青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「春~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星 星~ ~映る ~映画 映画~ ~春
春~
春日~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日 昨日~ 昭和~ ~是 是~ ~是非

「春~」 17119, 170ppm, 613位

▼ 春~ (5558, 32.5%)

191 夜の 147 日の 60 日に 47 日が 45 日は 4138 野に 33 日を 31 ような, 水 29 夜に, 夜は, 夜を 28 ように 25 花の 24 日も 22 初めの 21 陽が, 雪 20 初めに, 月 18 歌, 鳥 17 夜や, 日ざし 16 宵, 野の, 陽に, 雪の, 風 15 光が 14 陽を 13 ことで, 夜, 花が, 陽の 12 光に, 光を, 寒さ, 朝の, 雲 11 はじめの, 末から, 草が 10 やうな, 光の, 月が, 海の, 野を

9 [11件] やうに, 姿を, 微風, 暮, 来るの, 潮の, 陽は, 雪は, 雪ふる, 霞の, 風が

8 はじめに, 光は, 夢, 景色を, 末の, 水が, 水の, 終りに, 花を, 雲が

7 [16件] ことであった, サーカス, 一日を, 休みに, 夜だ, 夜と, 大野を, 宵の, 日永の, 末に, 水を, 海を, 空を, 花と, 雨に, 雨の

6 [18件] あけぼの, ところへ, ようだ, 事で, 初めには, 夕ぐれ, 夕暮, 宵に, 宵を, 最初の, 月夜に, 田の, 終りの, 雨が, 頃から, 顔を, 風に, 風は

5 [35件] ある冬, くるの, けしきが, ことだ, ことである, ことでした, ゆふ, 半に, 夕, 巻, 巻の, 彼岸の, 感じを, 憂欝, 方が, 日で, 日永を, 曙の, 木の芽の, 海が, 田に, 目ざめ, 空に, 空の, 空気を, 花, 花は, 芽を, 訪れを, 野路を, 野遊びに, 雪が, 頃, 風を, 香を

4 [58件] ある日, かなしさ, すがた, とり, めざめ, ワルツ, 七種の, 中に, 來る, 光りが, 初で, 初めから, 半日を, 名残の, 夕暮の, 夜が, 夜も, 夜らしい, 始めに, 季節に, 宵です, 宵は, 小雨や, 彼岸が, 彼岸に, 息吹きが, 方へ, 春吉は, 月の, 末でした, 末より, 来ること, 来る日, 歌を, 気配が, 波の, 海, 盛りの, 目ざめの, 祭りに, 色を, 花秋の, 草, 草の, 蚊, 行事と, 訪れが, 陽光が, 陽光は, 雨は, 雨ふる, 雪だ, 雪に, 雲を, 青空が, 風吹く, 駒, 鳥は

3 [123件] おとづれ, お彼岸, かぎりの, かたみ, こころの, こと, ことぶれ, ころは, ために, なかに, のどかな, はじめで, ひかりの, ほかひ, また従兄弟, やうだ, ゆう日, ようである, ソナタ, 一夜を, 一日の, 一日は, 二人に, 人, 仕度に, 來た, 初と, 初に, 初めまで, 初め野焼きの, 初花, 前へ, 匂いが, 午後の, 名残を, 名殘, 土の, 声, 声を, 夕の, 夕も, 夕方の, 夕空を, 夕陽は, 外套を, 夜である, 夜なれ, 夜風が, 女, 如し, 季節の, 季節を, 宿, 小鳥の, 嵐の, 弥生の, 心に, 思ひ出, 息吹きに, 感情, 或る, 支度に, 方を, 旅, 日, 日な, 日や, 日光が, 日光に, 日光を, 早朝の, 昼, 時に, 晩の, 暖かさ, 暮れゆく, 月夜の, 朝でした, 朝に, 朝日が, 末夏の, 様な, 気配を, 波に, 海に, 海は, 海原の, 深さ, 潮が, 潮に, 火事で, 灯の, 用意に, 盛りに, 眺めは, 眼覺め, 空は, 空気の, 終りには, 美しさ, 耕田, 花だ, 花よりも, 花園の, 草に, 草は, 草花が, 衣裳を, 言葉は, 言葉を, 近さ, 野は, 野へ, 野原を, 錦, 長閑な, 陽ざしの, 雪解けの, 雲に, 音, 頃に, 頃よりと, 麗らかな

2 [335件] あた, あめかな, あるあ, あるか, ある夕方, ある夜, ある日曜日, あを, うちに, おとずれも, おぼろ染, おも, おもかげ, おもしろの, かすみに, かぜ, かりがね, きざしの, くること, くれ, けだるさ, こ, ことか, ことだった, ことだつた, ことであります, ことは, ころには, さかりに, さかりの, しづけさ, すが, すゑに, ながめは, なごりに, なごりの, なごりを, ぬか, のどかに, はじまりの, はつ花に, ほの, ぽかぽかする, まだ寒い, まれびとの, めぐって, ものに, ゆうぐれ, ゆく衞, ようだった, ようでした, ようです, インバネスを, オヴァ・コオトの, ビイルを, 一刷毛あざやかに, 七種中の, 七草, 七草の, 七草を, 下弦の, 中折帽を, 事である, 二の舞が, 休みで, 休暇で, 体は, 先駆を, 光りを, 入日の, 内牛馬不通, 出である, 初とは, 初には, 初めで, 初めと, 初めらしい, 初めを, 初め野燒きの火が, 別れの, 前に, 動きを, 午の, 卯月の, 口から, 名残りの, 名残りを, 命は, 四月である, 国河遠白し, 園遊会に, 土, 声には, 声色を, 売出しで, 夕と, 夕に, 夕べに, 夕を, 夕日が, 夕暮れの, 夕暮を, 夕立ちは, 夕陽が, 夕陽を, 夕風が, 外套, 夜で, 夜とは, 夜ながら, 夜ふけて, 夜らし, 夜風に, 夢の, 大地の, 大放送, 大気の, 奈良へ, 女王の, 女神なる, 姉の, 姿であった, 季には, 季節で, 季節には, 季題に, 宵であった, 宵壬生狂言の, 家族には, 小さい魂, 小川, 小川の, 小鳥, 山野, 山風, 岬, 嵐は, 川瀬を, 巴里の, 巷は, 帽子を, 底の, 庭を, 彼岸と, 後ろ姿やがて, 微風が, 心, 心の, 心よりに, 息吹きを, 息吹の, 恵みを, 愁と, 感じが, 支度も, 旅の, 日だった, 日であった, 日とか, 日光と, 日光は, 日向の, 日妙に, 日影の, 日影は, 日暖かい, 日暮です, 日暮は, 日暮れ, 日永に, 日永は, 日脚の, 日長の, 早い頃, 星, 星が, 春吉に, 晝, 晩に, 景色が, 景色の, 暗示よ, 曙, 曙を, 曲, 月は, 月を, 月影に, 朝, 朝日と, 朝風を, 朧げなる, 朧夜を, 木々を, 末だ, 末なり, 末には, 末頃から, 来たの, 枝に, 案内で, 桜が, 桜に, 桜の, 桜秋の, 様に, 樹木の, 歌の, 気を, 気分が, 水と, 水に, 水へ, 水船に, 永久に, 泉の, 波, 波を, 泥, 泥洗足の, 海らしい, 海辺を, 淋しさ, 淡雪は, 温気に, 温泉場, 温泉場へ, 灯が, 灯は, 燭火に, 用意の, 田, 盛りを, 目覚め, 眞中に, 真昼に, 眺は, 磯恋しき, 神と, 神を, 祭りの, 空, 空が, 空へ, 空気に, 空気は, 立ち返った或, 答を, 節句が, 糸, 終り夏, 羽織を, 胸もとへ, 色なり, 花かよ, 花にも, 花の木が, 花見の, 苑くれ, 若芽が, 若葉や, 草まだ, 草木の, 草花彫刻の, 菜の, 葉に, 薔薇, 蚊の, 蚊立つ, 蛙の, 蛾は, 行事を, 行楽に, 行衛かな, 装いも, 記憶を, 訪れに, 訪れは, 訪れる度, 詩の, 話に, 話を, 話水仙の, 貢, 近い空, 返って, 速さ, 遊は, 郊外の, 野が, 野も, 野原は, 銃眼, 長い日, 闇夜を, 陽ざし青山長者丸から, 陽差しに, 陽梅の, 陽気が, 陽気下より, 陽炎と, 雨だ, 雨濡れ, 雨高野の, 雪と, 雪ふりつ, 雪らしい, 雪を, 雪鉄石の, 雪頽なり, 雷, 雷が, 霜が, 霞は, 霞みが, 靄に, 静かな, 面影を, 頃で, 頃であった, 頃見, 頃野山の, 頭へ, 題を, 風だ, 風物を, 風邪, 魂は, 鳥な, 鳥の, 鴉啼く, 鶫が, 鶯ある, 黄昏, 黄昏近く

1 [2407件 抜粋] あかつきの, あさなぎ, あった風, あは, ある午後, あわ雪, いとなみ深から, いやはて, うすあかり, うた焚く, うち野山から, うららかな日の, おだやかな, おとづれと併せ, おとめごころ, おぼろ月の, お天気, お月さま薄ぐもり, かかる折, かたすみ, きざしが, きて, くれかな, くれ夏, こけた頬, こし, ことです, ことイズマイロフ家の, こと旦那と, この曇り, ころ, ころだった, ころわたしは, ごときけしき一色, ごとく平和, さかりだ, さくらばな, ざわめきは, しづくし, しるしで, すゑのさみしや, そして若き, たくみの, ため, つねで, ときの, ところを, なかばで, なごりのと, ならいで, ねむり, はじめから, はじめらしい, はな帋, ひととき, ひねもす, ふかきを, ほうで, ほしいまま, またたく灯かげ, まつさかり, まれびとに関する, ま夜中, めぐみを, もので, やさしさ, やわらかい夕ぐれ, ゆく衛, よい暗を, よき日, わすれ子, キメラが, サロンから, シンボルの, スカーフ, バンジョーの, ビードロ玉だ, ワルツの, 一人娘早百合姫は, 一夢を, 一日半夜だった, 一絃一柱に, 七種を, 七草も, 三ヶ日は, 三四月に, 三月は, 上野公園は, 世や, 世話で, 丘を, 乗込み鮒, 事だ, 事とか, 二ヶ月間ぐらいに, 二回の, 云うの, 人である, 今を, 仕事を, 伏見寺田屋騒動夏の, 休みなどに, 休も, 休暇後である, 住居は, 作付という, 來方の, 傳令使も, 兄弟は, 先駆者である, 光りに, 光線が, 入院まで, 冷, 分袂, 初めくらいの, 初めまだ, 初め森の, 初光, 利口さと, 前兆を, 力が, 勢力威力が, 匂ひ, 午前湖水の, 午後アマアリエン街を, 半ばごろに, 半わざ, 半頃である, 印象感じを, 厭がる, 収穫で, 句において, 名残が, 名残りらしい, 呼吸が, 和やかな, 善美を, 喰ひ, 四五月頃において, 四月までに, 国を, 土が, 土用に, 地下から, 埃が, 塵, 墓誌が, 夕ぐれでありました, 夕べの, 夕べ管輅が, 夕庭, 夕方に, 夕暮でございました, 夕暮れでございました, 夕私は, 夕陽の, 外套だ, 夜その, 夜では, 夜なる, 夜ふけの, 夜ゆくりなく, 夜喫茶店に, 夜嵐が, 夜昔の, 夜浅し, 夜誰やら, 夜風である, 夢を, 大同団結に, 大掃除, 大統領改選期を, 大馬揃い, 天地が, 太刀も, 太陽は, 女心に, 女神の, 好きだった, 如くただ, 如しさ, 妙薬として, 妻子も, 始め, 姿である, 姿や, 子眉毛, 季から, 季も, 季節や, 学期休みと, 客, 宵が, 宵でありました, 宵もの, 宵朧乍ら屋並の, 家へ, 寒いころ, 寝てるうち, 小品でも, 小琴, 小遣いに, 小雨といふ, 小鳥も, 展覧会は, 山吹とともに, 山辺の, 山風身に, 嵐が, 川舟, 巷柳ちる, 帽子が, 幻は, 広野に, 庭へ, 強き日を, 彩ある, 彼岸, 彼岸という, 彼岸を, 彼岸過て, 後の, 御支度, 復活の, 心が, 心持の, 思いが, 恨みを, 息を, 悩みが, 愁なる, 感応, 懶さ, 或夜, 手間で, 持って, 支度を, 数週日の, 新しい装飾, 新学期, 方で, 旅と, 旅人, 日うら, 日くれぬ, 日と, 日なれ, 日ばかりを, 日光には, 日射しとともに, 日小野の, 日影, 日文作りな, 日曜日天野勇一君は, 日燃ゆる, 日記は, 旦に, 早い都, 昔時より, 星を, 昼は, 昼霞に, 時候であります, 時雨か, 晩がたお寺の, 晩方桜の, 景氣不景氣が, 景色と, 晴れた日, 晴衣, 暖気で, 暖氣で, 暮そこの, 暮や, 暮れかな, 暮仏焔ふかし, 暮方その, 曉峰の, 曠野の, 最中らしい, 月でも, 月八阪の, 月海土公園の, 服着, 朝でも, 朝われ黒髪に, 朝早く, 朝靄の, 朧の, 朧月夜だ, 木初夏の, 末からは, 末だつたらう, 末つ方遠, 末もう, 末海底の, 杏の, 来たのに, 来ると, 来去は, 東雲の, 枝葉が, 染紙, 柳そむかず, 桜は, 桜時は, 楽しみを, 樂み, 樹の, 歌に, 歌留多に, 歓喜が, 正月と, 歩みは, 死骸から, 母が, 母親は, 気もちの, 気候を, 気品と, 気配は, 水などと, 水はのたり, 水見る, 氷とも, 永いお, 江戸早駕籠の, 河, 河終日のたりのたり, 泥かな, 泥濘も, 流れの, 浅野内匠頭に, 浮雲と, 海と, 海原, 海鳴る, 淡雪, 深きに, 渡舟に, 温度の, 温習会の, 漁業の, 潮遠音ひびき, 炎の, 無常と, 煙りが, 牡丹桜の, 物干, 独唱会で, 現象は, 生気が, 用意が, 田植えや, 病気から, 白い雲, 百花によって, 盛り場で, 目高なら泳い, 真中へ, 真昼を, 真綿雲, 眼に, 知死期の, 磯の, 神に, 神男の, 祭りには, 移りも, 稽古部屋では, 空正午に, 空静に, 竈場なり, 競馬季節も, 粉雪が, 精気など, 紙鳶も, 紺碧を, 終りごろなにやら, 終り海, 終日を, 絵ことに, 綜合展は, 羅馬に, 群集を, 肩を, 胡蝶が, 脊広を, 膝までの, 自然を, 舞を, 色, 色は, 色香に, 花から, 花には, 花園は, 花盛りの, 花虱の, 花車が, 芽ぐんだ大地, 芽生えの, 若芽の, 若葉を, 草では, 草も, 荒っぽさ, 萠黄色の, 蒔きつけ用, 薄霞, 虹の, 蚊を, 血を, 行事が, 街, 衣裳をといふ, 装いが, 見物に, 言触れを, 訪れで, 訪客, 試合の, 詩四首を, 詰まりに, 調子の, 象徴を, 賦, 跫音は, 踊りでも, 身体は, 農作物祝福の, 迅風に, 近づいた天気, 退院後は, 遅い伊吹, 遊びで, 遊戯が, 道中の, 道場開きまで, 遠い三月, 還るを, 都落ち, 酵母, 里に, 野にてぞねを, 野ら, 野山に, 野火との, 野辺の, 野面から, 錦という, 闇, 闌なるごとく, 陽ざしは, 陽光を, 陽炎の, 雁, 雑沓を, 雨であった, 雨橋を, 雨障子のを, 雪つむ, 雪です, 雪みだれ, 雪崩とは, 雪粟津の, 雪解け川, 雪道凍り, 雲に関する, 雲集ふ, 雷雨の, 霙の, 霜も, 霞にて, 霞夏の, 青さ, 静な, 音たて, 音信である, 頃でした, 頃は, 頃クサカが, 順序である, 顔めがけ, 風には, 風広き, 風梅花咲く, 風磯の, 香の, 香りの, 駒ひとこゑ高く, 驟雨に, 鬼に関する, 魔術を, 鰊場の, 鳥も, 鷺の, 黄昏で, 鼓を

▼ 春~ (1482, 8.7%)

24 きぬ 11 来に 8 来た 7 桜の 6 来る, 老人の 5 すぐに, 今だ, 咲く, 早や, 櫻の, 蛙夏は 4 それを, 心の, 来たの, 来ぬ, 益満の, 相変らず

3 [22件] お雪, これで, そう思った, とても立, ほうけて, まだ浅き, 一面に, 來に, 山から, 幔幕の, 思った, 春の, 朗らか, 死んで, 浅く, 田の面の, 胸を, 花の, 花咲き, 花咲く, 野に, 驚いて

2 [108件] あけぼのやうやう, あけぼの紫の, あわてて, いまけむる, うごけり, おのづか, かそけさ, きて, きに, ここに, この天変, この御, これも, さう, さすがに, しかし平然と, しづかに, すでに動きぬ, すべての, その翌日, その風, ただ盃, とうに息, どうなる, どこから, のどかである, まことに快適そのもの, またぎょっと, まだほんの, まだ寂し, まだ寒い, まだ寒き, まだ浅い, まだ眼, めぐって, やはり夕日, インフルエンザが, 一日の, 一緒に, 三月の, 下から, 不思議そうに, 云った, 仙人の, 來ぬ, 十四で, 去て, 可哀想です, 呻くよう, 喜んだの, 声を, 壺菫に, 多い毛, 大弥太, 大音寺前に, 娘の, 娵でも, 富山七之助に, 山形へ, 平和に, 庄吉が, 心を, 必死に, 急に, 愉快そうに, 感じた, 早速その, 曙やうやう, 曙一の, 朝ほのぼの, 来たが, 来ても, 来ない, 来るとも, 枝頭に, 柳の, 歩いて, 母の, 気候が, 永久に, 津の, 漸く安心, 無残にも, 病ましも, 短いもの, 祝言する, 笑って, 縁側に, 老いやすし, 老木の, 胆を, 花秋は, 譫言の, 象の, 赤く夏, 起き出る田, 逝きつつ, 遅かった, 酣であった, 長い煙管, 長野や, 飛んで, 館の, 首に, 首を, 馬醉木に, 驚いたの, 黙って

1 [1084件 抜粋] ああいう, あけぼのそら, あけぼのやう, あけぼの云々は, あの日蔭, あまりに寂しかっ, あり, あれども, いそいそ立上り, いっさんに, いつしか私, いつのまにか暮れ, いつまでも, いつも新九郎, いつやつ, いにけり, いま, いまだ浅, いまだ風, いまや吉保, いま手が, いよいよお, いよいよ急い, いよいよ気分, うつくしい, うなずいた, うるさくも, おそい, おそけれど, おそわれたよう, おどろいて, おのずと満ち, おめいた, お庭, お惣菜, お練り, かえってのどか, かなしき, かの秋, きたれど, くりくりした, くれに, こういうこと, こう云っ, ここにばかり, ことさら也, ことに参覲交代制度, この北國, この時, この木, この長雨, こわごわながら, さく, さらなり, しかししばらく, しやれたり, すすんで, すなわち渠槽, そこから, そっちへ, その反対, その時, その水晶山, その都度, それで, そんなこと, ぞっとし, たうとう, たしかにこの, ただ茫然, たちまち去っ, たつたこれ, たとへば偉大, たまりかねて, たれにか, ちかしと, ちょっと見た, ちらっと益満, ときどき神田, となりの, とんだご, どうでも, どこかへ, どことも, どこやら, なおの, なかなか大きい, なほ見えね, なんだか忌, にわかに元気, のどかに, のどけし案内者, はっとして, ひとりさつきから, ひねもす子どもら, ふと母親, ふれて, ほっとし, ほつと, ほんとに仕事, まずほっと安心, またあたたかい, また山辺, また蒼く, また近頃薄, まだい, まだきの, まだしか, まだとと, まだ九歳, まだ其處, まだ峠, まだ河原, まだ青から, まったくこの, まどかに, みなで, もうここ, もう余程深く, もう十八, もう来, もう欝, もう赤ちゃん, もえ秋, もと櫓下, ものごとに, ものの, やがて弛い, やはり豊か, ゆかしい死, ゆく水音, ゆたかに, ようやく日, ようやく深し, よくそれ, よさそう, よし恰も, わが身に, ガチガチ歯を, スゴイ操短冬強化一ヵ月五千足, ノッと, ハラハラと, フラフラと, マデイラへの, ロシナンテの, 一人きりだった, 一句に, 一年に, 一月から, 一番やりきれない, 一足進んだ, 丁度十八で, 丈夫の, 三味線を, 三晩つづい, 三月落花の, 上りながら, 上り口へ, 不公平なく, 不平そうな, 世の, 世間へ, 両袖, 主人の, 二十七に, 二百里の, 云い両手, 云って, 五臓を, 京都同志社の, 人を, 人出で, 人氣者だつた, 今でも, 今年二十六で, 今農用馬車, 仰天し, 何うし, 何もかもいつ, 何んか, 何処の, 余りに慌しい, 來ぬれ, 來り, 価千金あ, 俄に, 信長も, 俺にも, 優しく應, 光れり, 再び樹, 冬に, 刀へ, 刎ね, 別れの, 前に, 動かなかった, 勝手の, 勿論黙っ, 北に, 十一月四日に, 十五, 十八の, 十兵衛から, 午前の, 南半球の, 却って私, 去ったが, 去つて將, 去年の, 又ひやりと, 口で, 叫びを, 叫んだ, 右の, 吉多礼登, 名取の, 呉羽之, 周章てて, 呻いた, 咲くよ, 唄を, 嘆願する, 囘向院の, 四月の, 四谷の, 団扇で, 困った時, 土に, 土筆を, 垣根の, 塀外の, 夏に, 多少賑わう, 夢なれ, 夢殿日お, 大層肉, 大根の, 天正二年と, 太平洋から, 好いな, 如何と, 威勢よく, 嬉しい, 孫右衞門の, 安琴の, 実に惣蔵, 宮方に, 寂しかった, 富士の, 寒さ, 寝かされなかった, 小さな石塔, 小女に, 小枝, 小鳥も, 山の神里に, 山辺の, 川下で, 師匠と, 帯を, 常磐津の, 平次の, 広い野原, 庭の, 廻り芽萌える, 弱氣, 当時既に, 彼の, 彼女を, 往ぬやら, 待っとるぞ, 御殿山の, 御身の, 微笑し, 必ずしも直観的, 忘れで, 忽然数年前に, 怒鳴った, 思はず眼, 思わずあっ, 思わず耳, 思慮の, 恐ろしくも, 情熱的に, 愈々爛熟, 意地って, 慥に, 憂欝と, 我々こそと, 我家に, 我慢強くぢ, 所謂竹の, 手を, 摘草に, 播種し, 文政八年の, 新調した, 既に尽きぬ, 日々に, 日に, 旧三月三日, 早く仕舞いやす, 早く梅, 早瀬の, 明治六年に, 昔の, 春は, 春らしくながれ, 春霞に, 春風吹き荒ん, 暑からず, 暖かであった, 暮れゆく踊り子, 曙, 更けて, 替はれども, 最早暮, 木の, 本当に何ん, 杏や, 来ず, 来ぬらし, 来ました, 来ると, 来れども, 東京あたりより, 柱に, 桜が, 梅桜桃李が, 梅藤の, 椿の, 楠木家を, 櫂うつ夢小舟, 櫻や, 次第に次第に次第に気, 歌うよう, 正月から, 歸れ, 死のうと, 殿の, 毎年だ, 気温が, 水嵩も, 決心した, 治六も, 泣き声を, 浅いという, 浅く帳裡, 浅けど, 浮立つて, 浴衣の, 涙に, 涙声に, 深まって, 湯戻りらしく, 満足し, 漸く彼, 潮干狩冬の, 火種へ, 炬燵のう, 煙管へ, 爛漫と, 牛の, 牧場に, 狭い土間, 猛然と新芽, 生れて, 田端の, 男の, 皆から, 益満と, 目が, 盲目の, 真っ赤に, 眠くなる, 眼顔で, 瞬く間, 知るらん, 砂の, 祐二である, 神妙に, 禽が, 私だ, 秉忠の, 空から, 空巣が, 立けれ, 立って, 立どまりて, 答えた, 紅縮緬の, 素知らぬ顔, 紫の, 紺より, 絵に, 練出さない, 翌朝早く, 老いに, 考えて, 耕す, 聖堂裏で, 肋膜を, 肥馬強兵を, 肱で, 胸に, 脣を, 膝を, 自分の, 舅の, 色情狂と, 芝の, 花いざ, 花さき, 花吹雪夏は, 花夏は, 花見夏は, 花見秋は, 芽ぶき秋, 若い頃, 若草秋は, 若菜の, 草が, 草穂に, 荒っぽいこと, 菜種の, 菫秋は, 落涙さえ, 蔵人の, 蕨を, 藤なみを, 蛙の, 行き夏, 行くめ, 見晴らしの, 覚醒めた, 言いますが, 言って, 言付けられて, 訝しそう, 訪れた, 訪れ夏, 誰に, 豫て, 起きたまま, 越せそう, 足音を, 躄るよう, 躑躅山桜の, 身も, 軒の, 辛抱強く眺め, 近い, 返つて, 迫って, 透きとおるよう, 逝いて, 逝く夏, 逼っても, 遅いから, 遅くいま, 遍路の, 過ぎても, 過ぎ夏, 遠くから, 遠くし, 遠けど, 遠慮も, 酒の, 酔って, 酣は, 醫師の, 里見一族の, 野からも, 金沢町の, 鏡台の, 長火鉢の, 長閑に, 閉切った, 闌くる, 陰影で, 隣り部屋, 雪が, 雪凍て, 雪解を, 雲間に, 霞める高台, 静かに, 面白かった, 頷いた, 風邪が, 飛ぶ, 養母沢に, 香の, 馬酔木林と, 駕籠を, 鬢を, 鶯を, 麥の, 麦を

▼ 春~ (1002, 5.9%)

121 なると 103 なって 31 なれば 19 なっても 16 なってから 15 なった 12 なつた 11 なつたら 10 なつて, なりました 9 なったの 8 して, しては 7 いたれば 6 なってからの, なりても, なるの 5 なりに, なり夏山, なる 4 いたり, なったから, なりますと, 於て, 至って 3 なったと, なり夏, 死んだ, 私は, 秋に, 至りて

2 [48件] あり, いたりても, かぎらず雪, かすめる世, くらべて, なったら少し, なった四月, なってからは, ならなければ, なり, なるまで, なるまでに, なる色, なる頃, むかって, めぐり合, 云いつけて, 出勤仕, 別れを, 向かって, 和せる, 女学校を, 巴里に, 手伝って, 新葉, 旧根, 有頂天である, 東京に, 比べると, 渡して, 父が, 生れた次女, 目ざめて, 目覚めて, 眼を, 知られぬ花, 移って, 至るまで, 船が, 花が, 芽を, 訪れて, 話した, 近づいたよう, 逢は, 遇し時, 違ひない, 飛びかかりました

1 [455件] あいたけと, あこがれつ, あった心地, あつく礼, あなたが, あへれ, あらずして, あらず樹頭, あるばかり, ある筈, いたりて, いちど兄さんに, いちど編みかけ, いづこ, いて, うつした婚礼, うつせば, うつるや, うとくこそ, かぎって, かけらくに, かたづいて, くるみの, こころこそ, このセリ, この大学, この種子, こもる翁, こよひ, ござりまする, さきがけ茶, しあれば, してからが, しても, し逢, する, するの, そこすなわち, そそのかされて, そなえるよう, その代償, その処女航海, そむいた家, そむいて, そむく年頃, それとなく名残, それまで, たった一つ, たばかられて, だらけた人々, ちげえ, つぎ夏, つけても, でかけたとき, なすべき牧場, なったか, なったかと, なったが, なったころ, なったとき, なったところ, なったとは, なったので, なったばかり, なったら, なったらお, なったらこの, なったらどこ, なったらまた, なったら二人, なったら別荘, なったら房州南方, なったら早々, なったら春風, なったら本式, なったら植えて, なったら熱海, なったら燕, なったら盛岡祭, なったら砂金採り, なったら花, なったら芽, なったら若い, なったら連れて, なったら避暑, なったん, なった懽, なっては, なつたつ, なつたんで, ならうと, ならないうち, ならないかなあ, ならないん, ならぬ以前, なりおった, なりかかって, なりかかつた温かい, なりかけて, なりきった晩, なりきつ, なりましてから, なりましてからは, なりましょうね, なりますからねエ, なりゃ小麦, なりやっと, なりわたくし, なり仕事, なり六蔵, なり切つて, なり切れない自然, なり朝, なり畑, なり花, なり近く都, なり雪, なるからね, なるとか, なるとは, なる前, なる前夜, なれぁいいんですね, なれと, なれバ妻ハ鹿児島, なろうと, なろうとして, はいったと, はっきり啼く, ひとしき炉, ふさわしい閑雅, ふた, ふと私, まっさきに咲く, まつさき, まつはる不幸, むかっても, めぐりあうこと, めぐり合いました次第, めぐり遇, もとより堪へぬうまれ, よせし心, よも逢う, われ知らず三里の, オシ, バルト海を, ボンベイに, ミネルバの, 一丁目の, 一家が, 一度東京, 一度結婚, 一度耙で, 一番早く, 三つましの, 上京し, 上越線岩本駅地先へ, 与えたことば, 中学を, 中村南日の, 丹波山村から, 二たびも, 二人の, 二度の, 二度目の, 云うの, 云はせ, 京都から, 仕立て夏, 代って, 代らしめようと, 伊東みやげの, 伏見の, 会うて, 会うを, 似ず, 似た靄, 似合う, 似合わぬ寒き, 似合わぬ強い, 何か, 作られたもの, 使われる木, 來る, 優るとも, 元の, 兄が, 先立って, 先立つて, 先駆ける, 入つて, 入らうと, 入るが, 入ると, 入ろうと, 冬瓜の, 出したポスター, 出るよう, 出府する, 出版される, 出逢, 刈って, 初めて前髪, 別荘は, 動いたもの, 勝へ, 包含する, 十も, 受取つた手紙で, 向いて, 向いました, 向かい早瀬, 向って, 君侯の, 命じて, 和らぐ, 咲き, 咲きほこって, 咲く, 回り合つたの, 固執し, 園の, 墨を, 声を, 売られて, 変ったと, 変りゆく太陽, 変ると, 変る時, 夕暮と, 夜鳩を, 大酒, 大阪の, 太平から, 太陽の, 夫の, 女房に, 妻が, 妻は, 妻を, 始まった私, 姿を, 完成した, 宛てられるやう, 寄す, 寄せて, 少年は, 山を, 山地に, 山焼きします, 岡崎で, 市丸太夫の, 帰る筈, 帰る雁, 帰国し, 帰省した, 引越して, 弟が, 彼は, 待てとの, 後れて, 御主君飛騨守, 心を, 忙しい店, 悲しんだ, 惚れて, 惹きとどめようと, 意味を, 慈善の, 憂あり, 懷胎した, 成つた, 成つたので, 成りぬお, 成テ鯡ゴト干し, 戻して, 手を, 手代の, 招待され, 拝借させ, 掛かって, 掛けて, 接した, 接近する, 改めて我楽, 故人に, 数へ, 新芽を, 於けるが, 於ける植物性食餌, 於ては, 日記の, 明け放って, 是寺へ, 時めきて, 更けた空山一路, 書いた手紙, 有りがち, 木のはの, 村一番の, 東宝映画部長佐生と, 枯れる, 栄え秋, 根上から, 根頭から, 桃われゆへる, 歌って, 止めを, 歸る, 歸朝し, 死にかけて, 死んで, 比べて, 気付いたとき彼, 気病みの, 汚行が, 流産を, 浮かれて, 浮んだの, 浮動する, 満ちみちて, 火を, 照る梅, 爆弾で, 父と, 特有な, 狭霧の, 生れし彌生子, 生れた女の子, 生れた若い, 用なき, 當つて人が, 疑いの, 盛んに, 目ざめたとしても, 目覚めた, 目覚めぬ娘, 相応は, 着せるため, 着るといふ, 知られぬ老, 私共の, 移ったこと, 移りつつ, 移りゆく時分, 突き当ったの, 筒井を, 籠る緑, 結婚し, 結婚した, 縁談を, 縋った, 縋りついた, 繰り返すの, 纏いつかれて, 美しい白河, 耕して, 聲を, 背きて, 背中を, 自費出版した, 至て, 至り午後三時五十四分の上り汽車, 至り彼女, 色なき, 花と, 花を, 芽出った, 芽出つ, 苗を, 若やぐが, 英傑あり, 英国の, 華さき夏に, 萌えだす木の芽, 萠し, 蘇つてこの, 蝴蝶と, 行かむとは歌, 行はず秋以後冬に, 行われた馬揃い, 行綱は, 裾廻しを, 西南戦争を, 見えた, 見合いを, 覚めて, 解氷する, 言いました, 託す, 詠める, 誇るもの, 謳歌し, 買った一棟, 近いこと, 近いザラメ, 近い間, 近づいて, 近づく地殼, 返ったの, 返る, 逝かれ風, 逢いたい, 逢い人心地, 逢うかと, 逢うまでは, 逢うも, 逢う菜の花, 逢おうと, 逢おうなどとは, 逢ったとき, 逢はむ, 逢ひ, 逢ひしか, 逢ひぬれ, 逢ふ, 逢へ, 遇うて, 遇って, 遇つてお前は, 遇つて漸く, 遇ひたる, 遇ひつる, 遇ひなば, 遇へ, 遇わないで, 遊ぶの人, 達せん, 遠くひえびえ, 適した感じ, 酌を, 酔ったよう, 酔って, 酔つ, 醉ふ, 錢を, 附属小学校から, 降参し, 限ったもの, 隠して, 隣りする心持, 離縁ばなしが, 霞隔てず折り, 面白い事, 響くめり, 頼まれて, 頼んで, 飽き真黒き, 養われて, 騙されたと, 高松から, 高等小学校を, 魁けし, 麹町の, 黒ずんだ地中

▼ 春~ (839, 4.9%)

42 来た, 来て 20 きて 13 めぐって 11 来れば 10 訪れて 9 來た, 来ても, 来る 8 来た春 7 きた, くると, 来ると, 来るの 6 やつて, 来たの, 逝く 5 くれば, 近づいて 4 きました, 來て, 來る, 暮れて, 来たこと, 来たよう, 来ますと, 過ぎて

3 [11件] き夏, やってきたよう, やってきました, やってくるの, 呼ぶ, 好き, 帰つて来た, 来たのに, 来たやう, 近い, 過ぎ夏

2 [48件] あった, あべこべに, ありました, ある, いた, きたよう, きても, くる, くるの, くるまで, これまでの, すぎて, たけて, めぐつて, もう来た, やってきて, やって来て, やって来る, 三つの, 以前の, 好きだ, 巡って, 帰って, 来たからと, 来たぜ, 来たぞな, 来たので, 来たもの, 来た友, 来るごと, 来るまで, 来夏, 死にましたぜ, 泣くの, 立つの, 花火を, 蘇って, 蘇生つた, 訪ずれ, 訪れると, 近いと, 近づいた頃私, 逝って, 過ぎてからは, 金の, 闌けて, 頭を, 顔を

1 [449件] あっしへ, あったおだやか, あったとて, あったの, あって, あの水, あはた, あらわれ又, あらわれ月, あるさ, あると, あれきり口を, あれば, いい, いいわね, いい秋, いかに待たれ, いそいで, いそがしく狂人, いちばん好きでした, いまさらの, いまや容易, うごいて, うしろから, うたえるもの, うたひます, おそいこの, おそい今年, おそく夜, おとずれいま, おとずれた, おとずれたの, おとずれて, おとずれるの, おとずれ初夏, おとづれて十二階の, お前の, お雪, きかかって, きこえて, きたから, きたころ, きたぞな, きたぞよ, きたとき, きたど, きたなと, きたの, きたり, きたモスク, きた山, きた水音, きのう持っ, きまして, きます, くるたび, くるので, くるよ, くる時分, ことごとく退屈, こないに, このお, このよう, この教団, この村, この野原, こんな深酔い, さうし, さう言, さしずめこの, しける日, じきだ, すぎたら静か, すぎても, すぎ夏, すでに動い, すでに満ちみち, そういう人工品, そこから, そぞろに, そちの, その間から, それを, そろそろと, たけぬと, たち初午, たった今仮, だいぶ深まった, だん, ちかいわ, ちかよるすかんぽ, でさア, とうとうやってきた, ところどころの, とち狂ったに, ととのい来るという, とどまって, とめた, どういう死, どうしてわれら, どうして知っ, どうして知つて, なやましくなり, にじんで, ばっと, ほほえめよ, まさに爛漫, また帰っ, また死体, まだ淺くつ, まつしろ, まわって, みずから死んだ, みつちり, むかしの, むら気に, めぐつてまいりました, めぐつて來よう, めぐりぎて桜, もう来ます, もう過ぎ, やって来た, やって来ました, やって来ること, やって来るよ, やっと訪れ初めた, やまぢ, ゆき夏, ゆくヱンジン, ゆく股引, ようやく浅間, よかろう, よくなっ, よく水汲, われわれの, 一どきに来, 一ぱいに, 一ぺんに, 一時に, 一歩ニジリ出す, 一番好きです, 上って, 下から, 下手人とは, 両岸, 久し振りで, 亀山へ, 二刻前に, 云った, 云った時, 五人の, 五月まぢかい, 人に, 人の, 人を, 人形を, 他年一家を, 伊太利半島の, 低く叫ん, 住むこの, 住むは, 來ました, 來るらしい底知れ, 來れ, 俄に, 俵屋へ, 偲ばれて, 兄の, 再びそこ, 再びめぐつて, 再び返っ, 冬によって, 列を, 到来し, 動いて, 匂いかけて, 十一月二十四日に, 十一月四日に, 単なる人為的, 去って, 去り江戸, 去れば, 参りましたよう, 台所の, 名高くなった, 吹き込んで, 吾人に, 告げに, 唱えた, 商賣, 問題である, 嗣子磐を, 回って, 地上に, 堀の内の, 堀の内へ, 堕ちたる幽暗, 夏に, 多治見, 夢中で, 夢中に, 大なる, 大事に, 大体において, 好いで, 好きな, 如何に, 始まって, 姿を, 媚びた眼, 宗家を, 宮方を, 富子に, 寒いといふ, 小次郎を, 尽きて, 居なければ, 山に, 帯の, 帰つて来るだらう, 幽霊の, 庄吉を, 序戦を, 廊下を, 廻って, 廻り來, 廻り来る頃, 弾き出すと, 当て篏め, 彼に, 彼を, 彼女の, 徂く, 待たれた, 待たれたの, 待って, 復って, 心得て, 忍び寄つたらしく, 忍び寄るに, 忍ぶよう, 怖いから, 思い出される, 急に, 恋しくなった, 恐る恐る襖, 悄れ, 悦子の, 感じられるそこ, 感じられるだらうと, 感じられる陽気, 感ぜられる暖かい, 憎かつ, 憎らしくなっ, 戻って, 手土産の, 拾って, 持って, 振向いて, 撫擦つて可愛, 料理屋の, 早い, 早いかも, 早くき, 早く来, 早く来過ぎた, 早すぎ, 明瞭に, 春が, 時々飲み物, 暖かくなる, 最期を, 末子孫祐を, 来さうな, 来たいちはやく, 来たかと, 来たかな, 来たこの, 来たころ, 来たって, 来たつて, 来たと, 来たという, 来たといつて, 来たとて, 来たとは, 来たどこ, 来たなと, 来たほんのり, 来たよと, 来たらあるいは, 来たらしいよ, 来たらしく雪, 来たら花, 来たり, 来たを, 来た君ら, 来た旅, 来た時, 来た様, 来た水音, 来た空, 来た野, 来た金, 来た雪, 来た馬糞, 来ました, 来ました忽忘草, 来ました輝く春, 来ますわ, 来よう, 来るくらい, 来るころ, 来るさ, 来るたび, 来るという, 来るとき, 来るとも, 来るに, 来るね, 来る前, 来る毎, 来既に, 染めあげるかの, 桜を, 楽しまれるよう, 楽しみです, 様子探りにでも, 次男鉄三郎を, 死んで, 殺されたと, 殺されたの, 永く自分, 江戸に, 江戸へ, 流れ込んだ, 浅いので, 浅くそれに, 深くなっ, 深けたと, 漸く山の上, 漸く暖かく, 爛熟し, 爪弾きで, 片袖, 珈排と, 現れ閾際, 生れるよう, 生れる歓び, 生活の, 男の, 盆の, 益満を, 知って, 石切横町で, 私の, 私達の, 移つて雨が, 立ち返って, 立ったその, 立ったの, 立つかと, 立上っ, 立返ると, 端座し, 答え, 答えたが, 簇がる, 納戸に, 素早く格子, 素速く, 終れば, 終ろうと, 終わる日, 継嗣を, 自分たちの, 自分へ, 自分を, 芽ぐむでは, 若し自分, 若葉を, 苦心の, 菊王を, 萌えて, 落籍されて, 著て, 蘇つたとも, 見て, 見上げた, 見舞って, 言い出して, 言葉を, 訪ねて, 訪れた, 訪れたの, 訪れたばかりの, 訪れたよう, 訪れよう, 訪れる, 訪れること, 訪れるころ, 訪れるはず, 訪れるまで, 訪れ出すと, 誰か一人引受ける, 誰にも, 豊熟した, 身に, 軽く挨拶, 辞退する, 辿って, 迂濶, 迎いに, 迎へられ, 近いしるし, 近かった, 近くなる, 近づいたかと, 近づいたころ, 近づいたせゐか, 近づいたとは, 近づいたの, 近づくと, 返ったよう, 迫った様, 途中で, 逝き尽くして, 過ぎた, 過ぎても, 過ぎ夏秋, 酣わになり, 醸されて, 重ったという, 間近に, 間近へ, 降りて, 降るやう, 陽気に, 雛の, 雷に, 青く夏, 顔に, 飽きるほど, 馬車に, 駈足, 高座に, 鳥の, 鷺山の, 鼻の

▼ 春~ (720, 4.2%)

14 迎へ 10 迎えた, 迎えて 9 待って 8 待つ心 7 待つ 6 迎へて 5 眺めて, 見せば, 起き臥すこと, 迎へる 4 して, 待つわれ, 殺したの 3 味は, 呼んで, 待つて, 待つという, 待つ間, 書いて, 貫いて, 迎えました, 連れて

2 [55件] おくり, しらざるを, しらず, むかえた, むかへ, もとめて, よせくる朝汐, よそに, 傾けて, 十分に, 回顧し, 失へる, 小屋の, 山の, 引き立てながら, 待ちかねたこと, 待ちつ, 待った, 待つの, 待つ装飾, 待侘び, 忘る, 思へば, 恋しがる, 惜みけり, 感じた, 感じて, 感じる, 感じ春, 抛りこみました, 捕へ, 探って, 楽む事実に, 知るべき庭前, 突き殺しました, 納れた, 絶壁の, 見せて, 見つけるか, 見つめました, 見に, 見よやとて, 誇って, 象の, 踊った人, 迎えたの, 迎えたばかり, 迎えようと, 迎えること, 迎ふる, 迎へた, 迎る, 階の, 領し, 顧みました

1 [487件] あげに, あせりも, あとに, あるいて, いたずらに, いちど見たい, いづ地, いまだ朝, うか, うかが, うたふ, うながして, うまく合理的, うらなへ, えらびよし, おけなし, おっとり囲んだ, おなじ急, おぼえたこと, おも, お分ち, お歌いいたしたい, お迎えする, かぎつけ吸収, かざりしもの, かれは, かんずる, ここへ, この一瞬, この部屋, こもるは, さとし, しずかに, しのばん, しらずに, しるらん, すかして, すぎゆくなり, すぐしきて, すすめて, すて, すでに過ぎ, すべてなげうち去っ, た, たずねて, たのしみ, たのしむこと, たぶらかし召された日野蔵人どの, つい此の間, つめたくて, つれて, つれ出したと, とりまいて, どこかへ, ながめたらいかに, ながめつつ, のせたる, のぞみて, はじめて感ずる, はるかに, ばら撒いた, ひさいで, ひさぐので, ひさぐ女, ひさぐ条, ひとりしづけき, ひどく憎んだ, ふりむいた, へて, ほのめかすよう, まつかな, まつまでの, むかえたわけ, むかえて, むかえました, むかえようとして, むかふるゆゑ, むかへて, むかへること, むなしく月, めざして, めでたく迎えた, もたらして, もって, もよおし洋学者, やがて迎える, ゆふ, ゆるすよう, ゆるりと, よび覚ますよう, よみがえらせかけて, よろこぶ小鳥, よろこんで, わがもの, わたくしの, ゑがきたる二つの, 一夕の, 一時寂闇に, 一通り取り調べ, 七円五十銭の, 下し込むとき, 乏しく咲い, 二世玄瑳と, 人間も, 代表する, 伝へて, 作す, 保つと, 信じて, 信ずる, 偸んで, 催しやした, 僕は, 公判廷に, 再現する, 冬が, 冬を, 出で, 分けて, 制する深き, 刺戟する, 刻む幽か, 動かず守る, 勝手へ, 匂は, 占む, 占めて, 即ち古典, 取扱って, 叩くよう, 召して, 司どる人, 名残の, 向こうに, 向へた, 君や, 含んで, 呈して, 告ぐるごとに, 告げて, 呪う気, 呪え, 味わうよう, 呼び, 呼び留めて, 呼び返し, 呼ぶ, 呼吸し, 呼吸する, 喜ぶ, 喜ぶもの, 喜んだので, 回想した, 地に, 堅く約し, 売りそれ, 売るわが身, 売る商売, 夏に, 夢と, 夢みる藤原貴族, 夢むるなるべし, 大浮かれ, 奉公に, 契る武州, 奪ったの, 妊んだ, 妾奉公に, 始めとして, 娯まう, 嫌い出して, 嫡母として, 存じて, 守ること, 家康と共に, 寂びたる帯, 寂びてぞ, 射る金鎖, 尋ねて, 小生の, 山蓼た, 平和の, 廻らし更に, 引離すの, 弘前に, 形づくるの, 彼は, 彼らは, 待たず出勢しよう, 待たるるが, 待ちかねて, 待ちつつ, 待ちますね, 待ち侘びた, 待ち煙, 待ったこと, 待ったの, 待ってから, 待つこと, 待つだけの, 待つと, 待つといった, 待つやう, 待つよう, 待つより, 待つよろこびを, 待つポプラ, 待つ商人犬, 待つ心切, 待つ心境, 待つ思ひに, 待つ支度, 待つ日, 待つ楽しい, 待つ笹, 待つ雛人形, 待つ騒, 後目にかけて, 得ず, 得知らぬ処女さ, 心の, 心待に, 忍ぶれ, 忘れずに, 忘れること, 思いつくまま, 思うたび, 思う際身分, 思ひきり聲, 思ひ出した, 思わすよう, 思わせるよう, 思わせる胡蝶, 急ぐ木曾路, 怨じけり, 惜しみが, 惜しむかな, 惜しむと, 惜しむ心, 惜しむ悲歌, 惜しむ江戸, 惜しんだ昔, 惜しんで, 惜ま, 惜むわかき日の, 惜む心と, 惜んだ, 惜んで, 想い出す, 想うと, 想って, 愛でながら, 感じないでは, 感じぬ, 感じるさくら, 感じると, 感じるよう, 感じ曇ると, 感ずると, 感ずるの, 感ずるので, 慕ふも, 憎んで, 憐むという, 懐かざるもの, 懐かしむよう, 戴きました, 手なず, 才に, 抱きて, 抽ん, 持つて, 振返って, 捨て本城, 探り歩きたり, 探るの, 控えた, 控えて, 描き出すこと, 支度する, 攻め陥すの, 敏行君に, 敷妙の, 断す, 昔に, 春でも, 昨夜から, 晦うし, 暮らした, 書いたもの, 書いた椿, 期して, 木立の, 本当に読ん, 東郊に, 染めて, 楽しく待つ, 楽しみに, 楽み, 欣ぶ, 歌って, 歌ふ, 歓び迎, 歩いた御, 歩いて, 殺したと, 殺したなんて, 殺して, 殺すはず, 殺す怨み, 殺ったと, 殺ったの, 殺ると, 流して, 浅み浮き寝, 浪費しなく, 浴びて, 満喫し, 満喫すべく, 潤おす, 炙って, 無慚, 燒かんと, 牢の, 物蔭に, 猫の, 瑞英と, 生きたまま, 生ずる自ら, 留むるすべを知る, 畜つてゐた, 病む人, 発見した, 盛った, 目ざして, 目出度が, 眺めたり, 眺めると, 眺め玉樓, 睨んだ, 知って, 知らざれば, 知らず小鳥, 知らず故に, 知らせた静けさ, 知らせて, 知らせると, 知らないけれど, 知らないで, 知らない峰, 知らねえか, 知りぬ, 知る, 知るの, 知るらむ, 知る事, 短しと, 祝いで, 祝うのに, 祝って, 私は, 私語いた, 突っきって, 粧い出して, 糺さねば, 約して, 紙に, 絞めて, 縦ま, 罵ったり, 美しみ, 考えるの, 脱いで, 自分の, 芽ざし, 苔蒸し, 蒸すところ, 蓄えて, 行く人神, 裝ふ, 覆う雪, 見, 見ず芒鞋, 見せた時代, 見たまえ, 見るや, 見知って, 覗かせに, 観ずる体, 解纜した, 言祝ぐ喜び, 訪ね花, 訪れられたよう, 詠歎する, 誇り乍らすでにもう, 誘い出して, 誘ふて, 語ったとき, 説くな, 説得できなかった, 読んだ, 謳ふ, 謳歌し, 謳歌した, 謳歌する, 警めぬ, 象徴した, 貧乏臭く, 責めたが, 買いて, 賞しが, 賺して, 迎えかけましたの, 迎えたおま, 迎えたかと, 迎えたころ, 迎えたとき, 迎えたよう, 迎えたわけ, 迎えた筈, 迎えた葉子, 迎えた蛇, 迎えた許, 迎えた頃, 迎えながら, 迎えましても, 迎えみゑ子, 迎えられお家, 迎えるかを, 迎えるころ, 迎えるという, 迎えるに際しまして, 迎えるまで, 迎えるもの, 迎えるよう, 迎えん, 迎え子供, 迎え得たらむ心地, 迎え昭和二年, 迎え歳, 迎え給いし姫君, 迎ふれ, 迎へた今日これを, 迎へた太子な, 迎へんと, 迎正二の, 近江の, 追いかけて, 追うて, 追おうと, 追ふか, 送ったこと, 送り秋, 送る, 送る雨, 逐って, 連れ他, 連れ出したの, 運んで, 過した, 過し六月朔日, 遮ぎる書斎, 遲緩し, 野木にも, 長閑と, 限りと, 陽と, 隠さず明らか, 静かに, 革め僧, 頌へ, 領す, 顔に, 顧る, 顫き, 飾るが, 飾るべき多く, 飾る爛漫, 飾れる, 驕りし儷人, 高々と, 鬻いだという, 鬻ぐの女, 鬻ぐ三四十人, 齎した, 齎す呪詞, 齎らすを

▼ 春から~ (360, 2.1%)

28 夏にかけて 26 夏へ 13 夏に 10 夏の, 秋へ 8 秋にかけて 6 秋まで 4 夏にかけては, 秋の 3 夏への, 夏を, 秋に, 秋にかけては, 秋までは

2 [24件] して, でございます, わたしの, 二た, 二十七の, 冬までの, 初夏にかけて, 初夏へ, 十八歳の, 夏から, 夏は, 夏へと, 夏までの, 夏秋と, 大した御用, 家の, 尋常一年生に, 少し痩せた, 建物疎開の, 書きはじめた日記三十五冊, 次の, 現在に, 病臥中だ, 輕い

1 [188件] あのへん, あれだけ, あんなにちゃんとしろ, いざ決行, いわれたので, うちつづく検挙, おでんや, お津賀, かけて, かわるがわるこうやっ, がらりと, ここで, この方ずっと, この秋, この鉄道, これで, これを, さきを, しきりに機会, ずいぶんかせいだらしい, ずっとよし, たまに出入り, ださうだ, だんだんおとなしく, ですよ, どんな活躍, のち三三年三四年と, のち日本の, はじめて探偵小説, ほど遠からぬ, みると, もう二十回, 一と, 一九三〇年の, 一九三三年の, 一九四七年の, 一九四五年十月までの, 一八年の, 一年半ばかりの, 一度も, 三人も, 三十一の, 三十八年の, 上野の, 下の, 不図, 不自由な, 中学校へ, 九年の, 九月末までの, 二十の, 二十五の, 二十四の, 二番芽の, 五六反歩を, 人民主義者の, 人気が, 今の, 今までの, 俺は, 先生の, 其の寺, 具合が, 再び東京, 冬の, 冬へ, 冬まで, 初めて畫筆, 初冬の, 初夏の, 初奉公, 力の, 勧化を, 勧誘にか, 十一月までも, 十九の, 十二月初旬まで, 十五の, 十手を, 十月に, 十月までの, 千住の, 原田家を, 去年の, 又一, 吉見の, 同十三年, 名題俳優の, 四十台の, 変に, 夏が, 夏にかけての, 夏まで, 夏も, 夏秋冬と, 夏頃まで, 奥勤めに, 奥方が, 奥方の, 始めた工事, 委しい話, 娘に, 家へ, 家来や, 寝泊りし, 専心に, 小学に, 小屋を, 小泉と, 居りますよ, 山城屋へ, 川上の, 市ヶ谷合羽坂下の, 幾らかの, 店へ, 延康元年と, 彼の, 彼は, 彼女の, 後一般に, 悪くなっ, 愛人が, 懇意の, 手習いに, 敵打ちの, 新しい力, 新婚の, 新宿に, 早速昼間, 明治の, 時々学校, 書き出して, 枯れて, 柳ば, 柳橋の, 横浜に, 此方へ, 母親が, 江戸へ, 油畫の, 油絵の, 泊って, 泊つてゐ, 清書に, 爆発した, 父上の, 町名主の, 番頭格に, 病気に, 瘡毒で, 省作の, 着々財産隠匿, 私の, 私は, 秋ぐちまでの, 秋への, 秋までを, 秋急に, 秘密に, 第一回, 考えた方, 聞きなれて, 自分では, 若旦那が, 苦しみに, 荷ご, 薙刀の, 藩の, 血眼に, 行われる勤労, 計画し, 記ける, 調達局と, 足を, 軒先を, 近江屋に, 逢いだして, 運動が, 郡の, 郷里に, 都の, 長屋の, 開業し, 雑司ヶ谷の, 雨の, 青葉の, 駒ヶ岳に対するほどの, 高等法院の

▼ 春三郎~ (346, 2.0%)

14 の顏 10 の心 6 は又, は文太郎 5 は其 4 に言, はこの, は再び, も照ちやん, や照ちやん 3 に取, はそれ, は一種, は寢, は斯, は照ちやん, は考へた, は言

2 [23件] が照ちやん, と照ちやん, に斯, の優しい, の兄, の手紙, の方, の言, は, はつく, は其間, は唯, は嘗て, は昨日, は狼狽, は病人, は病院, は看護婦, は聞いた, は自分, は覺, は體温表, を見

1 [215件] か, からの手紙, からより, から頼ん, が, が其鞄, が別に, が十歳前後, が呼ぶ, が家, が寢, が待設け, が怒れ, が手, が暫く, が朋友, が此頃山本一家, が無器用, が竊, が親切, が醫局, が附い, が面, が餘, に, には下宿, には想像, には見えた, にもう, にも一別以來, にも其事, にも失望, にも答, に向, に囁いた, に歸, に渡す, に湯治, に盛春館, に目, に耳打, に與, に適當, に集つた, に頼る, の, のいふ, のいふ事, の事業, の來, の兄さん, の力, の勞, の失望, の家, の床, の弛んだ, の手, の期待, の枕許, の氣狂, の決心, の爲め, の病氣, の眼, の磨いた, の耳, の胸, の要求, の言葉, の踏み抜いた, の逢つた事, の體, の高い, はいくら, はいつも, はうつ, はお, はくれ, はさ, はさき, はちび, はまだ全く, はもう, はもと, はよい, は一々, は一倍, は一寸, は一心に, は一方ならず, は一緒, は不快, は今度, は以前盛春館, は何, は何と, は何となく, は何處迄, は傷ましく, は其人, は其夜一先づ歸宅, は其文太郎, は其舌, は其處, は到頭, は勸め, は十分知つて, は即答, は取, は口許, は哀れ, は四人, は固, は土地, は壁, は夜の目, は如何なる, は已に一度, は帳場, は帳簿, は常藏, は形容, は彼, は心, は心細く, は心身共, は心配, は必ず, は急い, は怨めしく, は愈, は愉快, は愕然, は慰むべき, は慰め顏, は憮然, は我, は或, は戰, は手, は打消す, は抜き足, は時々, は暫く, は最前, は朋友, は松葉屋, は桂庵, は極めて, は機會, は次に, は此傷, は此手紙, は此時, は此時萬年町, は此神樣, は此話, は此頃, は歸つて來, は殆ど手持無沙汰, は母, は汗, は涙ぐまず, は漸く, は熱心, は獨, は理想的, は病室, は盃, は眉, は竈, は耳, は聽取, は膳, は膳立, は自分夫婦, は苦し, は茫然, は蒲團, は蘇つたやう, は血相, は行きなり, は言つた, は赫, は躍起, は轉宅, は遂に, は重ね, は餘, は馬鹿, は體, は默つた儘, もそれ, も二人共覺, も亦, も亦何故, も傍, も思, も景氣, も樂しみ, も自分, も默然, や照ちや, より智慧, をば, をも喜ばせた, を勞, を怨ん, を猿樂町, を見た, を見つけ, を見る, を見附ける, 暫く來

▼ 春~ (339, 2.0%)

15 夏との 13 いっても 12 秋との 9 修羅 7 一緒に 6 夏と 5 なった, はいっても, 冬との, 夏の, 秋に 4 いへば, お勢, なって, なれば, 云ふ, 秋と, 秋の, 言へ 3 すれば, 菊王は, 言っても

2 [21件] いい周囲, いえば, いって, す, ちがって, なっても, なりいつか, なりました, なりやがてじめじめ, なり夏, 一しょに, 云っても, 云へ, 冬の, 夏とが, 夏とを, 秋が, 秋とを, 秋には, 菊王が, 菊王の

1 [169件] ある木菴, いい近江屋, いうて, いうには, いうのに, いえども, いそしめば, いっしょに, いつて, いつまでも, いひて, いふてもよ, いふに, いへど, いやのど自慢顔自慢, いよいよ思う, うららかに, おぼえて, お留, かたく信じ, きくもの, こしへに, この短い, これで, した, しなりけむ, しなりぬ, し乙, し六月, し六月七月八月, し四, し思へど, すべての, すれちがいざま, せるか, そのたび, その妻, たいへん似, たつた二人, なし八千歳, なったの, なつた, なにかの, なりある, なりおしゃべり, なりし或, なりに, なりぬ疑ひの, なり妾, なり春, なり昨夜, なる, なるころ, なるさくら, なると, なるの, なる桜, のどかに, ふたりきりで, みな自慢でございます, 一しよ, 一纏めに, 一色右馬介も, 主人には, 事々に, 事が, 二た, 二度までも, 二度も, 云うこと, 云うの, 云う地名, 云う美人, 云つても, 交代し, 交渉が, 人は, 付けるが, 会う手筈ゆえ, 何を, 何んと, 元禄の, 冬が, 冬は, 初夏の, 初恋する, 化して, 北半球の, 印刷し, 同じです, 同じよう, 同じ館, 名づけ秋色中, 名のれ, 告げくる鶯, 咲き出して, 四明ヶ嶽を, 変りは, 変わらずに, 変名し居, 夏とに, 夏とは, 夏更に, 夏秋と, 大嘗祭との, 夫婦, 女中の, 娘の, 富士見の, 小淵沢の, 常吉が, 応挙と, 思いあたれる今日, 思う, 思へや, 愛と, 改められたの, 新しい年, 新なる, 昭和三十一年の, 暮の, 書いた小型, 書くよう, 書ける文字, 替へ, 朱富が, 来ては, 正月とが, 殆ん, 気づけば, 気候の, 浮藻との, 申しても, 申しなかなか, 申しまして, 申す, 異った, 異る, 相成けり, 眠気に, 知らねど, 知りたま, 祝言する, 秋, 秋その他の, 秋だ, 秋で, 秋とに, 秋とは, 秋二度の, 秋競馬の, 称して, 称す, 菊, 菊王とは, 菫の, 見て, 言えば, 言ふ, 言へば, 赤ン坊, 踊り狂っ, 近々一緒, 野の, 青春と, 題したる畫, 題して, 飾とを, 驚きぬ我が

▼ 春~ (330, 1.9%)

6 や, 夏も, 秋も, 過ぎて 4 いぬらむ, 闌け初めた頃 3 いぬめり, すぎて, まだ浅い, 四月に, 末に, 深くなっ, 終りだ

2 [23件] おしまいだ, くるしさ, これには, まだ寒い, やや立枯草の, 一年二年と, 三月と, 冬も, 半ばと, 去ぬめり, 咲いて, 屋上の, 心や, 昔の, 暖かに, 浅きか, 稍景色と, 稍深なれ, 近い物, 過ぎた, 過ぎようと, 過ぎ夏, 闌の

1 [231件] あつた, あらねば, あるという, あわただしく過ぎ, いくとせ, いくらか深く, いつしか過ぎ, いましかを, いよいよ暗い, い早瀬, えしらぬ, えらいハイカラ, おかしな女, おしまひ, おそかった, おどろいた, おなじく怖い, おわりに, おわり緑, お成, くり返して, くるし, くれかかる東海道, くれて, ここばかりは, ここ数日が, この二人, この花, こんなで, さきに, さびしきに, しだいにととな, しまいには, すつかり, すでに三月, そこでは, その一味, その四月ころ, その数, その舌さき, そんな意外, たけてから, たけなわなる, ただこの, だいぶ深く, だいぶ深まっ, だんだんに, どろどろの, ない人, ない健三, ない花, なく夏, なく青山白雲長, なほ寒かりし, にぎやかな, ふけぬと, ふけゆく水あか, まず安心, またその, また上り煩う, また夏, また沙汰, また趣, まだまだ寒い, まだまだ霜, まだ二月, まだ帰らず, まだ物書きいそぎいとまなし風呂, まだ薄寒い, もうあといくら, もう夏, もう尽きよう, やがて暮れ, やっとお, やっと三月, やや山火事, やや更け, やや準備, やや潟, やや芽立張り, やや芽立張り來, やや闌け, ゆうべの, ゆくふるさと, よい, ようやく一段落, よそなれ, よほど暖, 一人じゃあ, 一緒にか, 不安でならなかった, 中旬過て, 二人ながら, 二月の, 井戸端に, 亦この, 亦鉄三郎, 人々も, 人に, 今しかを, 今も, 何じ, 何となく寂しかっ, 余所に, 俄に, 偲ばるるもの, 八五郎も, 八十八夜と, 兵卒ほど, 其の話, 刈り上げにも, 初めは, 初春でも, 半ばの, 半ばを, 半ば老い込んだ, 去, 去って, 去りやがて, 叫んで, 同じく怖い, 同じよう, 咲くもの, 夏とは, 夜寒な, 大人には, 大猿, 奇妙な, 女の, 始めの, 娘の, 存外の, 実に温和, 寒いね, 小次郎も, 少しかんがえた, 山吹の, 巡礼講を, 幾らかの, 弥生の, 弥生半ばで, 彼より, 彼岸近く, 思わず立ち止まっ, 急げば, 惜しけれど, 成る程, 拝観し, 新緑の, 既に暮れぬ, 早くから, 早瀬も, 明けたばかりの, 春さきは, 春日野の, 暮るる, 暮るれ, 暮れて, 暮れなんず, 暮れに, 暮れようと, 暮れ青葉の, 更けたかと, 末かよ, 末の, 来て, 来やう, 来る春, 次の, 武士の, 殺されたの, 津の, 浅い, 浅いさびれた, 浅いのに, 浅かった, 浅く心, 涙ぐまれるよう, 深い, 深くやがて, 溜息を, 漸く酣, 漸やく, 熟しその後袁紹, 生きろそち, 番頭達も, 目に, 盲腸炎で, 直ぐ筆を, 真暗な, 眼を, 知って, 秋めいた風, 空しく暮, 空しく過ぎ, 笑いながら, 笠き, 節分も, 終らうとして, 経ぬべし, 老いし父母, 背の, 花の, 芽ばえの, 見ずに, 見に, 試合が, 辨へ, 近いから, 近いね, 近い暖, 近くなった, 近づいた, 近づこうと, 通りぬけ, 逝いた, 進んだ五月, 過き, 過ぎたこと, 過ぎつつ, 過ぎまたぞろ, 遠からじ, 酣に, 門から, 開け山, 闌けたり, 闌けて, 闌な, 隆景も, 障りが, 雨が

▼ 春さん~ (232, 1.4%)

8 が云った 4 はその, は云った 3 のお, のところ, の家, の頭, は

2 [29件] が会社, が自害, が説明, そんなこと, だ, では, のため, のの, のほう, の弟, の話, はいそい, はかれ, はちょっと, はまた, はバス, は三人, は口, は可哀想, は大, は大好き, は構わず, は淡々, は白い, は答えた, は話, は質問, を敬愛, を見た

1 [143件] いいのよ, かあ, かと思, からいろいろ, からか, からききましたら, からもよく, があんなに, がき, がてめえ, がどうしても, がまあ, がもうちょっと, がわるい, が一生, が不幸, が働き, が出, が出し, が助ちゃん, が去る, が坊ちやん, が坊っちゃん, が大, が朝枕元, が豐後, が這入っ, が飲み残したら, こらあ汽車, こんなに酔っぱらっ, こんな所, さあ, さんざんこき使われ, しっかりし, しっかりする, じゃない, ずうっと, それほど思っ, だあ, であつ, でも, というはたち, というはたちあまり, という人, といふ名, といふ女, とか言, とは私, と呼ん, と好かれ, と殺された, と言, と言う, と言った, と金吾さん, と風呂, なら居るよ, なんてえ, にということ, には, にも一口, にも相談, にも逢い, に問うた, に来, に無い, に相談, に見られた, に頼まれ, の, のあと, のいう, のお母さん, のお父さん, のそば, の声, の意見, の手, の手裏, の方, の私生児, の聲, の言う, はあの, はあれ, はおきれい, はこうして, はここ, はさっき, はそう, はそれ, はそんな, はなん, はほんとう, はまだ, は今, は他, は以前, は全体それ, は助ちゃん, は呼ん, は大層, は岡, は思っ, は斯ん, は時々, は木綿着物, は殆ど一言, は湯, は爺さん, は直ぐ, は私, は答, は膳, は茶の間, ばかりをひいき, もう泣かない, もそれきり話, もそんな, も大, も春さん, も景気, も無論, も私, も自分, も襷, も踊れ, やさしくし, や敏子さま, や敏子さん, や私, をおさえつけ, を一人, を上野, を殺した疑, を疑う, 一杯飲め, 恐がって, 暫く黙っ, 泣かねいでも, 熱かった, 見違える程元気, 食べさして

▼ 春~ (216, 1.3%)

7 と伊兵衛 5 の家 3 はお

2 [17件] おめ, が何, と伊兵衛さん, のやつ, の姿, の机, の背中, の落ちた, はそこ, はそれ, はまた, は一, は伊兵衛, は急, は眼, は穴, を助け出し

1 [167件] か何, があわて, がこの, がしかつめらしく, がそいつ, がそれとなく, がコソコソ, がジッ, がズウ, が上がり湯, が下, が九星本, が二人, が人, が口, が奥, が封じられた, が居た, が心, が怪しむ, が改めて, が獅子舞, が相手, が睨みつけ, が立った, が袖, が見つけた, が長い, しかつめらしく机, じゃない, だって, だっていう, だって一年三百六十五日広小路, であったもの, でありました, でござるが, です, とある, という幕, とが昼寝, とよび捨て, と小声, と称した, などはその, なので, ならまだ, なるもの, にも感じられ, に一籌, に伊兵衛, のいう, のいたわる, のごとき, の一筮, の体, の出足, の厚い, の口車, の吹い, の声, の如き, の寝ぼけ眼, の心配顔, の意識, の所在, の手, の掛小屋, の故, の方, の書いた, の桃源夢物語, の様子, の泣きた, の浴衣, の無念無想, の片, の生き胆, の留守, の耳, の耳たぶ, の胴, の胸占, の腰, の襟, の襟髪, の言葉, の赤い, の足, の身, の針, の間, の関係, の露店, の頭, の顔, の類, は, はあっと, はいつか, はうしろ, はけろりと, はここ, はこの, はすぐ, はすっかり, はなる, はにわかに, はゆうべ, はわれ, はアタフタ, はハッ, はペロリ, は一転, は丼, は仰山, は何気なく, は取り残され, は口, は命旦夕, は喜連格子, は変, は妙, は少し, は幅, は思わず, は怪訝, は易書, は格子, は次, は残り惜し, は番屋, は目, は目前, は相手, は神妙, は笑い, は腰, は自分, は茫然, は茹で上がった, は起き上がっ, は跳ね起きました, は雲, は驚かない, へ寄せ, も, もこの, もそば, もまた, も上がっ, も伊兵衛, も半口, も地上, も寝つかれぬ, も甚だ, も色, も読者, を乗せた, を呼ん, を咽, を捕まえ, を歩かせ, を殺そう, を殺る, を睨み, を道具, を銭瓶

▼ 春には~ (123, 0.7%)

2 春の, 花が, 花頂若王子の, 輿入れする, 陶酔は

1 [113件] あった, あへ, あわないの, いかに美しく, いつも雪, いづれ一, いよいよ三奉行, いよいよ判らなくなっ, うれしいこと, お嫁さん, お目にかかりたく思います, くずれ落ちた石, けろりとし, ここの, ことにみごと, しばしば鋭いきびしい, そこに, その代り, その大, その巻軸, その年, それは, ちが, ちっとも見当, どの鶏舎, なかなかな, なったが, ならないの, なる, なんとかし, ほとんど戀, ぼんやりし, また柳沢家, まだこの, めずらしい牡丹雪, めずらしく水気, もう事実上少女, もう立派, もはや真打, ようやく回復, らんまんとして, アッツの, ゼニツアという, パリに, 一か月に, 一ばん年端の, 二十五坪の, 兎角の, 到る所, 医者も, 十七巻と, 又疫病, 口走るが, 右中将に, 同じ森, 君の, 固いところ十万以上, 大挙し, 女子の, 娘を, 寒い, 小学校から, 小學校, 山際の, 師匠の, 広い畑一面, 思われた, 感じられた, 料亭閉鎖と, 日を, 春には, 木の間に, 村の, 東京に, 松露が, 桜が, 極めて日本的, 正式の, 正月の, 気づくまい, 気に, 法然から, 活動写真買入の, 測候所から, 溥儀執政の, 父親の, 牡丹が, 珍らしい, 珍らしい晴れ渡った, 男の, 畑を, 病いを, 看護婦の, 福岡, 私は, 秘めし焚き香, 紀伊の, 結婚するらしく, 絵を, 美術学校の, 花に, 花を, 苗代に, 華を, 葉子は, 見られないやう, 試驗を, 谷中瑞輪寺に, 重い風邪, 雁の, 雪に, 養祖父の, 餓死する

▼ 春~ (120, 0.7%)

8 昔の 6 秋の 5 いづこ, 鳥啼き 4 おもたき琵琶 3 この朝, 水車が, 秋や 2 おぼ, お霜, むかしの, 夏には, 夏の, 春や, 葛西の, 逡巡として, 選者を, 重たき琵琶

1 [63件] あらぬわが身ひとつ, うららかに, きぬらむ東雲の, きぬらん東雲の, さ, さみしきおとなび, さんなら, さん出, さん言っ, てめえ寂しい, ときはに, なき無間, 一草一木も, 主税は, 久治には, 今は, 今宵歌つかまつる, 嗚呼多感多感, 夏が, 夏に, 夏や, 大浪立てる, 学校も, 宿場は, 寺中の, 小米ざくらに, 布施の, 常吉は, 御従者, 故郷の, 早瀬を, 昔という, 春はる南方の, 春やっ, 春春の, 春春南方の, 春造酒よ, 机に, 来し, 来しと, 来し冬, 来ぬらん, 案内し, 残すならしも, 珠いつぬけし, 白き花見ゆ垣, 秋が, 秋と, 秋に, 秋のは, 秋は, 秋を, 穂麦が, 茶屋に, 藤娘お座敷を, 蘆間の, 身近きものに, 近づく, 過ぎたりといえど湯上がり, 重き琵琶の, 隆景からも, 隆景の, 鳥啼魚の

▼ 春らしい~ (112, 0.7%)

3 日の 2 笑を, 陽気に, 青い色, 風が

1 [101件] いい色地, しかもその, しるしを, という, な, のびやかな, はじめての, ものを, よい天気, ムードを, 一つの, 一添景だつた, 丸みを, 人情絵巻を, 光を, 到来物が, 噺もしや, 夕暮であった, 夜風が, 天気に, 天気の, 好い晩, 好い晩ぢ, 季節な, 実感を, 山村の, 底冷えの, 形恰ねこの, 影を, 心に, 心を, 情景である, 感じも, 感じを, 敏捷さが, 日が, 日で, 日に, 日を, 日光を, 日差しに, 日影が, 日曜日で, 明るさ, 春に, 春を, 景色でも, 暖かさ, 暢や, 朝ねえ, 朝の, 柔かい雪, 桃色に, 樂しい, 樣子, 欠伸を, 気分が, 気分は, 気分も, 気持の, 気持を, 水いろ, 温暖な, 潤ひ, 濁りが, 灰色の, 生活の, 眺めで, 着物を, 種は, 空気に, 空気の, 空氣が, 空氣の, 紫色の, 絵も, 美くし, 良い気候, 色と, 色とりどりの, 色を, 色彩であった, 艶の, 花が, 若芽の, 菜の花, 薄靄の, 趣向だ, 軟かみ, 透明な, 鈍重な, 雨が, 雪が, 雲が, 電灯の, 電燈の, 霞の, 霞のか, 風景だ, 香を, 驟雨が

▼ 春~ (99, 0.6%)

7 春だ 54 な, なあ 3 ぞ, といふ 2 から入る, つたからの, という, と云う, と思っ, と思ふ, ね, ねえ, もの, 四月だ

1 [53件] からお, からなあ芹, からね, から嘉永六年三月, から鶯等, か夏, か秋, がここ, がなあ夜, が冴えた, が寒かっ, が日中, し文鳥, すぐ, そうだ, ぞ出, っけ, つけか, つけかな, つた, つたといふ, つてさ, つてほんた, つて迚も, といつ, とはいへ, とも知らず, とよ, とよろこぶ, なあそう, なあ金吾, な土筆, な花托, な赤い, ねいくら, の, のに, ほうれ, もう桜, もんです, よまだ, わねと言っ, わ春, わ青春, アな, イ, 夜の, 日本人の, 朝寝した, 木小屋の, 桜の, 梅だ, 花曇だ

▼ 春まで~ (87, 0.5%)

2 全五年間, 家に, 小僧から, 暮して

1 [79件] いた渋谷, おいて, お送りし, かかるもの, ここの, ここも, こっちに, この牛, ころびばてれんの娘として, すごした, そこで, そのままうっちゃっ, つけて, つづけるん, ですって, どうしても癒ら, どんな事件, ながめても, ねるの, のんびりしたら, まだどの, まだまだ子供, まったらと, ゐて, 一二軒出た, 一年と, 下総国の, 不音, 二年足らずつづい, 休ませて, 六年間の, 冬眠を, 十五年の, 厚木の, 向島の, 地面は, 塚田の, 大学の, 大阪外國語學校の, 寐て, 延した, 延ばし時效, 延びた事, 延びること, 延期され, 延期という, 彼は, 待たなきゃならないの, 待つと, 待つの, 待てませぬな, 御奉公, 持ちこたえたもの, 持ちこたえて, 持ち越しそう, 斯の, 暗くし, 暮らしましたが, 書いたわけ, 残つてゐる, 池か, 溶けずに, 犬を, 猶予し, 病院に, 白歯の, 白齒の, 矢倉沢の, 続けて, 考へて, 職業劇団によって, 育った家, 街, 足かけ五年も, 逗留し, 閉じ込められるん, 麹町十五丁目辺で, 黄文炳の, 龍睡

▼ 春~ (83, 0.5%)

2 はその, もその

1 [79件] から手, がそんな, がだんだん, が差し伸べた, が眉, が立っ, が若, でなかったら章三, という三十前後, という男, とてっきり, にとっても階下, にはべつに, には大した, にわずか, に会釈, に口止め, に紹介, に許した, のうぬぼれ, のところ, のもと, のトロン, のワナ, の上衣, の前, の口, の思いがけない, の悪口, の手, の方, の父, の瞼, の自信, の誘惑, の辟易, の部屋, は, はいきなり, はお茶, はそれ, はそんな, はちょっと, はもう, はやはり, はわざと, はわざとソワソワ, は余りに, は例, は含ませ, は噴き出す, は思った, は急, は早口, は昨夜田村, は時計, は章三, は耳, は腰, は興, は若, は言った, は貴子, は辟易, へのいや, もこれ, もむろんそう, も同じ, も母親, も貴子, も貴族, をそんなに, をとっちめる, をもただ, をやっつけ, を二人, を待たせ, を訪ね, を訪れた

▼ 春~ (64, 0.4%)

27 あつた 2 強い風

1 [35件] あしかけ, あらう, あらうと, あッた, きれいな, この季節, ござりました, ござります, ごわした, せう, その当時妙義, ひどく抵抗, ぼけの, 丁酉文社から, 二回会った, 十七に, 十九隻八百名の, 十年の, 四十歳に, 小池は, 山上御殿を, 山桜が, 後に, 御飯を, 昨年の, 月明の, 朧で, 永劫の, 牡丹が, 草萩は, 逢う機会, 連載も, 野には, 青々と, 餅草が

▼ 春~ (56, 0.3%)

2 だつた, になる

1 [52件] いたんだ, からこの, からこの方, からすっかり, からぜひ, からその, からもう, から上海, から以後七八年, から何, から其, から再び, から出, から嚊代り, から大, から御, から我が国, から東京, から東国, から死刑台, から江戸中, から池部, から相場, から荒地, から長い, であった, であったか, であったろう, であるが, でしたかな, と今, にお, になつて花屋, にはその, に何, のこと, のどんちゃん賑やか, の或, の紅塵万丈, は手, までに行われるだろう, までの第, までは半ば, まで上演, もう喋っ, より大乗院, より情交, 丁度私, 凡そうらぶれた, 出たん, 即ち満, 問い合せたとき

▼ 春~ (55, 0.3%)

5 の交 3 すぎて, の二季, の候, 之際 2 に多き, の際, は渓水, は積極, は緑

1 [28件] から秋, であつ, とほ, にかけて飛ぶ, には無礼, に功, に於, に當つて, に見るべき, のくり返し, のころ, のよどん, の交叉, の交叉期, の壮ん, の月日, の耕し, の自然, の花木, の踊子, の間, は四肢, は成るべく, は鯉, も冬, も過ぎ, よりは多く, を併せた

▼ 春とは~ (52, 0.3%)

5 云っても 3 いひながら 2 いへど, どんなもの, 云ふも

1 [38件] ある意味, いうても, いえども, いえない位, いえまだ, いえ夜, いえ寒, いえ未だ, いえ未明, いえ水, いえ深夜, いえ照りつける陽, いつても, いへ, かつて一度, そっちへ, なった, なっても, ほんの名ばかり, また従兄弟, 中橋に, 云えまだ, 云つても, 云へ, 同一である, 名だけ, 幕府の, 思へない寒, 思わなかった, 思われる, 暦だけの, 無二の, 申せまだ, 知って, 言いながら, 言え, 言っても, 関係が

▼ 春~ (52, 0.3%)

4 の顔 3 だった 2 の写生帳, の手, はきょろりと

1 [39件] がどう, がやってくる, が爪先, さん, だ, だな, だよ, であった, に欺, のこと, のまわり, のニヤリ, の上, の上気, の前, の変り者, の家, の様子, の眼, の耳, の辛い, の長い, の面, の鼻, はあわて, はおもむろに, はこう, はそれでも, はふと, はもう一度, はもう一度ニヤリ, は仰々しく, は傍ら, は変り者, は忽ち, は糠袋, は返事, は闇, を見守った

▼ 春~ (49, 0.3%)

16 かけて 7 かけての 5 かけては 2 掛けての

1 [19件] こういいつけた, こういった, つめよせる, まぢ, むかって, やがて夏, 云った, 京極の, 君が, 奉公に, 廻ったが, 往き其処, 掛けて, 窓を, 行きのむ, 行って, 行つ, 行つて見, 近づくほど

▼ 春ごろ~ (47, 0.3%)

1 [47件] いつもの, からいよいよ, からお, からここ, からこの, からそれ, からで, からは否, からまた, からジャーナリズム, から世の中, から俄, から内大臣さん, から又, から噂, から天然痘, から少し, から彼, から急, から慮外, から新, から旦那様, から月, から東京, から東南アジア諸国, から熱心, から狂言, から行, から非, じゃなかった, だか, だったか, てっとりばやく書かなく, であろう, でしたよ, なるの, にくらべ, のこと, の新聞, は折々, まで, までに書かれた, までは樹蔭, よりは又, 初めて公然と, 同じよう, 貸部屋

▼ 春という~ (46, 0.3%)

4 のは 2 お嬢さま, ものは

1 [38件] ことわりの, この若い, のだ, のも, のを, ものな, ものの, ものを, やつは, 一つの, 人間が, 今年三つの, 仕出し屋の, 北京料理で, 女から, 女だ, 女に, 女には, 女は, 女中も, 娘の, 娘役者じゃと, 婦人が, 嬉しい季節, 子までも, 字の, 字を, 季節に, 師匠を, 極く, 浪人に, 男が, 男をも, 言葉が, 言葉を, 評判が, 題も, 額の

▼ 春徳寺~ (41, 0.2%)

4 に着いた

2 [11件] だけは寺社, でしたが, でその, で三千両, で三千兩, の住職, の再興, の山門, の檀家, は貧乏寺, も昔

1 [15件] で用, で用いられた, で盗まれた, で盜まれ, に乗込ん, に乘込, に思はぬ, に思わぬ, の三千両紛失事件, の三千兩紛失事件, の沙弥檀, の須彌壇, へ三千両奉納, へ三千兩奉納, や怪談

▼ 春~ (38, 0.2%)

2 が, が役者絵, の錦絵, や歌麿

1 [30件] がこの, が勝川派, が暫, が絵本, とちがっ, なりとす, につき, に倣, に従い設色, に追われ, の創意, の女, の如く, の如く活動, の後継者, の時代, の流派, の縮写, の至, の門人春好春英, はそれら一枚絵, はたしか, は天明以後, は寛政四年, は専ら, は肉筆専門, や其, を中心, 出でて, 怒って

▼ 春祭り~ (36, 0.2%)

2

1 [34件] があつ, が一等, が一等醇化, が続い, が行, だと, であるはず, となり, と刈り上げ祭り, と刈上げ祭り, と背なか合せ, については村, にも, にも新室, にも里, に山人, に来る, に行うた, のある, のとりこし, の一部分, の側, の前提, の条件, の樣, の田打ち, の縁日, の行事, の行列, の鬼, はまた, は忘れ, よりは新室ほか, を行うた

▼ 春より~ (34, 0.2%)

2 不了簡, 夏にかけて, 此裏へと

1 [28件] いろ, この裏, さきに, して, 人に, 今年の, 冬にかけて, 冷え冷えと, 初夏に, 又一, 取扱居, 唐人オランダの, 変りやすい, 夏に, 夏へ, 夏秋より, 少しおくれ, 御吟味, 按摩を, 殿直に, 父は, 直江が, 秋に, 立たむ, 美人じゃ, 菊塢が, 長じ, 長ずること二歳

▼ 春にな~ (33, 0.2%)

5 つてから 2 つて

1 [26件] つてからの, つてしまつたのである, つてま, つても, つてゐ, つてゐた, つて令弟と, つて初めて, つて十三の, つて卵がか, つて唯の, つて小屋が, つて少年は, つて暖かく, つて木の, つて来た, つて櫻が, つて毎年の, つて激しい, つて照子が, つて私は, つて粟粒を, つて花が, つて雪でも, つて雪も, つて鯡を

▼ 春廼舎~ (33, 0.2%)

3 の加筆 2

1 [28件] からは盛ん, との握手, と並ん, と競争, に及ばない, に教えられる, に次い, に紹介, の作, の別号, の声望, の影武者, の影法師, の成功, の技巧, の新作, の洗練, の起つ, の門, は既に, もまた, をのみ嘖々, を初めビェリンスキー, を友, を声援, を慊ら, を訪問, 臭くなった

▼ 春にも~ (32, 0.2%)

3 秋にも 2 かぎらず雪中

1 [27件] あるかな, お勢, かぎらず冬, こんな美味い, たれたとき, なったし, なりぬ, なれば, まして賑, ようやくどこ, わかって, 一度味わった, 依然たる, 優って, 名月あり, 心を, 憎むべき都新聞, 日頃いつでも, 来て, 正宗君は, 母と, 紅梅が, 紛う美し, 聞えたこと, 話した通り, 逢わずお家, 醉うて

▼ 春団治~ (31, 0.2%)

1 [31件] が盛ん, が示し, こそは寝食, であると, とした, と云つて, と鴈次郎, などは紅い, などもあの, に似, の, のいい, のやう, の兄弟子, の可笑し, の場合, の方, の生活全体, の落語, の贔屓, の面目躍如, は, はいつ, はさ, は伯鶴, は初代二代とも, は故, も亦, も僅, を聞き, 最も得意

▼ 春~ (31, 0.2%)

2 は一ヶ月あまり京都, は生れ

1 [27件] が再び, が奈良市, が左, が日本, が連れ, が重, が長男一太郎, と作衛, の妻, の娘, の後, の身心, の配偶小倉嘉門, はとうとう, はどんなに, は二度目, は余所, は宇都宮, は実践倫理学, は彼, は思い出深い, は碌, は自分, は若い, は赤間関, は遺族, を訪ね

▼ 春らしく~ (29, 0.2%)

1 [29件] あたたかくなっ, ていい, てね, て突き, て面白い, なつた, なつて, のどかに, のんびり話す, もある, もない, 京都らしく, 堀りかへ, 媚めいた, 家々の, 平和に, 彼岸らしい, 心を, 暖かな, 柔かな, 桜の, 氣持よく, 温くなる, 百合花採集の, 移りかは, 移りかわっ, 蕗だの, 輪飾りが, 静かに

▼ 春どん~ (28, 0.2%)

1 [28件] いう仲居さん, お春どん, からあべこべ, がタオル, が去年, が気イ, が深切, が自分, だつた, にちょっと, にも家, に抱着いた, に聞いた, のところ, の弟, の心配, の消息, の聞いてる, は正吉, は腹膜炎, も一緒, も奉公, も書き, も気イ付け, を新橋, 上って, 殺して, 行かんかて

▼ 春~ (28, 0.2%)

2 の夢, の如し

1 [24件] かなと俳句, にもなお, に惜む, のいろ, のただ, のふと, のむせび泣くごとし, の微風, の心ニ, の感覚, の暖熱, の月, の朧, の海, の灯かげ, の生ぬるく, の真中, の眺望方, の納屋, の虫, の詩, は愛し, は汽車, を守りつづけ

▼ 春~ (27, 0.2%)

106 さめよ春 2 うらわかき 1 われらは, 一族の, 帰って, 思いまわせ, 愛なれ, 汝は, 消えに, 淀川の, 老いな

▼ 春よし~ (27, 0.2%)

9 のお 2 では, の二階

1 [14件] というこの, というその, の子供, の抱え, の芸者全部, の路次, の開業, は人形町通り, へ届け, へ現われ, も少し, を新規, を訪ね, 原で

▼ 春~ (27, 0.2%)

2 の料理

1 [25件] が方, が白眼, だったが, であった, でまっ, とは以前, とは絶交, とぶつかっ, と争い, にし, の, のため, の努力, の奥まった, の奥座敷, は, はうっちゃらかし, は三馬, は曲, は相弟子, は非常, へ頼んだ, まで出向く, もあまり, も気

▼ 春~ (27, 0.2%)

14 の女 2 に下宿

1 [11件] で訓練, などとは違つて障子, に居た, に歸, に知らせたら, に行つて禮, に頼ん, へも參, へ案内, も先月末, を訪問

▼ 春ちゃん~ (26, 0.2%)

1 [26件] が, が惨殺, が朝飯前, が殺された, が殺される, が気付く, が退屈さまし, が鈴江, ての, に気, のこと, の写真, の外, の惨殺, の所, の機嫌, の死後, の死霊, の殺された, の顔, はネオン, は単に, は毎晩十二時, は無口, を好い, を殺した

▼ 春だった~ (25, 0.1%)

1 [25件] かしら僕, からちょうど, からシスターさん, かアルプス, か台所, か小泉, か池, か浅野弥兵衛, か牛込, がその, が二人, が人間たち, が今夜, が田畑, が自分, ことは, そうで, で去年, などと考え, のさ, のだ, のである, ので春子, ので草川, 今夜は

▼ 春~ (25, 0.1%)

1 [25件] からだった, から申込, とは違っ, と葉, にくどかれ, にはじめて, に出した, に受け入れられた, に宛てられた, に捨てられかけた, に捨てられる, に数通, に純情, に誘い, のもの, の供述, の児, の命ずる, の姉, の婚約, の弁護人, の方, の死体, の気持, の顔

▼ 春待つ~ (24, 0.1%)

2 と居りし, と来, 心を

1 [18件] と, 人の, 園, 園は, 夜に, 夜の, 家, 心が, 心の, 心は, 心定まりぬ, 思いで, 旅の, 景色は, 羽根の, 花の, 花樹を, 鳥の

▼ 春まだ~ (23, 0.1%)

2 浅く月, 淺く

1 [19件] あさき土壤, 寒いたんぽ, 寒い焼, 寒き夜風, 寒し榛の木, 寒し遠じ, 寒み, 早い風, 浅い此, 浅い苑, 浅き北海, 浅き木, 浅く芽, 浅しう, 淺き, 私が, 自分が, 遠き氷池, 遠くと

▼ 春とも~ (22, 0.1%)

13 なれば 1 いはぬ火屋, おもえぬうすら, ならぬま, 思えない針, 思へぬ霙, 見えず腐り積, 言うべき何物, 言う可, 言べ

▼ 春なら~ (22, 0.1%)

2

1 [20件] いいん, し吹風, で, で朧, で芳之助, で見られない, なまあたたかい夕靄, ばあの, ばこの, ばつぼみ, ば先ず, ば笑い声, ば花さ, ば花見, ば鈴蘭, ば麦, ば黄白, 僕は, 柔かい草, 熊田校長は

▼ 春にかけて~ (22, 0.1%)

2 無数に

1 [20件] いつも赤い, ここらで, しばらくの, しびまぐろに飽き, そこに, たった一ぴき, 三月ほど, 九州で, 北支戦線の, 吹く東北, 思い思いに, 書き溜めそして, 殆ど寢食, 熊を, 百合子が, 私にとっては, 花の, 連判状に, 青々と, 鷹狩が

▼ 春~ (22, 0.1%)

4 のよう 3 の群れ

1 [15件] がひとり, がショー, が同じ, である, とルンペン, にし, になっ, にまでにはならなく, に肩, に落す, の一人, の前, の習慣, の肉体, を神格化

▼ 春でも~ (21, 0.1%)

2 夏でも

1 [19件] あの辺, あるし, あれば, いい, お寒い, お椀, すぎたらかえした方, それが, ですから, ない, ないのに, ないよう, ない晩春, なかった, なく魑魅魍魎, なんでも, 梅の, 用事なし, 秋でも

▼ 春~ (21, 0.1%)

4 んだ 2 のだ, のであらう, のである, んです, 忘ぞ 1 のか, のであった, のです, ので山, ので東京, んざす, ンか

▼ 春挙氏~ (21, 0.1%)

1 [21件] がある, がつい, が不審さうに, が石集め, が自分, だつた, に耳打ち, の好き, の門弟, はさき, はその, はまた, は多く, は朝鮮人, は画, は画家, は畳, は石, は言, もあれ, もこの

▼ 春までは~ (20, 0.1%)

2 土地で

1 [18件] じゅうぶん生き, そっちで, 下界の, 代々木の, 仰言, 半分正気でなく, 安兵衛殿孫太夫殿と, 幾千か, 当家の, 桃畑で, 熊五郎の, 犬を, 當家の, 置いて, 蛇や, 解けません, 買物籠に, 雪も

▼ 春~ (20, 0.1%)

2 の家, 真淵

1 [16件] が吉良邸, との交際, とは内蔵助以上, と会っ, と内蔵助, の, のほう, の情熱, の耳, は, は壁, は書斎, は死んだ, は茶, を圧倒, 青郊鳥自

▼ 春~ (19, 0.1%)

3 秋の 2 秋かの

1 [14件] これ, その一人, へりました, へり來, へる, ライスカレーで, 夏場の, 心の, 来ぬらし, 汽車の, 秋かと, 秋かに, 秋かも, 行きて

▼ 春この~ (19, 0.1%)

2 岩の, 瓶を

1 [15件] お方の, かた知った, 下総国へ, 二人が, 井戸を, 出来事によって, 国を, 國を, 池の, 清水詣でに, 町へ, 詩集の, 辺の, 通りを, 都の

▼ 春であった~ (19, 0.1%)

3 と思う

1 [16件] か, から山荘, かラサ府, か信州, か子規居士, か日取り, か矢張四十何歳, か私, か非, ことだ, そうな, ということ, と思います, と記憶, には相違, 先生に

▼ 春以来~ (19, 0.1%)

2 からで

1 [17件] あやかさん, ありも, おまん, この事, この伊丹附近, さる所, のこと, の在囚, の朝幕一和, の関係, まったく変っ, 屡書, 帰らぬ東京, 御入湯いか, 御着, 思わぬ日, 生れた四つ

▼ 春夏秋~ (19, 0.1%)

2 なり, の三期

1 [15件] が何とも, といく, とその, と三度蚕, なんという, にかけてその, の三季, の三季節中, の季節, の怠り, の手入れ, の期節, の眺め, の間, を休ん

▼ 春~ (19, 0.1%)

3 の陽 2 にし, の光

1 [12件] である, の一日, の埃, の寂光, の納屋倉, の藤, はあやかし, や人形, や出船, や根黍, をただ, をなやまし

▼ 春~ (19, 0.1%)

2 に, よ

1 [15件] がさいた, すでに散り, なれや, に映, に詠じ, に酔, のいや, のうつろ, のかげ, の咲き, の盛, の笑み, を刺繍, を曇天, を見

▼ 春~ (19, 0.1%)

2 や美人

1 [17件] かぶり, というもの, とか大黒舞, とか越後獅子, とか高砂, などに出, などの雑芸者, などをやっ, にし, によく, の中, の玩具, の足掻, は霞, や二歳, や背, を舞わせ

▼ 春~ (18, 0.1%)

2 その頃, にでもなったら, に伺ふ, に頂戴 1 として私, とはいえ, なり中幕団洲, に小便, に往きます, の前, の引つ込んだ, の空気, の節, 坂東竹三郎光秀四代目坂東彦三郎蘭丸市川猿蔵で

▼ 春過ぎ~ (18, 0.1%)

5 て夏 4 て夏来 2 て猶 1 たらし篁, て, てから精米所, ての歌, て夏來, て夏来向, て青葉

▼ 春ちやん~ (17, 0.1%)

1 [17件] か, が帰る, が真, といふ女の子, とこの, と云つた, なんか嫌, に惚れてる, の声, の目, の眼, の綺麗, ば誘つて, も夢中, も立ち上つた, をハラ, をハラハラ

▼ 春といふ~ (17, 0.1%)

2 のは

1 [15件] ことにな, のに, ものの, ものは, 人が, 今年三つの, 女は, 子までも, 季節は, 暦法上の, 期間に, 用語例の, 神話の, 藝子も, 語の

▼ 春にでも~ (17, 0.1%)

2 なつたら

1 [15件] なったらお目にかかって, なったらお礼, なったらこの, なったら京都, なったら夫, なって, なつたらや, なつたら思ひ切つ, なつて札幌, なりましたら一度, なれば, ゆっくり伺う, ゆつくり伺ふ, 三日四日行きたい, 事を

▼ 春寒い~ (17, 0.1%)

3 風が

1 [14件] ころに, をなごやの, 夜更けの, 夜風に, 夢の, 如法闇夜へ, 小糠雨の, 島から, 日の, 朝の, 焔を, 頃, 風, 鼠の

▼ 春~ (17, 0.1%)

3 尚質

1 [14件] が京都, が将, で和泉橋通, とて医師, に二物, に託した, の入京, は事, は五十三駅, は前年天保六年, は年, は志保, は耳, は重

▼ 春挙さん~ (17, 0.1%)

2 がそれ, が偶然, のところ, の海浜 1 には私, の, の塩原, の瀧山水, の隣, の隣り, はす, はすっ, は私

▼ 春~ (17, 0.1%)

1 [17件] がそれ, がつかつか, が突然, が馬, というの, と言, などが草鞋, にかわった, に伊庭親子, の, の三名, の両, の士学館, の調査, の道場, の馬, の馬上姿

▼ 春あたり~ (16, 0.1%)

1 [16件] から, からこっち, からつれづれ, からめっきり, からポツポツ, から不思議, から動きだしたらしいです, から妙, から始めた, はあえて, は都, までいよう, までは文通, までべいごま, を散策, 引越して

▼ 春です~ (16, 0.1%)

642 わね 1 からあれこれ, な, わね春, 白樺の

▼ 春堂先生~ (16, 0.1%)

1 [16件] がそいつ, が呟き, が桃源, が用, たりとも, であります, でした, の易断, の評価, の身の上, は, は命, は長い, ほうほう, をそこ, を軍師

▼ 春~ (16, 0.1%)

1 [16件] というは待合, に馴染, の二階, の内儀, の前, の婢, の思惑, の門, へ出, へ出懸け, へ参っ, へ持たせ, へ行く, へ行っ, へ馳, を立出

▼ 春くれ~ (15, 0.1%)

2 がたやわ, ば花, ば遠き 1 て, ては花, て五月まつ間, て衣, ばま, ば柳, ば水, ば白く小さき, ば雪

▼ 春その~ (15, 0.1%)

1 [15件] ことを, ひしがた, 亭主の, 代りとして, 前夜を, 原文を, 土地へ, 大学を, 娘が, 春は, 最初は, 朗らかな, 次の, 藤夜叉さんから, 街の

▼ 春では~ (15, 0.1%)

4 なかった 2 あるが 1 あったが, あったけれど, あるし, ない, ないか, なかつたか, 千紫万紅といふ, 明る過ぎる, 駄目との

▼ 春なれ~ (15, 0.1%)

2 ば草, ば街

1 [11件] ば, ばこ, ばこそ京, ばこの, ば寺, ば小, ば春風, ば茶摘み, や偽り, や苦力, や青める

▼ 春外套~ (15, 0.1%)

1 [15件] で繩, とともに乞食, になった, に着かえた, のついた, の下, の背中, の袂, の鼠色の, やスーツ, を出し, を波うたせ, を着, を着る, を羽織る

▼ 春~ (15, 0.1%)

2 はその

1 [13件] が待っ, が茶, が蒼い, きさま, にこごと, には判らなかった, に秀英, の口, はおどおど, はねぼう, もそれ, ももう, を叱りとばし

▼ 春早々~ (15, 0.1%)

1 [15件] からの兆候, から世間, から乱暴, から悪い, から暮れゆく, から風, から麹町, それを, にこ, に焼い, の自由, より雨, 人聞きの, 死刑に, 縁起でも

▼ 春早く~ (15, 0.1%)

2 連合に

1 [13件] から数, エジプトに, 出た一匹, 囀るは, 山や, 採って, 根分けを, 的屋に, 花が, 芽が, 葉の, 開花する, 雪が

▼ 春たけ~ (14, 0.1%)

3 なは 2 にける 1 てい, ている, てうばら, て日, なはに, なはの, にけり, につつ, ぬれど

▼ 春三月~ (14, 0.1%)

1 [14件] かれら, が満期, とはいえ, とはいへ, なり聖天子万機, にはできるだろう, に崩御, に竹柏会, に転読, のすばらしい, の十五日, の宵, の末, の比

▼ 春~ (14, 0.1%)

1 [14件] であったが, ではあった, という侍, とは面白い, と云っ, と別れた, に見, に観せ, はここ, は声, は座, は訊いた, は鋭く, は馬場

▼ 春渓尼~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, からの報告, がそれ, が高時, であった, とが五月, のまわり, の唇, の姿, はその, は一ばい静か, は明晰, まずそれ, を出した

▼ 春立つ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あしたかな, というの, といふぺんぺん草, と共に, と天, らんか, 以前の, 日, 日これを, 日まで, 日主水司内裏に, 朝の, 空に, 雪の

▼ 春~ (14, 0.1%)

43 囀の, 囀を 1 また巣, 囀に, 囀も, 囀細き

▼ 春あさき~ (13, 0.1%)

2 土賊は

1 [11件] この溜池, 囃子求め来, 夕日の, 小葱, 川瀬の, 日ぞ, 旧海道, 榛の, 樫の, 欅の, 黄と

▼ 春二月~ (13, 0.1%)

2 のころ

1 [11件] が始め, だった, と秋八月, のはじめ頃, の一七日, の節, の野, までその, までを美食多産期, より五, 大日本根子彦太瓊天皇崩

▼ 春團治~ (13, 0.1%)

1 [13件] が, でも必ず, と金語楼君以外, のあの, の一種, の多彩, の福團治, の高座高座, はまた, は平常, もまた, も借金, らしい色

▼ 春~ (12, 0.1%)

1 [12件] あり, です, という童上がり, といふもの, などが立ち帰っ, には老い, の童僕ふたり, は事あら, は恋, は欲, をつかまへ, を誘惑

▼ 春夏秋冬~ (12, 0.1%)

1 [12件] いろいろの, がそれ, この池, というふう, と失明, と巡っ, に通じる, の四季, の年四回, の移り變, の花, はこう

▼ 春~ (12, 0.1%)

1 [12件] がひとり, が云った, というの, という人, とはそれでいて, と全く, にはもう, にはもっと, のごとき, のやう, は自分, より時代

▼ 春浅い~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことだつた, ころまだ一寸, 中に, 四方の, 夕方である, 日ごろ青といへ, 枝を, 流れに, 茜いろに, 谷間を, 頃から, 頃であった

▼ 春浅き~ (12, 0.1%)

2 日南の, 潯陽江の 1 かなや, 大名行列ここ過ぎ, 山田の, 樹海には, 片山蔭の, 落葉松渓の, 街は, 鰊の

▼ 春~ (12, 0.1%)

3 は妻 2 の妻 1 が内, といふ人, とかいふ人, とてそれ程, なり, は春衛, は空とぼけ

▼ 春~ (11, 0.1%)

1 [11件] あかが, もちだいだい玉子もっ, 亡くなりに, 妾さんが, 婿さんを, 富さんが, 斎糧を, 熊が, 父上の, 生まれに, 薨れ

▼ 春~ (11, 0.1%)

1 [11件] ふけたる, ゆく, らへ, わかき朝, 別れなりける, 告げける, 恋しかりける, 恋しき, 経に, 見えける, 近づく

▼ 春なり~ (11, 0.1%)

2 ながら美篶, 今は, 今より, 我れ 1 しと, ながら峯, 而し

▼ 春また~ (11, 0.1%)

1 [11件] お亡くなり, りんごの, 出かけて, 十一年振りで, 思い出したら来て, 春と, 春を, 父の, 私は, 長崎へ, 雪の

▼ 春よりも~ (11, 0.1%)

1 [11件] うら, 又た, 夏よりも, 夫人の, 実際的, 活力を, 清潔である, 秋の, 秋は, 秋よりも, 遥に

▼ 春殿~ (11, 0.1%)

4 に満つ 2 に満ちしか 1 とやら宮様, と連れ立っ, は論語, を, 駈け入りましょうぞ

▼ 春からは~ (10, 0.1%)

1 お目, そのよう, それも, もう執筆, 以前の, 全日本の, 女学校を, 御茶の水の, 船の, 落合の

▼ 春である~ (10, 0.1%)

1 からだ, からつまり, からであろう, から惠果, がそれ, とは夢にも, のに不幸, 従って幕明き, 草は, 豊である

▼ 春への~ (10, 0.1%)

1 ある季節, うつりかけ日増しに, しおまけ, 手向けの, 推移だって, 突進者, 突進者を, 讃歌と, 身構えの, 鋪道を

▼ 春までの~ (10, 0.1%)

1 うちに, そのシーズン, 五年間に, 内に, 同級生に, 命も, 四年あまりにわたって, 紀行は, 間に, 間を

▼ 春四月~ (10, 0.1%)

2 の末 1 である, と秋十月, にもなれ, の中ごろ私, の二十六日, の末つ方大磯, の頃, 入威州

▼ 春~ (10, 0.1%)

1 が辺り, である, というわずか, という茶坊主, の, の娘, の師弟, は日本橋辺, は発狂, は角兵衛獅子

▼ 春早き~ (10, 0.1%)

2 朝の, 田の面の, 花 1 丘に, 哈爾賓の, 外に, 風に

▼ 春ごと~ (9, 0.1%)

2 に花 1 にもっとも, にわれ, に少し, に幾百株, に老いぬ, に香り, の頭

▼ 春と共に~ (9, 0.1%)

1 あわただしく散っ, もっと早く, 動いて, 眉を, 自から, 自から回つて來, 衰えゆく身, 迎へる, 静かであった

▼ 春までには~ (9, 0.1%)

2 来ますから 1 できるだけ多く, 一思ひ, 主人の, 二つの, 回復するだろう, 實現される, 拔齒し

▼ 春~ (9, 0.1%)

421 が死んだ, のお, の初

▼ 春浅し~ (9, 0.1%)

2 ふな 1 ここの, ほだ火, 小白き, 残る鴨, 白飯の, 眼は, 行きても

▼ 春降る~ (9, 0.1%)

2 雪, 雪は 1 やうな, 雪か, 雪かヨー, 雪の, 雪はヨー

▼ 春からの~ (8, 0.0%)

2 分だけ 1 お客どした, お約束, 僂麻質斯で, 心痛は, 青年達の, 騒ぎで

▼ 春でした~ (8, 0.0%)

1 かあの, かとにかく, から吉野山, か回向院, がある, が二十二三日, よ, わ

▼ 春どの~ (8, 0.0%)

1 とやら其方, どうぞこれ, はた, もお, をま, 夜前小石川南海寺にて, 湯島から, 留守を

▼ 春寒き~ (8, 0.0%)

1 午後園生に, 外の, 夜に, 年, 旅順の, 朝めづらし, 河風を, 灯に

▼ 春~ (8, 0.0%)

1 が高貴, との関係, の如き, の才, は, はこれ, を政治総裁, 挙げて

▼ 春~ (8, 0.0%)

1 と妻, のところ, の家臣, の所, はもう, は治六, は由利女, は西太后

▼ 春~ (8, 0.0%)

2 動く 1 おのずから整っ, というよう, ますます募り, を含ん, を覚, 漂ういき

▼ 春~ (8, 0.0%)

2 から夏 1 がきました, が来た, だ, の春, まつたく春, 晴れると

▼ 春死んだ~ (8, 0.0%)

2 のも, 駒次郎の 1 といふ操, 小倉嘉門の, 志道軒の, 歌唄ひ

▼ 春~ (8, 0.0%)

1 であるから, と号, はああ, はふと, は小, は思わず, は聞き, は肩

▼ 春~ (8, 0.0%)

1 だから, であり在留, で四月八日, で里神楽, に的射, に迎え送らるる, の支度, はまた

▼ 春~ (8, 0.0%)

1 が仕, でき, ともなり, の梅, を与へる, を棄て, を美む, を美ム

▼ 春あさい~ (7, 0.0%)

2 山を 1 大きな落日, 太平洋は, 日に, 桜の, 田の面を

▼ 春ある~ (7, 0.0%)

1 を賞, 冬ぞ, 冬の, 大学を, 専門学校へ, 村で, 海岸地方を

▼ 春との~ (7, 0.0%)

1 交替する, 入れかわる三月, 噂が, 対照である, 神, 間には, 関係であった

▼ 春ながら~ (7, 0.0%)

1 ここは, まだ底冷え, 冬, 物さび, 肌に, 誰も, 風少し

▼ 春なる~ (7, 0.0%)

1 ああこの, かなと見, かなや, こと人の, に至ら, 登攀に, 芳園に

▼ 春三郎夫婦~ (7, 0.0%)

1 が出, であつ, の仕打ち, の出, は一方, は長火鉢, も愈

▼ 春~ (7, 0.0%)

2 の早 1 と区別, にかけては俄, に至る, の比, の詩

▼ 春初めて~ (7, 0.0%)

1 この汽車, ソヴェトに, 人家の, 伊太利に, 伊香保に, 府中へ, 来た時

▼ 春去り~ (7, 0.0%)

1 て, て夏, 夏が, 夏を, 夏來り, 夏来たり, 秋逝く

▼ 春大学~ (7, 0.0%)

3 を卒業 1 に入った, へ入る, を出, を御

▼ 春寒く~ (7, 0.0%)

1 して, 光り朝, 思う事, 正月十四日から, 痩腕を, 簀を, 腰から

▼ 春帆楼~ (7, 0.0%)

1 かで頭山満翁, かどこ, の一夕, の宴, の方, や月波楼, や風月

▼ 春~ (7, 0.0%)

3 既に成り 1 を新調, を着, を着た, 已に成る

▼ 春来る~ (7, 0.0%)

2 ともなほわれ 1 ごとに, なし, 御霊は, 日の, 鳥の

▼ 春来れ~ (7, 0.0%)

1 ば, ばこきまぜ, ば今一, ば塵, ば李, ば死刑囚, ば鶯

▼ 春東京~ (7, 0.0%)

1 で一緒, で委員, へは突如, へ上り今, へ縁づい, へ行った, を逃げる

▼ 春浅く~ (7, 0.0%)

2 して, 閑か 1 とでもした, 東京近辺では, 松は

▼ 春深く~ (7, 0.0%)

1 こもりて, なつて, なれば, まで消え残る, 腐りし蜜柑, 雪どけの, 霞んだ美濃

▼ 春狂言~ (7, 0.0%)

1 が早く, で其初日, にやっと, のうたい文句, のびら, の期日, の番附

▼ 春錦亭柳桜~ (7, 0.0%)

1 が穴, てえ, という落語家, と拮抗, のたぐい, の人情話, の速記

▼ 春かぜ~ (6, 0.0%)

1 に桜花, に自ら, に髪, の山, 吹きぬ上総, 吹きぬ傘

▼ 春さえ~ (6, 0.0%)

1 はや過ぎたる, 充分には, 武家方に, 知ってない, 立つの, 身に

▼ 春さめ~ (6, 0.0%)

1 さみだれしぐれ, そ, にあかき, は君, もいと, をかなしき

▼ 春され~ (6, 0.0%)

1 ばさくらさき, ばま, ば先づ, ば尋ね, ば樹, ば花

▼ 春とともに~ (6, 0.0%)

1 べつな, 下では, 乾きはじめて, 江戸を, 準備おさおさ, 終った長崎

▼ 春にかけては~ (6, 0.0%)

1 ここらの, トゲを, 下町に, 何処に, 太平洋の, 安全だ

▼ 春はじめて~ (6, 0.0%)

1 その夜桜, 乙女椿の, 守田座で, 本書を, 福島縣, 詣で候折は

▼ 春まさに~ (6, 0.0%)

2 ねぶたの, 雲ぞ 1 国の, 来ぬ

▼ 春ゆく~ (6, 0.0%)

1 と締めつゆるめつ, 夕白藤の, 宵の, 市の, 毎に, 水は

▼ 春~ (6, 0.0%)

2 れば 1 たまれびと, り風, るなし, る時

▼ 春~ (6, 0.0%)

32 杜子春が 1 母兆中症に

▼ 春咲く~ (6, 0.0%)

1 こと知らねえだ, に定, に百早梅, 花と, 蘭に, 蘭に対して

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 が可愛く, のポチヤポチヤ, は二日, は無事平穏, を人身御供, を殺めた

▼ 春婦たち~ (6, 0.0%)

1 がきらきら, がイギリス, が並ん, の皺, は立ち上る, は船

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 が最も, で充たされ, のよう, のゐた, は大徳寺, は慶長

▼ 春廼舎朧~ (6, 0.0%)

1 であった, という粋, といっ, の名, の声望, の短篇

▼ 春~ (6, 0.0%)

2 やもかはづのこゑの 1 み, むなり, やに咲く, やも蛙鳴き

▼ 春~ (6, 0.0%)

2 が后, が著, が随筆

▼ 春~ (6, 0.0%)

2 が産後 1 が病死, なる人, はその, は子

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 が躋寿館, で百俵寄合医師, の後, の母, は此年, を生んだ

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 がうたった, の墓, は曾, は蚕豆, まではまあ, を

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 のボタ山, の下, の屋根, の音楽家, は青々, 青くそ

▼ 春興行~ (6, 0.0%)

1 には五世菊五郎, には菊五郎, に乗り込み, に欠勤, の前後, を見たがっ

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 に囁く, に渡した, の処, の持っ, の持つ, を連れ

▼ 春~ (6, 0.0%)

1 なり, なるべき筈, にし, に番町, の室, 暑しといふは

▼ 春お嬢さん~ (5, 0.0%)

2 は常 1 が廊下, と常, は平太郎さん

▼ 春~ (5, 0.0%)

4 にけらし 1 ては野

▼ 春~ (5, 0.0%)

3 めり 2 めり散りたる

▼ 春じゃ~ (5, 0.0%)

2 ないか 1 ありませんわね, ゆえ真, アねえか

▼ 春たけなわ~ (5, 0.0%)

1 といっ, な白光, な美しい, のころ, の庭園

▼ 春だつた~ (5, 0.0%)

1 かと思ふ, かロイド・ジヨウジ氏, か夏, か手紙, か知ら

▼ 春べと~ (5, 0.0%)

2 さやに 1 なりに, 時しり顏に, 見えしこの

▼ 春までに~ (5, 0.0%)

1 むべも, 二十二人, 数万人の, 牛を, 行きて

▼ 春よりは~ (5, 0.0%)

2 芸妓に 1 お弱りです, また七年間勇太郎, 又七年間勇太郎

▼ 春中学校~ (5, 0.0%)

4 を卒業 1 へ受験

▼ 春~ (5, 0.0%)

1 が上京後間, はまえ, は丁度一年ぶり, は原稿, は大学

▼ 春~ (5, 0.0%)

1 とか何とか, とは言わない, と家, の怨霊め, や

▼ 春~ (5, 0.0%)

1 に三五, に鳩, の澄み極まれる, の融和, 降られた日

▼ 春太夫~ (5, 0.0%)

1 がした, などといっしょ, に訊いた, のそれ, は弟子

▼ 春春春~ (5, 0.0%)

1 がきました, が来た, だ, まつたく春, 晴れると

▼ 春時分~ (5, 0.0%)

1 に江戸づま, のこと, の事ぢやつ, の或, は筍

▼ 春漸く~ (5, 0.0%)

1 八幡村を, 手に, 暮れなんと, 此の, 現住所に

▼ 春~ (5, 0.0%)

1 である, 一本の, 休んで, 地主の, 延びた事

▼ 春~ (5, 0.0%)

2 にし 1 といふ, に, の景色

▼ 春長軒~ (5, 0.0%)

1 という一箇, どのじゃろ, はすぐ, はまだ, も唐橋門

▼ 春長軒父子~ (5, 0.0%)

1 から聞い, とその, はその, は信忠, もそれ

▼ 春~ (5, 0.0%)

1 という, として載せ, に作っ, の子, は元

▼ 春~ (5, 0.0%)

1 が冷, にあと, のした, の菜葉, ヲ置カズ

▼ 春あり~ (4, 0.0%)

3 成長し 1 て靄然

▼ 春いまだ~ (4, 0.0%)

2 蟇の 1 寒き小倉, 浅し山椒

▼ 春お前~ (4, 0.0%)

1 のよう, の髪, は知るまい, も仕度

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 いっしょに, 元服あそばされる, 出府の, 隠居さまの

▼ 春さく花~ (4, 0.0%)

21 のよう, はやしける

▼ 春って~ (4, 0.0%)

1 あっしの, いいね, いやああ, どんなもの

▼ 春っ子~ (4, 0.0%)

1 お兼っ子, が片手, が笊, は小学校

▼ 春であり~ (4, 0.0%)

1 今から, 宵の, 歌の, 空には

▼ 春ならぬ~ (4, 0.0%)

1 わが身ひとつは, わが身一つ, 寒靄にしも, 此目も

▼ 春に対する~ (4, 0.0%)

2 準備も 1 幽霊水の, 愛が

▼ 春のけ~ (4, 0.0%)

2 はひ 1 はいが, はいも

▼ 春のみ~ (4, 0.0%)

2 づうみ岸の 1 かいくかも, では

▼ 春まつり~ (4, 0.0%)

1 から冬まつり, の一部, の事, の赤い

▼ 春までも~ (4, 0.0%)

1 ツイ恋らしい, 僅かの, 持越すこと, 貧なり

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 がよ, ける小屋, は行衛不明, をもし

▼ 春中学~ (4, 0.0%)

1 は嫌, へ上った, を卒業, を終え

▼ 春京都~ (4, 0.0%)

1 で亡くなった, で開かれた, に行った, の織

▼ 春以後~ (4, 0.0%)

1 の東京, はすべて, は機関誌, は段々

▼ 春吹く~ (4, 0.0%)

2 風よ 1 芽をば, 風に

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 しげししばしば, に眼洗, のいづ, 去つて秋水

▼ 春女学校~ (4, 0.0%)

2 を卒業 1 を出, を出た

▼ 春学校~ (4, 0.0%)

2 を出た 1 の落第, を卒業

▼ 春我が~ (4, 0.0%)

2 郡中小千谷の 1 住魚沼郡の, 慶応義塾を

▼ 春早し~ (4, 0.0%)

2 土耳古の 1 何の, 鼠のを

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 に騒ぎ, の北史國號考, の有志, はホフシ・ナカナム

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 だよ, と云う, にいた, の裏門口

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 が発動, の動く, の発動, は目ざめかかっ

▼ 春~ (4, 0.0%)

2 なむその 1 なん, に六月

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 で頭髪, 満ちたり, 満てり, 至らず躯殻生

▼ 春~ (4, 0.0%)

2 と良円 1 の兄弟, は刺絡

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 せる古城, であつ, の七律, の詩

▼ 春生れた~ (4, 0.0%)

1 のでまだ, ばかりの子, ばかりの赤ん坊, 私の

▼ 春田舎~ (4, 0.0%)

2 から出 1 から叔父さん, から呼寄せました

▼ 春祝言~ (4, 0.0%)

2 したばかり, したばかりの

▼ 春突然~ (4, 0.0%)

1 やってきて, 他の, 充血した, 手紙を

▼ 春結婚~ (4, 0.0%)

1 したと, して, のため, 致しましたので

▼ 春芝居~ (4, 0.0%)

1 から五月興行, のあく, の番附, の間際

▼ 春行く~ (4, 0.0%)

2 庭の 1 やの駄句, やまごつく

▼ 春闌け~ (4, 0.0%)

1 てから山, て暑い, て来た, につつ雨夜

▼ 春~ (4, 0.0%)

2 のまだ 1 に埋れた, の解ける

▼ 春霞み~ (4, 0.0%)

2 が立つ 1 がもう, を衝い

▼ 春~ (4, 0.0%)

1 が次第に, と薄, に包まれ, の江山江水

▼ 春~ (4, 0.0%)

2 の枝 1 は無心, よ

▼ 春あたたか~ (3, 0.0%)

21 な一日

▼ 春あの~ (3, 0.0%)

1 とき宮本は, 人が, 男を

▼ 春くる~ (3, 0.0%)

1 たびに, に限る, 毎に

▼ 春ころ~ (3, 0.0%)

1 から酒, までは書くで, まで折

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 へはや, へもやや, へ晴れぬ

▼ 春さり~ (3, 0.0%)

3 にけり

▼ 春さりくれ~ (3, 0.0%)

1 ば楸生, ば笹, ば鳴かざりし

▼ 春しづか~ (3, 0.0%)

2 なる御 1 なり小雨流ら

▼ 春すでに~ (3, 0.0%)

2 刈田に 1 闌けて

▼ 春たつ~ (3, 0.0%)

1 などに纔, 朝である, 順気が

▼ 春だって~ (3, 0.0%)

1 同じこと, 夏だって, 直き

▼ 春ちゃんと~ (3, 0.0%)

1 あんたが, しらべて, 呼ばれる女給

▼ 春ちや~ (3, 0.0%)

1 んよくこんなに, ん若し, ん鰐

▼ 春でなく~ (3, 0.0%)

1 たっていくらでも, てはならない, て秋

▼ 春でなけれ~ (3, 0.0%)

2 ばならない 1 ばいけない

▼ 春とか~ (3, 0.0%)

1 夏とか, 年暮とか, 秋とかいう

▼ 春とこそ~ (3, 0.0%)

2 いふべけれ 1 思へ

▼ 春なかば~ (3, 0.0%)

1 の地面, の空, まで猶予

▼ 春など~ (3, 0.0%)

1 多くは, 秘曲を, 自ら旅支度を

▼ 春に対して~ (3, 0.0%)

1 僕の, 恥じて, 挙動った

▼ 春ひねもす~ (3, 0.0%)

1 やは肌, を小机, 鞠の

▼ 春ふかき~ (3, 0.0%)

1 ゆふ, 家を, 灯に

▼ 春もを~ (3, 0.0%)

2 さなしたき火 1 はりか

▼ 春らしき~ (3, 0.0%)

1 もの, 快晴日は, 氣配は

▼ 春らしくなっ~ (3, 0.0%)

1 てい, てます, て来

▼ 春らしくなった~ (3, 0.0%)

1 と云っ, な, 空の

▼ 春上京~ (3, 0.0%)

2 して 1 した

▼ 春上野~ (3, 0.0%)

1 の慈善音楽会, の花, の音楽学校

▼ 春亡くなりました~ (3, 0.0%)

1 があれ, よ旦那様, よ旦那樣

▼ 春~ (3, 0.0%)

3 の子

▼ 春亭九華~ (3, 0.0%)

1 であった, などという, の八名

▼ 春仁氏~ (3, 0.0%)

1 がすすん, の対談, の手記

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 の家 1 は薩摩屋敷

▼ 春偶然~ (3, 0.0%)

2 にも 1 そんな風

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 には私達, に雨, 崎に

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 夏来新樹辺緑陰深, 後に, 欲尽

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 の一幕物, の暮れ, はひとり野

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 なら, のとこ, の縁談

▼ 春始めて~ (3, 0.0%)

2 一書を 1 長崎から

▼ 春婦宿~ (3, 0.0%)

1 で働く, になっ, を経営

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 に帰った, はまだ, も交

▼ 春寒し~ (3, 0.0%)

1 とや枝, 未だ南, 細かに

▼ 春小学校~ (3, 0.0%)

1 にはいった, へ入った, を卒業

▼ 春屋禅師~ (3, 0.0%)

1 のよう, の書, を推すべきである

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 のサナトリウム, の色, を降りる

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 とった彼, とつた彼, の改まった

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 のデック, の正季, の細君

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 かほな 1 に待た

▼ 春待顔~ (3, 0.0%)

2 な雑草 1 に紅い

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 でも子供だまし, という人々, の作

▼ 春時化~ (3, 0.0%)

1 とでもいはう, のせせらぎ, 米が

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 にし, の靜, は一ぺん

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 うらうらと, に乗じ, 続塵

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 なんとする, の嫩ら, る

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 のこの, の午前, らしく曇つて

▼ 春更け~ (3, 0.0%)

1 て今ごろ, て建安二年, て諸

▼ 春未だ~ (3, 0.0%)

1 寒いある, 寒さ, 闌ならざる

▼ 春杪夏初~ (3, 0.0%)

1 には狩谷, に江戸, の頃

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 と山毛欅, の幹, や山毛欅

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 でこの, で春次, を初め

▼ 春殿それ~ (3, 0.0%)

2 がよろしい 1 がし

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 に咲くであろう, に栄え栄えた, の遠

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 が, にあり, はこの

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 などが出, のおしよせる, を招い

▼ 春深し~ (3, 0.0%)

21 今日の

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 い感じ, い谷間, く水

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 で豊か, は皆, を裂い

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 浅白雪 1 浅寒林

▼ 春畝山人~ (3, 0.0%)

1 にしろ, の優雅, の額

▼ 春盛ん~ (3, 0.0%)

3 に花

▼ 春短し~ (3, 0.0%)

3 何に

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 であつ, として私, となした

▼ 春祖母~ (3, 0.0%)

1 が病, が病み附い, は老病

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 にかけて稿労, には毎年老婆, の遊山

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 けむ, たる樟樹, てさ

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 もつ子 1 なこと

▼ 春自分~ (3, 0.0%)

1 の病, の腹, は中學

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 か, たり, は二人

▼ 春良人~ (3, 0.0%)

1 と共に坐したる, にたすけ引かれ, は洋行

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 をふく, を出し, を出した

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 のはう 1 が芽ばえ

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 の妓右, を著, を著飾つた女の子

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 掃きませうか 1 が今朝

▼ 春近い~ (3, 0.0%)

1 日光を, 江戸の, 駿河の

▼ 春~ (3, 0.0%)

2 ぎてくれなゐ久し 1 ぎむとす

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 に酔い, に酔ひ, を酌む

▼ 春~ (3, 0.0%)

1 に到り, を開かせた, を開き

▼ 春麻布~ (3, 0.0%)

2 第三聯隊 1 のさる

▼ 春あさし~ (2, 0.0%)

1 酒を, 隆恩殿に

▼ 春お勤め~ (2, 0.0%)

2 の不首尾

▼ 春かけ~ (2, 0.0%)

1 て山松, て幾人

▼ 春かと~ (2, 0.0%)

1 存じ上げます, 思うだけ

▼ 春きたら~ (2, 0.0%)

1 ばとねがひけり, ば花さかん

▼ 春ここ~ (2, 0.0%)

1 にちり, へ奉公

▼ 春ごろ東京~ (2, 0.0%)

1 から歸, にインフルエンザ病

▼ 春さば~ (2, 0.0%)

1 はわずか, を入手

▼ 春さむく~ (2, 0.0%)

1 小舟が, 針の

▼ 春さらば~ (2, 0.0%)

1 いかなる色, 奈良の

▼ 春さり来れ~ (2, 0.0%)

1 ば小竹, ば桜さき

▼ 春さる~ (2, 0.0%)

1 外国人の, 外國人の

▼ 春さんこっち~ (2, 0.0%)

1 だ, へ坐り

▼ 春さん春さん~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, と好かれ

▼ 春しき~ (2, 0.0%)

2 ぬれば

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 ちゃ見忘れた, よと風ふく朝

▼ 春そこ~ (2, 0.0%)

1 にて二匹, の中学校

▼ 春そのもの~ (2, 0.0%)

1 の創造, を差出す

▼ 春たち~ (2, 0.0%)

1 かへり, と一緒

▼ 春だけは~ (2, 0.0%)

1 わすれないん, 別で

▼ 春ちかい~ (2, 0.0%)

1 枯枝, 花と

▼ 春ちかけれ~ (2, 0.0%)

1 ど坑, ば小手

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 やげ, やない

▼ 春であっ~ (2, 0.0%)

1 てあの, て美妙

▼ 春とで~ (2, 0.0%)

1 一方は, 名を

▼ 春とな~ (2, 0.0%)

1 つてから, つてからは

▼ 春とを~ (2, 0.0%)

1 かくの, 迎へ

▼ 春どう~ (2, 0.0%)

2 働くか

▼ 春どれ~ (2, 0.0%)

2 も一期半期

▼ 春なく~ (2, 0.0%)

1 ば, 秋なく

▼ 春なりと~ (2, 0.0%)

1 のらすれ, 知る時

▼ 春なんて~ (2, 0.0%)

1 お客さんに, のへ

▼ 春にかけての~ (2, 0.0%)

1 一冬で, 過勞

▼ 春にとっては~ (2, 0.0%)

1 また従兄弟, 怨みであり

▼ 春にわたって~ (2, 0.0%)

1 まったく膠着状態, 現在の

▼ 春のさ~ (2, 0.0%)

1 ざなみ, びしさはさうした時間を

▼ 春のね~ (2, 0.0%)

1 ざめのおもしろさ鐘と, むりをむさぼれる

▼ 春はさ~ (2, 0.0%)

1 こそと思われる, のみ怖い

▼ 春はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 人の

▼ 春はやく~ (2, 0.0%)

1 咲き出でし, 山の

▼ 春はを~ (2, 0.0%)

2 さなし

▼ 春ひらい~ (2, 0.0%)

2 て秋

▼ 春ふか~ (2, 0.0%)

1 み神, むらし

▼ 春ふかい~ (2, 0.0%)

1 石に, 草を

▼ 春ふけ~ (2, 0.0%)

1 て白頭翁, にけり

▼ 春ふたたび~ (2, 0.0%)

1 吉原へ, 河内辺に

▼ 春ふとした~ (2, 0.0%)

1 きっかけで, 手がかりで

▼ 春べっぴん~ (2, 0.0%)

1 があらまし, ゆかしいじゃ

▼ 春べに~ (2, 0.0%)

2 うつつなく

▼ 春ほど~ (2, 0.0%)

1 な者, 明瞭で

▼ 春まけ~ (2, 0.0%)

1 てかく, て物がなしき

▼ 春まつ~ (2, 0.0%)

2 と妻

▼ 春まひる土移り~ (2, 0.0%)

2 する花びら

▼ 春まひる隣~ (2, 0.0%)

1 に聴き, に聽

▼ 春みじかし~ (2, 0.0%)

1 をま, 何に

▼ 春みぬ~ (2, 0.0%)

2 定めやら

▼ 春めかしく~ (2, 0.0%)

1 なつた三月, なる

▼ 春めぐり~ (2, 0.0%)

2 桜に

▼ 春やっ~ (2, 0.0%)

1 てば, と学校

▼ 春やつ~ (2, 0.0%)

1 てくる, と学校

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 ふべ

▼ 春ゆき~ (2, 0.0%)

1 て夏来, どけを

▼ 春よそ~ (2, 0.0%)

1 の会社, よりは早く

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 しかつた, の及ぶ

▼ 春らし~ (2, 0.0%)

1 かつた, さに

▼ 春らしくなり~ (2, 0.0%)

1 お天気, 和やかな

▼ 春らんまん~ (2, 0.0%)

1 だつた, をここ

▼ 春わが~ (2, 0.0%)

1 一字を, 名は

▼ 春わたくし~ (2, 0.0%)

1 は森春濤, は物買い

▼ 春をも~ (2, 0.0%)

1 帷幕に, 迎えた

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 とこの, なって

▼ 春アメリカ~ (2, 0.0%)

1 の東洋艦隊, へ渡っ

▼ 春トナシ八千歳~ (2, 0.0%)

2 ヲ秋トナス

▼ 春プロレタリア文学運動~ (2, 0.0%)

1 が自由, にきびしい

▼ 春モミジ~ (2, 0.0%)

1 の枝, はもとより

▼ 春一人~ (2, 0.0%)

1 のみでない, の馴染み

▼ 春一先~ (2, 0.0%)

2 づこの

▼ 春一本人~ (2, 0.0%)

1 が出, は余り外遊

▼ 春下越後~ (2, 0.0%)

2 を歴遊

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 見春, 遠

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の女, の郷

▼ 春主人~ (2, 0.0%)

1 が欧州, は肺患

▼ 春久吉~ (2, 0.0%)

1 に一円, に一圓

▼ 春乳母~ (2, 0.0%)

1 と同じ, に抱かれ

▼ 春五十二歳~ (2, 0.0%)

1 になった, のヘンデル

▼ 春五月~ (2, 0.0%)

1 から秋十一月, の末

▼ 春亡くなっ~ (2, 0.0%)

1 ています, てしまった

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 へ上り, まで参った

▼ 春京都大学~ (2, 0.0%)

1 にはいった, の哲学科

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の心, もまた

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の宿, より約

▼ 春今宵喇叭~ (2, 0.0%)

2 吹きさしわ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 が逸早く, を残し

▼ 春伊丹屋~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ 春伊織~ (2, 0.0%)

2 の叔母婿

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 こそは呼ん, です

▼ 春例年~ (2, 0.0%)

1 のよう, の一行

▼ 春修業~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 は其節病気

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 がこの, は無事

▼ 春先生~ (2, 0.0%)

1 に松山, のところ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 千門松竹青, 嬌波洗碧湾

▼ 春入寮~ (2, 0.0%)

2 したばかりの

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 に關, の閑時候

▼ 春冴え~ (2, 0.0%)

1 かへり, にけり

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 に見えますれ, の候

▼ 春初め~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 どの岩橋貞助どの

▼ 春匆々~ (2, 0.0%)

1 あけるって, しかし地方

▼ 春医院~ (2, 0.0%)

1 の庭, の札

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 から秋半

▼ 春卒業~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 があけ

▼ 春参府~ (2, 0.0%)

1 の折, の時

▼ 春參府~ (2, 0.0%)

1 の折, の時

▼ 春向島~ (2, 0.0%)

1 でおめにかかった, へ観桜

▼ 春嚴和尚~ (2, 0.0%)

1 が子供, と小坊主

▼ 春団治落語中~ (2, 0.0%)

1 の爆笑人物, の頓狂人

▼ 春團治君~ (2, 0.0%)

1 がそっくり, が招かれた

▼ 春土地~ (2, 0.0%)

1 の高等小学校, の高等小學校

▼ 春地下~ (2, 0.0%)

1 から又, へ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の路, 立つ明るき

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 という名, なんかの先輩

▼ 春堂おら~ (2, 0.0%)

1 どうも切支丹屋敷, どうも忌々しく

▼ 春堂お前~ (2, 0.0%)

1 は尾州, も今

▼ 春堂馬春堂~ (2, 0.0%)

1 とよび捨て, と小声

▼ 春夏冬~ (2, 0.0%)

1 の学期休み, は人

▼ 春夏秋冬遊山~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 にあっ, は冬

▼ 春大人~ (2, 0.0%)

1 は何, は野

▼ 春大阪~ (2, 0.0%)

2 の人西岡氏

▼ 春天朦朧~ (2, 0.0%)

2 の観

▼ 春夫妻~ (2, 0.0%)

1 は二たび赤沢君, 打ち連れて

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 とを連れ, と共に牡鹿山

▼ 春姫さま~ (2, 0.0%)

1 か, と

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 大人ぶるな

▼ 春婆さん~ (2, 0.0%)

1 だが, よ

▼ 春婦型~ (2, 0.0%)

1 かにわかれる, に堕ちる

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 が出来, 入した

▼ 春家出~ (2, 0.0%)

1 する時三十円, する時三十圓

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 ほうら寒き, 寒し

▼ 春屋和尚~ (2, 0.0%)

2 について参禅

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 という六月, 聴きつつ

▼ 春師氏~ (2, 0.0%)

1 と共に兵三百, のふたり

▼ 春帰郷~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の鼠色, をかぶっ

▼ 春広島~ (2, 0.0%)

1 へ戻っ, へ戻つ

▼ 春庵宝素~ (2, 0.0%)

1 が京都, の子

▼ 春庵根一~ (2, 0.0%)

1 が歿, の子

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 やおぼろ坪内雄蔵, やは

▼ 春廼家さん~ (2, 0.0%)

1 なん, の妹

▼ 春彼岸~ (2, 0.0%)

1 の中日, や

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 いて, くやまごつく

▼ 春御殿~ (2, 0.0%)

1 にお客, の御

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, 見

▼ 春徳寺改築~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 春徴兵檢査~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を受ける

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の勃発, をいわせ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 に故郷, に文部省

▼ 春恋し~ (2, 0.0%)

1 と囀, 春恋し

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 むこの

▼ 春惜む座主~ (2, 0.0%)

2 の連歌

▼ 春感心~ (2, 0.0%)

2 にも唯一人笈

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 るお, る晩僕

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 は科挙, も官

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 らしい葉, 響の

▼ 春既に~ (2, 0.0%)

1 來る, 往き夏未

▼ 春早い~ (2, 0.0%)

1 ころが, 草々の

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 など言, など言える

▼ 春星一二三~ (2, 0.0%)

1 と云う, の句

▼ 春星長庚三菓宰鳥碧雲洞紫狐庵等種々~ (2, 0.0%)

1 の名, の異名

▼ 春昼寂~ (2, 0.0%)

2 たる時

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 を乞, を取りました

▼ 春暮れん~ (2, 0.0%)

2 とす

▼ 春曇り~ (2, 0.0%)

1 の午後, 鳩の

▼ 春最初~ (2, 0.0%)

2 の短篇小説

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 とやはり, の墓

▼ 春木曾~ (2, 0.0%)

2 へ旅

▼ 春木沢~ (2, 0.0%)

1 の側, の畔

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の大, 初めて発し

▼ 春村翁~ (2, 0.0%)

2

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 ても, て暮す

▼ 春来た~ (2, 0.0%)

1 のであった, 連中と

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の廊下, の枯れ枝

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の盛り, 咲く頃

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 を口ずさみ, を舞っ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 だ, などと俺

▼ 春正月~ (2, 0.0%)

1 の下旬, の酒

▼ 春正雄~ (2, 0.0%)

1 があ, は小学校

▼ 春歿~ (2, 0.0%)

1 くな, くなった

▼ 春殺し~ (2, 0.0%)

2 の下手人

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 が發動, は愛

▼ 春江戸~ (2, 0.0%)

1 へ上せ, より京ニ上リ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 に最寄り, の端

▼ 春沂抱沖~ (2, 0.0%)

1 が此年閏五月八日, が躋寿館

▼ 春浅み背戸~ (2, 0.0%)

2 の水田

▼ 春深い~ (2, 0.0%)

1 日中の, 霞に

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 が家督相続, の子

▼ 春澳瞻淇~ (2, 0.0%)

1 が歿, が順養子

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 けむ狂人の, 有来

▼ 春理助~ (2, 0.0%)

2 は北海道

▼ 春琴子~ (2, 0.0%)

2 に就

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の語る, を見た

▼ 春生まれた~ (2, 0.0%)

1 という赤ん坊, のでまだ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 が, に交つた土屋七郎

▼ 春田舍縞~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ 春申君~ (2, 0.0%)

1 が秦, と申す

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 から來, が黄表紙

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の趣, の趣き

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の詩, はしろき

▼ 春知らぬ~ (2, 0.0%)

1 が極まりじ, 従妹への

▼ 春神田~ (2, 0.0%)

1 の方, の青年会館

▼ 春私達~ (2, 0.0%)

1 が彼女, の家

▼ 春秋冬~ (2, 0.0%)

2 をその

▼ 春立ち~ (2, 0.0%)

1 て月, ぬらし吾が

▼ 春章並~ (2, 0.0%)

1 にその, に同

▼ 春章写楽豊国~ (2, 0.0%)

2 は江戸盛時

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 一次の, 二の

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の及ぶ, の家筋

▼ 春米村~ (2, 0.0%)

1 に下る, へ越す

▼ 春終に~ (2, 0.0%)

1 大杉の, 空しくなつ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 満岩陰已見緑苔生, 返

▼ 春花秋月~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, を愛賞

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 が六七葉, を生じ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の作中, を失ひ

▼ 春英国~ (2, 0.0%)

2 で科学

▼ 春茱萸~ (2, 0.0%)

2 やけむる

▼ 春菅沼~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 がひろがらない, のまだ

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 の小, の麦

▼ 春蔵宛~ (2, 0.0%)

1 に書き送った, に長文

▼ 春蠶毛子~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ 春行かん~ (2, 0.0%)

1 とす, とする

▼ 春行っ~ (2, 0.0%)

1 ても冬, ても夏

▼ 春行方~ (2, 0.0%)

2 知れずに

▼ 春衛さん~ (2, 0.0%)

1 が大臣, の大臣

▼ 春見た~ (2, 0.0%)

1 ときは, 時は

▼ 春見まし~ (2, 0.0%)

2 ゆは

▼ 春解氷期~ (2, 0.0%)

1 になる, のベーリング海

▼ 春謀叛~ (2, 0.0%)

2 を企て

▼ 春議会~ (2, 0.0%)

1 が解散, が議員

▼ 春豊か~ (2, 0.0%)

1 ならぬ父母, な時代

▼ 春買つて秋~ (2, 0.0%)

1 賣るといふ, 賣る牛

▼ 春賢僧正~ (2, 0.0%)

1 が郷民, は同年十二月

▼ 春~ (2, 0.0%)

1 と咲, と咲く

▼ 春迄の~ (2, 0.0%)

1 ものを, 間に

▼ 春近所~ (2, 0.0%)

2 の家具屋

▼ 春都会~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 春~ (2, 0.0%)

2 積たる

▼ 春霞む~ (2, 0.0%)

1 ここに, 白塔なら

▼ 春首尾克~ (2, 0.0%)

2 く卒業

▼ 春高樓~ (2, 0.0%)

1 の花, を彈

▼1* [1517件]

を, 春ああは豪語, 春あさひは本院, 春あたたかき夕光珍ら, 春あたたかくなったら一番, 春あたり念のため, 春あたり築地を越し, 春あたり美緒が毎日喀血, 春あちきは, 春あやまたず再来す, 春あるいは応挙か, 春あれ幸あれと, 春あんまり大気に, 春たりけむ, 春いい機会を, 春いくとじつに, 春いざはり切って, 春いずことも, 春いそぐ手毬ぬふ, 春いちはやく紫の, 春いちばんはじめにさく, 春いつまでぞ, 春いでてこぞり耕す, 春いなむ除目に, 春いにて夏, 春いまも前, 春いまごろは桃, 春いま闌なり, 春いらい一度も, 春うす紫の, 春うたふ小, 春うつらうつらに榜ぐ舟, 春うらわかき追憶に, 春えい幸福クラブ除名するならするが, 春おそい日の, 春おそき片山里の, 春おそきわびしき村に, 春おそく枯れて, 春おそらくは未曾有の, 春おぼろならず早, 春および菊の, 春おらあ店, 春おるか細川頼春, 春おれもたしかに, 春お寺の門, 春お母さんと日光, 春お玉二人の母娘, 春お茶の水の試験, 春かえってからことし, 春かがやかに, 春かぎりだろうか, 春かくれ行く更衣, 春かたまけて, 春かにはるばる鹿児島, 春かの川上音二郎が, 春かもめがあんなに, 春かもや山は, 春からずつと病つてゐました, 春からていふこと, 春かりそめの, 春きたれば深, 春きたれりと人, 春ぎんは近在, 春くさいふきの, 春くりや花, 春くれぬ今日文ながき, 春くわしく言えば, 春ぐらい温かく真夏, 春ぐらいまでには収用住宅が, 春けしきめいて, 春げしきの中, 春ゆるまで, 春こうろうの, 春こっちへ入らし, 春このごろ其方にも困った, 春こまやかなさ, 春これをふところ, 春こんなところにと, 春ごろちよつと病氣, 春ごろのは本当, 春ごろわたしの一家, 春ごろ一時ヒゲを生やした, 春ごろ内山敏氏がある, 春ごろ婦人公論にのせた, 春ごろ学校を卒業, 春ごろ日本へ帰っ, 春ごろ日比谷の近く, 春ごろ空のまま, 春ごろ芳夫が日比谷, 春ごろ辻野君が逗子, 春ごろ関西に何, 春ごろ青少年労働者が浪費, 春ごろ順助とこの, 春さきさまが優れた, 春さきゃ啖呵が, 春さく堤の花, 春さば大量の予約買収, 春さむい三月下旬の, 春さむき朝, 春さむしとおも, 春さむし紅き蕾の, 春さらに好きを, 春さりあへずやすらけく, 春さりげなく結婚, 春さんあんたが死ね, 春さんいっしょに踊ろう, 春さんおなかがすい, 春さんここにいる, 春さんたちのお伴, 春さんどこも何とも, 春さんみたいなダラシ, 春さんホントに恐がっ, 春さん一とき考えて, 春さん何にも食べ, 春さん大丈夫だ, 春さん夫婦の事, 春さん山はよしたら, 春さん戦争だねえ, 春さん殺しの下手人, 春さん自身が東京芸者, 春さん遠慮するなよ, 春さん金吾だしっかり, 春さーん, 春しかし其時には, 春しぐれ夜を行く, 春しょう分を受け, 春しりがほ, 春しり顏に今, 春し来たらば立ち, 春し闌けたれ立ちの, 春が漏し, 春すぎにけり, 春すぐ近所の, 春すでにこんもりとした, 春すなわち今から, 春すら来て, 春せっかくの返り忠むだ, 春せまき御胸, 春そちらへ出向く, 春そっと唐へ, 春その後が新, 春それも極, 春それからパレスから, 春どの諸氏, 春たけた山の, 春たしかにあった, 春たつた一人の, 春たつらしも, 春たまたま放水路に, 春たるべしといふもありけり, 春だうたったり走っ, 春だけが見えて, 春だけに来客が, 春だしぬけに師匠瀬越八段, 春だっちゃと思う, 春だったろうと思う, 春だの夏だ, 春だらうと思つて, 春だろに, 春だろうな, 春ゅうわけにも行くまい, 春ちかきや, 春ちゃん箒吉はアンナ風, 春ちょうど夕方であった, 春ちょう春は永久, 春っていう人には, 春つきあうか, 春つつじの花, 春つて云へば, 春づきかかつた夕陽の, 春え奴, 春であったろうか, 春であります三十五年には, 春であるべきであつた, 春であれば薄, 春であろうと夏, 春でき上っていた, 春でしょうねえ, 春といったような, 春といつても山, 春とかが自身この, 春とかも練絹覆ひ, 春とが例の, 春として年内に, 春とちがつて, 春とても気候の, 春とでもなりましたらどんな, 春とどむる人であろう, 春とに背を, 春どしたか八十三, 春どんあんたお嬢ちゃん, 春どんと寝て, 春どんと相談したら帯上げお腹, 春どんと話をし, 春どんモスキトン持って, 春どん癪やわ, 春なおあさい掛矢温泉, 春なき年と, 春なけば今年, 春なぞよりかしこ, 春なぞにはよく桜, 春なつはなつの, 春などが数万の, 春などという者が, 春などにも別れて, 春などは円山も, 春なほ寒き折, 春なほ処女なる妻, 春なほ淺い感じ, 春なみの畫家, 春ならざるに長, 春ならしむる日輪に, 春ならず夕焼ながら, 春なりけりや月夜はつ, 春なんのまちがい, 春なんぞ出を, 春なんどの画, 春な忘れそ, 春において強いところ, 春においてのように, 春における女性を, 春にかへる術, 春にかけてが最も頻繁, 春にがき貝多, 春にさえ介は, 春にぞありける, 春にという感傷的な, 春にとて歸路に, 春によって地震が, 春にわたっては征地に, 春にわたりて相豆, 春に対しては勿論主として現場, 春皆で, 春のなま温い, 春のみかあなたの, 春のみやこのあ, 春のよひ京, 春はかがよふらしき, 春はかなく落ちんと, 春はこそいふべけれ, 春ははと遊びし八瀬, 春はめばる夏, 春はもや静こころなし, 春はやしきに, 春はる南方のローマンス, 春ばかり人々と, 春ばかりに感歎し, 春ひっぱっていったん, 春ひどい海底地震が, 春ひどく疲れて, 春びよりのあたたかな, 春ふかうなり, 春ふかむ隣家のしろき, 春ふる雪と, 春へと跳梁し始めた, 春咲く, 春べは花折り, 春ほうれん草をまい, 春ぽっくりと他界, 春はどこ, 春またぬ身に, 春またもや女房を, 春まつたく春だ, 春までが駿介に, 春までぐらいにつくられた委員会, 春まひる七面鳥の尾, 春まひる向つ山腹, 春まひる眞正面の塔, 春まひる真正面の塔, 春みたいにひろびろ, 春みんな憑かれて, 春み送った十年あとの, 春めかしくなつた或, 春めぐりきて, 春もう卒業なさつ, 春もうそろそろ私も, 春もう一度わしと, 春もさびしきといつたので大人の, 春もとこう一気に云っ, 春もどって来, 春もね正太の, 春もろうて来, 春やすみの中, 春やったらうちは, 春やっと世に, 春やとお庭, 春やはこないだ出, 春やはり雪の, 春やや暖く, 春やよひの季節の, 春やるという点, 春ゆるしませ中の, 春よいづこに, 春ようようお参りをし, 春よみける歌の, 春らしいしめった白い雲, 春らしいたるんだような, 春らしい光りの見えない, 春らしかったが夜半, 春らしくながれてゐる, 春らしくなる空氣の, 春らしくやろうじゃない, 春らしく曇ってはいた, 春らしく浮き立っていた, 春らしく濁った都会の, 春らしく見えて咲いた, 春らしく降る雨シケても, 春わしは九州, 春わたしの領地, 春わたしたちが帰る, 春をぞ思ふ, 春をとむらふ, 春をばさそひけり, 春をや探るならん, 春ををちこちす, 春を以て御出なされ, 春を通じて一番安全である, 春来れば, 春ア日振りなんぞはよす, 春イギリスフランスロシアなどを廻っ, 春イーハトーヴの火山局, 春ウィーンに旅行, 春ウハで転出, 春クスコに攻め上り, 春クスコ高原に帰着, 春コレラ病は三カ月以来人心, 春コートの上, 春サザンプトンがアイルランド, 春シアトルでお, 春シケもどうやら, 春シベリアから帰還, 春ジェンナー夫婦は男の子, 春スカーネルで生まれました, 春スペイン人侵略の数カ月前, 春スープは日本流, 春ダンチェンコが来遊, 春トラックに積ん, 春ドイツに留学, 春ナフタリンを入れなかつた, 春宜シキヤ, 春ニナッタラ大イニ伸ビテヤロウトイウ樹木, 春ニ至テ亦腐朽シ, 春ノルウェーに進出, 春パナマを出発, 春ヒュッテと歩い, 春プロレタリア文化団体が壊滅, 春ベルリンに移っ, 春ボストンのある, 春ポッと出, 春マラッカに着く, 春メキシコに帰り, 春メットカーフ氏と一緒, 春モスクワレーニングラードその他の主, 春ランマンだの, 春リンドウの小さい, 春ローマにおいて浮かんだ, 春ヴィーンからはるばる, 春一つの檄文, 春一一人では, 春一回国都マドリイドにおいて開かれる, 春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 春一家族の写真, 春一度寺を, 春一度挨拶に來, 春一度芽の萌えた, 春一日という俳句, 春一時浮れた人, 春一杯の仕事, 春一緒に東京, 春一自身は私, 春一色右馬介らの近習小姓, 春一郎が六本松, 春一階へ行く, 春七代目橘家圓太郎を私たち, 春七十七のお祝い, 春七十余歳の老衰病, 春万一その若殿, 春及び福田理軒, 春三カ月の一日, 春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 春三十三榛軒未亡人志保五十八であつ, 春三十九榛軒未亡人志保六十四であつ, 春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 春三十五榛軒未亡人志保六十であつ, 春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 春三十六榛軒未亡人志保六十一であつ, 春三十四榛軒未亡人志保五十九であつ, 春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 春三年生が済め, 春三月三十日二上山の賦一首, 春三月丙寅の日, 春三月伊豆守江戸に參覲, 春三月十四日の黄, 春三月南日中村の二君, 春三月君は奉天, 春三月工部尚書厳震安南, 春三月柱おかぬ琴, 春三月桜花の候, 春三月父は拠ろ, 春三月白昼である, 春三月花のまさに, 春三月難波宮に行幸, 春三月頃までは積雪, 春三郎のは嘗て, 春三郎以上に蘇生, 春三郎宛のとが同時に, 春三郎己まだ晝飯, 春三郎昨日の料理, 春三郎自身が磨かなけれ, 春上半期の收, 春上杉重房須賀左衛門らの左右, 春上洛って来た, 春上海の競馬, 春上越の谷川岳, 春上野池の端, 春に, 春下女のお, 春下谷の伯母, 春不縁になつて里, 春は平家, 春世に問うた, 春両度の山の神祭, 春中央法律新報社主催の通俗講演会, 春中學校へ受驗, 春中松蔭大藏の家来有助, 春丹波山からの帰途, 春水は, 春主催の函館義捐, 春久しくまからざりし丹後国, 春久しぶりで行っ, 春久し振りに郷里, 春久良伎社から, 春九州を歩い, 春九州博多で火野葦平氏, 春乞食のやう, 春乱酔半生をまったく, 春亀戸に藤, 春が蔵書, 春二三の小, 春二三日のこと, 春二三月の頃, 春二人で観桜会, 春二十七であつ, 春二十七歳になった, 春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 春二十六蘭軒の女長三十七, 春二度目に吉野, 春二月十有一日例年の如く米子, 春二月参宮の時, 春二月藤原宮から寧楽宮, 春二月詔すと, 春二月陸奥で始め, 春五十であつ, 春五十三歳の父, 春五十八で亡くなりました, 春五月胃癌で患っ, 春亡くなつてそれから, 春亡くなられてゐた, 春亡くなり番頭弟子の, 春京都府立画学校へ入学, 春亭あたりへ逃げ, 春亭史彦といふ人, 春亭席元となつ, 春亭梅橋だの, 春亭画図拙くし, 春人形は非常, 春人遊春人盡空池在直至春, 春と主人, 春仁木義長義氏赤松貞範なども帰国, 春今夜より真人間, 春今日は夏, 春仕事さきで大, 春仕度だ, 春仕込みの怪しげ節, 春以來の報酬, 春以來半年ぶりでオリオン, 春以前私のお, 春以外のもの, 春以来よそ事の御, 春以来わたくしは佐久, 春以来ソヴェトの作家たち, 春以来ボックスで会う, 春以来一時やんで, 春以来事情の許す, 春以来二三度独参したこと, 春以来他へ転居候為め, 春以来備中高松城の清水宗治, 春以来兄弟盃の間柄, 春以来君にめ, 春以来執筆の自由, 春以来大旱雨なし, 春以来幾度かに偸, 春以来彼がその, 春以来応用化学の本場, 春以来日本民主化の第, 春以来末の息女, 春以来江戸表や浦賀辺, 春以来漸次減少し十数人, 春以来熱海へ逃げ延びた, 春以来私の家, 春以来自分の住居, 春以来苦心して, 春以来顔を見ない, 春以降大いに甲府, 春任期を満たした, 春伊太利のカプリ島, 春伊香保での作, 春伐ってしまった, 春伝右衛門は死んだ, 春伯母といっし, 春伯父は再び, 春秋, 春佃島の船宿, 春か講演, 春何んとかいたした, 春何度目かの破戒, 春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 春余家母に従つて京, 春余泝澗流瑞湖風色入吟眸, 春余獨逸留學を命ぜられ, 春來無客到, 春侯健蕭譲金大堅ら, 春に世, 春俊太郎は死んだ, 春保一くんが某所, 春信清長栄之らに比する, 春信濃の飯山, 春俵一八郎が殺られ, 春の一隊, 春健康いよいよ害, 春働蜂や雄, 春元服して, 春兄さんが変, 春兄弟のやしき, 春兄様と京都, 春兄樣と京都, 春兇徒嘯集被告事件の勃発, 春先代の片岡市蔵, 春光子さんが学校, 春児童心理学をまるで, 春全く孤独に, 春全体が表わされ, 春八十八歳で他界, 春八畳六畳のはなれ, 春六月十三日をくり上げ, 春六甲山へ登つて, 春其一は夏, 春其処に行つたの, 春は冬, 春再び夜逃げを, 春冬山に居し, 春ゆる雨, 春と云, 春処刑になった, 春凹巷が河崎敬軒, 春て秋, 春出かけて見た, 春出処不明の大, 春出版された, 春切るつもりだった, 春初瀬へ詣っ, 春別荘の売れた, 春与さま, 春到れどもわれ, 春到底いかぬが, 春到来の心, 春剃髪致し宗学修業専念, 春前代の久高, 春前年の蓮根, 春て板本, 春創刊された, 春加須の荒物屋, 春は仕事, 春勝手口にあった, 春北之幸谷の村方, 春北風の潮風, 春十二の時, 春十五歳で死んだ, 春千代を養子, 春千八百何年前に死んだ, 春千山の花, 春午後は曇つて, 春半ばにお母さん, 春半不還家, 春半家に還らず, 春南国の春, 春南方のローマンス, 春南海よりの歸, 春南米ブラジルの招聘, 春単身この含月荘, 春嘗て芥子園画伝, 春卜狩野流の画, 春京水が, 春原城を落し, 春原墾腹散之, 春原田の家, 春厳和尚と小坊主, 春厳和尚子供のよう, 春厳重な沙汰, 春去って秋, 春去り行かば青丹, 春去れば秋, 春去秋来頓と埒, 春参観交代で江戸, 春及秋漸篤, 春叔父さんから貰つた大形, 春取締法といふもの, 春の根来, 春各地の空襲, 春吉良様の邸内, 春同じ学部の, 春同様に苦労, 春の斡旋, 春君来訪兄の酒癖, 春呉服橋劇場が不況, 春呉竹を植えたい, 春告げて, 春周三とお, 春周防徳山なる徳応寺, 春和田惟長を追い払っ, 春咲きつつある, 春哲学の試験, 春商科大学の入学試験, 春喜兵衛は妻, 春喜望峰頭路行看草色新, 春があけます, 春のやう, 春四十一であつ, 春四十七であつ, 春四十三であつ, 春四十五であつ, 春四十六歳で死んだ, 春四十四であつ, 春四季の風物, 春四方梅彦がある, 春四月ごろ冬眠から眼, 春四月夫がゆくえ不明, 春四月徳島を去り, 春四月雲に見, 春四月頃だつた, 春団十郎が京都, 春団治派手の表現ゆゑ, 春団治特有のもの, 春団治独自の言葉, 春団治研究に歩いた, 春団治近世芝居噺の名手桂文我, 春奈斯睡味加筑炉薩罐煮, 春国展春陽会を見, 春国府津へ嫁いた, 春国府金弥老人は古, 春團治みなみな落語家, 春團治席につく, 春團治染丸音曲噺の圓太郎, 春團治立花家花橘などがその, 春土佐の方言, 春枝頭已十分, 春も春, 春地方は水害, 春堀留の呉服問屋山善, 春堂いい加減に少し, 春堂きょうはばか, 春堂さん可哀そうだと, 春堂そこを払い退け, 春堂スタコラとお先に, 春堂先生久しぶりの煤, 春堂先生文筆もなかなか, 春堂先生梟のよう, 春堂先生気の腐る, 春堂変な日, 春堂帯を解き, 春堂怪遊綺譚かまずい, 春堂手を貸す, 春堂日記ふん, 春堂殿少々お話し, 春堂殿ちょッとこちら, 春堂用心棒の道中師, 春堂真似もできない, 春堂袂から鼻紙, 春堕胎したの, 春堺七堂が浜, 春の上, 春塚山が芸者, 春塚田に敗れ, 春塩ガマへ旅行, 春塩釜の宿, 春壮游未脱風流癖, 春夏ニ雨中ニ生ズ雨後ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, 春夏二季附録には思軒, 春夏号に掲載, 春夏山林中にて鹿, 春夏日でり或は, 春夏秋ひつじとまじる, 春夏秋九カ月間は降雨, 春夏秋冬平一郎が和歌子, 春夏秋冬恋雑というふう, 春夏秋冬朝昼夕夜月にも雪, 春夏秋冬鳥の啼声, 春夏羽化して, 春外長二名及龍馬もアリ, 春計代, 春多くふりたり, 春夜どこからきた, 春夜寒白の小, 春夜桜を見た, 春夜牝馬を放ち, 春大きな損を, 春大井さち, 春大和地方を一巡, 春大層御厄介, 春大手の外濠, 春大聖寺町の浅井一毫, 春大臣が夢占い, 春大船在山崎, 春大阪北の新地, 春大阪西の宮で四十八年目, 春天城雪の鎮め, 春天清朗軽風和日野外の風光, 春天駘蕩の趣, 春太一がこの, 春太平洋横断の旅客機, 春太陽の光, 春夫人の仆, 春夫婦は本, 春奈良の秋, 春奥州に安藤五郎三郎, 春奥様がお, 春女中頭のお, 春女学校生活が終る, 春好日好日大好日, 春好春英の手, 春如湧酌月吟花到五更, 春なこと, 春妹安は小田原, 春とわかれ, 春妻死して, 春と祝言, 春始めの人間らしく, 春はふと, 春姑洗之月, 春や, 春婦らがベンチ, 春嫁いたというもの, 春子供が潁才教育, 春子供たちを苦しめた, 春子供達は公園, 春字五遊人の二字, 春孝印とある, 春学院の中学部, 春學校を止し, 春の二女, 春安かれと祈る, 春安倍能成君から電話, 春は小児, 春の稲, 春実等をし, 春実際に働い, 春宮内の母, 春家中の武芸, 春家康の膝下駿府, 春家禄召上げのうえ追放, 春家顏の色, 春容貌見にくからぬ, 春富士乙芽は後, 春寝つく前の, 春対馬の北端, 春将門が都, 春尋常科を卒業, 春遮, 春小さな単行本を, 春小僧達の云った, 春小学校四年を終え, 春小林多喜二氏の, 春小正月の夜, 春小淵沢富士見といふ風, 春小田原攻囲中信玄動くと, 春小雨の煙る, 春小鳥の声, 春就職をたのみ, 春尼港から帰った, 春になつて, 春尽きて山みな甲斐, 春尽く我が上, 春尽前一日与天野樵, 春尽故人終不至, 春尾州の殿様, 春屋以上の坊主顏, 春山国の春, 春山陽が三十二歳, 春山頭火の春, 春に奥医師, 春岱寮へ, 春岳侯が非凡, 春岳公に向っ, 春岳後見下の幕府, 春峡山の花見, 春峯庵物の幽, 春島田へ行こう, 春嵯峨の秋, 春川上一派が猿若町, 春已に逝き, 春已尽緑陰堆裏杜鵑鳴, 春巴里を離れ, 春が髣髴, 春市中の銀行, 春師匠露伴のくれた, 春師家へ入門, 春をときすて, 春帰ってくる, 春帰京高円寺にいた, 春常に在り, 春常陸介が上っ, 春平定してから, 春年賀状の交換, 春広陵にい, 春府中へ行っ, 春を歩い, 春庭先生だっても本, 春庵世話役手伝勝本理庵熊谷弁庵が列座, 春庶腹の兄弟喜平次, 春庸介のすぐ, 春廣其他釣魚落語の類, 春建てた裏の, 春建てられたわたしの, 春建安二十五年をもってちょうど, 春建文帝東行したまい冬十月史彬, 春廼家と日本風, 春廼屋朧といった逍遙, 春廼屋朧共著という体裁, 春廼舎主人の所説, 春廼舎以外に二葉亭, 春廼舎傘下の寒山拾得, 春廼舎朧時代にはやはり, 春廼舎朧著と署, 春廼舎臭味があった, 春廿七歳のとき, 春引き続き逆上し, 春弥之助はその, 春弥生の序, 春氣で, 春張りの四条風, 春張繍を討つべく, 春当時山本有三氏の編輯, 春彼女は同郷, 春彼奴等を羽根田, 春彼岸十日過に, 春往き冬反るとて, 春徂君亦逝, 春待ちがてぬ, 春待ち顔の角芽立ち, 春待つまの身過ぎ世過ぎ小節, 春待宿のいとなみ, 春待月こそ面白けれ, 春伏見院が, 春後生だ, 春り亢旱, 春茶水の, 春御存じだらう芳町, 春御歌会を行, 春御茶の水女學校に入る, 春微恙の時, 春徳山にあり, 春徳川殿と都, 春徴兵検査を受けた, 春徽州の人, 春心地する, 春心納戸で爪, 春志津は男の子, 春がしき世帯, 春応天門の外, 春応道円居士元禄四年辛未五月十八日, 春忠平は左大臣, 春思わず声に, 春とも名づけ, 春怨思慕の若々しい, 春恥しからぬ寝武士, 春とか云う, 春恨詞の一節, 春悲恋に哭い, 春惜しみぬる門辺, 春惜む我が方丈, 春惜むベンチがあれ, 春愁頻なり, 春意屋中に在り, 春意識の漸く, 春愛妻家の平野謙, 春慶應義塾理財科を卒業, 春戀石と名, 春成公用は二千疋, 春我々は花, 春くの, 春所有の土地, 春扁桃腺を煩った, 春も歌川風, 春手古舞姿のまま, 春拙者が真, 春べとの客, 春持って来た, 春挙先生にも困り, 春挨拶安心ノタメ隠居シタガ, 春掃部助などつれ, 春掃部助らいいあわせたよう, 春掘り起して緑肥, 春揃って商科大学, 春播く籾種に, 春攝州多田院に開帳, 春改瑞英の事蹟, 春放送局の用事, 春故郷へ歸つた時, 春敏子と結婚, 春文久三年三月十日のこと, 春文人囲碁で一日碁, 春文学に耽り, 春文学座について私, 春文學博士の學位, 春文求堂から上梓, 春う行屆, 春新井章吾氏の宅, 春新婚の時武男, 春新橋信楽新道の政中村家政代, 春新聞記者が来, 春が今, 春日中が夏, 春日向ぬくむ手鞠, 春日岡の総, 春日本の急進的文化団体, 春日本橋檜物町の, 春日本赤十字社は石黒社長, 春日比谷の角, 春日野朝臣を古市, 春日露戦争が初, 春旦那樣にお, 春根ヨリ生ジ円茎高サ三四尺直立ス葉ハ竹葉, 春早々大阪船の忠助, 春早々東京へお, 春早々次郎吉の病癒, 春早々氏の玄関, 春早々甲斐の武田, 春早々秀吉は, 春早々許都の軍政, 春早咲きの櫻草, 春早早であったろうと, 春早春は心, 春と言, 春昇さんへ, 春昇三味線お京, 春昇三味線徳弥いよいよ三勝半七酒屋, 春昇太夫の三勝半七, 春昇氏と三人, 春明治学園の側, 春明治座で先代, 春の愁しみ, 春昏くして薬, 春易簀した杉浦天台道士, 春昔由縁英のうち, 春星影よりも微, 春星池活東活東は蝌蚪, 春春午後は曇つて, 春春南方のローマンス, 春春春午後は曇つて, 春春水の鯉, 春春陽堂から出版, 春昭南でデング熱, 春より風, 春昼宿の若, 春昼満開の桜, 春昼酒はよく, 春わが信越間, 春時候も春, 春時分喜八郎さがえらい, 春時枝上に長, 春時横浜を出航, 春時畑に下種, 春時葉に先だって株, 春時親の河内, 春れて, 春晩賦詩頻, 春普請したばかりの, 春景気よくやろ, 春晴れるとす, 春晴桃紅に梅雨柳, 春智子は女学校, 春暉字は恵風, 春暖かくなつたため, 春暗し立山の, 春暮れては移ろう, 春暮れむとして空, 春暮初夏の雹, 春曇れば冬, 春曰ク然レバ近日幕兵一戦ニ及バヽ, 春最もよく繁茂し, 春のない, 春月亭という料理屋, 春月刊読売にたのまれ, 春月形城の合戦, 春有名なる大, 春服二字の扉, 春朗群馬亭菱川宗理錦袋舎等の号, 春朗読会へ招待, 春朝寒の頃, 春朝廷の調停, 春朝日新聞の安藤正純氏, 春朝日新聞社で座談会, 春朧ろかがむ鼠の, 春本国に引, 春札幌の女學校, 春李長李達李周といったあんばい, 春村会議員になりました, 春来ぬ間の, 春来り水盈ち, 春来るらし山の, 春来れりとぞ思わるる, 春来客の到る無く, 春杪以来の病, 春東京帝國大學, 春東北帝大の熊谷博士, 春東国から御, 春東宮の御, 春東山道総督軍によつて, 春松の内にとうとう, 春松島に遊びし, 春松本泰君が再度, 春松茸を一つ, 春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 春ノ名, 春柳生を立ち, 春柳社演劇を催す, 春栄え夏は, 春は計画どおり, 春案内の男, 春桐畑の野天, 春桜屋に住み込んだ, 春桜川町へ引, 春桜花の盛り, 春梅原家の二女, 春棊童ということ, 春植民大臣バザースト卿の甥, 春楊花愁殺渡江人数声風笛離亭晩君向瀟湘我, 春と二世, 春楢岡の町, 春様々の論調, 春横須賀の方, 春樹木の若芽, 春機発動の期, 春櫻屋に住み込んだ, 春欧州劇壇視察の目的, 春歌舞伎座の正月興行, 春止むない事情で, 春正午愛生の喜び, 春正月こんどは彼, 春正月一日因幡国庁に於, 春正月七日御用始メノ夜ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 春正月三日侍従竪子王臣等を召し, 春正月三日孝謙天皇王臣等を召し, 春正月朔日橿原宮に即位, 春正月美濃と武蔵二ヶ国, 春此事務所に詰める, 春此処へ迷, 春歸つて來たん, 春死なれた窪の, 春死にましたよ, 春死ぬ三日ばかり, 春死んで伜, 春死蔵品の復活, 春殺し等と共にいま, 春殿中で浅野様, 春母さんが亡くなる, 春毎日新聞で文筆生活, 春毎秋毎の, 春毒筆を向けられた, 春比佐良画がく, 春氏夢野久作氏小鹿進氏等の諸氏, 春民さんが嫁, 春氣分に浮かされ, 春氣夏氣秋氣冬氣といふの, 春水上氏はあなた, 春水底から反射, 春水戸のご, 春水流の低徊趣味, 春水雲外に乱青, 春は句, 春氷春の潮, 春永うして, 春永く冬暖かなる, 春永遠に眠つた, 春汁講の一夜, 春江戸見物とて来りぬ, 春江湖遠処養天真, 春決行されたら百二十余名, 春沂未亡人が歿, 春沢美子耳は, 春の雪解水, 春河上に紹介, 春河内へお, 春法然四十三歳の時, 春法隆寺の土塀, 春波門を出, 春泰名は世簡, 春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 春泰殿桐山正哲殿鳥山松園殿中川淳庵殿そういう人達, 春泰鳥山松園など皆医師, 春洛南の羅刹谷, 春洞篆刻家には浜村大, 春流一短篷, 春流行性感冐行はれ年, 春流行感冒から重い, 春浅うして, 春浅み野中の清水, 春浅草の染太郎, 春浪子が良人, 春浪華に, 春浮んで来た, 春黄色の, 春不似, 春深からず梅, 春深き清滝川は, 春清水へ行き, 春渓そなたが, 春湿り昼やや闌け, 春満殿となつ, 春満蒙旅行の帰途妻子, 春源三位頼政があんな, 春滴るや粥, 春滿が國學, 春の水, 春漢口で開かれた, 春漱石の長篇, 春漱石氏と京都, 春潭千古皆詩歌を善く, 春が塩官州, 春澳名は尚, 春激しい急性の, 春かに門, 春濤門下の漢詩人, 春瀬戸の室, 春と妖情, 春の一つ年下, 春の来る, 春な朝景色, 春爛満の花, 春爛漫という辞句, 春が急い, 春父上は殿様, 春父親の紋七, 春牧互秀先生が仙臺新寺小路, 春狐子何うで, 春独断で療養所, 春独特の美し, 春独逸から帰来, 春どのよ, 春猴舞わし来れば, 春玉樓の花, 春球江は松葉町, 春の習っ, 春生じ夏長じ, 春生まれで玉, 春生れて年の内, 春生れし仔馬は, 春生んだばかりの愛しい, 春産土さまの帰途, 春用事があ, 春甫アントニヨ休意ゴンザロ扶斎いづれも, 春甫氏などがある, 春を起す, 春田家にさく, 春田舎縞の着物, 春申君列傳に春申君, 春申君失脚せる時荀子, 春申君黄歇に用, 春男の子を産みました, 春男子を挙げた, 春町芝全交, 春留波構はぬ, 春疫痢を患っ, 春疱瘡神に呪われ, 春病んで歿, 春病気をし, 春病院を脱走, 春登ったときは, 春白楊や柳, 春白龍庵有司の毀つ, 春百合の, 春百日咳にかかっ, 春皆三は水産講習所, 春皮肉なこと, 春盆栽の陳列会, 春の子, 春益々豊富に, 春盗まれて未だに, 春盜まれて未だに, 春の前, 春直吉は除隊, 春相撲秋相撲には一ぺん, 春にある, 春眞晝つぶさに觀, 春眞晝ゑぐき埃に食い, 春真人間になった, 春真昼つぶさに観れ, 春真昼ゑぐき埃に食い, 春真盛りなる桜林, 春睡足って, 春矢切の渡場, 春知りそめつる糸柳の, 春短くて, 春破れ障子にも日影, 春社会党は第, 春祖父そっくりの, 春神代帚葉翁の訃, 春神学校から枝, 春神明樣のお祭, 春神経衰弱のため, 春祥堂にて大西氏, 春祭礼をオコナイ, 春福島駅で小僧, 春秀吉は家康, 春秀忠といっしょ, 春私二十妹十八で妹, 春私立大学の建築科, 春秋田県大館の畜犬商, 春えて夏長, 春種田は教師, 春空雲なくなまけもの, 春立ちかえる家の, 春立ちける日よめる, 春立ちぬ人と, 春立った時節とは, 春竜胆もある, 春竜胆勿忘草の瑠璃草, 春竜胆草木瓜薊が咲き, 春章らいづれも, 春章一筆斎文調及び歌川豊春ら, 春章文調が役者絵, 春章文調清長らの似顔絵, 春章歌麿国貞と豊満, 春章清親らの掃墓, 春章清長北斎らの或, 春章清長北斎等の或, 春章清長政演ら天明の諸家, 春章磯田湖龍斎らの画工, 春章鳥居清長より歌麿春潮栄, 春竹川町の三村氏, 春笹村が幾年ぶり, 春ヲ生, 春築地より雪見, 春籌子夫人が急逝, 春へ行った, 春米側の谷, 春米刃堂余が著書, 春紀州加田の浦, 春の花, 春経済科学部のケリー博士, 春蔵を, 春維納で精神病学, 春徳連合軍の, 春の生糸, 春纔九日白雪再霏, 春美しい花が, 春羽根をつき, 春老いんとし, 春老母は卒中, 春老衰病で歿, 春をやめ, 春職人を入れ, 春聿庵の江戸, 春肇輯五冊を発行, 春から腹, 春腹膜炎に罹つ, 春自棄私が落語家, 春自身が自分, 春未趨城市間, 春は, 春臺太宰先生も, 春臺鴻山象山あるも, 春舞台監督と衝突, 春を泛, 春舶載したばかりの, 春船長が再び, 春船頭の友吉, 春良兼は手, 春艶鳥の一声, 春の句, 春艸路三叉中に捷径, 春芝口の事務所, 春芥川君が来, 春芥川龍之介氏と逢った, 春花のにほえ盛え, 春花月にハアゲマン, 春花楼のお, 春花爛漫の節, 春花秋月なほ瓦礫に均し, 春花秋月四時の風光, 春花秋月夏山の葱, 春花秋月山あり水, 春花秋草に風流, 春花秋葉ともに目, 春花謝せん, 春は三百, 春芳さんを抱い, 春芹沢東洋は小学校, 春の桃李花, 春若やぎて, 春若葉が出る, 春英吉利の軍艦, 春は玄茂, 春茶山が小川町, 春茶楼だの四馬路, 春草堂詩鈔の北郡, 春荒れぬ貧の, 春荘公は郊外, 春莊公は郊外, 春は秋, 春菊王の二人, 春から博多, 春著姿にかり, 春葡萄状鬼胎の手術, 春蒔きの苗, 春蒔白菜亀戸大根などの鮮漿, 春蒔白菜春菊胡瓜唐茄子西瓜亀戸大根山東菜十二種類なんと賑やか, 春蒔野菜の種子, 春蒔麦なら十五袋, 春蒸す土の, 春蔵それと並ん, 春蔵それ等の剣道師範, 春蔵主人病中にも度々, 春蔵伊庭軍兵衛と名声, 春蔵佐野川市松の如き, 春蔵君が色彩映画, 春蔵塾だ, 春蔵外四十九名とその後親族雇人同居等, 春蔵小林偵七郎茂呂近助, 春蔵新井喜五郎の二人, 春蔵永島与八稲村与平等であって, 春蔵矢島幸作さらに犬伏町, 春蔵稲村与市大出喜平山本栄四郎左部彦次郎は兇徒嘯集, 春蔵等を先頭, 春蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 春蔵近藤勇山岡鐡舟榊原健吉これらの人々, 春蕎麥よりも秋蕎麥, 春薛永童威童猛どれをみ, 春に伴われ, 春と言, 春藏齋藤彌九郎, 春藤井紋太夫が改悛, 春だとか, 春の微, 春蘆雪源埼その他の弟子達, 春處刑になつた, 春は秋, 春虹会第四回展, 春の, 春蠶秋蠶の後, 春街氏を訪, 春衛さへその, 春衛殿に愛想竭かさ, 春被害民が大挙請願, 春を取り乱した, 春裏切り者の罪, 春西の山, 春西八條の花見, 春西国巡礼をせられました, 春西堀さんが日本, 春西本願寺の若い, 春西湖の年中行事, 春見るべきものと, 春見れば草花, 春見付かりまして私, 春親子にも三, 春解かば, 春解するやねの雪, 春言論の国家的統制, 春討って捨てよう, 春訥子以下が千歳座, 春詠月吟花且養神又有, 春試みにその, 春とあるべき, 春認可をとつ, 春誕生を迎えた, 春のごとく, 春も居ない, 春諳厄利亞興學小筌, 春諸方の名師, 春謙信公のお, 春財界を襲った, 春赤座が僕, 春起ちて以後, 春起草愛月秋眠遅かう, 春足日をけふこ, 春を投げた, 春に小憩, 春どうの, 春ともいった, 春農商務省で米国シカゴ博覧会, 春迄にはそこに, 春迄も消えずに, 春近くふたたび媼, 春近く悦びの心, 春近しの感, 春人, 春這入った泥棒が, 春逝ってしまった, 春造酒よ造酒, 春遅い山国信濃も, 春遅き景色を, 春の詩, 春遊ばうぜ, 春遊びにいつた, 春遊んだ吉野山中の, 春遊翌日贈狩谷卿雲, 春過ぎた奴でさえ, 春過ぎ去りて乾く, 春過ぎ夏来ると, 春遠からじという, 春遠くない枝, 春遠縁にあたる草津小野村万年寺, 春遠足にいっ, 春はしげき, 春都下ノ貴紳相議シテ湖ヲ環, 春都市復興祭の執行, 春都電の中, 春酔っては月, 春重さんお前さんいたの, 春売り吉次, 春金十郎は用人部屋, 春金子十両を父, 春鈴君来りて, 春の泥, 春銀座で見た, 春銀座街頭に見たる, 春鎌倉で死ん, 春鎖す窓掛の, 春の音, 春といふの, 春長いあいだ実見する, 春長うして, 春長尾峠まで足, 春長崎を去, 春長有探春人遊春人盡空池, 春長男が山, 春長軒村井長門守父子とその, 春長軒父子燭はすず, 春長野県砂防協会の第, 春門西には迎秋門, 春開けて臆病疾, 春開催した新, 春間ニ子ヲ下, 春闌けた早みどり, 春闌けぬらむ, 春闌けよかし, 春闌わにして, 春阿波屋の末娘, 春阿部侯正寧は使, 春阿部正貫出京之節, 春附添をやつ, 春院いたずらに更け, 春院二百表元矢, 春も好い, 春隆のはら, 春隆貴子貴子の友達, 春すむ画師, 春隱居をし, 春雅妙法院の執事澄印, 春集団農場中央や党, 春雑司ケ谷の墓地, 春雑歌人麿歌集所出である, 春離婚して, 春離縁となりし, 春の日, 春雪消やすき, 春雪解けの野原, 春霄煙雨の後, 春霜溶けの際, 春を秋, 春霰春あらし, 春又秋霜, 春青一面葡山猶未, 春青柳の梢, 春静子を識, 春かなる, 春非常によ, 春頃お送りして, 春頃大坂へ帰った, 春頃学校を卒業, 春頃新調の冬ズボン, 春頃東京へ来た, 春頃此梢を仰ぐ, 春頃池谷信三郎の家, 春頃熱海にいた, 春頃近所の球突塲, 春頼まれもせぬ, 春頼春と二, 春風吹きわたりひ, 春風景曲第一, 春飄然と東京, 春を食った, 春養子直冬が中国, 春馬作国貞画とあります, 春駒等の人々, 春高原の春, 春高楼を弾い, 春高等二年の卒業免状, 春高等学校を出る, 春高等小学校を卒業, 春高等小学校三年を卒, 春高等師範を受け, 春から秋鯖, 春を指した, 春鯛釣りに居, 春はその, 春鳴けばといった趣, 春の去る, 春鴻子來る俥, 春鴻点点過, 春鶴原未亡人の変死事件, 春鶴等が招かれた, 春語氏の, 春AKから