いたわって, いちいち頷い, いちどに, いちど途絶えた, いつでも, いつのまにか縄取り, いつもそそけ, いつもの, いつ出る, いまたそがれ時の, いま機を, いま金剛山寺に, いよいよことば静か, いわざるを, うしろの, うなずいて, うなずかない, うなずきまた, うら悲しかった, うるみ声, おそらく心あて, おもわず, お諫, かえって惧, かえって気の毒そう, かたくそれ, かたく正季, きびしく, こうつよく, ここへ, こころもち頭を, ここを, ことばの, このとおり病気, この一事, この国, この子, この小, この正月, この義貞, この附近, これに, これは, これより, ころすな, ご感激, さして焦慮, しかし頼み, しきりにうずき出る, しずかに, しばらく措いた, しんそこ恐れた, じっと見, じゅんじゅんと, すぐその, すぐに, すぐより, すぐ前, すぐ弟, すぐ起った, すぐ近村, すぐ雨, すぐ駒首, すべてが, そうも, そう告げ, そう思っ, そう見とどけ, そう観る, そこで, そこを, そのあと, そのさし, そのため, そのままいつ, そのまま濡れ縁, そのまんなか, その右眼, その御, その者, その質問, その部下, それと, それとなく日頃, それに, それ幸いに, そんな狐疑, ただでは, ただ頭, ためらいなく, ちょっと色, ついかえりみる, つい微笑, つづいて, とじて, ともかく老臣若党ばら, どう答え, どこからか, どこまでも, なおゆとり, なお妹, なお指名, なお楯, なお赤坂城, なだめるのに, のめるよう, はじめて唇, ひとりで, ひと事みたいに, ひと骨, ふたたび正行, ふたたび活動, ふり向きも, ほっと自分, ほど近い水分, ほろびても, ほんとの, ほんのこころもち, まずわびた, またしげしげと, またひとつ, またまるで, また即刻, また客, また庭, また歩いた, まだ下山, まだ外, まだ死ん, まだ見えざる, まだ迫られ, むずかしい顔, もうその, わざとで, わたくしでございまする, ニコとして, 一同が, 一同を, 一巡それらの, 一方の, 一時伊賀に, 一笑に, 一笑の, 一語そう, 不き, 世間ばなしでも, 久子の, 二千の, 云った, 五月十九日入京の, 五百年祭に, 京での, 人知れずもう死, 今そこの, 今上の, 今夜死ぬ, 介へ, 介を, 会っても, 何やら紫, 倒幕主義の, 傍に, 傷ましげ, 元々彼, 先ごろの, 先帝の, 全戦場, 全身の, 八歳の, 公然武装, 六時堂の, 円座を, 出発点から, 初めて個人的, 初めて語気, 初めて高い, 加勢の, 勘当した, 十月二十日がらみと, 南河内の, 卯木も, 即日ここを, 参内の, 叱った, 叱るよう, 叱ッ, 同じ時人, 吶々と, 呼吸を, 唇を, 垢に, 士卒を, 天王寺へ, 天皇と, 妻子へ, 姿を, 孝を, 守袋を, 安堵の, 安間了現と, 宋学の, 寄って, 寄りたかる子ら, 密かに, 寝返りを, 寧ろ軽賞, 将卒を, 小半日遅れ, 小早川秀秋に, 床几を, 庭で, 廊へ, 弓杖を, 弟へ, 弟を, 彼のみ, 彼らを, 彼女の, 待った, 従五位河内守たるに, 微力だ, 心の, 忠義の, 快然とこう, 思いこの, 思い出して, 思う, 思うの, 怯みも, 悠々と, 悦び譬うる, 悩んだ, 悪い方, 惧れた, 愉快そうに, 愍然と, 戦と, 戦はうまい, 戦場へ, 扈従の, 手にとって, 打物取, 披い, 援軍だった, 数十歩丘の, 数里は, 日野俊基の, 時のみかど, 晩く, 更に金剛山, 木に, 本曲輪, 桐山の, 楯の, 横を, 正季以下の, 正面の, 武人です, 武門しかし, 歩いて, 歩きながら, 歩みも, 死のうと, 死んだか, 気鬱重しと, 決してここ, 決して非礼, 決心し, 沈思した, 河内から, 河内へ, 浄衣に, 深く頭, 深く額ずい, 清忠の, 湯殿口で, 爺を, 物騒な, 独りふかい, 率先し, 相共鳴, 眼の, 砦の, 祈りにも, 神崎川から, 立ちどまって, 立ちどまる, 笑って, 笠置陥落後も, 築城に, 糧倉の, 紀州の, 納経の, 素直に, 考えこむ, 考えて, 聞いて, 聞き終ると, 胸が, 胸の, 脚下の, 自分が, 自嘲を, 舌打ちした, 薄ッ, 藤房の, 西の宮へ, 見まわした, 見られて, 覚った, 訓える, 語を, 語気を, 諸将, 豆に, 赤坂城に, 足を, 足利幕府を, 身を, 身浄めし, 辛さ, 近うと, 近づいて, 迷うらしい, 退出した, 途, 遠くに, 遠くの, 遠慮し, 部下たちの, 部落の, 酔ったであろうか, 針で, 門側に, 降りかけた, 陣へ, 除こう, 面目を, 鞍を, 頷いた, 顔を, 駒の, 驚いて, 麾下の

▼ 正成~ (368, 25.7%)

4 首級を 3 さいご, すがた, ために, 姿が, 心と, 心に, 心は, 顔を, 首を

2 [22件] ような, 前に, 声が, 姿は, 心が, 心も, 志は, 忠は, 手から, 手に, 敵ぞと, 次に戦争, 死の, 死を, 真意は, 胸にも, 言を, 身に, 軍を, 首は, 駒を, 麾下に

1 [293件] あいだに, あずかり知るところ, あだ, あとに, あとを, あわれな人, いう下, いった語尾, いまは, いる三, いる広, いる縁, いる陣所, うしろにも, うちからも, おこす所, おもて, おる河内, くちもと, こころも, こたえも, ことは, ことばとしても, ことばどおりやがて, ことばは, この言, ごく近親, しずかな, その横顔, その言, その言伝, そばで, そばには, そばを, はなしが, ばあいは, ひきいる水軍, ほうからこそ, まえに, むねには, もちまえだ, ゆき方, ようには, わすれがたみ, 一人舞台と, 一命は, 一子正行が, 一子河内の, 一族楠木正家も, 一歩一歩を, 一生としては, 七百騎が, 七百騎は, 上に, 下知に従って, 不意なおとずれ, 予想に, 予言は, 五千騎が, 亡霊が, 人となりは, 人となりも, 人となりや, 人となりやら, 人物を, 今日ある, 代からの, 代官も, 会下山を, 伝令だった, 伝記を, 低目, 住む水分, 住居水分と, 使いに, 供に, 光栄歓喜如何ばかり, 兵学上の, 兵馬は, 具足姿に, 処置に, 処置を, 出現でなけれ, 出陣までに, 到着を, 前半生, 勢に, 勢力範囲には, 千早城の, 千早城へ, 卯木に, 右の, 名が, 向いた方, 命に, 咳声が, 唇もとだった, 声である, 声とも, 声の, 声も, 天王寺の, 妹に, 妻です, 妻の, 妻久子である, 妻子たちが, 妻未亡人の, 妻高氏の, 姿だけを, 姿と, 姿へ, 姿も, 姿を, 嫡男後の, 子では, 存在は, 存在を, 存念を, 室などという, 家族な, 家族らは, 家来に, 容子に, 容子は, 寝所へ, 寝首を, 屋形の, 屋敷址は, 屎合戦だ, 左臂に, 希望に, 師に, 師事なども, 帰ったあと, 帰路を, 帷幕に, 幼名, 幼時に, 床几の, 床几は, 建築だ, 弟楠木正季, 弟正季から, 弟正季が, 弟正季の, 弟正季は, 弟正季一族の, 当年の, 影は, 影へ, 心の, 心中にも, 心中唯一点忠君の, 心事が, 心事については, 心境と, 心耳には, 忠志を, 性格でも, 患いは, 意見も, 態度に, 態度は, 或る, 戦死し, 戦闘よりも, 所持の, 手には, 手は, 手を, 手勢だった, 持ち前というしか, 持つ総勢, 指揮は, 指揮ぶりには, 掃墓を, 故事に, 故知を, 教えた孝, 方にも, 方は, 旗の, 旗本までを, 旗色次第, 旨は, 最期を, 本心では, 本拠であった, 本陣を, 本隊も, 本隊以下辛抱づよく天王寺附近に, 来援なども, 構想による, 横顔へ, 歌に, 正気をさえ, 死にたいしては, 死は, 死一つの, 死後河内の, 歿後も, 殊勲を, 気色を, 決意, 注意でも, 注意を, 満身に, 焚かせて, 献策が, 理想主義を, 生存も, 産土の, 甥楠木弥四郎も, 甥楠木弥四郎正氏だった, 田舎土産だ, 甲割です, 癖である, 百言よりも, 直言には, 眉は, 真意が, 眼で, 瞼は, 確答を, 祈りとを, 突入こそ, 第二, 筆という, 筆は, 筆らしい, 答えた声, 答えは, 策戦を, 細君は, 縁類にも, 罪科か, 背へ, 背を, 胸に, 臍が, 臣道よりは, 自決した, 菊水旗が, 蔭の, 覚悟も, 観察では, 言に, 言上に, 計りは, 討死とか, 話を, 誠忠兄正行の, 誠意は, 諫奏は, 諫奏其許にたいして, 謹厚の, 責任は, 足もとに, 身たとえ, 近侍二名が, 運命を, 遺体を, 遺子楠木正行の, 遺子正行の, 遺骸と, 部下が, 郷土の, 金剛山大塔, 銅像の, 銅像も, 陣中の, 陣営の, 陣地には, 隊と, 面上には, 頬を, 顔が, 顔に, 顔の, 顔へも, 首が, 首さえ, 首である, 首の, 首も, 首塚建掛ケの, 首級のみ, 首級をも, 馬は, 骨肉の, 魔力だ, 麾下は

▼ 正成~ (135, 9.4%)

2 おもて, 湊川に

1 [131件] あとを, あれば, いうと, いうもの, いおうと, いちど千早へ, いてすらも, いま望ん, おん前に, きいて, ここで, ここへ, これまで, これを, ころびかける, さいご, すすめた戦略, そも何, それぞれの, それほど兵力, どうして今日, どう答え奉る, なんと答える, はじめから, ひとり尊氏, まいっても, みかどの召に, みなこの, むやみ矢鱈に, めずらしくも, もう来, ゆるしまた, よぶの, ーと, 一手に, 一族すべてを, 下である, 与えるの, 主上へ, 亡い, 亡きあと, 代って, 先に, 全戦場, 再来よ, 出世欲だけで, 初めて宮方, 勅命に, 千早城や, 南庭の, 吉野に, 同調しよう, 和泉河内の, 喝破した, 在ったよう, 坐った, 坐ると共に, 士気昂揚の, 大和の, 大義に, 天王寺へ, 奏したろうか, 子よう, 存ずる所, 家の子郎党を, 寸功を, 尊氏へ, 尊氏謀叛の, 小城一つ失った, 心した, 心に, 心を, 思いきわめ, 恨むべきもの, 悪くいんぎん, 憎めぬのみか, 戦をか, 抱いて, 招く日, 捨てた金剛山, 敢然立っ, 敵を, 日ごろに, 最期に, 来る, 東門を, 業の, 機は, 次にくだす, 止めた, 正行に, 死ぬまいと, 死の, 求めた二人, 河内摂津の, 湊川の, 湊川へ, 湊川を, 為んよう, 生まれて, 生れると共に, 生存し, 申しあげたい儀, 申すこと, 畢生の, 畿内の, 直々に, 知るかぎり, 立ったあと, 笠置から, 笠置に, 答えたことば, 築城に, 終生の, 胸を, 自分の, 自分へ, 行くよ, 衛府の, 見終った沢山, 言う, 言ったわけ, 討死しました, 赤坂城を, 身を, 連れて, 金剛山寺へ, 願って, 馬に, 鬱陶しそう, 麓へ

▼ 正成~ (78, 5.5%)

2 それには, またその, 縁へ

1 [72件] あとより, あとを, いちど会いとう思っ, いつかしら共にのみを, えらかった, かえってじんと瞼, かさねて, こうし, ここでは, ここに, ここ数年雨に, この優渥, この旱, したこと, すべてその, ぜひなく, そのいさ, だが, つねにない, のぞいて, ひどく今朝, ふと瞼, ふと音, ほろびた義貞, ぼつぼつ心, またあと, またこの, またそう, また小, また心がわり, また死ね, また無言, また観, また顔, まだ健在, みかどの一兵でしか, ややことば, わきまえて, カッと, ハッと, 一つの, 一杯ふくん, 一諾しまい, 上を, 今は, 偽らぬ自分, 共に起とう, 凝視の, 口を, 存じ上げて, 存命の, 宋学を, 察して, 席を, 幼少の, 思った, 望んで, 横に, 正行の, 死所を, 満足な, 火中に, 眸を, 知らないでは, 立って, 蔦王が, 見た, 言いかねぬ, 言った, 話題に, 説明は, 赤坂から

▼ 正成~ (56, 3.9%)

2 ここで, して

1 [52件] きらったの, こうまで, ここに, この, さすの, たずねて, とくに日頃お召, どう観, どんなば, なお書い, のこして, ほろぼし義貞, やぶりがいせん, よろこばせ隙, 中心と, 中心に, 仮面師赤鶴が, 味方にと, 庇ッて, 彼らは, 待つ以外, 書くしか, 書くに, 書く以上, 楠木正成と, 生んだ郷土, 知る者, 知悉し, 神として, 祭つたことは, 笠置に, 罰するぐらいでは, 義兄に, 胸に, 褒め倒して, 見すえて, 見つけて, 見て, 見まもって, 見ると, 見上げたが, 見会釈, 観るにも, 観る目, 討ち一族もろ, 討つも, 訪うと, 訪れないわけ, 説いた, 連れまいれ, 避けたの, 非難する

▼ 正成~ (55, 3.8%)

2 しても

1 [53件] あずけて, あたえるもの, いわせて, おまかせおきくだされませ, かくべつな, がんと, ございまする, さよう, すれば, それらしき, たぶらかされたもの, とくべつ師弟, とり宮, とり面映ゆい, とれば, なるつもり, はいッ, はじまり更に, まかせて, みゆるし, むかって, 一人の, 仕えて, 他日への, 代って, 会うたか, 会える絶好, 会って, 使いし笠置落ち, 倣って, 叱られて, 命じて, 嫁し, 嫁した, 宮方を, 心からな, 心しずかな, 惹かれて, 抑えられて, 攻められ他愛, 敵は, 武士は, 殉ずるでも, 汲む意, 湊川で, 直々会う, 神仏の, 若木の, 菊水の, 詰腹を, 賜は, 韓信張良の, 魅せられ出世

▼ 正成~ (39, 2.7%)

1 [39件] いえその, いえば, いえ聞きおよんで, いわずに, こう四つ, して, すぐ感じた, すれば, その郷土, どっちが, ぶつかつ, まみえるまでを, よぶよう, 一夜を, 会うて, 会われたかは, 俊基との, 別れても, 別れ去るべきか, 合流する, 同年配, 尊氏との, 山陽方面の, 書かずして, 正季を, 正行, 正行との, 正行とを, 爺の, 生れかわった自己, 申す者, 脇屋義助が, 衛府の, 話して, 話してでも, 豊臣秀吉と, 貴僧とは, 連れ立つ者, 隔意なき

▼ 正成~ (18, 1.3%)

1 [18件] くだし賜わった勅, すぐ来, すすめて, そっとたずねた, ゆるして, 下された, 告げそして, 報じて, 届けて, 情勢を, 抱いて, 早口で, 示したの, 近づくいい, 追いすがった, 追い打ちかけ, 頭を, 頼んで

▼ 正成には~ (17, 1.2%)

2 分って

1 [15件] いまことばも, それが, それだけになおつらかっ, それに, そんな力み, とても忍べない, もはや軍, 何か, 大きな怖, 大処, 大江家伝世の, 当惑だった, 摂津和泉の, 明け方までに, 気の毒

▼ 正成どの~ (16, 1.1%)

1 [16件] がわれら, が兵庫合戦, です, と会わぬ, と申されます, と申す, のお, の妹, の御, はおまえさん, はとうに, は何と, へ近づきたい, もやがて, も犠牲, を訪ね

▼ 正成正季~ (11, 0.8%)

1 [11件] などがどういう, について千早, にむかっ, に兵法, のある, のいる, の下, の兵法, の白骨, もおる, も吉野方面

▼ 正成との~ (10, 0.7%)

2 あいだに 1 しめしあわせで, はなしは, 仲だった, 勝負の, 同行を, 性格の, 最後交渉も, 比較論が

▼ 正成とは~ (10, 0.7%)

2 まったく異なる 1 ものごとの, よほどよほどねん, よほど心契, 会うて, 初めて会う, 戦いたくない, 校書殿ノ, 気心も

▼ 正成~ (8, 0.6%)

2 じゃの大石良雄, の御 1 から思いつい, だ, と比較, などのころ

▼ 正成殿~ (8, 0.6%)

1 から火急, でも, にし, にはお, にもそのうち, に密, はもう, をはじめ

▼ 正成から~ (7, 0.5%)

1 じぶん, とつた, みると, 奏聞に, 或る, 要請の, 託された四条隆資

▼ 正成にも~ (7, 0.5%)

1 そこまでは, ちとニガ, よろこばれ散所民たち, 一族は, 恥じられまする, 朝家にたいする, 迷いは

▼ 正成一人~ (6, 0.4%)

1 にここ, の所存, の罪, は, は龍泉, 生きて

▼ 正成たち~ (5, 0.3%)

1 とその, の忠誠, はその道, は喘ぎ喘ぎ, は忍びやか

▼ 正成~ (5, 0.3%)

2 はなかっ 1 はない, もなかっ, 梅ヶ枝を

▼ 正成ほど~ (5, 0.3%)

2 な者 1 でなくとも, な徳, 史家を

▼ 正成一族~ (5, 0.3%)

1 のほか, の死所一つ, の祈り, や和田氏その他, をこの

▼ 正成自身~ (5, 0.3%)

1 すぐ大, の手, は思い, もすこし, もその

▼ 正成さま~ (4, 0.3%)

1 の仰せ, も新田将軍, をもいちど今, を慕っ

▼ 正成と共に~ (4, 0.3%)

1 ここに, 主将として, 在る者, 湊川で

▼ 正成~ (4, 0.3%)

1 土井大炊頭利勝へ, 尊氏は, 新田義貞にも, 義貞らにも

▼ 正成以下~ (4, 0.3%)

1 の士気, の男ども, の畿内, の者

▼ 正成~ (4, 0.3%)

1 が足利尊氏様, だって, とだけを心あて, の御

▼ 正成ごとき~ (3, 0.2%)

1 が申しあげる, 者へ, 者よりは

▼ 正成という~ (3, 0.2%)

1 人は, 人を, 歴史上の

▼ 正成とも~ (3, 0.2%)

1 おもわれぬ, ちがう高氏, みえず何

▼ 正成以外~ (3, 0.2%)

1 にない, には小勢, はその

▼ 正成~ (3, 0.2%)

1 が刀, の兜, は三寸以上の

▼ 正成自害~ (3, 0.2%)

1 したと, したりと, したる態

▼ 正成がと~ (2, 0.1%)

1 思えば, 言いたげな

▼ 正成こそ~ (2, 0.1%)

1 その筆頭, 相すまぬ

▼ 正成そち~ (2, 0.1%)

1 に神仏, はどうか

▼ 正成とか~ (2, 0.1%)

1 最も日本精神, 西洋で

▼ 正成なる~ (2, 0.1%)

1 ものこそ, 者に

▼ 正成にたいして~ (2, 0.1%)

1 かんばせは, よくその

▼ 正成について~ (2, 0.1%)

1 このど, 下赤坂へ

▼ 正成ひとり~ (2, 0.1%)

1 では, はどう

▼ 正成への~ (2, 0.1%)

1 ひそかな, 未練は

▼ 正成一個~ (2, 0.1%)

1 にとどまらず, のとぼしい

▼ 正成何者~ (2, 0.1%)

2

▼ 正成宛て~ (2, 0.1%)

1 の密書, の懇ろ

▼ 正成戦死~ (2, 0.1%)

1 の後, の物語

▼ 正成正季ら~ (2, 0.1%)

1 と共に自刃, の一族

▼ 正成諫奏~ (2, 0.1%)

1 であるが, の直後

▼1* [100件]

正成あらば, 正成いかにせし, 正成いよいよお詫びに, 正成いらいの旧臣たち, 正成もふ, 正成からの願いだった, 正成くれぐれも有難く思う, 正成このように, 正成じゃないが, 正成すらも指揮下の, 正成ずれをさ, 正成そこのけの戦術家, 正成たらんことを, 正成だけに後世いう, 正成ってやはりいい, 正成であったのでここ, 正成でなければ正成, 正成でもあったの, 正成といったように, 正成とが知りあったの, 正成とさえこの決闘, 正成としてはおことわり, 正成とともに戦場へ, 正成とやらはまだ参陣, 正成などという名すら, 正成なら今日の, 正成においてもまずはあの, 正成にたいしては近ごろ俊基も, 正成にたいする愛執と, 正成にとって思わぬ知己, 正成にとっては所期の, 正成にはわびておられるかもしれん, 正成のみでは, 正成はかろく首を, 正成はかろくうなずいてすぐ, 正成はじめ弟の正季, 正成はもいちど多聞丸と, 正成はやぐらの, 正成ひとり内へ通った, 正成へは同日大納言の, 正成みずからがし, 正成みたいな馬鹿正直, 正成め新手の大軍, 正成より伝わりました弓道, 正成よりも二日遅く, 正成と款, 正成らしい好意だ, 正成らしき者は, 正成一存で賭けられよう, 正成一流のたばかりで, 正成不肖の身, 正成亡きあと主上後醍醐の, 正成今宵陣を引く, 正成以下みな旗を伏せ, 正成以下一団となっ, 正成以下五十名は山手, 正成以下家職や小, 正成以下楠木一族の供養, 正成伏してかよう, 正成ほどのこと, 正成僧日蓮の事蹟, 正成兄弟はここ, 正成名和長年のわずか, 正成名和長年以下の凱旋, 正成名和長年伊賀兼光の三人, 正成名和長年佐々木道誉らの列, 正成名和長年足利高氏新田義貞赤松円心千種忠顕北畠親房等々あまたな公卿武士ら, 正成夙に戦死し, 正成夫人久子の生家, 正成の一書, 正成弟正氏たち一族の夥しい, 正成臣に, 正成忠勤の歴史, 正成打って出でまた, 正成新田義貞源義經那須與一等で綺麗, 正成時代から用いた, 正成桜井駅に子正行, 正成植村出羽守家政板倉内膳正重正ら近臣三十人, 正成といひ, 正成次に弟の, 正成正季どのも師事, 正成正季ら以下城中の士気, 正成正季以下の急, 正成正季以下みな一団に白い, 正成正行の遺跡, 正成正行父子にしろ, 正成死すと敵, 正成気強う思うぞ, 正成父子に対する崇拝, 正成発狂などと申す, 正成直属の武士, 正成義貞に勝っ, 正成義貞高徳武重の如き, 正成自身即刻筑紫へ下向, 正成自身奉行して, 正成良人の弟正氏, 正成が主, 正成評価もいま, 正成長年が, 正成長年等と協力