青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「是~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~春 春~ 春日~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日 昨日~ 昭和~ ~是
是~
~是非 是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時 時~ ~時々 時々~ 時として~

「是~」 13191, 131ppm, 812位

▼ 是~ (2594, 19.7%)

36 彼れ 21 實に 18 侯が 13 と同時に, は何 11 他なし, 唯だ 10 は私, 也, 閣下の 8 のみ, は, 固より 7 が即ち 6 が為め, 一種の, 伊藤侯が, 侯の, 我輩が, 猶ほ 5 が私, こそ楽しき, は誠に, 主人, 必らず, 我輩の, 色, 豈に

4 [23件] が, が為, と云, に乗, に依り, はドウ, は全く, は單, は如何, 一は, 予が, 伊藤侯の, 伯の, 余が, 其の均しく, 大なる, 實は, 寧ろ侯, 彼が, 所謂る, 曾て, 豈閣下, 閣下が

3 [42件] から先, が今, が抑, だけの事, と同じ, は不思議, は只, は宜, は實, は少し, は必ず, は此, は決して, は神, は第, は蒙, は迚, は面白い, へ, も亦, を見, 一の, 一個の, 一場の, 一時の, 丈けは, 事実に, 事實に, 人生の, 余の, 吾人が, 国つ, 大に, 尚ほ, 彼等の, 日本の, 淨に, 無等等呪, 禿首の, 程の, 空, 誰が

2 [259件] かと云つて, からは決して, から下ノ関, から喧嘩, から大阪, から後, から直ぐ, が世, が例, が如何, が日本, が昔, が最初, が本, が決闘状, が爲, その言, ぞと見ゆる, ぞ熊手, といふべき, といふ不出來, とても伯, と云う, と共に無遠慮, と言, には種々, には黒幕, に依, に掛意, に由つて, に過, に過ぎ, に非, に類する, のみ蓋し, はい, はお嬢様, はどう, はどうも, ははや, はマア, はマア私, は一, は一番, は亜米利加, は人, は人間, は今, は仕方, は佛教, は例, は其の, は出来ない, は即ち, は口語, は可笑しい, は唯, は大, は好い, は如何にも, は少しく, は彼, は必ずしも, は政府, は日本, は明, は本当, は極, は母, は無益, は甚だ, は私一人, は自分, は蜚むだ, は貴, は隨分, は餘, ほどの淵, ほどまでも淺, ほど身がら, まこと, までの喜び, まで申した, みな時のは, もうるめる, も其の, も同じ, も淋し, も皆, も私, より先, をお, をば何, を一世, を以て伯, を以て必ずしも, を以て閣下, を初め, 一個主我的意思の, 一大隈伯爵の, 一層明白, 一時人を, 一篇の, 世間決して, 主の, 之れ, 乘ず, 予の, 事として, 亦た, 亦一種, 亦思はざる, 亦面白し, 人情の, 今に於, 他の, 以上に, 伊太利統一後始めて, 伊藤内閣に, 伊藤内閣の, 伊藤春畝先生と, 伯を, 位の, 何の, 何人も, 侯は, 侯を, 偉人を, 入閣の, 公が, 其の伊藤侯, 其の個人, 其の内閣, 其の割合, 其の名, 其の志, 其伊藤侯と, 其動も, 其能く, 内相の, 决し, 分明に, 到底忍び得べき, 則ち, 前代の, 勉む, 勢の, 半歳ならずし, 即ち政治道徳上, 却つて彼れ, 取りも, 吾人の, 唯だ眠れる, 啻に大勢, 單に, 埃及の, 大切なる, 大明呪なり, 大神呪なり, 大隈板垣の, 天下の, 天然の, 夫人が, 好方便, 妻を, 姑息の, 安んぞ超然主義, 実に彼, 実に閣下, 宮中府中の, 寧ろ大隈伯, 尾崎氏の, 山間の, 平生氏を, 年中の, 彼の, 徒らに, 心の, 必らずしも, 必然の, 恐くは, 恐らくは侯, 恐らくは局面展開, 恐らくは東京市, 恐らくは閣下, 憲法政治の, 或は一大非行, 才の, 打鐘, 抑も, 排星運動に, 支那朝鮮に, 改革の, 政府を, 政治の, 政治上の, 政治的退, 新年の, 易きに, 智力に, 最も重大, 最初より, 朝野の, 未だ政界, 果して鞏固, 正学先生, 此の, 殆ど侯あり, 殆ど常務委員, 氏に, 決して偶然, 無上呪なり, 無意義の, 煽動家の, 特に彼, 特に本, 獨り, 現世に, 現在の, 理想を, 甚だ余, 眞に, 確かに, 程に, 稗史の, 立憲政治の, 立憲政治家より, 等の, 精確なる, 純意義, 純然たる, 終に伊藤侯, 絶對は, 義人若く, 胸中の, 自由党の, 自由黨の, 華族改革の, 衆議院の, 言ふ, 諸佛, 謙抑の, 議会の, 議會の, 議院政略の, 豈世人, 豈伊藤侯, 豈伯, 豈公, 豈彼, 豈逍遙子, 豈閣下有終の美, 豈驚く, 負傷したる, 貴人, 逍遙子が, 重力法の, 頗る怪む可, 首相の

1 [1598件 抜粋] からお, からの事, からは藩主, から一里, から二手, から其の, から力, から多助, から少しく, から得た, から捨て置けませぬ, から新橋, から林藏, から無限, から玉兎庵, から直に, から膏薬, から車, から長助, がいよ, がその, がもう, が一番, が二足, が京都, が人間, が何, が便利, が先ず, が出来れ, が助かっ, が単一, が名詞, が在れ, が大抵酒, が女性, が宜, が容易, が山木, が心臓, が成, が所謂幕末, が故人, が日本人, が本当に, が松島さん, が此頃出來, が玉, が病気, が禅宗坊さん, が第, が老余, が肺, が華厳, が銘々共, が面倒, きりで, こそ却, こそ経済法, ぞ中宮, ぞ學者, ぞ所謂老人, だけある, だけで人間, だけの價値, だけの學問, だけの準備, だけは少年時代, だけは私, だけ破った, ぢや, でも僕, という越度, とても實, と執筆, と申す, と覺, などは寧ろ, にぞ月, にても己, にて批評, には二階, には弱りました, には驚いたらしい, によりてこそ此處, に似寄つた, に反し, に安心, に張作霖, に書い, に註釋, に頼め, のと, の中, はいけない, はいわば, はお出で, はこれ玉関, はその, はとばかり, はどちら, はねえ, はオカシナ點, はテレグラフ, はマア何, はマホメット教徒, はロシア, は一樣, は世界, は事実, は亡父, は今明日, は何ん, は余り, は作者自身, は先づ歴史的, は八月三日, は写真屋, は初めて, は到頭, は勿論, は医者, は博奕, は印度教, は同じ, は唯今日, は回教, は國, は塩酸キニーネ最上, は外交官, は大安寺, は婦人, は安く, は密教的解釋, は小, は尚更, は後, は御, は心理學, は思い掛けない, は恐れ入った, は感心, は我明治初年, は戰爭, は所謂小學校, は抑, は支那, は敬礼, は文語, は日本婦人, は昔印度, は最う, は未だ, は東本願寺, は榎本, は此方, は毒, は永久性, は清朝, は無い, は牝馬, は猶, は現在, は田園生活者, は當局, は皆友達, は直接生活問題, は真実, は禁酒, は立憲代議政治, は結構, は耶蘇, は腸窒扶斯, は茶屋, は街道, は規定, は認め, は論理的, は豊前中津, は財産, は近頃, は遣, は鏡, は閣下, は難船, は音, は餘程後, は鰹, ばかりはと子細, ばかりは生涯, へ呼べ, へ差出せ, へ連れ, ほどの役, ほど心配, また父, までに, までは十二里余, までも有らん, まで二三, まで倉屋敷, まで商家, まで幕府, まで懷疑的傾向, まで書林, まで私, まで自分, まで長年鉱毒問題, もお前, もどうぞ, もピタゴラス自身, も中央, も佛典, も作者自身, も偏に, も全く, も出来ず, も十五, も古び, も国王陛下, も実は, も左, も恋歌, も所謂万分一, も授, も時節柄, も次第に, も無理, も男子, も笹原, も聊か, も至極, も船宿, も遺臣, やがて鑑眞律師, や蒔絵, より二人, より彼, わが唯, わが憂い, をみる, を以て始め, を傳唱, を天, を差上げたい, を感じる, を救済, を極めて, を疑, を破, を考えなけれ, を聞き付け喋られる, を自分, を踏み, サウルヨナタンの, ヂドが, ハドリア海なり, ポムペイの, 一つ, 一つには, 一切事物の, 一大苑囿の, 一期の, 一種色替りの, 一身体に, 七兵衞さんの, 丈けの, 三十五万石我れ, 不祥の, 世界に, 両箇, 久しく夢みし, 二人とも, 二時を, 交際家として, 亦今, 亦前, 亦同じ, 亦宗教, 亦故, 亦藩, 亦誤り, 人々の, 人為の, 人間派は, 今日尚, 仏馬祖答え, 以上の, 以前之, 会の, 何たる惨事, 何者なる, 佛教の, 併し乍ら政府, 個人の, 健康なる, 僕が, 先生の, 党員の, 八百圓は, 其の爲す所一, 其句切りの, 其戰略巧妙に, 其結末を, 凡夫のみ, 到底人間, 剽盗のみ, 十年暮した, 半年近くも, 単に素手, 即ち人間, 即ち名, 即ち正しき, 即ち沿襲, 即ち緑雨, 即ち野人, 卷土重, 又希上候, 双方の, 古今文学上の, 只一夜, 君主の, 吾人は, 吾等自ら幻影を, 哲学者に, 唐に, 唯規, 四奏の, 国会に, 國會に, 地盤の, 壮士, 夢に, 大日本帝国の, 大澤の, 天上の, 天地の, 天災なりと, 太平の, 太陽の, 奨励である, 奴隷の, 好色男子得意の, 妖蛇婦人に, 婦人なり, 孝陵の, 學堂の, 宗教なり, 宛も, 実に久しく, 実に公益上栃木県内, 実に家康, 実に政府, 実に煽動家, 実に美しき, 実に醜, 実は偶然, 客なり, 宿因の, 寧ろ當時議會, 将門と, 尋常の, 尋常黨首の, 尤も強し, 山県伊藤両, 己が, 巻土重来の, 平和来の, 幸と, 張衡なるべし, 御籤の, 循環と, 必竟する, 恰も, 恰も盜賊, 愁人なら, 戀に, 我々が, 我が家, 我が責, 我国の, 我有なり, 我職分なりと, 或は斉東野人, 或は齊東野人, 所謂強きを, 批評家の, 摸写小説の, 支那藝術一般の, 改進黨の, 政黨首領として, 整ふる, 文臣なりと, 既に情, 既成政黨の, 早稻田文學, 春水が, 時勢を, 曩に, 有無相通世間の, 未だ真理, 本島アイヌが, 来世に, 東洋に, 果して何気なく, 果して憲政黨, 楚囚の, 欠陥である, 歐米諸, 正に館林警察署長, 此文に, 歴史上の, 民党の, 汝の, 決して一個警官, 沈魚落雁閉月羞花の, 海なる, 淺間山也, 渡船に, 演繹的批評なら, 無上呪是れ, 無熱池, 無茶苦茶の, 父を, 独り伊藤侯の, 王民なり, 現代の, 理に, 生活なり, 男子の, 畢竟政府, 當時使用せる, 白龍の, 百歩を以て, 皆人間, 皆感覺以上精神内部に, 皆此, 皆道の, 盞, 目録學の, 真理に, 矛盾では, 祝福すべき, 神経錯乱の, 福山藩士で, 私の, 科學的手段なり, 程忌わしく恐ろしい, 程筋が, 空に, 立者の, 第一等, 等は, 結末唯豫想の, 綿衣の, 總理大隈伯に, 美の, 聖人の, 聽衆の, 臣等が, 自ら解釈せん, 自己に, 自然の, 自由党に, 自由党多数の, 自由黨を, 至楽ならん, 舟を, 色受想行識も, 英國武士道の, 英雄懷を, 菩提樹心は, 蓋し其姉, 蓋し顏師古, 蟋蟀に, 行盲目の, 親王の, 言語の, 評者と, 誠に予, 読書の, 警察の, 豈憲政党, 豈極めて單純明白, 豪傑の, 買収政略の, 購ふ, 迄の精勤, 迄愚身, 透谷の, 速記者その, 鄙夫の, 鉛なりと, 間道なり, 陽春三月の, 青史に, 非なり, 類想を, 館より, 鬪爭

▼ 是~ (1849, 14.0%)

33 何う 13 私の 11 何うも 7 如何に, 日本の, 私が 6 彼の 5 確に 4 したり, 何と, 何の, 前に, 或る, 明らかに, 自分の, 蘭軒の

3 [27件] どうした, どう云, 中, 何か, 入らっしゃいまし, 到底余, 女の, 如何にと, 妙な, 定めて, 實に, 弟の, 思ひも, 怪しからん, 我々の, 我等が, 支那の, 有難う存じます, 此の, 理の, 確かに, 私し, 能く, 誠に心, 谷本博士の, 面白いこと, 餘り

2 [76件] うちわらにて, これを, どういうわけ, よほど面白い, わたくしの, 一つには, 一つの, 一つは, 一通りの, 人の, 今日でも, 今日の, 仕たり, 何うだ, 何だ, 何でも, 何も, 何ものなら, 何故かと, 何者なる, 価を, 僕の, 兄が, 先生至極, 全く右数種, 別て, 古今の, 唐の, 唯だ, 塩田氏の, 多くの, 大変に, 大天狗, 大師が, 大變, 天照大神を, 孰れ, 容易ならぬ, 寔に, 弘法大師の, 当然だ, 彼が, 後に, 後醍醐天皇の, 從來の, 恐入りましたな, 我のみに, 手前が, 文淵堂の, 新唐書, 昔の, 普通の, 曾能子刀自の, 最初から, 有名なる, 柏軒の, 正弘が, 気の, 江戸の, 洵に, 燕子花と, 現実的な, 當座の, 疑いも, 皆, 盜賊の, 美い, 自分が, 萎み掛けた所, 誰某の, 追, 鉛管百七万八千七百五十封度の, 鑛毒と, 長庵, 阿波の, 鰐水が

1 [1495件 抜粋] あつて, ある外交官, いかぬとして, いらっしゃいまし久しく, おそらくは我々, おとみ, お入来, お前の, お吸物, お客に, お常, お留まり遊ばした, お能, お賤さん, きまりきつ, ことわりなし, これ地上に, すでに前, その中, ぞうさな, ただ一つ, ちと意外, つまり我々, どういふ, どうしても眞, どうで, どうも, どうもまた違います, どうも勿体ない, どうも思い掛けねえ, どうも極難症, どうも然う, どう云う, ならんと, はや, ひる間, ほんの手前, まあ極く, またずっと, また子供, また意外, また重忠張り, まだ意外, まったくニヒノアヘ, まったく一般, まるで知らなかつた, もう一度根本, もう周圍, もう論外, もとより日本, やはり儒家, やはり當時, よほど進歩, わたくしが, アブラハム一日此所に, スープも, バラモンの, マア怪しから, ロシヤ交易の, 一の, 一八九九年の, 一寸妙, 一昨日お前樣の, 一種の, 一言で, 一體平野神社といふ, 三五郎の, 三座に, 三遍水を, 上屋敷の, 下総の, 不人情の, 不思議だ, 不思議なる, 不注意と, 世の中で, 中國四國九州, 主として嫁, 久し振り哉何屋の, 九流の, 予て巡達, 事実であった, 二年ほど, 二重の, 亡き人の, 京水本に, 京都の, 人並外れし, 人違ひ成ん, 今の, 今日では, 今日歐米の, 今申す, 仏法の, 仕様がねえ, 他人の, 他所で, 伊勢より, 伊沢の, 伴信友の, 佐倉に, 何かと問う, 何だらう, 何んと, 何事なら, 何共, 何千年來養はれた, 何故の, 何時頃まで, 何者でございます, 余りお, 余程考へなけれ, 作右衞門さんと, 信友も, 信州飯山の, 倭の, 偶然の, 僅かの, 僕から, 儲ものなり, 兄弟でなく, 先供御長持預りの, 先年病死し, 先日実験を, 先生の, 先祖様が, 先達もち, 入やせん, 全く人, 全く名言, 全く檢事局, 全く神佛, 全集の, 其の後, 其の者, 其圖に, 其所在の, 其筋にて, 其訳で, 内儀さんや, 内裏から, 円朝が, 分らん, 初より, 別にまた, 刺すの, 前三本とは, 前非を, 勿論おどけ話, 勿論文章, 勿論死, 北口の, 十世紀の, 千万辱ない, 半成, 南無三, 単に非, 危険物です, 即ち日本, 去年の, 又何たる, 又市, 又權力者, 又當時, 又非道, 口碑であっ, 古今東西に, 只今にも, 只心ばかり, 可笑い, 台なし, 各人が, 名の, 君家へ, 品の, 唐氏証類本草に, 唱えごと, 喜八を, 嘗と, 四年跡に, 困つたと, 国内の, 國民に, 坊ツちやま, 堀の, 堪らんでは, 壁を, 外でも, 多分土地, 大きな誤り, 大した者, 大事な, 大凶なり, 大切に, 大変な, 大成功, 大昔から, 大過なるべからず, 大隈伯が, 天才の, 天神の, 夭折せる, 失礼やさしい, 奇妙な, 女なら, 好い塩梅, 好所へ, 如何に去, 姉さんに, 姦通罪の, 婆が, 婦人が, 子供の, 學者の, 安藤にも, 宗教発達の, 定めし出, 宝と共に, 実に耳新しい, 家々の, 容易な, 富五郎が, 寛政十一年に, 實行に, 寧ろ一家, 寧ろ日本字, 対照によって, 将軍家茂入京の, 尉仇台の, 少々妥当, 少しなれ, 少し厳密, 少なくとも海, 尤の, 尤も憂ふべき, 山村だけには, 屹度別の, 崔融と, 左ほどの, 己の, 已に述べたる, 布袋和尚の, 平安朝の, 幸手宿の, 幾ら被, 延喜式には, 弟である, 当今では, 当時幕府の, 当然の, 彼に, 後々の, 後醍醐天皇崩御の, 御前の, 御奉行樣, 御尤, 御無體, 御話, 御道場, 御骨折り, 心配は, 必ずしも素質, 必ず入, 必定人違ひ, 忠実から, 思ひ掛なき, 怪からん, 怪しからん仰せ, 怪むに, 恐らくは歴史, 恐れ入りましたな, 恐れ入りますへえ, 恐ろしき入道, 恐入りましたね, 恐縮千萬, 悪党アヽ悪党お前に, 想像の, 感喜の, 慮外なり, 成田街道で, 我々に, 我母の, 或は普通教育, 戦後の, 手が, 手前の, 批評を, 抑何科有, 抽斎十七歳の, 撲ぐる, 支那でも, 支那人が, 政府が, 数行の, 文字通り永遠に, 斑猫という, 斯し, 斯云ふ, 新吉と, 新著百種の, 旅に, 日本でも, 日本ばかり, 日本人自力の, 日記に, 旧時の, 早く三月二十五日, 明清医家の, 昔全盛だ, 昔風の, 是, 是は, 是非, 時節を, 智慧が, 暫時耳聾に, 書を, 最う死骸, 最近の, 有名な, 有難う御, 朝家の, 未だ帰納法, 未練の, 本多とは, 本文に, 村井さんの, 来掛かる人, 東照神君が, 松葉沢の, 柏が, 柏軒自筆の, 栃木縣足利郡吾妻村字羽田の, 根本問題でありまする, 梅田覚太郎さんが, 極く, 概略藤五郎の, 横浜で, 橘南谿の, 欠くべからざる神供, 欺すに, 歌舞伎芝居では, 正しく水勢, 此儘に, 此方ので, 此遊に, 武家上流の, 武鑑, 歴史上屡, 殆ん, 殺した奴, 殿様の, 毎日の, 水呑村百姓一件江戸表へ, 汗疣だ, 汝らには, 決して大勢, 決して想像, 沈黙千万たるの, 沢庵樽で, 法律には, 津軽家用達たる, 流行正月と, 浪人の, 深川網打場の, 済まねえ, 滅法界に, 濁音符と, 火葬に, 無事, 無論妾, 照るもの, 父蘭軒の, 狒々と, 献芹と, 獨逸で, 珍らし, 現實的, 理窟を, 甚だ惡敷事, 生の, 田舎気質の, 甲申中秋の, 男の, 畢竟ホド, 當り, 當時ぴんと, 當時義政の, 疑ひの, 痛い暗いもん, 皆わたくしの, 皆様も, 皆美文だ, 皇室の, 監獄で, 相川様御機嫌よろしゅう, 相応に, 相調不, 矢を, 矢張一般人間と, 知らぬでやつ, 石なりとて, 石工の, 神さまの, 神田孝平中井浩横井平四郎等に, 秀吉の, 私たちの, 私丈の, 秘密だ, 種々の, 稻垣小三郎の, 立派な, 竜宮様へ, 第二, 筵の, 米を, 籾殻を, 粗相千万, 紙數が, 素人狂言の, 素性の, 細かに, 結んで, 絞に, 維新後の, 縮図で, 羊を以て, 群集心理の, 耄碌の, 聊かなれ, 聖衆の, 聞しに, 肉を, 能うお, 自分たちの, 自然に, 舅姑に, 良, 芒や, 若し一人, 茶の間の, 菅茶山の, 落字を, 薬師さまの, 虫の, 蚤き, 行ね, 表題若く, 西洋ピヤノより, 要吉で, 見掛けに, 親不孝だ, 観察者の, 詩の, 話が, 誠に以, 誠に引合わぬ, 誠に興味, 説明は, 誰が, 誰も, 譫言なり, 豆の, 貧しい留学生, 貴女から, 貴方一人でも, 賤しき, 越中國新川郡の, 躋寿館に, 近き頃下野, 近頃にな, 迚も, 追善の, 這れ, 遁れ, 運命前, 道理の, 那の, 重々思ひ, 鉄製の, 銀行の, 錯つてゐた, 鐵扇の, 鑛毒地の, 開帳の, 随分借金, 隨所に, 霜月下卯の, 面倒の, 面白いそれ, 面白うが, 頗るむづかしい問題, 領主が, 風聲勁疾之貌鮑昭蕪城賦, 餘程人情に, 餘程面白い, 首尾よし, 驚き入つた, 高輪田が, 魂消た

▼ 是~ (963, 7.3%)

44 見て 28 聞て 15 聞れ 11 是と 5 里言に 4 日想と 3 思へば, 持って, 機会に, 聞夫は, 見ても, 見るより, 見れば, 読んで

2 [50件] いふなり, うけたま, おもへば, どうする, はきて, もって, 以論ずれ, 借を, 公に, 取って, 取締るべき, 学べば, 守り六月朔日是, 完成し終った, 形見として, 御覽, 御門へ, 想い彼, 我々の, 手に, 捕へ, 掘出したる跡, 気取れる, 汝がに, 火井と, 火車落と, 無帽塔と, 無縫塔, 白馬の, 盜み取, 着て, 知って, 知らずと, 私などは, 粉に, 糸に, 聞居る, 見たる事越遊, 見てた, 見ると, 見付て, 見給, 視れば, 貯ふ, 質に, 越後廿四奇の, 越後第, 開最, 雪国にて, 風入れする

1 [732件 抜粋] あげよう, えらむべ, おまはん, お世話いたせ, お召し下さい, お持ち遊ばし, お着, こしらえた女たち, して, しも, しりて, すかさんと, するには, ずっと下げ, せねば, たたき神子, ただ一箇, ただ言葉, でも間接, どうも疑念, どう考へたら, ねたみ御成門, まいらするなりと, またヒタキジロ, また一つ, また小, また無心, まだ考える, まア払う, もう一度以前, もし知っ, もし考へ, やや詳しく, やり始めたら何だか, わが土地, イトとは, ウパニシヤツドと, エヽ太刀とも, オシキセとも, オチャノコと, コヂウハン, タフという, ダイバノブトと, デハイとも, ドヂョウ汁と, ニヘと, ハット汁と, ボッチャラウチまたは, マサツケギまたは, マングヮという, モヂリまたは, ヨナガという, ヨナガリとも, 一処に, 一向知らず, 一番島と, 一番弁舌を, 一社に, 七番島と, 三十里越といふ, 上げて, 上げるから, 上流の, 不幸の, 中心に, 串鮑に, 久うしたりき, 乞ひ, 二つの, 二兩二分に, 二番島と, 五十里に, 五番島と, 亡國で無い, 人によって, 人間の, 人間体内の, 仕事着という, 仕切に, 仙台から, 以つて之を, 以返濟之御, 仮に大, 仰いで, 伐つて, 低級の, 何う, 何でもかでも土地, 何と謂った, 何処かへ, 作りたる故, 使ったもの, 例の, 供に, 促し, 信じては, 信心すれ, 側に, 偽と, 元手に, 兄さんと, 八番島と, 六番島と, 内揚, 册子と, 処置する, 出さずんば, 出世の, 別の, 前後左右から, 前記の, 勞り, 勤む其節の, 半分飲み, 南の, 単なる昔話, 博文館へ, 双神と, 取候由, 取締らない, 取隱, 受けて, 受取再三, 受取將軍家へ, 口惜き, 古来の, 史料と, 名を, 君に, 告て, 呼掛何れへ, 善と, 喜ばずして, 喰ず, 喰よ, 四番島と, 在上, 地底と, 基底に, 売って, 外国から, 外部に, 大キ, 大切な, 大夫と, 大平山と, 大歌, 大胆なる, 天神海神の, 失ふては, 奉體せり, 奪ふ, 如何樣, 妨ぐるに, 始めたら屹度繁昌, 始より, 婚姻の, 宇治橋に, 守れば, 実存の, 実行する, 宴坐, 家々の, 家へ, 家督と, 富士原葛原に, 察し是, 實と, 實行しよう, 實行せよ, 尊むべし, 尋ねら, 小脇に, 小豆とともに, 少なくとも公私二面, 尚ぶ, 居酒, 屈死と, 川通餅と, 左の, 平仮名にて, 平常に, 幸ひと滅多切に, 底本として, 廈門の, 引取つ, 強調せし, 彼に, 彼の, 待ち受ける父, 律すること, 御機屋, 御縁, 御覧此の, 心よし子又, 心得てと, 怕れ, 思うと, 思ひ瀧口, 思ふに, 怪しみ疑いけるが, 恵まず, 悟つて, 悟られ夫, 情なき事, 惡と, 意見立致し, 愛好すなり, 憎まぬ者, 憐み, 憫んで, 懷中し, 成すの, 承はり給, 承引か, 押止め暫時御, 拂はんと, 担ぎ形, 拒み贋者, 拝借致しまし, 拾ったとも, 拾ひ揚, 持せて, 持ち御, 持参し, 振り廻して, 捨てて, 捨てる位, 推奬する, 搗きつぶして, 摘みて, 撰び置かるる事, 改め見るに, 改善整頓し, 放恣自由な, 故郷と, 數ふる, 文學史に, 文辞の, 斯し, 新しき床の間, 明々白々と, 明らかに, 映画にでも, 是として, 智なり, 暗示する, 書き残して, 最も簡単, 有力に, 望めば, 望んだ時, 木挽町の, 本当によく知つて, 杖に, 東国の, 柴刀とも, 根拠として, 桶の, 梵志と, 標榜しない, 模倣する, 機に, 機縁として, 次に起るべき, 正し些少忠義, 正にし, 正面から, 此場の, 残酒とも, 氣と, 求むべきであらうかと, 汝に, 波濤の, 浜荻といへり, 渡しければ, 渡るであろう, 湯に, 源頼朝が, 滅せしは, 火の, 為さず時代, 焚付けへ, 無心の, 爲す者其方の, 爲せ, 特別に, 獵せ, 珍重し, 現は, 生で, 生涯の, 産んだの, 用いるの, 用ひる, 用ゐる, 甲斐, 申述ざるも, 男の子の, 當時の, 疑はず, 疑ふ樣, 盗られては, 盜み御, 目に, 直接の, 相應, 眞實と, 真実と, 眺めた, 着るの, 着る日, 知つてさて, 知らざりしか, 知らずして, 知らぬと, 知られぬか, 知らん, 知る, 知ると, 知る伯樂, 知る神, 知識の, 石崎の, 研究した, 確りし, 確証する, 神に, 祭の, 禁じたの, 私が, 種として, 稱へ, 穴鳥と, 穿いて, 窺ひみる, 笑ハざるなく, 答えようと, 粟稗などに, 糺すは, 紛らして, 編輯志贈, 置いて, 罰し惡表, 美的生活と, 群庶の, 考へ, 聞いて, 聞いてからは, 聞かれ其方, 聞かれ此訴訟, 聞き先寛, 聞き先觸, 聞き其謀, 聞き大いに, 聞き是, 聞き汝, 聞き長兵衞殿拙者, 聞くと, 聞し召, 聞ず, 聞より, 聞コリヤお, 聞コリヤ堪らぬ, 聞モシ八五郎さん御前に, 聞上州より, 聞付スハ切腹の, 聞何と, 聞何樣御道理の, 聞偖, 聞善右衞門汝が, 聞夫なれ, 聞如何樣盜賊の, 聞將軍には, 聞憫然に, 聞成程, 聞是三次何を, 聞正邪判然たるは, 聞段, 聞烈火の, 聞玉ひ驚かれし, 聞給ひもつ, 聞道理, 肉にて, 肩に, 能くせんと, 脊負う, 自分などは, 自嘲の, 自家の, 與へよと, 艶美を, 苦にも, 菩提の, 落すと, 葬りました事, 處置するでございませう, 螺類の, 表向きの, 被れと, 褻に, 要求し, 見ず, 見と, 見な, 見よ, 見ら, 見られ下谷山崎町家持五兵衞召仕, 見られ是, 見るに, 見るや, 見る時, 見ればこそ, 見んとて, 見分する, 見届け又, 見物する, 見聞し, 見送りて, 視て, 親父の, 親類共に, 観察する, 覺らず, 言はむ, 言ふ, 訓詁の, 記憶し, 訳さなけりや, 訴へ, 註解した, 証する, 証するを, 証拠に, 証明する, 試みる以上, 話しの, 話の, 詳かに, 語ること, 説明する, 読ましめられんこと, 読誦すれ, 請取て, 請取川越の, 請取左仲を, 論ずること, 論ずるの, 謀りて, 謂ふ, 證據に, 證明せり, 讀むと, 讀むに, 讀上たり, 貫いて, 貯蔵し, 貰いに, 買いくれよと, 買った時, 貸ん, 資本に, 軽視する, 迎えて, 近付て, 送るべし且旅籠屋清兵衞, 逃る, 通道と, 造り其内, 進らせんと, 遁れる, 道理と, 避け是, 那し, 金に, 金剛定寺御, 開かせなど, 閑人の, 関東東北にも, 阿母, 隠しては, 隠す菊, 雅に, 難ず, 霰と, 非と, 頼みて, 題詠として, 願ひ, 顧みて, 食は, 飴色網代蹴, 養子に, 高名とは, 高級の, 鳥類の, 鵙の, 黒眼の, 鼓舞し, DR二つの

▼ 是~ (800, 6.1%)

200 非でも 9 ために 8 私の 7 非にも 6 為に, 爲に 5 一つの 4 非であろう 3 わたくしの, 彼の, 此の, 非でもと

2 [19件] もし, 一つである, 七首中の, 主従の, 人間の, 伊沢氏の, 出れば, 出來, 味方であったら, 本当の, 本来は, 次の, 理由の, 當時の, 疑の, 碧山の, 累の, 親迎の, 記事の

1 [505件 抜粋] あの時代, あること, あるため, あれば, あゝ死, いかなる変遷, いずれも, いわゆる現代語訳, おそらくは, お堂, お尋ね者と, お椀, お猪口, お紺婆, お薬, かなり忠実, こういった, この大, この食物, すでに革新, そこい, たかの, たしかな, ただ安産, ただ職業, たった一つ, ため亡んで, ため今日, ため琉球諸島, ちょうど十二支, とかくモラル, どういう事, どうして日本, どうも壞, どうも実に素早い, なお未決, なければ, はたして漢字通り, はたして百年, ひとたび外に, まあ一番, まず一つ, まず捕獲, またニルヤ, また一つ, また一個, また一役, また今日, また古い, また多く, また常, みな昔は, もうおく, もう一段と強く, もしも一身一家, もしも頸輪, もし事実, もし何人, もし植物, もし次々に, もし蒸した, もし調理法, もし陸地つづき, もと仏教徒, やはり組頭さん, わかると, オサシミだ, クマに, ニホである, パンチヤタントラの, 一人前の, 一人扶持の, 一合目に, 一寸と, 一時に, 一現象なりけり, 一生の, 一番に, 一番行かない, 一種であります, 一種の, 丁度三年目の, 七八分通りも, 七十八十に, 七日の, 三つである, 三十五年の, 三度の, 三日四日続く, 上尖り, 上等室の, 不思議の, 不用に, 世に云う, 世の中の, 世界の, 中, 中世以前の, 中心の, 主人だ, 九兵衞の, 九号の, 二つである, 二百萬の, 京水の, 人形芝居や, 人気の, 仁で, 今でも, 今一つ以前の, 今世, 今以, 他の, 他郷の, 代助, 仮りに, 仲見世だ, 何うも, 何でせう, 何でも, 何で浦原嬢, 何よりだった, 何よりの, 何よりも, 何より證據, 何人の, 余でなく, 使用し慣れ, 俳諧の, 俺の, 僕の, 元和二年と, 元来海上遥か彼方に, 元歌, 兄の, 兄弟で, 先づ, 全く一家一族, 六號室である, 其の宝, 其の當時玄惠法印, 其一である, 其二である, 其處らぢうにある, 内地に, 写本の, 冬嶺の, 凡て形に, 分りませんか, 分れば, 初めてだ, 別れだ, 前の, 前年の, 動機と, 動陽儀を, 包世臣の, 十一月十四日に, 十七世紀の, 十三世紀の, 十九世紀末から, 十二世紀の, 協同生活の, 単なる愚民, 博奕とか, 即ちその, 即ちキリスト, 即ち一種, 即ち三宝山, 即ち又, 即ち率意, 即ち神経病, 即ち罪人, 即ち赫, 即ち近, 原因である, 原形である, 又一つ, 又他, 又大層, 又平和主義, 又彼, 又藤次郎, 又頗る, 又食物, 口を, 古来の, 古開か, 同一の, 同列分家の, 同情なら, 君臣の, 吾等農民の, 吾経歴の, 命である, 咒語に, 唐の, 唯一の, 商売にな, 問題の, 善惡二の, 嘉川家の, 噂に, 器物として, 嚆矢でした, 四世清元延寿太夫である, 四書に, 因果じゃな, 因果の, 困難だ, 地を, 坂井さんでなく, 基督の, 墓誌に, 多分は, 大きな問題, 大きゅうなる, 大同時代と, 大喝采, 大変な, 大変の, 大方大部屋といふ, 大昔から, 大陸の, 天の, 夫の, 失くなっては, 女の, 女房の, 好で, 始りで, 嫉妬と, 子供に, 子供の, 學者工夫上の, 安心し, 宋の, 宗助と, 宜しい成, 宝である, 実現の, 家の, 寐心よけれ, 寺田さんの, 寿詞である, 小乗の, 小説家であるなら, 少しばかりは, 尤もな, 山にも, 山陽の, 平坦の, 平民の, 序開き是からが, 康煕雍正乾隆頃にな, 引の, 当人逃げたる, 形見だ, 彼らに, 後でナカ, 後に棠軒, 後の, 後家に, 後年の, 後日の, 後醍醐天皇を, 御主人様, 御前の, 御承知, 徳川時代迄, 徳川氏の, 心に, 心得が, 心懸, 心配でございます, 忌嫌だ, 忙しい労働, 思案の, 悪事の, 愈々浦原浦子, 愈声楽, 懐之の, 成功する, 我々の, 我が大, 我楽多, 我輩の, 我邦において, 戯曲的な, 所謂ことわざといふ, 所謂有財餓鬼てえ, 手に, 手品の, 打診器と, 抑生活, 採用せられた, 插入であるなら, 揚りました, 支那人であります, 支那人で無けれ, 政府に, 救済策に, 文字を, 文学の, 文政九年に, 文献記録から, 新たな, 新旧の, 方庵の, 旁系水津氏である, 旅館の, 日本で, 日本に, 日本歴史の, 日本海の, 旧日本, 昔弓を, 時代を, 普通に, 普通語の, 普通謂ふ, 書生上りとか, 曾良などの, 最古の, 最終の, 最高の, 本当に仏様, 本統に, 村人の, 来らぬと, 東側と, 東北の, 松谷令嬢です, 果して我々, 某岳, 根の国の, 棠軒の, 森主, 極楽と, 概括し, 次第に亡び, 止められるもん, 正常の, 正月二十九日で, 歴史の, 殆ど三百年間續いた, 殊に明らか, 残心の, 段々と, 毎も, 気病に, 泣かずに, 流言家である, 浦子の, 海の, 深い縁, 満蒙の, 炉辺の, 為で, 為です, 為なりと, 為めである, 烈敷なる, 無かったら, 無くては, 無用に, 無益の, 煙草好きが, 爲め殆ど堤防が, 爾までの, 牢屋の, 狂言とはね, 猪口かい, 現はれる, 現代社会に, 現在は, 現在我々の, 現實, 現象の, 瑞仙の, 瑞仙六十二沢三十三杏春十二の, 瑞英二十八歳の, 生えたから, 生きて, 生粉, 申刻と, 男たちを, 男女の, 百濟の, 皆な知っ, 皆見物, 皇室御, 直の, 直温, 眞に, 眞の, 眞實の, 真の, 真実此女の, 真正の, 矢張天道樣の, 研究上稍大なる, 硯友社創立の, 社會政策で, 神佛混淆と, 神戸の, 神経系統に, 福山阿部の, 秀子の, 私などの, 私には, 私らの, 種の, 稲作最終の, 端緒と, 第一, 第七, 第二宗教, 第八期, 紺屋の, 結局でございます, 經國經綸の, 継母に, 総て社員の, 縁で, 縁に, 罪に, 羽生村から, 習性と, 翻訳小説の, 聴診器是が, 能く, 自ら知る, 自分たちには, 自分の, 自分等の, 自然でも, 自然に, 興行し, 若しもつと早く, 若し世間, 苦しみに, 茶の, 茶屋女や, 茶山の, 虚言かと, 行くたんび, 表から, 表向, 袖萩ださうです, 見られなくなったの, 見知, 覚書の, 親の, 観音さまで, 計畫, 話の, 誠に玉, 貞女烈女の, 貢さんの, 貴女の, 貴方と, 資本で, 質問の, 路用か, 身や, 身修る, 軍で, 輪田夏子の, 農民の, 近代の, 追, 退かずに, 運の, 運命と, 遺言の, 重要視せられなくなった, 野宮の, 銘酒という, 間違の, 関西地方当時の, 離縁の, 非でもかい, 非でもという, 非でもといった, 非常に, 非常の, 非御着, 面白いかうし, 音律を, 響かないの, 頂點だつた, 頼山陽の, 飛び飛びに, 食用の, 養蟲園の, 餘程あり, 餘程能く, 高句麗並に, 鳥巣庵の

▼ 是~ (615, 4.7%)

129 於て 57 於てか 29 依て 21 由つて観れ 17 因て 14 由て 10 至りて 8 よりて 6 して, 反して, 於いて, 由りて 4 依りて, 就て, 於いてや, 比べると, 由って 3 乗つて, 對し, 就ては, 由つて苦を, 類似の

2 [24件] 伴の, 似たり, 似たる所, 依つて, 依ると, 参与した, 嗣ぐ, 基づいて, 對する, 就いて, 左したる, 応じ玉, 恋々す, 感じて, 慣て, 生れ是, 由つても, 神壮夫あり, 筆を, 至って, 至れば, 近き方向, 題して, 麩羅といふ

1 [223件] あったとこ, あつた, あらず非, あり篤と, いらっしゃるの, おなじ此事亦, きはめ, こたえて, この文字, しばしまたせ, ついで部落外, つきて, つきては, なって, もう一つ, やうやく, やと, やや近い, よると, よれば, オソレユルス, ノを, 一片の, 一覚と, 三ツの, 上越す, 主人が, 乘る, 乘れり, 九助は, 争ひ, 二嬪恒に, 云付又七が, 他の, 付いては, 付け置く事, 付ては, 代つた, 代るに, 代用した, 伊香刀美見めで, 伴なう, 伴ひ, 似た不安, 依つたの, 依つて解決, 候とて, 優りて, 優れる説, 兆せし也, 先だって臼の, 入りて, 全国を通じての, 八上比売八十神に, 八十神見, 其妻牟久の, 其産殿未だ, 其言を, 准じ, 判を, 到るまで, 力を, 加うる, 加ふる, 加わる筈, 劣らぬほどの, 努力, 勝る血統, 参与する, 参加した, 又一片, 及ばない, 反しては, 反し礼儀, 反對説, 同じける, 向うは, 向かって, 向ひ, 吾族と, 和す, 因るであらう, 固く挾む, 在るもの, 在る者, 基づく感情, 堤防を, 堪兼アツ, 堪難く己, 増たる, 増事なし, 大橋小橋孫橋といへる, 大穴牟遅神其兎に, 存す, 安ん, 宗教的関心を, 寄りて, 就いては, 就きて, 居て, 居る九郎兵衞, 居る松平玄蕃頭家來石川安五郎, 干渉したなら, 引かへ, 彼の, 御座います遂私, 心付ヤレ南無, 応接し, 怒った, 恥て, 感ずる事ふしぎ, 感心せしか, 懲し, 懲て, 懲らされて, 懲りずに, 懸り居ります傍ら, 払って, 托して, 投網と, 抗し奉らん, 持ち寄って, 控へ, 携わる者, 據ならん, 據らず, 敬語を, 於きて, 於てや, 日の, 易え, 有り, 望むべきに, 期を, 棟梁を, 構れず, 次いで起こった, 止らざる也, 止らんか, 比して, 比べるとともに, 氏子の, 気が, 気多の, 海上の, 海神の, 添えて, 清原頼業といふ, 準らへて, 準拠した, 準據, 火を, 火遠, 物の, 獲き, 現代新著が, 由つて, 由つてその, 由つて人智は, 由つて想像し, 由つて當時長安に, 由つて観る, 異なり, 異なり父, 白米を, 相応する, 相認め, 相談なし, 移すべからずいわんや, 立向う, 答えて, 答辯を, 続いたの, 続きたる者, 美術家が, 聯を, 膏藥の, 自分の, 至って止むなく, 至つたので, 至つて其極点に, 至つて初めて, 至つて聊か, 至つて蓋し, 至つて遂に, 至て, 至らぬの, 至る吾人, 至る焉, 至る誰, 至る遂に, 興味を, 落附候所天命にて, 著手し, 該当する, 謂ふ, 費す所, 載つて, 近いもの, 近い名, 近くただ, 近し, 追従し, 過たる事, 適合する, 遮られて, 配するに, 附いて, 附加した, 附加へて, 附添う, 限らず全体, 随い, 随伴し, 隠れたる霊, 隨て, 非ず, 面を, 類する信仰, 類ふ, 食尽され, 馬つけ五駄も, 駒下駄が

▼ 是~ (571, 4.3%)

15 のもの 14 の事 10 の者 9 の人々 7 の人 6 の作品 5 のこと, の凡て 4 の, のコレクシヨン, の中, の元素, の歌, の言葉, の記事, の諸 3 の事実, の他, の山々, の説, の論文, は唯, は單, は大, は皆

2 [39件] が即ち, が黄色, に對, に拠る, の事情, の京劇, の人間, の例, の儀, の反, の問, の問答, の問題, の幻, の掲示, の新, の書, の本, の法, の物, の特色, の理由, の神, の紙袋, の結合, の自然, の草花, の覆面, の諸君, の豪傑, の趣味, の逸話, の道理, は他国, は大師, は寧ろ, は恐らく, は果して, は都

1 [363件] から思ひ合せる, が一幅, が何れ, が先, が多, が機縁, が此, が真面目, が確か, でも卷數, と同, と戦つた後, と比較對照, にて察せられ, に反対, に就き, に拠り, に於, に水, に男, に関する英書, に附着, に非常, のいろいろ, のかけごと, のこと一人, のみなさけ, のもの一, のバテレン, の一呼吸詩歌, の一角, の三つ, の三人, の三要素, の不, の不可思議, の世界, の事例, の事實, の事柄, の事業家, の事理, の五倍, の交, の人々何, の人人, の人達, の人間性, の仕事, の作, の作物, の作者, の信仰, の儀共, の先例, の全, の冷罵抗難, の劇団, の動詞, の卑野, の友だち, の友達, の句, の名, の名工, の名流, の含蓄, の品, の器具, の器物, の固有, の国人, の國, の地割れ, の地志, の塗脂, の境遇, の士一同, の変遷, の外套, の大, の大徳, の大群, の奉仕者, の如き, の姓名, の婆さん達, の婦人, の嬰児, の學者, の學風, の実例, の実情, の客, の寳物, の小, の小曲, の山, の山脈, の布類, の帽, の幼児, の廣告, の建物, の建築, の必要品, の忠節, の快感, の性情, の性格, の怪物, の想, の想像, の意久地, の愛, の慾望, の懷疑論者, の戰, の技巧, の支度, の支流, の支那人, の放逸, の故事, の教育, の数節, の文句, の文章, の方法, の普通, の景物, の景色, の書棚, の書目, の書籍, の有様, の朝市, の木, の札薩克, の材料, の条件, の歌以外私, の歓喜仏, の正論, の民, の民族, の水, の池, の洞窟, の湖東, の湖水, の潜行艇, の点, の特種書目, の犠牲, の犠牲そのもの, の現代人等, の現象, の理性, の瓶, の男女, の男性, の異, の疑ひ, の疑問, の症状, の発達, の登攀者, の發明, の石器, の神道, の稚い, の竪穴, の笛, の答辯, の箇條, の紙, の素材, の細き, の美術書, の老少不同, の者みな色, の者われ, の聴手, の自然現象, の船, の芽生え, の苦惱, の苦難, の英雄豪傑, の茶わん, の葢, の薬, の衣裳, の角噐, の言辞, の評, の詩, の話し, の語, の論者, の諸事, の諸侯, の諸氏, の豪家, の豪猾, の賤劣, の農民, の述作中, の迷, の連中, の運動, の道具立て, の道士, の遮光器, の遺物, の遺跡, の部屋, の部族, の部落, の都邑, の錯綜, の隆まり, の隱, の雑草, の雜沓中, の革命, の革命運動, の領域, の願望嗜欲, の類同, の類皆, の風俗畫, の風流客, の食物, の餽物親御, の馬, の騒音, の高い, の魔毒, の黒曜石, の點, はおなじく, はもと, は一, は主, は主として, は人屍, は人間以外, は他, は他日蹈査, は代, は何ぢ, は何れ, は僕, は元来人物, は全く, は八艘飛, は円く, は写実, は副詞, は助, は十分予, は単に, は単純, は即ち, は原書, は多く, は夜中, は大切, は大抵, は孰, は実に, は寔, は實, は専攻, は当時, は後, は従来, は悉く, は惡政, は最も, は根本資料, は極めて, は權力關係, は正, は此上, は此類, は殆ど, は海濱, は特例, は特性, は特殊的部分的研究, は独り読者, は玩弄品, は當時, は皆唐, は皆必要缺ぐ可, は皆現今用, は皆粗末, は皆總, は石器, は精神, は絶て知ざりし, は総て律文, は総て渡邊織江, は肉, は自然主義, は西洋流, は証拠, は謂わ, は谷本博士, は賣らぬ, は金銭, は錐, は鑛毒, は院長, は頭巾, は食うべからず, は養蠶, は餘程人情, は餘程宗内, もその, も一歩, も一種, も何ぞ, も変つて, も家族制度, も當時, も間接, も面白から, も鶴, をも信じなけれ, を今茲, を作り, を切り抜け, を取り上げ, を括り, を捕獲, を救助, を總稱, を補足, を見る, を観察, を計れ, を調査, ノ中, ノ使命的勞働, ノ信仰ガ信仰ナルガ, ノ地方ニ住スル, ノ地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事, ノ理由ハ社會主義ガ其, ノ石器, ノ資本ヨリ利益, ヲノミ視ルモ一利ニ對シテ千百害アルコト阿片輸入, 亦皆智, 及び其後, 取調べて, 大思想家, 悉く人柱, 悉皆同, 諸動物, 諸古説

▼ 是から~ (518, 3.9%)

6 先の, 先は, 追, 酒を 4 何うし, 何処へ 3 二人で, 何う, 先き, 急に, 直ぐに, 私が, 考えて, 行って

2 [16件] して, だん, 丈助が, 先が, 先に, 先何う, 先何の, 宅へ, 家へ, 将来の, 将来生計が, 支度を, 敵討に, 案内に, 自分の, 衣服を

1 [430件] あなた方が, あの正直律義, いつても, おくの, お出でに, お前さんと共に, お化粧, お吸物, お届け, お忘れでない, お茶を, お話が, お調べ, お酒, お野掛け, お飯, くる恍惚, この問題, さきの, さき何, ずいと突当る, そこ, だわ, です, ですか, どうするらしい, どうなります, どの位廻転, なお大いに, なだれに, ねえ盆, のちの, まいって, また百年, まだ二里, まだ見つかる, まアほんとに, もう月末, もっと考え, やるの, らしいと, ガラリ障子, クロツスリイ・ド・リラの, ズーツと, ダラ, ダンスを, トライチケを, ニルヤの, ネ其様時には, マア私は, メチャクチャに, 一々お前, 一つ打診器で, 一人で, 一旦栄町, 一晩でも, 一生懸命に, 一緒に, 一里や, 万年町の, 丈助の, 三人で, 三八は, 三十分の, 三千代の, 三崎へ, 三里ばかり, 上がらうと, 上って, 上は, 上へ, 上れ履物, 上州沼田へ, 下は, 下ノ関に, 下男が, 下話, 世に, 世帯を, 両人共身支度を, 中へ, 九里ばかり, 二人ともに, 二人は, 二十丁も, 二階の, 互に變ら, 互に酒, 五六町先の, 五十日經たなけれ, 亭主が, 人に, 人の, 人民が, 仕立てること, 仙太郎が, 以後我輩に, 伊之助さんを, 伊之助と, 何うかし, 何うしよう, 何うなります, 何の, 何れも, 何処かへ, 何處へ, 何邊へ, 余は, 作右衞門にも, 使用時期に, 供を, 信州路へ, 信濃国の, 僅な, 先お前が, 先ず其の, 先まだ, 先何うなる, 先何したら, 先何度でも, 先僕が, 先僕は, 先又, 先君と, 先彼等に, 入用な, 八ツの, 八丁は, 八方へ, 其のお, 其の届け, 其の穴, 其の頃, 其不思議な, 其方が, 出て, 出ましたが, 出船宿へ, 刀を, 別れよう, 到頭棒, 前ださうだ, 加減が, 勇助が, 勘定を, 北牧まで, 千代紙で, 午飯の, 原町の, 又何ぞかく積り, 又例, 又夜, 又寒く, 又尾州名古屋, 又春, 友だちにな, 受けて, 只今角に, 合乗りで, 合図を, 吉原へ, 同役と, 名主へ, 向へ, 君が, 君は, 吹きつける風, 唯あの, 嘉八親子にも, 四谷の, 四里八町は, 國史を, 夕方迄, 多勢寄っ, 夜通しに, 夜食を, 大分親しく, 大工を, 大抵の, 大皿へ, 大藏は, 奥へ, 奧木佐十郎が, 女房が, 始まつたので, 娘を, 婆さんが, 學者を, 実験を, 家の, 家まで, 家主と, 富五郎が, 富五郎を, 富士が, 寝まうと, 寝衣, 封印を, 将来だ, 将来とても無論, 将来に, 将来を, 将来奈何したら, 将来奈何しよう, 将来奈何なるだらう, 將來何程に, 尋ねて, 導かれて, 小三郎が, 少々山, 屋根船を, 山道へ, 川を, 川崎の, 市四郎が, 帰って, 帰て, 帰り給へ, 帰るったって, 帰るには, 幡随院へ, 幸三郎由兵衞も, 幻術使いに, 幾多の, 広徳寺前の, 庄三郎は, 庭へ, 廿四年の, 引用し, 強請に, 当分は, 彼の, 後に, 後は, 御出掛なさる, 御殿場へは, 忌に, 思ふと, 急いで, 恩返しを, 息子が, 悪い事, 悪事露見という, 悪人穿鑿に, 手を, 折田へ, 持ちますから, 指して, 捜し出すの, 掛合に, 探すので, 推して, 推上らう, 推測する, 教えられた通り左, 数日の, 文七と, 文章でも, 新規に, 新高野, 日々此の, 早桶の, 昔物語に, 時刻だ, 暫しが, 更に詮策, 書き誌, 書こうという, 有合物, 朝御膳に, 本郷山を, 東京で, 東京に, 東京へでも, 枕元へ, 柳橋と, 梶棒の, 棄てて, 楊枝を, 極楽水を, 楽を, 楽酒を, 槍で, 権田時介の, 橋本幸三郎が, 機んで, 檀家へ, 次の間へ, 此方は, 此調を, 歳暮に, 残らずの, 段々と, 段々ひろ, 段々取調べました, 段々尋ね, 段々旅支度, 段々殖そう, 毎日かく, 水を, 水街道の, 水道端の, 永久に, 永禪和尚の, 江戸への, 江戸市中を, 江戸迄, 汽車に, 活きて, 流れて, 流れ出て, 流行って, 浦賀へ, 清左衞門を, 渡って, 湯に, 湯にでも, 演繹し, 漬物屋を, 灯を, 無極, 無闇に, 焼場へ, 物置へ, 猫は, 瓢箪に, 生れやう, 生れるかも, 生れるの, 生活の, 田中藤田の, 田町の, 田舎気質の, 畑の, 番頭を, 番頭新造へ, 百姓五六十人が, 百姓文吉に, 皆, 益々深く, 盥へ, 直にお, 直に探り, 直に敵, 直に麹屋, 相合傘で, 相当欧羅巴, 研究せられ, 福井町へ, 秀子を, 私の, 穴川の, 立つてえの, 竹刀を, 紅梅が, 納所部屋にて, 綿紡み, 縁側づたいにまいるのだ間違え, 繋がって, 罪を, 美代吉の, 義弟の, 羽目板にも, 考えられるの, 胸に, 興に, 舟を, 船に, 船を, 菊が, 萩原束が, 落合へ, 葬式が, 蓋が, 虎の, 血を, 行くと, 行ったって, 行つて湯島天神に, 行灯を, 衣を, 衣類や, 裁判所へ, 襖を, 見たり, 見ろ何, 観音さまの, 言おうと, 訴えに, 訴えようと, 詳しく説き明かす, 諸君とともに, 諸方へ, 貴女を, 貴方は, 資料を, 起こった, 越ヶ谷の, 路地を, 辛抱する, 近しく来る, 進化した, 道も, 道楽を, 遣て, 遣る, 遺言状をと, 醫學の, 重役の, 金を, 釣堀へ, 錢の, 長家の, 関宿へ, 關善という, 關善を, 阿波へ, 陰徳を, 雪の, 雪解け水が, 面白え, 鞘を, 願に, 飯山へ, 餘所へ, 香を, 高等學校へ, 麹屋へ, 麻裏草履を, 龜藏は

▼ 是~ (442, 3.4%)

10 非も 4 今は

2 [22件] かねて, なく非, 一つの, 一人の, 一種の, 亦, 亦た, 亦他, 代助, 何ぞの, 其夜の, 前に, 又梓, 奇石の, 少しの, 巻七に, 昔は, 時取, 時平が毒舌に, 時平が讒に, 苛, 頼んで

1 [384件] ある意味, いまださびしく, おそらくはまた, おれが, お持ちなさい, お虎, こしらえる手つき, この一句, これ, し息子さん御前, すべて水で, そういう意味, その名, その近傍, た, とがめにか, どうやらもう新田場, どうやら花, どうやら鼠, ぽかんと眠むさう, またかつて, またカウ, またシラ, また一種, また主婦, また唐吹壺, また天助, また我邦, また漂着以外, また由緒, また稲ニホ, また袋, まだ一部, まだ始末, まだ醒, まづい, まア武家奉公, みな水に, もとより斯くあれかし, もの, やっぱり因縁, やつとの, やはり柔かく, やや無造作, ようござんした, カナシが, シトギの, ジロ・ヰロリ等の, トテモ道ハ取, ハガマすなわち, ハッキリとは, バラモンが, ヒステリイと, ピタゴラスが, ホウトウを, ヤマメタフシもしくは, 一々御, 一緒に, 一船先に, 一通りは, 三大隊斗かとも, 上の, 不平を, 世の, 中, 主人の, 主從, 久米島に, 久米島の, 九号迄, 九州の, 九月秋収後の, 乱暴の, 事の, 二三種は, 五人扶持下し置れしか, 亦た止む, 亦一可憐, 亦不当, 亦主として, 亦二巻, 亦写実派, 亦北海道, 亦學風, 亦常識, 亦往々, 亦怪む, 亦技, 亦文淵堂, 亦早く, 亦次年元日, 亦氣, 亦洋方医, 亦浜野氏, 亦片手, 亦猶, 亦理想派, 亦祝賀, 亦空, 亦談理, 亦近眼, 亦違, 亦饗庭篁村さん, 人に, 人の, 今いる, 今から, 今に, 今云った, 今度の, 今日は, 今更後悔, 今茲, 仏説で, 仕方が, 他の, 他山の石, 他生の縁なるべし, 以前は, 伊波氏は, 伝説に, 何か, 何かの, 何でも, 何とかしなけれ, 何や, 何んとでも, 何事ぞ, 余には, 余り人が, 余徳と, 信仰の, 修行なれ, 俵藤太の, 僅かずつ, 元来は, 全く十七八, 全く御, 全く流行円本, 八五郎が, 其夜は, 其夜白妙を, 其家の, 其後に, 其指つきを, 其方が, 其頃の, 其類です, 出入りは, 分限の, 判って, 別に製す, 前の, 前世の, 劉逢祿の, 勅定だ, 北九州の, 医学士だ, 却て, 又四十, 又思ふべし, 又死, 友人の, 取って, 受込む, 古びたる切, 只暫, 同く, 同じく脊, 同じやう, 同じ扮装, 同じ親切, 同年正月五日の, 同斷, 同義だ, 名奉行, 君に, 咎めること, 喜んで, 四人の, 土篇に, 地底の, 境遇からで, 変な, 外出の, 外國から, 多分その, 多分は, 夢の, 大岡越前守殿に, 大江戸の, 大體内則, 天明寛政の, 天然の, 奥州の, 奧を, 如何なる祟, 妾め故, 子どもらの, 子供や, 字書也, 孝行と, 孝行の, 安之助と, 定まる約束ずく, 宝暦年間, 尋ねると, 尋ねる者, 川原の, 工風し, 己がの, 己の, 巾着切の, 幽霊塔同様に, 引続き看病疲れ, 弘法大師の, 当て字を, 当人に, 彼が, 彼方で, 後で分った, 後には, 後世の, 得心致しまし, 得意の, 御前であっ, 御役宅, 御用にて, 必竟は, 必要の, 怪しさ, 怪しむには, 怪だ, 怪美人の, 恰もヴイクトル・ユーゴー, 悦んで, 意味は, 我が身の, 我子に, 我慢の, 我輩の, 或る, 所在を, 所謂過去の, 手短かに, 手順は, 承知で, 拠ない, 改良であった, 敢て, 敵なりや, 敵同士の, 断らした, 新聞屋に, 日本の, 日本全国どこの, 早押迫つて數, 明らかに, 明朝明六時の, 是に, 時々小首, 暫くなら, 最初には, 月あり, 有理至極の, 本来は, 村限りの, 東西の, 栃木縣の, 梵語に, 殆ど大, 母への, 毛頭御ま, 民謡の, 気に, 江の島へ, 決して新しい, 活字にな, 流行妓を, 淺草田原町なる, 渡世だ, 漢字の, 漸く十二歳, 災難だ, 烏賊の, 無実の, 独逸の, 猶湿った, 現代語の, 現在は, 現在まだ, 現實, 理性に, 甚だ心もとない, 用法不詳なれ, 男は, 発見であり, 皆うそ, 皆な, 皆人に, 皆天, 皆私の, 皆罰だ, 皆罰で, 皆罰では, 皆自然に, 皆若い, 直接行動とも, 相応に, 相渡すべき, 眠り居り, 矢張り元, 矢張り私は, 矢張嘉川樣の, 矢張小西屋が, 知れずに, 石川, 砂糖や, 硫黄の, 確かだ, 祖母から, 神代を, 私たちの, 程なく亡くなつた, 程なく冥土, 稽古じ, 突出し, 窓の, 篤實者, 簡便な, 簡単な, 精確には, 綺麗な, 綿入, 縁で, 縁の, 續き, 義理と, 聴かない, 肥前の, 背かれぬ, 胡麻の, 腰の物を, 腰掛にか, 自分には, 自然の, 至って卑近, 至て, 芭蕉一派の, 芳ばしいこと, 落合まで, 薬剤の, 袖が, 西の, 親の, 言うて, 言葉の, 言葉巧みに, 許して, 話の, 誰が, 誰れ, 谷本博士の, 豪傑疑, 貰つた, 貴方は, 輪田夏子と, 辞退し, 追, 通し不, 酒を, 鎖で, 鑛毒と, 長くやつ, 長崎へ, 長年生存競争の, 随分おかしな, 隱居所へ, 電気作用で, 靜なれ, 面白い世の中, 餘り, 駅夫に, 髮と

▼ 是~ (356, 2.7%)

30 如くに 23 如きの 12 如きは, 如し 8 如くである 7 如き人 6 如き事, 時に 5 如きもの 4 如くならざるを, 如くなるに 3 如きこと, 如き場合, 如く是, 如しである, 如しと

2 [13件] 如きに, 如きのみ, 如き感情, 如き道理, 如くなるべしと, 如くなるを以て, 如くなれば, 如く看, 如く解釋する, 家を, 甘いお客, 種の, 間の

1 [198件] ごとき者, と世話, 一戒に, 世に, 中より, 事に, 事は, 人員が, 人生の, 作を, 兩者に, 凶事の, 前座であった, 取始末, 國だけ, 地盤の, 場合粉鑛採聚器を, 天職を, 如きあるを, 如きか, 如きが, 如きなり, 如きのみと, 如きもの十余次, 如きもの我恋愛, 如きもの我牢獄, 如きを, 如き事實, 如き二, 如き人類, 如き公私, 如き兵備施爲, 如き冷酷, 如き処, 如き分福, 如き同, 如き善士, 如き境遇際會, 如き天神川横川等, 如き安, 如き待遇, 如き微細, 如き心, 如き忠三郎氏郷, 如き思想, 如き意思, 如き意氣感情, 如き才, 如き挨拶, 如き有益, 如き本能, 如き業, 如き模倣, 如き氣象, 如き深, 如き深刻, 如き激烈勇猛, 如き煩瑣, 如き研究法, 如き稀有, 如き竿, 如き精神勞作, 如き苦行, 如き處置, 如き行爲, 如き観, 如き言, 如き語, 如き説, 如き調子, 如き變化, 如き賢人, 如き辯證法, 如き迷, 如き遺産, 如き點, 如くし, 如くする, 如くであれ, 如くな, 如くならざるべからずと, 如くならず直に, 如くなりしかば, 如くなる, 如くなるのみ, 如くなるは, 如くなるべからず, 如くなるべきが, 如くなるべき也, 如くなるを, 如くなる一時期一時代, 如くなる可, 如く下を, 如く不, 如く久しき, 如く二境に, 如く兩者, 如く其, 如く其の物, 如く内外相應ずる之を, 如く厳しい, 如く叙し来った, 如く塵芥, 如く墨子, 如く外美術品の, 如く女子, 如く幸福利益, 如く意志, 如く愛欲隨眠壞, 如く慈悲, 如く手際能, 如く栄, 如く活動し, 如く物を, 如く生々活動, 如く生活し, 如く発願し, 如く真実心, 如く知れ, 如く福, 如く老, 如く考へる, 如く衰, 如く観じ, 如く観ずるとき, 如く観ずる時, 如く觀, 如く觀來, 如く証拠書類, 如く詩人, 如く詮議し, 如く説いたらば, 如く説き來ら, 如く諸の, 如く身體諸機關, 如く適切, 如く魔女, 如しでは, 如し人類も, 如し御, 如し風声鶴唳人相驚かん, 如の, 娘の, 定まつ, 家に, 平和と, 平淡の, 幸福を, 後に, 御研究, 意見抱ける, 意識に, 憂患に, 所から, 故に夫佞者, 故に明君, 故に智識, 故に空, 日緇侶の, 星夜の, 時, 時からの, 時ほとけ, 時初めて, 時年二十三性濶達に, 書物も, 末如何の, 本心を, 歌は, 法を, 流轉の, 滿足を, 無上の, 理に, 疑問の, 白き猪, 皮を, 神風の, 福音を, 篇に, 篇は, 篇を, 経典を, 義理にて, 至善の, 花の, 菩薩は, 見地に, 語も, 説は, 貴重なる, 費用が, 道だけは, 遺産より, 間に, 食ふ, 點について, 點は

▼ 是より~ (328, 2.5%)

9 先き 8 して 5 先に 4 後は 3 以上の, 長崎へ

2 [13件] さき四人の, ほかには, 二里半, 以上は, 以外に, 以外の, 先, 先は, 前の, 外に, 左り, 我は, 皆

1 [270件] お家の, なら井, ぷッつり悪事を, わが感得, わたくしは, グロモフの, ニライを, 一同励み勤め昨日に, 一同調んとて, 一年余も, 一歩を, 一里許り, 三人連にて, 三十五年の, 三十銭の, 三味線をも, 三日大坂ニ下り四日に, 上に, 上下私欲を, 下りなれ, 下れません, 不思議な, 丑寅の, 中納言樣には, 久八の, 二週間も, 互に稼ぎける, 五十丁つめ, 些少も, 人の, 仇討は, 他に, 以上立ち入, 以上通じない, 以下には, 以前ならざる, 以後の, 以後慶長元年に, 伊奈殿には, 伊賀亮等の, 何程ある, 余の, 作左が, 來る, 備前なり, 先いまだ, 先には, 先へ, 先まだ, 先キ此度御船の, 先トロイア王プリアモスの, 先七月に, 先七月七日の, 先七月中に, 先三十三年一月五日に, 先三日に, 先八月十七日に, 先八月十日の, 先其遊蹤を, 先出羽国司言ふ, 先吉蔵は, 先嘉永紀元戊申に, 先大阪の, 先天明六年十一月二十一日に, 先天武天皇は, 先寛永十四年に, 先将軍家茂は, 先幕府の, 先平吉は, 先建文中道士あり, 先文化十一年十歳に, 先既に, 先明治二十七年に, 先春水は, 先春色梅暦という, 先是月五日の, 先是月六日に, 先榛軒は, 先欽明天皇の, 先正親町天皇の, 先氏族制度の, 先淺草芝崎町の, 先甲子の, 先種田は, 先米価次第に, 先紙ニ包し, 先茶山は, 先長男棠助が, 入つて, 兩人の, 兩人打連れ立ち, 兩家別して, 其報恩に, 其方法を, 其許を, 凡そ二十分間ほど, 出づるなるべし, 出席致し, 刄物ならざる, 利兵衞は, 前に, 前一年長子元協年, 前学習院長に, 前學習院長に, 前此城富十二歳, 前雪枝は, 創まつた, 北大枝越え, 千住へ, 半四郎は, 半四郎長兵衞長八仲人佐兵衞, 半時間と, 印藤翁と, 危岩錯立登攀困難を, 参列の, 又久兵衞, 又吾宿所, 又山, 又御, 又心, 又歸つて谷中村, 又長崎, 取り出し又, 口移しに, 吉三郎も, 名古屋へ, 器具の, 四里二十町, 塔の, 増, 外には, 外の, 夜の, 大なる, 大岡殿組下の, 大惡, 奥は, 如何なる事, 子孫蜂須賀氏を, 孝助は, 完からん, 家内の, 家内も, 宿へ, 専書漸く, 專ら其本人を, 少々か, 少々痛み, 少々行, 少し前, 少し遠い, 山の, 峯脈を, 差控仕つる, 平澤村へ, 幽霊塔の, 幾倍か, 度々此, 座敷に, 建文の, 引張って, 引返されよと, 彌次六は, 彼の, 後お, 後に, 後当, 後藤の, 後藤は, 後藤喜三郎秀國と, 御供仕らん, 御傍, 御城代堀田相模守殿, 御懷姙, 御暇, 御用濟なりと, 御礼可申上候, 心安くなり, 我が庵, 所々方々と, 折々は, 文人竹洞を, 文右衞門は, 旅の, 日々墓へ, 暫時直, 最後の, 本家相續, 東方日の, 東海道を, 案内致すべし, 桝屋方に, 権田の, 正しく其兩者, 正教は, 此矮小人種は, 此細工を, 歸館を, 民政の, 江戸へ, 江戸表へ, 江戸見物致さん, 深い事, 漸次に, 熊の, 猫は, 猶も五分間, 猶我が, 甚しきは, 田舎町, 甲斐国巨摩郡, 當分の, 痛くっては, 百姓に, 目科が, 直に公儀, 直に又, 直に御, 直に某, 直に汝, 直に滴る, 直に降下, 直に鳥居峠, 直樣三五郎, 直樣廿五兩, 直樣油屋, 直樣紀州表和歌山, 砂鉄採取法木炭製法より, 破談ニ相成, 磨製石斧の, 種々饗應に, 粉河駅え, 精神病院に, 糊口的文学の, 紙屑は, 縮まるなり, 芝八山へ, 花車が, 英國の, 蝋石面に, 表へ, 見世の, 象牙, 車を, 近日長崎へ, 近日長崎ニ参り, 追, 進まんと, 進んで, 道を, 道程は, 道連と, 遙に, 酒宴を, 重大なる, 野尻宿へ, 鑛毒の, 長兵衞長八は, 間投的語原の, 雁とり峠と, 雨の, 雨降出し, 雲切仁左衞門と, 須田町までは, 須田町一丁目へ, 風は, 風呂を, 風流の, 飮食の, 駿河国庵原郡

▼ 是~ (205, 1.6%)

7 云ふ 6 云も 5 し非 4 するところ, よく似た 3 するもの, やや似た, 非との

2 [16件] しいずれ, し一, するところこれ, するの, する外, する者, せんと, 云って, 前後し, 同じよう, 同じ事, 同様の, 常の, 申して, 目に, 近い語

1 [138件] いえば, いって, いひ非, いふ用が, お穿き, された民衆, される一部, し, しその, したところ, した南印度, しどれ, し不, し人, し天子, し是, し神, し給はず, し自分, すべから, すべきか, すべきだ, すべき伝統的習俗, する, するか, するが, すること, するに, するは, するも, するやう, する儒家, する生活そのもの, すれば, せざるに, せず, せずして, せず意見相協はず, せば, ちょうど裏表, なく心, なすもの, なす者半分, なり昨年, ほぼ併行, よく似, よほど近かっ, アマミヤ・シネリヤとの, グリフォネの, ハクサン様とは, 不釣合に, 並んで, 云う格別, 云う癖, 云つて大した, 云つて目立つ, 云つて私行上に, 云ふ目立つた, 云興も, 云證據なき, 云證據も, 今日の, 伴の, 似て, 信じて, 信じ他, 全く反対, 全然同じ, 出自を, 前から, 前に, 半分まで, 半分似た, 反対に, 同じく声聞, 同じく日本人, 同じで, 同じであった, 同じである, 同じもの, 同じ事情, 同じ事態, 同じ例, 同じ名, 同じ思想, 同じ物語, 同じ答, 同じ話, 同一ならん, 同一の, 同巧, 同時に一魔教, 同樣, 同種の, 同系の, 呼吸器病との, 大分近い, 完全に, 定めたる者, 寛永年間の, 対比し, 対立し, 弥勒の, 彼との, 御主人, 思出が, 我々通常人との, 我邦の, 新懸り, 日を, 是だ, 書物の, 朝夕二度の, 極東の, 比べると, 牴触する, 現在なお, 申す程, 申も, 異なるわが, 異なる伝え, 相反し, 相同じ, 等しき物武藏西ヶ原貝塚, 結びつけて, 肌膚の, 能似たる, 行動を, 見分し, 言のも, 認めて, 近いもの, 関係なし, 関係の, 雁行し, 非とは, 類似した, 餅との

▼ 是~ (174, 1.3%)

10 見ると 5 あらう 3 以て, 安心した 2 いいん, お暇, 切れた, 好い事, 最う何, 最う秀子, 終ります

1 [139件] あらうか, あれを, お分り, お前が, お前旦那も, お殿様, お浦, お酒, がすよく, ござります, ちゃんと縁附, ちゃんと自分, ひつくりか, まずわかる, まず当分, まず本式, もう全快, もって, よく判る, わかる, サンヤレは, 一つ神秘の, 一つ豪遊でも, 一ぱい遣やせう, 一人前の, 一杯飲ん, 一段落だ, 一萬一千百圓の, 万事宜, 三回目だ, 中, 二人とも, 二年三分の二の, 今まで, 何處へ, 働けないの, 充分だ, 先ずお, 先刻医学士が, 先立つたア此様, 八枚で, 其當時の, 出たくとも, 出来るだけの, 分った絵姿, 分ります, 判るの, 勘定を, 十九の, 半日乗り続けたら, 博奕は, 厄介を, 又道, 君は, 国へ, 國が, 変つた, 多分は, 多忙しい, 天気は, 天津教の, 夫人と, 失敬します, 失敬する, 好, 好い, 好いと, 始めてこの, 嫁の, 安心だ, 宜いと喜んだ, 宜と, 宿へ, 寝る今, 帰つて学課を, 帰りましても, 幾分祖先, 幾許ばかり, 御免を, 御勘弁, 御座ります, 御関所, 恰好で, 想像し得るであらう, 慾張っ, 我慢を, 手討に, 承知しろ, 押通せると, 明らかである, 最う充分, 最う病気, 未だ証拠, 来月迄, 梅泉が, 森探偵の, 欧羅巴の, 止めて, 此の, 此方に, 気が, 沢山です, 済んだが, 満足です, 片が, 瓢箪や, 瓶に, 留めやう, 盃を, 益々アノ松谷秀子, 社会的に, 私が, 私の, 私は, 終つたのであります, 終わった後, 終了する, 終止符を, 結婚の, 絶えるの, 織った粗布, 自分の, 苦情は, 蘭軒は, 見れば, 解ったろう, 誰が, 谷中村の, 負て, 貴女と, 買って, 追, 遣りゃア, 酒瓶から, 関東にも, 食えよとな, 飯を, 馬券を, 鼻が

▼ 是~ (103, 0.8%)

2 四五種ある, 私は

1 [99件] お前と, さんざ新造, しても, だつて, である, なしたる惡事, はたらき候へば, 一千万円の, 三日の, 中の, 丹精した, 久しい間, 之通, 也, 二人の, 人口問題には, 人間の, 何事に, 使つたモデルの, 來り, 來りし, 傳吉の, 兩人に, 別懇に, 剃らなかったの, 參り, 吟味に, 商賣, 喧嘩口論など, 噺さぬ, 場数を, 変化した, 外宅仕罷, 多くの, 多く粂之進方, 夥多の, 如何に, 寢返り, 少しも, 屡々拷問, 山田玄瑞仕, 年來磨上たる, 幾個かの, 度々女房ニモ, 度々尋ね, 度々戦ひ, 度々結構, 強情に, 彌が, 彼等の, 御丹精, 御心配, 心中に, 恐ろしい怖いという, 恩を, 悪行を, 惡逆を, 我が方, 折角駈付し, 招き申, 推參候と, 此段右衞門が, 死んだ例, 殆ど百に, 段々, 段々吟味, 深く考, 淺から, 滞在仕り, 瀬川に, 爲したる, 父樣の, 白状致した, 盡せし, 種々と, 種々非道, 種を, 積み上げた事業, 穏便沙汰に, 穢多, 立って, 竪長い, 精心を, 素人僧に, 老中松平右近將監殿へ, 聞キマセヌ真偽ヲ, 育て, 育てし娘, 自然といふ, 被下置候禄高, 讀んで, 迚も, 通り出入を, 遂に夜, 遣はれし金, 醫學に, 長々厚き, 間違も, 雲源を

▼ 是故に~ (94, 0.7%)

2 世は, 伯は, 何をも, 我は

1 [86件] いかなる善事, いかなる災, いかなる願ひも汝, か, かの十字架, かれは, この妙, この弓, この最大, この處, これらの, これを, その意志備, その見る, みな己が, わがいへる, わが筆跳, わが答, わが醉耳, わたくしは, われらの, われ先見を, われ冠と, われ死者の, われ罪を, われ肉體を, ジヨヴェナーレが, ピッカルダの, 一人は, 上の, 上品の, 二の, 人たる, 人間の, 他人の, 供物の, 吾, 営中の, 四十三年五月下旬長野縣下に, 国会を, 大正とは, 天使は, 天使達も, 天堂を, 安石, 審美論を, 己が, 希伯來人は, 彼に, 彼は, 彼榮え, 彼等と, 彼等支那人の, 思へ天, 恩惠に, 恩惠を, 恩惠恩惠に, 意志の, 我れ, 我淑女我に, 昔あり, 晝の, 最初の, 棋に, 汝さとるを, 汝の, 汝は, 汝も, 汝らに, 汝等の, 父よ, 爾曹, 疑ひは, 相は, 眞を, 神に, 神は, 第一, 美術的の, 至上の, 舊暦の, 苟有義気者愉快と, 萬物の, 誓ひ, 諸天使, 雨も

▼ 是~ (93, 0.7%)

2 で思, の方, の旦那様, へ, を向いた, を振返

1 [81件] からも知らせ, から其, から御, から言, がキマリ, が小さい, が徐々, が急げ, が橋本さん, が気楽, が遠慮, でいらつ, ですか, では後姿, でも子供衆, でも朝晩, で何とも, で止める, で泊っ, とお, と歩い, と歩いた, と紅い, と蕾, と見, と馳ずり, にある, に居, に心, に紅葉, に落葉松, に道理, のこと, のもの, の不注意, の不覚, の二人, の壁, の弱, の暑, の木, の様子, の窓, の胸, の英語, の話, の連中, は, は召, は寂しい, は草鞋一足, へお, へやつ, へよろ, へ上っ, へ上る, へ参りましたら, へ参りませんでしたらう, へ参る, へ四粒, へ帰っ, へ廻る, へ引越し, へ押, へ散じた, へ来, へ私, へ行き, へ飛びし, を振向い, を振向いた, を振返る, を眺め, を眺めた, を眺める, を見, を見た, を見送, を透し, を避けよう, を避ける

▼ 是まで~ (91, 0.7%)

2 人の, 苦労を

1 [87件] かつて考えなかった, じゃア, そんなに私, だ知れても, なりとて, なり残念, まいる間, 一度も, 一様に, 丹誠し, 主税之, 二通りの, 云いて, 些とも, 亭主と, 人に, 伺いませんでしたが, 何里共なき, 余り道楽を, 俳句なんか, 出家を, 分ッ, 勤め向, 勧誘も, 化けて, 十五日間の, 十分仕遂せたる, 厚く世話, 参いった, 參りし, 口外した, 嘉川樣の, 多くの, 夜盜追剥人殺し等の, 大分諸処方々無心に, 夫婦に, 女に, 如何樣の, 安心致し居, 少くも, 尽した事, 居たの, 巧みし惡事, 平常逢度, 度々参っ, 御尋ね, 御看病, 御苦労を, 心掛けて, 恙なく, 掛つて心配し, 数度人を, 暗殺者と, 書く中, 来りしが, 段々嚴敷拷問, 段々手前, 殿様の, 母親には, 決して僕, 注意した, 煎じ詰めた手柄, 犯した悪事, 申立たる, 疎遠に, 目上に, 真実に, 知れずに, 私が, 私の, 稀覯の, 種々辛苦せし, 考へたこと, 聞いて, 聞き, 聞き最早, 見破ぶるとは, 親分には, 親切を, 親父の, 誑されてたん, 諸神人界, 貴方の, 遊女の, 道楽ウぶっ, 隨分人民の, 非常に

▼ 是には~ (90, 0.7%)

11 何か 4 種々深い 3 深い訳 2 父も

1 [70件] すでに久しく, たしかに見馴れない, ただ迎え, なお隠れたる, また二, まだ些少, まだ行きません, やはり古風, テコヒという, 一つの, 一寸呆れた, 一種の, 一種政治上の, 主として水土, 事情が, 二つの, 交通の, 今一つ中古以来の, 仔細が, 仔細の, 何と書い, 何れも, 信仰上の, 勿論種々, 又當惑, 唱歌の, 夫れ, 如何に, 始めから, 実に恐れ入りました, 帆を, 帰化文人の, 年とった, 幸いに, 後に, 必ずあの, 必ずしも本元, 日本人だけしか, 昔の, 是非とも, 服従せざる, 権田も, 殆ど當惑し, 痛く驚いた, 目科の, 確な, 秀子も, 種々なる, 種々義理, 種々訳が, 種々訳の, 種々訳も, 種々話も, 稲実公は, 等級なく, 自分は, 芭蕉の, 表を, 訳が, 話の, 誠に柳田, 過ぎじとぞ, 過ぎないそれ, 過じとぞ, 長き御, 隠れた理由, 鞠の, 音声学者の, 驚かない者, 鼠との

▼ 是~ (78, 0.6%)

3 の御者 2 といっしょ, に聞い, の家, は何

1 [67件] から貰った, から馬鹿, がいた, がこんな, がさぞ, がしきりに, がその, がますます, が云う, が何, が余, が勧めた, が友熊, が嚆矢, が希知, が教え, が杖, が笑い, が聞き, が馬車, だの余, であった, という男, との約束, と云い馴れた, と十何年振り, と友達, と呼び棄て, と呼ぶ, にこの, に云わなかった, に出立, に叱られた, に向っ, に君ここ, に東京, に無心, に逢っ, のため, のオヤジさん, の事, の会話, の書斎, の行方, の話, の連れ, の馬車, はその, はそれでも, はにやにや, はもとより, はやあ, はやむをえず, はよろしい, は固, は是非共万遍, は書斎, は橋本, は正直, もそう, も友熊, も大連, も高粱酒, を代表, を倹約, 同夫人連名, 同理事田中清次郎

▼ 是を以て~ (76, 0.6%)

5 なり

2 [11件] われは, 他の, 伯には, 公は, 其父母其人を, 唯だ, 彼は, 政治上の, 氏の, 衆理想の, 議院の

1 [49件] お支度, コデと, シエクスピイヤが, 一方にては, 一日に, 一種の, 両伯, 之を, 九助の, 九天邪を, 人間の, 修業の, 儉を, 兩伯は, 其文明の, 兼愛す, 同を, 君言ふとき, 吾等之を, 命を, 嚆矢と, 國を, 埃及から, 奉行所の, 如実に, 峭壁至る, 己れ, 帰朝以来明子夫妻の, 平素の, 広く蒼生, 彼の, 後の, 思想發達すれ, 悪神の, 或は君父, 支那の, 早々馬喰町, 父の, 百二都城の, 箭を, 若し漁人, 見ましても, 見るに, 詩界の, 賢を, 道徳の, 雲霧を, 面白いと, 鬼を

▼ 是~ (58, 0.4%)

2 宜なり, 当然の

1 [54件] わたくしの, 上世の, 乍序申上候, 人の, 其証なり, 却つて汝等を, 同村の, 吾社会百般, 囘教を, 國家を, 大内義隆の, 奇と, 奉願上候, 官軍大, 少からぬ, 差出すべしとて, 平安也, 引廻しの, 当時の, 形を, 心得違なり, 忽諸に, 戦争の, 所謂御, 斥くべし, 明治風俗史の, 時勢をも, 時勢推移の, 母の, 永の, 法律の, 淺猿しき事にこそ, 潟に, 父母の, 生涯と, 生涯云々の, 疑ひ無き能, 目籠に, 相違に, 矢張大, 第一種, 義隆創立なりし, 耐へ, 自分の, 記者に, 誠に有り難い, 車中百花園行を, 違ふ, 重畳難有仕合奉, 青や, 非常に, 面上可, 餓狗の, 餘り

▼ 是なる~ (55, 0.4%)

2 いずれか, 筆に

1 [51件] お光, お浦, かそれ, がごとくなれ, に由, はその, は某, は番人喜助, やと懷中, を知らず, を知らない, 三個を, 久兵衞に, 事は, 五八に, 伊兵衞を, 侍で, 兼と, 利兵衞は, 剣は, 勘八に, 可し, 天忠淨覺院住職の, 女の, 妻の, 妻節恐れ多く, 娘が, 娘に, 家來參り合せ, 少年が, 広い愛, 憑司等と, 松に, 林藏へ, 根西夫人と, 浪人下河原清左衞門は, 浪人清左衞門は, 浪人者を, 清左衞門の, 清左衞門は, 源次郎の, 煙波江上人を, 筆が, 節と, 節は, 者は, 若者は, 藤八身延山參詣の, 衆理想は, 遊女紅梅は, 長庵

▼ 是~ (55, 0.4%)

3 呼出すべしと 2 出して, 呼んで, 通せと

1 [46件] お呼, どうぞ, 上り大に, 何卒お呼び, 何卒是, 來さへ, 便て, 先御, 出え, 出すべしと, 出ろ, 判を, 包んで, 参って, 参られ候え結, 呼と, 呼べしとの, 呼出すべしとの, 呼出せと, 呼寄せとて, 填て, 差出せり仍, 布施を, 幸三郎が, 往て, 御上りあれ, 御座れと, 御引移有, 持って, 持て, 控有べし, 文藏夫婦に, 新吉お, 是へ, 来い, 来て, 爲成候に, 私より, 血判を, 行て, 追込, 金才覚に, 釘を, 閉籠置たりけり, 駈込んで, 鶴亀の

▼ 是だけ~ (53, 0.4%)

3 では 2 損を, 聞きて

1 [46件] ある, お持ち, お祖父さんが, だ, である, でいい, です是, で早, ア確に, 下されば, 云いて, 云えば, 云って, 云ひたいばかり, 何うかしたら直り, 勾配有たせよ, 器械を, 変った外形, 変化した, 多くの, 大きな流行, 年久しい, 広汎な, 弘い区域に, 待つて, 待て出て, 御誡め, 悉皆お前, 悪い事, 戴いても, 打ち明けるさ, 断って, 有るから, 有名に, 残余は, 流行し, 発明した, 発明する, 聞いて, 聞き, 聞けば, 苦しめたら本望, 複雑なる, 言て, 語りて, 集め得て

▼ 是にて~ (50, 0.4%)

2 楫を, 竹助, 義理渙然

1 [44件] お互, お別れ申さん, お梅, 一件落着し, 一安堵と, 事足ぬには, 何もかも相, 候と, 候やと, 先ず目科, 分明なり, 判事は, 厭ひた, 可なり間, 妹お, 安心せりと, 差向の, 平澤村の, 府下の, 御席相濟伊豆守殿, 悪人平, 愈々謀計成就せり, 擱筆可仕, 擱筆奉, 暫く御, 概略極りしなり, 江戸へ, 澤の, 災の, 無實, 疑団氷解せり殺せし, 疑念有べからず, 相濟上, 罪は, 聞ば, 能, 落着致し, 藥など, 藥を, 藻西太郎を, 見れば, 討入の, 酒と, 飢ゑ凍

▼ 是~ (48, 0.4%)

2 嬉しい事, 新平民, 深く人, 神経に, 言辭を

1 [38件] 偶然な, 充実し, 切なき譯, 名誉な, 大きかつ, 大な, 安全な, 寫生趣味を, 御坐り, 心の, 心持ちの, 心配に, 思って, 怪奇の, 悲しい情愛, 惚れたから, 惚れて, 慥な, 憎むべき罪惡, 憐れな, 手広く人, 持ち応, 明白の, 有難い事, 有難迷惑の, 残酷な, 氣落の, 深く若い生命, 深刻な, 目を, 私が, 精工業に, 蒐めた, 言辞を, 貞淑な, 適切な, 難有, 頼んでも

▼ 是だけの~ (47, 0.4%)

3 事を 2 事である, 事なら, 事に

1 [38件] お道具, ことは, 不思議な, 事が, 事すら, 事だけを, 事で, 公益を, 利益が, 利益に, 勇気が, 変化と, 宝が, 屋台骨が, 形跡が, 所から, 手掛りが, 手際を, 推理を, 材料からでも, 構えを, 活きた史料, 珍らしい, 現金を, 畏敬の, 罰を, 者に, 藝に, 証拠が, 証言を, 説明を, 諸君が, 身代に, 違いは, 遺書を, 金子を, 長は, 面倒な

▼ 是れで~ (46, 0.3%)

1 [46件] あつた, お別れ致します, お別れ致す, お姫様じゃあ, お瀧, お訣別, は, はしようが, はドウモ, は北海道中種籾一粒, は寄付きよう, は差向き国, は文字, も大抵, も子爵, も差支, も推定, も時, も未だ, も鶯, よかろう, 一時的にも, 三年配達を, 三度目の, 二人の, 地想觀なら, 大抵は, 失敬する, 安心した, 安心である, 宜しいが, 宜しいこの, 家移りを, 寒く無い, 差措くであらう, 御分り, 悪いと, 政府も, 沢山だ, 満洲, 漸く松島さん, 生返, 終結を, 良かろう, 證據立てる, 賄の

▼ 是~ (40, 0.3%)

1 [40件] 一品親王なり, 一特色を, 上の, 不審なり, 五兵衞は, 亡卒遺, 人數若干を, 以前の, 何人も, 僞りならん, 僞りなるべし, 其儘に, 前段同様古, 壱つ, 大いに必要, 天より, 天下の, 天台と, 實父母へ, 御檢使, 御親子, 心懸, 忝御事共に, 忠兵衞より, 所々の, 手形なく, 手鍔腰繩に, 探索ありし, 教へ, 早速相, 有名の, 村役人へ, 甚有るまじき, 町所を, 福地崎ナルベシ, 種々な, 致承知候, 見逃し出來ない, 諸方より, 長庵

▼ 是迄の~ (40, 0.3%)

3 事を 2 始末を

1 [35件] ことを, 九人の, 事と, 仕來, 勘定は, 勞に, 厚き御高, 問題を, 宿賃を, 御真実, 心勞一方, 思ひ出話, 悪事の, 惡事を, 惡事相違御座なく, 惡事追, 所に, 所何を, 木の, 海上の, 無念も, 無禮, 知因に, 約束事コリヤお節是が, 縁と, 舊惡は, 艱難を, 處では, 處を, 貧しい生活, 身の上では, 身代に, 辛苦も, 通り村中少し, 道も

▼ 是ほど~ (39, 0.3%)

2 結構な

1 [37件] ある, ある和女, いッ, なさけなき者, ならば, なれば, やかましく論ぜられ, よく適合, わかりやすく, 外国物を, 多くの, 大きな割引, 完全なる, 家々の, 忌わしき職務, 思や, 手際よく, 数多い全国, 数多い日本, 断定的な, 旦那様が, 旨く行, 明白な, 根強い種族, 澤山酒も, 烈しかった, 異った, 痛切に, 確かな, 確な, 確乎たる, 立派な, 立派なる, 美しい夢, 自由に, 蜘蛛を, 趣きの

▼ 是~ (37, 0.3%)

2 天の

1 [35件] これ噂に, われらの, 千太郎と, 即ち形式, 吉良家の, 多からぬ, 大坂, 天地の, 天罰にて, 天罰の, 好らん, 實に, 屈竟の, 山内伊賀亮なり次は, 島秀之助と, 幸ひなり, 忍術の, 明治思想史第, 本条純, 正しく藻西, 此夜の, 此家の, 此身の, 汝の, 源, 源是ぞ, 火花後延び, 福地桜痴居士が, 紛ひなき, 親子が, 誠に天, 誠に鷄卵, 赤川大, 運の, 黒仮面船でございます

▼ 是なり~ (35, 0.3%)

6 皆非

1 [29件] この瞬間, と曰わしめ, 云々, 五百師子は, 今其使用, 傳へ, 出没自在の, 前に, 即ち古, 即ち牛, 即ち駱駝, 句, 善なりと, 富貴是なり, 我は, 我唇は, 是ぞ, 是等の, 栄達是なり, 権勢是なり, 此鐵扇を, 汝非, 沼, 然るに其有徳院殿, 第一, 而し, 葢し, 衆理想皆非, 野干

▼ 是からは~ (34, 0.3%)

1 [34件] お剣術, ちと寒う, 一文だって, 乾物ばかりを, 何処へも, 修繕に, 俺と, 其の手, 其御内の, 因果と, 子安という, 安心だ, 屹度辛抱する, 岩沼子爵の, 御主人, 御家老邸, 心を, 改心し, 早く寝, 汝が, 為ないか, 真面目に, 私一人でございます, 積極的に, 笑わせた方, 簡単に, 自由です, 芝居なれ, 花も, 裏, 迚も, 遊んで, 道を, 遠くも

▼ 是だけは~ (31, 0.2%)

2 文句なし

1 [29件] それを, ちと当て, どうしてこの, まず論争批判, まだ明らか, 主人が, 余に, 余も, 先ず安心, 全く一家限り, 古いもの, 只今漸, 嘘らしくない, 天火明命といふ, 実の, 少し明解, 少なくとも予定, 恐らくそれぞれ, 我ながら, 或は別, 昔から, 最早言い争う, 無理な附け, 確かと, 祝宴の, 自然の, 自白し, 見て取ります, 貴方から

▼ 是においてか~ (31, 0.2%)

2

1 [29件] そのか, わが心, わが願, エサウは, 人類は, 同行者中少し, 天上より, 己と共に, 彼これを, 彼ためらはずかつ目に, 彼一の, 情愛は, 我は, 我を, 我彼に, 我直に, 或る, 新聞記者は, 未だ我, 汝は, 汝等の, 淑女わが, 目を, 第九天, 老いて, 聖書は, 芭蕉は, 視力増しこれに, 類において

▼ 是~ (30, 0.2%)

5 の事

1 [25件] だ, です, では御, に揚つて, に調つて, の事實, の人数, の勇気, の必要, の日本品, の植物, の苦痛, の錢, の関係, は幾らか, は御免, は本当, は薄く, は誰, を中篇, を出版, 取れましたと, 呉れるなら一層, 或種, 揚ったって

▼ 是~ (28, 0.2%)

4 非なり 2 前世の

1 [22件] 一切経にも, 不以臆次刪定一字, 仙洞より, 伯父九郎兵衞が, 何事を, 児童の, 國土の, 大陰暦, 天下の, 女子の, 姦吏の, 思慮分別を, 我神國の, 村井長庵が, 樣の, 蝦夷詞なり, 金剛寺坂の, 長官ノ, 関係ヲ, 露顯の, 非といふ, 非の

▼ 是でも~ (27, 0.2%)

2 チヤンと

1 [25件] お前は, お客が, た, 住めると, 元は, 可い, 嫁に, 学士かと, 持って, 日本犬様だ, 未だ何, 未だ分りません, 本道楽, 汝等は, 生れた時, 生捕つ, 発明であり, 真面目な, 真面目に, 私は, 立派な, 考へたら可, 蘇生の, 言は, 非でも

▼ 是~ (27, 0.2%)

1 [27件] 云ハズンバ地獄ニ落チテ閻魔, 以テ人ノ, 以テ凡ソ國家ノ, 以テ墨子衢ニ泣ケリ之ニ教ルニ道ヲ, 以テ孟母三遷の, 再ビ敗ラン, 利根川, 受ケヨ, 善トス, 困苦セシメズ, 官ニ没取ス, 将, 序ト為ス, 我ガ四国衆ノ, 打破スル者, 敬イ愛スルモ, 是認スル如キアラバ日本國家ハ只, 東京上野公園トナス, 死地ニ置イテ而シテ後生ク, 江戸時代ニ就イテ顧レバ水茶屋, 決定シテ施設スベシ, 狭斜, 甲州ヘ, 界トスルナリ, 耕作神ト呼ビテ社前, 被テ雨, 諸民

▼ 是~ (25, 0.2%)

11 非か 2 非かの

1 [12件] いずれが, らちよく, 否かの, 彼れ, 感ぜしむる者非, 是か, 海の, 非かと, 非かなど, 非かに, 非かも, 非などは

▼ 是~ (25, 0.2%)

4 是だ

1 [21件] からである, から人間, から同類, から困る, から汽車, から衣類, から議論, この模型, つて言つたら, つて言ひます, つて言ふ, と嚇し始めました, と思つて, と言, なと其の, 先ず考え, 是が, 是さえ, 猟犬が, 穴を, 鐘鳴りとは

▼ 是~ (25, 0.2%)

1 [25件] からも, でも荒井様, で引受け, で待つ, で沢山, で返し, にも交換, にも頭, に使役, に居, に潰えん, に立つ, の光景, の岩, の時間表, は上田, は貴方, へ来, へ来さっせ, まで来る, まで漕, を通, を通る, 迄来, 迄来る

▼ 是~ (25, 0.2%)

6 翁の 3 翁が

1 [16件] が蜆, が鈴木南嶺, というよう, との事, の描いた, の画, の逸事, はその, はそれ, は二十四年, は息, は気, を挙げ, を木屋町, 歿, 翁から

▼ 是程の~ (24, 0.2%)

1 [24件] 事に, 人殺しが, 傷が, 働きを, 動揺を, 喜びをば, 大變, 彫なし, 挨拶を, 敬慕の, 晴業を, 暮しなら, 法滅有るべし, 火事だって, 知識を, 見識を, 身代に, 辨ま, 餘裕にすら, 騒ぎじゃ, 騒ぎで, 騷ぎを, 骨折は, 麗わしき

▼ 是では~ (23, 0.2%)

1 [23件] どうやら洒落, ないか, もはや相手方, 仮令病気, 何う, 何の, 十一度打った, 却って鰕, 商賣, 喰い足らん, 困るの, 國家と, 女や, 旨くは, 氣遣ひ, 混雜千萬で, 渡世が, 疑われるに, 穴川を, 行かぬと, 誰にでも, 遙かに, 頼もしくない

▼ 是までの~ (23, 0.2%)

2 普通の

1 [21件] ように, 不都合御, 事だ, 事と, 事柄を, 命だ, 変化を, 如くにては, 如くは, 如く當所, 弊衣を, 御縁, 手数を, 東京の, 立て前の, 經過に, 繁栄を, 罪も, 習慣に, 言葉の, 証人等は

▼ 是なく~ (22, 0.2%)

2 候と

1 [20件] して, しては, 且亡父の, 何卒御, 併し, 候へども, 候へば, 候右は, 候間今日中猶, 全く萬澤狐, 其方は, 咽を, 妻に, 委細は, 帶脚絆迄, 彼是不審に, 御禮, 新藤市之, 早晩天道某し, 毎日

▼ 是なら~ (22, 0.2%)

1 [22件] ばかく, ばと所々, ばまた, ばわが国, ば充分, ば向, ば呼吸, ば大丈夫, ば好し, ば己, ば成る, ば投げられる, ば振り向く, ば新しい, ば秀子, む, むかし, んか, んそれよ, んと, 悪人の, 裏の

▼ 是れなり~ (22, 0.2%)

4 彼れ 2 完全なる, 我輩豈, 換言せ, 星氏の, 而し, 蓋し伯 1 と, と指す, 外形上の, 然るに憲政党, 然るに憲政黨, 然れ

▼ 是からの~ (21, 0.2%)

1 [21件] 世界に, 人々は, 判断を, 南島研究者たちは, 問題である, 問題に, 四里八町は, 大きな問題, 学問は, 所置を, 日本に, 活きかた, 海辺の, 現地調査に, 研究事項である, 研究問題として, 社会対策には, 自分の, 誤解と, 長きこと限り, 集合生活の

▼ 是~ (21, 0.2%)

1 [21件] の名称, の抵抗力, の斎稲, の旧記類, の炉端, の理由, の語, の難問題, の鳥, はいずれ, はすべて永遠, はともに, はもとより, は反, は只今生, は後, は近い, は道, を地, を必ず, を第

▼ 是などは~ (19, 0.1%)

3 明らかに

1 [16件] こしらえ話, すでにただ, もう変化, 世界的な, 両者の, 初から, 単に一本, 問いの, 新潟の, 次が, 正面から, 竹センバの, 訳でも, 遥かなる, 隣の, 鼠は

▼ 是にも~ (19, 0.1%)

3 間違いが 2 腹は

1 [14件] まだ明らか, 亦た, 他の, 前に, 反歌に, 地方的に, 室香が, 島ごとの, 年々の, 月の, 浦島同様の, 突如たる, 窮つた, 絶対に

▼ 是~ (19, 0.1%)

3 彼が 2 侯の, 彼等の

1 [12件] に今, 一謙信一正則而已乎, 人類の, 却て, 政党内閣の, 政黨内閣の, 故なし, 明治の, 烈火の, 衣裳を, 譽の, 驚異すべき

▼ 是迄に~ (19, 0.1%)

1 [19件] こんな奇妙, したら外国, して, ない事, 九人の, 何か, 何遍, 卸ろし過ぎ, 只た, 御坐, 心を, 息をも, 成し遂げたとばかり, 掠取し金, 漕付け, 留め引き分, 見たもの, 辛苦し, 過半遣ひ

▼ 是ある~ (18, 0.1%)

2 がため

1 [16件] により右, に付所司代, に付當日, は恐らく, は月, やと尋ね, ゆゑ夫へ, 事なれ, 事には, 事ゆゑ早速, 所土岐丹後守殿進み出られ, 由にて, 者の, 趣き承, 間今夜の, 間只今自身番屋まで

▼ 是はと~ (18, 0.1%)

1 [18件] 云う証, 云を, 仰天なせ, 取ろうと, 吃驚し, 吃驚なし, 尻餠を, 役人共も, 思ひしが, 思ひし久八, 驚きて, 驚き問に, 驚き然, 驚き逃んと, 驚き長兵衞は, 驚く後, 驚く維盛, 驚ろく

▼ 是ほどの~ (17, 0.1%)

2 宝を

1 [15件] ものは, 事件が, 仁胸に, 働きは, 名作の, 宝が, 宝なら, 巧妙な, 御病気, 悪事を, 意外な, 時間が, 東西交通において, 美人が, 近ニ

▼ 是において~ (15, 0.1%)

1 [15件] かいと, かつて親しく, わたくしは, イデヤ的形成的として, 世には, 二世勝三郎の, 個物は, 我が正義党, 新たに, 考証家の, 蕪村は, 衛生上の, 議するもの, 貞徳時代の, 阿那律

▼ 是~ (15, 0.1%)

1 [15件] ヲ云フノ, ヲ可能ナラシムル幾多, ヲ民族自決主義ト名クルニ至リテハ人道主義, ヲ高倉宮ト号ス, 之ヲ強求スレバ必ズ得ルコトアルモ我, 亦善カラヌ癖ナリ, 亦思ハザル可カラズ, 古ヘノ, 同ジ, 大ニ易シトスル所ニ, 摂州, 極メテ重要, 深ク注意, 迄公私トモニ, 迄我ガ邦人

▼ 是~ (15, 0.1%)

2 はことに, は六月十二日, は記事, もこ 1 である, には柏軒, に蘭軒, の記, は, また大行寺, 再び往い

▼ 是なき~ (14, 0.1%)

1 [14件] との事, により, に於, ものなり, やと尋ねられし, やに, ゆゑ夫より, 事は, 旨相顯れ, 時は, 段仰せ聞られ, 段申立たり, 由なりと, 筈なり

▼ 是なりと~ (14, 0.1%)

1 [14件] いふや, した, し給, するとき, するに, するは, 云いたいくらい, 信じて, 信ずるよう, 信ずる心, 彼の, 認め得ば, 語りかは, 雖も

▼ 是ばかりは~ (14, 0.1%)

1 [14件] やめられないから, 一生目の, 主戦論者でも, 信じます秀子, 変らなかった, 忘れる暇, 急の, 或いは日本, 教え度, 爾で無い, 神にも, 私し, 解りませんよ, 馬鹿気て

▼ 是即ち~ (14, 0.1%)

1 [14件] 七王の, 大将軍家への, 存するなり, 幕府の, 彼山に, 汝なりや, 流罪の, 漢土の, 纂奪者也た, 自然の, 評價の, 道なり, 非器, 音樂と

▼ 是迄は~ (14, 0.1%)

1 [14件] おかしな訳, 不思議の, 世を, 何の, 參りしなれ, 嚇し付け, 將監を, 成るべく其の, 打過候, 拙僧, 涙一滴澪さぬ, 無理を, 苦勞辛苦を, 虚心平

▼ 是ぞと~ (13, 0.1%)

1 [13件] まとまった指導, 云ふ, 云ふ見定めたる, 云取, 云能思案も, 変つた事も, 思ふ手掛り, 申業も, 申程の, 申者も, 言つて功績の, 言つて新しい, 言つて特色の

▼ 是だけで~ (13, 0.1%)

1 [13件] 何等かの, 余が, 先ず留, 分って, 外に, 既に気, 止める, 沢山だ, 満足した, 終ったが, 考えて, 肝腎の, 話して

▼ 是とても~ (13, 0.1%)

1 [13件] その取合わせ, 亦一つ, 其身の, 决し, 又一つ, 右樣の, 堰き止めて, 差添の, 我々を, 時を, 生れて, 能く, 謂は

▼ 是~ (13, 0.1%)

1 [13件] がある, が谷中三河屋, である, でないと, と説く, なり, について彼, の俗称, の宗教, の狩谷矩之, は外道, は発心, を見ない

▼ 是とも~ (12, 0.1%)

8 非とも 1 いふべき位, いわず非, せず非, 否とも

▼ 是よりも~ (12, 0.1%)

1 [12件] はるかに, ふつま, もっと有り得べき, 一層有力, 一段と劇的, 上等と, 早いこと, 猶お, 猶怪しい, 猶確か, 甚し, 長き段

▼ 是として~ (11, 0.1%)

1 [11件] いずれを, これを, さらに調査, みても, もう一つ, 人の, 人非と, 其年から, 写実主義を, 彌, 真似んと

▼ 是なども~ (11, 0.1%)

1 [11件] おそらくは島, たしかにまた, またこの, また確か, やはりまた, 主として人間, 後の, 最初は, 種痘が, 穂積という, 貞享

▼ 是また~ (11, 0.1%)

1 [11件] その功徳, カラという, 他に, 勝手次第な, 同じく勾引, 宜なり, 巨材を, 御本尊十羅刹, 蘆戸の, 親の, 證據と

▼ 是までに~ (11, 0.1%)

2 なって 1 した唯, なったのに, やり上げたと, 思い込まれし子, 成長致しました, 斯んな, 相成って, 言争いでも, 話を

▼ 是よりは~ (11, 0.1%)

1 [11件] おふか, 主從三人, 佐竹樣大負と, 何卒國家, 何國を, 別して此長, 名を, 愼み, 猶鍼, 約束の, 金子の

▼ 是実に~ (11, 0.1%)

2 頼朝の 1 寿永二年十一月十五日法住寺の, 平氏が, 彼が, 彼に, 普通法衙の, 死して, 淮陰侯が, 襄の, 頼朝が

▼ 是程に~ (11, 0.1%)

1 [11件] なります, 不束な, 云っても, 厳しか, 慕つて居る, 深くも, 草臥て, 言ても, 訳を, 進化, 骨を

▼ 是こそ~ (10, 0.1%)

1 久しく会, 和歌の, 天然の, 奥仙丈山なれ, 女房という, 思索を, 白山の, 眞理である, 私し, 都の

▼ 是といふ~ (10, 0.1%)

3 のも 1 原因も, 影響も, 新らしい, 理由も, 相当の, 眼立つた, 程判然した

▼ 是~ (10, 0.1%)

2 のか 1 のである, のでございます, んお, んだ, ん兼て, ん別の, ん諏訪右門なり, ん霧降

▼ 是のみ~ (10, 0.1%)

1 しかして我, である, でも, ならず和吉お金, 大小方円思いの, 心懸り, 我等が, 所謂繰延は, 曰く彼を, 頼み入るという

▼ 是をも~ (10, 0.1%)

1 あの時代, ツケザシと, 一息に, 切殺す, 又遣ひ切, 大切に, 引外し, 直に呑, 金に, 飛箭貫ぬき

▼ 是~ (10, 0.1%)

1 に住持祐, に天, に将軍家, に岡山侯, に彦三郎, に御上, に淡路守殿勘兵衞, に神佛, へに大岡殿, へに御

▼ 是公氏~ (10, 0.1%)

2 でも 1 が何, であつ, とが仲, と共に私塾, などは中, の分, の別荘, もそれから

▼ 是阿弥~ (10, 0.1%)

2 と云った, の家 1 の事, の妻, の未亡人, の茶室, はその, は高木氏

▼ 是からも~ (9, 0.1%)

1 きつと, なお一層, なお些, 働らく積だ, 大いに気, 少しずつ, 未だ長い, 注意し, 皆で

▼ 是だけでも~ (9, 0.1%)

1 わかる, わかるの, ランカスター朝廷の, 一応は, 主人が, 他にも, 俳諧に, 壮観である, 大きな改良

▼ 是なし~ (9, 0.1%)

3 と云 2 若男子出生 1 と同じ, と段々, と金, 併し

▼ 是~ (9, 0.1%)

1 ア詰らぬ, ア誰か, 不可ない, 人情の, 兼て, 林藏今, 箸です, 考えて, 見し往時

▼ 是好日~ (9, 0.1%)

1 たらしめ得るわけ, といふ奴, として楽しませる, と云つた風, のこと, の世界, の態, の端的, の筈

▼ 是からが~ (8, 0.1%)

1 大事の, 本当の, 本文だ, 本芸, 自分の, 英雄競此碓氷嶺が, 追, 髑髏洞の

▼ 是という~ (8, 0.1%)

1 ものを, 事件も, 工場では, 手がかりが, 用が, 相当の, 芸は, 証拠が

▼ 是によって~ (8, 0.1%)

1 ほぼこの, 幾分か, 抑留せられよう, 推定し得られる, 新たに, 生育し, 盛りの, 良書を

▼ 是までも~ (8, 0.1%)

1 もう心, 兎角人, 後藤氏には, 折々築地, 棒も, 萬事後藤の, 諸所へ, 隨分他人さまの

▼ 是信さん~ (8, 0.1%)

1 とそういう, と石太郎, に教え, の屁, の屁弟子, はおし, は屁, は正午

▼ 是全く~ (8, 0.1%)

1 不正の, 予に, 伯父九郎兵衞が, 儀左衞門殿が, 六郎右衞門が, 其方が, 罪を, 金毘羅樣の

▼ 是~ (8, 0.1%)

2 のこと 1 だ, だネ, で柳, にお, は斯, を通過

▼ 是~ (8, 0.1%)

1 である, といつ, といふこと, と趙州和尚, なり, の問題, の道, 常済大師曰く

▼ 是あり~ (7, 0.1%)

1 と申立, 候ゆゑ扨は, 又底, 夫も, 懷中には, 曼陀羅と, 私し

▼ 是~ (7, 0.1%)

2 へあれ 1 へも使, へ合點行, へ喜び, へ茲, へ設

▼ 是だけが~ (7, 0.1%)

1 余の, 余への, 呼び出されますから, 宜いのう, 村繁栄の, 止まないから, 餘計の

▼ 是とは~ (7, 0.1%)

1 なほ離る, 別の, 感じが, 縁も, 自から別問題, 變れ, 遲れ

▼ 是までと~ (7, 0.1%)

1 いうので, 口を, 思い詰め姦夫姦婦, 思った私, 瀬兵衛敵中に, 覚悟しました, 諦らめ逐電致す

▼ 是~ (7, 0.1%)

1 に優遇, に日本化, に書かれ, に續人, のもの, の年頃, の物

▼ 是~ (7, 0.1%)

1 こそと直に, にいたる, に方つて, に當, に適, は片方, より漸く

▼ 是によ~ (6, 0.0%)

1 つても, つて国書生等は, つて御三家より, つて成立する, つて此兩家不, つて經過を

▼ 是ばかり~ (6, 0.0%)

1 だ, でないおれ, でなく当時朝鮮半島, では, でも, で無く

▼ 是れなら~ (6, 0.0%)

1 ばと信じなさる, ばと決断, ばと父母, ば手, ば江戸, 圓朝にでも

▼ 是~ (6, 0.0%)

2 散て 1 のお蔭, の耳目鼻口, も選挙, を護念

▼ 是~ (6, 0.0%)

3 が発明 1 が本書, の實, 最所愛

▼ 是~ (6, 0.0%)

1 亭主勘違い致さる, 役人樣先, 敬神の, 猶子たるに, 親子に, 覽候へと

▼ 是程までに~ (6, 0.0%)

1 お詫びを, 俺は, 其方を, 思って, 慕うのに, 美しいそ

▼ 是迄と~ (6, 0.0%)

1 云ふ, 大聲, 思い切って, 松蔵は, 覺悟を, 變らない

▼ 是~ (6, 0.0%)

2 の浅き 1 だからねえ, ですから, の中, の意也

▼ 是いずれ~ (5, 0.0%)

3 が非 2 を非

▼ 是こそは~ (5, 0.0%)

1 動かぬ証拠, 大事の, 彼の, 秀子が, 計画であり

▼ 是さえ~ (5, 0.0%)

1 あるに, あれば, なくば, なければ, 無くば

▼ 是しき~ (5, 0.0%)

4 の事 1 の蚯蚓膨

▼ 是じゃ~ (5, 0.0%)

1 お内儀はん, ア分る, ア喰べ, ア宜, ア屹度女子が

▼ 是~ (5, 0.0%)

1 や, や仕, や場, や誰, や駄目

▼ 是にても~ (5, 0.0%)

1 客を, 尚陳ずる, 無には, 猶云分, 疑ひは

▼ 是へと~ (5, 0.0%)

1 云はれる, 呼る, 急に, 申さる, 申されるにより

▼ 是ほどにも~ (5, 0.0%)

1 ひどい毎年, まず以前, 必要であった, 珍重せられた, 精確に

▼ 是までは~ (5, 0.0%)

1 ほとんと, チラと, 女を, 栄えなかったろう, 殺して

▼ 是りゃ~ (5, 0.0%)

1 ア不思議じゃ, ア宜, ア旦那は, ア本当で, ア水攻めに

▼ 是~ (5, 0.0%)

2 より四五十年以前 1 日新に, 非の, 非轉

▼ 是~ (5, 0.0%)

2 へ貰 1 に附く, の広く, へ引越し

▼ 是~ (5, 0.0%)

1 から山, となつ, ぬしと, ぬし先づ, の顔

▼ 是日棠軒~ (5, 0.0%)

1 の往訪, の歴訪, の訪問, は福山, は長谷寺

▼ 是暖国~ (5, 0.0%)

2 の人, の雪 1 の事也

▼ 是~ (5, 0.0%)

2 之忠孝 1 に出, 之幸魂奇魂也, 之幸魂奇魂術魂

▼ 是~ (5, 0.0%)

1 が彼, には銀之助, をしたら, を聞い, を聞いた

▼ 是くらい~ (4, 0.0%)

1 広々と, 張合いの, 当り前の, 聞かせて

▼ 是ぞという~ (4, 0.0%)

1 参考文献は, 矛盾は, 纏まった意見, 親戚は

▼ 是である~ (4, 0.0%)

2 かも知れない 1 かを正確, 唯物論は

▼ 是でこそ~ (4, 0.0%)

1 命おしけれ, 我々の, 東京だ, 深沈な

▼ 是です~ (4, 0.0%)

21 かえ, まァ默つて

▼ 是について~ (4, 0.0%)

1 さらに思い合わす, まず考えられる, 私の, 行けぬ人

▼ 是れ正さしく~ (4, 0.0%)

2 伊藤侯を, 自ら欺く

▼ 是~ (4, 0.0%)

1 に出来, はと下宿, も無い好い, 出来たら奈何

▼ 是~ (4, 0.0%)

1 がそこ, が座, だけは父, の三人

▼ 是~ (4, 0.0%)

21 も概ね, 始めて

▼ 是幸ひと~ (4, 0.0%)

1 て惣右衞門, 悦びつ, 手繰寄枕元, 早速承知

▼ 是~ (4, 0.0%)

1 に合せられたる, ラニ埋, 封恩信洽, 応頂礼

▼ 是時聲曰~ (4, 0.0%)

4

▼ 是~ (4, 0.0%)

2 他なし 1 候と, 全く誤

▼ 是~ (4, 0.0%)

1 と言, の至らざる, の體, を知らざる

▼ 是~ (4, 0.0%)

1 の性分, の癖, の鋭い, は

▼ 是真さん~ (4, 0.0%)

1 でござんすから, とは往来, のもの, の絵

▼ 是限り~ (4, 0.0%)

2 の御 1 と思っ, に時頼

▼ 是雪中~ (4, 0.0%)

2 第一の 1 の常, を越す

▼ 是その~ (3, 0.0%)

1 一理由たり, 本質と, 民の

▼ 是だけに~ (3, 0.0%)

2 して 1 する

▼ 是だけにて~ (3, 0.0%)

1 充分藻西, 察せらる, 曲者が

▼ 是との~ (3, 0.0%)

1 たまへる, 力が, 間には

▼ 是なるべし~ (3, 0.0%)

1 とあり, と思ひつ, 然ども

▼ 是にては~ (3, 0.0%)

1 主人を, 他に, 候はずや

▼ 是に対して~ (3, 0.0%)

1 別に異議, 暫らく茫然たり, 答弁する

▼ 是に対する~ (3, 0.0%)

1 テウツシヤは, 弁疏も, 援助であった

▼ 是のみに~ (3, 0.0%)

2 止らず予 1 して

▼ 是のみは~ (3, 0.0%)

1 今までも, 御憎悪, 絶えず眺め候

▼ 是ほどまでに~ (3, 0.0%)

1 徹底し, 思った, 疑ったが

▼ 是やを~ (3, 0.0%)

1 心配の, 綜合し, 考へると

▼ 是れする~ (3, 0.0%)

3 中に

▼ 是れなる~ (3, 0.0%)

1 にあらずや, 筆に, 遠山權六は

▼ 是れ解す~ (3, 0.0%)

3 可から

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 おいないと, 少し訳, 詰らん物

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 おらざりしよし, 御手下, 疑ナク著作物ト認メラレルカト思フ

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 復有東命, 解の, 解之

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 にこれ, に君, の最後

▼ 是~ (3, 0.0%)

2 に今日 1 が志也

▼ 是~ (3, 0.0%)

2 なし水 1 做不成

▼ 是以上~ (3, 0.0%)

1 には出来ない, 申し上げること, 這入れません済みませんが

▼ 是切り~ (3, 0.0%)

1 でございます, で心底, 見る事

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 か非, ならずんば, ならん

▼ 是~ (3, 0.0%)

2 の數 1 の惡

▼ 是天命~ (3, 0.0%)

1 なり今さら, なれば, 逃れざる所

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 其音, 年として, 年に

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 と五町斗, ひと越前守殿工夫, ひ傍ら

▼ 是~ (3, 0.0%)

2 の事 1 と力足

▼ 是彼等~ (3, 0.0%)

1 が長大, にとつて, の歌

▼ 是恐らくは~ (3, 0.0%)

2 閣下の 1 人臣の

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 一伝也, 其眞也, 誤

▼ 是時我~ (3, 0.0%)

1 に明らか, は日, より先

▼ 是有る~ (3, 0.0%)

1 上は, 由直樣召連來るべし, 趣き兩寺より

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 下に, 以歌作にてと, 太思想の

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 一の, 一怪しき, 二の

▼ 是等土偶~ (3, 0.0%)

1 の出所, の素面, は眼

▼ 是迄とは~ (3, 0.0%)

1 變り, 違つた經濟上の, 違ひ

▼ 是~ (3, 0.0%)

1 か, なの, にせん

▼ 是ありし~ (2, 0.0%)

1 により甚だ少し, や其邊

▼ 是あれ~ (2, 0.0%)

1 ば早速, 共嫡子并

▼ 是おそろしき~ (2, 0.0%)

2 風情なれ

▼ 是かへ~ (2, 0.0%)

1 つて一の, つて汝における

▼ 是ぎり~ (2, 0.0%)

1 で絶え, 逢わねえとして

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 の如し, 道徳と

▼ 是くらいの~ (2, 0.0%)

1 否是, 怪我で

▼ 是こそが~ (2, 0.0%)

1 大将である, 挙国一致内閣だ

▼ 是すな~ (2, 0.0%)

2 はち

▼ 是だけしか~ (2, 0.0%)

1 根が, 開かぬで有ろう此の前

▼ 是だけを~ (2, 0.0%)

1 叔父には, 特に新宅

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 ぱかりの病気に, ぱかりも云わねえ

▼ 是ならず~ (2, 0.0%)

1 とする, とは如此

▼ 是なりとは~ (2, 0.0%)

1 思わない世間, 逍遙子え

▼ 是なりに~ (2, 0.0%)

1 別れるの, 隠居を

▼ 是なれ~ (2, 0.0%)

1 ばかれ, ば宜

▼ 是においてや~ (2, 0.0%)

1 僭越の, 成就すべし

▼ 是につれて~ (2, 0.0%)

2 長く穂

▼ 是にゃ~ (2, 0.0%)

1 ア困った, ア訳が

▼ 是はけふ~ (2, 0.0%)

2 の非

▼ 是はとばかり~ (2, 0.0%)

1 眼を, 立止る

▼ 是はね~ (2, 0.0%)

1 昨日ある, 私の

▼ 是ほどまで~ (2, 0.0%)

1 気に, 複雑に

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 ア己が, ア赤う

▼ 是れだ~ (2, 0.0%)

1 から, から昔

▼ 是れである~ (2, 0.0%)

1 しかし當時, 其の教祖

▼ 是れよ~ (2, 0.0%)

1 そごとか, と申込み

▼ 是れより~ (2, 0.0%)

1 以上に, 以上醜行の

▼ 是れ乗ず~ (2, 0.0%)

2 可きの機

▼ 是れ任す~ (2, 0.0%)

2 可き

▼ 是れ取る~ (2, 0.0%)

2 に足らざる

▼ 是れ恐れ~ (2, 0.0%)

2 大小の

▼ 是れ有り~ (2, 0.0%)

2 唯だ

▼ 是れ由る~ (2, 0.0%)

2 に非ずし

▼ 是れ申しません~ (2, 0.0%)

2

▼ 是れ申す~ (2, 0.0%)

1 必要は, 筋合では

▼ 是れ疑~ (2, 0.0%)

2 もなき

▼ 是れ見よ~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 是をば~ (2, 0.0%)

1 特に斎屋, 胴卷に

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 ひめあすなろうナレバ別ニ面白キコトモナシトテ, 好シ山堂無月

▼ 是レハ~ (2, 0.0%)

1 全ク中村先生ガ学術ニ忠実ニ情誼ニ, 随分出来

▼ 是レ書~ (2, 0.0%)

1 ヲ以テ家屋ト為ズシテ書, ヲ以テ我

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 と月, にし

▼ 是一片~ (2, 0.0%)

1 の石, の落葉秋風

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 に在り

▼ 是丹波道主王~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 是主人俗中~ (2, 0.0%)

2 に雅

▼ 是乎可信~ (2, 0.0%)

2 依土人称

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 非囂々

▼ 是亀比売~ (2, 0.0%)

2 之夫也

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 は一番, を話し

▼ 是京師浪花~ (2, 0.0%)

2 に食卓料理

▼ 是他国~ (2, 0.0%)

2 には聞ざる越後

▼ 是以人~ (2, 0.0%)

2 に師たる

▼ 是以今~ (2, 0.0%)

2 にいたり

▼ 是以凡文道~ (2, 0.0%)

2 に関者此

▼ 是以君~ (2, 0.0%)

2 を廃

▼ 是以外~ (2, 0.0%)

1 に, の物

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 か, の眞理

▼ 是信房~ (2, 0.0%)

1 であ, や無

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 の創見, をし

▼ 是刪定~ (2, 0.0%)

2 の意

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 法に, 洲

▼ 是前世~ (2, 0.0%)

1 の因縁果報, の約束

▼ 是去る~ (2, 0.0%)

1 二日御所焼失せる, 五月合戦の

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 是吾家~ (2, 0.0%)

2 好子孫

▼ 是善卿~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 に居ら, の大

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 英南海辺十五年前旧遊地再来重見亦, 英州

▼ 是天罰~ (2, 0.0%)

1 なり依, の然

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 が臆断

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 左衞門其方が, 左衞門能分別を

▼ 是平氏~ (2, 0.0%)

1 が其運命, の財力

▼ 是年宮脇いく~ (2, 0.0%)

1 を養, 生る

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 はトルストイ, は妻クララ

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 とお, に難から

▼ 是必ず~ (2, 0.0%)

1 もの, 他人に

▼ 是我里俗~ (2, 0.0%)

2 の習

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 を忘れたら

▼ 是文政四五年~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 出獄者の, 荷葉

▼ 是既に~ (2, 0.0%)

1 容易ならぬ, 明かに一哲學説を

▼ 是日午後~ (2, 0.0%)

1 に至り, より酒

▼ 是日官軍~ (2, 0.0%)

1 が五稜廓, が伊庭

▼ 是日武揚等~ (2, 0.0%)

1 は松前藩兵, は遂に

▼ 是書肆~ (2, 0.0%)

2 之通義

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 の事, の末

▼ 是月棠軒~ (2, 0.0%)

1 は外史, は書

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 ば申立, やと尋

▼ 是有候~ (2, 0.0%)

1 は, 故濱奉行

▼ 是朝廷~ (2, 0.0%)

2 を尊

▼ 是本文~ (2, 0.0%)

2 にいへる

▼ 是果して~ (2, 0.0%)

1 人か, 善く予

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 がなほ, の謡

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 不空三藏自西域還, 最も甚

▼ 是水路日本道五百里~ (2, 0.0%)

2 ばかりなり

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 と安, はたちまち

▼ 是無く~ (2, 0.0%)

1 勿論先月中一兩度, 赤松家の

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 にあらずん

▼ 是生滅法~ (2, 0.0%)

1 と響くなり, の鐘

▼ 是畜生~ (2, 0.0%)

1 の最後, の業因

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 の一つ, ひも無く

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 に畫, に疑ふべき

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 を惜

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 が一部分, の家

▼ 是程まで~ (2, 0.0%)

1 思詰めた, 惚れたに

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 の色, 無而已

▼ 是等多数~ (2, 0.0%)

1 の低級, の婦人

▼ 是等娼婦~ (2, 0.0%)

1 の公開, の増加

▼ 是等無双~ (2, 0.0%)

2 の大力

▼ 是等知識階級~ (2, 0.0%)

2 の人達

▼ 是等種々~ (2, 0.0%)

1 に異, の土器

▼ 是等遺物~ (2, 0.0%)

1 の存在, ノ比較研究ハ石器時代人民生活

▼ 是絶頂~ (2, 0.0%)

2 は周一里

▼ 是繁花~ (2, 0.0%)

2 をしらざる

▼ 是義経~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 苔変成者然, 衆

▼ 是老人~ (2, 0.0%)

2 が本編

▼ 是耶非耶~ (2, 0.0%)

1 と言, の歌

▼ 是見よ~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 是見られよ~ (2, 0.0%)

1 と云ひつ, 此通り金子も

▼ 是誠に~ (2, 0.0%)

1 命の, 天道の

▼ 是~ (2, 0.0%)

1 が女子, が子女

▼ 是軍事~ (2, 0.0%)

2 を以て自己

▼ 是辺鄙~ (2, 0.0%)

2 に生れ

▼ 是迄にて~ (2, 0.0%)

1 入牢と, 平左衞門

▼ 是迄も~ (2, 0.0%)

1 他の, 普通の

▼ 是~ (2, 0.0%)

2 の三字

▼1* [832件]

あらんや, 是あり切て當金, 是あるべき所其節心付かざる, 是いさめのよき, 是失なし, 是やかたと, 是おきなの, 是お節願うても, 是お節其方は此九助, 是お節明日中には御, 是お里遠州, 是かと思ふと, 是からでも尋ねて, 是からといふ處にて, 是きり現われて, 是ぎりぢやによつて左様心得て, 是くらゐ社会, 是くらいは原始文化であろう, 是こそと思いお前居留地三号, 是さながら予の, 是さ吉六殿お前迄が馬鹿, 是さ願山汝如何程申ても申口, 是しかしながら, 是すでに契約した, 是すら容易に, 是すらも夙に変化, 是ただごとと思わぬ, 是ただ一つの材料, 是ただ一筋の伝承, 是だけからでも推究する, 是だけじゃが祖五郎如何にも, 是だけとはいう者, 是だけにても内所向の, 是だけまで自由であった, 是だけも敷けば, 是だに未だ確定, 是であったか非, 是であり今でも, 是でさえ最う充分, 是でと思ひながら, 是でなければ, 是ではと差し出すの, 是といった者も, 是といつて悪くなつた, 是といふも小栗美作が, 是としても國體觀念の, 是とて万一当, 是とてもさう繁, 是とても更に知らずとの, 是とても未だ聢と, 是とでは両方に, 是とともになお若干, 是どうだ, 是ない幼王を, 是なかりせば吾人, 是なきよし又死人, 是なむ南柯の, 是ならざるものの多き, 是なりかれはソルダン, 是なりとして渠に, 是なりとも定め難い, 是なん赤川大膳なり, 是なんめり, 是なん目科其人にし, 是にこそ刀自の, 是についての不審は, 是については亦の, 是により諏訪町の, 是に対し熱心に, 是に関することで, 是のみを怪しむにも, 是はかば桜か, 是はてうど一條禪閤兼良の, 是はな予の, 是はわざおぎであり芸能である, 是ばかりが殘念に, 是ばかりのことを, 是ばかりを目標と, 是ひとつと道, 是へとて右の, 是へは猥り, 是へもと云って, 是ほどに迄この小さい, 是ほど迄に勸める, 是までさのみ悪い事, 是までじゃ私も, 是までなりと許すに, 是までにも櫛簪などは, 是までをさうし, 是みな過ぎしこと, 是ゃはやそれを云おう, 是ゃア不便な事, 是ゃア御免なさいましよ, 是ゃア鯖さ, 是やで気を, 是やにひかされて, 是やの礼を, 是やらいずれが, 是ゆげである, 是よりかへり乾退助ニ引合置キ, 是よりぞ知る旅, 是よりの戦争は, 是らしいが普通, 是ら私たちのゆめ, 是りや何したら宜, 是りや梅子飛んだ勉強, 是りや羽山さん出来ました, 是れあらんやである, 是れあり殺害に, 是れありしは昨, 是れあるかな子, 是れいまだ至らざる, 是れいふ小池では, 是れかくの如し, 是れでげすもの下等の, 是れですからお, 是れでなくては砂漠, 是れで死にました処が, 是れで遣りゃアがった, 是れとて無上, 是れなのであらう, 是れなからん乎復興は, 是れなれば許容, 是れなん其仁獣類にまで, 是れによつて見, 是れ力めてゐる, 是れ務めた揚句が, 是れ実ならば必天災, 是れ得んと欲, 是れ手間取り発兌は, 是れ有らば入牢, 是れ盗魁, 是れ知らずして自, 是れ知る限なき, 是れ知れるなり, 是れ言寄らんとする, 是れ謀り以て, 是れ谷まり一歩も, 是れ賣藥の, 是れ足らぬ態なり, 是ざはひにあらずして, 是わが導者の, 是をねお土産, 是をや云ふら, 是な事, 是ア己が形見, 是ア惣次郎が居る, 是カラアイヌノ子孫ガ多クナレバ土地ガ不足ニナル, 是カラオレガ相手ダサア小吉出ロトイッテソノ身御紋服, 是カラハオレガ威勢ヲ見, 是ガ總括, 是コロボックルの名, 是サ何ぼ妾, 是サ此子は怖い, 是サ段右衞門今此彌十に顏, 是サ組頭默言て御座つて, 是サ馬士殿下ず共, 是ダンテの疑ひなり, 是非一緒, 是ッ切お前の処, 是ッ切り猥らしい事, 是非花ちやん, 是牧野様ガ御好, 是デモカレコレイウカト云ウカラオレガ云ウニハソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 是トナリテ現ハレ, 是ト揆ヲ一ニセサルモノ果シテ幾何カアル, 是ト馴染ンデ党中トナリ, 是ナリ四五月黄花開ク民俗飯ニ加ヘ蒸食, 是近シ, 是ニ對シテ人類ハ公共的動物ナリト云フ共産主義者ノ人生觀ガ半面ヨリ, 是ニ於テヤ始メテ善惡ノ別, 是ニ於テヤ始メテ賢愚ノ分, 是ニ於テ英國ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, 是ニ於テ項王乃チ悲歌慷慨シ自ラ詩, 是ニ次グ伍ヲ全, 是ニ次グ卒ヲ全, 是ニ次グ旅ヲ全, 是ニ次グ軍ヲ全, 是ニ由テ之ヲ観レバ忙ハ人生, 是ニ繼デ思慮, 是ニ附隨セル名稱ハ未ダ其跡, 是観ヲ学ブベシ, 是ノミナラズ人種ノ開化, 是ハたしかに天狗, 是ハア困ったな, 是ハマダルカッタガソノ代り山中ハハイハイトイイオッタ故親分ノヨウダッケ, 是ハミルカルありて, 是ハ伏見寺田屋おとセと申者, 是ハ何之心配, 是ハ余等ノ学友ガ卒業記念ノタメニ, 是ハ偽筆ニ違イナイカラワシガアヤマッタト云ウカラサヨウナラ大兄ヘ手紙, 是ハ先生のおぼしめし, 是ハ千両バクチ故ニ, 是ハ去年頃よりも御, 是ハ国内軍事に懸る, 是ハ土佐で生, 是ハ妻ニも一ツ, 是ハ学文ある女尤人物也, 是ハ家老にて海軍惣大将, 是ハ我ガをこたる, 是ハ戦になれぬ, 是ハ當今コソ西洋醫學開ケタレバ齒牙ニ列スルニ足ラズト雖ドモカノ山脇東洋吉益周輔ナドノ古醫方ト稱スル者ハ, 是ハ英太郎が父, 是ハ西郷の咄, 是ハ近日又参り, 是ハ重役の事, 是ハ長崎ニおいて, 是ハ長州の政事, 是ハ長州家及び国家, 是ヘンなもの, 是モヤハリ身上ノタメニツキ合イニ参リマスト云ウト猶々怒, 是モ貴船ニ多シ宿根ヨリ生ズ一名ワレモカウ, 是ヨリ先キ廿九日両氏ヲ問, 是ヨリ北ヘ信濃国ト越中国トノ界ハ山, 是ヨリ旭川町役場ニ行キ奥田町長ニ会ツテ話スルト云フ故入山同道ニテ町役場ニ参リ奥田ニ会ヒ, 是レガ侵略主義軍國主義ナラバ日本ハ全世界無産階級, 是レガ為メニ恐ロシキ呵責, 是レトイウモ無学ニシテ手跡モ漸ク二十余ニナッテ, 是レナリ菜ニ供スル者ヲ菜瓜ト為ス, 是レハ長谷部信連ノ一族, 是レ一ヲ以テ二ニ応ズル事也, 是レ亡友漱石ヲ追, 是レ今時ニ在テ, 是レ余輩ノ弁論, 是レ侵略主義ニ非ズ, 是レ信ジテ之ヲ心ニ考ヘザレバ則点一ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ, 是レ其理隠テ顕レザルモノアレバ其理タル不可思議ナルモノトシ皆, 是レ史乗ニ所謂重十二銖ニ適ス, 是レ單ナル推定ニ非ズ, 是レ天ノ不徳, 是レ婦人若クハ小児, 是レ彼等ノ國民精紳ニ適合スル制度ナリ, 是レ従フト雖モ俗累肘ヲ内, 是レ徴兵制ヲ明確ニ永久, 是レ所謂井蛙ノ見, 是レ易シトスル所ナリ之ヲ自, 是レ此学ニ従事スルモノヽ大ニ忽ニス可ラザル所ニシテ, 是レ決シテ人種問題ノ範圍ニ, 是レ洋籍ノ結構, 是レ由ル幼時ノ感染ハ, 是レ聾盲ニシテ嘗テ之ガ為メ正論, 是レ臣ノ黙止スルコト能ワザル所ナリ, 是レ鶴澤氏ノ絃歌, 是ヲバ一ニの意, 是一つに御座候, 是一個の好人物, 是一個物である, 是一句が丑松, 是一國なり而, 是一物なの, 是一生之願也, 是一端に隆起, 是一非の間, 是七高山の其一也, 是万神之聲者, 是丈ぢや駄目, 是丈多数に蒐集, 是丈涙つぽい, 是丈親しみの度, 是三后自古論定, 是三者の働, 是三郎快活時とある, 是上經説得齊整下經便亂董董地, 是上繋好看, 是下方の三天, 是不祥の人, 是世の中へ生れ, 是世俗の常, 是世間一切の相, 是中國之宗教, 是中央開化ノ四邊ニ, 是主義で押通し, 是乎始有金石之樂, 是九郎兵衞愚僧に逢, 是などと答え, 是了是了などと答え, 是にし, 是れぬ筋, 是享保五年三月七日なり時, 是人情なり然, 是人日暦入春韶徒馬齢, 是人生の順序, 是人通動性而同者名之曰死, 是人間好時節, 是今所謂幽蘭也, 是介氏等が直接, 是仏しきたり究尽しきたった, 是令翻譯俾用流行卿夙慕忠勤職司禁衞省覽表疏, 是て一向, 是以偃息未捷, 是以備如海神之教言, 是以吾人既不能知前身又何, 是以地理の事, 是以此所日本野と申し, 是以生平所作, 是以福慈岳常雪, 是以稽留境内不即相, 是位いの事, 是何人旧詩句, 是何歳に至る, 是何物ぞや, 是何者更非雲助児, 是余一人の私言, 是佳運を後胤, 是しながら, 是併日蓮が符, 是併重御父子禮之, 是信濃一州大山也西野末川黒沢王滝等諸村皆其麓也然黒沢独奉祀, 是修行でないもの, 是修道の過失, 是の山猫, 是と申, 是僕一人である, 是僥倖と其足代, 是元帥実僭王, 是元興寺の余計, 是に一旦, 是先人竹亭先生遺愛之種, 是先日申上候道の論, 是先見の明, 是光景に姑, 是光陰徒爾過, 是畫面の, 是兩人の娘問, 是公さんが市長, 是公是公と呼び棄て, 是公氏宮内大臣秘書官森泰二郎氏に示し, 是公目賀田種太郎金子堅太郎なぞいう, 是兵法之始終, 是兵道の奧旨, 是其人單素ナル念ハ容易ニ受ケ得ルト雖ドモ組織セル念慮ハ之ヲ作ルコト能ハザルナリ, 是其大略にし, 是其方に疑ひ, 是其方所持の煙草入, 是其旧所の遺, 是其證ニテ凡此自動力ハ何人ニテモ之ヲ有, 是其身の科, 是して, 是内々の勅諚, 是内儀さん私し共, 是や幾多, 是処のは荒神様, 是出し拔の事ゆゑ, 是にし, 是切り参りませんと云っ, 是切り姿を隠し, 是切り来ねええ, 是切り藤ヶ谷へ来ず, 是を重, 是別人ならず島田宿, 是前後不揃, 是前額凸出的小児後来只当, 是剛情なる老, 是剣道の師, 是力歟非耶若し是力, 是努めている, 是十兵衞最早今のは寅刻, 是千數百年前の人, 是て罪人, 是原書之旧, 是参貞如大姉と云, 是及び一非を, 是つて汝等を, 是叛逆の輩, 是の寝, 是古今達士ノ定論ニシテ, 是只事に非, 是吉兵衞久八ことは千太郎, 是正定之業順彼仏願故, 是名主甚兵衞其外の百姓共能承たま, 是名僧伽婆尸沙也法師曰但取義味, 是の所有, 是君恩深到, 是の諸, 是吾人の今日, 是吾子深着世楽, 是呼召なりとある, 是呼召令憶本願とある, 是和蘭の讒, 是は遠, 是唯基督教の精神, 是唯我人民が小児, 是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 是唯泰平の装飾, 是唯物質的の文明, 是問題を唱道, 是即聲聞行, 是喜ぶべきに似, 是が全校, 是である, 是囚人胤長を厚免, 是四魔五眷屬此眞言以魔字爲體即是大空, 是因果の歴然, 是より其の, 是国人相与畔, 是邯鄲, 是在京の武士参向, 是を相, 是地主が帰つて, 是地獄なる觀念, 是城富其方は彼, 是堯舜禹湯文武周公孔子之道, 是報本返始, 是士大夫の性情, 是夕四番町の居邸, 是夜初酉なり, 是夜十三夜なれど, 是大事と前, 是大空之義, 是天下太平の功, 是天地の呼吸, 是天地方円の間, 是天晴の若者, 是天照大御神見畏, 是天照大神之御, 是天理といへる前提, 是天禀なりとの評判, 是太陽の光線, 是奉行職をも勤むる者, 是と詔, 是好き書なるかな, 是好日西山荘の無事, 是好無移, 是如く麗は, 是は夫, 是尚羔, 是を連れ, 是婦人の男, 是孔門に克己復禮, 是學者分上の事業, 是守後の紳士, 是安楽道と信じ, 是游予, 是客身単山河所過皆亡国, 是宮樣の始め, 是家時が宿命, 是家母の不, 是家禄を保つ, 是富右衞門今汝ぢが何樣, 是寡人之罪也, 是に無上, 是實驗に因り, 是寿永元暦, 是封内の事, 是専一とつとめ, 是将軍家去夜, 是小人ならず古人, 是小弟長く浪遊, 是尤も矯飾せらる, 是屈強と取り上げ, 是屈竟と取卸し, 是屋下屋を架する, 是屯田は元来, 是山国に住む, 是に仆, 是左衛門尉義盛以下の亡卒得脱, 是なるも, 是怨猶如画石文云々等の, 是幕中内乱を生じ, 是平氏政府自身が恒, 是年八月九日の条, 是年十四であつ, 是年大井正一郎入門す, 是年宇津木矩之允入塾す, 是年平八郎後素の祖父成余四十二歳, 是年松本隣太夫茨田軍次白井儀次郎入門す, 是年柏岡伝七塩屋喜代蔵入門す, 是年榛軒二十八柏軒二十二長十八, 是年蘭軒五十二妻益四十六榛軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 是年長崎に移住, 是幸ひと乳母は彼, 是幸ひと娘の部屋, 是幸ひと聲を掛け, 是広大地亦緬, 是広長舌山色豈非, 是庄左衞門が非道, 是廣長舌山色豈非, 是建内宿禰大臣白恐我天皇, 是弁じ易きの, 是弓馬の事, 是ノ優婆塞, 是待給へお, 是得難き時節なりと, 是御用だ繪符, 是の弛, 是必前門の虎, 是必然の事, 是必近日の事今, 是の親王等, 是忠三の御殿, 是忠義をなす, 是忠親王の曾孫, 是怪しき證據の, 是恰も一老, 是愁人亦合愁, 是意旨を含まぬ, 是べしと, 是に係なかりき, 是我が智足らず豫想密ならずし, 是或は江戸時代の, 是の業蹟, 是所謂天の數, 是所謂惣領の甚六, 是所謂理を知る, 是播二国の, 是政府自ら明治文明の重大, 是故にまたその想, 是に拠る, 是文珠大聖の浄土, 是新聞を読まう, 是新規御取立, 是方様でせう, 是日伊庭八郎秀頴等は江刺, 是日体信士庚申元文五年閏七月十七日, 是日別而暑甚し, 是日名古屋津軽松前の諸, 是日大淵之源潰, 是日宿戰平風雨終夕今自臨川, 是日宿雨初晴, 是日山巓兩中の地爆裂, 是日来島頼三の隊, 是日松平太郎荒井郁之助, 是日柏軒が塩田良三, 是日柳橋の名妓数名酒間, 是日海原はいと, 是日皇太子大臣各自新嘗, 是日荼毘に付せられた, 是日車駕東京を発す, 是日輪の光り, 是日辨天砲台の戌兵, 是日阿部家に画幅, 是明治五年壬申の夏, 是昔時の熔岩流, 是星祠祈雨来, 是御亭主, 是時われ思ふ大衆, 是時ニ当リテ敢テ法典, 是時ベアトリーチェ微笑みて, 是時前よりもよく, 是時剏めて異邦, 是時天地相去来遠, 是時島の近海, 是時性情忽焉として, 是時淑女萬物を見る, 是時越前守には次, 是時身を轉, 是智士識己之度量, 是暗に大場連斎を, 是の性質, 是書屋に懸け, 是書置は何事, 是ては祖, 是最も賢き最も, 是最上山関興寺の上人, 是月七日に於, 是月五日の下, 是月六日に在, 是月孫本町温知医黌の医学教諭, 是月廿七日補文部省十等出仕爾後或入, 是月白井孝右衛門橋本大井も亦, 是有うちなり然, 是有し故拾, 是有るべきの處右, 是有るべしシテ又, 是有家來ならば, 是有彼地より兩人同道, 是有所の建部郷右衞門伴佐十郎, 是有由豫て聞及びあれ, 是未だ充たされざる預言, 是は伊沢氏, 是本一ツ所より出たる, 是本品ノ高温ニ於テ, 是東南寸雪の国, 是東大寺の大仏, 是東海の蜀道, 是架中第一珍書, 是根本問題にはあらず, 是に乘, 是に來, 是正しく父富右衞門殿が, 是正せられないかぎり日本は, 是正月の下, 是此一段ノ大, 是此島の住民等英政府, 是此源藏を盜人, 是此金子は受納め, 是歳也大歳己未, 是歳末の, 是歳水碓を造り, 是に理, 是段右衞門能く承, 是母上の年, 是を, 是の氣, 是水軒にし, 是濃分二州, 是江波月弄妍などか, 是池中の蛟竜, 是決して我彝倫攸敍の, 是沒理會處と言つて, 是波霜太様とて旦那, 是泥黎の口業, 是浅間大菩薩, 是清浄道是安楽道と信じ, 是渠等が一ツ, 是源氏の不幸, 是ぶる心, 是滅法欲求無尽涅槃処怨親已作平等心世間不, 是の氣, 是火裏の蓮華, 是災難の基, 是より観察, 是為東郷云々右の狩集, 是為短鬚無雨宿, 是と言つて, 是無しと云, 是無上道是清浄道是安楽道と信じ, 是無比の奇島, 是無限の僭上, 是照院へ転住, 是爲柏翳舜賜姓贏氏索隱謂大業即皐陶, 是牛董氏重力の理法, 是物火邊の燥熱, 是物理の通則, 是物理小識ノ千年松ナリ, 是は陽, 是ほどの智識, 是猿田彦命也嚮導を為さん, 是に問, 是珠玉のよう, 是現象の最, 是球一つにある, 是瓦鶏土犬のみ, 是甚だ不都合の, 是甚顯然的, 是の, 是生死の人, 是甫侯之置皐陶進伯夷, 是を云, 是申し若旦那暫時お, 是申長庵殿御死なされし其後, 是男子一生の大業, 是界坊から出, 是留乃阿是乃古麻都爾, 是當時の僕, 是當面の緊急問題, 是なり, 是發動力に因り, 是白日の夢, 是皆神の攝理, 是皆自業自得と諦められよ, 是皆親切な神樣, 是相立候向は無, 是眞先生の画いた, 是真に天成の, 是真夏雄を失ひ, 是真実道是無上道是清浄道是安楽道と信じ, 是真心常恒不変, 是真筆朝顔の掛軸, 是真等に示す, 是真鳥居清満辻花雪福島隣春四方梅彦がある, 是社稷を重んずべき, 是祖神尊恨泣詈曰即汝親何, 是神佛の御, 是神神即是形, 是神話なりと論じたる, 是福浦従福浦気福浦山福浦領福浦番福浦号福浦始福浦苧福浦村福浦便福浦理福浦及び吉福浦, 是福貴なり共人百年の壽命, 是秀頴率遊撃隊在松前, 是秋光有深浅, 是秋胡ヲ想フベシ, 是程とは思いません是, 是程も口外し, 是程氏之易也, 是程迄に難儀の, 是の著述, 是空さんからほ, 是童子即是呼召令憶本願, 是等ニ向ツテ自決, 是等ニ示サルル如ク印度ニ起リタル亞細亞文明ハ世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, 是等ハ生食セラルルコト稀ニシテ多クハ晒サレテ白色ニ変ジタルヲ乾シ恰モ白羅紗, 是等一に井師, 是等一味の友, 是等一聯の歌, 是等三個の面部左右兩端, 是等三様式は極めて, 是等二種の舟, 是等人民の所業, 是等以外に一種不可思議, 是等何れも現存, 是等党員ハ常ニ神士ニ化シ田舎漢ニ化シ, 是等労働者の大半, 是等外人の間, 是等外部の物, 是等字地の総, 是等学生ヲシテ安シテ学ヲ励マシムルハ刻下, 是等学芸の士, 是等平民社界の預言者, 是等幾多の主観的, 是等時代に先だち, 是等未開民族の研究, 是等殘念物の御蔭, 是等無形の仇敵, 是等狩猟を生命, 是等猟師の働き, 是等現代人の如き, 是等町人の要求, 是等石器の製法用法, 是等石鏃は鳥獸獵, 是等科學の性質, 是等経営者の成否, 是等群小ソフィストには現実味, 是等色染紙と型染紙, 是等艶冶の筆, 是等諸君士に厚く, 是等諸氏はみな信者諸氏, 是等諸王の最も, 是等諸種の摸樣, 是等過度の簡略, 是等遺跡ノ中, 是等都下の新聞紙, 是等青年詩人の詩, 是である, 是は不景気, 是紙筆ニ指上ゲ候而も実, 是もなき, 是紛々として屠り, 是より予, 是微金, 是を縒り, 是編修訂大旨, 是の道也, 是縁起理故, 是縹渺たるパルナシアン, 是織女ニ非ズンバ, 是罪悪の思想, 是罪悪罪悪は即ち, 是を卑, 是羊牛摩天連岳明還滅, 是義盛用意の事, 是羲皇人不遠, 是不求甚解翁等, 是老兄の知所, 是者大藏一覽はんぎの衆, 是而已案勞仕候儀に御座候, 是耶非かだ, 是聖人所作といつ, 是の重荷, 是空, 是自ら之を坑, 是自分の心, 是自家庖廚の他, 是至孝のいたす, 是古人之, 是宵病裏過, 是若き者の, 是若し去夜, 是なりと叫ぶ, 是草花秋興を覧, 是菅先生有養痾邸舎, 是葡京星移物換人何去失却往年航海名, 是蓋し明治思想史の, 是薬障礙の悪神毘那耶迦, 是藥百倍と云, 是虎生のもの, 是蛮夷の他, 是行是喜即聲聞行, 是衰侠客之義, 是製造の始, 是西胡師法其徒自行, 是西行不左遷, 是西郷吉が老侯, 是給へとて, 是視則良佐固驥, 是覩奥升堂皆探秘, 是親子が一世, 是親淨於那爛陀亦屡, 是善く我病, 是評されたのも, 是を賦す, 是なるを, 是を爲す者, 是調べし人の, 是諷刺なるや, 是謂能養至犬馬皆能, 是不生不滅者是智, 是議論が平生洋風, 是豊受太神宮七社禰宜度会康高の女子, 是ね, 是の親王, 是神にて, 是貴人とか称え, 是を重んじ, 是赤手を以て江河, 是赤石の浦, 是越前其方は重役共, 是をな, 是迄としておさらば, 是迄なりと思ひ一尺八寸, 是迄より一層深刻, 是迄よりも一層多く, 是通りだ, 是通り瀬川先生からは進退伺, 是料金といふ, 是道これは食本能, 是道すなは, 是道人間の本能, 是道衍の一家言, 是邂逅の唐突, 是邪見妄稱佛教誑惑黎元宜, 是邪見妄託佛教既是西胡師法其徒自行, 是部屋に寝る, 是郷法當身自行, 是鄭暁の方先生伝, 是酒樓の門, 是閏年なり, 是阪兵への内応, 是限り何うか, 是陰徳あれば, 是随分の有職, 是隔簾花影動女郎撩亂送鞦韆とある, 是雲日落南溟天漸霽, 是は非, 是の晩, 是頃お雪さんから手紙, 是須磨の鼠, 是頼朝公は惣領, 是養老の令, 是餘人成ば, 是は海, 是鬼窟裡の生計, 是より考察