青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「星~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~明白 明白~ ~明瞭 明瞭~ 易~ ~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星
星~
~映る ~映画 映画~ ~春 春~ 春日~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日

「星~」 7735, 77ppm, 1472位

▼ 星~ (2207, 28.5%)

96 ように 85 光が 48 光を 46 下に 40 やうに 32 ような 28 光りが 27 世界の, 光は 24 光も 22 光に 21 光の 20 世界へ 15 やうな 14 世界から, 中に 13 宝冠 11 下を, 数ほど 10 中の, 光りも, 光りを, 女は 9 下で, 光と 8 上に, 光で 7 ごとく, 光りは, 花, 話を 6 またたき, 位置を, 天下, 如くに, 影が, 数も, 明るい夜, 様な

5 [11件] かけらの, ひかりが, 世界には, 中で, 名を, 国の, 多い空, 如く, 数, 様に, 空を

4 [22件] かたちと, きらめきは, ために, めぐり合せ, 一つ一つが, 世界に, 世界を, 今を, 夜の, 強さ, 影, 影も, 影響の, 数が, 数を, 方へ, 歌, 瞬きが, 空は, 群が, 色を, 軌道が

3 [41件] かけらが, ことだ, ことを, すがた, ない夜, なかに, 下へ, 中には, 主, 光さえ, 光芒燦然たり, 入って, 名, 名は, 多い夜, 夜に, 夜は, 大きさ, 如し, 姿を, 子を, 座の, 影に, 数と, 数は, 方が, 方に, 樣な, 流れる夜, 現はれた, 眼を, 空に, 空へ, 美しさ, 色は, 身の, 輝きが, 運行の, 間に, 降るよう, 降る夜

2 [105件] あかりに, あかりの, ありと, うしろに, うち, うちだった, うつくしさ, きらめくの, きらめくを, きらめく夜, ごと濡れ, その中, ちかちかする, ちらつく空, とりこに, なかから, なかで, はなしを, ひかりに, ほかには, またたきと, まばらな, もとに, やうだ, やうなきらめき, ようで, キラキラと, 一つが, 下なる, 世界からの, 世界でも, 世界と, 世界まで, 中から, 代りに, 位置が, 光, 光あり, 光すら, 光って, 光では, 光のみ, 光りに, 光りの, 光をかぞへ, 光力は, 写真は, 冷たさ, 前に, 動きぐあいから考える, 博士が, 名ある, 多い晩, 太陽からの, 女には, 女を, 如く如何にも, 姿が, 姿は, 存在を, 家の, 宿は, 宿業を, 居るあたり, 座に, 影は, 影見え, 影響を, 数や, 方は, 星の, 映るの, 樣に, 歌を, 正体が, 流れます年, 消えたの, 温度は, 潤んだ晩春, 照りはも, 瞳を, 空の, 糠星の, 美しい夜, 群に, 群は, 色, 色が, 色も, 落ちて, 話は, 軌道の, 輝くの, 輝く大空, 輝く空, 運動の, 運動を, 運行と共に, 運行も, 運行を, 閃きが, 間を, 集りか, 青光り, 飛ぶよう

1 [987件 抜粋] あいだに, あかりを, あらわれて, あるうち, あるなか, ある夜, ある方, ある薄, いきもの, いくつかの, いちめんに, いやに, うえでも, うごきに, うす青い光り, うっすらと, おとなしい寶石, おはからい, お告げだ, お話を, かがやいた夕空, かがやく空, かけらであっ, かけらを, かげうせぬ, かげは, かげ冴えて, かたちの, かの界, かわりに, きらめいて, きらめきに, きらめく夕方, きらめく大空, きらめく青空, けむりの, こころよなつかしく刈りし, ことその他種々, ことである, ことなどを, ことに, ことや, ことをも, この分, ごときもの, ごとき希望, ごとくおりますもの, ごとくこの, ごとくなるを, ごとくより, ごとくキラキラ, ごとく人工的, ごとく少ない, ごとく漾, ごとく繞, ごとく見ゆるに, ごとく輝いて, ごとく鏤めた羅綾, ごとく颯と, ごとし, ごと驅け, しづくを, しろいひかり, すぐ下, せいか, そばです, そばによって, ちらつきが, ついたの, ついたテングタケ, ついた尖り帽, でた夜, どよもし, ないまっ暗, ない夜空, ない深い夜, ない空, なかの, ながれし道, にじんで, はいったバイオリン, ひかりで, ひかりと, ひかりもを, ひとつと, ひとみ婉然と, ふったよう, ほうは, またたいて, またたきだけが, またたきに, またたきばかりと, またたきも, またたき月, またたくよ, まはり, まばたく夜景, まばらさで, まみ, めぐりに, めぐりは, めぐり合, ものを, やさしい深い光, ゆめ, ようだった, ようです, ようにさえ, わけだ, カタローグを, クララ, スペクトルの, ソヴィエトの, マークも, ロンド, 一たり, 一つに, 一つ一つを, 一の, 一ツ, 一員と, 一群を, 七十二名とは, 上で, 上には, 上りゆくの, 上座と, 下と, 下は, 下柄手に, 下誰, 不備を, 世は, 世界からでも, 世界って, 世界です, 世界について, 世界に対する, 世界ばかり, 世界への, 中, 中心の, 主の, 久しきに, 乱れ若き地, 事とか, 事にのみ, 事を, 二つ目とは, 二人は, 云ふ, 人は, 人間で, 会, 位置で, 位置は, 住人では, 係りも, 倅恋の, 傍らに, 光いと, 光だけは, 光と共に, 光など, 光などよりも, 光にも, 光ひとつ見えず, 光まで, 光まばらに, 光らない消えた状態, 光りすらも, 光りでほの, 光りとも, 光りによって, 光りまで, 光り洩れず舷, 光るお, 光る東, 光人顔定かならぬ, 光像を, 光力の, 光火の, 光異, 光群を, 光芒弱く, 免黜を, 全盛の, 全盛時代であった, 六白金星と, 其一常に, 冴えそめる, 冴えた小路, 凄いこの, 凍てそう, 凍るほど, 出た海, 出る晩, 出没の, 出現という, 別の, 前身と, 劇場で, 力を, 動きに, 動くの, 勳章幾枝の, 十字架の, 原, 名かの, 名であり, 名と, 名も, 名前なんかより, 名書き留め, 吝な, 周囲を, 呪文, 囁きを, 図, 図を, 国から, 国立研究所で, 土に, 地上に, 垂る, 壊る, 声かの, 声は, 夕下界に, 外二星に, 多いこと, 多い静, 夜だった, 夜でありました, 夜です, 夜も, 夜更けだった, 夜空が, 夢に, 大きくて, 大島桜より, 大正方形, 天元から, 天蓋を, 太夫, 太夫と, 奇麗な, 契るという, 女たちは, 女にを, 女の, 如きもの, 如き刃影槍光, 如き眸, 如き群将, 如くでござる, 如くは, 如くまた, 如く光り輝いて, 如く喊声鼓声, 如く埋まった, 如く定, 如く居, 如く手, 如く明らか, 如く流れる, 如く澄んで, 如く稀, 如く輝いて, 如く輝くの, 如く銀色, 如く雨に, 如しと, 妻, 妾を, 子の, 孔明弟を, 學問で, 宇宙運航の, 定紋の, 宵に, 宿りを, 寒い光, 封鎖を, 導きと, 小商人, 尻尾に, 屋に, 巡る方, 巣立は, 幸運を, 広場, 店で, 座も, 廣告を, 廻合だ, 弱味に, 形で, 形を, 影の, 影一つ見えない, 影白む, 影響と, 後と, 御座へ, 性なら構わない, 性は, 性格と, 性質と, 怪物には, 息にも, 意であっ, 愛ずる海の, 拉ぎあふ死, 接近は, 撃ちだす破裂弾, 散らばって, 数々は, 数々鏤めた, 数だ, 数に, 数ほどの, 数地に, 数言語に, 數ほど, 新真打, 方を, 方向に, 旅が, 日における, 星と, 星主城中に, 映る鏡, 晩だの, 更けた河ば, 最外部, 最大視差よりも, 最後の, 有利な, 東に, 果なら, 栄に, 梅雨空, 棕梠, 樂を, 樣, 次第に消, 歌一粒撰り, 正体, 歩く山, 歴史も, 気候風土が, 永久に, 沈む時, 沈んだ光, 泡を, 洲を, 流るるが, 流れた辺, 流れるあと, 流れる頃, 流れ空一面, 海, 海を, 消えないうち, 消ゆる, 涙の, 満ちの, 漢を, 火星さ, 煌々する, 照らす甲板上, 燈火が, 燦く黒い, 状態という, 王という, 生きものでは, 生れ代りなる, 生物たちと, 界の, 白い夕風, 白い真, 白さ, 盃を, 相を, 相見るべき, 真相はかへ, 眼の, 眼玉が, 瞬きに, 瞬きは, 瞬く丘, 砂もて, 研究を, 破片とも, 破片は, 神リンガムの, 神秘に, 祭の, 移るとともに, 空, 空が, 空池田の, 精だ, 精で, 精も, 精髄を, 紋所の, 紫深き, 紳士らしい, 網を, 綺麗な, 繼母の, 美くしい, 美しい花紋, 群と, 群れだ, 群れや, 聲, 腹へ, 舟手を, 色し, 色にも, 花の, 華, 落ちた場所, 落語家の, 蝗虫に, 行衞はい, 街, 西に, 見えつ, 見えない寒, 見えはじめた山門, 見える蒼空, 見ゆ, 視差を, 観測ぐらゐのものでした, 言の葉君知る, 誕生を, 論, 諸王を, 譬へば日月, 象徴が, 質と, 赤いなか, 距離が, 踊の, 躔る, 軌道には, 軌道を, 軍艦旗, 輝いた下, 輝いた寒い, 輝いてる空, 輝きの, 輝きまでが, 輝く夜空, 輝く如く采の目, 輝く服, 輝く赤い, 輝やき出す, 輪に, 輻射層の, 辷るたちまち, 透き見ゆ, 速度は, 進行を, 運動であった, 運動は, 運河だ, 運行が, 都へ, 金持です, 金覆輪の, 鈴, 閃きを, 閃めき, 間にあって, 降る夜空, 隈公園, 隕ち, 障子を, 集まりか, 集まりです, 離心率は, 雰囲気か, 霧を, 青さ, 静かな, 面には, 音楽である, 額の, 飛ぶ, 飛ぶを, 飾を, 高い闇空, 魔法の, 魔術, 鱗屑は

▼ 星~ (1270, 16.4%)

30 輝いて 27 出て 24 光って 13 またたいて 11 きらきらと, きらめいて 10 ある, 一面に, 見える 8 キラキラと, 見えた 7 また 6 いいました, かがやいて, きらきら光っ, 二つ三つ光っ, 出た 5 きらきら輝い, 流れた, 飛んで

4 [13件] あって, あつた, うつくしくきらめき, うつって, きら, たくさん見え, キラ, 映って, 流れて, 流れるの, 空に, 美しい, 見えて

3 [18件] あつて, いっぱいに, こぼれて, ついて, まばらに, キラキラ, 一つ, 三つにも, 他の, 出る, 地球に, 岡茶寮の, 晃, 水面に, 瞬いて, 瞬きを, 降るよう, 飛んだ

2 [80件] あちこちめくらにでも, あった, あります, あるか, あるという, あるの, あるん, いくつか, いくつも, いちめんに, いつぱい, この火, たくさん集っ, たった一つ, ちらちらと, ひらめきはじめました, ふるえて, またたく, やはりきらきら輝い, れいに, れいの, チラチラと, ラッパを, 一つ一つ消え, 一つ二つ輝い, 一つ出, 一つ見えだした, 一つ輝い, 一杯で, 一杯輝い, 人を, 低く見え冬暖か, 光ってる, 光つてゐた, 光を, 冴えて, 冷に, 出たな, 出たの, 切れるよう, 動いて, 地上に, 地球を, 大きく光っ, 天の, 太陽に, 岡の, 映つて, 森の, 欲しくない, 流れたの, 流れる, 浮いて, 淋しそう, 澄んで, 無数に, 無數, 燦い, 燦めい, 燦めいた, 現はれ, 瞬き, 砕けて, 碧い, 空から, 綺麗に, 美しく空, 茶碗程の, 見えただけ, 見えたの, 見えます, 見えるよ, 輝いた, 輝き相, 金砂子の, 閃めい, 附いて, 降るかと, 降ると, 降るやう

1 [790件 抜粋] あおい弧線を, あちらの, あったと, あの通り, ありおそく, ありますね, あります右, あり電光, あるそれ, あるだらう, ある息子, ある癖, あんなに光つてら, あんまりまとも, あんまりまぶしい, いちばん光る, いっそうはっきり見えます, いっぱいだった, いっぱいです, いっぱい光って, いっぱい耀, いっぱい輝いてる, いままで, いまアドロ彗星に, いッぱい, うしろに, うまくてんじょう, おつる, おびただしく多い, おれの, お濠, かがやきそして, かがやきました, かがやき出す刹那, かげろふの, かの女, きらきらかがやきだしました, きらきらかがやきはじめる, きらきらすい, きらきらとこ, きらきら光, きらびやかに, きらめいた, きらめき島, きらめくやう, きれいだ, きれいでしょう, きれいに, こうなるべき, こう接近, この地上, こまかい雨, これで, さえざえ, さやかに, しきりにななめ, しきりに瞬き, しずかに, しゅっと, じっと見守っ, すごいガス, すごい雲間, すっかりめいめい, すっかり消えました, すべる, ずいぶん綺麗, ずうっと, せせって, そのまわり, その後に, それであろう, それを, たいへんきれい, たがいに, たくさんかい, たくさん光っ, たくさん集つて見え, たしかにある, たずねました, たびたび流れ, たんとある, だんだん消え, ちか, ちかちかし, ちやうど, ちょうど来, ちら, ちらちら何, ちらちら見え, ちらばって, ちらばつ, ちりばめられて, ついてる将官, つきましたぞ, でて, でる月, ともるまで, とんだ, どちらが, どの様, どんなに己たち, ながれた, なければ, なつかしくまた, なんです, はいって, ばらばらと, ひとつきれいに, ひとつ流れた, ひとつ西に, ぴかぴか, ぴかぴかしだした, ぴかぴか光っ, ぴかりぴかりやつてゐるのさ, ぴっかりぴっかり顔を, ふいに, ふえるの, へんに, べつべつに, ぽつぽつ影, またたきはじめ空, またたき出し胡桃, またたき始めました, またたき潮ざいが船, またたく旅, またたけば, まだてっぺん, まとまって, まばたいて, まばゆく輝い, まわって, みえる, みえ木の葉, みおろして, みられない夜, もうよほど高く, もう上, もう光, もう裏, やがて太陽, やたらと, ゆつくりと, よく光っ, よく見える, れい, わが地球, イリュミネーションの, キラめい, キラキラ光り, キラキラ瞬い, キレイに, ギラギラし, ギラギラと, スーイと, ダイヤモンドの, チカチカまた, チカチカまたたき, チカチカ光りだした, チラついた, チロリチロリと, ルイ金貨に, ロケット隊を, 一つあった, 一つかがやい, 一つかざられました, 一つきらめいてるらしかった, 一つきらめき始めた, 一つそこに, 一つづつ消え, 一つぼうばくたる, 一つも, 一つスウーと, 一つ一つ消え失せる, 一つ下がった, 一つ二つ白っぽく, 一つ二つ見える, 一つ二つ輝き残ってるらしい, 一つ初初しい, 一つ南へ, 一つ増えました, 一つ強い, 一つ流れ, 一つ蒼々と, 一つ見え初めて, 一つ足りない, 一つ青々, 一つ飛びました, 一ぱい出ました, 一ツ見える, 一年の, 一年一度の, 一杯, 一杯かがやい, 一杯です, 一杯散らばっ, 一杯火の粉の, 一番太陽に, 一箇魔女の, 三つ光ってるだろう, 三つ四つある, 三つ四つ見える, 上って, 下界の, 不思議にも, 中ぞ, 乱れて, 乱れ飛んだぐらいで, 二つばかり, 二つ三つきらめき出し, 二つ三つだけ, 二つ三つ瞬きも, 二つ三つ見え, 二つ三つ雲の, 二つ出来る, 二の, 五つある, 五つ六つ出, 交る, 交会すれ, 今までの, 伸び上がって, 低く屋根棟, 何かの, 何かを, 傍の, 僕に, 光ってるか, 光つてる, 光つてゐる, 光りすぎる雨, 光りそめ空, 光りだして, 光りを, 光り初めた, 光るじゃ, 光ると, 光る流石, 光る霜夜, 入って, 円板の, 写真の, 冴える, 冷, 冷たく高くまたたい, 出たかと, 出たとか, 出たよ, 出たり, 出てるでしょう, 出ました, 出る晩, 出来たと, 出来ると, 刻々に, 前進する, 動くとか, 北斗の, 南京玉の, 同じよう, 向うから, 嘲るよう, 四方の, 四阿の, 地獄, 地球に対し, 墜ちたそれ, 壇を, 夜々に, 夜空に, 大きくきらきら, 大きく輝い, 大きな目, 天に, 天の河を, 太陽から, 太陽と, 太陽を, 宇宙の, 宝玉の, 宝石の, 実にきれい, 室の, 宿ったよう, 宿命した, 寒う晴れ, 寒そう, 寡人に, 小さいながらも, 少ししか, 居ながれて, 岡と, 左の, 己に, 常に何事, 平素の, 年に, 幾つか, 幾つも, 庫の, 弱々しく光っ, 強ひ, 彼辺に, 御供の, 微に, 微行し, 思い思い美しく, 急に, 悉く墜落, 悪いの, 悪いん, 或る, 所在なげ, 折れ曲つて, 撒き散らされる, 教育家である, 散らばって, 散らばつて, 數限りなく, 斑に, 新らしく瞬く, 日の出と, 明るく柔, 明滅する, 映つた, 暁とともに, 暗い空, 暗黒な, 書きこんで, 最も多く, 最近三五〇〇年間に, 望まれる, 朧に, 木の, 村, 来て, 杳かに, 極を, 次ぎ次ぎと, 歌を, 殆ど直上に, 残って, 段だ, 殺された時分, 毎夜光っ, 気に, 水の, 水垢離取り, 泛び出した, 流るる, 流れあえ, 流れたん, 流れるやう, 流れるよう, 流星と, 浮き出して, 消えて, 消える樣, 消え失せても, 淋しく美しく輝いた, 淡々しかった, 清く光っ, 満月の, 澄んだ空, 点々と, 無くとも, 煌めきだした, 照らして, 燈し, 燦々と, 燦き出した, 燦めきあえぬ, 燦然と, 燿として, 爛漫と, 現れ村里, 現われた, 現われたなら殆ど, 球形に, 生きものの, 生れるやう, 痛いよう, 白い, 白梅の, 白熱した, 皆なき, 皆我々の, 盛裝し, 目に, 直上に, 相会, 真っ先に, 真先に, 眼に, 瞬きはるか下, 砂を, 破壊する, 神樣の, 空いっぱいに, 窓の, 笑つて居る, 粉の, 素晴らしく大きくうるみ, 綺麗だ, 縫ひ付け, 罔さを, 美しいとは, 美しくなっ, 美しく見へた, 群れて, 群を, 肉眼で, 肝心です, 自力で, 自然と, 舞い出して, 茂太郎の, 菊の, 落ちて, 虚宿二星の, 裏河岸の, 見えそむる, 見えたと, 見えたり, 見えだしたので, 見えつ, 見えない, 見えはじめたぞ, 見えましょう, 見えますでしょう, 見えませう, 見えらあ, 見えるかも, 見えるが, 見えるぞ, 見えると, 見えるという, 見えるので, 見える位, 見え出しても, 見え透けば, 見え隠れ雲の, 見て, 見ゆるから, 視野に, 親しみ易く, 解らなかったので, 貝殻の, 貝殼の, 赤く太い尾, 赤く輝い, 路頭に, 軌道を, 輝, 輝いてるの, 輝いてる晩, 輝き会堂, 輝き出す, 輝き黒い, 轡を, 逆さまに, 逢わんとして, 連なりて, 遠くなった, 遠くへ, 遠く感じられた, 重って, 鈍く光っ, 銀砂子を, 銀紙ぢや, 鏤めて, 閃く, 閃光を, 降りそう, 降る如く光り満ちて, 隠れると, 集まって, 雑木林の, 青く光りはじめた, 青く水, 青や, 青白い光芒, 青白く輝き出す, 音なく, 額に, 飛びましたよ, 飛び出て, 飛ぶもん, 飛ぶよう, 飛んだぞ, 飛んだん, 飛去り得ずし, 食べたくなるよ, 馬鹿に, 高い夜, 高く光っ, 高く流れ, 鮮かに, 鮮らか, 鳩山議長の, 黄金を

▼ 星~ (766, 9.9%)

33 見て 24 仰いで 15 眺めて 10 見た 8 眺めながら 7 仰いだ, 仰ぎながら 6 いただいて, つけて, ながめて, 見ながら 5 戴いて 4 さされて, 見るの

3 [15件] ながめた, みて, 仰ぎ見て, 仰ぐと, 持って, 指す, 見る, 見ること, 見ると, 見るに, 見るには, 見れば, 見上げた, 見上げて, 運転し

2 [42件] かすめて, たよりに, ちりばめた大空, ちりばめて, みてると, 一つ欲しい, 仰いだもの, 仰ぎて, 仰ぐ, 力に, 動かす愛, 呑んで, 四つ五つ鏤めた, 抱きぬ, 拝した, 指す針, 撫でて, 数えること, 発見した, 眺めた, 眺めたり, 眺めました, 眺めるとき, 祭りて, 祭り釿初め, 胸に, 自分の, 花と, 見あげたしかし, 見ずや, 見たり, 見つめて, 見ても, 見よと, 見るも, 見んとて, 観察し, 観測し, 調べて, 鏤めた其隅, 隠して, 頼りに

1 [496件] あおいで, あおぎ, あげました, あび黒き, いくらか歪み, いた, いただき法師野, いっそう大きく, いっぱい浴び, いのりますれば, おおいひるは, お母さんの, かいく, かくすの, かけ並べたやう, かざし緋, かしな, かぞえながら, かなり長い, こがして, この世界, ごらんなされた, さえぎって, さされたらしいが, さされた通り, さし, さびしげ, しぞ, しっかりおさえ, して, しばらく拝, しるべに, その時, たくさん描いた, たのみて, たよる闇夜, ちらりと見る, ちりばめし天, ちりばめた, ちりばめたよう, ちりばめたる人, ちりばめた天穹, ちりばめた幅広, ちりばめた旗, ちりばめた空, ちりばめてるの, ちりばめ乳色, ぢつと, つくづくと, つくねんとながめ, つぐない自分, つけ, つけさせた有力, つけたの, つけたゴシック風天蓋, つけた夫人, つけた少女, つけた少年, つけました, つらぬいて, つらね内, とった, なが, ながめそして, ながめたが, ながめつ, ながめながら, ながめまたは, ながめる, ながめるとき私たち, ながめるべくこの, ながめる一つ, ながめる時アーサア王, ながめる気持, ながめる目的, ながめる興味, にぎったまま, ねらいながら, のがれようと, のせた船長, はっきり見る, ばらまいたよう, ふたつならべた, ふりまくよう, ふり仰いだ, ふり撒い, ふるわせた, ほしいと, ほしがらなかった, ぼんやり夜, まあ見, まき散しぬ, また元, みあげいくどか, みてるん, みぬ, みる, みるが, みると, みるばかり, みるよう, みんとて, みんなふりまわし, みんな下ろし, むしり取って, むねの, めがけて, めぐらしたその, もぎとって, もぎ取り蝋燭, もちわたし, やどした夕, やどして, ゆびさした, んなの, ウロウロ探しあて, グッと, ジョーヴェ或, マルテと, メルクリオ或, 一つとっ, 一つとばし, 一つ選ん, 一つ附加し, 一層深く, 一掴み掴む, 一面に, 七ツ以上も, 乗せて, 乘せ, 二つも, 二つ三つ消した, 二人で, 云ひ, 人に, 人工で, 仕留めること, 付け, 付けたの, 付け彼ら, 以つて鏤めた, 仰いだの, 仰いだ獺, 仰いでは, 仰ぎ, 仰ぎつ, 仰ぎました, 仰ぎ仰ぎつつ, 仰ぎ勝ち, 仰ぎ眺めて, 仰ぎ花, 仰ぎ見ば, 仰ぎ見ました, 仰ぎ見る度, 仰ぎ頭髪, 仰ぐが, 仰ぐここ, 仰ぐこと, 仰ぐたび, 仰ぐオリオン, 仰げるシャツクルトン, 仰げるシヤツクルトン, 何か, 何年間か, 作つた, 使役する, 便りに, 信じ傲慢, 停め雲, 兜に, 入れ, 其形に, 冠つて立つ, 出たその, 刺される気づかいは, 刺れ, 刺繍した, 刻した, 刻むよう, 前方に, 加えたるもの, 動かして, 動かすには, 動かす諸, 協会から, 占ったり, 占て, 卷きまた, 取つて, 取り逃がしたお, 取ろうと, 取巻かせたり, 取巻く輪, 受けて, 合せて, 吉凶禍福の, 吸いこもうと, 呑まうとして, 呼びさ, 呼び出すよう, 咲きさ, 唯一の, 圧して, 地球の, 地球へ, 埋めて, 売り月, 夏の, 多数に, 太刀への, 太陽と, 奠る, 子供と, 宿したよう, 宿して, 宿せる, 封じること, 射けずって, 射削りたる故事, 射削ッ, 尊まれ, 導き得るや, 導くや, 左右の, 差したこと, 幾つと, 彼は, 後に, 御覧なされ, 御覧に, 心で, 思うこと痛切, 悉く茲, 愛されるところ, 憎んだもの, 我々が, 我等に, 戴き暮, 所有する, 手に, 手の平に, 打ち出して, 抜いた赤縞入り, 抱いて, 抱き合わせに, 拜んで, 拝す, 拾つた, 持つて, 指さし, 指さしはや, 指されて, 指されては, 指した, 指しても, 指してる寺田さん, 指すやう, 指すよう, 指す偉大, 指す如く云い当てるの, 指て, 挙げようという, 捜した, 掃きます, 掃き落とそうと, 掌の, 探しあてて, 探して, 探す人, 探そう, 掴まうとして, 揃えて, 描いた壁画, 携ふる, 撒いたよう, 撒いた山々, 撒き散らした空, 支える地上, 支配した, 教へて, 散らしたやう, 散らして, 散らす電車, 散らせる秋, 数うる, 数えちん, 数えつつ, 数えて, 数えながら, 数え得るかを, 数え玉藻, 数え間, 数え魚, 数等に, 斬ったよう, 方位に, 明滅させ, 時計の, 晦う, 有する星座, 木の間が, 案内し, 標準としての, 横切ろうと, 欠く処, 欺く瞳, 歎美し, 歓呼させ, 残したい所, 残すと, 求め地, 沈めつつ, 注ぎて, 流して, 浮かべて, 消して, 深い痲酔, 測って, 満たし天籟, 澄ますよう, 点検し, 無数に, 燦めかせた, 瓔珞の, 生ぜしめるほど, 甦えらせて, 發見した, 白眼み, 皆でも, 目あてに, 目がけて, 看る如し, 真砂と, 眺むるなり, 眺めてること, 眺めてるの, 眺めへた, 眺めること, 眺めるつて, 眺めるより, 眺め気, 眺め池, 眺め波, 瞶めて, 知らず, 知ること, 知るも, 研き人, 砕いたやう, 砕いたよう, 示すに, 祈りだした, 神様だ, 祠った, 祠る, 祭ったり, 祭った昔, 祭り天を, 祭るとて, 祭る壇, 私は, 空に, 窓から, 竜蛇と, 算える, 算えるごとく, 算へながら, 算へる如く, 粉砕し, 紫と, 結び付けそう, 総称した, 繋ぐ無形, 繞って, 繰るの, 考へ地上, 聯ね, 背中に, 背負わされた源十郎, 脊中に, 落して, 落すぐらい, 落っことし, 著け, 衝いて, 袖に, 見, 見き, 見ざるは, 見ず, 見ずに, 見せて, 見たどこ, 見たの, 見たりき, 見た刹那, 見た折り不, 見た独軍, 見た者, 見つけた運, 見つけて, 見つけるたび, 見つけるため, 見つけ出しても, 見つつ, 見つめた, 見つめながら, 見つめる人, 見つめ三郎, 見ては, 見ないわけ, 見なかつた, 見ました, 見まもりながら, 見まわして, 見やしゃいな, 見るから, 見るが, 見るごと, 見るまで, 見る如くであったと, 見る如し, 見る思, 見る想像力, 見る望遠鏡, 見わけるほどの, 見上げはるか, 見乍ら, 見付けて, 見出したので, 見出し得ぬ, 見出すと, 見北極, 見物させ, 見詰めた, 見詰めて, 見詰めながら, 見風, 視め, 覗いたと, 覗き地殻, 覗くの, 覗こうと, 親しく見た, 観測しました, 観測する, 觀る, 認めそうして, 認めた, 認めること, 読みとるごとくに, 調べたため, 論ずるに, 象ったダイヤ, 象徴する, 貫いて, 貫く高き, 跨いで, 踏むで歩けさうな, 身に, 載せて, 輝かす時, 輝つかせ, 迎うる, 迎ぎ見, 迎へて, 造った神, 連ねし如し, 連ねたやう, 連れて, 連想させる, 連想し, 進めること, 選み出し, 選んで, 鏤ばめて, 鏤めたあたり, 鏤めた大, 鏤めた大空, 鏤めた暗澹, 鏤めて, 鏤め乳汁, 降らせて, 降り撒きあるいは, 離れたの, 離れて, 露出し, 頂いて, 頂きに, 頼りの, 顕して, 飾りたり, 駆逐し, 驚異し, 鳥獣で, 黎明の

▼ 星~ (495, 6.4%)

6 いいました 5 生きて 4 ある夜, みな乳の, みんなその, 答えました 3 きらきらと, 一つも

2 [23件] ある, あれど, かれら, さながらたなばたつめ, しずかに, たずねました, だんだんめぐり, どこに, わが太陽系, キラキラと, 他の, 依然として黒い, 出て, 又寒, 宵の, 永久に, 河豚の, 私の, 空に, 続々と, 自由航路を, 隠れて, 飛行機や

1 [416件] ああし, あかるいお, あしたに, あちこち逃げまわりました, あった, あったが, あなたの, あの通り, あまねく東, あやしく澄みわたり, あらはれ下界, あるが, あるの, あるべきです, あるまい, ある平衡, いいよう, いくらでも, いずれも, いちだんと清らか, いっそうよく見え, いったいどの, いったいなにもの, いったい何者, いったの, いつの, いつまでも, いつもこんなに青く, いまし天, いま最大の, いらへぬ, うつくしい星, お友達, きき返しました, きっとその, きつねに, きらめき空気, こうして姿, ここぞと, ことごとくそこ, このたび, これに, これを, こんな星, ご親藩, ささやきました, さっきよりも, さも名残惜し, すばらしいと, すべての, すべて地球と, すべて聞い, せまい上, そうした好餌, そこでも, その下界, その場所, その大, その容積, その怪物, その時煌, その魂, それぞれ神, それを, たいへん小さく, たくさんある, たちまち飛ん, だいたい南アメリカ, ちやうど, ちょっとだます, ちらりとも, つめたそう, どういう星, どうしてできた, どうです, ない, ないかも, ないの, ながれぬおも, なく, なけれど, なげかひ, なにゆえに, のぼったこと, びっくりしました, ほしいまま, ほんとうに, また, また毎夜限り, まだあ, まだ白かっ, まめを, みな好です, みな既に, みんなくるくる, みんなに, みんな動い, むらさき色だ, めくら星でありました, めぐりそして, めぐり金星, もうその, もう三つ四つ, もう天, もはやここ, もみの, やっと四日目, ゆるいテンポ, よほど違った, らんかんとして, わずかに, アドロ彗星に, アドロ彗星の, キラキラ仰がれる, クリストの, ハルトウィク, パリでも, ヒマラヤ天文台の, ビー玉の, マイヤースの, ロマンチツクだ, 一つ一つ東空から, 一つ一つ燦と, 一・四と, 一度取逃がし, 一昨年十二月十七日夜から, 一生けん命手まねで, 一般の, 一面に, 三日も, 上つた, 下界に, 乱れ飛ぶ, 二十億年の, 二大, 二大星流の, 二重星で, 二黒二十四年は, 互いに並行, 五ツ六ツと, 五帝座の, 人の, 人間にも, 人間の, 人間や, 今や我生命, 今度は, 付けて, 何し, 何という, 何を, 何処に, 信仰希望愛を, 優しい目, 光つてゐない, 光り輝くの, 光を, 入閣し, 入閣の, 全く見えなくなります, 共産党代議士にも, 冬が, 冴えに, 冷え固まって, 出そう, 初冬の, 別々の, 刻一刻地球へ, 労働者農民小, 動いて, 動く, 動くよ, 北方を, 北海の, 十日の, 取り下ろしたり, 古代埃及独特の, 同じ火, 君に, 君にも, 吾人の, 周の, 四大徳即ち, 四時地位の, 土木水を, 地上の, 地平線から, 地球から, 地球に, 地球を, 壮士たちを, 変って, 多分自由意志, 夜ごとに, 夜の, 大きな穴, 天の, 天狼星で, 天空に, 天空一ぱいに, 太陽から, 太陽と, 太陽の, 太陽よりも, 太陽系統に, 如何に, 妖しく赤かった, 姿を, 嬰児が, 実に無数, 宵ながら, 小遊星, 少し赤味, 少年の, 尻尾を, 市会議場に, 常に一行, 平均し, 平常孤独, 年がら年中空, 幸運なり, 幾つである, 彗星と, 形が, 影消え, 彼の, 彼女の, 彼等に, 彼等の, 徐ろに, 微かな, 必ずしも質量, 志ざす方, 快げ, 快楽の, 忽ち逆襲, 急に, 恍惚として, 悠然と南, 悲かれ, 悲しまず, 愁わしげに, 慎重に, 我手に, 戟を, 擧がらない, 數へ, 断じて今年, 新に, 斷層を, 旅に, 既に太陽, 日本の, 早いぞ, 早くも, 昇りて, 明らかに, 明るい, 明るくなった, 明日も, 明日僕たちの, 星で, 星と, 星なる, 暗い空, 暗く夜, 曉の, 最も親しい, 最初から, 月の, 月よりも, 月夜の, 望楼花は, 未だ念頭, 東京などより, 東方を, 森の, 樹, 次第にその, 次第に光り, 次第に分離, 次第に増す, 次第に明るく, 次第に鮮やか, 此の, 死相を, 殘らず取り去ろ, 段々と, 殺気に, 毎夜さびしい, 毎夜毎夜音も, 毎度見事に, 毎晩の, 毎晩キラ, 汝が, 汝の, 決して雨, 沈みその, 泣いて, 活物として, 流れて, 消えて, 消えよう天下, 消ぬべし, 淡くまたたい, 湖水へ, 満天に, 満天を, 滴らんばかり, 澄み雲, 火星だろう, 無事安泰しかも, 無情だ, 無辺際の, 煙とも, 照らす, 燃えつづけました, 燭火手に, 狂は, 独り言を, 狼, 生を, 白羊宮, 皆な, 皆太陽の, 目に, 目の, 目もとに, 直接に, 相当あるべき, 相当に, 真珠の, 眩ゆい, 着陸させない, 瞬いて, 砕け落ちた, 碧く, 神秘な, 移つても, 稀に, 空の, 空より, 空一杯で, 答えたの, 簇葉を, 紅色の, 納屋の, 素足で, 終に北斗, 終夜下の, 綺麗でした, 罪の, 美しい光, 美しかった, 美しく輝い, 耀く, 肩の, 膨張し, 自分が, 自力で, 興味ある, 色が, 薄くなる, 覆いかくされたもの, 見えずた, 見えても, 見えない黒い, 見えなかった, 見えません, 見えませんが, 見たこと, 見る間, 覺束なげ, 語らない, 語りぬ, 諭すよう, 豆を, 豆電球かも, 負けずに, 貰ひたくない, 赤道に, 身動きを, 身慄した, 軌道を, 輝いて, 輝き出した, 輝き白い, 進みて, 遂に逓信官, 重力が, 金色に, 針の, 鈍くしかも, 鋲の, 閉ぢた, 降るごとし, 降るよう, 降ろうとも, 隠れた, 隱れた, 雨の, 雲を, 霧の, 露の, 青い, 青く冴え, 静かに, 頭を, 額にか, 飛ばなかった船中, 馬車の, 高い山, 魔法使いを通して, 鶏の, 麹町から, 黒い海

▼ 星~ (257, 3.3%)

6 向かって 5 住んで 4 歸る, 見えるの 3 なって, なる, 似て, 叫びました

2 [17件] あはで, ございます, して, なった女, 光るならむか, 向けて, 向つて, 夜寒を, 導かれて, 御出勤, 来られては, 橙や, 比べると, 甘えわれ太陽, 紛れて, 習合も, 至っては

1 [192件] あたるか, あたると, ありと, あるを, いたるに, いななく悍馬, いま非常事態が, いるん, いる佐, うごいて, うっとりと, おのおの一定, お祈りを, かかった雲, かこまれたよう, かたどりし瞳, きらめく兜, くるまれた閣, こと問ふ, さ, さも, したが, しても, しばだ, しましょう, すぎないでしょう, そうたのん, そつくりだ, それぞれ名が, ちがいない, とどかず心, とどきそう, とどくと, とどくよう, とらわれて, なぞらえその, なった, なったかという, なったと, なったは, なったまま, なった夜空, なった竹童, なった話, なります, なるか, なるってな, なるには, なるので, ぬかづき, ひじょうに進歩, ふりあげて, まぎれて, まけてるん, みいつて, むかって, めぐり会って, よる, アンドロメダ座の, ステラを, 一々こんな, 一体何, 上陸, 上陸し, 中心を, 人間と, 仮寝の, 似る, 似沈木, 住む竜, 何の, 何んの, 供す, 依っても, 修行を, 假寢の, 傳ふ, 働きかけ嵬気, 光った, 光れと, 光をと, 再び出逢う, 出た大きな, 力づき, 化けるつもり, 十分に, 及ぶ天使, 及ぼししかして, 取り卷かれて, 取り巻かれつつ, 叫んで, 向けその, 向って, 向ひ, 呼びかけるエルマーク, 命じたの, 問いました, 喩えれば, 因みて, 変って, 宿ると, 対って, 對せる, 導かれた, 屆く黒き, 建設せられた, 彩られる, 後る, 從, 從つて動く, 從はんに, 思あり, 恍惚として, 恵まれて, 感謝し, 憧れて, 憶う, 成つて飛ぶ, 我等の, 接近した, 擬した不思議, 映って, 映る折, 昼間の, 晃めく, 来たよう, 歌われる一節, 比べて, 気づくよりも, 気の毒である, 泣くとも, 泣く使者, 注意し, 洗はれたる, 涙あり, 満たされる, 準ずる運行, 濃く燈, 照され, 照らして, 照り, 照射された, 燐光を, 率いられる憲政党, 現れて, 番号を, 白気の, 白蛇の, 目の, 相応する, 相生する, 眺め入ること, 眼を, 着陸しちゃった, 知らせて, 祈つて, 移して, 稻を, 空かざり, 突き破られた太陽, 箒星星眼に, 翔り行く私, 聲も, 肖た海燕, 胸の, 至る迄, 蒼く風, 行って, 衝突した, 見えるん, 見えるんで, 言ふ, 話でも, 誓へ, 警戒します, 輝く天, 近いところ, 迷信を, 迷信的思想を, 透かして, 遊ぶ, 重きを, 野蕃な, 闘わんと, 附する, 雪の, 非ず, 響く, 頒ち, 颯と外れた, 髣髴たり, 鶯に

▼ 星~ (231, 3.0%)

8 月も 3 ないやみ夜, ない闇, なかった, 出て, 見えなかった, 見えました

2 [16件] あった, それを, ない空, なし, なにかあら, 別か, 我我の, 木木の, 相不変頭, 稀で, 見えないで, 見えない静か, 見えぬ, 見えぬ夜, 見えませんが, 風に

1 [173件] あの美食家, ありのままに, ありません, ある, あるとは, あるには, ある事, あれよとぞ, いずれも, いつか動く, いつのまにか消えた, いつもよりは, いまずんずん, うかんで, うつくしかつ, うるめいて, おのおの独立, きれいだった, この少年, この星, これに, ささやくよう, すべてが, すべてどこかへ, その夜, その松, その通りサ, だいぶ夜, だんだん薄れ, ちらちら, ちらほら出, ついて, つゆ空, ない, ないまっ, ない夜, ない夜空, ない奥, ない暑い晩, ない暗い夜, ない暗い空, ない暗夜, ない曇り空, ない真, ない真夜中, ない道ばた, ない闇夜, ない雨夜, ながれれば, なく, なくその, なくただ, なく倒, なく地上, なく引波, なく深い暗さ, なければ, ねえけれど, ねえん, はた, ひかりを, ふたつみっつ, またたき出しました, またたこう, また一つ, また同様, また空, また雪, まつたく大空, みえない雨, みえました, みな北へ, やはり灼熱, ようを, よく見えず, よそに, 一朝に, 一部分しか, 亦太陽, 亦美し, 人間の, 今ちかう降れ, 今までに, 側へ, 傾いた, 光り始めそうして, 光るのにな, 出たなら, 出とらん, 出よあらし, 包み果てて, 北極星の, 友だちと, 同然すっかり, 名殘, 喜ばしそう, 墜ちて, 定まる宿, 宿らないで, 山も, 恥ぢら, 懸らず鬢, 截り, 方角の, 明るく数えきれなかった, 星夜の, 映りそう, 晃, 晴々と, 暗い汚点, 暗かつ, 曇った暗き, 樹木も, 次第に消え, 水も, 沢山お, 海も, 消されて, 涙なり, 淡い五更, 漂って, 無いどんより, 無い嵐, 無くまことに, 無く宵, 無く嵐, 生れて, 白いの, 皆な, 皆今夜だけは, 真の, 知らなかった詩人, 知らぬ可, 私の, 移り月, 羞耻まう, 自分で, 茂太郎には, 落ちる猿, 落行けば, 見えず寒い, 見えず暗い, 見えず月, 見えず表通, 見えたし, 見えて, 見えないまっ, 見えないまっ暗, 見えないん, 見えない夜, 見えない旅, 見えない空, 見えない闇, 見えない雨, 見えない魔物, 見えなかつた, 見えまする, 見えません, 見える, 見え室内, 見ないん, 身を, 輝いた, 輝いて, 輝き初めぬ, 遠慮なく光, 降るよ, 隠れた真暗, 隱れ行く, 雲も, 霜夜も, 高いところ, 鳥も

▼ 星~ (192, 2.5%)

6 星との 4 なって, 人とより 3 花, 花と

2 [14件] いって, きらめき, なったの, なりて, なる, なるの, タキシの, 化して, 同じよう, 呼んで, 地球の, 太陽と, 月との, 雖も

1 [144件] あやまたれけり, あらけ, いう, いうから, いえば, いひ, お話する, しその, しっとりと, すな, する巨大, それを, ちがって, なったと, なったには, なった娘, なつて, なりましたとき, なり二番, なり呼吸, なるに, なるん, なれりとの, ぴつたり, まちがえるほど, よばれる星, アドロ彗星の, 一しょに, 一般誠に, 並ぶごとくかの, 並行する, 争って, 云う店, 交わるよう, 人とに関する, 人間の, 他星, 仰いだ, 会話し, 先生との, 光を, 合して, 合せたまひ, 合せて, 同じく決して私, 名けて, 名づける遊星, 名のりを, 呼ばる, 呼ぶこと, 咲き匂う花, 営星とは, 四つの, 因縁淺から, 地上の, 夜を, 夢の, 大熊星の, 天使との, 天地元, 太陽とが, 太陽との, 安らぎと, 宝玉の, 常夜灯の, 庭の, 弘法大師の, 或いは海, 戴宗が, 星, 星と, 星とよりも, 星とを, 星の, 星よ, 月, 月と, 月とを, 月の, 月ばかり, 木立と, 本艇の, 板倉家の, 此の, 水明りの, 浄く, 海とを, 澄んだその, 火との, 火の粉に, 申しますの, 町と, 白い花, 白雲の, 相関連, 眠り, 眺められる, 睨めっこ, 石ほど, 磯の, 称される土星, 等しく特に, 紫雲英畑とは, 縞とを, 織女星が, 織女星を, 織女星銀河の, 自らを, 花に, 草履の, 菫だって, 菫とを, 街灯に, 衝突し, 衝突の, 見えるの, 見えるのみ, 見て, 見なしたもの, 見ゆれど, 言いますか, 言は, 言われる松, 話を, 語つた古代人の, 語らふもの, 語りに, 語り根, 語るこの, 語るよう, 謳われたあたし, 赤い水蒸気, 輝く汝, 通信しえた, 遊ぶ心, 錨と, 錬金, 鏡と, 雪の, 雲の, 露とは, 風との, 鶏とは, 鹿島槍の

▼ 星さま~ (105, 1.4%)

7 のお宮 4 が何, が野原 3 のよう 2 から, があら, になっ, になる, にはどうして, のいろ, のこと, は一つ, は野原, をちりばめた

1 [67件] あがれ, いくら私, お星さま, がいちめん, がおどけた, がきら, がきらきら, がばらばら, がぴかぴか, がみんな, がキラキラ, が光っ, が出, が収穫, が失礼, が山, が流れました, が秋, が空, が綺麗, が見, が見え出す, じゃない, だ, だちは, でありました, とって, とは, どうか私, どうか私ども, ならなんと, になったら, に連れられ, のいった, のお宮つて何だい, のかがやく, のところ, のやう, のキラキラ, の一つ, の一つ一つ, の世界, の住ん, の光みたい, の出, の所, の群れ, の色, はあんな, はなにか, はなるほど, はめいめい, は唯一人, は奇麗, は昼間, は荷, みて, もなく, もわたしたち, も緑, も見えました, よりはギラギラ, をすかし, を思い出す, を数え, 出たぞ, 見える

▼ 星~ (74, 1.0%)

4 の勝利, の勢力, を除名

2 [20件] が埋立出願, に依, に反, に反対, の不道徳, の之, の傲岸, の如き, の手中, の攻撃, の機心敏慧, の秘密協議, の脚下, の自由党, の自由黨, の逆襲, は粗, を征伐, を排擠, を敵

1 [22件] が総理大臣, に会つた, に対する政治的謀叛, に對, に惑乱, に惑亂, に降参, の為, の爲, の直, の直参, の罪悪, の罪惡, の頭脳, の頭腦, は事業家, は組織変更反対決議, は組織變更, は自由党, は自由黨, より見れ, を呼び

▼ 星ガン~ (66, 0.9%)

7 の捕虜 4 の天井 3 の一部分, の構造 2 から脱出, の中心, の住人, の国, の外側, の正体, の秘密

1 [35件] からテッド隊, がなん, が表面, が近づき, というやつ, とはなにか, と地球, にすっかり, についてはどう, にとらえられた, に捕獲, のとりこ, のなか, の一味, の一番外側, の中, の人間, の内部, の名所見物, の大き, の存在, の操縦室, の支配者, の最高指揮者, の町, の腹の中, の表面, の要, の重要, の魔力, はその, は大きな, は霧, も兵器, を知らない

▼ 星~ (42, 0.5%)

2 であった, なる人物, にし, の如き, は前年取引所, を畏, を目

1 [28件] から緊急動議, がいたこ, がその, が立っ, と先生, など数人, のそれ, の刺客, の墓, の来書, の機關新聞, の残党, の殘黨, の殺された, の民党破壊演説, の民黨破壞演説, の派, の為し得, の爲, の自由党, の自由黨, の追, は東京市参事会, ほどの人物, や江原素六, を刺した, を通じて議員, 急遽帰朝

▼ 星~ (41, 0.5%)

3 月の 2 シリウス星を, 三角星や, 塔その他何でも, 天蝎宮, 太陽の, 愛を, 照らさむ, 雲の

1 [22件] そのほか, ねん, みんなはっきり, めだかの, 三月弥生の, 兎の, 地宿の, 地球や, 小鳥と, 山や, 日月雲などについて, 星団も, 月も, 月御覧でしょう, 琴弾き, 瞬く, 竜神, 花や, 蠍の, 銀色の, 靈の, 風や

▼ 星亨氏~ (41, 0.5%)

2 [16件] あるが, が前後外務大臣候補者, との間, と相識, なり彼, なるに, に掻き, に重き, の局面展開論, の強, は何人, は曾, を以て如何なる, を内務大臣, を利用, を軍師

1 あり自由党, あり自由黨, に内, の一たび自由党, の一たび自由黨, は眞, は真に, を逓信大臣, を遞信大臣

▼ 星~ (41, 0.5%)

2 が出, が見える, は, もねえ

1 [33件] から下界, から見たら, がその, ができた, がチラチラ, が二つ三つ, が映つ, が映り, が流れ, が降った, だよ, でめいめい水精, なら拝みませう, のよう, の世界, の役目, の数, の話, の飾り, はあの, はどこ, はね青い, もこの, もねえ母様, もみんな, やお, やお花畠, よ何故, をみ, をみてた, を取らう, を取ろう, を御覧

▼ 星一つ~ (40, 0.5%)

2 ない下, ない闇夜, 見えない闇夜

1 [34件] あらわれた, あり枯木立, ある開拓使旗, か, が残る, さえ見えなかった, ない, ない寂莫, ない晩, ない真, ない真暗, ない空, なく月まろ, ねえ, の二等兵, の仲間, の値段, の開拓使旗, はたと落ち, は優れ, みえなかった, を一つ, 光りは, 無かった, 落して, 見えず暗い, 見えない暗, 見えない暗黒, 見えない木戸, 見えません, 見れない雪模様, 見付けて, 顕れた, 馳せ下りて

▼ 星から~ (37, 0.5%)

3 飛んで 2 星へ, 来る微か, 軽薄ばかり

1 [28件] その光, だと, ときどき発射, とびだして, やってきたかという, やってきたの, やってきた宇宙人, 一道の, 他の, 前兆を, 地球の, 地球へ, 堕ちて, 墜つる露を, 太陽まで, 成立って, 抜けだすこと, 故意に, 星へと, 波動し, 生まれた女, 生れた女, 眼が, 脱出し, 脱出した, 脱出する, 赤光星への, 降って

▼ 星~ (37, 0.5%)

3 といつか雑誌, とジョバンニ 2 あ, と考えます, と考へます, なんてまあどんなに

1 [23件] かやがて, か月, があれ, それなら木星, つてぢかに, つてやはり, という, ということ, といつか雜誌, といふ, とかそれ, ときめた, とジヨバンニ, と仮定, と思っ, と思ふだらう, なんていばっ, なんて鼻, のの, のを, よ, ナ, 星だ

▼ 星~ (31, 0.4%)

2 見ても

1 [29件] あつた, いきなり日本語, いっぱいです, うしろに, がまんしなけれ, これは, ござって, すって, それだけにた, なし, はじめから, やっと売口, 一パイ, 一寸お茶, 円くかこまれ, 冷たいもの, 出ぬもん, 北側に, 囲まれたそら, 地球の, 外は, 存在し, 微風も, 方角を, 東西南北が, 生きものが, 白服を, 見れば, 飾った売店

▼ 星~ (30, 0.4%)

2 とかいう連中, に降参

1 [26件] がやってきた, がやって来た, が原子力, が宇宙, だと, とたたかっ, との間, ならみなそう, にはわけ, に追われ, のからだ, のこと, のカロチ教授, の先祖, の忍法, の方, の死骸, の気, の首, はたしかに, はどこ, はぼくたち地球人, はみた, は地球, は植物, 無き街路

▼ 星~ (29, 0.4%)

1 [29件] および望遠鏡, が起こっ, である, ではそれ, では一番手前, では三惑星, とでも云うべき, との相互, なぞを教授, などと同じく, における, にたずさわった, に対する情熱, に負う, の問題, の方面, の発達, の知識, の研究, の祖先, の談, は印度アウルヤ派, は大体, もこれ, もまた, も実験観測, も観察, や物理, を取り扱うた

▼ 星~ (29, 0.4%)

2 の弁

1 [27件] が猶, でも鎌, とを彼ら, に, にした, に切り開いた, に射出, に見え, のとがり, のまんなか, の五本, の傷痕, の建物, の形象字, の微か, の徽章, の穴, の窓, の糸巻, の脚, の花, の都市, の黒く, や十字形, をした, を描い, を箱

▼ 星さん~ (27, 0.3%)

732 のお, は傘, も

1 [11件] がきらきら, がない, が光つて, が降る, そうじゃ, だとか, の別荘, の家, は, は夢見, や木

▼ 星明かり~ (24, 0.3%)

2 に透かし

1 [22件] が思った, ぐらいではそれ, ぐらいではとてもはっきり, ではた, で歩い, で確か, で見られた, で雪道, とでおぼろげ, にはっきり, にふみわけ, にぼんやり, に登る, に窺われた, に青く, に青黒い, の軒下, も見えない荒れ, をすかし, をせめて, をたより, を頼り

▼ 星住省吾~ (23, 0.3%)

1 [23件] が若い, の場合, の顔, はかうし, はこ, はこれ, はこれさ, はさ, はしかし, はそれ, はなるほど, は三十五, は下駄, は不思議, は先, は妻, は専務理事, は当年, は戦後, は明け, は神田博士, は驚い, もぢ

▼ 星では~ (20, 0.3%)

4 ない 2 ないか

1 [14件] ありません, ある, あるが, からだを, その二つ, ないかと, ないの, ないん, なかった, なくて, なく人力, なく金貨, 新しく進化, 炭素化合物なかんずく

▼ 星~ (20, 0.3%)

13 太五郎 5 太五郎様 2 太五郎さん

▼ 星めぐり~ (19, 0.2%)

12 の口笛 5 の歌 1 が出来なくなります, のわるい

▼ 星より~ (19, 0.2%)

2 善きもの

1 [17件] きれいな, さらに北, するどい眸, 上に, 先き, 出で, 分れ出たるもの, 大きくある, 我許に, 星, 星に, 星へ, 月より, 汝の, 澄んだ双眸, 綺麗な, 高き燈籠

▼ 星~ (18, 0.2%)

8 らに 3 らの 2 らを 1 うまるる, かしベアトリーチェ, らが, らでは, らでも

▼ 星でも~ (18, 0.2%)

2 女第

1 [16件] あらうか, あるかの, じつは銀河系, なし灯, 出ては, 占うよう, 捧げたよう, 撒いたやう, 数えて, 数えるよう, 星を, 眺めるよう, 祭るよう, 見えないもの, 見つけたよう, 雲を

▼ 星との~ (18, 0.2%)

5 間に

1 [13件] あいだに, ために, 中間段階, 交渉と, 抽象物を, 文学を, 背後に, 衝突と, 距離と, 距離の, 間にも, 間の, 間を

▼ 星除名論~ (18, 0.2%)

4 を唱 2 に失敗, の内容, の失敗, は亦 1 は此点, は此點, を実行, を實行, を鎭撫, を鎮撫

▼ 星ばかり~ (17, 0.2%)

3 眺めて 2 だ, であった 1 きらめいた空中, である, ならいい, な天地, 取り残されて, 大きい校庭, 峰ばかり, 映して, 海の, 点々と

▼ 星~ (17, 0.2%)

1 [17件] が保姆, だから, ではあるまい, では無い, で人影, と冷ややか, にすかし, に浮かれ, の冷たく, をひそめ, を分析, を眺め, を認めざる, を認めず, を認める, を踏みつ, 失へば

▼ 星さえ~ (16, 0.2%)

2 またたいて

1 [14件] うつらぬの, てきらめき, 一つ入っ, 光り出して, 姿を, 幽かに, 暗い城, 曇って, 見えない, 見えないほど, 見えぬ大空, 見える暁闇, 見て, 輝き初め

▼ 星晴れ~ (16, 0.2%)

13 のした 1 がし, てのんびり, の空

▼ 星~ (15, 0.2%)

2 向って

1 [13件] おわかれ, とぶの, よろうか, 動物や, 向けて, 持ちかえったもの, 旅行の, 物質を, 移住する, 突っ込んだの, 行かれたの, 行くであろうと, 顔を

▼ 星よりも~ (15, 0.2%)

1 [15件] うつくしくひかる, きれいで, この世界, たのもしくわれわれ, もつと, 円まる, 哀れなり, 大きい一つ, 太陽の, 数が, 燦か, 粗悪な, 美しかった, 遠く儚かつ, 邪魔に

▼ 星という~ (14, 0.2%)

3 ものは

1 [11件] のであった, ものが, ものに, ものを, やつは, 名称を, 星が, 星の, 星は, 飲食店の, 魔星であっ

▼ 星には~ (14, 0.2%)

2 やっぱり人間

1 [12件] うって, ねばっこい液体, みんな名前が, もっと高等, よくわかりました, ヘリウムそれに次いで, ラジウムよりも, 住まへないと, 出るの, 愛嬌が, 空気が, 飼犬の

▼ 星~ (14, 0.2%)

2 と雖, の統一, も無辺, を発した 1 が子宮, としてこれ, となった, の無限無数, は子宮, は時

▼ 星運動~ (14, 0.2%)

2 には確か, に於ける, の動機, の第, の遺, を開始せり 1 の計, の計画者

▼ 星たち~ (13, 0.2%)

1 [13件] が美々しく, と, にはいちばん, はしばらく, はそれで, はめったに, はもう, は他, は沈黙, は騒がしい, もともに, も丹念, も理解

▼ 星~ (13, 0.2%)

2 月よ

1 [11件] もういちど, 世の, 光きえ, 地に, 大いなる力滿つる光, 我れ, 樹の, 汝が, 沈まざれ永久, 雲よ, 雲ゐ

▼ 星~ (13, 0.2%)

1 [13件] がともかく, という大, にきいた, はおどろき呆れ, は一人, は事件, は今日, は加納邸, は感, は案内, は正式, は満足, は門前

▼ 星です~ (12, 0.2%)

321 か, がしら浪, が銀河, って, つて, よ, よと云っ

▼ 星とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] この国, つまり, まったくおなじ, もう縁, わけが, 何の, 名ばかり地獄の, 気候風土が, 航海者に, 見えない, 質が, 関係が

▼ 星にも~ (11, 0.1%)

2 多少の 1 この現象, たと, ないという, まがうよう, また生, 似たり, 厭世が, 興味を, 覗かすな

▼ 星ひとつ~ (11, 0.1%)

2 見えない 1 あり, なく足もと, みえません, 光りは, 消えゆく思, 見えないと, 見えない暗い, 見えない暗い寒い, 見えぬ暗

▼ 星とが~ (10, 0.1%)

1 どっぷりと, キラキラと, 一点の, 何か, 光るだけ, 大抵赤線, 天の, 天井に, 小さくはっきり, 見えた

▼ 星とも~ (10, 0.1%)

2 ろともに 1 いう, いへぬ星, なりあなた, まが, 云ひ, 愛でし眼, 見えない, 見え玉兎が

▼ 星呪文~ (10, 0.1%)

2 の一句 1 にもっと, に対する彼, に現われ, に関する法水, の四番目, の最後, の本体, の正体

▼ 星学上~ (10, 0.1%)

1 にも関係, に貢献, の問題, の影響, の必要, の根拠, の知識, の計算, の話, の迷信

▼ 星かげ~ (9, 0.1%)

2 のやう 1 うすい空, が映った, が海, のうつる, の青い, もなく, も鄙び

▼ 星~ (9, 0.1%)

4 づを 2 づの 1 づにてらされた道を, づをいくつ數へて, づ白く

▼ 星ヶ岡茶寮~ (9, 0.1%)

1 で会食, に招ん, の, のあった, の主人公, の北大路氏, の披露, の林柾木氏, へ出かける

▼ 星人たち~ (9, 0.1%)

1 から悪人, がなぜ, がびっくり, がわいわい, と二少年, はきゅう, はぼくたち地球人類, をぐっと, を恐怖

▼ 星右太五郎~ (9, 0.1%)

4 の家 2 の内儀 1 でもなけれ, の述懐, の述懷

▼ 星だけが~ (8, 0.1%)

1 きらきら輝いた, キラキラひかっ, ハッキリと, 何かの, 元の, 白かった, 白く見える, 空に

▼ 星だらけ~ (8, 0.1%)

2 だ, の夜, の空 1 になっ, の霜

▼ 星~ (8, 0.1%)

1 と相, に対する間, のきらめける, の光, は開く, よりたかだか, を焦がし, を視れ

▼ 星あり~ (7, 0.1%)

2 地に 1 いずれも, てその, て相, といふ, 今宵霜降らん

▼ 星ある~ (7, 0.1%)

1 は月天, ほどの夜, よりも行方遥か, を夢, 空は, 空を, 蝶を

▼ 星とを~ (7, 0.1%)

1 たとえば金牛線, ベタ一面に, 思ひ浮べて, 織り込んで, 見き, 見る, 見るに

▼ 星みたい~ (7, 0.1%)

2 なもの 1 なありさ, なお方, なん, にクローカス, に見えた

▼ 星ヶ岡~ (7, 0.1%)

2 の茶寮 1 で座談会, で踊つた江森美子さん, の中村君, の庭, らしい高台

▼ 星ヶ浦~ (7, 0.1%)

1 に泊る, のよう, の大和ホテル, の景勝, の某, の水楼星, の絶景

▼ 星~ (7, 0.1%)

2 に征矢 1 と天, にてダンテ, の中, の美妙, を仰ぎ

▼ 星~ (7, 0.1%)

1 うすかつ, が見えた, だこと, なら拜, の下, の中, を眺め

▼ 星移り~ (7, 0.1%)

1 の講釈, もの変わる, 人情は, 当時は, 段々時勢, 物変わり, 街道は

▼ 星菫派~ (7, 0.1%)

2 と世間 1 じゃない, だな, とかいうの, の夢幻的ロマンティシズム, の幽玄

▼ 星こそ~ (6, 0.1%)

1 あれ無月荒涼, かなしけれ, そのまま僕, まさにこの, 並ぶなれ, 地球な

▼ 星である~ (6, 0.1%)

1 か何しろ, ことか, ために, ということ, に, 月世界なんか

▼ 星ども~ (6, 0.1%)

1 が廻っ, の最初, の舞踏, は布, は常に, を見上げ

▼ 星をも~ (6, 0.1%)

1 ぎつたのをきちんと頭に, つかんで, 吹き落としそう, 焦さうず吼, 賀す, 軽侮する

▼ 星ガン人~ (6, 0.1%)

1 が往来, が隊員, だ, の姿, の智能, は姿

▼ 星学者~ (6, 0.1%)

1 が日蝕, であるが, に向かっ, のエウドクソス, は数学, をし

▼ 星島氏~ (6, 0.1%)

2 は馬 1 に言, に談判, は孝行者, も親孝行

▼ 星斗闌~ (6, 0.1%)

1 干たり, 干たるの, 干たる時, 干として, 干ニ墮ツ, 干武蔵野

▼ 星火榴彈~ (6, 0.1%)

2 に一次一發, を揚げ 1 は危急存亡, や火箭

▼ 星総監~ (6, 0.1%)

1 なぞも, に御, の鼻, はこの, は椅子, は部下

▼ 星~ (5, 0.1%)

2 螢か 1 なんか眺め, 薄い霧, 野の

▼ 星これ~ (5, 0.1%)

2 に代る 1 に共, に向う, を繞

▼ 星~ (5, 0.1%)

2 へ見えず 1 へ星, へ變, までいつ

▼ 星じゃ~ (5, 0.1%)

1 ない, ないか, ないん, なかった, アない

▼ 星など~ (5, 0.1%)

1 きら, さまざまな, 言える門弟, 言へる, 読まん

▼ 星などの~ (5, 0.1%)

1 ことにも, 光ある, 天象の, 強度をも, 模様に

▼ 星なら~ (5, 0.1%)

1 その星, で, ば天文学者, ぼくたちも, もちろんすぐ行けます

▼ 星については~ (5, 0.1%)

4 もう時間 1 一と

▼ 星一ツ~ (5, 0.1%)

1 ない墨, ない暗がり, に小さい, 寒く輝く, 転がり出した土俵異変

▼ 星~ (5, 0.1%)

1 の塔, の學, ひの, ひを, や羊

▼ 星~ (5, 0.1%)

1 が六十一歳, である, の弟, は胡, を師

▼ 星~ (5, 0.1%)

5 之丞

▼ 星~ (5, 0.1%)

1 の中, も延焼, も猶, を發, 迸り火箭

▼ 星~ (5, 0.1%)

1 と名付ける, の枝, の結晶, の花, の雪

▼ 星うつり~ (4, 0.1%)

1 伊達家は, 年かわっ, 物かわり昭和十三年の, 物かわる

▼ 星かと~ (4, 0.1%)

1 うたがうだろう, お思いなさる, 孔雀舞ひいで, 見ま

▼ 星しか~ (4, 0.1%)

2 見えないので 1 見えないでしょう, 見えないの

▼ 星~ (4, 0.1%)

21 やない, やらう

▼ 星として~ (4, 0.1%)

1 あらわれた時代, 光を, 共に写生, 語られて

▼ 星とともに~ (4, 0.1%)

1 下界を, 汪洋たる, 超越し, 黙して

▼ 星とに~ (4, 0.1%)

1 なだれか, ゆだねおも, 祈って, 私は

▼ 星~ (4, 0.1%)

1 のさ, のである, んだろ, んだろう

▼ 星なんて~ (4, 0.1%)

1 そんな馬鹿気, 全く耳, 火花の, 遊星が

▼ 星にまで~ (4, 0.1%)

1 翔ること, 達すること, 達せん, 震えて

▼ 星によって~ (4, 0.1%)

1 方角や, 決せられる処, 運命と, 駆逐さるる

▼ 星のみ~ (4, 0.1%)

1 だるる, ひとつふたつ, ひやや, 光った空

▼ 星まつり~ (4, 0.1%)

2 の形式 1 のよう, を行うべく

▼ 星~ (4, 0.1%)

1 て暗き, で, でたり, というひと

▼ 星占学~ (4, 0.1%)

1 の簿記, の記入, の辻占, を信ずる

▼ 星即ち~ (4, 0.1%)

1 マリア, 月, 聖なる愛, 金星

▼ 星~ (4, 0.1%)

1 でもあり, にはそんな, にもえ, に親しく

▼ 星~ (4, 0.1%)

2 で透し 1 で庭, も辿れない

▼ 星法院~ (4, 0.1%)

1 で枢密議員たち, に送られた, の召集, の宣言

▼ 星~ (4, 0.1%)

2 のある 1 ある石, になった

▼ 星~ (4, 0.1%)

1 なり, な北国街道, にし, に月

▼ 星~ (4, 0.1%)

1 が天体, が泊っ, は容, は曾

▼ 星葉木~ (4, 0.1%)

2 の胞子 1 なんか, のかたち

▼ 星除名論者~ (4, 0.1%)

2 は如何 1 は以為らく, は以爲らく

▼ 星あら~ (3, 0.0%)

1 はれて, はれぬ, ば

▼ 星かの~ (3, 0.0%)

1 やうに, ように, 重力に

▼ 星それ~ (3, 0.0%)

1 とならん, は伯母さん, ばっかりを眺め

▼ 星だけは~ (3, 0.0%)

1 下の, 何も, 自分の

▼ 星だった~ (3, 0.0%)

1 あの未来, あの瞳, んだ

▼ 星だろう~ (3, 0.0%)

1 と想像, と遠い遠い, 紅いの

▼ 星であろう~ (3, 0.0%)

1 か臆病, とガス燈, と思いました

▼ 星とでも~ (3, 0.0%)

1 いいそう, いうよう, 云いたいよう

▼ 星と共に~ (3, 0.0%)

1 ヘルクレス星座の, 大空の, 天使と共に

▼ 星なき~ (3, 0.0%)

1 も晴天, 夜の, 空に

▼ 星なる~ (3, 0.0%)

1 ものは, 空の, 花黙々

▼ 星なんか~ (3, 0.0%)

1 みんな私は, 出やしない, 無いね

▼ 星により~ (3, 0.0%)

1 てかれら, 尾張町の, 近く近づこう

▼ 星ばかりが~ (3, 0.0%)

1 模糊として, 空へ, 繁くまばたき

▼ 星ばかりの~ (3, 0.0%)

1 暗い夜空, 瞬いて, 闇の

▼ 星ほど~ (3, 0.0%)

1 こんなに落ち, ボツボツ穴, 宵から

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 だらなる高み, づ消えゆく, はりが

▼ 星また~ (3, 0.0%)

2 星に 1 まさる而

▼ 星まで~ (3, 0.0%)

1 よく見えた, 彼は, 来た

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 が現われまし, が現われる, つけた

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 に向日葵, の一つ, の一星

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 から隕石, なの, に相

▼ 星光る~ (3, 0.0%)

1 そういった感じ, 天界並に, 様そぞろ

▼ 星占い~ (3, 0.0%)

1 だよ, の秘密, をたて

▼ 星占學~ (3, 0.0%)

1 の簿記, の記入, の辻占

▼ 星右太五郎樣~ (3, 0.0%)

1 が格子, の一人息子, はもう

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 が連れた, なりき一つ, も日疋君

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 には撩乱, に落ち, を流れ

▼ 星学家~ (3, 0.0%)

1 が説くごとき, だった, で狂人

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 から科学, はかね, はこういう

▼ 星宮君~ (3, 0.0%)

1 が陶酔, と同じ, はすぐ

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 の幕, や殺気, をいち

▼ 星村薬局~ (3, 0.0%)

1 に使, へ寄られました, へ行っ

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 なし傘, の上, の鍍金

▼ 星様たち~ (3, 0.0%)

1 の役目, は悦ん, は笛

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 にある, の大, よりも遠く

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 な存在, のもの, 小瀑布

▼ 星移り物~ (3, 0.0%)

1 かわる歳月, は変, 変わり現代

▼ 星落ち~ (3, 0.0%)

21 てく

▼ 星輝ける~ (3, 0.0%)

2 神前に 1 夜の

▼ 星~ (3, 0.0%)

1 のおそい, のした, の空

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 ふぎ見, またきらめけり

▼ 星かとばかり~ (2, 0.0%)

2 燈影低く

▼ 星かも~ (2, 0.0%)

2 しれない

▼ 星この世~ (2, 0.0%)

1 に見ゆる, の星

▼ 星さまさ~ (2, 0.0%)

1 へ, へチラチラ

▼ 星しい~ (2, 0.0%)

1 人物は, 手がかりが

▼ 星すなわち~ (2, 0.0%)

1 宗春だ, 彦星を

▼ 星その~ (2, 0.0%)

1 光芒によって, 物を

▼ 星そのもの~ (2, 0.0%)

1 が球形, のやう

▼ 星その他私~ (2, 0.0%)

1 が感覚, が感覺

▼ 星たる~ (2, 0.0%)

1 にとどまるべし, 可き

▼ 星だの~ (2, 0.0%)

1 条だの, 男だの

▼ 星であっ~ (2, 0.0%)

1 ていかなる, てかりに

▼ 星であった~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 星といふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 浪人者が

▼ 星どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, では

▼ 星なき暗~ (2, 0.0%)

1 の空, 天にあたって

▼ 星なく~ (2, 0.0%)

1 かつその, 海暗く

▼ 星なぞ~ (2, 0.0%)

1 ですが, 後期印象派の

▼ 星などを~ (2, 0.0%)

1 社會の, 食わせるが

▼ 星にでも~ (2, 0.0%)

1 なって, 鳥にでも

▼ 星はいちめん~ (2, 0.0%)

1 ふるえたり, ふるへたり

▼ 星への~ (2, 0.0%)

1 過渡期に, 電話が

▼ 星へまで~ (2, 0.0%)

1 もと悪夢の, 彼は

▼ 星ほのか~ (2, 0.0%)

1 な月, にもわれ

▼ 星までも~ (2, 0.0%)

1 届く進歩, 見える故

▼ 星みな~ (2, 0.0%)

1 大きく歓喜, 白くまた

▼ 星を通じて~ (2, 0.0%)

1 しきりに入党, 後者に

▼ 星アルデバラン~ (2, 0.0%)

1 の希伯来称, の星

▼ 星デパート~ (2, 0.0%)

1 で珍しい, の常務井上氏

▼ 星一つ影~ (2, 0.0%)

1 もささなかった, もささなかつた

▼ 星一二三~ (2, 0.0%)

1 と云う, の句

▼ 星一派~ (2, 0.0%)

1 の御, の機嫌

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 お久しぶり, にはお

▼ 星亨君~ (2, 0.0%)

1 のよう, の言

▼ 星人間界~ (2, 0.0%)

2 に宿命

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 しくじれば, より三光穴

▼ 星信仰~ (2, 0.0%)

1 の影, を飜訳

▼ 星光り~ (2, 0.0%)

1 に沢山, 爛として

▼ 星光一点暮色~ (2, 0.0%)

2 漸く到り

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 の上, を着けた

▼ 星八日許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 がパチパチ, は常に

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 からしっくり, にはいかなる

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 の世, 立脇細鍬という

▼ 星動いてる~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ 星勲章~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ 星占図~ (2, 0.0%)

1 の真, を引い

▼ 星占術~ (2, 0.0%)

1 にも長足, を発明

▼ 星及び~ (2, 0.0%)

1 小熊星の, 星座近傍の

▼ 星呉用~ (2, 0.0%)

1 の口, をさす

▼ 星呉用先生~ (2, 0.0%)

1 だ先生, でもおいそれと

▼ 星型模様~ (2, 0.0%)

1 のある, のつい

▼ 星変る~ (2, 0.0%)

1 うちに, 後の

▼ 星多く~ (2, 0.0%)

1 は自ら, 特性異なれ

▼ 星多願~ (2, 0.0%)

2 の玉女三神

▼ 星女優~ (2, 0.0%)

1 となった, は貞奴

▼ 星女星~ (2, 0.0%)

1 ありて, もまた

▼ 星学教授~ (2, 0.0%)

1 にあげられ, に転じた

▼ 星学研究~ (2, 0.0%)

1 の対象, の必要上

▼ 星学諸家~ (2, 0.0%)

2 が主張

▼ 星學上~ (2, 0.0%)

1 の季節, の根據

▼ 星定吉~ (2, 0.0%)

1 が一度, この男

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 にちかい, の前

▼ 星征伐~ (2, 0.0%)

2 の失敗

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 たる, たる鐵棒

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 もやがて, を喜ぶ

▼ 星文化~ (2, 0.0%)

1 というもの, の資料

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 が, になお

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 に拠った, の專門家

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 の下, の旗

▼ 星月そ~ (2, 0.0%)

2 よかぜ

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 の両氏, の兩氏

▼ 星~ (2, 0.0%)

2 を侯

▼ 星水母~ (2, 0.0%)

1 ほどに光っ, ほどのさやけ

▼ 星~ (2, 0.0%)

2 とて幅三町

▼ 星灯ろう~ (2, 0.0%)

1 を見物, 御上覧

▼ 星玄坊主~ (2, 0.0%)

1 の頼み, はいかめしく

▼ 星~ (2, 0.0%)

2 は落した

▼ 星眸の~ (2, 0.0%)

2 をやみ

▼ 星移り物換~ (2, 0.0%)

2 った今日

▼ 星聖母~ (2, 0.0%)

1 に對, はその

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 の墓, 次第にあらたまり

▼ 星色星多願~ (2, 0.0%)

2 の玉女三神

▼ 星~ (2, 0.0%)

2 へ女

▼ 星長庚三菓宰鳥碧雲洞紫狐庵等種々~ (2, 0.0%)

1 の名, の異名

▼ 星降る~ (2, 0.0%)

1 東京の, 野を

▼ 星~ (2, 0.0%)

1 ちうもん, や星座

▼1* [509件]

あきらかに天の川, 星あってきらめく, 星あの星ひとつがたのみの, 星あまた旅の女, 星あまた飛散致し一時, 星ありき何の, 星あれば, 星あれどいと暗し, 星あわせて百八, 星いづれと問, 星い向いて相談, 星うけて咲, 星うずを巻くあり, 星うつる水, 星うるむ紅, 星およびガン人の, 星かがやきて, 星かくれて銀杏, 星かげあらはる, 星かげ一つ見ること, 星かげ髪ほすと, 星かすかなる中空, 星かとぞ見る, 星かなたに沈み, 星からでも来たよう, 星からの使いでは, 星からは彼との, 星がはッきり見える, 星がましろく光っ, 星きえいと凄, 星きらつきていや, 星きらめく晴夜の, 星きららかに麻布, 星くさい石の, 星くらいすなわち肉眼, 星ぐもり我を載せたる, 星ぐらいにちいさくみえた, 星は戀, 星ここに低く, 星このもかの, 星さえもかくして, 星さえ所斑に燦, 星さまあなたの所, 星さまここにいつも, 星さまたちの下, 星さまなにあげよう, 星さま水持ちだ, 星さま私はさびしい, 星さま遠くの青い, 星さん一つの星, 星さん星さんそうじゃ, 星さん星さん一つの星, 星しげき宵桐の, 星したのは, 星すら燦めき出し, 星そこの凱旋門, 星その他無数の星屑, 星それぞれの下, 星が爲め, 星だけでは, 星だけを知って, 星ちりばめた西洋菓子味感とが, 星ちりばめられたる星月夜です, 星ってのは, 星つていへ, 星てりて, 星てり渡る北京の, 星てるふたりの額, 星てる群島島々その狂, 星でございますそれでも名物, 星でござんすな, 星でしてう, 星でないことを, 星でなくてやさしい, 星とか晝三の, 星とかいう遊星の, 星とかの詩を, 星としてはわが太陽系, 星とだけは吹き流さないで, 星とまでは行かないが, 星ともに勝つて, 星とやらも矢張り計算違いでは, 星とよりも稀れ, 星とんだべ, 星と列ると, 星どこがどこ, 星どころか野面は, 星なあ粉み, 星などと称する微, 星などにどこへ, 星などもそれな, 星ならずして夜, 星なり運命の, 星なれば, 星なんかを見ても, 星なんぞは眼にも, 星なんぞを見るのに, 星なんだかけんとう, 星においてテッド隊長や, 星における諸星の, 星におけるに似たるを, 星にこそ人間の, 星についてなにも, 星にても太陽の, 星によつて人間の, 星によりて五行思想起り, 星に対してよりも著はに, 星に対する天使の, 星に対するよりも起き上がる若き, 星に関する凡ての, 星のということが, 星のみが飛び, 星のみによって秋の, 星はいでたり夜頃來, 星はと考へて, 星はもいちどひる, 星ばかりを探す, 星ばっかりが出て, 星ばれのした, 星ひかりいづ, 星ひくく地に, 星ひとつがたのみの夢, 星ひとつひとつが胸飾り, 星ひろ子さんの日本舞踊, 星ふる夜の, 星ふれ牡丹饗せ, 星へとかかった, 星ほどにも無い人聞, 星ほどの手毬だろう, 星ほほえみつ相抱き, 星ほんとうにうち, 星まじりに祭屋台, 星または星より, 星まだ殘る, 星までが三つ四つしだいに, 星みな秋気燦たるべきに, 星みればしの, 星めざめて, 星もが持たない新しい, 星もて飾りたる常磐木の, 星やみに見つけた, 星よと見えて, 星よびて地, 星よりは十数倍も, 星らしいものの, 星らしくその光質, 星われを拝せり, 星をかづける桜, 星をさえ隠す暗澹さ, 星をば探しました, 星をもって解釈し, 星出たぞ, 星アルタイルの星, 星アルファとエータ, 星ウラナイ物の本にこんな, 星シリウスでは二・二, 星火無, 星還ルデアラウカ星ハ, 星ハ終ニ隕チテ還ラズ, 星ヒヤデスの五つ, 星プシではない, 星マリヤの讚歌, 星モロー彗星は日ごと, 星ヶ岡光も凍る, 星ヶ浦海岸星の家, 星一つ一つ梢に下り, 星一つ光つてはゐなかつた, 星一つ微かにもれ, 星一つ水に近く晃ら, 星一ツ一ツ鳴るかとばかり, 星一ツ遥か彼方の峰, 星一時に隕墜, 星七個の中, 星七十二性の地, 星三つ星と, 星三十六人とは, 星上下に飛ん, 星上茶臼の山々, 星にも星, 星下りだ, 星下り松四抱へもあり, 星中學の三年, 星丸善がある, 星丹花の唇, 星主さまをお迎え, 星主城中にござる, 星つついて, 星二つ一等兵になった, 星二十八卷があつ, 星二十等星などと称する, 星二番星がぽつり, 星五郎強奪度無シト雖モ, 星亨岡本柳之助氏らその聘, 星亨訴へられ, 星亨雨宮敬次郎等が公会, 星の殺された, 星の星, 星仰いで深い, 星仰ぎ見て, 星伊吹武彦淺野晃そんな人々, 星伊吹武彦淺野晃飯島正大宅壯一それに一高, 星までに過ぎぬ, 星何ぞ高き, 星の光, 星兇悪の人, 星に立ち, 星先生の一党, 星光一点は巧, 星光力を失い, 星光日精の美, 星光波際見点点去来舟, 星光炳然たり, 星光芒熾烈幸臣星に働きかけ, 星光雲を破る如く, 星兜揚々として洛陽, 星冑鍬形打ったの, 星冴えわたりしさま冬夜の, 星凌ぎ照る, 星凍つた藍の, 星出さんの息子, 星出し針で木彫, 星出斑吹っかけ斑, 星判任当時は六等属, 星前立細鍬形の兜, 星のなげき, 星動けば必ず, 星治さん親切, 星半七郎といふ大, 星占博士と物理博士, 星占学大家ホフマン教授を訪問, 星占學天文學が唐代, 星占師の広, 星占暦數に關, 星占書に天鶏星, 星占者を召し, 星占術的に, 星がある, 星を築いた, 星右衛門大黒の次郎, 星司教のやう, 星という主任, 星吉氏です, 星吾子が守星幸, 星と楚, 星呉軍師の謀計, 星唯一人の人類, 星営惑というの, 星を用いる, 星を指しました, 星地上の海波これ, 星地契廟の前, 星表を, 星と山, 星墜ちゆかばいかにせ, 星に誓う, 星変り月変つて, 星多き夜は, 星夜鶯にかけて訴えたろう, 星授章を, 星大井の諸氏, 星大井中江の諸氏, 星大熊の星, 星天上にあっ, 星天井で山, 星太陽の白羊宮, 星に螫, 星奴等も出た, 星妖星は仙術, 星妖霊星と, 星威信子爵が外務省機密局長松平友麿男爵, 星子爵に報告, 星学上地質学上生物学上の研究, 星学医学その他すべて複合せられたものの, 星学地質学生物学は誇大狂治療学科, 星学地質学生物学等の如き, 星学大系といふ出版物, 星学暦術のため, 星学発達のため, 星学的研究を離れ, 星学者物理学者の脳, 星の方, 星學醫學その他すべて複合せられたものの, 星守護するからは, 星宗教の一つ, 星宗春卿に当たりましょう, 星官たちの像, 星宮君君にはなにもかも, 星の空, 星の手, 星家ネクタネブスは毎年ニイル, 星とが半日, 星小學の制帽, 星山川木草石等の神, 星山荘にあ, 星山麓で遭難, 星岡光雄空知晴次といういずれ, 星島君獨りでは, 星島家令が遂に, 星島桂島踞せるが, 星島謹一郎氏の手, 星の詩, 星巖三溪諸家の詩文, 星巖春日などの名, 星巖柏木如亭及五山と交, 星巖梅田雲濱などと共に反, 星の力づよい句風, 星布女は天明, 星布尼大景叙景, 星帝座を犯す, 星かれと, 星庄右衛門は古風, 星に, 星建築の一つ, 星張りつむる天上, 星む白壇の, 星思想より編み上げられ, 星怪光をあげ, 星恂太郎春日左衛門等と, 星惑星の現, 星想その他でぼくら, 星或は見ゆ, 星戴けるが現われ, 星招妖術並びに栄光, 星謂之, 星碁布する, 星数学者ストッフレルが再, 星を見る, 星斗光濃し, 星斗森然たり, 星斗満天森として影, 星斗賑しき空をば, 星明かなる夜最後の, 星明らかならず星座星環みな乱, 星明瞭に, 星の拉ぎあふ, 星の中, 星の空, 星昼夜織分, 星の空, 星普通に云え, 星のし, 星晴れたる空を, 星暦卜祀を, 星更に光甚を, 星月宵にし, 星月麗れり, 星が丁亥, 星にぬか, 星の国旗, 星の空, 星東洋ではその, 星という人, 星根裏の小, 星梨地の天体, 星は輕, 星を出, 星様何してる, 星模様の竪ネクタイ, 星の樹, 星を架す, 星正一君にも面会, 星武太郎などの重, 星比べは互に, 星氏一たび自由党の実権, 星氏一たび自由黨の實權, 星気盛んで魏, 星池活東活東は蝌蚪, 星池秦其馨書法遒逸名声日興旧嘗遊崎陽, 星河岳の文字, 星河岳前にあり, 星河霜をつつみ, 星法院云々に反対, 星波間に沈み, 星と目, 星騎白幻の, 星消え去りて月日, 星消え失せし枯木かな, 星淡い夕月, 星深き春の, 星清き天の, 星清くすんで, 星漁業の支店長花岡さん, 星漁業会社の出張員, 星り入る, 星潜り入る, 星灯ろう見物のお供, 星照りて錦江, 星燃えてをる, 星はまた, 星燈籠に歌, 星燦々の頃, 星爆撃機の大きい, 星爛々と光っ, 星状多角形の辺線, 星状扇形などの標本図, 星状結晶の枝, 星輝けり, 星玄坊主耳の穴, 星王国なんぞは見のがせ見のがせ, 星現ずる時旱り, 星現実の月, 星琴平湯の浴槽, 星環みな乱る, 星甚太郎この男, 星の湯, 星生れたての幽か, 星界図さえ作っ, 星白き下祭の, 星の霹靂火, 星百八星の宿業, 星相集りて二個, 星眠る暗く静か, 星のなほ, 星眸濶面の見る, 星神木の木の下, 星祈雨来, 星の声, 星と共に, 星移って徳川時代, 星移りましてその, 星移り時変わるですね, 星移り月変るうち, 星移り月変りして, 星移り歳經れば, 星移り物変つて昭和の今日, 星移り物変り幾星霜が飛び去っ, 星移れば物換, 星移ろい歳変り三十三年と三カ月, 星移物換人何去失却往年航海名, 星稀ニ烏鵲南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, 星にはめ, 星空しく十悪の, 星うつりして, 星の迷信, 星籾磨歌が聞える, 星の世界, 星紅き星ほのかにも, 星紅く煌めき, 星紳商山木剛造殿の御, 星編輯相談会あり, 星緯図讖および余, 星ふ空, 星美人才女は美しい, 星者リリイがウインゾア, 星自らそがためい, 星自身にも繋累, 星船室で誰, 星を妻, 星花転転と来, 星菫党に見せたら, 星菫詩人よりも数等近代人たる, 星菫趣味の普及, 星落つ朱欄曙色に, 星落つる籬の, 星でも持つ, 星ひし常闇, 星の中, 星の声, 星衍本との二種, 星の一文, 星衝いて剣把, 星製薬のキャフェテリア, 星製藥に行つて, 星もあ, 星見えそむる村雲, 星覗きと云え, 星覗き星覗きと云え, 星観音そこにお, 星都星を, 星は知らない, 星警視総監は事件後, 星警視総監松平男爵藤波弁護士等も固く, 星讃めて, 星を観測, 星赤き火星の, 星軌道の理法, 星軌道逼近の理法等, 星を浴びたる, 星辰之に符, 星近く戸を照せ, 星近し三寒に, 星連れて走りゆく, 星進み行き夜の, 星さえも存じなかった, 星り世變, 星と輝く, 星銀河のこと, 星より外城, 星の衝突, 星降り地上の, 星と海, 星れ, 星りゆき月, 星霧説ありて, 星の気, 星青き夜空の, 星青峰宵曲一水雨葉しげる湘海岫雲みづほ霜山今更たけし, 星にて長短, 星頭上を照らさざる, 星とを取らせる, 星にまたたい, 星飛ぶ空, 星飯露宿はるばると, 星の着いた, 星する支流, 星馳入洛し師, 星駱駝の鈴, 星の中, 星黒き夜壁上を