青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~止め 止め~ ~止めた 正~ ~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~ 正に~ ~正体
正体~
~正当 正当~ 正成~ ~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~

「正体~」 1670, 18ppm, 6338位

▼ 正体~ (694, 41.6%)

16 現わし 13 見届けて 9 知って, 見届けようと 8 見とどけて 7 つきとめて 6 あらわして, 見あらわして 5 あばいて, 見現 4 あらわしたの, 明らかに, 現して, 見とどけに, 見とどけること, 見届けること

3 [15件] 掴んで, 明かに, 現わす, 確かに, 見きわめて, 見きわめようと, 見て, 見やぶって, 見定めようと, 見届けたいと, 見届けねば, 見届けようとして, 見破って, 見破られて, 調べて

2 [51件] あばかれたの, あらわした, あらわしました, あらわすの, あらわせ, うちあけても, ここまで, これ以上に, さがすため, たしかに説明, たしかめたかった, つかむこと, つかんで, でも見た, みて, 完全に, 徹底的に, 捕えること, 暴露し, 洗えば, 洗って, 現は, 現わ, 現わさ, 現在の, 理解し, 発見した, 発見する, 看破し, 看破した, 知りながら, 知ること, 確かめて, 突き止めて, 突き留めようと, 見せて, 見たよう, 見と, 見とどけた者, 見とどけなければ, 見とどけるの, 見ぬいて, 見やぶったの, 見れば, 見定めて, 見届けるため, 見届けんと, 見極めて, 見破られたと, 見破ろうと, 遺憾なく

1 [439件] あのしどけない, あばいても, あばかれた四十面相, あばかれた畸形児, あばかれた魔法博士, あばかれ妖術, あばく時, あばく訳, あばこうという, あらって, あらわさぬという, あらわしかけそういう, あらわしたらどう, あらわした二十面相, あらわした彼, あらわしちまったん, あらわします, あらわし奥様, あらわす, あらわすかと, あらわすが, あらわすに, あらわすまでの, あらわす場面, あらわせば, ありありと, ある程度まで, いいあてた者, いい当てる者, いくらかでも, いささか論じ, いつも不審, うかがって, うまく分析, おのずから筆, お見せ, お見せなさい, お誓, かくしたまま, かくして, きき出して, きわめたいと, くわしく調べる, これから調べ, ごまかすため, ごらんに, さぐった, さぐりその, さぐる材料, さとること, さらけだすの, さらして, しかと捉, しらべたり, しんから, ぜひ見たい, たしかには, たしかに見届けた, たしかに見届けよう, たしかめて, たしかめようと, たしかめること, たしかめるの, たしかめる方法, ただして, だいたい察し, ちやんと, つかまへようと, つかみにくい, つかむまでに, つかもうと, つかもうとして, つかんだもの, つきとめそれ, つきとめたこと, つきとめないでは, つきとめなければ, つきとめねば, つきとめること, つきとめるの, つきとめるまで, つきとめる材料, つきとめる決心, つき止めなければ, つき止めようとして, つき留め様, といた, どうしても突き止めね, どうにも彼, どう想像, どこまでも, なくすという, なぜか, はっきりいいあてる, はっきり捕らえる, はっきり掴もう, はっきり解く, ばくろし, ひた隠しに, ひっつかんで, ほり出, ぼかして, まだ一度, まだ知らない, みたやう, みた者, みてからも, みると, みるなどという, むいたもの, もう少しはっきり見きわめたい, やつと, よくつきとめ, よく見ます, よく見届けよう, スッカリ御存じな, ズバリと, ハッキリ見る, 一刻も, 一撃の, 一目見たい, 一秒でも, 事実なりに, 今初めて, 会得し, 偵察してやろう, 僕が, 具現した, 典型的に, 出せ, 判然明白に, 剥いで, 取り出して, 取り押えて, 向けないで, 君に, 夏の, 失いかけてるよう, 失い中堂金内ただひとり, 失い過熱, 失う, 失うばかり, 失った, 失って, 失つて女の, 失ふばかり, 失ふほどに, 失わせるか, 姉が, 学界へ, 平馬殿の, 彼は, 彼自身つねに, 御覧ぜ, 心霊学の, 怒りに, 思いだして, 急いで, 怪しみながら, 怪しんで, 悟って, 感じて, 感じ取つた, 感ずる事, 拝むこと, 拝むまでには, 拝んだこと, 持って, 指した通り名, 指すの, 指示し, 捉える術, 捕まへて, 捜しあてた, 捜して, 捜し出す事, 探し当てなければ, 探って, 探り出さねば, 探偵する, 掴まなければ, 掴まれて, 掴み其の, 掴むこと, 掴む余程, 掴む手掛り, 掴もうと, 掴んだの, 掴んだよう, 教えて, 整然と暴き, 旦那知らない, 明かしおったな, 星明かりぐらいでは, 暗いところ, 暴露した, 暴露し合う, 暴露するであろう, 暴露する動かぬ, 曝露させない, 曝露し, 曝露する, 本当に認識, 根こそげたたき上げ, 極めぬ間, 正の, 狐に, 現しそんな, 現したの, 現しました, 現し始めたもの, 現し始めて, 現し手品, 現し落語家, 現はし, 現わさざれ, 現わしたこ, 理解した, 疑うもの, 疑って, 発いて, 発見し, 発見せん, 的確に, 目のあたりにしかと, 直覚し, 相手に, 看るべし千年, 看破された, 看破ったの, 看破られる, 眼前に, 知ったの, 知った当座, 知つたと共に, 知らせるため, 知らないで, 知らないもの, 知らない人間, 知り, 知りさえ, 知りたいの, 知りたくて, 知ると, 知る手, 知る者, 知ろうと, 確かめたいもの, 確かめたところ, 確かめるため, 確めたい, 示して, 究めようと, 究め立派, 突きとめさせて, 突きとめたかと, 突きとめて, 突きとめやしたが, 突きとめようと, 突きとめること, 突きとめるなら野郎たち両方, 突きとめる手筈, 突きとめる気, 突き止めたかった, 突き止めたの, 突き止めたり, 突き止める工夫, 突き止め度, 突き止め更に, 突き留め, 突き留めて, 突き留めること, 突止めて, 突止めなくちゃ, 突止めるため, 突然一瞬, 窺って, 糺明しなけれ, 考えあぐんで, 考えずには, 聞いた, 自分の, 蔽うこの, 西洋人に, 見あら, 見あらわされは, 見あらわされるの, 見あらわされる時, 見あらわした, 見あらわしたいと, 見あらわすの, 見あらわす必要上, 見いだすこと, 見きわめた人, 見きわめないでは, 見きわめなければ, 見きわめようとして, 見きわめること, 見きわめるため, 見きわめると, 見さだめたとき, 見すかされて, 見せつけられたよう, 見せないこと, 見せぬ八幡船, 見せねえので, 見せるよう, 見た, 見たからには, 見たと, 見たといふ, 見たもの, 見たん, 見つけたいもの, 見とどけた, 見とどけたい一心, 見とどけたから, 見とどけた上, 見とどけた喜平ら, 見とどけてからの, 見とどけないうち, 見とどけないの, 見とどけよう, 見とどけようかとも, 見とどけようと, 見とどけようなどと, 見とどけられるよう, 見とどける者, 見とどけろと, 見とどけ得ないで, 見ぬいた, 見ますと, 見やぶったな, 見やぶられたとき, 見やぶられたよう, 見やぶられた怪人二十面相, 見やぶること, 見やぶるという, 見られたの, 見られぬうち, 見ること, 見るの, 見る見る明らか, 見付けたよう, 見付けて, 見分ける事, 見分け難い, 見定めかねて, 見定めなければ, 見定めに, 見定めようとして, 見定めるよう, 見定める為, 見届, 見届けくれん, 見届けずには, 見届けた, 見届けたいから, 見届けたつもり, 見届けたよう, 見届けた怪物奴, 見届けた者, 見届けちや, 見届けての, 見届けなくて, 見届けなけりゃあなるめえが, 見届けなければ, 見届けに, 見届けました, 見届けもしも, 見届けよう, 見届けようでは, 見届けようなぞと, 見届ける, 見届けると, 見届けるには, 見届けるの, 見届けるのに, 見届ける為, 見届ける隙, 見届けんとて, 見届けんもの, 見届け巧, 見届よう, 見抜いた人, 見抜かれた弥平兵衛宗清, 見抜くこと, 見極めたくなって, 見極めも, 見極めようと, 見極めること, 見極める暇, 見極める積り, 見現されたかも, 見現されは, 見現したと, 見直しました, 見破った者, 見破られからき, 見破られた苦しまぎれ, 見破られまいため, 見破られるお, 見破られる心配, 見破られる破目, 見破り自省, 見破ること, 見破る事, 見究むるあたわず, 見究めなければ, 見究めようため, 観察し, 観破せられよ, 解かず舌足らず, 解くこと, 解明する, 言いあてた, 認めて, 認めること, 語らなかつたが, 語るを, 語る一つ, 説明し, 説明せず, 読者とともに, 誰にも, 調べに, 調べはじめた, 載せ旗, 追究する, 道破し, 隠して, 隠すこと, 隠そうと, 露すだけ, 青年は, 顕したと, 顕せろ, 顕わして, 黒く塗り潰した

▼ 正体~ (272, 16.3%)

7 わかって 5 わからない 3 ない, ないので, わからないの, 判ったので, 暴露し

2 [15件] すぐ現われる, すでに不合理, つかめないの, なかった, なくなって, はっきりと, わからないので, わかるだろう, わかると, 分って, 分らなかった, 判りません, 消極的な, 知れないという, 隠されて

1 [215件] あばかれるでしょう, あまりに広い, あらわれた以上, あらわれてから, あらわれますから, あらわれると, ありません, ある, いよいよはつきり, おおよそ明らか, おぼろげながらも, おぼろげに, おわかり, お角力取り, この子供, これだ, これであった, これである, こんな妖艶, しれなかった, すぐに, すっかり曝露, そういうん, そこに, その筋, それほど解り, それ見た, たしかめたかっただけ, だんだんわかっ, ついぞ先刻, つかめたわけ, つかめない遠く, つかめません, つまるところ, どうあろう, どう研究, どう考え, どこから, どこに, どのよう, どんなもの, ないほど, ないやう, ないん, ない風, なくなりまた, なくなると, なくなるほど, なくなる処, なんである, のみこめなかった, はっきりしない, はっきりわかっ, はっきり分かった, はっきり頭脳, はなはだ怪しい, ほのめかされるの, ほぼわかった, ぼんやり見え, まだわからない, まだわかりません, まだハッキリしない, まったく解らない, まつたくつかめなくなつ, もっともっと恐ろしい, もっと早くから分っ, ものも, やっとわかった, よく分っ, よほど判明, わかったかね, わかったから, わかったぜ, わかったという, わかったので, わかったよ, わかったろう, わからないうち, わからないし, わからないよう, わからないん, わからんぐらい, わかりませんでした, わかるでしょう, わかるという, わかるところ, わかるの, わかるもの, わかる前, アリアリ見えた, ダンダン消え失せ, ドン底まで, ハッキリし, ハッキリで, ハッキリ出, ハツキリ解つた様な, バクロされ, ワケも, 一瞬鮮明に, 不明であり, 不明な, 今の, 何である, 何んである, 何者かと, 依然として不明, 僕には, 冬坡と, 分かったが, 分かったという, 分かって, 分かる, 分かれば, 分った, 分ったので, 分ったらあなた, 分った気, 分っても, 分らず又, 分らない, 分らないの, 分らないので, 分らぬので, 分りませんが, 分るだろう, 分るだろうか, 分るはず, 分るまでは, 判ったよ, 判ったん, 判って, 判らないから, 判らないらしかった, 判りました, 判る, 判明する, 判然って, 判然り過ぎる, 前回紹介した, 各国とも, 同時にわかっ, 君には, 吹上御, 失われるくらいに, 妖狐で, 小幡民部である, 届きましたよ, 張子に, 彼自身に, 思いあたるでは, 怪しいと, 拝めるかも, 掴めないで, 掴めないながらも, 掴めなかったの, 掴めませんでした, 掴めるの, 明かに, 暴露され, 暴露する, 曝露される, 朦朧と, 未だよくわからない, 次第にはっきりし, 決して知られない, 油断ならない, 法月弦之, 無いもの, 無くて, 狐でない, 狸であれ, 玉子と, 現れると, 現れるの, 現われて, 現われては, 現われると, 現われるの, 理解できず, 発見されなかった, 白日下に, 白痴の, 益々雲, 知りたいから, 知り度, 知れた, 知れて, 知れてからも, 知れないでは, 知れないので, 知れぬ, 知れぬという, 知れると, 確かめられないうち, 突き止めて, 米友である, 細胞の, 見える, 見たいの, 見定め難い, 見当付かなかった, 見破られは, 見破られること, 解った, 解つて来るだらう, 解らないので, 解らない故, 読めて, 誰であろう, 遂に顔, 金属, 錦絵だった, 長屋じゅうの, 露れる, 露見する

▼ 正体~ (231, 13.8%)

5 わからない 4 何, 概して貧弱 2 そも何者, どんなもの, なんだ, なんであろう, 何も, 判らなかった, 大抵わかった, 意外にも, 複雑な, 貧困だ

1 [198件] あの中, あの恐ろしい, あらわれたが, ありませんよ, いったいどんなになっ, いったい何, いったい何ん, いは, いよいよ人間, いよいよ出で, いよいよ明らか, おそらく年, おのずから現われ, おろかし, おん主の, お判り, きつねであった, ことし十四の, このひ, この家, この美少女, これかと, これから探しあてる, これだ, これで, これであった, これである, これでござい, これによって, これを, さきほどおれ, しかとわからない, すぐ分る, すべて象徴的な, そうどこ, その, そもなに者, それじゃ, それだけの, そんなよう, たくさんな, たしかに前, たしかに年, たしかに見とどけた, ただそれ, だれの, ついに小, ついに発見, つかみよう, つかむ事, つかめないの, つかめない性質, つかめなかった, つかめませぬ, つかめやしないが, どうしても, どうしても分りっこない, どこかへ, どこまで, なんであつ, なんである, はっきりと, ばらばらの, まさにかく, まず大体, まだ何物, まだ分からぬ, まだ我々, むしろこうであったろう, もう掴ん, もう明らか, もっとこの, もとは, もとよりなん, もとより何, やつぱり御覧の, やはりこれ, やはりスバラシク下等深刻, やはり人間, やはり判らなかった, やはり脚, ようやく分った, よく判らなかった, わかったが, わからないね, わからないまま, わからねえん, わかりそう, わかりましたか, わかりましたよ, わたしには, コンシャアルから, プロレタリア大衆の, 一体な, 一層見極め, 世にも奇怪, 中央発音所において, 二十四五の, 二十面相と, 二本の, 亡霊の, 人間でなく, 人間よりは, 今に, 今もっ, 今以, 仏号である, 何だか解りません, 何だって, 何だろう, 何であった, 何である, 何でしょう, 何です, 何物か, 作者の, 係り役人にも, 僕には, 先ずこの, 全く解らない, 全身無数の, 兼清博士によって, 分りませんが, 判った, 判らずじまい, 判らず姿, 判らぬ, 判然として, 勿論の, 半信半疑で, 取りも, 問う迄も, 国の, 大きい猫, 大八車に, 大抵判った, 大抵想像, 天下の, 天使であっ, 女の, 妹が, 実に学界, 実在しない, 容易に, 小さな男, 小一郎同じ, 少しも, 岩船重吉という, 年ふる, 性悪の, 怪人二十面相だっ, 恐らくすっぽん, 悪魔の, 愈よ, 感じて, 戦争と, 抑何ん, 提灯である, 既に判った, 日本人も, 更にわからない, 最早お, 朝鮮の, 果して何者, 枯草の, 根も, 案外楽, 案外近く, 正しく此処, 河童と, 海亀である, 狐か, 狒々である, 現わし, 白面の, 目に, 知れて, 知れぬが, 確かに, 空想し, 蚕の, 蛇である, 蛇蟒とか, 見とどけたが, 見ぬけ, 見届けたが, 見当が, 解らないただし, 解るだろう, 読者の, 誰も, 遂に判らなかった, 遂に曝露, 遂に見とどけられなかった, 鉄扉の, 隠すこと, 電気です, 電気な

▼ 正体~ (152, 9.1%)

7 なく寝入って 6 なく眠って 5 ない 4 なく寝, なしに 3 なく寝こけ, なく寝た 2 ありありと, なく倒れ, なく眠り, なく考, なく酔い, なく酔い潰れ, わかるに

1 [106件] ありません, あること, おおかたは, きっとわかる, つきつめて, ないと, ないふう, ないほどに, ないらしかった, ない人間, ない刃物, ない有様, ない様子, ない母親, ない眠り, ない顔つき, なかった, なかなか見せませぬ, なき謙三郎, なくうたた寝, なくその, なくな, なくなったり, なくなって, なくねむっ, なくへとへと, なくまた, なくよく, なくよって, なくグウグウ, なく今, なく地上, なく寝そべって, なく寝入ったもの, なく居, なく居眠, なく崩れ跼まっ, なく昏睡, なく歯, なく泣きくずれた, なく泣き伏せる, なく泣き崩れ, なく泣き濡れ, なく泣崩れ, なく深いねむり, なく熟睡, なく眠ったの, なく眠りこんだ, なく睡りこけて, なく腰掛, なく酔いしれる, なく酔いつぶれ, なく酔ってる, なく酔ひ, なく酔わせ, なく酩酊, なく馬脚, なく鼾, なし夫, はっきりし, はっきり分るだろう, ほぼ発端, またその, みな判った, わかった, わからないまま, わからなくて, ハッキリし, 今度という, 何も, 分ったという, 分って, 判りましたから, 判然と, 同様である, 大かたは, 大抵は, 大抵わかった, 大抵判ったろう, 大抵想像された, 大抵推察された, 少し見え掛っ, 居所も, 怪しまざるを, 拝ましてやるから, 振動源の, 握みどころ, 暴露されず, 漸, 無い万田龍, 無く其処, 無く夢, 無く泣頽, 無く眠れる, 無しに, 知れるであろう, 突止めない中, 結局何が, 見あらわされたわけ, 見て, 見とどけずに, 詳しく聞きただした, 認めず, 調べたいが, 隠したので, 飽気なく

▼ 正体~ (102, 6.1%)

3 知れないもの 2 はっきりしない, わからないよう, 不明な, 分らぬ山草, 無い声, 知れぬ男, 草である, 解らない黒い

1 [83件] あいまいな, ある人間, ある文字, いよいよわかる, つかみがたい, つかみにくい, つかめない無気味, つかめぬところ, ないお, ないもの, ない主人, ない別個, ない嘉吉, ない女の童, ない島田, ない幻影, ない杉大門, ない符牒, ない野武士, なくなって, なくなるほど, ぬしは, はっきり判る, ほかに, ほどは, まるつ, わからないと, わからない先生, わからない冷血兇悪, わからない奴, わからない巨大, わからない発動機船, わからぬその, わからぬ怪物, わからぬ魔物, わからぬ黒い, わからねえ幽霊水, ハッキリしない, 不確かな, 仮名に対する, 仮名は, 何と, 余りにも, 分からぬもの, 分らないこの, 分らないもの, 分らない不気味さ, 分らない人, 分らぬもの, 判らないラジオ, 判らない影, 判らぬ, 判らぬ此, 判らぬ魚, 反対の, 底が, 恐ろしさ, 掴みにくい, 掴み難い, 方が, 生活に, 知れない, 知れないところ, 知れない土塊, 知れない嫂, 知れない恐し, 知れない恐ろしい, 知れない時, 知れない火事装束, 知れない異国, 知れない白い, 知れない考え, 知れない蠅男, 知れない風来坊, 知れぬもの, 知れぬ丸木, 知れぬ殺人魔, 知れぬ陳士成, 見ちがった滑稽, 解らない化物, 解らない感動そのもの, 説明に, 顕るべき

▼ 正体なく~ (40, 2.4%)

4 寝入って, 眠って 3 寝込んで 2 午睡を, 寝て, 酔って

1 [23件] きめつけられ了, そばに, なって, なる, なると, なるん, 埋まって, 寐入った, 寝くたれて, 寝てばかり, 寝込んでしまつた, 御寝なさる, 枕の, 沙上に, 炉辺に, 眠つてゐた, 翌朝おそく, 貫禄を, 酔い潰れたの, 酔つ, 酔ぱらいまわらぬ, 金歯の, 鼾を

▼ 正体~ (16, 1.0%)

1 [16件] いたっては, ギョッと, 全く無気味, 向きあって, 就て, 就ては, 心を, 恐ろしい疑い, 正視し, 気がついた, 気がついた時, 襲われたの, 解釈を, 返る時, 間違いは, 面と

▼ 正体~ (14, 0.8%)

1 [14件] したいと, する場合, そうした夢, そうしてこれから, その横行, 一味徒党, 云うの, 合致した, 唱えられて, 定められおるもの, 居所を, 弱点とを, 所在へは, 認むるものである

▼ 正体~ (11, 0.7%)

3 たり枯れ尾花 2 たり枯尾花, 現わし 1 たりなんとか, たり枯尾花流, たり菜大根, 現わす

▼ 正体不明~ (10, 0.6%)

2 の情夫 1 で相手, のまま, のもの, の犯人, の病気, の詰物, の謎, の魔海

▼ 正体~ (8, 0.5%)

2 御神託 1 あつた, あらうと, この謎, それでもノホホン, どちらが, 他に

▼ 正体~ (7, 0.4%)

2 のかも, のだ, んだ 1 のか

▼ 正体~ (5, 0.3%)

1 つたといふ, という, な, よ, 土間まで

▼ 正体とは~ (5, 0.3%)

1 かくの, さすがに, ちがった姿, 別物の, 男の

▼ 正体なる~ (5, 0.3%)

3 ものは 1 ものを, 人形は

▼ 正体という~ (4, 0.2%)

2 ものは 1 のは, のを

▼ 正体について~ (4, 0.2%)

1 いくらか心当り, 三人の, 推理を, 甚だ安易

▼ 正体らしい~ (4, 0.2%)

4 ものを

▼ 正体こそ~ (3, 0.2%)

1 その, 世にも恐ろしい, 宇治山田の

▼ 正体なし~ (3, 0.2%)

1 その夜座敷, に寝ちまう, に眠りました

▼ 正体だった~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 正体であった~ (2, 0.1%)

1 か, のか

▼ 正体では~ (2, 0.1%)

1 ないだらうか, なかった

▼ 正体でも~ (2, 0.1%)

1 決してあり得ない, 見あらわすよう

▼ 正体として~ (2, 0.1%)

2 信じ美しい

▼ 正体なき~ (2, 0.1%)

1 ありうちの, 迄に咽び泣きつ

▼ 正体なんか~ (2, 0.1%)

1 ハッキリし, 知りたくも

▼ 正体ばかりは~ (2, 0.1%)

1 とうとうどこ, どうしても掴めなかった

▼ 正体まで~ (2, 0.1%)

1 洗われそう, 顕して

▼ 正体~ (2, 0.1%)

1 その戦慄, 意味を

▼ 正体見とどけ~ (2, 0.1%)

1 てやる, てツラ

▼ 正体見届け~ (2, 0.1%)

1 たりとただちに, てつかわそう

▼1* [56件]

正体あらわしおれッ, 正体いかんという, 正体かも知れない, 正体がくづれてもとのま, 正体ぐらいトックの, 正体詮議くだせえまし, 正体さえ判明せざる, 正体じゃないか, 正体すら分りかねる怪物, 正体だけは掴んだ積り, 正体つきとめてくださるだろう, 正体であろうと思う, 正体でなければならない, 正体といふものモラルといふ, 正体としての人形は, 正体との関係で, 正体とも気づかずやっぱり, 正体と共に今もっ, 正体ない父の, 正体ない眠に落ち, 正体なくなりまして地びた, 正体なく好く眠るといふ, 正体なく眠てしまった, 正体などというものを, 正体ならびにそのこころざしであった, 正体なりをじつと, 正体には最も旗太郎, 正体によってこれが, 正体はじめて分かって, 正体はね明智探偵な, 正体わからぬお蔭で, 正体をがいこつの, 正体をももっとよく彼女, 正体カラクリをお, 正体バクロして, 正体現ワシテボルゾイノ代リニグレイハウンドヲ飼ッテ, 正体不可解の浪速あやめ, 正体云々とお笑い, 正体は見届ける, 正体同様なんとも外, 正体失い流れ来たった, 正体引きむいて, 正体探り出しにいっ, 正体暴露という風, 正体毒死の種, 正体無く領伏したる, 正体現さぬと聞い, 正体現実の犯罪手段, 正体知れぬ宮方の, 正体自体がわからない, 正体見れば脚夫, 正体見んと為れ, 正体見届けんと燈, 正体調べて, 正体隠そうとした, 正体顕わしておしまい