青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「村長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~
村長~
~杖 杖~ 杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~ ~来 来~ ~来い

「村長~」 1010, 10ppm, 10283位

▼ 村長~ (202, 20.0%)

9 ところへ 4 家の, 義妹は 3 家へ, 席に, 話を

2 [18件] ところから, ところで, 二男坊から, 前へ, 声が, 娘が, 娘の, 宅を, 家から, 家に, 家は, 方へ, 案内で, 次男である, 藤田さんは, 言葉に, 長男背こそ, 顔

1 [140件] いいそう, いうところ, うちへ, お嬢さんの, ことと, ころは, その言, つもりで, ところ秘書たちの, どたまの, どたまを, なり人が, まわりに, むすこも, わしの, アダム・ナリンと, アダム・ナリンという, デスクの, ノラ息子牧場の, フロック・コオトよりも, 一存で, 一片の, 上へのしか, 与党の, 世話に, 亀田佐平以下が, 二男坊の, 亢奮の, 人間的味ひ, 仕打ちが, 代理なら, 住ひである, 住居を, 健康な, 傍の, 傍へ, 像なら, 像に, 像は, 処へ, 出て, 出なければ, 前で, 卓子の, 厩から, 収入だけ, 口授を, 名は, 名を, 名を以て, 名前で, 問いには, 噂は, 地位に, 地位を, 声だつた, 奥印を, 女房は, 好意で, 姿を, 威光を以て, 娘で, 娘と, 娘を, 子供自慢である, 宅へ, 家しか, 家で, 家でございます, 家まで, 家より, 家を, 小高き阜, 屋敷とかへ, 役柄だ, 役目をも, 後に, 後ろに, 後ろ姿を, 後を, 御返事は, 心遣ひから出た, 息子か, 息子が, 息子だつた, 息子な, 息子の, 息子のう, 悪口を, 意図が, 意見も, 意見を, 慰撫を, 懇望から, 手ごはい, 投票数にも, 指図で, 方も, 机の, 椅子に, 次男が, 次男坊竜一は, 気持を, 永年の, 津本が, 浅猿, 為に, 爺様が, 独眼はじつ, 生前の, 申し出を, 空席には, 紋付を, 義妹が, 義妹だ, 考えに, 耳の, 職務引き渡しすっと, 肩, 藤田さん二宮巡査警防団長の, 行方を, 角谷岳平がそう, 言い草では, 言をさえ, 計らひだ, 許しで, 許に, 部屋の, 門まで, 青山嘉一郎を, 面前で, 頸つ, 頼みに, 顔が, 顔は, 顔を, 館までは, 香料を, 馬車も, 髭面に

▼ 村長~ (192, 19.0%)

10 いった 2 いって, しばらく考え, ちんば, ついにちんば, 叫んだ, 指を, 驚いて, 驚ろい

1 [166件] いう, いきなり突っ, いったが, いつもの, いま町へ, いよ, いるか, うなずきながら, えへん, おそらく少し居眠り, かう呶鳴つて, かう言つて, こういう怪物, ここで, このま, この貯水池, こんな袋, しばらく下らない, しょっちゅうこんな, その場, その私, そろそろと, たじたじと, たたみかける, たど, たどたどしい足どり, つい此間, つるつるに, でも学校, どうかする, ひどく気むづかしやで苦虫, びっくりし, びっくりした, ぴたりと, まことに不謹慎, まさかの時, まじめに, まだやって来なかった, まったく取る, みんなの, むんずとその, もうあの, やけに脳天, やさしいの, やめても, わたしの, ベッドから, 一同の, 一層こざかしく, 丁寧な, 三人の, 主人らしく, 今では, 他へ, 体を, 何を, 何事も, 俄かに, 俺の, 僕の, 先づさ, 先日とは, 入営する, 出かけて, 別に感動, 別に気, 別に高い, 午後二時頃富岡老人を, 博士の, 反対しなかった, 口あんぐりの, 口を, 口髭を, 君こいつは, 四十五ぐらい, 四十何歳という, 堪りかねて, 夜具から, 大きく笑った, 大きな瘤, 奔走し, 委細を, 富岡老人を, 少しも, 崖崩れの, 帽子に, 座って, 彼を, 微笑し, 微笑を, 心の, 快く應, 思ひきり逆, 急に, 怪しげな, 悠然として, 愈々辞, 慌て, 憤然として, 我れ, 戦死者を, 手品を, 折々風呂小屋, 折を, 捕虜を, 斯様な, 昔から, 時計を, 曰く, 最早座, 木蔭の, 村役人に, 村役人を, 案の, 気軽な, 氷川馬耳と, 海水浴を, 海辺に, 満足げな, 激しい息切れ, 無論即座, 無遠慮に, 煙草を, 片目では, 理の, 白髪で, 百歳に, 皆を, 皮肉げな, 直に選擧, 相手の, 眼の, 眼を, 着物の, 禿げあがった頭, 私が, 私語いた, 税を, 突っ立ち上っ, 笑いを, 答へ, 精進落に, 細君に, 終始悄然, 經驗を, 置かぬという, 腕を, 自分は, 舅から, 蒸溜人の, 行きの, 親切げな, 親切に, 言った, 警察から, 谷崎潤一郎の, 農業衰退の, 通学児童の, 長文の, 阿部氏に, 面食らった, 頃合いを, 頤を, 顔を, 高山の, 鰥だ

▼ 村長~ (102, 10.1%)

10 いった 5 言つた 4 云った 2 いう, そういったん, 出て, 来て, 母と

1 [73件] あつて, あなたについて, あまりに謹厳気, いっさいの, いなくては, いふので, いんぎんな, お見え, かう言, かなりは, きく, きらびやかな, これ等の, その独眼, それを, なんでえ, もつて, わたしについて, キイキイ声で, 不意に, 今や何, 代官に, 伴れ, 何を, 入って, 出かけ二階, 口を, 口惜しい, 呶鳴つた, 喚き出した, 外へ, 太い無骨, 姿を, 小声で, 左う, 微笑に, 徴兵検査に, 我慢に, 或る, 捕虜を, 提言しました, 斯, 時々云, 有力なら, 朝倉先生に, 村で, 村民, 杖を, 来た, 歓呼の, 正造の, 決して驚愕, 決闘の, 独眼を, 生れてから, 畏れ入, 病死し, 笑ひ, 繰返した, 老人を, 胃癌という, 草刈女の, 訊ねた, 訊ねると, 語ったところ, 足を, 身振りよろしく, 遮ぎつた, 部下に, 金五郎を, 開会の, 頭に, 飛んで

▼ 村長さん~ (91, 9.0%)

2 になる, のところ, は, は返事

1 [83件] あの時, おやぢ, お早う, から得た, か校長さん, がおっしゃる, がその, がそれ, がなぜ, がみんな, が何, が大きい, が恐れ, が払下げ, が来, が親切, だなと, だの伯父さん, でただ, でも, で神さん, とお, ときたら, とこの, と名づけられ, と話し, にあい, にうかがっ, にこ, にひとつ, によろしく, に好かれたら, に対して失礼, に選ばれ, に頼まれ, に頼ん, のこと, のその, の二男坊, の処, の前, の口授, の吉原見物, の善良, の家, の屋敷, の御, の息子, の意図, の所, の案内, の畠, の行方, の親切さ, の部屋, はあなた, はこの, はちっとも, はなんと, はわかつ, はメガネ, は今七十幾つ, は叱, は大, は故, は私, は頭, へ贈り, もそんな, も丁度, も女, も組合長さん, も電報, やわし, や二宮巡査, や区長さん, や在郷軍人分会, や校長さん, や神主さんたち, や署長さん, らしいの, を尊敬, を訪ねる

▼ 村長~ (60, 5.9%)

6 して 2 務めたこと, 選ぶ時

1 [50件] うまく取つち, この村, したとき, した人, たしなめて, たずね自分, ちらりと見る, つとめたが, つとめたくら, つとめたこと, にらんで, はじめ, はじめ村の, もって, やって, やってる男, やめようとまで, 先に, 務めたり, 勤めたこと, 勤めて, 占めて, 呟くかわり, 始め, 始め一人, 始め老幼男女, 始め西方の, 尻目にかけて, 怨み巡査, 捕えて, 推しメフイストフエレス, 案内し, 煽動し, 目がけて, 看板に, 眞正面に, 筆頭として, 置かぬという, 罵りつづけて, 見おろした, 見ると, 訪うた, 訪ねた, 訪ねて, 訪れて, 辞めたあと, 辞退する, 集めて, 馘れ, 驚かすに

▼ 村長~ (52, 5.1%)

2 なって, なつた, 報告の, 託して

1 [44件] あげられよく, いたるまで, いって, おべ, かえってなじられた, すぎずしかも, ちょっと顏, つれられて, なったころ, なったわけ, なった当時, なっても, なつたちうて, なつて, なりたがらない者, なりたがる者, なること, なると, なるの, なるや, なろうとすらも, もう一度話し, よばれて, 一言注意し, 対抗し, 就任以来特に, 就任後期日到来し, 尻を, 成ろうとか, 抱きついたが, 推薦する, 相談された, 至るまで, 訊ねたもん, 訴へて, 詰め寄つた, 話しそれ, 話した, 話したら村, 責任あり, 連れて, 進呈する, 酔はれたら困る, 頼んで

▼ 村長~ (34, 3.4%)

3 息子は 2 息子が

1 [29件] いへば, おんなじ生れぢ, その奥さん, なったの, ならんで, なり藩, よばれると, ホセ警官と, 並んで, 助役さん早く, 区長が, 区長と, 在郷軍人それに, 女教員とが, 対談中の, 巡査一名を, 巡査農会の, 息子を, 意見が, 教師とが, 村の, 校長とは, 睡さうな, 私とは, 組合長と, 話したわけ, 農会長とを, 養鶏と, 駐在所長と

▼ 村長~ (23, 2.3%)

1 [23件] みんなが, やくざな, 今後の, 何かの, 区長や, 地主や, 地主を, 大僧正つきの, 子弟の, 学務委員と, 小学校長を, 有力者は, 有力者商売筋役人警察友人, 村の, 村会議員たちを, 村会議員も, 校長に, 校長や, 校長を, 百姓たちに, 補祭の, 警察まで, 警察署長が

▼ 村長~ (17, 1.7%)

2 できるですよ, ゐた, 留守で

1 [11件] いささか中腹, したこと, そのこと, 少い例, 巡査も, 帰るし, 村の, 業腹に, 歸る, 理想を, 面食らって

▼ 村長から~ (14, 1.4%)

2 大分前に

1 [12件] あなたに, いいつかった何, いひつかつて, やかましく言, ライフル銃を, 兼て, 孤児院に, 書面を, 洩れたので, 突然書信, 聞いた時, 陳情団員の

▼ 村長たち~ (10, 1.0%)

1 から農商務省, が揃っ, が集っ, に乞われる, に案内, の帰った, の思案顔, の訴え, はそうした, を或は

▼ 村長~ (9, 0.9%)

1 からその, からね, から村長たる力, ぞ, つて君相当の, というよう, といふ, とか総代, ね寧ろ

▼ 村長~ (8, 0.8%)

2 此本宅には 1 あらうが, この人, もう七十歳, 今朝も, 旅宿屋を, 神主を

▼ 村長~ (7, 0.7%)

1 とお, の前, の嬶様, の家, もお, も宅, を初め二三人

▼ 村長~ (6, 0.6%)

1 ではドリアン, との共同事業, と貴家両家, のマーガレツト, の馬, へ行かなけれ

▼ 村長たる~ (5, 0.5%)

3 島民の 1 の給料, 私も

▼ 村長として~ (5, 0.5%)

1 これまで, その生涯, 伊賀倉さんに, 毒にも, 自分の

▼ 村長にも~ (5, 0.5%)

1 きわめて評判, なつたり, よりけりさ, 十分事実を, 謀つたのだ

▼ 村長~ (5, 0.5%)

1 とお, の前, の嬶樣, もお, を初め二三

▼ 村長さんあなた~ (4, 0.4%)

1 があきれる, は, はあんまり, はこの

▼ 村長である~ (4, 0.4%)

1 から多く, この私, とおさまっ, 父さへも

▼ 村長との~ (4, 0.4%)

1 あいだに, 話合いの, 話合いは, 関係も

▼ 村長でも~ (3, 0.3%)

1 何んで, 誰でも, 郡長でも

▼ 村長殿~ (3, 0.3%)

1 あのモー, が千鳥足, である

▼ 村長とか~ (2, 0.2%)

2 であるが

▼ 村長とは~ (2, 0.2%)

1 いつたい何者, それを

▼ 村長とも~ (2, 0.2%)

1 あろう人, 私と

▼ 村長について~ (2, 0.2%)

1 必要な, 抱いて

▼ 村長にでも~ (2, 0.2%)

1 かりたの, ならなけりゃ

▼ 村長にな~ (2, 0.2%)

1 つて何が, つて呉れ

▼ 村長には~ (2, 0.2%)

1 十分だ, 変りが

▼ 村長に対しては~ (2, 0.2%)

1 不利な, 御意の

▼ 村長はん~ (2, 0.2%)

1 が代, にも郡長はん

▼ 村長ばかり~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 村長エヴトゥーフ・マコゴニェンコ~ (2, 0.2%)

2 に対する命令

▼ 村長以下~ (2, 0.2%)

1 だいぶ村, のあらゆる

▼ 村長父子~ (2, 0.2%)

1 が雪子, は自尊心

▼1* [119件]

村長こそ村の, 村長さはじめ人っ子一人いねえもの, 村長さまはあたふた, 村長さんお話の途中, 村長さんはじめ村民の方々, 村長さんはじめ近郊各部落, 村長さんひとつ賛成して, 村長さんやつと三十, 村長さんわしは謙遜, 村長さんわたしもあんた, 村長さん何のため, 村長さん処へ持て行っ, 村長さん切手の張ってない, 村長さん助役さんその外多く, 村長さん武十旦那さんわしも今度, 村長さん自身の口, 村長じみた洋服の, 村長すらもそう説明, 村長その横が, 村長その他の村, 村長それからあとでも, 村長たる余でさえも村会議員, 村長たる力によってあなた, 村長たる者は皇帝, 村長だったのだ, 村長ちうから村, 村長であったと云われ, 村長でしたが平太, 村長どのイエスが, 村長どもが御, 村長なしでは, 村長などがみな会葬した, 村長などの好きさうな, 村長などを勤め晩年, 村長なんかうるさいそれ, 村長なんかにも叱られないで, 村長にとっては一世一代の, 村長にまで引張り出されたこと, 村長によって駆り立てられて, 村長に対して無礼千万である, 村長に対してもいいうしろだて, 村長に対する全く矛盾, 村長に関するもう一つ, 村長はしやれた服装, 村長はじめ一同に軽く, 村長はじめ村の有力者たち, 村長はじめ村会議員たちの斡旋, 村長はじめ組合婦人会青年団などの主, 村長はぶつきらぼうに訊いた, 村長はもうとつく, 村長伝へて, 村長へと向けまた, 村長への義理を, 村長へは村一同への, 村長までした人, 村長までがこんな中, 村長もしくは松川の, 村長やら土地の, 村長やらないにせよ, 村長あんまり人物, 村長より直接に, 村長よりも肥満つてゐ, 村長との間, 村長らしい見物人を, 村長わらってうなづき, 村長をからかつた, 村長一人の考え, 村長並びに地方有志の, 村長中地の時代, 村長亀田佐平の名, 村長二十余名が上京, 村長今日もまた, 村長代理の郡書記, 村長儘田氏の努力, 村長先生大弱りです, 村長再選後間もない, 村長助役さんが途, 村長助役議員達をはじめ, 村長吏九郎左衛門小田原長吏太郎左衛門訴訟の事, 村長地主有志家等大變, 村長塩谷予一をはじめ有志, 村長ものの, 村長をおそった, 村長で何, 村長家高某という者, 村長役關澤源兵衛夫より長倉, 村長待つて下さい, 村長披来御陣図, 村長攻撃であつ, 村長早川某たちが鉱業停止, 村長時代から持ち越され, 村長村会を開き, 村長村会議員青年団処女会子供飼犬等村の土臭い, 村長村民麺麭屋の若い衆, 村長に対し各, 村長校長をはじめ主, 村長校長管理人それに, 村長の性器, 村長の厚意, 村長たる扮装, 村長田中邦五郎君同村小学校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 村長田沼民二郎は投票立会, 村長畑上嘉伝次村の有志権藤管八, 村長の存在, 村長石野栄造様という宛名, 村長稲村與一室田忠七設楽常八, 村長管理者などに反対者, 村長綬章を襷掛け, 村長職務管掌と言, 村長賀先生とは太刀, 村長赤襷の出征兵, 村長辞職の件, 村長も数名馳, 村長の毎夜, 村長の裏庭, 村長野郎だつて, 村長の賀川市長, 村長青年団の方, 村長順次に左右