青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

止~ 止む~ ~止め 止め~ ~止めた 正~ ~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~
正に~
~正体 正体~ ~正当 正当~ 正成~ ~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確

「正に~」 1580, 17ppm, 6666位

▼ 正にその~ (100, 6.3%)

6 通りである 4 通りで 3 故に, 逆である, 通りだ 2 とおり, とおりだ, とおりで, ような, 一つで, 正反対である, 正反対の

1 [67件] ことを, ためである, とおりだった, とおりである, とおりに, ところです, ゆえにこそ, ルナビゥムを, ロマンチストたちにとって, 一つであろう, 一人なり, 一失である, 一線の, 中心的な, 主義と, 位置に, 修行の, 刹那だつた, 劇団の, 努力を, 反対だった, 反対である, 反対な, 反對, 境に, 夜の, 奇蹟が, 如兩將の, 季節である, 実践性に, 対立自身の, 對象患者の, 小子内の, 必要が, 念は, 意味での, 憐むべ, 故にこの, 方法に, 日だ, 時に, 時人々が, 時刻が, 時期に, 時期の, 時機だ, 普遍性に, 極所に, 次は, 爵位に, 理論を, 白拍子たる, 瞬間に, 社を, 者の, 舶来鉄屑を, 親に, 評判の, 通りであった, 通りでした, 通りです, 通りの, 通り即興詩人は, 通り少し, 通り総領の, 黄色で, 鼻祖なり

▼ 正にこの~ (90, 5.7%)

6 ような 2 ことである, 点に, 種の

1 [78件] ことで, ことです, ことに, アプリオリな, アメンホテプの, 一枚の, 予見に, 事実, 二つの, 人の, 人以外には, 人間の, 信心の, 個体にまで, 判断の, 原則に, 唯物的感情によって, 地上に, 場合に, 墓地の, 声確に, 天辺の, 好例の, 好適例, 妥当性に, 存在と, 実験動物は, 店の, 延長そのものである, 建前に, 弓町に, 後の, 恐怖時代の, 意味な, 意味に, 技術によって, 散文の, 方向に, 日本ファッシズムの, 時ぞ, 時だ, 時である, 時の, 有機体に, 毘沙門堂の, 民衆を, 点である, 点について, 点によって, 男こそ, 発生の, 瞬間には, 神韻を, 科学的理論的印象能力の, 範疇の, 経済的意義に, 線に, 草である, 虚偽の, 裏を, 西洋流の, 規範性と, 言語学の, 評論だ, 認識論としての, 説の, 説を, 謂である, 質的直線によって, 輩なる, 逆であるであろう, 通りで, 通りであった, 通りの, 過程に, 面を, 頃は, 風土によって

▼ 正にそれ~ (36, 2.3%)

3 に相違

1 [33件] が日常語, が時代, が最後, が有る如く, が空間, が自ら対象, だ, であった, である, であるからこそ, です, で特に, と同時に, と同様, と正反対, なの, なので, にちがい, に依っ, に基く, に当っ, に類する, の可能性, の喪失, の性格, の批判, は日本文化, は汝王朗, をしよう, を感じる, を成り立たせる, を示し, 故に却って

▼ 正にこれ~ (21, 1.3%)

6 である 2 を承認, を証明

1 [11件] が芸術的, こそ吾輩, であつ, にほかならぬ, によつて支配, に他, に匹敵, に相当, に違い, に類する, を了承

▼ 正にそう~ (16, 1.0%)

2 さ, だ

1 [12件] あるべき筈, だね, であった, である, であるという, です, でなければ, では, としか見えない, なければ, なの, なん

▼ 正に一つ~ (14, 0.9%)

1 [14件] の事実, の問題, の国家活動, の在り方, の大, の実践概念, の専門的概念, の思想, の最大, の歴史的範疇, の物自体, の科学, の精神, の肯定的

▼ 正に一言~ (12, 0.8%)

6 もありません 4 もねえ 1 もない, もねエ

▼ 正に~ (12, 0.8%)

3 である 2 なの 1 こそが生きた, であった, でなくては, とは反対, によって成立, によって社会, に相当

▼ 正に今日~ (10, 0.6%)

2 の日本 1 でした私, にある, に於ける, の形而上学, の所望, の文部省, の日, の詩壇

▼ 正に~ (10, 0.6%)

1 である, れ一種, れ光格天皇, れ墨子, れ天下災害, れ太祖, れ好色男子得意, れ春水, れ歐米, れ沈魚落雁閉月羞花

▼ 正にあの~ (9, 0.6%)

2 やうなる 1 人な, 君江の, 廊下は, 時刻に, 竹林の, 絵の, 蕭条たる

▼ 正に自分~ (9, 0.6%)

2 の恋人 1 が全, が此の世, の個性, の必要, の独擅場, の頭上, を啓發

▼ 正に~ (8, 0.5%)

1 だった, にもというところ, に迫る, の公議輿論, の広い, の時代, より十年前, 激し

▼ 正に~ (8, 0.5%)

1 である, のジェノア市民, の如く, の楓, の点, の短篇創作, を謂, 謂いなり若し

▼ 正に~ (6, 0.4%)

1 あずけください, 土産です, 大名の, 竜に, 米は, 道の

▼ 正に人間~ (6, 0.4%)

1 であるが, になる, に價, のそれ, の形, を産んだ

▼ 正に~ (6, 0.4%)

1 が, が哲学, が本当に, が観念論, であった, は矛盾

▼ 正に自己~ (6, 0.4%)

1 の中, の内面, の否定, の特色, の生命, の領域

▼ 正にかく~ (5, 0.3%)

3 の如き 1 のごとく, の如く

▼ 正にそうした~ (5, 0.3%)

1 のである, 民衆に, 民衆の, 特色の, 長い間不自由

▼ 正に~ (5, 0.3%)

1 の心, の智恵, の母, を喰つた, を教

▼ 正に反対~ (5, 0.3%)

1 となった, なるもの, に同じ, に演劇, の手法

▼ 正に唯物論~ (5, 0.3%)

1 でなくては, でなければ, なの, に他, の新しい

▼ 正に~ (5, 0.3%)

1 なる認識不足, 事件だ, 出来だった, 夫人が, 誤解なる

▼ 正に弁証法的~ (5, 0.3%)

1 でなくては, なの, な関係, に把握, に理解

▼ 正に~ (5, 0.3%)

1 が描いた, の悲劇, の批評一般, の智慧如何, の行こう

▼ 正に~ (4, 0.3%)

1 て未だ, て死, て真, て雅

▼ 正にそういう~ (4, 0.3%)

1 ことを, ときな, 処に, 時期に

▼ 正になる~ (4, 0.3%)

1 ことは, という理屈, のである, 項である

▼ 正に~ (4, 0.3%)

1 ならぬ農村, ならぬ静止, のもの, の二属

▼ 正に其の~ (4, 0.3%)

1 主要なる, 宗家なり, 爪を, 重篤患者

▼ 正に弁証法~ (4, 0.3%)

1 が横たわる, によって把握, の一契機, の正

▼ 正に~ (4, 0.3%)

2 を得た 1 つて君も, 嵌まる

▼ 正に方法~ (4, 0.3%)

1 でなくては, でなければ, に属さね, を中心

▼ 正に~ (4, 0.3%)

2 なすべく働いて 1 うなく, りだから

▼ 正に社会~ (4, 0.3%)

3 に於ける 1 の自然史

▼ 正に~ (4, 0.3%)

1 でごぜ, の操作, の空間概念, の花ざかり

▼ 正にかう~ (3, 0.2%)

3 云ふ

▼ 正にこうした~ (3, 0.2%)

1 シェリング的行為に, 事態を, 飜訳こそ

▼ 正にここ~ (3, 0.2%)

1 にあった, にある, に始まり

▼ 正にそこ~ (3, 0.2%)

1 だったの, に学術上, に発生

▼ 正にそんな~ (3, 0.2%)

1 本であった, 溜飲の, 風な

▼ 正にわが~ (3, 0.2%)

1 著作と, 賞奪, 邦古今の

▼ 正に一個~ (3, 0.2%)

1 のコスモポリタン, の奇跡, の生きたる

▼ 正に世界~ (3, 0.2%)

1 にその, の最後, の驚異

▼ 正に他人~ (3, 0.2%)

1 との融合, と自己, や社會

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 の文献学主義以外, の楊博士, の都市

▼ 正に刮目~ (3, 0.2%)

1 して, すべきでありませう, に値する

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 のよう, の睨んだ, は幽霊使い

▼ 正に問題~ (3, 0.2%)

1 として理解, の概念, の資格

▼ 正に天下~ (3, 0.2%)

1 の三, の壮観, の大軍

▼ 正に学問~ (3, 0.2%)

1 の伝承性, の分類, の真理性

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 松屋の, 義憤を, 耶馬渓

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 放念です, 親類の, 遺言に

▼ 正に我が~ (3, 0.2%)

1 キヨルネルに, 心の, 與に

▼ 正に政治的~ (3, 0.2%)

1 な暴露ニュース, な活動, な観念

▼ 正に文化的自由主義~ (3, 0.2%)

1 とも呼ばれるべき, のもの, の哲学

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 學を, 時代の, 記録らしく

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 二つに, 夜半篝も, 夜半頃に

▼ 正に~ (3, 0.2%)

1 に協, の啓示, を求める

▼ 正に私達~ (3, 0.2%)

1 の任務, は嘆かなけれ, は立

▼ 正に絶好~ (3, 0.2%)

1 な機会, の手掛り, の指針

▼ 正に自然~ (3, 0.2%)

1 からの飽く, として在る, の威力

▼ 正に虚偽~ (3, 0.2%)

1 であり而, として自覚, の名

▼ 正に認識~ (3, 0.2%)

1 すること, の, の問題

▼ 正にあつし~ (2, 0.1%)

2

▼ 正にあるべき~ (2, 0.1%)

1 はずな, 民衆の

▼ 正にかかる~ (2, 0.1%)

1 意味に, 教学や

▼ 正にかの~ (2, 0.1%)

1 ドイツ民族風の, モリエエルの

▼ 正にこういう~ (2, 0.1%)

1 性質の, 風な

▼ 正にこれ百万~ (2, 0.1%)

1 の妖鯨濤, の援兵

▼ 正にこんな~ (2, 0.1%)

1 ものだろう, 事である

▼ 正にその最たる~ (2, 0.1%)

2 ものなり

▼ 正にイデオロギー~ (2, 0.1%)

1 としてのイデオロギー, の問題

▼ 正にカント~ (2, 0.1%)

1 のもの, の云う

▼ 正にシェーラー~ (2, 0.1%)

1 はコント, を脅かし

▼ 正にニーチェ~ (2, 0.1%)

2 の言う

▼ 正にプロレタリア~ (2, 0.1%)

1 のもの, の意識

▼ 正に主観~ (2, 0.1%)

1 にぞくする, に対する超越性

▼ 正に二つ~ (2, 0.1%)

1 に分つ, の学問性

▼ 正に二十四歳自分~ (2, 0.1%)

2 には三歳

▼ 正に二十年~ (2, 0.1%)

1 なり, にし

▼ 正に以上~ (2, 0.1%)

1 のよう, の事情

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 コスト高賃金を, 気圧の

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 かに転じよう, にもならない

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 の説, はあやしき

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 から云っ, に云った

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 にあり, 刻の

▼ 正に勝たず~ (2, 0.1%)

1 との信念何人, の例

▼ 正に十一時~ (2, 0.1%)

1 なり, に垂んとす

▼ 正に十里十數里四方~ (2, 0.1%)

2 にも及ん

▼ 正に千古~ (2, 0.1%)

2 の名文

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 ですね, な奴

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 對の, 弁証法的弁証法に

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 一様なり, 時代の

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 の何, ふ心

▼ 正に哲学~ (2, 0.1%)

1 であるため, を同じく

▼ 正に器用~ (2, 0.1%)

2 には書い

▼ 正に図星~ (2, 0.1%)

2 だった

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 でもない, ならぬ自然科学

▼ 正に夜中~ (2, 0.1%)

1 に出現せり, の押し込み

▼ 正に夢想~ (2, 0.1%)

1 して, もしない

▼ 正に大いに~ (2, 0.1%)

1 憂ふべき教育上, 首肯すべきだろう

▼ 正に~ (2, 0.1%)

2 の使者

▼ 正に妥当~ (2, 0.1%)

1 の概念, の見解

▼ 正に学問性~ (2, 0.1%)

1 の夫, の概念

▼ 正に対象~ (2, 0.1%)

1 によって代表, を意味

▼ 正に対蹠的~ (2, 0.1%)

1 であり私自身, な地位

▼ 正に当然~ (2, 0.1%)

1 である, な事

▼ 正に征服~ (2, 0.1%)

1 すること, せずに

▼ 正に思想~ (2, 0.1%)

1 として文化, に他

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 る對象, る意味

▼ 正に政治~ (2, 0.1%)

1 の本質, の要諦

▼ 正に文化~ (2, 0.1%)

1 と思想, の精神

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 ういふ, の如き

▼ 正に新しき~ (2, 0.1%)

1 もので, ものはと

▼ 正に日本~ (2, 0.1%)

1 の民衆, の社会機構

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 の剣客, はこう

▼ 正に時間~ (2, 0.1%)

1 が時間, する現われるという

▼ 正に本当~ (2, 0.1%)

1 かどう, の現実

▼ 正に本能寺~ (2, 0.1%)

2 にあり

▼ 正に東京~ (2, 0.1%)

1 の味, を凌駕

▼ 正に正反対~ (2, 0.1%)

1 な人格, に之

▼ 正に此こと~ (2, 0.1%)

2 でせう

▼ 正に此新潮~ (2, 0.1%)

2 に棹

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 を免れ, を怖

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 の手腕, の政治的自由主義

▼ 正に求むる~ (2, 0.1%)

2 者の

▼ 正に江南沢国~ (2, 0.1%)

2 の趣

▼ 正に海軍当局~ (2, 0.1%)

2 の海

▼ 正に測定~ (2, 0.1%)

2 の座標

▼ 正に熟する~ (2, 0.1%)

1 ものなり, や豊頬秀眉

▼ 正に爛漫~ (2, 0.1%)

2 たる春

▼ 正に爾かく~ (2, 0.1%)

1 荘重なるべし, 莊重なるべし

▼ 正に現代~ (2, 0.1%)

1 なの, の恐怖

▼ 正に現代的~ (2, 0.1%)

2 な意義

▼ 正に現在~ (2, 0.1%)

1 に於ける, 最も俗物的

▼ 正に現実~ (2, 0.1%)

1 と等, の有的進歩

▼ 正に真理意識~ (2, 0.1%)

1 となる, を意味

▼ 正に知識~ (2, 0.1%)

1 が組織機構, の価値

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 の南郷庵, 清く

▼ 正に科学的精神~ (2, 0.1%)

1 の本質, の正

▼ 正に空間~ (2, 0.1%)

1 するか, に於ける

▼ 正に絶頂~ (2, 0.1%)

1 に達した, に達する

▼ 正に老年~ (2, 0.1%)

2 の文学

▼ 正に自ら~ (2, 0.1%)

1 の生きる, 富ますこと

▼ 正に致命的~ (2, 0.1%)

2 の酷評

▼ 正に芸術~ (2, 0.1%)

1 の認識論, を離れ

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 あり鬼, ひ負かされて

▼ 正に読者~ (2, 0.1%)

1 が氏, の生活

▼ 正に豐富~ (2, 0.1%)

1 なる内容, にする

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 に受けたる, を投げよう

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 だった, である

▼ 正に運動~ (2, 0.1%)

1 の方向, の運動学的規定

▼ 正に過程~ (2, 0.1%)

1 であり変化, の結果

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 となっ, にし

▼ 正に~ (2, 0.1%)

1 なり, になり

▼ 正に~ (2, 0.1%)

2 有頂戴し

▼ 正に零寸零分埃~ (2, 0.1%)

2 と垢

▼ 正に青天の霹靂~ (2, 0.1%)

1 であり形容, の感

▼ 正に驚くべき~ (2, 0.1%)

1 ものねえ, 現象を

▼ 正に驪山~ (2, 0.1%)

1 に入, に入っ

▼ 正に高等科~ (2, 0.1%)

2 の教壇

▼ 正に鬼神~ (2, 0.1%)

1 の如く, を驚かす

▼1* [835件]

正にあずけここ当分は, 正にあたたかい柔かいスヤスヤと, 正にあなたからこそ待ち望ん, 正にあるのである, 正にあれです, 正にいかなる過去に, 正にいざといふ時, 正におれ自身がヤッペ, 正にお化けで味, 正にかかわらず与八は, 正にかような人, 正にきみの悪い, 正にこう言ったそう, 正にこれおのが好物, 正にこれからだ, 正にこれ一つのゴルガアタ, 正にこれ哲人の心地, 正にこれ垠も知らぬ, 正にこれ夢物語の一章一節, 正にこれ山雨きたらんとして, 正にこれ巫女廟の花, 正にこれ文壇の驚異, 正にこれ明治における江戸浮世絵最終, 正にこれ死して, 正にこれ沙漠の中, 正にこれ火打箱の隅, 正にざります, 正にさようにござります, 正にしからねばならぬ, 正にしっぽをまい, 正にそのままこの, 正にその同じ根拠によって, 正にその後者の方, 正にそれらの人々, 正にそれ以前にすでに, 正にたじたじとなったらしい, 正にただ大衆を, 正にただいま申しあげた通り, 正につて面ぢやない, 正に変って, 正にとりそれぞれを, 正にとんだ見込み外れを, 正にぐりあひさうだつた者も, 正にぬかるみのたまり, 正にのっかっていた, 正にひとつの人生哲学, 正にまさしく彼処に, 正にまたその通り, 正にまちがひなく, 正にまったく真実真, 正によろこびの絶頂, 正によろしいが常夏, 正にわれ報いん時, 正にわれ等に絶好, 正にはる時妹, 正にアカデミックであるが, 正にアカデミーそのものなの, 正にアジアの夜明け, 正にアナクロニズム時代逆行というべきであろう, 正にアマリリスの正, 正にアリストテレスの, 正にアルプス山脈のワイスホルン峰, 正にと名, 正にイギリス風の経験主義, 正にイデオロギー論でなければ, 正にウバ彼岸である, 正にエンゲルスが, 正にカビ博士だった, 正にクリストの教, 正にゲエテ自身の中, 正にゲッベルスの大きい, 正にシェストーフがわが国, 正にシェストーフ的なもの, 正にシェリングの自然哲学, 正にジャズ狂時代である, 正にジャーナリスティックにである, 正にジャーナリズムの側, 正にジュリアの美し, 正にスイカズラ科の落葉灌木, 正にローンの, 正にドイツの非, 正にドビュッシイが言, 正にニーチエであると, 正にバラックの, 正にピアノ全盛になっ, 正にフィヒテの事行, 正にブルジョアジーそのものの大, 正にヘルナー山頂に坐礁, 正にベーコンの格言通り, 正にホレイシオの哲学, 正にマダケ属に在り, 正にマルクス主義的論理学であった, 正にメネラオスパントーオスの子, 正にモリエエルの, 正にユニックな喜劇, 正にヨーロッパ人のもの, 正にリイル・アダンの, 正にロンドン条約自身の範囲内, 正にヰツスラア情調中の人, 正にヴァエア山巓に在った, 正にの悲壮劇, 正に一万キロメートル外方です, 正に一分一厘の隙, 正に一千万遍其思想や穏健, 正に一千萬遍其思想や穩健, 正に一場の講演, 正に一変して, 正に一大コムパス形になつた, 正に一大事だ, 正に一大進歩を促さずん, 正に一対の傑作, 正に一幅の画図, 正に一幅豪宕の畫圖, 正に一抱えに余り, 正に一日だけ遅れ, 正に一時間半餘に及ぶ, 正に一服というところ, 正に一本の燐燧, 正に一死報国を期し, 正に一生の大, 正に一種の怪物, 正に一篇の小説, 正に一緒であった, 正に一般的であること, 正に一触即発の域, 正に一道の凄, 正に万田龍之助, 正に万緑叢中の紅一点あまり引, 正に三人めの種蒔爺さん, 正に三人目の出費, 正に三十年なり, 正に三十有余年を経, 正に三年生を天上界, 正に三日を費やし, 正に三時十分仏国大使の乗った, 正に三更万籟死して, 正に三河万歳と選ぶ, 正に三百四十七年なりと, 正に三輔の經, 正にに記せる, 正に上司の儀容, 正に上方勢の旗印, 正に上述の用捨, 正に不幸といッつべきだよ, 正に不思議にである, 正に不敵なるアンチマコス, 正に丑満すぎとはなった, 正にが動いた, 正に世界一流の物理学者, 正に世界中のありとあらゆる, 正に世界文学の如何なる, 正に世界無比の強力兵器, 正に世界線の交互関係, 正に世論実際の, 正に両個が絶命, 正に両極に位する, 正に両者の相互決定, 正に丸十一年で, 正にである, 正に主人に検査, 正に主知主義に存する, 正に九分以上の真理, 正に亂脈と稱, 正に予見するため, 正に事実であると, 正に事物の歴史的運動, 正に二ヵ月を経過, 正に二・二六事件からの反作用, 正に二分遅れて, 正に二分の一の夫役, 正に二十六日の午前九時三十分, 正に二十年目に初めて, 正に二度目の誕生, 正に五カ年五カ月多少の, 正に五世菊五郎なるべし, 正に五十二年である, 正に五十歳になつて, 正に五年のもの, 正に五弁でそれ, 正に五月に入, 正に五瓣で其, 正に亡びつつある, 正に亭午であらう, 正に人心を具, 正に人民大衆の一種, 正に人生そのものである, 正に人間存在の構造, 正に人間学的なカテゴリー, 正に人間的誤謬になる, 正に人類文化の大, 正に今これをぞつくり, 正に今宵なり, 正に今昔の感, 正に仏蘭西の国宝的存在, 正に仏説の餓鬼地獄, 正に伐木の最中, 正に伯仲の間, 正に位人臣を極める, 正に何事かが起らん, 正に何処かで捨子, 正にとは何もの, 正に作者は作中, 正に佳人の爪紅, 正に保証はできかねる, 正に修業をする, 正に修羅の業火, 正に俳優が人物, 正に俳画の世界, 正に倉子を尋問, 正に個々のもの, 正に借金の敵, 正に催促して, 正に働きのない, 正に儀礼顛倒という訳, 正にたり難く, 正に兇賊痣蟹に違い, 正に光秀が長く, 正に入らうとする, 正に全体として把握, 正に公理の名, 正に六倍九分に増加, 正に六時間半経った, 正にとほり, 正に其任に膺, 正に其住家を売られ, 正に其時啾々たる女, 正に其樣見る如く, 正に其男に手, 正に其襤褸を取りひろげ, 正に其通り与右衛門さんは神仏, 正に具象的な弁証法, 正に具體の世界, 正に具體的の姿, 正に典型的の漁夫顏, 正に内実の問題, 正に内容的に取り扱わね, 正に内面的の意味, 正に冒涜である, 正に冴え返る雨天だった, 正に凡ての学問, 正にづるに五倍すてふ, 正に出世戦争とも云うべきであろう, 正に出版を待ってる, 正に刀剣器仗を執持すべし, 正に分析でなければ, 正に切実をきわめ, 正に刑柱にあり, 正に刑法第二百五条, 正に初めに指摘, 正に判然と書きたい, 正になもの, 正に到来して, 正に前後相承の概念, 正に創られつつある, 正に劃期的な現象, 正に劇壇の快事, 正に力作の名, 正に力学的な因果関係, 正に力学的自然哲学デモクリトスの原子説, 正に加害者と被害者, 正に勇躍して, 正に動員力を持つ, 正に動相である, 正に勝つことなり, 正に勝利を得る, 正に勝太郎の双肩, 正に勝敗決すべし, 正に化物の部類, 正に十九であつ, 正に十九歳になつて, 正に十二年も経った, 正に十八分と半分, 正に十年あまり以前の所謂, 正に千万度も, 正に千三屋でございます, 正に千位置戸の刑罰, 正に千差万別である, 正に千鈞の重み, 正になの, 正に午前一時だった, 正に午前九時なん, 正に午前二時を指し, 正に午前二時二十分だ, 正に午後九時三分であると, 正に午後八時五十五分のこと, 正に半町ほど先, 正に卒業試験中燈下に書, 正に即ち必ず來, 正に原始化主義となっ, 正に反動であったこと, 正に反動的なもの, 正に収穫の農繁期, 正に受け取ったと告げ, 正に受取り申候也と, 正に酒, 正に古今未曾有でありまして, 正に古今独歩と云うべきであろう, 正に台頭しようと, 正にに述べた, 正に部門の, 正に同じ事を, 正に同じく剛勇の, 正に同居して, 正に探偵だ, 正に名僧仙崖名娼明月, 正に名優の本領, 正に呆然自失の體, 正に咫尺の間, 正に哲学そのものの方法, 正に哲学的乃至形而上学的, 正に哲学者と云った, 正にであつ, 正にを着けよう, 正に商品の分析, 正に啓蒙活動の反対物, 正に喜劇的なドン・キホーテ, 正にみを, 正に四つだった, 正に四十歳であつ, 正に団栗のスタビリティ, 正にに当ったらしい, 正に図書館界にあらわれたる, 正に亡びて, 正に国内に於ける, 正に国力の疲弊, 正に国家が全般的, 正に国産冗費の罪大, 正に国辱物という他, 正に国際的なそして, 正に国際的舞台を背景, 正に在来の所謂新劇, 正にに入, 正に堂々たる大城である, 正に報告の通り, 正に壮大にし, 正に変化したもの, 正に変数であること, 正ににおいて極まる, 正に多事になる, 正に大久保氏が発見, 正に大事な所, 正に大和民族の男性的, 正に大審院に高き, 正に大磯駅を発せ, 正に大胆不敵の振舞, 正に大違いの勘五郎, 正に天下一の竹久紋, 正に天下泰平でありました, 正に天佑ではない, 正に天地霄壌の差, 正に天帝の告敕, 正に太平洋戰爭で得られた, 正に太祖の思える, 正に奇想天外の一大事件, 正に奈落の底, 正にが登場, 正に好個の画題, 正に妖怪の仕業, 正に妖術と呼ぶ, 正に威風凛々である, 正に嫣然と一笑, 正に嬰児には相違, 正に存在の價値, 正に存在論的範疇が内容, 正に孤獨を經驗, 正に学び得る処の, 正に宇治の急流, 正に安心だけれど, 正に完全人の典型, 正に宗家を襲, 正に宗教的な生活, 正に宝積経や源信僧都, 正に実在そのものに関するの, 正に実地の応用, 正に実物自身よりも実物, 正に実践的に, 正に実際問題の, 正に客観的な現実性, 正に宿直中に温泉, 正に寂滅為楽と響き, 正に富士を隠し, 正に寒中の温度, 正に対立的社会意識ではない, 正に封建制度であったの, 正に将軍家なるもの, 正に尋常の写生, 正に尋常一様のこと, 正に小さな私たち二人は, 正に小児病的な誤り, 正に小唄に唄う, 正に小姓衣を振舞われた, 正に少なくとも五度以上の, 正に就き識者の, 正に尽きんとする, 正に尽んとし, 正に屈竟の手段, 正に山海地形の粋, 正に岡田内閣そのものでなければ, 正に崇高を解する, 正にのこの, 正に巴里の群優, 正に帝王の気もち, 正に帯電するよう, 正にすれば, 正に帰航せんと, 正に常識というもの, 正に幕末ごろの外国地理, 正に幽明交通に関する最も, 正に幽霊の如く, 正に幾何学が応用, 正にを起っ, 正にに行くべし, 正に弁証法的決定論でなければ, 正に弁証法的論理の一使用, 正に引力である, 正にたり難し, 正にさを, 正に当世でこちら, 正に当時の町人的世界観, 正に形態の所業, 正に形而上学でありそういう, 正に彼等を代表, 正に彼自身の理解, 正に待望の兵, 正に従来作られた暗号中, 正にた遥, 正に復古主義とならね, 正に復活しようと, 正にの底, 正に必ズシモの場合, 正に必要なこと, 正に必要條件を充たす如く見える, 正に忍ぶべからさるを, 正に怒れる閻王の, 正に怒髪天を衝く, 正に思ひのま, 正に思へり愚かなり, 正に思想そのものによるの, 正に思考の形式, 正に性格にぞくす, 正に恐るべき社会哲学が, 正に悔悟と認め, 正に悪党だった, 正に意外中の意外, 正に意気軒昂邪は遂に正に, 正に意識すること, 正に愚人の閑事業たる, 正にを解し, 正に愛することを, 正に感嘆すべきもの, 正に感情型雑誌の発行, 正に慚死すべきであろう, 正に憲政本党, 正に懐疑主義虚無主義デカダニズムディレッタンティズム堕落した相対主義, 正に成仏すること, 正に我々民間人の創設, 正に我が国の朝野, 正に我ドイツ諸国の独立, 正に我等の文化, 正に戦場に向いたる, 正に戦時であればこそ, 正に戯曲の立ち遅れ, 正に戰勝はアレースめづるメネラオス, 正にに入れた, 正に手古奈の上ぢ, 正に手応えありて, 正に手懸りの正反対, 正に打出されようとする, 正に批判とは区別, 正に批評家の典型, 正に技術の外, 正に抜けでた美青年である, 正に押川春浪の冒険小説, 正に拝承しました, 正に拝見いたしました, 正に挙国一致内閣という名称, 正に掃き溜めに鶴, 正に推論の内, 正に推賞に値, 正に提出されようと, 正に摂氏の三十度, 正に摩擦である, 正に政治的人間の立場, 正に政治的要求であるだろう, 正に政治的規定の下, 正に政治的観念のラウドスピーカー, 正にはれたと, 正に敗け最後の, 正に教学として遂行, 正に教養乃至素養, 正に散文前期の時代, 正に数十倍の自由活動, 正に数百年のむかし, 正に敵国人が秘密防禦要塞, 正に文化的自由にまで蒸溜, 正に文壇の雙璧也, 正に文字通り方丈記の, 正に文学を面白く, 正に文学上に於ける, 正に文学的表象の貴重, 正に文教を賊する, 正に文芸学の貧弱, 正に方法概念なの, 正に既成政党である, 正に既成的問題でないと, 正に日常的のこと, 正に日本のを基準, 正に日本国民の大, 正に日本國といふ範圍内, 正に日本少女の生, 正に日本文学中比類のない, 正に日本民衆であって, 正に日本精神なの, 正に明智領になっ, 正に明治廿五六年頃の情景, 正に昏倒するところ, 正に春秋の, 正に春立ならん, 正に春闌なり, 正に是処に潰えん, 正に是火裏の蓮華, 正に時代は一つ, 正に時間一般ではなくし, 正に晩秋の庵, 正に晩餐の準備最中, 正に暗号文であること, 正に暗合でありました, 正に暗澹たるもの, 正に最盛期に達し, 正に最高の市価, 正に本書の特徴, 正に本末転倒である, 正に本物である, 正に本章の圧巻, 正に東洋的なもの, 正に松本主義に立つ, 正に根底から顛覆, 正に根本的な意見, 正に格二郎に違い, 正に概念に外, 正に権力感情の表象, 正にとしてそして, 正にのこと, 正に欧化時代に際す, 正に欧米の所謂, 正に正反對の, 正に正直な者, 正に正面的である他, 正に此処を指した, 正に此喜悦の余り, 正に此奴なり予, 正に此室の裡, 正に此方向に一致, 正に此種の天狗, 正に此考察より發生, 正に此路を通っ, 正に此農民の亂, 正に此馬ぢや, 正に武将の花, 正に武装して, 正に歴史のペエジペエジ, 正に歴史哲学だったわけ, 正に歴史的現段階, 正に歴史的社会と呼ばれる, 正に歴史的進歩であり単に, 正に歴史社会的存在の運動, 正に歴然と二階で, 正にせしめん, 正に死に墜ちる瞬間の, 正に死ぬべきと私, 正に殆どすべての新しい, 正に殺人以上といわね, 正に毒草を変じ, 正に氏郷を数寄屋, 正に民族主義が軍国主義, 正に民衆のもの, 正にの弱い, 正により發, 正にの好敵手, 正に決闘裁判請求の形式, 正に沐浴して, 正に注意さるべきである, 正に注目すべきである, 正に浮薄の徒, 正に海上の鴎, 正に消滅しかかって, 正になり, 正に湊屋仁三郎の日常茶飯事, 正に五年間獄に, 正に溺死して, 正に滝太郎の声, 正に滝川問題の論点自身, 正に滝田君に違い, 正に滲透すること, 正に演劇史上の奇蹟, 正に演劇自ら演劇を滅す, 正に潰れて仕舞, 正に激動するに, 正に濁つた螢石の, 正に瀟洒たる一文學雜誌, 正により發, 正に火事の煙, 正に價値なる, 正に無上の善き, 正に無条件な, 正に無産大衆の利益伸張, 正にのやう, 正に煙外三万里の感, 正にだ, 正に熟してい, 正に燃え立って焔, 正にか言, 正に片手を挙げ, 正に牙彫り全盛時代といっ, 正に物体的に条件, 正に物理学なの, 正に物理学的対象でなければ, 正に物理的空間なの, 正に物質的な性質, 正に特筆すべき事件, 正に状態であって, 正に狂人の沙汰, 正に狂気の妄想, 正に狭義国防を無条件, 正に獄人に食わせる, 正に獲得した立場, 正に現に発達し, 正に現象としての意識, 正に現象的という性格, 正に理性に基く, 正に理想的なもの, 正に理解して, 正に理論が今, 正に理論家によって持たれる, 正に理論的乃至論理的, 正に甘露の糧, 正に生命から二番目, 正に生死二途の分岐点, 正に生活体の物質, 正に生物学に就い, 正に生産技術者でなければ, 正に生還を期せぬ, 正に生類憐みの令を出した, 正に甲武信に相違, 正にのトリック, 正に画期的な大, 正に画竜点睛であった, 正に異変である, 正に病気前の見聞, 正に病的の現象, 正に発火点に達した, 正に白山という義, 正に白柳氏の美学, 正に白河夜船か或いは, 正に百二十パアセントだよ, 正に百花爛漫であった, 正に百鬼のうち, 正に的確な名, 正に直情径行の見本, 正に直接に発生, 正に直観乃至直観, 正に犯すこと, 正に相等し, 正に眉唾ものである, 正に眞摯其物の如く, 正に真理だろう, 正に真理形態として真理, 正に醒めぬ藝術家, 正に社会人の生活, 正に社会学的な物, 正に社会生活の諸, 正に社会的存在として之, 正に社会的論理なの, 正に社会的関心と結びつい, 正に祝福された自然, 正に福岡地方の能楽界, 正に福徳に在るべし, 正に科学の分類, 正に科学的分析を具体的, 正に科学的認識の理論, 正に移ろうとする, 正にらしい寄合, 正に稚拙なところ, 正にである, 正に空中に突当った, 正に空前絶後といっ, 正に空間表象が感覚的内容, 正に空間関係である, 正に立会候者也と書き立てた, 正に立場としての立場, 正に竜頭蛇尾に終, 正に一の, 正に等しくいにしへの, 正に米点の山水, 正に精神そのものであった, 正に精神的にユダヤ, 正に純一だ, 正に純粋幾何学と呼ばれる, 正に紙幣束だった, 正に素人観念でなくては, 正に組織的に結合, 正に維新大業の出発点, 正にの中, 正に総合しようと, 正に繋辞的論理である他, 正に織田勝つか, 正に罰金を課すべきである, 正に羅刹式結婚法即ち掠奪婚, 正に美男美女なん, 正に考慮に値する, 正に聖代豐年の瑞象, 正に肉体を離れよう, 正に背理だ, 正に脱帽して, 正に覺せぬ, 正に自分自らを試み, 正に自我の具体化, 正に自然そのものでなければ, 正に自然哲学の死, 正に自然科学であって, 正に自由意志の真髄, 正に至れり尽せりと言っ, 正に舞曲を以て天命, 正に色彩の自由, 正に芭蕉の大手柄, 正に芸術家の美しい, 正に苦笑を禁じ得ない, 正に英雄偉傑の姿, 正ににこ, 正に荒寥たる地方, 正に荷馬車が六台, 正に菊池は立派, 正に菊科植物に属する, 正に落ち込もうとした, 正に著しい特色を, 正に葛飾北斎と頡頏, 正に蓮花が六郎, 正に蕩々たる天下, 正に蕪村の詩趣, 正に藝術を理解, 正に藤沢の離魂体, 正に處女作を出すべき, 正に表現でなければ, 正に表裏の差, 正に裏表の差, 正に西南西の線上, 正に西洋の文物, 正に見られたる観想されたる, 正に見当が付い, 正に見物の好奇心, 正に視る簪は, 正に親心や親子, 正に觀念の眼, 正に言葉通りに世界, 正に言論動員の段階, 正に評論家の言論, 正にに於ける, 正に誂向きの好餌, 正に認識不足といわね, 正に認識論的な関係, 正に論理として意識, 正に論理内の勢力, 正に論理的でなければ, 正に科学の, 正に諸国の王侯, 正に謙遜を知る, 正に謹嚴精良なる事, 正に警視庁の非常時, 正に貴方御迷惑, 正に資本主義機構そのものと相容れない, 正に起るはずだ, 正に蹂躙されん, 正に軍人精神を立派, 正に転向者の筋道, 正に輕蔑し反撥, 正に農村国質だという, 正に農業を営ん, 正に迎いの駕籠, 正に近しと雖, 正に近代の娘, 正に迫らむとす, 正に迷妄世界の大, 正に逆上である, 正に逆説的であると, 正に進んで此, 正に進化する者, 正に進歩的な発展的歴史, 正に遂げられむ, 正に過去を生かし, 正に過渡期のニホン, 正に道路の恩恵, 正に違いないが, 正に遠いいがそれや, 正に遠大な理想, 正に遣い果し候とか, 正に適切だと, 正に都合のいい, 正に都市計画に新, 正に酔狂の沙汰, 正にわれたの, 正に酸鼻の極み, 正に金的だったよ, 正に銀座名物と言っ, 正に銃後の心理, 正に鋭利の剃刀, 正にを食, 正に開綻せる状, 正に関東の両, 正に関東軍司令部が造った, 正に阿部流人物論の型, 正に階級性によって支えられた, 正に階級的実践のきびしい, 正に隣人に奉仕, 正に雲泥の相違, 正に客観的である, 正に非常の事, 正に非道いこと, 正に音楽教育の基礎, 正に頂戴可仕候, 正に順序の関係, 正に預り候也, 正に領掌仕候也, 正に飢ゑた人を見, 正に餓死に瀕せ, 正にのない, 正に館林警察署長なりと, 正に體得すること, 正にコスト以外の, 正に高き克己心と, 正に髪一すじの差, 正に鬼畜の類, 正に鹿の絶醤, 正に黄塵万丈ですガラス戸, 正に黄昏の景色, 正にAKの思う