青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~欲しい 欲しい~ ~欲する 欲する~ ~欲望 欲望~ ~歌 歌~ 歌舞伎~ ~歎
歎~
歓喜~ 止~ 止む~ ~止め 止め~ ~止めた 正~ ~正しい 正しい~ ~正しく

「歎~」 1420, 15ppm, 7328位

▼ 歎~ (444, 31.3%)

9 になる 6 の中 5 になった 4 のうち, を見る 3 おも, て, ながら, になっ, に人, に沈ん, の深, は大, は更, をする

2 [25件] と悲しみ, になつて, になりました, に身, に遭, のかの, のため, の原因, の姿, の底, の美女, の聲, は申す, は見, も悲しみ, をかけ, をし, を感じた, を知らぬ, を見, を見せる, 人とともに, 給ふ, 誰に, 酒造る

1 [336件] あらゆる苦しみ, お駒, かの女, から御, から脱しうる, がこう, が増し, が見出される, こそすれ, こそ正しく, こそ魔法, これまでの, さえ女, そしてさからう, その原因, たまに雑誌社, つつなお, つつひとり, つつま, つつ我が, つつ明石, つつ杯, つつ歩い, つつ死, つつ経ん, つつ織る, つつ詠める, つるかも, てある, ていひける, てこの, てさながら, て心, て憂ひ, て曰く, て止まざりし, て苦しき, と, といふ, とかはり, とし, とする, とその, となつて地, となり, とに引きつけ, とに滅茶, との短歌, とは教養, とは非常, とよみ下す, とを与へ, と勇気, と怨み, と愛着, と苦しみ, と言ったら, と訴, と訴え, どの樣, ながらもその, ながらも希望, ながら帰っ, ながら皆床, ながら言う, など誰, にあった, にお, におぼれ, にかえる, にかけて僕, にし, にとめつ, にどの, になげき, にならない, になり, にはともかく, には容易, にまさる, にまま, にもち, にも似, にも堪へ得る, によりて却つて寛, にわが身, に一向, に劣らめ, に劣りません, に呻いただろう, に呼び止められました, に心, に明かし, に枝, に歎, に沁みた, に沈む, に沈淪, に済まない, に溺れ, に用捨, に紛れ, に老いぬ, に耽っ, に胸, に變, に過ぎし, ね, のことば, のなか, のほう, のみにあらず, のみ綿綿, のよう, のピエロ, の口振り, の國, の國乃ち地獄, の大夫, の太夫, の女, の女王, の情緒, の慰み, の本, の次第, の歌姫, の母親, の毒, の為め, の王妃, の程, の種子, の終り, の部屋, の面持, の餘, はあり, はある, はいう, はいかばかり, はかぎり, はさる, はし, はしげれ, はせし, はそれ以上, はちょうど, はては意見, はどんな, はない, はなく, はまた, はもっとも, はやまず, はわけ, は並み並み, は何, は何時, は地球, は大きかっ, は大袈裟, は天皇, は尋常, は彼, は思いやられます, は本当に, は極度, は泰造, は深い, は深刻, は無い, は目, は素より, は至極, は致しません, は薄らい, は複雑, は見る, は言うまでもなく, は話, は謂わ, は非常, ばかりで, まっさきに黒髪, もしなかつた, もぞする, もない, もまた, も伝わっ, も容易ぢ, も忘れ, も怨み, も悉, も悲しく, も振り切つ, も私, も考え, も見すぎ, やはする, やら呪い, や夢, や怖, や歓び, や自嘲, よ, よふたたび, よりも先, わび世を, わび空に, わび身をば, をあそばさない, をお, をかけた, をかすめ, をこめた, をさえ忘れ, をすらむ, をせぬ, をその, をそも, をたれ, をつづけ, をとんぼ, をもってそう, をジッ, をヂツ, を一ぱい, を与える, を与へる, を以つて, を伝へ出した, を傳, を増させる, を増す, を大, を少し, を思いやっ, を思ふ, を悲し, を憐, を掛け, を掛ける, を歌つて, を殘, を泣い, を洩らす, を物語った, を理由, を異常, を痛切, を真実打開, を知, を知つたの, を知るや, を絡まし, を続け, を考へる, を聞いた, を聞かざる, を聞く, を聞捨て, を見せ, を見せられ, を見た, を見ん, を見兼ね, を覚え, を認め, を読書, を越智, を送, を重ねた, を鏤め込め, を閉ぢ籠め, を顧みる, 一つし給い, 一つし給いき, 一人さまよ, 一人を, 一方ならず, 且つ祈れる, 中村屋で, 中頃は, 仆る, 他所の, 何をか, 來らんといふの, 僞善の, 卑しん, 哀しん, 喞た, 墓の, 小躍りし, 彼自身の, 悲しみける, 悲しみけれども, 悲しみその, 悲しみの, 悲しみ喜び, 悲しみ失望落膽し, 悲しみ朝に, 悲しみ苦しみ恨みなど, 悲しん, 悲み, 悲みし, 悲むのは, 悲愴な, 悶ゆる, 意外の, 暮らしに, 最後に, 未だ誠に至らず, 末世親を, 權を, 母が, 母君を, 気を, 気晴しにとて, 沈黙の, 無権利, 玉ふ, 生ながら, 私も, 給ひ, 給ひけれ, 給ふと, 絶望が, 継母お, 繼母お, 自ら股肉を, 自然の, 身の, 邦子は, 門人その他に, 難尽罷

▼ 歎~ (163, 11.5%)

33 ている 26 ていた 7 てゐる 5 ても仕方, てゐた 4 て, ても歎 3 てくれる, て居ります 2 たりし, ているであろう, ておいで, ておる, てはならない, て多く, て居る, て父

1 [57件] たりした, たりそれ, たり悔, てあの, ていよいよ, ていらした, てお, ておられる, ております, てお姫様, てお祈り, てこの, てその, てなあ, てはいない, てはくれなかった, てばかりいる, てばかりおられる, てもその, てもどう, ても呉れる, ても泣い, ても致し方, ても足りない, てやまぬ, てゐる谷ま, て世, て人, て今度, て以つて死者, て唄いかけます, て夫婦, て尼, て居た, て居られた, て居られる, て居るだろう, て建久二年, て思わず, て投身, て来, て歌った, て正造, て武蔵, て独り, て盲, て美しい, て自ら手紙, て自分, て行く, て行方, て見せ, て言った, て語った, て門弟, て馬, である

▼ 歎~ (160, 11.3%)

4 ことであろう, ように 3 のである

2 [12件] ことあり, ことは, な現世, のだ, のであった, のです, のは, のみ, ような, 暴風雨の, 者が, 蓑虫も

1 [125件] あまりに大, あまり知らず識らず, かと思い, かなあはれ今年, かなその, かなひと日も, かのよう, かわれ, がよい, が如く喜ぶ, こころを, ことだろう, ことで, ことなぞは, ことに, ことも, こと多, であらう, と, といえ, といふの, とかの, ところから, ところへ, とは如何, と云, と共に, と共にお, と大黒天, と思った, と烏, と虎, なよ, な母親, な驚く, のか, のが, ので, ので一人, のに, のみで, のみであった, のみなりき, のも, のを, の歌, はアレット, は前者, は家, ばかりで, ほかに, ほかは, やう, やうに, やと, よりとかく, よりも奢り癖, よりより, を, をやめよ, を如何, を得べし, を憐, を石うつ, を聞き, を見, ボローニア人は, 一人の, 両親の, 事を, 事情に, 人々よ, 人たちも, 人は, 人も, 前に, 吊橋のに, 声は, 声を, 外は, 多くの, 女が, 女は, 姉の, 娘は, 山の, 心は, 心も, 心持は, 愚かさから, 我が身の, 我身なり, 所なり, 時には, 時代が, 楽の, 様な, 歎き, 母の, 母親の, 民の, 気持ちが, 気持の, 気配が, 涙さらに, 源氏を, 父の, 父母の, 程度の, 積で, 者あり, 者は, 者徒に, 自分の, 自己とを, 草の, 蝶の, 血の, 趣に, 身の, 間に, 雑歌の, 音を, 類は, 風流公子も

▼ 歎~ (47, 3.3%)

5 ている 2 て, ていた, てこんど, て居る, て慨世私言, て曰く, 親方様は

1 [28件] そこに, たまい, たまひ, たり, たりなんど, たり気焔, つつ彼等, ていう, ています, てはいた, てみた, てゐた, てゐる, て九夷, て京都, て吾妻はや, て子, て恨む, て曰く宮本武蔵, て曰ク, て身の上, て遂に, ながら, 一言以て, 亡妻を, 右岸の, 寛永の, 後詩

▼ 歎いた~ (42, 3.0%)

3 を子供 2 ことであろう, ことは, ものだ, ような

1 [31件] かしれません, か分かりません, がそれでも, が女, が当人, が東宮, が間もなく, ことが, そうである, とて応える, と云う, と記す, にちがいありません, のであった, のでした, のと, のも, のを, は, ものが, よ, ロザリーの, 女だ, 手紙を, 技術家の, 教育家の, 様が, 歌で, 由, 私でした, 詩だ

▼ 歎~ (40, 2.8%)

3 かけると 2 もって, 抱いて, 繰り返すこと

1 [31件] おこすのみ, かけ友達, せねば, なす, なすものの, もたれたの, もらしはじめたので, もらす, 免れずますます, 少なからしめん, 己達の, 思ひ又, 感じて, 感ずること, 感ずるの, 招くは, 持つて, 洩らして, 深くした, 発す, 発するに, 発せざるを, 発せしむる, 発せしめぬ, 発せずに, 發し, 禁じ得ません, 経験する, 聞かして, 見た, 越えて

▼ 歎~ (32, 2.3%)

9 ずには 3 ざるを, ずに 2

1 [15件] しきたたず, しきに, して, しめたこと, しめたよう, しめること, しめ苦しませる, ず心, せらるる有様, でよい, ぬ, ぬおり, ひしずむ蔭日向, るるなりき, るるにて

▼ 歎~ (24, 1.7%)

4 ている 2 てゐる

1 [18件] いや彼塔, て, ていった, てよい, て七苦八苦, て伴, て已, て措かず, て続い, て述べ, ながら溝, に馬籠, 付託の, 伝教大師は, 崇敬しする, 感賞し, 歓喜し, 給は

▼ 歎かわしい~ (20, 1.4%)

2 ことじゃ, ことだ, ことである

1 [14件] が腹, ことか, ことなどは, ことに, とし, と思う, と思った, のであろう, ポスターとが, 光景が, 奴輩では, 心を, 極みであります, 次第だ

▼ 歎~ (20, 1.4%)

1 [20件] なりませんネ, みちた声, 似たり, 値する, 堪えざるなり, 堪えないと, 堪えないという, 堪えなかったに, 堪えぬじゃろと, 堪えぬという, 堪えられずに, 堪へないもの, 変りつつ, 弾みます, 歸する, 沈んで, 移り讃歎, 置いて, 耐えないの, 見えた

▼ 歎~ (18, 1.3%)

3 声を

1 [15件] 伴わない懺悔, 叫びを, 声すら, 意を, 意義が, 批評した, 様式に, 歌だろう, 歌やの, 淵に, 独白を, 程が, 色に, 蔭に, 辞が

▼ 歎~ (17, 1.2%)

81 はたあ, ばお上人様, ばを, ば御上人様, ば我, ば斑碧, ば良人, ば貴女, 河鹿よ

▼ 歎じた~ (14, 1.0%)

3 位彼は 2 のである 1 ことであった, さまが, という, と云う, ほどで, 否定的意味である, 悩みの, 次第だ, 聖書の

▼ 歎する~ (14, 1.0%)

1 [14件] ところなり, ところの, と上流, と亭主, なり嘲笑, のは, もの無き, や一種, ような, ように, 二篇の, 心が, 所以の, 者の

▼ 歎かれる~ (13, 0.9%)

4 のであった, のである 2 選士も 1 ことは, のであろう, ものに

▼ 歎くに~ (13, 0.9%)

2

1 [11件] いたらしめし詭計, いたるも, いたるや, さうさ馬車, とどまること, なむ, も及ばない, も当るまい, 及ばないこと, 及ばぬ我が, 足りません

▼ 歎きが~ (11, 0.8%)

2 あり生まんと 1 ある, あるの, ある時代, この村, こもって, どんな希い, 始まったの, 深いという, 続いた

▼ 歎きし~ (11, 0.8%)

21 かく言挙げ君, かども聴かれざりき, が, が十一月二日夜更, が命, た, はなし, は亡, を如何

▼ 歎かれ~ (10, 0.7%)

2 になった 1 ている, てゐる, て京, て十三絃, て来る, て運命, ばかりする, 候ひき

▼ 歎き悲しん~ (8, 0.6%)

3 でいる 1 でいた, でいられる, でその, でゐる, で力

▼ 歎~ (8, 0.6%)

1 さること, しい事實, どなたも, 一世の, 懺悔に, 新に, 甲斐が, 知らぬ群

▼ 歎~ (7, 0.5%)

1 なって, 吐息と, 喝采は, 懺悔と, 歌と, 評論とは, 讃歎と

▼ 歎きなさる~ (6, 0.4%)

3 かを考へ 1 な, のも, 事は

▼ 歎きの~ (6, 0.4%)

1 お言葉, ないの, ま, 深い, 深いの, 煙りに

▼ 歎き悲しむ~ (6, 0.4%)

1 ことだろう, こと例うる, 声には, 様子を, 者は, 表意に

▼ 歎ける~ (6, 0.4%)

1 ことで, と, もの, 一首に, 民みなふた, 美女

▼ 歎した~ (6, 0.4%)

1 が自分, のであった, のであつ, まひつとま, ものの弓, 手翰である

▼ 歎かは~ (5, 0.4%)

1 しいこと, しいと, しいやう, しい少し, しき迷ひなり

▼ 歎きで~ (5, 0.4%)

2 あつた 1 お屋敷, ござりましょう, もない

▼ 歎かせ~ (4, 0.3%)

1 ちゃア, やうと, やがては, 給ふ

▼ 歎かわ~ (4, 0.3%)

1 しかったこと, しくなって, しく思うだけ, しく思う老婆心

▼ 歎きの声~ (4, 0.3%)

1 が起った, であった, は数百年間, をあげた

▼ 歎き死~ (4, 0.3%)

1 が出来れ, にに身まかれた, にもなさり兼ねない, に死ん

▼ 歎くもの~ (4, 0.3%)

1 が多い, である, と昔, は独り平重盛

▼ 歎なき~ (4, 0.3%)

1 こと能は, にあらず, を得むや, を得よう

▼ 歎かれた~ (3, 0.2%)

1 のも, 事が, 為に

▼ 歎かわし~ (3, 0.2%)

1 さの, さを, そうな

▼ 歎き続け~ (3, 0.2%)

2 ておいで 1 ている

▼ 歎くだらう~ (3, 0.2%)

1 と思ふ, と氣, などとお

▼ 歎くべき~ (3, 0.2%)

1 に非, 小人であろう, 謂れなき

▼ 歎くも~ (3, 0.2%)

1 のじゃ, のぢ, の機械

▼ 歎けども~ (3, 0.2%)

1 これに, 瞬きも, 醜の

▼ 歎~ (3, 0.2%)

2 きけるが 1 こうが

▼ 歎いたけれ~ (2, 0.1%)

1 共其の, 共甲斐

▼ 歎かじ~ (2, 0.1%)

1 な定め, な雲

▼ 歎かす~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ 歎かせた~ (2, 0.1%)

2 まふ

▼ 歎かせる~ (2, 0.1%)

1 に過ぎず, のだ

▼ 歎かむ~ (2, 0.1%)

1 為むすべ, 皇国の

▼ 歎かる~ (2, 0.1%)

1 されどその, 汝これより

▼ 歎かわしき~ (2, 0.1%)

1 ことならずや, 限りである

▼ 歎~ (2, 0.1%)

1 ある, 雨の

▼ 歎ききれぬ~ (2, 0.1%)

1 ほどの情けない, 日々であった

▼ 歎きける~ (2, 0.1%)

1 が漸次, を厨

▼ 歎きたり~ (2, 0.1%)

1 けむ, と雖

▼ 歎きつる~ (2, 0.1%)

1 かな, かも

▼ 歎き悲しんだ~ (2, 0.1%)

1 かどう, そうであります

▼ 歎き憤り~ (2, 0.1%)

1 を載せ, 舌を

▼ 歎き明かし~ (2, 0.1%)

1 ていた, てばかりおる

▼ 歎き疲れ~ (2, 0.1%)

1 て乾いた, て人

▼ 歎くに左樣さ馬車~ (2, 0.1%)

2 の代り

▼ 歎けとて~ (2, 0.1%)

1 いまは, 今は

▼ 歎けど~ (2, 0.1%)

1 姫は, 若草の

▼ 歎げき~ (2, 0.1%)

2 を越えられ

▼ 歎させた~ (2, 0.1%)

2 白い額

▼ 歎すべき~ (2, 0.1%)

1 ものである, ものを

▼ 歎すれ~ (2, 0.1%)

1 ども鳥仏師, ば円道はじめ一山

▼ 歎一つ~ (2, 0.1%)

1 したま, したまひつる

▼1* [146件]

あり夫れ, 歎いたことか, 歎いたって死んだ, 歎いと怨が, 歎おもふべし, 歎かいは新, 歎かざらまし命のみ, 歎かしむるかの年へし, 歎かす事も無, 歎かせ給うままに, 歎かねばならぬ, 歎かば鬼の, 歎かれたであろうと思われる, 歎かれぬ山上の, 歎かれますわい, 歎かわしい疑が一寸, 歎かんと欲す, 歎かん心よりお, 歎きあいドレリンコート, 歎きありまた神, 歎きいかなりけむ, 歎きいなひのみこと, 歎きおとした所である, 歎きおぼすらむ, 歎きおりために, 歎きかなしみますがふと, 歎きかなしむだろうがそれで, 歎きかなしんだため到頭, 歎きがここにある, 歎きがそれぞれの時代, 歎きが彼等を呼び, 歎きが心の奥深く, 歎きが思いあがりとして, 歎きが歌舞伎を見る, 歎きが目に見えぬ, 歎きが積ったせい, 歎きする自分を, 歎きたるなり, 歎きであったがのち, 歎きであるがいま, 歎きですか, 歎きなげき風に, 歎きなされな, 歎きぬわが妻子, 歎きぬさいかしの古き, 歎きぬ葦はうら枯の, 歎きのあまり病気になり, 歎きの中の可, 歎きの余は病, 歎きの余り今朝死んで, 歎きの余り仏師長兵衛に亡き, 歎きの余り岩に頭, 歎きの川の義, 歎きの市に入り, 歎きの心が静まっ, 歎きの数添へぬ, 歎きの様な好い, 歎きの科を強, 歎きの種とこそなれ, 歎きの道を通り拔, 歎きの間もない, 歎きばなしに, 歎きましたが姫, 歎きましょうが決して, 歎きますけれども致方, 歎きもつるる, 歎きやせめ, 歎きようはひどかっ, 歎きらしいものも, 歎きわぶなり声, 歎きわびた気色で, 歎き余ってたった, 歎き侍りける頃と, 歎き叫んで手足, 歎き哀しみ怒り叫ぶ, 歎き居り候ものも, 歎き恐れて夜, 歎き悲しまれるのである, 歎き悲しみましたの, 歎き悶えた揚句の, 歎き悼み一瞥にさえ, 歎き慕うている, 歎き憂ふる聲を, 歎き憤りいかに大, 歎き明かしたふうで, 歎き暮らしていた, 歎き暮れては怒り心晴間, 歎き生きた心地も, 歎き申すのを, 歎き聞え候と, 歎き訴え扶助を, 歎き訴えるものには, 歎き足らひで権兵衛が, 歎き足りない気で, 歎き遊ばすことでございましょう, 歎くだけで掟, 歎くだけなら兎も, 歎くだろうと云う, 歎くであろうがおお, 歎くであろう許してくれ, 歎くにあかで明く, 歎くに家内の者, 歎くべからずただ我終焉, 歎くべく憾むべきのこと, 歎くべし歎きたり, 歎くまいと思いました, 歎くらし風早の浦, 歎くらむ旅人よ, 歎くらんこや世, 歎く苦しい涙ばかりを, 歎けて来るおも, 歎けりこころ, 歎げき悶へ苦しむ, 歎されたアテンの, 歎しましても大師, 歎しますとお, 歎し合うその時長者, 歎じたごとく世人は, 歎じなければならぬ, 歎じるがやむを得ず, 歎じ成れる者は, 歎じ拘文死法の, 歎せしめんものと, 歎せられその吟咏, 歎のって, 歎ちしより予, 歎つこと莫, 歎少しも, 歎ではありましたが, 歎とは宗教の, 歎とを表現しよう, 歎にかへれる多く, 歎にともなふばかりに, 歎によって特徴づけられる, 歎ばかりでは, 歎ひといふわ, 歎またいと痛し古き, 歎め息をした, 歎よりも人情描写に, 歎キナリ八大竜王雨止メ給, 歎の悲, 歎の恨, 歎無きを得ん, 歎知らざり我が言, 歎絶えてまた, 歎至らざるところなし