青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

歌~ 歌舞伎~ ~歎 歎~ 歓喜~ 止~ 止む~ ~止め 止め~ ~止めた
正~
~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~ 正に~ ~正体 正体~ ~正当 正当~ 正成~

「正~」 2416, 26ppm, 4470位

▼ 正~ (365, 15.1%)

4 おじさんが, おじさんは, 物を 3 ある値, ままで, ものの, 字を, 心は, 意味に, 眼は, 身に

2 [19件] おじさんなる, もので, ものを, 二女史の, 人気は, 六年秋には, 内省は, 刀で, 刀という, 前へ, 命を, 子勝千代, 居間の, 幸福に, 意味の, 死骸を, 物に, 謙遜を, 部下は

1 [291件] あとに, あまりによく切れ, ある大き, うごきを, うわさを, おじさんから, おじさんの, おじさん腰が, おっしゃるには, お屋敷, お話であります, ことばで, ことばに, ごとき凄, すがた, すること, ためには, ときも, ところば, どなり声, なまくらめ, はからいで, はなしに, ひとふり, ほうで, ほうへ, まえに, ままここへ, ままでは, ままを, まま持っ, もとへ, ものそのまま, ものです, ものでも, ものとて, ものに, もの鬼でござる, ように, ズックを, セリフは, ドン, 一件なぞは, 一刀を, 一切の, 不為を, 世に, 両頬, 主従を, 乱行記の, 事であろう, 事なら, 事に, 事を, 事業を, 事蹟すら, 二人, 二人である, 二山へ, 人と, 人なり, 人に, 人並勝れた, 仏法で, 仏法である, 位置に, 低声, 何たるを, 作刀が, 作品発表会で, 使いが, 値で, 偉大は, 傍若無人な, 僞善と, 儀東西御, 先聲, 六年に, 六年の, 具象性は, 内省から, 内通問題が, 処ここもとに, 出奔, 出奔は, 刀, 刀が, 刀だった, 刀とを, 刀の, 刀は, 刀を, 刀一本に, 切れ味を, 判決を, 別を, 刺戟を, 剣は, 功の, 加えられること, 反対も, 取次によって, 口から, 口まねで, 名が, 名だけは, 命令かった, 哲學は, 問題は, 在るをすら, 地図を, 坐標, 場合は, 声が, 声と, 大坂脱出を, 大変な, 大飢饉, 夫人盛姫つまり将軍家定の, 奥書ある, 女中方肥前島原の, 女蝶, 奴いたずらを, 如き義侠, 如く王義明致流, 妖刀説です, 妻は, 妻を, 妻子たちである, 妻子たちは, 妻子などを, 姿は, 姿を, 嫌忌される, 子, 子が, 子だ, 子で, 子に, 孤獨と, 官邸, 家に, 家の, 家老木村宗喜に, 家臣たちも, 家臣の, 家臣は, 家臣旗頼母それが, 實弟公證人奧宮某の, 寵愛は, 将来の, 屋敷から, 希望は, 帰ったあと, 帰国と, 常識は, 年代でも, 幸福を, 座敷に, 建築が, 建築でない, 弟にて, 強さ, 影が, 役に, 従者は, 御面相を, 徳川宗春の, 心も, 必死の, 恃み, 恋を, 恋人である, 恋愛が, 情痴に, 意味は, 愛を, 感とは, 感情に, 手許へと, 振舞じゃ, 文學の, 斬れあじ, 新国劇から, 方が, 方向への, 方面に, 方面の, 日和下駄と, 暇乞いに, 有頂天さは, 望に, 望を, 期せずし, 末年で, 本心として, 案内で, 條件について, 歌に, 死んだ時, 死骸と, 浅ましい姿, 消息を, 為に, 爛れた好奇心, 独悟剣刀影三寸動い, 狼が, 生に, 生を, 生命は, 生活が, 生活に, 生活は, 生涯については, 病気見舞いとしてな, 發展は, 眼には, 眼を, 瞼からも, 碑を, 祐定を, 私邸だけには, 空いばり, 符号と, 米友だ, 精力を, 編んだ碑目, 考えは, 耳へ, 肌身は, 股肱の, 胸中が, 胸元目がけ, 自分を, 興味を, 芝居を, 若党儀作という, 若党儀作は, 藤井氏と, 處こ, 處は, 行動を, 行者と, 術を, 言うとおり, 言ったお, 言葉を, 許に, 許婚者が, 話あっしには, 誓ひ, 説に, 談を, 謙遜と, 身なりはよ, 身の上の, 身辺を, 軍功と, 近ごろの, 返辞としては, 連関関係に, 進歩と, 進歩の, 運動の, 運動者が, 道に, 部下が, 部下だった, 部下に, 部下ばかり, 量一つは, 金です, 鉢だけ, 陣の, 陣所へ, 離脱した, 離脱によって, 離脱は, 非行を, 面には, 面上に, 頃東国大に, 頭は, 顔から, 顔が, 顔には, 顔は, 顔も, 飛躍を, 首を, 鼻を

▼ 正ちゃん~ (347, 14.4%)

1711 がいいました 75 はいいました 4 がききました, はまた 3 の手, の顔, はお, はボール, は目, は自分

2 [18件] がいう, が叫びました, と, に, はお家, はお母さん, はじゅず玉, はまだ, はよろこん, はクロ, は何, は外, は大将, は学校, は少年, は花子さん, を, をしかりました

1 [245件] いいもの, えらいなあ, おとなしいの, おもしろいこと, おやしき, およし, およしな, お花, かどっち, があちら, がいい, がいいます, がいくら, がいちばん, がいっしょう, がいつか, がいません, がお, がお化け, がききかえす, がききません, がこれから, がすくい, がどこ, がなんか, がもうちゃんと, が二個, が人さらい, が元気, が光った, が外, が夜中, が心から, が心配, が感心, が拵え, が時計, が無邪気, が笑いました, が答える, が走っ, が遠く, が頭, くらいです, このあいだ, この海, ごめんね, しっかり, そのかわり姉さん, そのぴかぴか, たいへんな, だけはうれし, だけはそんな, てまるで, とかね子さん, とが毎日午後時間, とても, とはめいめい胸, とられても, と二人, と別れる, なの, なんかこれから, にあずかっ, にあった, にがして, にその, にはあげない, にはかいこ, にはもう, にもかね子さん, にやっ, にわたしました, に戻りなさい, に約束, に負けない, に負ける, の, のいい, のいちばん, のいった, のお, のかいた, のたま, のため, のなくした, のはすばらしく大きい, のほか, の二人, の体, の家, の帽子, の思う, の投げた, の持っ, の時計, の目, の知っ, の話, の銀杏, の頭, の飼っ, はああ, はあまい, はいきかけ, はいただい, はいったいどう, はいつも, はいま, はうぐいす, はうらめし, はおかし, はおかしく, はおと, はおとなしく, はおどろい, はおらなかった, はお勝手もと, はお父さん, はかお, はかくそう, はかける, はからたち, はきわめて, はけっして, はさらに, はしかた, はした, はしっかり, はすぐ, はせまい, はその, はたずねました, はため息, はだまっ, はちょうせんぶ, はどう, はなんと, はにこにこ, はねこ, ははね起きました, はほうじ茶, はぼんやり, はまじめ, はやっと, はやんま, はよく, はよろこび, はガラス戸, はセーター, はペス, はポケット, は二匹, は元気, は兄, は力, は勇ん, は動物園, は十二歳, は即座, は叫びました, は大いに, は大きな, は大変, は太郎さん, は家, は小, は小さい, は左ぎっちょ, は左ピッチャー, は徳ちゃん, は心, は念, は思いました, は手, は持っ, は指さき, は政ちゃん, は新しい, は日, は日ごろ, は昨夜, は昨日, は時間, は材木, は毎日, は毎朝お母さん, は気, は気づかれない, は無理, は無邪気, は物置, は独り, は眠りました, は窓, は立ちどまっ, は立ちどまりました, は糸, は紙, は考え, は胸, は草, は葉, は裏, は見, は賛成, は赤い, は走っ, は足, は金色, は頭, は頼みました, は顔なじみ, は風の音, は駆け出し, は驚い, は黒犬, も, もいた, もいっしょ, もいなくなっ, もお, もお母さん, もこの, もどちら, もまた, も健ちゃん, も勇ちゃん, も吉弥, やかね子さん, やと, や誠さん, をおし, をお引き受け, をかわいそう, をくれる, をさがし, をしかった, をしかる, をつれ, をにらみました, をよび, を不器用, 小ゆびを, 見て

▼ 正~ (232, 9.6%)

2 声を, 家康の, 笑って, 自分の, 頭を, 顔を

1 [220件] あらたまった, あわてて, あわてなかった, いつのまにか重大, いつもその, いつもの, うしろを, うつむいたそして, うつ向いたまま無言, うれしそう, おどろいた眼, お株を, かしこまって, かたわらの, かならず急, かねてから石川数正, がくと, こうやっ, こけ猿, ここ作爺さんの, しばしためらった, じっとみつめ, すぐ真顔, すっかりこの, ぜひなく, そうは, そう観た, そう言っ, そこへ, そして磯吉, そっと大友, そっぽを, そのまま廊下, その壺, その時三十二歳, その眼, それを, そろばん, そんなこと, たかが七面鳥, たしかに味方, だん, とたんに馬, なおいった, なおうしろ, にこにこし, にやりとし, はじめて微笑, はんけちを, ひやや, ふたたび伝右衛門, ふらふらと, ほんとに月夜, ますます当惑, またし, またしばらく, また一段と, また頭, まだ血反吐, まっ蒼, まるでその, よけいに, イヤに, ギョッとして, ケロリと, スーッスーッと, ソッと, ツルリと, ホット助かった, メキメキと, 一瞬言句に, 三十五歳まさに, 不祥の, 中途から, 主人と, 主君対馬守の, 乗出しました, 乙女の, 二十七歳に, 二十年代には, 云ったが, 今夕大給へ, 今夜も, 今川家に, 今日の, 今日まで, 今朝から, 低く頭, 何十頭かの, 何時か, 何時の間にやら, 余に, 依然として城, 優しく云った, 先の, 兎も, 入口で, 凛然として, 初めて機嫌, 初一念, 初心な, 化けの皮が, 十二月十日の, 単なるかれ, 即ち正, 即刻儀作と, 即日浜松へ, 反を, 口をへの, 口説きに, 台所から, 叱咤し, 咄嗟に, 和睦成立の, 喜びに, 喫菜事魔に, 図星を, 土器町の, 地団駄踏ん, 城代の, 報告を, 変ならず, 夢中で, 大いに笑っ, 大して羽目, 大坂へ, 大坂表へ, 大声に, 女の, 子息に, 宵の口から, 小声にて, 屠蘇を, 平気で, 弁解も, 弱なり, 徳川家に, 徳川家の, 必死に, 思い人を, 思うて, 思わず秀吉, 思わず鸚鵡, 恐縮した, 悪戯っ, 憤らし気, 我武者羅な, 扇で, 押し戴いた, 指を, 操り人形が, 散らんと, 斯うし, 既にいない, 時計を, 景色などには, 最っと, 最早三十七歳, 未だ経験, 本気で, 森の, 横手を, 機を, 歎を, 正直の, 気が, 気の毒そうに, 水狐族の, 決然として, 沈黙した, 浜子を, 海軍に, 深く唸いた, 漕ぎ手, 烈火の, 物に, 盃を, 目を, 相並ん, 眼に, 眼を, 知らない, 私し, 種々の, 立ち木の, 竹生島で, 答えた, 答えません, 築城土木には, 羽織を, 考えながら, 船首に, 薄汚れた, 蚊帳の, 袖を, 袴の, 見つけたらしい, 見のがせなかった, 言いよどんだが, 訊く, 訊ねた, 記入係に, 誰が, 象の, 赤面した, 身悶えする, 軍艦と, 近ごろ櫓が, 道楽指南番の, 邪に, 酒と, 関ヶ原合戦の, 闇の, 静かに, 面喰らった, 頓に酔, 首を, 首筋を, 黙然とその, 鼈甲縁の

▼ 正~ (118, 4.9%)

2 ある限り, そういう, 曲者に, 背いて, 自分を, 訊ねた, 頭を

1 [104件] ある, あるよう, あれきり正体を, いいね, いた, いなかったら自分, うやうやしく頭, えらばれて, おりますが, こう訊ねた, この春国府津, これなら, これは, これほどな, したためたもの, そういっ, それを, ただは, ついに悲鳴, なくなった, なにか感じたらしく, ひきとった, ひとり主君の, びっくりし, ふと言葉, ほんものの, みずから数正を, やがて正気, ゐた, ニュニューッと, ピューッと, 上の, 下士官志望は, 二人を, 他意なく, 何かに, 何よりの, 何時までも, 倒れ邪, 元康の, 入って, 兵卒に, 出た時, 切る一方, 別れを, 利章を, 到着した, 前へ, 受けついで, 吃驚りした, 君前に, 大まじめ, 大坂方と, 子の, 家に, 家康の, 岡崎を, 帰って, 平伏する, 弁慶勧進帳で, 当って, 役立つの, 御前に, 御国入の, 徳川家の, 接待役として, 斬ったの, 新響出演料, 日に日に凄い, 早業に, 書いた, 書いて, 来りハネ後四条, 来り夜中, 東京の, 正らしい, 正使として, 正面から, 残した城中, 殿様の, 母親と, 江戸へ, 江戸要害説を, 流れ弾にあたって, 無事に, 父の, 登城した, 登城する, 確信をもって, 突然柄, 立寄つたので, 答えた, 約を, 網元の, 義龍の, 自ら検分し, 自分に, 虐げられるという, 角屋の, 越後宰相へ, 逃げるわよ, 通り合わせた, 鏡に, 闇雲に

▼ 正~ (104, 4.3%)

4 踏んで 3 もって, 失つて居る, 失は 2 初めと, 勤めて, 好む者, 行ない邪, 見て

1 [81件] いかなるもの, おしのけるよう, おどして, お憎しみ, かえりみて, すすめ邪, そそのかしたの, とらえて, どんな具合, はじめと, ひと眼, ふるい明らか, よこされまたとない, よろこぶの, わが家から, 不祥の, 乞うたこと, 京都まで, 伝右衛門は, 兄対馬守に, 全陣, 切っちゃ, 制したとは, 前に, 区別する, 占領し, 右手に, 呼びまた, 呼び出しきいて, 問わずその, 囲んだが, 失い士, 失ったところ, 失はざるは, 妨げるもの, 始め家臣一同歯を, 存し, 守りて, 守り義, 守る底, 履み, 差して, 弁別する, 待って, 得ざるの, 得ず, 得たもの, 得たる心, 得ないで, 得ること, 得るとは, 思いだしそれ, 戦捷の, 投げ出すと, 拉して, 救ったこと, 明らかに, 水野隼人正が, 片手を, 狙ひ, 生きながら, 疑わなかった, 盗みとったの, 目がけて, 知らずして, 突き飛ばすと, 糺せという, 蔵するは, 行われるならば, 見やると, 見る者, 親敵派, 観たの, 説かねば, 謀りかねうかと, 賜え, 迎えること, 連れ川村, 邪に, 養ひた, 馘に

▼ 正~ (87, 3.6%)

5 して 2 さうだ, さう云, 復さなかつた, 生かすもの, 生きること, 生きる者

1 [70件] お貞, きいて, きくと, くらべると, さうです, しかるべき所, したところ, できかかって, なって, むごい思い, やって, 下ること数等, 与えた, 五十円西条八十に, 代表的な, 会いたいと, 会うこと, 会ったけれど, 似て, 午の, 反省すべき, 只中に, 啼く, 嚴冬の, 娶わ, 嫁がせしめ, 学ぶの, 宛てた栗山大膳利章, 宛てた訴状, 実践的な, 小説すべき, 就き曲, 就く勇気, 帰すべきはず, 引き添つて利章, 恐るべきもの, 愛して, 拠って, 拠りて, 欠けて, 殺されて, 求めて, 求めるの, 決定的な, 活かす道, 消え失せんと, 点ぜられし時, 熟すとして, 熟する時, 現代の, 生かすため, 生かす可, 生きたる者, 直属し, 碎かる, 碎かれざる心, 碎かれざる者, 碎かれて, 福島少佐の, 許すべからざるもの, 軍部の, 近づき, 迫りたる部隊, 迫れり, 酣なる, 長し, 闌である, 頂戴難有候, 飛び出した所, 驚嘆すべき

▼ 正~ (64, 2.6%)

2 いえば, 反とは, 善との, 負の, 邪との

1 [54件] ある黙契, いっしょに, お貞, さしで, さだめたれば, しない自分, し他, し君, すべきが, するところ, そろばん係, ただふたり, なすべきであらう, なりあるいは, 不正三善と, 不正善と, 云う事, 云つてる, 云ふ, 五行とは, 似寄りの, 佐分利五郎次などが, 信じて, 偏と, 刺し交えようと, 反とが, 反とに, 同じこと, 同じよう, 同席し, 同席で, 同級生であった, 名の, 呼べ, 声がか, 大之進, 奇とは, 対馬守は, 左吉と, 是非得失とを, 申しならは, 稲葉長門守の, 竹一がさん, 義と, 自然に, 解し正しき, 諜報を, 負陽と, 運命を, 邪が, 邪と, 邪とも, 邪合法と, 雖も

▼ 正~ (44, 1.8%)

2 の父

1 [42件] がある, が僕, が暮らし, が横浜, が西国立志編, が見分, が訪ね, が顔, である, でもおよそ, という男, と五郎, に似, に離別, のごとき, のする, のなした, のよう, の三男, の兄, の刀, の如き, の家, の打ち, の計画, は, はいっ, はさらに, はその, はたしかに, はまじめ, は一人, は五郎, は何らかの, は家政, は微笑, は根気, は武士, は活きた, は立ちかけた, は西国立志編, を支配

▼ 正~ (39, 1.6%)

2 そうだった

1 [37件] あやしかった, かれが, この時, これ迄, しずかに, そう聞く, その数, その晩, その籠釣瓶, それだ, たちまち袋, つぶさに辿り見る, どうやら三十一文字, まけずに, みな大, みんな心配そうに, 三十八で, 仁太も, 共に忍耐, 去って, 吃驚し, 同族の, 和歌にかけては, 喜ぶだろうきっと, 少しく辟易, 幾度か, 戦は戦, 春子さんも, 横へ, 横も, 気に入られもう, 知恵, 知愚, 答えません, 網ひきで, 辞去する, 逆も

▼ 正~ (33, 1.4%)

2 と云

1 [31件] が, がなにげない, が三歳, が依然として, が妻女, が嫡子, が謫所, だった, というもの, といふ人, といふ者, と十幾人, と邂逅, などの降, に面会, の, の子, の訳, はそれ, はついに, はつかぬ, はどこ, はもう, はようやく, は兵, は慌しく, は立去り, また里方, もその, もわたし, を先

▼ 正さん~ (26, 1.1%)

2 お正さん, は二十四, 宜く

1 [20件] がため, が二十位, こそアイヌ語, というの, と同じ, にし, には容体的記事, によき, に会いたい, に恋い焦がれ, の, のよう, の功績, の古物骨董, の家, の顔, は今夜, は雨, もきわどい, を御存知

▼ 正なる~ (20, 0.8%)

2 内省は, 學者の, 自己の

1 [14件] ものが, ものと, ものの, ものは, を努め, 一場の, 内省によつ, 孤獨の, 崇高の, 幸福だ, 葛藤を, 融和包攝の, 謙遜を, 進歩に

▼ 正~ (20, 0.8%)

5 對に 4 對な 3 合とか 2 對で, 對である 1 合の, 對なる, 對の, 對面に

▼ 正~ (20, 0.8%)

3 の賞詞 2 に代

1 [15件] が蘭軒, である, に召され, に扈随, に請, に謁, の召状, の此十六字, の臣, の辞職, は丙子, は将, は所謂加判, は此年文政二年十一月二十七日, は病気届

▼ 正~ (16, 0.7%)

1 [16件] が取調役, が彼, が算術, などである, なんかが共同, にこう, にしたがっ, に十倍, に附随, の書状, の本, は大男, は知行, は算用, へもよう, も先

▼ 正~ (15, 0.6%)

4 元文生 2 である, に最も 1 がある, であるか, でクラーク女史, でドイツ, と定め, を非, 元文元年生

▼ 正~ (13, 0.5%)

1 [13件] が乳母, が来た, が東京, が養子縁組, にも新, のこと, の計, はあれ, はじっと, は何事, は例幣使さま, も大きく, も当分

▼ 正~ (13, 0.5%)

1 [13件] そのほか, である, とおなじ, などの, なども残し, にあわない, にも逢わず, の印可, は, は仏祖直伝, をとっ, を得ざれ, 未だ出世

▼ 正~ (11, 0.5%)

1 [11件] あとの, ござります, ひとつ後学の, 一升二円も, 何が, 孰れ, 死に瀕, 絹が, 見る婆さん, 諸国浪人や, 退治た

▼ 正像末~ (11, 0.5%)

7 の歴史観 1 の三時, の思想, の教説, の格別

▼ 正~ (11, 0.5%)

2 に次 1 が東京石原邸, に侍, の世, の初度, の参勤, の福山城, の賜, の館, は使

▼ 正通和尚~ (11, 0.5%)

1 [11件] であると, に頼んだ, の先, の出身地, の言葉, は, はまた, は守鶴少年, は庫裏, は諸国行脚, を見る

▼ 正どの~ (10, 0.4%)

1 と何やら, にお, にはだいぶ, にはどうしても, には傷, に辛く, もただ, を世継ぎ, を伊達家, を立てろ

▼ 正~ (10, 0.4%)

1 人々即ち, 家庭的な, 幸福の, 意味に, 愛は, 生活が, 生活と, 表現との, 表現の, 輪廓と

▼ 正五郎~ (10, 0.4%)

2 の宅 1 がそれ, といふもの, と安治川舟三, のいたずら, は遊廓, も島高蔵, も黙っ, をあいつ

▼ 正~ (10, 0.4%)

1 が訪ね, としては佐藤春夫, と次々, などと共に搦手, などに守られ, などに消息, なども同様, の, の名, は女子供

▼ 正~ (10, 0.4%)

2 が福山 1 が福山藩知事, が藩主, に賜, に随つて福山, の入京, の帰藩, の朝恩, は四代前

▼ 正~ (9, 0.4%)

2 吉次や 1 ある, 三好達治北川冬彦の, 川の, 庵原将監の, 竹一が, 織田有楽斎を, 長船や

▼ 正~ (9, 0.4%)

1 から異端視, となる, のよう, の様, はここ, は明日, は東国, を天心正伝神道流, を追おう

▼ 正~ (9, 0.4%)

1 がごそごそ, にもっ, の智力, はおみやげの, はそっちこっち, はそば, はとん, はほうき, を得れ

▼ 正~ (8, 0.3%)

1 が同人, によって学界, の, の報告, の日本仏教文化史, は二十一歳, は早稲田, を発見

▼ 正~ (8, 0.3%)

1 あきれ申したわい, がまだ, きっと御, です, と申さば, の言い方, はなかなか, は言葉

▼ 正~ (8, 0.3%)

1 の写真, の四十年, の場合, の家内, の弟, はにつと, は妻, は窓

▼ 正という~ (7, 0.3%)

1 のが, のは, 人物を, 処まで, 名まで, 子が, 至って罪

▼ 正とは~ (7, 0.3%)

1 なお証, なりぬ, 中である, 何かと, 親交が, 話が, 関係なき

▼ 正~ (7, 0.3%)

2 のお 1 が今, が正成公, のお出まし, のこれ, の上

▼ 正~ (7, 0.3%)

1 に, に差出し, に熟, に甲, に町, に見せ, を置き

▼ 正~ (6, 0.2%)

1 とすれ, 人目を, 其反對の, 其方法を, 彼女ゆゑに, 浮木芥の

▼ 正である~ (6, 0.2%)

1 ことも, ときは, とすれ, 善である, 場合が, 義である

▼ 正には~ (6, 0.2%)

1 いくら次郎吉, それが, 如何かし, 家康ほど, 推し量れないもの, 最早彼

▼ 正にも~ (6, 0.2%)

1 いい年, すぐそれ, そのお, 会いその, 同じ轍, 負にも

▼ 正を以て~ (6, 0.2%)

1 すべての, 其勢を, 合し終は, 広島に, 申し渡された, 自ら任ず

▼ 正三年~ (6, 0.2%)

1 その二十四歳, には陳外郎, に売った, に至る, までに位, を隔

▼ 正~ (6, 0.2%)

1 とある, という人, という表札, 爺さんすつかり, 爺さんを, 頑張れ

▼ 正~ (6, 0.2%)

1 がひとつ, であ, でいる, なんか平生, の上, を冠

▼ 正しからず~ (5, 0.2%)

1 とも何ぞ, と思ふ, ワリシタが, 剣を, 心事の

▼ 正しかるべき~ (5, 0.2%)

2 やうなく, 人間が 1 を思った

▼ 正その~ (5, 0.2%)

1 ほか京方の, 家中の, 方は, 発願奇特帳を, 白髪頭に

▼ 正との~ (5, 0.2%)

1 あいだに, あいだは, 同行を, 欲望を, 約を

▼ 正三位~ (5, 0.2%)

1 きさま, っていうん, といっ, なんて言う, 同二年十二月十日従二位

▼ 正~ (5, 0.2%)

3 の二時 1 の後一万年, の時

▼ 正像末史観~ (5, 0.2%)

1 の有する, の重心, は仏滅後, は親鸞, を含ん

▼ 正~ (5, 0.2%)

1 なる彼岸ザクラ, に対して一体東京方面, の出, の認識, を知っ

▼ 正~ (5, 0.2%)

1 がずっと, である, などに命じ, はそれ, を説かす

▼ 正~ (5, 0.2%)

1 という, と好事, の弟, の東京, は前

▼ 正学先生~ (5, 0.2%)

1 というもの, の墓, の如く, の精神面目奕, の詩

▼ 正~ (5, 0.2%)

1 だの王政, の等差, 共に一般, 共に公儀人, 少属

▼ 正しからざる~ (4, 0.2%)

1 ことが, ものを, もの偽れる, 方法によって

▼ 正しからぬ~ (4, 0.2%)

1 ことに, ものは, 子として, 鼻の

▼ 正~ (4, 0.2%)

1 向って, 斬って, 膝を, 賜わった惜別

▼ 正七年~ (4, 0.2%)

1 にあった, には隼人, の春, の生れ

▼ 正二年~ (4, 0.2%)

1 その中風, には春日祭上卿, に暇, に没した

▼ 正像末三時~ (4, 0.2%)

2 の思想, の教説

▼ 正元年~ (4, 0.2%)

1 には和泉屋, には実隆, の春, の条

▼ 正六年~ (4, 0.2%)

1 には公条邸, に実隆, に歿, に雇った

▼ 正大精~ (4, 0.2%)

2 深の 1 深, 深此

▼ 正~ (4, 0.2%)

2 となれ 1 の夜, 参らんかん

▼ 正~ (4, 0.2%)

1 でないから, は誰, を一紙, を義家

▼ 正~ (4, 0.2%)

1 だか, として授ける, になつて一時間づゝ習, に女

▼ 正~ (3, 0.1%)

2 し眉 1 とか邪

▼ 正だった~ (3, 0.1%)

1 からである, と思います, のです

▼ 正ちゃんきみ~ (3, 0.1%)

21 どうおもう

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 あげるの, ありゃしない, やつは

▼ 正とか~ (3, 0.1%)

2 邪とか 1 邪とかは

▼ 正への~ (3, 0.1%)

1 偽より, 非難や, 音物も

▼ 正位氏~ (3, 0.1%)

1 が生前, なども従来, の関ヶ原参加否定説

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 が林述斎, に仕へ, の未亡人津軽氏比佐子

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 から聞いた, とは古い, の感傷

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 のその, の寒山拾得, の小判

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 が, は之, よ競駒

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 を書写, 二百冊という, 院の

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 という若者, 北正, 然の

▼ 正~ (3, 0.1%)

1 と同人, の菊, は七絶三首

▼ 正いずれ~ (2, 0.1%)

1 か邪, が邪

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 する作家, 押懸たり

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 はたまた, 邪か

▼ 正から~ (2, 0.1%)

1 使いが, 離れ物

▼ 正さんお前~ (2, 0.1%)

1 好い処, 好い處

▼ 正さん僕~ (2, 0.1%)

1 が若し, は明日朝出発

▼ 正しかる~ (2, 0.1%)

1 可き, 日嗣の

▼ 正その他~ (2, 0.1%)

2 の郎党

▼ 正だけは~ (2, 0.1%)

1 持つて, 熱心に

▼ 正ちゃんたち~ (2, 0.1%)

1 がボール, とボール

▼ 正ちゃん僕~ (2, 0.1%)

1 のはと, よく釣れる

▼ 正であり~ (2, 0.1%)

1 得この, 真である

▼ 正であれ~ (2, 0.1%)

1 ばある, ば同じ

▼ 正として~ (2, 0.1%)

1 之を, 現はれ

▼ 正とも~ (2, 0.1%)

1 あろう者ゆえ, 邪とも

▼ 正と共に~ (2, 0.1%)

1 徳川家の, 散歩した

▼ 正なき~ (2, 0.1%)

1 ことを, 事を

▼ 正ならず~ (2, 0.1%)

1 ともすべて, 変は

▼ 正にかけての~ (2, 0.1%)

1 むかしに, 昔

▼ 正にとっては~ (2, 0.1%)

1 まことに窮屈, 何んの

▼ 正に対する~ (2, 0.1%)

1 家中一般の, 情の

▼ 正また~ (2, 0.1%)

1 ぽんぽんと, 始めた

▼ 正または~ (2, 0.1%)

1 ゼロで, 負の

▼ 正まだ~ (2, 0.1%)

1 やってる, 早駕籠

▼ 正より~ (2, 0.1%)

1 言いつかった使い, 變に

▼ 正三位花岡~ (2, 0.1%)

2 の家来

▼ 正不正~ (2, 0.1%)

1 などということ, の問題

▼ 正二位~ (2, 0.1%)

1 から従五位, このころ

▼ 正五年~ (2, 0.1%)

1 には実隆, には氏親

▼ 正五郎先生~ (2, 0.1%)

1 が其の, を以て初め

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 は騎馬, まで気どり

▼ 正佐分利五郎次~ (2, 0.1%)

1 そしてその, などを先手

▼ 正作氏~ (2, 0.1%)

1 なり, に率

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 まで煩わしまし, を仰ぎ

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 を婿, を愛婿

▼ 正啓氏~ (2, 0.1%)

1 が三等教授, に相談

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 之進の, 永から享禄

▼ 正天文~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 忠西大, 聚に

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 が質問, 久しく井上家の後園

▼ 正忌參~ (2, 0.1%)

2 詣らんかん

▼ 正思わず~ (2, 0.1%)

1 唸ったの, 膝を

▼ 正書行書~ (2, 0.1%)

1 と云, も行

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 の凡夫, の説

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 の経俊, へ譲られた

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 のながれ, を自任

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 かけし後, と間隔

▼ 正穏当~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 の理, も植字工

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 が京都, のよう

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 よりも深刻, よりも皮肉

▼ 正語蔵~ (2, 0.1%)

1 にある, の中

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 である, は福山

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 の法, をもっ

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 の, の著

▼ 正~ (2, 0.1%)

1 の三本松, を攻め

▼1* [357件]

あけたり, 正あわてふためいて用人部屋, 正いかにもありがたそう, 正いま前に進み出, 正かなんぞの鋭利な, 正ぐらいなもの, 正ければ堪, 正こそ安国の, 正ことごとく飽き申した, 正このあいだ妻恋坂の, 正さまくして, 正さるべきこと, 正さん大変だぜ, 正さん胆ッ玉をしつかりし, 正さん膽ッ玉をしつかりし, 正さん貴女も一旦, 正しかりしも神話, 正しかりしや然, 正しかるべしと思へり, 正しまッたと, 正すこしもさわがずすまして, 正すっかり草臥て, 正すべてが明らか, 正せいぜい一藩の, 正そうにも通行人, 正そんなことは, 正たちはいなかった, 正たる藤井氏の, 正だけでは, 正だけが叔父組の, 正だんだん下卑たこと, 正ちゃあん, 正ちゃんいつまでも帰らなかった, 正ちゃんいつか仕合して, 正ちゃんいま時分だれがくる, 正ちゃんうさぎがいい, 正ちゃんおじさんは海, 正ちゃんお姫様からじきじき, 正ちゃんかんにんしてね, 正ちゃんここへき, 正ちゃんこれを糸, 正ちゃんそれでいい, 正ちゃんたこをかい, 正ちゃんとんぼが捕れた, 正ちゃんどこへいっ, 正ちゃんなにしてんだい, 正ちゃんなんでも若様, 正ちゃんひとりで鼻, 正ちゃんピッチャーはどんな, 正ちゃん子供をさがし, 正ちゃん横ちょを通してはいや, 正ちゃん貴方は, 正ちゃん道に落ち, 正ちょっとここへ, 正であった加速度は, 正でござれ御意の, 正でござろうな, 正でしたが同様千子院作, 正ですからたいした, 正でない場合には, 正ではないけれど, 正といったような, 正といふものが, 正とかいう問題に, 正とかの字で, 正とがのこされて, 正としては本来なら, 正なかなかどうして芝居気が, 正なくも斯く, 正などおろさなくても, 正などと云うの, 正などの姿の, 正などはなかでも有名, 正なにしろわが国で, 正なら若殿らしく, 正ならざるは猶, 正なり子帥, 正なりと申しますくらい, 正なればこそあれ, 正なんてどうしたい, 正にたいして一つの, 正にたいする暗い噂, 正にだけは秘密の, 正について不正を, 正にて精進料理, 正にまで届いて, 正によって清康の, 正によっての机竜之, 正に対しヘイコラし, 正に従って来た津山甚内, 正のわづらは, 正はだしというすごい, 正ははやくも官を, 正ひそかににせ, 正ひどくいい気もちそうだ, 正ふるえる手で, 正ほどの業を, 正までが声も, 正に息, 正もうまるで従者よろしく, 正もはッと, 正やら彼の, 正この弟, 正よりも仕合わせな, 正すぐききわけ, 正らしい考えで, 正ドサリ敷き台, 正一位のぬ, 正一座も愈々, 正一時にまちがい, 正七年五月音一が伊勢, 正七年十月の条, 正七年近江が乱れた, 正三位ナカナカずるい, 正三年八月甲斐国の某, 正三年四月の条, 正三年正月二十七日の条, 正不破萬作雑賀虎山田三十郎山本主殿助, 正九年閏四月には能登, 正九時と致し, 正事件というの, 正二位権中納言に昇り, 正二度見なおして, 正二時弘前市の菩提寺, 正二階堂道蘊などもうすうす, 正五下同二十九日任右中将, 正五位下翌仁平元年正月六日従四位下, 正五年六月十八日の条, 正五年大内義興が義植将軍, 正五郎さんは天誅組, 正五郎一派が国憲党, 正五郎博士は最も, 正五郎博士在世の時, 正五郎志賀重昂久保天随の博士学士, 正井伊直政などが物々しく, 正以下井伊榊原本多などの人々, 正以前に松井須磨子, 正という人, 正佐分利五郎次その他の者, 正佐氏の努力, 正作不思議と出, 正三世は, 正依田新共著, 正像末法の旨, 正から二個, 正元年に, 正元年五月の条, 正元年八十三歳まで勤続, 正元年武州に鼠, 正光らの若, 正八年七月の条, 正公平に審理, 正六年氏親が黄金三両, 正六時好い時刻, 正兵衞は彼, 正という処, 正の切れ味, 正剛伊沢多喜男らはそれ, 正剛氏は三宅雪嶺氏, 正剛等が日本, 正助氏は正覚坊, 正助菊橋九郎左衞門年寄役村方で九, 正十一年七月二十八日信長は長政, 正十七年飯田河原で遠, 正十三年春の花, 正十二年に従一位, 正十二時を期し, 正十二時きみはきみ, 正十時ぼくの部下, 正奇である, 正即ち天文臺長とも, 正をし, 正な覇気横溢, 正及び大賀武富等の, 正図薬師後背仏永享七年銘の, 正女房子の, 正に仕, 正右衞門に改めた, 正吉次とかつて, 正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 正啓氏岡松辰氏が少, 正喜嘉忠長善などはよく, 正べ物, 正四丁卯弥勒二年丁卯と並べ, 正四下同三年四月十日叙従三位, 正四位下で卒, 正四位下左近衛少将に任官, 正四年で土産, 正四年五月西国での文芸, 正四年六月二十三日だ, 正四年西暦一五〇七年に該当, 正坐りどんなこと, 正堀尾茂助を岐阜, 正塩沢丹三郎先代菊五郎の片倉, 正士博士は理研, 正大きな欠伸を, 正大人気もなく, 正大仏貞直淡河右京亮二階堂道蘊ほか十二大将が一つ陣幕, 正大声をあげた, 正大宅壯一それに一高, 正太しゃんならこの室に, 正太夫齋藤忠兵衞吉田久太夫毛利吉右衞門生松原, 正元終麟, 正孝博士と福岡帝国大学, 正孝放送局の初代, 正学一派のため, 正学之余恵被後代, 正学公も御, 正学通称は直之丞, 正守一揆の一隊, 正守医道の心得, 正守当年九十一蔵に至る, 正守豊明権現様に御, 正定まらぬ今の, 正定らの分別, 正家山下には長, 正家等の嫡子, 正の墓地, 正対した椅子に, 正に白い, 正へ隠れた, 正山県三郎兵衛高坂弾正小山田弥三郎甘利三衛尉栗原左兵衛今福浄閑土屋右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 正左衛門の事, 正左衞門に命じ, 正己君に同, 正己髪を五分刈り, 正師佐備正安らの河内, 正師安間了現など六, 正平伏したきり, 正年間には今川家, 正と名づけ, 正庵原将監斎藤掃部助などもひとしく, 正弁丹吾のおでん, 正弼岩崎長世北原稲雄片桐春一伊那にある, 正弼片桐春一北原信質岩崎長世原信好か, 正後者は副, 正に戻りかかっ, 正忌日にのみ參詣, 正志水甲斐守歴々年功の家来, 正忠ほかの兵ら, 正忠君の事, 正忠松尾季綱橋本正安などいずれ, 正に懸命, 正ではない, 正慶君の新著, 正に持った, 正敗者は悪, 正の辺, 正早々林念寺の, 正昭あたりであろう, 正で, 正じゃ, 正木村隼人を天王山方面, 正本多平八郎彦八郎などの一族, 正潯陽江辺只, 正来訪鳥の山, 正東皇開山烏帽子岳ノ中央ヨリ発シ, 正桓東行の日, 正桔梗の方, 正は, 正の, 正様捜索隊長の高大, 正武人ではない, 正殿はあんな, 正でありかつ, 正比するとね, 正氏たち一族の夥しい, 正気に入りの若党ひとり, 正も溜まらず斬つ, 正江戸よりする, 正につづい, 正の勧, 正の六十, 正を苦戦, 正照どの青木広次どのなど次々, 正の長男, 正環女史は音楽学校助教授, 正という殿様, 正甫立原翠軒平井可大, 正田中意徳本庄喜助重正伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 正皓相原千里等の各, 正盛板倉周防小堀遠州, 正目ざしてとびこもう, 正但唯, 正直すぎるってえのはきれえなんだ, 正眞正銘の煙草, 正督正統の父子, 正祐定は樺山, 正の前日, 正の兩君, 正禧野上豐一郎森田草平内田百間みんな大男と言つて, 正秀さんの学生時代, 正より十二歳上, 正し帽, 正竹腰山城守石河佐渡守志水甲斐守渡辺飛騨守の年寄衆, 正等正覚の結縁まこと, 正等覺熟慮者を羨, 正等覺者の弟子, 正等覺者所説の法, 正を年, 正経氏が述べられ, 正綱一番乗りをし, 正練斎藤兼吉という二人, 正者中田邦行氏腦充血にて二十二年六月, 正者大久保初男氏その十一月, 正聞きあきている, 正聲也と嘆美, 正肥尾州の重臣田宮如雲, 正肥田宮如雲らと協議, 正肥田宮如雲荒川甚作らの尾州藩, 正胤成胤道胤頼などの子息たち, 正胤頼の兄弟, 正できざみ寄っ, 正自身も最初, 正苗安藤直五郎なり, 正若しくは貞固, 正董氏であったが, 正蒼白な顔, 正行事ちかく敵, 正西は砂土原藩, 正西一十四里二百卅歩神魂命御子宇武賀比比賣, 正西丸様お企て, 正見なく皆是生死, 正親等あり総勢八千, 正観邪観のごとき, 正言学士が此, 正語正業正命, 正といふ男, 正説篇に, 正貫出京之節, 正貴様ももう, 正資君がその, 正躍り上が, 正躬氏とが同伴, 正辭先生の, 正に銀桂, 正に見られた, 正運寺に葬られた, 正道場のはし, 正いくらでも分岐, 正邪曲直の区別, 正都知と云った, 正酒井与四郎松平左馬助などの部将たち, 正酒井忠次の両, 正酒井忠次松平忠次菅沼定利大須賀康高本多忠次酒井正親等あり総勢八千, 正を好む, 正長字は補仁, 正長永享の土一揆, 正関西料理店という家, 正顯氏が論文, 正馬さんなどがその, 正駕籠の揺れ, 正といつ, 正高さんに似, 正高矢尾常正箕浦友房などが先頭, 正鹿山津見の神, 正に地