青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「止め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

欲望~ ~歌 歌~ 歌舞伎~ ~歎 歎~ 歓喜~ 止~ 止む~ ~止め
止め~
~止めた 正~ ~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~ 正に~ ~正体 正体~ ~正当

「止め~」 3640, 39ppm, 2952位

▼ 止め~ (2093, 57.5%)

61 しまった 31 いた 25 いる 24 くれ 23 おく 15 しまって 14 いるの, おいて 13 しまつ 12 しまいました, 下さい 10 おこう, しまう, ゐるの 9 ゐる, 呉れ, 置いて 8 居る, 置く 7 ある, いなかった, おいた, おくこと, しまったの 6 いない, いると, おこうと, ゐた, 置こう 5 あった, います, 他の, 家持の, 眼を, 私の, 置きます, 耳を, 見て, 顔を

4 [14件] あります, いたが, いるよう, くれと, しまいます, しまふ, しまわなければ, ちよつと, 何か, 彼の, 独り言の, 置いた, 置くこと, 静かに

3 [26件] あたりを, あつた, あると, あるの, いたと, いても, いないよう, いる間, おいたの, おくの, お呉れ, くれん, しまうよう, しまおうと, やる, 下さるな, 云った, 外へ, 居るの, 後に, 振り返った, 置くが, 置くの, 蚊帳の, 言った, 誠に申

2 [125件] あとは, ある大事, いたところ, いたの, いたので, いた自動車, いった, いて, いないらしい, いなかったが, いました, いるから, いるが, いるだけ, いるもの, いる様子, いれば, おいた方, おいては, おいでに, おかう, おかねば, おきましょう, おくという, おくよう, おくん, おけ, くれた, くれたまえ, くれる, くれるな, くれる者, くれッ, ぐったりと, こちらを, こっちで, しまいましたが, しまうとか, しまえ, しまおうという, しまったという, しまつて, しまはうか, しまふの, しまへと, しまへば, そのうち, それに, みた, みたり, みると, みろ, もらいたい, もらいたいという, もらうと, やはり手, やること, ゐないやう, ゐるに, ゾロゾロそれ, 一向盃, 下さいな, 下さいまし, 下さいよ, 下さいよう, 不安相に, 了った, 了つた, 了ふ, 二人で, 二人の, 今は, 今度は, 何う, 俺の, 先へ, 其処に, 前へ, 向うの, 呉ろよ, 呟いた, 家の, 居たそして, 居たので, 居るが, 待って, 後の, 急いで, 手に, 日比谷あたりの, 杜子春の, 東京の, 横を, 止まらねど, 此方の, 此方を, 殺して, 氣の, 父と, 獨り, 私は, 私を, 置いたの, 置かう, 置かうと, 置きましょう, 置き度い, 置くから, 置けば, 置こうと, 聞き耳を, 自分で, 茫然と, 行く, 見せる, 見た, 見詰めるが, 訊いた, 許宣の, 誰れ, 貰いたいという, 貰は, 貰ひたい, 遣ったん, 魚を

1 [1277件 抜粋] あごを, あって, あべこべに, ありまた, あるが, あるだけでも, あるでは, あるので, ある個所, ある恐ろしい, ある釘, いいなら, いかりづなはおかに投げられた, いたあの, いたせい, いただきましょう, いたであろう, いたん, いた伊那丸, いた岩屋, いた桃, いた足, いた顫音, いつに, いつも私たち, いないので, いないらしく今, いなかったもの, いら, いらっしゃらねえじゃ, いられなかった, いるあたり, いること, いるという, いるに, いるはず, いる事, いる商家, いる彼, いる額, いろいろ慰め, うんと日, おいたが, おいたわけ, おいた重要, おかないで, おかなかったこと, おかれたノート, おきこき使うの, おきたい, おきて, おき給え, おくが, おくべきか, おくより, おくれそう, おくれよ, おく次第, おこ, おしまいに, おた, おのずから自ら知らず, おもむろに画像, おりましたところ, おりまする, おれ, お前は, お千代, お店, お笑, かかった人, かれのすがた, きて, きょとんと, くださいえ, くだすった, くる人, くれが, くれたけれども, くれたま, くれって, くれという, くれどうせ, くれないと, くれなかったらわし, くれなければ, くれねえ, くれねば, くれましたけれども, くれると, くれろと, くれんの, くれ給え伝六君, こい, ここへ, この家, この景色, これからは, これでも, こんな態度, ご覧くだされい, さう, さて改めて, ざつと荒筋だけを, しばらく聞きとれた, しまいたい思いなさるの, しまいまして, しまい吹いて, しまい西郷隆盛, しまい顔, しまうぞ, しまうであろう, しまうの, しまうわけ, しまう早, しまおう, しまおうそれ, しまったであろうという, しまったのみか, しまったらしかった, しまったらとんだ, しまったん, しまった様, しまった視界, しまつたのは, しまつても, しまはなければ, しまひました, しまひませう, しまひ樽野, しまふやう, しまわねば, じっと平, すかし見しが, すごすごと, そういう絵, そうして器, そこらを, そっとその, そのま, その不心得, その代り, その小首, その戯れ, その晩, その覆い, その音, それから単身, それ以上の, たずねた, ただ微笑, ぢつと, ついこの, つと二郎, どうする, どなたにも, なつかしげ, ねた, ひざまずくと, びッくりした, ふと見る, ふりかえるや, ふり顧る, ほしい, ほんの一, ぼくの, まいれ, また叔父, また祈る, まぶしそう, みせる, みたくなって, みたの, みるが, み給え始め, もういい, もう少し下, もらいたいと, もらいて, もらいますこちら, もらふこと, やがて護謨, やっとの, やまないの, ややしばしわが, やらなかったらお前, やりましょう, やるぞ, やるん, やろうと, ゆっくりあるかせます, よからう, よく眺め, よろしく淑女, わたしは, ゐたと, ゐた間, ゐない, ゐようかと, ゐるそこ, ゐるもの, ゐる歌, んか, ウイスキーを, キョロキョロ四辺を, サッと窓, ジッと, ソレ切りに, ッええ, ドウッと, バットの, フッと, ボルトリの, 一つの, 一切の, 一年位は, 一息つく, 一杯飲まう, 一首全体の, 三日を, 上げませう, 上り框の, 上野の, 下さい殺すとか, 下さつたけれど, 下腹部の, 不思議そうに, 中から, 丹念に, 乘らぬ, 了い, 了って, 了ひました, 二三台あとの, 二軒長屋の, 二項展開法を, 京子は, 人の, 仄かにしか, 仕舞いまた, 代りに, 以来理屈の, 休みました, 佇ずみました, 佇んで, 何だって, 何処かへ, 何気ない顔, 何者が, 供頭の, 俺達の, 働くと, 僕の, 先づこの, 入浴する, 全く奉仕, 其の作品, 其樣な, 内部の, 処女作に, 力一パイ睨み付け, 動きが, 十分に, 単なる意味, 単に古典的, 去らしめて, 参差と, 取敢, 口を, 右手を, 吉良兵曹長は, 名越に, 呆れて, 呉れと, 呉れないと, 呉れよ, 呉れ勿体, 呉んろ, 喫驚した, 四辺の, 土が, 地上に, 執偏奇的, 声の, 変な, 大いに仕事, 大留の, 大跨, 夫の, 女芸人や, 姑く, 孝太郎の, 学者に, 完き, 宥め賺しながら, 寄り添, 尋ね聞ければ, 小さな水溜り, 小原山の, 尻尾を, 居たから, 居た地方, 居た青春, 居ました, 居りまする内, 居るという, 居る樣子, 山へ, 崩れかかる雪, 己の, 帰って, 帰りぬト, 帰ろうよ, 平然と超越, 廣介が, 引っ縛げ, 引返した, 影の, 彼に, 待たせて, 待ち構えた, 後から, 後ろの, 後日の, 御もらい申したい, 御無事, 御覧, 御覧下さい, 忌々しさうに舌打ち, 忘れ難, 思わず物陰, 急ぎましたが, 恐れ入ります, 恰も其話, 感に, 懐中より, 戰場の, 戸外の, 戻つた, 手真似で, 打明けるであろうか, 抛り出すこと, 指さした, 挨拶した, 振り返って, 振り返らざるを, 振返った, 擱く, 放さなかった, 教室の, 数学講議録の, 文科には, 新ちゃんの, 方向転換を, 日本画中の, 明日に, 昔の, 暗いじめ, 暫くつっ立っ, 更に, 最後の, 服を, 机の, 村の, 来た, 来た陣屋跡, 来る, 東京駅の, 松火を, 森探偵の, 楽に, 次ぎの, 欲しい, 欲しいね, 欲しいわ, 止まらぬ春駒, 止められるよう, 此処で, 武器を, 殿軍と, 毬の, 気も, 法科へ, 注意した, 浅草茅町の, 淦を, 渋茶を, 満山の, 漠然たる恐怖, 煎茶を, 煙草を, 牧師と, 猥り, 珍しげ, 琴を, 用心深く耳, 男の, 皆の, 目を, 目黒の, 相手を, 眞ツ赤な, 眺めやった, 眼玉の, 石鹸だらけな, 硝子戸の, 神の, 神田の, 稍暫く, 空に, 突然笑い出しました, 立ちつくしました, 立ち止まりました, 立止まった, 竹馬に, 笑ひこけ, 第一基等, 精しく見, 組み合った, 給われ, 総てが, 縁側に, 置いた事, 置いては, 置かないこと, 置かなければ, 置きたく遂に, 置きますが, 置き度, 置くつもり, 置くところ, 置くよ, 置く所, 考えこんだ, 考へた, 聖橋の, 職人たちは, 腰を, 自分から, 自身御, 舞台に, 舟を, 苦痛を, 落命したなら, 葡萄酒に対する, 藥料の, 虚空に, 行くが, 行くもの, 行った一種, 要點, 見せると, 見たこと, 見ますと, 見ると, 見上げて, 見廻したとたん, 見惚れて, 見送りについて, 親政に, 言う, 言うの, 話し合って, 貧乏は, 貰いたいが, 貰いました, 貰い度い, 貰うより, 貰つて主人が, 貰ひたいや, 貰ひたい運動だ, 貰へん, 赤井と, 軍治の, 辛抱する, 退却し, 通りかかった老爺, 運んだ土, 道心堅固なり, 遠くから, 還さないで, 部屋へ, 采配を, 金槌の, 鏡に, 間拔けた聲で, 防湿紙の, 降りました, 障紗, 雲に, 面はゆげ, 音頭の, 順慶長光の, 頭を, 頼朝は, 顕微鏡と, 風呂敷包を, 飛んで, 飯に, 駈けよる人々

▼ 止め~ (252, 6.9%)

45 して 15 しよう 13 した 10 なって 9 する 4 なつた 3 したの, しましょう, しようと, するとて, なった, なったの, なつたら

2 [13件] かかったが, したそう, しました, します, するの, なったので, なつて, ならないの, ならなかったの, ならなかつたの, なりました, なるの, 来て

1 [109件] いたせ, いったこと, かかった, かかったもの, かかる厩仲間, くる須磨子, さっせえ, したが, したその, したその間, したよ, した五十日, した外出, した方, した胴, した腹立たし, してさ, しな, しなければ, しなんせ, しましょうあなた, しましょうだが, しましょうよ, しませう, しませうよ, しようぜ, しようね, しようよ, しよう唯, しる, しろ, しろって, しろと, すること, するそれから, するつもり, するもの, するわ, するわよ, する気, すれば, せいと, せな, なされ, なされい, なされませそういう, なったから, なったが, なったくらい, なったこと, なったほう, なったらしい, なった彼等, なってる事, ならないで, ならなかったらしい, ならなかった方, ならなければ, なりあと, なりましたさうで, なり何, なり双方和睦, なる, なること, なるだらうと, なるとは, なるに, なるん, はいったお, はいった巡査, はさんで, ぱっとあげ, ゆくこと, ゆくと, ゆく半, 仕様ぢや, 使われるの, 光らせしかも, 入ったり, 出て, 出ては, 参りましょう, 差して, 挿して, 来た人, 来る者, 止めて, 用いて, 突き刺さッ, 締めて, 繋ぐと, 致したく考えおります次第, 致しましょう, 致します, 致すが, 致せと, 菊綴ぢ風に, 行かないの, 行かなければ, 行きました, 行くその, 行こうかと, 行っても, 這入ったが, 這入ったん, 這入って, 這入るもの, 遭ったくらいに, 鋏を

▼ 止め~ (150, 4.1%)

63 もなく 12 もない 5 がない, もなし 3 なく出 2 がなかつた, なく喉, なく流れ, なく涙, のない, もなかつた, もなく囀り

1 [48件] いと思う, い心持, えと, えという, がなかっ, がなくなっ, が無い, くと, なき竜巻, なくなったゆえ, なくはずん, なくぴくぴく, なくボロボロ, なく出血, なく口, なく喋り出す, なく崩れ, なく引き摺り込ん, なく流れた, なく流れました, なく流れ出る, なく溢れる, なく笑った, なく落ちた, なく身, なく飛び降りつづける, なく飮, なく飲ん, なく高笑い, なさ, なしに, もない気恥し, もなき, もなき寂し, もなくつまらな, もなく嬉しい, もなく寂しい, もなく悲し, もなく明るい, もなく甘い, もなく綴っ, もなく貪り, もなく起る, もなく踊り狂わせた, もなく高まった, も無い, を失った, 無く湧き上っ

▼ 止め~ (129, 3.5%)

9 刺して 7 刺すよう 4 刺せ, 刺そうと 3 刺されて, 刺したの, 刺す 2 さしぬ憎く, さすの, して, 刺されたの, 刺したよう, 刺すこと, 刺すと

1 [82件] きりっと締め, ささずに, さされて, さしそうして, さした, さしたいと, さしたもの, さして, さしてゐた, さしますか, さし西国, さす, した額, しめた一団, し襷, ちよッと, やって, よくし, よほど抉り利かし, 与えて, 作った, 刺さうといふ, 刺さざるべからず, 刺さなかった, 刺されたから, 刺されたと, 刺されたよう, 刺された形, 刺された気, 刺されては, 刺されました, 刺されること, 刺され乍ら, 刺さんと, 刺し, 刺したから, 刺したもの, 刺したん, 刺してなんぞは, 刺しに, 刺しましたから, 刺しました処, 刺します, 刺し土藏, 刺し申した, 刺し蹴倒し踏み躙って, 刺すかの, 刺すとか, 刺すには, 刺すので, 刺すべき最後, 刺すまで, 刺すやう, 刺す余裕, 刺す外, 刺す積り, 刺せば, 命じたの, 喰った数十台, 外して, 外すと, 妨げるの, 射さなければ, 差しました, 差しましたは, 差すよう, 差そうと, 幡江に, 持つて, 発明した, 目で, 直す振り, 緊めなおし, 致して, 見せつつ, 解きすて帯, 詳しくした, 調べて, 買ったり, 進言した, 願いたいという, 食わさあ

▼ 止め~ (96, 2.6%)

7 薬を 3 一太刀を 2 一撃を, 大きい真珠, 注射を, 関を

1 [78件] あたりは, お薬, こ, この制札, ついた梨地, ついた絹服, ところに, ない一つ, ない出鱈目, ない臆測, ゴム蝶の, 一刀海軍士官は, 一刀胸元深く, 一刺を, 一剣を, 一句を, 一弾を, 一撃かと, 一発が, 下髪姿, 丸薬を, 作業用で, 値頃を, 先を, 刀を, 刃であった, 制なども, 制札の, 制札を, 参考歌には, 呪禁教え, 型で, 声が, 拳当てで, 有様でした, 杭が, 杭に, 様に, 歌である, 歌調が, 水洞が, 無い声, 理由も, 石垣を, 破れ小舎に, 禁呪を, 禁札が, 秘術久方ぶりに, 立札など, 第三刀, 笹垣の, 笹垣を, 策と, 簡単な, 群衆にて, 翡翠へ, 翡翠を, 脇差を, 葦毛潭から, 薬が, 近く, 金が, 金具が, 金物を, 金色の, 釘を, 鉢巻した, 鉢巻には, 鉢巻を, 銀の, 鋲が, 鋲は, 音を, 香水など, 騒ぎで, 高価い, 高札を, 麻痺薬を

▼ 止めても~ (58, 1.6%)

2 止まらぬぞ, 止めても

1 [54件] い, いいが, いないという, ええなあ, お聞き, お聴き, かいは, きかないので, きかなかつたの, きくまいし, きっと行っ, それより, どうしても行く, なお浮き足, なければ, ばかにし, やつらき, よいが, よさそう, らは, アレだけは, 一度虚心, 他の, 他吉, 仲間たちの, 何の, 何やら今, 傍へ, 困るが, 尠く, 差支へ, 帰って, 後日の, 悪かろう, 止まらないと, 止まらない男, 止まらなかった, 止まらなかった筈, 止まらぬ戀路, 止まらぬ覚悟, 止まらんぞ, 止まりそう, 止まりませむ, 止まるまいと, 止らない涙, 涙が, 潮の, 聞かないで, 聽き, 肯きません, 肯くな, 見たが, 酒を, 間にあわないの

▼ 止め~ (49, 1.3%)

6 しない 5 しなかった 4 せん 3 しなかつた 2 しないが

1 [29件] いたさぬ, お差し, したが, しないだろう, しないよ, しなかったが, しまい, しませんが, しません何しろ, するけれど, せず金属部, せぬ, せぬぞ, せんけど, せんはやく, つかまつりません, 一と, 三人で, 例の, 効果的でした, 幸田なり, 懐かしいスブニール, 懐かしいスヴニール, 桜皮を, 申さぬ, 細い毛, 致さぬ, 致しません, 貧しい子供達

▼ 止めては~ (36, 1.0%)

3 ならない, ならぬ 2 ない筈, ならないの, 呉れぬ父さん, 怪しがる

1 [22件] いけません搆, いない, いない一見, いなかった, いられない, くれぬ父さん, こちらが, その前, ならぬ事, なんねえって, ゐるが, 一緒に, 何にも, 何んにも, 先へ, 困る, 夏の, 心願が, 明くる日その, 枝折戸の, 泣き, 説明し

▼ 止めたり~ (33, 0.9%)

3 して

1 [30件] お供が, した, したが, したという, しちゃ, しめたり, し者, する, すること, すると, するので, せねば, そうしてそんな, なんかすると, ぼんやり眺め, また前, また早め, 乗りてを, 何か, 又或, 吐いたり, 引返して, 止めたり, 氷ノ山へ, 狂ふ, 立ち退いたり, 胃腸の, 自由自在に, 舟を, 食わず嫌いはな

▼ 止め~ (32, 0.9%)

4 てする 2 てした, て致す, のが

1 [22件] ぞうっ, てし, てしやる, てでもする, てはすまい, ても無意味, て一切無用, て下さる, て無用, て致した, といっ, とようっ, とブーブー, と止めた, と言われる, よ, 人う, 俺は, 根岸へ, 滅法界に, 若い時分, 酷い奴

▼ 止め~ (30, 0.8%)

3 しなかった, せずうしろ 2 あり, せずに

1 [20件] あえず何たる, しないが, しないし, しないところ, しなかった今, しなかつた, し堪忍, せずただ, せず丼, せず好き, せんが, ない物思い, ない議論, ない遠足, なく胸, なく静か, ならぬ気, 白塗の, 致さぬが, 見えぬ

▼ 止めよう~ (30, 0.8%)

3 がない, ではない 2 としても止らない, としてゐる, もない

1 [18件] がなかっ, がなくなっ, としても出, としても止まらないらしく, としても止りません, として初手, として止まる, にもわたし, にも工事, にも止める, の工夫, はありません, もありません, もありませんでした, も無かっ, やない, を伝授, 止めようと

▼ 止めながら~ (25, 0.7%)

1 [25件] おくみさん, さう, ちらと, つるは, また津田, また能八, 両方で, 中を, 云ひました, 信長は, 大不平, 宇治は, 御免なされ, 思わず窓, 沖へ, 甚五衛門は, 画室で, 秀吉は, 笠を, 耳に, 自分の, 船手の者に, 読んで, 遮二無二帰り道, 駈け込んだ隙

▼ 止め~ (22, 0.6%)

2 なって

1 [20件] あらゆる紐, あれほど, いたすが, いひながら, うなったん, くれよ, しよう, そういうもの, なったなどは, なりウロ舟, なり代り, なり十九日, なるならわし, 云う寸法, 云つてゐた, 同じだ, 命ずれば, 立札の, 致しましょう, 言って

▼ 止めやう~ (13, 0.4%)

2 とする, と思つて, もありません 1 がない, とした, としたら, とせず, ともしなかつた, と思ふ, のない

▼ 止め~ (11, 0.3%)

21 ておった, てくれ, てそれ, ても御, てゐる, て乗船停止, て済みませんでした, に行った, 令孃なら

▼ 止め~ (10, 0.3%)

2 呉ろよ 1 あまり血, ござります, ついて, つかえた無数, とめた瘠せて, 僕らは, 江戸橋へ, 片手を

▼ 止め~ (10, 0.3%)

31 るべきであろう, るべきもの, るべき量, るべし必ず, るること, るるほど, る又

▼ 止め~ (9, 0.2%)

3 止めよ 1 われは, 危い, 徒らな, 江戸は, 百合ちやん, 財の

▼ 止め~ (8, 0.2%)

3 した 1 うもなかつたので, されるか, したこと, したの, つし

▼ 止めてから~ (8, 0.2%)

1 すでにもう半, でないと, めっきり増えた, 三年位にしか, 今年で, 名前職場の, 地方銀行の, 妙に

▼ 止め~ (8, 0.2%)

6 の湯 2 を前

▼ 止め申し~ (8, 0.2%)

2 ている 1 ておい, ておいた, てくれ, てはなはだ, て実は, て祭

▼ 止めそう~ (7, 0.2%)

2 もない 1 しては, な容子, にもしない, にもない, もありません

▼ 止めにな~ (7, 0.2%)

2 つて御 1 つたのも, つてし, つてその, つてた, つても

▼ 止め~ (7, 0.2%)

1 その時, その空, それと, やと, 其時まで, 大丈夫だ, 彼は

▼ 止め~ (7, 0.2%)

1 がれ, アしめえ, アしめえな, 何かの, 前帯芯, 前芯帯, 純金平打ち

▼ 止め~ (6, 0.2%)

1 いかにも残念, ございましたか, なくて, ハヤつてゐる, 痛くなつた, 貧しい子供達

▼ 止めした~ (6, 0.2%)

2 のです 1 とのう, のを, ものだ, んです

▼ 止め申す~ (6, 0.2%)

1 ことが, つもりかも, といっ, のでご, 自信これ有り, 間合が

▼ 止め~ (5, 0.1%)

3 止め 1 見送りを, 鳴らしなさる琴

▼ 止めそして~ (5, 0.1%)

1 その手, 消費物の, 聲を, 自分に, 蓋を

▼ 止めその~ (5, 0.1%)

1 主人を, 家並は, 手で, 詳細なる, 退却を

▼ 止めそれ~ (5, 0.1%)

1 が渦巻き相寄り, もそう, をふところ, を乗りこなした, を自己

▼ 止め~ (5, 0.1%)

1 がなかっ, ないこと, なしに, もない, もなくなりました

▼ 止め~ (4, 0.1%)

1 さらにゃ, のかい, ば世界, よ

▼ 止めなすっ~ (4, 0.1%)

1 ちゃいかが, て, ても中, ても私

▼ 止め~ (4, 0.1%)

1 か等, とした, としても止まらない, とする

▼ 止め立て~ (4, 0.1%)

1 は殺生, をいたしません, をし, をする

▼ 止め~ (4, 0.1%)

31 ひて

▼ 止め難く~ (4, 0.1%)

1 あちこちの, それ故, や更に, 二人は

▼ 止めこれ~ (3, 0.1%)

1 が変, に差し控え, を投者

▼ 止めさえ~ (3, 0.1%)

3 すれば

▼ 止めそれから~ (3, 0.1%)

1 おずおずと, 停まって, 口を

▼ 止めそれら~ (3, 0.1%)

2 の音 1 は内攻

▼ 止めだて~ (3, 0.1%)

1 をした, をする, を聞かず

▼ 止めでも~ (3, 0.1%)

1 しなかったらどんな, 刺すかの, 廻して

▼ 止めという~ (3, 0.1%)

1 ような, 大入りであった, 大入りを

▼ 止めとして~ (3, 0.1%)

1 もう土蔵, 使わないの, 次に人類

▼ 止めには~ (3, 0.1%)

1 いる隙, ならなかったため, 懐炉灰を

▼ 止めまで~ (3, 0.1%)

1 ずっと安全, 刺されてを, 刺して

▼ 止め~ (3, 0.1%)

1 さりませ, すったん, を略する

▼ 止め~ (3, 0.1%)

1 がない, はない, を叩い

▼ 止め~ (3, 0.1%)

1 が足らなかった, にはその, まで細か

▼ 止め~ (3, 0.1%)

2 を横網 1 もこの

▼ 止め申さぬ~ (3, 0.1%)

2 ばかりでなく 1 御片付け

▼ 止め申した~ (3, 0.1%)

1 が御老, とておとどまり, 訳が

▼ 止め~ (3, 0.1%)

1 をたたき, を下した, を落ち附け

▼ 止め難けれ~ (3, 0.1%)

3 ば紅

▼ 止めいろいろ~ (2, 0.1%)

2 話して

▼ 止めかくして~ (2, 0.1%)

1 兩者の, 売手の

▼ 止めこの~ (2, 0.1%)

1 まま縮もう, 血は

▼ 止めしばらく~ (2, 0.1%)

1 そこに, 隣室に

▼ 止めじっと~ (2, 0.1%)

1 たたずんだが, 行手を

▼ 止めする~ (2, 0.1%)

1 のは, ようお

▼ 止めせい~ (2, 0.1%)

1 では, とのお達し

▼ 止めたより~ (2, 0.1%)

2 が次の間

▼ 止めちゃあ~ (2, 0.1%)

1 いけねえ, どうだ

▼ 止めちやつたん~ (2, 0.1%)

1 だね, だよ

▼ 止めつつ~ (2, 0.1%)

1 けろりで合点, 矢の

▼ 止めてしもて~ (2, 0.1%)

1 そいから, 何処の

▼ 止めてばかり~ (2, 0.1%)

2 いた

▼ 止めである~ (2, 0.1%)

1 のみならず, んです

▼ 止めでは~ (2, 0.1%)

1 ないが, 僕を

▼ 止めとは~ (2, 0.1%)

1 何ごとじゃ, 何を

▼ 止めなされた~ (2, 0.1%)

1 のである, 筈だ

▼ 止めなど~ (2, 0.1%)

1 したの, とんでもない

▼ 止めなどの~ (2, 0.1%)

1 横暴な, 高価な

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 ちまうが, ちゃいたくなるよ

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 がない, はない

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 た, たる喜悦

▼ 止め前後~ (2, 0.1%)

2 を見廻し

▼ 止め多少~ (2, 0.1%)

1 きまり悪げ, 冒険でも

▼ 止め妨ぐること~ (2, 0.1%)

2 はできない

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 なだめ役だったの, に到る

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 の尤も, を旧

▼ 止め彼女~ (2, 0.1%)

1 の来る, を介抱

▼ 止め申しました~ (2, 0.1%)

2 がお

▼ 止め申すべき~ (2, 0.1%)

2 儀なり

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 をまばたき, を据えた

▼ 止め直ぐ~ (2, 0.1%)

1 と仰しやれ, に大

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 を閉じ, を開い

▼ 止め置かん~ (2, 0.1%)

2 と試み

▼ 止め自分~ (2, 0.1%)

1 の額, は潜り門

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 もなく悲しく, もなく駈つ

▼ 止め辻本~ (2, 0.1%)

2 がこんなに

▼ 止め~ (2, 0.1%)

1 をぐっと, をはずし

▼ 止め~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 止め難い~ (2, 0.1%)

1 ごとく刻薄, ものは

▼1* [291件]

止めあえなかったの, 止めあえぬ熱い涙, 止めあたかも二人の, 止めあとは瓦礫, 止めあまり大膽, 止めあらむ事を希望, 止めあるよう忠告仕, 止めいちいち体調べを, 止めどうならう, 止めかくて論争, 止めかたずのみて, 止めかつこれに, 止めがたい息づきに, 止めがたくなにしろ百尺, 止めがちです, 止めくらいの荒れた夜中, 止めよい敵, 止めこせね, 止めさて再び以前, 止めさらせそんなとこ, 止めされていた, 止めァならねえ, 止めしいさか, 止めしかども及ばず轟然, 止めしみじみと眺め入っ, 止めしようかと思う, 止めじろりと伸子を, 止めすべきか, 止めせぬか, 止めせねばならぬ, 止めそいつを独り, 止めそこで私たち, 止めそこで外来者も, 止めそっと数馬に, 止めそのまままた応接間, 止めその他宜しくない, 止めそれ以上欲張ること, 止めかねつる, 止めたまへ, 止めたりなどすると, 止めたれば証拠, 止めちゃア罪です, 止めちょけ, 止めついに大勢を, 止めてからでもなおしばらく, 止めてからというものは, 止めてからの仕事でした, 止めてからもなおしばらく, 止めてしもうたわ, 止めてしもたりひとりで, 止めてよ仕事の, 止めであった今までの, 止めですよ, 止めときなはれ, 止めともに高尚の, 止めなさいますか, 止めなすったらどうでしょう, 止めなぞの故障の, 止めなにか顔と, 止めにくいあこがれが, 止めにわかに兵庫の, 止めぬかっ張飛, 止めふと思い付き, 止めかかるの, 止めまいことかあれ, 止めまず中軍から, 止めまた愈, 止めまつらばや, 止めまでは刺し得なかった, 止めみんなは平衡, 止め恐らくは或, 止めむとの御, 止めもしくは之を以て, 止めよりもおくれて, 止めわが顔を, 止めわざわざ戸を, 止めわずかに袖, 止めわれとわが, 止めカンザシなどが続々, 止めキッチリとうしろに, 止めグルリと振り返った, 止めスックとばかり立ち上る, 止めダントンはアルシ・スュール・オーブ, 止めバスの後窓, 止めフォンタナのよう, 止めレコードをヂャズ, 止め一ヵ所を指さした, 止め一人きりの老母, 止め一同安堵の胸, 止め一応母屋の, 止め一方で進行, 止め一朶の白雲, 止め下さいますように, 止め下馬の山門, 止めの上, 止め両手に鶴嘴, 止め水は, 止め乍らまだなにか言いた, 止め乍ら一方は平次, 止めを静めた, 止め互に切瑳啓発せしめ, 止め五尺三寸の娘, 止め井上さアーンともう, 止め人形の着衣, 止め人間一人アブアブと土左衛門, 止め今にもふき子の, 止めの会社, 止め他人に授, 止め他店の領分, 止め以後は深夜, 止め会合や座談会, 止めか独立, 止め何時危險に遭遇, 止め作家はその漠然たる, 止めの横町, 止めはむこと, 止め来た方, 止め先頃からの雨水, 止め全然気勢あがらず, 止め兼ねる主君は, 止めの様子, 止め内地品を尊敬, 止め再びお社, 止めには土, 止め凡常な張子, 止めがなくなる, 止め切手は左, 止め別して彼が, 止め動いては止めし, 止め動揺する諸, 止め動的に連續, 止め半島の海, 止め合せ襟になった, 止め合図をかける, 止め吾輩はこれ, 止め哲学の注釈, 止め四辺をグルリ, 止め固く守って, 止めを払っ, 止めのした, 止め大きな円を, 止め大便が出る, 止め大陸に渡っ, 止め天魔敗走した, 止め奇妙頂来な顔付, 止め奥様には何事, 止め学内に掲示, 止め客體の曇り, 止めにばかり籠っ, 止め家畜を悲します, 止め少し考えて, 止め尾根に取付きそれ, 止め工事と鳴谷川, 止め工作がはじまった, 止め帆綱をゆるめられい, 止め常に其の本, 止めから小僧, 止め度者と存じ候, 止め彦太郎が下りる, 止め彼らとしては実際, 止め徐々としてその, 止め御覧になっ, 止め思わず足を, 止め恍惚と考, 止め恐怖に襲われし, 止め或は西蕃の, 止め手帳を取り出し, 止め手強く捻り曲げようと, 止め拙者としてもお詫び, 止めで石文字, 止め損つてフラフラし, 止め損なったと見た, 止め攻撃に使用, 止め故郷に於, 止めへず, 止め数分の忘我を誘う, 止め数馬の方, 止め敵同士を和解, 止め文句を使う, 止め旗旌を多く, 止めより磨製石斧, 止めは蝶, 止め暗い庭の, 止め暫時の間, 止め更にまたアガメムノーン自ら, 止め最後まで話, 止めとされ, 止め未だ研究せられざる, 止め松年塾で学ぶ, 止めをはずし, 止めの枝, 止め構築して, 止めをはかっ, 止め次第商人になる, 止め止めといひ, 止め正しい認識によ, 止めをぎりぎり, 止め毒水毒屑の流出, 止めが中, 止め洞窟からも流し去った, 止めの正法眼流, 止め海岸へ出, 止め深く水を, 止めであると, 止め湖水を見物, 止め湖面は再び, 止め滑稽に自分, 止めえから, 止め無いやうに, 止め煙草を止め, 止めに詫, 止め爾余のは馬場先門, 止め片手を柳, 止め現場へは指, 止め生活的なに, 止め用達をそこそこ, 止め申さずば是, 止め申さんければ, 止め申し上げるのも, 止め申すまじとてもお, 止め畢んぬ其後, 止め百姓たちは廬, 止め盗賊の魂, 止め直ちに第一基, 止め着々進みつ, 止め瞬きをし, 止めひとり残らずうぬら, 止めを背, 止め祇園の西, 止め祖父の業, 止めを輕くし位, 止めの所有, 止め近き松原, 止めして, 止めひ話, 止めもありし, 止め築山の一部, 止め米国百貨店の千分の三十二, 止め紋太夫をつくづく, 止めを綻ばし, 止め紛失の話, 止め終日読書に耽る, 止め統一を有っ, 止め総督その他が少数, 止めを張り, 止めて別段, 止め置いて二三日, 止め置かれますように, 止め置き遊ばすように, 止め老人も歩み, 止め職人が鉄柵, 止め職場じゅうが立っ, 止めを立て, 止め腐敗に進み, 止め腕組みをする, 止め臣等の中, 止め自ら葡萄酒を造るであろう, 止め自由競争を認め, 止め舂女は杵, 止め若きサラリーマンは, 止め若葉を出してる, 止め苦行者が天, 止め英仏等の盲虫, 止め茫然として前方, 止め草津二十日市を攻落, 止め蓄積のみを心がけるなら, 止めを流し, 止め言葉と表情姿態, 止め訂正するすべて, 止め詳細は他日, 止め諫めると, 止め變つてはゐる, 止め軽い呻きを, 止め遊ばしな, 止め遊ばすのでございましょう, 止め道場の内, 止め郷里にはそれ, 止め重きを其点, 止めを刺した, 止め鎖国政策に似たる, 止め鐵砲を投げ出し, 止め門戸を閉し, 止め離座敷の方, 止め難い素晴らしくよい味の, 止め難き恣ま, 止め電光朝露の世, 止めの中, 止め面白そうに, 止め食事中の警官, 止めを垂れ, 止め鼓村も弾く