青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「杜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ 村長~ ~杖 杖~
杜~
束~ 条~ ~条件 条件~ ~来 来~ ~来い 来い~ ~来た 来た~

「杜~」 1074, 11ppm, 9749位

▼ 杜~ (136, 12.7%)

7 お千 4 それが 3 それを, ミチミの, 谷陰にな 2 カンカン帽, ハッと, 女の

1 [110件] あたりに, いつもの, いままでに, かねて, この太った, この女, この条溝, これは, さっき道, さんざんばら係官, しずかに, しづかにな, ずっと早く, そういっ, そこで, そこに, そこを, その力, その場, その夜, その煉瓦, その瞬間, だんだんと, ちょくちょくミチミ, どうしてお, なんとなく半次, はじめて事態, はてしない, またそこ, また先, まるで夢, わりあいに, われと, ガッカリし, ツカツカと, ドキン, バラックの, ホッと, ポケットの, ミチミと, ミチミに, ミチミについて, ミチミを, ムラムラと, 一件書類を, 一度として, 不図, 不図足, 不思議な, 人妻お, 今度は, 仕方なく, 会社へ, 俄かに, 先ずいま, 先に, 名刺を, 咄嗟に, 壇の, 外に, 夢から, 大きくブルブル, 女に, 女を, 家陰にな, 強い肘, 後向きに, 心の, 思いがけない生ビール, 急に, 怪訝な, 悲しみと, 惚れ惚れと, 愕い, 感じたこと, 手を, 承知の, 提灯片手に, 既にいった如く, 昨夜の, 曾て, 柳島までも, 横浜の, 死にものぐるいで, 気絶を, 満身の, 無数の, 焼け土, 痛心を, 痩せたり, 目が, 真先に, 睡りも, 綱を, 肥り肉, 胸の, 自ら梁の, 自分の, 自分は, 船中から, 薄眼, 裏口に, 裏口の, 誰に, 谷陰に, 近よっ, 途中に, 霞み渡って, 顔を, 魂を

▼ 杜子春~ (130, 12.1%)

6 は老人 4 の姿, の顔, はこの, はその, は相 3 は思はず, は思わず

2 [41件] が以前, が金, に別れ, に飛びかかりました, の体, の前, の命, の声, の方, の答, の胸もと, の言葉, の頭, の魂, はさすが, はしかし, はすぐ, はとうに, はどう, はまだ, はやはり, は一日, は仙人, は勿論, は喜んだ, は必死, は急, は我慢強く, は早速, は漸く, は無残, は胆, は驚い, は驚いた, も一年二年, を引き立て, を抛りこみました, を突き殺しました, を絶壁, を見つめました, を階

1 [16件] といっ, といつ, と一, と一しょ, はかう嚇され, はこう, はたった, はたつた, はちょい, はちよい, はひとり, はひとりさつき, はほ, はほっと, は不平, は不平そう

▼ 杜~ (116, 10.8%)

9 方に 6 中に 3 ひげ, 中から, 中へ, 前に, 顔を 2 すぐ近く, 下路に, 中で, 中の, 中や, 髯

1 [74件] かげに, かなたを, この突然, こんもりと, した草, しづもりや, ところを, ほととぎすなら, やり方に, アリバイは, ナンバーワン女形出身など, 中での, 中を, 云いなり放題, 交番は, 伊沢君から, 傍に, 出勤の, 前を, 右手の, 名に, 名を, 向こうには, 呼吸其間には, 喚子鳥いたく, 夜景を, 夜色感慨に, 大欅, 天辺に, 奥へ, 岡に, 影を, 後につき, 心は, 手の, 才人元禄文学の, 拜處の, 方を, 景色や, 木立の, 杉には, 東南にわたる, 梟が, 梢とすら, 梢も, 様子から, 樟の, 権幕に, 樹木の, 機密に, 洋服を, 目に, 神し断る, 禪榻なら, 繁みを, 耳朶が, 耳許で, 胸に, 腸に, 蔭に, 薄暗い陰, 薛三郎中に, 詩なり, 詩を, 詩韓蘇の, 身の, 近くには, 間の, 陰から, 陰で, 霍公鳥いまも, 青々と, 頸を, 鴉が

▼ 杜~ (68, 6.3%)

3 はその, は封生 2 の傍, の眼, はこの, はどうして, はびっくり, は後ろ

1 [50件] が一年あまり, が気, ですが, と僕, にその, にはその, には優しかっ, に注意, のそうした, の入る, の心, はおどろい, はそこ, はその後, はそれ, はとぼとぼ, はふらふら, は不安, は不思議, は主人, は他, は体, は侍女, は呆れ, は四辺, は女, は小座敷, は往くまい, は後, は心配そう, は怪しい, は恐ろしかっ, は恥, は意識, は日, は桟道, は気, は滑らない, は牀, は独り, は真直, は紅い, は自分, は言った, は起きあがっ, は起きあがった, は起ち, は随, は驚いた, も負け

▼ 杜~ (47, 4.4%)

4 の, の詩 2 がある, のこと, の詩想

1 [33件] が出, が句, が漢, だとか, であり物, という奴, との会見, と李白, などは違った, など読んだ, に, にしろ, に儒教精神, に対する芭蕉, のごとく, の一聯, の兵車行, の句, の哭いた, の如く大, の妻子, の年三十二歳, の昔, の絶句, の貧交行, の酒中八仙歌, はえらい, はこう, は名門, は親しく, は随分, も芭蕉, を一つ最後

▼ 杜~ (45, 4.2%)

11 の樹 2 の後姿, の根元

1 [30件] がありました, がいない, が坐っ, が立っ, という娘, などの植わった, に交っ, のほう, の乱れた, の実, の実は, の木の下, の木蔭, の枝, の甘い, の蔭, の陰, の顔, はどこ, は下, は指, は檐, は檜類, は生き生き, は眼, は瞼, は身体, は顔, や扁柏, や羅漢柏

▼ 杜~ (39, 3.6%)

2 あたま, かくれて, 信吾を, 入つて, 囲まれて, 潜む時, 進むところ

1 [25件] あつた, かがやく, かこまれて, からすの, くどくどと, しなだれ懸ること, つないで, 勅使が, 変って, 変つてゐた, 大きな石碑, 帰って, 帰つて烏の, 当てつけがま, 急げども, 手を, 手伝って, 生えて, 聞いた, 見られるの, 語りて, 赤い鳥, 近き夏, 集つて祈, 風の

▼ 杜~ (38, 3.5%)

2 出ると, 貴び元, 貴ぶに, 越えて, 過ぎて, 飛

1 [26件] うかが, うかがったの, この上なく楽しませた, とび出した, ふみだすこと, 一足踏みだす, 作って, 出た時, 待たせて, 悦ばせた, 抜けて, 招いて, 横ぎり水の, 歩きながら, 洩れて, 潛らば, 焦がして, 見て, 見ても, 見ること, 見据えた, 越え田, 通り抜けて, 閉ざして, 離れたの, 黒ませ

▼ 杜~ (28, 2.6%)

1 [28件] からよく, から病床, が馬, だった, ですよ, という人間, とかいう奴, にも相談, に代っ, に持たせた, のはなし, のふたり, の恩人, の護送馬, の間, はすでに, はそんな, はなお, は今, は何とも, は口惜しかっ, は恩人楊雄, は紫いろ, は薊州, は馬, もそれ, もつい, を蹴とばした

▼ 杜~ (24, 2.2%)

2 あつた, れて

1 [20件] ある, お千, しめ衆済る, そっと隙, その方, ぬいて, トラックを, 事件に対して, 右手の, 吹きとばされて, 手を, 江西地方から, 現場に, 登高の, 茶煙禅榻の, 行く手を, 見えますね, 見える, 見え地平線, 静かな

▼ 杜絶え~ (20, 1.9%)

3 ていた, てしまった 2 ていや

1 [12件] てい, ている, てしまう, てしまつ, て一筋, て万物皆, て停留所, て大, て崖, て牡丹雪, て菜, て軒燈

▼ 杜絶えた~ (16, 1.5%)

2 ピアノの

1 [14件] かと思う, かと思われた, が, がまた, ことから, この秋, ために, のを, やうな, モルグ街の, 並木路に, 彼等の, 路地に, 隙に

▼ 杜松子~ (15, 1.4%)

1 [15件] がいない, が出, が坐っ, という娘, のほう, の後姿, の顔, はどこ, は下, は檐, は生き生き, は眼, は瞼, は身, は顔

▼ 杜~ (14, 1.3%)

1 [14件] おどろいて, すこしく不審, つづいて, 少しずつ, 少しづつ, 峠も, 強く云いかえした, 思った, 村落も, 海も, 生き生きと, 見ること, 路も, 霧目路の

▼ 杜~ (13, 1.2%)

1 [13件] であつ, でも読ん, と山家集, に記実的, の一つ, の古今, の夜闌更秉燭, の大きな, の愛, の痛切, の註等, や琵琶行, を解する

▼ 杜~ (13, 1.2%)

2 といふ人

1 [11件] が企画, これを, の, の後胤, の申出, の註, の魂魄, は群臣, は黄河, を取, 注

▼ 杜九如~ (12, 1.1%)

2 が唐太常, の家, の手, の方, も前言 1 というもの, といふもの

▼ 杜先生~ (12, 1.1%)

1 [12件] が姿, こそ理学部出, に褒められる, のうしろ, の方, はこの, はたいへん, は両手, は前屈み, は壇前, は少女, は講堂

▼ 杜切れ~ (12, 1.1%)

2 ていた 1 たりする, てしまった, てしまふ, てはまた, てゐた, て土手, て砂利, て窪地, に呼ぶ, またつづいた

▼ 杜~ (11, 1.0%)

2 お千 1 ちがって, 人妻お, 低く舞う餓えた, 同じ内容, 同棲する, 呼ばれるところ, 景と, 涼しい樹陰, 茶畑市の

▼ 杜~ (10, 0.9%)

2 消え去るの 1 でた, でましょうよ, ふみこんだ, 入ると, 尋ねて, 登つていつた, 見張りに, 赴いた

▼ 杜子美~ (10, 0.9%)

2 の詩 1 がそれ, が歌った, である, に専ら, の一詩, の梅雨, は大きな, 及び王摩詰

▼ 杜~ (10, 0.9%)

1 が言った, とか雲裏金剛, とそして, と申し, に抱きつき, の両, の口, の顔, は九位, また白面郎

▼ 杜~ (9, 0.8%)

6 陵の 1 陵, 陵と, 陵なら

▼ 杜荀鶴~ (9, 0.8%)

4 の詩 2 の鶴 1 が半夜燈前十年事, のその, の七言絶句

▼ 杜から~ (7, 0.7%)

1 かけて, もらって, 一歩踏みだす, 帰って, 提げて, 男という, 随筆の

▼ 杜松さん~ (7, 0.7%)

1 その奥さん, ってあたし, と巴里, は, をあたし, を家, を送っ

▼ 杜~ (7, 0.7%)

2 は東北 1 に入り, に別れ, の母校, は万色一時, を北

▼ 杜~ (6, 0.6%)

2 食事を 1 やる戦争ごっこ, ランデブーする, 啼いて, 打合せを

▼ 杜~ (6, 0.6%)

1 との間, と荷兮, の墓, の抒情味, を訪ねた, 亡びて

▼ 杜~ (6, 0.6%)

1 が見舞, に, に向っ, に目, は冗談, は牛

▼ 杜~ (6, 0.6%)

1 が敗軍, が数百, などという軽薄輩, は張, は敗軍, を伴っ

▼ 杜~ (6, 0.6%)

1 が二夫人, という男, に迫り, は頑として, を刺し殺し, を刺し殺した

▼ 杜には~ (5, 0.5%)

2 それが 1 あれが, 後悔され, 緑の

▼ 杜~ (5, 0.5%)

21 といふ人, の傳, の通典

▼ 杜~ (5, 0.5%)

1 が早行, が詠じた, のこと, の江南春, の詩

▼ 杜~ (5, 0.5%)

1 などの四将二万騎, なども春秋讖中, のふたり, は諫議大夫, を召され

▼ 杜という~ (4, 0.4%)

1 お社, 人が, 男は, 相当の

▼ 杜松子さん~ (4, 0.4%)

1 その奥さん, ってあたし, と巴里, は

▼ 杜選宋万~ (4, 0.4%)

1 そのほか梁山泊, の二名, の雄, は宛子城

▼ 杜かげ~ (3, 0.3%)

1 にじっと, に待ち受け, に集

▼ 杜光庭~ (3, 0.3%)

1 であります, の評判, は方士

▼ 杜王三家~ (3, 0.3%)

1 に及ん, に見るごとき, を得

▼ 杜にの~ (2, 0.2%)

2 つそり

▼ 杜~ (2, 0.2%)

1 山に, 村落の

▼ 杜~ (2, 0.2%)

1 は周宣王, を祀

▼ 杜会的~ (2, 0.2%)

1 な責任感, な風邪

▼ 杜切れた~ (2, 0.2%)

1 が, ところから

▼ 杜子春の家~ (2, 0.2%)

2 へ来ない

▼ 杜工部~ (2, 0.2%)

1 です, の詩

▼ 杜~ (2, 0.2%)

2 に円い

▼ 杜戸村~ (2, 0.2%)

1 で近江, の楽人たち

▼ 杜景死驚開~ (2, 0.2%)

2 の八部

▼ 杜松の木~ (2, 0.2%)

1 は又, へ棲ま

▼ 杜樊川~ (2, 0.2%)

1 でなくとも, もセザアル・フランク

▼ 杜~ (2, 0.2%)

2 から得た

▼ 杜絶えました~ (2, 0.2%)

1 からね, が

▼ 杜自身~ (2, 0.2%)

1 が極めて, が犯人

▼ 杜~ (2, 0.2%)

1 に一本鮮, に思いがけなく

▼ 杜~ (2, 0.2%)

1 はかんあふひ, を食え

▼ 杜路劉寧~ (2, 0.2%)

1 のふたり, の輩

▼1* [89件]

あたりまでも流れ, 杜かげ道をいそぎ, 杜かれて仕舞つたの, 杜ぎ主権の統一, 杜ぎ猴軍が渡った, 杜て天井, 杜それらの余白, 杜だったけれどどういう, 杜だの男娼だ, 杜ちかくは一円, 杜つづきとなる, 杜ではすでにオナジミ, 杜といふほどでも, 杜とはほんの僅か, 杜などにはよくそれ, 杜ひとつ名宗匠其角堂永機, 杜へでも赴かうと, 杜へはよく落ちる, 杜まで見えます, 杜幽雅, 杜下径茅萱のなびいた, 杜に隠れ, 杜五郎が門, 杜交界に於, 杜付近までが何となく, 杜代子さんの, 杜以下の大家, 杜などの同じく, 杜会的立場からのヤキモチ, 杜を祭つた, 杜切れる虫の, 杜切れ杜切れに呼ぶ, 杜切れ細君は石, 杜切れ間を, 杜周太常趙弟以下誰一人として帝, 杜の死, 杜國史邦野水なぞの俳諧, 杜太郎の変名, 杜夫子王積薪の輩, 杜娘何去韋娘老, 杜子恭は秘術, 杜子美居の祭, 杜子美杜少陵, 杜が人, 杜小山が絶句, 杜山居士寺石正路氏が雑誌, 杜工部集のごとき, 杜を命じ, 杜彦明という俳優, 杜楊洪は, 杜徳黄疆等が玄菟郡, 杜戦争その他いろいろの, 杜大くずれ, 杜戸浦に出, 杜え池一面, 杜曲春風買笑還, 杜を斬つ, 杜杜牧のこと, 杜松子さん十分ほどしたら, 杜林鎮の人, 杜烏石の類, 杜父魚を使っ, 杜爾伯特札賚特郭爾羅斯諸旗の各, 杜爾伯都部に入り, 杜牧之は世, 杜牧之句あり云, 杜王孟の如き, 杜の如き, 杜瓦爾らの横, 杜甫杜子美杜少陵, 杜甫韓柳の徒, 杜の通典, 杜絶えたなら最後の, 杜の言, 杜興使いの口, 杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, 杜選宋万らは床, 杜選朱貴などの仲間, 杜選朱貴宋万といった手輩, 杜に移りき, 杜門死門を侵す, 杜陵吟社と称し, 杜陵歸未期祇憑魂夢接親和近來欲, 杜陽さんでございますね, 杜陽雜編より引, 杜韓蘇のむかし, 杜韓蘇古詩三巻詩韻含英一部と外史, 杜髭風ヲ吹テ暮秋歎ズルハ誰ガ子ゾ, 杜