青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「来ない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~条件 条件~ ~来 来~ ~来い 来い~ ~来た 来た~ 来たら~ ~来ない
来ない~
~来なかった ~来ました 来ました~ ~来ます ~来よう 来り~ ~来る 来る~ ~来れ 来れ~

「来ない~」 3174, 33ppm, 3568位

▼ 来ない~ (552, 17.4%)

67 である 5137 です 2921 では 16 だろう 12 であった 10 かい 9 だと 8 だから 7 だった, であります 6 かね 5 でしょう, は当然 4 だよ, であったが, であろう, でございます, ですか, はすぐ, は不思議 3 かしら, かと思っ, かな, が不思議, でした, ですから, ですもの, ですよ, は何, は残念

2 [25件] かえ, かさびしい, かと思つて, か又は, が気, じゃ, だつた, だろうか, だろうと, だろうという, であって, であるから, と同じ, ならば, はどう, はどういう, はなぜ, は変, は雨, もある, も道理, を不思議, を残念, を見, を見る

1 [154件] かあゝあゝ, かい呉羽さん, かしらと思っ, かすこし, かそれとも, かって, かってお家様, かってね, かといわれた, かとその, かとも考えられた, かとベンチ, かと問うた, かと川辺みさ子自身, かと念, かと訊く, かと骨, かなあ, かなと思っ, かなア, かの理由, かもしれない, かも知れない, かも知れません, か不思議, か今日, か何, か君, か小僧, か知らない, か知らん, か茶屋, か誰, があった, がいよいよ, がこのごろ, がやつぱり気, が不足, が俄, が光秀, が六, が分つ, が多かっ, が常, が待, が心配, が恥ずかしい, が普通, が淋しい, が通例, さ, さおかしな, じゃあるまい, じや, だえ, だからな, だけは生き, だそう, だつたら遠慮, だもの, だらう, だらうか, だ彼女, だ私, でありますから, であるが, であるその, であるらしいこと, であろうか, であろうと, であろう寂然, でございましょうまあ, でございますからな, でしょうと, でしょうサヨーナラ, ですかな, ですが, ですって, ですほんとに, といったら, とは異様, と一方, と聞いた, ならいい, は, はいう, はこの, はその, はそれ, はひどい, はむしろ, はもしか, はもちろん, はわかつ, は万有引力, は不都合, は人, は余り, は僕, は写真位, は力, は可笑しい, は唯事, は大変不思議, は客, は帰りたく, は当り前, は彼女, は来な, は来ない, は物理学者, は私, は至極よう, は船酔い, は随分, へ嫁, ほほほ, もう通つて, もそれ, ももと, も可, も困ります, も尤も, も心細, も無理, も考え, も随分, を, をきっかけ, をどう, をみる, を不審, を右近, を少から, を幸い, を幸子ちゃん, を思う, を怪しん, を案じ, を母, を知っ, を知り, を確かめた, を私, を納得, を結句, を考える, を苦し, を見れ, を見届け, を部落, 横に, 物ほし, 秋ちやん

▼ 来ない~ (229, 7.2%)

11 いう 6 云ふ 5 いうので, なると 4 すれば, 思って 3 いって, 云う, 承知しない, 気が, 見えて, 言って

2 [12件] いけないな, なれば, 云うこと, 云うの, 定った, 射つぞ, 思つたら, 思ふにつけ, 淋しいという, 私の, 答えること, 誰が

1 [152件] あたしには, あとの, いいナア, いうから, いうが, いけないと, いけなかったもん, いつて, いひました, いふこと, いふの, いふので, おいてけぼりに, お姉さま, お気の毒, きまりました, この突如, こりや, これただ, せいせいしない, せっかく覚醒, そのまま鵜, その樹, どうしていえよう, どこか, どこへでも, どんな小城, どんな目, はけしからぬ, ひがむかい, ぶっ放す, また心, みえます, みえる, わかったので, わかると, わたしが, 下宿から, 主人は, 事務所では, 云いなますから, 云いました, 云うても, 云う種類, 云う筈, 云ったでは, 云ったとき, 云ったら来ないん, 云った客, 云った福原, 云った風, 云つた, 云われた, 云われましょうか, 仕方が, 仰しゃると此方, 伝へて, 何だかさびしい, 何だか妙, 保証するなら, 保証は, 僕は, 分ると, 判ったこと, 判ると, 力ずくでも, 同じだ, 同様今後, 夜眠れない, 大変だ, 女房が, 存じまする, 宜告, 寂しくて, 少し心配, 心得たか, 心配だ, 怒る男, 思い知らして, 思うと, 思うわ, 思うん, 思ったらイヤ素的, 思った檀那, 思ってか, 思はれる, 思ふの, 思われた手伝い, 感じが, 感じたらしくそこで, 手を, 打敲く, 文字友は, 文章にも, 断言した, 断言できるだらう, 旅は, 明日は, 極りました, 武蔵殿が, 気の, 決まったらこれから, 物質の, 犯人も, 癒りません, 発射出来ない, 知った時, 知って, 知りながら, 私は, 筋の, 答えると, 考えたほう, 考えて, 聞いただけを, 聞いて, 自分の, 行かなかったこと, 行って, 見えなくなるぞ, 見えますよ, 見えるな, 見たか, 見たから, 見て, 見極めの, 解ったよう, 言うこと, 言うたの, 言うの, 言うまで, 言うわけ, 言うん, 言う法, 言った, 言ったって, 言ったら姉さん, 言っても, 言ふ, 計られない, 説明が, 謂つた現象では, 退屈を, 這入る気, 遠慮なく呶, 酒は, 阿母さん, 限らん, 雑事が, 非道い, 頭の, 首に

▼ 来ないので~ (193, 6.1%)

3 どうした, 彼は 2 あつた, その一人, それが, 世上の, 大騒ぎと, 心配し, 敬太郎は, 老婆は

1 [171件] あいつ極まりが, あきらめたらしい, あらうか, いくらか落着き, いささか不, いつ纏った, お千恵さん, がっかりしました, くさり, こう号令, こっちから, この女, これは, さびしいことかぎり, しばらくし, しまいにとうとう不審, しまひ, じれて, すこし沈欝, すこし腹, すっかり気, ずゐぶん栗, せう, そこで穴, そこに, そっと首, そのうち日, その晩, そろそろそれ, だんだん待ちきれなくなっ, とうと, とうとう堪, とうとう待ち, とうとう思いきっ, とうとう死ぬ, とても足りない, どうかした, どうにも呼び, なにか書く, なにを, なんしとる, ひき終えてから, ひとつは, ひとりで, ふしんに, ふたりは, ふと心配, ますます予期, また行っ, まっすぐ帰る, みんな不思議がってる, もう明日, もう芝居見物どころ, もしや鳥さし, よんどころなくかの, わたくしは, イライラした, カス, キスは, キャラコさんは, シムソンは, ジョルジュは, ビレラフォンは, 一人で, 一人は, 一生懸命に, 三人で, 上へ, 下では, 中井へ, 人々は, 人でない, 人びとも, 今しがた飛び込ん, 今その, 伊藤松雄氏を, 何うし, 何となく不安, 何となく憂欝, 何時までもばかり, 俗に, 僕が, 先生は, 其の内, 出て, 出掛けられずいらいら, 十一時近く起き, 半泣き, 又きき合わせ, 困って, 坂下の, 変に, 大いに彼, 大へん心配, 大騒動, 女は, 奴隷は, 媒酌人の, 室内には, 家でも, 家は, 家中の, 家内の, 少々中, 少からず, 少し不安, 少将は, 山口行乞を, 山姥は, 山手電車の, 山木家側の, 巳之助も, 市民の, 師道は, 帰って, 帰る途中, 平兵衛は, 幾度も, 庸三が, 弱って, 待ち九時すぎ, 徐晃は, 心配だ, 心配の, 性の, 悲しみの, 手持無沙汰に, 数千枚の, 日本左衛門も, 明日も, 昨日の, 時として伯父, 有ろう, 梶井も, 次の間との, 止むなくほか, 武蔵は, 母も, 気の毒だ, 水を, 汽車の, 河原まで, 海ぞいの, 湯呑の, 牴牾か, 猪突き槍だの, 王は, 用事は, 男は, 病院の, 病院側では, 病院初め心当りは, 真紅にな, 矢田は, 私の, 私は, 自分が, 自分は, 花を, 行長等怪んで, 見ると, 調べて, 路傍へ, 軈て蓮太郎, 車を, 運転手は, 降りて, 雑草の, 面喰った, 髪を, 鶴子さんが

▼ 来ない~ (154, 4.9%)

3 下さい 2 いいという, いいよ, おくれ, お母さんの, くれ, 下さいと, 待たない人

1 [137件] あたかも羽, あとへ, あのまま, あの鷹匠町, あらう, あらうか, あらうから, あらうところ, いいが, いいと, いたか, いたずらにただ, いたの, いったん下, いること, いろいろご, おきは, おられる私, お初の, お松さんの, かれの, くれと, くれよ, くれれば, こそこそと, しまいましょう, しまった, すぐ東京, すむだらうと, せうか, せうな, そこに, そこへ, そのつもり, その代り, その又, その山国, その進路, それで, そろそろ日, ただその, ちようだい, できるだけ早く, とうとう朝, ときどき少しずつ, なれなれしく言葉, むしろ上流社会, もっと離れ, ややも, よい早く申せ, よろしいけれども, よろしいと, クサる, コンナ髪切虫が, サンパンの, マゴマゴし, ムク犬が, レオナドと, 一緒に, 三野村の, 下さいという, 下さいね, 下さいねと, 五十年七十年百年後に, 亡くなった人, 今朝に, 会えるよう, 何を, 例の, 倹約し, 先に, 先生一人麦藁帽を, 十分以上から, 却ってみんな, 又六, 又待ち, 反対の, 右手の, 呉れと, 困るじゃ, 地方の, 大阪に, 好えと, 宜いと仰しゃいました, 小女が, 小女の, 小林自身の, 小無頼漢, 居たので, 居た私, 居て, 幸だらう, 彼の, 彼女の, 待たないもの, 後の, 思いも, 思ひがけ, 思わぬ影, 恨みを, 手紙だ, 手首は, 描こうと, 早めに, 時々皆, 時間は, 暖い, 暖かで, 武蔵様だけが, 母への, 沢の, 沢渡に, 済ませるかも, 済むで, 百人一首の, 知事の, 私の, 空中に, 翌日に, 自分の, 自由に, 舟で, 草に, 薄馬鹿の, 藪蚊が, 行って, 逃げ帰って, 遠くから, 酒は, 鍵の, 長い, 長持の, 闇の, 障子の, 隣へ, 隣房の, 静まって

▼ 来ないよう~ (117, 3.7%)

8 な気 6 です, に 5 なこと, になった 4 にし 3 だ, にする 2 じゃない, なところ, になっ

1 [71件] すでこちら, だが, だった, だね, だの, であった, である, でしたから, ですから, ですって, ですね, ですよ, では, で今, といっ, とおっしゃったら, なとき, ならどう, ならも, なら力, な事, な人物, な人間, な仲間外れ, な始末, な工合, な愉し, な猛烈, な生活, な男子, な町, な瞬間, な笑い, な色々, にあの, にこっち, にこの, にした, にしたら, にしよう構わぬ, にするっ, にってね, にできますまい, にと念, にどうぞ, になりました, になりますまい, にカシム, に一枚葉書, に丹三郎, に出来ない, に専門, に山, に心から, に思われた, に思われる, に扉, に真人間, に神, に竹, に考えられ, に致したい, に見える, に見受けられる, に言い, に誓わし, に適当, に頼み, に頼ん, に風刺, ね

▼ 来ないこと~ (111, 3.5%)

4 がある, である, になっ, はなかっ 3 があった, だった, になった, はあるまい 2 の弁解, はない, もあった, を不思議, を知っ, を知った

1 [71件] があります, がいっそう, がしば, がない, が何, が分かっ, が分っ, が分った, が判, が判った, が多かっ, であった, であらう, でした, で何, で命婦, などに惑わされず, などを共通, にきめました, にし, になつ, になる, にはとうてい, にはどうにもこう, には東西, に失望, に関心, の卑屈さ, の方, はあっ, はありません, はいかん, はよく, はわかっ, は事実, は同じ, は明らか, は昔, は有難かっ, もあっ, もある, もあるまい, もなかっ, も彼女, も知っ, よりは, をいった, をさびしく, をそれほど, をたしかめる, をつくづく, をも知っ, を一言, を云っ, を信じ, を信ずる, を君, を大変, を心, を欣, を残念, を痛感, を発見, を知らない, を祈った, を私, を聞く, を見届けた, を願っ, を願った, 激しいもの

▼ 来ない~ (104, 3.3%)

20 です 139 だもの 8 ですか 7 だよ 6 ですよ 4 だね 3 だから, だらう, だろう, ですもの 2 じゃない, ですから, ですが, ですの

1 [17件] だからね, だからねえ, だそう, だって, だってさ, だつて, だつまらない, だまして, だらうまさか, だろうと, だろうどうも, だネ, だ女, でしょお, ですかね, ですからね, ですって

▼ 来ないうち~ (102, 3.2%)

7 に, に早く 2 からどれほど, にその, に横, に私, は何

1 [78件] からそこ, からもう, からダウデン, から一種, から今井, から父, から町, がいい, で時間, にあたし, にある, にいい, におれ, にくるり, にそちら, にただいま, にである, にとうとう, にと又, にと思っ, にと私, にどうか, になんとか, にはやく, には俺達, にまたまた, にまたもや, にもっと, にもはや, にナンキン墓, に三人, に下駄全体, に二人きりほか, に何とか, に出かける, に同じ, に吾, に地下室, に夏, に天井, に女, に家, に寝, に小姓溜り, に帰っ, に帰る, に帳場, に弓, に日, に村, に来た, に没, に消え, に知っ, に石田佐吉, に立ちあがった, に美濃守, に脱出, に腹, に荒川畷, に落ちた, に言, に逃げよう, に遠く, の出来事, は, はいかに, はどう, はどうも, は二度とこ, は他, は何だか, は岩さん, は手, は気, は滝, は百日, を見計らっ

▼ 来ないもの~ (102, 3.2%)

13 でも 8 だから 3 か, だ, である

2 [11件] かしら, があった, がなか, だと, であった, では, と見える, と観念, はない, は一人, は仕方

1 [50件] かとゆき子, かと待つ, かと思, かと暗い, かをその, があつ, があり, があります, がこの, がなかなか, が印象, じゃない, だか, だよ, だらうか, だらうかと, だろうか, であらう, であると, であるのに, です, ですから, で私, で第, とあきらめ, ときめこん, ともわかりません, とも限らない, と思つて, と思ひこん, と決め, と考え, と見, なのよ, なん, には急性結節, ね嬉しく, ね彼, のある, はあるまい, はさ, は大抵二日, は尠, は私, は面会, は頭, ばかりだった, もあります, やらそれ, を恐れ

▼ 来ないという~ (74, 2.3%)

7 ことは, ことを, のは 3 法は 2 ことです, ことも, のが, ので, のです, ような, 事は

1 [36件] ことが, ことだ, ことであった, ことであります, ことである, こと果ては, のである, のでございます, のも, はずは, ほうは, ものは, んです, 一つの, 事が, 事に, 事を, 事実は, 事情が, 報らせ, 女の, 工合でした, 常吉の, 年齢に, 有様で, 理由が, 男では, 私の, 訳で, 訳も, 証明は, 評価の, 話なども, 話は, 説が, 風であった

▼ 来ないかと~ (72, 2.3%)

3 いって, 云って 2 云つた, 問合せの, 思って, 言って

1 [58件] いいましたところ, いうに, おすすめに, おせい様, じっとその, その偶然, その方, それが, そんなこと, たずねた, まんざらからかい, もうおきよ, わしも, 云いました, 云う, 云う招待, 云う電話, 云った, 云ったところが, 云ひました, 公然勧誘, 勧めました, 叫ぶ, 土地の, 夫から, 尋ねた, 待ち侘びるけれど, 待って, 心待ちに, 心配で, 思い思いした, 思うと, 思えば, 招待させる, 本気で, 熱心な, 省吾は, 考へた, 耳を, 聞いた, 聞いたら参りませんと, 見て, 言う, 言ったけれど, 言ったら何, 言つて来た, 言われて, 訊いた, 誘いいつ, 誘った, 誘つてやつた, 誘はれた, 誘ふと, 誘われたので, 誘われて, 誘われましたが, 随分気, 騒いで

▼ 来ないから~ (68, 2.1%)

2 だ, である, どうした, 大丈夫だ

1 [60件] いや, いやに, おかめ, きっと新さん, こっちから, して, そう思わっし, それでお前, それを, ちょっと逢い, ちよつと, であった, であります, であると, でしょう, です, どうかし, なの, まだ引っ越し, もう少しもう少しと, もう話す, やって来るなと, よく母さま, ボブが, 今どこに, 代理に, 僕は, 僕一人で, 先に, 内へ, 前の, 困って, 困ると, 大きに楽, 姉さんは, 始めは, 始末が, 室は, 少しは, 床は, 待って, 悲しいん, 掃除は, 是非上げ, 毎日たのむ, 相談も, 真暗な, 知らぬの, 私から, 私は, 私一人で, 米友としては, 自分等は, 見物に, 読んだ人, 近い処, 閉めッ, 電熱器は, 顔色を, 黙って

▼ 来ないとも~ (59, 1.9%)

14 限らない 5 限りません 3 限らないから, 限らないと, 限らぬと, 限りませんから 2 限らないといふ

1 [26件] かぎらない, かぎらないといふ, かぎらないの, かぎりません, わからないの, わからぬので, 保証が, 測られない, 自由に, 限らないが, 限らないし, 限らないそう, 限らないその, 限らないぞ, 限らないだらうと, 限らないでしょう, 限らないの, 限らないわ, 限らないわね, 限らない胆吹山, 限らない鹿爪, 限らなかった, 限らなかつたの, 限らぬさりとて, 限らんから, 限りませんでした

▼ 来ない~ (49, 1.5%)

2 そんなこと, 来ないかと, 見て

1 [43件] あした一日ゆっくり, あの囮, いい晩, いっしょに, え, お豊さん, すこし手伝っ, だ, だいぶ暗く, とある日番頭, なるべくならお目にかかりたい, はっきり返辞, はなはだ疑わしく, または明日, まだ帰らん, みて, ア, ッ, 人の, 位は, 何でも, 分らないもの, 分らない犯人, 大分暗く, 女が, 女房に, 安い薬, 旅費は, 早く出, 来なければ, 決まるまで, 注意し, 疑つて, 直ぐ其処, 知らんと, 知れない敵, 研究た, 神田だ, 私が, 解らない昨日, 誰も, 身体の, 髪結は

▼ 来ない~ (42, 1.3%)

2 それに

1 [40件] あの親切, こちらから, こちらに, こっちから, こっちは, この世に, さあちゃん, さてと私, そしてこの, そしてそうした, その縄張り, どうした, またそれ, もちろん爆裂音, よびも, ラジオも, 一寝入りし, 不安な, 今蔵, 先刻から, 園に, 土地の, 大久保の, 将門に, 後には, 御門が, 摂関家の, 月定めで, 森ちゃんも, 気持までが, 滝の, 眠ると, 神経が, 稀れ, 稲が, 絶えず顔, 返事さえ, 送りにも, 量を, 陳述そのものが

▼ 来ない~ (40, 1.3%)

2 どうした, 子供の

1 [36件] いいさ, この番所, しかし田村君, その接待中, その紀念, それでも展覧会, とにかく旦那, どうしたい, どうしたろう, ばばが, ひとたび公, まだ十九銭, やがて水面, ようござん, わが身の, ヨネ, 乳牛院の, 人間同士の, 以前は, 何うしたえ, 何か, 其の風体, 別としても, 半島の, 可い, 実際いつもそんな, 峯高く, 愚にも, 梯子段の, 田舎者には, 秀吉の, 私は, 繰返し読ん, 蠅は, 警視庁の, 近々に

▼ 来ない~ (40, 1.3%)

15 がいい 3 がよかっ 2 がよい, が人類

1 [18件] がありがたい, がい, がずっと, がせいせい, がよ, がよう, がよかつ, がよかろ, が功徳, が嘘, が多い, が大局, が好かつた, が宜しい, が楽, の人数, へ逃避, を希望

▼ 来ないかも~ (38, 1.2%)

5 しれない, 知れません 4 知れない 3 しれないと

1 [21件] しれないね, しれないもう, しれませんが, 判らないぞ, 判らんよく, 判りませんよ, 知れないけど, 知れないで, 知れないなあ, 知れないね, 知れないの, 知れないよ, 知れないわね, 知れない代り, 知れぬ, 知れぬと, 知れぬのに, 知れぬひと, 知れませんが, 知れませんがね, 知れませんよ

▼ 来ないわけ~ (35, 1.1%)

5 には行かない 3 にゆかない 2 です, にはいかなかった, にはゆかない, はない

1 [19件] があった, がある, がない, がわかりました, だ, だが, だし, で, であります, である, でも, にいかない, にはいかない, にはまいりますまい, にはゆきません, にゆかなくなる, に行かなかった, のもの, はなかっ

▼ 来ない~ (33, 1.0%)

3 にもう 2 にその, はそれ

1 [26件] からのこと, からもう, から来た, から焦ら立つ, にお前, にここ, には夢, には決して, に一緒, に彼等, に意気沮喪, に散っ, に旗田氏, に死んだ, に海, に自分一人, に血縁, に階下, のこと, のよう, の彼自身, の方, の近代, は微動, ポールを, 特に良沢

▼ 来ないでも~ (30, 0.9%)

2 ありません, ない, よいと

1 [24件] あるまいとも, いいのに, いい使, いい己, ないよう, なかった, なからう, もっと近い, よかった, よかろうに, よろしい, よろしいと, よろしいという, わたしは, 七時に, 同じ様, 吾一さんで, 大丈夫だ, 大丈夫金の, 宜いに, 柳は, 自分の, 遠くに, 鎧櫃の

▼ 来ないところ~ (23, 0.7%)

11 を見る

1 [12件] だぞ, である, で死にたい, にある, に彼女, の, は不思議, へ主将, へ入れ, へ復員, へ連れ, をみる

▼ 来ないやう~ (23, 0.7%)

3 ですね 2 な気, になつ

1 [16件] だね, である, であるが, でしたから, な人, な返事, に, にし, になぐ, にツ, に云つて頂戴, に作, に家, に思はれた, に斜, に致しませう

▼ 来ないとは~ (22, 0.7%)

5 限らない

1 [17件] あんまりひどい, いっこうに保証, かぎらないし, かぎッて, これまた, だれが, 保証されない, 思えなかった, 決して言えなかった, 申されぬ, 言えない金銭, 誰しも, 限らないが, 限らないさ, 限らないの, 限らなかったから, 限りません

▼ 来ないのに~ (22, 0.7%)

2 業を

1 [20件] あの傲慢, そういつ, なんであんな, びっくりした, 一瞬間の, 不安を, 不審を, 内々の, 刹那安心した, 半夜見, 半額では, 失望し, 少し不安, 幾日も, 弱った, 早や, 気を, 無理は, 相手は, 詰つてゐた

▼ 来ない~ (22, 0.7%)

2 がある, だ

1 [18件] があった, があります, があるであろう, がわかります, がわかる, であった, に安心, はあるまい, はない, は人, は珍しく, もある, も気, をお, を告げた, を山村, を知っ, を見て取っ

▼ 来ない~ (21, 0.7%)

2 があった

1 [19件] かもしくは, からあつ, がつづいた, である, であるか, でもいつも, でも聖書, に, にはコタン, には河岸, には貴方, の隊長, はその, は二人, は全く, は昼寝, は来ない, は笹島先生, をいふ

▼ 来ない~ (17, 0.5%)

1 [17件] にだいぶ, にである, にと家, に三人, に凡て, に女二, に湯, に社務所, に街, に訊問, はこの, は二人きり, は外国, は手前, は本来, をその, 親しいふう

▼ 来ないじゃ~ (16, 0.5%)

13 ないか 1 ありませんか, いられないはず, ないかと

▼ 来ないかという~ (14, 0.4%)

2 ことに

1 [12件] ことだった, ことであった, ことでありました, のだった, 勧誘が, 手紙が, 手紙な, 招待でした, 招待には, 招待を, 賭を, 返事が

▼ 来ないつもり~ (13, 0.4%)

2 です, なん 1 か, だ, だという, だろう, で, でいる, でございます, で出掛ける, なの

▼ 来ない~ (13, 0.4%)

1 [13件] に, にちゃんともう, に倉皇, に出奔, に小屋, に帰りましょう, に後, に早く, に此方, に死ん, に砂, に私, に立木

▼ 来ない~ (12, 0.4%)

4 はない 21 だから, なの, になっ, のトルレス, はなかっ, はなから

▼ 来ないはず~ (11, 0.3%)

4 はない 1 がない, だ, だが, だ音沙汰, です, の冬, の白骨

▼ 来ない~ (11, 0.3%)

1 [11件] から来た, にこっち, にゆっくり, に何処, に借主, に女, に早く, は何だか, は作者, は好奇心, は頭

▼ 来ないもん~ (10, 0.3%)

2 だから, ですから, でも 1 だで, でない, でポツネン, ね

▼ 来ない~ (9, 0.3%)

2 しても 1 きまって, こしたこと, して, 定まっとるわ, 極っ, 相違ない, 違いない

▼ 来ない~ (9, 0.3%)

2 は淋しい 1 があっ, がある, が続く, のつくつくぼうし, のなくなった, は彼, もある

▼ 来ないそう~ (8, 0.3%)

1 だから, だよ, だ途中, で, でお話, でございます, です, な

▼ 来ないとき~ (8, 0.3%)

1 そして恵子, なの, にかう, にはお父さん, は彼女, まった人, もいつも, や

▼ 来ない~ (8, 0.3%)

1 からさすが, から流石, が夜中, といっ, の主観, もある, をみる, を見れ

▼ 来ないといふ~ (7, 0.2%)

1 ことが, ことだつた, ことは, のも, やうな, 見当が, 風な

▼ 来ないほう~ (7, 0.2%)

4 がいい 2 がよかっ 1 がよい

▼ 来ない以上~ (7, 0.2%)

2 は幾時間 1 はなんと, は認め, は餓死, もう判る, 悪くは

▼ 来ない~ (7, 0.2%)

1 ですが, で悟浄, と見え, に川, に立っ, はない, をもっ

▼ 来ない限り~ (7, 0.2%)

2 もない 1 においてひどく, はございません, はほんとう, は黙々, 決して切れる

▼ 来ないって~ (6, 0.2%)

1 いうじゃ, お竜ちゃん, ことが, わけは, 約束し, 言いましょうか

▼ 来ないなんて~ (6, 0.2%)

1 あんたに, ことは, どうもいつもの, よっぽどおかしい, 困つて, 馬鹿だ

▼ 来ないまでも~ (6, 0.2%)

1 何とか呼びかけ, 勃々と, 女中に, 帰ったという, 誰かに, 謙信が

▼ 来ない~ (6, 0.2%)

1 からわたし, にまた, に悪い, に探し, に死体, に自分

▼ 来ない~ (6, 0.2%)

1 が明け, なぞは寂し, はじめて見た, はない, は一しょ, は遠く

▼ 来ない~ (6, 0.2%)

1 が栄光, が苦しむ, の旅費, は小食, は山, は顔

▼ 来ない~ (5, 0.2%)

1 それが, 島には, 庇で, 禁厭は, 通が

▼ 来ないとの~ (5, 0.2%)

2 ことで 1 こと, ことであった, ことでした

▼ 来ないんで~ (5, 0.2%)

1 いやな, さあ私, せう, 張合が, 親方怒ってる

▼ 来ない場合~ (5, 0.2%)

1 にはどう, には伴船, は戦後, もある, もしくは関係

▼ 来ない時分~ (5, 0.2%)

1 であった, でお湯, は叔父様, もう何年, を見計らっ

▼ 来ない~ (5, 0.2%)

1 だがね, だったらおれ, だつたらおれ, にする, になり

▼ 来ないかしらと~ (4, 0.1%)

1 いつも表, いふので, 四辺を, 思った

▼ 来ないけれども~ (4, 0.1%)

1 僕は, 夫が, 田山白雲先生が, 職人小僧の

▼ 来ない~ (4, 0.1%)

1 あいつまた, え, なし, 己も

▼ 来ないため~ (4, 0.1%)

1 に, に何, に去年, まだ市場

▼ 来ないとか~ (4, 0.1%)

1 いって, 云って, 言って, 頼まれた用事

▼ 来ないどう~ (4, 0.1%)

1 したこと, したの, したもの, だい一つ絹に

▼ 来ないのみ~ (4, 0.1%)

1 ならずどちら, ならずなお, ならず影, ならず欠勤届

▼ 来ない~ (4, 0.1%)

1 うがよ, 不実だ, 別に, 大事で

▼ 来ないほど~ (4, 0.1%)

1 二人とも, 彼ら明智一家の, 船が, 陽子は

▼ 来ない~ (4, 0.1%)

1 があった, が自身, にどんどん, には決して

▼ 来ない以前~ (4, 0.1%)

1 に左門, のまじり, の境地, は低湿穢小

▼ 来ない~ (4, 0.1%)

1 があつ, など折々, には近く, もある

▼ 来ない~ (4, 0.1%)

1 であった, にはいかない, には行きませんでした, に行かなかつた

▼ 来ないかが~ (3, 0.1%)

1 判るな, 右門の, 羊飼い

▼ 来ないかしら~ (3, 0.1%)

1 もしくるなら, もし来られるなら, んという

▼ 来ないかとの~ (3, 0.1%)

1 こと, すすめを, 便りだった

▼ 来ないからと~ (3, 0.1%)

1 いうので, いって, 云って

▼ 来ないくらい~ (3, 0.1%)

1 だから, ならと, 木立が

▼ 来ないけれど~ (3, 0.1%)

1 いぶかしさうに, おちついて, しかし心

▼ 来ないその~ (3, 0.1%)

1 前年の, 感じの, 時は

▼ 来ないだけ~ (3, 0.1%)

1 でなく何となく, でなく往々, なの

▼ 来ない~ (3, 0.1%)

1 あそう, それは, 気違さんさ

▼ 来ないばかりか~ (3, 0.1%)

1 それらしい, 船医室からは, 顔出し一度しない

▼ 来ないもう~ (3, 0.1%)

1 待って, 病人は, 自分だけ

▼ 来ない二人~ (3, 0.1%)

1 でぢ, で二人, とも少し

▼ 来ない~ (3, 0.1%)

1 か来, が二人, で

▼ 来ない感じ~ (3, 0.1%)

1 だったが, で今, になった

▼ 来ない~ (3, 0.1%)

2 が遺稿 1 と行った

▼ 来ない自分~ (3, 0.1%)

1 にいら立っ, に気がつく, の体

▼ 来ないいや~ (2, 0.1%)

1 に旧友ぶり, んなる

▼ 来ないかい~ (2, 0.1%)

1 オットセイは, 打って

▼ 来ないかといふ~ (2, 0.1%)

1 地図入りの, 招きが

▼ 来ないかの~ (2, 0.1%)

1 やうに, ような

▼ 来ないかは~ (2, 0.1%)

1 わからない, わかりません

▼ 来ないこの~ (2, 0.1%)

1 海老蔵は, 魚は

▼ 来ないそこで~ (2, 0.1%)

1 寺池を, 差当り困る

▼ 来ないぞと~ (2, 0.1%)

1 いって, 云うお

▼ 来ないただ~ (2, 0.1%)

1 ひたひたと, 妙な

▼ 来ないつまり~ (2, 0.1%)

1 こちらから, 如何に

▼ 来ないといった~ (2, 0.1%)

1 ところで, 感じだった

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 一寸出, 来なければ

▼ 来ないには~ (2, 0.1%)

1 おどろく, 極まつ

▼ 来ないのみか~ (2, 0.1%)

1 唖の, 菰と

▼ 来ないばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく反対, では

▼ 来ないほどの~ (2, 0.1%)

1 しんからの, 山間の

▼ 来ないまま騒ぎ~ (2, 0.1%)

2 が続き

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 あるもの, 道理

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 うだつた, うだつたら

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 そうだ, オットセイの

▼ 来ないよと~ (2, 0.1%)

1 なんど言った, 云って

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 だ, だろう

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 に錦祥女, は一度

▼ 来ない人間~ (2, 0.1%)

1 なの, の使用品

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 のうち, は谷

▼ 来ない今日~ (2, 0.1%)

1 も, もばら

▼ 来ない何となく~ (2, 0.1%)

1 不安な, 淋しい

▼ 来ない味方~ (2, 0.1%)

1 の援軍, もある

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 がいる, は来ない

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 に行こう, のこと

▼ 来ない幻たち~ (2, 0.1%)

2

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

2 に対して敵意

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 る支那料理屋, 日の

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 から一本, の恋人

▼ 来ない樹明君~ (2, 0.1%)

1 から手紙, も来ない

▼ 来ない機会~ (2, 0.1%)

1 のせい, のよう

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 がする, を鎮め

▼ 来ない理由~ (2, 0.1%)

1 がよく, を考へ

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

1 だ, 茫々と

▼ 来ない積り~ (2, 0.1%)

1 ですか, なん

▼ 来ない美津子~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 来ない若い~ (2, 0.1%)

1 うちに, 店員が

▼ 来ない行乞~ (2, 0.1%)

1 にもお, は気

▼ 来ない行儀~ (2, 0.1%)

1 のい, のいい

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

2 に一刻

▼ 来ない~ (2, 0.1%)

2 に身

▼1* [345件]

来ないひだに, 来ないあいだは母たる, 来ないあのときの, 来ないある家の, 来ないいいつけであった, 来ないうちフィッタブルの男, 来ないうち予定の四回, 来ないうち大急ぎで手, 来ないうち宗助は床, 来ないうち洗濯てぇこと, 来ないおそらく永久に, 来ないお父さんかと思, 来ないお雪ちゃんはその, 来ないかぎりはけっして, 来ないかぎりそれをどう, 来ないかぎり彼は自分, 来ないかしらとも思うが, 来ないかつて云つてた, 来ないかでその疑い, 来ないかといった事が, 来ないかなあと叫びたかつたいや, 来ないかなあなどと考えた, 来ないかなどとこの辺, 来ないかなんて言つてゐた, 来ないからってそれで打, 来ないからというような, 来ないからは行きなり放題, 来ないかを確める, 来ないかん云うの, 来ないがと思って, 来ないきっと本やが, 来ないくらいにかくされて, 来ないこと甚しい, 来ないこないだの電報, 来ないこれもさびしい, 来ないころである, 来ないこんなのは, 来ないうである, 来ないさびしいなあ, 来ないさらにさびしい日, 来ないさりとて焦き立つ気色, 来ないしかしうまく当たったら, 来ないしぐれもやう, 来ないしといって, 来ないしようのない, 来ないせいかなんとなく, 来ないお通さん, 来ないそこでまた廊下へ, 来ないそのうち奥の, 来ないそれにしても酒が, 来ないぞとでも言われたの, 来ないたちまち谷を, 来ないたって一筋道じゃ, 来ないため中川高山池田すべての軍, 来ないため扇ヶ谷のかなり, 来ないだいたい待つといふ, 来ないだが私の, 来ないだけにかえってすさまじい, 来ないだけのことさ, 来ないやない, 来ないつてそれを出した, 来ないつて電話でもかけ, 来ないつまらなくのむた, 来ないといふばかりでなく僕, 来ないとかいうことも, 来ないとこがあり, 来ないところが俄然として, 来ないところ此の男貯金, 来ないとさえ知れながら, 来ないとしてもお互いに, 来ないとてももウ心配, 来ないと共に読者が, 来ないどうかすると, 来ないどうも家出を, 来ないどこか遠く, 来ないなあ釘勘の, 来ないなどいつも, 来ないなどと思うの, 来ないなどという事は, 来ないにも限らないから, 来ないねと云い二銭, 来ないのでかへつて落胆した, 来ないのでもつけの, 来ないのどチンコがはれ, 来ないのよおばさまが, 来ないはてどこに, 来ない向うは, 来ないばかりにいって, 来ないばっかりにみんな行き詰り, 来ないひき緊つた師匠の脣, 来ないひとつの生, 来ないほんに待つ身, 来ないまえに自分, 来ないまた催促を, 来ないまで引っ張り廻される様, 来ないまま読者は作家, 来ないまもなく新聞が, 来ないみたいで, 来ないもう少しだか, 来ないもんじゃから我家, 来ないやがて家庭争議で, 来ないよう戸締を固め, 来ないよう陰険な仲間割れ, 来ないよりは遥かに, 来ないわいいざ神尾殿, 来ないわが家の庭, 来ないわと女房が, 来ないわねなかなか, 来ないわよ来たって, 来ないチャンスを惜しむ, 来ないて昨日, 来ないテーマだろう, 来ない先のが, 来ないワケはない, 来ないヴェネチアの少女, 来ない一人の一日, 来ない一日は斯, 来ない三造をつかまえ, 来ない不安この上なし久野先生, 来ない不注意に少し, 来ない不調和なもの, 来ない主用で外出, 来ない予備にまで来ない, 来ない二時近くに来た, 来ない五芒星呪文の最後, 来ない人達は旧, 来ない今日そのものが来ない, 来ない代りに瓢, 来ない以上何処に居る, 来ない以上私はそう, 来ない仲達はあたかも, 来ない何ぞまた此家, 来ない何秒かの間, 来ない余り長いので, 来ないしその, 来ないは今, 来ない催促をし, 来ないも三年前, 来ないと思う, 来ない先姉が死ん, 来ないに道場, 来ない光景であります, 来ないに角支配人, 来ない内千歳村の石山氏, 来ない出来事で私, 来ない初子のため, 来ない初対面の貴下, 来ない加野さんと一緒, 来ない千両役者をかけ, 来ない厚板ガラスだつた, 来ない原始的の魂, 来ない参右衛門の末娘, 来ないその代人, 来ない口惜しさだった, 来ない召喚状なんぞが来, 来ない可能性に過ぎない, 来ない名宝の人, 来ないを待つ, 来ない唯一の原因, 来ない嘉治さんが夢中, 来ない困難だと, 来ない壮士体の政客, 来ないをもった, 来ない夕刻から番所, 来ないの世界, 来ない大丈夫だよ, 来ない大名もある, 来ない大将の態度, 来ない大阪にはこれ, 来ないの門, 来ないは家, 来ない始末である, 来ない姿のある, 来ないとそんな, 来ないが今夜, 来ない子供が多い, 来ない子供達の足音, 来ない子細はそれ, 来ないだが, 来ない学者の概括, 来ない官兵衛孝高を案じ, 来ない宝蛇の三ツ, 来ない室内がぼうっと, 来ない宿屋にゆく, 来ない寂しいなあ, 来ない寂寥にはちがい, 来ない六に対しては, 来ない少女の時代, 来ない少年はなかつた, 来ないの鴉, 来ない山の手に避け, 来ない山口から大田, 来ない峡谷の底, 来ない希望の姿, 来ない平七もみえない, 来ない幸福や喜び, 来ない幾つかの舟, 来ないの名, 来ないの土, 来ないの部屋, 来ないの尼, 来ない弟子なの, 来ない形勢だつたもん, 来ない彼自身の部屋, 来ない待ちくたぶれた来ない来ない, 来ない御嶽の裏山, 来ない心持は私, 来ない心配からであった, 来ないはなかつた, 来ない恋人をいつ, 来ない愉快な境地, 来ない意気じゃ成, 来ない憐れつぽい, 来ないであつ, 来ない憾みがある, 来ない戦争や天災, 来ない所在なさ, 来ないを分け, 来ない指針になっ, 来ない教会では金, 来ない敬治坊よ二人, 来ないだ, 来ない料理に腹立て, 来ない菊の, 来ない新入生が二人, 来ない新聞は来た, 来ない方向の電車, 来ない既成的問題に対してはこの, 来ない日武蔵が窺っ, 来ないを告げた, 来ない昔風な大きな, 来ない映画は土門, 来ない昨夜から帰らず, 来ないの船, 来ない時々相変らず, 来ない時世になった, 来ない時代誰もがさういふ, 来ない時刻のせい, 来ない時私は過去, 来ない暑い暑い日中だつた, 来ないはさせ, 来ない有様ゆえ悟浄も眼, 来ないから雀, 来ない朝昼間何といい, 来ないから木, 来ない木の葉がさわがしい, 来ない木戸池やモングチ沢, 来ないも多く, 来ない椅子を並べ, 来ない植物も動物, 来ないを煮し, 来ない槙三のこと, 来ない次第によっては自分たち, 来ないの離れ島, 来ない母親の心, 来ない毛利軍が輝元, 来ない気持の苛立ち, 来ない気持ちである, 来ない決心で進ん, 来ない沢山の習作, 来ない浩さんよりも浮世, 来ない温泉で小金, 来ない湯田行乞と心, 来ない源氏の心, 来ないにその, 来ない焚火がはじく, 来ないも揚らない, 来ないが役所, 来ない父親ですがね, 来ない牛若を眼, 来ない生徒も不可, 来ない用意も整, 来ない田舎のこと, 来ないのやう, 来ない留守を女, 来ない病気はさうない, 来ない着物を着, 来ない社長秘書の黒板くん, 来ない祖父の話, 来ない算段ばかり遊ばす, 来ない糸瓜の花, 来ない約束で出, 来ない純子ちやんと進ちやん, 来ない終身の認識標, 来ない繁治さんのカゼ, 来ないよ, 来ない習慣であった, 来ない老人達を何時, 来ないへである, 来ない者田舎落ちをし, 来ない自動車の音, 来ない若しやと思っ, 来ない若葉が虫, 来ない苦労性の私, 来ない英語で, 来ないの花, 来ないも木, 来ない菊田も姿, 来ない萎微をきわめた, 来ない蒼い顔を, 来ない蕎麦の待ち遠し, 来ないの佃煮, 来ない桃色の, 来ない薄情な薄情, 来ない広間の, 来ない見識を持っ, 来ない観念は使わない, 来ない言葉に先, 来ないだから, 来ないも来ない, 来ない講演会をしかも, 来ない谷間の小屋, 来ないだ, 来ない軍人海外在留民の家庭, 来ない軽い失望, 来ない引つ張り, 来ない連中がある, 来ない過去はいかに, 来ない部屋に座っ, 来ない部族に於い, 来ない鎮守の森, 来ない間君江が何, 来ないの中, 来ない限りほかの男, 来ない限り何人も餓え, 来ない限り君等の蒙, 来ない限り彼は相談, 来ない限り私の計画, 来ない限り警察人にも会わん, 来ない限り近侍の首, 来ないのほう, 来ない隙間を見, 来ない雌鴨のあの, 来ない電燈料が払, 来ない青く光る, 来ない青年が居た, 来ない青春の日, 来ない青江を持て余し, 来ない面白いものを, 来ないのこと, 来ない頭脳といっ, 来ないが出, 来ない風格だ, 来ない馬鹿気た昔, 来ないが来