青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歌舞伎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~欲 欲~ ~欲しい 欲しい~ ~欲する 欲する~ ~欲望 欲望~ ~歌 歌~
歌舞伎~
~歎 歎~ 歓喜~ 止~ 止む~ ~止め 止め~ ~止めた 正~ ~正しい

「歌舞伎~」 1063, 11ppm, 9506位

▼ 歌舞伎~ (255, 24.0%)

6 世界に 5 世界の 4 舞台で 3 下ッ端, 舞台に, 舞台の

2 [19件] ような, 世界では, 世界は, 世界を, 中で, 伝統の, 図を, 夢から, 夢の, 夢を, 女形の, 女形は, 小屋を, 方で, 本城を, 興行を, 舞台では, 花道の, 芸題も

1 [193件] いろんな俳優, うたた寝の, うちの, え, お富, きまりを, ことも, ことを, すっぽん真似, それである, と見たく, はじめだ, ひとは, ふたを, ほうに, ように, オオソドックスに, セリフを, チヨボ乃至, パトロンと, ホールへ, 一座が, 一座の, 一座を, 一敵国と, 一点張りで, 一等二枚奮発し, 一行には, 一面の, 七五調に, 世界から, 世界と, 並び人間的愚さを, 中に, 中幕物と, 事は, 事を, 人達や, 仕出しに, 代表的ドラマの, 伝統は, 伝統的な, 伴奏に, 保存に, 俳優が, 俳優たちは, 俳優であった, 俳優では, 俳優と, 俳優といふ, 俳優としては, 俳優の, 俳優は, 俳優を, 優れた作者, 元々の, 入口の, 内部の, 内部事情や, 出し物でない, 切符は, 切符を, 創業時代に, 劇場音楽として, 劇界暗澹, 勢力を, 千両役者から, 古典が, 台詞を, 名優そっくり, 名優も, 名女形, 和事師の, 噂で, 囃子でしょう, 型に, 型にまで, 声色は, 大名の, 大成期であった, 大部屋から, 天下だ, 太夫で, 太夫上がりの, 女形, 女形で, 女形と, 女形も, 女形よりは, 守るべき城, 実演から, 客に, 家として, 封建性を, 将来性を, 將來や, 小屋が, 小道具方, 常套的作劇法である, 常打小屋に, 幕間余興は, 座席に, 廊下で, 当世風演出と, 形式では, 形式の, 形式は, 役者が, 役者に, 役者や, 役者達は, 息づまる旧, 愁嘆場の, 所作事の, 手法を, 技術でも, 方が, 方と, 方に, 方は, 本来の, 来たとき, 来て, 柱を, 根元から, 梅林とか, 楽屋に, 楽屋は, 様に, 横で, 歴史から, 殺し場より, 法燈も, 海外進出は, 演技には, 演技の, 火入りの, 為にも, 特質を, 独特性を, 玄関を, 生命は, 番組には, 真似など, 破壞者, 種類であります, 稽古芝居か, 経営不振で, 統領として, 縫ひ, 群集は, 肩はぎ, 舞台から, 舞台が, 舞台には, 舞台は, 舞台を, 舞台衣裳の, 舞臺を, 舞踊は, 芝居とは, 芝居を, 芝居小屋という, 花を, 花形にまで, 芸で, 芸は, 芸術的破産と, 芸題を, 若い俳優, 若手に, 若衆, 若衆でも, 若衆みたいな, 荒事と共に, 華とは, 藝題も, 衣裳鬘と, 襲名制度には, 見当が, 話題に, 賑わいには, 趣した, 連中五時何分かの, 道行姿を, 鑑賞癖が, 長者として, 間に, 隈に, 青年俳優市川左団次が, 顔は, 類は, 魅力の

▼ 歌舞伎~ (171, 16.1%)

4 の伝統 3 と云, のある, の美, はその

2 [12件] なるもの, にし, のため, の多く, の手法, の最高潮, の様式, の為, の舞台, は将来, を欧米, を演ずる

1 [131件] から分離, がひと幕, が三幕, が三百年前, が今日, が何, が出演, が右, が盛, でありその, でも新派劇, でも能狂言, でやられ, で本物, で非常, というもの, といふ世界, とを比較, と云つて, と新派, と新派劇, と書生芝居, と殆, と西洋, などで下町娘, などと同じく, なので, において役者, についての一考察, になぞらえた, には新, にもそれ, にもの, にも女, に今日, に代, に代る, に多少, に対しては微々たる, に対して多大, に対抗, に對, に強い, に新, に於, に昔, に直接暗示, に見られる, に陶酔, のうち, のすぐれ, のみである, のよう, のクラシカル, のテクニック, の不自然, の世界, の他, の優れた, の劇場, の力, の勃興, の名, の問題, の女形, の如き, の完成時代, の形式, の忠実, の方, の方面, の最後, の本質的, の滅亡云々, の演ずる, の特殊, の生命, の畑, の研究, の立場, の脚本等, の舞台的条件, の色調, の芸術的存在, の起源, の運命, の長つた, の長所, は, はあまりに, はとかく, はどう, は世界, は喜ん, は営利, は影, は徳川時代, は旧き, は果して, は殆, は滅びない, は発展, は能楽, は観客, も新しい, や文楽, や新派劇, や西洋, よりも尊い, を, をおい, をその, をも見せた, をやる, を一度, を主流, を作り出した, を始め, を幾分, を愛し, を放送, を演じた, を生み育てた, を紹介, を見れ, を観, 乃至その, 乃至新派劇, 乃至歌舞伎的人情劇, 又は新派, 及び新派劇

▼ 歌舞伎芝居~ (57, 5.4%)

3 が好き 2 が軒, には可, の世界

1 [48件] がかかった, がその, が媒介, が書生芝居, が誇大化, でも大向, というもの, なら大, なり江戸小唄, において特に, にはその, に一度, に出, に出る, に深い, に見る, のお話, のとっ, の三枚目, の上使, の上臈, の二枚目, の二番目もの, の勢力, の名, の噂, の因習, の座, の御殿, の方, の本城, の楽屋, の殺し場, の舞台, の舞臺, の花形, の花道, の道行, への関心, もする, もずっと, も飲食, や日本音曲, や浮世絵, や浮世繪, や黄表紙, をみる, を見

▼ 歌舞伎役者~ (47, 4.4%)

3 のやう, のよう 2 にもない, の顔

1 [37件] が万更時代, が新派, が白い, が附合, だったが, であります, でございます, でしたの, とでも云いたい, とまでなっ, と小屋もの, と間違える, にあり, について近, にもあんな, にも比べられる, のあと, のせりふもどき, のみで結成, の上手下手, の使, の写真, の地位, の如き, の家, の常, の座頭, の様, の臺詞廻し, の誰, の養子, ばかり集っ, や人形遣い, や幇間たち, や新派, をそのまま, を賤しん

▼ 歌舞伎俳優~ (46, 4.3%)

2 が, によつて, のある, のうち

1 [38件] がその, が主, が台辞, が自ら自分たち, が軍服, だったの, だった父親, で有名, というもの, とし, としてしきたり, としてのこまごま, として他, と媾曳, にでもやれる, に依つ, に当てはめ, のそれ, のよう, の一群, の信用, の問題, の型, の小, の戸籍名, の演じた, の演技能力, はどう, は伝統, は果してどう, は現代意識, は現在, も出演, や花柳界, よりは見た, を河原乞食扱い, を現代的, ノ若

▼ 歌舞伎~ (42, 4.0%)

4 見に 3 観て

1 [35件] ごらんに, つれて, ぼくは, 一幕のぞい, 中心に, 保護する, 出て, 呼んだ, 国営と, 大層お, 当世に, 御覧に, 愛する人々, 招んだら, 熱心に, 特に挙げ, 相手に, 知らぬ鄙びとの, 見せ水谷八重子, 見たくて, 見た時, 見ます, 見ること, 見るという, 見るべからずという, 見るよう, 見る気, 見物する, 見物水の, 覗いて, 観ずに, 観ること, 観るという, 賭けましょう, 軽蔑した

▼ 歌舞伎~ (36, 3.4%)

6 モスク

1 [30件] あすこまで, あって, あの小野, かかって, モスクワへ, ロシアへ, 一九二八年に, 主として民衆, 入っての, 全然古い, 始る, 常設的に, 成り立って, 或る, 持って, 日本から, 日本特有の, 来たこと, 来たそう, 来たとき, 来て, 来れば, 滞在し, 演ぜら, 生れ音曲, 発生する, 禁止された, 総ての, 見たいと, 非常に

▼ 歌舞伎~ (29, 2.7%)

5 云ふ 2 云ふも, 大のぼり, 新派の

1 [18件] いうものの, その伝統, なりぬ, なり八月六, なん申しはべる, 一緒に, 並んで, 云つても, 同じリクツ, 支那劇との, 新富との, 新派とを, 新派並びに, 新派劇と, 現代ものの, 能の, 融け合った感じ, 銘を

▼ 歌舞伎~ (29, 2.7%)

2 出て, 縁の

1 [25件] あきたりない川上音二郎一派, しろ其の, その育つ, つれて, でて, なりますと, 仕組んだの, 似たる火鉢哉, 似て, 出ようが, 出勤するらしい, 喜劇が, 因んだもの, 感心する, 押されて, 於る, 案内させ, 知友が, 精通した, 至つては, 行く筈, 関係の, 限らず芝居, 非ず, 食傷し

▼ 歌舞伎~ (28, 2.6%)

7 新派の 3 新派が

1 [18件] さまざまの, 俳句や, 新劇や, 新派その他よりも, 新派では, 新派のみを, 新派は, 新派ほど, 新派や, 日本の, 日本画ばかり, 浮世絵と, 能に, 能の, 能は, 能楽とても, 能狂言の, 講談やの

▼ 歌舞伎~ (22, 2.1%)

1 [22件] さういふ風, そのふるい, それではどう, たびたびは, どうしてもソヴェト, まだ終ってない, もとより民衆, 主として傾城何, 今の, 今日の, 例外として, 全く民衆, 前の, 呪われ新派, 所謂近世の, 新興の, 日本独特の, 特殊な, 繁昌乍ら戰爭以來技藝の, 良家の, 見て, 見込みが

▼ 歌舞伎~ (16, 1.5%)

2 行くの

1 [14件] お出でに, ついて行った, 入らっしゃいました, 出したって, 出てる新派, 引返す, 復帰した, 来て, 淡海を, 行く日, 行く東宝, 行っちょ, 行って, 連れて

▼ 歌舞伎狂言~ (11, 1.0%)

3 の行 1 でした, と云え, などでみる, に仕組まれ, の双六, の種類, の行われた, はすべて

▼ 歌舞伎新派~ (10, 0.9%)

1 が発展, といふもの, と絶縁, に慊ら, の伝統, の伝統的技術, の俳優, の所謂, の技術的伝統, の運命

▼ 歌舞伎から~ (9, 0.8%)

1 ダダイズムまでは, 帰って, 流れ落ちたもの, 生み出された流行物, 百貨店と, 能へと, 逐わるるよう, 遠ざかるの, 離れて

▼ 歌舞伎といふ~ (8, 0.8%)

3 ものは 2 もの 1 ものを, わが国伝来の, 古典劇を

▼ 歌舞伎~ (8, 0.8%)

1 これに, また男色, 一時圧倒されたる, 今日が, 何とかなら, 慶長年間に, 文楽も, 新派も

▼ 歌舞伎でも~ (7, 0.7%)

4 新派でも 1 なければ, 同様な, 見るよう

▼ 歌舞伎十八番~ (7, 0.7%)

41 なぞはその, のよう, の中

▼ 歌舞伎及び~ (7, 0.7%)

7 新派

▼ 歌舞伎~ (5, 0.5%)

1 あちこち打っ, おぼえた小歌, すらも元, 羽左衞門が, 観た朝顔日記

▼ 歌舞伎という~ (5, 0.5%)

1 のが, ものは, ものも, 古い伝統, 名前が

▼ 歌舞伎乃至~ (5, 0.5%)

2 新派俳優の 1 新派の, 新派より, 新派劇畑の

▼ 歌舞伎では~ (4, 0.4%)

1 それが, それは, 型の, 悪党を

▼ 歌舞伎について~ (4, 0.4%)

1 いくらかつっこん, いへば, いろいろな, 話すとき

▼ 歌舞伎劇そのもの~ (4, 0.4%)

1 と運命, の生命, も余り好き, も餘

▼ 歌舞伎双六~ (4, 0.4%)

1 のたぐい, はどうしても, は歳晩, は羽子板

▼ 歌舞伎~ (4, 0.4%)

1 で成功, の俳優, の楽劇, の芸風

▼ 歌舞伎或は~ (4, 0.4%)

3 新派 1 帝劇の

▼ 歌舞伎とか~ (3, 0.3%)

1 市村とかは, 日本の, 浄瑠璃とか

▼ 歌舞伎~ (3, 0.3%)

1 では戦争劇, の敗北, の都合

▼ 歌舞伎劇場~ (3, 0.3%)

1 が好ん, では演劇, の構造

▼ 歌舞伎年代記~ (3, 0.3%)

2 などに記載 1 を繰返し

▼ 歌舞伎新報~ (3, 0.3%)

1 とを小島政二郎さん, に出した, に掲載

▼ 歌舞伎~ (3, 0.3%)

1 さ, で心配, にチヤホヤ

▼ 歌舞伎見物~ (3, 0.3%)

1 でしょう, と定め, にゆく

▼ 歌舞伎~ (3, 0.3%)

1 にする, の見方, の都

▼ 歌舞伎だけ~ (2, 0.2%)

1 だと, やつて

▼ 歌舞伎だって~ (2, 0.2%)

1 世話ものには, 日本に

▼ 歌舞伎には~ (2, 0.2%)

1 女形しか, 歌舞伎俳優的空想が

▼ 歌舞伎にも~ (2, 0.2%)

1 多少の, 新劇にも

▼ 歌舞伎へでも~ (2, 0.2%)

1 御一緒, 行くん

▼ 歌舞伎マスク~ (2, 0.2%)

1 が順に, の足りない

▼ 歌舞伎一座~ (2, 0.2%)

1 の名ばかり, の興行

▼ 歌舞伎劇中~ (2, 0.2%)

1 の人物, の絵画的舞踊的要素

▼ 歌舞伎劇以外~ (2, 0.2%)

1 に, に新しい

▼ 歌舞伎劇全体~ (2, 0.2%)

1 について言えるであろう, の醜悪

▼ 歌舞伎劇新派劇~ (2, 0.2%)

1 に代る, を故

▼ 歌舞伎劇自身~ (2, 0.2%)

1 が動機, の魅力

▼ 歌舞伎~ (2, 0.2%)

1 はみごと, は幸い

▼ 歌舞伎若衆~ (2, 0.2%)

1 といおう, の美くし

▼ 歌舞伎見立~ (2, 0.2%)

2 の仮装行列

▼ 歌舞伎調~ (2, 0.2%)

1 で飜訳, にした

▼ 歌舞伎趣味~ (2, 0.2%)

1 に浸っ, のもの

▼ 歌舞伎~ (2, 0.2%)

1 はまだ, を演じた

▼1* [119件]

歌舞伎あやふしの, 歌舞伎いづれにせ, 歌舞伎のみの, 歌舞伎さては文展などに, 歌舞伎その座頭の, 歌舞伎そのものに寄せ, 歌舞伎たちここに船, 歌舞伎でないことを, 歌舞伎でなくて照葉狂言, 歌舞伎でなければ納まらん, 歌舞伎とかに出て, 歌舞伎としてはめづらしい, 歌舞伎との交流が, 歌舞伎とを挙げること, 歌舞伎のだ, 歌舞伎など四分位の, 歌舞伎などとともに日本の, 歌舞伎などの材料と, 歌舞伎などはもちろんの, 歌舞伎などをたびたび見る, 歌舞伎なら歌舞伎劇を, 歌舞伎なんかのやり方と, 歌舞伎についても分解的演技の, 歌舞伎また玩童の, 歌舞伎までついて, 歌舞伎までが直接間接に, 歌舞伎めかしてお, 歌舞伎よりは新しくしかし, 歌舞伎よりも又一層写実, 歌舞伎をも見物し, 歌舞伎リカルド・カルヴォ一座のまあ言わば, 歌舞伎世話狂言乃至落語講釈, 歌舞伎の種々, 歌舞伎云々以下は家, 歌舞伎人形だったが, 歌舞伎仕立で幼い, 歌舞伎俳優らが書生芝居, 歌舞伎俳優並に歌舞伎劇愛好家, 歌舞伎俳優左団次と共に仏蘭西, 歌舞伎俳優市川左団次である, 歌舞伎俳優的空想があり, 歌舞伎全体を二つ, 歌舞伎全盛の時代, 歌舞伎凋落新派劇全盛こうした, 歌舞伎剣俳優の焦慮, 歌舞伎劇さへも詳細, 歌舞伎劇一派に取っ, 歌舞伎劇凋落のきざし, 歌舞伎劇団の中心勢力, 歌舞伎劇愛好家の大部, 歌舞伎劇流の類型的心理, 歌舞伎劇独特の形式美, 歌舞伎劇的な冗漫, 歌舞伎劇等はその, 歌舞伎十二枚のうち, 歌舞伎十八番勧進帳のいわば, 歌舞伎十八番物になる, 歌舞伎即ち旧派を, 歌舞伎国領土であった, 歌舞伎声曲等徳川文化一切の発祥地, 歌舞伎天覧の光栄, 歌舞伎を恋, 歌舞伎好みが百人向き, 歌舞伎始まっての珍, 歌舞伎姿をちらりと, 歌舞伎が, 歌舞伎宇喜川お春, 歌舞伎ではさき, 歌舞伎小唄浄瑠璃を見聴くべからず, 歌舞伎小唄浄瑠璃抔の淫, 歌舞伎憂しと, 歌舞伎年代記続編嘉永五年の下, 歌舞伎などあり, 歌舞伎役者野郎帽子の若紫, 歌舞伎後継として控え, 歌舞伎或いは新派側に, 歌舞伎招待の直接, 歌舞伎新劇と見せられ, 歌舞伎新報社から出版, 歌舞伎新派新劇を通じてある程度, 歌舞伎新派漫才などが横行, 歌舞伎日本風の店舗, 歌舞伎東劇明治座の最近, 歌舞伎模様の恋, 歌舞伎浄るりによる結構, 歌舞伎演劇の形式, 歌舞伎灯籠をもつくる, 歌舞伎狂言俄踊等の状, 歌舞伎狂言物真似でしてね, 歌舞伎独特の見せ場, 歌舞伎王国を綿々, 歌舞伎生えぬきの人, 歌舞伎で一番, 歌舞伎界まれにみる, 歌舞伎に育つた, 歌舞伎なもの, 歌舞伎的情調の非, 歌舞伎的手法がいろいろ, 歌舞伎的新派的なるもの, 歌舞伎禁令後に栄えた, 歌舞伎八に, 歌舞伎育ちの粋, 歌舞伎芝居相撲小屋等を移された, 歌舞伎芝居興行の節, 歌舞伎芸者の手踊り, 歌舞伎芸術がそれ自身明治開化, 歌舞伎菊五郎吉右衛門等を中心, 歌舞伎落語三味線柳腰の世界, 歌舞伎藝者の手踊り, 歌舞伎は千年のち, 歌舞伎見るとて, 歌舞伎踊りを踊る, 歌舞伎道創まっての, 歌舞伎はこの, 歌舞伎であつ, 歌舞伎音曲などの沙汰, 歌舞伎の衣裳背景, 歌舞伎風それに西洋音楽, 歌舞伎のみやげ